« 春雨ビショ濡れラン&『コード・ブルー2』第10話 | トップページ | 2足目のシューズ、アシックス中心に物色中 »

個人サイトも責任と信頼性を問われる時代~最高裁・名誉棄損判決

RUN 12km,56分33秒,心拍154

昨日の関東は今年初めての「夏日」を記録。つまり、最高気温が25度以

まで上がったわけで、千葉県横芝光町で25.7度、神奈川県海老名

市で25.1度に達したそうだ(朝日新聞・2010年3月17日朝刊)。

      

というような情報を私がブログに書く時、情報の出典とか根拠を書くのが

普通だ。新聞ならその名前と月日(場合によっては年も)、雑誌なら誌名

と年と号数(発売日を添えることも)、本なら書名と出版社名、ネットなら

その情報元(発言者,サイト名など)。言葉の意味について書く時には、

大きな辞典を2つ以上調べてることが多い。実際、昨日書いた「春雨」

の意味と読みについても、そうだった。

         

学問記事とか、より厳しい根拠が必要な場合には、外国語の原書まで

手元に用意することもある。例えば、去年から時々話題にしている、数

学の聖典、ユークリッド(エウクレイデス)『原論』なら、ギリシア語の原

書とその英訳まで手元に用意した上で、日本語訳から引用している。

       

そこまでする理由を一言でいうなら、「信頼性」のためだ。たかが匿名

の個人ブログだけど、かなり信頼できるサイトだなと思われることを目

指したい。そう思って、読むだけでも多少わずらわしいくらいまで、こだ

わり続けながら、4年半の毎日更新を続けて来た。

     

だから、昨日の最高裁判決に対しても、それなりに余裕で受け止めら

れる。今朝の朝日新聞・1面トップ記事では、「名誉棄損 成立の基準」、

ネット書き込みも同等」「最高裁初判断 深刻な被害想定」という見出

しで大きく扱ってた。

    

この事件と裁判、既に起訴や一審判決(東京地裁)の時にもかなり大

きく扱われてたから、ブロガーやサイト運営者でなくても、知ってる人が

多いだろう。ある男性が、2002年に自分のHPで、ある企業の情報

書き込み、04年に名誉棄損罪で在宅のまま起訴となった。

         

一審では、そもそも個人による情報発信は信頼性が低いものだから、

「個人利用者に求められる基準の調査をして書き込んでいれば罪は

成立しない」として、無罪。マスコミや専門家によるネットの情報発信

の場合と比べて、緩い基準を示した。ところが、二審の東京高裁は、

逆に罰金30万円を宣告。男性側が上告して、最高裁の判断を仰ぎ、

結果的に棄却、罰金刑確定となった。

    

今回の第一小法廷(白木勇裁判長)は、個人によるネット情報だから

といって、閲覧者が「信頼性が低い」と受け取るとは限らないと指摘。

名誉棄損罪が成立しないのは、他の場合と同様、自分が発信する情

報内容を誤って信じてしまったことについて、「確実な資料、根拠に照

らして相当の理由があると認められるとき」だけとする考えを示した。

      

要するに、個人によるネット情報だからといって、名誉棄損の成立基

準は緩やかにならない、ということだ。普通のHPやブログどころか、掲

示板でさえ、「司法としては」特別扱いしないことになる。

    

もちろん、これは司法とか裁判所のレベルであって、一般社会では、個

人によるネット情報の地位はまだまだ低いから、問題が生じる確率は

低い。それ以前に、そもそも大きな被害や悪影響を与えるような書き込

みをしなければ、さほど心配はいらないわけだ。

                     

とはいえ、見解の違いや不注意などで、気付かないまま、非常に不適

切な発言をしてしまう恐れはある。サイト運営者の一人として、今後も

十分に配慮することにしよう。ちなみに私は、ブログを公開して間もな

い頃に一度だけ、ある知人への配慮が足りなかったようだ(不確定な

想像)。その当時の感覚では、十分配慮してるつもりだったものの、今

の私の感覚からすると、やはり十分ではなかった。それ以後、一段と

慎重な記事を書くように心がけている。。   

     

なお、上の最高裁判決について、読売新聞のサイトでは、男性の実名を

挙げて報道している(3月16日20時44分の社会記事)。ただ、ここで

は、朝日にしたがって、名前は書かないことにしておいた。なるべく慎重

な記述を心がけるってことだ。名誉棄損された企業の名前については、

さすがに読売も書いてない。当然の配慮だろう。。

       

         

       ☆          ☆          ☆

という訳で、マジメな話をする時は、かしこまった文体と文字使いで書く

から、肩がこるのだ♪ ここからは、昨夜のランニングについてちょっと

だけメモしとこう。

     

小刻みとはいえ、連続8日走るのは珍しいんだけど、流石に東京マラソ

ン前の走り込みで足腰ができてるから、あんまし疲れてない。ま、レー

ス後の8日間はほとんど走ってないから、8日休んで8日ラン。3月の折

返し地点になって、やっとイーブンまで持ち込んだわけ。左膝はあんまし

痛まなくなってるけど、まだ危なっかしくて、たまに突然ピリッと痛むこと

がある。だから、どうしても左脚のキックが弱めになるし、その分、右脚

に負担がかかって疲れちゃうのだ。

         

相変わらず寝不足の状態で、ちょっとハーハー言いながら、ビミョーな

スピードで12km走。トータルでは、1km4分43秒ペース。遅っ! そ

ろそろスピードが復活しても良さそうなものなのに、さっぱり上がらない

ね。これじゃ、休む気にもならないわ。。って言うか、逆に休んだ方がい

いってことかね。ま、「迷った時はしんどい方を」の原則に従って、今夜

も軽めに走っとこう。8日連続の走りで、腹はちょっと凹んだ気がする♪

       

心拍は微調整しただけ。夜は気温も下がって走りやすかったのに、わ

りと高めの心拍になってしまった。ではまた。。☆彡          

      

 往路(2.45km)   12分44秒  平均心拍134         

 1周(2.35km)   11分45秒        148

 2周           10分57秒        156   

 3周          10分23秒        164      

 復路(2.5km)   10分44秒         164  

計 12.1km 56分33秒 心拍154(84%) 最大175(ゴール時)

しせ

|

« 春雨ビショ濡れラン&『コード・ブルー2』第10話 | トップページ | 2足目のシューズ、アシックス中心に物色中 »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春雨ビショ濡れラン&『コード・ブルー2』第10話 | トップページ | 2足目のシューズ、アシックス中心に物色中 »