« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

ココログ久々のトラブル&公園バトルラン♪

RUN 17.25km,1時間18分27秒,心拍159

おぉ~、ココログのトラブルはやっと直ったのか。8時間も続くなんて久々

だね。管理画面に入れないだけじゃなくて、閲覧も出来ない時間帯が3時

くらいあったようで、読者の方にはご心配かけてしまったかも知れない。

エッ、誰も心配してない? あっ、そう♪ ま、滅多にないことだし、以前は

1日以上続くこともあったんだから、良しとしとこう。

        

それにしても、今回の大規模トラブルも、要するにシステムをいじったから

起きたことであって、どうもメリットよりデメリットの方が上回ってる気がす

るんだよなぁ。私が一番改善して欲しいのは、記事のアップや更新の際の

「反映」時間。1分くらい画面が動かないことも珍しくないから、毎日の更新

に加えてマメにチョコチョコ加筆修正してる私にとっては、相当ダルイのだ。

データ量が多いからなのかも知れないけど、ココログさん、よろしくネ!

              

       ☆         ☆         ☆

という訳で、走りに行ってる間にトラブルが解消してたから、あわてて記事

を書いてるわけ。正直言って、トラブルがそのまま続けば不可抗力でお休

みになってラクだよな~とか思ってた (^^ゞ 流石に神様はそうゆう怠慢な

精神を見逃してはくれなかったようだ。

                              

今夜はいつ雨が降り出してもおかしくない状況だったので、早めにスター

トしようと思って準備してたら、旧友から電話がかかってきて、しばらくペ

チュクチャとお喋り。どうも自転車にハマったらしくて、しかも凝り性だか

ら一気にマニアの領域に到達してるみたい。家が離れてるから、一緒に

走るのはなかなか難しいんだけど、近々どこかへ出かけようって話になっ

ている。ま、私にとってもいい刺激ではあるね♪

           

長電話の後、空模様を気にしながら本拠地の公園へ向かう。昨日のジョ

グの感触が良かったから、結構走れそうな気はしてたけど、予想通りに

が軽い。おまけに気温22度くらいの涼しい夜だったから、まず距離は17

kmちょっとに決定。この程度でも、最近の私にとっては長いのだ♪ 

                         

1km4分40秒~45秒を目標にして走ってたら、珍しくバトル相手が2人

連続で登場。何度も書いてるけど、自転車と違ってランニングのバトルと

いうのは珍しい。ランの場合は低速で空気抵抗が少ないから、実力差が

そのまま出てなかなかバトルになりにくいし、ちょっと身体が近付き過ぎ

て気が引けるのだ。   

         

今夜の場合、2人とも私が抜いた後でヒートアップ。1人は私を抜き返して

1km4分20秒ほどで1周だけ引っ張ってくれた。2人目は抜いたら後ろに

くっついて来て、スピードを上げても離れない。下の心拍を見れば分かる

ように、最後で引き離そうとしてる内に心拍は173(94%)まで到達してし

まった。結局そのままで、お互いにいいスピード練習になっただろう♪

                                          

トータルでは1km4分33秒ペース。惜しかったな。誰かもっと速いランナー

が引っ張ってくれれば、4分30秒は切れたのに。これから暑くなるから、し

ばらくはトロトロ走ることになっちゃいそうだ。とにかく、これで今月も終了。

ボチボチの月って感じだったね。心拍はプラス11の補正。ではまた☆彡    

         

  往路(2.45km)    12分17秒  平均心拍133          

  1周(2.35km)    11分05秒        152       

  2周             10分46秒        159       

  3周            10分16秒        168 

  4周             10分29秒        165  

  5周            10分03秒        172 

  6周(0.6km)      2分46秒       173 

  復路              10分46秒         164 

計17.25km  1時間18分27秒 心拍159(87%) 最大174(6周目)

| | コメント (0)

僅かな傘ジョグ&『イケ麺そば屋探偵』最終回

RUN 8km,44分11秒,心拍141

新城幸也に続いて別府史之も、ツール・ド・フランス出場決定! おめで

とう☆ 世界最大の自転車ロードレースに日本人が2人も出るなんて、数

年前には考えられなかったことだ。全国のファンも、先駆者・今中大介も

喜んでるだろう。今年はいつもよりマジメにチェックしよっと♪

    

さて、自転車界のビッグニュースに触れた後は、3ヶ月ぶりに『イケ麺そば

屋探偵~いいんだぜ~』にコメントしよう。ウチの読者には昔から藤木直人

ファンが多いし、私にとっても印象がいい俳優だから、ドラマお休みモード

の中でも特別扱いなのだ。たかが個人ブログだから、適当にエコひいきし

ても、「いいんだぜ」♪ 

     

そうは言っても、この深夜番組を急に思いだしたのは、新聞の番組欄に

「終」という一文字があったからにすぎない。「アッ、最終回なのか、ほんじゃ、

30分見るくらいはいいだろう」と思って見始めたら、いきなり冒頭でガクッと

来た。いとうせいこう&倉本のお喋りがいまだに続いてるだけでも驚きなの

に、いきなり「来週からすぐまた『新イケ麺』がスタートする」とか語ったのだ。

エェ~~ッ?最終回の偽装かよ!      

                          

すぐに見るのを止めようかと思ったんだけど、久々に見た堀内敬子がほん

のちょっと可愛く見えてしまったから、そのまま続行。いや、初回は青森弁

の驚きもあって、何じゃコリャ状態だったもんでネ♪ その後、古田新太と

生瀬勝久のアドリブっぽいトークが妙にトボけてて、「あんまん好きな人は

あんまんいない」とかオヤジギャグを言いながら古田が笑う姿を見てたら、

こっちまでつい笑ってしまった (^^ゞ 空から古田の身体に降って来た大量

のカエルが、なぜか全く動かないのもシュールな味わいを出してる。

                

さらに、死体のはずの上田晋也が神様になったり、藤木と谷村美月をまじ

えて『おしゃれイズム』のパロディーみたいな紙芝居トークをやったり、藤木

が妙なキレ方を見せたり、とにかく前衛劇や実験映画みたいなメチャクチャ

な展開が続く。ちょっと悔しいけど、なかなか凄いなと思ってしまったのだ。

これなら、たとえ視聴率3%程度でも、藤木ファン以外のコアなファンもいる

だろう。私も、今よりヒマだった時代なら、毎週楽しみに見たかも知れない。  

         

という訳で、初回はサッパリの印象だったのに、最終回もどきはかなり印

象が良かったのだ☆ だからと言って、新イケ麺を毎週見ようとも思わな

いけど、また気が向いたらチョコッとコメントするかもしれない。番組自体

が緩~い内容なんだから、こっちも緩~い見方で「いいんだぜ」。ってこと

で、また次の機会をお楽しみに! (無いかもしれないけど♪)

              

         ☆          ☆          ☆

話変わって、今日のランって言うか、今夜のジョグ。2日休んだ後だし、ホ

ントは最低16kmくらい真面目に走る予定だったのだ。ところが、まず

事が長引いたのが想定外。帰宅後、走りに行く前に、前日のツール・ド・

美ヶ原のリザルトを見ようと思って手間取ったのも予想外。昔とちょっと違

う場所になってたし、発見後も以前のパスワードがはじかれたりしたのだ。

    

で、仲間のタイムを見て楽しんだ後、いよいよ走りに行こうと思ったら、何

雨! 昨日から天気予報がハズレまくりだよな。。眠いし、止めようかな

と思いつつ、傘を片手に軽~く8kmだけジョギング。それでも、1km5分

半は切ってるだろと思ったら、トータル1km5分31秒ペースだった (^_^;

いやいや、道理でやたらラクな傘ランだと思ったわ。

          

明日からまた天気がビミョーだけど、まあ今夜の傘ジョグくらいなら何と

もないから、少しでも距離を稼いどくことにしよう。乗鞍までもう2ヶ月しか

ないしね。ちなみに、心拍はプラス12の補正。

        

ではまた。27日に他界した、女子マラソンの先駆者・永田七恵(旧姓・

佐々木)さんのご冥福を祈りつつ。。☆彡    

              

  往路(1.15km)    7分01秒    心拍122    

  1周(1.1km)      6分11秒        137            

  2周            6分11秒       141             

  3周            6分08秒        144       

  4周            5分52秒       146             

  5周            5分52秒       148

  6周(0.2km)    0分56秒       149            

  復路(1.35km)     6分00秒        143            

  計 8km  44分11秒  心拍141 (76%) 最大155(5周目)  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュートン物理学の基礎、「運動の法則」再考~その1

物理学という学問は、自然科学の中でも非常に精密で鮮やかな出来栄

えを誇ってるけど、よく考えると基本的なレベルですぐに分からなくなっ

てしまう。しかも、何を調べても誰に聞いてもよく分からないままなのだ。

それがまた、物理の不思議な魅力とも言えるだろう。

    

私が最初に引っ掛かったのは、高校で習うニュートン「運動の3法則」の

1つ、第2法則だ。ちなみに第1法則は「慣性の法則」、第3法則は「作用・

反作用の法則」で、これらも後で再考する。差し当たり今は、第2法則に焦

点を絞ろう。これには色んな言い方があるけど、私自身の言葉で書くなら、

物体の加速度は、力の大きさに比例し、質量に反比例する。また、加速

度の向きは力の向きと同じである」。

                              

比例定数が1になるように単位を調節した上で、向きを表す矢印を付け

てベクトルで書くなら、加速度 a 、力 F 、質量 m として、

                  090628a   

       

    

両辺 m 倍して分母を払って、左右入れ替えた普通の形なら、

090628b   

   

つまり、「力=質量×加速度」。これがいわゆる「運動方程式」で、この第二

法則だけを「運動の法則」(狭義)と呼ぶこともあるくらい、基本的な式だ。

向きにこだわらず、普通の数(スカラー)で表すなら、F = m a 。理系でな

くても、見覚えくらいはある式だろう。

                             

実は、私の記憶には無かったけど、先日揃えた中学の理科の教科書を見

ると、これに似た話が既に登場していた。「同じ物体では、速さの変化する

割合は、はたらく力が大きいほど大きくなる」(啓林館『未来へひろがるサイ

エンス』1分野・下,p.56)。これは、運動の第2法則で質量を一定とした

場合(同じ物体だから)を、数式ではなく言葉で説明したものだ。標準的な

カリキュラムだと中1の終わりか中2の始めくらいに習うと思う。

                                        

元に戻って、高校1年で私が引っ掛かった点は、今振り返ると一応2つに

分けることができる。比較的簡単な方は、運動の法則の「力」とは我々が

日常的に理解してる「力」とかなり違ってるんじゃないか、にも関わらず巧

みに話をすり替えてるんじゃないかという疑問。

           

一方、より難しい方は、「力=質量×加速度」という式はどこか変だなとい

う漠然とした思いだ。確かにこの式を使って問題は解けるけど、それは

理とか理科というより、数学的なテクニック、あるいは工夫にすぎないんじゃ

ないのか、という気が何となくしてたと思う。それは、昼休みに物理のN先

生に20分くらい質問しても解決しなかった。

                    

その後しばらく経って、こうした疑問は私だけのものではないことを知っ

た。身近には誰も見当たらなかったけど、遥か昔から一部の学者たち

が、私と同じくあの「法則」の奇妙さに気付いてたのだ。たとえば以前3本

の記事を書いた「ポアンカレ予想」でお馴染み、天才ポアンカレもその一

人だ。今現在の私も、以前と同じ変な感じを持ってるけど、流石に多少は

考えがまとまってるし、進んでもいる。

                           

本質的にこの法則とか式の意味を考えるには、教科書的な簡単な実験

(バネばかりで物体を引っ張るとか)や考察だけではダメで、古典力学と

かニュートン物理学の全体を見直す必要があると思う。でも、そこまで大

がかりな話にすると、一生かかっても完全には分からないままだろうから、

とりあえずの近似的な理解も必要だろう。それならこう考えればよい。

             

「力=質量×加速度」は、実際の経験的世界を表す自然法則ではなく、

理学的な「力」の定義式にすぎない。つまり、右辺の質量×加速度によっ

て、物理学における「力」という概念を新たに定義して、計算や考察を多少

手助けしてるだけの式だ。という事は、世界を説明する上で必要ないのだ。。

                       

           ☆          ☆          ☆

もちろんこれは、大多数の物理学者と異なる考えだが、それでも構わない。

考え方として筋が通ってるし、式は一応そのままあるから、計算や問題解

にも困らないのだ(別記事にする予定)。ではこの場合、力を定義するのに

用いた質量と加速度と何なのか? それは、勝手に人間が決めたにす

ない「力」と違って、に実在する存在なのか? これが次の問題となる。

                                                  

加速度は「長さ」(=距離)と「時間」を複合的に用いた高度な概念だから、

それより先に、比較的単純そうに見える質量について考えてみよう。見方

を変えると、それは基本的な「単位」に関する考察でもある。単位があって、

初めて測定も数式も可能になるのだから、非常に根本的な話なのだ。

                  

ちなみに、私はまだ一般相対性理論は理解してないので、「慣性質量」と

「重力質量」が同じとする「等価原理」を本格的に扱うことはできないけど、

普通の物理学のレベルで考えても十分興味深い話だと思う。小学校の理

科から計測の最前線まで見渡した考察は、なかなか見当たらない。

                 

残念ながら、今日はここで時間となった。準備は既に整ってるので、近日

中に続きの記事をアップしたい。あまりに根本的な内容だから、理数系の

読者さえ僅かだろうとは思うけど、私自身が熱心に読むからいいのだ♪

自分の頭を使って、物事を根本的なレベルで捉え直し、誰も書かないよう

な記事をアップする。これぞマニアック・サイトの進むべき道だろう、。

ではまた。。☆彡

      

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.ニュートン物理学の基礎、「運動の法則」再考2~質量と重さ

  「運動の法則」再考3~運動方程式を使わずに問題を解く方法

  「運動の法則」再考4~質量の単位と測定

| | コメント (0)

早くも夏バテラン、ミスブレは最後の5分だけ♪

RUN 13.3km,1時間04分46秒,心拍150

失敗した~。。今日も仕事だったけど、速攻で帰宅して15分遅れくらい

で木村拓哉『MR.BRAIN』第6話を見ようと思ってたのだ。ウチは今、

ドラマ長期お休みモードに入ってるとはいえ、読者の多くはドラマファン。

藤木直人『夜光の階段』が先週終わったことだし、今週はミスブレで軽く

コメントしとこうと思ったわけ。何と感心な心がけなんだ♪

        

ところが、まず最寄の駅前に新しく出来たドラッグストアに入ってしまって

10分以上チェック。帰宅後は、バイク(オートバイ)の鍵が見当たらない

ことに気付いて、あわてて探し回るハメに。既に1コ失くしてスペアが無い

状態だから、また失くしたら大変なのだ。で、運良く発見してテレビをつけ

ると、既に20時46分くらい (^^ゞ キムタクが脳科学的なウンチクを語っ

て、仲間由紀恵が手錠をかけられてしまった。終わりかよ。。全然、話を

把握してないけど、多重人格は結局関係なかったのかね。その方が物語

的にいいとは思うな。

           

その後はキムタクが綾瀬はるかの目の前でバナナを頬張って、懐かしの

市川海老蔵(第1話)がチョコッと顔を出して終了。あの銃は何なんだ?

狙ってるのか、狙われてるのか。ま、予想通りのエビ様再登場ってことで、

こうなったらクリームあんみつで糖分補給も必要だし、最後は広末涼子と

靴のヒールも再登場させなきゃダメでしょ。アメリカに行く話が出てたから、

空港で綾瀬と広末の静かなバトルを映すとか。

             

来週こそはマジメに見たいと思ってる・・・とか書きつつ、既に思いは山P=

山下智久の新ドラマ『ブザービート』に移ってたりして♪ 浮気者かよ!

