« 厚着し過ぎの低速ラン&『ヤマトナデシコ七変化』第9話 | トップページ | 乗鞍以来半年ぶりの自転車、まずは掃除&整備だけ♪ »

加納由理、名古屋国際女子マラソン優勝おめでとう☆

(13日) RUN 12.1km,57分51秒,心拍152

やっぱマラソン中継って、真面目に見ると面白いね☆ 流し見すると、単

なる退屈な環境ビデオみたいな感じもあるんだけど、一人一人の選手や

レース内容、コースを把握しながら見ると、まったく退屈しない。さらに、自

分が走ってる状況を各選手にかぶせながらイメージトレーニングすると、

シミュレーションゲームみたいな刺激もある。

    

今回は最初から、チョコッと可愛い加納由理を応援してた♪ 去年のベ

ルリン世界選手権で7位。尾崎好美の2位の陰に隠れ気味だったとは

いえ、立派な実績だし、上下動と身体のブレがほとんど無い完成された

マラソンフォームには感心する。あまり歩数の多くないピッチ走法って感

じかな。31km過ぎの登り坂(300mで12m上昇、平均勾配4%)での

仕掛けもキレイだった。タイムは2時間27分11秒。終盤は独走だし、

ちょっと暑かったかね。

                          

尾崎ほどのフォームの美しさや潜在的スピードは感じないものの、国際

的レースで表彰台に立つ程度の活躍は期待できそうだ。152cm、40

kg。31歳のベテランには、ロンドン五輪も含めて、あと5年くらい頑張っ

て欲しい。「安心できる存在になりたい」って目標はユニークかも♪ 「心

で走った」涙の優勝、おめでとう!

          

一方、30kmくらいまで先頭を引っ張り続けた3位の大南博。地元で

トヨタ車体の仲間や双子の妹(=敬美)が応援する中、ダイナミックなスト

ライド走法で頑張ったのに、報われなかったのはちょっと気の毒だった。

走りも体型も男性ランナーみたいに見えるけど、165cmで47kgしか無

いって辺りはやっぱり女性。34歳だとそろそろ辛い時期だけど、姉妹で

支え合って、あと数年は頑張ってくれるだろう。先日の青梅マラソンでは

ヤマウチに続いて2位、日本人トップだった。

                 

そして、解説者もアナウンサーも驚いてた、4位の伊藤舞。データ放送の

有力選手プロフイールにも乗ってなくて、有森裕子はウッカリ「不気味」と

か言ってしまったほど♪ 確かにサングラスをかけて走ってる姿はちょっ

と妙な感じはあるけど、実績も実力もある選手だ。ピッタリつかれた加納

もちょっと動揺しただろう。まだ25歳、今後の飛躍に期待できそうな積極

的走りだった。

                      

それにしても、解説者3人がそれぞれ味があって、面白いね。瀬古利彦、

有森裕子、高橋尚子。いずれも世界的活躍をした元トップランナー。瀬

古は今回、ちょっと大人しかったけど、普段はズバッとした指摘が面白

い。有森は走りの細かいチェックをよく入れてるし、高橋は時々、理路整

然と柔らかい内容のコメントを入れてくれる。喋り的には、高橋は増田明

美とかぶり気味だから、増田も焦ってるかも♪ ちなみに、追い上げて

に入ったエチオピアのツルは38歳。これも凄いね。。

              

        ☆          ☆          ☆        

という訳で、トップレベルのレースの感想を語った後、3流市民ランナー

の話もちょっとだけ。いやぁ、昨日は暑かった! 何と、最高気温は21

。一昨日は15度くらい、今日は14度、平年値は12度ほどだから、昨

日だけ飛び抜けた気温で、夜になっても高かったと思う。データ的には、

走った時は10度以下らしいけど、体感的には13度くらいに感じたね。

ちなみに東京マラソンは、私が走ってる間はずっと5度。しかも雨だった。

       

で、暑い昨日は、再び短い距離でリハビリラン。連続5日目とはいえ、僅

かな距離をゆっくり走ってるだけだから、疲れはほとんど無し。むしろ、

徐々に調子が戻ってる。ただ、寒さにも暑さにも弱い私にとっては、暑く

て上を脱ぎたくなったなぁ。ま、3枚も着て走ったのが間違いだけど♪

     

トータルでは1km4分47秒ペース。うん、順調な回復でいいんじゃない

かな。左膝も痛まなかったし、ラストの3周目は1km4分30秒ペース。

復路のタイムもそこそこだ。まあ、ハーフの自己ベストを狙うには、まだ

まだほど遠い状態だから、今夜も同じくらい走るとしよう。心拍は微妙

に補正。レース以降だと、初めてちょっと高かったかも。ではまた。。☆彡

       

      

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.データ放送ってものは、まだまだ発展途上操作性の悪さには、

    私のPC環境の問題もあるだろうけど、有力選手の顔写真に、距

    離の数字で目線を入れてるのは、いくら何でも変だ。ゼッケン

    入れてないのも不親切だし、画面下側のコース図に、どこまで走っ

    たかを示す線が入ってないのも、改善すべきだろう。。 

           

 往路(2.45km)   13分10秒  平均心拍131         

 1周(2.4km)    11分57秒        147

 2周           11分19秒        154   

 3周          10分50秒        162      

 復路          10分35秒         164  

計 12.1km 57分51秒 心拍152(83%) 最大175(ゴール時)

|

« 厚着し過ぎの低速ラン&『ヤマトナデシコ七変化』第9話 | トップページ | 乗鞍以来半年ぶりの自転車、まずは掃除&整備だけ♪ »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 厚着し過ぎの低速ラン&『ヤマトナデシコ七変化』第9話 | トップページ | 乗鞍以来半年ぶりの自転車、まずは掃除&整備だけ♪ »