« 荒川の5日半前、走りこみ最後は32.2km | トップページ | 『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫) »

『神の雫』原作をYahoo!コミックで立ち読み♪

今期のレビューに選んだドラマ、亀梨和也&田辺誠一『神の雫』もいよいよ今夜

が最終回。そこで、原作コミック(亜樹直・作、オキモトシュウ・画)の「立ち読み」

記事をアップしとこう。Yahoo!コミックの無料立ち読みだから、誰でも今すぐ手

軽に実行可能。ネタバレの恐れはもうほとんどないと思うけど、あくまで自己責任っ

てことで♪

        

実はこの記事は、2月半ばにアップしようと思ってたものだ。その時はとりあえず、

19巻の内の6巻までを立ち読みして記事にしかけたんだけど、思ったよりもドラ

マと原作の内容が近いと感じたから、ネタバレを恐れて最終回当日まで延期した

わけ。とは言っても、両者にはもちろん相当な違いがある。

           

それを書く前に、立ち読みの方法をまとめとこう。一番簡単なのは、Yahoo!で

「神の雫 立ち読み」を検索して、Yahoo!コミックの1巻のページにアクセスす

る方法。専用のビューア(ちょっと重くてエラーもある閲覧ソフト)を自動的にイン

ストールするだけで見れるし、そこから他の巻にも飛べる。面倒な登録も不要だ。

              

ただし、立ち読み可能なのは14巻まで。また、1巻だけは51ページも読めちゃ

うけど、他は僅か15ページ(全体は200ページ以上)だから、ストーリーは断片

的にしか分からない。しかも、ドラマからの推測を交える必要がある。それでも、

登場人物の絵やキャラクターは多少つかめた気がする。ちなみに、ネットの立ち

読み以外には全く読んでないので念のため。

                  

     ☆          ☆          ☆

さて、1巻から立ち読みを開始してすぐ思ったのが、本格的ワイン漫画なんだな

ということ。私にはワインの趣味はないので、ドラマのウンチクくらいで十分なん

だけど、原作は遥かに細かいのだ。そもそも、一番最初の2ページがあのリシュ

ブールのウンチク。ドラマは雫と豊多香(古谷一行)が母の墓の前で衝突するシー

ンだったから、これだけでも大違いだろう。ドラマに対するワイン通の不満に目立っ

てたグラスの話も、最初から「リーデルグラス」なんてブランド名が登場している。

                 

リシュブールに続いて登場するのが、ひじ掛け椅子にドッカリと座って、ワイン片

手に不敵な笑みを浮かべるの姿。もうこれだけで、ドラマとかなり違うのは明白

だ。その後、例のデキャンタージュ(亀梨と大差ない)に驚いたみやびが自己紹

介すると、雫は「おう じゃ合コンでもする?」といやらしい笑顔になる。軽いノリの

やんちゃ坊主なのだ。一青に対する態度もかなりガキっぽくて、「偉ぶったこいつ

の鼻をあかす」とか、「ギャフンと言わしてやりたい」とか。良し悪しや好き嫌いは

ともかく、優しくてお坊ちゃま風の亀梨=雫とは全く違ってる

         

一方、ドラマの最初から原作ファンの不満が爆発してたみやび。どんなに違うの

かなと思ってたんだけど、キャラ的にはむしろ結構似てるなって印象だった。すご

く上品なソムリエ見習いなのかと思ったら、一番最初の台詞が「はあ~~ッ♡」。

その後もわりとフツーの、明るく元気でマジメな女の子。程度の差こそあるものの、

大まかな路線的には、仲里依紗とそんなに大差ないと感じた。

          

ただ、程度の差がガマンの限度を越えちゃった人が多いのかな。確かに、例の

「こんなの初めて~♪」と腰を抜かすシーン(ドラマ第1話冒頭)はないし、比較

すれば原作の方が上品だ。でも、やっぱり一番大きいのは容姿の違いじゃない

かね。原作の女性は、みやびに限らず全体的に、キレイで品のある絵で描かれ

てるのだ。それに対して仲=みやびは可愛いタイプだし、ちょっとウザく感じられ

るかも知れない部分もある。自慢の迫力ボディも、原作のスレンダーな姿を見慣

れてたファンには逆効果だったかも知れない。ドラマがタレント人気に左右される

ほどではないだろうけど、やっぱり漫画とは「画」、つまり絵なのだ。

         

