« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

10年1月の全走行距離

RUN 8.2km,46分21秒,心拍133

皇居ランって、そんなに盛り上がってるのか! どうも公園のランナーの

人数がイマイチだなと思ってたら、みんな仕事帰りに皇居で走ってるって

ことなのかね♪ 朝日新聞・1月30日夕刊の記事「皇居ラン 4500人

回る回る」を読みながら、そんな事を想像してしまった。

       

07年2月の東京マラソン開始以降のランニングブームで、皇居の人気

が高まってるのは知ってたけど、私自身はいまだに一度も走ってない(自

転車なら1度)。友人を誘ったら、「意味が分からない」との事♪ まあ、

一般参賀とかでもないのに、わざわざ都心まで出かけて走る意味が分か

らないっていうのは、ごくフツーの感覚なのかも知れないね。ただ、もは

や戦後ではない(古!)・・・じゃなくて、もはやフツーの時代じゃないのだ。

           

信号なしの約5kmの周回コースは、場所も警備も良くて、仕事帰りの夜

にも安心して走れるし、シャワーやロッカーなどの施設まで出来てる。そ

れどころか、帝国ホテルは「インペリアル ジョギングステイ」、ニューオー

タニは「ランナーズ ステイ」なんてプランまで出してるとの事。ちょっと、

笑っちゃうかも♪ あまりの人気に、地元の千代田区には苦情が寄せら

れるようになって、昨年10月にランナーの数を計測してみたそうだ。

     

すると何と、1日のピークと推測される平日夜(午後6~9時)に、約45

00人が走ってたとのこと。1時間に1500人! まあ、ゼッケンや発信

器を付けてるわけじゃないから、かなりの重複計測が混ざってるはず

だけど、平均して1人2周(10km)走ったとしても、1時間に750人もの

ランナーがひしめいてることになる。

      

う~ん、確かに一般の通行人にとっては不自由だろうね。追い越しラン

ナーや逆走(時計回り)ランナーまで考えると、接触トラブルも当然ある

だろう。『月刊ランナーズ』によると、特に多いのは水曜と木曜の夜との

こと。月金が少ないのは分かるとして、火曜はどうして少なめなんだろう。

      

ともかく、『ランナーズ』としては次のような「ランニングマナー3ヶ条」を

提案してるそうだ。①一列で走る②逆回りはしない③混雑する時間帯

は、速いスピードで走らない。。どれも、なかなか守ってもらえそうにな

いことだけど、少なくとも横に2人並んで道を塞ぐのは良くないね。どう

してもノンビリ並走したいんなら、せめて左側に寄り添って、右側を空

けてくれないと。もちろん、高速の並走は論外だろう。

      

今だと、東京マラソン直前だから、ますます盛り上がってるかも知れな

いね。また、友人でも誘ってみようかな。お~い、聞いてるか! 都心に

出るのがダルイ? あっ、そう♪

        

       ☆          ☆          ☆

一方、今夜の私はほぼ休養日。バッテリーのためだけにバイクに乗っ

たり、買い物したり、メール打ったり、スキー&スノボ旅行の打ち合わせ

をしたり、色々と雑用をこなして、近所の公園に出かけたのは22時45

分。ホントは10km以上走るつもりだったのに、時間がないから8.2km

で終了。0.2kmの端数は、月間走行距離をキレイな数にするためだ。

    

鼻呼吸で超スロージョグをしただけなのに、脚がやたらダルかったのは、

昨夜のハーフの疲れとかがあったからだろう。トータルでは1km5分39

ペース。意外に「速い」ね♪ 正直、6分ペースのように感じたほどだ。

これで、明日は完全休養にして、明後日がいよいよ30km走の予定。長

距離は苦手だから緊張するんだよなぁ。ま、今さら逃げる訳にもいかない

から頑張ろっと!

   

往路(1.15km)   7分07秒  平均心拍120 

 1周(1.1km)   6分26秒        124  

 2周          6分17秒         128 

 3周          6分13秒         132 

 4周          6分08秒         135

 5周          6分04秒        138

復路(1.55km)  8分07秒           138 

計 8.2km    46分21秒 心拍133(73%) 最大145(ゴール前)

    

       

       ☆          ☆          ☆

続いて、今月の全走行距離を発表すると、

       RUN 312km ; BIKE 0km

   

オォ~ッ、自転車のゼロはともかく、ランは久々の300km超だね! 過

去の記録が一部抜けてるから、ハッキリとは分からないけど、僅かの差

で最長記録を達成したかも知れない。ま、この程度は、本気で走ってる

ランナーならごく普通だろうけど、私の場合はそもそもブログのドラマ記

事や学問系記事に莫大な時間を使った上でのことだから、500km超

にはラクに相当すると思ってる。

             

実際、1本に5、6時間かけてる記事はザラにあるから、その分をジョギ

ングで走るだけで40kmにはなる。5本で200km。フツーに走る300

kmと足し合わせると、キレイに500kmに到達するわけだ。ま、スポー

ツ only の人には机上の空論に感じるだろうけど、私は以前からずっと、

独自のマニアックな記事を書く方が価値ある事だと思ってる。

               

非常に分かりやすいのが、記事を読んだ後にプロフィールを見る人の

割合。ドラマにせよ、学問系にせよ、本格的な記事を読んだ後に私の

プロフィールを見る人は少なくない(特に理数系)が、RUNやBIKEだ

とごく僅か。全く周囲の評価が違ってるのだ。

    

ともあれ、東京マラソンまであと1ヶ月は、ランニングにもたっぷり力を

注ぐ予定。狙うは、5年ぶりの自己ベスト更新! ではまた。。 ☆彡 

        

100131

     

100131b

| | コメント (0)

東京マラソン2010、参加案内到着☆

RUN 21.1km,1時間34分17秒,心拍159

妙に温かく感じるのは、微熱のせいばかりでもないだろう。普段と同じ感

覚で暖房を使ってると、暑くて頭がボーッとして来るほど。こうゆう時に、

ホントは自転車に乗っとくといいんだろうけど、今日は色々と用事が溜まっ

てたから、その余裕はなし。

     

例えば、毎年恒例のスキー&スノボツアーをどうするか、あれこれ調べ

て考えるだけで、アッと言う間に時間が経つ。ネットが普及する前だと、

スキー場のガイドブックとか雑誌をサラッと見て、後は格安ツアーのパ

ンフレットを見れば決定だったのに、今だとあちこちネットで調べちゃう

から、逆に時間がかかってしまうのだ。

      

とりわけ、クチコミ情報とかレビューなんてものを丹念にチェックしだす

と、いくらでも時間がかかってしまう。まあ、意外にどこも、しぶとく営業

てるみたいだネ。正直、ここ2年でもっと寂れるかと思ったな。あまり使

われないリフトが廃止されてる程度なら、許容範囲だろう。

           

        ☆          ☆          ☆

100130b_3

 さて、今日の記事のタイトルは

 「東京マラソン1ヶ月前、心地良

 くハーフ♪」とでもしようかと思っ

 てたら、ポストにクロネコメール

 便で、東京マラソンの参加案内

 が届いてた。こうゆう時、まず最

 初に思うのは、「ブログのネタが

 出来た」ってこと♪ 毎日更新の

継続っていうのは、ネタ探しの連続でもあるのだ。それにしても、かなり

早めの発送だね。全国規模の巨大な大会だからってことかな。

         

で、案内の中身はと言うと、ナンバーカード引換証、上の写メの「参加の

ご案内」がメイン。ご案内は、荒川マラソンやかすみがうらマラソンと比

べても、かなり丁寧に作られてて、読むのがダルイけど、感心したのは

確かだ。流石、飛び抜けて高い参加料(1万円)を取るだけの事はある♪

     

って言うか、参加人数が多くて都心だし、メディアその他の注目度も高

いから、万全の処置が必要なんだろう。気象状況とか救護所の位置、

スタッフのウェアまできっちり書かれてるし、地図もしっかり掲載されて

いる。まあ、マジメに全部読む人がどのくらいいるかは怪しいけどネ。

         

100130_2

 ちょっと恥ずかしい

 けど、華やかでいい

 なと思ったのは、使

 い道がよく分からな

 い書類ファイル。左

 上のピンクの帽子を

 かぶった女の子が可

 愛いねって、アブナ

 イわ♪ 

     

 上空にはヘリや飛行

 機が飛んでるんだけ

ど、やっぱり中心は東京メトロ(=都心の地下鉄)。裏側には、「東京を

走らせる力」と書かれてる。なかなか上手い広告だね。駅の乗り換えマッ

プとか、毎月のお知らせ冊子もしっかり同封されてた。

    

後は、色んな企業の関連パンフレットがぞろぞろと、東京マラソンEXPO

の案内と、健康チェックリスト。エキスポって、受付だから、わざわざ東京

ビッグサイトまで前日に行かなきゃなんないのか。ダルイよなぁ。ま、初

めてだから、色々見て、またブログのネタにしよう♪

      

で、ポストの案内を見た直後に、気合を入れ直して公園へスタート。最

近は、週に1回長距離をじっくり走って、あと1回ハーフを速めに走るの

がパターン。今夜は月末でもあるし、ハーフでそれなりのタイムを出しと

きたいと思って、往路から心拍計を細かくチェックした。微熱もあって、

心拍は高いんだけど、意外なほどしんどくなくて、問題は時計だった。

       

前半から久々にいい感じだし、呼吸はほとんど乱れてなかったから、こ

れは1時間35分を切れそうだなと計算。つまり、1km4分半を切るペー

スで行けそうだったこと。終盤になってもスピードはキープできたんだけ

ど、最近だと珍しく脚が疲れてしまって、ペースアップする余裕はなし

って言うか、そこまで頑張るつもりもなし。結局、中盤以降はイーブンペー

ス(同じ速度)を保った感じになった。

        

トータルでは1km4分28秒ペース。まあ、スタート前はもっと遅くていい

と思ってたから、十分な出来だろう。走り終わった後、腰が痛くなったの

は、腰高のフォームを保てたからだと思うことにする。これぞ、ポジティヴ・

シンキングだ♪ 心拍は往路のみ低めに補正。気温が高めだったから

か、あとの数値は正しかったと思う。明日はお遊びランで休養の予定。

ではまた。。☆彡

     

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.大阪国際女子マラソン小崎まり、日本人1位(総合3位)おめで

    とう☆ 冷たい雨の中、2時間26分27秒は十分なタイムだろう。

    38歳の小幡佳代子(日本人2位、総合5位)の2時間27分19秒

    も凄いし、36歳のシモン(総合4位)の2時間27分11秒も素晴ら

    しいね。。

     

  往路(2.45km)  12分22秒  平均心拍137

  1周(2.35km)  11分07秒        147        

  2周           10分32秒        160           

  3周          10分23秒        162  

  4周          10分12秒        164     

  5周          10分11秒        164  

  6周          10分08秒        165 

  7周          10分03秒        166     

  復路(2.2km)       9分19秒         163  

計 21.1km  1時間34分17秒 心拍159(86%) 最大170(ゴール時)

| | コメント (0)

週刊文春の亀梨評の後、『ヤマトナデシコ七変化』第3話を見て

『週刊文春』恒例、今井舞「毒ガス批評」。今週の木曜に発売された、

2月4日号の広告の見出しには、こう書かれてた。「もうドラマは止めたら

 亀梨君!」。そろそろ、この種の記事が週刊誌に出るだろうと待ち構え

てた所だったから、早速チェック。さほど読んでる訳でもないけど、この企

画の中ではわりとマシな部類の記事だと思った。

           

3ページの記事全体は、今年もまた冬ドラマが不振だという内容で、山P

=山下智久&新垣結衣&戸田恵梨香『コード・ブルー2』や、菅野美穂

『曲げられない女』に軽く突っ込んだ後、櫻井翔&堀北真希『特上カバチ

!』を激しく攻撃。で、これが今期ワーストかと思ったら更に下があったっ

ていう前フリに続いて出て来たのが、亀梨和也『ヤマトナデシコ七変化 ♡』

だった。

     

分量的にはたかが300字くらいで、次のような言葉が並んでる。大人の

見るモンじゃない、下らないストーリー、アダルトビデオのストーリー部分

(=無意味)、ちゃち、ドラマ運がない、まぬけを通り越して哀れ、つっこ

むだけ不毛、明らかにダメ。。一方で、福山雅治の『龍馬伝』だけは、ソ

フィスティケートされてるなどと好意的。キムタク=木村拓哉に対する普

段の攻撃とは、対照的な態度だ。

            

他のドラマはともかく、『ヤマトナデシコ七変化』に関する批評(?)だけを

良く読むと、本質的にはそれほどけなされてないようにも感じられる。つ

まり、このドラマは完全に、亀梨・内博貴・手越祐也・宮尾俊太郎らのファ

ンのためのものであって、そうでない自分が突っ込んでも不毛だし、腰が

引けてしまうとまで書いてるのだ。ファンの方々、勝手にどうぞと言ってる

わけだから、ファンは勝手に楽しめばいい♪

     

おまけに、亀梨にはドラマ運がないとか、哀れだと書いてるってことは、

亀梨本人に対する攻撃にもなってない。「もうドラマ止めたら」とは、ドラ

マ運が悪過ぎて気の毒だから、親切に忠告してくれてる有難い言葉な

のだ♪ ちなみに、本文中には「ドラマ止めたら」とは書いてないから、

編集者が勝手に付けた見出しの可能性が高いだろう。。

     

        ☆          ☆          ☆

さて、「毒ガス」にしては温かみを含んだ、この今井舞の批評もどき。全

体的に、表現のキツさはともかく、書いてること自体はそんなにおかしい

と思わない。「半ば」その通りの指摘で占められてる文章だ。けれども、

「別の半ば」の部分が重要であって、それに関しては、週刊文春に限ら

ず、週刊誌のツッコミ程度だと触れられることはない。

                 

では、その「別の半ば」とは具体的にどういったものなのか、今夜放映さ

れたばかりの第3話を例にとって考えてみよう。ちなみに、念のためにウ

チの常連さんに伝えとくと、私は『ヤマナデ』も『コードブルー2』も、ここま

で毎週軽くコメントしている。ただ、わざと記事タイトルにドラマ名を入れて

ないので、素通りした人も多少いらっしゃるようだ。実はこの問題は、ドラ

マにとっても本質的なことだと私は考えてる。

             

今回のサブタイトルは「愛・・・?」で、確かに愛に関して問いを投げかけ

る内容になってた。ただ、その愛に対する疑問は、「顔」をめぐるものが

中心なわけだ。「顔」とは、文字通りの顔だけじゃなく、外見的・表面的な

ものを指す言葉でもあり、代表となる重要なものを指す言葉でもある。

      

さて、まず文春の記事を思い出しておくと、あれは要するにドラマの「顔」

について語ってるわけだ。パッと見の印象の話で、それなりにごもっとも

な感想ではあっても、「中身」をじっくり考えたものではない。

     

その点は、ウチのドラマ系読者の一部においても同じこと。つまり記事の

タイトルという「顔」しか見てないから、ドラマ記事が無いなと感じることに

なる。そこで終わりだから、記事の「中身」にドラマの話があることに気付

かないわけだ。実は、ウチのサイトの「顔」とも言うべき、トップページの

「全記事一覧」の「中身」を見れば、記事タイトルの右側に「テレビ」という

カテゴリーが書かれてるから、時期を考えると私が何の番組でつぶやい

てるか、すぐ見当がつく仕掛けになってる。しかし、そうした「中身」には目

が行かなかったりする訳だ。

                        

一方、今回までのドラマの話だと、まり(星野亜希)はひたすら恭平(亀梨)

の「顔」を追い続けてるし、スナコ(大政絢)は「顔」しかない人形=人体模

型に夢中になってる。まりが追うのは、恭平という、手の届かない「他者」

の顔であるのに対し、スナコが追うのは、惨めに放り出された自分自身と

重なる人形の顔だから、「自己」の顔だ。

       

ただし、他者と自己の差こそあれ、まりとスナコに共通の特徴は、やや

広い意味の愛。それに対して、恭平に特徴的なのは、お金と食べ物へ

の執着。これは、愛=種族保存本能と対比して、自己保存本能と呼んで

もいいし、物欲と呼んでもいい。重要なのは、愛から一番遠いのが、愛

についての請け売り(from 高島礼子)を語ってた恭平だという点だろう。

        

したがって、このドラマは意外に面白い構図を秘めてることになる。他者

の顔だけ愛するストーカー女と、自己の顔だけ愛する引きこもり女との関

わり合いの中で、愛を知らない美形の男が愛を学んでいくわけだ。その

意味では、「イケメンオトコ七変化」と言えるだろう。

           

スナコ&オトコの七変化にとって重要なのは、身体の触れ合いだ。とい

うのも、「顔」とは基本的に「見る」ものであって、顔の先の中身に進むに

は、「触れる」ことが大切だから。さらにまた、キスにせよ抱擁にせよ、

とは現実的に、身体的な触れ合いなのだから。

       

こうして、いまや、妙にこのドラマに身体的絡み合いが多いことが納得で

きるだろう。奇妙なほど身体を接触させ合う恭平&スナコもそうだし、喫

茶店「迷宮入り」のマスター・真一と恭平のボクシングもそうだ。したがっ

て、ドラマのラストは既に明白。恭平&スナコの最も深い触れ合いで終わ

ることになる。

           

ただし、そこは編集でカットされるかも知れないから、視聴者の想像力が

鍛えられることになる。普段から鍛えてる私は、今のままで十分だろう♪

     

         ☆          ☆          ☆

という訳で、こういった感じで深く中身を考えて行けば、案外このドラマは

「大人の見るモン」でもあるのかも知れない。文春の記事は、その辺りま

では捉えてないので、ハズレでないにせよ、かなり不十分なのだ。 

    

ただし私自身も、なかなかこのドラマで本格的レビューを書く気にはなれ

ない。それは、時間が無いからとか、ウチが今、ドラマ長期お休みモード

だからってだけじゃなくて、このドラマの「顔」が趣味じゃないからだ。

      

男だからジャニーズには興味ないし、萌える対象になる女の子が映るこ

ともほとんど無し。おまけに、表面的にはかなり幼稚なストーリー&演出

に見えてしまうし、音楽も安っぽい(主題歌はまあまあかも)。「ブナスコ、

ブスナコ」なんて連呼は、あまりに下らな過ぎてウッカリ苦笑してしまうん

だけど、小学校高学年でも口にしないような言葉じゃないだろうか。こうし

たドラマの「顔」がジャマをして、なかなか入り込むことが出来ないのだ。

                  

その意味で、やっぱり「顔」は重要だなとも言えるし、私もまだまだ修行が

足りないなとも言える♪ ただ、スタッフの側も、もう少しドラマの「顔」に

配慮しないと、視聴率とか世評的に苦しくなるばかりだろう(脚本は今回

も篠崎絵里子、演出は川嶋龍太郎)。

        

最後に、再び指摘しときたいのは、このドラマの「ヒネリ」だ。私は第1話

ですぐ指摘したけど、このドラマは亀梨ファンとかジャニーズファンに対

する強烈な問題提起になっている。今回の話をよく振り返れば、単なる

私の深読みではないことがすぐ分かるだろう。

      

問われてるのは、我々自身の愛のあり方。ドラマという虚構ではなく、

生の現実の認識と創造なのだ。

それでは。。☆彡

      

     

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.『ヤマトナデシコ七変化 ♡』第3話視聴率は、7.6%。前回の9.3

    %と比較すると、2割近く下がったことになる。1つの目安と見てた

    8%をあっさり割り込んで、『神の雫』との差も1.4%まで詰まって

    来た。初回からこれほどの勢いで下がり続けてるドラマは他にない

    これで、今週は裏番組に、大ヒットアニメ『崖の上のポニョ』を迎え

    ることになる。7%を割り込むと厳しいけど、果たしてどうなるか。。

    (ちなみに、『コード・ブルー2』第3話視聴率は16.2%

           

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.僅かな腹ごなしラン&『ヤマトナデシコ七変化』第1話

  まったりした休日、ボーッとつぶやいてみる♪ (第2話関連)

  亀梨和也主演ドラマ、視聴率の推移(野ブタ~ヤマトナデシコ七変化)

                               (第4話の感想含む)

  腰痛ごまかし手抜きラン&つぶやき♪ (第5話関連)

  空から雨、浅田真央は悔し涙&『ヤマトナデシコ七変化』第7話

  厚着し過ぎの低速ラン&『ヤマトナデシコ七変化』第9話

  春日部大凧マラソンは締切!&『ヤマトナデシコ七変化』最終回

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラストスパートの速さを「分解写真」で検証♪

RUN 15km,1時間10分50秒,心拍152

微熱がなかなか消えないね。食欲がちょっと落ちたのは嬉しいんだけど、

気力も落ちて心拍が高いから、やっぱりマイナスだ。下手するとこのまま

風邪を引いてしまいそうで怖い。私は一旦風邪をひくと、完治まで丸2週

間かかる体質だから、東京マラソンへの走り込みが台無しになってしま

う。気合で免疫力をアップさせるしかない♪ 半ば軽口だけど、そうゆう

精神力の身体的効果は確かにあると思う。何なら脳の力と言ってもいい。

         

さて、今夜は何をネタにしようかと考えてる内に、ふと書き忘れてる話を

思い出した。12月初めの川口マラソン(ハーフ)のラストスパートのこと

だ。私は、高校陸上部時代から、ラストだけは速かった。基本的に、

距離ランナーに近いんだと思う。別の言い方をすると、有酸素運動より

無酸素運動の方が得意ってこと。あと、子供の頃から、「キレる」んじゃ

なくて「キる」感覚を持ってる。ケンカに限らず、試験前とかゴール前だ

け、意図的に別の状態へと自分を持って行くことに慣れてるのだ。

          

先月の川口マラソンは、トータルのタイムだと、ここ4年ではベストだけ

ど、色々あって、期待してたほど良くもない。ただ、ラストは結構いい感じ

でスパート出来たから、ゴール後の充実感にはタイム以上のものがあっ

た。それを実証する「分解写真」が見つかったのだ。そう、市民アスリート

なら誰もが知ってる(?)、オールスポーツ(ALL SPORTS)だ。

              

大会運営組織と契約して、参加者その他の写真を撮影。HPで公開して

販売する会社で、ここ5年の様子を見てると、かなり順調だと思う。撮影

する大会数が増えて、サイトも小奇麗になった。マラソン&自転車ブーム

とか健康志向の追い風を受けて儲かってるはずなのに、写真の値段が

上がったのは気に入らないけど、今まで4、5回くらいは買っている。要

するに、走りの内容も写真映りもいい時だ♪

                    

で、そのオールスポーツが写した川口マラソンの写真に、かなり珍しいこ

とに、私のゴール前後のものが4枚もあったわけ。ちょうど、分解写真み

たいなもので、周りのランナーとのスピードの差がよく分かる。

   

残念ながらここに載せるわけにはいかないけど、1枚目がゴール10mく

らい前。直前に2人抜いて、更に隣のランナーと競り合ってる。このラン

ナーは、私に抜かれそうになった時にあわててダッシュしたから、よく覚

えてた。何とも小市民的な争いだけどね♪ で、2枚目を見ると、そのラ

ンナーを抜き去って、更に左前のランナーも抜いてることが分かる。

    

でも、実はスパートの速さが一番よく分かるのは、ゴール直後の3枚目。

ちょうど100m走のゴール後みたいに髪が後ろになびいて、身体が完

全に後傾している。つまり、そのくらいブレーキをかけないと止まらない

速度ってことだ。4枚目もその続きだけど、後ろから別のランナー達が

ぞろぞろやって来てる。ここから推測すると、ゴール前の100mほどで、

少なくとも5人は抜いてるだろう。

       

ただし、この話にはオチがある。実は私の直前に、のんびりゴールして

るお年寄りが映ってて、しかもケロッとした表情なのだ (^^ゞ ま、これが

実力の差、あるいは有酸素能力の差ってもんだろう。まだまだ修行が

足りないネ。。

     

         ☆          ☆          ☆

一方、今夜の走りについて。一昨日が28km走、昨日が7kmジョグ。で、

今日は軽く17km走のつもりだったのに、走る前にブログをいじってたら

遅くなってしまって、結局15kmしか走れなかった。

      

火曜のココログのメンテナンス以降、どうもレスポンスがイマイチ。ログイ

ン直後によくフリーズするし、アクセス解析の各ページを開く時のスピード

も遅い。最近、主にドラマ関連で、アクセスが急増してるから、生ログ(ア

クセス記録)をザッと見るだけでも随分時間がかかるのだ。自慢かよ♪

       

ともかく、残された時間で本拠地の公園へ。1km4分50秒ペースでいい

と思ってたのに、途中で4分30秒ペースのランナーに抜かれたから直ち

に追走。例によって、向こうは2周で止めてしまったから、その後はやや

減速。まあ、全体的にはちょうど良かったかな。

    

