« 木村拓哉の『全力坂 完全版』、アスリートにもお勧め☆ | トップページ | 夏の乗鞍以来、7ヶ月ぶりに自転車再開♪ »

『イケ麺そば屋探偵』第1話、軽~い感想♪

藤木直人、古田新太、生瀬勝久が共演するコメディと聞けば当然、3年前の伝説

の名作ドラマ、『ギャルサー』を思い出す♪ スタッフはほとんど違うし、今回は深

夜の30分番組だけど、ギャルサーを高く評価してる私としては当然見るしかない。

意外なほど面白かった裏番組、キムタク=木村拓哉『全力坂』の録画を中断して

まで録画した、日テレ『イケ麺そば屋探偵~いいんだぜ!~』第1話、はたしてどう

だったか。。

        

             ☆          ☆          ☆       

まず意表を突かれたのが、プロ野球中継延長による時間変更♪ ドラマの代わ

りに映ったのがNNNニュースで、北朝鮮のテポドン2(改良型)の報道がしばらく

続く。弾道ミサイルにせよ人工衛星打ち上げにせよ、誤報の連発も含めてイン

パクトがあり過ぎたニュースの後に、いきなり脚本のいとうせいこうと倉本美津留

が登場して、2分半の解説。新しい試みへのチャレンジはいいんだけど、解説の

中身がイマイチかイマニで、この時点でチャンネルを変えた人も少なくないだろう。

                    

携帯との連動のアピールなら、画面下のテロップで十分だし、『イケ麺』をスピン

オフとして生み出した元のドラマ&バラエティ『ホレゆけ!スタア☆大作戦』ホレ

スタ)を紹介したいのなら、もっと丁寧でなきゃ意味はない。脚本家2人を延々と

映すより、『ホレゆけ』の映像を振り返るとか、DVDのパッケージを大きく映すべ

きだったろう。

          

『シバトラ』第1話以来、久々に見たフジッキー=樋口潤太郎、やっぱ爽やかだ

ね。30代後半ってことで、ギャルサーの時よりは大人の顔になってるけど、ま

だ十分「イケ面」でイケるタレントだろう。今回は、いきなりスマートな自転車(ロー

ドバイクと言うよりシティーロードか)にまたがって、「RIDE IN STYLE」(スタ

イルに乗れ)なんて書かれたキャップをかぶってる。浮いてる感じを含めても、な

かなかスタイリッシュだ。

                     

そば屋のくせにウイリー(前輪を浮かせた曲芸走行)してる演出(中野裕之)

悪くないんだけど、それより笑えたのは自転車そのものだ♪ あの円盤型の車

輪(ディスクホイール)は、本来ならトップクラスの高速レース用で、しかも屋内で

使う方が普通。屋外だと横風の影響をモロに受けるし、長時間になってスピード

が落ちるからだ。

        

値段も高いし重たい車輪なのに、そば屋の出前に使っちゃってるし、ハンドルは

高速レース用じゃなくてフツーの街乗り用だったから、思わずプッと噴き出したわ

け。フェラーリとかブルドーザーで出前するような違和感がある。明らかに狙った

演出だと思うけど、自転車好きじゃないと笑えないだろう。

                          

私が次に笑ったのは、ドラマ終了直後のエンドロール。左上に「次回はきっと..」

という文字が出て、その下に小さく組み込まれた画面に来週の予告が映る。流れ

てるのは、藤木が歌う主題歌『いいんだぜ~君がいてくれれば~』。つまり、「次回

はきっと、いいんだぜ」ってことだから、裏を返せば「今回はイマイチだったけど」

と認めてる自虐ネタみたいに感じたのだ♪ そもそも、藤木が嘘を見抜く能力を

使って探偵をするはずなのに、今回は生瀬の誤解で追われてただけ。口笛男、

竹中直人の幻の忍法・オトダマ(音魂じゃなくて音弾=超音波攻撃)も、カツラの

リーゼントも、かなり浮いてただろう。。

                    

             ☆          ☆          ☆

この番組が視聴率何パーセント取れるのかちょっと興味あるけど、藤木ファン以

外で面白いと感じられる人は少ないと思う。実際、私はこれまで書いた記事2本

の中に、『イケ麺』という言葉を入れてるんだけど、そこに検索して来たアクセス

はほんの僅か。それに対して、「藤木直人」という検索ならかなり入ってる。つまり、

普通の人はもちろん、藤木ファンでさえ、『イケ麺』への注目は低いということだ。

              

いくら何でも、あまりに荒唐無稽、目茶苦茶、ハチャメチャな話で、そのくせ笑う

ポイントもほとんど無い。セーラー服姿の清純な美少女・彩香(武藤彩未)以外、

何を見ていいのか困ってしまった。でも私は、こうゆう時、ドラマをけなして終わり

にするブロガーではない♪ そこで、なぜ(私には)面白くなかったのか、楽しむ

には何が条件なの、そこを追求してみた。

                  

