« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

お口の恋人LOTTEのミントガムACUO、ONLY1の広告戦略

さて、いよいよ明日、10月1日の12時には、お口の恋人・LOTTEのブ

ログ力コンテストも終了となる。ミントガム・ACUOのキャンペーンの一つ

として企画された、このユニークな競争に参加してまだ3週間だけど、も

疲れ切った感じだ (^^ゞ

             

結果的にこれが全部タダ働きになるとすると、私の労働力は一体どこに

行ってしまうのか。それは、勝者のブログだけではなく、関係企業のもと

へも行く計算になるだろう。そこで最後に、ロッテ・アクオの広告戦略の

経済的考察を行ってみよう。

        

         ☆           ☆          ☆

コンテストの参加者は、ブログパーツを貼る必要がある。これがいくらの

広告料に値するかは計算しにくいし、おそらくかなり安いから、ここでは

報酬無しとしておく(パーツのクリック数も期待できないので)。

                     

すると、問題は記事の価値になる。現在の参加ブログ数は500を超え

てるけど、期間中の平均を考えて仮に300としとこう。そして、それぞれ

のブログが平均して10本の記事を書き、字数は600字とする。ちなみ

にウチはまだ6本目だけど、字数は遥かに長いからほぼ想定通りだ。

             

さて、総数3000本×600字の記事の価値をどう計算するか。ネットで

調べると、広告用ブログ記事の報酬というものが出てくる。ほぼ指示通り

の文章100字で200円くらいとか書いてあるから、今回はオリジナル記

1本で800円としてみよう。すると、3000本で240万円となる。

                   

最後に、ブログ記事以外でもこのACUOキャンペーンは話題になってる

ので、その広告価値を60万円と計算してみる。すると240+60で、

額300万円の広告料をLOTTEは節約できたことになる。もちろん、代

理店や村野武範氏らに払う費用はかかるものの、それは普通の広告

だと何倍も必要だろうから、考えないことにしよう。

             

以上、広告戦略として見た時、お口の恋人・LOTTEのACUOキャンペー

ンのプラスは300万円だ。一方、賞金総額は148万円で、副賞のガム

500コを原価2万円とすると、賞金・商品の合計は150万円。プラスが

300、マイナスが150で、差し引き150万円のプラスとなる。

        

        ☆          ☆          ☆         

したがって、このOnly1(オンリーワン)のユニークなキャンペーンは、大

企業ロッテの側から見ても経済的に有効なのだ。とはいえ、一番得をす

るのはやはり、No.1(ナンバーワン)を獲得したブロガーだ。正直、今

現在の状況を見ると、宝くじみたいに幸運を期待するしかないしかない

けど、どんでん返しの仕掛けもあるから、まだどうなるか分からない。

             

せめて10位以内に入って、爽やかなMINTガム・ACUO20個は頂きた

いもんだ。その20個が、グリーンミントかクリアブルーミントか、あるい

はACUO POWDER・スパーキングミントなのかは知らない。いずれに

せよ、息をデザインするガムなんだから、いい息が長持ちするだろう。。

                      

と言う訳で、また最後は強引に色んな言葉を詰め込んでおいた♪ ただ

し、あくまで一定の言葉は避け続けてるのだ。一発アウトになる単語は、

ウチの記事には全く入ってないことを祈りたい。

それでは、自らの幸運を祈りつつ。。☆彡

     

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.いつの間にかロッテのHPの「採用情報」に、ACUOの販売戦略

    などを詳しくまとめた「ACUOプロジェクトストーリー NO.1&

    ONLY1のミントガムができるまで」という特集が出来てた☆

    昨日(9月30日)の更新かな。気付かなかった。。

| | コメント (0)

足腰に変な痛み、心には強いストレス・・

RUN 12.2km,1時間01分50秒,心拍149

花王エコナへの注目、恐るべし。。アスリート御用達の脂肪がつかない

クッキングオイルについて、一昨日の夜遅くアップした記事に、昨日から

大量の検索アクセスが続いてる。流石に一段落して来たけど、ココログ

の社会カテゴリー・デイリーランキングで1位を獲得した。社会の1位は

初めてかも。いや、別に賞金も賞品も無ければ、注目も浴びないけどさ♪

                    

これは『週刊現代』の記事の影響なのか、あるは福島瑞穂の早期対策宣

の影響なのか。確かに、真面目に長期の調査が終わるのを待ってた

んじゃ、対策が後手に回るよな。転ばぬ先の杖って感じで、先手を打たな

いと。いずれにせよ、私にとっては先週終わった事って感じで、古い話題

なんけどね♪ ひょっとして、奥様方向けのワイドショーで騒がれたりした

のかな。発がん性とか、返品方法とか。私は自分で連絡取って返品して、

既に商品券を受け取ってるから、もう終了だ。ただし、身体に影響が無い

として。。

                                    

        ☆          ☆          ☆

さて、昨日はまた、LOTTEのブログ力コンテスト用の記事を書くのに手

間取って、走る時間が無くなったんだけど、足腰が痛くて走る気がしな

って部分もかなりある。1週間ほど前からボヤいてるように、珍しく腰

が神経痛みたいにしびれてるのに加えて、左脚ふくらはぎに奇妙な鋭い

があるのだ。疲れじゃなく、日常生活の中でちょっと変な力が加わっ

て、内側の一部が断裂してる感じ。違和感というより、時々激痛が走っ

て動けなくなるほどで、腰痛ともつながってる気がする。腰は低気圧の

影響もありそうだ。

                     

とにかく、全く想定外の珍しい痛みが二重に襲って来たから、走る時も

細心の注意が必要。昨夜は小雨で傘ランだったせいもあって、アップ

はかなりゆっくりだし、身体が温まってからも左脚のキックはほとんど使

えない。右脚だけキックするアンバランスな走りで、人気のない雨の公

園をトボトボ走ることになった。

      

トータルでは1km5分04秒ペース。ま、この状態だとこんなもんでしょ。

走っただけでもエライ・・・って言うか、エラくないかも知れないな。ホントは

気を持って休んだ方がいい気もするね。あるいはウォーキングに変え

るとか。月末だからもうちょっと距離を稼いどきたくて、つい無理をしてし

まうハメになる。トップアスリートなら、トレーナーが止める所だろうけど、

三流市民アスリートは自分しかいないから、なかなか難しいのだ。

      

心拍はプラス7の補正。あぁ、また今夜もロッテ用の記事を書かなきゃな

んないのか。これで何も貰えなかったら悲惨だな。。って言うか、ここ一

週間ほど超不愉快な事が連発してて、メンタルがかなり落ち込んでる

人にも言えずブログにも書けないから、溜まってしまうわけ。ハァ~~、

何かいい事ないかな。。ではまた。。☆彡

                  

 往路(1.15km)    6分59秒   心拍123     

  1周(1.1km)     6分00秒      137             

  2周            5分47秒      143                

  3周            5分48秒       145        

  4周            5分39秒      149              

  5周            5分38秒      149              

  6周            5分26秒      153              

  7周            5分23秒      156             

  8周           5分10秒      160 

  9周           5分00秒      164 

  復路            5分09秒      164  

計 12.2km 1時間01分50秒 平均心拍149 最大175(ゴール時)

| | コメント (2)

ミントガムACUOでお馴染み、お口の恋人LOTTE、社名の意味

最終判定まであと1日ちょっとか。う~ん、もう一頑張り。。昨日は遂に、

お口の恋人・LOTTEの社名の由来となった、永遠の恋人・シャルロッテ・

Sへの恋の物語を手に入れた。ゲーテ『若きウェルテルの悩み』(岩波書

店,竹山道雄訳)。原書(1774)は、『DIE LEIDEN DES JUNGEN 

WERTHERS』で、ドイツ語の「Leiden」とは、単語的にも作品内容的に

も、悩みというより苦しみ、あるいは苦悩だろう。つまり、辛いのだ。ただ

それを「悩み」と訳したのは上手いと思う。

                                   

完全にブログ力コンテスト用の記事のために買ったんだけど、結果的に

これは良かったと思う。やっぱり、ネットの断片的情報から受ける印象と

は大違いの古典的名作で、個人的にもかつての思い出が蘇る読書体験

となった。そう言えば、私にも毎日ずっと好きな女の子のことだけを考え

てた時期があったんだった。甘く切ない青春の季節。。♪

      

小説の全体は、末尾の注を別として、実質的に三部構成になっている。

第一部(p.9~83; シャルロッテとの出会いと別れに関するウェルテル

の手紙)、第二部(p.85~132; 再会に関する手紙)、編者より読者

(p.133~180; 永遠の別れに関する編者の説明)。編者といって

も形式的なもので、本当はすべて文豪ゲーテによる記述だ。基本的に

は、ウェルテルが一人称で語る私小説だけど、最後は彼が永遠の別れ

を告げてしまうから、その後を編者が補う形で書かれている。

                          

自称マニアック・ブロガーとしては、ここから本格的な文学記事の執筆

に向かいたい所だけど、この記事はお菓子会社・LOTTEの要請に応

じて書いてるもの。そこで、普通の考えると悲劇のヒロインに見えてしま

うシャルロッテ(愛称ロッテ)が、どうしてお口の恋人・LOTTEという大

企業の社名につながったのかを考えてみる。

       

         ☆          ☆          ☆

読み始めてまずオヤッと思ったのは、ロッテと出会う少し前に、かつて死

別した女性への思いが書かれてること。「お前はもはやこの地上で求め

てかなわぬものを求めている」(p.15)。これは非常に暗示的な一文だ

ろう。実際、この直後に出会うロッテも、結局は求めてかなわぬものとなっ

たんだから。さらには、ロッテの魅力が、この世のものとは思えぬほどの

レベルにまで到達してたと読み込むことも可能だろう。

                                   

その少し後、舞踏会に向かう途中で、ロッテと出会うんだけど(p.28)、

この出会いも意外だった。最初は容姿の美しさをひたすら称賛する一目

惚れなのかと思ったら、子供たちにパンを切って配る立ち振る舞い(挙

止)に見とれてるのだ。彼女から受け取ったパンじゃないと子供が満足し

ないとのこと。つまり、ロッテとは最初から食べ物を恵んでくれる女神。もっ

と言うなら、子供たちの「お口の恋人」だったのだ。ちなみに企業のロッ

テにも、「パンdeガーナ」という一種のパン(チョコレート・ラスク)がある。

          

続いて、言葉を発する部分としての「お口」に注目してみよう。ロッテが

パンを配ってる姿を見た時、ウェルテルはすぐ、その「声音」に心を奪

われている。その後、一緒に馬車に乗った際、ロッテは小説について

の自分の考えをハッキリ語り、芸術家ウェルテルを感心させる。物静

かな大人しいお嬢さんではなく、自己主張する聡明な女性なのだ。

              

さらに舞踏会では、2人はそれぞれ別の相手と踊ってたのに、ロッテが仕

切る形で上手く話をつけて、2人仲良く踊ることになる。つまり彼女は、い

い意味で口が達者、雄弁なのだ。この特徴もまた、ヒネった形で「お口の

恋人」という呼び名につながるものだろう。

                         

そして最後。ロッテには最初から婚約者アルベルトがいたから、ウェル

ルに許されたのは儀礼的な口づけのみだった。第二部には、結婚後の

ロッテの手に接吻した後、間に小鳥(カナリア)のくちばしを挟んで間接

キスする微笑ましい様子が描写されている(p.148)。

            

一方、作者ゲーテが小説のモデルとした実在の女性・ロッテ・ブフにも婚

約者がいたから、ゲーテが行った愛の行為も口づけまでだったようだ。

つまり、小説の主人公ウェルテルにとっても、作者ゲーテにとっても、「ロッ

テ」という名の女性そが「お口の恋人」だったことになるのだ。そう言え

ば、ロッテへの口づけは、子供たちも喜んで行ってたことだった。。

                         

        ☆          ☆          ☆

子供たちのお口を満たす優しい女性として、また雄弁なお口を持つ聡

明な令嬢として、さらには、ウェルテル・ゲーテ・子供たちにとっての口

づけの相手として、ロッテはこの世のものとは思えぬほどの輝きを放

ち続けていた。

            

いまや、ミントガムを中心に成長してきたお菓子会社が「お口の恋人・

LOTTE」を名乗るのは、少しも不思議ではないだろう。そもそも、『若き

ウェルテルの悩み』という小説は、悲しい不幸や苦しみを描くものと言う

よりも、一気に激しく燃え上がった恋愛という、至上の幸福を描くものな

のだ。現在、LOTTEの主力商品のMINTガム・ACUOにも、日本中の

人々に至上の幸福、最高の爽やかさのいい息をもたらすものとして、ロ

ングセラー(=長持ちする商品)になって欲しいと思う。

            

と言う訳で、最後は無理やり「いい息、長持ち」というキャッチフレーズ

を入れてみた♪ 案外、裏目に出て、落とし穴に引っ掛かってしまった

かも知れないね (^^ゞ

           

あぁ~、NO.1=ナンバーワンはともかく、NO.5には入りたいなぁ。。

Only1=オンリーワンではイヤなのだ・・って感じの駄々をこねて、芸術

の世界から一気に世俗に降りた所で、今夜は終わりとしよう。ちなみに

ウェルテルの最後の言葉は「ロッテ、ロッテ! さようなら!さようなら!

だった(p.178)。

それでは、さようなら。。☆彡

                             

     

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S. 9月30日深夜に「参加者一覧」を見ると、全537ブログに留まっ

     てる。意外に最後は伸びなかったね。ま、それでも競争は激しい

     けど、果たして明日の昼のGoogleブログ検索の順位は如何に。。

                    

cf.ACUOも好評☆お口の恋人・LOTTEと永遠の恋人・シャルロッテ

| | コメント (0)

花王エコナ・発がん性問題、週刊現代の記事と返品方法

今日はほとんど徹夜明けに近い状態でずっと仕事してたから、疲れてる。

ラクに記事を書けるネタを探すと、やっぱり花王エコナだろうということに

なった。記事を読めば分かる通り、花王にはさほど悪いイメージは持って

ないから、たまたまブロガーのつぶやきネタになってしまったとでも思って

諦めて欲しい♪ まあ、日本を代表する優良企業の一つだから、この程

度の騒ぎは何ともないでしょ。

               

エコナ関連製品の問題については、前にも記事で簡単に触れた。欧州中

心に安全性が議論されてる、グリシドール脂肪酸エステルがエコナに含ま

れてることが判明。花王は安全性への懸念(発がん性)を正式には認め

てないけど、消費者の不安には配慮するという立場で、販売自粛・出荷停

止。一方、主成分であるジアシルグリセロールDAG=DiAcylGlycerol)

に関しては、今でも安全性を主張し続けてる。

                 

今日(9月28日)発売の『週刊現代』10月10日号、「花王エコナ『発がん

性』販売停止の真相」という記事の前半の2ページは、そういった基本的

な情報をまとめただけで、ハッキリ言って自分で情報を集めてる私にはほ

とんど無意味だった。

       

   (追記: 11月21日号についても記事を追加した。

           再び、花王エコナ問題について~『週刊現代』 )

                                          

それに対して、後半の2ページは少しだけ意味があった。エコナについて

調査中の食品安全委員会において、危険性を主張する立場を取ってる

専門家の話とか、数年前からDAGに対して疑問を持ってた日本消費者

連盟などの話。さらに、消費者・食品担当大臣の福島瑞穂の見解(花王

の積極的広報を促すものの最終判断は調査待ち)を掲載した後、トクホ

(特定保健用食品)の指定取消しの可能性について軽く触れて、記事は

終了だった。

                  

結局、トータルではエコナにとってネガティブ(否定的)な記事になってる

ものの、危ないと断定してるわけではないし、花王の姿勢を非難してるわ

けでもない。その辺り、週刊現代にしては大人の報道だなと、ちょっと感

心したほどだった。まるで優等生の朝日新聞になったようだ♪

             

          ☆          ☆          ☆

もちろん、私を含めてエコナの利用者にとっては、そんな情報より、差し

当たり今どうすべきかが一番重要だろう。私は最初から、危ない物はす

返品と即決。ところが花王のHPには、返品方法についての掲示が

まだに見当たらない。朝日新聞にも週刊現代にも、返品には応じると書

いてあるんだから、潔くHPに載せるべきだろう。

                                 

仕方ないから、私はすぐ花王と連絡を取って、着払いで指定の場所へ

宅配。早くも商品券を受け取ってる。この間のやり取りは十分スムーズ

で、対応も誠実。何も問題はなかった☆ 強いて言えば、最後までエコ

ナは安全だと強調し続ける姿勢がちょっと引っ掛かったものの、まだ危

険性の科学的証明も被害者もない状態だと、仕方ないかも知れない。

そもそも、「返品」は受け付けてるけど、「回収」はしてないという立場だ。

            

ちなみに、気になる商品券への換算レートは、高めの値段になってるの

で、不満は感じなかった。とはいえ、得した気分にも全くなれない。家に

何本もあったエコナを1つの宅配便にまとめてコンビニまで持って行く作

業がかなり面倒だったから、「手数料はないのか」という気もしたほど。

マナーとして商品の外側をキレイに拭き取る程度の配慮はしてるのだ。

           

まあでも、手数料とか慰謝料まで要求すると、産業界のクレーマー・ブ

ラックリストに掲載されそうなので止めといた♪ 半ば冗談だけど、どこ

でどう情報が流れるか分からない時代だから、半ば本音でもある。同じ

理由で、既に半分ほど使用済みのエコナ・クッキングオイルも返品しな

かった。開封直後だったら、送ってたかも知れない。

           

逆に、手持ちのエコナの数が1本とか2本だけだったら、わざわざ送っ

たりしなかったと思う。宅配は面倒だし、捨てるのも悔しいから、多分そ

のまま使ってただろう。このパターンの消費者が多いんじゃないかな。。

            

       ☆          ☆          ☆

という訳で今回は、個人的経験も含めつつ、花王エコナ問題の最新情

報を簡単にまとめておいた。最後に、食品安全委員会へのリンクを貼っ

ておこう。花王の該当ページからも飛べるようになってて、専門的な内容

ではあるけれど、一般の人でも十分理解できる程度の話だ。

             

ではまた。。☆彡

           

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     

cf.再び、花王エコナ問題について~『週刊現代』

| | コメント (2)

東京アースライド2009&短距離バトルごっこ♪

RUN 10km,45分45秒,心拍160

テニスの杉山愛が、東レ・パンパシフィックの引退セレモニーで涙を流す

様子一方、もうすぐ39歳になるクルム伊達公子韓国オープンで優勝

スポーツ人生いろいろだよなぁ、とかネットで読んでたら、ふとページの下

に「東京アースライド」というバナー広告を見つけたので、クリックした。

     

11月3日(火・祝)開催、ツール・ド・フランスで活躍した別府史之も参加

で、お台場の潮風公園に自宅から走って行くイベントとのこと。なるほど、

すぐそばのフジテレビが後援してるわけね。お台場へ走って行ったことな

んて10回以上はあるし、好きな場所の一つでもあるから、参加しようか

なと思って詳細を読むと、ちょっと引っ掛かる事があった。

      

それぞれ勝手に走って行くだけのイベントで参加料が3000円ってだけ

でもアレッと思うけど、特典が何ともビミョーなのだ。まずエントリー先着

500名にTシャツだけど、先着って所が気になるし、仮にもらえたとして

も、あのデザインだとなかなか着る機会はないだろう。

             

他には、完走証としての「バイコロジー証」(距離に応じたCO2削減量入

り)と、赤紫色の携帯ホルダー付きリストバンド。これも使わないだろうね。

目立つ色にしたのは分かるんだけどさ。1日の保険料500円込みとして

も、自分で保険に加入してる人間が安全運転するのなら、意味は薄い。

                            

他にも北海道アースライド(9/6終了)、石垣島アースライド(11/15)

とかあって、間接的には間寛平のアースマラソンともつながる、大掛かり

な構想のイベントなんだろうけど、どうもエコ商売の匂いが引っ掛かる。

無料とか1000円程度でエコ&ヘルシーな活動をするんなら賛成するし、

募金を前面に出すんなら理解できるんだけどね。参加せずに勝手に潮風

公園に行ってみようかな♪ ブースやイベントを楽しむだけなら問題なさ

そうな気がする。

                                         

まあ男性はともかく(初心者の)女性にとっては仲間づくりのいいキッカケ

になるだろうし、タイムを競わず一般道を安全運転で走るっていう企画自

体には賛成だ。タイムが関係してくると、どうしても信号無視その他の違

法行為につながるし、それは自転車への風あたりの強さとなって跳ね返っ

て来るもんね。スポンサーには色んな組織や企業が名を連ねてるんだか

ら、もうちょっと商売っ気を薄めて、安全なサイクリングの普及に努めて

頂きたいと思う。

                    

         ☆          ☆          ☆

さて、今夜も例によって走る時間が無かったんだけど、月末だからちょっ

とだけ走って来た。昨日も書いたように、左脚ふくらはぎの変な痛み

が重なってて、それだけでも走る気分にはならない。なぜか、裸足で

部屋を歩く時に一番痛むのだ。まあでも、一応走れることは昨日分かっ

たから、再びソロソロと公園へスタート。幸い、痛みが僅かだから、徐々

に加速していった。やっぱり、シューズが痛みを和らげてる気がする。

              

そうは言っても、気分的にはノンビリ走る感じだったんだけど、途中で

1km4分ちょっとくらいのランナーに追い抜かれたので、性格的にすぐ

追走♪ 走り方から考えて、おそらく実力的には違わないなと思ってた

ら、案の定、先にスローダウンしてた。いまだに、平日の夜に4分ペース

をキープし続けるランナーを見たことはない。多分、朝とか休日に走って

るんだろう。あと、学生は夕方かな。

       

トータルでは1km4分35秒ペース。イマイチだけど、2周目が1km4分

09秒ペースだから、良しとしとこう。ちょっと左足首に変な痛みが出たけ

ど、多分大丈夫じゃないかな。明日は忙しいから、サボるかも知れない。

心拍は、最近プラス10の補正が続いてたけど、今夜はプラス7の補正

10だと極端に高過ぎておかしいのだ。7でも高いけどね。ではまた☆彡     

                 

  往路(2.45km)   12分33秒  平均心拍139           

  1周(2.35km)  10分36秒        162        

  2周            9分45秒        172        

  3周(0.4km)    1分53秒        178       

  復路           10分59秒         167      

計 10km  45分45秒 心拍158(86%) 最大179(ゴール時)

| | コメント (0)

世田谷ハーフマラソン抽選結果&心身不調ラン

RUN 12km,56分48秒,心拍158

K1 WORLD GP、やっぱり武蔵は負けたか。。韓国で長年の戦友ジェロ

ム・レ・バンナに判定負け。ダウンもしたから、ハッキリした敗北だね。こ

れでハッキリ引退宣言するのかと思ったら、どうも試合後のインタビュー

を読むと、まだ続けたいように聞こえる。「今はまだ再びリングに上がろう

とは考えていません」だから、しばらくしたら谷川やファンに引き止められ

る形で復活しようと思ってるわけか。

    

それにしても、スポーツ選手の「引退」って言葉がホントに無意味な時代

になって来た。ママさんランナーが、出産その他が一段落した後で復帰す

るとか、テニスのクルム伊達が12年ぶりに復帰したとか、そうゆうのなら

応援したくなるけど、格闘技の選手がコロッと前言撤回するのはあんまし

いい感じがしないんだよなぁ。武士に二言無し! 辞めると言ったらスパッ

と辞めて、潔く次の人生を歩んで欲しいもんだ。で、5年ぶりにやっぱり復

帰とか言うんなら、温かく応援したい。とりあえず、魔裟斗と共に、長い間

お疲れ様♪

          

        ☆          ☆          ☆      

さて、私は今月、週に1回程度しか休まずに走ってたんだけど、遂にプッ

ツンと切れてしまった (^^ゞ 何と、丸3日連続のサボリ! 2ヶ月ぶり以

上の珍しい出来事だ。止めると言いつつチョコチョコ書き続けてたドラマ

記事が一段落ついて、5連休も終わった途端に、ちょっとした事で左脚の

ふくらはぎを故障。おまけになぜか腰痛まで。金曜日は仕事で超~不愉

快な事も連発して、メンタルも急激に悪化。ってことで、3日サボったわけ。   

     

流石に4日サボるともう走りたくなくなるから、今夜は心身の不調をガマン

して12kmだけ様子見ラン。ホントはゆっくり18kmくらい走る予定だった

のに、またしても時間が無くなってしまった。で、恐る恐る公園へ出かけて

みると、意外に左足が痛まない。どうも、ランニングシューズを履いて走る

のなら負担が軽いようだ。むしろ、裸足で部屋の中を歩く時の方が痛い。

       

で、意外に大丈夫だから、ちょっとずつスピードアップ。今夜は公園のラン

ナーも多くて活況だったから、最後の1周はつい気合が入ってしまって、

1km4分20秒ペースまで上がった。でも、やっぱり体調が悪くて、心拍が

すごく高い。この程度の距離と周回スピードで心拍170まで上がったのは

久々だろう。また微熱がぶり返してる感じだ。

                           

トータルでは1km4分44秒ペース。丸3日休んで、僅か12km走ったわ

りにはものすごく遅いね。おまけに平均心拍158、最大心拍179は高過

ぎ! ま、それでもわりと余裕を持って受け止めれるのは、世田谷246

ハーフマラソンの結果通知が落選だったからなのだ (^^ゞ これはちょっと

想定外だな。去年当選だったし、コースの距離不足でひどい迷惑を受けた

から、当選するのが当たり前だと思ってた。全然、気を使ってくれなかった

わけね。担当者も、神様も♪

                    

ま、12月初めの川口マラソンまでじっくり調整しろってことか。あるいは、

10月は仕事が忙しいんだから走ってる場合じゃないだろってことか♪

ともかく、11月初めの世田谷ハーフは無しになっちゃったってお話だ。

心拍はプラス10の補正。ではまた。。☆彡

      

    

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.間寛平のアースマラソン、遂にユーラシア大陸へのチャレンジを

    残すだけとなったようだ。それが終われば日本帰国で、世界一周

    成功。ホントに凄いね。。☆

     

P.S.2 沢尻エリカが解雇されたってニュースがあったから読んでみる

      と、理由はかなり細かい話だね。ハッキリ言って、大した事な

      い理由を無理やり大きく扱ってクビにしたって感じだ。まあ、こ

      れまで色々と事務所との間で感情的もつれが溜まってたんだ

      ろう。むしろ、独立して自由に活躍するチャンスかも。芸能界も

      マスコミも、こんな美味しい素材を無視できるはずないもんネ♪

                    

        

  往路(2.45km)   13分00秒  平均心拍135           

  1周(2.35km)  11分28秒        155        

  2周           11分10秒        160        

  3周          10分22秒        170       

  復路(2.5km)    10分33秒         172      

計 12km  56分48秒 心拍158(86%) 最大179(ゴール時)

| | コメント (0)

LOTTEのACUO、MINTガムを巡るSPARKINGな闘い☆

LOTTE(ロッテ)のミントガム、ACUO(アクオ)を巡るブログ同士の闘い、

終盤に来て急激に盛り上がって来たネ☆ まさにSPARKINGな状況! 

入賞を狙う参加者の1人としては、むしろ盛り下がってくれた方が嬉しい

んだけど、なかなかそうも行かないようだ♪

               

今日は仕事がキツかったし、心身共に不調だから、義務的な記事を書く

気分じゃないんだけど、LOTTE・ACUOのSPARKING MINT(スパー

キングミント)でも噛んで、ミントフレーバーで目を覚まして頑張ろう!・・・っ

て感じで、無理やり単語を挿入して記事を書くしかない。報酬を求める「な

んちゃってプロ」としては、なりふり構っちゃいられないわけよ (^^ゞ

        

        ☆          ☆          ☆

さて、参加者と更新記事が増えたこともあって、ブログ力判定基準となる

Googleブログ検索(普通のウェブ検索と少し違う)の順位も、目まぐるし

く変化してる。「LOTTE」、「ACUO」以外に、もう1つ私が予想してるキー

ワード(お口の恋人、MINTなど数種類)を入れて検索すると、ウチは20

位以内で順位が変動してる状況だ。2週間くらい1位を保って来た最有

力キーワードでも、25日夜の時点で遂に4位まで下降。。

                        

検索の細かい話はまた後で別記事にするとして、今夜は参加者数(正

確には参加ブログ数)の推移をグラフにしてみた。私が参加した直後の

9月10日から、平日の夜に記録したデータで、土日・祭日には変更が

無いようだ。参加者数はロッテのHPに掲載されている。

        

090925_2  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

シルバーウイークの5連休の間に、一気に激増してるのがよく分かる。

今週末にまた増えるだろうから、30日夜には1000前後まで到達しても

不思議じゃない。それだけの数のブログが、最終判定が行われる10月

1日の12時少し前に、一斉に似たタイトルの記事をアップすると、グーグ

ルのロボットはどう処理するんだろう。想定外の事態だろうから、混乱し

て奇妙な反応を示す可能性もあるね。新しい記事を優先するのを止め

ればいいだけの話なんだけど、ここでつぶやいても、ロボットにも技術者

にも聞えないよな♪

                  

とにかく、あと5日で最低でも2、3本は記事をアップしなきゃダメだろう。

これで惨敗だと、当分立ち直れないかも。。(^^;) せめて10位以内に入っ

て、お口の恋人・LOTTEのミントガム・ACUOをゲットしたい・・・とか謙虚

にならず、Only1(オンリーワン)の努力で、No.1(ナンバーワン)獲得! 

ではまた。。☆彡

       

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.早速この記事で各種検索の上位を占めたけど、どうせまたすぐ

    追い抜かれるんだろうな。。(^^; あと5日か。。

       

P.S.2 10月1日0時を回った。この後、最終判定の12時までは記事

      をアップしていいのかな。多分、みんなやるだろうけど、ちょっと

      気になる所だね。。

            

cf.LOTTEのACUO、ミントガムの記事でブログ力コンテスト☆

  ACUOへの道~お口の恋人・LOTTE、ミントガム50年の歴史

  ACUOも好評☆お口の恋人・LOTTEと永遠の恋人・シャルロッテ

| | コメント (0)

山P=山下智久主演ドラマ、視聴率の推移(野ブタ~MONSTERS)

(☆2012年1月13日追記: 『最高の人生の終り方』のデータを追加。

                  初回15.3%。レビューもアップ。                  

       愛と死を目指して生きる~『最高の人生の終り方』第1話 )

       

       

          ☆          ☆          ☆

ドラマ長期お休みモードと言いつつ、最終回まで毎週記事を書き続けて

しまった『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー』。大型連休明けでやっと

視聴率が発表されたので、初回からの視聴率の推移を折れ線グラフに

まとめてみた。正直言って、ラクに1本更新って感じの手抜き記事なん

だけど、それなりに意味はあるでしょ。実際、推移を求める検索アクセス

が時々入ってるのだ。

     

流石にブザビだけだと平凡過ぎるから、山P=山下智久が主演して来た

他の連続ドラマと比較してみた。05年・日テレの『野ブタ。をプロデュース』

は、むしろ亀梨和也を主演とすべきだろうけど、「2人で1つだった」んだか

ら、山Pも主演としとこう♪ もしこの記事のアクセスが多いようなら、亀梨

とか藤木直人といった、ウチが特別扱いしてきた俳優についても似た記事

を書いてもいい。

       

 (☆追記: 『コード・ブルー2』を追加、記事タイトルの末尾も変更した。

        毎週火曜日に更新中で、最終回視聴率は16.6%

        2nd season 平均視聴率も結局、16.6%。)

       

121211a

    

        

121211b

      

      

エクセルのグラフの数値データ(上図)はウィキペディアのものを利用した。

『野ブタ』、『クロサギ』(06年・TBS)、『プロポーズ大作戦』(07年・フジ月

9)、『コード・ブルー』(08年・フジ)のいずれも、最終回では大きく数字を

上げてるのに、『ブザビ』だけが横這いで低迷しているのが分かるだろう。

逆に下降線にさえ見えてしまうのは、総選挙の翌日で第8話視聴率が高

過ぎたせいなのか、内容的な盛り下がりのせいなのか、微妙な所だ。

均視聴率でも、ブザビの14.4%が最下位となった(野ブタ16.9%、ク

ロサギ15.7%、プロポ17.3%、ブルー15.6%)。

                  

ファンなら、シルバーウイークという大型連休を言い訳の一つにしたくな

るだろうけど、その説明はデータ的にはやや苦しい。と言うのも、前の週

の月曜日、9月14日の21時~22時の時間帯で、主要6局の総視聴率

を単純計算すると71.5%。これに対して、21日は75.8%で、むしろ

連休でテレビを見る人が増えてる形なのだ。

            

そうなると、今度は裏番組の『おくりびと』(21.7%)に数字を取られたと

言いたくなるのは一応分かる。まあ、本当の所はともかく、結果的に『ブ

ザビ』が終盤で盛り上がる形になってない事だけは確かだ。

                                          

あと、注目すべきは『野ブタ』の視聴率の推移だろう。これだけがジワジワ

と右上がりになってるのだ。実際、私も徐々に引き付けられて、スポーツ系

ブログからドラマ中心ブログに移行してしまうキッカケとなった。ドラマの

容的には、『野ブタ』と『プロポ』がいい出来だったと思ってる。プロモーショ

ンビデオとしてなら、『クロサギ』と『ブルー』もいいだろう。そうするとやっぱ

り、『ブザビ』は懐ドラ、懐かしの月9と言うべきかな。。

    

なお、亀梨和也主演ドラマの視聴率記事を追加。その内容に合わせて、

山Pに関しても、各年の平均視聴率の推移を表すグラフを追加しとこう。

16%前後で安定してることがよく分かる。ちなみにウィキペディアでは、

1st seasonの平均視聴率が15.9%となってるが、これは間違ってる。

15.6%が正しい(SP抜き)。SPを入れた場合は16.3%だ。

          

121211c

     

     

それでは、今夜はこの辺で。。☆彡

      

      

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf. 愛と死を目指して生きる~『最高の人生の終り方』第1話

   僅かな積極的休養ラン&『コード・ブルー2』第1話

   胃もたれラン&『ブザー・ビート』最終回&『おくりびと』

   出会い、別れ、ありがとう♪~『コード・ブルー新春スペシャル』

   ブカブカの大きな愛に包まれて~『プロポーズ大作戦SP』

   遠い夜明け~『クロサギ』最終回

   生きる場所を求めて~野ブタ再考

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        

  週刊新潮のジャニーズ・ドラマ批判について

  山P=山下智久『あしたのジョー』、映画の前に連続ドラマか(by週刊新潮)

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  キムタク=木村拓哉主演ドラマ、視聴率の推移&『月の恋人』第4話

| | コメント (2)

胃もたれラン&『ブザー・ビート』最終回&『おくりびと』

RUN 10km,49分20秒,心拍147

ナックル姫・吉田えり初先発飾れずってニュースがあったから、打ち込

まれたのかと思ってクリックしたら、むしろ好投したんだね☆ 存続が危ぶ

まれてる、野球の関西独立リーグ、神戸9クルーズの17歳の少女。5回

で75球、被安打4で3失点、4回まで無失点って、十分でしょ♪ 

        

契約一時終了とか、給料が払えないとか、全体的にかなり深刻な状況み

たいだけど、出来ればあと数年頑張って欲しいもんだ。だって、画期的だ

もんね。フツーっぽい女の子が、プロの男の野球選手を相手にするなん

て、これまで単なるマンガの世界だったんだから。チョコッと可愛いのも、

もちろん3割増のプラスに決まってる♪

             

先駆者が頑張れば、やがてもっと凄い女の子も現れるはず。そうすれば、

最近野球を見なくなってる私でも、見る気になるだろう・・・って、動機が不

純かね♪ でも、ユニフォームまでオシャレになったら、全然イメージが変

わると思うけどな。今は農業でさえ、ギャルが進出して新しいファッション

を考えてる時代なんだから、野球なんて簡単に華やかに出来るはずだ。

           

さて、今夜はまた、この下にくっつけてるドラマ&映画レビューを書くのに

時間がかかっちゃって、走る時間も気力も無くなってしまった。ドラマお休

みモードと言いつつ、うっかり最後まで書き続けちゃったな。反省、反省。

ま、ドラマは最終回だから、しばらくはノンビリできるでしょ。って言うかもっ

とシビアに切り捨てないとダメだね。 

      

で、一昨日がかなりマジメな19kmで、昨日が休養ラン10kmだったか

ら、今夜は少しマトモな休養ラン10kmにしといた。ところが、走る1時間

前に食べた夜食が珍しく胃にもたれて、スピードを出したくても出せない

状況。マズイな。胃ガンだったらどうしよう。。いざとなったら本当にガン

保険や医療保険が大金くれるのかね♪ いや、全然嬉しくないけどさ。

                        

ともかく胃もたれに苦しみつつ、トータルでは1km4分56秒ペース。心拍

も低いし、ちょうどいい感じかも。明日は時間的にビミョーだな。やる事が

後ろにズレ込んでるし、1日サボっちゃうかも。心拍はプラス10の補正。

ではまた ☆彡

                               

往路(1.15km)   6分27秒  平均心拍126 

 1周(1.1km)   5分45秒        138  

 2周          5分29秒        144  

 3周          5分32秒        146 

 4周          5分30秒        145 

 5周          5分18秒        150 

 6周          5分15秒        152 

 7周          4分54秒        160 

復路           5分10秒         160

計 10km 49分20秒 心拍147(80%) 最大165(ゴール時)

       

      

        ☆          ☆         ☆

話変わって、昨夜ランニング前に見たテレビについて。素晴らしかった☆

『おくりびと』。流石はロングラン1周年で観客動員数のべ600万人近くを

集めてる映画だ。監督・滝田洋二郎、脚本・小山薫堂、音楽・久石譲を始

めとするスタッフと、本木雅弘・広末涼子・山崎努ほかのキャスト全員に

拍手を送ろう♪

           

この映画、見た事はなかったけど、あちこちで話を聞いてたし、「原作」に

近い『納棺夫日記』の作者・青木新門については、映画との違いを考察

する記事も書いてたから、かなり関心があった。出来れば21時から見た

かったのに、『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』最終回と重なって

たので、仕方なく22時08分くらいから視聴。僅か15秒ほどで引き込ま

れた。車の中で本木と山崎が黙って座ってるシーンだったかな。何の場

面なのかも分からず、台詞もない状態でも、良質な映画なのは一瞬で明

らかだった。

                      

無駄のない台詞、死という重くて普遍的な出来事と真正面から向き合う

姿勢、それでいて暗くなりすぎない扱い方。穏やかで心地良い音楽、美し

い風景と映像、抑制的で味わい深い演技。これなら言葉が分からなくて

も通じるはずだから、アカデミー賞・外国語映画賞を獲得したのも頷ける。

     

石の形や大きさで気持ちを表す「石文(いしぶみ)」の使い方も上手かっ

た。最初は本木(=小林大悟)が何気ない河原で拾って、広末(=美香)

に説明。ラストは、対立してた父から本木へ、そして妻の広末を通じて、

新たな命へ、石が伝達される。もっとも原始的かつ自然的で質素な象徴

表現であり、かつ墓石をもイメージする、見事な小技だ。言葉よりも雄弁

な、即物的ランゲージ。。

       

この映画を見ながら思い出したものが2つあった。一つは、最近読み返

した文豪・谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』(いんえいらいさん)。日本の伝統的

文化の美しさを陰翳(=影)に求める精神にとっても、この映画なら十分

満足できるだろう。陰に重きを置きつつ、適度な光を取り入れた、明暗の

コントラストの美しさ。あるいは、そのアレンジとも見れる、静と動の対比。

          

(23日朝の追記: 今朝の朝日新聞1面によると、谷崎は58年に日本初

            のノーベル文学賞の候補となってたことが判明。推薦

            者は三島由紀夫、パール・バック、ドナルド・キーンら)

        

もう一つ思い出したのは、朝日新聞・月曜朝刊に折り込まれてる大型国

際企画「GLOBE」(グローブ)の第23号(9月14日)。そこでは、ポスト・

グローバル時代へと視線を注ぐスーパーデザイナーのアレクサンダー・

ゲルマンがこう語っていた。「日本文化のあちこちに、創造的プロセスの

本質である“subtraction”(引き算)が存在している・・・」。不必要なも

のを取り除き、本質的なものを残す編集作業としての「引き算」。これは

『おくりびと』という映画においても存分に具体化されてただろう。。

       

          

       ☆          ☆          ☆

さて、そろそろ時間だ。今日はこの辺で・・・って訳にはいかないのね♪

ハイハイ。ハイは一度でよろしい。赤提灯に書かれてた「ホッピー」とは

どんな飲み物なのか、じゃなくて、『ブザー・ビート』最終回について私が

何を思ったか。あらためて書かなくても、今までの記事から明らかでしょ。

むしろ、逆にこっちが聞きたいほどだ。山P=山下智久のファンはいい

として、普通のドラマファンはどう思ったのか。

               

まずは、わりと客観的なデータを提示しとこう。大勢(ゼンブ)の手による

明確な情報だ。先週は、Yahoo!ブログ検索の「評判」に着目した。今

週は、Yahoo!テレビの「みんなの感想」を見てみよう。なぜか、かなり

アクセスしにくい場所に置かれてるから、珍しく外部リンクを張る(or 貼る)

ことにする。

                   

放送終了間際から翌日18時までの間に、52人が投票。5点満点で、平

均点は3.4点だった。つまり、100点満点なら68点だ。それに対して、

ドラマの感想を初回からトータルに見た時の平均点は4.2点(1236人)

だから、最終回で0.8点、20%も下がったことになる。

追記: 翌々日の朝7時でも、59人の平均が3.4点。変わってない。)

                   

具体的な感想を見ると、更に厳しい事態が分かる。4点や5点の高得点

を出してる人でさえ、最終回はイマイチだと思ってることが多いのだ。一

方、10票以上の賛同票を読者から受け取った感想は2つだけで、その

タイトルは、「楽しく観たかったのに・・・」(31人,1点)と、「脚本がちょっ

と無理やり?」(12人,3点)だった。

            

ちなみに、最後の1人が一番過激な言葉を書いてたんだけど、今見たら

削除されてた。僅か数時間だから、対処が速い。ここからも、サイトの表

面に出てない生の感想の過激さが想像できるだろう。ま、私が遠く距離

を置いてる場所に行けば、今でも並んでるんだろうね。あと、満点を出し

た人に年少者が多そうなのは、感想の文体から推測できることだ。

                                                                                    

       ☆          ☆          ☆

脚本の大森美香については、これまでも何度も触れてるし、特に先週は

自身が監督を務めた映画『プール』も参照しながら、やや突っ込んだ考

察をしておいた。一言でまとめるなら、技巧的でかつ、欲望に肯定的

人。その脚本家が、プロデューサーの要望に応えて昔の月9を再現する

一方、「負の欲望」を独自にプラスしたのが『ブザビ』というドラマだ。その

意味で、保守的かつ革新的な二面性を持つことになる。

      

負の欲望を体現し続けた菜月(相武紗季)という存在が、いかに特殊な

キャラだったか。それを理解した上で評価するのなら、別に構わない。私

はパスだけど、そこからはもう個人的趣味の問題だ。でも、おそらく菜月

という存在は、その奇妙さがあまり理解されてないだろう。単に裏表があ

るとか、本音を抑えたいいコが時々ボロを出すとか、そうゆう平凡な話じゃ

ない。現実と比較しても、過去のドラマと比較しても、恐ろしく斬新な(or

浮いた)存在だった。

                     

ここで、去年秋の月9『イノセント・ラヴ』とも比較してみよう。あのドラマだ

と佳音(かのん=堀北真希)が妙な行動をする女の子で、ネット中でさん

ざん叩かれてたけど、私は平然と真っ向から反論してた。それは、堀北

が可愛いからだ♪ いや、そうじゃなくて、あれは悲惨な過去をトラウマと

して持つ世間知らずの田舎娘だから、前提がまったく違うのだ。

             

家宅侵入という妙な行為は、かつて自分の身体に起きた「侵入」を行動

で再現する無意識的症状としてなら、精神医学的に平凡なものにすぎな

い。カメラで周囲の人を遠くから写すと犯罪扱いされるなんて話はごく最

近の感覚であって、歴史的にも全国的にも世界的にも特殊な話にすぎ

ない。グーグルのストリート・ビューによるプライバシー侵害が騒がれて

るのは日本だけとも言われてる。色んな意味で閉ざされた世界に生きて

来た少女が、ごく最近の特殊な感覚を身に付けてないことなど、不思議

じゃなくて、単に都会の常識を誰か優しく教えてあげればいいだけだ。

                        

だから、ブザビの菜月に話を戻すと、菜月がああゆう妙な女になった道

筋を描いてるのなら、まだマシだったのだ。あるいは、満員電車や街中

でうっかり「チッ!」と舌打ちしたために、悲惨な目に合うエピソードとか

入ってるのなら、多少理解できる(見た経験あり)。優秀なOLならもちろ

ん、一般社会人でも、人前での女性の舌打ちは相当珍しい悪癖だ。

             

ところが、最後の直輝との涙のお別れでさえ、舌打ちは軽く受け流され

て、おまけに直ちに宇都宮(永井大)という王子様が愛の告白に来て救っ

てくれる。直輝のお母さん(真矢みき)のウケも最後まで凄く良かった。こ

うゆう大森の特徴的な脚本、あるいは人間観が、映画『プール』の自作解

説と重なる点については、既に先週指摘しておいた通りだ。

         

ちなみに、『おくりびと』にも欲望に忠実でワガママな登場人物が2人出て

いる。本木の父と、納棺業者・NKエージェントの事務員・余貴美子だ。で

も、父は死ぬまで許されてないし、余貴美子も自分の非を心から認めてる

様子を表してた。もちろん、2人が奇妙な行動を取ってる様子も映されて

ない(22時08分以降)。こうゆう悪の表現なら別に違和感はないわけだ。

           

       ☆          ☆          ☆

ではここから、ドラマの中身の具体的な問題点を見てみよう。ただし、可

能な限りポジティブ(=積極的)な話も織り込んでいく。つまり、ネガティブ

な要素であっても、何がポジティブなのか、あるいはどうすればよりポジ

ティブなものに変えれるのか、自分で示していくとしよう。

         

まず、全体の展開の平凡さとか、驚きの無さについて。ウチでは先週の

記事に軽く予想を書いたけど、大部分その通りで、全くハラハラドキドキ

出来なかった。たまたまウチの記事のアップと山Pの「ビッグニュース」が

重なったこともあって、読んでない人も少しいるようだから、ここに引用し

てみよう。誰でも思いつきそうな事を文章にまとめたものだ。

                  

     直輝はネズミの手術のリハビリを終えて、代々木と気の

     合った連携プレー。母と妹も見つめる中、大事な試合で

     ブザービート(ブザービーター)を決めてアークスの勝利。

     チアの菜月も素直に喜び、直輝を諦める。宇都宮も川崎

     を諦め、菜月にさり気なく優しいフォロー。秀治(溝端淳平)

     &麻衣はますますアツアツ。ラストシーンは例の公園での

     ディープ・キスって感じかな。

          

ドラマでプラスされてたのは、飲み会で代々木(金子ノブアキ)がしおん

(小松彩夏)と並んでるカットと、菜月としおんが優勝決定後に抱き合う

カット(和解の軽い表現)。あと、川崎(伊藤英明)と直輝や莉子との和解

もあらためて強調されてたね。麻衣(貫地谷しほり)が作った「恋愛年表」

は別に要らないけど、可愛いから見逃すとしよう♪ 

           

予想とちょっとズレてたのは、最後のキスが代々木の第二体育館だった

ことくらいで、見事なくらい予想通り、まさに「予定調和」だ(元は神の偉大

さを示唆する宗教的概念、ドラマだと脚本スタッフ達の自由な力を暗示)。

                                                                               

「予」め(あらかじめ)「定」められてる「調和」状態へ向けて、きっちりと話

を組み立ててあったから、予定調和が実現されたことに重きを置くのなら、

めでたしめでたしとか、良かったねとなるだろう。一方、予定調和の組み

立て方とか、予定が少しも破れなかった点に不満を感じるのなら、強引と

か退屈といった感想になるわけだ。

                                          

一方、私が期待した予想が完全に外れた点が1つだけあった。それは、

莉子(北川景子)の最後だ。あれだけ夢を諦めるなと強調しておいて

最後はデビュー・コンサートの一週間前に練習を放り出して直輝(山P)

の元へダッシュ。結局、男は自分の道で大活躍、女は自分の道を投げ

捨てて男のもとへ向かい、愛される。最後の急転の意外さを考えると、

ロンバケ以上に保守的なエンディングと言えるだろう。

                                

もちろん、これはいまだに現実的な構図でもあるし、生き方の選択とし

てなら別に悪い事とは言えない。これこそ恋愛ドラマだと思う人に対して、

違うと言っても仕方ないだろう(年齢的に幼い視聴者に対してなら、いず

れ変わるよと予言しとく)。

                    

ただ、十歩譲っても、ドラマのプロセスが不十分なのだ。こうゆうラスト

にしたいのなら、莉子が仕事と恋愛の選択について悩む姿をもっとしっ

かり描いとくべきだった。他にも、音楽財団の八尾(升毅)を始めとする

プロのみんな、あるいはチケットを買ったお客さんに、非常に迷惑をか

ける事への葛藤とか、そこから生じる軋轢にも触れとくべきだろう。もう

20代半ばの社会人なのだ。

                          

そういったものが無いから、せっかく外国人指揮者と英語で交わしたエ

モーショナル(情動的)な台詞が空疎な響きを残すことになってるのだ。

莉子の後ろの女の子達なんて、驚いた顔さえ全くしてなかった♪ 検索

も入ってたことだし、発音の聞き取りと翻訳を書いとこう。気を使って、中

2か中3レベルの易しい英語にしてあるし、発音も超~親切だった。

              

   「Do you really love the young man?

    《ドゥー ユー リアリィ ラヴ ザ ヤング マン?》

   (あなたは本当にその若い男性を愛してるのですか?

     

   「Yes,I do.So much.

    《イエス アイ ドゥー.ソウ マッチ.》

   (はい。とても愛してます。

      

   「Everything is OK.Love makes you strong♪

   《エヴリシング イズ オウケイ.ラヴ メイクス ユー ストロング.》

   (すべて大丈夫です。愛はあなたを強くしてくれます♪

          

ちなみに中高校生の皆さんは、「makes」の「s」(三単現のs)を忘れる

とテストで減点されるから注意してネ♪ Loveは三人称・単数で、make

はここでは不変の事実を示す現在形だ(未来のニュアンスが強め)。

                       

あと、直輝の性格から考えて、公共物の看板に大きく落書きしたままにし

ておくのは無理がある。書くアイデア自体はいいから、後で秀治と練習す

る際に一緒に落書きを修復するシーンを映せば、おバカで笑えただろう♪ 

元々、莉子の出発を後押しする言葉だし、消しても既にデジカメ写真で

プリントアウトまでされてるんだから、不都合は生じない。

                    

最後に、オンエア中はかなり引いてしまった、莉子の「バァーカ!」再現。

最初の出会いと合わせて、形を作ったのは分かるけど、Yahoo!の感

想にもあったように、あそこは全然その台詞を言う場面じゃない。どうし

ても使いたいのなら、リードされてる終盤、直輝が焦ってミスを重ねた時

にすれば良かったわけだ。たとえ脚本に無くても、そのくらいはベテラン

演出家・永山耕三の判断で何とでも出来たはず。ドクン・ドクンと心臓が

鳴る沈黙の持続も、ミス続きの直後ならもっと活きただろう。

                  

ただ、実はさっき突然ひらめいた事がある。『おくりびと』を見たおかげか

な。あの「ぶぁーか!」って言葉、どっかで聞いたことあるなと思ってたけ

ど、やっと思い出した☆ 12年前、97年夏の名作月9『ビーチボーイズ』

で、ヒロイン・広末涼子(真琴)が主人公の反町隆史(広海)によく言って

台詞だ。今現在、検索してもネット上にこの指摘は見当たらない♪ 

    

つまり、もう一人の主人公・竹野内豊(海渡)は知的エリートで、反町は体

育会系バカという対比を作ると同時に、好きと素直に言えない少女の心

を素朴で屈折した形で表現してたのだ(脚本は『ちゅらさん』の岡田惠和)。

初回は覚えてないけど、確か最終回では叫んでたと思う(別れの場面)。

『ブザビ』第8話の「行かないで」が『東京ラブストーリー』へのオマージュ

(敬意を込めた模倣)なのと似た話だから、多少は納得することができた。

『ブザビ』は当初の構想からして、過去の月9への回帰なのだから。。

                       

        ☆          ☆          ☆

ランニング記事のオマケとしては、かなり長くなったから、そろそろ終わり

にしよう♪ 色々書いたけど、やっぱりテレビドラマというのは独特の難し

があるなとは思う。『ブザー・ビート』最終回視聴率が15%として、日本

の人口を1億3000万人、1世帯あたりの視聴者が半分だとすると、約

1000万人の視聴者を相手にすることになる。しかも、『おくりびと』のよ

うな映画と違って、特に好んで見てるわけじゃない人も多いし、つまらな

いとすぐチャンネルを変えられたり、テレビを消されたりするわけだ。

        

そうした事情を考えると、たとえば最終回で莉子の新しい彼氏のように見

えなくもない美青年を出すことに対して、不満を口にする気にもなれない。

私個人の目にはまったく無意味だけど、あれでハラハラする視聴者もい

るんだろう。同じように、前回最後の「さようなら」という台詞のやり取りも、

私にとってはピント外れで余計だけど、ますます最終回の展開が気になっ

た人もいるんだろう。その意味で、触れずに流しといたわけだ。

                           

もちろん、バスケットボールがイマイチだなんて話をする気にもなれない。

逆に、ドラマ化が難しいスポーツにチャレンジした点を褒めとこう。特に、

素人であれだけキレイに柔らかく動いてくれた山Pは見事だったし、その

彼をオシャレに演出してくれた衣装担当・佐藤七&田中まゆみもグッジョ

だった。ホントは、莉子のコーディネートをもっと萌えるものにしてくれれ

ば更に良かったけど、良しとしよう。そう言えば山Pのバッシュ(バスケット

シューズ)かスニーカーって、どこかで見たような・・・ま、いいか♪

              

なお、続編を期待する検索もすぐ入って来てるけど、このドラマは苦しい

と思う。それより最後のCMの後、予告の前に短く、莉子が大きなコンサー

トで麻衣と一緒にライトを浴びるシーンを映せば良かったのだ。もちろん

直輝や秀治たちが温かく見守る前で。まだ軽井沢にバイオリンを置いた

ままだし、八尾やメンバーの寛容な態度とも、夢を諦めるなというメッセー

ジとも、整合的な結末になってた。

                                                              

ともあれ、スタッフ&キャストの皆さん、あと熱狂的なファンの皆さん、どう

もお疲れさま♪ 私は元のドラマ長期お休みモードに戻るとしよう。秋は忙

しいし、次の月9『東京DOGS』(水嶋ヒロ&吉高由里子)はパスだろう。

ドラマというフィクション=虚構ではなく、現実の世界で自分の夢に向かっ

て努力するのみだ。

       

夢とはテレビで見るものじゃなく、自分の身体で実現するものなのだから。     

それでは、この辺で。。☆彡

                              

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.連休明けの9月24日にようやく発表。

    『ブザー・ビート』最終回の視聴率は13.8%。やや低めかな。

    全11話の平均視聴率は14.4%(or 14.35%)。

    直前の月9、『婚カツ!』の10.5%から見ると、3.9ポイント、約

    4割の大幅アップだから、合格点とは言えると思う♪

          

    過去の山P主演ドラマと一緒に、別記事で折れ線グラフにまとめた。

       山P=山下智久主演ドラマ、視聴率の推移(野ブタ~ブザビ)

      

            

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.映画『おくりびと』と青木新門『納棺夫日記』の違い

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  男のビート、女のメロディー~『ブザー・ビート』第1話

  『ブザー・ビート』第1話、山P=山下智久の自転車の車種

  『ブザー・ビート』の相武紗季(菜月)は肉食女子なのか♪

  自転車疲れジョグ&『ブザー・ビート』第3話

  太腿疲れジョグ&『ブザー・ビート』第4話

  自転車疲れジョグ&『ブザー・ビート』第5話

  疲労満腹ラン&『ブザー・ビート』第6話

  疲労ピークラン&『ブザー・ビート』第7話

  レース疲れ小雨ジョグ&『ブザー・ビート』第8話

  居眠りランちょっとだけ&『ブザー・ビート』第9話

  ブログ疲れ短距離ラン&『ブザー・ビート』第10話

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  週刊新潮のジャニーズ・ドラマ批判について

  リハビリ傘ラン&週刊文春『ブザビ』評

  フジの看板ドラマ「月9」、過去10年の視聴率のグラフ

  フジ「月9」視聴率グラフ2 (80年代後半~90年代) 

  山P=山下智久主演ドラマ、視聴率の推移(野ブタ~ブザビ)  

| | コメント (8) | トラックバック (9)

上質な自転車文化を目指すシマノ・OVE(オーブ)

RUN 10km,52分40秒,心拍137

楽しむ自転車発信」。今日(9月21日)の朝日新聞・朝刊の経済面の

トップ記事は、珍しく自転車の話だった。「けいざい一話」という連載記事

の一つで、見出しを並べると、「風感じ、ぶらり街へ」、「部品一筋シマノ

『文化』目指す」、「運動・通勤・・・人気上昇」、「脱『ママチャリ』 粘り強く」。

         

シマノ(SHIMANO)というのは、世界中の自転車ファンに人気の部品

メーカーで、圧倒的な実力と知名度を持つ会社だ。私の自転車は、イタ

リアのビアンキのものだけど、これはフレームと完成車(全体)のブランド

であって、部品(ギア、ブレーキなど)はやっぱりシマノだ。一方、私のパ

ソコンは日本のNEC製だけど、中心部のCPUはインテル製。だからシ

マノは「自転車界のインテル」と呼ばれることもあるらしい。実際、今発売

中の週刊ダイヤモンド9月26日号の自転車特集(「自転車」が熱い!)

にもそう書かれてた。

             

元々、力のあった企業だけど、そこへ更に、最近のエコ&健康ブームや

ガソリン高騰などが重なって、業績はますます好調。株価をチェックする

と、01年末から08年夏のサブプライム危機まで、6年半もの間ほぼ一

貫して右上がり。これほど好調が長続きしてる企業はなかなかないだろ

う。特にここ5年は急成長のようだ。

            

そのシマノが06年1月、南青山にオープンした、ガラス張りのオシャレな

ライフ・クリエーション・スペース(生活創造空間)が「OVE」(オーブ)。HP

を見ても、この店名の意味がなかなか見当たらないけど、検索するとオー

プン当時のシマノのニュースが見つかった。そのまま引用してみよう。

                    

     現代人が求める寛ぎや癒しといった上質なライフイメージを

     共有することのできる機会(Opportunity)と、そこから生み

     出されるさまざまな価値(Value)、そしてそれを気軽に楽しめ

     る(Ease)ということをキーワードに、人々がこれまでの自分

     を超えて魅力的なライフスタイルを探求していく(Over Myself)

     ことを支援していく」という思いが込められています。

    

一見、曖昧かつありがちで、インパクトのない理念のようにも見えるけど、

最大のポイントは「上質」という言葉に表れてるだろう。ハッキリ言って、

シマノの自転車パーツは上質だし、OVEというお店も上質だ。それは、

カフェの写真やブログ記事を見ても感じるし、散歩感覚で自転車に乗る

散走」(普通に言えばポタリング)の企画を見ても分かる。

    

この散走、築地とか鎌倉とか、魅力的な場所へスタッフが案内してくれる

んだけど、自動変速機付きの自転車のレンタル料、食事代、保険料とか

込みで、半日5000円~8000円。シマノ的感覚で言うと、この値段は普

通か割安なんだろう。何しろ、自転車1台当たりで10万円以上するパー

ツセットが普通の会社なのだ。

                              

でも、ママチャリ的文化からの脱却を目指すのなら、高過ぎるだろう。こ

の散歩料金だけでママチャリ1台の値段に近いし、自分でママチャリに

乗って散歩するなら、0円~1000円程度なんだから。やっぱり今の所は

「上質」の人々(特に初心者の女性)をターゲットにしてるのが実情だけど、

おそらく絶好調企業のシマノには、そうゆう認識は薄いだろう。

                                   

OVEの他の企画は、料理教室、小物づくり、家具の展示販売、落語鑑賞

など。まあ、ターゲットが都会の余裕ある人々に絞られてる点が気になる

けど、目先の損得を越えて高い理想を目指して行く姿勢は素晴らしい。そ

れはそれで良しとして、サイクリストとしては、そのエネルギーの一部を部

品の値下げの方向に使って頂きたいと思う♪ 

               

今は超売り手市場で強気だから、無理だろうけど、衣料品のユニクロみ

たいな会社が出れば一気に情勢が激変するだろう。独占に近い寡占状

態がいつまで続くのか、興味深く見守りたい。なお、大阪の自転車博物館

でも、自転車散歩とか健康サイクリングと称して、OVEの「散走」みたいな

企画をやってるようだ。。

                          

        ☆          ☆          ☆

さて、今夜の走りは完全にお遊びモード。山下智久&北川景子『ブザー・

ビート』最終回と、本木雅弘『おくりびと』をまったり見た後、10kmだけ

近所でゆっくり走って来た。昨日、2ヶ月ぶりに19km、そこそこのスピー

ドで長めに走ったから、脚が疲れてる。でもサボるほどじゃないから、

極的休養にしといた。

             

シルバーウイークの夜だからか、非常に珍しいことに、近所の公園に暴

走族の卵みたいな連中が集まってて、コースにバイクを数台止めてダ

ベってたから、警戒しながら周回。案の定、30分ほどでおまわりさんが

来て、あっと言う間に大人しくなった。まだ可愛い段階で優しく指導すべ

きだね♪ バイクとタバコの夜遊び程度なら、はしかみたいなもんだ。

                

トータルでは1km5分16秒ペース。ちょうどいいかな。心拍もかなり低い

し、脚の痛みも特になし。ただ、走ってる間に腹が減って辛かった。やっぱ

り、ゆっくり走る方がお腹が空くのは間違いない。気分の問題じゃなくて、

完全な有酸素運動だからだろう。心拍はプラス10の補正。明日は12km

くらいかな。ではまた。。☆彡

     

往路(1.15km)   6分42秒  平均心拍122 

 1周(1.1km)   5分59秒        134  

 2周          5分52秒        137  

 3周          5分43秒        138 

 4周          5分51秒        138 

 5周          5分38秒        140 

 6周          5分40秒        142 

 7周          5分35秒        143 

復路          5分40秒         145

計 10km 52分40秒 心拍137(74%) 最大150(復路の坂)

| | コメント (0)

乗鞍はクマ、京都はハチ、ベルリンマラソンは暑さ・・

RUN 19km,1時間27分11秒,心拍159

乗鞍の頂上付近でクマ、登山マラソンでハチの襲撃。。自然と人間がふ

れ合うのもなかなか大変だよなぁ。やっぱ、共生とか一体化とか、キレイ

事じゃ済まないね。どうしても衝突が起きるわけだ。動物にしてみれば、

人間に襲撃されたってことなのかも知れない。

             

乗鞍は、バスターミナルって文字を見た瞬間、ヒルクライムのスタート地

点を思い浮かべたんだけど、ゴール地点の奥なんだな。標高2700m

までクマが登って来るとはまったく想定外。ましてや、自転車ヒルクライム

が行われる乗鞍エコーラインとか乗鞍スカイラインなんて、いつクマが出

来てもおかしくないわけか。う~ん、後ろなら自転車でダッシュすれば

逃げられるかも知れないけど、横や前だと死んだフリするしかないね。。

                   

一方、20日に京都で開かれた「よさの大江山登山マラソン」だと、740

人ほどの参加で19人がスズメバチに刺されたとのこと。軽症って話だけ

ど、病院に搬送されてるし、恐怖と痛みはかなりのものでしょ。私はまだ

ハチに刺された経験が一度もないから、余計に怖いな。公園ランニング

で小さいアブに刺されただけでも超~痛くて、病院に行ったほどだ。。

          

         ☆          ☆          ☆

今夜は本当なら、「ベルリンマラソン2009でまた世界新記録☆」とかい

う記事を書こうかなと思ってたんだけど、皇帝ゲブレシラシエといえども、

流石にそうそう記録更新は出来ないようだ。30kmまでは新記録を狙え

るペースだったのに、本人によると「暑さ」で失速。2時間6分8秒の「平

凡な」タイムで優勝。これが平凡って所が、彼の非凡さを表してる☆

           

スタートが14度で微風、ゴール時で20度だから、そんなに暑いわけで

もないけど、世界記録のペースには暑いわけか。レース後の感想を公式

HPで読むと、記録更新には16度~17度以下じゃないとダメとのこと。

12月初めの福岡国際とか良さそうだけど、賞金が足りないのかね。。

    

ま、天上界の話はともかく、私は昨日1日休んで、今日は17kmの予定

でスタート。相変わらず身体が熱っぽくて、心拍も高いけど、気温19度で

微風の好条件だったから、早い段階で19kmに上方修正。ペースを意識

的に抑えたんだけど、それでも中盤以降は脚が疲れてた。まだ右脚の付

け根をかばって走ってるし、19km走るのは2ヶ月半ぶりだから仕方ない。

    

トータルでは1km4分35秒ペースか。まあまあだね♪ そんなに本気で

走ったわけでもないから、その気になれば4分半はすぐ切れる。あと2km

伸ばして、そろそろハーフも走っとくとしよう。明日はのんびりジョグで休養

かな。心拍はプラス10の補正で、かなり高かった。ではまた。。☆彡

                             

  往路(2.45km)    12分18秒  平均心拍139         

  1周(2.35km)    11分07秒        154      

  2周             10分41秒        161      

  3周            10分52秒        162

  4周             10分51秒        160 

  5周            10分33秒        164

  6周            10分24秒        165

  復路               10分25秒         167

計 19km  1時間27分11秒 心拍159(86%) 最大174(ゴール時)

| | コメント (0)

ACUOも好評☆お口の恋人・LOTTEと永遠の恋人・シャルロッテ

いつの間にか、9月の下旬。ブログ力No.1コンテストの闘いもますます

熾烈になって来た。そこで、既にアップしてる2本の記事への援軍として、

第3弾記事をアップしとこう。オンリーワン(Only1)と違ってナンバーワン

は、努力や忍耐を必要とするのが常だろう。

                                                

今回は、200年以上前から世界中で「永遠の恋人」として扱われて来た

シャルロッテ(Charlotte)、つまり天才ゲーテの名作『若きウェルテルの

悩み』(1774)のヒロインに関する内容だ。普通の文系読者にも十分興

味を持てそうな話だろう。ウチ本来のマニアックさの片鱗も含まれてる♪

                                    

        ☆          ☆          ☆

ロッテのHPトップから会社情報をクリックすると、いきなり大勢の子供たち

に囲まれた美しい女性の絵が登場。その左には大きく、「一人でも多くの

人々に愛される会社、愛される製品づくりを目指して。」という基本理念。

さらにその下には、社名やキャッチフレーズ「お口の恋人(your palate's

sweetheart)の由来がこう書かれていた。

       

     ロッテという社名は、ドイツの文豪ゲーテが著した名作

     『若きウェルテルの悩み』の中に登場するヒロイン

     ”シャルロッテ”に由来します。

     世界中の多くの人々の胸に深く残る永遠の恋人

     ”シャルロッテ”をイメージしたキャッチフレーズが

     ”お口の恋人”なのです。

       

ゲーテとかウェルテルとか、名前はあちこちで聞いてるけど、恥ずかしな

がら読んだことは一度もない。名著の誉れ高き戯曲『ファウスト』でさえ、

手つかずの状態。シャルロッテに至っては、シェークスピアの『ヴェニス

の商人』の金貸しかと一瞬思ってしまった。それはシャイロックだね♪

               

で、余裕があれば本を買って来て、珍しく海外文学記事なんてものを書

きたい所なんだけど、シルバーウィークは他にも色々とやる事がある。

そこで、手軽にネット情報で妥協することにしよう。

            

追記: 自分で本を買って、記事を追加した。

       ACUOでお馴染み、お口の恋人LOTTE、社名の意味 )

          

           ☆          ☆          ☆         

早速見たのは、毎度お馴染み、簡単便利なウィキペディア。項目によっ

て出来・不出来の差が大きいけど、「ヨハン・ヴォルフガング・フォン・

ゲーテ」の項目は流石にしっかり書かれていた。意外だったのは、『若き

ウェルテルの悩み』という悲劇的な恋愛小説が、若き日のゲーテ自身の

実体験にもとづくものだという点だ。

           

1772年、22歳の時にヴェッツラーという村に移り住んだゲーテは、

踏会で15歳の少女シャルロッテ・ブッフに出会い、たちまち熱烈な恋

落ちる。ところが不運にも、友人ケストナーの婚約者だと分かり、9月に

はフランクフルトへと去ることになった。

                                    

ところがゲーテは、シャルロッテのことを忘れられず、彼女の結婚が近

づくと自殺さえ考えるようになる。その頃、思い出の地ヴェッツラーのあ

る友人が、人妻への失恋でピストル自殺した知らせが届いた。この友人

の自殺と自身の恋愛を重ね合わせて出来たのが『ウェルテル』とのこと。

                

         ☆          ☆          ☆

では、ナポレオンも愛読したという書簡体の小説『ウェルテル』(2部構成)

の内容はどうか(ネタバレ注意)。主人公ウェルテルが舞踏会でシャルロッ

テ(愛称ロッテ)に出会い、恋に落ちるものの、婚約者アルベルトの登場で

その地を去る。ここまで、つまり第1部は実話に近い。

                

ところが第2部では、創作悲劇の色彩が強くなる。やがて、もとの地に戻っ

たウェルテルは、既に結婚していたシャルロッテとアルベルトに冷たい態

をとられる。一方、たまたま旧知の男が、かなわぬ恋の果てに殺人を

犯す。そこに自分を重ねたウェルテルはその男を弁護するものの、アル

ベルトと、シャルロッテの父によって跳ね付けられ、ますます苦しい立場

置かれる。

            

こうして死を決意したウェルテルは、アルベルトの家に使いをやり、ピスト

ルを借りようとする。その際、シャルロッテは事情を察するものの、結局

はピストルを使いの手に渡す。ウェルテルは、そのピストルで自殺。最後

は、シャルロッテが心痛のため欠席した、ウェルテルの葬儀の光景だ。。    

           

        ☆         ☆          ☆

何とも切なく哀しい物語。。ちなみに、実際のゲーテは82歳まで活躍し続

け、60歳の時には永住の地ヴァイマルにおいて、シャルロッテ・ブッフの

訪問を受けたとのこと。後にこの出来事を題材にして、ノーベル文学賞作

家のトーマス・マンが、『ヴァイマルのロッテ』(1939)という長編小説を書

いている。

                  

日本のウィキペディアには、「シャルロッテ・ブッフ」という項目まであった。

ウィキというのは様々な言語で独立して作られている百科事典サイトで、

一般的な項目なら、日本語よりは英語の方が詳しいのが普通だ。ところ

が、このシャルロッテに関しては、英語のサイトだと項目が存在しない。

ドイツ語はあるけど、他には僅か4ヶ国語しか項目が存在せず、フランス

語も中国語もスペイン語もないのだ。これは日本における『ウェルテル』

人気の高さを示すものかもしれない。

                  

で、その実在の人物・シャルロッテ(Charlotte Buff)はどうゆう女性だっ

たのか。日本のウィキにはこう書かれている。「ゲーテは、一目見るなり

『理知的で、素朴でそれでいて親切』と評するほどの好人物で、それでい

て誰の目からも容姿も際立って美しかったといわれている」。

                    

ただ、この話の出典は何も書かれていないし、検索しても、このウィキの

説明の引用らしき記事が色々ヒットするだけだ。主観的な内容だから、

どの程度信用していいのかも分からない。ドイツ語のウィキを読んでみ

ると、少し違う説明で、容姿の美しさと開放的性格(offene Art)がゲーテ

を魅了したとだけ書いている。

                       

090920a まあ、百聞は一見に如かず。

 当時の2人の若さを考えても、

 おそらくは外見的美しさが決

 定的だったんだろうから、最

 後に「ウィキメディア」(素材の

 無料公開用ウィキ)のJPEG

 画像を3枚縮小掲載しとこう。

 

 最初の2枚は何歳か分から

 ないけど、最後は1785年の

090920b ものだから、彼女が31歳か32歳の

 時のものだ。誰の目からも際立って

 るかどうかはともかく、かなりキレイ

 な女性だったのは事実のようだ。

                

   ☆     ☆     ☆

 と言う訳で、今回はロッテの社名と

 キャッチフレーズの由来、シャルロッ

 テに関してまとめてみた。ミントガム

 ACUO(アクオ)と直接的関連はな

090920c いけど、シャルロッテは「世

 界を魅了する永遠の恋人」

 ACUOは「日本を魅了する

 現代の恋人」だから、本質的

 には同じこと。

 要するに、みんなに愛される

 存在なのだ。

 ではまた。。☆彡

      

                 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.いやぁ、激しい闘いになって来た。。連休明けの24日夜の時点

    で参加ブログは469へと激増! これは苦しいなぁ。。 

           

cf.LOTTEのACUO、ミントガムの記事でブログ力コンテスト☆

  ACUOへの道~お口の恋人・LOTTE、ミントガム50年の歴史

  ACUOでお馴染み、お口の恋人LOTTE、社名の意味

| | コメント (0)

リハビリラン&伝説のカンフー映画『燃えよドラゴン』♪

RUN 12km,58分12秒,心拍150

『流派-R』なんて深夜番組を見たのは5年ぶりくらいかな。テレビ東京

系列でやってるHIP HOPの30分番組だけど、昔はよく見てた。調べて

みると、8年以上も続く長寿番組になってるのか。そりゃ、凄い☆

         

いや、別にヒップホップ系の音楽やダンスの話をしたいんじゃなくて、そん

な番組を超久々に見ちゃうほど、今夜はくつろいでるって話なわけ♪ 大

型連休の前だからね。『流派』が終わった後、今度は伝説の格闘技映画

『燃えよドラゴン』なんてものまでやってたから、試しに軽く見てみた。

         

映画のタイトルや主演のブルース・リーは一応知ってるけど、中身を見る

のは初めてだ。ウィキペディアを見ると、『ドラゴン危機一髪』『ドラゴン怒り

の鉄拳』『ドラゴンへの道』に続く作品で、1973年公開。その年の7月に

彼は32歳の若さで突然亡くなったので、まさに遺作。サンフランシスコ生

まれの中国人だったのか。外見は思いきりアジア系だけどね。頭が妙に

大きいこともあって、可愛い童顔に見えなくもない♪

                                                        

前からたまに書いてる事だけど、私がランニングを始めたキッカケの一つ

は、格闘技の基礎トレーニングとして最適だと思ったから。ってことは元々、

格闘技大好き人間なわけで、そうゆう目線で『燃えよ』を見ると、隔世の感

があった。私が香港映画とかカンフー映画をほとんど知らないのも関係あ

るかも知れない。あの世界だと、今でもこんな感じなのかな。。

                

          ☆          ☆          ☆

世界的にヒットしてカンフーブームを作った映画だから、流石にリーの

体は鍛えられてるし、「アチョー!」「アタッ!」って感じの掛け声 or 奇声

もいい。独特の声は、後の日本の格闘マンガ『北斗の拳』の原型ってこと

かね。あちこちで聞いた感のある独特の音楽も、いかにもカンフーで悪と

闘うムードを醸し出してるし、ヌンチャクを振り回す短いシーンもカッコイイ。

        

とはいえ、やっぱりあくまで「昔のカンフー映画」だ。「今」とか「格闘技」の

目線で見ると、ちょっと苦しいのは確かだろう。以下、簡単に説明する。

                                 

深夜番組向けに、おそらく15分前後カットされてるからってこともあるんだ

ろうけど、ストーリーはかなり単純で、アレッて感じで終わってしまう。要塞

の島にいる悪者が武芸大会を開くから、そこに乗り込んで相手を倒し、み

んなを助けるって話だけど、その武芸大会の形がそもそも曖昧で、普通に

広場で実践練習してる感じになってる。

             

それぞれの人物像の深みとか、予想外の展開とかはほとんど無し。恋愛

や涙も無いし、裏社会の複雑さをえぐり出すわけでもない。カンフーの闘

いも、リーが苦戦する姿は僅かで、ほとんど一方的な勝利。ハラハラ・ドキ

ドキ感がない、単純かつ完全な予定調和だ。中国人・リーと白人ローパー

が悪を倒す構図は、要するに香港と米国の合作だからだろう。黒人選手は

殺されるし、悪の手下っぽい、空手着姿の大勢の男たちは日本人っぽい

顔が多い気がする。ただし、空手は素人の出演者が大半じゃないかな。

                                        

演出でも、たとえば要塞に閉じ込められた人達を象徴するのに、カゴの

を大量に映すんだけど、強調しすぎてコントに近くなってる。その一方で、

島が要塞として守られてる様子はほとんど映されてない。リーも含めて、

窮地に追い込まれた人間の恐怖とか不安も僅かしか表現できてないから、

助かった時の安堵感がないし、元々とらわれの身になってたヒロインもど

きの女性メイ・リンもオマ扱いだ。今なら当然、リーとの出会いとかリー

が闘う場面を見守る様子とか、注意深く撮影する所だろう。

                    

いい演出だなと思うのは、歓迎会の果物の配り方くらいかね。コンパニオ

ンの女性が投げる刃物が突き刺さった形で、大会参加者の手に渡る。リー

にはちゃんと、メイ・リンから届く。今ならもっとシャープに映すだろうけど、

時代を考えると十分だろう。最後の「の間」の闘いもまあまあと言うべき

かな。オーソン・ウェルズの名作『市民ケーン』の鏡を意識してるのかも。

                                                 

肝心のカンフーの演技や映し方は非常に独特で、昔の映画としてはあれ

でいいんだろうね。ブルース・リー独特のものか、香港映画の特徴なのか

は分からない。フェイントがないから、コンビネーションと言うよりは、ハッ

キリ区切りがある単発の攻撃の連続。受けより攻撃重視だから、実際の

格闘技の試合と比べて非常によくヒットするし、それでも相手は何度も立

ちあがる。一つ一つの攻撃には分かりやすい効果音。当たっても効かな

いけど、見栄えや面白さを重視した攻撃を多用(特に足技)。表情やポー

ズも、非常に映画的というか、ドラマチックというか。

                                                

まあでも、伝説の格闘映画だから、偶然見ることが出来たのは良かった

と思う。今度、カットなしのフルヴァージョンで見直したいな。あと、チャイ

ナドレスの女性を大勢出してくれるのは嬉しいサービスだったね♪ もう

ちょっとキレイなコを出して欲しかった気もするけど、まあ良しとしとこう。

以上、連休前の深夜映画の軽~い感想ってことで♪

                       

          ☆          ☆          ☆

という訳で、また時間が無くなったから、自分の走りは簡単に。昨夜、

傷の右脚付け根をまた痛めてしまったから、今夜は休みか超スロージョ

グ程度だなと思ってたんだけど、丸1日かばってる間にかなり復活。まだ

後ろへ大きく蹴り出すことが出来ないけど、ストライド(歩幅)を縮めた小

走りなら何とか大丈夫だった。

     

かなり余裕のあるスローペースだったし、14kmくらい行けるかなと思い

始めた所でまさかの雨! う~ん、直前の雨雲情報では一応雲が増えて

たし、湿度も高かったけど、ホントに降るとは思わなかったな。まあ、余裕

のある内に止めとけっていう天のお告げだと勝手に解釈して、12kmで

止めといた。脚のあちこちが疲れてる感じもあったしね。

        

トータルでは1km4分51秒ペース。走る前は、6分ペースも覚悟してた

状況だから、全然OKだ。とりあえず、故障が長引いたり悪化したりしな

いように気を付けるのが一番大切だろう。明日は休みにしようかな♪

心拍はプラス10の補正。ではまた。。☆彡 

             

  往路(2.45km)   12分35秒  平均心拍137           

  1周(2.35km)  11分33秒        149        

  2周           11分26秒        152        

  3周          11分13秒        155       

  復路(2.5km)    11分25秒         156      

計 12km  58分12秒 心拍150(82%) 最大162(ゴール時)

| | コメント (0)

トレイルランとエコ=環境保護の対立

RUN 14.3km,1時間07分46秒,心拍153

自転車+山登り=ヒルクライム、ランニング+山登り=トレイルラン(山道

走)。とりあえずこう考えてみると、山登り・自転車ヒルクライム・トレイルラ

ンの3つの流行がシンプルに結びつけられることになる。ただ、もちろんこ

れは大雑把な話で、実際にはそれぞれ、かなり違う特徴を持ってる。

              

山登りは中高年が中心で、ゆったり自然とふれあう運動。それに対して、

自転車ヒルクライムは少し年齢層が若くなって、車道で力を振り絞るス

ポーツ。そして最後にトレイルランは、更に少し年齢層が若くなって、自然

とふれ合いながら力を振り絞るスポーツだろう。ヒルクライムとトレイルラ

ンの決定的な違いは、道だと思う。「トレイル」(trail)とは、森林・原野・山

などの舗装してない道を指すのが普通で、だからこそ自然とか環境の問

題がシビアになってくる。

                          

        ☆          ☆          ☆

今日(9月17日)の朝日新聞・夕刊の「環境・エコロジー」欄には、「トレ

イルラン 定着するか」、「人気の一方、環境への影響に懸念」という、わ

りと大きな記事が掲載されてた(編集委員・武田剛、松尾一郎)。有名な

富士登山競走の写真が2枚掲載されて、山道でランナーがひしめき合っ

てる様子が写されてる。今年で62回目、3000人以上を集める人気の

大会で、トレイルラン・ブームの象徴的存在だ。

            

その一方、国立公園で開催予定だった「ツール・ド・TANIGAWA」(谷川

岳)と「OSJハコネ50K」(箱根)は中止に追い込まれた。自然保護団体

から自治体への反対や意見が響いたようだ。環境省も、国立公園での

競技会開催には難色を示しており、谷川岳の場合には「特別保護地区、

第1種特別地域及びこれに準ずる地域での競技会は禁止」との方針を

示した。   

    

ところが、この方針というのは法的拘束力がないし(自然公園法)、伝統

ある富士登山競走のコースも、国立公園の特別保護地区に入っている。

国立公園課の担当者は「個別に対応する」と語ってるそうだけど、どうし

て富士は良くて谷川岳はダメなのか、二重基準=ダブルスタンダードの

矛盾を指摘する声は当然あるだろう。

        

ランニングじゃなくて、バイクや自動車なら規制は簡単なはずだ。ところ

が、環境法の専門家・加藤峰夫教授(横浜国立大)も語るように、「走る」

というのは曖昧な概念で、人が普通に「歩く」ことの自然な延長だから、

法的に規制するのは難しい

    

結局、まずは全国の競技会の具体的な実施状況を知る必要があるとい

うことで調査が始まってるようだ。自然は大切だけど、自然を守るために

人間との触れ合いまで禁じるのも行き過ぎの感はある。参加人数、走り

方、マナー、環境保護対策など、個別の具体的内容をよく見極めて、折り

いをつけていくしかないだろう。

                

ちなみに私も、トレイルランには興味があるけど、手軽に出来ることでも

ないし、脚の故障も心配だから、とりあえずは様子見の姿勢だ。まあ、自

転車ヒルクライムで山や高原の景色を楽しむだけでも十分だろう。。

    

       ☆          ☆          ☆ 

おっと、また長くなってしまったから、自分の走りは簡単に。今夜は気温

が19度しかなくて、Tシャツと短パンだと、スタート時に肌寒く感じるほど

だったけど、しばらく走れば涼しくて快適な気象条件だった。ところが、な

まじ意識的にゆっくり走ろうとしたのが災いしたのか、古傷の右脚付け根

がギクシャクして、ちょっと痛い。普通10分もすれば治るのに、今夜は最

後までおかしいままで、とてもスピードを出す気にはならなかった。14.3

km走り通すだけでも、かなり辛かったほど。

           

それでも、トータルでは1km4分44秒ペースだから、ボチボチかね。明

日の夜までに治るとは思えないから、1日か2日休むハメになるかも

れない。気温が低くなると、走るのはラクになるけどトラブルは増えるね。

心拍はプラス10の補正。ではまた。。☆彡

     

           

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.のりピー=酒井法子の記者会見を見た。う~ん、思わずウルウル

    しちゃったけど、これまでも清純派イメージを装いつつ覚せい剤に

    手を出してたことを思うと、かなり複雑かも。とりあえず入院先のメ

    ンタルケアをじっくり受けて、今後に備えて欲しいもんだ。。

           

  往路(2.45km)   12分16秒  平均心拍142          

  1周(2.35km)   11分24秒        153       

  2周           11分20秒        154       

  3周          11分13秒        155 

  4周          10分58秒        157

  復路           10分36秒        160   

計 14.3km 1時間07分46秒 心拍153(83%) 最大167(ゴール時)

続きを読む "トレイルランとエコ=環境保護の対立"

| | コメント (0)

川口マラソンのパンフレット到着&花王エコナ問題

  (追記: 2009年のレース記事をアップ。

         川口マラソン、参加者急増の中で激走♪ )

     

RUN 12km,57分11秒,心拍151

乗鞍ヒルクライムを終えて、東京マラソンと世田谷ハーフを申し込んだら、

090917 もう川口マラソン(ハーフ)の

 パンフレットが到着か。何とも

 慌ただしいね。1年に4、5回

 くらいしかレースに出ない私

 でさえ落ち着かないから、月1

 とかで出てる人はホントにレー

 ス漬けだろうな。

     

 実際、美ヶ原・鳥海・乗鞍と

 3ヶ月連続でヒルクライムに

出た自転車仲間に聞いたら、やっぱり全く休みがない感じだってお話だ。

練習とレースで、毎週末つぶれるもんね。

         

川口は一昨年からの参加で、去年は久々の快走になった☆ その記事

を書いた後、「快走」とは何か?とかいう検索アクセスが入って来たけど、

快走とは文字通り「快い走り」でしょ。走ってる途中の感覚だけじゃなく、

走り終わった後のタイムや順位も考慮して使う言葉だ。私の場合、タイム

が予想より良かったし、全力を振り絞る感覚を味わえたのが大きかった。

          

何しろ、数年前の実測最大心拍の94%でハーフを走り切ったのだ。その

時点の最大心拍との比なら、95%くらいで21.0975km走ってるわけ

で、今までそんな経験はないし、ほとんど限界だろう。走りながらそれが

分かったから、凄く充実したレースになった。

           

でも、自己記録にはまだ程遠いから、出来れば今年、ダメなら来年には

更新したいと思ってる。という訳で、とりあえずの目標は12月6日の川口

なのだ。その前に世田谷がもし当選したら、予行演習みたいな感じで走っ

ときたい。毎年一緒に川口に出てる友人Hも、当然ハーフにエントリーし

て私とバトルすることになるだろう。H、読んでるか?♪ ちなみに今年の

招待選手は弘山晴美で、10kmの部に出場予定とのこと。

           

         ☆          ☆          ☆

さて、走りの方は、どうも冴えない感じになってる。日曜に二ヶ月ぶりの

17kmをこなして、月曜休みで火曜がまた17kmの予定だったのに、ド

ラマ記事その他のせいで、また僅か8kmへと距離短縮。どうせならゆっ

くり走っとけば良かったのに、中途半端にスタスタ走ったから、今夜はま

だ回復してなかった。

       

どうも、17kmの疲れがまだ股関節に残ってる感じだ。夏の自転車シー

ズンの間、股関節への負荷があんまし加わってないから、弱ってるのは

当然だろう。で、結局今夜は、12km余裕を持って走るだけにしておい

た。特に公園までの往路はかなり抑えて、じっくり身体を温めた後に、少

しだけペースアップ。

    

トータルでは1km4分46秒ペース。うん、まあ狙い通りだからOKでしょ。

明日はもっとペースを落として14kmくらい走ろうかな。今週末は、乗鞍

以来久々に自転車に乗ろうかと思ってたのに、雨の予報になってる。ま

あ、傘ランか休みに切り替えて、自転車は来週の祭日にでも回すとしよ

う。心拍はプラス10の補正。ではまた。。☆彡

            

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.何と、持久系アスリート御用達のクッキングオイル・花王「エコナ」

    に、発がん性物質になる恐れがある成分が含まれてるとの事。

    花王が認めてるのはグリシドール脂肪酸エステル。でも朝日新聞

    の報道によると、ジアシルグリセロールも怪しいらしい。

             

    このエコナ、体に脂肪がつきにくいってことでクリーンヒットした特

    定保健用食品だから、ウチでも使ってるし、買い置きもある。今の

    ところ、返品や返金の方法が掲示されてないけど、そんな話を聞

    いたら当然返品でしょ。。

           

    (追記: エコナ情報をまとめた記事を9月28日に追加。

         花王エコナ・発がん性問題、週刊現代の記事と返品方法)                  

            

  往路(2.45km)   13分08秒  平均心拍133           

  1周(2.35km)  11分39秒        147        

  2周           11分12秒        155        

  3周          10分33秒        163       

  復路(2.5km)    10分39秒         164      

計 12km  57分11秒 心拍151(82%) 最大170(ゴール時)

| | コメント (0)

ブログ疲れ短距離ラン&『ブザー・ビート』第10話

RUN 8km,37分14秒,心拍153

調べて、考えて、書きまくる。先週末から立て続けに重い記事を書いてる

から、流石に疲れ切ったな。生活パターンが乱れまくってるし、眼と肩が

疲れてる。ホント、1円の金にもならないのによくやるよなぁ・・・って事もな

いわけよ♪ 実は今、LOTTEのガム・ACUOのブログコンテストで賞金

を狙ってるから、ひょっとすると努力が金になるかも知れない ^^

          

その確率論的な期待値を試算してみよう。賞金は総額148万円で、今現

在の参加ブログは200弱。どんどん増えてるから、最終的には1000くら

いまで行くかも知れない。単純計算すると、各ブログが獲得する賞金の期

待値は1480円。安っ!・・・(^_^; コンビニで2時間バイトする程度の僅か

な金のために、必死で記事を書くのも淋しいよな。ま、別に賞金なんか無く

ても、4年間ずっと書いて来たんだけどさ。。

     

ともかく、心身共に疲れてるし、小雨まで降ったから、サボリそうになった

んだけど、グッとこらえて8kmだけ走って来た。別に体力的には10km

以上走っても良かったけど、時間的に40分程度が限界だったわけ。底

すり減ったシューズで濡れたアスファルトの路面をキックすると、ツル

ツル滑って走りにくい。特に近所の公園は、舗装状況が悪くてドロもあち

こちあるから、何度もコケそうになりながらバランスを保つことになった。

     

トータルでは1km4分39秒ペース。中途半端だなぁ。。どうせなら、30

秒切るか、あるいは5分以上でゆっくり走った方が良かったね。ま、時

間を気にしてたから仕方ない。今夜はのんびり10kmほど走ることにし

よう。心拍はプラス10の補正。もう9月も後半なんだね。ではまた ☆彡

               

往路(1.15km)   6分14秒  平均心拍127 

 1周(1.1km)   5分28秒        141  

 2周          5分18秒         148  

 3周          4分59秒         156 

 4周          4分45秒         165 

 5周          4分31秒         169 

復路(1.35km)  5分58秒           164 

計 8km      37分14秒 心拍153(83%) 最大173(ゴール時)

             

                   

         ☆          ☆          ☆

さて、あくまでオマケ扱いで続けて来た『ブザー・ビート』へのコメントも、

遂に第10話まで来てしまった。「カンペキ(完璧)を追い求め」、ゼンブ

(全部)を知ろうと努力することの意義を強調してきたウチとしては、ドラ

マのイチブ(一部)にすぎない9話までだけで止める訳にもいかないだろ

う♪ 「すべて知るのは到底無理」としても、すべての回にコメントするの

は可能なのだ。

                 

という訳で、ホントは他の事をやりたいのをガマンして、じっくりドラマと向

き合ったんだけど、今回も正直困っちゃうね。書くことが無いと言うか、逆

にあり過ぎると言うか。あるいは書きにくいと言うべきか。。

                

笑える部分はちゃんとあった。「アイル・ビー・バック」の言葉通り、日本に

戻って善玉になったターミネーター2・川崎(伊藤英明)と宇都宮(永井大)

の、愛の再会。莉子(北川景子)にドヴォルザークなんて名前を急に出さ

れて、一瞬沈黙してしまった直輝(山P=山下智久)。ほとんどコントのよ

うな、バイオリンの厳しい女教師♪ 出来れば、演奏会中に直輝の居眠

りも入れて欲しかったけど、まあ良しとしとこう。

                           

話の流れは基本的にスムースだし、凄くおかしな点というのもない。ひま

わりのプレゼントや、集めたシールで手に入れたカップの使い方。白馬に

乗った王子様じゃなくてオジサマ、東都音楽財団理事長・八尾隆介(升毅)

による莉子のサポート。単にひねくれ者の女好きで、悪い奴じゃないのは

最初から明らかだった代々木(金子ノブアキ)の、イイ奴への変化。ここに

来てまだ妙な女のままの菜月(相武紗季)。

               

積極的に評価する気にはならない(特に八尾のブラボー・・)けど、不自

な展開はない。そうゆう意味でなら、緻密なストーリーだ。化粧して着飾っ

てた姿では軽井沢へ行かないと言ってた莉子が、麻衣(貫地谷しほり)の

クレンジングで念入りに化粧を取った後、直輝の言葉に従って軽井沢に

行くことを決心。これもまた、整合的な(つじつまの合ってる)話だ。ウチで

は第1話から、「化粧」(広い意味)の使い方について指摘しておいた。

                                

とはいえ、スタート当初に強く感じた懐かしさも薄れた今、男の私が見て

全体的に楽しめるドラマになってるかと言うと、かなりビミョーではある。

            

いくらオシャレな美少年だといっても、それに見とれる趣味はないし、ドレ

スアップした北川やセーラー服姿の大政絢に引き付けられる訳でもない。

どうせなら、もっと萌えるドレスやセーラー服にして欲しいもんだ♪ 93年

に大ヒットした月9、『あすなろ白書』でキムタクが石田ひかりを後ろから

抱きしめたのを真似して、山Pが北川を「あすなろ抱き」するのはいいけ

ど、全体的に甘口過ぎるからインパクトが薄れてしまってる。

             

演奏会に直輝が来たシーンは、木村拓哉&山口智子『ロングバケーショ

ン』(96年)へのオマージュ(敬意を込めた模倣)だろうけど、ロンバケと比

べると遥かにインパクトが薄かった。キムタクの演奏には色んな思いが詰

まってるのがちゃんと表現されてたけど、莉子の場合はほとんど無し。唯

一の楽しみのチアリーダーも結局、初回と最終回のためだけのサービス

みたいになってるし♪ 

                    

最終回の展開も、演出は別として、物語的にはもう予想がつくだろう。莉

子は軽井沢のオーケストラで活躍。麻衣との共演の確率は半々か。直輝

はネズミの手術のリハビリを終えて、代々木と気の合った連携プレー。母

と妹も見つめる中、大事な試合でブザービート(ブザービーター)を決めて

アークスの勝利。チアの菜月も素直に喜び、直輝を諦める。宇都宮も川

崎を諦め、菜月にさり気なく優しいフォロー。秀治(溝端淳平)&麻衣はま

すますアツアツ。ラストシーンは例の公園でのディープ・キスって感じかな。

                               

私の注目点は、チア以外にはもはや、川崎くらいのもんだ。試合途中で、

タイトルバックみたいにドリンクを思い切り蹴散らしてくれるかどうか。あと、

最後に代々木かマネージャー(はんにゃ)か、誰かとビミョーなBL(ボーイ

ズラブ)的ランニングをしてくれるかどうか。。♪

                  

        ☆          ☆          ☆

ここで視野を広げつつ、客観的なデータを見てみよう。先週書いたように、

『ブザビ』の原点とも言うべき『東京ラブストーリー』(91年)では、第9話

「行かないで」から視聴率が26.3%、29.3%、32.3%と急上昇。当

時としてはそれほど凄くもない平均視聴率(22.9%)にも関わらず、記

録より記憶に残ったドラマと言っていいだろう。

              

朝日新聞・夕刊の連載企画「TV 訪ねてみれば」によると、終盤で別れの

シーンに使われた四国(愛媛)の田舎の小さな駅には、いまだに白いハン

カチが結ばれて、潮風にはためいてると言う(7月21日,ネットで閲覧可

能)。リカ(鈴木保奈美)からカンチ(織田裕二)への、意表を突く別れの挨

拶を再現してるのだ。演出の永山耕三(ブザビも担当)は、朝日の取材で

その事実を聞いて、驚きつつも嬉しそうにしてたらしい♪

                                 

一方、『ブザビ』の第8話のサブタイトルも「行かないで」。こちらは、やは

り選挙とか裏番組の関係だったのか、その週の視聴率は17.5%へと跳

ね上がったものの、そこから15.0%、13.7%と急降下して元通りの数

字に。来週は最終回75分スペシャルだから期待できるものの、平均視聴

率を15%台に載せるには約21%の高視聴率が必要になる。去年の『コー

ド・ブルー』が初回と最終回だけ20%前後だったことを考えると、不可能

とまでは言えないけど、今週の5割増の数字だから厳しいのは確かだろう。

               

もちろん、前クールの『婚カツ!』の10.5%と比べるとかなり盛り返した

わけだし、録画やワンセグなどで見る視聴者も加えると、それなりの人に

見られてるわけだ。また、視聴率がドラマの評価のイチブ(一部)だという

事も、今さら言うまでもない。

           

ただ、控え目に言っても、終盤で全国的に盛り上がる形になってないこと

だけは確かだろう(個々人の感想は別)。ちなみにウチのコメントは、序

盤は好意的だったものの、終盤になるにつれてトーンダウンしている。

         

参考までに、珍しくYahoo!ブログ検索の「評判」も見てみると、『ブザー・

ビート』の詳細な結果は、ポジティブ58%、ネガティブ7%、その他35%。

一方、夏ドラマのライバルである、江口洋介&松嶋菜々子『救命病棟』だ

と、それぞれ80%、2%、18%。草なぎ剛&黒木メイサ『任侠ヘルパー』

だと、70%、7%、23%だ。試しに日本の政治家の名前を入れると、ポ

ジティブの数値がガクッと下がって、オバマだと少し上がるから、それなり

に意味のある数値データだと思う。

                

で、3つの夏ドラマを比較すると、『ブザビ』が相対的に弱いのが分かるだ

ろう。後ろの2つが、どちらもスタート時点でアクシデントの悪影響を受け

てたことを考えると(江口のバイク事故、草なぎの逮捕&早期復活)、尚

更そう感じてしまう。絶大な人気を誇る山P=山下智久が主演する月9で

さえ、こうゆう結果なのだ。さて、これをどう考えるか。。

            

         ☆          ☆          ☆

ドラマを見る限り、山Pのインフルエンザという不運の実質的影響は僅か

だと思う。そうなると、特にテレビドラマの場合、やっぱり一番気になるの

は脚本だ。大森美香に対しては、私は最初から、中立かややポジティブ

程度の態度だったけど、ここに来てややネガティブに傾いて来た。第8話

のラストに関しては、菜月役の相武紗季の演技の影響を多少考慮しても

いい。ただ、第9、10話は脚本以外に思いつかない。西浦正記の演出は

全体として普通だろう(個別にはP.S.2参照)。

                              

さて、その脚本家・大森が監督も手がけた映画『プール』が9月12日公

開ということで、10日の朝日新聞・夕刊には、インタビュー記事が載って

いた(ネットで閲覧可能)。「派手さや明快さが求められるテレビとはひと

味違い、説明的な言葉や映像を極力排した、落ち着いた作品」(記者の

石飛徳樹)だそうで、母親役で主演の小林聡美は「セリフが少なくて、途

中で寝てしまう人も中にはいるかもしれませんが、こんな感じに仕上がっ

ちゃったので、しょうがない」(スポニチ14日)と自虐的に舞台挨拶してる。

                 

映画はテレビと違って、お金を払ってわざわざ映画館まで見に行くものだ

し、退屈なくらい落ち着いた作品でも構わないとは思う。言葉や物語を抑

えて、大森も魅せられたという、タイを代表する観光地チェンマイの美しい

風景を存分に映し出すのもいいだろう。脚本に留まらず、演出まで手掛

ける意欲や行動力も評価する。ただ、それでも気になったのは、インタ

ビューにおける大森の自作解説だ。

                  

朝日の記事のタイトルは「説明なくし、見えるもの」だった。映画内での説

明を出来るだけ削り込んで、「人物が風景の中にただ立っているだけで

すべてが分かる」ことを目指したと、大森は語ってる。 

              

では、何が分かるのか。あるいは、何を分かるべきなのか。あらすじ的に

は、こんな映画だ。高校卒業か大学入学くらいの時期の娘(伽奈)を日本

に置いたまま、母・京子(小林)は1人でタイへと飛び出す。そこへ、4年後

くらいになって、娘が訪ねて来る。当然わだかまりを持ったまま、そして、

それを隠すことも出来ないまま。ところが母は、娘に責められても全く反

省せず、やりたい事をやるという価値観を守るらしい(朝日&公式サイト)。

                 

この母子に対して、大森は次のように語る。「娘としては、母に『ごめん』

と謝ってほしかったのかもしれない。でも、彼女がもし『申し訳ない』と思っ

ているとしたら、娘は結局、母を尊敬できないんじゃないかと思う」。

                

これを読んだ時、すぐ思い出したのは、例の月刊『ドラマ』のインタビュー

だった。特に菜月を書く時にスッキリするという大森の言葉に、かなり違

和感があったけど、『プール』のインタビューで納得した。なるほど、そうゆ

う考えの女性なのか。。

            

大人の男がワガママを貫く物語なら、これまで溢れ返ってたわけだから、

母親のワガママを描く映画があっても別にいいとは思う。ある程度成長し

た娘が、それに理解を示すというのも、現実味のない話ではないだろう

し、必ずしもおかしくはない。

            

ただ、常識からかけ離れてても、良くない事であっても、欲望のままにや

りたい事をやる母親を支持する大森の姿勢。それをキープしてこそ、娘に

も尊敬されるという人間の見方。こうしたものがあって初めて、菜月のよう

なキャラを最後まで書き続けることができるんだな・・と、私は「理解」した

のだ。もちろん、「納得」はしないけど♪

             

さらに読み込むなら、『ブザビ』の保守的なストーリーは、大森にとって、

書きたいものを書くことからは程遠いんじゃないか。だからこそ『プール』

の母・京子と同じかそれ以上に規格外れの女・菜月を書く時に、ようやく

スッキリできるわけだ。逆に言うと、物語の中心的流れに関しては、書い

てる本人でさえスッキリしない、型にハマった昔の月9を書いてるからこ

そ、内容的にも視聴率的にもビミョーな結果になったんじゃないだろうか。。

                

         ☆          ☆          ☆

という訳で、実はまだまだ書くことを用意してたんだけど、もう時間だ。オマ

ケとしてはこれで十分だろう♪ 色々書いたけど、私が独自のドラマ記事

を通じて伝えてるメッセージは、昔から基本的に変わってない

         

愛するタレントに夢中になってるだけでは、そのタレントは見えない。好き

なドラマだけ楽しんでるのでは、そのドラマは分からない。外に出ること。

考えること。言葉を創り出すこと。対象から少し距離を取ること

                

「愛しぬけるポイント」なんてものがもしあるのなら、それはそこに留まる

ための場所ではなく、外に出るための扉にすぎない。そして、外に出るた

めの必要条件が、最低限のマナー=やり方ということだ。

             

  「扉を叩け、さらば開かれん」(『プロポーズ大作戦』妖精=三上博史)。

  「Open the door!」(『ギャルサー』進之助=藤木直人)。

       

それでは。。☆彡

        

        

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                       P.S.

090916_2  好評の直輝メールを今週も

  付けとこう。いや、単に私が

  auの絵文字で遊びたいわ

  けよ♪ 残念ながら、映像

  はメールの後半だけだった。

         

  

     

      

             

P.S.2 西浦演出で時々登場する画面の2分割・3分割とか、今回のラ

      ストの唐突な終わり方。あるいはバイオリン練習&オーディショ

      ンでの極端な広角レンズ。ケガで落ち込む直輝を連続3段階で

      小さく映していく技法。

      そういった目新しいものを控え目に取り入れようとする努力は、

      その結果に関わらず評価したい。あと、莉子の練習中に入った

      直輝からの携帯メールで、受信ランプが例のカップに反映して

      るのもキレイだった。

      

      先週書き忘れたけど、ラストで菜月への思いを振り切って莉子

      へと向かう直輝の自転車が、ひたすら真っ直ぐ進んでたのも、

      永山のいい演出だった。

      是々非々とは、例えばこうゆう事だ♪

      

P.S.3 ブログ記事の本文に付けたリンクをクリックする読者はかなり

      少ないんだけど、先週の記事につけた山P&亀梨和也『野ブタ。

      をプロデュース』第7話レビューへのリンクは、珍しく大勢の人が

      クリックしてた。それだけ、私の指摘に意表を突かれた人が多

      かったってことかね♪ まだ全く無名だったウチがドラマファンを

      集め出したのは、あの記事辺りからなのだ☆

      

P.S.4 う~ん、凄いタイミングだなぁ。。最終回の5日前になってスポー

      ツ報知が山Pの熱愛をスクープした。相手は人気ハーフモデル

      の加賀美セイラ(22歳)で、歌手としても成功してるらしい。17

      日発売の有楽町・居酒屋デートの写真まで。

      さて、この「ビッグニュース」。視聴率にどのくらい影響するんだ

      ろうね。3%前後のプラスならあり得ると思うけど、果たして。。

                

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.男のビート、女のメロディー~『ブザー・ビート』第1話

  『ブザー・ビート』第1話、山P=山下智久の自転車の車種

  『ブザー・ビート』の相武紗季(菜月)は肉食女子なのか♪

  自転車疲れジョグ&『ブザー・ビート』第3話

  太腿疲れジョグ&『ブザー・ビート』第4話

  自転車疲れジョグ&『ブザー・ビート』第5話

  疲労満腹ラン&『ブザー・ビート』第6話

  疲労ピークラン&『ブザー・ビート』第7話

  レース疲れ小雨ジョグ&『ブザー・ビート』第8話

  居眠りランちょっとだけ&『ブザー・ビート』第9話

  胃もたれラン&『ブザー・ビート』最終回&『おくりびと』

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  週刊新潮のジャニーズ・ドラマ批判について

  リハビリ傘ラン&週刊文春『ブザビ』評

  フジの看板ドラマ「月9」、過去10年の視聴率のグラフ

  フジ「月9」視聴率グラフ2 (80年代後半~90年代)

  山P=山下智久主演ドラマ、視聴率の推移(野ブタ~ブザビ)

| | コメント (0) | トラックバック (6)

ACUOへの道~お口の恋人・LOTTE、ミントガム50年の歴史

今夜は、『ブザー・ビート』第10話、直輝(山P=山下直輝)&莉子(北川

景子)の涙のさよならについて語るとか、最終回75分スペシャルの予想

をするとかした方が、ウケがいいのは分かってる。でも、彼らと同様、私も

今は夢を追いかけてるわけだ♪ 「ロッテACUO・ブログ力コンテスト」の

No.1の座を☆

          

オンリーワンよりナンバーワンを目指すイチローが、9年連続200安打

に至るまで地道に努力を重ねたように、私も努力して記事を書き、グー

グルのブログ検索の順位を上げる必要がある。という訳で、今夜は第2

弾記事として、アクオ(ACUO)という人気商品に至るまでのロッテの歩み

を簡単にまとめてみよう。公式サイトを中心に、ウィキペディア他のそれな

りに信用できる情報を参照して書いてみた。

                 

        ☆          ☆          ☆

HPの会社情報の中に、「ロッテの歩み」というページがある。1948年、

チューインガムの製造販売から始まるんだけど、ここで注目したいのは

その次の項目。1956年(昭和31年)に、南極学術探検隊用チューイン

ガムを試作したそうで、これが後に「COOLMINT GUM」のイメージと

なる南極ペンギンへとつながったそうだ。

                 

そして、57年には最初の超ロングセラー「グリーンガム」を発売。森林

の緑(=グリーン)をイメージした、葉緑素(クロロフィル)配合のミントガ

だ。続いて60年にはもう一つの超ロングセラー「クールミントガム」

発売。南極の澄んだ空気や氷山の冷たさを表現するために、強烈な

口ペパーミントガムにしたとのこと。デザインには今でもペンギンが使わ

れている。

               

その後、ロッテはガム以外のお菓子とかアイスクリームへと進出、これま

た成功を収めるわけだが、本来の商品であるガムのその後の大ヒットと

言えば、何と言っても97年発売の「キシリトールガム」。天然素材甘味料

XYLITOLで歯の健康を保つデンタルサポートガムとして一気に広まった。

      

70年代後半から始まった長年のキシリトール研究が見事に実を結び、

LOTTEは1000億円を超える新たな市場を創出して、トップシェア企業

として君臨。そのキシリトールガムの主力2商品は、ライムミントとフレッ

シュミント。やっぱりミントガムなのだ。

                       

そして、南極探検隊からちょうど50年を経た2006年。20-30代向け

の「No.1&Only1のミントガム」として発売されたのがACUO(アクオ)

だ。名前が表す「鋭くする」「刺激する」味わいと共に、「いい息、長持ち

の持続力が特徴。息をデザインする、爽やかでフレッシュなミントフレー

バー・ガムとして、最新の「ACUO POWDER SPARKING MINT(ス

パーキングミント)」に至るまで、ヒットし続けている。。

                               

         ☆          ☆          ☆

以上がロッテ・ミントガムの歴史(History)であり、お口の恋人・ロッテと

いう会社全体の中心的歩みでもある。と言っても、私はこの記事を書くま

で、ガムの会社としてスタートしたとは知らなかったし、ミント(MINT)とハッ

カ(薄荷)が同じものだとも知らなかった。また、ペパーミントが鋭くてスペ

アミントが柔らかいというような違いも知らなかった。

                           

コンテストのための努力を通じて、一般教養を増すことに成功したのだか

ら、これでもう私は満足だ・・・と終わればキレイなんだけど、やっぱり密か

にNo.1を狙っている。Googleブログ検索のロボット君、ナンバーワンで

のランク付け、よろしくネ! ダメなら、5位以内ってことで♪

ではまた。。☆彡

      

               

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.たまたま立ち寄ったサークルK・サンクスで、「ロッテACUOを買っ

    て当てよう!秋チャリプレゼント」っていうキャンペーンがあるのを

    知った。小径(小さいタイヤ)の折畳自転車が100台当たるんだけ

    ど、応募にはACUOも含めて色々買い物しなければならない。そ

    れにしても、検索しても公式ページがヒットしないのはなぜだろう。。

         

cf.LOTTEのACUO、ミントガムの記事でブログ力コンテスト☆

  ACUOも好評☆お口の恋人・LOTTEと永遠の恋人・シャルロッテ

| | コメント (0)

多摩川の自転車速度規制、ますます強化

RUN 17km,1時間19分11秒,心拍154

高速自転車「待った」 府中・多摩川河川敷・・・って言う見出しの記事が、

今朝の朝日新聞にわりと大きく載ってた。またかって感じだけど、多摩川

を走るサイクリストとしては、一応目を通しといた方がいいだろう。カラー

写真入りで、他の見出しはこんな感じだ。「市、衝突死を重視 凹凸舗装

や条例」、「昨年は23件事故」、「年内にも改良へ」。

        

最初の見出しからも分かるように、今回の記事は基本的に、府中四谷橋

辺りの「府中多摩川かぜのみち」に関するものだ。川下から行くと、国立

の折返しの手前辺りで、気持ち良くスピードを出せる場所。と同時に、今

6月には歩行者の死亡事故が起きたらしい場所でもある。

      

ここは、1970年代に「多摩川サイクリングロード」として整備されたのを、

8年前に「かぜのみち」へと名称変更。ランナーや歩行者優先に変わった

らしい。それでも自転車事故が多発して、去年は23件中の2件が重傷

事故。今年はこれまで15件。府中市は河川管理者の国土交通省や警

視庁と対策を検討して、速度抑制のための改良を始めることにした。

       

その工事が行われるのは差し当たり「優先整備区域」で、利用者が最も

多い是政橋から市郷土の森博物館までの約1.6kmとか書いてるけど、

この選択はどうかね。あそこはクランク(180度左右回転)や合流地点が

あるし、路面もイマイチだから、元々それほどスピードを出せない。歩行

者にも注意する場所だから、優先度は低いと思うけどな。むしろ遥かに

危険なのは、もう少し上流の関戸橋から先でしょ。あるいは、是政橋から

逆方向、下流側の1.6kmとか。

                                                                   

ちなみに対策は、①高速走行の際の目印になるセンターラインをすべ

て消す②路面に凹凸の舗装を施したり、目の錯覚で障害物に見える

「イメージ・ハンプ」と呼ばれる路面表示を設けたりする③注意を呼びか

ける看板を増設する、など。

          

他にも「自転車安全利用に関する条例」を正帝する予定らしいけど、こ

れはあんまし実効性はなさそうで、単なる象徴的アピールに見える。イ

メージハンプってのは、既にあるものに近いのかな。ネット検索の写真だ

と、三角印が付いてて確かに盛り上がって見えるけど、2回目からバレ

ちゃうと思うんだけど♪

                                                      

とにかく、自転車にとってますます多摩川が走りにくくなるのは間違いな

さそうだ。それ自体は仕方ないと思うけど、いつも書いてるように、代わり

の場所を自転車に与えて欲しいもんだね。例えば、幹線道路の路上駐車

取締りを強化するとか、自転車優先のサイクリングロードを増やすとか。

         

ハッキリ言って、昨今の世界的なエコの流れを考えても、自動車が優先

され過ぎてるのだ。片側3車線区間とかで、左端に自転車の通行帯を作っ

てくれるだけでもどれほど有難いことか。それなのに、高速無料化とかエ

コカー減税とか、相変わらず政策は圧倒的に自動車優先。民主党には

大胆な方針転換を期待してるんだけど、やっぱまだまだ無理そうだな。オ

バマが自転車派になりさえすれば、コロッと世の中変わったりして。。♪

        

        ☆          ☆          ☆

おっと、また長くなってしまったから、自分の走りは簡単に♪ 今日は昼

間からかなり体調が悪くて、いよいよ本格的な風邪みたいな感じだったか

ら、休もうかなと思ったほど。ただ、夜になってノドの腫れが収まって、微

熱もちょっと下がったので、試しにゆっくり長めに走ることにした。長めっ

て言っても、ここ2ヶ月はせいぜい14kmしか走ってなかったから、そのく

らいを目安にしてスタート。

                    

ところが、1日休んだおかげで足腰が軽いし、余裕を持って走ってるから

疲れない。アレッて感じで、すぐに距離を上方修正。スピードも自然に上

がって、結局いい感じで17km走ることが出来た。ラストも快適☆

             

トータルでは1km4分39秒ペース。まあまあかな♪ ただ、終盤はちょっ

と脚の筋肉に余裕が無くなってたかも。疲れを取るために明日は休んで、

明後日また同じくらい走りたい。心拍はプラス10の補正だけどわりと低い

数値。涼しくて湿度も低かったからかね。ではまた☆彡

                       

  往路(2.45km)    12分39秒  平均心拍133         

  1周(2.35km)    11分08秒        150      

  2周             10分59秒        155      

  3周            10分58秒        158

  4周             10分49秒        159 

  5周            10分41秒        159

  6周(0.35km)     1分38秒       162

  復路               10分20秒         161

計 17km  1時間19分11秒 心拍154(84%) 最大175(周回ラスト)

| | コメント (0)

お見合いでベストの相手にプロポーズする方法♪~鳩山新首相の専攻「OR」2

初の本格的な理系の首相、鳩山由紀夫の専攻とされる「OR」(オペレー

ションズ・リサーチ=作戦研究)について昨日解説記事をアップした所、

予想よりアクセスが多かった。新たにちょっと面白い例題を発見したこと

だし、早速記事を1本追加しとこう。別に鳩山とか政治とか関係なくても、

興味深い話だ。特に「婚カツ」を頑張ってる方には、「目から鱗が落ちる」

知識かも知れない♪

                           

私は9月11日の朝日新聞・朝刊に触発されて記事を書いたんだけど、

その後ネットで検索すると、すぐに『AERA』2009年9月7日号の記事が

ヒットした。ホント、朝日新聞とAERAと『週刊朝日』は昔から似たような

話を書くね。テレビ朝日の『報道ステーション』も似てるし♪

            

で、AERAのサイトを見ると、「戦後初の『理系脳』 専門は問題解決学 

『数学家首相』誕生」という記事の冒頭部分がそのまま掲載されてた。

AERAは、表紙のキャッチコピーがくだらな過ぎてイメージが悪いんだけ

ど、この記事のツカミは上手くて、すぐ引き込まれてしまった。

    

     「10人の女性と順番にお見合いする。その中で一番すばらしい

      人にプロポーズする確率を最大にしたい。どうしたらいいか

             

この問題、せっかちな人ならすぐ、「上手い方法なんてあるはずない」と

か、「どうやっても同じに決まってる」とか言いそうだ。逆に、じっくり考え

込むタイプの人なら、問題が曖昧過ぎるとまず感じるだろう。実際、私が

そうだったのだ。では、記事のその後はどう書いてあるか。

         

     鳩山由紀夫が、客員教授を務める同志社大学の特別講義でよ

     くする話だ。答えは、「3人目までは見送って4人目以後これが

     一番という人にプロポーズすればいい」

     

     というもの。最初の人で決めれば1割、最後の人まで待つとする

     とやはり1割の確率でしか、最高の人と出会えない。実はその

     間に「行動に踏み切る最少の人数」があって、この場合、3人見

     送れば、ほぼ4割の確率で10人中1番の人に結婚を申し込め

     る、という。

      

     これは、由紀夫の思考法の原点である、OR(オペレーションズ・

     リサーチ)、いわゆる「問題解決学」的思考法だ。

              

この後はもう、話が変わるから、この問題の説明は以上で終わりだ。お

そらく、執筆者の編集部・内村直之は答えの理由を理解してないだろう。

文体が単なる伝聞調になってるし、理解してるにしては余りにも不親切

な要約だ。そして何より、ウチのこの記事がほのめかすように、上の問

題を正確に解答するのは大変な作業になる。

               

だから、私は一旦この記事を見捨てたんだけど、そこはやっぱり数学好

きの哀しい性(さが)♪ どうも気になって仕方ないから、問題文の意味

を自分で決めて、簡単な場合に置き換えて解決した。なるほど、これは

面白い問題だと思ったから、OR記事・第2弾として解説してみよう。

                      

       ☆          ☆          ☆

まず、問題の意味をハッキリさせよう。もし、ある時点までにお見合いし

た全ての女性の中から選んでプロポーズできるのなら、10人全員とお

見合いすればいいのは当然だろう。100%(=10割)の確率で、1番す

ばらしい人にプロポーズできることになる。

              

ところが、最後の人まで待つと1割の確率だと記事に書いてあるから、

前にお見合いした人にはもうプロポーズできないのだ。これは、昔なが

らのお見合いの慣習を考えれば納得できるルールだろう。

       

次に引っ掛かるのが、「4人目以後これが一番という人にプロポーズ」と

いうお見合い戦略。前の人にはもうプロポーズできないことを考えると、

次のような意味だと思われる。最初の3人は必ずパス。4人目からは、

その人が今までで最高だったらプロポーズする。そうでなければ、その

人もパスして次の人とお見合いする。もし最後まで、その人が最高にな

らなければ、プロポーズはしないままお見合いを終了。諦めて淋しい独

身生活を送る。。♪

            

この場合、「定性的」に、つまり計算せずに物事の性質だけを考えると、

この戦略が本当に得なのかどうかはハッキリしない。と言うのも、今まで

で最高だった時だけプロポーズする点だけなら合理的に見えるけど、最

初の3人の中に一番すばらしい人が入ってたら必ず失敗するからだ。そ

こで、「定量的」考察、つまり細かい計算が必要になる。

              

最初に、問題を極端に単純化して、お見合い相手が2人としよう。順番は

運任せだから、もし1人目ですぐプロポーズする戦略を取るなら、見事に

1番素晴らしい女性を選ぶ確率は 1/2 となる。

                         

それに対して、2人目まで待つ戦略を取るとしよう。1人目に1番が来てし

まった場合(確率 1/2 )には、この戦略は必ず失敗する。でも、2人目に

1番が来た場合(確率 1/2 )には、必ず成功する。したがって、この戦略

においても、1番を選ぶ確率は 1/2 で変わらないのだ。

     

        ☆          ☆          ☆

ところが、お見合い相手が3人の問題だと確率が違ってくる。まず、1人

目でプロポーズする戦略を取るなら、1番素晴らしい女性を選ぶ確率は

1/3だ。

                  

それに対して、2人目以後まで待つ戦略を取るとしよう。1人目に1番が

来てしまった場合(確率 1/3 )には、この戦略は必ず失敗する。続いて、

1人目に2番が来た場合(確率 1/3 )。更に2人目に1番が来れば(確率

1/2)、その人を選ぶことになるので、必ず成功する。一方、2人目に3

番がくれば(確率 1/2)、パスして3人目とお見合いすることになり、残り

は1番だから必ず成功する。

         

090913   

  

  

   

  

  

  

    

    

では、1人目に3番が来た場合(確率 1/3 )はどうか。更に2人目に1番

が来た場合(確率 1/2 )、その人を選ぶことになるので必ず成功する。

一方、2人目に2番が来れば(確率 1/2 )、1人目よりは上の女性だか

ら、間違ってその人を選んで失敗する。

           

以上より、2人目以後まで待つ戦略を取った場合に1番を選び出す確率

( 1/3 × 1/2 )+( 1/3 × 1/2 )+( 1/3 × 1/2 ) 1/2。 したがっ

て、1人目でプロポーズする戦略の成功確率1/3よりも大きいから、2人

目以後でプロポーズする戦略の方が優れている。

                   

ちなみに、3人目まで待つ戦略だと、3人目に運良く1番が来た場合だけ

成功するから、成功確率は1/3。と言う訳で、結局2人目以後まで待つ

戦略が、今までの中では最も優れてるのだ。

              

厳密に言うと、これがあらゆる戦略の中でベストかどうか、つまり成功

確率の最大値が1/2であることはまだ証明されてないから、更に考える

必要がある。また、10人の女性とのお見合いだと遥かに大変だから、

パソコンでプログラミングするか、何か上手い方法(数学的帰納法、漸

化式など)を見つける必要がある。

             

でも、ここでは、お見合いの戦略によって大成功の確率が変わることさ

え分かれば十分だろう。一見バカげた、最初の何人かを見送る戦略は、

意外にも確かに有効なのだ。

        

   (追記: その後、10人とのお見合いについても完全に解明した。

         以下の記事をご参照あれ♪)      

       10人とのお見合いで最高の相手にプロポーズする方法♪

                              ~鳩山の「OR」3      

      

       ☆          ☆          ☆    

という訳で、OR(オペレーションズ・リサーチ)の4つ目の例として、鳩山

が実際に大学の授業で講義してる問題を簡単に解説した。確率の名作

問題と言ってもいい。ORとか言うより、数学パズルみたいなものだから、

記事を書く作業も気楽なもんだ♪ 

     

好評なら、また追加するかも知れないけど、流石に次はしばらく後になる

だろう。毎年、秋は仕事が忙しいし、ランニングのレースも控えてるのだ。

それでは。。☆彡

           

          

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

P.S.13日、14日とイマイチの反応だったこの記事、15日になって

    急にアクセスが増えた。どうもどこかで鳩山の「見合いの数理」と

    いう論文が話題になったらしい。1981年(昭和56年)、専門誌

    『情報科学研究』No.2に5番目の論文として掲載されたことま

    では、検索ですぐ分かるけど、内容がまだ分からない。

         

P.S.2 11月6日の『たけしのコマネチ大学数学科』で、お見合い問

      題が話題になったらしくて、番組放送中から検索が次々と入っ

      て来た。検索ワードから考えると、どうも7人の場合が出題さ

      れたらしい。私は既に10人で解いて記事にしたので、7人の

      場合も同様にやればいいだけだろう♪

           

                       

cf. OR(オペレーションズ・リサーチ)~理系の鳩山新首相の専攻

   10人とのお見合いで最高の相手にプロポーズする方法♪

                              ~鳩山の「OR」3  

   ノーベル経済学賞に輝いた婚活(マッチング)理論~OR4

| | コメント (4)

金メダリスト・セメンヤの「両性具有」、英単語の意味

(11日) RUN 12km,57分00秒,心拍153

ツール・ド・北海道は、第4、第5ステージも大集団のゴールで差が付かず。

この場合、自転車のロードレースではタイム差無しになるから、リザルト

(結果)を見ると、各ステージでも総合でも、ほぼ同タイムでズラッと並んで

る。本家のツール・ド・フランスでも平地だとこんな感じだけど、もうちょっと

レースの規則を工夫できないもんかね。少人数で果敢にアタックして逃げ

る選手をもっと優遇すれば、こんな事にはならないはずだ。

            

本家のツールの場合はまだ、山岳コースでハッキリと差が開くからいい

ど、北海道の場合はもう十勝岳を越えて、明日の第6ステージのクリテリ

ウム(短距離コースの周回)を残すのみ。1位をキープしてる宮澤崇史は

昨日が2位で今日が1位だから、十分トップの名に値するとはいえ、やっ

ぱり他の色んな競技と比べた時、自転車のロードレースは妙に浮いてると

思う。ゴール前のスプリントだけなら、ケイリンみたいな短距離レースで十

分だ。悪しき伝統を打ち破る動きに期待しよう。

          

      ☆          ☆          ☆

一方、衝撃の両性具有ニュースから丸1日ちょっと経った、セメンヤ

題。8月に開かれた世界陸上ベルリン大会・女子800mの金メダリスト

だけど、外見や走力から性別に疑問が出て、調査が行われてた。暫定

的な報道によると、卵巣と子宮が無くて精巣がある両性具有で、金メダ

ルのはく奪はなさそうな感じだ。

           

一般社会でも珍しいけど、スポーツのトップクラスの大会で両性具有が

問題になるのは相当珍しいと思う。トップに来る前に、何らかの対策が

行われるはずで、そこはやっぱり南アフリカっていう国の特殊性が影響

してるんだろう。スポーツ担当大臣の発言とか見ても、やっぱりちょっと

違ってるもんな。

          

ちなみに両性具有とか半陰陽、「ふたなり」を表す英語として、日本では

「intersex」(インターセックス)がメジャーだけど、スクープしたオーストラ

リアのシドニー・モーニング・ヘラルド紙が使ったのはhermaphrodite

(ハーマフロダイト)。語源的に、2つの単語のニュアンスは異なってる。

                                 

ntersex は、文字通り訳せば「中間の性」。一方 hermaphrodite は、

「Hermes」(ヘルメス=ギリシア神話の男の神)と「Aphrodite」(アフロ

ディーテ=同じく女の神)の合成語だから、まさに男女両方の性を具えて

ることを表す形容詞だ。流石はネイティヴの英語、適切な用語法だね。

ただし、セメンヤが持ってる「女の性」とは何なのか、まだ明らかじゃない

要するに、報道が触れてない外性器ってことか。

           

そのヘラルド紙の記事のタイトルは、「セメンヤの性の秘密が裸にされ

た」(stripped bare)。これはちょっと商業主義的かな。まあ、彼女(or

彼)はジョークとしか思えないとか言ってるそうだけど、衝撃的な展開でか

なり傷ついてるのは間違いないだろう。今回は例外的に金メダルはその

まま、今後は男性扱いって辺りが落とし所かね。国際陸連(IAAF)の最

終判断は、11月20、21日の理事会以降とのことだ。

         

         ☆          ☆          ☆

おっと、ニュース2つで時間を取られちゃったわ。もう自分の話は軽く済

ませるとしよう。昨夜は連続6日目で、ちょっと疲れてたから、意識的に

軽く走った。ホントは、鳩山新首相関連の数学記事で時間を取られるの

が分かってたから、サボろうかなと思ったんだけど、11月初めの世田谷

ハーフに当選した場合を考えて、また12kmだけ稼いどいた。前日は右

膝がちょっと痛んだけど、この日は左膝。やっぱ脚が悲鳴を上げてるな。

         

