« 僅かな積極的休養ラン&『コード・ブルー2』第1話 | トップページ | 間寛平、前立腺がんでもアースマラソン続行☆ »

『ためしてガッテン 女性の最強ダイエット』で走る時間を喪失・・

RUN 10km,49分14秒,心拍146

ブルブルッ・・寒っ!。。友人からテレビに出るから見てってメールが急

に入ったから、帰宅してすぐテレビを付けたら、小沢一郎の強制捜査

ニュースで番組変更 (^_^; すぐ消すのもバカバカしいから、眠気でボーッ

としながらNHKを流し見してたら、「挫折なし!失敗なし!女性の最強

ダイエット」なんて番組タイトルが登場。15年目を迎えたらしい人気番

組『ためしてガッテン』で、見るのは梅雨時のうつ病特集以来のことだ。

                

以前の「計るだけダイエット」(朝晩体重を測ってグラフに記録)が大好評

だったけど、女性には失敗した人が多かったから、女性特有の太る原

因とその対策を調べようってことになったらしい。

           

簡単に結果をまとめると、原因の一つは女性ホルモン(エストロゲン&プ

ロゲステロン)の働きで、甘いものを好んで皮下脂肪を蓄えるようになっ

てるとのこと。もう一つの原因はで、女性はコミュニケーション能力が

高く協調性に長けてるから、友人とのお喋りで食事も進むという説明だ。

       

女性ホルモンはともかく、男性脳・女性脳って話は評判の悪いトンデモ系

の話に聞えてしまうから、どの程度まで真に受けていいのかビミョーな情

報バラエティーではある。根拠となるデータや論文を明示してないことや、

実験に人間ではなくラットを使ってるのは、差し当たり見逃してもいい。

でも、論理的な最大の欠点は、「女性には太りやすい要素があるから、

女性の方がダイエットに失敗しやすいという議論の組み立て方。科学

的説明としては非常に不十分だ。

     

と言うのも、当然、女性にも太りにくい要素は探し出せるはずだし、逆に

男性にも太りやすい要素はあるはずだからだ。したがって本来は、男女

の身体や遺伝子をトータルで見て、女性の方が太りやすいことを説明す

る必要があるけど、それはかなり難しい。実際、痩せてる女性もダイエッ

トに成功する女性も大勢いる。そもそも、男女の身長の差を割り引いた

としても、女性のウエストは同年代の男性と比べて特に太くはないし、体

重も特に重くはないはずだ。

         

まあ、そうは言っても、所詮はテレビのバラエティーであって、そうゆう意

味では面白く出来てた。特に、女性ホルモンを擬人化したエストロゲンちゃ

んとプロゲステロンちゃんがちょっとだけ可愛くて、寸劇もどきの説明をつ

い真面目に見てしまったほど♪ 

        

今週のダイエット法は結局、女性の生理のリズム(=ホルモンの周期的

変化)に合わせて行えばいいってお話。つまり、生理後の10日間はエス

トロゲンの増加で体重(内臓脂肪)が減りやすいから、有酸素運動も取り

入れてゆっくり減量生理前の10日間は、プロゲステロンの増加で体重

(皮下脂肪)が増えやすいから、現状維持。この繰り返しで、右下がりの

階段状に体重を落とすわけだ(下降→維持→下降→維持→・・・)。

       

来週は続きで、たった10秒で空腹感を無くす方法を伝授してくれるとの

こと。時間があれば、そこだけ見ようかって気にもなる。でも、まんまと乗

せられるのも悔しいから、後で公式HPをチェックするだけにしようかな。。

                   

          ☆          ☆          ☆

で、元々寝不足と疲れでボーッとしてたのに、ついテレビを見てしまった

から、完全に走る気力が無くなってしまったわけ (^^ゞ よっぽど、走るの

は止めて『ガッテン』だけでブログを更新しようかなと思ったけど、昨日は

走れなかったし、一昨日も僅か8kmだから、渋々近所の公園へスタート。

完全にボーッとしたまま、10kmだけガマン大会を行って来た。

       

トータルでは1km4分55秒ペース。超~遅っ! こりゃ、悲惨だな。道

理で呼吸が全く乱れなかったはずだわ。でも、脚は結構重かったなぁ。

調子が落ちてるのか、あるいは疲れてるだけなのか。ともかく、明日も

走らなきゃマズイね。

         

走るだけじゃなくて、「計るだけダイエット」も併用した方がいいかも♪ 

またチョコクッキーとか買っちゃったもんなぁ。悪いのは女性ホルモンだ

・・・って、男だろ! 低温で乾燥してたせいか、心拍は低めだったから、

高めに補正しといた。今夜の最低気温はマイナス2度。。ではまた ☆彡

                  

往路(1.15km)   6分54秒  平均心拍124

 1周(1.1km)   5分56秒        141      

 2周          5分39秒        143

 3周          5分22秒        145 

 4周          5分14秒        148 

 5周          5分06秒        150

 6周          5分03秒        152     

 7周          4分55秒        154

復路           5分10秒        155

計 10km  49分14秒  平均心拍149 最大164(復路の坂)

     

      

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.『女性の最強ダイエット 完結編』が翌週1月20日に放映された。

    注目の、たった10秒で空腹感を消す裏技とは、その場ダッシュ

    20回。運動や興奮によって、アドレナリンが分泌され、肝臓の糖

    が血液に流れて血糖値が上がり、脳が勘違いして空腹感が消え

    るとのこと。

        

    これは確かに一理あると思う。ただ、その場ダッシュ20回を行う

    ことが可能な人(元気のいい専業主婦とか)でないと実用的じゃな

    いし、継続出来ずにすぐリバウンドしそうな気もする。。

|

« 僅かな積極的休養ラン&『コード・ブルー2』第1話 | トップページ | 間寛平、前立腺がんでもアースマラソン続行☆ »

「ダイエット」カテゴリの記事

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 僅かな積極的休養ラン&『コード・ブルー2』第1話 | トップページ | 間寛平、前立腺がんでもアースマラソン続行☆ »