一番のポイントは、やっぱり元の番組を全く知らないことだろう。地方限定(24局)

で2007年4月~2008年3月の1年間放送した『ホレゆけ』を見てた人には、懐

かしさも含めて色んな場面で楽しめるのかも知れない。この『ホレゆけ』、毎回メ

ジャーな業界人をゲストに呼んで(ギャルサーのサキ=戸田恵梨香、『アラフォー』

の聡子=天海祐希など)、相談に乗る形で話を展開すると共に、古田新太の事

務所が「まりもみ」というアイドルグループを売り出す内容だったらしい。

                                      

「まりもみ」、つまり、まみ(中里真美)&りえ(加藤理恵)&ももこ(渋谷桃子)&

みづき(加藤みづき)は、藤木が歌うギャルサー主題歌『HEY!FRIENDS』のバッ

クダンサーとしてデビューした4人組で、写真だと確かにウエスタン・ファッションに

身を包んでる。せめて、この女の子たちが『イケ麺』にも登場して、『ギャルサー』

の香りを醸し出してくれれば嬉しいんだけどね。

                               

やっぱり、脇役のセーラー服美少女1人じゃ物足りない。青森弁だからなのか、

言葉さえ聞き取りにくい堀内敬子がメインの女優じゃ、深夜番組としてかなり淋

しいものがある。女性視聴者なら藤木以外にもイケ面店員の川原一馬姜暢雄

がいるからOKかも知れないけどね。ギャルサー・ファンの男としては、潤太郎に

も、懐かしのアリゾナなまりの変な日本語を喋って欲しいもの♪ 標準語を覚えた

ばかりっていう設定だし、姉の塀内は思い切りなまってるんだから、それほど不

自然でもないだろう。そもそも、元をたどると結局は、『ギャルサー』のスピンオフ・

ドラマと言える企画なんだから。

                 

            ☆          ☆          ☆

という訳で、一応来週も見るかも知れないけど、記事はこれで終わりかな。ま、

『夜光の階段』はちょっと気になってるので、ひょっとしたらそっちで記事を書くか

も知れない(簡単な感想だけ書いた)。ちなみに、藤木が色んな役柄に挑戦しな

がら活躍してる点は評価してるので、念のため♪ 『イケ麺』を何とかして楽しみ

たい藤木ファンは、DVDで『ホレゆけ』を見とくといいかも知れないね。亀梨和也

ファンや田辺誠一ファンだって、『神の雫』を楽しむのに苦労してた。愛には努力

が不可欠なのだ♪ それでは。。☆彡

    

      

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.18km走まで回復&『ホタルノヒカリ2』第1話

  鼻呼吸ジョグ&『泣かないと決めた日』第1話

  『夜光の階段』第1話で寝不足の中、早朝ラン

  『シバトラ』第1話、軽~い感想♪

   再び駆け出したアリスたち~『Around40』最終回

     ブカブカの大きな愛に包まれて~『プロポーズ大作戦SP』

   縁側と結ばれた少女~『ホタルノヒカリ』最終回

   感謝すべき遭遇、時空を超えた銀河~『ギャルサー』最終回

|

« 木村拓哉の『全力坂 完全版』、アスリートにもお勧め☆ | トップページ | 夏の乗鞍以来、7ヶ月ぶりに自転車再開♪ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです! こんな時にだけ、湧いてまいります(笑)
「イケ麺そば屋探偵」、これは、ホレスタを知らず、HPなどであらすじも読んでいない人にとっては、??だったのではないでしょうか。
前編だったとはいえ、そば屋だというのはたぶんわかるでしょうけど、探偵はどこ?(笑)
こちらのスタッフは、初回にガッチリ掴んでいこうという気はさらさらないようで・・(爆)
キャラはホレスタでおなじみだけど、ホレスタを見ていた地方局ではイケ麺を見られず(今のところ放送は東京だけ)、
東京の人は、ホレスタを見ていない(>_<) BSではやっていましたが。

ホレスタは、舞台関係のゲストも多かったんですよ。
コント&トークで、倉本さんや古田さんたち、深夜番組好きのおじさんたちが、ぐずぐずのゆるい作品を作ろう!といって作ったもの。
そこでは、樋口くん、訛ってました(おっとせいと恋をして(爆)芸能界から失踪した藤木直人の身代わりにされたそば屋の樋口くん)
イケ麺では訛っていないのが、さびしいです(笑)
でも、ファンならではの楽しみもありましたので(たぶん、ファンにしかわからない☆彡)

あの自転車は高いみたいですネ。ホイルカバーもついてる。。。
正直初回は微妙でしたが(^^;;)、スタッフの面子と、これからのゲストも濃い方々(&設定目茶苦茶?)のようなので、ゆるく見ようと思ってます。出演者も、一生懸命見なくていいと言ってるので(笑) アドリブも多そうですしネ。
生瀬さん、古田さんと樋口くんの絡みが多いといいんですが。

「次回はきっと。。」は笑いました。そういう意味なら、確信犯?
「いいんだぜ」は、中島らもさんのカバー曲で、歌詞が変ってます(原曲は放送禁止曲なので)
春は、「夜光の階段」もあるので、楽しみです。久々に冷たい顔が見られそうなので!

