« 涼しい夜、僅かな時間で軽快に♪ | トップページ | ε-δ論法による極限の定理(線型性)の証明 »

安心して走れるのは、核の傘のおかげか・・

RUN 14.3km,1時間04分35秒,心拍159

今週は、東アジアの問題でずっと心が重い。激怒したり非難したりするのは簡単

なことだけど、根本的な問題の一つが「核の不平等」にあるのは間違いない。我々

が安心して生活できるのは、「核の傘」に守られてるからであって、守られてない

国が自分で守ろうとするのを強くとがめる資格があるかと言うと、何とも苦しい気

分になる。

 

言うまでもなく、1970年発効以来、世界の核をコントロールしてきたNPT(核不

拡散条約)は不平等条約だ。米、ロ、英、仏、中国の5ヶ国だけ、公に核保有を

認め、他の国には(建前上は)認めないなどという勝手な条約が多くの国に支持

されて来たのは、結局それが自国にとっても色々有利だからに他ならない。核

拡散を野放しにするよりは防衛上マシだし、その他の面でもベターだろう。

 

ところが、NPT不参加のインド、パキスタンが核実験しても、さほど非難される

ことはないし、イスラエルの核保有疑惑も追及されることはなし。それなら自分

たちも核兵器を持ちたいと思う国が出るのは不思議ではない。それを非難すれ

ば、二重基準=ダブルスタンダードだと強く反発されるのも自然なことだろう。あ

る国には甘く、他の国には厳しく対応してるのは、公平に見て相当おかしな話だ。

それが世間的にあまり話題にならないのは、やっぱり我々がどっぷりと核の傘

に甘えてるからだろう。米軍基地周辺の住民にだけ、特別な忍耐を強いながら。

 

不平等条約を維持するのなら、できるだけ早く非核化の動きを進めるという大義

名分を実行に移す必要があるのに、肝心の超大国アメリカが、いまだにCTBT

(包括的核実験禁止条約)の批准さえしてない状況。核軍縮は遅々として進まず、

一方で闇のルートでの核拡散が現実のものになりつつある。 

 

何とも暗い状況で目を背けたい話なんだけど、おそろしく甘えた状況で平和に暮

らしてる者としては、せめてこうゆう時くらい、防衛とか安全保障という根本問

に目を向けて、少しでも自分の頭で考えるべきだろう。国防の問題は本来、経済

不況の問題と同じくらい、我々の生活に直接関わる重要なことなのだから。核兵

器の威力は、新型インフルエンザどころではないのだ。。

 

      ☆          ☆          ☆

突然、ランニング記事にこんな話を書いたのは、妥協の産物だ。今夜は、朝日

新聞5月27日朝刊の特集「抑止力 依存か自前か」が興味深かったこともあっ

て、核の問題だけで1本記事を書こうと思ったんだけど、月末だからランニング

も外せない。仕方なしに、2つの話を1本にまとめたわけ。ま、最近はスポーツ

記事とドラマ記事をまとめることも多いわけで、それだけ時間的余裕がないのだ。

 

で、今夜も70分ほどしか時間が無かったから、14kmほどスピードを出して走っ

て来た。昨夜も僅か8kmだから、ホントはゆっくり18kmとか走りたいんだけど、

やる事が多いから仕方ない。スタート後、非常に珍しいことに両膝が痛んだから、

ちょっと不安になった。幸い、身体が温まるにつれて痛みは消滅。昨夜、身体が

暖まる前からスピードアップしたせいだろう。これも時間の制約が原因なんだよ

な。気をつけなきゃね。

 

気象条件的には、昨夜同様かなり恵まれてて、適度な涼しさで気持ちよく飛ばす

ことができた。誰か速いランナーがいれば、さらにスピードアップする余裕はあっ

たけど、残念ながらこの日は見当たらず。それでも、昨日の1.75倍の距離なの

に昨日より速いペースで、しかもラクに走り切ることができた。終わってみれば、

もっと本気で走って記録を狙えば良かったかな、なんて気もするほど♪ タイム

トライアルって、最近まったくやってないしね。

 

トータルでは1km4分31秒。しまった・・・そうと知ってればラストスパートして、

ぴったし4分半にしてたのにな。惜しかった。。ま、距離は短いけど、4分半のス

ピードに身体が慣れて来たのは確かだろう。って言うか、戻って来たと言うべき

か。やっぱり、荒川のフルのせいで、ゆっくり長く走る意識が強かったもんな。

明日もちょっとくらい走りたいけど、時間的にかなりビミョーな感じ。ではまた ☆彡

 

  往路(2.45km)    12分00秒  平均心拍138          

  1周(2.35km)    10分50秒        155      

  2周             10分38秒        160      

  3周            10分19秒        168

  4周             10分16秒        169 

  復路              10分33秒         162

  計 14.3km  1時間04分35秒  159(86%) 最大心拍171,周回ラスト

|

« 涼しい夜、僅かな時間で軽快に♪ | トップページ | ε-δ論法による極限の定理(線型性)の証明 »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 涼しい夜、僅かな時間で軽快に♪ | トップページ | ε-δ論法による極限の定理(線型性)の証明 »