                      

        ☆          ☆          ☆

さて、昨夜はかなり疲れてたっていうか、夏バテしてたんだけど、3ヶ月ぶ

りの4日連続ランを決行した(大げさ・・)。10kmでいいやと思いつつも、こ

の週末は仲間がツール・ド・美ヶ原でヒルクライムをやってることだし、負け

てらんないなと思って13.3kmに延長。あんまし変わらないわな♪

           

とにかく身体がバテてたから、ゆっくり走ってるのに最初からしんどくて、僅

か1時間ちょっとがかなり長く感じられてしまった。「湿度の高さはホントうん

ざり、シャツ~の汗は今日もビッショリ」。あっ、これはラッパー気どりで韻を

踏んでるわけね♪ 蛇足の説明はともかく、やっぱりランナーが少なかった

な。辛い時には仲間が欲しいんだけど、7割くらいの時間は孤独な闘いに

なってしまった。

                                 

トータルでは1km4分52秒ペース。おぉ、流石に遅いな♪ ま、単なるペー

スとしてはもっと遅くていいんだけど、あの辛さでこの遅さってのは良くない

ね。ま、4日連続だから良しとしよう。

            

ちなみに今日は、約1ヶ月遅れで5月の全走行距離とかのグラフを作った

5月末にパソコンが壊れた関係で、今日まで先延ばしになってたのだ。よう

やく新しいPCにも慣れてきたから、ちゃんと約束を守って頑張ったわけ。

ま、誰も覚えてないだろうけど、私は律義な有言実行派なのだ。   

            

というわけで、折角作ったから一応ここにも添付しとこう。もちろん、5月の

全走行距離の記事にも加えておく。ちなみに、心拍はプラス10の補正。

ではまた。。☆彡

                          

090627a   

   

  

  

  

  

  

  

   

090627b   

  

  

  

  

  

  

  

  

    

      

    

 往路(1.15km)  6分18秒   平均心拍128

  1周(1.1km)   5分23秒         143

  2周         5分26秒         146

  3周         5分16秒         151

  4周         5分21秒         152

  5周         5分22秒         151

  6周         5分17秒         153

  7周         5分20秒         154

  8周         5分16秒         155

  9周         5分14秒         157

 10周         5分10秒         158

 復路          5分25秒         155

 計13.3km 1時間04分46秒  150(82%) 最大160(周回ラスト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帝王マイケル・ジャクソン、安らかに・・・

RUN 14.4km,1時間09分00秒,心拍153

世界中で凄い反響だな。。流石はかつて「ポップの帝王」と呼ばれたらしい

スーパースター。同じ日に他界した元「チャーリーズ・エンジェル」、ファラ・

フォーセットが気の毒になるほど、メディアでのマイケルの扱いは大きい。

今日(6月26日)の朝日新聞・夕刊でも、1面の左上と社会面の大半がマ

イケル関連で、カラー写真4枚入り。有名人の訃報の中でもトップクラスの

扱いだろう。全く予期してない50歳の死だっただけに、衝撃は大きかった。   

                      

世界最高、1億枚を超えると言われる売上を記録したアルバム『スリラー』

とか、そのドラマ仕立てのプロモーション・ビデオは多くの人が知ってるだろ

うし、晩年の度重なるスキャンダルも記憶に新しい所だけど、色々と報道を

見て感じるのは、ダンサーとしての評価の高さだ。朝日によると、安室奈美

恵や東山紀之(少年隊)らのマイケルの信奉者を通じて、日本のダンスを

変えたとまで言われてるらしい。

           

麻生首相が強調する、子役時代のタップダンスというのは流石に分からない

けど、スリラーとかムーンウォーク以降の切れのある斬新な動きは、自由な

ストリート系ダンスの原点の一つと言えるだろう。スリムな長身で脚も長いか

ら、余計に見栄えがした。

              

もちろん、その陰には「汗で床に水たまりができていた」(定宿のキャピトル

東急ホテルの逸話 by 朝日)ほどの練習があるわけだ。余りの身体の酷使

で痛み止めまで飲んでたとの事。才能と運に加えて、圧倒的な努力や鍛錬

がある点は、同世代のマドンナとか多くのトップスターに共通することだろう。

                                   

勢いを失った後は、金、性、整形などをめぐって、ますますメディアや世間に

叩かれるようになったけど、アフリカ系(黒人)の地位向上や誇りに貢献した

超大物スターだったのは確かだ。死因が何なのかはともかく、これから再始

動という話もあっただけに、まさかの急逝は不運としか言いようがない。記憶

にも記録にも残る天才エンターテイナー、今は安らかに眠って欲しい。。

      

         ☆          ☆          ☆

以上、訃報関連だから色付けせず、黒文字で統一しておいた。さて、天才と

違って凡人市民ランナーは、昨夜もキレのない走りで距離を稼いでおいた♪

火曜にかなり飛ばして、水曜もそこそこのスピードだったから、流石に3日目

は脚が疲れて動かない。って言うか、やっぱり個人的に大嫌いな蒸し暑さが

こたえてる感じだ。まだ身体が適応してないんだね。気温は24度程度にす

ぎないし、ゆっくり走ってるだけなのに、とにかく暑くて汗がダラダラ滲んで来

る。10kmで止めそうになったけど、何とか14.4kmまで粘ることができた。

                          

トータルでは1km4分48秒ペース。ここ最近だと、かなり遅い部類だな。ま、

走っただけでも良しとしよう。実際、近所の公園はランナーもウォーカーも少

なかった。みんな、早朝モードに変えてるのかも知れないね。私はどうしても

夜型から脱出できなくて困ってる所。朝型にしないと自転車も乗れないのだ。

     

さて、この後またちょっとだけ走ろうかな。4日連続なら3ヶ月ぶりだけど、眠

いから中止するかも♪ ちなみに心拍はまたプラス11の補正を行ってある。

ではまた☆彡 

     

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.陸上女子200m、福島千里が日本新記録更新! おめでとう♪

   

P.S.2 杉山愛、今年もウィンブルドン3回戦敗退。残念。。

                                       

 往路(1.15km)  6分19秒   平均心拍127 

  1周(1.1km)   5分25秒         142 

  2周         5分25秒         148 

  3周         5分23秒         150 

  4周         5分18秒         152 

  5周         5分11秒         154 

  6周         5分16秒         155 

  7周         5分11秒         157

  8周         5分09秒         159 

  9周         5分13秒         157 

 10周         5分06秒         159 

 11周         5分02秒         164 

 復路          5分04秒         159 

計 14.4km 1時間09分00秒 153(83%) 最大165(周回ラスト)

| | コメント (0)

「『いちご白書』をもう一度」と、反逆の時~朝日夕刊

朝日新聞の夕刊の面白さについては、今までも何度か記事に書いて来た

けど、今晩はまた特に面白かったから、久々に記事を書いてみよう。ホント

は理数系の記事を用意してたんだけど、それはまた今度ってことで♪

       

夕刊1面下の長期連載「ニッポン人脈記」で先週から続いてる短期企画は

「反逆の時を生きて」。1960年代後半を中心に、全共闘(全学共闘会議)

などの学生運動をめぐって様々な人間を描くシリーズだ。私自身はもちろん

その世代ではないけど、もしあの時代に学生だったら、先頭に立ってやって

た気がする。熱い肉体派で、反抗的な理屈屋♪ フツーの学生でさえ、い

つの間にかデモに参加してた時代だから、私が無関心なはずはない。

                                     

だからどうしても、当時を伝えるメディアの報道とかが気になってしまうし、

一方でオウム真理教の問題もいまだに気になるのだ。学生運動と暴走し

た宗教を一緒にするのはかなり乱暴だけど、似た部分が目立つのも明ら

かだろう。『1Q84』が大ヒット中の村上春樹がオウムとか宗教にこだわり

続けるのも、彼が全共闘世代(68年に早稲田大学入学)であることと関係

してると思ってる。

                       

         ☆          ☆          ☆

話を戻して、朝日夕刊の企画について。ここまで、日大全共闘議長・秋田

明大、東大全共闘議長・山本義隆、学生運動を撮影し続けた女性写真家

などに触れて来て、今日(6月25日)の第5回のタイトルは「『いちご白書』

は僕だった」。話の中心は、音楽プロデューサー・前田仁と、松任谷由実

=ユーミン。他には、早大・反戦連合の高橋公、彼らに差し入れしてた作

家・立松和平、逆にスト解除を提案してた多摩大学長・寺島実郎らも登場。

              

ユーミン(当時は荒井由実)作詞・作曲の「『いちご白書』をもう一度」は、誰

でも一度は耳にした事があるだろう。「君もみるだろうか いちご白書を♪」。

75年にフォークグループ・バンバンが歌って大ヒット。オリコン1位獲得で、

ユーミンにも注目が集まり、最初のヒット曲『あの日にかえりたい』につながっ

たし、彼女自身も後にいちご白書を歌ってる。詞も曲も、何とも物哀しくて切

なく、心に浸み込んで来る名曲だ。

               

でも歌詞の意味は、今日の記事を読むまでいま一つ分かってなかった。普

通に聴くだけで、「いちご白書」が有名な映画だってことは分かるし、学生が

大人=社会人になる時の淋しさや喪失感、あるいは未練を描いてるのも分

かる。ただ、詞のモデルが実在することや、モデルとなった人物も映画も

深く学生運動とつながってることまでは知らなかった。

                            

記事によると、プロデューサーの前田がユーミンに曲作りを頼んだ時、題

材として若い頃の話を聞かせてと言われ、早大時代のことを語ったそうだ。

学費値上げ反対運動、機動隊、前田を含めて200人余りが一斉逮捕。彼

就職活動を始める前に髪を切った。それが歌詞では、僕は無精ヒゲ

と 髪をのばして 学生集会へも時々出かけた 就職が決まって 髪をきっ

てきた時・・・」となり、髪を切るタイミングだけが変えられてるそうだ。

                             

ユーミンが、「仁さん、私、うそを書いちゃった」と謝ったエピソードが微笑

ましい♪ また、逮捕歴が響いたのか、前田は商社の内定を取り消されて

レコード会社に入り、それがこの古典的名曲につながったと言うのだから、

事の巡り合わせの不思議さをしみじみ感じてしまう話だった。。

    

   (2010年1月18日追記: 

    前田氏の訃報が流れてるようで、この記事にも検索が入ってるけ

    ど、信頼できる情報源が見当たらない。

    もし本当に永眠ということであれば、ご冥福をお祈り致します。。)

           

   (1月23日追記: 訃報や葬儀のブログ記事が多少出ている。

              残念ながら、訃報は事実のように思われる。。)

        

          ☆          ☆          ☆

一方、映画について。新聞記事では簡単にこう説明されてた。「ユーミン

は前田の体験と、アメリカの大学を占拠した学生を描いた映画『いちご

書』を結びつけたようだ」。そこで早速、ウィキペディアで調べると、元は

メリカの69年のノンフィクション小説で、映画の公開は70年。ちょうど全

共闘の運動が急速に消滅していった時期だ。

                          

原題は「The Strawberry Statement」。この意味は、日本版のウィキだと

曖昧だったけど、英語版ウィキを読むと正確に理解できた。宇多田ヒカル

が進学したことでも知られる名門・コロンビア大学で、学生の抗議運動と

向き合うことになった経営者・ハーバート・ディーン(Herbert Deane)が、こ

んな感じの事を語ったらしい。「学生の意見は、イチゴの味が好きだと言っ

てるようなものだ」(中立的な翻訳)。

                             

このディーンのいちご発言(strawberry statement)が、いちご「白書」と訳

されたらしい。映画の世界ではよくある「超訳」で、商業的には上手いと思

う。ちなみにディーン自身の説明によると、この発言は誤った引用を受け

てるそうだ。彼の発言には、重要な条件がついていた。「学生たちの意見

が、もしきっちりした理由づけ無しに提案されるのなら・・」。つまり、ちゃん

とした意見なら、学生のものでも重視するということだ。

          

細かい情報や状況が分からないから、これが単なる言い訳なのか、正当

な釈明なのかは何とも言えない。ただ直感的には、アメリカの学生達が半

ば意図的に、誤った引用で敵対心をあおったんじゃないかという気はして

る。それがやがて、日本で名曲を生み出すキッカケになったということか。。

               

         ☆          ☆          ☆

それにしても、当時の世界的な学生運動について見聞きする度に痛感す

るのは、現代日本とのあまりに大きな違いだ。良し悪しはともかく、やっぱ

あれだけの若者のエネルギーが結集されて現実的な形になるというの

は、人々の郷愁や憧れを導くことにつながるだろう。私もこうして記事を書

きながら、あの直接的なパワーがちょっと羨ましいのだ。

                                       

形も時代も大幅に違うとしても、自分たちにも何か出来ないか。いつも、

そう考えてる。ブログを通して、その気持ちだけでも伝えたいと思ってる。

            

どこかで もう一度~ ♫ 」。。ではまた☆彡

                  

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.ユーミンの名曲『あの日にかえりたい」の歌詞の解釈♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

羽生名人防衛☆シャラポワ敗退、杉山3回戦へ♪

RUN 13.25km,1時間02分33秒,心拍156

今日は東京マラソン2010の話でも書こうかなと思ってたら、次々に注目の

ニュースが飛び込んで来た☆ まずは、女性読者ウケが超悪そうな第67

期・将棋名人戦♪ 羽生善治名人が郷田真隆九段を退けて見事に防衛!

2勝3敗に追い込まれた後、第6局が冷や冷やものだったね。羽生自身も

そんな感じで語ってた。それに対して最終第7局は危なげのない勝ち方だ。 

            

スタートは、伝統と格式を誇る「相矢倉」(あいやぐら)に似たパターン。相

矢倉とは、どちらも矢倉囲いという形で王様をきっちり守った上で、お互い

似たような形から微妙で激しい変化に持ち込んでいく代表的な戦型。特に

プロが好むようだ。私自身はめったにやらなかったけど、おそらくそれは親

父の影響が強かったと思う。親子共々、変則的な将棋が得意だったのだ。

           

で、この第7局も、序盤で挑戦者の郷田が変則的な形に持ち込んだ。僅か

に不利と言われて来た後手番だし(去年は例外)、「定跡」という型にはめら

れるのがイヤだったんだろう。現代はコンピューターによる研究も進んでる

ことだし、そろそろ矢倉戦の必勝法とか結論が出てもいい頃だと思うのに、

少なくとも人間同士だとまだまだのようだ。ましてや今回は、早めに変化し

たから、定跡や勉強から離れた実力のぶつかり合い

                          

結局は、81手という短い手数で郷田が投了あっけない白旗で、郷田の

性格と言うよりも、出来が悪い将棋だったから投げっぷりが良くなったんだ

ろう。解説では最後は大差となってたけど、「詰み」(=ルール上の一番最

後)まではかなり手数がかかるはずだし、アマチュアなら十分逆転できそ

うな状況にすぎなかった。

                                    

インタビューで、最後は意外だったか?と聞かれた羽生は、「反対側から

見ると指す気がしない局面なのかなと思う」と答えてる。ま、「負けた」って

言うより「参りました」って感じでしょ。天才・羽生、まだまだ健在って所か♪

       

       ☆          ☆          ☆

おっと、テニスについて書く余裕が無くなってしまった。今回のウィンブル

ドン、男子はナダル欠場で王者フェデラーが復活優勝する可能性が高い

から、むしろ混戦の女子に興味が向いちゃうね。伊達はすぐ負けたけど、

杉山は4年連続3回戦☆ ホント、相性がいいよな。故障後のシャラポワ

はまだまだ本調子じゃないけど、やっぱり抜群の注目度。神は二物を与え

たんだね。美貌と才能。羨ましい限り。ちなみに杉山の次の相手になるダ

ブルス・パートナー、ハンチュコバも二物を与えられた幸運な女性だ。

               

一方、凡人の市民ランナーの方は、今夜も僅かな時間でちょっとだけ走っ

て来た。午前中はかなり雨が降ってたけど、予報通りに午後から止んで、

夜は路面も乾いた状態。ただ湿度がかなり高い(約75%)から、汗かきの

私はまた汗ビッショリ。後半はシャツが身体に張り付いた感じだった。

        

昨夜、1km4分20秒ほどで10km飛ばした後だから、ゆっくり長く走りた

かったのに、ブログの更新締切時間があるからそうも行かない。心拍計

の時刻表示を気にしながら、23時40分頃には帰宅できるように、そこそ

このスピードで走った。脚に疲れが残ってたけど、ボチボチの走りにはなっ

てたかな。あのまま16kmくらい流したかったね。。

                  

トータルでは1km4分43秒ペース。「13.25km」っていう中途半端な距

離は、計算を間違えたって言うか、折り返し地点を間違えたのだ (^^ゞ 13

kmの予定を最後に13.3kmへと変更する時、どちらにせよ変な場所で

の折り返しになっちゃうから、頭が混乱して片道25mズレてしまったのだ。

我ながら細かい話だね。ま、正直者ってことで♪

明日も同じくらい走りたいと思ってる。ではまた。。☆彡

                                          

  往路(2.45km)    12分27秒  平均心拍136         

  1周(2.35km)    11分28秒        153     

  2周             11分09秒        157   

  3周           10分52秒        170

  4周(1.3km)     6分04秒         171

  復路              10分34秒         161

計 13.2km  1時間02分33秒  心拍156(85%) 最大172(4周目)

続きを読む "羽生名人防衛☆シャラポワ敗退、杉山3回戦へ♪"

| | コメント (0)

スピードは順調に回復中、体脂肪は減らない・・

RUN 10km,43分44秒,心拍161

蒸し暑い。。またこのセリフを連発する時期になっちゃったか。今日は何

と、気温33度まで上がってしまった。せめてカラッとした天気ならしのぎ

やすいのに、ジメジメ蒸し蒸し。生活全体のパワーがダウンしちゃうね。。

           

って感じで3行のボヤキからスタートしたのは、天気以外にも不愉快なこ

とがあったから。ホントは今晩は、16kmくらいノンビリ走ろうと思ってた

だ。ところが走りに行く前、一週間ぶりに半分壊れたパソコンを使ってみ

ようと思ったら、何と電源が入らない! 壊れてるのは2個あるハードディ

スクの内の一個で、電源のトラブルなんて一度も無かったのに、新しいパ

ソコンをいじってる間に機嫌を損ねちゃったようだ。

          

バッテリーとAC電源の両方を何度も外してみたり、マニュアルを読んだり

してる内に、走る時間がどんどん減ってしまって、おまけに電源も入らない

まま。かなりイラつきながら、仕方なしに10kmだけ走りに行ったわけ。

                

ところが、走りの方はなぜか最初から感触が良かった。ちょうど、適度な

「超回復」状態になってたのかな。気分も悪いし、超苦手な蒸し暑さだっ

たのに、足が最初から勝手にスタスタ動くから、往路の前半でタイムを狙

うことに決定。44分30秒くらい出せればいいかなって感じだったのに、

1周目から予想を上回るラップタイム♪ 心肺はもちろん、脚も疲れたけ

ど、最後までスピードはキープ。鼓動が強くて汗もたっぷりだったからな

のか、珍しく心拍計がほぼ正常に作動してた。

        