トータルでは1km4分45秒ペース。心肺的には余裕を持ってたつもりだ

けど、心拍がかなり高いのは、やっぱり微熱のせいか。今日は何度も

シャミをしちゃったし、ここしばらく風邪の一歩手前って感じだ。新型イン

フルが近所に上陸してるようだし、用心しよう。心拍はプラス10の補正。

足し過ぎのような気もするな。ではまた。。☆彡

                  

  往路(2.45km)   12分41秒  平均心拍136           

  1周(2.35km)  11分21秒        149        

  2周           11分21秒        156        

  3周          11分00秒        160       

  復路(2.5km)    10分37秒         164      

計 12km  57分00秒 心拍153(83%) 最大170(ゴール時)

| | コメント (0)

OR(オペレーションズ・リサーチ)~理系の鳩山新首相の専攻

総選挙の歴史的圧勝を受けて、9月16日に新首相に指名される民主党

鳩山由紀夫代表。東大では数理工学、米スタンフォード大では途中か

OR(オペレーションズ・リサーチ)を専攻した、日本初の本格派の理系

首相だ。「政治を科学する」という言葉もあるらしい。

      

そうした特徴に注目したのが、9月11日の朝日新聞・朝刊。社会面の連

載企画「もっと知りたい!」の見出しは、「理系新首相 人生の方程式 

結婚も趣味も数学決め手」となってた(松尾一郎、安田朋起、佐藤久恵)。

 (追記: 『AERA』2009年9月7日号が先に同種の記事を掲載してた。

      編集部「戦後初の『理系脳』 専門は問題解決学」)

                    

OR(operations research)とは、直訳するなら「作戦研究」だ。一般的な

意味を簡単にまとめるなら、「主に数学的な論理を用い、筋道立てて考

え、目的を達成する最適手段を求める学問の総称」。要するに、応用的

な数学、あるいは数学の応用だと思えばいい。あくまで、様々な応用の

総称であって、ORという特別な学問が独立して存在するとは考えない方

が適切だろう。

             

英和辞典を引けばすぐ分かるし、朝日も大まかに書いてる事だけど、

に経営や軍事の分野の、実用的な問題解決学を指す。それに対して、

前にウチで3本記事を書いたポアンカレ予想のようなものは、実用から

相当距離のある純粋数学だ。物理学の宇宙論へと応用するにせよ、目

の前の問題解決からはかけ離れてる。そもそも、予想(=問題)の意味

さえ、一般人にはなかなか分からない。それに比べれば、ORは遥かに

親しみやすい研究なのだ。

                                                           

        ☆          ☆          ☆

では具体的な説明に入ろう。まずは朝日が注目した柔らかいお話から。

一つは、鳩山の「結婚相手選び」。妻の幸(みゆき)さんの発言と、金子

郁容(いくよう)慶応大教授の解説によると、鳩山は大胆な戦略に基づ

いて最適解(=幸さん)を得たようだ♪ 普通は独身女性の中で選ぶと

ころを、鳩山は既婚女性にまで範囲を広げて、見事に最も素晴らしい

婚相手を選び出したらしい。範囲、つまり条件を変えると答えがどう

化するのかを考えるのも、ORなのだ。

                              

一方、留学時代からの趣味「タッチフットボール」(危険なタックルの代

わりに両手でタッチする安全なアメフト)でのポジションは司令塔のク

オーターバック。つまり、最適なチーム戦略を考えて実行に移すブレイ

ン(=頭脳担当)だ。金子によると、「プレーの選択もすごく論理的だが、

ここぞというときは思い切ってギャンブルした」らしい。

               

ギャンブルがなぜORなのか、ここまでの話だけだと分かり辛いだろう。

朝日でも説明されてなかった。ORとは実用的な研究だから、対象がど

う変化するか、あるいは、研究が読み通りに上手くいくかどうかは結局、

確率の問題なのだ。ある作戦が上手くいく確率が低くても、上手くいった

時のリターンが巨大な場合は、思い切ってその作戦に賭けるべきだと

考えることになる(確率論でいう「期待値」の問題)。

                     

そうしたOR的発想が、ここぞという時のギャンブル(=賭け)に活かされ

たというわけだ。新聞では、過去の政治的ギャンブルの例として、有力

派閥だった田中派からの出馬、新党さきがけへの参画を挙げている。

まあ、前者はそれほどギャンブルとも思えないけど、話が逸れるから聞

き流すとしよう♪

                     

        ☆          ☆          ☆

嫁さん選びとかフットボールの作戦決定だけなら、わざわざORなんて言

葉を持ち出す必要はない。もちろん、もっと学問的な意味や具体例が背

景にあるわけだ。ところが日本のウィキペディアを見ても、日本オペレー

ションズ・リサーチ学会のHPを見ても、不親切な抽象的説明しか載って

ない。そこで私が、中学・高校の教科書レベルの具体例を3つ挙げて解

説してみよう。

                               

まず、日程管理技術の初歩。今、①(第1段階=スタート)から②(第2

090912a 段階)を経て、③(第3段階=

 完成)まで、順を追って製品

 を作っていくとしよう。①から

 ②へは、同時進行の2種類の

作業が必要で、それぞれ5日と6日かかる。また②から③へも、同時進

行の2種類の作業が必要で、それぞれ7日と8日かかる。すると、①か

ら③に至る最短作業日数は何日になるか?

                  

もちろん、①から②が最短で6日、②から③が最短で8日だから、計14

日が答だ。5+7で12日などと答えたりしないように♪ 簡単すぎると思っ

た方も多いだろう。でも、これがすぐ複雑になるのだ。例えば、①から⑦ま

での7段階で、途中に②から⑤へ直接進む作業とか、③から⑥へ直接進

む作業とかが入ると、すぐには答が出せなくなる。

                    

まして、全部で30段階とかだと、大変な話になるだろう。それを数学的

に計算していくわけだ。ロケットとか原子力発電所とか、非常に複雑なも

のを作る場合だと、数百段階になるのかも知れない。ただし、たとえ正確

な答が導けなくても、地道に作業を進めれば困らないのが実情だろう。

                      

         ☆          ☆          ☆                                   

続いて、ゲーム理論の初歩。リコとナツキ、2人が点数を奪い合うゲー

ムをする。例えば、リコが1点獲得するならナツキは1点失う(合計ゼロ、

英語でゼロサム)。リコの戦略はA、Bのどちらかで、ナツキの戦略はア、

090912b イのどちらか。2人の戦略の組み

 合わせによって、リコの点数は表

 のように変化する。今、リコはナツ

 キの戦略が全く読めないと仮定

ると、リコはA、Bどちらの戦略を取るべきか?

                        

まず仮定から、リコにとっては、ナツキがア、イそれぞれの戦略をとる確

率は同じく1/2(全く読めないから)。すると、リコが戦略Aを取った時の点

数の期待値は、2×1/2+(-1)×1/2=1/2。一方、戦略Bを取った時

の点数の期待値は、(-2)×1/2+4×1/2=1。したがってリコは、

待値が高い戦略Bを取るべきだ。

          

これも簡単過ぎると思うかも知れないけど、参加者や選択肢を増やせ

ばすぐに複雑になって、コンピューターが必要になる。あるいは、参加者

と選択肢が元のままでも、リコとナツキがお互い相手の戦略を推測する

と仮定するだけで、非常に厄介で奇妙な話になる。

               

つまり、ナツキが合理的思考力を備えてて、リコの戦略をBだろうと読む

なら、アの戦略で2点取ろうとする(表はリコから見てるから-2)。ところ

が更に、リコがナツキの戦略をアだと読むなら、リコは戦略Aで2点取ろ

うとする。こうして、何時になっても安定的な妥協点が見つからないのだ。

そしてもちろん、それこそが現実のゲーム。たとえば値下げ競争とか軍

拡競争における、果てしない腹の探り合いや試行錯誤に似た話なのだ。。

                                 

       ☆          ☆          ☆

最後に、線形計画法の初歩。今、A、B2つの製品をそれぞれ x 個と y

作ることにする。条件は、x + 2 y ≦ 6、 2 x + y ≦ 6。この時、

利益 x + y を最大にする x、y を求めよ。

                    

これは高校の教科書なら、やや難しめの例題といった感じだろう。セン

ター試験以下のレベルに過ぎないけど、最初はみんな、とまどうはずだ

し、実は本格的説明は論理的にかなり難しくて、理系の大学生でも出来

ないのが普通のはずだ。ほとんどの人は、解き方だけ天下り的に覚え

てるにすぎない。

                                     

詳しい説明は高校の教科書、参考書に任せて省略。ここではORの簡

単な例を示せば十分だから、解き方のポイントと答だけ載せておく。ま

x、y の条件を満たす領域を斜線で表し、直線 x + y = k (傾きが

-1、y 切片が k の直線)が斜線部と共有点を持つ範囲で k (つまり

090912c 利益)を変化させ、

 最大値を求める。

 kが最大になる時の

 共有点(x,y)が答

 だ。この場合は、

 x=2、y=2とな

 る。図を見ると思い

 出す方も多いだろ

 う。別に、ORなん

て呼び名を使う必要はなくて、単なる数学なのだ。高校でややレベルの

高い表現をするなら、「領域内の点(x,y)における、関数 f (x,y)の最

大値・最小値を求める問題」とでも言う所だろう。

           

ちなみに、x + 2 yとか2 x + y、あるいは x + y のような式を、x、y の

線形結合と呼ぶから、こうゆう問題の解き方(=計画の立て方)を線形計

画法と呼ぶ。数学の最大・最小問題の中では途方もなく簡単なものだけ

ど、最も実用的なものとも言えるだろう。線形結合で表される量は、実社

会によくあるものなのだ。

              

例えば最初に挙げた日程管理問題は、x ≧ 5、x ≧ 6、y ≧ 7、y≧8

という条件のもとで x + y (2つのプロセスの作業日数の和)の最小値

を求める問題と考えれば、線形計画法の極端に簡単な例題とも考えら

れるのだ。。

          

       ☆          ☆          ☆

以上、初の本格的な理系の総理大臣、鳩山由紀夫の専攻であるORとは

何かについて、簡単かつ具体的に説明した。もし政治と無関係にORの検

索が多数入るようなら、しばらく後に第二段の記事を書くかも知れない。

ウチは普段、文系的記事の方が多いけど、私は半ば理系人間だし、特

に数学好きなのだ♪

                                                    

ちなみに、この記事からも分かるように、ORとは科学というより数学。つ

まり机上の理論の色彩が強い。純粋数学よりは実用的で具体的だけど、

科学の最先端とか、物作りの現場における職人の技術などとはちょっと

距離のある分野だ。理論的モデルを用いたシミュレーション(模擬実験)

はあっても、実験・観察の地道な科学的営みとの結びつきは弱い。

          

実際、朝日の記事によると、鳩山がどの程度科学を重視するのか、冷め

た見方も多いとのこと。今後の新首相の言動によっては、一般社会にお

いても、数学と科学はやはり別物だという認識が浸透するかも知れない。

科学は数学を必要とする。でも、数学は科学を必要としない不思議な抽

象的学問なのだ。

   

ではまた、機会があれば。。☆彡

       

          

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.この記事へのアクセスがわりと多かったこともあって、早速もう

    1本記事を追加した♪

      お見合いでベストの相手にプロポーズする方法

                        ~鳩山新首相の専攻「OR」2 

     さらにもう1本、突っ込んだ内容の記事を追加。

      10人とのお見合いで最高の相手にプロポーズする方法♪

                              ~鳩山の「OR」3

         

P.S.2 朝日の記事に載ってた鳩山の論文名2つは次の通り。

        『マルコフ保全理論は批判に耐えられるか』

        『適応的直交化による逐次同定法』

      他に、写真でタイトルの一部だけ見えてた論文は次の2つ。

        『手動制御準定常特性の因果律的最適同定法による測定』

        『強さと試合形式の合理性』

      いずれも、Google検索で一応ヒットした。 

     

P.S.3 『文芸春秋』2010年3月特別号(2月10日発売)には、

        「米政府が分析する鳩山数学論文 

          インテリジェンスなき鳩山政権が日米関係を壊す」

      と題する論文が掲載された。執筆者は佐藤優と手嶋龍一。

    

P.S.4 12年10月、さらなるOR記事を追加。

       ノーベル経済学賞に輝いた婚活(マッチング)理論~OR4

| | コメント (1)

ツール・ド・北海道2009、第3ステージ終了

RUN 12km,55分54秒,心拍152

今夜も涼しいね♪ 走った後、大好きなコーラを飲む気にもならないほど。

カフェインを摂った後は寝れないって人もいるけど、私はコーラもコーヒー

も大丈夫だ。逆に言うと、あんまし眠気覚ましにもならないってこと。ただし

コーラを1L飲んだ後とか、コーヒー3杯とかだと、流石に寝付きにくいって

感じはある。あと、なぜか紅茶が一番目が覚める気がするんだよな。口当

たりが柔らかくて、たくさん飲みやすいからかね。

            

で、涼しい夜にまたマジメに走って来たんだけど、その前に、「ツール・ド・

北海道」について。いや、たまたま朝刊のスポーツ欄の下側にちっぽけな

お知らせ記事が載ってたから、ささやかながら広報活動に協力しようと思っ

たわけよ。この大会、5年くらい前だったか、NHKで特集番組をやってて、

印象が良かったのだ☆ ま、もともと北海道は好きで、もう10回くらい行っ

てるってこともある。冬のスキー&スノボ旅行ばっかだけど♪

                  

ツール・ド・北海道2009のHPを開いて、まず思うのは、予算が足りない

のかなってこと。ツール・ド・フランスと比較するつもりも無いけど、23回

の伝統を誇る大会で、アジア有数の国際ステージレース(複数のレース

の合体)なんだから、もうちょっと何とかならないもんかね。ツアー・オブ・

ジャパンと比べても淋しいなぁ。正直、間違えて個人のブログにアクセス

したかと思ったほど (^^ゞ 

        

ま、それはさておき、初日の9月9日が第1ステージ(タイムトライアル

別々に走って時間測定と第2ステージ(短めのロードレース)。翌日から

180km程度のロードレースが3日続いて、最終日(第5日)の13日は

2.75kmの短いコースを22周する「クリテリウム」。長めのケイリンみた

いなもんで、なかなか馴染みのない競技だけど、観客にとって応援しや

すい形ではある。

                          

で、10日の第3ステージを終えた時点での総合成績は、梅丹本舗(め

いたんほんぽ)の宮澤崇史が1位で、30秒差以内に30人以上がひし

めいてる状況だ。いつもながら、自転車は差がつかない競技だね。ま、

明後日の十勝岳(標高1050m)が勝負所かな。既に結構脱落してて、

残ってる選手は74人だ。ツール・ド・フランスで活躍した別府史之のお

兄さん、別府匠も残念ながら脱落。。

              

ちなみに、明日からの3日間は、市民レースも同時開催されるようで、

タイムトライアル、ロードレース、クリテリウムと色とりどりなのも嬉しい

企画。ただ、3日間全て出ると、一般で15000円の参加費になる。う~

ん、中身を考えると高くはないけど、金額だけだとビミョーかも。まあで

も、日本有数のレースなのは間違いない。もうちょっと広く注目を浴び

てほしいもんだね☆

            

          ☆          ☆          ☆

一方、乗鞍のヒルクライムを終えてランニングシーズン再開となった私

の方は、地味にコツコツ足慣らししてる最中。今月はまだ1日しか休ん

でないし、昨日、特に終盤にちょっとスピードを出したから、今日はのん

びり走るつもりだった。ところが、思ったより足が軽くて、スタスタと勝手

に動いていく。ピッチ(歩数)が上がって来た感じだね。涼しくて湿度も低

かったから、絶好の条件にもなってた。

    

途中、ちょっと右膝の内側が痛んだ時は動揺したけど、曲げたままキッ

クする感じでしばらくかばってる内に痛みが消滅。ここは昔からの古傷

だから、気を付けないとすぐまた痛み出すだろう。トータルでは1km4分

40秒ペース。かなり気楽に走ったわりにはボチボチかな♪ 昨日は飛ば

したつもりだったのに4分37秒だから、難しいもんだ。心拍はプラス10

の補正。出来れば明日も走りたいけど、ビミョーかも。ではまた。。☆彡

                           

  往路(2.45km)   12分25秒  平均心拍139           

  1周(2.35km)  11分18秒        151        

  2周           10分59秒        154        

  3周          10分39秒        156       

  復路(2.5km)    10分33秒         159      

計 12km  55分54秒 心拍152(83%) 最大166(ゴール時)

| | コメント (0)

秋は涼しくて気持ちいいね~♪

RUN 12km,55分25秒,心拍155

涼しい~♪ 気温20度まで下がってくれたか。湿度は78%で高めだけ

ど、流石にこれだけ気温が低いとラクだ。蒸し暑さが超~苦手の私にとっ

ては、やっといい季節になってくれた。って言うか、正直肌寒いくらいだな。

長袖のセーターが欲しいほど。

    

・・・って感じで、個人的なつぶやきを書くより先に、オヤッと思うニュース

が一つあった。テニスの杉山愛が今季限りで引退なのか。今季っていう

より今月だね。27日開幕の東レ・パンパシフィック・オープンが現役最後

のようだ。女子で34歳までトップクラスを維持してきたんだから、お疲れ

様って感じだけど、あっさり辞めた伊達が復活したくらいだからなぁ。杉

山も3年後くらいに復活するかも。

     

とりあえず、引退後は社会貢献活動などに携わりたいってお話だ。当然

テニスを始めとするスポーツと関係する形だろうから、高橋尚子とかと似

た形かな。いま一つ華やかさが足りない気はするけど、実績は十分、知

名度もまずまず。持ち前の笑顔で第二の人生を歩んで欲しいもんだ。そ

う言えば、自転車レースも終わったことだし、私もテニスしなきゃなぁ。。

     

            ☆        ☆         ☆

とか打ってる内に、またWINDOWS VISTAが勝手にシャットダウン

た (-_-メ) 一段落、まるまる消えちゃったわ。再起動&自動更新なんだ

けど、ホント、ビスタって余計なことするOSだよなぁ。自分で使ってみて、

何でXPより評判が悪いのかがよ~く分かったわ。ブラウザのIE7は遅い

し、メリットは僅かでデメリットばっか。超ムカつくわ!

        

ってボヤキはおいといて、しょうがない。また打つとしよう。今夜の走りね。

今月はまだ1日しか休んでないけど、1回の距離が短いから走行距離が

伸びてない。今夜はその気になれば15kmくらい走れたけど、雑用も溜

まってることだし、12kmに留めて体力と時間に余裕をもたせることにし

た。明日も走るつもりなのだ♪

                   

涼し過ぎて寒く感じるほどの夜だったからか、公園はガラガラ。ランナー

どころか、普通に歩いてる人や座ってくつろいでる人も僅かで、淋しかっ

たな。ま、スピードが上がっていくと、そんなの気にならなくて、ガンガン前

へ進むイメージだったんだけど、その割にはタイムが悪いんだよなぁ。

感としてはかなり気持ちよく飛ばしてたのに、前半が遅すぎたか。

      

トータルでは1km4分37秒ペース。遅っ!・・27秒の間違いだろ! (^_^;

別に疲れは感じなかったけど、やっぱり足腰のバネが弱ってるのかね。

あと、まだちょっと微熱が残ってる気はする。何となく最近、体調が変な

ままなのだ。ま、気にせず明日も同じくらい走るかな。故障が無いのはい

いことだネ♪ 心拍はプラス10の補正。ではまた。。☆彡

          

  往路(2.45km)   12分39秒  平均心拍137           

  1周(2.35km)  11分29秒        149        

  2周           10分58秒        156        

  3周           9分54秒        166       

  復路(2.5km)    10分25秒         166      

計 12km  55分25秒 心拍155(84%) 最大175(ゴール時)

| | コメント (0)

居眠りランちょっとだけ&『ブザー・ビート』第9話

RUN 8km,38分06秒,心拍150

超~眠い。。この状況で走った自分をホメてあげよう・・・とか言ってる場

合じゃないんだよな。こまめに走ってても、1回ごとの距離が余りにも短

いから、さっぱり走行距離が伸びない。時間さえあればいくらでも走って

やるのになぁ。ま、ここ数日の時間の無さは自分のせいだけどさ (^^ゞ

09年9月9日。三重苦(999)の日にふさわしい精神的キツさだった。。

      

それはさておき、青梅マラソンについて昨日書いた所、いつもより遥かに

多くの人が読んでた。最近のココフラッシュのランキングはいい加減だか

ら、また完全に無視されそうだけど、ランニング系の記事の中でも青梅や

東京マラソンはウケがいいんだよな。より正確に言うと、ウチに大勢いらっ

しゃるドラマ系の読者にもアピールする名前なのだ。東京は別格として、

青梅はやっぱ伝統の大会ってことかね。まあ、フルマラソンじゃなくて30

kmだってことさえ、知らない人が多いんだけど♪

        

ちなみに、とりあえず今は、世田谷か川口のハーフを目指してランニング

シーズンに切り替えた所だから、ハーフを楽に走れる状態まで戻そうと

思ってるんだけど、8月末の乗鞍のヒルクライム後の最長距離は僅か13

kmで、しかもたった1回♪ 昨日と一昨日は、ブログのコンテスト関連で

時間を取られたし、今日はまた、この記事の下にオマケでつけてるドラマ

関連部分の下書きにたっぷり時間をとられたのだ。オマケと言いつつ、

本文の何倍も手間ヒマかかってるのが実情。。

     

とにかく、色々済ませた後、深夜に僅か8kmだけ居眠りランで頑張った。

トータルでは1km4分46秒ペース。遅!。。ちなみに私が高校2年の時、

マラソン大会で出したタイムは確か28分30秒くらいだったと思う。1km

3分半ちょっとだから、結構なもんだよな。おまけに、当時はこのタイムで

も凄く悔しかったのだ。バスケット部の奴に負けて2位だったしね。ま、ボ

ヤキや昔話はともかく、明日も走ることにしよう。

心拍はプラス10の補正だけど、足し過ぎかも。ではまた。。☆彡

                            

往路(1.15km)   6分30秒  平均心拍128 

 1周(1.1km)   5分36秒        141  

 2周          5分15秒         150  

 3周          5分07秒         151 

 4周          4分55秒        159 

 5周          4分46秒        162 

復路(1.35km)  5分58秒         160 

計 8km      38分06秒 心拍150(82%) 最大170(ゴール時)

       

           

         ☆          ☆          ☆

さて、今週もオマケの文章を軽く付けとこう。既に記事にしたように、私は

一昨日から Google のブログ検索コンテストに参加している。10月1日

正午の検索順位を競う単純明快な競争で、検索に使うキーワードと、一発

失格になる「NGワード」が分からないから、かなりの部分、運に左右され

るゲーム=お遊びだ。でも2割くらいは「ブログ力」、正確には Google で

のサイトのランク付けに左右される勝負だろうから、多少の自信はある。

                

実際、もし検索ワードが私の推測通り「LOTTE ACUO ○○○」で、NG

ワードも回避できてれば、現在ウチが1位にランクされてるのだ・・・って感

じで、ちょくちょく関連記事を書かなきゃなんないわけよ♪ ま、商品をヨイ

ショする宣伝記事ではないし、3週間で終わるから、悪しからずご了承を。

ページ右上のブログパーツは10月8日までの予定。

      

ところで、その Google。「山P 自転車」って感じの検索だと、ウチが1位

をキープし続けてるんだけど、「ブザー・ビート 菜月」って検索でもトップ

ページ(10位以内)はキープしている。今現在は6位だ。そうすると、菜月

とか相武紗季に関心のある人の検索が幅広く入って来るので、心優しい

小市民ブロガーとしては色々と気を使うことになる♪ 

           

だから菜月については、仏様のように寛容な態度でスルーして来たつも

りだったんだけど、前回・第8話の記事ではそうも行かなくなった。なぜか

あの素っ気ない記事のコメント欄に、書き込みが続いたので、私も真正

面から応答することになったのだ。おかげで走る時間が減って、私の細

マッチョな身体に脂肪がついたけど、自分の考えを深めることが出来た

のも確かだ。

                       

結局、記事本文よりもコメント欄の方がかなり長くなったほど。関心のあ

る方で、まだ読んでない方には、一応お知らせしとこう。あと、菜月につい

て何か主張したい人は、そこに限らず、ウチのブザビ関連記事をよく読

んでからにして頂きたい。リンクはちゃんと、記事の下側につけてある。

       

とか言っても、私は甘口ブロガーだから、別に緊張する必要はない。基

本的に、私が厳しいのは常識的な「マナー=やり方」だけだ。それでも心

配な人は、「甘口希望」とか書き添えてくれればソフトクリームのように甘

いレスが返って来るだろう。現役チアリーダーとか書くのも効果的だ♪

                       

       ☆          ☆          ☆

で、今回の第9話は、話題の菜月が非常に目立ってた回だった。私はも

う、数々の「妙な行動」にコメントする気はしない。ましてや「普通の心理」

を再確認する気もない。

            

それよりも、一番気になったのは、宇都宮(永井大)との接近。前に2人

でオープンテラスのカフェで喋ってたシーンは、わざとスルーしたんだけ

ど、やっぱり宇都宮の意中の人って菜月なのかね。それだけは止めて欲

しいんだけどなぁ。色んな意味で♪ 麻衣(貫地谷しほり)が宇都宮に面

と向かって「本命は川崎さんで?」と聞いたシーンは、声を上げて笑って

しまった☆ その直後、宇都宮の一瞬の間(ま)も味わい深い。

                           

ウチでは第1話から、宇都宮と川崎が結ばれることを断言している。全

国のBL(ボーイズラブ)ファンの方々も、宇都宮と菜月の接近には困惑

してるだろう。菜月に深く感情移入してるらしい脚本家・大森美香が、ど

うしても彼女に、優しい大人の男性との幸せをプレゼントしたいのなら、

仕方ない。代わりに最終回で、川崎(伊藤英明)&代々木(金子ノブア

キ)のランニングシーンを入れてもらうとしよう。もちろん、ビミョーな表

情と距離感で♪

                          

菜月については、前回ラストについても補足しときたい。あの雨のシーン

を私がどう感じたかについては、既に前の記事&コメント欄に書いてる

けど、菜月の「行かないで」っていう浮いた台詞が、昔の月9の引用だろ

うってことは感じてた。それが何なのかは、どうしても思い出せなかったん

だけど、読者の方の指摘で、おぼろげながら思い出すことが出来た。

                               

鈴木保奈美(リカ)&織田裕二(カンチ)の『東京ラブストーリー』ね。月9

の歴史の初期、91年冬だから、平成世代の私には思い出せないよな♪

正確な話は出来ないけど、ウィキペディアによると、第9話のサブタイトル

がまさに「行かないで」。演出は今回のブザビと同じく永山耕三で、ここか

ら最終回(第11話)にかけて、視聴率が26.3%、29.3%、32.3%

と急上昇。「夜の街から女性が消えた」とかいう伝説を築き上げた。

             

という事は、カンチがリカの元へ行くのを妨害する、有森也実(さとみ役)

の「行かないで」は、ある意味で女性視聴者の心を「引き付けた」んだろ

う。引き付け過ぎて何が起きたかについては、ウィキをご参照あれ。

             

その点、『ブザー・ビート』第9話の視聴率は15.0%に落ち着いてる

ら、相武紗季の事務所とマネージャーは、内心ホッとしてるだろう。もち

ろん社会人たるもの、そうゆう本音は、プライベートの酒の場でこっそり

出すに留めるわけだ♪ 一方、莉子=北川景子の側と、それを描きだ

したスタッフ(特に第8話)はビミョーだろう。かつて待ちぼうけを食わされ

たリカへの、圧倒的共感を思い出して比べるなら。。

                                  

       ☆          ☆          ☆

最後に、まったく違う角度から『ブザビ』を見てみよう。このドラマ、かつ

ての月9の王道への回帰を掲げてるわけだけど、より正確には、月9の

保守的な側面への回帰と言った方がいいと思う。

           

キレイな映像、心地よい音楽に包まれ、予定調和的なハッピーエンドを

約束された、美男美女の恋愛物語。男は素晴らしい能力を持ち、女は

それを支えることで愛される。そうした保守的な月9の典型とも言えるの

が、キムタク=木村拓哉&山口智子『ロングバケーション』(1996)だ。

                 

『東京ラブストーリー』はその5年前だけど、それほど保守的な話じゃな

かった。リカの奔放な発言や行動は、今の目で見てさえ「革新的」だし、

最後もいわゆるハッピーエンドとはかなり違ってる。私は『ロンバケ』が

好きだったし、全般的に出来がいいとも思うけど、ラストには違和感が

残った。それに対して『東京』のラストは、斬新で爽やかだったと思う。

本放送は18年も前だということを考えるなら、まさにクリエイティヴだ。

                                       

一方、2000年の大ヒット作『やまとなでしこ』も、『ロンバケ』と比べると

革新的だ。純愛物とコメディーの巧みなミックスだし、桜子(松嶋菜々子)

は非常にクセのある女。サポート役とは程遠い存在だ。欧介(堤真一)も、

一応素晴らしい能力の持ち主だけど、数学だから表現しにくいし、ドラマ

全体を見るなら、ほとんど冴えない魚屋さんに過ぎなかった。欧介はもち

ろん、スッチーの桜子まで地味な部屋に住んでたのも、かなりの冒険だ

(ロンバケの部屋は当時の感覚ならわりとオシャレ)。

       

こんなオリジナル作品で見事な数字を取った脚本家・中園ミホは、まさに

賞賛に値する☆ スッチー=CAを出せば数字が取れるって話でもないこ

とは、言うまでもなかろう。ウチの視聴率だけなら、多少上がるけど♪ 

                           

ここで『ブザビ』を振り返ると、革新的なベクトル(方向性)は元々一応あっ

のだ。一つは、バスケットボールという、日本では人気がビミョーなス

ポーツへの注目。もう一つは、主演級の男女が共に華やかな成功を

めるパターン。

                                          

ところが、ここまでの9話では、バスケは前面に出てないし、あくまで絶大

な人気を誇る美少年・山Pと恋愛がメインになってる。莉子のバイオリン

は沈滞したままで、母(手塚理美)にはもう止めて田舎に戻るよう勧めら

れるし、菜月にはフワフワした夢に過ぎないと声高に責められる始末。

               

バイトや練習シーンさえロクに映らなかったのに、終盤になって急に見知

らぬ音楽関係者(升毅)の目に留まって活躍することになっても、取ってつ

けたような幸運の感は拭えない。たとえそれが、第6話の時点で早くも予

想できたことであったとしても、莉子の音楽ライフの中では、かなり浮いて

る「棚ボタ」だ。ドラマ全体のストーリーとも結びつきが弱い、降って湧いた

ような年配の王子様(or パトロン)の出現に過ぎない。

                

こうして、『ブザビ』の革新的な方向性は薄らいでしまい、保守的な部分の

みが残る。では、同じく保守的性格が強くて、第1話から指摘してたように

色々似た部分のある、『ロンバケ』と比べた時にはどうか。

              

まず、主人公の男のライバル的存在で相当な差がある。私は代々木(金

子ノブアキ)にはわりと好意的だけど、ロンバケで抜群の輝きを見せてた

竹野内豊と比べると影が薄い。また、奇妙な同居という設定の使い方で

も、ロンバケの方が斬新だ。向こうは主人公2人、ブザビは脇役の秀治

(溝端淳平)が居候してるだけ。

               

さらに、「崖っぷち」という設定においても、ロンバケの方が鮮明で、ブザ

ビは本物の崖から100mくらい距離があるし、安全用のセーフティー・

ネットまである(温かくて生活に困ってない実家)。そしてそもそも、ロンバ

ケが先、ブザビが後。北川悦吏子が先で、大森美香が後なのだ。

      

先に存在するものを、後で保ち守ること。これこそ保守という言葉の意味

だ。実際、桃子(稲森いずみ)の大胆なアレンジが麻衣、杉崎(豊原功補)

の軽い変形が川崎と考えれば分かりやすい。莉子の「私はいつも、直輝

のことだけを見てるよ・・・どうして直輝は、私のことを見ててくれないの?」

という台詞だって、『東京』のリカの台詞(脚本・坂元裕二,原作・柴門ふみ)

の引用だろう。

                                    

いまや、『ブザビ』が月9の王道に回帰したと言うより、保守的な側面へ

と回帰したと言う方が適切なのは、明らかだろう。それでは、保守的なこ

とはいけない事なのか。別にそれで心地良いのならいいじゃないか。そ

ういった話へと更に進んでいくべきだが、もはや時間が来た。あっさりと

別の機会に回すとしよう。私自身も、ブザビの保守性を心地よく感じる

ことについては、必ずしも否定しない。。

             

        ☆          ☆          ☆

そもそも、ドラマ長期お休みモードとか言いつつ、ランニング記事のオマ

ケの部分でいまだにこれ程ドラマを語ってしまう事自体が、私自身の保

守性を物語ってるだろう。むしろ男は未知の大海原へと、冒険の旅へと

出かけるべきなのだ♪ 海の上で運に恵まれれば、女の幸せも見つかる

だろう。恵まれなければ校内放送で『お嫁においで』を淋しく歌うしかない。

         

   「もしもこの舟で キミの幸せ見つけたら 

    すぐに帰るから 僕のお嫁においで」  (作詞・岩谷時子)

              
        
この彰(山P)の台詞は、事実に反する条件(もしも)を用いたヒネリのあ

る表現だ。この舟(=自分なりの生き方)では幸せを見つけられなかった

から、野ブタ(堀北)のことは修二(亀梨和也)に任せて諦めるしかないの

だ。自らの無能を認めた上で、それでも愛の夢、あるいは幻想を大声で

叫ばざるを得ない、4年前の名作『野ブタ。をプロデュース』第7話の何と

も切なく哀しいシーン。

                                      

木皿泉の見事な脚本を理解できた人が、どのくらいいただろうか・・・って、

話が思いっきり逸れてるわな。もう眠いってことよ♪ ちなみに海の話は、

先日の4周年記事の引用であって、ウチのブログ全体(ゼンブ)の姿勢を

物語ってるわけだ。唐突どころか、反復にすぎない。

             

ゼンブを知ろうとすることで、初めて分かるイチブがあるし、見え方が変

わるイチブがある。そしてしばしば、そうしたイチブは決定的に重要なの

だ。今既に見えてるイチブの大切さを強調する姿勢は、まさに保守的で

あって、だからこそ心地良くも聞えるし、ドラマにもふさわしいのだろう。

それでは。。☆彡

           

            

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
090909   P.S.先週に続いて、今週も直

   輝の絵文字入りメールを再現し

   とこう。これは au だけど、私自

   身はSoftBankだ。

   聞いてない? あっ、そう♪

    

                 

P.S.2 バスケのアイドル・五十嵐圭の所属はハーツ。これは、『東京ラ

      ブストーリー』の職場「ハートスポーツ」を縮めたものになってる。

      私は男だから、五十嵐はスルー。むしろMC(司会)の女の子に

      萌えてた♪ 来週はもっと長く、全身を映して欲しいもんだ。

               

P.S.3 ヴィヴァルディの『四季』を聞くと、高校の音楽の時間を思い出す。

      芸術の授業なんて軽視する生徒も増えてたけど、私はかなり好

      きだった。ちなみに直輝が持ってたCD(またはDVD)は輸入版

      らしくて、日本語無しの四か国語表記。安いからってことなのか、

      あるいは芸術っぽさの演出か。

                

      ジャケット・トップの「Le QUATTRO STAGIONI」(レ・クワトロ・スタ

      ジオーニ)はイタリア語。「The Four Seasons」(ザ・フォー・シーズ

      ンズ)は英語。「Die Vier Jahreszeiten」(ディ・フィア・ヤーレスツァ

      イテン)はドイツ語。「Les quatre saisons」(レ・キャトル・セゾン)は

      フランス語だ。

         

     そう言えば、「presto」(プレスト)もイタリア語なんだね。フレンチトー

     ストの略だ。似とらんわ! とても速くって意味で使われる音楽用語

     とのこと。元のイタリア語の意味とは微妙にズレてるらしい。。

                  

P.S.4 3つ目のヴァージョンらしきタイトルバック。あんまし変わってな

      かったね。2人がブランコに乗ってたのと、代々木が直輝の横

      で一緒に闘志を燃やしてたくらいかな。肝心のチアリーダーの

      映像も、新たなものは無かった気がする。後でもう1回、細かく

      チェックしてみよう。2、3回、スローと静止画で見るべきかも♪

         

P.S.5 次回の予告に「最終章・別れ」とあったけど、「最終回」でもない

      のにこうゆう表現を使うことについては、『ラスフレ』の時に問題

      になったはずだけどね。僅か1年で教訓が薄れたのかな。。

            

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.男のビート、女のメロディー~『ブザー・ビート』第1話

  『ブザー・ビート』第1話、山P=山下智久の自転車の車種

  『ブザー・ビート』の相武紗季(菜月)は肉食女子なのか♪

  自転車疲れジョグ&『ブザー・ビート』第3話

  太腿疲れジョグ&『ブザー・ビート』第4話

  自転車疲れジョグ&『ブザー・ビート』第5話

  疲労満腹ラン&『ブザー・ビート』第6話

  疲労ピークラン&『ブザー・ビート』第7話

  レース疲れ小雨ジョグ&『ブザー・ビート』第8話

  ブログ疲れ短距離ラン&『ブザー・ビート』第10話

  胃もたれラン&『ブザー・ビート』最終回&『おくりびと』

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  週刊新潮のジャニーズ・ドラマ批判について

  リハビリ傘ラン&週刊文春『ブザビ』評

  フジの看板ドラマ「月9」、過去10年の視聴率のグラフ

  フジ「月9」視聴率グラフ2 (80年代後半~90年代)

| | コメント (0) | トラックバック (6)

低速短距離ラン&青梅マラソンの申込時期

RUN 10km,50分25秒,心拍147

マラソン人気、恐るべし。。世田谷246ハーフのエントリーを済ませた勢

いで、青梅マラソンの公式サイトをのぞいてみたら、何と9月1日から3日

までの間だけで、30km部門に4665人も申し込んだとのこと。定員が

15000人だから3分の1近くで、しかも抽選のない先着順だから、4000

円即時入金なのだ。

                     

これだけ見ると、何が凄いのか分からない人もいるだろうけど、そもそも

青梅は、知名度こそあるものの、ほんの数年前までなかなか定員が埋ま

らなかった大会だ。おまけに今年は1週間後に東京マラソンが開かれる。

青梅の30kmに申し込む人の多くは、東京も申し込んでるだろうから、も

当選したら30kmレースの1週間後にフルマラソンすることになる。ま、

青梅は棄権して4000円プラス手数料を捨てるのかも知れないけどね。

                    

私は前回、ギリギリで青梅の締切に間に合わなかったし、30kmって距

離もちょうど手頃だから、出来れば今度は出場したい。ただ、東京も一

応申し込んでるから、ホントは東京の落選通知を見た直後に青梅を申し

込みたい所だ。まあでも、そんなの誰でも考えるわな (^^ゞ どうせ東京

の倍率は8.5倍もあるからまず無理だし、早めに青梅にエントリーしと

くべきかね。場合によっては棄権する覚悟で。。

             

         ☆           ☆          ☆

な~んて事をあれこれ考えながら、今夜は10kmだけ軽く走って来た。

ホントは今日こそ14kmくらい走るつもりだったのに、またしても色々と

予定が狂ったのだ。一番誤算だったのが、賞金100万円狙いの記事を

書くのに時間がかかったこと♪ 

                           

「お口の恋人」LOTTE のミントガム「ACUO」(アクオ)の記事を書いて、

10月1日12時のGoogleブログ検索のランクが1位なら賞金100万円

貰えるっていう、ロッテ「ブログ力」コンテストが始まってて、欲に目がくら

んだ私はつい手間ヒマかけてしまったのだ。わざわざガムを130円で買っ

て、実際に食べたしね。ちょうど宝クジ1枚みたいな値段だよな♪

              

他にも、山P=山下智久&北川景子の『ブザー・ビート』第9話は義務と

してマジメに見なきゃなんないから、1時間つぶれることになる。こうして

見ると、ホントにブログ漬けの毎日だなぁ。今朝の朝日新聞は、ネット中

毒患者の治療施設が米国マイクロソフト社の近くに出来たっていう皮肉

なニュースを載せてたけど、私もいずれ治療を受けるハメになるかも知

れない。治療費は結構高いようだから、今からコンテストで稼いどこう♪

  

とにかく、時間が無くなったし眠いから、僅か10kmだけ走ることに決定。

昨日、久々に1km4分半ペースで走って疲れてるから、スピードは抑え

て積極的休養。1km5分15秒くらいでいいなと思ってたのに、ごく自然

にスピードが上がってしまった。ちなみに今夜は、珍しく巡回のお巡りさ

んに「こんばんは」なんて挨拶をされたし、初めてアフリカ系のランナー

(or ウォーカー)も見かけた。暗い公園だから、ちょっとビビったかも♪

あと、気温は23度だけど湿度が94%もあったから、蒸し暑かったな。

          

トータルでは1km5分05秒。ま、予想よりちょっと速い程度で、なかなか

いいペースでしょ。短い距離ばっかだけど、まだ今月は1日しか休んでな

い。このまま月末まで頑張れば、300km近くになるのか。まずムリだけ

どさ♪ 明日は小雨混じりジョグって感じかな。心拍はプラス10の補正。

ではまた。。☆彡

                                         

往路(1.15km)   6分37秒  平均心拍124 

 1周(1.1km)   5分49秒        137  

 2周          5分46秒        143  

 3周          5分38秒        146 

 4周          5分30秒        150 

 5周          5分23秒        153 

 6周          5分14秒        156 

 7周          5分11秒        159 

復路          5分17秒         156 

計 10km 50分25秒 心拍147(80%) 最大160(87%,周回最後)

| | コメント (2)

LOTTEのACUO、ミントガムの記事でブログ力コンテスト☆

昨日、ココログの管理ページに入ると、いきなり面白い企画のお知らせ

が目に入って来た。「ロッテ ACUO ブログ力コンテスト実施中」☆

     

お口の恋人・LOTTE の人気商品(ガム)の宣伝の上手さで競うのかと思っ

たら、そうじゃない。選考基準は単純明快で客観的。Googleブログ検索

の順位で決めるとのことで、非常に美味しい企画だ♪ 企業のプレゼント

に応募することなど、ほとんど無い私でも、すぐに挑戦してみる気になった。

    

と言うのも、ブログ検索はほとんどやらないけど、普通のGoogle検索なら

毎日使ってて馴染みがあるし、少しは自分なりの知識を蓄えてる。おまけ

に、前から書いてる通り、ウチは基本的に Google の順位がかなり高い

ブログなのだ。記事が1位にランクされたことも度々あるから、5位以内で

賞金をゲットする可能性は十分ある(と勝手に思ってる♪)。

                             

ただし、当然プロやセミプロが参加してくるだろうし、それなりの「技術」を

持ったブログもあるだろう。ウチには特殊なテクニックは何もない。ただ、

丸4年間、毎日更新し続けて来た実績があるし、ブログ全体として相当な

内容になってると自負している。常連読者の方々もそこそこの数に到達し

てるから、このトータルの「ブログ力」で勝負するしかない。

               

競争相手より大変なのは、隠された条件だ。選考の際のブログ検索には

3つのキーワードが使われるんだけど、「LOTTE」と「ACUO」以外のもう

つが何なのか、分からない。与えられた2つに関連する言葉で、HPにヒ

ントがあるかもって話だけど、候補者となる言葉はかなり多いんだよな。

                           

おまけに、この秘密のキーワードを入れようとして、一つの記事にたくさん

の言葉を書きこんだりすると、今度は「NGワード」の落とし穴に引っ掛かっ

てしまう (^^ゞ これが一番キツイなぁ。。私は詳しい記事を書くのが得意だ

けど、詳しければ詳しいほど、NGワードのリスクが高まってしまうのだ。

                 

まあでも、ダメもとだし、面白くて目新しい企画だから、参加してみることに

した。参加の証しとして、ブログパーツを貼ってある。私のPCで調べた所、

CPUやメモリーの負担はごく僅かだったけど、環境によってはちょっとだけ

重くなってしまうかも知れない。10月8日の当選発表までの辛抱なので、

悪しからずご了承を。。

              

           ☆          ☆          ☆

で、ここからは肝心のガム、LOTTE「ACUO」(アクオ)について。NGワー

ドの地雷を警戒しつつ、頑張って書いてみよう♪

                              

まずはロッテのHPをざっと読んでみた。要するに、20代~30代向けの

ミントガムの決定版を作ろうってことで、刺激を鋭くしたようだ。「ACUO」

とは、刺激するとか鋭くするという意味の言葉らしい。<グリーンミント>、

クリアブルーミント>の他に、新しくACUO POWDER<スパーキン

グミント>も登場。

            

これら3種類のアクオ全体のキャッチコピーは「いい息、長持ち!」だ。

息をデザインするガムってことで、独自の工夫があるらしい。ところが、

その製法上の工夫を細かくここで書くと、NGワードに引っ掛かる恐れが

あるから難しい。中途半端に特殊な単語は書かない方が無難だろう。

そもそも、そんな単語がキーワードに設定されてるとも思えないもんね。
     
       

とにかく、細かい解説はパスして、今度はCMをネットの動画で見てみた。

現在、3種類あるらしくて、まずは第1のヴァージョン。道で生田斗真が、

村野武範(恩師?)に遭遇。強引に家の中まで村野を連れ込んで、ひた

すら息をかがせるっていうコミカルな内容だ。つまり凄くアクの強い奴の

息でさえ爽やかってことね。そそくさと帰りたがる村野のクールさがイイ♪

            

続いて、「カップル篇」では、榮倉奈々が生田に「ねぇ 私をもっとスパー

キングにして♡」と誘惑して、2人でアクオパウダーを噛む。するとゲーム

のキャラみたいに2人が小さくなって、あちこちと瞬間スパーキングし続け

るのだ。分かりやす過ぎるイメージだね♪ ストーリー的には、榮倉だけ

がSPARKINGする方が味わい深いけど、そこは大人向けに抑制したん

だろう。流石は伝統ある大企業のCMなのだ。

           

最後は、「レストラン篇」。食事の後かな。2人でテーブルに座って飲み物

を飲んでる所。生田が勘定書き(or メニュー)を見て、  「思ったより、ス

パーキングな金額ですね」。するとウエイターが、「恐れ入ります」。このウ

エイターのトボけた応答が笑える♪ その後はカップル篇と同じく、2人で

瞬間スパーキングして、最後はスタスタ席を立つ。代金がどうなったのか

は全く不明のまま。ストーリーよりも、SPARKINGって言葉とイメージを頭

に焼き付けるCMだ。

                                 

と言う訳で、CM3つの内2つまでが新商品スパーキングミントの宣伝だ

090907 から、さっきコ

 ンビニで買って

 みた。普通のは

120円だけど、これは130円。パウダーが中に入ってる分だけ、リッチな

わけか。ホントに買って食べたことを示すために、写メを入れとこう。この

くらい許容範囲でしょ。

          

まず、見た目がツルンとして可愛いし、味と噛み心地は思ったよりイイ

いや、別にロッテの担当者に気を使ってるんじゃなくて、本音だ。このコン

テストは、ベタ褒め競争じゃなくて検索順位競争だから、無理やり褒めて

も意味は無い。確かに鋭い爽やかさのミント味で、適度な甘みもある。

パーキングな刺激が1分、爽やかさが5分、いい息が10分って感じの持

続力だろう。一粒16円だから、リーズナブルじゃないかな。個人的には、

もう少しパウダーを増やしてくれた方が嬉しいかも。コストが高いのかね。

                    

        ☆          ☆          ☆

とりあえず、1本目の記事はこのくらいで終了。次はどうすべきか、書くと

したら何を書くべきか、さっぱり分からない。公式サイトでは、なるべく同じ

テーマで更新し続ける方が順位がアップするとか書いてるけど、別に条件

として与えられてるわけではない。それに、過去の経験から、同じテーマ

でたくさん記事を書くと、検索サイトの判断が乱れる可能性がある。まあ、

私なりに蓄積して来た知識だから、この程度に留めとこう♪

           

結局、重要なのはトータルの「ブログ力」だから、今まで通り毎日きちんと

記事をアップしていけばいいと思うんだけどね。Google の検索ロボット

君は、そうゆう地道な努力をしっかり見ててくれると信じよう。

それでは、またいつか。。☆彡

      

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.ACUOへの道~お口の恋人・LOTTE、ミントガム50年の歴史

  ACUOも好評☆お口の恋人・LOTTEと永遠の恋人・シャルロッテ

| | コメント (0)

新型インフル、遂に近所へ来襲・・

RUN 12.2km,54分53秒,心拍161

またマーフィーの法則か♪ 体調を崩した時に限ってウイルスが来襲す

。ジャニーズ版(錦戸亮&山下智久)で行くと、連続ドラマをやってる時

に限ってインフルになるってことだね。まあ、錦戸は番組内容変更だけ

ど、山Pの明日の『ブザー・ビート』第9話は何とか普通にやれるそうだ。

    

さて、「近所へ来襲」っていうのは何の事かって言うと、今日たまたま近所

のあちこちに張り紙があったのだ。その内容は、要するに新型インフルエ

ンザの患者が確認されたから注意しようってこと。人数は書いてなかった

けど、かなり近くてメジャーな場所だったから、警戒体制に入るべきだろう。

マスクは春に買ったものがまだ残ってるけど、追加で買っとこうかな。

          

もうすぐ顔に張り付けるタイプのマスクも売り出されるらしいね。1枚945

円で数回しか使えないらしいから、ビミョーに高いかも。3日に1枚使った

ら、一ヶ月で1万円! う~ん、困った時代だ。民主党には、マスク手当を

期待しよう。そのツケは将来の社会人にお任せってことで♪ マジメな話、

手洗いは気を付けようかな。有効性が一番ハッキリしてる対策。うがいと

かマスクは色々と議論があるけど。。

           

        ☆          ☆          ☆

インフルはともかく、今日こそゆっくり長く走ろうと思ってたのに、またちょっ

と時間の誤算があって、1時間しか使えなくなってしまった。別に1時間の

ジョギングでもいいんだけど、性格的にどうもスタスタ走らなきゃ損みたい

な気がして、距離を12.2kmに設定。アップは遅いし、走った後のクール

ダウンは歩くから、途中は遅くとも1km4分50秒平均で走る必要がある。

          

で、走り出すと予想外に脚が重い。1日休んだのに、まだ超回復してなかっ

たようで、所々に軽い筋肉痛まで残ってる。まあ、8月のランニングはゆっく

り90km走っただけだし、こんなもんかね。ただ、足腰の地力は間違いなく

向上してるから、強引にキックし続けて、最後は1km4分ちょっとのペース

までもって行けた。足腰はいいんだけど、心肺的にちょっとキツかったな。

相変わらず微熱もあるし、ノドも変になって来たしね。

          

トータルではちょうど1km4分30秒ペース。偶然じゃなくて、ある程度狙っ

たものだ。ペース自体はいいんだけど、距離の短さと辛さを考えるとあん

まし納得できる走りじゃないな。ま、後半はずっと4分15秒ペースくらいだ

から良しとしとくか♪ インフルより先に、フツーの風邪になりそうな気配

だから、走れる内に走っとこう。今週の後半くらいから、ノドと鼻がダメに

なる気がする。心拍はプラス9の補正。かなり高かったね。ではまた ☆彡

    

 往路(1.15km)    6分15秒   心拍128     

  1周(1.1km)     5分19秒      150             

  2周            5分09秒      154                

  3周            4分55秒       160        

  4周            4分53秒      164              

  5周            4分48秒      169              

  6周            4分42秒      170              

  7周            4分43秒      172             

  8周           4分41秒      173 

  9周           4分31秒      173 

  復路            4分57秒      167            

計 12.2km 54分53秒 心拍161(88%) 最大178(周回ラスト)

| | コメント (0)