トータルでは1km4分44秒ペース。タイムは別にいいとして、一昨日の

28km走で気付いたように、やっぱり無意識の内に左膝をかばって走っ

てるようだ。どうも、身体が温まるまで左膝に違和感があるから、右脚で

かばって、その後もそのまま右脚中心の走りになってたらしい。道理で

右脚ばかりが疲れるはずだ。今後、注意しよう。

            

心拍は修正なし。気温が高くてセンサーがちゃんと湿ったからだろうね。

雨上がりで湿度が高めだったこともあるのかも。明日は休んで、土曜は

ハーフの予定。ではまた。。☆彡

                 

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.昨秋の人気ドラマ『JIN』の映画化が「明らかになった」という日刊ス

  ポーツの報道が、今朝(1月29日)あった。今年の夏にクランクイン、

  来年公開とのこと。

      

  ただ、元々連ドラ終了直後にTBSが強く否定してた話だし、昨日は週

  刊新潮2月4日号が「綾瀬はるかもがっかり?!JINの映画化に暗雲」

  と伝えたばかり。日刊スポーツにも、ニュースの根拠が書かれてないし、

  TBSの今日のサイトにも、ギャラクシー賞12月度月間賞のことしか見

  当たらない。

        

  映画化は本当なのかどうか、まだ疑問は残るけど、自然な話ではある。

  まずは、関係者&ファンの皆さん、おめでとう☆ 私は最終回しか見て

  ないもんで。。♪

          

  往路(2.45km)   13分07秒  平均心拍134         

  1周(2.35km)   11分39秒        146       

  2周           10分44秒        159       

  3周          10分48秒        159 

  4周          10分52秒        158

  5周(0.7km)    3分25秒        160

  復路           10分16秒        161  

計 15km 1時間10分50秒 心拍152(83%) 最大171(ゴール時)

| | コメント (0)

鼻呼吸ジョグ&『泣かないと決めた日』第1話

RUN 7km,39分09秒,心拍131

時々、無性にペヤング・ソース焼きそばを食べたくなる♪ 大昔からの

定番カップ麺で、ハッキリ言って安っぽい味だとは思うけど、独特の魅

力があるからロングセラーになってるんだろう。凄いと思うのは、これほ

ど物を買って貰えない厳しい時代にも、ほとんど商品開発の努力をして

ないし(?)、スーパーの大安売りも全く見たことがない所だ。CMや広告

も滅多に見ないから、ボロ儲け商品じゃないのかネ。そう思うと悔しいけ

ど、たまに買ってしまうのだ。

            

  (追記: 調べたら、一応色んな種類があるんだね。まるか食品に失

       礼だった・・・と言っても、ほとんど店頭で見たことないけど♪)

          

で、今日はキツイ仕事が1つ終わって、気が緩んだ所でコンビニに立ち

寄ったら、2倍の超大盛カップが目に入ったので、フラフラッと買ってし

まったわけ。ちょっと仕事でガッカリすることがあったから、気分転換に

大食いしたくなったんだけど、やっぱり大き過ぎるから(1099kcal☆)、

2個入りの麺の内、1個だけ食べることに変更。

    

で、ムシャムシャ食べてると、何故かいつもより美味しく感じる。おかしい

なぁと思って、食べ終わった後に台所に行って納得。1個の麺に、2個分

のソースをかけてたのだ♪ いやぁ、昨日ほとんど寝てないから、頭がボ

ケてたなぁ。残った1個の麺、どうしようって感じだ。案外、腹減ってる時

なら、そのまま食べても地味に美味しかったりするんだけどネ。

     

その後、ちょっとドラマ記事を書く準備をしながら消化時間をおいて、僅

7kmだけ鼻呼吸でジョグ。ゆっくり走るのが苦手な私にしては、珍し

くいい感じでトロトロ走ることができた。まあ、昨夜の28km走の疲れ

脚の付け根にたっぷり残ってるから、全然スピードを出す気がしなかっ

たのだ。昨日から微熱が続いて体調が悪いし、ちょうどいい休養&汗流

しになったと思う。

   

トータルでは1km5分36秒ペース。お休みにはちょうどいいな♪ 明日

は雨かと思ってたら、何とかなりそうだから、また軽めに14kmくらい走っ

とく予定。心拍は最近では珍しく、妙に高めに出てたから、低めに補正し

た。それでは、ひとまずこの辺で。この後はドラマの感想ってことで。。☆彡

       

往路(1.15km)   7分07秒  平均心拍120

 1周(1.1km)   6分27秒        125      

 2周          6分16秒        128

 3周          6分07秒        131 

 4周          5分58秒        133 

復路(1.45km)   7分14秒        138

計 7km  39分09秒  平均心拍131 最大148(復路の坂)

     

     

        ☆          ☆          ☆    

はじめに一言、特に、久々にウチにやって来た藤木ファンの方のために

説明しとくと、ウチは去年の3月に亀梨和也『神の雫』のレビューを終えて

以降、ドラマ長期お休みモードに入ってる。小市民ブロガーとしては、そう

言いつつもチョコチョコとドラマ記事を書いてるんだけど、以前のような本

格的レビューを書くことはほとんど無くなってて、今後もしばらくこのまま

の予定。

     

という訳で、以下もオマケのつぶやき程度に過ぎないので、悪しからずご

了承を♪ ちなみに、もし藤木&山下智久&長澤まさみ『プロポーズ大

作戦SP2 ~ウェディング大作戦~』が放送されれば、一時的にレビュー

を復帰する予定ではある。もう望み薄かな。。

      

さて、注目のオリジナル脚本の社会派ドラマ、『泣かないと決めた日』。ヒ

ロイン・角田美樹役の榮倉奈々は、個人的に萌えない女優だからテンショ

ンが下がるんだけど、イジメられ役としては適切なキャスティングだ。いか

にもって感じの顔だし、細長い身体を曲げて謝る姿が様になってるから。

        

それ以上に分かりやすいキャスティングが、同期の親友もどきのイジメ役、

立花万里香を演じるモデルのだ。あのキツイ顔を見ると、反射的にユ

ニクロの広告を思い出すのはいいとして、女優としてはちょっと気の毒に

感じてしまう。役回りってものは、容姿だけである程度決まってしまうもん

だ(杏の他のドラマや映画は全く知らないけど)。

            

その点、先日の『コード・ブルー2』第3話でもいい性格の役をもらってた、

濱田岳なんていう俳優は、見た目で得してるだろう。『プロポ』でも『太陽と

海の教室』でも、好感を持たれる役をもらってた。

      

一方、統括マネージャー・桐野征治(藤木直人)。敵か味方か分からな

謎の男って話を聞いてたのに、実際にドラマを見ると私には味方にし

か見えなかった筋を通して闘う姿勢は、大きな会社組織だとなかなか

大変だろうから、しばらく左遷されてたのかも知れないね(ちょっとしか

情報を仕入れてない)。

                    

まあ、桐野の場合は男だし、それなりの地位に付いてるからいいとして、

新人の美樹があのファックス( or コピー)事件で無罪を主張し続ける

のは辛いだろう。1人で頑張って来たお母さん(角田紘子=大塚良重)

や、足の悪い妹(角田愛=川口春名)のこともあるしね。ただ、謝るんな

ら即座に謝った方が良かったかも。半ば以上、結果論だけど。

       

美樹が最初から妙に仲良くなってた経営企画本部の仲原翔太(要潤)は、

制作発表だと「いじめとは無縁」とされてたけど、ホントなのかね? ドラ

マ全体の流れを考えると、最初からこれだけ「9ちゃん」と上手く行ってる

脇役は、中で敵に回る方が自然なはず。もちろん、仲原の態度の変

化は、ワインチームの立花が絡んで生じることになるだろう。

         

そこで、冷たく見えた桐野が全面的に味方になって来るんだと思うけど、

まあ昼ドラっぽいオリジナル脚本(渡辺千穂)だし、どうヒネって来るの

か読めない所はある。とか言いつつ、正直な話、昼ドラなんてほとんど

見たことはない。

    

         ☆          ☆          ☆              

ところで、肝心のイジメの内容。正直、第1話にしては意外にアッサリ

てるなと思ったけど、期待し過ぎなのかね♪ 連ドラの中心的なツカミと

しては、物足りないと思ったなぁ。。

      

最後の冷凍庫閉じ込めってのは、イジメって言うより単なる殺人未遂

しょ。昔、ホテルでバイトしてた時、大きな冷蔵庫(or 冷蔵室)に時々入っ

てたんだけど、その度に怖かったのをよく覚えてる。暗証番号もカギもな

しに内側から開くようになってるとはいえ、外から誰かに閉められたら、

それでおしまいだ。しかもそこでは、みんな普通の服装だったから、1時

間ももたなかっただろう。

                     

マイナス20度の冷凍室殺人未遂事件はともかく、他はちょっと拍子抜け

だった。逆に、地味なリアリティを出したってことなのか。コピー&FAXは

単なる個人的な性悪女・工藤早苗(町田マリー)の話だし、藤田千秋(片

瀬那奈)が嫉妬含みで仕掛けた封筒事件は、美樹が入れる時に注意し

て気付けば、イジワル程度の話で済んでたはず。私自身は、この種の作

業だと、何度も念入りにチェックした上で封をする。

              

怒らせた得意先に謝ろうとして、余計な事まで喋っちゃったのは、新入社

員にありがちなミス(or 不運)だし、残業させられたみんながムスッとす

るのも、わざわざイジメなんて言葉を使うほどのものかって感じはある。

むしろ、大事な場面で二度も携帯を鳴らしてた美樹の不注意さの方が気

になった。ビルがガラ~ンとなるほどの創立記念式典に気付かないって

いうのも、葵井商事が大企業であることを考えるとちょっと苦しい話だ。

お掃除おじさんさえ、知ってたくらいだもんね♪ 

               

桐野にポストを奪われた形の、食品チームリーダー・佐野有希子(木村

佳乃)がやってるのは、イジメっていうより厳しい指導だろう。配慮には欠

けてるけど、あの程度でイジメとか言ってたら、世の中イジメだらけのは

ず。いわゆるパワハラの域にも達してないし、少なくとも今回は、他の女

子社員と意識的につるんで美樹を攻撃してる感じでもなかった。

        

美樹の前の席で動画の盗撮を行ってた田沢佳人(長谷川純)も、イジメ

と言うより、勝手に1人で軽微な性犯罪を行ってるだけ(ジャニーズJrな

のか・・)。キレたもう一人の男は、単なる若造とか青二才だろう。まあで

も、こうしたネガティブな状況が全体を覆い尽くしてることを「社内イジメ

と呼ぶのかね。私はもっと集団的な統一性があるものをイメージしてた。

          

ちなみに私自身は、幸いなことに、イジメらしいイジメは受けた覚えがな

。でも、強いて言うなら小学校時代に一度、それっぽい事を経験したこ

とはある(単に不愉快な仕打ちなら多々)。逆に、自分では全くイジメた

つもりはなかったのに、イジメのグループの一員にされてしまったことは

あるし、完全な相手の誤解で、ちょっとした「悪い子」にされちゃったこと

もある。今日はもう時間が無いから、また別の機会に書くとしよう。

     

最後にスタッフについて。脚本は、社会派ドラマをオリジナルで頑張って

書いてるんだから、温かく見守ってもいい。ただ、第1話の演出(石川淳

一)は、お世辞にも上手いとは思わなかった

              

冒頭の屋上の飛び降り自殺もどきにせよ、ラストの冷凍庫閉じ込めにせ

よ。ひょっとしたら、わざと安っぽい雰囲気を醸し出してるのかも知れな

いけど、それなりに経験を積んでるらしい中堅の演出家が作って、初回

がこれなのかって感は強い(他の作品は見たこと無し)。こうゆうドラマ

の視聴者層は、ああゆう作りを好むってことなのか。一番最初の、都会

の夜の航空映像はフツーに好きだけどね。。

                        

毎度お馴染み、音楽の菅野祐悟は全く印象に残らなかったな。企画が

『プロポ』の瀧山麻土香ってのは、ちょっと意外かも。まあ、数字を取り

にくいシリアスで暗い話へのチャレンジは、評価に値することだ。初回

の視聴率は10.2%。低いと見るとか、こんなもんだと見るか、微妙な

数字かな。どう見ても来週は、冒頭で美樹が助かるに決まってるし、更

に数字が下がることが予想される。9%で踏みとどまって欲しいもんだ。

      

        ☆          ☆         ☆

という訳で、初回の印象は何ともビミョーではあるものの、こうゆうものを

作ろうっていう心意気は応援したいと思う。出来れば、男性用の萌えポ

イントを入れて欲しいんだけど、男性は見ないから関係ないわけか。致

命的だったのは、制服の地味さ♪ 来週から直ちに、もっと可愛いもの

か、そそるものに変更して頂きたい。そりゃ、無理か。

                

私は、藤木って俳優はずっと特別扱いして来たし、かなり好感持ってる

んだけど、このドラマは残念ながら、あと1回か2回つぶやくだけだと思う。

『夜光の階段』の3倍くらいのエロシーンを入れてくれれば、もうちょっと

やる気が増して来るんだけどネ。

    

そうそう、葵井商事って、フジテレビ的には思い切った名前だなぁと思っ

たなぁ。いかにも三井物産&三菱商事&丸紅(旧・芙蓉グループ)って感

じで、これだけ大物軍団を敵に回して、CMの営業に支障はないのか

心配になったほど。住友商事がスポンサーなら、笑える所だった♪ 

それでは。。☆彡

           

    

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.『泣かないと決めた日』第2話視聴率は、一気に7.5%まで急落。

    第1話の10.2%から考えると、約4分の1(26%)の視聴者が

    消えたことになる。第2話での大幅下落はよくあるパターンとはい

    え、今後踏ん張れるのかどうか、ちょっと心配だ。。

         

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.感謝すべき遭遇、時空を超えた銀河~『ギャルサー』最終回

   縁側と結ばれた少女~『ホタルノヒカリ』最終回

     ブカブカの大きな愛に包まれて~『プロポーズ大作戦SP』

  再び駆け出したアリスたち~『Around40』最終回

  『シバトラ』第1話、軽~い感想♪

  『イケ麺そば屋探偵』第1話、軽~い感想♪

  『夜光の階段』第1話で寝不足の中、早朝ラン

  18km走まで回復&『ホタルノヒカリ2』第1話

| | コメント (2) | トラックバック (3)

ヨロヨロで28km、やっとフルマラソンの3分の2か・・

RUN 28km,2時間11分19秒,心拍159

どうも熱っぽいなぁ。。いきなり言い訳かよ♪ 真面目な話、今日は朝か

らちょっと寒気がして、食欲も少し落ちてた。食欲だけ落ちてくれればい

いのに、なかなか上手くいかないネ。

        

さて、今夜は個人的には大きなイベント、28km走だ。去年の春以降、

小刻みに距離を稼ぐ走りになってるから、ハーフ21.1km以上の距離

はまだ僅かしか走ってない。今月に入って、24km、26kmと走っただ

けで、30km走さえまだの状況。元々昔から、25km以上になるとガクッ

と走りが崩れてたから、たかが28km走でも結構必死の覚悟だった。

       

走り始めてすぐ思ったのは、心拍が高いこと。ここ最近、ずっと心拍計は

低い数字を示してて、実際にも心臓はラクだったのに、今夜はちょっと負

荷を感じてしまう。単に心拍計が正しい数字を示したって話じゃなくて、明

らかに実際の心拍数が高いのだ。しかもドンドン上がって、たかが3周目

で160に到達。全然スピードを出してない時だから、普段より4か5くらい

拍が高いだろう。これだけで大違いなのだ。

              

その後も心拍は上がり続けたものの、呼吸はそれほどハーハーゼーゼー

でもない。これは、微熱がある時の特徴だ。その内、心拍よりもっと強敵

とも言える、脚の付け根の疲れが出現。しかも、たかが半分走っただけ

で、右脚が奇妙なほど疲れてる。理由を考えて、すぐ気付いたのが、

和感のある左膝をかばって走ってるってこと。これは大当たりで、意識

的に左脚を使うようにしたら、右脚の疲れは収まった。左膝も何とか大

丈夫って感じ。

      

そのまま、最後まで何とか踏ん張って、ヨロヨロと帰宅。トータルでは、

1km4分41秒ペース。う~ん、タイムは微熱のわりにマトモだけど、脚

の付け根に全然余裕が無かったな。太腿や心肺はまだ余裕なのに、

関節が体重を支えきれなくなってる。東京マラソンまで残り1ヶ月しかな

いのに、大丈夫かね。かなり不安になって来た。心拍計の値は久々に

補正なし。不思議なもんだね。

        

ちなみに藤木直人&榮倉奈々の社内イジメドラマ『泣かないと決めた日』

は、ちゃんと録画したから、明日の記事でコメントする予定。ではまた ☆彡

       

  往路(2.45km)  12分30秒  平均心拍139

  1周(2.35km)  11分27秒        148        

  2周           11分11秒        155           

  3周          11分01秒        160  

  4周          10分51秒        162     

  5周          10分54秒        162  

  6周          10分48秒        163 

  7周          10分42秒        165

  8周          10分45秒        166

  9周          11分08秒        164

 10周          10分54秒        165     

  復路(2.05km)    9分08秒         164  

計 28km  2時間11分19秒 心拍159(86%) 最大171(ゴール時)

| | コメント (0)

積極的休養ラン&再びつぶやき♪

(24日) RUN 10km,51分01秒,心拍142

昨日はまた、バッテリーのためだけにバイク・ZZR400に乗って来た。

スポーツ再開&ブログ開始以降、バイクに乗る時間がほとんど取れなく

なってるし、駐車場まで徒歩で往復25分くらいもかかるから、冬になる

と毎年のようにバッテリーがあがってしまう。その度に、200kgの重さの

車体を、バイク屋まで10分以上押すハメになってた。

       

今シーズンは、1ヶ月に1回チョイ乗りして、それ以外に何度かエンジン

だけかけてるから、何とか春まで持ちそうな気配だ。温かくなると、バッテ

リーの性能も上がるし、日も長くなって、バイクに乗りやすくなる。まあ、自

転車に乗らなきゃいけないって事情も出てくるんだけどね。ホント、1日36

時間くらい欲しいよなぁ。。

           

で、夜は軽いランニング。前日、そこそこのスピードでハーフ21.1km

を走った後でもあるから、脚がちょっと疲れてる。別に15kmくらいなら

走れなくもなかったけど、火曜にまた長距離(28km走)の予定だから、

自重して脚を温存した。心肺的には全くの余裕で、お空のキレイなお月

さまを眺めながら近所の公園をグルグル周回。寒くなかったせいか、ラ

ンナーその他も多めだった。

       

トータルでは、1km5分06秒ペース。ま、丁度いい積極的休養かな。た

だやっぱり、ちょっとしたキッカケですぐ脚のあちこちが痛むようになって

来てる。左ふくらはぎ、両膝、右脚付け根、おまけになぜか左足の甲ま

でちょっと痛い。前日、靴紐を強く締めすぎてたのかね。今現在、まだ脚

にジ~ンと疲れが残ってる状態だけど、明日の夜は頑張らなきゃマズイ

な。もう東京マラソンまで1ヶ月しかない。心拍は例によって高めに補正。

まあ、脚以外はお遊びモードの走りだった。では、ひとまずこの辺で ☆彡

      

往路(1.15km)   6分35秒  平均心拍126

 1周(1.1km)   5分51秒        133      

 2周          5分41秒        136

 3周          5分39秒        139 

 4周          5分33秒        142 

 5周          5分28秒        144

 6周          5分31秒        145     

 7周          5分26秒        149

復路           5分16秒        151

計 10km  51分01秒  平均心拍142 最大157(復路の坂)

       

      

         ☆          ☆          ☆

さて、今回もこっそりと『コード・ブルー 2nd season』についてつぶや

こうと思ってたら、急用が入ってますます時間が無くなってしまった。一応、

21時05分くらいから流し見を始めて、21時20分くらいからは真面目に

見たんだけど、考えたり書いたりする時間がもう残ってない。今夜はこの

後まだ、仕事も含めてやる事が一杯あるのだ。

    

一言で感想を書くなら、今回の第3話も良かったってことになる☆ もの

すごく慌ただしい脚本を、演出家・葉山浩樹が上手く感傷的・感動的に

上げてた。相変わらず、テーマのまとめ方は緩いんだけど、一応全体が

真実と嘘」をめぐる話になってはいる。

         

人はウソをつく。でも、医者はウソをつけず、残酷であっても真実を語る

しかない。一方、真実の愛もあるし、真実の過去もある・・・って感じで、

少なくとも、亀梨和也『ヤマトナデシコ七変化』よりは、テーマ性が明確だ。

      

早口の専門用語が聞き取りにくくて分かり辛いのを、どうにかしてくれれ

ば、更に良くなるだろう。HPで簡単に解説するくらいのことが、何で出来

ないのか、本当に不思議だわ。何なら私がアルバイトでやってもいい。ス

タッフさん、連絡よろしく☆ 給料はエンドロールの名前でもOK。「用語解

説 テンメイ」とか♪

                             

ツルじゃなくて松井(?)役の濱田岳と、ケンゾーじゃなくて藍沢役の山P

=山下智久と、この2人が美味しい所を持って行ってたネ。これは、『プロ

ポーズ大作戦SP2 ~ウェディング大作戦~』の遠回しの予告と見てい

いだろう。そりゃ、深読みか♪

      

もちろん今時、スキー板が地下鉄の階段で身体を貫通するなんて事故は、

隕石にぶつかるより難しい♪ むき出しの板を運ぶ「おっちゃん」を見かけ

てたのは10年~15年ほど前までだし、いまや板のほぼ全てはカービング・

スキー。しゃもじ型で太くて先が丸まってるから、冬の服装をした成人男性

2人分の身体を突き抜けるっていうのは、非常に無理のある設定だ。

       

ドラマでは一応、クロスカントリー・スキー用の細い板を使ってるように見

えたけど、特に首都圏では超マイナーなスポーツだから、ますます非現実

的な事故になる。脚本の林宏司か誰か、スキーフリークがいるのかね。

せめて今なら、スノーボードの板にすべきだろう。余計、刺さらんわ!

