« ニュートン物理学の基礎、「運動の法則」再考2~質量と重さ | トップページ | ツール2日目、新城5位!&2ヶ月ぶりのハーフ♪ »

ツール・ド・フランス2009、日本人選手と王者復活に注目☆

遂に開幕!ツール・ド・フランス2009☆ 今年は大きな話題が2つあった

ので、昨夜は私もリアルタイムでチェックしてた。そんなヒマあったら走るか

他の事をすべきだよなぁと思いつつ、ま、最初くらいはいいかってことで♪

          

さて、ウチは「テンメイのRUN&BIKE(ランニングと自転車)」だけど、読

者の大部分は自転車ファンじゃないから、私なりに簡単に説明しとこう。ま、

自転車記事が少ないし、自転車に乗らなくなってるから当然だけどね (^_^;

                 

ツール・ド・フランス(le tour de France)とは「フランス一周」という意味で、

単にツールと言うことも多い。1903年に始まった世界最高の自転車ロード

レースで、約3週間で3000km以上を走り抜く。ロードレースとは、舗装路

を長めに走るレースで、ランニングのロードレースとほぼ同じ意味と考えれ

ばいい。山奥の未舗装路でも競技場でもない、フツーの道を走るのだ。

                                   

「フランス一周」と言いつつ、コースの一部はフランスから外れて、周辺国

のイタリア、スペイン、ベルギーなどに入り込むこともある。今年の第1ス

テージ(初日)はモナコで、自動車レースの最高峰・F1と同じ道も走った

ようだ。全21ステージで、最終日の7月26日はパリのシャンゼリゼでゴー

ル。優勝者その他が表彰される。

          

ドラマファンなら、草なぎ剛主演の『僕の歩く道』で、自閉症の自転車好き

だった彼の緊張が高まった時、歴代のツール優勝者の名前を早口で喋っ

てたのを覚えてるかも知れない。最終回はレース出場で、走ってる途中に

鳥や空を見上げて休んでたのが微笑ましかった。あのレースには、私の自

転車仲間もエキストラ出演して、豆粒みたいな大きさで映ってる♪

                          

話を戻して、最初分かりにくいのは、ツールがチーム競技でありつつ個人

競技でもあるという点。出場する20チームには、それぞれエースが存在

して、彼を最終的に上位にさせるために、チーム内の他の選手(8人)が

アシスト(手助け)するのだ。

             

ランニングではあり得ない話で、要するにスピードが速いから(平均時速

40km程度)、誰かに風除けになってもらうのが有効だということだろう

(他の役目は副次的)。実際、私のような普通のサイクリストでも、誰かの

後ろで走るのはすごくラクなのだ。ちなみに、昨日は例外的に個人TT(タ

イムトライアル)で、一人ずつ坂と時計と空気抵抗との勝負だった。

                                

ツールをリアルタイムで楽しむ方法は2つ、テレビかネットだ。テレビなら、

「J SPORTS」の放送をスカパーかケーブルテレビで見ればいい。フラン

スの風物詩だから、観光映像をのんびり眺めるような楽しさもあるだろう。

ネットの場合は、代表的なサイトが3つある。まず、公式サイト。フランス語、

英語、ドイツ語、スペイン語の4ヶ国語だけど、どれも分からなくても、図や

タイム・順位の数字を見るだけである程度は楽しめる。

                   

日本語ならJ SPORTSの特集ページがあって、色々説明してくれてるけ

ど、テレビに遠慮してるのか、速報性がやや物足りない。むしろ自転車サイ

「CYCLINGTIME.com」の「テキストライブ」という恒例企画がユニーク

で面白いだろう。私は毎年、公式サイトでフランス語と英語の勉強をしなが

ら現地の雰囲気を味わい、テキストライブで日本語の実況を楽しんでる。

                                         

さて、今年の注目は2つ。まず、前人未到の7連覇を2005年に達成した後

引退してた王者、ランス・アームストロングが38歳で復活したということ。今

回は強豪チーム・アスタナで、優勝候補のエース・コンタドールをアシストす

る側だから、昔ほどの活躍は期待できないだろうけど、何しろ圧倒的な力を

持つ帝王だから、きつい山登りのステージとかで底力を見せてくれるかも知

れない。初めてのニューヨーク・マラソンでいきなり3時間を切るような、持久

系の凄いポテンシャルを秘めてるのだ。昨日の第1ステージでは、180人

中の10位とまずまずの出足だった。   

       

そしてもう1つの注目点は、1996年の今中大介以来13年ぶりに、日本人

が出場することだ。しかも2人☆ 別府史之(26歳、スキル・シマノ所属)と、

新城幸也(24歳、Bboxブイグ・テレコム所属)。第一ステージでは、別府

174位と出遅れたものの、新城は127位とまずまずの健闘。180人中

の127位というのは、普通の競技なら評価されない結果だけど、ツールに

出るだけでも大変なことなのだ。無事完走して、中の下くらいの位置を確保

するだけで凄いことだろう。新城はブログもマメに更新してるのがエライ♪

      

さて、そろそろ第2ステージのスタートだ(日本との時差は7時間)。今日は

モナコからフランスのブリニョールまで187kmの平坦なコース。ほとんど

差がつかないのが普通だけど、アクシデントは付き物だし、マイヨ・ジョーヌ

(前日の時点で個人総合1位の選手が着る黄色いジャージ)の行方も気に

なる所だ。今日は前日1位のカンチェラーラ(スイス、サクソバンク所属)が

身につけて、世界にアピールしながら颯爽と駆け抜けることになる。

                

と言う訳で、これから3週間みんなでツール・ド・フランスを楽しもうってこと

だ♪ 先ほど、公式サイトのトップページの図がまたリアルタイムで動き始

めている。その右の赤い字をクリックすれば、更に詳しい画面が別にポッ

プアップするのだ。時間帯や環境によってはちょっと重いかも知れないけ

ど、私が今見てる感じでは、快適に楽しめる。自転車の絵が動いてて、今

コースのどこを走ってるかを表すプロフィールの図が背景にあればOKだ。

(追記: 2日目に早くも、図の更新がトラブってた・・)

              

ドーピング問題無しの素晴らしい大会になることを祈りつつ、それでは今日

は、この辺で。。☆彡

       

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    

P.S.何と、第2ステージで新城がいきなり5位! 次の記事を参照。

       ツール2日目、新城5位!&2ヶ月ぶりのハーフ♪

|

« ニュートン物理学の基礎、「運動の法則」再考2~質量と重さ | トップページ | ツール2日目、新城5位!&2ヶ月ぶりのハーフ♪ »

「ランニング」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュートン物理学の基礎、「運動の法則」再考2~質量と重さ | トップページ | ツール2日目、新城5位!&2ヶ月ぶりのハーフ♪ »