« ホワイトデー3・14は数学の日~円周率をめぐって | トップページ | 荒川のレース直後からひどい風邪・・ »

恋は若さを保つひけつか♪

昨日(2009年3月16日)の朝日新聞・生活面に、「恋は若さを保つひけつ?」

題する記事が掲載されてた。コネタ的な話を扱う「疑問解決モンジロー」という名

の連載記事(月曜)で、それほど深くもないし厳密でもないけど、結構面白がって

読んでる。

                      

最近のネタを遡ると、豆腐の数え方はなぜ「丁」か、時代で変わる美人像、ニセ

科学横行、マイナスイオンの効果、赤いのになぜ「金魚」か、手品のBGMはなぜ

チャラララなのか・・・etc。お堅い大新聞のコネタ記事としては、なかなか気が利

いてる選択だろう。

   

さて、今週のお題。恋と若さについて。冒頭のツカミがなかなか良かった。

        

   「モンジローのお母さんは男性アイドルが大好きで、テレビ番組に出て

    くるとキャッキャッと喜んでいる。『恋していると、若さを保てるからいい

    でしょ』だって。そんな言い方をよく耳にするけど、恋と若さは本当に

    関係あるのかな」。

     

ほら、今これを読んでる常連さん、ニヤッとした人が多いでしょ♪ 実質的なドラ

マブログと化してるウチには、男性タレントのファンがかなりいらっしゃるはずだ。

最近だと『神の雫』の影響で、亀梨和也と田辺誠一。昔からの常連さんには山P

=山下智久、藤木直人、木村拓哉のファンが多いだろう。私自身はここ最近、

特に好きな女性タレントはいないけど、昔から女好き、恋愛好きなのは確かだ。

                

さて、モンジロー(=担当記者)は疑問解決のために、科学的説明を求めて医者

と生物学者を訪ねる。まず埼玉医大の松下祥教授(免疫学)に聞くと、「ステキな

愛をしている人は免疫力の低下が抑えられるので、若々しく見えると思います

」とのこと。

                       

よく読むと、恋愛をそれほど積極的に評価してるわけでもない。30代以降は免疫

力の低下が老化につながりやすいけど、そのマイナスをある程度カバーできるっ

て程度のお話だ。恋愛の一喜一憂で交感神経が、優しさや安心感で副交感神経

が働き、その切り替わりで自律神経(交感+副交感)が活性化され、免疫細胞を

活動的にするというメカニズム。

                             

これを読んで、なるほど!と納得するような人間ではない私は、早速ネットであれ

これ調べてみた。思った通り、少なくとも一般的に認められた医学理論ではない

ようだ。ちなみに、監修者として名前を出してる『免疫力がアップする50の法則』

という本の中でも、恋愛のメリットが語られてるらしい。それでこの人が記事に登

場したってことなのかも。まあ、免疫学者としての実績はなかなかのものみたいだ。

         

         ☆          ☆          ☆    

続いて登場するのが、東北大の山元大輔教授(行動遺伝学)。「恋をすると、喜び

や感動で脳が刺激され、脳細胞が活発に働きます。脳は自律神経に働きかける。

すると、皮脂の分泌が盛んになって肌がツヤツヤして見え、瞳孔が少し開いて、

黒目が潤むので目が輝いて見える。だから若いと感じるのでしょう」とのこと。

『男と女はなぜ惹きあうのか』、『恋愛遺伝子』なんて著作を出してる人で、かなり

一般ウケしてる方のようだ。

       

まあでも、この種の生物学的お話っていうのは、かなりアバウトなもので、一歩

間違うとトンデモ話に近づいてしまう。都合のいい部分だけを適当につなげて、

面白話や極端な結論を出したがるからだ。この場合でも、恋のメリットだけ考慮

してるけど、デメリットは考慮されてない

                         

片思い等の辛さ悲しさはもちろんのこと、のめり込めばストレスも増すし、時間

もかかるし、周囲の冷たい反応もあるだろう。自分でも後ろめたさとか罪悪

みたいなものを感じる可能性は十分ある。恋愛妄想とかになると心の病の領

域だし、ストーカー的行為は犯罪の領域。恋が終わった後の落ち込みとかうつ

というのも見落とすことはできない。

                         

そういったマイナスの話は全く抜きで、好都合な事にしか目を向けないのだ。そ

の点では、最初の免疫の話も同じこと。トータルで考えれば免疫力はむしろ低下

するかも知れないのに、低下を抑制するプラスの作用にしか目を向けない。

                                    

とはいえ、科学的な話ではないけど、個人の実感としては、恋が若さを保つよう

な気はするね。男でも心身共にハリが出そうだけど、特に女性の場合には、美容

やファッションも含めてライフスタイル全体がポジティヴ&アクティヴになるだろう

から、多少のマイナスを吹き飛ばすくらいの勢いはありそうだ。

                

まあ、結論としては、ほどほどの恋は若さを保つひけつのような気がするし、科学

的な裏づけらしきものも一応ありますよって程度の話だろう。そもそも、「恋」とは

何なのか、ビミョーな問題だしね。英語だと、「愛」と同じく「love」になってしまって、

話がズレてしまうだろう。恋とは、相手が異性であれ同性であれ、性的な愛だ。一

方的であっても構わないけど、ときめきとかキラメキは欠かせないし、あまり重く

ないものを言うのがフツーのはずだ。ネットとかニュースで時々見かける、極端に

バランスを欠いた人達は、もはや恋の名に値しないだろう。何事も節度とか常識

が基本なのだ。

                

という訳で、今日はこれにて終了。ではまた。。☆彡

       

          

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.ちなみに新聞記事の後半には、科学的ではなく文系的な話が載ってた。

    まず社会的なのは、中高年の「婚活」(=結婚への活動)が増えてるとい

    う話で、恋をして見違えるようになる人もいるとのこと。まあ、データはちょっ

    と興味をそそられるけど、若返る人がいるってだけなら別に驚くような事

    でもない。

            

    続いて、文学者の高樹のぶ子が登場。私も何度か文章を読んでる人で、

    恋愛小説の名手とされる人だ。62歳とは思えないほど若く見えるという

    この方、流石に文学的で深みのある表現を見せてくれてる。

    「年を重ねるごとに新しい経験は少なくなります。でも、恋愛すると自分を

    見失い、不安になり、初期化された姿になる。そんな状態のとき初々しい

    ものを発散するのでしょうね

    

    う~ん、科学に対してはわりと厳しい姿勢の私も、この種の人文的表現に

    対しては表情が和らぐかも。まあ、別に「正しい事を説明してる」わけじゃな

    くて、「心地良くさせてくれる文体を見せてる」のだから、素直になるほどね

    と微笑んでおこう♪

|

« ホワイトデー3・14は数学の日~円周率をめぐって | トップページ | 荒川のレース直後からひどい風邪・・ »

科学」カテゴリの記事

「美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホワイトデー3・14は数学の日~円周率をめぐって | トップページ | 荒川のレース直後からひどい風邪・・ »