トータルでは、1km4分22秒ペース。アップ込みだし、全力を振り絞った

わけでもないから、本気でタイムトライアルすれば42分台はすぐ出せそ

うだね♪ まあでも、それより距離と時間を稼がないと、体脂肪が減らな

いからダメだよな。ここ一ヶ月、PC関連トラブルで運動不足だから、身体

が何となくブヨブヨしてる気がする。

             

おまけに昨日、付き合いの長い友達から久々にメールが来て、驚異的

なダイエットに成功した話を書いてたから、かなりビビったのよ (^^ゞ 私

は同世代の中だと痩せてる部類のはずだし、この友達にも体型で勝って

たはずだけど、知らない内に逆転されちゃったかも知れない。頑張らな

きゃマズイわな。よし、今夜はスナック菓子1袋でガマンしとこう♪    

東京マラソン2010の開催日は2月28日と決定! ではまた。。☆彡

       

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.クルム伊達公子、ウィンプルドン1回戦負け。残るは杉山愛か。。

           

P.S.2 東国原知事、もし自民党総裁&首相になったら、木村拓哉

      『CHANGE』みたいなヒーロー物語だけど、まさかね。それに

      しても過激なギャグと言うか、芸人的パフォーマンスと言うか。

      麻生がムスッとするのは当然だわな。あまりに可哀想だから、

      自民党への同情票が増えたりして。。

                       

  往路(2.45km)    11分43秒  平均心拍136         

  1周(2.35km)     9分58秒        167     

  2周              9分52秒        170     

  3周(0.4km)      1分45秒        171

  復路              10分23秒         168

計 10km  43分44秒  心拍161(87%) 最大176(2周目)

| | コメント (0)

太宰治『人間失格』、軽~く再読♪

太宰治、生誕100年。おまけに6月19日が「桜桃忌」(誕生日&自殺遺体

発見日)ってことで、ここ2ヶ月くらいはホント、太宰の名前を見る機会が多

かった。特に朝日新聞の記事の多さは凄かったね。映画(生田斗馬主演、

荒戸源次郎監督)の撮影も始まったことだし、メディア全体で話題を盛り上

げようっていう連携プレーは分かるけど、もうちょっと控え目の方が彼自身

も喜んでくれたと思うな。。

                           

ともかくウチとしても、先月の芥川龍之介の記事にポツリポツリと検索アク

セスが続いてることだし、太宰について1本くらい書いとかなきゃなと思っ

て、数日前に『人間失格』の文庫本を本棚の奥から引っ張り出してみた。

昔一度読んでる小説だし、たかが120ページほどだから、すぐ読めるだろ

うと思ったら、大間違い。1ページ目からすぐに手が止まってしまったほど

で、ようやく今夜読み終えたばかりだ。

               

以下、まだ読んでない方や忘れてしまってる方はネタバレにご注意あれ♪

あと、熱狂的な太宰ファンにはお勧めしないとあらかじめ言っておこう。

ずしも批判的な内容ではないけど、絶賛する文章でもないので念のため。。

                    

       ☆          ☆          ☆                  

全体の構成と分量は、次のようになっている。

              

   はしがき      3ページ   (「手記」の「読み手」が執筆した形)         

   第一の手記   14ページ   (主人公・葉蔵が執筆した形)

   第二の手記   42ページ   (同上)

   第三の手記   60ページ   (同上)

   あとがき      4ページ   (手記の読み手が執筆した形)

          

簡単に言うと、手紙の形式で自伝物語を書き、その手紙を読んで語る人

物の形で、自分を客観的に見る足場を作ってるわけだ。だから、もちろん

メインは「手記」であって、特に太宰自身の自殺と重なる終盤の「人間、

失格」の場面が見せ場だというのは理解できる。

                

ところが、最初のはしがきで語る「執筆者」(手記の読み手)自身が、主人

公と同じくらい何とも屈折した陰鬱さを漂わせてるから、メインまで待てな

いのだ。1ページ目でもう脱落しそうな感じ。それに対して、ラストの「あと

がき」では、「執筆者」はサラッと語って終わりだから、要するに小説の書

き出しが上手く行ってないんだろう。つまり、執筆者と主人公の区別、ある

いはズレが上手く作れてないのだ。

                                                           

このはしがきで、執筆者は主人公・葉蔵の写真の奇怪さについて語って

るけど、太宰自身が自分の外見に対して奇妙なほどの執着を示してる感

はある。非常に自信を持ってる一方で、不気味にも感じてる、極端に分裂

した自己矛盾的感覚。だから、1行目からいきなり「写真を三葉」と書き始

めたんだろうし、主人公の名前が「葉」蔵(=葉三)になってるんじゃない

だろうか。ちなみに太宰の本名は津島修治だから、まったく別物だ。

                              

その後、主人公の「第一の手記」がスタート。これもかなり挫けそうになっ

た。葉蔵の田舎の小学校時代を中心に語ってるんだけど、いくら何でも

性格が悲惨過ぎて、読みながら顔をしかめてしまう。周囲の人間に対す

る不信や恐怖を描くだけなら構わないし、暗いのも最初から分かってる

ことだ。でも、自分と同じくらい他人を貶める屈折した語り口が、何とも

聞きづらい。

                          

好意的に見るなら、「他人をそうとしか見れない可哀想な子供の内心」

というものを丹念に描いてるとも言えるし、実際かなり後になって、世間

は思ったほど怖くないといった感じの記述も出る。ただ、人前で「演技」し

てしまう自分の哀しさを語ると同時に、演技力の素晴らしさを誇示してる

のが、また何とも読み辛いのだ。たかが子供の演技に、そこまで周囲の

大人たちがまんまと引っ掛かるはずはない

       

だから、「第二の手記」における恐怖の告白もあまりインパクトがない

けだ。つまり、中学になって出会った「白痴に似た生徒」・竹一に、演技

を見破られて「ワザ。ワザ」(=わざとやってる)と言われてしまい、「震撼」

したんだけど、それ以前に周囲の微妙な空気から、バレてることを感じ

とっておくべきだ。何を今さらという気もするし、むしろ太宰が竹一を登場

させたこと自体が不自然過ぎて、「ワザ、ワザ」に感じる。

           

「世界が一瞬にして地獄の業火に包まれて」なんて大げさな表現まで続く

と、つい笑ってしまいそうにもなってしまう。ただ、4回も自殺未遂を繰り返

した末に入水心中した太宰だと、気軽に笑うのも難しい。それに対して、同

じ破滅型でも現役で活躍中の車谷長吉の文章なら、素直に笑えるのだ。

                                             

その後、東京へ出て高等学校に進学。「偉い絵画きになる」という竹一の

予言は外れたものの、もう一つの予言は見事的中。つまり、「に惚れら

れる」のだ。実際の太宰がどうだったかについては知らないけど、非常に

屈折した性格の主人公がここまでモテる小説というのも珍しいんじゃない

だろうか。

                         

ただ、この惚れられ過ぎについては、以前ほど読みづらくもなかった。と

言うのも、実際にあってもおかしくない程度のモテ方には留めてあったし、

男には全く好かれてないからだ。マルクス主義の同志に人気があったよ

うにも読めるものの、むしろ上手く利用されたと言う方が正確。唯一の友

達らしき人物・堀木はロクでもない男のような描かれ方で、気の毒になる

ほど友達に恵まれてないから、女が次々に変わってもわりと温かい目線

で受け止めることが出来る。

                                       

結局、女との自殺で自分だけ生き残って、取り調べ中に大げさな咳をし

たら、検事が「ほんとうかい?」と静かな微笑。竹一以来の侮蔑に冷や汗

を流して、第二の手記は終了。こう来れば、形式的には、第三の手記

最後にも演技を見破られる話があるべきだけど、なぜかそれはなかった。

主人公が大人になったからか、あるいは死の直前で余裕が無くなった太

宰の小さなミスか。

             

という訳で、その第三の手記。最も分量が多く、最後に「人間失格」となる

部分で、ここと「あとがき」はかなり面白かった。太宰の死の少し後、雑

誌『展望』八月号に掲載されたそうだけど、心待ちにしてた読者も満足し

たことだろう。

                         

女の話の多さは相変わらず。それに加えて、アルコール中毒薬物

の話も登場。最後にどうなるかはあえて書かないけど、代わりにわか

りやすい文章を引用しておこう。

                                    

   「人間、失格。

    もはや、自分は、完全に、人間で無くなりました」。

       

この「、(読点)」の多さが太宰の文体的特徴の一つで、小説全体としては

あまり褒められたものではない。ただ、この箇所に限って言うなら、深い

喪失感と呆然とした様子を表す効果を認めていいかも知れない。

                                       

「人間、失格」状況に至るストーリーの流れとか勢い以外にも、が挟ま

れたり、冗談とかユーモアのようなものがあったりして、一気に読み進め

る内容だ。「罪のアントニム(対義語)は、何だろう」なんていう知的ゲーム

では、ドストエフスキーの『罪と罰』にも触れながら、軽い哲学的考察まで

登場している。

                                                    

含蓄に富む箇所をあえて単純に扱うなら、罪のシノニム(同義語)が無垢、

対義語は罰だろう。罪深い人間の彼は、最後に重い罰を神から受ける。

皮肉なことに、この罰によって初めて、彼は解放されることになる。だから、

罪の対義語は罰なのだ。。

                                                   

        ☆          ☆         ☆

小説全体を通じて、一番インパクトがあるのは第三の手記のラスで、こ

こがなかなか巧みだから、読み終えた直後の印象は意外なほどいい。た

だ、本当のラスト。つまり、あとがきの最後はもう一つかな。ともかく、どち

らもここには書かないことにしよう。

                        

小説自体より気になるのは、太宰の人気があり過ぎること。特に、『人間

失格』が600万部を超えるヒットになってることだ。あのサトエリ=佐藤江

梨子も少女時代に涙を流して読んでたという話が、先日の朝日新聞に紹

介されていた。

                               

現在の少なからずの人間と共通する部分を探すなら、もともと経済的に

はわりと裕福だったけど、今は苦しい。周りに人はいるけど、内心は非常

に孤独。周囲への不安と恐怖に怯えつつ、自尊心と自己卑下の間を揺

れ動きながら、やっとの思いで生きいる、と言った所か。女(または男)、

酒、薬という要素は、一部の読者(経験者)は共感できるだろうけど、人

気の本質ではなく、むしろ枝葉の話だろう。

                       

とにかく、うつ病を始めとする心の病というものが注目を浴びる今、病ん

だ生を克明に描いた文学作品としての価値はあるだろう。太宰自身の人

生と切り離すことが出来れば、色々と大胆な読み方も可能になるし、笑顔

でユーモアを味わう気にもなれるはず。不幸と共存する幸福のようなもの

も味わえると思う。ただ、その切り離しはかなり難しいのも現実だろう。。

                                      

ではまた。。☆彡

     

        

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf. 太宰治『走れメロス』軽~い感想&走るテンメイ♪

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   芥川龍之介『蜘蛛の糸』と鈴木大拙訳『因果の小車』

   芥川龍之介『藪の中』の真相

   谷崎潤一郎『春琴抄』とマゾヒズム

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   破滅型の作家、車谷長吉の人生相談は面白い♪

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   うつ病の診断基準と抗うつ薬~NHK『ためしてガッテン』

続きを読む "太宰治『人間失格』、軽~く再読♪"

| | コメント (0)

雨の日曜、僅かなランと雑用で終了・・

RUN 7km,33分11秒,心拍154

蒸し暑かった~! ホント苦手な季節になったなぁ・・・不快指数120くらい

だね、とか書いた直後にYahoo!でピンポイント予報を見ると、現在のこの

辺りの湿度は何と100%! これは珍しいな。しかも、朝までずっと100

ままなのだ。気温はあんまし高くないけど、湿度に弱い私にとって、寝苦し

い夜になりそうだね。素っ裸で寝ようかな♪

                        

さて、今日はホントは、乗鞍仲間のSさんと自転車に乗る予定だった・・・と

か、3週連続で書いている。いくら梅雨とはいえ、別に毎日雨が降ってる訳

じゃないんだから、運が悪いよなぁ。この時期、私の休みが日曜だけなの

も辛い所だ。来週はツール・ド・美ヶ原のレースとぶつかるからダメってこと

で、再来週までポタリング計画は延期となった。って言うか、私は今月まだ

一度も自転車に乗ってない

        

それは天気のせいと言うより、5月末以来のPC関連トラブルが長引いた

のが大きかったのだ。でも、遂に先週新しいパソコンを買ったから、もう

すぐ生活が落ち着いて、自転車も復活できるだろう。今はまだ、新しいパ

ソコンの各種設定、登録、データ移動、使いこなしに時間を取られてるか

ら、落ちつかないのだ。ブラウザだけでも、デフォルトの状態じゃ重くて使

い物にならないもんね。

         

余裕がない中で、軽く理数系か文学系の記事でも書こうかなと思って準

備を始めたのに、どれもなかなか書けそうになくてパスの連発。あぁ~、

ブログの毎日更新締切時間が来る~と思って焦ってると、運良く雨が上

がったから、あわてて近所の公園へダッシュした。僅か7kmとはいえ、

一応走ったのは確かだから、スポーツ記事の形で更新できたわけ♪

                      

公園の路面はまだ濡れてて、気をつけないと所々スベって転びそうにな

る状態。一度、散歩の人をよけようとした拍子に足がズルッと滑って危

なかった。泥だらけになると悲惨だもんなぁ。シューズの底がかなり擦り

減ってるってこともある。もうすぐお目当ての商品が発売されるから、そ

れまでガマンして使ってるわけ♪

       

トータルでは1km4分44秒ペース。僅かな距離でハーハーゼーゼー頑

張ったわりに遅いのは、湿度のせいとしか考えられない。実際、走り終

わった後、かなり汗ビッショリになってたから、今はブログを打ちながら

コーラをゴクゴク飲み干してる所だ。美味しい~~♪

   

あぁ、それにしても、折角のお休みがたった7kmのランと雑用だけで終

わるとは、悲しいねぇ・・・とかボヤいてる暇があったら、寝る支度をすべ

きだよな。明日からまた一週間頑張らなきゃ! ではまた。。☆彡

                             

 往路(1.15km)   6分19秒  平均心拍132

  1周(1.1km)   5分30秒        144

  2周          5分16秒        152

  3周          5分02秒        159

  4周          4分44秒        170

  5周(0.3km)   1分20秒        171        

 復路           5分00秒         168

計 7km 33分11秒 心拍154(84%) 最大173(94%,5周目)

| | コメント (0)

パソコン購入♪&そよ風ラン&『MR.BRAIN』

RUN 17km,1時間21分46秒,心拍156

ちょっと公表が遅れちゃったけど、熱心な読者の方は既に気付いてただ

090620 ろう。先日の渋谷のお買

 い物とは、もちろんパソ

 コンだ♪ 壊れたパソコ

 ンのデータ救出費用が

 余りに高額だから諦め

 た後、色んな選択肢を

 考えたんだけど、不完

 全な修理でさえ5万円

 かかるから、新品を10

 万円で買った方が得だ

 と判断。清水の舞台か

                             ら飛び降りる思いで買っ

て来た。ちなみに以前書いた気がするけど、私は大人になるまでずっと「清

水寺」を「しみずでら」と読んでて、遥か年下の女の子に笑われてしまった♪

                         

それはともかく約10万円って値段はラッキー☆ 最初ネットの「価格.コム」

で最安値が約99000円なのを発見したけど、長期保証が貧弱だからパス。

もう高額の修理費はウンザリだ。Y電機の店頭なら買値の5%でしっかりし

5年保証に入れるから、ネットより高いのを知りつつ渋谷へ電車でGo。

             

すると、雨のおかげか新聞チラシより5000円安くて、値切ると更に3000円

低下。店員を替えて更に頑張ると、ポイントを22%から25%まで上げてくれ

たから、本体の実質価格は税込95100円まで低下♪ これなら5万円以上

もかけて不完全な修理をするより、絶対得でしょ。性能もかなり上なんだから。

         

で、かなり上がったマシンの基本性能は次の通り。最新型だから自慢したい

わけよ。女性読者の方は読み飛ばすだろうけど♪ もう読んでないか (^^ゞ

        

   機種          NEC PC-LL700/TG (ノート)

   OS          Windows Vista Home

   モニター       16型ワイド 1366×768         

   CPU         インテル Core2Duo P8600 2.40GHz

   メモリー        2GB

   HDD         320GB

   光学ドライブ     ブルーレイ

          

どうだ! 全然? あっ、そう♪ ブルーレイ・ディスクドライブくらい褒めて

欲しいんだけどな。とにかく、今までのパソコンより遥かに上のスペックで、

ソフトの立ち上げとかデータの移動とか、同じ作業をやらせると格段に速

くなったのは確か☆ 画面も横幅たっぷりで、まだ持て余してる所。ガジェッ

ト(小さいお飾りソフト)を右に並べて遊ぶだけじゃ、勿体ないよな。

        

一番気に入ったのはキーボード。白(スパークリングホワイト)のパソコンな

んてちょっとオモチャっぽく見えるけど、キーボードは柔らかいオフホワイト。

触り心地もキータッチも凄くいい。思わず何か打ち込みたくなっちゃうほど♪

汚れが目立つから、キレイに使おうという気にさせてくれる所もイイ☆

               

