« 膝痛ごまかし手抜きラン&つぶやき♪ | トップページ | 平行線の公理(or 公準)を否定した、非ユークリッド幾何学のモデル »

バンクーバー五輪開会式、軽~い感想♪

(☆2012年7月28日の朝の追記: ロンドン五輪開会式の速報をアップ。

     ロンドン五輪開会式のプチ感想&朝練3日目・酷暑ジョグ  )

    

      

          ☆           ☆          ☆

素晴らしい☆ 近江谷杏菜の笑顔が♪ いやいや、バンクーバー五輪の

開会式全体が良かったけど、私の目線はつい、カーリングの近江谷と、

スノーボード・クロスの藤森由香を探してしまう。NHKの国際映像(?)だ

からか、近江谷は一応分かったけど藤森は分からなかったな。ま、近江

谷がイチ押しだからいいや。公式ブログの内容は藤森の圧勝だけどネ。

      

ちなみに、日本選手94人の内、行進に参加したのは40人だけとのこと。

後ろ側はみんな、スタッフ or お偉方だったらしい。おっと、藤森入院

ニュースを発見! 公式練習中のジャンプで強風にあおられて転倒、頭

を打ったとのこと。大事が無ければいいね。。

         

さて、左膝の具合がおかしいこともあって、今夜もランニングはお休み

そうなると、毎日更新のブロガーとしてまず考えなきゃならないのは、今

日の更新のネタで、たまたま冬季五輪の開会式の日だから、それで行

くことにした。五輪の開会式を、当日にそこそこ真面目に見たのは初め

てかも知れない。ま、夜放送の録画だけど♪

      

で、まずは先にNHKの夜7時のニュースからチェック。スノボ・ハーフパ

イプ代表・国母和宏の腰ばき問題(腰パン)がやたら大きく取り上げられ

てるのには驚いたけど、それよりもリュージュの死亡事故の方が遥かに

衝撃的! グルジアのクマリタシビリ選手、まだ21歳。時速150kmで

柱に激突する直前の映像は、見てるだけで顔をしかめてしまう。案外、

即死だから痛くはないのかね。五輪での死亡事故は非常に稀なことの

ようで、開会式でも弔辞と黙祷があったほど。関係者は対応に追われ

てるだろう。事故続発の高速コースは論外でしょ。

               

リュージュはまだ足から突っ込むからいいとして、頭から突っ込むスケ

ルトンなんて、ホントよくやるわな。最年長選手でもあるベテラン・越和

宏、危険でマイナーな競技をこれだけ続けてるだけでも凄いと思う。国

母と越、極端にイメージが違うけど、下の名前は同じなのか。。

          

        ☆          ☆          ☆

で、19時半からが開会式の録画放送。まず五輪番組用タイトルバック

がキレイだ☆ テレビに限らず、冬季五輪は、白く輝く雪と氷のイメージ

が至る所にちりばめられてて、イメージ的には夏季五輪より美しい。

     

式の開幕直前の航空映像&スノーボードも美しいんだけど、いかにも

り物って感じが玉にキズ。もうちょっと自然に出来ないもんかね。あるい

は、北京五輪の口パク&CG花火スキャンダルを受けて、わざと作り物

であることを強調したのかも。

     

その後、本物か偽装かはともかく花火があがって、赤いメイプルリーフ

の国旗入場、赤いドレスの女の子の熱唱(or 口パク)。16歳には見え

なかったな。ま、それはいいとして、そこからしばらく、巨大な「歓迎の像」

と共に、先住民族がものすごく大きく扱われてたのは意外だった。世界

を一つにつなげる祭典が五輪なのは分かるとして、これほど先住民を

強調した五輪が今まであったのか。。  

              

と思って、早速ネットを色々チェック。カナダの複雑な事情が少し見えて

来た。フランスに続いて、イギリスがやって来て、その後も色々あったわ

けね。ちなみに先住民達が会場に現れた時の大型モニターの文字は、

上がフランス語、下が英語。内容は、「開催地の先住民族(の共同体)

からようこそ」。この「開催地の」を示す単語(英語だと host)には、「主

催者側の」って意味もある。彼らに対して、最大限の敬意を払ってるわ

けだ。どうせなら、先住民の文字も映せば良かったのに。まさか全てが

無文字文化の世界ってわけでもないはずだ。

     

ちなみに、札幌オリンピック(1972年)の時に、アイヌがどう扱われた

のかと思ってネットを調べると、過激な断片的情報が少しあるだけ。あ

ちこちで似たような話が書かれてるから、ソース(情報源)も限られてる

んだろう。その辺り、まだまだ、研究とか共生への地道な作業が不足し

てるのかも知れない。って言うか、やっぱりネットは古い情報に弱いな。

    

          ☆          ☆          ☆

その後、いよいよ選手入場。お約束のギリシャからスタートする映像は、

正直単調だから、日本が登場するまではネットの検索が中心。ただ、各

国の先頭でプレート(これも上が仏語、下が英語)を持って入って来る

女の子はしっかりチェックした♪ モデルなのか、レベルが高い

    

みんな、いかにも冬って感じのモコモコした服装なのに、あのコ達だけ、

ミニのダウンコートからストッキングだけの美脚を出して、下はショート

ブーツ。寒そうにも見えたけど、実は屋内だから温かかったらしい。

                        

