« 首都圏の高層マンションで広がる自転車シェアリング | トップページ | 集合論における自然数の表記と計算 »

女性モデルのぽっちゃり体型は許容される時代としても・・

RUN 17km,1時間18分28秒,心拍152

『やせ』全盛 待った 米ファッション界」、「モデル写真『修正』に批判」、

ぽっちゃりヌードで訴え」、「拒食症・うつ病・・・ 細身願望 悪影響指摘

」。正月明けの体重オーバーを身にしみて感じてた私の目に、こんな見

出しの朝日新聞の記事が飛び込んで来た(2010年1月6日・朝刊、山中

季広記者)。そこには、奇妙なほど痩せたモデルの写真と、逆に下腹部

や太腿がプヨッとたるんだモデルの写真が並んでる。

        

行き過ぎた「細め」志向を見直す1つの大きなきっかけになったのは、

のデパートで使われたラルフ・ローレンのポスター。専属モデル・ハミ

ルトンの全身写真をデジタル加工して、頭より細いウエストを作り出した。

これがネットで欧米に伝わり、やりすぎだと批判され、ラルフは謝罪&釈

明。ところが、当のハミルトンは、178cm・55kgのスタイルが太すぎる

という理由で解雇されたとの事。

                   

その写真を見ると、どう見ても不自然だから、ハッキリ言って加工が下

手だと思う。ただ、それよりも驚いたのは、モデルのぜい肉は写真加工

で消すのが半ば常識になっていたという、朝日の説明だ。私も、加工す

ることがあるという話は知ってたし、簡単なのは分かるけど、常識とまで

言われるとエッと思う。それは言い過ぎって言うか、ミスリーディング

(誤解を招く)表現じゃないかね。

                 

と言うのも、東京モーターショーのコンパニオンとか、乗鞍・美ヶ原のヒル

クライムのレースクイーンを直接見ると、実際に相当細いからだ。と言う

より、写真以上に実物の方が細く感じた。身近なレベルのモデルでさえ

そうだから、まして洋服を魅力的に見せるためのファッションモデルなら、

本当に細いのは間違いないだろう。だから、「もしモデルのぜい肉が目

立つ場合には、そこだけ加工する」と書く方が正確だと思う。

        

いずれにせよ、修正するかしないかに関わらず、かなり痩せたモデル

(の写真)が優遇されてるのは間違いない。これは主として、男女の美

的感覚の違いかな、と思ってたけど、少なくとも英米では、女性の側で

も異論が勢いを増してるようだ。

     

ハミルトン事件と共に1つのきっかけになったのは、女性誌『グラマー』

に昨秋掲載された、モデル歴4年・180cmのミラーの写真。ぽっちゃ

りした下半身をそのまま見せたセミヌードを公開して、90年代以降の

米国の極細志向に異議を唱えてる。英米のメディアの反響は大きくて、

わりと好意的なようだ。

      

私も以前から、モデルの体型とか女性のやせ願望はちょっと行き過ぎだ

と思ってるけど、このミラーの写真はどうだろう。逆向きの行き過ぎのよ

うな気もするけどネ。日米の差はあるだろうし、お腹がちょっとタルんでる

くらいは許容範囲だろうけど、この太腿だとスリムなパンツやミニスカート、

あるいはショートパンツの類は苦しいだろう。明らかに、男の三流市民ア

スリートの私よりも遥かに太いのだ♪

     

彼女より痩せてる私でさえ、もっと痩せなきゃと気にしてるくらいだし、先

日宮崎女子ロードレースで優勝した勝又美咲も、5キロ絞ったとのこと。

練習パートナーを務めた、世界選手権・銀メダルの尾崎好美に刺激を

受けたらしい。と言う訳で、ここ数日は食べるのをちょっとだけ控え目に

して運動量を増加。おかげさまで、少し年末の体型に戻りつつあるよう

な気もする♪

         

モデルに限らず、単に美的感覚の問題としての痩せ過ぎなら、意識改

革すれば済む話とも言えるけど、アスリートの場合、余分な脂肪は邪魔

な重りでしかない。しばらく、お菓子やお餅をガツガツ食べるのは控える

ことにしよう・・・って、そりゃ当たり前か♪ 最近、豆餅が美味しくてね。。

             

         ☆          ☆          ☆

理屈や社会情勢はともかく、私は昨夜もマジメに走ったのだ。前日まで

ハーフ、12kmと重たい身体で走って、意外なほど疲れてないから、また

ハーフでもゆっくり走ろうかなとも思ったけど、自重して17kmに。先月半

ばからちょっとずつ距離を伸ばしてるせいか、たまに左の膝がミシッとす

るのだ。故障すると全ての努力が水の泡になることを考えても、ちょっと

控え目なくらいで丁度いいだろう。

             

前日と同様、1km4分50秒くらいでいいなと思って、お散歩モードで走っ

てると、ハーハーゼーゼー言うランナーが後ろから抜いて来たので、反

射的に追走♪ 一気に4分10秒ペースくらいまで上がったけど、1周で

消えたから、またスローダウン。そのまま、お遊び気分で流してたら、また

そのランナーが急に抜いて来たから、再び追走。今度はすぐに消えたか

ら、再びスローダウン。

       

そうゆう訳で、昨夜の私のペースはメチャクチャになったわけ。いや、単

に自分が追走しなけりゃいいんだけどネ♪ トータルでは1km4分37秒

ペース。ふ~ん、あれだけ適当に走ってもこのペースか。着実に地力は

上がってるな。全体として心拍は低かったし、心肺的にも余裕だったしね。

     

今夜は諸々の事情でおそらくサボると思う。心拍は往路のみ、高過ぎた

から補正。多分、全般的にはもう少し高かったと思うけど、それにしても

楽勝の走りだった。最近また、ココフラッシュのランキングに無視され続

けてるから、またニフティにクレームつけようかな♪ ではまた。。

                

  往路(2.45km)    12分20秒  平均心拍134         

  1周(2.35km)    10分32秒        151      

  2周             10分35秒        158      

  3周            10分42秒        156

  4周             11分07秒        151 

  5周            10分43秒        154

  6周(0.35km)     1分46秒       155

  復路               10分44秒         149

計 17km 1時間18分28秒 心拍152(83%) 最大175(2周目)

|

« 首都圏の高層マンションで広がる自転車シェアリング | トップページ | 集合論における自然数の表記と計算 »

「ダイエット」カテゴリの記事

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首都圏の高層マンションで広がる自転車シェアリング | トップページ | 集合論における自然数の表記と計算 »