« 山下達郎『クリスマス・イブ』&JR東海CM『X’MAS EXPRESS』~朝日新聞 | トップページ | うっかりチョコクッキーの大袋を全部食べちゃった♪ »

高校駅伝&『JIN-仁-』最終回、軽~い感想♪

RUN 17km,1時間16分37秒,心拍159

正月番組ってのは退屈なのが多いのに、年末番組には魅力的なものが

多いのは何でだろう。お正月は、ワザとまったりさせてるってことか。最

近ますますテレビを見なくなってる私でさえ、昨日の番組予定表には魅

力的なタイトルが並んでるように感じた。

      

全国高校駅伝サッカー・クラブW杯特番、M-1グランプリ2009、N

HKスペシャル・マネー資本主義・ウォール街の怪物復活。『JIN-仁-』

特別編&最終回。他にも、それなりに楽しめそうな番組が並んでて、ヒ

マなら1日中テレビを見ても退屈しそうにないラインナップだ。

           

残念ながら、師走にそんな事をしてるヒマもないから、まずは雑用を片

づけながら『高校駅伝』を流し見した。珍しく地デジのデータ放送なんて

ものも使って、女子の終盤から見たんだけど、終了後のハイライトに映っ

てた、千原台(熊本)2区の野田沙織がなかなか光る素材かも♪ マニ

アックすぎる指摘かな。 

      

アフリカからの留学生を抑えて区間1位、4.0975kmを12分51秒。

まずまずの好成績だし、走る姿が美しかった☆ まだ2年生だし、来年

も楽しみだね。総合結果は豊川(愛知)が連覇。タイムは、ハーフ21.

0975kmを5人で走って1時間08分27秒だから、ボチボチかね。日

本記録は、福士加代子が1人で走って1時間07分26秒だから、かな

り差は大きいとも言える。

       

一方、男子は、去年から日本人だけになった「花の1区」10kmに、超

高校級の2年生・西池和人(須磨学園)が出るってことで注目してたん

だけど、中盤以降に離されて区間6位。それでも29分29秒だから、流

石にハイレベルだ。その後のレースは、ケニアからの留学生・カロキの

快走でトップに経った世羅(広島)がそのまま3年ぶり6回目の優勝。第

一中継所でタスキを落とす凡ミスにも関わらず、冷静に立て直してた。

       

タイムは、7人でフルマラソンを走って2時間04分09秒だから、まあま

あって感じかな。ルールとか外国人の使い方がちょっと違うから、単純な

比較は難しいけど、高校駅伝の記録は2時間01分32秒(仙台育英,

2004)だし、ここ10年では8番目の記録だ。世界記録ゲブレシラシエ

が1人で走って2時間03分59秒。う~ん、ちょっと背中が遠い。。

            

ちなみに、男子で目にとまったのは、世羅の4区で区間記録の快走を見

せた竹内一輝。解説の宗茂も言ってたように、非常に軽い走りで、しか

も美しかった☆ 今日の朝日・朝刊でも大きな写真と共に絶賛されている。

           

レース内容以外だと、やっぱり高校生ランナーは、独特の若さが溢れて

て魅力的だね。走る前の緊張感とか顔つきが、大学や実業団とは違っ

てる。あと、ハイライトで知ったけど、女子のレースで3回も転倒があった

のには驚いた。身体が細いから、生まれたての子馬が立ちあがった途

端にヨロけたような感じで、痛々しかったな。

           

男子は逆に、中継所で待ってる選手の露骨な押し合いが微笑ましかっ

た。高校陸上部時代、実は陸上中・長距離が「格闘技」だということは、

身を持って体験している♪ 無意味に肘打ちするランナーは実在する。

       

        

        ☆          ☆          ☆

はい。スクロールした人、ここでストップね♪ 話変わって『JIN-仁-』

最終回。このドラマは初回から評判が良くて、読者からもレビューの要

望を頂いたし、友人からは毎回涙を流すなんて話も聞いてるんだけど、

ここまで全く見てなかった

                          

亀梨和也『神の雫』のレビューを終えた3月以降、ウチは基本的に、

ラマ長期お休みモード。代わりに、理系・文系を問わず、学問系の記事

を次々にアップして来た。そうは言っても藤木直人『夜光の階段』、キム

タク=木村拓哉の『MR.BRAIN』、山P=山下智久『ブザー・ビート』と、

春以降もチョコチョコ書いてるんだけど、秋は『ロング・バケーション』

放送の初回と最終回をレビューしただけで、ドラマは全く見てないし、そ

もそもテレビをたまにしか見てない。

             

