« 週刊文春の亀梨評の後、『ヤマトナデシコ七変化』第3話を見て | トップページ | 10年1月の全走行距離 »

東京マラソン2010、参加案内到着☆

RUN 21.1km,1時間34分17秒,心拍159

妙に温かく感じるのは、微熱のせいばかりでもないだろう。普段と同じ感

覚で暖房を使ってると、暑くて頭がボーッとして来るほど。こうゆう時に、

ホントは自転車に乗っとくといいんだろうけど、今日は色々と用事が溜まっ

てたから、その余裕はなし。

     

例えば、毎年恒例のスキー&スノボツアーをどうするか、あれこれ調べ

て考えるだけで、アッと言う間に時間が経つ。ネットが普及する前だと、

スキー場のガイドブックとか雑誌をサラッと見て、後は格安ツアーのパ

ンフレットを見れば決定だったのに、今だとあちこちネットで調べちゃう

から、逆に時間がかかってしまうのだ。

      

とりわけ、クチコミ情報とかレビューなんてものを丹念にチェックしだす

と、いくらでも時間がかかってしまう。まあ、意外にどこも、しぶとく営業

てるみたいだネ。正直、ここ2年でもっと寂れるかと思ったな。あまり使

われないリフトが廃止されてる程度なら、許容範囲だろう。

           

        ☆          ☆          ☆

100130b_3

 さて、今日の記事のタイトルは

 「東京マラソン1ヶ月前、心地良

 くハーフ♪」とでもしようかと思っ

 てたら、ポストにクロネコメール

 便で、東京マラソンの参加案内

 が届いてた。こうゆう時、まず最

 初に思うのは、「ブログのネタが

 出来た」ってこと♪ 毎日更新の

継続っていうのは、ネタ探しの連続でもあるのだ。それにしても、かなり

早めの発送だね。全国規模の巨大な大会だからってことかな。

         

で、案内の中身はと言うと、ナンバーカード引換証、上の写メの「参加の

ご案内」がメイン。ご案内は、荒川マラソンやかすみがうらマラソンと比

べても、かなり丁寧に作られてて、読むのがダルイけど、感心したのは

確かだ。流石、飛び抜けて高い参加料(1万円)を取るだけの事はある♪

     

って言うか、参加人数が多くて都心だし、メディアその他の注目度も高

いから、万全の処置が必要なんだろう。気象状況とか救護所の位置、

スタッフのウェアまできっちり書かれてるし、地図もしっかり掲載されて

いる。まあ、マジメに全部読む人がどのくらいいるかは怪しいけどネ。

         

100130_2

 ちょっと恥ずかしい

 けど、華やかでいい

 なと思ったのは、使

 い道がよく分からな

 い書類ファイル。左

 上のピンクの帽子を

 かぶった女の子が可

 愛いねって、アブナ

 イわ♪ 

     

 上空にはヘリや飛行

 機が飛んでるんだけ

ど、やっぱり中心は東京メトロ(=都心の地下鉄)。裏側には、「東京を

走らせる力」と書かれてる。なかなか上手い広告だね。駅の乗り換えマッ

プとか、毎月のお知らせ冊子もしっかり同封されてた。

    

後は、色んな企業の関連パンフレットがぞろぞろと、東京マラソンEXPO

の案内と、健康チェックリスト。エキスポって、受付だから、わざわざ東京

ビッグサイトまで前日に行かなきゃなんないのか。ダルイよなぁ。ま、初

めてだから、色々見て、またブログのネタにしよう♪

      

で、ポストの案内を見た直後に、気合を入れ直して公園へスタート。最

近は、週に1回長距離をじっくり走って、あと1回ハーフを速めに走るの

がパターン。今夜は月末でもあるし、ハーフでそれなりのタイムを出しと

きたいと思って、往路から心拍計を細かくチェックした。微熱もあって、

心拍は高いんだけど、意外なほどしんどくなくて、問題は時計だった。

       

前半から久々にいい感じだし、呼吸はほとんど乱れてなかったから、こ

れは1時間35分を切れそうだなと計算。つまり、1km4分半を切るペー

スで行けそうだったこと。終盤になってもスピードはキープできたんだけ

ど、最近だと珍しく脚が疲れてしまって、ペースアップする余裕はなし

って言うか、そこまで頑張るつもりもなし。結局、中盤以降はイーブンペー

ス(同じ速度)を保った感じになった。

        

トータルでは1km4分28秒ペース。まあ、スタート前はもっと遅くていい

と思ってたから、十分な出来だろう。走り終わった後、腰が痛くなったの

は、腰高のフォームを保てたからだと思うことにする。これぞ、ポジティヴ・

シンキングだ♪ 心拍は往路のみ低めに補正。気温が高めだったから

か、あとの数値は正しかったと思う。明日はお遊びランで休養の予定。

ではまた。。☆彡

     

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.大阪国際女子マラソン小崎まり、日本人1位(総合3位)おめで

    とう☆ 冷たい雨の中、2時間26分27秒は十分なタイムだろう。

    38歳の小幡佳代子(日本人2位、総合5位)の2時間27分19秒

    も凄いし、36歳のシモン(総合4位)の2時間27分11秒も素晴ら

    しいね。。

     

  往路(2.45km)  12分22秒  平均心拍137

  1周(2.35km)  11分07秒        147        

  2周           10分32秒        160           

  3周          10分23秒        162  

  4周          10分12秒        164     

  5周          10分11秒        164  

  6周          10分08秒        165 

  7周          10分03秒        166     

  復路(2.2km)       9分19秒         163  

計 21.1km  1時間34分17秒 心拍159(86%) 最大170(ゴール時)

|

« 週刊文春の亀梨評の後、『ヤマトナデシコ七変化』第3話を見て | トップページ | 10年1月の全走行距離 »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊文春の亀梨評の後、『ヤマトナデシコ七変化』第3話を見て | トップページ | 10年1月の全走行距離 »