Vista 第一印象は、世評の通りイマイチで、XPの方が良かったんじゃない

かって気はするね。特に、セキュリティーへの配慮が多すぎる。国家機密が

入ってる訳じゃないんだからさ。あと、勝手に色んな事をやり過ぎるけど、まぁ

使い慣れれば何とかなるでしょ。全てのフォルダの画像を一覧できるソフトは

便利だね。ただし他人に見せる時は注意が必要かも♪ メール&スケジュー

ルのOutlookも、使いこなせば便利かな。             

          

長くなったから、今回はこの辺で。パソコン記事はまた近々書く予定。。

     

        ☆         ☆        ☆

で、ランニングの記録も書いとくと、昨夜は1日休んだ後で、ちょっとだけ回復

してた。最近は短い距離ばっかだから、16kmくらい走りたいなって感じで本

拠地の公園へ向かうと、身体もボチボチ動くし、そよ風が吹いて気持ちよかっ

た。おかげで、ノルマに1kmプラスした17kmを気楽に完走。この程度の距

離でも久々だね。すべてPC関連トラブルが悪いのだ。

       

トータルでは、1km4分49秒ペース。遅めだけど、かなり余裕を持ってたか

ら良しとしよう。今夜はまた仕事から帰ったばっかで、1週間の疲れと寝不足

が溜まってるから、お休みってことで。明日はまた天気がビミョーだなぁ。。

ではまた。。☆彡

      

          

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.後半30分だけ、キムタク=木村拓哉&綾瀬はるかの『MR.BRAIN』

    第5話を見た。2人で事件現場を再現するシーン、キムタクは裏声ま

    で出しつつバナナ持ってサービスしてるのに、綾瀬のサービスが足り

    ないな。あれじゃ萌えないし笑えない。むしろマネキンの方が萌えたか

    も・・って、アブナイわ♪ どうも全体的に、綾瀬の天然ボケの魅力が

    イマイチ活かされてないのが気になる。

                              

    あと、仲間由紀恵の過激すぎる映像。私は全くパス! あぁゆうのは、

    その種の映画か深夜番組だけにして欲しいもんだ。ま、最後の科警研

    の似顔絵作成シーンは巧みだったかな。あと、水嶋ヒロの可愛い演技

    がなごませてくれるネ♪

                              

    それにしても来週が最終回かと思ってたら、いつの間にか放送予定

    延びてるのに驚いた! ウィキの「履歴」を探ると、まず5月31日に終

    了予定(6月27日)が削除されて、6月4日に「7月25日」と書き込ま

    れてる。さらに今日になって「7月11日」へと変更。これがホントなら、

    全9回。結局フツーのドラマ並の長さ。やっぱ、平均20%以上の高

    視聴率のおかげか☆

                            

    亀梨和也ファンはちょっと複雑だろうな。ま、私のPCのデスクトップに

    映ってる「桟橋」でも見て心を癒すってことで。『神の雫』第2話ね♪

                            

  往路(2.45km)    12分28秒  平均心拍137         

  1周(2.35km)    11分27秒        153      

  2周             11分30秒        155      

  3周            11分17秒        158

  4周             11分20秒        160 

  5周            11分10秒       162

  6周(0.35km)     1分53秒       162

  復路              10分45秒         162

計 17km  1時間21分46秒  159(86%) 最大心拍171,周回ラスト

| | コメント (0) | トラックバック (1)

小雨ラン&『夜光の階段』最終回

RUN 13.3km,1時間04分06秒,心拍152

波多野さんも幸子も私も、あなたの野望の炎に吸い寄せられる、蝶の

ようなものだった」。う~ん・・フジ子(夏川結衣)のセリフの話し方や表情

は、適度に抑制が効いて良かったんだけど、炎で死ぬんだから、最後は

入水自殺じゃなくて焼け死ぬ方が良かったかな。火葬場で焼かれるから

いいだろってことか。でも、水で炎を消すって意味なら、ラストシーンの

雨に任せた方がシャープな構成になってた。

                                                

フジ子が富士の湖(ふじこ)で死ぬっていう言葉遊びをどうしてもやりたかっ

たのかな。不死子(ふじこ)とも考えられるけどね。って言うか、ボートから

湖への落ち方はもう少し上手く演出して欲しかった。あのシーン、切なく

重い愛の表現なのに、私はプッと噴き出してしまったのだ♪ キレイな富士

山も、「階段」の自然的表現としてもっと強調すれば良かったのに。。

                        

と言う訳で、今夜は藤木直人『夜光の階段』最終回だったから、初めて

マジメに見た♪ マジメにレビューする余裕まではないけど、最後もちょっ

とだけ感想を書いとこう。一言でいうなら、思ったより良かったって感じか

な。凄くいいとも思わないけど、最後は思わずウルウルしてしまった。か

なり古典的な筋立てが、逆に心にしみたって感じかね。母と妻、2人の女

の愛で、殺人鬼の目にも涙。悪くないワンパターンだったと思う。

       

細かい不満は色々あって、フジ子と思わせて他人が死ぬエピソードは余

計だし、「階段」の頂点を象徴するニューヨーク行きはもうちょっとドラマ

チックに盛り上げて欲しかった。佐山(藤木)は被告じゃなくて、単に証人

として公判に出廷しただけなのに、従業員が揃って来てたのは変だし、

桑山(小林稔侍)房江(余貴美子)の執拗な証人尋問を裁判長が流し

てたのも気になる。「打ち切り」かどうかはともかく、全9話で時間が足り

なかったのか、ドラマ終盤はかなりバタバタした進行になってた。母親と

お地蔵さまも、ややインパクトが足りない扱いで終わってた。

                       

でも、アイドルタレント抜きでテレ朝が作った大人のドラマってことだけで

も私は評価している。視聴率はこんなもんでしょ。主演の藤木のラブシー

ン(死語?)っぽい映像も満載だから、ファンは満足のはず。おまけに、

ドラマ終了後はキスシーンの総集編に加えて、佐山が画面に向かって、

殺してやる」。殺されちゃった視聴者が全国に数十人はいるはずだ。

今後はちゃんと生き返って、録画のリピートで何度でも殺されちゃってく

ださいな♪ 

          

(追記: 『夜光の階段』最終話の視聴率は12.1%。そんなもんでしょ)

       

            ☆        ☆        ☆

さて、今日は既にマジメな精神医学の記事を一本書き上げてるから、そ

ろそろ時間だね。簡単に昨日の深夜ランに触れとこう。火曜夜のお買い

物をいじってた影響で、また僅かな時間しかない中、近所の公園で軽く

走って来た。スタート直後から小雨が落ちて来て、途中で止めそうになっ

たけど、先日のドシャ降りランよりマシだろうと思ってしばらく我慢。結局、

ビショ濡れにはならずに走り終えることが出来た。

             

トータルでは1km4分49秒ペース。一応、3日連続だし、もっと遅くても

良かったね。今夜はもう眠いから、お休みとしよう。ブログで十分頑張っ

た。週末の3日間は雨が降らない感じだから、明日の夜走って、次は日

曜の自転車かな。先月末から運動量が少ない状態が続いてるけど、今

でようやくパソコン関連のトラブルとはおさらば出来そうだから、来週

から盛り返そう。ちなみに心拍はプラス11で補正した。ではまた。。☆彡

                 

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.脳死は人の死って、日本にとっては大問題のはずなのに、アレッ

    て感じで衆議院を通過しちゃったね。まあ、参議院で揉めてる内

    に解散・総選挙で廃案って流れかな。。

                       

 往路(1.15km)  6分09秒   平均心拍128

  1周(1.1km)   5分37秒         140

  2周         5分30秒         145

  3周         5分30秒         148

  4周         5分21秒         150

  5周         5分20秒         154

  6周         5分18秒         156

  7周         5分15秒         156

  8周         5分08秒         157

  9周         4分57秒         161

 10周         4分49秒         165

 復路          5分12秒         161

 計13.3km 1時間04分06秒  152(83%) 最大169(周回ラスト)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

うつ病の診断基準と抗うつ薬~NHK『ためしてガッテン』

昨夜たまたまテレビを見たら、NHKでうつ病の特集が始まった所だった。

人気番組『ためしてガッテン』で、今回のタイトルは「うつ病よサラバ! 

脳が変わる最新治療」。また心の病と脳の話か・・・って思いはあったけ

ど、この番組を見るのは数年ぶりということもあって、雑用をこなしつつ最

後まで見てしまった。

                      

私は、『ラスト・フレンズ』や『あしたの、喜多善男』の本格的レビューでも

示して来た通り、この種の話には関心があるし、多少の知識もある。番

組の中心的内容に気になる点があったから、簡単に補足&コメントしと

こう。それは、うつ病判断の基準と抗うつ薬の問題だ。

          

番組の全体的主張は、「心の風邪」というほど軽いものでもないから、

めに病院の精神科などで受診して、薬を飲みながら焦らずじっくり治しま

しょうということだ。本当に適切かどうかはともかく、非常によく聞く話だし、

有力な代案も見当たらないから、ここでは差し当たり聞き流しておこう。

            

まず問題になるのは、治療のスタート。つまり、うつ病の判断だ。これに

は、本人や周囲、つまり素人の大まかな判断と、医者の専門的診断が

あって、当然まず最初に素人の判断が来るわけだ。ただ、ゴールデン

タイムのテレビの人気番組で、医師の診断基準がボードやテロップで

強調されると、素人の判断もそれに大きく影響されるだろう。

              

では、番組が示したうつ病の基準は何だったか。以下、再掲してみる。

             

   1. ほとんど毎日、抑うつ気分(ゆううつ)が続く。

   2. 何に対しても楽しいと感じることができず、興味がわかない。

   3. 食欲が低下している。体重が減った。

   4. よく眠れない。

   5. イライラする。

   6. 疲れやすく、だるさがとれない。

   7. 自分を責めてばかりいる。自分には価値がないと思う。

   8. 集中力が低下し、考えることができない。

   9. 死んだ方がよいと思う。

                      

これらの内、1と2のいずれかを含む5項目が2週間以上続いて、苦痛

や生活上の支障を伴う時に、うつ病と診断される。小野文惠アナウン

サーはそう説明した。

             

ありがちとはいえ、非常に分かりやすいまとめ方だと思う。ただ、心の

病そのものも、医師の診断基準も、それほど分かりやすいものではな

い。ということは、どこかに多少の無理があるのだ。

                         

上の基準は、米国精神医学会DSM-Ⅳ-TR 精神疾患の診断・

統計マニュアル(新訂版,医学書院,2004)の記述を簡単にしたも

ので、このマニュアルが現在の精神医学の世界標準になっている。そ

の中に、「大うつ病エピソード」という妙な項目があって、これが典型的

うつ病(大うつ病性障害)を示す特徴の正式名称なのだ(他にも色んな

うつ病的障害がある)。

                           

 (追記: 別のうつ病的障害の基準を示した記事を追加した。

          うつ病の診断基準2~気分変調性障害 

          うつ病の診断基準3~双極Ⅰ型障害(躁うつ病) )

                                

その医学的な基準は、テレビで紹介したものに似てるけど、もっと

くて難しくて微妙なものになっている。たとえばテレビの基準の2番は、

何に対しても楽しいと感じることができず、興味がわかない」だった。

             

これに対応するのは医学マニュアルの基準のA2。正確に引用すると、

   「ほとんど1日中、ほとんど毎日の、すべて、またはほとんど

    すべての活動における興味、喜びの著しい減退」。

                 

両者を見比べると、ハッキリした違いに気づくはずだ。つまり、マニュ

アルの基準は非常に強い(あるいは厳しい)表現になってるのであっ

て、そう簡単にはうつ病の診断ができないように配慮されている。他

の番号の基準もそうだし、そもそもマニュアルには、番組で示された

もの(A基準)以外に、B~Eの基準も追加されてるのだ。たとえば、

愛する人との死別の落ち込みはうつ病(正確には大うつ病エピソード)

とは別扱いになる(E基準)。

              

ここから、2つのことが言えるだろう。まず、テレビや雑誌の情報から

素人判断は難しいから、専門家に任せた方がいいということ。また、

専門家でさえ、それぞれ異なる人間や症状に対して、複雑な診断基

準を当てはめるのは簡単じゃないだろうということだ。実際、医師に

よって診断が異なるというのはよく聞く話だし、重要な裁判の精神鑑

定でも問題になってきたことなのだ。。

     

                             

       ☆        ☆        ☆

診断基準の話に続いて、抗うつ薬の話。いま現在、大きく見渡した時、

心の病に対する治療の基本は薬物療法であって、精神療法、カウンセ

リング、物理療法(電気ショックなど)といったものはオマケとか少数派、

代替療法にすぎない。

                                          

この薬の作用についても、番組ではわかりやすい説明をしていた。

の神経細胞(ニューロン)の間で、神経伝達物質の働きが不足してるの

だから、これを増せばよい。そのためにはどうすればいいか。クイズ形

式で出演者が答えてたけど、全員ハズレ。送り出す量を増やすとか、

受け取る機能を高めるといった単純な話ではないのだ。

               

細胞の先端(シナプス)が伝達物質を送り出した後、相手の細胞に受け

取ってもらえなかった分を、再び元の細胞に回収してしまうシステムが

る。この回収を妨害するのだ。番組では、色んな形のフタの模型を使っ

て妨害してた。回収する扉(トランスポーター)をフタで閉じてしまうことに

よって、細胞の間の伝達物質が減るのを妨げる。すると結果的に物質

が増えて神経伝達が活発になり、憂鬱な気分が晴れるだろう。

                                    

回収を妨害するこのヒネった薬は、専門用語で「再取り込み阻害薬」

(reuptake inhibitor)と呼ばれてる。その中でここ20年ほど主流だった

のが、セロトニンという脳内物質に絞って妨害する「選択的セロトニン

取り込み阻害薬」。英語で「Selective Serotonin Reuptake Inhibitors」だ

から、略して「SSRI」と呼ばれている。最近ではセロトニンに加えて、ノル

アドレナリン(またはノルエピネフリン、いずれも頭文字がN)という物質

にも働く「SNRI」も普及しているようだ。

                          

さて、ここまでは単なる解説だけど、重要な注意はここからだ。番組で

は、副作用の話がほんの少し出ただけで、基本的に薬を高く評価して

いた。でも向精神薬全体に対しては、いわゆるオーバードーズ(過剰摂

取)とか依存症違法売買の問題が指摘されてるし、特に抗うつ薬に関

しては、つい先日も重大な副作用が話題になって、NHKでも大きく取り

上げられたばかりだ(『クローズアップ現代』6月1日、抗うつ薬の死角)。

                    

薬による自殺のリスクだけじゃなく、他人に対する攻撃性が増すリスク

があるということで、厚生労働省も薬との因果関係を否定できないと

判断している。もちろん、全体で見ると少数だろうし、メリットとデメリット

を総合すればメリットの方が大きいのかも知れない。長所と短所の

静な総合的判断は当然重要で、日本うつ病学会が最近出した声明文

でも、薬を危険視しすぎることのないよう、慎重な態度を促している。

                          

ただ、薬に関しては、医師の不適切な処方とか経済的問題止めた後

の症状悪化などの問題もある。それどころか、有効性そのものへの疑

問も根強く続いてるから、やっぱり安くて効能もまずまずの風邪薬(パブ

ロンなど)とは相当違うものなのだ。その意味では、番組最後に付け加え

られてた認知行動療法(ものの見方や行動パターンをポジティヴにする)

や、奇妙なダンス「フリフリ」の方がマシかも知れない。「薬にもならない」

かも知れないけど、「毒にもならない」だろうから。。

    

                                                                  

          ☆        ☆        ☆

いずれにせよ、急性で激しい症状は薬その他の医学的治療で対処する

として、その後とかそれ以前に関しては、今後も社会全体で、また一人

一人の個人で模索していくしかないだろう。ごく一部の恵まれた人を除い

て、生きるというのは大変なことだし、だからこそ重みがあるのだと思う。

               

ではまた。。☆

       

          

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.うつ病の診断基準2~気分変調性障害

  うつ病の血液診断と遺伝子変化

  うつ病の診断基準3~双極Ⅰ型障害 (躁うつ病) 

  うつ病の診断基準4~双極Ⅱ型障害 (軽い躁うつ病)

  新型うつ病の一つ、非定型うつ病について

  統合失調症の診断基準、統計、および歴史的経緯

          

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  心理療法を無料で全国民に~朝日新聞「欧州の安心 イギリス」

  大胆かつ繊細な試論~香山リカ『雅子さまと「新型うつ」』

  ネット依存とうつ症状~朝日新聞「やさしい医学リポート」

  携帯連絡が返って来ない時の認知療法スキル(技)

                      ~朝日新聞「100万人のうつ」

               

手作りTB: ドラマ「ツレがうつになりまして」に関するキッドさんのレビュー

      http://kid-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-e3d1.html 

| | コメント (2)

お買い物で満足した後、激重の脚でラン

RUN 10km,47分40秒,心拍150

昨夜は渋谷で急ぎ足のお買い物。時間が無いからネットで済ませようかと

も思ったけど、ネットからだと出来ない特殊な注文があったから、直接お店

に足を運んだ。平日の夜で雨だから、店内が程良く空いてたのはラッキー

♪ 混んでると鬱陶しいし、あんまし空き過ぎてるのもまた、店員が寄って

来たりしてやり辛いもんね。

                 

思ったより時間がかかったし、予定とはちょっとだけ違う内容になったけど、

かなり満足な買い物が出来たから、帰りの足取りは軽い。ところが、帰宅

ラッシュにトラブルが重なったようで、帰りのホームと電車は超満員。荷物

がつぶされそうで、かなり気を使ってしまった。で、結局何を買ったのかっ

て? やっぱ、アレでしょ、アレ♪ 後で記事にまとめるつもりだから、今は

ネタの出し惜しみ☆ いつまでも無駄な手間ヒマかけてらんないもんな。。

             