昨日は年末の日曜日ってこともあって、ちょっと気を緩めて、話題沸騰

の『JIN』を軽く見たわけ。村上もとかが『スーパージャンプ』に連載して

原作マンガを2回くらい見てるけど、ドラマの情報はほんの僅かしか

持たずに、しかも21時15分くらいから録画も取らずに軽く見た。折角

だから、ちょっとだけ感想を書いとこう。ま、ドラマファンの皆さんへの、

クリスマス・カードみたいなご挨拶ってことで♪

          

まず、最初に目に入って来たのが、坂本龍馬内野聖陽)。ホォ~ッ、俳

優として着実に実績を積んでるのは一応知ってたものの、実際に演技を

見るのは上戸彩『エースをねらえ!』以来、5年ぶりだから、言われなきゃ

分からなかったな。まだ名前があんまし売れてなかった当時から、なか

なかの実力派で好感持てるなと思ってたけど、この龍馬はいい☆ 全体

の配役の中で、陽気で豪快な男っぽさがいい味を出して光ってる。女と

酒に弱い古典的な男性像も、時代劇だから違和感がない。

       

その後、野風(中谷美紀)の手術で迷う南方仁(大沢たかお)が登場。大

沢は名前しか知らなかったけど、抑制の効いた静かな演技と穏やかな

が、一目で気に入った。内野と同じく、もう41歳の中堅なんだね。あえ

て言うなら、モノローグは余計だと思ったけど、まあ書かないことにしよう

・・・って、書いとるわ!

                 

その後、橘咲(綾瀬はるか)が登場した時も、なるほど!と感心した。天

然ボケを隠してるってこともあるのか、やたらキレに見えるね☆ いや、

見えるって言うか、前に朝日新聞・夕刊は「絶対美人」とか凄いネーミン

グでベタ褒めしてたけど♪ 私が時代劇を苦手とする理由の一つは、女

性の着物姿に萌えないから。でも、あの綾瀬なら、帯を引っ張ってクルク

回して「ア~レ~・・・♪」とか歓声をあげさせるのもいいかなと思ってし

まった・・・って、表現が昭和の香りだわ♪

                                                 

ストーリーも、原作がまだ連載中のドラマの最終回として、無難な巧みさ

仕上げてた。野風の乳がんを治すと、未来に影響を与えてしまう。タイ

ムスリップ物語に付きもののパターンだけど、『プロポーズ大作戦』の山P

&妖精(三上博史)のお遊び感覚と違って、仁はシリアスな姿勢。結局、

咲や龍馬の手助けもあって、未来(自分がやって来た2000年頃)の写

真を地面に埋めて、目の前の江戸時代の乳がんを治療することに決定。

                        

手術には2つの味付けが施されてて、一つは咲の結納ドタキャン。ここ

で、ドタキャンされた男じゃなくて兄の恭太郎(小出恵介)かな? 刃物

で咲を脅すと見せかけつつ、自分が悪者になって咲を逃がす。そこか

連ドラの定番、「花嫁衣装」のヒロインのダッシュ♪ 

               

『ロンバケ』ではいきなり第1話の冒頭で、白無垢の山口智子が走ったし、

『やまとなでしこ』では終盤にウェディングドレスの松嶋菜々子が走った。

『プロポ』では本編最後に、ウェディングドレスの長澤まさみが走ったわけ

だ。たまには男がタキシードで走ってもいいと思うけど、男のドタキャンは

女性視聴者がブーイング。それより、着飾った美しい女優に、非日常的

な行動をやらせたいわけね。ちょっと萌え系でもあるし♪ (追記: そう

言えばロンバケのラスト直前に、正装したキムタクが走り回ってたな)

           

で、走った咲が向かう先では、手術へのもう一つの味付けである、悪者

登場が繰り広げられる。これはどうなのかね。時代劇が苦手なもう一つ

の理由は、この余りに陳腐な悪役退治なのだ。『医龍2』の時にも説明

たけど、こうゆう単純な勧善懲悪の『水戸黄門』的展開は、物心ついて

以降は見る気がしない。

               