フジ「月9」視聴率グラフ2 (80年代後半~90年代)

いやぁ、かなり面倒だ。。先日、ここ10年のフジテレビ月9の平均視聴率

をグラフにしてみた所、予想通りかなり読まれてたので、それ以前も追加

しようと思ったんだけど、データを一つ一つ集めて入力するのも面倒だし、

グラフの大きさの調整が厄介なのだ。ブログだから、画像の横幅の制限

があって、なかなか表計算ソフト・エクセルの調整が上手くいかない。他

にも、ドラマのタイトルの水平方向の位置もある程度揃えなきゃなんない。

           

あと、困ったのは、初期(80年代後半)の視聴率データが必ずしもウィキ

ペディアに載ってないことだ。時期とタイトルは分かっても、視聴率が分か

らないものについては、とりあえず飛ばしておいた。出来れば後で加筆し

て完成させたいと思ってる。

       

なお、フジの「月9」というドラマ枠がどこからスタートしたのかはちょっと

微妙な問題だけど、今と同じように1クール交替で人気俳優が活躍する

ドラマと考えるなら、87年春の『アナウンサーぷっつん物語』になるんだ

ろう。ただ、残念ながら視聴率データが無くて、2番目の『男が泣かない

夜はない』も無いから、仕方なく3番目の『ラジオびんびん物語』からデー

タを入力。主演が田原俊彦って言うのが凄いね♪ これがジャニーズ主

演の月9の始まりなのか。ま、彼はその後独立してるけど。

       

それにしても、全部調べてあらためて思ったのは、見てないものの方が

遥かに多いっていうこと。まあ、男にしては見てる方かも知れないけど、

前も知らないドラマが結構あった。意外だったのは和久井映見の視聴

率の高さ。中山美穂と同じくらい活躍してたとは知らなかった。安田成美

&中森明菜の『素顔のままで』も突出した数字なんだな。まあでも、やっ

ぱりキムタク=木村拓哉が視聴率男として飛び抜けてるね。SMAPの

中でも月9の中でも、断トツ人気だってことが改めてよく分かった。

                              

細かい分析は、また別の機会に回したい。もう疲れちゃったわ (^^ゞ ま、

90年代と00年代を大きく比較すると、視聴率が緩やかに下降してること

だけは分かるね。20%前後から10%台後半に落ちて来て、さらに15%

に接近してるって感じか。逆に言うと、昔の月9は凄かったってことだ♪

それでは。。☆彡

                

             

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.91年秋の『逢いたい時にあなたはいない・・・』は、グラフの横幅制

    限の関係でタイトルを省略してある。PCやブラウザの種類を問わ

    ずにきちんと表示されるよう、なるべく横幅を狭めてるわけだ。

               

cf. フジの看板ドラマ「月9」、過去10年の視聴率のグラフ

     

        

090905c   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

     

      

   

090905b   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

    

    

    

090905a

| | コメント (0)

世田谷246ハーフマラソン・エントリー&微熱ラン

RUN11.1km,52分01秒,心拍155

危なかった・・・思い立った今日が申込締切だったとは。。去年初めて参

加した世田谷246ハーフマラソン、第4回の今年も一応エントリーしてみ

たけど、抽選倍率は2~3倍だろうから、当選はあんまし期待できない。

みんな気にしてるのか、今日は「世田谷ハーフ 倍率」って感じの検索が

入ってた。私は過去、2回申し込んで1回当選だったかな。。

         

それにしても毎回思うのは、エントリーのパスワードが面倒臭いってこと。

世田谷だとスポーツエントリー、荒川だとRUNNETって感じで、別の団

体での申込になるから、同じパスワードを使わない主義の私にとっては

大変だ。フリーメールとかクレジットとか、全部合わせると、30くらいの

パスワードを使い分けてることになるもんね (^_^;) 今回は大昔に登録し

た時のメールを5分くらいかけて探し出して、何とか解決。疲れるわ。。

     

ところで世田谷ハーフと言うと、去年の距離不足問題はまだ記憶に新し

い所。参加者以外はほとんど知らないだろうけど、公認コースで1kmも

短かったなんてかなり珍しい不祥事だ。今年は絶対にそんなミスのない

よう、頑張って頂きたい。まあ、ボランティアスタッフの誘導ミスなんだろ

うから、あんまし強く怒る気にもならないんだけど、事後処理がイマイチ

不誠実だったもんな。。

         

        ☆          ☆          ☆

さて、今日こそはゆっくり14kmくらい走ろうと思ってたのに、またワンパ

ターンで時間が無くなって、スタスタと11kmだけ走ることに。最近また、

ブログの更新締切時間23時59分に追われる毎日で、何とも落ち着か

ない。パパッと着替えていきなりスタートすると、いきなり右の土踏まずが

痛む。珍しいね。昨日ちょっとスピードを出したのが行けなかったかな。

     

仕方ないから、右足を引きずるような形で走ってる内に、身体が温まっ

て痛みが消滅。まあ、これって、治ったわけじゃないんだよな。冷えると

また痛み出すんだから、あんまし無理をしないように、心拍計の時刻を

にらみつつ頑張った。微熱があるから、呼吸がやや荒いし心拍も高め

それほどスピードも出てないのに、僅かな距離がキツく感じてしまった。

     

トータルでは1km4分41秒ペース。遅くも速くもない、中途半端なペー

スだな。まあ、走っただけいいか。ちょっと疲れてるし、明日はお休みに

しよう。心拍はプラス11の補正。足し過ぎかも知れないけど、わりと高

かったのは確かだと思う。ではまた。。☆彡

     

             

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.東京医科大学付属・茨城医療センターの診療報酬・不正請求の

    話はひどいね。今日の朝日新聞・夕刊によると、内部告発した2

    人の職員も一緒に処分されてる。私は、そのこと自体は必ずしも

    いけないこととは思わないけど、彼らの処分がかなり重いような

    のだ(一番かも)。これじゃあ、報復人事と言われても仕方ない。

    人の命を扱う大事な組織なんだから、もうちょっとマトモになって

    欲しいもんだ。。

              

 往路(1.15km)    6分21秒   心拍129     

  1周(1.1km)     5分27秒      144             

  2周            5分21秒      148                

  3周            5分17秒       151        

  4周            5分13秒      154              

  5周            5分03秒      157              

  6周            4分53秒      163              

  7周            4分49秒      166             

  8周           4分39秒      170  

  復路            4分57秒      166              

計 11.1km 52分01秒 心拍155(84%) 最大172(ゴール時)

続きを読む "世田谷246ハーフマラソン・エントリー&微熱ラン"

| | コメント (0)

ランニング・シーズン再開、いきなり微熱か・・

RUN 13km,58分58秒,心拍160

4日遅れの話だけど、北海道マラソン2009(8月30日,札幌)で女子2

位の尾崎朱美って、世界選手権・銀メダルの尾崎好美のお姉さんなんだ

ね。乗鞍のレース遠征その他にあおられてて、気付かなかった。3歳年

上の31歳、身長・体重はちょっと上なのか。

            

優勝を狙ってたから残念がってたそうだけど、自己記録更新の2時間

27分23秒はまずまずのタイム。まだ数年は現役で行けそうだし、妹と

競り合って頑張って欲しいもんだ☆ それにしても、妹の「マラソンは見

ている方が楽ですね」ってコメント、天然ボケっぽくて笑えるね。「当たり

前だわ!」と突っ込んで欲しかったのかな♪

              

一方、男子でジェンガに続いて2位に入ったのが山本亮(佐川急便)。

初マラソンでトップと7秒差の2時間12分10秒、日本人トップはお見事

だ☆ まだ25歳で、6、7月は合計2700kmも走りこんだとのこと。う~

ん、一ヶ月1350kmか。男子のトップ選手の中でも多い方でしょ。私は

先月、4年ぶりに自転車の月間走行距離が1000kmに到達して喜ん

だけど、ランナーの走り込みにさえかなり負けてるわけね (^^; さすが、

天上界は桁外れのレベルだ。。

             

         ☆          ☆          ☆

さて、地上界に目を向けると、私はどうも8月末の乗鞍のヒルクライム前

後から軽く体調を崩してるようだ。昔から季節の変わり目によくある事な

んだけど、今年はちょっと時期的に早い。例年なら9月後半かな。秋雨

前線に多忙が加わってやられるパターンが多いと思う。

      

で、その崩した体調だけど、寒さと暑さを同時に、あるいは交互に感じて

しまうっていうのは、典型的な微熱の徴候だ。あと、頭がボーッとしてるし、

眠いのに眠りが浅くてすぐ目が覚める。食欲も少し落ちてて、ノドばっかり

渇く感じ。ただ、風邪とか病気ってほどでもないから、過去の経験上、短

めに走るくらいなら大丈夫だ。

               

まあ14kmくらいノンビリ走っとこうかなと思ってたら、また時間が無くなっ

て、心拍計の時刻を見ながらスタスタと13km走るハメに。微熱のせい

で心拍は最初から高めだし、呼吸もちょっと荒いけど、足腰はしっかりし

てるからストライド(歩幅)を伸ばしてスピードアップ。途中、1周だけ飛ば

してるランナーに付いて行ったりもして、まずまずのタイムで帰宅した。

         

トータルでは1km4分32秒ペース。距離は短いけど一応3日連続だし、

まあこんなもんでしょ。ホントは4分半を切りたかったけどね。走り終わる

とやっぱり頭がボーッとして、今も変な感じでPCに向かってる。本物の風

邪にならないように注意しよう。心拍はプラス8の補正。ではまた ☆彡

    

   

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.先日触れた、雑誌『スピリッツ』連載の自転車マンガ『かもめ☆チャ

    ンス』。乗鞍ヒルクライムの途中で「スローパンク」(少しずつの空

    気もれ)になって、どうするのかと思ったら、何とレース中のライバ

    ルが自分のホイール(車輪)を外して交換してくれた。さすがマンガ

    だ♪ ま、絶対にあり得ない話でもないけどね。。

          

  往路(2.45km)   12分19秒  平均心拍140           

  1周(2.35km)  11分07秒        155        

  2周           10分32秒        163        

  3周          10分06秒        169    

  4周(1.05km)   4分36秒        170 

  復路          10分20秒         169     

計 13km 58分58秒 心拍160(87%) 最大174(周回ラスト)

| | コメント (0)

09年8月の全走行距離

RUN 12km,55分59秒,心拍156

何と、東京マラソンの倍率は8.5倍! ギョエッ~。。そう言えば8月で

申込締切だったね。忘れてたわ。東京マラソン2010全体だと約31万

人、フルマラソンだけなら27万人強の申込者で、定員が32000人だか

ら倍率は8.5倍なのだ。もちろん過去最高って言うか、過去最悪だな。

今回も落選決定か。ま、毎度お馴染みの荒川でも気楽でいいけどね♪

それにしても異常な人気だな。バブルがはじけるのはいつの日か。。   

    

さて、8月30日のマウンテンサイクリング in 乗鞍で自転車シーズンは

終了したので、1日休んで昨日の9月1日からは再びランニングシーズン

開始となった。諸々の事情で、レース遠征は全体的にそれほど疲れな

かったんだけど、1年で僅か1回の全力ヒルクライムの後だからやっぱ

太腿にダメージが残るし、ここ1ヶ月はロクにランニングをしてない

    

ってことで、今夜は14kmくらいノンビリと走ろうと思ってたのに、例によっ

て時間が足りなくなって、時間を気にしながらの12kmに変更となった。

最初は脚が動かなくて、10kmに変更かなぁとか思ってたものの、徐々

に身体が順応してスピードアップ。こうなると、涼しい風が吹いてたことも

あって、ごく自然に1km4分ちょっとくらいまでペースアップ出来た。やっ

ぱり自転車で足腰の筋力がついたのが大きいね。

     

トータルでは1km4分40秒ペース。これだけ見ると遅いけど、疲れとか

加速のスムーズさとか考えると、なかなかイイ感じの内容だった♪ 痛み

の類も差し当たり全く無しだ。明日はゆっくり14kmくらい走りたいかな。

心拍はプラス10の補正。

                   

  往路(2.45km)   12分53秒  平均心拍138           

  1周(2.35km)  11分36秒        150        

  2周           10分54秒        159        

  3周           9分59秒        171       

  復路(2.5km)    10分36秒         168      

計 12km  55分59秒 心拍156(85%) 最大175(ゴール時)

    

            

         ☆          ☆          ☆

さて、話変わって先月の全走行距離は、

     RUN 90km ; BIKE 1011km

   

オォーッ、凄い!・・・と感心するのは私だけかね♪ いや、何が凄いって、

BIKE(自転車)の月間走行距離が1000kmを超えたのは2005年夏以

来、実に4年ぶりなのだ。ただし、その年の年間走行距離は約5500km

だけど、今年8月までの1年間だと僅か1700km。3分の1以下になって

るし、おまけにその大半を乗鞍のレース直前に集中させただけ。一番下

のグラフの青線(09年BIKE)の推移を見れば、一目瞭然だろう。

                              

これじゃあ、自己ベストの更新なんて無理に決まってるよな。ランニングの

量も少し減ってるから、トータルの走力も上がるはずはない。でも、今年は

徐々に運動量が増えてるし、心身の調子も去年よりはいいから、結構行

けそうな気がしてる。とりあえず、ランニングで1km4分くらいのスピード

を平気で出せるようにしていきたいな。自転車はどうしても後回しになるか

ら、またクモの巣が張ってワイヤーが錆びるかも (^^ゞ 今月の目標は、

RUN 220km、BIKE 200kmって感じか。ではまた。。☆彡

               

090902a   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

090902b

| | コメント (0)

レース疲れ小雨ジョグ&『ブザー・ビート』第8話

RUN 6km,30分31秒,心拍140

新たなランニングシーズンの初日から雨か。。またマーフィーの法則だな。

「気分一新、走る意欲が湧いた時に限って、雨が降り始める」♪ これも

台風の影響なのかね。あるいは民主党の今後を占う天気なのか。。 

     

民主党と言えば総選挙。今年はたまたま乗鞍のヒルクライムレースと重

なったから、初めて期日前投票ってものにチャレンジした。メディアの報

道だと、かなり一般的になってるって話だったのに、私が最寄の投票所

へ行くと、誰一人いない。スタッフが10人ほどいるだけで、一斉に私の方

に視線を向けて来たから、一瞬引き返しそうになってしまった (^_^;)

      

そこを何とか踏ん張って、宣誓書を書いて渡すと、住所の書き方が登録

とほんの少し違うってことで、数人のスタッフが集まって来る。大げさ過ぎ

るわ! 結局、向こうで勝手に書き直すってことで、投票用紙への記入開

始。この時も、背中に10人ほどの視線を感じて凄くやり辛かった。手の動

かし方で記入内容を読みとられるのも嫌だったから、わざと手を動かさな

いようにして書き込む。そりゃ、自意識過剰か♪ ま、ともかく、社会人と

してちゃんと国政に参加したのだ。投票率約7割っていうのは凄いね☆

                       

おっと、話が逸れまくりだな♪ 要するに、突然降り出した小雨にも負け

ず、軽く走って来たってこと。自転車レースでは腰だけ痛くなって、脚も心

肺もあんまし追い込めなかったから、ここ最近の週末と比べるとあんまし

疲れてない。だから今夜は14kmくらい走ろうと思ってたのに、またして

もこの後に付け加えるドラマ関連の文章の下書きに時間を取られて、走

る時間が無くなってしまった。これさえなきゃ、どんなにラクなことか。。ま、

止めない私が悪いんだけどね。。

                 

結局、僅か6kmの小雨ランはトータルで1km5分05秒ペース。遅いな。

雨で蒸し暑かったからかね。脚はそれほど重くなかったし、加速もスムー

ズだったけど、前半が遅過ぎるんだよな。反省、反省。ともかく、自転車

シーズンは8月で終了。とりあえず、川口マラソンでのハーフの好記録を

目指して頑張って行こう。心身共に、調子はまずまずだ♪ ではまた ☆彡

            

  往路(1.15km)    7分07秒    心拍118   

  1周(1.1km)      5分54秒        136           

  2周            5分31秒       149            

  3周            5分08秒        151      

  4周(0.4km)    1分57秒       153            

  復路            4分54秒       157            

計 6km  30分31秒  心拍140(76%) 最大164(ゴール時)

     

              

        ☆           ☆           ☆ 

          

さて、今週はレース遠征の直後。レポート記事や4周年記事にも時間がか

かってることだし、ドラマの内容的にも、読者が喜んでくれそうな記事は書

けそうにないから、『ブザー・ビート』は一回パスすることにした・・・と書きた

い所なんだけど、まあ折角第7話までコメントし続けたことだし、今週もチョ

コッとくらい書いとこうかな♪ もっと早めに、1回パスしとくべきだった。

              

ともかく記事を書こうと思ったんだけど、珍しく何一つ思いつかない。これ

第8話視聴率がいきなり17.5%へと3割ジャンプアップっていうのは、

一体何なんだろう。直輝(山下智久)と莉子(北川景子)のディープキス以

降が気になったのか。あるいは選挙報道に飽きた人達が、代わりにフジ

テレビにチャンネルを合わせたのか。まさか『スマスマ』のゲスト、超能力

者ユリ・ゲラー目当てのマニアックな方々が、待ち切れなくて早めにフジを

見始めたわけじゃないよな♪ 

                

話を戻すと、ドラマ自体では書きにく過ぎるから、久々に脚本(=ドラマの

シナリオ)の専門誌を参照することに決定。2週間遅れになったけど、

刊『ドラマ』2009年9月号(8月18日発売)を切り口にしてみよう。既に

知ってる人も少なくないだろうけど、大森美香のインタビューと脚本全文

(1話~4話)が掲載されている。この雑誌で脚本を時々読んで、ドラマと

比較してるからこそ、素人の私が演出(=脚本と演技以外)について語っ

たりも出来るわけだ。

                                                   

        ☆          ☆          ☆

まず、短いインタビューについて。これはおそらく7月下旬前後のものだろ

う。最初の依頼はバスケットを題材にしたラブストーリー。今時、オリジナ

ルのラブストーリーを書けるなんて貴重な機会だから引き受けたとのこと。

確かに、かなり少ない気はするね。『イノセント・ラヴ』や『ラスト・フレンズ』

はちょっと特殊だから別扱いにすると、私の頭に浮かぶのは北川悦吏子

の『たったひとつの恋』(亀梨和也&綾瀬はるか)くらいだ。

             

良い意味で昔の月9に戻ろうっていう意図のもと、等身大の主人公の心

の機微を描いたとのこと。山P自身からも、あまりヒロイックにならないよ

うにっていう提案があったらしい。見て元気になれるドラマを作るって考

えは、ドラマの台詞の端々にも表れてる。

              

プロのバスケット選手とバイオリニストの卵が「等身大」とも思わないけ

ど、とりあえず聞き流すとしよう。気になったのは、菜月(相武紗季)を

書く時が一番スッキリするという話だ。文末に「(笑)」と添えられてるけ

ど、単なるジョークには聞えない。今の女性の強さと男性への不満を表

したって話は、前にウチで記事にした朝日新聞のコラムからも読み

とれた話だけど、雑誌のインタビューからは、菜月のような女性に対す

る大森自身の共感が新たに読みとれるのだ。

        

私自身は、最初から菜月にはかなり違和感があって、今回なんてその

極致。共感なんてほとんど無い。これが今の女性とか言われても、こん

なコを身近で見た覚えは無い。性悪女や男好き女ならいるけど、莉子

や代々木(金子ノブアキ)に対する妙な態度は、自分でも呟いてたよう

に、まさに「何やってんだか・・・」って感じ。

                         

まあ、最後で直輝に「行かないで」とすがりついたのだけは、分からなく

もないし、むしろ直輝の「仲間に対する優しさ」を罪とすべきだとは思う。

古典的な月9のパターンへの回帰にも見えなくはない。でも、これで第9

話で菜月&直輝が復活に近づく流れだったら、何やってんだか・・・と呟

くしかない。もちろんドラマの流れとして、菜月と直輝が再び絡むこと自

体については、ウチでも前から書いてたことで、自然なものと言える。

ただ、よりを戻していく際の具体的なプロセスが問題なのだ。

                                 

ちなみに、菜月というキャラも昔の月9の模倣だと言うのなら、少しは筋

が通るけど、ではどの月9の誰の真似なのかと考えると、私には思いつ

かない。『やまとなでしこ』の桜子(松嶋菜々子)も変な女だったけど、そ

れなりに筋が通ってたし、そもそもあれはコメディー。笑いの対象であっ

て、菜月のように重くはない。他に何か前例となるキャラが幾つかあった

としても、それをここで真似することの良し悪しは、まったく別の問題だ。

                   

こう書いてくると、私が大森を単に批判してるだけだと勘違いする人が

出そうだけど、これまでの記事にもちゃんと書いて来たように、相当なテ

クニックや緻密さ、あるいは配慮があるのは認めてる。

             

例えば第1話の脚本を読むと、「トントントン」というバスケットボールの

へのこだわりがハッキリ強調されてるし、終盤の公園での莉子&直輝の

やり取りも上手く作られてる。あのビミョーな間(ま)は演出の永山耕三

による解釈かと思ってたんだけど、脚本自体の中で見つかった。「・・・」

っていう無言のカギカッコを6連発することで、2人のかなり長い沈黙を

表してたのだ。バスケのシーンについても、試合にせよ練習にせよ、つ

い最近まで素人だった女性とは思えないほど細かく指示してあった。

                                     

ただし、菜月が代々木に初めてキスされたシーンは、脚本だと単なる

強引なキスになってる。それに対して実際のドラマでは、菜月も積極的

に応えてたわけだ。あと、ウチで最初からこだわってた自転車の描写は

脚本だとごく簡単にしか書かれてないし、直輝の凄くオシャレな服装も

脚本の指示ではないようだった。。

        

        ☆          ☆          ☆

さて、今後の話。「全11話」という検索アクセスが時々入ってるけど、こ

の展開ならもう全10話ではまとまらないはずだ。川崎(伊藤英明)はボ

ストンに行ったままだし、宇都宮(永井大)は一人ぼっちで淋しそう♪ 

廉と直輝の接近にも時間がかかるし、直輝の手術もあるはずだ。それ

に加えて、菜月との復活(もどき)&2回目の別れ、莉子との別れ(もど

き)と復活も描いて、さらに莉子のバイオリンも大活躍させなきゃなんな

い。かなり忙しいのだ。

                                                           

ま、視聴者としては色々と想像して楽しむ余地が広がってるとも言える。

特にBL(ボーイズラブ)ファンの方々は、直輝&廉っていうビッグカップ

ル誕生で喜んでることだろう。当然(?)、廉があっちだろうネ。う~ん、

具体的にイメージすると、私にはキツイって言うか、まったく無理だな。

やっぱりその辺りは、専門家の方々にお任せしとこう♪

            

最後に一言。紙飛行機でアドレスを教えるシーンは勿体なかった。脚本

は面白いのに、西浦正記の演出が淡泊すぎるし、安っぽいCGのように

も見えてしまった。もうちょっと味わい深くキレイに映してくれれば、今回

の記事は紙飛行機を中心にした斬新な切り口で書けたかも知れない。

                                        

ってことで、もう時間だ。来週こそはチアリーダーを見たいもんだね♪

それでは。。☆彡

      

      

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.直輝から莉子へのメールなんてものは、とっくの昔にあちこちで再

         090901   

     現されてるんだろうけど、

     私もお遊びで作ってみた。

     ドラマでは動く絵文字を多

     用してたけど、ここでは静

     止画にしてるから動かない。

     あと、最初のハートマーク

     にピッタリ来るものが見つ

                          からないんだよなぁ。あれっ

   て、ドラマスタッフが作った絵文字も入ってるのかね。

   ちなみに私も絵文字を使う人だ。聞いてない? あっ、そう♪  

                                                          

P.S.2 一部で北川景子の「棒読み」に対する批判があるらしい。若手

      女優の棒読み批判というのはよくある話にすぎないけど、私は

      貫地谷しほりの「演技読み」より北川の方が好みだ。あと、こう

      ゆう話でいつも女優が攻撃されがちなのはどうかと思う。なぜ

      男優じゃないのか。そこに問題の隠れた本質がある気がする。

       

P.S.3 NEWSの錦戸亮がA型インフルエンザ感染ってことで、主演

      ドラマ『オルトロスの犬』の4日放送分は「緊急生放送特別編」

      へと内容変更になったらしい。同じくインフル感染の山Pはどう

      なるのかね。新型かどうかはさておき、インフルエンザのせい

      でドラマが中途半端に終わるなんて事のないよう祈りたい。。

    

      (追記: 山Pは5日午後から現場復帰で、7日の第9話の放送

       内容は変更なしで済むとの事。フジ系列のサンスポの情報だ

       けど、真に受けていいのかな・・・)

                

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・             

cf.男のビート、女のメロディー~『ブザー・ビート』第1話

  『ブザー・ビート』第1話、山P=山下智久の自転車の車種

  『ブザー・ビート』の相武紗季(菜月)は肉食女子なのか♪

  自転車疲れジョグ&『ブザー・ビート』第3話

  太腿疲れジョグ&『ブザー・ビート』第4話

  自転車疲れジョグ&『ブザー・ビート』第5話

  疲労満腹ラン&『ブザー・ビート』第6話

  疲労ピークラン&『ブザー・ビート』第7話

  居眠りランちょっとだけ&『ブザー・ビート』第9話

  ブログ疲れ短距離ラン&『ブザー・ビート』第10話

  胃もたれラン&『ブザー・ビート』最終回&『おくりびと』

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  週刊新潮のジャニーズ・ドラマ批判について

  リハビリ傘ラン&週刊文春『ブザビ』評

  フジの看板ドラマ「月9」、過去10年の視聴率のグラフ

  フジ「月9」視聴率グラフ2 (80年代後半~90年代)

| | コメント (14) | トラックバック (4)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »