« 女性ランナー、美しい走りはウエアから | トップページ | ポカポカ陽気の春、夜型を朝型に変えるのは難しい »

毎年恒例、乗鞍のヒルクライムにエントリー☆

BIKE 50.2km,2時間02分,心拍136

遅まきながら今年も乗鞍のエントリーを済ませた。全日本マウンテンサイクリング

in乗鞍。悪天候中止の1回を含めて、去年まで7年連続出場。ちなみに去年の

レースの記事はこちら。 マウンテンサイクリング in 乗鞍2008

            

今年は何となく抽選で落とされそうな気もするな。昨日で申込は締切だけど、募集

人員3500人に対して果たして何人応募したんだろう。いくら自転車ブームとはい

え、東京マラソンの7.5倍と比べると遥かにラクなはずで、せいぜい2倍だと思う。

場所が信州の山奥で、泊りがけになるし、それなりに走ってる人じゃないと完走は

できないコースだもんね。

                     

全長20.5km、標高差1260m。平均斜度6.15%という数字だけ見ると、す

ごくキツイわけでもないけど、最大斜度15%が終盤にあるのがポイントだ。ここ

は数年前まで、路面も荒れて走りにくかったんだけど、今ではキレイに舗装され

て、ちょっとラクになった。ゴール地点の標高が2720mってことで、空気が薄い

とか言う人もいる。個人的には、キツイのは足腰であって、心肺の問題ではない。

そこがランニング(ハーフ以下)と違う所だね。ま、自転車用の足腰が鍛えられ

てないってことでもあるけど。。

                 

今年から、全長7km、標高差360mのショート・トライアルが新設されようで、

家族連れやカップルでも楽しみやすくなったと思う。200名の募集だけど、どの

くらいのエントリーがあるのかね。それによって、自転車ブームの厚みのような

ものが感じ取れると思う。ただ、ショートだと、標高の高い乗鞍独特の景色は楽

しめないから、参加者としてはビミョーな所かも知れない。上の部分までバスで

輸送して、そこから7km走れば快適なんだろうけどね。

     

           ☆          ☆          ☆

090411a さて、話変わって

 今日の走り。7ヶ

 月ぶりに自転車を

 再開したのが僅か

 4日前。その時は

 平日の朝だし、31

 kmしか走れなかっ

 たけど、今日は土

曜だから50km走ってみた。ホント、一気に初夏のムードが漂ってるから、服

装にも迷うし、日焼け止めがいるかなぁとか考えてしまう。自転車の場合は、ラ

ンニングと違ってスピードが出るから、かなり強い風を受けて走ることになる。

だから、流石にこの時期だと、まだ下はアップかロングタイツの人が多かった。

        

090411b 今日も多摩川の南

 側を軽く流したん

 だけど、サイクリ

 ングロードから

 摩川大橋に入る箇

 所が、工事中で通

 行止めになって、

 しばらく迷ってし

 まった。4月8日

から6月15日までだったかな。ということは、手前の多摩水道橋かガス橋で対岸

に渡らないといけない訳だ。途中、軽くバトルっぽいノリになったロードバイクが、

なぜかガス橋へと逸れていったからアレッと思ったんだけど、そうゆう事のね。

        

090411c それにしても、

 口付近のサイクリ

 ングロードは、ラ

 ンナーだらけで驚

 いた。去年の春は

 ほとんど自転車に

 乗ってないから知

 らないけど、一昨

 年までこんなにラ

ンナーは見なかったよな。特に女性ランナーなんて全くいなかったのに、今日は

15人くらい見たかな。ホント、恐るべきブームだね☆ やっぱり、まだまだ自転車

はマイナーだし、特に女性への普及度に関しては、かなりランニングと差がある

と思う。今後もしばらく、この差は縮まらないだろう。

               

ただ、多摩川のそばの人にとっては、ランニングでこの景色を楽しめるんだけど、

多くの人は自転車じゃないと無理なんだよな。スピードと行動半径の点で圧倒的

に自転車は有利だ。その反面、なかなか快適に走れる場所がないのが辛い所。

あと、7ヶ月も乗ってなかった私にとっては、お尻が痛いのが辛いね ^^; 仕方な

いから、時々ダンシング(立ちこぎ)でお尻を休ませてるのだ♪ ま、あと1ヶ月く

らいで馴れると思いこむことにしよう。ではまた。。☆彡

|

« 女性ランナー、美しい走りはウエアから | トップページ | ポカポカ陽気の春、夜型を朝型に変えるのは難しい »

「ランニング」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女性ランナー、美しい走りはウエアから | トップページ | ポカポカ陽気の春、夜型を朝型に変えるのは難しい »