続いて、一青。すぐ思ったのは、田辺やヨン様に似てるなってこと。キャラは立ち

読みだとほとんど分からないけど、少なくとも雫よりは、ドラマに近い気がする。例

の「オォ~~~ッ」は立ち読み部分には無かったけど、個人的には雫より一青の

方が趣味だな。大人の洗練と知性を感じられて、顔も一青の方がカッコイイ。メガ

ネも似合ってるしね♪

    

          ☆          ☆          ☆
     
おっと、早くも時間が来た。他には、豊多香はドラマの古谷一行とあんまし違わ

ないような気がするけど、立ち読み部分にはちょっとしか出てないから自信はな

い。霧生とマキは、ドラマの戸田菜穂と内田有紀の方がいいね。漫画はどっちも

かなり年配に見えて、特にマキは水商売のちーママって感じだ。そもそも、ドラマ

ほど一青に寄り添ってるわけでもなさそう。あと、ロベールは原作だとヨボヨボの

おじいちゃで、ワイルドな竹中直人とはルックス的にかけ離れてる。中身はほ

とんど分からないけど、ちょっと違う気がするな。

            

こう書いてくると、結局マンガとドラマはかなり違うのかと思われそうだけど、そう

じゃない。上ではわざと違う部分を強調して来ただけのことで、ストーリーとか設

定、要素(ワインその他)、あるいは台詞に関して言うなら、やっぱりドラマは原作

に十分似てる。つまり、原作の影響が強いのだ。もうちょっと独自路線を歩んで

も良かった気がするけどね。

                  

ちょっと細かい話も追加しとこう。第4話レビューで、週刊新潮や和田秀樹のドラ

マ批判に「応答」した際、ワイン監修の斉藤研一が語ったとされる「100万円」と

いうワイン価格は確かにおかしいと書いておいた。でも原作を見ると、言葉を交

わす中での単なる誤解だったんじゃないかという気もする。と言うのも、原作の一

番最初から、ロマネ・コンティの100万円という値段が強調されてたのだ。レビュー

で明らかにしたように、例のドラマ批判はよく読むと粗雑なものだから、両者のや

り取りの際もその短所が現れてしまった可能性はある。ま、正確には録音とか速

記でも無ければ分からないけど、専門家がそんな些細なミスをするとも思えない。

                       

ということで、最後にまとめると、やっぱり原作とドラマは似て非なるビミョーな関

だなということだ。レビューでも書いたけど、ハッキリしてるのは、テレビの方が

マンガより遥かに大勢の人間を相手にしてるということ。原作のまま、ワイン中心

にマニアックな番組を制作するのは無理がある。その意味で、人間ドラマを中心

に据えたのは商業的に正解だ。ただし、人間ドラマの中身がどうなのかについて

は別問題で、レビューやコメント&レスで既に色々と語っておいたから、そちらに

譲っておくとしよう。

ではまた。。☆彡

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・        

cf.『神の雫』第1話、軽~い感想♪

  桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話

  父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話

  使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話

  ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話

  孤高を目指して闘う男たちの絆~『神の雫』第6話

  弥勒菩薩の救済を夢見る時代~『神の雫』第7話

  初恋の道、永遠に~『神の雫』第8話

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『神の雫』第2話のワイン、「恋人たち」(第一の使徒)

  台湾の愛之絆さんへ♪~『神の絆』第2話について

  『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒)

  『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第4弾♪

  『神の雫』第4話のワイン、アルタ・エゴ(第三の使徒の手がかり)

  亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

  『神の雫』第5話のイタリアワイン、パラッツィ

  『神の雫』第6話のワイン、シュヴァリエ・モンラッシェ(第四の使徒)

  『神の雫』第7話のワイン、カンヌビ・ボスキス(第五の使徒)

  『神の雫』第8話のワイン、シャトー・ラフルール(第六の使徒)

  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   生きる場所を求めて~『野ブタ』再考

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

   何でボクシングやってんだ~『1ポンドの福音』第1話

|

« 荒川の5日半前、走りこみ最後は32.2km | トップページ | 『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荒川の5日半前、走りこみ最後は32.2km | トップページ | 『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫) »