« 睡眠中に脳は「復習」する~朝日新聞&『現代生物学』 | トップページ | フジの看板ドラマ「月9」、過去10年の視聴率のグラフ »

第3回全国学力調査~結果と分析について

第3回全国学力調査については4月に記事を書いたが、昨日からまたポ

ツリポツリと検索が入って来てるから、不思議に思ってた。今日(2009

年8月28日)の朝日新聞・朝刊を見て納得。昨日27日に、文部科学省か

ら結果が発表されたようだ。

      

朝日は、1面の小さな囲み記事と、社会面の橋下府知事の反応記事以外

に、中央で見開き2ページ全体を使って詳しく報道している。まあ、本当の

狙いは、下側に掲載する教育関連広告なのかも知れないけど、話題の大

規模調査を詳しく報道する姿勢はいいと思う。問題はその中身だ。「相変

わらず、基礎的知識の問題には答えられるけど、応用問題には弱い」な

どという平凡な全体的分析ではなく、もう少し突っ込んだ話を考えてみたい。

        

          ☆          ☆          ☆

まずは、具体的な問題を1つ見てみよう。府川源一郎(横浜国立大学)

批判的コメントを書いた、小学校の国語Aの問題。国立教育政策研究所

のHPに掲載されてはいるものの、転載禁止と強く主張してるので、非常

に似た別の問題へと私が作り変えて掲載しよう。そのまま転載しても全

く問題ないと思うが、私は基本的に法を守ると普段から明言してるし、原

文にこだわるほどの話でもない。

                                       

今年(第3回)の、一つの文を二つの文に分ける問題の正答率は15.0

%で、07年の類似問題の57.9%と比べて不自然に違いすぎる」と府

川は書いている。これに対して私の立場は、やや異なるものだ。確かに

違いの大きさは問題だけど、さほど不自然ではない

          

今年の問題文(のアレンジ)は、「新しく代表に選ばれた6年生は、どうす

べきか分からなくて不安そうにしてたので、僕が色々教えてあげたいと

思った」。この一文を、「だから」を使って二つに分けるのだ。理由を表す

「・・・ので、・・・」を、「・・・。だから・・・」と変えるだけだが、ほとんどの小

学生は出来なかった。   

                             

そこには2つの事情がある。まず、実は問題の一文の「前」に、さらに二

つの文が書かれてるのだ。これに惑わされた生徒がかなりいたと思わ

れる。07年の問題には、そんな文は「前」には付いてなくて、「後ろ」に

ついてるだけ。しかも、読み飛ばしてもいいような内容だ。この点につい

ては確かに、07年と09年の間で統一性が不足してるだろう。

                    

ただ、もっと本質的なのは、二分割の内容の違いだ。07年の問題文(の

アレンジ)は、「ポチはひとりぼっちの犬で、橋の下に住んでいました」。こ

れを、ポチを主語にして二つに分けるだけなのだ。もちろん、「ポチは・・・

犬でした」と、「ポチは・・・住んでいました」とに分ければいい。つまり、

味的に「そして(AND)」でつながれた2つの情報を単に切り離すだけで、

一番簡単な分割だ。

                                             

それに対して09年は、「だから」で分けるのだから、2つに分けるだけ

ではなく、一方が他方の理由になっていることを理解する必要がある。

この非対称的(=一方向的)な関係の理解は、単なる切り離しよりワン

ランク上のものだ。

              

論理学で言うと、「そして」(=連言)の理解よりも、「ならば」(=条件 or

含意)の理解の方が遥かにつまずきやすいという事実と似た話だろう。

したがって、正答率が大幅に下がるのはさほど不自然でもないのだ。

                             

           ☆          ☆          ☆

続いて、全国学力調査に対する朝日の新聞社としての姿勢を見てみよう。

これはかなり批判的で、以前から一貫してるような気がする。特集記事の

「解説」のポイントを引用してみよう。

            

   「3回目を迎えても、経年で科学的に比べることができず、制

    度的な欠点を文部科学省が認める事態となった・・・。

    毎回、問題を理論的に一定の水準や難易度に設定できな

    ければ、学力がどう変わったのか比較できない。

    ・・・経年変化を分析する基本設計がないのに、毎年、しかも

    悉皆(しっかい=全員対象)調査する意味は何か。あえて探

    すなら、その年の全学校と子どもの平均を出し、相対的な位

    置を知ることしか浮かばない」。

                           

解説担当者は編集委員の山上浩二郎だが、最初から最後まですべて

ガティヴな文章になっており、逆に説得力を失っている。学力の経年変

化を科学的・統計的に調査することなど非常に困難なのは当然だし、そ

れでもその調査を要求するのなら、専門家を入れるようポジティヴに主

張すればいいはずだ。ところが議論の流れは、専門家が入ってないか

らダメ、というネガティヴな結論に向かうことになる。

                             

一方、「相対的な位置を知ること」という調査の意味が、どうして「・・・しか

浮かばない」という否定的扱いだけを受けるのか。十分な価値を見てとる

人も少なくないはずで、今まで普通に行われて来た学校内の実力テスト

を、全国規模にしたと考えればいい。

               

コストパフォーマンス=費用対効果の問題(3年間で200億円)なら、より

安上がりで意義深い別の調査を対案として出すべきだろう。その努力を

する時はじめて、代わりの調査を作ることの大変さが分かるし、自らの一

面的な批判の偏りにも気付くはずだ。

             

私なら例えば、3年に1度の実施を考慮してみるだろうけど、これでは今

の時代の変化に付いて行けない恐れは一応ある。都道府県ごとに、一部

の学校だけをランダム(無作為)に抽出したサンプリング調査というのも

当然考えられるけど、誰でもすぐ思いつく話にすぎないから、これにはこ

れで、現場の反対とか色々と問題があるはずだ。

       

結局は、手さぐりで試行錯誤しながら妥協点を探るしかないわけで、その

意味ではこの3年間の実験は決して無駄ではないし、単なる失敗でもない

はずだ。子供たちの意見国際的動向も踏まえて、少しずつ改善していく

ほかないだろう。。

                  

          ☆          ☆          ☆

いずれにせよ、この話題に限らず、常に導かれるべき結論が2つある。

まず、現状の様々な課題を認識して克服していこう、ということ。続いて、

マスメディアや専門家の言葉を鵜呑みにせず、自分で見たり考えたりす

る力、あるいは話したり書いたりするを磨いていく必要があるというこ

とだ。真実はしばしば、平凡なものに過ぎない。

                                

今日の所は、これで終わりとしよう。ではまた。。☆彡

           

        

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.もう一人のコメンテーター、澤田利夫(東京理科大教授)は、基礎

    的な計算問題みたいに正答率が高いことが分かってるものは出

    題から外しても良いのではないか、と語っている。

        

    気持ちは分からなくもないけど、むしろ三重の意味で、逆だろう。

    計算問題は、同レベルのものを簡単に作れるから、経年変化を調

    べやすい。また、小中学校の簡単な計算さえできない大学生が増

    えてるという現実もある。さらに、基礎的な計算力は非常に重要

    学力だ。したがって、計算問題は残すべきなのだ。

                             

P.S.2 朝日が転載している小6国語Bの問題(一部を省略)は、デー

      タから「自分の意図する」結論を導く問題で、ある意味斬新なも

      のではあるけれど、小学生の全国調査にはふさわしくないだろ

      う。もう少し結論が明白な問題にしないと、これではディベート

      の技術とか、古代ギリシャの弁論術に近いものにも感じられる。

                

      小6国語のB問題では他にも、五十メートル走のタイムの分析

      がやや複雑過ぎる。昭和62年と平成19年の比較ではなく、平

      成10年と20年の比較にするだけでも、普通の小学生にとって

      は遥かに考えやすかっただろう。

                    

      こうした点においては、「問題設定に原因があった」、「児童の

      現実生活に即しているとは思えず、設問も形式的な解答を求め

      ている」などとする府川の指摘は、もっともなものだった。

     

P.S.3. 4月の記事、全国学力調査、伝説の確率の問題が登場♪

       で扱った問題は、予想以上に正答率が高かった。適切な誘

       導がついてたおかげだろうか。

|

« 睡眠中に脳は「復習」する~朝日新聞&『現代生物学』 | トップページ | フジの看板ドラマ「月9」、過去10年の視聴率のグラフ »

教育」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

全国学力調査(中3)、私も受けましたよ~。
さすがに、難しくはありませんでしたが・・・

受験者としましては
もし出来るなら、全国での順位が分かると嬉しいな
と思いました。


ここまで大規模の統一テストって、そうそうある機会じゃありませんしね。

投稿: ゆず | 2009年8月30日 (日) 13時35分

> ゆずさん
    
こんばんは
当事者直々のコメント、どうもです ^^
   
中3なんだ! 確認できてる範囲だと、
ウチで2番目か3番目に若い読者かな。
正直、かなり羨ましいなぁ☆
ま、当時は大人が羨ましかったりもしたけど ♪
   
難しくなかったってことは、優秀なのかもね☆
全国の順位かぁ。民間の模試なら普通に出るけど、
国の全員参加試験だとまず無理だろうな。
民間の偏差値でさえ、かなりモメて来たんだから。
    
国民の序列化は社会的にも個人的にも
影響が大き過ぎるでしょ。
日本中の中3の中で一番下あたりとか出ちゃうと、
キツイもんね。傷つきやすい年頃だし。
    
ま、民間の模試や校内実力テストでガマンしよう ♪
明日からの2学期も頑張って!

投稿: テンメイ | 2009年8月31日 (月) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 睡眠中に脳は「復習」する~朝日新聞&『現代生物学』 | トップページ | フジの看板ドラマ「月9」、過去10年の視聴率のグラフ »