まあでも、好きな人が相変わらず多いのかな。先日まで朝日・夕刊で連

載されてた、水戸黄門特集なんて読んでても、黄門人気の根強さは思

い知らされた。実物の黄門ではなく、極めて「ドラマ的」なあの黄門が好

きみたいだ。コントのパロディで笑うんじゃなく、ドラマの印籠で本当にスッ

キリする方も少なくないわけか。ま、いいけど。。

         

ともかく、咲が悪者の手術妨害を阻止。「何人たりとも、消毒せぬまま

手術室に入ることは許しませぬ!」(ウロ覚え♪)。小物は前のシーンの

小刀で、手術中の野風が胸から血を流すのと同時に、咲も首から血を

流す。これは女性性の象徴表現にもなってるわけだ。

        

ガンであれ悪漢であれ、女性のピンチには必ず男性ヒーローが登場。

仁が一喝して悪者退散。ま、脚本の森下佳子も、紋切り型の時代劇パ

ターンだと分かってて、わざとやってるんだろう。そう言えばこのドラマ、

3年半前のTBS『白夜行』のメンバーが揃ってるんだね。森下、綾瀬、

小出、武田鉄矢、麻生祐未。演出の平川雄一朗まで同じなのか。

     

で、手術はもちろん成功。ちゃんと、女の命の乳房も温存された。大御

所の医学史家・酒井シヅが監修してるんだから、さほど問題はないんだ

ろうし、「神様は乗り越えられる試練しか与えない」のが基本だから、大

成功は当然だろう。この台詞の連呼に、勝間和代の『やればできる』を

思い出したのは私だけだろうか♪ 

           

もちろん、乗り越えられない試練はいくらでもあるし、飛び抜けた心臓に

恵まれた高橋尚子が必死に頑張っても、現役終盤は、「夢はかなう」とは

行かなかった。これが現実で、『しがみつかない生き方』の香山リカが目

を注ぐのは、人間のそうゆう哀しさだ。だから逆に、ドラマ的フィクション

(=虚構)や、自己啓発本的な激励は、努力の大切さを歌い上げるし、

かなりの人々がそれに救われ、元気づけられるわけだ。

           

話を戻すと、手術の成功後、見晴らしのいい高台での仁&咲の2ショット

は美しかったね☆ あそこは度々使ってるのかな。CGがどの程度入っ

てるのか分からないけど、遠くに満月が見える夜中のシーンとか、趣が

あって素敵だった。昔はお月さまが、イルミネーションやライトアップの代

わりの演出道具だったんだろうな。愛し合う男女があそこで一晩いると、

当然何か起きてるはずだけど、例によって編集でカットされたらしい♪ 

ま、制作費削減で着物のクリーニング代もキツイし、お子様がまだ起き

てるゴールデンタイムだから仕方ないか。

                              

お子様でも大丈夫なのは、別れのシーンでの野風のキス。ここ、もうちょっ

とだけ大沢がドギマギして、綾瀬が顔をひきつらせた方が良かったと思う

な。細かい話、あと0.5~1秒ずつの演技が欲しかったと思う。とはいえ、

野風も、咲とは別の路線でなかなか魅力的だった♪ くどく龍馬のあしら

い方も上手かったし。

                         

それにしても、考えてみると、不思議なもんだね。どうして軽いキスは良く

て、その先はダメなのか。どうして生々しくてグロテスクな手術シーンは良

くて、清潔感のある野風の乳房の映像はギリギリで隠されてるのか。ま、

あの胸はチラリズムとして、別の萌え効果があるのかな♪ 

          

ちなみに作の野風はその後、吉原を出て、「国の為 道の為」の額が

映されてた「仁友堂」でお手伝いするらしい。ドラマでは塾を開いて、通行

人にシカトされながら必死に宣伝してた。あそこでティッシュを配ってくれ

ると笑えたんだけどな♪ あるいは、ビラがカラーコピーとか。

        

ところでタイムスリップ医療ドラマとしては、特殊な話も織り込んであった。

仁が土に埋めた「未来」(みらい)の写真が、手術後に消えてたのだ。こ

れは、手術によって未来の恋人「未来」(みき)が消えたということか。仁

も考え込んで、色んな可能性を列挙してたけど、まあこのドラマでは、ファ

ンタジックで多義的なエピソードとして、軽く余韻を楽しんどけばいい。湯

気になろうが雪になろうが、水は水・・・って感じの柔らかい受け止め方で。

          

ただ、理論的に気になる人も少数いらっしゃるだろう。特に理系の男性

や文系のSF好きね。タイムスリップで過去を変えたからと言って、未来

(みらい)におかしな事が生じるとは限らないという点に関しては、一昨

年の『プロポ』の時に、記事とコメント欄でかなり突っ込んだ話をしてあ

るので、マニアックな方はご参照あれ♪

       

似たような世界(パラレルワールド)が複数存在するという、広義の「多世

界解釈」なら、時空に必ずしも悪影響とか矛盾は生じない。だからと言っ

て整合的と言うほどでもないし、差し当たりは実証性のない理屈にすぎな

いのはもちろんだけど。。

    

ドラマの感想の最後に、音楽について。正直、私の感覚だと、あまりに

情的なBGMが多過ぎる気がしたけど、多分それが世間的な成功の一つ

の要因なんだろうね。ラストに流れたMISIAの主題歌『逢いたくていま』

関しては、瞬間的にいい曲だと思った。ただ、その感傷的な詩とメロディー

を引き立てるには、本編のBGMをもう少し控えた方がいいだろう。

       

さて、最終回の視聴率はどこまで上げたかな。裏番組はなかなかの強敵

揃いだ。松方弘樹の『巨大マグロ伝説』とか、磯野貴理の離婚真相激白

とか♪ 20%として、平均視聴率18.5%。TBSの新作の時代劇ドラマ

で、ジャニーズドラマでもないことを考えると、素晴らしい成功なのは間違

いない。最終結果が出る前から祝福しとこう。

         

スタッフ&キャストの皆さん、どうもおめでとう☆ 何となく、それっぽい作

りにもなってたし、続編か映画につながるといいネ。

         

 (追記: 『JIN-仁-』最終回の視聴率、驚異の25.3%! 今年度

      の民放連ドラ最高視聴率とのこと。

      平均視聴率も19.0%に到達。ホントは18.97%だけど、

      小数第2位は四捨五入でいいだろう。素晴らしい数字だ。。☆

    

      ちなみにTBSは、差し当たり続編や映画を否定してるけど、

      企業の前言撤回は日常茶飯事だし、誰もとがめないだろう♪)

        

          

         ☆          ☆          ☆

長くなったので、昨夜の自分の走りについては簡単に。お昼の高校駅

伝の、軽くて速い走りをイメージしながら頑張ったつもりなんだけど、な

ぜか中盤から脚がどんどん重くなって、動かなくなってしまった。全力で

走ったわけでもないし、ハーフのレースでさえそんな事はないのに、珍

しいね。1日休んだだけじゃ、疲れが抜けなかったのか。

     

重い脚を引きずる感じで走った17km。トータルでは1km4分半ジャス

トだから、合格最低点って感じかね。1ヶ月前には余裕を持って1km4

分23秒ペースだから、ちょっと渋い顔になってしまう。ま、これでも川口

マラソン後だと最長の距離だから、良しとしとこう・・・って言うか、もっと走

れよってことか♪ 全く脚が痛まなかったのは、ここ最近だと珍しいかも。

          

心拍は往路のみ補正。脚の重さを考えると、ホントはもうちょっと高かっ

たのかも知れない。ちなみにM-1は、初出場で無名のパンクブーブー

が満場一致の完全優勝とのこと。8年間の努力が報われた形だ。お笑い

の底辺は厚いね。ではまた☆彡

                                       

  往路(2.45km)    12分14秒  平均心拍134         

  1周(2.35km)    11分00秒        151      

  2周             10分35秒        159      

  3周            10分22秒        163

  4周             10分18秒        165 

  5周            10分15秒        167

  6周(0.35km)     1分33秒       169

  復路               10分21秒         165

計 17km  1時間16分37秒 心拍159(86%) 最大172(ゴール時)

|

« 山下達郎『クリスマス・イブ』&JR東海CM『X’MAS EXPRESS』~朝日新聞 | トップページ | うっかりチョコクッキーの大袋を全部食べちゃった♪ »

「ランニング」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

内野さんの宗方コーチって・・・ツウですね。tennisほんと内野さんの龍馬は大好きになりました。
仁と咲は何も無いですよ。未来を変えてしまうことに、ここまでこだわった人がやるわけないじゃん!!coldsweats01
野風とは2回キスしただけです。
1話目からすっごく面白かったですよ。ぜひ機会があれば見てください。
映画じゃなくシーズン2を希望します。happy01