その女の子達だけ見てても、妙にアジア系が目立ってたのは、気のせ

いじゃなくて、特にあのブリティッシュ・コロンビア州って地域にはアジア

系が多いとのこと。別に、ワーキングホリデーで大挙押し掛けてるらし

い日本人の若者が、ボランティアでやってたんじゃない訳ね。

      

で、その後ようやく日本人選手団が入場。代表に選ばれる前から自分

で旗手に立候補したらしい岡崎朋美は、満面の笑顔。もう38歳なのに、

まだまだカワイイね♪ しかも飛び抜けた練習量でトップクラスを維持し

続けてるんだから、凄い選手だ。おそらく、太腿は私より遥かに太いだ

ろう。スケート選手は、自転車でも飛び抜けた能力を持ってるはず。で

も、ランニングはまたちょっと別なんだよな。

       

日本人選手団の中で、近江谷らしき顔をチェック(本橋麻里の2人右、

高木美帆の左前,観客席では日本選手団の左上)した後は、またテレ

ビを不真面目に流し見しつつ、ネットで検索。とはいえ、1人しかいない

とかは、内心ちゃんと応援してた。アルジェリア、ガーナ、ネパール

等々。僅かなスタッフと共にはるばるやって来るだけでも大変だろう。

       

バミューダなんて、ミスか何かで選手0人の入場 (^^ゞ 青山裕子アナ

ウンサーも一瞬言葉に詰まってたほど。最後は、これまたお約束の開

催国・カナダの入場で盛り上がって、後は延々とパフォーマンス&アト

ラクション。その後は挨拶があって、荘厳な聖火。めでたしめでたし☆

       

それなりに楽しめたし、よく作ってたけど、もう記事が長くなったから省略

しよう。会場中央に3つせり上がった聖火の台はカッコ良かったね。トラ

ブルでアームが1本せり上がらなかったのはオマケしとこう。あと、スキー

とスノボの格好をした真っ赤なダンサーが空中で舞うシーンは良かった

な。巨大な白くま、どうせならシャケを食べるサービスが欲しかったかも。

天井のオーロラ型スクリーンがクラゲに見えたのは私だけか♪ 

            

          ☆          ☆          ☆   

開会式終了後の22時半からは、「金メダル遺伝子」を探す、身もフタもな

い科学番組がスタート。遺伝子はドーピングにならないって所がミソだね。

生殖行為を通じたナチュラルなドーピングとも見れなくはないし、今後ます

ます遺伝子操作の研究は進むと思うけどな。倫理的基準をどうするか、

激しいバトルが展開されそうだ。

        

長距離ランナーとしては、陸上女子短距離(400m)のトップ選手・丹野

麻美が、遺伝子検査の結果を見て、より長い800mに挑戦し始めたって

話が興味深かった。私自身は多分、1500mくらいの中距離が一番合っ

てるような気がしてる。ま、市民アスリートとしてはどうしてもマラソン系に

なっちゃうんだよなぁ。

     

という訳で、今日の記事はおしまい。ではまた。。☆彡

    

     

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.朝日新聞(2月13日)朝刊、「私の視点」のコーナーに、「五輪と

    先住民 求められるのは理解と尊重」という意見投稿が載ってた

    (鎌田遵・研究員)。かなり思い入れの強い内容とはいえ、オース

    トラリア先住民・アボリジニーの問題を始めとして、事態の複雑さ

    はよく伝わって来た。。

    

P.S.2 最初の決勝種目、スキージャンプ・ノーマルヒル。伊東15位、

      葛西17位。う~ん、あんまし意外感がないのが辛い所。そ

      れより、モーグル・上村愛子の金メダルに注目。個人的には

      里谷多英もわりと応援してる。

       

P.S.3 朝日の14日の朝刊によると、あの先住民は4民族で作る

      「FHFN」というグループのメンバー。予想通り、カナダの他

      の先住民族からは、「体制側に利用されるだけだ」とかいう

      批判もあるようだ。ネットで見ると、FHFNとは「Four Host

      First Nations」(開催地の4つの先住民族)の略とのこと。 

    

P.S.4 日刊スポーツによると、開会式で華麗に踊った日本人ダン

      サーは、カナダ・アルバータバレエ団(Alberta Ballet)の服部

      有吉(29)。作曲家・服部良一の孫で、同じく作曲家・服部克

      久の甥。両親も俳優とのこと。

               

      また、一緒に躍った日本人ダンサー3人も同団メンバーだそ

      うだ。公式HPには「ホンマ アサカ」(Asaka Homma)と「コン

      ドウ マリコ」(Mariko Kondo)の名はあるが、もう1人が見当

      たらない。ネットでは「皆川」という名前が一応出てくる。どうも

      男性のようだ。。  

|

« 膝痛ごまかし手抜きラン&つぶやき♪ | トップページ | 平行線の公理(or 公準)を否定した、非ユークリッド幾何学のモデル »

「スポーツ」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 膝痛ごまかし手抜きラン&つぶやき♪ | トップページ | 平行線の公理(or 公準)を否定した、非ユークリッド幾何学のモデル »