             

それでも、冒頭の「助かった。医者が来た」とか言う「死亡フラッグ」(=後

の死を示す目印)的な台詞から、最後の彼女もどきのエリじゃなくてエリナ

(?)&彼氏を救う自己犠牲まで、まさにツルらしい活躍☆ 極限状態で、

彼女のウソを知らされても、真実の愛を貫き通して、自分の命を顧みず

に2人を助けようとする。ベタではあっても、人間だけが表せる美しさだ。

            

欲を言うなら、あんな状況で喋り続けたことが、他の2人にどんな好影響

を与えたのか、もう一言説明が欲しかったかも。ツルだから当然お喋りっ

て言われりゃ、それまでなんだけど♪

          

そのツル=松井が死んだ後、傷口をふさいで人間味を出した山P。帰り

の電車の中では、患者の死を思い出して泣く白石(新垣結衣)の傷口を

ふさぐかのように、座席に座らせて、向かいの座席の女性たちから見え

ないようにフォローしてた。1st season の冒頭を思い出すと、ずいぶ

ん成長したって言うか、かなり甘口になってるね。今時のフジ月9で、10

%台後半の視聴率を狙うっていうのは、なかなか大変なことなんだろう。

追記: 『コード・ブルー2』第3話視聴率、17.2%☆)

      

一方、ちょっと違った存在感を出してたのが、冴島(比嘉愛未)の彼氏・

田沢(平山広行)。落ち着きのないギャルの横のベッドで、優しく手術を

勧めるかのように見せて、実は手術可能な彼女の容態が羨ましかったっ

てお話。難病ALSの彼には、手術して治る可能性はないし、まだまだそ

の残酷な運命を静かに受け入れる境地でもないわけだ。ワンポイント的

な脇役としては、重みも味わいもあって、グッジョブ。いい仕事だった。

                  

ちなみに、以前ALS患者として有名になった天才物理学者ホーキング

は、その後も意外なほど持ちこたえて活躍を続けてる。実はALSでは

なかったって説もあるようだ。案外、田沢も何とか生き延びるんじゃない

かね。そもそも、よく分からない病気だから、意外な事が起きても、ドラ

マとして全く不自然じゃない。

    

逆に気になるのは、ギャルの同意書や白石の冷静な仕事にも励まされ

て、再手術を受け入れた緋山(戸田恵梨香)。今期の全体の流れを考

えると、前半で手術が上手くいってハッピーエンドっていうのは奇妙だ

ろう。物語の大きな構図を考えると、一旦助かったと見せかけて、実は

ダメだったと持って行く方が自然だと思う。

        

そうなると、目障りが消えた白石も安心して藍沢と仲良く出来るわけ♪ 

田沢が生き延びれば冴島への気遣いも減って、ますます好都合だろう。

         

最後に、このドラマ、脇役がホントに光ってるね。藤川(浅利陽介)、森

本(勝村政信)のおかげでホッとくつろげる瞬間が出来てるし、轟木(遊

井亮子)が網タイツ姿でニクソンと愛し合う所を想像するのも面白い。当

然、あのプレイをするはずだ♪

          

西条(杉本哲太)、梶(寺島進)もいい味出してるし、やっぱり橘(椎名桔

平)と三井(りょう)は再び接近しそうな感じだ。そこへ、田所(児玉清)が

温かく見守る視線まで加わると、疑似家族的な集団として非常にまとま

りがいい。ナースもちょっと可愛いしネ☆

            

という訳で、元々まったく興味のなかったコード・ブルー2、来週の第4話

も見たくなっちゃってるけど、時間的にキツイなぁ。リリー・フランキーは

藍沢の父親だったのか。絹江ばあちゃんも含めて、どう展開するのか気

になってしまう。

          

おまけに、明日はフジッキー=藤木直人とエリ(榮倉奈々)の『泣かない

と決めた日』。一応、見なきゃマズイんだろうな。ブログを運営するのも

ホント大変だね。まさにガマン大会、精神鍛錬だ。

それでは。。☆彡

         

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.僅かな積極的休養ラン&『コード・ブルー2』第1話

  半年ぶりに超手抜きつぶやき記事だけど、何か♪ (第2話関連)

  郵便局おつかいジョグ&『コード・ブルー2』第5話

  膝痛ごまかし25km走&『コード・ブルー2』第6話

  長距離走ラスト&ドラマの制作費&『コード・ブルー2』第7話

  10年2月の全走行距離&『コード・ブルー2』第8話

  リハビリ傘ジョグ&『コード・ブルー2』第9話

  春雨ビショ濡れラン&『コード・ブルー2』第10話

  無風ぽかぽかラン&『コード・ブルー2』最終回

| | コメント (0) | トラックバック (1)

1万歩も歩いて僅か14円の医療費節約、ランや自転車だと・・

RUN 21.1km,1時間36分30秒,心拍157

タイガー・ウッズがセックス依存症の治療中っていうニュース(or 噂話)が

あったから、今回はそれをネタにして書こうかと思ってたら、昨日(1月23

日)の朝日新聞・夕刊1面に、もっと実用的な話が載ってた。「医療費節約

 1万歩で14円」「病気リスク軽減効果 試算 厚労省研究班」っていう、

ちょっとショッキングで笑える見出しだ。「安いわ!」と突っ込みたくなるネ♪

           

毎度のことながら、朝日がこの種のお役所研究ネタを載せた時、当の役

所のHPにはその研究発表は見当たらない。HPより新聞の方が早い

だ。おまけになぜか、金曜日の新聞に載るケースが目立つから、週明け

の月曜日にはもう頭からニュースが消えてて、HPをチェックするのを忘

れてしまう。今回はちゃんとチェックして、この記事に補足するつもりだ。

   

  (追記: 25日の月曜・昼現在、まだネット上に発表は見当たらない)

     

で、新聞によると、厚生労働省の研究班(加藤昌之、井形昭弘ほか)は、

歩行習慣によって糖尿病・脳卒中・心筋梗塞などの発症リスクがどれだ

け下がるかに関する研究論文を収集。一方、治療や入院の費用には厚

労省の統計などを利用。それらを併せて、歩数が増えると医療費がどれ

だけ減るかを計算した。中年期の千人の集団をモデルにしたとあるけど、

何歳から何歳なのかとか、男女比については分からない。

     

その結果、1人の1歩あたり0.0014円、1万歩で14円くらいの効果に

なったとある。ただし、これは毎日3000歩とか5000歩増やした場合で

あって、生活習慣病を防ぐにはこの程度のまとまった歩数が必要。どの

くらいの期間続ければいいのかについては、残念ながら書いてない

            

この新聞記事、というよりこの研究は、歩行習慣の重要性を訴えるもの

のつもりらしいけど、新聞記者(田村健二)にはおそらく、ガクッと来る話

だったんだろう。1万歩は大変だから、現実的な3000歩(約2km、30

分)にすると、4円にしかならないのだ♪

    

おまけに、この研究は、国家とか公のレベルのプラスの効果だけ考えて、

個人レベルのマイナスの効果は計算してない。中年が歩き続ければ、膝

故障したりするだろうし、途中でケガや事故の可能性もある。おまけに、

スポーツウェア(服、靴)を買ったり、飲食費が増えたりもするだろう。医

療費だけ考えても、あるいはより広く経済効果を考えても、個人は歩行

習慣のメリットをあまり感じられない研究になっている。

                      

身体に優しい歩行ですらこの程度だと、故障の多いランニングとか、コス

トや事故リスクの高い自転車なら、経済効果はまったく怪しく思えて来る。

そうなると、最後はやっぱり、生活の質(健康も含む)とか、趣味の問題

を持ち出すことになる。特に実感として、心の健康にいいと思う。あるい

は、元の研究論文とか統計データを洗い直す必要もあるだろう。。

         

       ☆          ☆          ☆

という訳で、走る気が無くなったから止めた・・・って話ではない♪ 医療

費節約にならなくても、経済効果がなくても、3流市民アスリートは地道に

走るのだ。少なくとも、東京マラソンまではね。あと1ヶ月ちょっとってこと

で、昨夜はハーフ21.1kmをそこそこのスピードで走って来た。最近、

トータルの走行距離が少し増えてるし、1回当たりの距離も増えてるから、

わりとラクに走りきることが出来た。

    

ホントは、1時間35分くらいで走りたかったけど、疲れも溜まってるし、

最後までキレイなビルドアップ(加速走)になってるから良しとしよう。トー

タルでは1km4分34秒ペース。どこも痛まなかったのはいい事だね♪

これで、今夜は10km程度の積極的休養にして、明日は休んで、明後

日は28km走の予定。心拍は多少のプラス補正。ではまた。。☆彡

     

  往路(2.45km)  12分51秒  平均心拍135

  1周(2.35km)  11分31秒        147        

  2周           11分10秒        153           

  3周          10分55秒        155  

  4周          10分34秒        158     

  5周          10分24秒        162  

  6周          10分01秒        165 

  7周           9分52秒        167     

  復路(2.2km)       9分13秒         165  

計 21.1km  1時間36分30秒 心拍157(85%) 最大172(ゴール時)

| | コメント (0)

まったりした休日、ボーッとつぶやいてみる♪

ふ~っ、8時間ぐっすり寝たのは、3ヶ月ぶりとか半年ぶりのような気が

するな。忙しさのピークは水曜で終わったけど、なまじ余裕が出来たか

ら、木曜の夜は完全徹夜で数学記事に取り組んで、金曜はフラフラ。最

近は浅くて断続的な睡眠が多かったのに、さすがに昨夜は疲れきって

てグッスリ眠れた。ちなみに、「なまじ」って副詞、最近あんまし聞かない

けど、「中途半端に」って意味なんだね。初めて調べたわ。

     

ところで昨夜、フラフラで帰宅してすぐ寝ようかと思ったものの、ブロガー

としてはどうしてもアクセス解析が気になってしまう。新年になった途端、

明らかにアクセス数が増えてるのは、おそらく2つの理由によるものだろ

う。1つは、検索サイトのランク付け全般が、更に少し上がったようだ。

Yahoo!もGoogleも、時々不連続的にランク付けを変更してると思う。

         

アクセス解析だけじゃなく、実際にネットで毎日のようにチェックしてるか

ら、内部の技術者が把握できてない実情も分かるのだ。実際、先日ココ

ログと細かいやり取りをした際、私は詳しいデータを提示して、具体的な

指摘を明確に行えたけど、サポート担当者は抽象的な釈明のみ。まあ、

本気で調べる気がないんだろうな。もっと気合の入ったプロフェッショナ

ルが増えないもんかね。。

                  

話を戻すと、今年になってアクセス数が増えてるもう1つの理由は、もち

ろんドラマだ。ウチが昔から特別扱いしてる俳優、山P=山下智久と亀梨

和也の主演ドラマが、珍しく同時にスタートしちゃったから、以前からの読

者がブックマーク(お気に入り)で戻って来てるようだし、検索アクセスも

増えてるわけだ。

      

アクセス解析に表示される検索ワードは、なかなか興味深い。面白かっ

たり勉強になったり、ガクッと来たり。昨夜は「ヤマトナデシコ費値変化」っ

ていうアクセスを見て、思わず声を上げて笑ってしまった♪ 「ひちへん

」の誤変換だろうけど、そもそも「七」変化を「ひち」と読んでるのが懐か

しくて笑える。子供の頃、かなり年配の人がそう言うのは聞いたことがあ

るけど、ここ最近は全く耳にしたことが無かった。

    

ここでまた、マニア魂に僅かな火が付いてしまって、「ひち」と「しち」の問

題を検索。関西方言だと、わりとフツーに使われてるのかね。あと、名古

屋でも使われてるとか、岐阜県には七宗町(ひちそうちょう)があるとか

(ウィキペディア)。そもそも、「なな」が訓読み、「しち」とか「ひち」は音読

みだなんて、知らない人が多いだろう。70へぇ~くらいのトリビアだ。古!

       

まあ、ともかく、ドラマ関連の色んなアクセスが増えてるって話ね。来週は

さらに、ウチがもう一人特別扱いして来た俳優、藤木直人の助演ドラマ、

『泣かないと決めた日』まで重なって来る。困った事態だね♪

        

        ☆          ☆          ☆

ウチは去年の3月以降、ドラマ長期お休みモードに入ってるんだけど、こ

れだけアクセスその他の圧力(プレッシャー)がかかると、何か書かなきゃ

いけないような気がしてしまう。ほとんどブロガーとしての義務感で、山P

『コード・ブルー2』と亀梨『ヤマトナデシコ七変化』を見てチョコッとつぶや

いて来たけど、昨夜の『ヤマナデ』第2話はかなり悩んだ。何も無くても見

る気がしないのに、徹夜明けで無理して見る価値があるんだろうか。

    

まあでも、「ならぬ堪忍、するが堪忍」。もう1回だけ堪(た)え忍んで見て

みるかってことで、30秒遅れで渋々と視聴開始。感想はビミョーだけど、

第1話よりはマシに感じたかな。先週は多少の期待感があったから、反

動でガクッ・・となったけど、今週は逆に、全く期待感が無かったから、マ

シに感じたのかも知れないね。

        

スナコ(大政絢)が、ドレスのおかげもあってキレイに見えたし、高島礼子

もなぜか若く見えた気がする(目の慣れか♪)。先週さっぱしだったストー

カー女・まり(星野亜希=ほしのあき)も、ちょっとだけ面白かった。そうか、

そこまでバカ女になりきるわけネ。そうゆうドラマなのか。周りにいた仲間

3人が、アラサーじゃなくてアラフォーに見えちゃったけど(失礼♪)。

    

で、亀梨はどうかって? わりといいんじゃないの☆ 別に大して褒める

気にもならないけど、逆境の中で一生懸命「演技」してるよな。総合評価

はともかく、努力点とか好感度なら、『コードブルー2』の山Pよりも上だ。

突っ込みとボケのW(ダブル)を切り替えて演じながら、所々にカッコ良さ

も出す。キスシーンはもうちょっとキレイに映せたと思うけど、熱狂的ファ

ンの嫉妬を恐れた演出家・石井康晴が、わざと控え目にしたんだろう♪

      

それにしても、このドラマ。もうちょっと上手く作れば、コメディー路線の

『野ブタ。をプロデュース』みたいに化ける可能性を秘めてるんだけどな。

そのためには、2つの改良点がある。

         

まず、もうちょっと笑わせてくれること。今週一番笑ったのは、セバスチャ

ン(平泉成)。お姫様キノコを食べさせられて、レディーに変身してしまっ

たスナコをどうするか、恭平(亀梨)、武長(内博貴)、雪之丞(手越祐也)、

蘭丸(宮尾俊太郎)らが思案してる時に、セバスチャンがボソッと言った

「食中毒なら、時間が経てば自然に治るのでは?」って台詞がツボ♪

     

ところが、みんなの苦労全体、あるいは今回のドラマ全体を吹っ飛ばすよ

うなこのツッコミを、その後の流れで上手く行かせてない。似たような物足

りなさは、あちこちにあった。冒頭のチョコ(おばけのマーチ)のやり取りと

か、王子様のキスが失敗に終わった直後の微かなドタバタとか。

         

物足りないってことは、逆に言うと、少し足せば満足とか爆笑に到達する

わけだ。脚本家・篠崎絵里子にはもっともっと頑張って頂きたい。乃依

(神戸蘭子)なんてのも、使い方を工夫すればお笑いキャラに出来ると思

う。もう既に、お嬢様キャラとか、カワイイ路線からは外れてるもんネ。

   

一方、このドラマをコミカルな『野ブタ』にするもう1つのポイントは、女子

高生の制服だ。オッと、高校じゃないのか♪ じゃあ、テーマ性だ。『野ブ

タ』には毎回、わりとハッキリしたテーマがあったし、今の『コードブルー』

にも多少のテーマ性があって、重みとか深みを与えてる。

           

今回、恭平の「ブスナコ」の連呼のおかげか、あるいは時間が経って食中

毒が治ったからか、一応スナコが元に戻ったんだけど、そこの味付けが

アッサリし過ぎてた。タケル(加藤清史郎)や真一(大杉漣)を、野ブタの

キャサリンみたいに効果的に使うことも出来ただろう。

      

       ☆          ☆          ☆

ともあれ、先週ほどには退屈しなかったのは確かだ。手作りバレンタイ

ンCMの長澤まさみも可愛いしね♪ ちなみに私へのチョコは、「首都圏

 テンメイ」でよろしく。着かんわ! ともかく、チョコレートはロッテなのだ。

とか言いつつ、ブルボンのAlfort(アルフォート)がお気に入りだったりも

する。今は「おばあちゃんのぽたぽた焼き」をポリポリ食べてたりする、

3流市民アスリートの週末であった。

           

それでは。。☆彡

     

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

P.S.『ヤマトナデシコ七変化』第2話視聴率は、9.3%。第1話の12.1

    %と比べると、2.8ポイント(23%)の下落となった。8%以上で踏

    みとどまれば、別に何の驚きもないけど、果たしてどうなるか。。

    

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.僅かな腹ごなしラン&『ヤマトナデシコ七変化』第1話

  週刊文春の亀梨評の後、『ヤマトナデシコ七変化』第3話を見て

  亀梨和也主演ドラマ、視聴率の推移(野ブタ~ヤマトナデシコ七変化)

                               (第4話の感想含む)

  腰痛ごまかし手抜きラン&つぶやき♪ (第5話関連)

  空から雨、浅田真央は悔し涙&『ヤマトナデシコ七変化』第7話

  厚着し過ぎの低速ラン&『ヤマトナデシコ七変化』第9話

  春日部大凧マラソンは締切!&『ヤマトナデシコ七変化』最終回

| | コメント (7) | トラックバック (1)

自然数に関するペアノの公理~論文『数の概念について』に即して

学問一般に言えることだが、偉大な古典とか難解な書物というものは、

自分で本当に読んでる人は意外なほど少ない。別に外国語の原書に限

らず、翻訳さえあまり読んでないことが多くて、大抵が何かの解説本の

請け売りとか、孫引き(元の著作からの引用の引用)に過ぎないのだ。

これは、専門家レベルでさえ珍しくないことだと思う。

     

日本の人文系の学者に限ると、欧米との言語の差が顕著だから、自分

の専門分野に限っては、それなりに原書は読んでるだろう。ところが理

系の学者の場合、古典的著作に関してはほとんど無頓着な人が多い

ように思われる。これは一応理解できることで、要するに理系は、最新

の動向とか一般的事実を知ってれば十分なことが多いわけだ。

    

しかし、理数系科目の中でも特殊な位置にある数学について、その根

本を考える時、すなわち、数学基礎論的な考察を行う時には、例えば

古代ギリシアのユークリッド(=エウクレイデス)の『原論』などは、いまだ

に熟読に値する本だろう(いずれ扱う予定)。他にも幾らでも「必読文献」

はあるはずだ。

                   

今回、私がこだわったのは、「ペアノの公理」とか「自然数の公理」という

自然数論の業績で有名な、イタリアの数学者ジュゼッペ・ペアノ( Giuseppe

Peano )の論文「数の概念について」[ Sul concetto di numero,1891]だ。

関連論文「数学的論理学の公式」[ Formole di logica matematica ]と共

に、共立出版『数の概念について』に収められている(小野勝次,梅沢敏

郎訳)。

     

残念ながら、イタリア語の原論文はネット上で発見できてないし、国内の

所蔵図書館でさえ僅かだから、差し当たりは諦めよう。何しろ、「数の概

念について」のイタリア語の原題さえなかなか見つからず、翻訳本にさえ

書かれてないほどなのだ(単なるミスだろう)。

           

それでも、数式や記号の表記に関しては原書と翻訳で同じであって、重

要な公理・定義・定理などに関しては、ペアノ自身の記述に触れることが

出来た。論文自体は短いけれど、中身は深くて濃密だから、何回かに分

けて記事にしよう。。

       

                                  

        ☆          ☆          ☆

今回はまず、最も根本的な、自然数とは何かということについて扱う。以

前に書いたように、複素数に至るまで様々な数が、自然数から構成され

るのだ。現在の数学では、0も含めて考えることが少なくないようだが、

普通の扱いでは1から2、3、4・・・と続く数だし、ペアノでもそうなってる。

        

ところが現在、ペアノの自然数の公理を「紹介」する際には、0から始め

てることが多いようだ。実際、私が前に記事で使った『現代数学小事典』

(講談社)も『新版 現代論理学』(東海大学出版会)もそうだし、ウィキ

ペディアの英語版だけでなく、イタリア語版まで0から始めている(日本

版については後述)。

     

まず『小事典』から、わりと普通の形の「ペアノの公理」を引用してみよう。

以下、自然数全体を想定した集合。「´」は以前のウチの記事でも使っ

てたもので、自然数に対して「次の数」(successor)を対応させる記号だ。

つまり下の「n´」とは、日常的な書き方だと「n+1」のこと。先行する研究

者・デデキント(R.Dedekind)の表記法に従ったのだと思う。では、始めよう。

                       

   Ⅰ  0 は N の要素である。

   Ⅱ n が N の要素ならば n´ も N の要素である。

   Ⅲ Ⅰ、Ⅱの過程で得られるものだけが、N の要素である。

   Ⅳ N のどの要素についても、n´ は 0 と等しくない。

   Ⅴ Nの2つの要素 m と n とについて、m と n とが等しいとき、

     かつそのときに限って m´ と n´ とが等しい。

  

   これらの公理系がみたされるとき、N を自然数の集合といい、その

   要素を自然数という。

         

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲだけから、自然数の集合Nは0,1,2,3・・・だと決定するよう

にも見えるし、特にⅣは不要にも感じられる。この点について『小事典』で

は、Ⅳ、Ⅴは「等しい」ということ(=の使い方)に関する基準だと説明して

ある(それにしてもⅤは回りくどい)。また、の形をした公理は、自然数

に限らず見られるもので、一般に「排他公理」と呼ばれるものだと補足し

てある。Ⅰ、Ⅱの過程で得られるものの他は排除するから、「排他」と呼

ばれるのだ。

                                         

ちなみにこのは、日本版ウィキや『論理学』だと全く違う書き方になって

いる。比較的分かりやすいウィキを少し参考にして、Ⅲを書き直すなら、

0がある性質を満たし、aがある性質を満たせばa´もその性質を満たす

とき、すべてのNの要素はその性質を満たす」となる。この形なら、高校

数学でもお馴染みの「数学的帰納法」、あるいはその基礎だと、すぐ分か

るだろう。実はこの方が、ペアノ自身の表記に近い。『小事典』は、かなり

筆者独自の解釈が入ってるような気がする。

          

    

       ☆          ☆          ☆

では、いよいよペアノ自身の記述について。書き方が非常に独特なもの

になってるし、「公理」という言葉も使われてない。運よく、ハバート・ケネ

ディ(Hubert Kennedy)がネットで無料公開しているペアノ関連の論文集

Twelve Articles on Giuseppe Peano』を発見できたので、そこからコピー

&ペーストさせて頂こう。パソコンの普通の文字だと、感じが出ないのだ。

     

100122   

  

  

  

         

          

     

      

訳本だとp.93にある上の5つの文字式は、「原始命題」とされている。

つまり、他からは導けない、最初に位置する命題だから、現代では「

」と言い換えるのだ。この言い換えが可能かどうか、そもそも気にな

る所だけど、ここではとりあえず流しておこう。それよりも、この書き方自

体の解説が必要だ。

        

珍しく、日本版ウィキが「ペアノ自身による記述」としてキレイに訳してる

ので(「ペアノの公理」の項目ラスト)、番号だけ追加して引用してみよう。

     

   Ⅰ  1 は自然数である

   Ⅱ 任意の自然数 a に対して、a+ が自然数を与えるような右作用

     演算+が存在する

   Ⅲ もし a,b を自然数とすると、 a+ = b+ ならば a=b である

    Ⅳ a+=1 を満たすような自然数 a は存在しない

   Ⅴ 集合 s が二条件「(i) 1 は s に含まれる, (ii) 自然数 a が s に

     含まれるならば a+ も s に含まれる」を満たすならば、あらゆ

     る自然数は s に含まれる。

    

これで大体、ペアノ自身が何を何番目に書いてるかは理解できる。注目

すべきは「+」という記号の使い方で、日常的には「1+2」のように、前

後に数を並べる記号なのに、ここではある1つの数の右側に付加されて

るだけなのだ。つまり、『小事典』だと「´」とだけ書いてたもので、厳密な

な言い回しだと「右作用演算」ということになる。

         

もう1つ、注目すべきはⅤで、集合「sに含まれる」という言い回し。これ

は前の「数学的帰納法」の表現だと、「ある性質を満たす」に相当する。

つまり、s とはある性質を満たす数の集合のこと。また、『小事典』のⅢ

は、ペアノ自身では5番になってるのだ。

     

さらに細かく、ペアノ自身の書き方を見てみよう。「1εN」は、今の書き

方だと「1N」。つまり、「1は集合Nの要素である」。0ではなく、1から

スタートしてるのだ。続いて「+εN/N」とは、「+は、“Nの要素からNの

要素への対応づけ(or 演算)全体の集合”の要素である」と読む。+とは

自然数の中での関数記号ということだ。集合の要素という話を多用して

るから、読みづらくなっている。

                  

3番の右側は、今の書き方だと「(a+=b+)⊃(a=b)」。カッコの代わ

りに黒い点を使って、その数が1個、2個、3個と増えるほど、区切りが強

ことにしてある。4番は、今だと「『1∈{x+1|x∈N}』ではない」。この

「ではない」ことを示す記号をパソコンで打てないので、仕方なく日本語で

書いてる。要するに、1は、Nの各要素を+1ずつずらした集合N+には

入ってないということ。1が最初、または左端だと言ってるのだ。

       

ラストの5番が内容的には最も分かりにくい。前半は、sはK(集合)であっ

て、1はsの要素だ(=ある性質を満たす)と条件を付けてるにすぎない。

その後は、今の書き方に翻訳すると「((s+)⊆s)⊃(N⊆s)」。つまり、

集合 s をプラス1ずつズラした集合が s に含まれる(=ある性質を満た

す)なら、N全体も s に含まれる(=その性質を満たす)。要するに、数学

的帰納法だ。

                          

今だと、部分集合の記号、つまり集合が別の集合に含まれることを表す

」と、論理的な「ならば」を表す」は似て非なる記号を使うけど、

アノでは同じ記号(Cを左右逆転させたようなもの)なのだ。

    

     

         ☆          ☆           ☆

最後に、もっと本質的な問題を改めて書いとこう。それは、これら5つが

何なのかということだ。ペアノでは「原始命題」、つまり他から導けない最

も基礎的な話とされていた。これを現代では「公理」と受け取ってる訳だ

が、「原始命題」と「公理」が本当に同じかどうかはかなり気になる所だ。

今の所、少し違うような気がするものの、はっきりした事はまだ言えない。

            

あと、これら5つが何を行ってるのか、どのような意義を持つのかも問題

だ。日本版ウィキは、「自然数そのものを定義しようとはしなかった点に

は注意・・・」と書いているが、この点は微妙だ。

            

確かに「定義」とはされてないものの、実際には5つの性質で、我々は「1,

2,3,4・・・」みたいな集合しか思いつけない。ダッシュを使って「1,1´,

1´´・・・」と書こうが、集合論のカッコで「{ {  } }, { {  },{ { } } },・・・」

と書こうが、本質的には何も変わらない。

             