ってことで、買い物して帰って、中途半端な時間でマジメな記事を一本書

きあげて、その後チョコッと走って来た。深夜に雨が上がるのが分かって

たから、雑用をこなしながら待って、眠い目をこすりつつ近所の公園へ出

発。意外に路面がマトモなのは良かったんだけど、どうゆう訳か物凄く脚

が重かった。ちょっと覚えがないくらいだね。理由として思い当たるのは、

前夜の大雨ランくらい。でも、たった10kmなんだけどなぁ。。

                           

まあ、いつものように、身体が温まるに連れて多少マシな走りになったか

ら、トータルでは1km4分46秒ペースでぼちぼち。でも、ここ1ヶ月くらい

で一番ひどい走りだったかも。今夜はついさっきまで、『ためしてガッテン』

のうつ病特集とか見ながら、昨夜の買い物を開封してあれこれイジってた。

一段落ついたから、ブログを更新して、これからまたチョコッと走る予定♪

           

それにしても、また完全に夜型になっちゃってるな。アクシデントが続い

たせいもあって、なかなか早寝早起き型に戻せないから、自転車に乗

れないのがマズイ。夜だと危ないし飛ばせないから、効率が悪過ぎる

のだ。ま、トラブルも今週一杯で片がつきそうだから、来週辺りから何

とか盛り返そう。ちなみに、心拍データは相変わらずおかしいから、

ラス12の補正を行ってある。ちょっと足し過ぎかも。ではまた。。☆

                           

往路(1.15km)   6分14秒  平均心拍124

 1周(1.1km)   5分44秒        139

 2周          5分35秒        145

 3周          5分24秒        148

 4周          5分14秒        150

 5周          5分06秒        153

 6周          4分52秒        159

 7周          4分32秒        169

復路           5分00秒         166

計10km 47分40秒 心拍150(82%) 最大173(94%,周回ラスト)

| | コメント (0)

カトリック教会と科学、今なお緊張~朝日新聞・文化欄

今夜は中途半端な時間しか残ってない。小雨ラン、理数系、文学系、いず

れの記事にもちょっと時間が足りないのだ。かと言って超手抜きつぶやき

記事でお茶を濁すほどの切迫感もない。という訳で、「困った時の朝日新

聞」の出番となる♪ 6月16日の朝日新聞・朝刊をサラッと眺めて見た。

 

隠れ将棋マニアの私としては、第67期将棋名人戦・羽生善治vs郷田真

隆(つい先ほど羽生が勝利)の記事にも引かれるんだけど、読者にひかれ

ちゃいそうだから別の記事を探す♪ 運悪く全体的にちょっとインパクト

が弱いな。「わたしのがん対策」なんて企画記事でも一応いいし、科学欄

の恐竜復元やコイン投げ必勝法(小島寛之の数学カフェ)でも書けなくは

ないけど、やっぱ文化欄かね。

 

      ☆        ☆        ☆

ページの右側(半分ちょっと)は大江健三郎の「定義集」で、毎度お馴染

みの平和主義が説かれてる。それより気になったのが、左側の記事。見出

しは、「バチカン舞台の映画『天使と悪魔』」「宗教と科学 緊張なお」

現在のローマ法王・ベネディクト16世と有名な理論物理学者ホーキング

が語るカラー写真が添えられている。

 

トム・ハンクス主演のこの映画。「反粒子」とか「反物質」という妙なも

のの取扱いをめぐって、物理学者のビミョーな反応を引き出してることで

も知られてるけど、この記事が扱ってるのは、世界10億人のカトリック

総本山バチカン(ローマ法王庁)の反応。と言うのも、映画はバチカンが

攻撃されるストーリーだし、その背景には、地動説のガリレオ迫害から現

在まで延々400年ほど続いてる、宗教と科学の緊張関係が見えるからだ。

 

同じ原作者ダン・ブラウンの『ダ・ヴィンチ・コード』が映画化された時

はバチカン高官が非難したけど、今回の『天使と悪魔』では、バチカンの

新聞が「無害なエンターテインメント」と評したらしい。これについて朝

日記者の磯村健太郎は、「今回も不愉快だったはずだが、かなり抑えた印

象だ」と評してる。

 

キリスト教にとって、地動説も長年不愉快なものだったけど、今ではそれ

よりも世界の始まりの方が重要。『ホーキング、宇宙を語る』にも書かれ

てるように、バチカンが気にしてるのは、ビッグバン理論における宇宙の

始まりの瞬間らしい。神がもたらした「無からの創造」を、物質的に探求

してはならないとの事だ。法王庁の04年の報告書では、「ただ信仰によっ

てのみ知りうるもの」と書かれている。

 

ウ~ン、私は別に宇宙論や物理学の味方じゃないけど、そんなに拒絶する

必要があるのかね。これまでのキリスト教と科学的営みをめぐる歴史を眺

めても、もうちょっと柔軟な対応があってもいいけどなぁ・・とか思って

たら、記事の最後にちゃんと「大人」の対応が載ってた。去年のバチカン

の科学者会議では、現法王は「神の創造を信仰で理解することと科学によ

る証明は対立しない」と述べたようだ。うん、その路線でイイと思うね♪

説明不足だし、説明困難なのも確かだけど。。

 

      ☆        ☆        ☆

ビッグバン理論という名の宇宙進化説にせよ、いまだ論争中のダーウィン

の生物学にせよ、進化論というのは一般に、遙か昔のことを最近の理論と

データから語ることだ。常識的に見て非常に大まかな仮説にすぎないし、

「自然の斉一性(=一様性)」という偉大な掟=法に依存してる点では、

宗教と似たようなものだ。

        

そういった存在に過ぎない仮説を、さも宗教を超えた絶対的真実であるか

のように語る科学者や科学的主張が目立つのは確かだけど、世間一般を見

渡すと、意外に冷めた反応のような気がする。

 

たかが40年前の月面着陸でさえ信じてない人がかなりいるんだから、数

百万年前の話を真に受ける人は少ないだろうし、ましてや百億年前の話と

なるとごく僅かだろう。そもそも学校のテストでもない限り、そんな話は

信じなくてもほとんど損はないのだ。他にもっと身近で重要な話は沢山あ

るし、宇宙論はほとんどの人にとって難しすぎる。

       

それより聖書や教会を選ぶ人は今後も大勢いるだろうから、余裕を持って

対処してればいいのだ。「科学教」が伝統的宗教を壊滅させるのは、まだ

まだ遙か遠い未来のこと。あるいは、永遠に実現しない杞憂だろう。。

 

    ☆        ☆        ☆  

ちなみに、私はキリスト教とも他の宗教とも特に関係はないので念のため。

今後もある程度の距離を保ち続けるだろう。宗教に対する知的関心はかな

りあるけど、物事を絶対的に信じるという傾向がまったく無い人間だし、

とりあえずそれでいいと思ってる。ま、死ぬ間際になったら突然あわてて

何かにすがりつく可能性はあるけど、神様仏様ならちゃんと人間のワガマ

マを許してくれるでしょ♪ 偉大な絶対者は慈しみ深き存在のはずなのだ。

 

ってことで、今夜はこの辺で。。☆

| | コメント (0)

大雨にも風にも負けず、PCデータ復旧費にはKO負け・・

RUN 10km+α,54分21秒,心拍135

身体も心もビショ濡れ・・って寒いわ♪ いやぁ、ホントに寒かったな。

ランニングの途中に寒く感じるなんて、4ヶ月ぶりくらいかも。トータル

の雨量は大した事ないと思うけど、断続的に強い雨が降ったおかげで、身

体は早くからビショ濡れ。折り畳み傘を差しててこれだから、帽子とか何

も無しで走ってたランナーは悲惨だったと思う。とは言ってもウチの近所

だと、私以外にランナーは一人もいなかったけどネ♪

さて、ビショビショのランニングより遥かにキツかったのは、PCデータ

復旧の見積りだ。先日の記事に書いたように、かなり慎重に選んだ末に、

安くて良さげな業者へ壊れたパソコンを送ったんだけど、結果は最悪だっ

た。仕事のデータもあったから、最大で4万円くらいなら出してもいいか

なと思ってたら、何と数十万円! って言うか、下手すると100万円ま

で行くかも知れないって感じの悲惨な診断結果だった。

業者のHPで強調されてた値段とはかけ離れた費用で、完全にKO負けだ。

一個人の私用パソコンに出す金額じゃなくて、会社や研究機関を対象にし

たものだろう。実際、大手のHPにはそういったお客さんの声ばかりがズ

ラッと並んでた。ちなみに、業者の選択が悪かったとは思わない。結局、

見積りだけで断ったんだけど、最後の返送まで非常に丁寧な応対だった♪

また何かあったらここに頼もうって気になる業者だ☆

それはともかく、データ救出に失敗した後、最後に残った問題は、パソコ

ンをどうするか。選択肢は色々ある。このまま半ば壊れたパソコンをリナッ

クスか何かで動かすか、かなり不便な昔のパソコンを我慢して使うか、本

体だけ買って手持ちの外付けモニターとつなぐか、新しいのを買うか。

万円の修理費を出して直すのだけはバカバカし過ぎてやる気がしないね。

そんな金があったら、安い新品PCが買えてしまうんだから。。

      ☆        ☆        ☆

って感じで、あれこれ悩みながら、雨の中を走ってきたわけよ♪ 土日は

全く運動しなかったから、流石に3日連続サボリはマズイと思って、眠い

目をこすりながら頑張った。過去の経験上、2日連続のサボリはそれほど

悪影響ないけど、3日以上は足腰が衰えるし、走る習慣そのものが崩れて

しまうのだ。

近所の公園は誰もいないし、下が水たまりだらけで走りにくかったから、

代わりに公園の外側を走ることにした。これがどのくらいの距離なのか、

いずれ自転車のメーターで測ろうと思ってるけど、とりあえず100mだ

けプラスしてある。タイムとか実感から考えると、もうちょっと長いよう

にも感じるから、「+α」(プラスアルファ)と書いてみた。ま、単なる

気のせいかも知れないし、案外もっと短いのかも知れない。ランニング用

のコースじゃないし慣れてないから、走りにくくて長く感じてるだけの可

能性もある。

結局、ビショ濡れランのトータルは1km5分26秒ペース。ウ〜ン、そ

こまでのんびり走ったとも思えないけどなぁ。ま、いいや。とにかく、失

意と雨の中でもちゃんと走ったんだから、良しとしよう♪ あ~、パソコ

ンどうしようかなぁ・・と溜息をつきながら、今夜はこの辺で☆

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.今夜の心拍はそれほどおかしくもないから補正してない。雨で濡

    れたのが幸いしたのかな。ただ、ホントは5くらいプラスした方

    が正しいと思う。。

               

往路(1.15km)   6分57秒  平均心拍111

 1周(1.2km)   6分26秒      124

 2周          7分01秒      130

 3周          6分47秒      135

 4周          6分12秒      141

 5周          6分08秒      145

 6周          6分25秒      146

 7周(0.5km)   3分08秒      147

復路             5分16秒      141

計 10km+α 54分21秒 心拍135(73%) 最大はエラー

| | コメント (2)

破滅型の作家、車谷長吉の人生相談は面白い♪

追記: 10月11日に新しい記事を追加。

        自慢話との向き合い方~車谷長吉の人生相談2 )

 

車谷長吉(くるまたにちょうきつ)という作家の小説は全く読んだことが無い

んだけど、数年前に朝日新聞の文芸時評か何かで話を聞いたことはあっ

た。名前と同様、中身もかなり風変わりで飛び抜けた人のようで、その一

本の記事ですぐ頭に刻まれたほどだ。生誕100年で盛り上がってる『人

間失格』の太宰治と同じく、今どき珍しい「破滅型」の人生を歩んでるん

だけど、あんましシリアスな感じがしない。むしろ古風な顔つきも含めて、

何となく笑いを誘われるのだ♪

 

その彼が最近、朝日の土曜・朝刊の別刷「be」で、「悩みのるつぼ」

いう人生相談コーナーを時々担当している。朝日の人生相談は、夕刊にも

「悩みのレッスン」という企画があるんだけど、全体的に見て「るつぼ」

の方が面白おかしく書かれている。中には、怒り出す相談者もいるんじゃ

ないかと心配になるほど。単なる編集部の作り話ではないと思うけど、少

しはヤラセが混ざってるお遊び企画なのかも知れない。

 

さて、6月13日の相談は、ちょっと羨ましくもある内容だ。40代の高

校教師で、地位も評価も人気も手にしてるし、妻と子供2人にも恵まれて

る。ところが5年に1度くらい、女子生徒に没入してしまって、今も17歳

の高校2年生に夢中でコントロール不能。数年前には、既に卒業してた別

の女生徒の良くない噂を耳にして、ネットや他県を探し回ったほど(幸い

?発見できず)。「どうしたらいいのでしょうか」。

 

この半ばノロケか自慢みたいな相談に対して、車谷は二段構えの回答を示

してる。まず前半は、自分自身の破滅型人生の紹介。極端な貧乏、高利貸

からの借金、総会屋の違法行為の手伝い、人妻との不倫事件3回。その結

果、人生とは何かがよく分かったと自嘲気味に語っている。

 

作家としての車谷の才能が表れてるのは、そこから続く後半の文章だ。結

論的には、相談者にも破滅を勧める予想通りの展開なんだけど、語り口が

屈折してて巧みだから、説教っぽくないし笑えるのだ。「車谷節」が始ま

る後半の冒頭から引用してみよう。

 

  「人は普通、自分が人間に生まれたことを取り返しのつかない不幸

   だとは思うてません。しかし私は不幸なことだと考えています。

   あなたの場合、まだ人生が始まっていないのです

 

「思うて」という妙に年寄りじみた言葉遣いはともかく、これだけ読むと、

何を言いたいのかよく分からない宙吊り状態におかれてしまうだろう。フ

ツーの文脈なら、何かが不幸だと語る時は、それを避けるよう読者に勧め

てるはずだ。ところが彼は、その不幸こそが素晴らしいから、それを目指

して破滅へ突き進めとアドバイスする。

 

   「生が破綻した時に、はじめて人生が始まるのです。従って破綻な

    く一生を終える人は、せっかく人間に生まれてきながら、人生の

    本当の味わいを知らずに終わってしまいます。気の毒なことです

 

おそらく、ここまで書いた時、彼はニヤッと笑ってると思う。たとえ表情

は変わらなくても、内心ではイタズラっぽい笑みを浮かべてるだろう。相

談者に「女生徒と出来て」しまうようハッキリ勧めた後、そこまで行かずに

人生を終える人間が「世の9割」だとも書く。相談者もまだ「小利口」な人

に留まってるから、自分のように阿呆になることが一番よい」との事♪

 

この妙な回答の右上に、何とも地味でパッとしない顔写真が添えられてる

のが、屈折したユーモアを更に引き立たせている。「人の嫁はんに次々に

誘われ」って、ホントかね。単なるギャグとして聞き流すべき話かも。。

 

        ☆        ☆        ☆    

車谷の回答を読んで、小利口な教師が本当に破滅を目指すとも思えない。も

ちろん半ばユーモアであり、半ば勝ち組の自慢話なのだ。三島由紀夫賞、直

木賞、川端康成文学賞、芸術選奨文部大臣新人賞を受賞。芥川賞候補も2回。

著書多数。詩人の高橋順子と結婚。おまけに、破滅的人生の最中でさえ、編集

者には高く評価されてたらしい(ウィキペディアより)。結果的に大勝利を

手に入れた才人の特殊な回り道を凡人がマネするほど「阿呆」なことも無い

だろうし、ほとんどの人にとって「阿呆になることは一番悪い」ことなのだ♪

 

と言うわけで、相談者と回答者の双方に軽い嫉妬を覚えつつ、今日はこの辺

で終わりとしよう。人生に悩んでる方、車谷にだけは相談しないように!