投稿: お気楽 | 2009年12月21日 (月) 22時44分

> お気楽さん
    
どうもどうも。3ヶ月のご無沙汰でした yacht
      
テニスtennis はするのも見るのも好きなんですよ。
テニスウェアの可愛い女の子virgoも大好きだし♪
テレ朝で注目度もイマイチのドラマだったけど、
内野はきっちり仕事してたから好印象 ☆
    
アハハ happy01 突っ込んでくれてどうも。
まあ、仁と咲が何かしても、別に未来が変わるとは
限らないんだけど。物理学的にも、性医学的にも。
試しにウィキを調べると、当時は和紙を使ったとの事。
そこまで聞いてない?^^
野風とは2回キスって、前にもあったんだ。
    
お気楽さんとは丸4年の付き合いだけど、
こんなに絶賛するドラマは覚えてないなぁ。
タイムスリップが入ると評価が5割増とか♪
シーズン2を希望! ほぉ~~。。
       
僕は大河の後の『ガリレオ2』に期待してます shine

投稿: テンメイ | 2009年12月22日 (火) 00時32分

 ∩∩ ☆彡
(^o^ )  彡
ノ`⌒ιっ゛彡
゛(ノ) 彡
 `〜っ゛
  υ...
軽く17キロも走るなんて…

軽く書いた感想がマニアックだし…

投稿: 稲次将人 | 2009年12月22日 (火) 12時35分

> 稲次将人さん
    
こんばんは。コメントどうもです♪
顔文字だけですぐ分かっちゃいますネ。
             
17キロのランは「軽く」じゃなくて「重く」です。
記事は軽く書いてますけどね。
ここまでのドラマの内容が分かってて、時間も
あれば、3倍マニアックに書けたのに。。^^ shine

投稿: テンメイ | 2009年12月22日 (火) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/47074251

この記事へのトラックバック一覧です: 高校駅伝&『JIN-仁-』最終回、軽~い感想♪:

» JIN(仁) 第15巻 (ジャンプコミックスデラックス) |村上 もとか [アマゾン情報局]
JIN(仁) 第15巻 (ジャンプコミックスデラックス)村上 もとか集英社 刊発... [続きを読む]

受信: 2009年12月21日 (月) 20時59分

» JIN-仁- 最終話 「タイムスリップの果て…時空を超えた物語が今!!」 [電視劇的随便日記]
龍馬(内野聖陽)が行方不明になり、恭太郎(小出恵介)に助けを求める仁(大沢たかお)。 [続きを読む]

受信: 2009年12月21日 (月) 22時27分

» JIN -仁- [Akira's VOICE]
最終回の感想でありんす  [続きを読む]

受信: 2009年12月22日 (火) 10時26分

» JIN-仁- 最終回 (中谷美紀さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆中谷美紀さん(のつもり) 中谷美紀さんは、TBS系列で毎週日曜よる9時から放送されていた日曜劇場『JIN-仁-』に野風と友永未来の2役で出演しました。一昨日は第11話(最終回)が放送されました。●あらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2009年12月23日 (水) 01時39分

» 疾風伝&リボーン&仁 [別館ヒガシ日記]
はがに過去の歴史を語る展開で 今回はが&など過去メインだけど &映像は良くて裏歴史は最悪で 次はでスパ... [続きを読む]

受信: 2009年12月23日 (水) 21時57分

» 仁は摘出(大沢たかお)万華鏡のバラード(中谷美紀)辻褄も結納も水に流してくださりませ(綾瀬はるか) [キッドのブログinココログ]
鬼から非道へ。そして非道いカップルへ。さらに夢の途中で夜明けを待つヒーロー仁(大沢)とヒロイン咲(綾瀬)だった。 しかし、それもまた道である。 ものすごく鮮やかな原作への軌道修正だったな。 そもそも未来の未来(中谷)がいるのは原作のオリジナル。そのために未来のそっくりさんである花魁・野風(中谷二役)... [続きを読む]

受信: 2009年12月24日 (木) 03時28分

« 山下達郎『クリスマス・イブ』&JR東海CM『X’MAS EXPRESS』~朝日新聞 | トップページ | うっかりチョコクッキーの大袋を全部食べちゃった♪ »