投稿: みき | 2009年4月 9日 (木) 09時49分

> みきさん
      
お久しぶりですsign01 何と、7ヶ月ぶりですか☆
コメントの書き方が、昔のままで懐かしい。。
長期休暇中に『神の雫』で新しい「みき」さんが登場
してますが、藤木ファンの「三木」さんね note
あるいは、ドラマ好きマニアック美少女 virgo
     
    
僕はホレスタも知らなかったし、HPも読んで
なかったから、ホント、??でしたよ ^^;
アハハ♪ いや、そば屋っていうのは「たぶん」じゃ
なくて必ずわかります。でも、探偵はどこ?
犯人扱いされてる男ならいたけど。
     
ホント、初回に視聴者をつかむ気がないドラマですね。
深夜の実験的番組だから、見たいヤツが見ろって感じ。
エッ・・・イケ麺って東京だけなんだ!
ウィキの項目さえ出来てないから知りませんでしたよ。
なるほど、ホレスタってBSだと全国なのか。
って言うか、しっかり見てたわけね (^^)

ホホーッ、ホレスタは「ぐずぐずのゆるい作品」を
狙ったんですか。それがウケて1年続いたと。
イケ麺も、初回はぐずぐずのゆるい作品でしたね♪
はっ? おっとせいと恋をして失踪した藤木の
代わりが樋口? 凝った設定だなぁ。。
そんなに訛ってたんですか。
      
ファンは、主役のドラマを見れるだけで満足でしょ。
ホイルカバーって、映りましたっけ?
携帯サイトか雑誌の情報ですかね。
ま、高価なディスクホイールだから十分あり得ること。
車体はヴィンテージものって感じ。
    
       
アハハ (^^ゞ 出演者が、一生懸命見なくていいと
言ってるんですか。って言うか、よく知ってますね。
相変わらずチェック細かいなぁ☆
ゆるく見る。。う~ん、僕が苦手なことかも。。
ほんじゃ、勉強のためにもう1回、ゆるく見ようかなぁ。
中越典子もゲストで出るようだし。どうしよう。。
      
「次回はきっと。。」、面白いでしょ♪
確信犯で面白くない初回を作ったとしたら、過激だなぁ。
「いいんだぜ」の歌詞、調べてみるとかなり
話題になってるんですね。全く知らなかった。
ネットで見ましたが、凄い歌詞だなぁ。。
これをリメイクして歌う藤木も過激 thunder
ジャニーズだとあり得ないことかも。
    
なるほど。『夜光の階段』は久々に冷たい顔なのか。
そう言えば、僕はまったく知りませんね。
ドラマの中で部分的に冷たい顔をしてる所しか見てない。
過激さや演技の幅があって、歌もいける、
注目に値するタレントですね、藤木直人は☆
   
ま、残念ながら僕は今、ドラマはお休みモードなんで、
『夜光』をレビューする確率は10%ほど。
何なら、ウチでゲスト執筆者になってください♪
ではまた。。shine

投稿: テンメイ | 2009年4月10日 (金) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/44581301

この記事へのトラックバック一覧です: 『イケ麺そば屋探偵』第1話、軽~い感想♪:

» 日本テレビ「イケ麺そば屋探偵 〜いいんだぜ!(新番組)」第1話:嵐を呼ぶ口笛男(前編) [伊達でございます!]
藤木直人さんが歌う主題歌「いいんだぜ 〜君がいてくれれば〜」が流れるオープニングは、なかなかいい感じ。しかし、本編は…。 [続きを読む]

受信: 2009年4月 6日 (月) 07時27分

» 飛翔体と落下物と誤探知は見抜けません(藤木直人)イケ麺そば屋探偵と馬とお稲荷さん(武藤彩未) [キッドのブログinココログ]
そば屋の潤太郎(藤木)は「人間のついたウソを見抜ける」という特殊能力があるのであ [続きを読む]

受信: 2009年4月 6日 (月) 12時51分

» ラーメンイケメン、僕フジッキー(イケ麺そば屋探偵〜いいんだぜ!#1) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
2009春ドラマ、何見よう?『イケ麺そば屋探偵〜いいんだぜ!』新ドラマが早くもスタートこの枠は全編配信されてたから視聴が楽だったのに、配信がなくなったから録画しなきゃいけないじゃん(爆)『妄想姉妹〜文學という名のもとに』  『トンスラ』解説を携帯で見れるらし....... [続きを読む]

受信: 2009年4月11日 (土) 16時06分

« 木村拓哉の『全力坂 完全版』、アスリートにもお勧め☆ | トップページ | 夏の乗鞍以来、7ヶ月ぶりに自転車再開♪ »