« 川口マラソンのパンフレット到着&花王エコナ問題 | トップページ | リハビリラン&伝説のカンフー映画『燃えよドラゴン』♪ »

トレイルランとエコ=環境保護の対立

RUN 14.3km,1時間07分46秒,心拍153

自転車+山登り=ヒルクライム、ランニング+山登り=トレイルラン(山道

走)。とりあえずこう考えてみると、山登り・自転車ヒルクライム・トレイルラ

ンの3つの流行がシンプルに結びつけられることになる。ただ、もちろんこ

れは大雑把な話で、実際にはそれぞれ、かなり違う特徴を持ってる。

              

山登りは中高年が中心で、ゆったり自然とふれあう運動。それに対して、

自転車ヒルクライムは少し年齢層が若くなって、車道で力を振り絞るス

ポーツ。そして最後にトレイルランは、更に少し年齢層が若くなって、自然

とふれ合いながら力を振り絞るスポーツだろう。ヒルクライムとトレイルラ

ンの決定的な違いは、道だと思う。「トレイル」(trail)とは、森林・原野・山

などの舗装してない道を指すのが普通で、だからこそ自然とか環境の問

題がシビアになってくる。

                          

        ☆          ☆          ☆

今日(9月17日)の朝日新聞・夕刊の「環境・エコロジー」欄には、「トレ

イルラン 定着するか」、「人気の一方、環境への影響に懸念」という、わ

りと大きな記事が掲載されてた(編集委員・武田剛、松尾一郎)。有名な

富士登山競走の写真が2枚掲載されて、山道でランナーがひしめき合っ

てる様子が写されてる。今年で62回目、3000人以上を集める人気の

大会で、トレイルラン・ブームの象徴的存在だ。

            

その一方、国立公園で開催予定だった「ツール・ド・TANIGAWA」(谷川

岳)と「OSJハコネ50K」(箱根)は中止に追い込まれた。自然保護団体

から自治体への反対や意見が響いたようだ。環境省も、国立公園での

競技会開催には難色を示しており、谷川岳の場合には「特別保護地区、

第1種特別地域及びこれに準ずる地域での競技会は禁止」との方針を

示した。   

    

ところが、この方針というのは法的拘束力がないし(自然公園法)、伝統

ある富士登山競走のコースも、国立公園の特別保護地区に入っている。

国立公園課の担当者は「個別に対応する」と語ってるそうだけど、どうし

て富士は良くて谷川岳はダメなのか、二重基準=ダブルスタンダードの

矛盾を指摘する声は当然あるだろう。

        

ランニングじゃなくて、バイクや自動車なら規制は簡単なはずだ。ところ

が、環境法の専門家・加藤峰夫教授(横浜国立大)も語るように、「走る」

というのは曖昧な概念で、人が普通に「歩く」ことの自然な延長だから、

法的に規制するのは難しい

    

結局、まずは全国の競技会の具体的な実施状況を知る必要があるとい

うことで調査が始まってるようだ。自然は大切だけど、自然を守るために

人間との触れ合いまで禁じるのも行き過ぎの感はある。参加人数、走り

方、マナー、環境保護対策など、個別の具体的内容をよく見極めて、折り

いをつけていくしかないだろう。

                

ちなみに私も、トレイルランには興味があるけど、手軽に出来ることでも

ないし、脚の故障も心配だから、とりあえずは様子見の姿勢だ。まあ、自

転車ヒルクライムで山や高原の景色を楽しむだけでも十分だろう。。

    

       ☆          ☆          ☆ 

おっと、また長くなってしまったから、自分の走りは簡単に。今夜は気温

が19度しかなくて、Tシャツと短パンだと、スタート時に肌寒く感じるほど

だったけど、しばらく走れば涼しくて快適な気象条件だった。ところが、な

まじ意識的にゆっくり走ろうとしたのが災いしたのか、古傷の右脚付け根

がギクシャクして、ちょっと痛い。普通10分もすれば治るのに、今夜は最

後までおかしいままで、とてもスピードを出す気にはならなかった。14.3

km走り通すだけでも、かなり辛かったほど。

           

それでも、トータルでは1km4分44秒ペースだから、ボチボチかね。明

日の夜までに治るとは思えないから、1日か2日休むハメになるかも

れない。気温が低くなると、走るのはラクになるけどトラブルは増えるね。

心拍はプラス10の補正。ではまた。。☆彡

     

           

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.のりピー=酒井法子の記者会見を見た。う~ん、思わずウルウル

    しちゃったけど、これまでも清純派イメージを装いつつ覚せい剤に

    手を出してたことを思うと、かなり複雑かも。とりあえず入院先のメ

    ンタルケアをじっくり受けて、今後に備えて欲しいもんだ。。

           

  往路(2.45km)   12分16秒  平均心拍142          

  1周(2.35km)   11分24秒        153       

  2周           11分20秒        154       

  3周          11分13秒        155 

  4周          10分58秒        157

  復路           10分36秒        160   

計 14.3km 1時間07分46秒 心拍153(83%) 最大167(ゴール時)

|

« 川口マラソンのパンフレット到着&花王エコナ問題 | トップページ | リハビリラン&伝説のカンフー映画『燃えよドラゴン』♪ »

「ランニング」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川口マラソンのパンフレット到着&花王エコナ問題 | トップページ | リハビリラン&伝説のカンフー映画『燃えよドラゴン』♪ »