« アインシュタインの一般相対性理論、検証実験の再検討 | トップページ | 安田美沙子と一緒に、「ラン・ラン・ランニング」♪ »

ストライド(歩幅)&ピッチ(歩数)の測定

(15日) RUN 8km,38分00秒,心拍149

あぁ~、時間が無い・・・って言うか、やる事が多過ぎる。。昨夜はちょっと

時間があったから、久々に本格的な物理記事を書き始めると、なかなか

終わらない。あらかじめ準備してたんだけど、記事にする時には更にあ

れこれ調べて考えることになるし、理数系の記事はゴマカシが効かない

から、かなり注意深く書くことになって、時間を取られちゃうのだ。

       

という訳で、走るのを止めそうになったんだけど、2日連続サボるのは気

が引けるし、東京マラソン当選の直後でもある。ちょっとだけでも走っとこ

と思って、夜中に近所の公園へスタート。で、意外なほど多くのランナー

がいる中、8km適当に流して帰宅・・・って話じゃ、流石にブログ記事にな

らない訳よ♪ ツイッター(Twitter)みたいな軽いつぶやきならともかくネ。

                     

で、何か記事になる企画はないかと考えると、手軽なのはストライド(歩

幅)の計測だろうってことになった。私は高校陸上部の時から、ストライ

ドが短いと言われてたし、自分でもそんな感じは持ってた。ましてや、今

の衰え切った走りだと、ストライドは更に縮んでしまってるはずで、その

現実をしっかり把握しようと思ったわけだ。

     

ストライドを測ると言っても、本当に歩幅を測るのは大変だから、走った

距離をピッチ(歩数)で割るしかない。そこで、ほぼ平地の200mを何歩

で走ったか、速度を変えて測ってみることにしたんだけど、これが予想外

面倒だった。走ってる途中での測定だから、200m区間のスタート地

点とゴール地点で上手く足が合わないし、歩数をカウントして覚えるのも

面倒臭い。誰かに手伝ってもらうか、メモとペンを用意する方が良かった。

         

それでも何とか、3種類のペースで測定成功。わかりやすい単位でまと

めると次の通り。端数の処理や測定誤差の関係で、細かい部分では計

算が合ってないけど、わざとそのまま記してある。

      

  1km5分ペース : ストライド1.08m/歩 ; ピッチ186歩/分

     4分半弱   :       1.18m/歩 ; ピッチ192歩/分

     4分弱    :       1.36m/歩 ; ピッチ190歩/分

      

いやぁ、短いストライドだなぁ。。(^^ゞ 別に足が短いわけじゃないので念

のため(と言っとこう)♪ 基本的に、身体が硬いし、歩く時の歩幅も昔か

ら狭いのだ。ただ、そんな私でも、普段公園を走ってる時には、他のラン

ナーの多くよりもストライドは大きい。みんな、歩幅が短いんだね。

     

ちなみに、ネットで調べてみると、色んなスポーツ科学的情報が出てくる。

私のように遅い場合には、スピードを上げる時、ピッチよりストライドの方

が伸びるっていう話があったけど、確かにそうだね。ピッチは190歩/分

前後でほぼ一定だけど、ストライドが急速に伸びてるのが分かる。あと、

男子長距離のトップ選手ピッチも私と似たようなもので、やっぱりストラ

イドの違いなのだ。2m前後で走ってるんだから、私にとっては短距離走

みたいな歩幅だな。

       

ストライドを伸ばすと、ブレーキがかかるとか、上下動のエネルギーロス

が増えるって話もあるけど、ハッキリ言って私のレベルだと全然そんな心

配は要らないだろう。恐ろしく短いストライドだということがよく分かったか

ら、なるべく自然に歩幅を大きくして行きたい。歩く時の意識も重要だね。

     

とにかく、僅か8kmのランニングで終了。トータルでは1km4分45秒ペー

ス。遅っ・・! ま、汗は軽く流せたし、珍しい測定作業までやったから良

しとしよう。心拍はプラス10の大幅補正で、最近だと珍しい。ではまた☆彡    

                   

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.物理的には、ストライドの単位をm/歩、ピッチの単位を歩/分と

    するのなら、スピードの単位はm/分として、分速表示にした方が

    キレイだ。単位の掛け算・割り算が、暗算で確認できることになる。

          

          スピード = ストライド × ピッチ

         ( m/分 =  m/歩 × 歩/分 )

       

    ただ、分速をm表示することは普段ないから、上では1km何分

    かで表しておいた。

     

P.S.2 自転車の場合、ストライドに当たるのはギア比とタイヤの周長

      で、タイヤは変えれないからギアを変えることになる。ピッチ

      当たるのはケイデンス(回転数)だ。ランニングの2歩を1回転

      と数えると、実は自転車と似た回転数(90前後とか)になる。

          

往路(1.15km)   6分23秒  平均心拍124 

 1周(1.1km)   5分26秒        143  

 2周          5分22秒         147  

 3周          5分13秒         152 

 4周          5分01秒         154 

 5周          4分48秒        163 

復路(1.35km)  5分41秒           162 

計 8km      38分00秒 心拍149(80%) 最大172(5周目)

|

« アインシュタインの一般相対性理論、検証実験の再検討 | トップページ | 安田美沙子と一緒に、「ラン・ラン・ランニング」♪ »

「ランニング」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アインシュタインの一般相対性理論、検証実験の再検討 | トップページ | 安田美沙子と一緒に、「ラン・ラン・ランニング」♪ »