ではまた。。☆  

 

 

 

P.S. 2015年5月17日、誤嚥性の窒息で死去。まだ69歳。合掌。。

 

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.自慢話との向き合い方~車谷長吉の人生相談2

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・

  若い男の子を誘いたい中高年女性、全然OK♪

                ~上野千鶴子「悩みのるつぼ」(朝日新聞)

| | コメント (2)

自転車に乗ろうと思ったら、雨の予報・・

RUN 12.2km,57分48秒,心拍151

乗鞍のヒルクライム仲間とポタリング(自転車のお散歩)を計画してる

のに、なかなか上手く行かない。先週の日曜は、金曜の時点で雨の

予報だったから延期したら、実際は晴れ。。今週の日曜は梅雨入り

後ってことで、本当に雨が降りそうだから再延期。来週も怪しいね。

再来週はツール・ド・美ヶ原だから無理なんだよな。困ったもんだ。。

        

さて、私は今日もお仕事。先週は速攻で帰って、『MR.BRAIN』第3

話での木村拓哉 vs 亀梨和也を見たんだけど、今週は渋谷でお買

い物してて間に合わなかった。帰ったら20時48分頃で、キムタクが

ピアノ演奏会の客席に座ってる所。映像的には『ロンバケ』をちょっと

思い出すシーンかも。

          

来週の予告を見ると、仲間由紀恵が血まみれになってて不気味だっ

た。第2話のGacktもそうだったけど、このドラマはそっち系をちょっと

意識してるわけか。いや、この「そっち」をカタカナで書くと、ニフティそ

の他の監視システムににらまれる可能性があるから止めてるわけ♪

それはともかく、私はそっち系は苦手なんだよな。来週もパスして、最

終回だけ見るとするか。またドラマファンの読者が減っちゃうかも。。

          

        ☆        ☆        ☆

話変わって、昨夜はまた眠い目をこすりながら居眠りランをして来た。

一応、3日連続ってことで、脚はちょっと重かったけど、まあ可も無く不

可も無くって感じの走りかな。有酸素レベルでのんびり走ろうと思って、

わざと時間を見ずに走ったんだけど、やっぱり自然にスピードが上がっ

てしまう。トレーニングとしては、あんましホメられた事じゃない。負荷と

休養のメリハリが重要なのだ。

      

トータルでは1km4分44秒ペース。5分30秒ペースでも良かったのに、

これじゃあ距離が短くても疲れが蓄積しちゃうな。今夜はお休みとしよ

う。明日、早朝から自転車に乗るんなら、今頃はもう寝る支度に入って

るんだけど、再延期になったから、今はまったりと『ターミネーター2』を

流し見してる所♪ 何回も見て、ストーリーは大体覚えてるんだけど、やっ

ぱり良く出来た映画だし、凄く面白いな☆ 本格的にレビューしたいほど。

『ターミネーター4』にどの程度の観客が集まるか、注目しておこう。

        

ちなみに、例によって心拍計の数字がおかしいから、全体的に13ほど

プラスして補正しておいた。いよいよ寿命が近づいてるかも。ではまた☆

          

          

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.はるな愛って、人気あるんだね♪ 昨日のダイエット記事には、

    そこそこの検索アクセスが入ってきた。やっぱ、可愛いのか。。

                   

 往路(1.15km)    6分12秒   心拍126     

  1周(1.1km)     5分35秒      142             

  2周            5分26秒      147                

  3周            5分19秒       150        

  4周            5分20秒      150              

  5周            5分13秒      152              

  6周            5分04秒      156              

  7周            5分02秒      159             

  8周           4分59秒      161 

  9周           4分41秒      164 

  復路            4分59秒      160              

計 12.2km 57分48秒 心拍151(82%) 最大171(周回ラスト)

| | コメント (0)

意外なおデブちゃん、はるな愛のダイエットに注目♪

RUN 14.4km,1時間08分19秒,心拍152

たまにテレビで見て、結構カワイイよなぁ~とか思ってたら、こんなおデ

ブちゃんだったのか♪ いやぁ、「たかの友梨」の広告写真を見て衝撃

を受けたわ。ほとんど相撲取りだね。そりゃ、失礼か♪

         

お笑いの友近がダイエットしようが脱ごうが、あんまし興味ないけど、

るな愛は半ば男ってこともあって、ちょっと興味がある。自分と同性って

意味ね。勘違いしないように♪ 早速エステのHPを見ると、「はるな愛

の減量日記」なんてページが出来てた。第1回の記事が5月14日で、

第2回が6月1日。まだ始めたばっかなのに、夏には終わる予定なの

か。3年前の『ロンドンハーツ』の青木さやかも「TOTAL Workout」で

アッと言う間に痩せたから、本気になればかなりの事は出来るんだね。

                         

スタート時が163cmで64kg。これだけなら、男としてはおデブちゃんっ

てほどでもないけど、体脂肪率28.7%はかなり凄い! あと、ウエスト

79cmってのも、女のバランス的には悲惨みたい。12kg減量して52kg

を目指すって話で、今は61.2kgだから半月で-2.8kg。最初にこの

程度落とすのは簡単だろうから、本当のスタートはここからだね。

              

痩せて婚活するらしいけど、ブログのコメント欄を見てもかなりの人気だ

から、痩せなくても結婚できるでしょ。やっぱ、あのプックラしたお腹をダー

リンに見せるのは恥ずかしいってことか♪ そう言えば、一昨年の『ホタ

ルノヒカリ』の綾瀬はるかも、藤木直人じゃなくてもう一人の男に下っ腹を

見られたくないって騒いでたな。たとえお泊りでも、フツーの体勢だとそこ

はあんまし男の目に入らないんだけどさ。顔と胸しか見えないでしょ。フ

ツー以外は別として♪

                          

ともかく、夏までにはるな愛がどこまで頑張れるか、じっくり注目したいと

思ってる。私も持久系アスリートの端くれとして、もうちょっと絞んなきゃ

ね・・・とか言いつつキャラメルコーンを一袋開けちゃったわ (^^ゞ 疲れて

る時には超オイシイ♪ 期間限定・たなばたヴァージョンで、お星様の形

のコーンが3コほど入ってた☆ 子供かよ!

                   

        ☆        ☆        ☆

さて、昨夜の走り。雨かと思ってたら晴れちゃったってことで、ほとんど

やる気無しの適当なラン。最初は、前夜の傘ラン16kmの疲れもあっ

てモタモタ走ってたけど、途中から有酸素システム作動で自然にスピー

ドアップ。フツーに走ってるだけで、1km4分30秒くらいのペースに

なっていく。これで長距離もてばいいのになぁ。42.195kmとか♪

        

トータルだと1km4分45秒ペース。ま、ボチボチなんだけど、それよ

り気になるのは心拍計。やっぱ、絶対におかしいな。下の数値は、ほ

ぼプラス10で補正した後のものだ。胸のトランスミッター(送信機)の

交換か、手首のレシーバー(受信機)の修理か。いずれにせよ金が

かかりそうな状況。

           

車検、パソコン故障と出費が重なった所だから、かなり痛いな。宝ク

ジでも当たんないかね。買ってないけど♪ さて、今夜もこれからチョ

コッとだけ走って来るか。ではまた☆

       

      

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記: はるな愛のダイエット、見事なペースで進行中☆

      cf. はるな愛のダイエット、1ヶ月半で7.1kg減量!

         

追記2: ダイエット最終結果の記事をアップ。

          はるな愛のダイエット、3ヶ月で10kg減量成功☆ 

                                                   

 往路(1.15km)  6分09秒   平均心拍127 

  1周(1.1km)   5分29秒         141 

  2周         5分29秒         145 

  3周         5分22秒         148 

  4周         5分20秒         151 

  5周         5分12秒         153 

  6周         5分09秒         155 

  7周         5分05秒         158 

  8周         5分06秒         159 

  9周         4分59秒         160 

 10周         4分56秒         161 

 11周         4分55秒         162 

 復路          5分10秒         156 

 計14.4km 1時間08分19秒 152(83%) 最大164(ゴール時)

| | コメント (0)

マジメにお勉強した後、居眠り傘ラン

RUN 16km,1時間18分59秒,心拍144

今日は一日ずっと雨の予報が出てたから、昨日ちょっと頑張ったのに、

午後には晴れてしまった。う~ん、損したって言うか、得したって言うか。。

     

ここ10日間ほど、PC関連トラブルで余裕が無かったけど、昨夜はようや

くちょっと余裕ができた。フツーなら溜まった仕事や雑用を片付ける所な

のに、マニアック・ブロガーはそうも行かない♪ 2週間ぶりくらいに理数

系の記事をアップすることにして、準備と執筆にかなり時間を取られ

まった。まあ、自分の勉強にもなったからイイけどね。      

                    

3月半ばにドラマお休みモードに入って以来、急激に理数系の記事を増や

してるから、大学からのアクセスが急増している。アクセス解析に残ってる

色んな大学名を見てると、まるで全国の学生相手にネットで授業してるよ

うな気分になれるから、止められないわけよ♪ RUNやBIKEの記事だと、

「ac.jp」からのアクセスなんてほとんど無いもんな。授業料がタダって点

には目をつぶるとしよう。所詮、趣味のお話だ。

      

で、夜中にようやく数学の記事を書き終えた後、ちょっとだけでも走ろうか

と思ったら、ちょうど雨が降り出して来た。中止して寝ようかとも思ったけ

ど、ネットの予報を見ると翌日(つまり今日)は1日中雨になってたから、

渋々と折り畳み傘を持って近所の公園へ。小雨だし、まだ地面がグチャ

グチャになってないから、それほど走りにくくもない。

         

ただ、やっぱりほとんど人がいないし、眠くてだるいから、最初はひたすら

修行モード。ところが、のんびり傘ランを続けてる間に眠気が覚めて来た

し、おまけに傘無しでもギリギリ大丈夫な空模様になって来たから、傘を

んで気合を入れ直す。10km走る予定を13.3kmに延ばして、さらに

16kmまで延長この程度の距離でも、3週間ぶりくらいなんだよな (^^ゞ

       

トータルでは、1km4分56秒ペース。遅いけど、半ば居眠り傘ランだから

良しとしよう。それにしても、やっぱり心拍計が変だな。心拍が3くらい少

なく出てる気がするけどね。胸のトランスミッター(送信機)の電池が消耗

してるのかなと想像してたけど、ネットで検索してもそんな情報は無い。電

極部の汚れでもないし、心臓が急に発達したってことか♪ まあ、心拍数

の増減の様子は大体つかめるから、しばらく様子を見てみよう。

    

さて、藤木直人&夏川結衣『夜光の階段』第8話もサラッと流し見したこと

だし、軽~く走ってくるかな。栄光の階段を上って、最後は十三階段か。

もう最終回なんだね。ではまた。。☆

                          

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     

P.S.上村愛子皆川賢太郎のスキーヤー・カップル、結婚おめでとう☆

          

  往路(1.15km)   6分51秒  平均心拍113 

  1周(1.1km)    5分57秒       126  

  2周          5分49秒       130 

  3周          5分46秒       134 

  4周          5分40秒       138

  5周          5分27秒       142

  6周          5分22秒       145

  7周          5分17秒       148

  8周          5分11秒       151

  9周          5分06秒       152

 10周          5分07秒       153

 11周          5分03秒       155

 12周          4分50秒       159

 13周(0.5km)    2分30秒        162            

 復路           5分05秒         155

 計16km 1時間18分59秒  144 (78%) 最大163 周回ラスト

| | コメント (0)

イプシロン・デルタ(ε-δ)論法の問題の解き方

メインで使ってるパソコンが故障して以来、なかなか思うように記事をアッ

プ出来なくなってる。今日は久々に理数系の記事を書こうと思ったんだけ

ど、一時しのぎで今使ってるのは古いパソコンだから、これまで使ってた

数式エディター「数式 3.0」がワードに入ってないのだ。それどころか、

日本語入力システムが古いせいで、記号の右上や右下に小さく数字を

入れることもできない。仕方ないから、昔の記事の入力を部分的にコピー

&ペーストすることにしよう。

     

とにかく、非常に不自由な環境でのアップなので、悪しからずご了承を。

内容は、またイプシロン・デルタ (ε - δ) 論法について。前の2本の記

事が、ドーナツ(=トーラス)関連に続く地味なヒットになってるから、最

後に問題の解法を載せとこう。これは、最低限の知識のある人を対象

にしてるので、この論法を全く知らない人は、まず先行記事(特に1本目)

を読んで頂きたい。この記事自体も含めて、高校生が読んでも理解可

能だと思うけど、それなりの実力と努力は必要だろう。

                                  

    イプシロン・デルタ (ε - δ) 論法による極限の定義

    ε - δ 論法による極限の定理 (線型性) の証明   

      

        ☆        ☆        ☆

さて、厳密さが売りのロングセラー『解析入門Ⅰ』(杉浦光夫,東京大

学出版会)を見ると、この論法を用いた極限の証明として最初に出てく

る問題は、x → a の時の lim x ² だ。x が限りなく a に近づく時、x ²

は何に限りなく近づくか。高校レベル、あるいは一般レベルなら、明ら

かに a ²  と答えを出してすぐ終わりだけど、そこを ε-δ 論法で厳密に

示すことになる。つまり、次のことを証明するわけだ。

                                                 

  すべての正の ε に対して、ある正の δ が存在し、

  すべての x について、0 <|x-a|< δ ならば |x ²-a ²|< ε

     

要するに、自分である δ を見つけて、この条件を満たすことを示す

だけど、テキストでは最初からいきなり難しい δ を持ち出して、簡単に

証明して終わってる。どこからその δ を見つけ出したのか、その説明

はないのだ。現代のフツーの感覚だと、非常に不親切な参考書だけ

ど、逆に言うと、自分の頭で考えることを促してるとも見れるだろう。そ

こで、私が自分で考えて解説してみよう。

    

まず、この δ は当然 ε と a で表されるはずだ。また、ε に応じて小さ

くなるはずだから、とりあえず δ = k ε とおいてみる。ただし、k は

正で、a の関数だ (定数の場合も含む) 。単純な関数の極限は、こ

れで上手く行くことが多いと思う(k ε とおかずに δ のままでも解ける)。

                                

|x-a|< δ の時に、x ²-a ²|=|x-a||x+a|< ε を示したい

のだから、δ |x+a|≦ ε であればよい。つまり、k ε |x+a|≦ ε 、

すなわち、k|x+a|≦ 1 ・・・① であればよい

            

ここで、よく使う「三角不等式」より、次のことはすぐ言える。

|x+a|=|(x-a)+2a|≦|x-a|+2|a|< δ +2|a|

よって、k|x+a|< k(δ+2|a|)

①と見比べると、k(δ +2|a|)≦ 1 ・・・② であればよいことが分かる

この不等式に δ = k ε を代入して k を見つけてもいいんだけど、

δ は適当に一つ見つければいいのだから、もう一工夫してみる。

     

つまり、δ ≦1という条件を加えるのだ。この「1」は、要するに小さく

て簡単な正の数という意味で、別に2でも1/3でもいい。ここでは

テキストに合わせて1を選んでおく。すると直ちに、次の式を導ける。

   k(δ +2|a|)≦ k(1+2|a|)

これと②を見比べると、k(1+2|a|)≦ 1 であればよいことになる。

よって、k≦1 / (1+2|a|)。

したがって、δ =k ε ≦ ε / (1+2|a|)

     

最後に δ ≦1という条件を考え合わせると、δ は ε / (1+2|a|)

と1の小さい方に決めればよい(同じならその値)。

結局、2つの数の小さい方を表す記号「Min( , )」を用いれば、

  δ = Min ( ε / (1+2|a|) ,

       

          ☆        ☆        ☆

テキストでは、この値をいきなり書いて、そこから次のように証明

している。ここまでの話が分かれば、理解できるだろう。この記事

に合わせて、ほんの少しだけ形を変えて引用してみよう(p.62)。

      

   任意の ε >0 に対して δ = Min( ε /(1+ 2|a|) , 1 ) 

   とおけば 0< δ ≦1であって、

   |x-a|<δ  ならば|x|<|a|+δ だから、

   |x|+|a|<δ +2|a|≦ 1+2|a|≦ ε/δ

   となる。従って|x-a|< δ ならば

   |x ²-a ²|=|x+a||x-a|

          ≦(|x|+|a|)|x-a|< (ε / δ) ・δ =ε

   が成立つ。───

         

        ☆          ☆          ☆

似た考えで、3次関数の極限までなら上手くいくことは確認した。また、

テキストの演習問題(p.63)の1/x 、sin x 、eのx乗、log x も解く

ことが出来た。1/x の場合は定義域 x≠0 に注意して工夫する。

sin は「和積の公式」で変形。log は定義域 x>0 に注意すればよい。

テキスト巻末の解答にはデルタの値(の一例)しか書いてないけど、す

べて自力で求めることが出来た。ただし、1/x 以外はグラフを少し使っ

てラクをした。数式だけだと、面倒だし長くなってしまう。

         

一番苦労したのは 1/x 。これは、定義域が x<0 と x>0に分かれ

て不連続だから、その扱いに工夫が必要だったのだ。ちなみに sin

(三角関数)はともかく、e (指数関数)とlog (対数関数)は δ =kε

の形で求めることは出来ない。

        

一般的に言うと、最大のポイントは、|x-a|<δ という条件の使い方

「x-a」 が非常に小さいことを使って、「・・・< ε 」という不等式を示すわ

けだ。当然、不等式や絶対値記号にも習熟しておく必要がある。あと、

δ を一つ見つけるだけという事情もあるから、適当な条件を加えて工夫

するのもポイントだ。その意味では、やっぱりケースバイケースだろう。

                    

という訳で、今日はこの辺で。それでは、また。。☆

    

     

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.イプシロン・デルタ (ε - δ) 論法による極限の定義

  ε - δ 論法による極限の定理 (線型性) の証明

  ε-δ論法による基本定理の証明~関数の積の極限

  ε-δ論法における、∞(無限大)や発散の扱い方

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ε-N(イプシロン・エヌ)論法~数列の極限の定義と解き方

  ε-N論法による基本定理の証明~数列の商の極限

| | コメント (0)

久々に超手抜きつぶやき記事だけど、何か?♪

「何か?」って、もう死語だっけ?♪ まあウチでは、手抜き記事の開き

直りによく使う言い回しだから、良しとしよう。書き飽きて来たけど、とに

かくPC関連トラブルに時間と労力を費やしてるから、余裕が無いのだ。

今日は久々に理数系の記事を書こうかなとも思ったものの、やっぱり時

間が足りなかった。代わりにつぶやき日記でお茶を濁しとこう。

       

今日はまず、宅配便でパソコンを業者に送るのが面倒だった。箱を探し

て、壊れないようにしっかり包装した後、近くのコンビニへ持ち込み。箱

が大きめだから高いだろうなと思ってたら、意外に安くて得した気分♪

セコイわ! ま、小市民的喜びってヤツね。

       

