« セレンディピティー(serendipity)という言葉の意味と由来 | トップページ | 忙しくて全てが中途半端・・ »

CW-XとGT-2150で初めてのハーフ試走

RUN 21.1km,1時間34分24秒,心拍163

川口マラソンの参加証が到着した。もう10日後に迫ってるんだよなぁ。

プライベートの問題で、一時は参加できそうにないと思ってたんだけど、

確率70%くらいで参加できそうな感じになって来た。まだビミョーな情勢

だけど、こうなると本気で参戦モードに持って行く必要がある。

     

という訳で、2日サボった後の今日は、半月ぶりにハーフに挑戦してみ

た。前回の8日は、かなり疲れた状態で、しかもヘタったシューズで1時

間35分29秒。今回は疲れは少ないし、新シューズでおまけにCW-X

だから、1分縮めて1時間34分30秒が一つの目安。出来れば33分台

に突入したいなと思って公園にスタートした。

     

ところが、往路からイマイチ脚が重いし、風邪がぶり返してる関係で

シュンシュンして呼吸がしにくい状況。それでも序盤はそこそこのペース

で行けたんだけど、珍しく中盤から全くペースが上がらない走りになって

しまって、ほとんどイーブン(一定)ペースのまま。高校の体育の授業で

3000m走を記録する時は、最初と最後だけ速くて残りはイーブンペー

スになってるグラフがホメられてたけど、最近のランニングだと、中盤か

らペースが上がらないのは非常に珍しい。

         

途中、抜いたランナーが3人ほど付いて来たから、いい刺激になるかと

思ったんだけど、いずれも500m~1000mほどでスローダウンしていっ

たから、結局ほとんど単独走。トータルでは1km4分28秒ペースで、最

低限のノルマは達成したけど、心拍も高いし、あんまし嬉しくないなぁ。

湿度が75%と高めで、走り終わるとCW-Xに白っぽいが吹いてる

状態だったけど、前回は湿度90%だから言い訳にはなってない。

             

やっぱり長距離だと、CW-Xの締め付けが強過ぎてちょっと窮屈な感じ

があった。まあ、一番の心配だった腹痛は起きなかったから、合格では

あるけどね。シューズのクッションも、先日の17kmだといい感じで使え

たんだけど、今夜のハーフだと脚の力が続かなくて、持て余した感じが

あった。

   

これから長い距離に慣れて行けば、急激にいい走りになって行くような

気もするから、焦らずに身体を慣らして行こう。明日は軽めに走ろうか

な。そんな事より、風邪を完全に治すべきだね。ではまた。。☆彡

       

  往路(2.45km)  11分42秒  平均心拍145         

  1周(2.35km)  10分37秒        158        

  2周           10分29秒        163           

  3周          10分30秒        165  

  4周          10分29秒        166     

  5周          10分31秒        166  

  6周          10分25秒        166 

  7周          10分15秒        169     

  復路(2.2km)       9分26秒         170  

計 21.1km  1時間34分24秒 心拍163(89%) 最大175(ゴール時)

|

« セレンディピティー(serendipity)という言葉の意味と由来 | トップページ | 忙しくて全てが中途半端・・ »

「ランニング」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セレンディピティー(serendipity)という言葉の意味と由来 | トップページ | 忙しくて全てが中途半端・・ »