« 自転車復帰3日目、お尻が慣れて来たかも♪ | トップページ | なぜハーフに比べてフルのタイムが悪いのか »

ワードで数式をPC入力する練習

ブログに初めて数式を書いたのはいつだったか、ハッキリとは覚えてない。既に

1500本以上の記事があるから、今さら調べるのもダルイけど、記憶に残ってる

のは、山P=山下智久&長澤まさみの人気ドラマ『プロポーズ大作戦』について

書いた、「プロポーズ大作戦第3話で不評だった藤木直人(多田)の数学♪」とい

う記事だ。管理画面で簡単なブログ内検索をかけてみても、これが最初のような

感じがする。

                  

2年前、2007年5月1日にアップした記事で、藤木が黒板に書いた数式をほぼ

完全に再現したものだった。まずはノートに手書き、それを携帯の写メで撮って、

PCに取り込んで記事に貼り付けるという、何とも原始的な方法。この辺りが半ば

理系の私の限界で、本物の理系ならあり得ない素人っぽさだろう。

                                                                                      

ともかくそれ以後、福山雅治&柴咲コウ『ガリレオ』を中心に、結構な量の数式記

事を同じやり方でアップしてきた。2年間の経験で分かったのは、思ったより読む

(or 見る)人が多いということだ。もちろん、ドラマファンの多く(特に女性)は理数

系の話をスルーしがちだけど、そうでない人もちゃんといらっしゃる。また、ドラマ

と無関係の、純粋に理数系の検索も地味に入り続けてる。おまけに、計算式な

ら世界共通だし、単純明快な理数系の記事なら、将来的に英語で書くのもわりと

カンタンだろう。

                    

私は既に、香港、中国、台湾、韓国でコメントを頂いてるから、次は英語圏を狙っ

てるのだ。アジアから欧米へ。世界共通の内容を数式や英語で書けば、地球上

のどこかで、誰かの目に留まるだろう。極東の島国のブロガーとしては、単純に

喜べる展開なわけよ。理数系の記事なら、トラブルの可能性も低いだろうしね。。

          

         ☆          ☆          ☆

という訳で、まずは数式の手書きをやめて、PCでキレイに入力する練習から始

めようと思ったのだ。今年1月の『Q.E.D.』の記事では、一部で手書きなしに

チャレンジしてるけど、あれだと中学レベルの式しか書けない。そこで早速ネット

で検索してみると、いろんな話があり過ぎて何がベストなのか分からない状況だ。

                

結局、とりあえずはWord 2003に付属してる「数式エディター」を使ってみるこ

とにした。ワードは使い物にならないとか書かれてるのも見たけど、代わりの決定

版が何なのか、すぐには判断できない。ま、無料だし、メジャーで安心感はあるか

ら、練習用としてしばらく使ってみようと思ったのだ。

                        

ワードを立ち上げて、「挿入」→「オブジェクト」→「Microsoft 数式 3.0」と進む

と、作成画面とツールバー(数式記号用)が登場する。とりあえず私が記事を書き

たいのは、「四次元の球の体積の求め方」。その計算式は、大学1年レベルの積

分(重積分&累次積分&置換積分)だから、積分の入力の練習からスタート。

    

       (cf. 3日後に「4次元の球の体積」という記事をアップ、さらに

           1週間後、「ドーナツ(3次元円環=トーラス)の体積」をアップ。

           数式入力の実例として、ご参考までに♪)

                  

ちょっとだけネットを参考にして、後は適当に試行錯誤してみたら、やっぱり相当

使いづらい。。慣れればそこそこ速く打てそうな気もするけど、手書きならすぐに

何とでも出来ることが、なかなか上手くできないのだ。たとえば、文字の大きさや

を変えるとか、文字や行の間隔を変えるとか。

                                       

あと、Wordの文書をそのまま記事にコピー&ペーストすることもできない。仕方

なく、「Prt Scr(プリント・スクリーン)」で画面ごと保存して、画像処理ソフトを使お

うとすると、改行マークがそのまま残ってしまうからカッコ悪い。結局、文書をウェ

ブページとして保存し直して、それをプリント・スクリーン、さらに画像処理するハメ

になった。ま、それでも下の画像が出来た時はオォーッと感激しちゃったけどね。

小市民かよ♪

                         

090417

   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

   

        

とりあえず今回は、超簡単な不定積分、定積分、重積分の計算だけ入力してみた。

ちなみに最後の答π(パイ)は、半径1の円の面積。より一般的な言い方をするな

ら、二次元の「球の体積」(広義)ということで、次はこれの四次元ヴァージョンを、

キッチリ計算式にしようと思ってる。それが出来れば、高校・大学レベルの数学・

物理の記事を少しずつ積み上げていけるだろう。

                       

後は、適当なソフトを使って、元の文書をpdfファイルにするのが目標だな。画

像だと検索に引っ掛からないし、子供のお遊びみたいな感じがしてしまう。将来

的にはハイレベルな内容の記事もアップしたいから、やっぱpdfでしょ。英語の

記事は、理数系なら自動翻訳でかなり行けそうな気もするね。ま、とりあえずは

日本語で少しずつ前進しよう。

     

これまでの常連さんがドン引きしそうなこの企画こそ、テンメイの「CHANGE」

を表すものなのだ。そりゃ、大袈裟か♪ とにかく、今日の所はこの辺で。。☆彡

|

« 自転車復帰3日目、お尻が慣れて来たかも♪ | トップページ | なぜハーフに比べてフルのタイムが悪いのか »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

数学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車復帰3日目、お尻が慣れて来たかも♪ | トップページ | なぜハーフに比べてフルのタイムが悪いのか »