で、業者にメールを送って、それからは溜まった新聞を超速で読み飛ば

していく。フツーはそんなもの捨てるんだろうけど、読んでないまま新聞

を捨てるってことが出来ないのだ。性格的なものもあるけど、母親の新

聞好きを受け継いでる部分もあるかも知れない。小学校5、6年の担任

も、毎日2時間じっくり新聞を読む人だったから、その影響もインプットさ

れてるかも。良し悪しはビミョーだけど、片付けが遅くなるからマイナス

の方が大きいかな♪

       

その後は、コメントのレスを一つ。これがまた、上手く書けないのだ。

いパソコンを引っ張り出して使ってるから、絵文字を入れようとして絵を

クリックすると、なぜか他の絵文字が入力されてしまう。一覧表で2段

分くらい、絵文字と入力情報がズレてるのだ。そのズレの規則性を把

握して、意地でも絵文字を入力するあたり、マニアの本領発揮って感じ

だろう。誰もホメてくれそうにないけどネ。あと、入力欄の大きさも以前

と違うから、文の区切り方に少しとまどった。

                   

それにしても、今回のトラブルの結果、3種類の環境でネットを使うハメ

になったんだけど、見え方が全然違うのには驚いた。これまでも一応、

色んな環境で自分のブログをチェックしてたんだけど、今回ほど違いを

感じたことはない。一番大きいのは、文字の大きさだろう。これが違う

と、改行の場所がズレることになって、一般公開されたページの表示

がおかしくなる。おまけに、記事の入力欄はまたちょっと違うズレ方を

するから、調整が面倒なのだ。

       

多分、いままでウチに来てくれた方の中には、見え方がおかしくてす

ぐパスした人も少なくないだろう。わざわざブラウザの文字設定を変

える人もあんましいないだろうしね。ちょっと反省っていうか、経験を

フィードバックして、1行あたりの文字数を減らすことにした。いつも来

てる常連さんなら、既に気付いてたかも知れないね。

                   

ってことで、今夜のつぶやき日記はこの辺で。PC環境が全面的に復

活するまで、どうしても手抜き気味になるので、悪しからずご了承を♪

ではまた。。☆

| | コメント (0)

故障したパソコンのデータ復旧、業者選びが難しい・・

悩むなぁ。。メインで使ってたパソコンのHDD(ハードディスク)が壊れ

て8日が経過。自分で出来るデータ救出作業の途中、外付けHDDまでおか

しくなったのには参ったけど、何とか作業完了。ここから後は、データ復旧

業者に頼むしかない。ただ、この選択が難しいのだ。

 

PCデータ復旧とか救出で検索すると、驚くほど多くの業者がヒットする。

と言う事は、ユーザーの立場だとそれだけ故障が多いってことだし、業者の

立場だとそれだけ儲かるってことだろう。実際、格安を売り文句にしてる業

者でも、最低で3万円前後の値段を提示している。交換部品の値段とか色々

と別にして、純粋に復旧サービスだけでこれだけの売上なのだ。1台当たり

の利益率は大手メーカーよりも高いんじゃないかな。

 

故障直後は、すぐメーカーのサポートセンターに電話したんだけど、修理だ

とデータは助からないし、メーカーと提携してる復旧業者の値段はかなり高

。信頼性や個人情報保護の問題を考えると、それほど割高でもないかも知

れないけど、一番気になったのはキャンセル料だった。

 

実物を業者に送って見積りをもらう「初期診断」の時点で、値段が高すぎる

からキャンセルすると、その提携業者は何と数万円ものキャンセル料を要求

する。それでいて、HPだと初期診断無料とか書いてるのだ。この「無料」

とは、キャンセルしなかった場合だから、要するに診断料金を復旧料金の側

に回してるだけのことで、ほとんど誇大広告に近い。

 

で、すぐ諦めてネットで検索を始めたんだけど、あちこち落とし穴だらけ、

地雷だらけの危ない戦場だ♪ どこも安い値段を強調してるけど、それは大

抵、「論理障害」と呼ばれる軽度のトラブル。簡単に言うと、データをうっ

かり消してしまった場合などで、機械そのものは壊れてないわけだ。それに

対して、機械が壊れてる「物理障害」の場合は一気に値段が上がって、重度

だと20万〜30万円になってしまうことが多い。ところが、個人にとって

は途方もなく高額なこの値段を、曖昧な表示にしてる業者もある。

 

他にも、作業を勝手に細かく分割して、結局全体でいくらかかるのか分から

なくしてる業者もあるようだ。たとえば、取り出したデータを別の媒体に書

き込む料金とか、HDDをパソコンから取り外す工賃とかが、別料金になっ

てたりする。途中で気付いても、今さら業者を変えるのは面倒だから、仕方

なくそのまま依頼する人も少なくないだろう。往復の送料も3000円くら

いかかるし、その間に日数も経過してしまうんだから。

 

       ☆        ☆        ☆            

そんな地雷だらけの検索結果の中で、私がこれまでメールで問い合わせた業

者は2つ。1つ目は超格安の店で、すぐに「ウチでは無理」だと断ってきた。

もう1つは、わりと安いし良心的に見えた店で、こちらもほぼ1日後に詳し

く返信してきた。やっぱり、HPで強調してる値段よりはかなり上の費用に

なりそうな感じだけど、実際にパソコンを見てみないと分からないとのこと。

どちらの業者も、対応は丁寧で誠実だった。ウチでは出来なくて申し訳ない

と書いてたり、単なる問い合わせ段階から高額な見積りを正直に書いてたり。

 

と言うわけで、この2つ目の業者に初期診断を依頼しようと思ってる。前に

も書いたけど、仕事関連も含めて、出来れば救出したいデータがかなりある

から、3万円前後なら払ってもいい。もちろん、これでも高い「授業料」だ

けど、仕方ないだろう。2ヶ月以上バックアップしなかった私のミスなんだ

から。でも5万円以上なら諦める。4万円ならビミョーな所だ。。

 

果たして、結果はいかに。乞う、ご期待☆

| | コメント (0)

おしゃれなランニング雑誌、『Running Style』

RUN 10km,44分45秒,心拍157

オォーッ、10km走で44分台っていうのはかなり久々のような気がす

るな。ロクに走ってないし、今晩も気合なんて入ってなかったのに、やっ

ぱり少しずつスピードが戻って来てるね♪ まだまだだけど。。

               

さて、今晩は『Running Style』という雑誌について書いて

みよう。6月号の表紙はスポーツ好きな売れっ子女優・片瀬那奈。実は最

初見たとき、吉高由里子に見えてしまった。キリッとした顔立ちも、スト

レートロングの髪も似てるけど、年齢とスタイルが違ってるか。片瀬はやっ

ぱスタイルいいね♪ いや、これは本質的な話なのだ。要するにこの雑誌

は、スタイルにこだわってるのだ。

           

スタイルと言っても色々あるけど、分かりやすい特徴がファッション・ス

タイル。先日記事にした女性向け自転車雑誌『smyle cycle』

ほど徹底的にこだわってる訳じゃないけど、非常にスタイルが良くて爽や

かなモデル、TOMOMIと倉澤和枝を巻頭特集に持ってきて、ファッショ

ン雑誌かダイエット雑誌みたいな明るいノリにしている。特に倉澤和枝は

お嬢様っぽくて好きだな☆ 名前は地味だけど♪

                

中盤のダイエット特集ではモデルの木寺真由美を起用。この部分の色調は

パープルっぽいピンク。その前には、東京マラソンとマウイマラソンの記

事。華やかなイベントを前面に押し出してるけど、それでいてトレーニン

グ記事の内容もしっかりしてるし、マニアックなテーピングの特集もある。

つまり、故障の手当てや予防のためのテープの巻き方だ。また、市民ラン

ナーやスポーツ選手のランニング・スタイルって言うか、ライフスタイル

をまとめた部分はしっとりと味わい深い。

                

巻末には「トレイル・ランニング・スタイル」なんて特集もある。山とか

自然の中を遊び感覚で走る人気のスタイルで、ここも色調はパープルピン

ク。完全に女性を意識したカラフルな作りで、同時にエコも意識してる。

               

ただ、雑誌自体は特に女性向けってわけでもないから、トータルで見ると

ちょっとありがちな幕の内弁当っぽい構成にはなってる。似たような雑誌

が少なくないから、ブームが去った後はビミョーかも知れない。まあ、も

うしばらくランニング・ブームは続くだろうけどね。とにかく、隔月刊

この雑誌は今後も注目しておこう。次は7月9日発売だ。  

                

       ☆        ☆        ☆

と言うわけで、雑誌の話を書いてる内に時間が経っちゃったな。今夜は走

るか走らないかビミョーな所だったけど、夜になって涼しい風が吹いて来

たから、お散歩気分で近所の公園に出発。ところが到着早々、ちょうどい

いペースで走ってるランナーがいたから、一気に1km4分30秒ペース

までスピードアップ。

         

その後、もう少し縮めて、復路もそこそこマジメに走ったおかげで、10

kmで45分を切ることに成功した。後半はほぼ4分20秒ペースを維持

してるから、なかなか気分いいね♪ 後半、お腹がちょっと痛くなった

いでスパートできなかったけど、そのトラブルさえ無ければまだまだ余裕

はあった。

                 

トータルでは1km4km28秒ペース。ホントはもうちょっと走りたかっ

たけど、またブログの締切時間があったから仕方なく帰宅した。悲惨なPC

トラブルの時期まで毎日更新するっていうのは、本当にキツイな。この後、

いよいよ修理に出すから、更新を継続できるかどうかちょっと不安だけど、

まあ古いパソコンと携帯を頼りにするとしよう。そろそろ朝型の生活に戻し

たいから、明日の夜は早めに寝て、火曜の朝に走ろうかな。ではまた☆

       

往路(1.15km)   5分41秒  平均心拍125

 1周(1.1km)   5分00秒        146

 2周          4分59秒        152

 3周          5分02秒        155

 4周          4分48秒        157

 5周          4分52秒        159

 6周          4分49秒        161

 7周          4分40秒        164

復路           4分55秒         158

計 10km 44分45秒 心拍157(85%) 最大170(周回ラスト,推定)

| | コメント (0)

軽いスピード走&『MR.BRAIN』第3話

RUN 12km,54分04秒,心拍158

今日は土曜なのにお仕事。終わったらすぐ帰宅して、『MR.BRAIN』

第3話を見た。最初の10分ほどは見れなかったけど、大体ストーリーはつ

かめたつもりだ。物語的にはやや地味ながら、科警研の映像とかでそこそこ

楽しめる出来だった♪ ちょっと詰め込み過ぎでバタバタしてるのは大目に

見るとしよう。

         

キムタク=木村拓哉や水嶋ヒロのファンはもちろん、亀梨和也ファンも満足

できたんじゃないかな♪ 相武紗季ファンはボチボチって所か。綾瀬はるか

ファンは、バナナを頬張るシーンでリピートできるだろう♪ バナナへのこ

だわりを見てると、『ラスフレ』の意味深なプディングを思い出しちゃうね。

             

『神の雫』が終了してもう3ヶ月。亀梨ファンの大部分はもうウチから消え

ちゃってる気がするけど、一応コメントしとこうか。亀梨のああゆう渋くて

暗めの演技って初めて見た気がするな。『雫』とは似てないし、『たったひ

とつの恋』の場合は未熟でちょっと突っ張った少年っぽさを出してたから、

今回みたいな大人の味にはなってなかった。

           

なかなか良かったんじゃないの♪ ま、あの路線でファン以外の視聴者に

アピールしていくのは大変だろうけど、地道に頑張って欲しいもんだ。犯

罪がバレた直後の表情はもうちょっと努力の余地があるかも。

          

このドラマ、第1話だけ真面目にレビューした際は「脳科学コメディーの

綱渡り」というタイトルで書いた。第2話はパソコンが壊れた直後だった

から、チラ見で青空の印象しか残ってないけど、第3話はコメディーって

感じじゃないね。しりとりシーンでもっと綾瀬の天然ぶりを上手くイジっ

てれば笑えたんだけど、あれじゃ後の話の薄い伏線にしかなってない。笑

えないままアレを引っ張るくらいなら、少し時間を削って、最後に亀梨が

犯罪の動機を告白するシーンに時間を回すべきだったと思う。笑いに関し

てはむしろ、やたら狭い死角の話がマニアックでちょっとウケたな♪

                  

それはともかく、第1話と共通するのは、脳科学が見かけ倒しのオマケ

なってる点だ。確かに「脳科学者」九十九は活躍してるけど、「脳科学」

が活躍してるわけじゃない。それが理解できる視聴者がどのくらいいるの

かは、ちょっと気になる所だ。と言うのも、その理解は結局、ドラマだけ

じゃなくて脳科学とか科学に対する理解力を示す部分なのだから。

                    

たとえば亀梨の犯罪を暴く時、決定的に役立ってるのは、裏金の捜査と監

視カメラのチェックであって、脳科学はサポート役に過ぎない。それだと

『ミスター脳』って題名のドラマとして寂しいから、最後に捜査と関係な

い部分で脳科学の威力らしきものを示して、綾瀬の「凄いですね」とかい

うホメ言葉へとつなげたわけだ。それが、女性ウケを狙ったのお話。亀

梨の心の揺れや、記憶を失っても残る相武の愛を表すのに、脳科学を使っ

てた。ただし、それも大雑把な話で、九十九の言葉も断定を避けていた。

                   

この辺り、やっぱりギリギリの綱渡り状態で脳科学を扱ってるわけで、そ

曲芸の巧みさにはそれなりに感心する。ただ同時に、これを見て単純に

「脳科学って凄いな」と思い込んでしまう人達が多そうだから、どうして

引っかかるのだ。見せかけの科学の凄さに騙されてしまう恐ろしさは、

例えば先日のDNA鑑定の「冤罪」とも関係してくる(足利事件)。あれ

も科警研がらみだから、その点は一応指摘しておきたい。所詮ドラマだか

ら・・とたかをくくってる場合じゃないのだ。。

                 

       ☆        ☆        ☆

さて、ドラマに関して軽くコメントした後は、今夜のランニングについ

て。仕事で疲れてたし、雨の後だから湿度が高くて走り辛かったけど、

スピードは意外に出てたね♪ 自分の感覚だと、1km4分45秒ペー

ス程度だったけど、実際は1km4分30秒ピッタシ☆ 息は上がっ

たけど、足腰や心拍はまだ余裕だったから、その気になれば4分20秒

台前半は出せてたかも知れない。

              

まあでも、距離も短いし、喜ぶほどのペースでもないわな♪ とにかく

この1週間、パソコン関連のトラブルで心身共に疲れ切ったから、明日

はノンビリと雑用でも片付けよう。って言うか、まだトラブルはそれほ

ど解決してないから、早く片付けなきゃマズイね。ドラマの録画が出来

るようにしないと、たまに本格的レビューを書くことさえ出来ないわけ

だから。自転車も乗らなきゃいけないんだけどなぁ。。ではまた☆

       

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.サッカーW杯、日本代表出場決定おめでとう☆

            

P.S.2 『MR.BRAIN』第3話の視聴率は、何と16.3%まで

      急降下。。ゲストの亀梨の立場がちょっと苦しいのは仕方ない

      だろうけど、どうして同い年で学年は1コ上の相武紗季は話題

      にならないのかね。亀梨の方が芸歴がかなり長くて、人気があっ

      て、ドラマの視聴者には女性が多いからってことかな。

      いずれにせよ、亀梨は注目されてるわけだから、何とか自力で

      見返して欲しいもんだ。

      

cf.脳科学コメディーの綱渡り~『MR.BRAIN』第1話

  『MR.BRAIN』最終回、軽~い感想♪

    

  往路(2.45km)  12分12秒   平均心拍142       

 1周(2.35km)   10分43秒      154        

 2周           10分24秒        161          

 3周            10分09秒       166

  復路(2.5km)    10分37秒       171

計12km 54分04秒 心拍158(86%) 最大心拍173(復路)

| | コメント (4) | トラックバック (2)

名作カンフードラマの俳優の訃報に絶句・・

RUN11.4km,59分41秒,心拍140

ショックだなぁ。。デヴィッド・キャラダイン(David Carradine)

突然の訃報にはかなり驚いた。と言っても、この俳優を知ってる人は日

本だと少ないだろうし、特にウチの常連さんにはほとんどいないだろう

けどね。女性が絶対見ないような硬派な連続ドラマで有名になったベテ

ラン俳優だ。

 

『キル・ビル』なら知ってる人もいそうだけど、彼の代表作は何といっ

ても『燃えよ!カンフー』。一言でまとめると、「東洋思想カンフー

西部劇」って感じかな。ちなみに私は、ブログを始めて間もない頃、

2本の記事を書いている。ニュースを受けて、早速今日は少し検索ア

クセスが入ってた。   

     『燃えよ!カンフー』

     『燃えよ!カンフー』第22話の解読

 

私がランニングを始めたキッカケは色々挙げられるけど、一つの大きな

理由は、格闘技の基礎トレーニングとして最適だからだった。もともと

格闘技に憧れてた私は、全身を使って手軽に行える有酸素運動として、

真面目に走り込むようになり、やがて友達と一緒に陸上部に入ることへ

とつながった。

 

そんな私に、格闘技マニアの同級生Rが勧めてくれたのが、『燃えよ!

カンフー』だ。深夜にやってた再放送で、1度見ただけで強烈に引き込

まれる魅力があった。少林寺でカンフーを学んだ若い男・ケインが、悪

者と戦いながらアメリカ西部を彷徨い歩くんだけど、ありがちなカン

フーものとは全く違ってる。

 

格闘シーンは僅かで、それよりは東洋思想とか精神修養の面が前面に押

し出されてるのだ。自分探しと言ってもいいけど、それだと軽すぎるし、

射程が狭すぎるだろう。もっと深くて広大で神秘的なものに向かう雰囲

気が漂ってる。それを巧みに醸し出してたのが、彼の何とも言えない味

わいのある演技と表情。そして一度聞くだけで心に染み込むほど深遠な

テーマ曲だった。今でも時々、孤独で厳しい状況になると口ずさんでる。

 

ネット上には、今回の死について色々な情報が流れてて、真偽は分から

ないけど、ある意味で彼らしい最期のような気もする。単なる演技を越

えて、実生活でも別次元のものに向かう部分があった彼だからこそ、あ

のような死に導かれたんだろう。無性にDVDを見たくなってきたな。

ともあれ、ご冥福を祈りつつ、合掌。。

 

      ☆        ☆        ☆ 

と言うわけで、私のスポーツライフにも少なからぬ影響を与えた俳優

の死を悼んだ後は、簡単に昨夜のランニングの報告。先週の土曜から

PC関連のトラブルに追われっ放しの状況で、心身共に疲れきってる

から、この日も単なる気分転換のような走りにした。

 

普段と違うコースを走って公園に向かい、付いた後も普通の周回コー

スとはちょっと違う回り方で適当に気晴らしラン。ちょっと緊張感や

ワクワク感があって、刺激的だったね♪ 太めの道を多く選んだから

なのか、普段滅多に見ないパトカーを3回も見てしまった。

 

計算上、トータルでは1km5分14秒ペースになっちゃうけど、多

分もっと長く走ってると思うから、実際は1km5分07秒ペースく

らいだろう。細かい話だな♪ で、今晩は雨、明日は仕事と雨ってこ

とで、次は日曜かも。できれば明日の夜もちょっと走りたいけど、そ

う言えば、キムタク=木村拓哉&綾瀬はるか『MR.BRAIN』の

第3話に亀梨和也が出るのか。読者サービスに、ちょっとくらいコメ

ントしようかな。ま、明日の気分と天気で決めよう。ではまた。。☆

 

 往路(2.6km) 16分02秒  平均心拍126

 1周(1.2km)  6分01秒      137

 2周         6分00秒      139

 3周         5分58秒      143

 4周         5分57秒      144

 5周         5分55秒      144

 復路(2.8km) 13分48秒      148

計11.4km 59分41秒 140(76%) 最大156(ゴール時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外付けハードディスク、少しだけ復活♪

ハァーッ・・とか、最近ため息ばっかだけど、すべてはパソコンのせい

なのだ。って言うか、ちゃんと管理してなかった自分のせいだけどね♪

壊れたパソコンからデータを救出するために外付けHDD(ハードディ

スク)を買ったら、今度はHDDが書き込み不能になっちゃったってい

う、悲惨なお話だ。まあ、こんな話ばっか書いてると、ますますドラマ

ファンの読者が消えていきそうだけど、今はそんな事を気にしてる場合

じゃない。こんな時に毎日更新するだけでも大変なのだ。

 

一時しのぎに使い始めた無料OSのLinux(リナックス)がまだマ

イナーなこともあって、ネット上を探し回っても適当な解決策が見つか

らないから、結局自分で試行錯誤することになる。今日はついに、ちゃ

んとした入門書まで買って来た。『Ubuntu基礎からのかんたん

Linuxブック』(ソーテック社,2680円)。

 

Linuxは元々、パソコンにわりと詳しい人間が使うOSだから、初

心者向けとか入門書とかいう言葉がなかなか信用できないんだけど、こ

の本は本当に分かりやすい♪ と言っても、それは私がWindows

をある程度理解してるからであって、ホントのPC初心者が読むと途中

でパスしたくなるだろう。

 

それにしても、パソコンが故障した後、これで実に3冊目の本だ。最初

のトラブル解決本が1980円、次のリナックス関連雑誌が1380だ

から、3冊で6040円。外付けHDDが実質9000円程度だから、

計15400円。で、この後まだデータ救出業者への依頼とか、修理費

があるから、新しく高性能パソコンを1台買えるような値段になりそう

な感じだ。車検の直後に、このアクシデントは痛すぎる。。

 

ボヤキはともかく、今日買った本は確かに勉強になるんだけど、トラブ

ル解決には直接つながらなかった。むしろ最初に買った本が役立ったの

だ♪ Linuxには色々と種類があるんだけど、これまで主として使っ

てきたのはUbuntu=ウブントゥ(雑誌の付録DVDにあった)。

これを、最初の本の付録CDに入ってたKNOPPIX(クノーピクス)

に替える操作は何度も試してたけど、その際にHDDを書き込み可能に

する作業が必要なのを見落としてた。

 

この作業で、やっとHDDが書き込み可能になったんだけど、相変わら

ずエラーが多くてすぐ再起動するハメになるし、元のUbuntuでは

まだ書き込めない。KNOPPIXで上手くいくのなら別にいいけど、

今のところやっぱり、大きなサイズのデータを処理するのは苦手なよう

だ。500MBを超える辺りから、急激にエラーが増えてしまう。逆に

数MB程度の小さなデータなら、問題は滅多に起きない。やっぱり、

ンストールせずに、CDやDVDから直接OSを動かすって所に無理

あるのかも。光学ドライブは読み込みが遅いし不安定だもんな。。

 

とにかく、自分で出来るデータ救出作業は早く終えて、ホントに大変な

救出を業者に頼まないと、修理にも出せないのだ。と言うのも、なぜか

メーカーの修理に出すと、壊れたHDDは交換されて、しかも廃棄され

てしまうから。サポートセンターに「返してくれないのか」と聞くと、

そうゆう事はやっておりませんって感じのマニュアル的対応だった。ど

うしてなのか、理由を知りたいもんだけどね。パソコンと一緒に返却す

れば、送料も変わらないのに。。

 

と言うわけで、今夜もまたパソコン&HDDとの苦闘が続くことになり

そうだ。その前にちょっとだけ気分転換で走ってこようかな♪

ではまた。。☆

| | コメント (0)

09年5月の全走行距離

RUN 計15.6km,1時間30分,心拍137

週末から5日間、PCトラブルの連発で本当に参った。パソコンの深刻

な故障は約3年ぶりだし、ここまで苦労したのはちょっと覚えがない。

まあ、その話は別記事で色々書いてるから、ここでは省略しよう。とに

かくロクに寝てない状態で神経がピリピリしっ放しだから、他の事をす

る気にもなかなかなれない。唯一のプラスは、食欲が落ちたことかな♪

ちなみに今は、壊れたPCを無料OSのLinuxで無理やり動かし

て使ってる所。一応動くから助かるけど、かなり不自由な状況。。

      

今晩は、もうトラブルのピークで真面目に対処するのがバカバカしく

なって来たので、気分転換に軽く走ってきた。涼しいし、梅雨入り前

にちょっとでも距離を稼ぎたいって思いもあってのこと。まず、あち

こち雑用ついでに3kmほどジョギング。ランナーだと、ちょっとし

た距離ならすぐ走れるから便利だ♪

            

で、一旦帰宅して荷物を置いて、すぐに本拠地の公園ヘ。ドタバタ

続きだったから、1週間ぶりくらいかな。やっぱり、涼しくて気持

ちいい夜だと人が多い。わりと遅い時間帯なのに、女性ランナーも

5人くらい見かけた。ま、照明が明るいし、人も多いしね。

              

走りの調子は当然イマイチかイマニで、特に半月ほど前から、古傷

の右脚付け根がまた軽く痛むようになってる。脚を前に出す時、付

け根の前側の筋がピキッと痛むから、身体が温まるまでは右脚をか

ばう変な走りになってしまう。それでも、身体が温まるにつれて自

然にペースはアップ、最後はもっと走りたいなと思いながら終わり

となった。残念ながらブログの毎日更新の締切が24時なもんで。

              

トータルでは1km5分08秒ペース。これはかなりアバウトな数

字で、日曜深夜に24時間営業の郵便局まで3km走ったのも含め

てのものだ。遅いペースだけど、この悲惨な状況の中でちょっとで

も走った所に意味がある、とポジティヴ・シンキングしとこう♪ 

明日の夜もちょっとくらい走りたいけど、仕事とパソコン修理に

追われてるからビミョーかも。。

           

     ☆        ☆        ☆

さて、話変わって先月の全走行距離は、

   RUN 140km ; BIKE 362km

               

PCトラブルでデータが消えちゃったから、さっきブログの記事

を見直して足し算した。私の場合、自転車の距離を3.5分の1

にするとランニングの距離とほぼ同じになる感じだから、ランニ

ングだけに換算すれば243km,自転車だけなら852kmだ。

大した事ないとはいえ、最近の私としてはまずまずかも♪ 自転

車の荒川遠征を連発したのが良かった☆

            

月間の全走行距離の記事では、いつも最後にグラフを2枚添付し

てたけど、今回はPCトラブルでEXCELを使えない状況なの

で、後回しにしたい。遅くとも日曜には添付する予定。とりあえ

ず、先月までの3年分の距離だけ再掲しとこう。ではまた。。☆

     

追記: 新しいパソコンを買った後、月間走行距離のグラフを追加すると共

     に、3年分のグラフを更新した。

           

090627a   

  

  

  

  

  

  

  

  

     

090627b_2

  

   
   
  
  
  

| | コメント (0)

トラブルの嵐!外付けハードディスクが書き込み不能に・・

ちょっともうブログどころじゃなくなって来たな。呼吸困難なほど焦っ

てきた。パソコンの故障後、せっかく外付けHDD(ハードディスク)

を買ってきて、救出可能なデータだけでも全部書き込もうとしてたの

に、今日になって急に書き込み不能になってしまった。。さっきから

ずーっとあれこれ頑張ってるのに、どうしても分からない。。

 

無料OSのLinux(リナックス)のDVD−ROMを使って無理

やり起動してるんだから、OSの設定が変わるはずはない。これこそ

書き込み不能なDVDなのだ。すると、ハードディスクに何か余計な

情報が書き込まれたとしか考えられないんだけど、どうしても分から

ない。サポートセンターは、ハードディスクもPCも「リナックスに

ついては分からない」の一点張り。

 

やっぱ、まだまだリナックスはマイナーだから、素人の私がトラブル

時にあわてて手を出すようなものじゃなかったのかね。でも、ネット

はほぼ問題なく使えて助かってるし、昨日まではそこそこ上手く行っ

てた。もうしばらくデータ救出作業を頑張った後、修理に出そうと思っ

たのに。。

 

原因として思い当たるものは、ハードディスクの書き込みエラーの

連発くらいだ。とにかく、この作業は苦手なようで、3分おきくら

いにエラーガ発生。そこからは、一度電源を落として起動し直さな

いと書き込めない状況ガ続いてた。しかも「再起動」じゃなくて完全

なシャットダウンからやり直す必要があったし、なぜかDVDが認

識されなくて起動出来ないことも何十回もあった。

 

でも、普通のWindowsの時と違って、この場合はOSの情報

が不適切に書き換えられる可能性がないから、おかしな変更が加え

られる箇所としてはやっぱりハードディスクしかないはず。でもサ

ポートセンターによると、特に変わった情報を書き込むような場所

はないとのこと。何じゃ、こりゃ。。

 

試しに恐る恐る、古い外付けハードディスクをつないでみると、こ

ちらは読み書き問題なく行えた。だから、古い方と新しい方をあれ

これチェックして比較してるんだけど、違いが分かってもそれを直

す方法が分からないし、直すべきなのかどうかも分からない。もち

ろんネットの検索もしてるけど、適当な情報が見当たらないのだ。

 

と言うわけで、今夜はホントはランニングのはずだったのに、もう

しばらくトラブル処理で頑張らなきゃなんないようだ。週末から

ずっと対応に追われてて、睡眠不足の極致なのになぁ。

 

ハーッ、きついけど頑張るしかないか。こんな記事ばっかで常連さ

んには申し訳ないけど、深刻なアクシデント続きで余裕がないから、

悪しからずご了承を。。

ではまた。。☆

| | コメント (0)

パソコンの深刻な故障の続報・・

いやぁ、徒労とはこの事だなぁ。。ハードディスクが半分クラッシュし

た土曜から、むなしい労働が続いてる。今この記事は、生き残った半分

を無料OS(Linux=リナックス)で無理やり動かして書いてるん

だけど、動作が不安定だから一時も油断ができない。ただ、週末の衝撃

からはちょっとだけ立ち直ってるから、ここまでの流れを振り返ってみ

よう・・・とか言いつつ、手抜き気味の記事をアップしてるわけ♪

             

そもそも今年に入ってから、Windowsの入ったCドライブを酷

使する状態が続いてた。内蔵HDDも外付けHDDもほぼ一杯になっ

た状態で、最後に残ったCドライブの僅かな空きでドラマの録画とか

をして、どうしようも無くなったら昔のデータを削除したり、DVD

を焼いたり。本当にギリギリの状態で動かし続けてたのだ。

 

当然、保存はあちこち断片的に行われてるはずで、そんな読み書き

を再三強いられるマシンもたまったもんじゃなかっただろう。4月

頃には、明らかにCドライブの動きが遅くなって、時々3秒くらい

止まるような感じがあった。あと、元々加熱しやすかったパソコン

ますます熱くなりやすくもなってた。

 

それでも何も対処しなかったのは、買ってからまだ2年半だし、今

までモニター以外の大きなトラブルは無かったから。過去のPC歴

を考えても、あと1年くらいは大丈夫だろうと思ってた。実際、

のパソコン2台のハードディスクはまだ健在なのだ。

                

ところが、その後色々と情報を集めてみると、最近のHDDはなま

じ高性能だから、2年程度でも壊れたりするようで、知り合いは僅

か1年で壊れたとボヤいてた(ただしバックアップ有り)。私の場

合、仕事やブログで普通の人の何倍も使ってるはずだから、2年半

で壊れる程度のことは別に珍しくもなかったのだ。その辺り、時代

の変化が見えてなかったかも知れない。

 

    ☆          ☆          ☆

で、壊れた後、サポートセンターに何度も問い合わせたり、自分で

調べたりして、昨日の夜からはデータ救出作業を続けてたわけ。ま

ず速攻で外付けHDDを買いに行った。1TB(=1000GB)

の一流メーカー品が、ポイント分を差し引いた実質の値段で、たっ

9000円程度なのに驚く。おまけに一昔前みたいにドライバー

のインストールをする必要もなくて、線をつなぐだけ。こんな簡単

なことなら、もっと早くやっとけば良かったなぁ。。

 

で、壊れたPCをリナックスの一種Ubuntu(ウブントゥ)の

DVD(専門誌の付録)で強引に動かしながら、半分だけ生き残っ

てるデータを外付けHDDに救出していく。これが厄介で、なぜか

途中で度々PCの電源が落ちてしまうのだ。まあ、無料OSのリナッ

クスにトラブルは付き物らしいけど、その度に起動し直すのは大変

だし、PCや外付けHDDへの悪影響も当然あるはずだ。

 

不安になったから、今日は仕事帰りに大きな書店でリナックスの解

説書を10冊ほどチェック。ところがウィンドウズと違って、トラ

ブル解決の方法がほとんど見当たらない。相当な実力のある人間し

か使うなってことかね。ネット情報もあんまし役に立たないから、

恐る恐る自分で試行錯誤するのみ。

 

とにかく、なるべく単純な操作にして、少しずつやるのがポイント

みたい。具体的には、せいぜい100MB程度の大きさになるよう

にする。まとまった大きなファイルは仕方ないから、失敗覚悟でト

ライ。合計で10回くらい電源が落ちたけど、何とか80GB近く

のデータの救出作業を終えた。小林一茶をパクれば、「めでたさも

 ちゅうくらいなり おらが夜」って所かね♪

 

    ☆          ☆          ☆

この後は、いよいよ壊れた部分のデータ救出作業に移る。おそらく

自分では出来ないから、業者に頼むか専用ソフトを買うかだけど、

メーカー指定の大手業者に頼むとどうも30万円くらいかかるよう

で、全くの論外だ。でも、小さな業者に数万円で任せてホントにい

いものかどうか、これから色々と調べてみるつもり。悪徳業者もあ

るし、トラブルの可能性もある。予算としては、仕事のデータもあ

ることだし3、4万くらいなら出してもいいかなとは思ってる。

 

と言うわけで、ここからが正念場なのだ。ま、ダメなら諦めるしか

ないけど、ともかく今後はきっちりバックアップを取るべきだし、

もっとパソコンを大切に使うべきだね。デフラグもロクにしてな

かったし、HDDの苦手な熱の対策も最低限しかやってなかった。

これから暑くなるんだから、専用ファンとか小型扇風機を使う程

度の配慮はするつもり。

 

ホント、非常に高い授業料で色々と勉強させて頂いた形だ。もう

こんな思いは懲り懲りだから、この機会にしっかり学習しよう。

あと、ホントは3年保証に入ってたような気がするんだけど、ま

保証書も発見できてないから、それも探してみなきゃなんない

な。ま、可能性は低いし、保証はお金の問題でしかない。データ

救出の話とはちょっと違うんだよな。。

 

それでは、また明日。。☆

 

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.最初は、同じリナックスでもKNOPPIX(クノー

    ピクス)という種類を使ってた。これは、1枚のCD

    だけでパソコンを動かせる軽さが特徴だけど、やっぱ

    り非力なのか、ネットが使えず。。ウブントゥに変え

    ると、何も設定しなくてもすぐにネットを見れた♪

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »