« 『クリスマスの約束』も終了、いよいよ年末&正月か・・ | トップページ | 冬なのに快適な小雨ラン&女子フィギュア五輪代表決定☆ »

統合失調症の診断基準、統計、および歴史的経緯

今まで精神疾患と関わる記事はかなり書いてるけど、ここ最近では広義

の「うつ病」(躁うつ病や新型も含む)をずっと扱ってきた。それは、たま

たまNHKのうつ病特集番組で記事を書いたら、予想以上にアクセスが

多かったということもあるけど、より根本的には、ここ最近うつ病が極端

に増えてるという事情がある。

     

それは、メディアの扱いの多さや、大きな書店に並ぶ本の数を見るだけ

でも分かるが、正確な情報となると、厚生労働省が3年に1度行ってる

大規模な「患者調査」が最も参考になるだろう。先日(2009年12月3日)

に発表された、平成20年(2008)患者調査では、うつ病の患者が初め

て100万人を超えたことが話題になった。

    

ここ10年で2.4倍もの急増。しかも、ここで言う「患者」とは、病院などで

診療を受けた人だから、診療を受けてない人を含めた「うつ病にかかっ

てる人」を計算すると、おそらく数倍になるだろう。こうしたデータをどう読

みとるかには、色々と議論がある。特にうつ病の場合はおそらく、以前な

ら病院に行かなかったような軽症の人が、治療を受けるようになったこと

が、数字に大きく反映されてるだろう。

         

一方、うつ病と並ぶもう一つの代表的な精神疾患、「統合失調症」では、

ここ12年間(患者調査5回)で、患者数がほぼ一定のまま。変わってな

い。今回の「総患者数」を見ると、約80万人となっている(統合失調症

型障害及び妄想性障害も含む)。日本の人口と比べた時の患者の割

合は0.6%強だから、あちこちに書かれてる0.5%とか1%といった

数字と整合的なデータだろう。

      

ちなみに、「中分類」において三番目に多い精神疾患は神経症で、約

60万人だ。ただし、うつ病や神経症と違って、統合失調症の場合は

入院患者の割合が非常に多いのが特徴だろう。2008年だと約40

万人だから、ほぼ5割に達している。「失調」という言葉は、いま「調」

子を「失」ってるけどいずれ復調できる、というニュアンスを持ってるは

ずだし、薬物療法の発達もしばしば口にされるものの、まだまだ実情

は大変なようだ。。

     

        ☆          ☆          ☆

ところで、この「統合失調症」。以前は「精神分裂病」と呼ばれてたこと

は、わりと有名な事実だろう。「精神」が「分裂」してるという病名は重

過ぎるから、全国精神障害者家族会連合会が要望を出し、2002年

に日本精神神経学会が「統合失調症」へと改名した。

         

この時もかなりの議論を経て、結局改名が実現したので、今話題になっ

てる「障害」という表記も、いずれ「障碍」(あるいは「障がい」)へと正

式に変更される可能性は十分あるだろう。

       

話を戻すと、元の名が精神分裂病であるとか、英語では「schizophrenia」

(スキゾフレニア)のままだという話は、わりと知られてるのに対して、そ

の前に何と呼ばれてたかについては、まだ一般に知られてないと思う。

近代精神医学の父とも言うべきクレペリンが「早発性痴呆」と呼んでたも

のを、ブロイラーが「精神分裂病」と改名したとかいうのが普通の説明だ

                   

この点を再考してみると、「早発性」の「痴呆」と、「精神」の「分裂」という

のはかなり違う概念であって、単なる呼び換えでないことは容易に推測

できることだ。そもそも、対象とする病自体、あるいは患者自体が微妙

にズレた可能性は十分ある。

      

とりあえずここでは、そのズレの可能性を指摘するに留めて、更にクレ

ペリン以前へと遡ってみよう。すると、カールバウムとヘッカーという師

弟が唱えた「緊張病」と「破瓜(はか)病」に到達する。簡単に言うと、そ

れぞれは、身体的な緊張と、発症の若さが特徴だから、この名が付い

ている。これら2つの型に、クレペリンが「妄想型」を加えてまとめ直し

たのが、「早発性痴呆」ということだ(この言葉自体はモレルから継承)。

       

ちなみに「破瓜」期とは、16歳くらいの思春期を指す伝統的な(or 古

めかしい)言葉で、「瓜」という感じを左右に「破」ると、「八」が2つになっ

て、合わせて16という事らしい。冗談みたいな言葉遊びが、小学館

『大辞泉』や三省堂『大辞林』に載っていた。

        

        ☆          ☆          ☆

と言う訳で、統合失調症という概念を百数十年遡ると、緊張型と破瓜

型と妄想型、3種類の重い精神疾患に到達する。そして現在、世界標

準となっている米国精神医学会『DSM-Ⅳ-TR 精神疾患の診断・

統計マニュアル』(医学書院)を見ても、基本的な3つの病型はそのま

ま残されてるし、診断基準にも反映されている。

     

最新のマニュアルにおける統合失調症の診断基準は、次のA、B、C

すべてが満たされることだ。実際はもう少し詳しいし、項目もFまである

ければ、長過ぎるので省略してある。専門家もしばしば省略してるので、

特に大きな差し障りはないと思う。

          

   A.特徴的症状:以下の2つ以上、おのおのは1ヶ月ほどの期間

             ほとんどいつも存在する。ただし、(1)や(2)が  

             顕著なら、1つだけでもよい。

         (1) 妄想 

         (2) 幻覚

         (3) まとまりのない会話

         (4) まとまりのない、または緊張病性の行動

         (5) 陰性症状。すなわち、感情の平板化、思考の貧困、

            または意欲の欠如

   

   B.社会的または職業的機能の低下

   C.期間:持続的な徴候が少なくとも6ヶ月間存在する。

     

          

こうしてみると、重い病としては、意外なほど単純な診断基準のように

も見える。大まかに言うと、1と2は妄想型、3と5は主に破瓜型(現在

の言い方では解体型)、4は破瓜型と緊張型の特徴だ。

     

統合失調症の症状は、非常に多彩だと言われるものの、少なくとも専門

家が見れば、比較的簡単に診断できるのかも知れない。特に、妄想と

幻覚(特に幻聴)は、分かりやすい特徴だろう。ただ実際は、この種の診

断基準に付きものの、他の障害との区別という困難が待ち構えている。

     

統合失調症の場合は、失調型・シゾイド・妄想性という、3つのパーソナ

リティー障害(or 人格障害)との区別が微妙な所だ。DSMをよく読んで

も、統合失調症とパーソナリティ障害の違いを強調する箇所もあれば、

類似性を指摘する箇所もある。病因論がまだ曖昧な中、結局は、症状

の程度や期間の長さで診断することになると思われる。

           

       ☆          ☆          ☆

次に何を書くか、まだ決めてないけど、もう1回いわゆる精神病的な重

いものを扱うか、精神疾患全体をまとめるか、あるいは神経症的なも

のについて考えるか、いずれにせよまだしばらく精神医学記事は書き

続ける予定だ。

        

最後に、いつもと同じく大切な助言を書き添えとこう。身の回りで心当た

りのある方には、まず専門家のもとを訪れることをお勧めしたい。ネット

情報とか、本やテレビの話などは、あくまで素人向けの簡単な参考資料

だし、一般論にすぎないわけだ。個別の具体的な症例については、経験

を積んだ専門家が直接診るしかない。

    

それでは、今日の所はこの辺で。。☆彡

    

      

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

cf.うつ病の診断基準と抗うつ薬~NHK『ためしてガッテン』

  うつ病の診断基準2~気分変調性障害

  うつ病の血液診断と遺伝子変化

  うつ病の診断基準3~双極Ⅰ型障害(躁うつ病)

  うつ病の診断基準4~双極Ⅱ型障害(軽い躁うつ病)

  新型うつ病の一つ、非定型うつ病について

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  心理療法を無料で全国民に~朝日新聞「欧州の安心 イギリス」

  大胆かつ繊細な試論~香山リカ『雅子さまと「新型うつ」』

|

« 『クリスマスの約束』も終了、いよいよ年末&正月か・・ | トップページ | 冬なのに快適な小雨ラン&女子フィギュア五輪代表決定☆ »

心と体」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『クリスマスの約束』も終了、いよいよ年末&正月か・・ | トップページ | 冬なのに快適な小雨ラン&女子フィギュア五輪代表決定☆ »