« 世界陸上・男子マラソン&乗鞍前最後の荒川遠征 | トップページ | 疲労ピークラン&『ブザー・ビート』第7話 »

女子マラソン・尾崎好美、銀メダルおめでとう☆

面白かった~☆ 世界陸上ベルリン大会、最後になってようやく日本選

手の大活躍を見れたね♪ 金メダルは惜しくも逃したけど、山下佐知子

監督と同じ銀メダルは十分立派。って言うか、メダルより走りがカッコ良

かった! ランナーの端くれとして、惚れ惚れしちゃったわ。

                

背は低いし、モコモコしたランニングパンツは減点だけど、脚が長いし

フォームがキレイ☆(スポニチによると身長154cmで股下75cm!)。

アゴを引いて、背筋をシャキッとさせて、腰高で。ショートヘアが風でなび

く姿も美しい。身体が弱くて長い間活躍できなかった遅咲きランナーに

はとても見えないな。ま、見た目と実力は一致するとは限らないけどね。

               

レース途中までは、例によって雑用しながら流し見してたんだけど、トッ

プグループが4人になってからはマジメに見た。特に2人になってからは

食い入るように見ちゃったな。最後、一番肝心な所で、カメラが尾崎の顔

ばっか映して、トップの白雪(中国)との差をなかなか映さないからイラつ

いてしまった。。

       

        ☆          ☆          ☆

さて、日本人選手全体を振り返ると、まずママさんランナー、赤羽有紀

前日にはNHKの『ふたり』で特集されたばかり。当日の朝日新聞・朝刊で

もメダル候補として一番大きく扱われてたんだけど、実際は序盤からトッ

プグループの最後尾。高橋尚子はかばってたけど、大きな国際大会であ

の位置から日本人選手が盛り返した例はほとんど無い気がする。国内だ

と一応あるし、外国人だとヌデレバの不気味な位置取りが有名だけどね。

                       

やっぱ赤羽は夏のレースが苦手ってことか。かなりバテてたよな。ゴール

後にしゃがみこんでて、藤永とか周囲の人が心配そうに見てた。まあ、そ

れでもそこそこのタイムを出してた所に、底力の片鱗を見た気がする。お

子さんにも、ママの強さがちゃんと伝わっただろう。

     

続いて、朝日だと一番扱いが小さかった藤永佳子。赤羽に続いてトップか

ら離れていったけど、14位でしっかり2時間半を切ってるんだよな。おか

げで団体(世陸に併設されてるW杯)だと日本は銀メダルを取れた。10年

ぶりの世界選手権出場ってことが大きいのか、ゴールとかインタビューは

感極まった感じで、カメラから離れた後ですぐ泣いてたね。見てて羨まし

かった。私もゴール後に泣いてみたいな。男の平凡な市民ランナーだと、

単なる変な人扱いか♪

                                   

さらに、最後に代表に選ばれた加納由理。選考理由の一つは安定性で、

その意味だと7位入賞ってのはまさに陸連の狙い通りの成績でしょ。でも、

本人はもっと上を狙ってたようで、かなり不満そうだったな。わりとキレイ

な顔してるのに、ゴール後からずっと渋い表情。インタビューの時も「最低

でも入賞と思ってたので、最低の成績は残せて良かったです」とか言って

た。つまり「最低」って言葉を繰り返してたわけ。もちろん「悪くとも」って意

味なんだけど、あの言葉の選び方に本音が垣間見えたな。ま、この悔しさ

は次の機会にはらして欲しい。暑い中の2時間26分57秒は立派だ。

                

で、再び今夜のヒロイン・尾崎♪ 山下監督とホントに仲良さそうだね。イ

ンタビューの時に抱き合った姿が親友同士みたいで微笑ましかった。小

さい身体が日の丸に隠れるようになってたのも可愛かったな。顔もチョコッ

とカワイイね。

                

一番感動したのは、彼女が最後のドリンクを取り損ねた直後、3000障

害の岩水らしき選手がダッシュして尾崎に渡したシーン。いいよなぁ、選

手同士のああゆう熱い絆って。年齢も近いし、案外そうゆう仲だったりし

て♪ 実際、選手同士って珍しくないもんな。

         

ともかく、久々に国際舞台で感動的な走りを見せてもらって、どうもありが

とう。暑い中での積極的なレース展開と2時間25分25秒のタイムも立派

だった。まだ28歳、更にスピードを磨いて、次はロンドン五輪の金メダル

を狙って欲しい。

                              

        ☆          ☆           ☆

という訳で、これにて女子マラソンの感想終了。それにしても、最後まで

織田裕二のテンションが低かったな。ウチにも、そうゆう感じの検索アク

セスがいくつか入って来てる。ま、いつまでも悪ガキっぽい熱さを見せ続

けるわけにはいかないってことか。せめて銀メダルの直後くらい、かつて

のハイテンションの織田を見たかったけど、むしろ中井美穂の方がテン

ションが高く感じるほど。

    

ともかく、今回も長い間お疲れ様。また次回の世陸もよろしくってことで♪

ではまた。。☆

                                  

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.オォーッ、皇帝ベケレが10000mに続いて5000mも金☆ 最

    後のホームストレートでは、負けるのかと思ったほどの接戦だっ

    たけど、ゴールの20mくらい前では余裕があったね。ラスト1周

    が53秒! それでも、10000mと違ってみんな付いて行ってた

    のは、そこまでの展開が遅かったからか。あるいは、5000mだ

    とベケレのラストスパートってのは断トツでもないのかな。。

    

P.S.2 メダルって、丸じゃなくて反り気味の長方形なのか。世界陸上

      とW杯とで、メダルは共通なんだね。女子選手4人みんなで表

      彰されて、嬉しそうだった♪  

    

P.S.3 男子やり投げ・村上幸史、銅メダルおめでとう☆ これはまさ

      に歴史的快挙。。

|

« 世界陸上・男子マラソン&乗鞍前最後の荒川遠征 | トップページ | 疲労ピークラン&『ブザー・ビート』第7話 »

「ランニング」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界陸上・男子マラソン&乗鞍前最後の荒川遠征 | トップページ | 疲労ピークラン&『ブザー・ビート』第7話 »