したがって実際上、ペアノの5つの原始命題は、自然数の定義として機

することになる。だからこそ、『小事典』は「定義」として扱ってるのだ。

ただし、そこで使われてる「1」とか「+」は、明確な定義が与えられてい

ないから(いわゆる無定義語)、5つの命題も厳密な意味では定義と言

えないのだ。

    

            

        ☆          ☆          ☆

以上、今回は、ペアノの自然数論の原点とも言うべき「ペアノの公理」を、

原論文に即して考察してみた。次はいつになるか分からないが、最も初

歩的で基礎的な算術、足し算(加法)を考察する予定だ。今回、右作用

演算の記号であった「+」が、左右作用演算の記号に拡張される。つま

り、我々が普通に「1+2」などと書いてるように、2つの数に対する計算

(=2変数関数)になるのだ。

             

なお、ペアノの公理の初出をこの「数の概念について」とする考えは、日

本版ウィキにもあるものだが、もしかすると翻訳者(とりわけ小野)を代表

とする一部の学者の見方にすぎない可能性はある。世界的には、多数

派でさえないかも知れない。

         

実際、欧米ではこの論文はあまり話題になってないし、そもそもなぜペア

ノの論文であって、デデキント(R. Dedekind)の「数とは何か、何であるべ

きか 数の本質と意義」(岩波書店『数について』所収)ではないのかとい

う問題もある。加法も含めて、先行者のデデキントの方がむしろ明晰に

感じてしまうのは事実だ。

                   

ともあれ、今日はもう時間だ。ひとまず、この辺で。。☆彡

           

     

           

P.S. 約4年後の13年12月、足立恒雄『フレーゲ・デデキント・ペアノを

     読む』(日本評論社)に目を通してみた。ペアノの公理系(のような

     もの)は、先行論文『算術の諸原理』(1889)で既に一応登場して

     たが、より公理的な扱いになった論文が2年後の『数の概念につい

     て』のようだ。足立の記述を見ても、やはりペアノという数学者はな

     かなか評価が難しい大物なんだろう。。

    

      

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.「1+1=2」はなぜか?~ペアノの自然数論(足し算)

  「1×1=1」はなぜか?~ペアノの自然数論2(掛け算)

  引き算の証明、負の数~ペアノの整数論(減算=減法)

  集合論における自然数の表記と計算

  0、1、「次の数」に関する哲学的考察~フレーゲ『算術の基礎』

  デデキントの「切断」による実数の構成~対角線論法2

  「1+1=2」はなぜか~小学1年生の算数の教科書 

  引き算、足し引き連続、0(ゼロ)~小学1年生の算数2

  掛け算の導入、足し算・引き算との関係~小学校の算数3

  同じ数ずつ分ける計算、割り算(除法)~小学校の算数4

  原始リカーシヴ関数と足し算(加法)、掛け算(乗法)

| | コメント (6)

ちょっと余裕があるとマニア魂に火がついて・・

RUN 15km,1時間09分11秒,心拍151

南風ってわけでもないし、昨夜ほど気温が高くもないのに、風が生温か

く感じたのは気のせいかね。冷たくて強い風はもちろん嫌いだけど、今

夜は追い風が気持ち良かった♪ 自転車はもちろん、ランニングでも、

風で全然スピードが違って来るよな。道理でトップクラスのレースだと、

誰も先頭を走りたがらないはずだわ。それを考えると、駅伝は単独走が

多いから大変だろうね。。

       

さて、忙しさのピークを昨日越えたから、今日はちょっと余裕があった。

と言っても、忙しい間に溜め込んだ雑用が山ほどあるから、ちょっとずつ

片付けなきゃなんないんだけど、自他共に認めるマニアックな性格だか

ら、ちょっとしたキッカケですぐズブズブにハマってしまうわけ♪

       

で、何にハマっちゃったかと言うと、数学基礎論っていう理屈っぽくて奇

妙な分野。数とは何かとか、直線とは何かとか、恐ろしく根本的なことを

考える分野で、論理学とか哲学に近いとも言える。ウチでは昨年末から、

3本のマニアックな記事を書いてるけど、4本目の準備が大変で、しばら

く先延ばしのままだった。理数系の読者のためにも、ここは気合を入れ

直そうってことで、専門的な話をネットと本で調べたわけ。

    

結局、18世紀の専門書と19世紀の学術論文をネットで発見してダウン

ロード。ホント、最近は便利な世の中だね。ほんの10年前なら、わざわ

ざ大きな図書館で探すしかなかったような物が、自宅のパソコンで手に

入るっていうのは凄い革命だ。急激に情報処理能力が問われる時代

なって来てる。探求、理解、アウトプット(出力)、取捨選択。もっともっと、

脳トレしなきゃマズイ。今夜はこの後、更に数学記事を書くことにしよう。

     

       ☆          ☆          ☆

で、調べものに時間がかかったから、走る時間が減ったんだけど、まあ

疲れてるから丁度良かったかな。一昨日が26km、昨夜が5kmジョグ。

今夜はまだ脚がジ~ンとしびれた感じがあったけど、動かない訳でもな

い。最初は様子見でゆっくり走ってたけど、意外に大丈夫そうだから、

中盤で一気にスピードアップ。やっぱり、地力が上がってるんだね。ほん

のちょっと気合を入れるだけで、簡単に1km4分半ペースになる。

     

たまたま、終盤に1km4分10秒ペースくらいのランナーが抜いてくれた

から、ラッキー♪って感じで即、追走。最後は抜き返したから、1km4分

ペースまで上がってただろう。やっぱ、このくらいで走るのが気持ちいい

な。早く42kmキープ出来るようになりたいもんだ。そりゃ高望みか (^^ゞ

      

復路はわざとスピードを落として、トータルでは1km4分37秒ペース。う

ん、疲れた脚で、低い心拍で走ったわりには、そこそこだね。明日もちょっ

とは走るとしよう。心拍はプラス3くらいの補正だけど、ここ最近は実際に

低いままだと思う。非常にいい傾向かも♪ ではまた。。☆彡

    

      

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.昨日の「つい読んじゃった迷惑アダルトメール」って記事はプチヒット♪

  ドラマファンらしきアクセスも結構あったから、女性も興味あるわけネ。

  逆に、この記事の出足が鈍いのは予想通り。全く個人的な話だと、読

  者を呼び込めないんだよなぁ。。ま、いいけどネ。

         

  往路(2.45km)   12分53秒  平均心拍124         

  1周(2.35km)   11分26秒        145       

  2周           10分36秒        154       

  3周          10分25秒        159 

  4周           9分54秒        163

  5周(0.7km)    3分08秒        168

  復路           10分49秒        157  

計 15km 1時間09分11秒 心拍151(82%) 最大171(5周目)

| | コメント (0)

つい読んじゃった迷惑アダルトメール&郵便局おつかいジョグ♪

RUN 約5km,30分45秒,心拍128

暑いなぁ・・・ってボヤくと大げさだけど、ちょっと前の厳しい寒さとは大違

いだね。大寒の1月20日、日本列島は高気圧に覆われてポカポカ陽気

になったとの事。ウチの辺りの情報をネットで見ると、最高気温が17度

で上がってた。冷え性の私は、ここ最近、何も考えずにポケットに使い捨

てカイロを忍ばせてたんだけど、今日はハッキリ言って熱くてジャマ! で

も、折角頑張って熱を発してくれてるから、捨てるのも気の毒でそのまま

我慢した。ホカロンも喜んでくれてるだろう♪

       

さて、今日は忙しさのピークで、ほとんど走ってもないし、ちゃんとしたネ

タを用意してマジメに書く余力もないから、身近な話題で気楽におしゃべ

りしてみる。それは、いまや世界中にはびこってる迷惑メールだ。パソコ

ンにせよ携帯にせよ、ネットを使ってる人なら誰でも日々、迷惑してるだ

ろう。ウチは最近、奇妙なほどバイアグラとサイドビジネス詐欺(?)関

連が多くて、ウンザリしてる所だ。

    

まあでも、いちいちメアドを変えるのも大変だし、抗議するのも論外。

相手にせず、ひたすら削除するしかない。世界的にもっと、厳罰で取り

締まっていいと思うけどね。。

     

       ☆           ☆          ☆

で、表題の「つい読んじゃった迷惑アダルトメール」とはどんなものか♪

原文をそのままここに引用すると、業者が検索で発見するかも知れな

いから、一部の語句を変更した上で紹介しよう。まあ、まさか著作権を

主張するはずもないけど、フツーの相手じゃないもんね。ちなみに、全

て携帯メール。PCには、まだ傑作は見当たらない♪

       

まず、1つ目。「件名: ユミだよ!返事まだ? 本文: 30分も待っちゃっ

た。急にメールくれなくなるなんて、やっぱり怒ってるんだネ。。でも、私

ずっと待ってるから ♡」。

          

上手い☆ これは読んじゃったわ。フツーの女の子の名前を使ってるか

ら、アレ、誰だっけ?と一瞬考えたし、無視してすぐ削除する気にはなれ

ない。まあ流石に、最後の画像やリンクは相手にしなかったけどネ。

                     

続いて、2つ目。「件名: 久し振り~☆ 本文: 元気~? マリはイン

ルエンザでダウン中。コンビニ行くのも大変だから、食べ物も無くなっ

ちゃった weep マリの好物のアイス、買って来て欲しいな heart01 」。

        

これは、件名は平凡だけど、本文がちょっと気の毒そうな状況だから、

心優しい私としては、ついアイスを買って持って行きたくなってしまった。

いや、場所知らないけどさ♪ って言うか、単なる作り話に決まってるけ

ど。これも画像とリンクは当然シカト。

         

さらに、3つ目。「件名: 元気~? 本文: ミカのこと、覚えてるぅ~

? 久し振りだね! 昔みたいに、またメールしたいな mailto heart04 凄い写メ

も送っちゃうゾ♪kissmark

         

う~ん、どんな凄い写メなのか、つい見たくなっちゃうネ♪ 残念ながら、

私の冷静な理性がジャマをして、見ることは出来なかった。

                 

それでは最後、4つ目。「件名: 着替えたよ♪今から出発☆ 本文:

エリカ、この洋服で行くね wink 頑張って、ミニスカとニーハイブーツにし

ちゃった heart01 はやく見せたいなぁ note 待ちきれないから、先に写メで送っ

ちゃうゾ! cherry

       

そうそう、エリカちゃんと待ち合わせしてたんだった・・・とか、つい思っ

ちゃうメールだよな。エッ、私だけ? あっ、そう♪ それにしても、どん

な画像なのか、1回見てみたい気もするけど、まあ「君子危うきによら

」。アクセスした途端に、数万円の請求が来たりしそうだから、止めと

こっと。。

        

       ☆          ☆          ☆

おっと、意外に時間がかかっちゃっったわ。で、今日のランニングは、記

事タイトルの通り。前日に26km走り込んだ直後だから、10kmくらいの

超スロージョグにしようと思ってたのに、仕事が長引いた関係で僅か5km

に変更。しかも、ちょっと遠くの郵便局までおつかいに行っただけなのだ♪

    

最近は、大きな郵便局は24時間やってて便利いいんだけど、逆に言うと、

急いでる場合は24時間いつでも郵便局に行かなきゃいけないみたいで、

面倒でもある。去年流行した、事業仕分けの観点からも、24時間ずっと

やる必要はないと思うけどね。せめて、深夜1時から5時までくらいは閉

めてもいいはずだ。ちなみに今日、私が夜遅く行くと、窓口には4人並ん

でて、5分ほど待たされた。これで、走行距離が1kmほど減ったわけ♪

     

トータルでは1km6分09秒ペース。お~っ、6分超えたのは覚えがない

なぁ。初めてかも。流石に心肺はまったくの余裕だったけど、脚はジーン

としびれた感じが残ってた。これだと、明日も積極的休養しか出来そうに

ないね。心拍は、最近としては珍しく補正なし。気温が高くて、肌が湿って

たせいじゃないかな。今日はラストの数値データはなし。ではまた。。☆彡

続きを読む "つい読んじゃった迷惑アダルトメール&郵便局おつかいジョグ♪"

| | コメント (0)

たかが26kmがやたら長い・・

RUN 26km,2時間02分09秒,心拍153

長いねぇ~、ハーフ超えるとやたらキツイ。。フルマラソンって、ここから

まだ16kmもあるのか。マズイよなぁ。どうしよう。。この程度で、今シー

ズン(9月以降)の最長距離って所が情けない。。

      

東京マラソンの42.195kmが2月28日だから、そこまで徐々に距離

を伸ばして行くとすると、毎週2kmは伸ばさなきゃマズイ。28km、30

km、32km、34kmで、その後は調整して本番って感じかな。例年な

ら、普段からハーフ以上をちょくちょく走ってるし、秋に30kmくらい走っ

てた。ところが今シーズンは、毎月の走行距離もスピードも伸びてるん

だけど、1回当たりの距離はさっぱり。ごくたまにハーフを走るだけで、

9日前に24km走ったのが最長だった。

        

流石にマズイだろってことで、今夜は1km5分ペースでいいから26km

走り抜くことに決定。ここ最近、どうも脚が重いままで、走る前からダメ

そうな予感なんだけど、今夜はちょっとした小市民的サプライズが起き

た。スタート直前に、近所の可愛い女の子が声援をくれたのだ♪ 珍し

いって言うか、初めてだよな。これで年末から3回連続、向こうから声を

かけてくれたことになる。ひょっとすると・・・って、高校生のノリかよ! 

でも、こうゆうトキメキっていいネ☆ 老人ホームでもあるっていうお話。

         

ともかく、全く予想外の声援をもらって、重い脚も多少は軽くなった感じ。

中盤までは慎重すぎるほどゆっくり走って体力温存。後半はちょっとだ

けスピードを上げて、最後はヨロヨロのゴール。まだ、もうちょっとなら走

れたけど、今現在の状況だと30kmが限界って気はするな。このままじゃ、

またここ数年の失敗を繰り返すことになるから、とにかく距離を伸ばすこ

とに集中しよう。ホント、ゆっくり走るのが下手なんだよなぁ。脚が余計に

疲れてしまう。

       

トータルでは1km4分42秒ペース。ま、こんなもんでしょ。前半は左膝

がちょっと変だった。痛いっていうより、ギクシャクして、下手するとポキッ

と折れそうな感じ。やっぱ、冬に距離を伸ばすと色んな事が起きるよな。

それにしても、平日に長距離走ってブログも書くっていうのは無理があ

る。週末にするか、平日に走るんなら先にブログをアップしとくか、どっち

かだね。心拍はまた高めに補正しといたけど、実際かなり低めだったと

思う。長距離の問題は、心肺じゃなくて脚なのだ。ではまた。。☆彡

       

     

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.JAL=日本航空がついに会社更生法申請。東京地裁は即日、更生

  手続きの開始を決定したとのこと。う~ん、破綻とか法的整理なんて、

  5年前には夢にも思わない事だよなぁ。100%減資、つまり株券が紙

  くずになる予定だから、明日の株価は遂に1円か。1000株で1000

  円なら、記念に買って株券の現物を手に入れて、ブログのネタにする

  のも悪くないかも♪ 

                       

  ちなみに、株主優待を新たに受けるのは無理だろう。手元の優待券

  は、5月末まで有効とのこと。マイルも当面、そのまま使えるらしい。

  スッチーじゃなくてCAの今後が一番心配かも♪ 婚活や制服転売で

  暴落が起きたら、逆に買い時かな。ま、私はスルーだけどね。ライバ

  ル会社のANAは、企業再生支援機構によるJAL支援に対して、「重

  大な危惧」を発表。ちょっと口が滑っちゃったかな。。☆彡

                

  往路(2.45km)  12分49秒  平均心拍128

  1周(2.35km)  11分43秒        142        

  2周           11分27秒        147           

  3周          11分20秒        150  

  4周          11分09秒        152     

  5周          11分05秒        155  

  6周          10分40秒        158 

  7周          10分30秒        160

  8周          10分35秒        161

  9周          10分42秒        161     

  復路(2.4km)    10分11秒         160  

計 26km  2時間02分09秒 心拍154(84%) 最大166(ゴール時)

| | コメント (0)

半年ぶりに超手抜きつぶやき記事だけど、何か♪

眠い!もうダメ。。1文字も書けないわ・・・って書いとるやんけ! いやぁ、

ホントに疲れてるね。油断するとパソコン打ちながら本気で寝そうになる。

     

今日の昼間には、電車で移動中の居眠りで、駅を乗り過ごすなんていう

珍しいミスをやってしまった。世間的にはそんなに珍しくないことなのかも

知れないけど、私は半年に1回もないと思う。繊細(or 神経質)なタイプ

だから、新幹線の長距離移動の時くらいしか、なかなか眠れないのだ。

それなのに今日は、乗って座席に腰を下ろした直後にスヤスヤ♪ アッ

と思った時には、目指す駅でドアが締まった所だった。1つ先の駅で折り

返したけど、15分以上の損だし、寒い思いをしちゃったわけ。

    

            

眠気に加えて、仕事で不愉快な事も重なったから、21時前に帰宅してか

らも、しばらくボーッて感じ。一応、山P=山下智久の『コード・ブルー2』

第2話を見ながら、やっぱいいドラマだなぁとか思ったものの、つぶやき

記事さえ書く気にならない。Pファンの皆さん、聞いてる? 今週は1文字

も感想書かないからよろしくネ・・・って、もう3行書いとるわ! やっぱ、

ヘリコプター(機体名・MDエクスプローラー:登録名の代表・JA6790)が

カッコイイな・・・とか書いてると、ヘリオタと勘違いされちゃうか♪ 

                                    

自分との向き合い方ってテーマのお話ね。いわゆる自分探しとは、微妙

に方向性が違ってる。まとめ方は前回同様、やや漠然としてるんだけど、

全く統一感がない話よりはいい。やっぱ椎名桔平が抜群に渋くていいの

に、検索はさっぱり入らないよな (^^ゞ 大人の男の魅力が分かる女性

がほとんどいないわけね。

(追記: 椎名&山本未來に第一子誕生、おめでとう☆ 奥さんはデザイ

      ナー・山本寛斎の次女なのか・・)

                    

まだ若い藤川(浅利陽介)も、「2」になってから存在感が増してるのに、

検索がほとんど入らない。どうしても山Pだけなのか。ハッキリ言って、演

技はかなりラクしてるけど、あれで通じちゃうくらい美形ってことか。あの

声も女心をくすぐるんだろう。ちなみに私は声が欠点だ・・・って、聞いて

ない? あっ、そう♪

                    

戸田恵梨香が引き続き暗めに映されてるせいか、新垣結衣のツルンと

した顔が可愛く見えちゃうな。ま、『ギャルサー』のなぎさ役の方が可愛かっ

たけど。そりゃ、ギャルの派手な格好が好きなだけか♪ 比嘉愛未は、仕

事帰りに買った週刊ヤングマガジンに載ってた。先日終了した連載漫画

『猿ロック』の映画版に出るとのこと。あの鍵屋さんの漫画は面白かった

ネ。ただヒロイン・りつこ(律子)は、比嘉より萌える女子高生なんだよな。

キャスティング・ミスのように感じるけど演技力でカバーするってことか。

        

視聴率は、第1話がほぼ予想通りの18.8%。今回もたぶん、10%台

後半でしょ。16~18%くらいだと思う。最後の患者のプロポーズとかは、

ちょっとやり過ぎのような気もする。でも多分、みんな好きなんだろうなぁ。

やっぱ、2nd seasonに入って、センチメンタルの度合いが増してるよ

うな気がする。広範な視聴者を持つ月9ヴァージョンってことか。

(追記: 第2話視聴率は17.1%。再び、読み通り♪)

            

           

おっと、もう23時57分だわ。これで手抜き記事終了。寝不足にもほどが

あるから、すぐ寝よっと。ホントは今夜は、ネタがそこそこあったのに、書

く余裕がないんだよなぁ。。ま、こんなもんでしょ。この記事タイトルと内容

で、どのくらいの人がアクセスするか、ちょっと興味があるかも♪ 熱心

な読者なら、トップページの記事紹介に「テレビ」と書いてるから、すぐ気

付くはずだけどね。トップ以外をお気に入りにしてる人は気付かないかも。

ではまた。。☆彡

     

      

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.僅かな積極的休養ラン&『コード・ブルー2』第1話

  積極的休養ラン&再びつぶやき♪ (第3話関連)

  郵便局おつかいジョグ&『コード・ブルー2』第5話

  膝痛ごまかし25km走&『コード・ブルー2』第6話

  長距離走ラスト&ドラマの制作費&『コード・ブルー2』第7話

  10年2月の全走行距離&『コード・ブルー2』第8話

  リハビリ傘ジョグ&『コード・ブルー2』第9話

  春雨ビショ濡れラン&『コード・ブルー2』第10話

  無風ぽかぽかラン&『コード・ブルー2』最終回

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ブログを乗っ取られる夢の解釈♪

RUN 6km,29分31秒,心拍141

前立腺がんと闘いながらアースマラソンを続ける間寛平のもとを、笑福

亭仁鶴と笑福亭笑瓶が電撃訪問。読売テレビの『大阪ほんわかテレビ』

(関西ローカル)で共演中の間柄で、久々の再会に抱き合って号泣した

そうだ。大先輩と後輩が、はるばるトルコまで応援に来てくれるだけでも

嬉しいはず。まして状況が状況だけにね。。

        

こうなると、クリスマスの『明石家サンタ』の電話で、さんざん応援に来て

くれとせがまれてた明石家さんまも、行かなきゃマズイでしょ。ま、忙し過

ぎてスケジュール調整が難しいのかも。しかし寛平、ホントに大丈夫なの

かね。一時中断して帰国して治療、完治後に再開しても、誰も文句言わ

ないと思うな。それじゃ、本人が納得できないってことか。。

     

        ☆          ☆          ☆

それはそうと、表題のブログ乗っ取り事件♪ 最近、余裕が無い生活が

続いてて、睡眠が不規則で浅いから、変な夢を見てしまうのだ。浅い眠

り→夢で脳が活動→速い眼球運動→レム睡眠(REM=Rapid Eye Mo-

vement)ってことね。時々、レム睡眠とノンレム睡眠を勘違いしてる人

がいるけど、それは話の流れが分かってないからだ・・・とか、ウンチク

を強気で語ってると反感かうから止めとこ♪ 書いとるわ!

          

で、どんな夢かって言うと、ウチが今話題のサイバー攻撃で乗っ取られ

たのだ・・・って、そりゃ中国 Google か♪ なぜかウチのサイトの中に

掲示板が2つ出来てて、流行ってる方の掲示板(or スレッド)を、全く知

らない人達が運営してるのだ。たまたま知った私が、その運営室みたい

な場所へ行くと、知らない男がテキパキと動いてて、大量の書き込み

印刷&仕分けしてる。それを見て、私はポカーンとしてるわけ。あのぅ、

私のサイトなんだけど・・・って感じ♪

     

は、フロイトの精神分析理論的には、現実的な素材と、その歪曲と、

無意識的欲望という観点から解釈できる。この場合、実はたまたま夢の

直前に、ドラマ記事関連の検索で、亀梨和也ファンの掲示板を見てたっ

て事情がある。そこが非常にマメに運営されてて感心したし、「テンメイ

さん」のブログが口々に褒められてたのだ。自慢かよ!♪

                

で、そうした現実的な素材が、どんな「願望充足」を目指して歪曲(=変

形)されてるかっていうと、わりと表面的レベルでは、ラクしてブログを運

営したいっていう思いだろう。最近いつも、締切時間ギリギリで無理やり

アップしてるから、毎日更新の継続がすごく大変なのだ。今夜も僅かなラ

ンニングから帰って、着替えながら記事を更新するって感じだったもんな。

誰か、代わりにやってくれないかなぁとか思ったとしても、不思議じゃない。

        

「乗っ取り」とはかなり違うけど、今まで熱心な読者の何人かに、ゲスト執

筆者として書いてみないかと持ちかけたことはある。残念ながら、皆さん

全く応答なし (^^ゞ ま、コメントでさえ、ごく一部の読者がたまにつけるだ

けだから、ましてや他人のサイトで記事を書くなんてのは、論外なんだろ

うな。って事で、今後も私一人で運営するしかない。そりゃ、そうか。。

                    

        ☆          ☆          ☆

と言う訳で、今夜は17km走る予定だったのに、たった6kmしか走れな

かったわけ。マズイなぁ。やる気はあったって言うか、10km程度なら走

る時間があったのに、走る直前にパソコンでトラブル発生。読者のコメン

トにレスを付けるために、長めの下書きメモを作って「デスクトップ」に保

存したはずなのに、見つからない。おまけに、なぜか Windows Vista

だと、「詳細検索」がすぐには出来ないようになってて、ネットでやり方を

調べるハメになったわけ。もう23時前になってるのに。。  

          

結局、普通に適当に検索した後、そこで出てくる詳細検索ボタンとか、検

索ツールとかで、さらに絞り込めばいいことを発見。あとで別記事にまと

めようかな♪ 無事、下書きファイルも見つかった。何と、Cドライブじゃな

くて、Dドライブのデスクトップ・フォルダに入ってた。そりゃ、分からんわ!

