« フランスの自転車タクシー、ベロよりシクロポリタン | トップページ | アインシュタインの一般相対性理論、検証実験の再検討 »

東京マラソン2010、三度目の正直で当選☆

RUN 12km,53分45秒,心拍158

オォーッ!遂に東京マラソン当選☆ 今年は一段と競争が激しくて、何と

倍率8.5倍。それでも、何となく当選するような気がしたから、日程がほ

ぼ重なる青梅マラソンの申込を引き延ばしてた。実は、抽選の結果発表

が何日からか完全に忘れてたんだけど、今日(13日)からだったんだね。

夜8時過ぎにメールを受信。開ける前からもう当選だと思ってたら、ホント

にそうだった♪ 証拠画像を添付しとこう。

        

091014b   

  

  

  

    

いやぁ、苦節3年。長い闘いだったなぁ・・・って、単にネットでエントリーす

るだけなんだけどさ♪ 倍率から考えて、3年目で当選っていうのはわり

とラッキーな方だと思う。試しに、確率の計算をしてみよう。私は半ば理系

の数学大好き人間なのだ。

            

2008年の当選確率は25000/130062だから、落選確率は105062

/130062=0.81。2009年の当選確率は30000/226378だから、

落選確率は196378/226378=0.87。2010年の当選確率は

32000/272134だから、落選確率は240134/272134=0.88。

            

よって、3年連続で落選する確率は0.81×0.87×0.88=0.62。し

たがって、3年間で1回以上当選する確率は、1-0.62=0.38(余事象

の確率)。というわけで、確率38%の幸運に恵まれたわけだ・・・って、計

算すると意外に大した事ないんだね (^^ゞ わりとフツーの事だったのか。

有難味が薄れちゃうよな。

     

ま、ともかくこれでハッキリ目標が定まった。来年2月28日にテレビカメラ

の前で目立つこと。いや、そうじゃない♪ 久々に自己ベストを更新する

ことね。ほんじゃ、かなり気合入れなきゃマズイわな。これで青梅はパス

するとして、荒川マラソンはどうすべきか。3月21日だから、東京の僅か

3週間後。う~ん、もうちょっと考えてみよっと。。

               

        ☆          ☆          ☆

と言う訳で、今夜は東京マラソン2010当選記念だから、眠い目をこすり

つつ公園へ向かった。時間も無いし、10kmにしとこうかなと思いつつも、

グッとこらえて12km。あんまし変わんないね♪ まあでも、最初から脚

がちょっと重かったわりにはペースが上がって、かなり気持ちよく走るこ

とができた。僅かな時間で汗ビッショリ。

                

トータルでは1km4分29秒ペース。距離は短いけど、4分半を切ったの

は久々だな。前半かなり余裕を持ってたし、まったく足腰の痛みも無かっ

たし、なかなかいいんじゃないの♪ 心拍も思ったより低めだった。

          

それはともかく、最近時々、夜中に近所でカップルが堂々と抱き合ってる

んだよな (^^ゞ 何じゃ、そりゃ! 映画やドラマじゃないんだから、せめ

て物陰でやれよ。まったく、羨ましい。。♪ 心拍はプラス6の補正。明日

は時間が無いからサボる予定。ではまた。。☆彡

                          

  往路(2.45km)   12分21秒  平均心拍138           

  1周(2.35km)  11分04秒        152        

  2周           10分23秒        161        

  3周           9分53秒        167       

  復路(2.5km)    10分05秒         169      

計 12km  53分45秒 心拍158(86%) 最大177(ゴール時)

|

« フランスの自転車タクシー、ベロよりシクロポリタン | トップページ | アインシュタインの一般相対性理論、検証実験の再検討 »

「ランニング」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

テンメイ様、こんにちは。

さすがは天使テンメイ様、
わが主の敵のご加護があるのですな。
捨てる神あれば拾う神ありとも申しますが
「いい息」の仇を「東京マラソン行き」で
とったのですな。

しかも倍率8.5倍の勝利を
落選率62%に置き換えて
自嘲なさるとは
キッドの自虐スピリッツが
激しく胸をうたれましたぞ~。

まあキッドは10000本のうち当りクジ1本でも
一枚買って当たるか外れるか二つに一つと
思うほうですな。
そして5000枚買って当たらなかった人を
無駄な努力をする・・・と
嘲笑しつつ当りを引くのが
男のロマンだと考えます。

まあ・・・悪魔ですので。

それでは切符を手に入れた上は
快適な旅になるように
地獄の底からお祈り申し上げておきますぞ~typhoon

投稿: キッド | 2009年10月15日 (木) 10時29分

> キッドさん
    
おはようございます sun
まだまだ、ドラマやタレントしか興味を示さない
読者が多い中、ありがたいコメントですね☆
   
そうそう (^^ゞ ブログコンテストのキーワード、
「いい息」にはやられた~って感じ。
NGワードの「100万円」は見抜いてたのに。。
その後たまに、ロッテの社名に関する検索は
入るんですが、シャルロッテの検索はゼロ。
Googleの11位でこれだから、
ゲーテの恋愛悲劇を読む時代じゃないのかなぁ。
太宰の『人間失格』なら時々検索が入るのに。。
         
   
アハハ (^^) 自虐スピリッツ!
自嘲と自虐の間には、密かに上を望むのか、それとも
下を望むのかという、巨大な断絶もあるわけです。
とはいえ、胸をうつことが出来たのなら光栄と言うべき♪
こんな計算をするブロガーはなかなかいないでしょ☆
    
当たるか外れるか、二つに一つ。。
これは確率の本質をつく基本的問題ですね。
           
そこで当たる確率が1/2と言えないのは、当たりと
外れの2つが「同様に確からしい」事象ではないから。
でも、「同様に確からしい」という概念は非常に曖昧で、
数学的というより実践的。
確率論の起源としての、本物の賭け事=博打の
妖しげな香りが残ってます。
               
あらゆる科学理論が密かに依存してる確率・統計学は、
よく考えるとかなり奇妙な数学理論。
面白い領域だし、いずれまた記事を書いてみたいですね。
      
1枚買って当たりを引くと言えば、先日の
ブログコンテストの優勝もそんな感じだったなぁ。
他の参加者も担当者も、そのロマンに苦笑してるでしょう。
あっ、つい本音のボヤキを書いてしまった・・・(^^;
       

ともあれ、念願の切符を手に入れたからには、
快適な旅にしたいもの run
終盤でサングラスを投げ捨てて、ゴール後には
「とても楽しい42kmでした」と言えるように、
せいぜい努力したいものです・・・
         
とか言いつつ、昨夜も物理記事に時間を取られて
走る時間が無くなっちゃいましたけどネ♪
ドラマもアクセス数も気にせず、頑張らなきゃ!
       
ではまた。わざわざ、どうもでした。。shine

投稿: テンメイ | 2009年10月16日 (金) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フランスの自転車タクシー、ベロよりシクロポリタン | トップページ | アインシュタインの一般相対性理論、検証実験の再検討 »