« 女子マラソン・尾崎好美、銀メダルおめでとう☆ | トップページ | 乗鞍のレース直前、軽めに最終調整 »

疲労ピークラン&『ブザー・ビート』第7話

RUN 10km,52分25秒,心拍143

危ない、危ない。レース直前の大切な調整時期にサボっちゃう所だった。

いやぁ、色んな疲れがピークなんだよな。おまけに一昨日の夜は、今大

会初めて世界陸上をたっぷり見てしまった。ま、尾崎も村上もベケレも生

で見れたから、いいけどね♪

       

その銀メダルの尾崎が帰国会見で、なかなか力強いコメントを口にして

た。世界記録保持者・ラドクリフと闘いたいとか、五輪で金メダルを取りた

いとか、2時間20分切りたいとか。まあ、記者の誘導に乗る形だったのか

も知れないけど、以前からわりとハッキリ物を言うタイプだと思う。渋井み

たいなビッグマウス的タイプとも、またちょっと違うけどね。

         

で、尾崎の快走と岩水のボトル手渡しダッシュに刺激を受けて、私も今

夜は快走した・・・って話じゃないんだよな♪ この一ヶ月間、週末はたっ

ぷり自転車で負荷をかけてるから、火曜になっても太腿が復活してない

のだ。この状態で無理すると、超回復の妨げになるだけだから、積極的

休養みたいな形で軽く走るだけ。なるべく脚の裏側だけ使って、心拍も

上げないようにして。そもそも、明日もまた走るし、今週末にはいよいよ

レース遠征なのだ。

         

という訳で、秋の気配を感じる涼しさの中、適度に気持ちよく流した10

km走。トータルでは1km5分15秒ペース。距離もスピードもちょうどい

いんじゃないかな。それにしても、今夜はまったく冷房が必要ないくらい

の涼しさで、秋の虫の音が遠くから聞こえてくる。今年の夏も残り僅かだ。

しっかり調整して、レース&信州サイクリングで有終の美を飾るとしよう。

心拍は珍しくプラス10の大幅補正。ではまた。。☆彡

              

往路(1.15km)   6分59秒  平均心拍122 

 1周(1.1km)   6分14秒        134 

 2周          6分03秒        138 

 3周          6分01秒        137 

 4周          5分41秒        142 

 5周          5分27秒        151 

 6周          5分18秒        153 

 7周          5分09秒        158 

復路          5分36秒         154 

計 10km 52分25秒 心拍143(78%) 最大159(86%,周回最後)

                      

          ☆          ☆          ☆
    
     

さて、今回もまたオマケのように追加してしまう、『ブザービート』第7話へ

のコメント。この作業が「理性」的でないのかどうかはさておき、ドラマの主

は明らかに、理性と欲望の対立だった。それは、思考と感情と呼び変え

てもいいし、何なら理性と愛でもいい。全編がそうした対比(二項対立)の

変奏、あるいは、理性的でないものの勝利だったのだ。今回のオマケは

ちょっと長くて難しめの内容なので、悪しからずご了承を。ま、常連さんに

はお馴染みのテンメイ節でしょ♪

                                                                   

まずは、フィクション(=虚構)とかアイドル(=偶像)の世界に閉じ込めら

れてしまわないように、リアルな世界を視界に入れてみよう。一昨日の日

曜日は世界陸上の最終日。女子マラソン・日本代表の尾崎好美が素晴

らしい走りで銀メダルを獲得したのは記憶に新しい所だ。私はすぐ賞賛

記事を執筆。普段はスポーツ記事なんてスルーしがちなウチの読者でさ

え、結構読んでるようだから、やっぱりインパクトがあったんだろう。

                      

実際、TBSの放送3時間の平均視聴率は18.1%で、なかなかの健闘。

瞬間最高視聴率は27.9%まで到達(尾崎のゴールイン)。『ブザビ』7話

には『月バス』(=月刊バスケットボール)の表紙の話とか出て来たけど、

『月陸』(=月刊陸上競技)9月号の表紙はおそらく尾崎のゴールシーン

になるだろう。その脇に、やり投げ3位の村上幸史の写真が載るかも知

れない。男より女、銅より銀、やりよりマラソン。この扱いの差は、今の日

本では仕方ないことだ。

                

さて、ここで注目したいのは、尾崎の脚の長さでも、変わった形の銀メダ

ルでもなく、最後の給水だ。前の記事にも書いたけど、暑い夏のマラソン

終盤、息詰まる競り合いの中、尾崎は大切なオリジナルドリンクが入った

マイボトルを取り損ねてしまった。高速の全力走行の途中だから、ありが

ちなミスだけど、それを助けてくれる王子様の出現は極めて珍しい

                    

彼女がミスした直後、応援部隊として給水所に控えてた3000m障害の

代表・岩水嘉孝(よしたか)が猛ダッシュ。見事に追いついて、彼女にボト

ルを手渡したのだ。スポーツ報知の記事によると、「ありがとうって感じで

した」。岩水は男の代表だから、短めの距離なら尾崎より速いんだけど、

止まってる状態からボトル片手にダッシュして追いつくには、瞬時に全力

を出す必要がある。しかもスタッフや備品に行く手を阻まれた、文字通り

の「障害」レースだ。私はあのシーンに感動した☆ チーム愛かそれ以上

かはともかく、何と熱い愛なんだ。。♪

                       

で、何がブザビと関連あるかって? だから、理性と欲望、あるいは思考

と感情の対比ってこと。私はすぐ「感動」したけど、その後でちょっと「考え」

のだ。あれって、ルール上はどうなのか。陸上の大きな国際大会で、給

水所を過ぎた所でのボトル手渡しが許されるのかどうか。少なくとも、体育

会系の岩水がそこまで「考え」てダッシュしたとは思えない(失礼♪)。

                           

ルール違反の巨大なリスクを考えるなら、何もしない方が遥かに安全で賢

明だし、全く普通のことでもある。それでも彼は反射的に、尾崎に向かって

猛ダッシュした。思考や理性とは独立して何かに向かう、強くて根源的な

心的過程。これこそ、広い意味での欲望だ。文脈に応じて「意志」と呼ぼう

が「衝動」と呼ぼうが、大同小異にすぎない。

                                           

いまや、ドラマとの関連は明らかだろう。後で落ち込むほどセルフコント

ロールを失って、思わず直輝(山下智久)にキスしたり、感情的に平手打

ちしたりする莉子(北川景子)。憧れの大人の男・宇都宮(永井大)との2

回目のデートを無事終えた直後なのに、ダメ少年・秀治(溝端淳平)にい

きなり告白されてすぐ身を任せた自称「理性の塊」、麻衣(貫地谷しほり)。

あれはどこまで行っちゃったのかビミョーだね♪

            

あるいは、大先輩・宇都宮の交際相手と知りつつ麻衣に手を出してしまっ

た秀治。そして、バスケに集中すべき大切な時期、川崎コーチ(伊藤英明)

への気遣いもあるのに、前言撤回して莉子を抱き締め、月9の限界に迫

るディープ・キスまで披露した直輝。ドアは開いたままで、同居人や隣人

に見られる可能性も頭から消えちゃっている。

                                         

アパート(or マンション)の上までいきなりダッシュすれば、山Pの足の「ネ

ズミ」(関節内遊離体)はますます悪化するかも知れない。夜の集合住宅

のドアを外から力任せにドンドン叩く「ブザー代わりのビート」は近所迷惑

であって、飲み会の後で自転車を押して帰るほどマジメな直輝なら本来や

らないはずだ。

                                        

それでも、莉子の涙の言葉には勝てなかった。理性が欲望や感情に完

敗したのだ。上の女と、下の男。『ロミジュリ』(ロミオとジュリエット)とか、

亀梨和也&綾瀬はるか『たったひとつの恋』のオレンジのイガイガを彷

彿とさせる、恋愛モード一色のあの幻想的な会話シーン。

                          

    もう もう二度と キスしたりしない! 

    人差し指で触ったりもしない

    馴れ馴れしくもしない ほっぺも叩かない

    絶対に半径5m以内に近寄らないようにするから

    だから だから もう会わないなんて言わないで! 

    お願いだから・・・・・・

                

        ☆          ☆          ☆

そもそも理性とは、様々な対象を秩序だてる能力を一般的に指す言葉だ。

思考や言語が対象の場合には、論理的思考能力とか総合的判断力。欲

望や感情が対象の場合には、自制心=セルフコントロール能力。世界全

体の構成なら、神の思し召し。様々な別名や下位分類があるものの、古

代ギリシャからの思想の伝統を見るなら、理性は長い間、欲望や感情よ

りも上位のものとみなされて来た。

                                 

それがここ数百年で徐々に崩れ、20世紀には欲望を重視するフロイト派

精神分析が脚光を浴びることになる。あるいは哲学なら、山P=彰が野

ブタで口にしてたニーチェが、理性よりも欲望に光を当てた代表の一人

だ。「本人のやりたいようにさせてあげよう」という最近の教育方針も、極

めて20世紀的な考え方の一つで、歴史はかなり浅いのだ。

                                 

一方、マンガやドラマなど、歴史の新しいサブカルチャーの世界では、以

前から欲望や感情の方が高く扱われて来た。理性より欲望、思考より感

情、大人より子供。こういった選択は、もちろん女性ウケや子供ウケとも

深く関わってるだろうけど、私も含めて、社会人男性にもそれなりに支持

されるのかも知れない。理性的で思考能力の高い大人の男が評価される

実社会への反動という訳か。あるいはひょっとすると、より根源的な人間

的真実を指し示す傾向だろうか。

           

こうして見ると、B’zの主題歌『イチブトゼンブ』の歌詞も、まさにドラマ的、

あるいは庶民的なものだと言っていい。より穏やか言い方を敢えてするな

ら、ドラマにふさわしい内容。つまり、理性より欲望、思考より感情なのだ。

と言うのも、物事を「イチブ」(=一部)だけから考えると、「ゼンブ」(=全

部)をまとめた理性的認識は誤る可能性が高いのだから。にも関わらず

イチブを選びとるのは、またそれを高らかに歌い上げるのは、欲望とか

感情の動きなのだから。

                                             

理数系の研究は、一部が間違ってるだけで、全部がひっくり返ってしまう。

計算の途中で数字を一つ書き間違えれば、答えは違って来る。だからこ

そ、理数系の議論には細心の注意が払われることになる。あるいは、人

間を顔とか外見だけで判断すると間違いに陥りがちなのは日常茶飯事だ

し、優しさだけ、お金だけ、地位だけでも危ういだろう。もちろん、チアリー

ダーをコスチュームだけで判断するのもおバカな話にすぎない♪

                   

仮に「すべて知るのは到底無理」としても、一部を知るだけで満足すべき

だということにはならない。他の一部、究極的には全部に向かう視線があっ

てこそ、「圧倒的なてざわり」を感じられる。圧倒という言葉を辞書で引い

てみれば分かるように、これは他のものと比べて初めて可能な形容なの

だ。たとえ「愛しぬけるポイント」を見つけた気がしても、後で愛が吹っ飛

ぶような別のポイントが見つかる恐れも十分ある。

           

にも関わらず、サブカルチャーは今日もまた、同じパターンを踏襲する。

全体より部分、冷静さより熱さ、理屈より愛、理性より欲望、思考より感

情、大人より子供、カンペキ(完璧)よりアラケズリ(荒削り)。常に後者に

光を当て続け、受け手の一般市民はそれを心情的に支持する。ドラマの

キャッチコピーは、「恋は人を強くする」であって、「学問は人を高める」と

か「節制は人を清める」には決してならないのだ。

                                

それは一見、人間社会の越え難い限界にも見えてしまう。ただ、ひょっと

すると逆に、人間社会が柔らかい形で示す深遠な真実なのかも知れない。

たとえ、その可能性は「ほんのイチブだとしても」。ちなみに私自身は、去

年の織田裕二『太陽と海の教室』第8話レビューで、「部分肯定」という概

念を前面に出しておいた。。

                          

           ☆          ☆          ☆

さて、読者が半減した所で、ここからはコネタとかフツーの話にも触れとこ

う♪ 相変わらず、山Pはオシャレだね☆ いきなりパステルイエローのバッ

シュ(バスケットシューズ)と腕時計か。バッシュは後でもまた別の白っぽい

物に履き替えてたし、ナイキには絶好の宣伝だろう。ちょっと夏モードで浅

黒くなった美少年(or 美青年)に、女性的な明るい色の小物が一段と映え

てる。あれって、広告費用はどうなってるのか、気になる所だ。もしタダなら、

真面目に高い広告料払ってるスポンサーが気の毒かも。

       

今回笑えたポイントは、直輝だと自転車を押す姿とか、秀治&優里(大政

絢)の合コンひそひそ話をしっかり聞いてた箇所。あと、莉子を追いかけ

ながら果物(?)を一個落として拾う所とか、莉子に平手打ちされた後、ボ

ヤキながらガンガンビートで叩きつけた包丁さばき♪ 

                           

他には毎度お馴染み、宇都宮のBL(=ボーイズラブ)ネタも笑える。男

(=川崎)がいなくなった途端に女(=麻衣)に積極的になってるようじゃ、

周囲にからかわれるし、秀治にも負けちゃうわな。ま、彼には本命、「I'll

be back!」のアグレッシブ・川崎が「帰って来る」から問題ないけどね♪

                     

今後の展開としては、やっぱり莉子のヴァイオリンの活躍が絶対に必要

となる。ロミジュリ・シーンの直前、携帯からだけじゃなく、窓の外からバス

ケの音=ビートがタン・タンと聞こえるのに気付いた莉子は、クラシック音

楽を止めて窓に向かい、涙の絶叫となった。つまり「男のビート」が「女の

メロディー」より上の位置づけになってたのだ。

                      

取ってつけたような客の暴言までわざわざ入れたことだし、莉子のバイオ

リンが復活して、女のメロディーが脚光を浴びないことには、全部のバラ

ンスが取れない。まさかメロディーは今夜の放送終了後、部屋で官能的

に流れたって話でもないはずだし、以前の携帯を通じた演奏で終わりとも

思えない。一部だけ、男の山Pだけ活躍したんじゃ、一部のブロガーが厳

しく追及することになるだろう♪

                                                      

たとえば、「ネズミ」の手術後にモヤモヤと落ち込んだ状態で、直輝がボー

ルでトントンと弱々しいビートを刻む。そこに莉子のメロディーが聴こえて

来て、ビートを中断した直輝がメロディーに聞き入ってパワーを取り戻す

とか。あの暴言男は、実は善玉の音楽プロデューサーで、莉子をバック

アップするって流れにするつもりなのかね。わざわざ先週も映してたこと

だし、これで終わりだとアレッて感じでしょ。

                     

あと、代々木(金子ノブアキ)はもう、ヒネくれてるけど実力のあるチーム

メート&ライバルとして心配ないけど、菜月(相武紗季)は依然として不安

定な描き方のまま。スタッフも理性的なコントロールが不能になってるん

じゃないか、心配になってくる。しおん(小松彩夏)と代々木が浮気する中、

莉子に奇妙な「友達」関係を持ちかけたりして、一体どこに落とし所を見

つけるつもりなのか。代々木まで奪われて落ち込んだ菜月を、直輝と莉

子が優しく支えて、最後はイイ子になるって流れだろうか。。

                    

         ☆          ☆          ☆

ともかく、今週も懐かしさ一杯、昔の月9的なラブストーリーで、個人的に

十分楽しめた♪ チアリーダーが全く出なかったのは大減点だけど、

大森美香の脚本のテクニックはよく分かるし、西浦正記の演出も彼として

は上出来だろう。永山演出と違って情感的な強調やメリハリが少ない分、

泣けないけど、既に心の備えがあるからOKだった。

                        

その一方、第7話視聴率もほぼ変わらず、13.5%だという現実は、しっ

かり理性的にとらえておこう。私は初回、ウチも含めてネット上に賛辞がズ

ラッと並んだ時から、客観的な立場であちらこちらに留保を示しておいた

し、その後も慎重な見方を崩してない。それが当たった形になってるのだ。

                   

一部のファンと全部の視聴者は違う。ネットと全国も異なる。もちろん、

分を含む一部こそが最重要だろう。他の人のことなんて関係ない、と言い

たくなる感情も、分からなくはない。けれども、全体の傾向がドラマやテレ

ビを変化させ、それが自分たち一部の人間に間接的に影響する。つまり、

今後の月9その他のドラマ作りに反映されて来るだろう。

        

これこそ一部と全部に関する冷静な理性的認識であり、一般ウケしそうに

ないそうした内容まで全部丹念に描き続けるサイトも、一部にしぶとく存在

してるという事だ♪ やはり、一部にはそれなりの価値があるんだろう。た

だし、全部を否定する意味ではなく、あくまで部分肯定の対象として。               

それでは。。☆彡

       

      

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.莉子が飲んでたカロリー・シュガーゼロの炭酸飲料が、「Pearl

    CIDER」(パールサイダー)。莉子が手に入れたカップのロゴは

    「Pearl Moment」(真珠の瞬間)。ってことは、最終回で直輝が

    渡す指輪が Pearl なのか。あるいは他のモノが Pearl なのか♪

    (コラコラ!)

    ちなみに、『プロポーズ大作戦』第7話に登場したのは「Fresh

    サイダー」。思い出すだけで笑える、凄いネーミングだ。

                 

P.S.2 直輝が菜月と別れる時、かなり未練たっぷりだったね。「友達

      とは一生思わないと思う」とか、淋しいねと言われてうなずく姿

      とか。たまたま今日コンビニでチラッと見たのは、『月刊テレビ

      ナビ』だったかな。表紙は山P。巻頭にも山Pのインタビューが

      載ってて、自分だったら離れてしまった女はもう仕方ないと思う

      けど、直輝なら許すんだろう・・・って感じのことを語ってた。

       

      菜月と直輝がもう一度絡むのはまず間違いないけど、物語を

      どう組み立てるのか。スタッフの力を見せて頂こう☆彡

            

cf.男のビート、女のメロディー~『ブザー・ビート』第1話

  『ブザー・ビート』第1話、山P=山下智久の自転車の車種

  『ブザー・ビート』の相武紗季(菜月)は肉食女子なのか♪

  自転車疲れジョグ&『ブザー・ビート』第3話

  太腿疲れジョグ&『ブザー・ビート』第4話

  自転車疲れジョグ&『ブザー・ビート』第5話

  疲労満腹ラン&『ブザー・ビート』第6話

  レース疲れ小雨ジョグ&『ブザー・ビート』第8話

  居眠りランちょっとだけ&『ブザー・ビート』第9話

  ブログ疲れ短距離ラン&『ブザー・ビート』第10話

  胃もたれラン&『ブザー・ビート』最終回&『おくりびと』

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  週刊新潮のジャニーズ・ドラマ批判について

|

« 女子マラソン・尾崎好美、銀メダルおめでとう☆ | トップページ | 乗鞍のレース直前、軽めに最終調整 »

「ランニング」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

テンメイさん こんばんは
もう すぐ お帰りかしらね
信州の秋風と
自転車が起こす風が 混じり合う
爽やかな風を満喫されたでしょうね

さて
ブザービート
直輝が 真の姿を現し始めた
きっと あんなことをした自分に対して
一番驚いているのは 直輝でしょうね

理性と欲望

普段は理性的過ぎる人が 欲望に溺れる瞬間が好き(笑)

肉食だと気付いていなかったチーターが
初めて捕らえたいと切望する獲物を見つけた
莉子の素直さ まっすぐさが
直輝を動かしたのね
やっぱり 素直な女の子は 可愛いし
結局 勝利を勝ち取ります

全部を知りたいと思うのが理性なら
一部を全部と信じられるその一筋さが 
恋に溺れるっていうことなのかしら?
自分の欲望だけを信じて動けるって
凄いパワーね


さすがの敏捷性を見せてくれた直輝も素敵だったけど
やっぱり 年下の男の子の健気さが 大好物な私(笑)
秀治の可愛いさも捨てがたい

「いい男になるから・・・」
自分のために 頑張ろうとする男の子なんて
可愛い過ぎる

今回は HDDから消去するのは一時ストップ
リピートを楽しみたいです(笑)

投稿: 彩花 | 2009年8月30日 (日) 22時48分

> 彩花さん
     
こんにちは。毎度どうも note
信州への遠征を無事終えて、ホッとしてる所です。
    
秋風ね。僕のイメージでは夏なんだけど、
確かに8月末の信州の高原は、もう秋かも。
天気が悪くて、風は寒く感じるほどでしたが、
観光客や地元の方々の拍手は温かかったですよ clover

         
さて、ブザビ。お気に入りですね☆
真の姿か、かりそめの姿かは微妙な所ですが、
これまでと別の姿ではありますね。
少しずつ「ゼンブ」が見えて来たと言ってもいい。
視聴者は驚かないし、莉子もシメシメって感じ
だろうから、一番驚いたのは直輝自身でしょう♪
    
普段は理性的過ぎる人が、欲望に溺れる瞬間。。
挑発的ですネ。だから旅先で求愛されるのか (^^)
   
莉子のまっすぐさが動かしたっていうのはいいけど、
素直なだけじゃ、勝利は勝ち取れませんよ。
やっぱり、魅力的じゃなきゃ♪
たとえば、華やかな容姿でバイオリン弾けるとかね。
その辺りが、月9的ファンタジーなわけです。
      
一部を全部と信じられるのは、フツーの恋でしょう。
それに加えて、妙な一部を見ないようにするのが、
恋に「溺れる」ってことじゃないかな。
見なくても、それは実在するんだから、やがては
溺れて沈むことにもつながるわけです。
それはそれで、まさにドラマチックな人生ですが、
理性はあらかじめ避けようとするでしょう。
                   
年下の男の子が大好物って言っても、
秀治は麻衣より2歳年下なだけですよ♪
ま、可愛いのは可愛いけど、ああゆう男って
実際に見たことは一度もないなぁ。
古典的なドラマ・マンガ専用キャラって感じ。
むしろ直輝の方が、まだ現実味がある。
    
好きな女のために自分を高めようとするって
いうのは、男の哀しい性(さが)でね。
僕もその本能から逃れられない一人です (^^ゞ
実際には、自分を高めるよりも、相手を愛する
努力の方がウケがいいんだけど。
    
オッと! 遂に山Pまで録画リピートですか。
彩花さんの一筋だった欲望も、遂に多方面へと
増殖し始めたようですね。
野ブタのために必死だった彰なんてのも、
見直してみると可愛過ぎるかも・・♪ shine

投稿: テンメイ | 2009年9月 1日 (火) 12時34分

ブザービートに今頃録画でハマってるんですが、かっこいい山ピーが使ってる包丁までかっこ良く思えてしまい、料理をしている姿が映るたびに気になってしょうがありません。
どこの包丁か、ご存じないでしょうか?

投稿: えみ | 2009年10月14日 (水) 15時00分

> えみさん
   
はじめまして。これはコメントじゃなくて質問ですね。
山Pの包丁ですか? まったく分かりません。
Yahoo!の知恵袋で質問なさってるようなので、
そちらにお任せしましょう。。☆彡

投稿: テンメイ | 2009年10月14日 (水) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/46030142

この記事へのトラックバック一覧です: 疲労ピークラン&『ブザー・ビート』第7話:

» 二人はあんなに一緒だったのに(北川景子)あなたは私に似ている(相武紗季)真夜中のブザー・ビート(山下智久) [キッドのブログinココログ]
恋愛は人生の重要な要素である。職業もまた人生の重要な要素である。仕事と恋愛の両立 [続きを読む]

受信: 2009年8月26日 (水) 00時26分

» 「ブザー・ビート」7 ☆☆☆☆ [ドラマでポン!]
そうきたかー!な、15分拡大版。直輝と莉子が、貫地谷と溝端がついにカップルに。代々木は浮気。期待していたことは全部起こってしまって、ある意味もう満足しちゃったわー。それともこのバランスが、また崩れていく……の??「私たちお友達になれない?」仰天の菜月か...... [続きを読む]

受信: 2009年8月26日 (水) 15時34分

» 華麗なるスパイ&ブザービート&BLEACH [別館ヒガシ日記]
華麗なるスパイは二重スパイで京介が騙される展開も 今回は京介がで再会&三九が 聞いたが 二重スパイで京介の母で悪くないが引き延ばし間あり 次から第2章スタートだが来週は24時間テレビで休みだし ブザービートは直輝と莉子が別離も再びの展開だが 今回は途中で15分... [続きを読む]

受信: 2009年8月26日 (水) 19時56分

« 女子マラソン・尾崎好美、銀メダルおめでとう☆ | トップページ | 乗鞍のレース直前、軽めに最終調整 »