検索のスピードは XP より速い気がするけど、単にマシンの性能が上がっ

てるだけかも知れない。

    

ともかく、ドタバタした後、あわてて近所の公園に駆け出して、奇妙なほど

重い脚でチョコッと汗を流したってこと。トータルでは1km4分55秒ペー

ス。遅っ!・・・って言うか、完全にお遊びだな。どうも、脚の筋肉に変化

起きてる気がする。ジワーッとした、脚が浮くような感じが続いてるから、

持久系の筋肉に移行してるんじゃないかな、とポジティヴ・シンキング♪

     

明日は休んで、明後日は長距離を走りたいんだけど、時間があるかどう

か。水曜まで、余裕がないのだ。最悪、木曜までには長距離を走ること

にしよう。心拍はまた乱れてたから補正。困ったもんだね。ではまた ☆彡

               

往路(1.15km)   6分23秒  平均心拍120

 1周(1.1km)   5分42秒        139    

 2周          5分22秒        144

 3周          5分12秒        148 

復路(1.55km)   6分51秒        152

計 6km  29分31秒  平均心拍141 最大159(ゴール時)

| | コメント (0)

バッテリーのためだけに乗る冬のバイクは辛い・・

RUN 15km,1時間10分25秒,心拍152

手が冷たい。顔が寒い。冬のバイクはキツイねぇ。。いや、それなりの装

備をして、普段から乗り慣れてればそうでもないんだろうけど、最近は滅

多に乗らないし、冬用の手袋がどこに行ったかも分からない状況。で、

用の手袋をして走ったら、やっぱり冷たかった。そりゃ、当たり前か♪

         

ちなみに今、「バイク」と書いた。この言葉は、15年ほど前には、ほとん

どオートバイ(=モーターバイク)を指してたと思うけど、最近は自転車

ブームもあって、自転車を指す場合も多い。ウチの「RUN&BIKE」って

ブログタイトルも、基本的には自転車を指してる。今現在はまだ、小学館

『大辞泉』も三省堂『大辞林』も、1番目の意味がオートバイ、2番目が自

転車になってるけど、20年後には逆転してる可能性はあるだろう。し

ばらく前の朝日新聞も、上野のバイクショップの衰退を報じてた。オート

バイは右下がり、自転車は右上がり。勢いの差は余りに鮮明だ。

         

ともかく、私が今日乗ったのはオートバイ、ZZR400だ。最近乗らない

理由は色々あるけど、1番は時間配分の問題で、2番は駐輪場の問題。

以前は適当に道端に置いてれば良かったのに、10年前くらいから警察

や住民のチェックが厳しくなって、片道10分以上かかる駐車場に置くは

めになったから、真冬は往復するだけでダルイ(真夏は早朝が快適♪)。

      

おまけに、エンジンが暖まるまでしばらく時間がかかる。今日なんて、7

分くらいは回転数が安定しなかった。不安定な状態で無理やりスタート

すると、信号待ちでエンジンが止まったりする。以前、2ストロークのバ

イクに乗ってた時なんて、高速の追越車線でいきなりエンジンが止まっ

からギョッとした。なかなか再スタートできないから、反対側の路肩ま

で押して行ったんだけど、これが死ぬほど怖い。何しろ120kmくらいで

飛ばす車の流れを突っ切って、重たいバイクを押して歩くんだから (^^; 

      

で、エンジンが暖まるのをジッと待ってスタート。時間が無いから、近くの

幹線道路を15分ほど走って終了。カバーやチェーン錠も含めて、準備

時間の方が遥かに長いから、バカバカしいんだけど、それでも最低限乗

るのは、ただただバッテリーのためだ。これだけ技術が進歩して、メン

テナンスフリーなんて言葉をわざわざ使う必要も無くなってるのに、いま

だにバイクのバッテリーは非常に耐久性が弱い

     

最低でも1週間に1度は乗れとか、2年に1度は交換しろとか(15000

円程度)、バイク屋は極端なことをよく言うけど、単なる商売のための大

ウソってわけでもないのだ。私も最近は学習して、乗らなくてもエンジン

をかけてしばらく放っとくって技をあみ出したんだけど、やっぱりたまに

は乗らないと不安がある。四輪と違って、トラブルは即、大事故につな

がるんだから。

           

と言う訳で、また来週もガマンして乗ることにしよう。ま、乗れば乗った

で、気持ち良かったりもするけどネ♪ でも、乗る時間があったら、東

京オートサロンでコンパニオン見てた方がいいかも ^^ いまだに行っ

たことが無いんだよなぁ。。

         

追記: たまたま今夜、私のバイクのメーカー・カワサキ=川崎重工が

      1年半ぷりに大型バイクを復活するというニュースが到着。

     車種はバルカン900クラシック、排気量902cc。排ガス規制

     強化に合わせたモデルで、税込849000円。デフレの時代に

     しては高いけど、年間目標300台じゃ仕方ないか。。)

           

      ☆          ☆          ☆

で、今日はバイクに時間をかけたから、その分のしわ寄せがランニン

グに来る。とにかく、やる気とか体力の問題よりも、時間配分が一番大

変なのだ。ホントは17kmか19km走るつもりだったのに、僅か15km

で時間切れ。ブログの締切時間23時59分から逆算した結果だ。真冬

は特に、着替えに時間がかかるんだよなぁ。夏だと、走って帰って、裸

のままパソコン打つことも珍しくないんだけどネ。

       

走りの方は、相変わらず冬モードというか、有酸素モードというか、ラク

だけど遅い。この走りで距離を伸ばせばいいだけなんだけど、今は時

間が無いのだ。ま、あと5日ほどでちょっとラクになるから、ガマンしよ

う。トータルでは1km4分42秒ペース。遅っ! こればっかだね♪ た

だ、走行距離は地味に伸び続けてる。 

      

心拍は今日も低めで不安定。胸のトランスミッター(送信機)の装着用

ゴムベルトがゆるゆるになって来てるのもマズイのかも。ともあれ、明日

も15kmくらいは距離稼ぎしとこう。間寛平もまた走り始めたらしいね♪

ではまた。。☆彡

         

  往路(2.45km)   12分41秒  平均心拍133         

  1周(2.35km)   11分38秒        147       

  2周           11分11秒        151       

  3周          10分48秒        155 

  4周          10分36秒        158

  5周(0.7km)    3分13秒        161

  復路           10分19秒        159  

計 15km 1時間10分25秒 心拍152(83%) 最大163(周回ラスト)

| | コメント (0)

僅かな腹ごなしラン&『ヤマトナデシコ七変化』第1話

RUN 8km,37分50秒,心拍145

忙しい~。。仕事、買い物、夕飯、ランニング、ドラマ、ブログって、どん

だけ慌ただしいんや! 絶対に無理があるな、こんな生活は。ま、今日

がピークで、来週の木曜からちょっとラクになるから、我慢しよう。「ガマ

ン、ガマン」、北京五輪マラソン金メダルのワンジルも口にしてた♪

 

さて、今夜は帰宅が20時10分。夕食とメール&ネット(ブログ他)で30

分ほど使った後、着替えて近所の公園へ。あんまし寒く感じなかったけ

ど、気温は3度しかないんだよな。ここ数日の寒さで身体が慣れて来たっ

てことか。は最近3枚も履いて走ってたんだけど、今夜はCW-X込み

で2枚だから、ちょっと走りやすいし、通気がいい。

 

左ふくらはぎも右脚付け根も痛まないし、それほど脚も重くなかったから、

問題は眠気だけ。走った後、まだドラマとブログその他でしばらく寝れな

いから、十分な余力を保つ必要がある。結局、ほとんど息が荒れない範

囲で適当に流して、トータル1km4分44秒ペース。ま、遅いけどいいん

じゃないかな。心肺的に全く楽勝だったしね。

 

それにしても、最近やたら心拍計の値が低く出る。ホントに低いってこと

もあるだろうし、空気や肌が乾燥してるって事情もあるだろうけど、やっ

ぱりそろそろ胸のトランスミッター(送信機)の電池が寿命なんじゃないか

な。腕時計型のレシーバー(受信機)の方は、既に2回電池交換してるも

んね。ともかく、明日も適当に走るとしよう。ホントは長距離を走るべき時

期だけど、今はそうゆう状態じゃないから、妥協なのだ。心拍はかなり補

正したけど、かなり低いのは間違いない。それでは。。☆彡

 

往路(1.15km)   6分22秒  平均心拍123 

 1周(1.1km)   5分38秒        135  

 2周          5分24秒         141 

 3周          5分11秒         147 

 4周          4分59秒         153

 5周          4分48秒        157

復路(1.35km)  5分29秒           154 

計 8km       37分50秒 心拍145(79%) 最大163(周回ラスト)

 

 

 ☆          ☆          ☆

さて、いよいよ亀梨和也の新ドラマ『ヤマトナデシコ七変化 ♡』がスタート

した。ウチは去年の3月、『神の雫』のレビューを終えた後から、ドラマ長

期お休みモードに入ったままなんだけど、たまにチョコチョコと書く程度の

ことは続けてる。今回も、まあドラマファン、亀梨ファンへの挨拶代わりに

ちょっとだけ感想を書いとこう。感想というより、つぶやきレベルだね。

 

ドラマ放映決定の際の記事に書いたように、私は一応、原作マンガ(はや

かわともこ)の最初だけ読んでて好印象だったけど、ドラマは全く違う雪景

色のスタート。高野恭平(亀梨和也)の絶叫を見てると、『神の雫』第6話

とか思い出してしまった。『雫』第1話の冒頭のイメージもあるかな。広い

屋外で、1本の木があって。

 

あのカットで、まさかのシリアス路線かと思いきや、一転してバイト先の風

景。キャーキャー言う女のコ達に、短気で乱暴者の恭平が激怒して、クビ。

性格だけの問題じゃなくて、顔だけ騒がれてるのが気に入らないわけで、

ここがこのドラマのヒネった部分になる。と言うのも、このドラマを見てる

聴者の多くが、亀梨の顔に夢中の女性たちだからだ。あの亀梨の怒りが

自分に向けられてると感じられたファンが、一体どれだけいただろうか♪

 

私は別に、人間は顔じゃなくて中身だなんて、恭平みたいな「建前」を口

にするつもりはない。少なくとも、男女の好き嫌いの最初は、顔が最大の

ポイントだ。サブタイトルのように「顔か心か?」と問うなら、その意味で

は「顔」と言っていい。次が身体や服装で、広い意味ではやはり「顔」だ。

 

問題は、いつまでも、いくつになっても、ひたすら外見だけを追い求める

姿勢なわけだ。恭介を「氷漬けに」したいとは、そういった固定性を敢え

て美しくイメージ表現した言葉。ストーカー女が盗撮するのも「顔」だ。

 

亀梨の場合に限らず、ジャニーズファンにそうゆう部分が顕著なのは、

アクセス解析を見るだけでもすぐ分かる。ウチには様々な話題の記事が

2000本近くあって、硬軟取り混ぜてあるが、お気に入りのアイドルタレ

ントの記事以外は見向きもしない読者が大部分。人間の「中身」とか物

事の本質を見てるのなら、そこから当然、視野や興味が広がるはず

のに、そうゆう傾向はほとんど感じられない。「外面」だけだから、関心が

特定個人、特定イケメン集団へと限定されることになる。

 

ただし、ストレートなお説教じみた話だけじゃ、ドラマとかマンガにならな

し、多くの女性の心もつかめない。そこで逆に、顔の重要性を強調

る仕掛けを取り入れてる。それが、中原スナコ(大政絢)のトラウマなの

だ。好きだった男にブス呼ばわりされたショック。直後にぬかるみに倒

れ込んだ惨めな彼女を温かく(?)見守ってくれたのが、同じく「粗大ゴ

ミ」扱いの人体模型だったからこそ、スナコは奇怪な趣味を持つことに

なったんだろう。

 

男は顔ばかり褒められることに苛立ち、女は顔をけなされることに傷つ

。非常に鮮明な対比で、現実的でもあるし、スナコの超常現象的パ

ワーを弾き出す秘密でもあるのだ。「ブスナコ」と言われるだけで、縄さ

え引きちぎるし、雷も落とせるんだから♪ 

 

問題は、この構図をどこに、またどのように運ぶかだ。一応、物語には、

女のスナコをレディー=ヤマトナデシコにするという枠組が、中原美音

(高島礼子)によって与えられてる。とりあえず今回は、一時的にキレイ

な外見を作ったんだけど、この後どこに持って行くのかは興味深い所だ。

 

それ以上に気になるのは、男の恭介=亀梨の今後で、顔だけの人気に

苛立ってるだけだと、彼の顔に興味ない人達の心を新たにつかむこと

できない。特に亀梨の場合、一部の熱狂的ファンに強力に支えられては

いても、ドラマの大多数の視聴者から見放されてるのが事実だ。とりあえ

ず、視聴率という結果を最低限残すためにも、自分の手で魅力ある役作

を行うしかない。

 

         ☆          ☆          ☆   

ただ、それにしても正直言って、このドラマは辛いと思う。『神の雫』とか、

『1ポンドの福音』と比べてどうかと言うとビミョーだけど、深みも感動も感

心も共感もないドラマのように思われても仕方ない。山P=山下智久の

『コード・ブルー2』と比べると圧倒的に不利なのは確実。『野ブタ。をプロ

デュース』はもちろん、『サプリ』『たったひとつの恋』と比べても、あるい

は原作マンガと比べても、ちょっと辛いだろう。

 

せめて笑いが欲しい所だけど、KAT-TUNの『Love yourself~君が

嫌いな君が好き~』と共に映されたジャニーズ的タイトルバックに、何気

に黒マント女が混ざってるのが、ちょっと笑えた程度か。

 

共演の美少年たち、遠山雪之丞(手越祐也)、織田武長(内博貴)、森井

蘭丸(宮尾俊太郎)にどれだけ集客力があるのか、よく分からないし、ス

ナコ役の大政は、外見的には上手いキャスティングとはいえ、人気・実力

の点でそれほどでもない。真一(大杉漣)もとりあえず初回は厳しいなぁ。

せめて高島礼子があと7歳若ければ・・・って、そりゃ失礼か♪ ゲストの

小林涼子(雪女役)、内田朝陽(まさお役)、星野亜希(まり訳)もねぇ。。

 

個人的には、笠原乃依(神戸蘭子)とタケル(加藤清史郎)の可愛さが僅

かな救いって感じかも。『月刊☆森大』の写真特集を見てキャーキャー言っ

てた、森園大学の女子大生の魅力を、もうちょっとキャピキャピと見せて

欲しい所だ。演出(石井康晴)はそれなりに努力が分かるから、評価に迷

うものの、脚本(篠崎絵里子)と音楽(山下康介)はかなりキツイ

 

ま、ドラマ化が難しい原作なのは多少理解できるんだけどね。こうしてみ

ると、『野だめカンタービレ』なんてのはやっぱり、人気マンガのドラマ化

の成功例なんだろう。私自身は諸々の事情ですぐ切ったけど、健闘して

るのはすぐに感じてた。

 

あえて第1話の中で、長所とか可能性を探すとすると、北海道(or 雪国)

の美しい風景くらいかな。冒頭に映したくらいだから、今後もあの風景(特

にCG的なもの)は物語的なポイントになるんだろう。ドクロ、黒マント、魚

の内臓って感じで、見るのがしんどい映像が目立つから、それをカバー

する映像がないと、実写の場合は難しい

 

マンガなら軽く受け止められるし、スナコのひきこもりスタイルも可愛く感

じることが出来たけど、ドラマのあのホストクラブじゃ、気分転換にもなら

ないでしょ。映し方の問題なのか、あるいは製作費的にも苦しかったの

かな。ま、豪邸は流石にちゃんと豪華に見えたけどね。セピア色の喫茶

店の味わいはもう少し活かさないと勿体なかった。

 

と言う訳で、初回の印象は弱かった。見始めてすぐ、哀しくなって来たほ

で、野ブタ以降、亀梨に好意的な私が見てさえこうだから、今後がます

ます心配だ。とりあえず、ファンの皆さんは何とか盛り上げて頂きたい♪

そうしないと、流石に彼も、俳優としてのやる気を失くしてしまうんじゃない

かね。KAT-TUNで大活躍するだけでいいのかも知れないけど。。

 

なお、翌16日の朝現在、第1話視聴率12.6%という情報が一部で出

回ってるようだが、あるサイトの「予想」が独り歩きしたものだと思う。た

またま(?)、同じカトゥーンの赤西仁『有閑倶楽部』の平均視聴率とも一

致してるが、『ヤマトナデシコ』の視聴率正式発表は週明けのはずだ。

私の予想はもっと低い数字だけど、果たしてどうだろう。

追記: 結果は12.1%。わりと健闘してるね。)

 

ともあれ、私は今後も温かく見守ってる。それにしても、蘭丸が忌野清

志郎に見えたのは私だけか♪ ではまた、機会があれば。。☆彡 

 

 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.おばけのマーチ』とはもちろん、メイン・スポンサーのロッテが84

  年に売り出したロングセラー、『コアラのマーチ』をパロったお菓子。

  CMもそうだけど、ドラマと宣伝がかなり融合した番組だ。「眉毛つき

  のコアラを見つけると幸せになれるという都市伝説があるらしくて、

  ウィキペディアはそれを「ラッパを力いっぱい吹いてできた眉間の皺」

  だと説明している。

 

  けれども、実際に検索して写真を見ると、明らかに皺ではなく眉毛だっ

  た。幸せになれるかどうかはともかく、眉毛つきコアラは実在するよう

  だ。それとも、画像の加工なのかね。

  ともあれ、皆さん、幸せを探してみては如何?♪

 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.まったりした休日、ボーッとつぶやいてみる♪ (第2話関連)

  週刊文春の亀梨評の後、『ヤマトナデシコ七変化』第3話を見て

  亀梨和也主演ドラマ、視聴率の推移(野ブタ~ヤマトナデシコ七変化)

                               (第4話の感想含む)

  腰痛ごまかし手抜きラン&つぶやき♪ (第5話関連)

  空から雨、浅田真央は悔し涙&『ヤマトナデシコ七変化』第7話

  厚着し過ぎの低速ラン&『ヤマトナデシコ七変化』第9話

  春日部大凧マラソンは締切!&『ヤマトナデシコ七変化』最終回

 

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   生きる場所を求めて~『野ブタ』再考

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

   何でボクシングやってんだ~『1ポンドの福音』第1話

   神、自然、そして人間~『神の雫』最終回

  亀梨&深キョンの夜エロ~『セカンド・ラブ』第1話

| | コメント (7) | トラックバック (1)

間寛平、前立腺がんでもアースマラソン続行☆

RUN 14.3km,1時間08分11秒,心拍151

凄いね、寛平。。クリスマスに、『明石家サンタ』でトルコから電話して来

たのを聞いて以来、今頃あの辺りを走ってるのかなぁとか思ってたら、

あの時点でかなり状態が悪化してたらしい。それで、いつも以上に力の

抜けたトボけた会話を、さんまとしてたのかね。妙にさんまに甘えてたの

も、そうゆう事情があったからなのか。。

     

今まで全く知らなかったけど、報道によると既に去年3月、ロサンゼルス

の時点から、前立腺特異抗原(PSA)値が高かったらしい・・・とか言って

も、意味があんまし分からないけどね。単なる前立腺炎と判断して、抗生

物質を服用しながら走ってたら、12月にトルコ・イスタンブールの病院で

PSA値が急上昇してたとの事。それでもしばらく走って、ようやく今年の

4日から精密検査。がん細胞が発見されたらしい。

        

注射と経口薬のホルモン療法でアースマラソン続行可能と判断したよう

だけど、「可能」だからと言って、それが「最善」という訳でもないだろう。

まあ、ここまで来たら本人は絶対に走り続けたいだろうから、苦渋の決

断って感じかね。ますます凄いイベントになって来たな☆

    

ところで、前立腺がんと言われても、そもそも前立腺ってもの自体がな

かなかピンと来ないんだけど、男性の精液(の一部)を作る器官だから、

性生活と何か関係あるんだろうね。因果関係がどうなるのか、ネットで

調べても、信頼できそうな具体的情報がなかなか出てこないんだけど、

急に男性の機能とかに障害や不自由が起きるだけでもショックだろう。

まして、命の問題となるとね。。

        

がんの中では治癒率が高いとしても、がんはがん。ともかく、ゴール前

に大事に至らないことを祈るとしよう♪ ちなみに、前立腺肥大と前立

腺がんは、症状が少し似てるだけで、直接の関係はないってお話だ。

ま、どっちも御免だけど。。

       

          ☆          ☆          ☆ 

さて、寛平に元気をもらって私も頑張って来た、とか書きたい所だけど、

現実はそんなキレイ事では済まない♪ どうも、日曜日の9ヶ月ぶりの

24km走以来、脚が重いままなのだ。最近、仕事で疲れてるっていうの

はあるんだけど、それ以外だと、急に寒くなったから厚着して走ってるの

が災いしてるのかも知れない。何しろ、上は4枚、下も3枚(+下着)着

て走ってるのだ。ランニングシャツとランパンで走ってる、駅伝やマラソ

ンの選手と比べると、大違いだよな (^^ゞ

         

まあ、毎年ハーフからフルマラソンへと移行する過程で、急激に調子が

悪くなってるから、別に驚きはない。私の場合、ハーフ以下の走りはか

なり無酸素的な運動になってるけど、ハーフを超えると急激に有酸素

的な運動になって、スピードも落ちるから走りも変わってしまう。その辺

りが大きいんじゃないかな。寒いと、もともと硬い身体の動きがますます

悪くなるしね。

     

とにかく、奇妙なほど重い脚を無理やり動かして、何とか完走。トータル

では1km4分46秒ペース。遅っ!・・・って、最近こればっか。ただし、

流石に前半は、まったく呼吸は乱れなかった。心肺じゃなくて、脚の問

題なんだよなぁ。左ふくらはぎが時々ピリピリ痛むのも気になる。ともか

く、明日もちょっとは走るとしよう。心拍はまた高めに補正した。心拍計

も最近おかしいね。ではまた。。☆彡

                  

  往路(2.45km)   12分52秒  平均心拍135            

  1周(2.35km)   11分47秒        146       

  2周           11分18秒        153   

  3周          11分06秒        154 

  4周          10分36秒        159

  復路          10分33秒        161   

計 14.3km 1時間08分11秒 心拍151(82%) 最大169(ゴール時)

| | コメント (0)

『ためしてガッテン 女性の最強ダイエット』で走る時間を喪失・・

RUN 10km,49分14秒,心拍146

ブルブルッ・・寒っ!。。友人からテレビに出るから見てってメールが急

に入ったから、帰宅してすぐテレビを付けたら、小沢一郎の強制捜査

ニュースで番組変更 (^_^; すぐ消すのもバカバカしいから、眠気でボーッ

としながらNHKを流し見してたら、「挫折なし!失敗なし!女性の最強

ダイエット」なんて番組タイトルが登場。15年目を迎えたらしい人気番

組『ためしてガッテン』で、見るのは梅雨時のうつ病特集以来のことだ。

                

以前の「計るだけダイエット」(朝晩体重を測ってグラフに記録)が大好評

だったけど、女性には失敗した人が多かったから、女性特有の太る原

因とその対策を調べようってことになったらしい。

           

簡単に結果をまとめると、原因の一つは女性ホルモン(エストロゲン&プ

ロゲステロン)の働きで、甘いものを好んで皮下脂肪を蓄えるようになっ

てるとのこと。もう一つの原因はで、女性はコミュニケーション能力が

高く協調性に長けてるから、友人とのお喋りで食事も進むという説明だ。

       

女性ホルモンはともかく、男性脳・女性脳って話は評判の悪いトンデモ系

の話に聞えてしまうから、どの程度まで真に受けていいのかビミョーな情

報バラエティーではある。根拠となるデータや論文を明示してないことや、

実験に人間ではなくラットを使ってるのは、差し当たり見逃してもいい。

でも、論理的な最大の欠点は、「女性には太りやすい要素があるから、

女性の方がダイエットに失敗しやすいという議論の組み立て方。科学

的説明としては非常に不十分だ。

     

と言うのも、当然、女性にも太りにくい要素は探し出せるはずだし、逆に

男性にも太りやすい要素はあるはずだからだ。したがって本来は、男女

の身体や遺伝子をトータルで見て、女性の方が太りやすいことを説明す

る必要があるけど、それはかなり難しい。実際、痩せてる女性もダイエッ

トに成功する女性も大勢いる。そもそも、男女の身長の差を割り引いた

としても、女性のウエストは同年代の男性と比べて特に太くはないし、体

重も特に重くはないはずだ。

         

まあ、そうは言っても、所詮はテレビのバラエティーであって、そうゆう意

味では面白く出来てた。特に、女性ホルモンを擬人化したエストロゲンちゃ

んとプロゲステロンちゃんがちょっとだけ可愛くて、寸劇もどきの説明をつ

い真面目に見てしまったほど♪ 

        

今週のダイエット法は結局、女性の生理のリズム(=ホルモンの周期的

変化)に合わせて行えばいいってお話。つまり、生理後の10日間はエス

トロゲンの増加で体重(内臓脂肪)が減りやすいから、有酸素運動も取り

入れてゆっくり減量生理前の10日間は、プロゲステロンの増加で体重

(皮下脂肪)が増えやすいから、現状維持。この繰り返しで、右下がりの

階段状に体重を落とすわけだ(下降→維持→下降→維持→・・・)。

       

来週は続きで、たった10秒で空腹感を無くす方法を伝授してくれるとの

こと。時間があれば、そこだけ見ようかって気にもなる。でも、まんまと乗

せられるのも悔しいから、後で公式HPをチェックするだけにしようかな。。

                   

          ☆          ☆          ☆

で、元々寝不足と疲れでボーッとしてたのに、ついテレビを見てしまった

から、完全に走る気力が無くなってしまったわけ (^^ゞ よっぽど、走るの

は止めて『ガッテン』だけでブログを更新しようかなと思ったけど、昨日は

走れなかったし、一昨日も僅か8kmだから、渋々近所の公園へスタート。

完全にボーッとしたまま、10kmだけガマン大会を行って来た。

       

トータルでは1km4分55秒ペース。超~遅っ! こりゃ、悲惨だな。道

理で呼吸が全く乱れなかったはずだわ。でも、脚は結構重かったなぁ。

調子が落ちてるのか、あるいは疲れてるだけなのか。ともかく、明日も

走らなきゃマズイね。

         

走るだけじゃなくて、「計るだけダイエット」も併用した方がいいかも♪ 

またチョコクッキーとか買っちゃったもんなぁ。悪いのは女性ホルモンだ

・・・って、男だろ! 低温で乾燥してたせいか、心拍は低めだったから、

高めに補正しといた。今夜の最低気温はマイナス2度。。ではまた ☆彡

                  

往路(1.15km)   6分54秒  平均心拍124

 1周(1.1km)   5分56秒        141      

 2周          5分39秒        143

 3周          5分22秒        145 

 4周          5分14秒        148 

 5周          5分06秒        150

 6周          5分03秒        152     

 7周          4分55秒        154

復路           5分10秒        155

計 10km  49分14秒  平均心拍149 最大164(復路の坂)

     

      

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.『女性の最強ダイエット 完結編』が翌週1月20日に放映された。

    注目の、たった10秒で空腹感を消す裏技とは、その場ダッシュ

    20回。運動や興奮によって、アドレナリンが分泌され、肝臓の糖

    が血液に流れて血糖値が上がり、脳が勘違いして空腹感が消え

    るとのこと。

        

    これは確かに一理あると思う。ただ、その場ダッシュ20回を行う

    ことが可能な人(元気のいい専業主婦とか)でないと実用的じゃな

    いし、継続出来ずにすぐリバウンドしそうな気もする。。

| | コメント (0)

僅かな積極的休養ラン&『コード・ブルー2』第1話

RUN 8km,39分24秒,心拍139

           

もぉ~、予定が狂いまくりだなぁ。。子供の頃、「モォ~」と誰かが不満げ

に言ったら、「牛!」とか言ってからかってたのを思い出した♪ 牛の鳴き

声って、外国人には何と聞えるのかね。今度、調べてみよう。

      

で、何が予定外だったかって言うと、まず昨夜のテレビ番組『SMAP 

がんばりますっ!!』が全く頭に無かった。これは、番組内の「全力坂」っ

ていう体育会系企画が面白いから、見て記事を書く必要がある。自転車

好きで坂好きのブロガーとして、義務なのだ♪ もう1つは、ここ数日でズ

ブズブになって来てる、ココフラッシュ問題。昨日も書いたように、ココロ

グのサポート窓口と色々やり取りして、相当な時間を取られちゃってる。

    

おまけに今夜は、この後軽く感想を書き添えるドラマ、『コード・ブルー2』

の初回だから、これまでのウチの歴史的経緯(大げさ♪)を考えると、無

視するわけにも行かないのだ。って事で、走る時間が大幅に削られちゃっ

たわけ。要するに、すべてブログ絡みの話なんだよなぁ。ホント、悩ましい

問題だわ。これさえなきゃ、すぐにフルマラソン・サブスリー(3時間切り)

だけどね♪ 

      

マラソンと言えば、JALホノルルマラソンの番組が昨日あったのに、気付

いたらもう終わってたわ。毎年この時期なのは覚えてたけど、午前中に

テレビを見る習慣が全くないから、どうしても見逃しちゃうんだよな。ま、

安田美沙子が頑張って号泣したわけネ。

    

おっと、もう時間が無い・・・って言うか、眠くなって来たから、お喋りは終

わりにしよう。とにかく、時間が無い中、近所の公園で積極的休養をして

来たわけ。やっぱり前日の24km走の疲れがかなり残ってた。心肺的

には楽勝で、かなり低い心拍だったけど、脚はダルかったなぁ。。心拍は

前半を少し補正した。最近、また胸のトランスミッター(送信機)の調子が

悪いのだ。あるいは、自分の胸が乾燥してるからかね。。☆彡     

         

往路(1.15km)   6分15秒  平均心拍123 

 1周(1.1km)   5分38秒        131  

 2周          5分34秒         138 

 3周          5分31秒         140 

 4周          5分29秒         143

 5周          5分22秒        146

復路(1.35km)  5分36秒           149 

計 8km      39分24秒 心拍139(76%) 最大163(ゴール前)

      

      

          ☆          ☆          ☆

という訳で、もう時間が無いから、ドラマの感想は超軽~いつぶやき程

度で済ませとこう♪ 連休も終了、明日は朝からお仕事なのだ。

      

さて、ここ最近、山P=山下智久関連の記事は、全体的にクールな感じ

になってる。今回はまた、『コード・ブルー 2nd season』だから、どう

せ西浦正記のバタバタした演出を見せられるに決まってるわけで、正直

まったく期待感はなく、ブロガーとしての義務感だけで見始めた。しかも、

冒頭は走り終わった直後だから、着替えながら適当に流しただけ。まあ、

ファースト・シーズンとSPのおさらいだから、丁度良かったけど。

    

ところが、全く期待してなかったのが幸いしたのか、セカンド・シーズン、

予想外にイイ♪ 西浦独特の、落ち着きが無くて余韻に欠ける映像があ

んまし目立たないどころか、逆に感心する映像が多かったし、音楽(佐藤

直紀)も前よりちょっと良くなった気もしたね。甘口になったのかも。

        

と言う訳で、私の素っ気ない記事を期待して戻って来てくれた山Pファン

には申し訳ないけど、今回の私は久々に温かいのだ☆ いやぁ、ホント

申し訳ない。またいつか、ご期待に応えて冷たくするとしよう。それまで

は放置プレイで萌えて頂きたい♪

         

で、一番目立った映像はヘリコプターだ。前から書いてるように、実は

ドクターヘリの機体そのものに興味のある視聴者(おそらく男性)は、

意外なほど多い。たまたまウチのヘリ記事が検索サイトの上位にランク

されてるって事情もあるけど、それだけでは説明できないほどの検索ア

クセスがヘリに入って来るのだ。証拠として、11日の検索ワード・ラン

キング・ベスト10をお見せしよう。

        

100112  上位はSMAPとか「全力坂・目黒区編」

  連で、約1年ぶりの大量アクセスを呼び込

  んでくれてる♪ 草なぎ剛や木村拓哉に続

  いて、しっかり健闘してるのが、コードブルー

  と「JA6790」。これがドクターヘリの名前

  なのだ。マニアックな方が大勢いらっしゃる

  ようで、嬉しいね。私はヘリにはそれほど興

  味ないけど、マニア魂はよく分かる。

        

ヘリの映し方について語られても困るっていう女性が多いんだろうけど、

2点だけスタッフの努力に敬意を表しとこう。まず、ヘリの真上からの接

近撮影(?)が目立ってた。特に、藍沢耕作(山P)が冷たい川に飛び込

んで子供を救出するシーン。正直言って、救出自体は何の迫力もない映

像だけど、それを救ってくれたのがヘリの低空飛行(?)を真上から撮っ

てた映像だ。その下に更に山Pを映してるから、絵になってた。ちなみに、

?マークを付けてるのは、ズームレンズとかCGとかの可能性もあるから。

       

もう1つは、タイトルバック。新たに、「藍」色(=藍沢の色)の空に浮かぶ

ヘリを撮ってて、あの色が趣味じゃない私が見てもなかなかキレイだった

し、1st season ラストの青空とも上手くつながってた。つまり、青から藍

への進化=深化の表現にもなってるわけだ。中央の光に飛び込んだヘ

リが、一瞬自然に燃え上がるように見えるのもなかなか細かい技☆

     

もちろん、ファンの目線はそんなものより山Pに向かったんだろう。また

髪型が変わってるんだね。いいんじゃないの、アレ。前よりキレイに見え

るな。ま、彼は美少年って言うか美青年だから、何やってもカッコイイ

どね。あっさり認めよう。でも・・・って話はあえて付け加えない。今回は

甘口なのだ♪ いやいや、元から心優しいブロガーなんだったわ。

         

意外感から言うと、黒田(柳葉敏郎)に代わるフェローの監督係、橘を

演じてた椎名桔平の方がカッコ良かったかも。実際、既に婚約したら

しい轟木(遊井亮子)でさえ、網タイツの脚で誘惑しようと頑張ってた。

そりゃ、前からか♪ 森本(勝村政信)との新婚初夜も、網タイツ姿な

のかね。で、上からムチを振り下ろすってわけネ。

        

このカップルのケンカを見て、梶(寺島進)が「コードブルー? いや、

マリッジブルー」なんてオヤジギャグを口にした時、余りの寒さに笑っ

てしまった視聴者は私だけじゃないだろう♪ 梶が食べてたサンタ弁

当はいいなぁ。って言うか、今回はなぜかクリスマスってことで、サブタ

イトルは『聖夜の奇跡』

     

クリスマス・ツリーとか、雪とか、あるいは私の大好きな曲『ホワイト・クリ

スマス』とか、上手く聖夜の雰囲気を盛り上げてたし、藤川(浅利陽介)

のボケとも上手く絡み合ってた。インパクトがあったのは、停まってるヘ

リに降る夜の雪と、椎名の部屋にあったツリーかな。三井(りょう)の元

の旦那か、あるいは子作りパートナーってことか。そうすると、何気に田

所(児玉清)が復活させようと狙ってるのかも知れないね。クールなリア

リストに見えて、実は人間味のある男、橘。黒田ともちょっと違う味わい

の新キャラで、私は気に入った☆

         

一方、奇跡について。脚本家・林宏司による描き方は、ちょっと曖昧だっ

たけど、統一テーマの中に緩やかにまとめ上げる力はなかなかのもの☆

藍沢的には、「救命の世界に奇跡はない」。でも、「奇跡を願わない医者

はいない」。それに対して、冴島(比嘉愛未)の彼氏で難病ALSの患者で

ある田沢(平山広行)としては、今のささやかな幸せそのものが奇跡とい

うことになる。で、来週は、男の子が回復する奇跡が生じるってことか。

ばあちゃん(島かおり)は、謎の男性(リリー・フランキー)との再会が奇跡。

      

まあ、物語的には、誰か重要な人物が静かに死んでいくのはほぼ間違

いないわけで、それを暗示する仕掛けが「DNR(Do Not Resuscitate)

オーダー」、つまり「蘇生術に関する意思表示書」。これを書いた田沢が

死ぬんじゃ、当たり前過ぎてヒネリが足りないし、脇役が目立ち過ぎる気

もする。と言う事は、やっぱり緋山(戸田恵梨香)が死ぬのかね。今回、

白石(新垣結衣)に比べて暗めの表情が強調されてた点も怪しいかも。

         

時間があれば、ここから「奇跡」と命、あるいは人間の生について延々

語る所だけど、もう時間が無いのだ。この状況でここまで書いただけで

も、私にとっては奇跡だろう。そりゃ、こじつけか♪

   

ともかく、初回は好印象☆ 意外なほど出来が良かったと思う。これで

あと、藍沢&白石の恋愛なんて話を組み込めば、平均視聴率20%も

狙えるかも知れない。この調子を保てば、平均18%は十分狙えそうだ。

ま、私が来週以降、見続けるかどうかは怪しいけどネ♪ 東京マラソン

も近いし、他にも色々とやることがあるのだ。

   

ちなみに、冒頭で藍沢が言ってた「エピネフリン」って医学用語は、生物

学のアドレナリンと同じ物質との事。60へぇ~くらいのトリビアか♪ 古!

それでは。。☆彡

                

    

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.半年ぶりに超手抜き記事だけど、何か♪ (第2話関連)

  積極的休養ラン&再びつぶやき♪ (第3話関連)

  郵便局おつかいジョグ&『コード・ブルー2』第5話

  膝痛ごまかし25km走&『コード・ブルー2』第6話

  長距離走ラスト&ドラマの制作費&『コード・ブルー2』第7話

  10年2月の全走行距離&『コード・ブルー2』第8話

  リハビリ傘ジョグ&『コード・ブルー2』第9話

  春雨ビショ濡れラン&『コード・ブルー2』第10話

  無風ぽかぽかラン&『コード・ブルー2』最終回

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ドクターヘリを取りまく腕~『コード・ブルー』第1話

  折られた鼻との向き合い方~『コード・ブルー』第2話

  不細工な生身の人間~『コード・ブルー』第3話

  ミュンヒハウゼン症候群の普遍性~『コード・ブルー』第4話

  必要とされるということ~『コード・ブルー』第5話

  親子の絆の超越性~『コード・ブルー』第6話

  誰のために、何のために~『コード・ブルー』第7話

  家族的な共同体~『コード・ブルー』第8話

  ドクターヘリ制度という疑似家族の揺らぎ~『コード・ブルー』第9話

  迷いと答の現場で~『コード・ブルー』第10話

  ブルースカイに飛び立つドクターヘリ~『コード・ブルー』最終回

  出会い、別れ、ありがとう♪~『コード・ブルー新春スペシャル』

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『コードブルー』のヘリコプターMD902について  

       

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   愛と死を目指して生きる~『最高の人生の終り方』第1話

   男のビート、女のメロディー~『ブザー・ビート』第1話

   ブカブカの大きな愛に包まれて~『プロポーズ大作戦SP』

   遠い夜明け~『クロサギ』最終回

   生きる場所を求めて~野ブタ再考

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   山P=山下智久主演ドラマ、視聴率の推移(野ブタ~ブザビ)

   山P=山下智久『ルート66』、男のアメリカ横断一人旅が熱い☆

| | コメント (0) | トラックバック (5)

9ヶ月ぶりに24km走、ハーフを超えると長い・・

RUN 24km,1時間51分46秒,心拍154

あ~、不愉快だな。余計な時間と労力を費やすハメになってしまった。

先日の記事にチョコッと書いたように、なぜかウチの今年の記事は全て、

ココフラッシュ(ココログの新着記事紹介)のランキングから外されたま

だった。去年アップした記事は色んなカテゴリーのランキングに掲載

されてるのに、今年の分だけダメなのだ。

            

もちろん、アクセス数と訪問者数は最低限確保してあるし、カテゴリー

の設定数が多過ぎるわけでもないし、下書き保存した記事をそのまま

公開してるわけでもない(これをやるとランキングの対象外)。そこで、

ニフティーのサポートセンターに問い合わせた所、ちゃんと掲載されて

るとのこと。なぜか、私が問い合わせをした夜から、ランキングに掲載

され始めたのだ。

       

全くの偶然かも知れないけど、ちょっと引っ掛かるし、まるで私の操作

がおかしいかのような指摘までされると、理屈屋のマニアック・ブロガー

としては、つい反論したくなる。ってことで、証拠を添えて反論メール

書いてたら、時間を取られちゃったわけ  ^^; まったく。。

     

ランキングっていうのは半ば自己満足であって、5位以内くらいじゃない

と注目度は低いし、もちろん何か賞がもらえる訳でもない。でも、単なる

自己満足でもない。と言うのも、検索サイトのロボットがその情報を毎日

拾ってるからだ。ニフティという有名企業のサイトに、リンク付きで毎日

複数の記事を掲載されてれば、おそらくウチの評価にもプラスだろう。

        

つまりココフラッシュのランキングは、検索サイトのランク付けに影響し、

それは結局アクセスに影響する。ひいては、色んな出会いともつながる。

だから注目に値するわけだ。マニアックな理数系の記事とか文学記事と

か読んでもらうには、GoogleやYahoo!のランクを高く保つのが一番だ。

                      

        ☆          ☆          ☆

・・・な~んて話を書くつもりは全くなかったのに、ホント予定が狂ったネ。

今日は何かまたスポーツ・ネタをネットで拾って来るつもりだったのに、も

う時間がない。走りの方は、ちゃんと24km、距離を稼いで来た♪ 最

近は、走行距離の合計は増えてるんだけど、1回当たりの距離は短くなっ

てて、24km以上走るのは何と去年の4月以来のこと。そりゃ、ヤバイね。

    

という訳で、絶対に24km走り切るぞと決心して、いつも以上に慎重にス

タート。ところが、奇妙なほど脚が重い。丸2日ちょっと間が空いてるから、

そこそこ回復してるだろうと思ったら、逆に疲れが増したって言うか、変な

鈍さを右脚付け根に感じる。フルマラソンの終盤とかに感じる、股関節周

辺のしびれに似たものだ。

     

まあでも、脚が動かないわけじゃないし、心肺的には全くの楽勝だったか

ら、別に顔を歪めることもなく、わりとアッサリ24km走破。トータルでは、

1km4分35秒ペース。意外にマトモだな♪ 感覚的には4分50秒くらい

に思えた。ただ、やっぱりハーフを超えると脚がガクッと重くなっちゃうね。

困ったもんだわ。あと、2年ちょっと前に痛めた右太腿付け根が、どうして

もおかしくなってしまう。今年こそ、長距離を克服しよう! 

                     

かなり脚が疲れてるけど、明日も軽く走る予定。心拍は、往路を中心に

軽く補正したけど、実際に相当低かったと思う。ではまた。。☆彡

         

  往路(2.45km)  12分33秒  平均心拍135

  1周(2.35km)  11分26秒        148        

  2周           11分22秒        150           

  3周          11分06秒        152  

  4周          10分59秒        153     

  5周          10分48秒        155  

  6周          10分41秒        157 

  7周          10分39秒        157

  8周          10分27秒        159

  9周(0.3km)     1分26秒        163     

  復路             10分21秒         161  

計 24km  1時間51分46秒 心拍158(86%) 最大171(ゴール時)

| | コメント (0)

全力坂・目黒区編、アスリートはキムタクに代わって草なぎ剛♪

  1. 予想外に笑えたネ♪ テレ朝の特番『SMAP がんばりますっ!!』。

私は単に、去年キムタク=木村拓哉が1日で50本走った「全力坂」とい

う企画が面白かったから、テレビをつけただけ。昨年の春、深夜特番

その企画だけ完全版にして、新たに1つの番組を作ってたから、じっくり

見て記事を書いた所、かなりのヒット。そこで、今年の「目黒区編」も記事

にしようと思ってたのだ。坂の名前と長さを全部書くだけでも、読者の需

要がある(それだけで帰る読者が多いけど・・)。

         

ところが直前に、キムタクではなく草なぎ剛だと知って、ちょっとテンション

が下がってしまった。いや、別に草なぎに対する個人的趣味じゃなくて、

キムタクの方がアクセスが多いってこと♪ 過去のデータは単純明快、

シビアなのだ。スタジオで草なぎの様子を見てたキムタクも、「何でオレ

じゃないわけ?」って感じの羨ましそうな顔に見えたのは気のせいか。

       

   (翌日追記: 草なぎの検索が意外なほど多くて、驚いてる所・・)

       

まあでも、目黒は私がよく知ってる場所でもあるから、一応番組をチェッ

ク。ウッカリ40分遅れで見始めたから、中居正広の箇所は見れなかっ

たけど、全体が意外に面白くて、かなり声を出して笑ってしまった☆

       

        ☆          ☆          ☆                 

最初に映ったのが、キムタクの4日間トマト生活。最初、ナンセンスな企

画だなと思ったものの、出て来るネタが結構工夫されてる。トマトステーキ、

トマトパジャマ、宇宙戦艦トマト、フレッシュトマトバーガー、トマトの七輪焼

き、トマトおでん、スパークリングトマトジュース、トマト博士、トマト講義、

トマト検定初段、トマト魂Tシャツ、ホットマトケーキ、チリトマトヌードル(ト

マトの具だけ)、トマチリ、トママヨ弁当、トマトスープ、トマトおせち、etc。

    

よくこれだけ考えたもんだね☆ 食べ物は美味しそうに見えたし、『宇宙

戦艦トマト』のテーマ曲を本家・佐々木功(ささきいさお)が歌い始めた時

には噴き出してしまった♪ 先日の『週刊文春』で、マイケル・ジャクソン

をイメージしたキムタクのダンス(in 紅白歌合戦)がどうのこうのと書か

れてたけど、トマトだけでずっと過ごした最終日に、ちゃんと踊っただけ

でも大したもの。私なら2日ももたずにギブアップだろう。紅白で白組が

圧勝した理由も納得できた。彼が紅組(=トマト)を食い尽したからだっ

たのか♪ ともあれ、お疲れ様!☆

        

       ☆          ☆          ☆

その後、稲垣吾郎の24時間カラオケ・100点満点ゲットをまったり流し

見した後、いよいよ全力坂。去年の港区編の木村拓哉と全く違うのは、

最初から草彅剛がノリ気だったこと。何でも、去年のキムタクが50本目

にギャル集団と勝負して負けたから(4位)、自分は勝つって意気込み

らしい。大昔から草なぎは、木村君に勝つ!って話をよくしてる。

        

で、まず目黒区の49本は以下の通り。1本ごとにかなり「全力」で走って

のは間違いない。あれで足腰が大丈夫って辺りは、流石だと思う。ま、

普段の1日のランニングは4km程度にすぎないようだけどさ♪ 残念な

がら、一部のデータは放送されてないから、リストは不完全なまま。あと、

やたら住宅街の分かりにくい「名無し坂」が多いのは、有名な坂だとファ

ンが集まっちゃうからかね。人数的にたかが知れてると思うけど。。

                     

  1 権之助坂 330m

  2 富士見坂 125m

  3 三折坂(みおりざか) 65m 

  4 石古坂(いしこざか) 80m

  5 金毘羅坂 320m

  6 十七が坂(じゅうしちがさか) 110m

  7 馬喰坂(ばくろざか) 90m

  8 行人坂(ぎょうにんざか) 160m 最大傾斜9度 高低差18m

  9 小川坂 300m

 10 松見坂 270m (11までの累計1995mから逆算した距離) 

         

 11 相ノ坂 135m (最大傾斜9度 高低差15m,タモリお勧め)

 12 蛇坂 130m 8度 18m 

 13 大阪 130m

 14 謡坂(うたいざか) 60m

 15 なべころ坂 150m

 16 稲荷坂 60m

 17 けこぼ坂 170m

 18 鶯坂 90m (累計2785mから逆算)

 19 半兵衛坂 90m

 20 鉄飛坂(てっぴざか) 160m

      

 21 名無し坂 110m (命名: 鉄飛Ⅱ) 

 22 名無し坂 110m (命名: 4時30分しかも冬坂)

 23 名無し坂 100m (門松置いてんの?)

 24 名無し坂 120m (全力一本道)

 25 谷畑坂(やばた坂) 130m (累計3605m)

 26 しどめ坂 110m 

 27 太鼓坂 70m 

 28 化坂(ばけざか) 80m 

 29 天神坂 125m

 30 氷川坂 120m

     

 31 どぜむ坂 65m 

 32 柿の木坂 125m 

 33 睦坂(むつみざか) 80m 

 34 名無し坂  ?m (きゅうり坂)

 35 名無し坂  ?m (横抜け坂)

 36 蜀江坂(しょっこうざか) ?m 

 37 兵庫坂 ?m

 38 寺郷の坂 ?m

 39 名無し坂  ?m (ひょうたん坂)

 40 名無し坂 70m  (出会い坂)

    

 41 名無し坂 90m  (たき火坂)

 42 名無し坂 60m  (水アメ坂) 

 43 名無し坂 110m  (鈴音坂)

 44 茶屋坂 130m

 45 新茶屋坂 300m

 46 上村坂(かみむらざか) 85m (途中の傾斜17%)

 47 目切坂(めきりざか) 160m 

 48 新道坂(しんどうざか) 150m (累計5990m) 

 49 別所坂 150m (高低差25m 傾斜10度 難易度☆☆☆☆☆)  

      

       ☆          ☆          ☆ 

この後いよいよ港区に戻って、50本目のけやき坂(450m,高低差15

m,傾斜3度,難易度☆☆☆☆☆)でニセ全力ギャル(アッカンベー48)

と勝負することになる。もうちょっと色気のある服装にして欲しいんだけど、

全員まるで懐かしのブルマー姿みたいに見える服装だ(Tシャツ&ショート

パンツ)。ここで予想通り、去年のアスリート・キムタクが参加。ますます草

なぎが闘志を燃やして、断トツのスピードで坂を猛ダッシュ!

         

で、1位ゴールの草なぎが、落とし穴のプールにドボンと落ちるっていう

ドッキリ企画の予定だったんだけど、笑えたのが、ゴール直前で草な

がコースを間違えたこと♪ 多分、放送作家が考えたネタだろうけど、キ

ムタクは驚いてキョトン。。草なぎに代わって、自分が落とし穴に落ちる

事になっちゃうから。それだと、草なぎをハメる企画としてもマズイはず。

          

でも、迂回路を通った草なぎが、無事にキムタクの前に出て来て、狙

い通りドボン! この瞬間より、その前に草なぎがコースを間違えた瞬

間の方が遥かに面白かった♪ まあ、稲垣のカラオケにゲスト出演し

た石川さゆりが、『天城越え』で74点しか取れなかったのも笑えたけど

ね♪ 大御所・都はるみなんて、熱唱したのに僅か61点。お気の毒。。

            

その後は、香取慎吾の縄文人生活で終了。ちょうど用事が入ったから、

それ以降は見てない。電気、ガス、食事がすぐ手に入る有難さはよく

分かった。火起こしは大変なんだな。お魚もなかなか釣れないし。トマ

トは当時無かったっていうコネタが笑えたかも♪

      

        ☆          ☆          ☆

さて、この草なぎの全力坂、去年のキムタクみたいに、後で完全版SP

にしてもらえるかな。ダメだったらまた落ち込んで、何かしでかしそう♪

(コラコラ・・) とにかく、やたら楽しそうに充実感一杯で走ってた草な

が好印象だった。

                

誰でも簡単にチャレンジできるので、皆さんも是非お試しあれ。いや、

私は東京マラソン前の大事な身体だから、遠慮しとくけどネ♪ ギャル

に囲まれたけやき坂だけなら、考えてもいい ♡

それでは。。☆彡

    

     

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.木村拓哉の『全力坂 完全版』、アスリートにもお勧め

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

  自閉症の自転車好き~『僕の歩く道』第1話

  「ありのまま」という迷宮~『僕の歩く道』第8話

| | コメント (2) | トラックバック (1)

集合論における自然数の表記と計算

昨年の暮れにかけて、「1+1=2」、「1×1=1」といった、自然数(0,

1,2,・・・)の基本的計算を再考してみた。要するに、理数系の学問の

一番根本的な話、数学のスタート地点に立ち返ろうということだけど、こ

れが本当にスタート地点かどうかについては、考え直す余地がある。

    

例えば、理数系の記事に時々使ってる講談社のロングセラー『現代数学

小事典』を見ると、「第1章 数学基礎論」の内容は、「1 論理」「2 集合

論」「3 自然数論」の順になっている。1の論理は別格としても、自然数論

より先に集合論があるのだ。これは現代数学の標準的な発想であって、

自然数という基本的な存在でさえも、集合論の中に組み込んでしまうのだ

(19世紀後半に確立)。

      

つまり、自然数は集合の一種と考えられている(別の考えも存在)。一般

人の素朴な発想では、自然数というのは集合の要素になり得るとしても、

集合そのものではないだろう。その辺りの納得できる説明というのはなか

なか見当たらなくて、上の『小事典』にもないし、ウィキペディアの日本語

版や英語版にも「結果」しか書かれてない。

                         

そのうち、『新版 現代論理学』(東海大学出版会)に簡単な説明がある

のを発見したものの、最小限の説明だから正直言って分かりにくかった。

まあ、読者に自分で考えさせるという意味では、良書なのかも知れない♪

         

だからここでも、最小限の説明に留めよう・・・などとは言うまい。逆にこ

こで丁寧な説明を行っておけば、記事に独自の価値が生まれるだろう。

真面目な読者が何人いるかは別として♪ と言う訳で、以下では、自然

数を集合で表す方法について説明してみよう。

               

         

         ☆          ☆          ☆  

まず、集合の初歩から復習しておく。集合とは、差し当たりは、何らかの

個物(要素)の集まりだと考えればいい。例えば、a と b を要素とする集

合を X とすると、X={ a,b }。つまり、要素全体を { } に入れてまとめ

たものが集合だ。また、b と c が要素の集合を Y とすると、Y={ b,c }

だ。更に、「a は X の要素だ」ということは「 a ∈ X 」と表し、何も要素が

ない集合(「空集合」)は などと表す(丸印に斜め線)。

               

この時、( X と Y の和集合):X∪Y={ a,b,c }。つまり、2つの集合

の要素を合わせて、重複(この場合はb)を除いたのが和集合で、「結

び」とか「合併」とも言う。また、空集合 ∅ には何も要素が無いから、

∅ ∪X=X 。つまり、∅ との和集合は、元の集合のままとなる。

     

集合について、この程度に理解していれば、もう自然数についても大丈

夫だ。イメージをもってもらうために、先に説明抜きで答を書いておこう。

自然数を集合で表す標準的な方法はこんな感じだ(他のやり方もある)。

     

     0= ∅

     1={ ∅ }

     2={ ∅ ,{ ∅ } }

     

かなり奇妙な表現で、0以外は「集合の集合」、つまり、集合を要素とす

る集合になってる。1はともかく、2の表し方には違和感があるだろう。

      

簡単に言うと、まず一番「小さい」集合、つまり要素が何もない空集合 ∅

を0として、それ以降は、「1=0∪」、「2=1∪」という具合に

表して行く。つまり、「次の数=( 前の数 )∪前の数」という風にして、

順に構成していくのだ。この時、式の後ろ側にある { } は集合を表す

記号であって、普通の丸カッコ(計算上のまとまりを付ける記号)ではな

いことに注意しよう。( ) と { } は、集合論においては全く別物だ。

         

0を空集合とするのはわりと自然だろうけど、それ以降の奇妙な構成

の仕方は、様々な自然数の間に大きさの順序を付けるため、つまり、

不等式を導入するためだ。例えば、「 1 < 2 」(1は2より小さい)と書

く代わりに、「 1 ∈ 2 」(1は2の要素)書く。こういった式が、集合の話

として全体的に上手く簡潔に成立するよう定めてるのが、上の奇妙な

構成法なのだ。

                                

話を戻すと、なぜ 1 = { ∅ } になるのか。それは次の変形による。

     

    1 = 0∪{ 0 } = ∅ ∪{ ∅ } = { ∅ }

     

右端の変形は、∅ との和集合は元通りという話を思い出せば納得でき

るだろう。続いて、2 = { ∅ ,{ ∅ } } は、次のような変形による。

   

   2 = 1∪{ 1 } = { ∅ } ∅ ,{ ∅ }

    

これも右端の変形が引っ掛かる箇所だけど、要するに「∪」という記号

和集合を作る時には、一番外側の{ }の中身を併せるのだ。内側辺

りにある{ }と混同しないように、上ではを付けておいた。

ちなみに、3の場合は次のようになる。

                   

   3 = 2 ∪ { 2 } = ∅ , { ∅ } { ∅ , { ∅ } }

     = ∅  , { ∅ } , { ∅ , { ∅ } }  

      

ここから、0<3、1<3、2<3が成り立ってるのがよく分かるだろう。つ

まり、集合論的に見て、0∈3、1∈3、2∈3が成り立っている。ちなみに

3以降、4とか5とか、単純なのにわずらわしい計算は、パソコンでコピー

&ペーストを使うと便利だ♪ 手書きだと、カッコの数を間違えやすい。

右端には } がズラッと並ぶことになる。4なら、4コの } が並ぶわけだ。

       

                        

          ☆          ☆          ☆

では最後に、足し算についても少しだけ書いておこう。基本は、以前の記

事に書いた、ペアノ的な考えと同じで、次のように決めておけばよい(広い

意味では、足し算の公理)。

      

      m + ∅ = m

      m + ( n ∪ { n } ) = ( m + n ) ∪ { m + n }

       

上の m,n は、自然数を表す集合のこと。2番目の式が分かり辛いだろ

うが、要するに

       ( 「n の次の数」との足し算 )=( 「n との足し算」の次の数 )

という意味で、普通の数式で表現するなら

      m + ( n+1 ) = ( m + n ) + 1

ということだ。以前のペアノ的な書き方では、

      m + n´ = ( m + n )´

となってた。ちなみにペアノ本人の書き方は、時代的制約もあって、遥か

にややこしいので、いずれまた記事にしたいと思ってる。

   

   (追記: ペアノ自身の記述に関する記事を追加。

    自然数に関するペアノの公理~論文『数の概念について』に即して

        

話を戻すと、結局、1+1=2の集合論的な証明は以下のようになる。

        

   1+1 = { ∅ } + { ∅ }

        = { ∅ } + ( ∅ ∪ { ∅ } )

        = ( { ∅ } + ∅ ) ∪ { { ∅ } + ∅ }

        = { ∅ } ∪ { { ∅ } }

        = { ∅ , { ∅ } }

        = 2

     

もちろん、こういった計算は実用的ではないけど、足し算とは何かという

問題や、数学全体における集合論の位置付けを考える際には重要なの

だ。ただし、集合論には独自の弱点(or 注意点)もあるので、それにつ

いてもまた別扱いで論じることにしよう。

    

以前書いた記事だと、足し算の読者は結構いたけど、掛け算の読者は

少なかった。果たして、集合論だとどの程度の人が読むのか、と言うよ

り、どの程度の少なさなのか、屈折した興味が湧く所だ♪

ではまた。。☆彡

    

         

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.「1+1=2」はなぜか?~ペアノの自然数論(足し算)

  「1×1=1」はなぜか?~ペアノの自然数論2(掛け算)

  引き算の証明、負の数~ペアノの整数論(減算=減法)

  自然数に関するペアノの公理~論文『数の概念について』に即して

  0、1、「次の数」に関する哲学的考察~フレーゲ『算術の基礎』

  「1+1=2」はなぜか~小学1年生の算数の教科書 

  引き算、足し引き連続、0(ゼロ)~小学1年生の算数2

  掛け算の導入、足し算・引き算との関係~小学校の算数3

  同じ数ずつ分ける計算、割り算(除法)~小学校の算数4

| | コメント (4)

女性モデルのぽっちゃり体型は許容される時代としても・・

RUN 17km,1時間18分28秒,心拍152

『やせ』全盛 待った 米ファッション界」、「モデル写真『修正』に批判」、

ぽっちゃりヌードで訴え」、「拒食症・うつ病・・・ 細身願望 悪影響指摘

」。正月明けの体重オーバーを身にしみて感じてた私の目に、こんな見

出しの朝日新聞の記事が飛び込んで来た(2010年1月6日・朝刊、山中

季広記者)。そこには、奇妙なほど痩せたモデルの写真と、逆に下腹部

や太腿がプヨッとたるんだモデルの写真が並んでる。

        

行き過ぎた「細め」志向を見直す1つの大きなきっかけになったのは、

のデパートで使われたラルフ・ローレンのポスター。専属モデル・ハミ

ルトンの全身写真をデジタル加工して、頭より細いウエストを作り出した。

これがネットで欧米に伝わり、やりすぎだと批判され、ラルフは謝罪&釈

明。ところが、当のハミルトンは、178cm・55kgのスタイルが太すぎる

という理由で解雇されたとの事。

                   

その写真を見ると、どう見ても不自然だから、ハッキリ言って加工が下

手だと思う。ただ、それよりも驚いたのは、モデルのぜい肉は写真加工

で消すのが半ば常識になっていたという、朝日の説明だ。私も、加工す

ることがあるという話は知ってたし、簡単なのは分かるけど、常識とまで

言われるとエッと思う。それは言い過ぎって言うか、ミスリーディング

(誤解を招く)表現じゃないかね。

                 

と言うのも、東京モーターショーのコンパニオンとか、乗鞍・美ヶ原のヒル

クライムのレースクイーンを直接見ると、実際に相当細いからだ。と言う

より、写真以上に実物の方が細く感じた。身近なレベルのモデルでさえ

そうだから、まして洋服を魅力的に見せるためのファッションモデルなら、

本当に細いのは間違いないだろう。だから、「もしモデルのぜい肉が目

立つ場合には、そこだけ加工する」と書く方が正確だと思う。

        

いずれにせよ、修正するかしないかに関わらず、かなり痩せたモデル

(の写真)が優遇されてるのは間違いない。これは主として、男女の美

的感覚の違いかな、と思ってたけど、少なくとも英米では、女性の側で

も異論が勢いを増してるようだ。

     

ハミルトン事件と共に1つのきっかけになったのは、女性誌『グラマー』

に昨秋掲載された、モデル歴4年・180cmのミラーの写真。ぽっちゃ

りした下半身をそのまま見せたセミヌードを公開して、90年代以降の

米国の極細志向に異議を唱えてる。英米のメディアの反響は大きくて、

わりと好意的なようだ。

      

私も以前から、モデルの体型とか女性のやせ願望はちょっと行き過ぎだ

と思ってるけど、このミラーの写真はどうだろう。逆向きの行き過ぎのよ

うな気もするけどネ。日米の差はあるだろうし、お腹がちょっとタルんでる

くらいは許容範囲だろうけど、この太腿だとスリムなパンツやミニスカート、

あるいはショートパンツの類は苦しいだろう。明らかに、男の三流市民ア

スリートの私よりも遥かに太いのだ♪

     

彼女より痩せてる私でさえ、もっと痩せなきゃと気にしてるくらいだし、先

日宮崎女子ロードレースで優勝した勝又美咲も、5キロ絞ったとのこと。

練習パートナーを務めた、世界選手権・銀メダルの尾崎好美に刺激を

受けたらしい。と言う訳で、ここ数日は食べるのをちょっとだけ控え目に

して運動量を増加。おかげさまで、少し年末の体型に戻りつつあるよう

な気もする♪

         

モデルに限らず、単に美的感覚の問題としての痩せ過ぎなら、意識改

革すれば済む話とも言えるけど、アスリートの場合、余分な脂肪は邪魔

な重りでしかない。しばらく、お菓子やお餅をガツガツ食べるのは控える

ことにしよう・・・って、そりゃ当たり前か♪ 最近、豆餅が美味しくてね。。

             

         ☆          ☆          ☆

理屈や社会情勢はともかく、私は昨夜もマジメに走ったのだ。前日まで

ハーフ、12kmと重たい身体で走って、意外なほど疲れてないから、また

ハーフでもゆっくり走ろうかなとも思ったけど、自重して17kmに。先月半

ばからちょっとずつ距離を伸ばしてるせいか、たまに左の膝がミシッとす

るのだ。故障すると全ての努力が水の泡になることを考えても、ちょっと

控え目なくらいで丁度いいだろう。

             

前日と同様、1km4分50秒くらいでいいなと思って、お散歩モードで走っ

てると、ハーハーゼーゼー言うランナーが後ろから抜いて来たので、反

射的に追走♪ 一気に4分10秒ペースくらいまで上がったけど、1周で

消えたから、またスローダウン。そのまま、お遊び気分で流してたら、また

そのランナーが急に抜いて来たから、再び追走。今度はすぐに消えたか

ら、再びスローダウン。

       

そうゆう訳で、昨夜の私のペースはメチャクチャになったわけ。いや、単

に自分が追走しなけりゃいいんだけどネ♪ トータルでは1km4分37秒

ペース。ふ~ん、あれだけ適当に走ってもこのペースか。着実に地力は

上がってるな。全体として心拍は低かったし、心肺的にも余裕だったしね。

     

今夜は諸々の事情でおそらくサボると思う。心拍は往路のみ、高過ぎた

から補正。多分、全般的にはもう少し高かったと思うけど、それにしても

楽勝の走りだった。最近また、ココフラッシュのランキングに無視され続

けてるから、またニフティにクレームつけようかな♪ ではまた。。

                

  往路(2.45km)    12分20秒  平均心拍134         

  1周(2.35km)    10分32秒        151      

  2周             10分35秒        158      

  3周            10分42秒        156

  4周             11分07秒        151 

  5周            10分43秒        154

  6周(0.35km)     1分46秒       155

  復路               10分44秒         149

計 17km 1時間18分28秒 心拍152(83%) 最大175(2周目)

| | コメント (0)

首都圏の高層マンションで広がる自転車シェアリング

RUN 12km,58分14秒,心拍143

自転車シェア 都心流」、「高層マンション 置き場なくて」、「『便利でエ

コ』 利用広がる」。これら3つの大見出しが付いた記事が、朝日新聞

(2010年1月6日・夕刊)に掲載された。執筆は小山謙太郎。社会面の

トップで、かなり大きな扱いだ。やっぱり朝日は、かなり自転車をプッシュ

してるような気がする♪

        

都心を中心に、100棟を超えるマンションでサイクルシェアリング(自転

車の共同利用)が導入されてるそうで、最大の理由は土地が高いから

のようだ。例えば、港区芝浦の48階建てマンション「エアタワー」だと、

世帯数871に対し、駐輪場は714台分(HPでは700台と表示)。

        

都心だから、何とか足りそうな気もするけど、ネットで調べて納得した。

最寄駅3つから徒歩9分ほどと書いてるから、実際には10分だろう。ちょ

うど自転車が欲しくなる距離なのだ。ま、私なら走るけどね♪ 敷地の

を削って自転車置き場を作る発想はないらしい。民間業者としては、今

の所は正しい戦略かも。

       

駐輪場の不足を補うのが20台のレンタル自転車で、電動と一般があり、

登録制で月額1050円。ここに住むような人達にとってはタダみたいな

値段だろう。ネットの空室状況のページを見ると、1K・15万円~3LDK・

40万円前後(最高110万)。内装を見ても、全体的にやや上のクラス

(階級)だ。

                

レンタル1回は6時間以内で、何回でも使い放題。電動の場合、無人の

宅配用ロッカーにカードキーをかざし、カギとバッテリーを取り出す。返

却後は自動で充電。コンピューター管理で、携帯サイトで空きのチェック

が可能。電動でない一般車については書かれてない。と言うか、そもそも

ネットで見ても、なぜか自転車シェアの説明が見当たらない。もしそれが

マンションの品格を落とすと考えてるのなら、全くの時代錯誤だろう。逆

に時代の先端を行く試みとして、マンションの「売り」にしてもいいほどだ。

                                          

ちなみに、ここは賃貸だから、自転車の所有者は管理会社だけど、分譲

マンションの場合は、住民の管理組合によって文字通りシェア(分有)さ

れてるそうだ。最近は、ウチの近くでもカー・シェアリングが始まってて、

時代の大きな変化を感じている。ただし、欧州で普及しつつある街単位

のサイクルシェアは、国内ではまだ実験段階にすぎない。

          

まあ、新聞記事には書いてないけど、実際に運営すると、色んな問題

生じると思う。ルールを守らない人がいたり、パンクや故障が起きたり、

自転車が汚れたり、盗まれたり。そういった事まで含めて、シェアが社会

に根付くまでには、まだかなりの試行錯誤が必要だろう。でも、行き過ぎ

た自動車社会から、自転車へと回帰する流れは明らかに正しいと思う。

          

今後は、お年寄りや家族連れのために、あるいはファッション性のため

に、三輪自転車などの導入もいいだろう。もちろん、道路行政の改善

どと並行させた上で、ゆっくりと。。

                  

        ☆          ☆          ☆

さて昨夜は、その前夜のハーフの疲れを癒やすために、積極的休養

してノンビリ12kmだけ走って来た。正月明けで仕事とか色々忙しいか

ら、休もうかとも思ったけど、今月は最低300km走り込もうと思ってる

から、1日平均10km走る必要がある。正月にサボってるから、この辺

で追いついとかないとヤバイわけ。この先、体調を崩すと、予定がガタ

ガタになっちゃうしね。

         

で、走り出すと、意外に脚が軽い♪ むしろ前夜のハーフより軽いくらい

だし、身体の重さも多少マシになった気がする。スピードを出そうかなと

か、距離を伸ばそうかなとか、色々考えながらも自重した。基本的に休

養なんだから、余裕があるなら翌日以降の走りに回せばいい。

     

トータルでは1km4分51秒ペース。ちょうどいいかな♪ とにかく、もの

凄くラクな走りで、このままフルマラソンやろうかな、とか思ったほど。やっ

ぱり、1k4分半ペースと5分ペースとじゃ雲泥の差だね。ま、逆に考える

と、今後1km4分ペースに持って行くのはかなり大変だと思う。箱根駅伝

は1km3分か。う~ん、ちょっとキツイかも。。ちょっとネ♪

   

今夜は14km~17kmの間で適当に走りたいな。心拍は低過ぎたから、

少し高めに補正。まあ、お散歩モードだったから、かなり低かったのは間

違いない。あんな感じで距離を伸ばせばいいんだよな。ではまた。。☆彡

      

     

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.ロンブー・田村淳と安室奈美恵のカップルって、意外だけど、結構

    お似合いじゃないの♪(スポニチ&女性セブン) ま、淳は浮気性

    だし、アムロも仕事を止めないだろうから、結婚(&再婚)しても続

    きそうにないけど、一度ゴールインくらいはあってもおかしくない☆

     

    ちなみに淳の政界進出のウワサについては、一応「応援」してる。

    頭の回転が良くて、仕切り屋で、ユーモアもあるから。ま、「期待」

    はしないけど♪

     

P.S.2 芸能ネタついでに、もう1つ。『週刊文春』1月14日号の紅白歌

      合戦特集はわりと面白かったけど、毎度お馴染み、今井舞の

      キムタク&SMAP攻撃には苦笑。一体、何があったのかね。

      私はファンじゃないから別に腹も立たないけど、あまりに偏った

      態度を見てると、ひょっとして編集者のリクエストに応えてるだけ

      なんじゃないかって気もしてくる。あの文章でお金を貰えるのか。。

                  

      ちなみに私にとっての紅白は、格闘技と半々だったし、他にも

      パソコンやりつつ、喋りつつって感じだから、全くマジメに見て

      ない番組だ。って言うか、物心ついて以降、マジメに見たことは

      一度もない気もする。でも、それなりに面白かったけどね☆     

             

 往路(2.45km)   12分30秒  平均心拍131         

 1周(2.35km)   11分28秒        142

 2周           11分29秒        146   

 3周          11分22秒        149       

 復路(2.5km)   11分27秒         146   

 計 12km  58分14秒 心拍143(78%) 最大155(ゴール時)

| | コメント (0)

正月明けは体重オーバー!CW-Xがキツイ・・

RUN 21.1km,1時間35分30秒,心拍158

一歩ごとに片足スクワットするみたいな身体の重さだなぁ・・・って、そりゃ

大げさか♪ いやぁ、でも重いのは間違いないし、腹が出たのも明らか。

ホント、年末年始は市民アスリートにとって難関だね。。

     

年末はお出かけの準備でバタバタするから、どうしても走る時間が減る

し、正月はお雑煮と鍋物を食べるのが国民の義務だ。特に、日本男児

たるもの、肉食系・草食系に関わらず、雑煮のモチは3個以上食べる義

務がある♪ 食品のカロリー計算のサイトを見ると、1個180kcalくらい

のようだから、お餅3個だけでも540kcalに到達。当然、他の物も飲み

食いするから、朝っぱらから800kcalくらいの食事になっちゃうのだ。

           

おまけに、間食とか夜食のお菓子も多くて、正月が終わっても悪いクセ

100106b が抜けきれない。昨夜も、旅先

 から持ち帰ってたカルビーの

 「Jagabee(ジャガビー)」をボリ

 ボリ食べてた。油が気になるけ

 ど、甘くもないし量も少ないから、

 小さい1箱で350kcalくらいか

 なと思って全部食べ終えたら、

 何と505kcalもあった! 

             

ちなみにこれ、「まんまじゃがいも」ってのが宣伝用コピーらしいけど、ポテ

トフライと言う方が正しいね。「じゃがいもの味がちゃんとする」と書いてる

けど、味は塩しか感じなくて、むしろ「ポテトフライの歯ごたえと外見」なの

だ。Calbee さん、じゃがいもを強調したいんなら、もうちょっと工夫した方

がいいよ。聞いてない? あっ、そう♪

                  

         ☆          ☆          ☆

という訳で、完全に体重オーバー、体脂肪オーバーの状態で初ハーフ

を走ることにした。まず衝撃を受けたのが、ワコールCW-Xのキツさ ^^;

1回、ウエストのひもを締めた後、あまりに苦しいから緩めたんだけど、

それでも元のゴムだけで十分苦しい。元々ピチピチのロングタイツだ

から、ちょっと太ると一気にキツく感じるんだろうね。

    

こりゃ、ハーフの完走は大変そうだなと思って、往路と1周目はかなり

自重。ストライド(歩幅)はそれなりに保って、ピッチ(歩数)を落とした走

り。でも、流石に遅すぎるなと反省して、2周目からはそろそろとペース

アップ。身体は重いけど、脚は意外に衰えてないし、最近にしては珍し

く、どこも痛まないから安心してキックできる。シューズの紐をちょっとだ

け緩めたのが良かったのかも♪

                

終盤はわりとラクに1km4分20秒ペースまで持って行けて、復路も気

持ちよくスピードキープ。結局、トータルでは1km4分32秒ペースだっ

た。ま、そんなもんかね♪ 序盤がかなり遅かったから、この程度のタ

イムだけど、中盤以降はずっと1km4分25秒を切るペースで、しかも

ちょっと余裕があった。初ハーフとしては、良しとしよう。

     

とはいえ、腹が出てるのはマズイから、東京マラソンに向けて体重管理

も徹底しなきゃね。今夜ものんびり12kmくらい走ることにしよう。って言

うか、食べ過ぎの悪癖をどうにかしなきゃ! 

       

ちなみに、心拍は往路だけ高めで中盤以降は低めに出てたから、補正

した。スピードのわりには高くなかったと思う。それにしても箱根駅伝の

区間タイムと比べると恐ろしく遅いね。太腿の太さだけなら東洋大の柏

原と変わらない気もするけど、脂肪と筋肉の違いだろう♪ ではまた☆彡

              

  往路(2.45km)  12分34秒  平均心拍135

  1周(2.35km)  11分21秒        148        

  2周           10分56秒        154           

  3周          10分33秒        158  

  4周          10分20秒        161     

  5周          10分08秒        164  

  6周          10分12秒        164 

  7周          10分08秒        166     

  復路(2.2km)       9分19秒         166  

計 21.1km  1時間35分30秒 心拍158(86%) 最大171(ゴール時)

| | コメント (0)

2009年、検索ワード&フレーズ・ランキング☆

危ない、危ない。余りに眠いから、ちょっと昼寝って言うか、「夜寝」しよう

としたら、23時前までグッスリ寝ちゃったわ (^^ゞ あわてて今日の分の

記事を用意してる所。話題のツイッター(twitter)みたいなつぶやきじゃな

く、ちゃんとした記事を毎日更新するっていうのは、ホントに大変なのだ。

                    

で、今日は先日の「2009年、記事別アクセス・ランキング」に続いて、

年のデータ記事第2弾。「2009年、検索ワード&フレーズ・ランキング」

をお届けしよう。ま、こうゆうのは、やってる自分が一番興味あるわけよ♪

先日も書いたけど、手間ヒマは見た目以上にかかってる。4ヶ月ごとの

データを手作業で3回分まとめる必要があるから、暗算が鍛えられるのだ。

       

          ☆          ☆          ☆

では、まず検索ワード・ランキング。これは、1つの単語(ワード)ごとに集

計したものだ。実際には、他の単語と組み合わせて、「フレーズ」で検索

する人の方が遥かに多い。ただ、フレーズだと組合せ方がちらばり過ぎ

て、結果が分かり辛くなる。それに対して、ワードだと一目瞭然だったり

するのだ。

           

   1位   神の雫  

   2    ブザービート

   3    自転車

   4    打ち切り

   5    テンメイ

   6    エコナ

   7    発がん性

   8    ドラマ

   9    ガリレオ

  10    パソコン

  11    バッテリー

  12    最終回

  13    山下智久

  14    リフレッシュ

  15    山P (半角のPの大文字・小文字も込み)

    

堂々、第1位に入ったのは、「神の雫」。これは1年前の冬ドラマだから、

時期的にも年間データを集計する際に有利だし、ウチが力を入れたドラ

マのタイトルだから、納得の結果だ。計9000回強の検索アクセスが入っ

てる。2位、3位は、『ブザービート』で山Pが乗ってた自転車の車種を問

うアクセスによるもの。

                 

4位は『雫』の打切問題の関連。5位は私だ♪ ちなみに、春以降はドラ

マ関連記事を大幅に減らしてるので、「テンメイ」の検索も減っている。

今後は他の内容でも「テンメイ」を売り出して行こう。6位、7位は例の花

王エコナ問題の関連。他には、2年前の連続ドラマ「ガリレオ」が健闘し

てるのが嬉しいね。流石、ウチを代表する記事だ。

              

        ☆          ☆          ☆

続いて、検索フレーズ・ランキングの発表。1単語による検索も含めて

実際にどんな検索でアクセスが入ってるかを示すものだ。ワードもそうだ

けど、フレーズの場合は特に、検索サイトのランク付けが大きく関わって

来る。特に Google はウチの記事全般を高く評価してくれてるので、先

日お歳暮を贈っといた(ウソ)♪

          

   1位   神の雫 打ち切り

   2     テンメイ   

   3     エコナ 発がん性 

   4    ブザービート 自転車

   5    パソコンを軽くする方法

   6    シャトー・ル・ピュイ

   7    藤木直人

   8    山下智久

   9    ピッチ走法

  10    ガリレオ 数式

     

う~ん、もう時間だから10位で止めよう。って言うか、これ以降は数字が

バラけ過ぎてて混戦状態。面倒だし、結果がピンと来ないのだ。ここでも

圧倒的に強かったのは、「神の雫 打ち切り」。例の打ち切り記事へのア

クセスで、計4500アクセスほどだ。「テンメイ」単独の検索が2位ってい

うのは嬉しいね♪ 刻々と順位は変わってるけど、Yahoo!、Google共

に、「テンメイ」単独で検索するだけで、1位か2位にウチが出てくることが

多い。小市民的自慢かよ!

                       

それ以降で目立ってるのは、6位「シャトー・ル・ピュイ」(『神の雫』の究

極のワイン)と、7位「藤木直人」、9位「ピッチ走法」かな♪ ワインファン

の多さ、藤木ファンの多さ(ウチの読者の中で)が分かるし、「ピッチ走

法」ということは、短い歩幅で小刻みに歩数(ピッチ)を増やして走る市

民ランナーが多いってことだろう。

       

         ☆          ☆          ☆

去年はドラマ関連記事を大幅に減らしたせいで、ワードもフレーズも、

ごく一部を除けば、かなりバラけた感じがある。おそらく今年もそんな感

じになるだろう。そうなると、虎視眈眈と1位を狙ってるのが「テンメイ」と

いうことになる♪ 1年の目標はそれにしようかな・・・って、どんだけ~

小市民ブロガーなんや!

    

という訳で、今日の所はこの辺で。。☆彡

| | コメント (0)

眠気と闘いながら仕事始め&短距離ラン

(3日) RUN 5.6km,26分49秒,心拍153

超~眠い。。仕事中に寝そうになったわ・・・って言うか、サボリそうになっ

ちゃったわ (^^ゞ 1月4日の朝からマジメに仕事したのは久し振りだよ

な。単にカレンダーの曜日の並び方だけじゃなくて、やっぱり色んな意味

で厳しい時代になってるって事だろう。

          

疲れで、帰りの電車は熟睡した・・・と書きたい所だけど、実は浅くて断続

的な眠りしか出来なかった。空いてる電車で、たまたま隣に魅力的な女

性が座ってたから、気になって熟睡出来なかったのだ♪ ウブな高校生

かよ! いやぁ、マジでお年玉をもらった気分だね☆ って言うか、やっぱ

電車は空いてたな。まだ仕事始めじゃない人が多いんだろう。羨ましい!

そう言えば、受け取った年賀状にも、1月5日まで休みとか書いてあった。

      

年賀状と言えば、今年は不思議なほど、みんな「気分新たに頑張ってま

す」って感じの内容の言葉を書き添えてた。1年に1回、年賀状をやり取

りするだけの関係になってても、「あぁ~、あの人がそうゆう事に気合入

れて頑張ってるんだ」とか思うと、こっちも負けずに頑張ろうって気に

るね。私もここ1年くらい、大きな目で見ると、心身共に元気がいいんだ

けど、周りのみんなも元気がいい。まあ、冷めた目で見るなら、「元気い

いよ」とアピールしたいお年頃なのかも。自分も含めてネ♪

      

        ☆          ☆          ☆

・・・とか書いてる内に、また目が閉じて来ちゃったわ。毎年、正月は寝不

足だよなぁ。パッと書きあげて、早めに寝よっと♪ 今日はブックマークで

トップページとかにアクセスしてる方が増えてるから、常連さんが休みか

ら戻って来てるんだろうけど、ネタを探してコメントする元気もない。大晦

日の格闘技で負けた石井の「雲隠れ」とか、再び箱根駅伝の話(東洋大・

連覇、駒大復活、日大惨敗etc)とか、ネタは豊富なのになぁ。。

        

で、私は昨日、旅先でちょっとだけ走ったのだ。箱根駅伝・復路の10区

を見ながら、パパッと準備して速攻で近くの公園へ。ここは大きさも適度

だし、田舎のノンビリした雰囲気を醸し出してて、気分転換にはGood♪

前日に続いて、珍しく芝土の上を選んで1周走った後、すぐに帰ってシャ

ワー&支度。遥か彼方の旅先から家まで、一生懸命戻らなきゃいけない。

      

僅か5.6kmの走りは、1km4分47秒ペース。遅っ・・・! ま、アップも

込みだし、苦手な真昼間の走りだから良しとしよう。普段走るのは、基本

的に夜、たまに朝があるだけで、太陽の光を浴びながら走ることは珍し

いのだ。我ながら、感心しないね。レースも夜やってくれれば、遥かにい

いタイムが出せると思うけどな♪ 特にフルマラソンとか。

    

ともあれ、お正月気分も今日で完全にさよなら。明日から、普通に頑張

るとしよう。心拍は珍しいほど乱れてたので、適当に修正しといた。原因

は不明。フーッ、何とか記事をアップできたね♪ ではまた。。☆彡           

      

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.ボルトが男子100m世界新記録を出した時、最後の1歩のストラ

    イド(歩幅)は3mもあったことが、日本陸連科学委員会の分析で

    分かったそうだ(読売新聞)。身長1m96cmとはいえ、バカでかい

    ストライドだなぁ。。。。

      

往路(1.8km)    8分59秒  平均心拍141

1周(1.57km)    7分17秒        157

2周(0.43km)    2分20秒        156

復路           8分14秒        159

計 5.6km 26分49秒  153  最大心拍166(ゴール時)

| | コメント (0)

紅白歌合戦、格闘技Dynamite、箱根駅伝&初ラン

RUN 14.6km,1時間11分41秒,心拍153

あぁ、もう正月3ヶ日が終わろうとしてる。4日から仕事だと慌しいなぁ。

ハッキリ言って、正月の方が普段より忙しかったくらいだ。テレビをまっ

たり流し見する時間は増えるんだけど、ペチャクチャ大勢で喋ったり、

途中であれこれ用事が入ったりするから、あんまし見た気がしない。

        

そんな中でも一応、紅白歌合戦、格闘技Dynamite、箱根駅伝は、それ

ぞれ3~4割ずつくらい見た。紅白は、最初の浜崎あゆみがちゃんと歌

えるかが心配だったから、そこでまず一安心。年末にまたちょっと騒が

れた後だったしね。その後はAKB48やGIRL NEXT DOORに軽く萌

えたり、知らないアーティストの名前と曲を覚えようと頑張ったり♪ 我な

がら終わってるわな ^^; あれこれ手を出してる中、音楽が一番犠牲に

なってるのだ。

    

SMAPのマイケル・ジャクソン特集、矢沢永吉の特別出演も良かったけ

ど、スーザン・ボイルはやっぱ存在感あるな☆ 歌の上手さって言うより、

はっきり言ってあの容姿が圧倒的 ^^ 歌声だけで勝負するCDがどれほ

ど売れてるのか、ちょっと気になる所。わざわざ日本に来て、紅白以外

の活躍が無いのは気の毒だね。小林幸子の衣装はともかく、後のでっ

かい顔のハリボテがかなり笑えた♪ 演歌歌手って言うより、エンター

テイナーか。

      

で、最後はドリカム・吉田美和の太腿をたっぷり見せ付けられた後、ど

う見ても白組の勝ちなのに、紅組の仲間由紀恵が「大丈夫ですよね?」

と周囲に確認する姿が涙を誘う ^^ 日本野鳥の会の助けも借りず、電

光掲示板であっさり白組優勝決定。その後は、私が一番好きな『ゆく年

くる年』をボーッと味わった。あれ、1時間番組でもいいな☆ 毎週でも

いいネ・・・って、意味ないわ♪

     

一方、格闘技の方は、魔裟斗vsアンディ・サワーの引退試合もそれなり

に緊張感を保ってたけど、吉田vs石井の柔道王対決が刺激的だった。

最初はすぐ吉田がKO勝ちかと思ったのに、石井が意地の粘りを見せ

て、結局は判定。負けて大ショックの石井、今後のリベンジが楽しみだ

ね。打撃をもっと鍛えなきゃ! ただ、一言突っ込むなら、2人とももう

ちょっと身体を絞った方がいいと思うけど♪

      

おっと、もう時間だ。箱根駅伝はもう、5区の東洋大・柏原の激走に尽き

るだろう。風もあって、顔だけ見てるとかなりしんどそうなのに、プックラ

ふくらんだ太腿でグイグイ進んでいく。後傾すぎて下手だと瀬古も言って

た下りも、大して問題なくクリアして、最後はガッツポーズで記録更新☆

あっと言う間に、日本人学生のトップに君臨しちゃったね。

    

ちなみに今、最終区の途中だけど、東洋大がそのまま1位をキープ。山

の神・柏原さまさまだろう。他は、特に目立つ出来事もなく、湘南&箱根

の風景を楽しむ映像って感じの正月番組になってた。それにしても、沿

道の応援はホント凄いな。。

   

       ☆          ☆          ☆

で、私の方は、柏原のゴールを見た後、正月料理で重~い身体を引き

ずるようにして、近くの公園へ。普段と違って、1年に1、2回しか走らな

い公園だから新鮮味があるし、真っ昼間に走るだけでも私にとっては

面白いんだけど、食べ過ぎなのか、胃が苦しくてサッパリ進まない。珍

しく、柔らかくて気持ちいい芝土の上を走ったりしたのも、スピードに影

響したんだろう。

     

ランナーはほとんど私一人だけで、後はお散歩の人とかキャッチボー

ル、あるいは家族連れのお遊びとか、凧揚げ♪ 好天で適度な風もあ

るから、凧も気持ち良さそうに天を舞っていた。そんなお正月モードの

中、私も何とか最低限の距離を走りきって帰宅。寝不足だから、シャ

ワーの後はすぐにお昼寝♪ この辺りのノリが、正月らしくてイイ☆

       

結局、トータルでは1km4分57秒ペース。遅っ・・! そのわりに心拍

も高いな。ま、新年2日から走っただけでも良しとしよう。ちょっと右脚

の付け根が痛んだのが気になるかも。3年前に痛めて以降、完治する

ことはない。特に冬の走りこみの時、おかしいんだよな。これから東京

マラソンまで、何とかごまかすしかない。心拍は補正なし。ではまた。。☆ 

     

往路(1.8km)    9分46秒  平均心拍136

1周(1.57km)    8分05秒       142

2             7分55秒       145

3             7分46秒       148

4             7分38秒       153

5             7分20秒       155

6             7分19秒       158

7             7分10秒       162

復路           8分42秒       161

計 14.6km 1時間11分41秒  153  最大心拍164(周回ラスト)

| | コメント (0)

2009年、記事別アクセス・ランキング

正月に何が大変かって、ブログの更新ほど大変なことはないね ^^;

色んな意味でものすごく不自由な環境の中、あれこれ調べて書くのは

大変だから、年末にあらかじめ準備しとこうと思ってたのに、急に映画

ガリレオ 容疑者Xの献身』が入ったから、予定が狂ってしまった。

   

そんな中、今年も頑張って調べた、ウチの前年の記事別アクセス・ラン

キング。4ヶ月単位のデータを自分で3回分足し算しなきゃなんないんだ

けど、あんまし頑張った記事には見えないだろうな (^^ゞ ま、ブロガー

しての、1年のけじめなのだ。

                 

       ☆           ☆           ☆

去年(2009年)は、ドラマ関連記事を大幅に減らしたんだけど、やっぱ

りドラマとか芸能人の人気は特別。だから、ドラマ関連とそれ以外とで、

まず別々にベスト10を出してみた。その後で、両方合わせた総合ラン

キング・ベスト10を掲載した。すべてリンク付きなので、興味のある方、

懐かしいと思った方は、クリックですぐ読める。本当の1位は、断トツで

トップページだけど、これは別扱い。以下は、あくまで個別の記事のペー

ジ別「訪問者数」と「アクセス数」(ページビュー)をもとに判断したものだ。

         

それではまず、ドラマ関連のベスト10を発表。

    

 1  亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

 2  『ブザー・ビート』第1話、山P=山下智久の自転車の車種

 3  男のビート、女のメロディー~『ブザー・ビート』第1話

 4  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ルピュイ(神の雫)

 5  山Pの新ドラマ『ブザー・ビート』記念、再び荒川の聖地巡礼♪

 6  『神の雫』第1話、軽~い感想♪ 

 7  『ブザー・ビート』の相武紗季(菜月)は肉食女子なのか♪

 8  桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話

 9  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回

10  『MR.BRAIN』最終回、軽~い感想♪   

     

う~ん、何とも苦笑を誘われる結果だなぁ。本格的レビューよりも上に、

情報記事が2つ並んでる。1位の『雫』の打ち切り記事は、検索サイトで

も高くランクされたし、あちこちの亀梨ファンサイトとかで話題になったお

かげだ。軽い記事だけど、しっかり根拠を調べて自分で考えてる内容だ

から、ウチらしいとも言える。ほぼ1年後の今でも、毎日のようにアクセ

スが継続中。訪問者数、約7500。アクセス数、約8500だった。

         

2位は完全に狙いが当たった記事♪ 検索サイトで1位にもなって、大量

の山Pファンが押しかけた結果だ。3位も同様。4位は、意外なほど多い

ワインファンの熱意を表してる。5位は山Pと自分のサイクリングを結びつ

けたアイデア記事。10位にようやくキムタク=木村拓哉が登場。ただ、実

は11位もキムタクの『ロング・バケーション』第1話レビュー。関東ローカ

ルの再放送をわざわざ録画して見た甲斐があった。あの頃の山口智子

はホントに光ってたね。。

      

        ☆           ☆          ☆ 

続いて、ドラマ関連以外のベスト10を発表。

   

 1       花王エコナ・発がん性問題、週刊現代の記事と返品方法

 2   動きが超~重いパソコンを軽くする方法☆

 3   ノートPCのバッテリーをリフレッシュで回復させる方法

 4   右クリックもボタンも使えない画像の保存方法

 5   携帯メールをPCに保存して見る方法

 6   女性向け自転車雑誌『smile cycle』はオシャレ♪

 7   バイクZZR400のタイヤ交換

 8   イプシロン・デルタ(ε-δ)論法による極限の定義

 9   ドーナツ(3次元円環=トーラス)の体積

10   OR(オペレーションズ・リサーチ)~理系の鳩山新首相の専攻 

          

これは全く読めない結果になった♪ 1位のエコナと10位の鳩山ORは、

ある程度アクセスが入ると思ってたけど、2位から9位までは意外なほ

どの健闘。デジタル関連の強さも際立ってるし(2~5位)、女性の自転

車ファンが増えてることもわかるけど(6位)、特に素晴らしいのは8位と

9位のマニアックな数学記事。数学ファンは結構いるし、ネット上でまだ

あまり語られてない数学的内容も色々あるな、と確認できた。今後も、

数学や物理など、理数系の記事には力を入れる予定だ。

                

          ☆          ☆          ☆  

それでは最後に、いよいよ総合ランキングのベスト10を発表しよう。

     

 1  亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について 

 2  花王エコナ・発がん性問題、週刊現代の記事と返品方法

 3  『ブザー・ビート』第1話、山P=山下智久の自転車の車種

 4  男のビート、女のメロディー~『ブザー・ビート』第1話

 5  動きが超~重いパソコンを軽くする方法☆

 6  ノートPCのバッテリーをリフレッシュで回復させる方法

 7  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ルピュイ(神の雫)

 8  山Pの新ドラマ『ブザー・ビート』記念、再び荒川の聖地巡礼♪

 9  『神の雫』第1話、軽~い感想♪

10  右クリックもボタンも使えない画像の保存方法

     

まさかまさか。ドラマの打ち切り情報の考察が年間ベスト1になるとは、夢

にも思わなかったな。亀梨ファンの熱意の賜物か、あるいは虐げられた

怨念と言うべきか♪ 『ヤマトナデシコ七変化』ではそんな事のないよう祈

りたいけど、場合によってはまた似たような記事を書くことになっちゃうか

も。ま、それよりは学問系の記事を上位に持って行きたいと思ってる。そ

れにしても、これならドラマ系とそれ以外を分ける必要もなかった感じだ。

ま、分けた方がわかりやすいから、良しとしとこう。

                      

ちなみに今は、まったりと『箱根駅伝』往路の様子を見てる所。ちょうど、

東洋大の「山の神」、柏原のゴボウ抜きが始まったばかりだ。

それでは、また。。☆

| | コメント (0)

謹賀新年 2010

100101   

  

  

  

  

  

  

  

   

     

       謹賀新年

正月早々、「キレイな夕日だなぁ・・・」とつぶやいた、そこのあなた!

なかなかいいボケだ♪ どうもありがとう。お礼に、「初日の出だろ!」

と突っ込んで差し上げよう。ちなみに写真は、いつもの所からエイチさ

んに頂いた。これまた、どうもありがとう☆

        

年初から妙に軽いノリでスタートしたのは、眠いからなのだ。熱心な

常連さんなら、本格的レビューの終盤とか、私が眠くなって来ると、妙

な軽口を叩くクセがあるのを思い出すだろう。

       

どうして眠いかって言うと、昨夜は紅白歌合戦と格闘技Dynamiteを

見て、さらにデザートとして、ゆく年くる年を見たからだ・・・って、ウソ、

ウソ♪ 実は今、12月31日の早朝で、徹夜で色々やった後、力を

振り絞ってさらに、正月分の記事を書いてたわけ。正月は自由がき

かないから、仕方なく「予約投稿」のシステムを使ってるのだ。ライブ

感覚が無くなるから、1年に2回くらいしか使うことはない。

        

      ☆           ☆          ☆

100101b さて、去年はウチにとって、大き

 なターニングポイント(転回点)と

 なった。ドラマ関連記事を大幅に

 減らして、学問系の記事を増やし

 たのだ(運動や仕事の時間も増

 やしてる)。

 文学記事も結構書いたけど、

 本は数学・物理と精神医学の二

 本立て。数学記事は意外なほど

 のヒットになってるし、精神医学

もかなり読まれてる。今の所、ハズレ気味なのは物理だけ。

                

要するに、内容が斬新過ぎて伝わらないってことだと思うから、むしろ

喜んでいいことだろう(ポジティヴ・シンキング♪)。まあでも、ほとんど

の人は、普通の考えに基づいたやや高度な知識を求めてるようだから、

多少合わせてもいいとは思ってる。とりあえず、読者数や検索サイトの

ランクを確保しなければいけない。

       

アクセス解析を見る限り、昔からのドラマファンの方々は姿を消しつつ

あるんだけど、それは仕方ないと諦めてる。今までの記事のバランスが

おかしかったから、修正してるだけのこと。時にはドラマ関連記事も書く

わけだから、たまに思い出してくれるだけでも十分だ(と言っとこう♪)。

                    

とにかく今年も、去年の春以降の流れに沿って、基本はスポーツ&日

記・世評週に1回くらいは学問系2~3週間に1回くらいはドラマ・芸

能関連って感じで頑張って書くつもり。いつまで続くか相当怪しいけど、

可能な限り、毎日更新にチャレンジしたいと思ってる。もちろん、最優

先なのは仕事だし、2月末までは東京マラソン初挑戦に向けて気合を

入れる予定だ(上の浅草・仲見世の写真はヒロさんからの頂き物♪)。

             

という訳で、残念ながらもう時間が無くなってしまった。

それでは皆さん、今年もどうぞ宜しく♪☆彡

     

                       2010年 元旦   テンメイ

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »