« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

月末のプチ距離稼ぎ&『同窓会』第2話&『素直』

RUN 18km,1時間22分11秒,心拍159

福島千里、陸上女子100m日本新記録おめでとう☆ 去年6月に自身が

マークした日本記録11秒24を0秒03上回る、11秒21追い風1.7m

の恵まれたコンディションとはいえ、いよいよ10秒台が見えて来た。今回

11秒35の好記録で2位だった高橋萌木子と今後も競り合って、上を目

指して欲しいもんだ。

        

ちなみに今回の記録は、時速32kmになる。自転車でサイクリングロード

を気持ち良く流してる飛ばしてる時のスピードだね。そう言えば私も、小学

校の頃には、運動の苦手な友達が乗ってる自転車をランニングで追い越

したりして遊んでたなぁ。向こうも面白がってたから、イジメではない♪ 自

転車同士の競争も、陸橋の登り坂バトルも、もちろんやってた。いわゆる

ダンシング(立ちこぎ)は、当時から好きだったね。。

                    

さて、昨日はゴールデンウイーク初日。私は今日、休みじゃないんだけど、

何となく世の中に7連休ムードが漂ってる♪ 朝、本格的な記事を1本書

きあげた後は、まったりした休日モードで過ごして、夜はブログその他で

ネットをいじりながら、ドラマを1本半流し見。いや、一応2本続けてテレビ

はつけてたけど、最後の30分はほとんど見てなかったから1本半なのだ。

     

で、その後は重い腰を上げて公園へスタート。連休モードのせいもあるけ

ど、どうも最近、体調がちょっと悪いようで、頭も身体もやたらボーッとした

感じ。胃の調子もイマイチで、しばらく前に食べた夕食が消化できてない

から、少しだけ吐き気もあった。ま、言い訳はともかく、イマイチの走りで

はあったけど、気象条件的には心地良い春の夜だったから、粘って18

kmまで延長。もともと14kmの予定だったから、最後はバテ気味だった。

          

トータルでは1km4分34秒ペース。う~ん、中途半端だけど、足が痛ま

なかったから良しとしとこう。そうは言っても、またアキレス腱やくるぶし辺

りが痛みそうだから、キックは抑え気味だった。心拍はまったく補正なし。

珍しいね。全体的にかなり高かったから、微熱があるのかも知れない。

         

今夜は14kmくらい走りたいけど、時間的にビミョーかも。では、ひとまず

この辺で。。

    

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.昨日の朝日新聞・朝刊社会面の「五線譜」には、自転車に鈴をつ

    けて走る老夫婦の話が書いてあった。歩行者への心遣いのある、

    素敵な自転車ライフだと思う。。 

                 

  往路(2.45km)   12分13秒  平均心拍135         

  1周(2.14km)   10分03秒        149        

  2周             9分48秒        157        

  3周            9分35秒        162

  4周             9分32秒        164 

  5周             9分31秒        166

  6周            9分29秒        168

  7周(0.26km)     1分21秒         168

  復路             10分40秒         166

計 18km  1時間22分11秒  心拍159(86%) 最大175(ゴール時)

    

    

        ☆          ☆          ☆

一方、先週『素直になれなくて』の前に、気軽に流し見した『同窓会~

ラブ・アゲイン症候群』。決して素晴らしいドラマでもなければ、本気で見

る内容でもないとは思うけど、色々と個人的にハマるツボがあるのだ。

    

まず、中目黒。ここは私の思い出の場所だから、それだけで個人的に

ポイントアップ☆ あと、ニュースキャスター・真野裕子が私の好みだ♪

さらに高橋克典も、『只野仁』以来お気に入りになってる。ここまでは先

週も書いたけど、実は公式HPの黒木瞳の顔写真が、知り合いの「年上

の女性」に似てるのだ♪ 

                   

ま、こう書いても、私の身内でさえ、誰のことか全く分からないだろう。本

人もこのブログは絶対知らないはずだから、問題はない・・・と思うんだけ

どな♪ そもそも、褒め言葉のつもりだしね。カギカッコの意味は、ご想

像にお任せってことで。。

                              

プライベート・ネタはともかく、今回の第2話は単純に笑えたね♪ まさに

中目黒・不倫コメディー。ドラマで声をあげて何度も笑うって経験は、私に

とってかなり珍しい。「何歳だよ!」とか「ガキかよ♪」と突っ込みたくなる

ほど子どもっぽい言動が続く、大人の同窓会&恋愛ごっこ&探偵ごっこ

になってる。

                     

モノローグが多過ぎて余計なのは引っ掛かるけど、黒木の少女みたいな

壊れっぷりが笑えるし、三上博史と斉藤由貴のトゲのあるやり取りも、イ

チイチ笑える。高橋だけ、まだ大人を保ってるんだけど、私の頭の中で

は特命係長・只野仁だから、いずれB級ドラマ的な「凄いこと」をやってく

れそうで、またニヤニヤ笑えるのだ♪ 

             

それにしても、4人とも安心して演技を見てられるね。特に、斉藤由貴は

やっぱ上手いな。味とか深みはないんだけど、自由自在に自分を作って

演じられる感じがある。花言葉が「真実の愛」のマーガレットをチョキンと

切ってたから、「まやかしの愛」をこれから見せてくれるんだろう。女の子

の質問にはちゃんと答えてあげるようにネ。「真実の愛ってなぁに?」「そ

れはね、ウチにはない愛のことよ」って感じで♪

     

黒木の引きこもり旦那の吹越満も、早朝ダッシュで笑わせてくれた。ター

ミネーター2かよ! っていうか、黒木が万引きした洋服、まだ家にあった

のね。早く返さなきゃ、またウチの記事に「黒木瞳 万引き」とかいう検索

アクセスが入っちゃうよ♪

                   

来週は山中湖の珍道中で、いよいよ高橋が黒木に凄い事をするわけか。

3年も忘れられないほど、ダメになっちゃうんだっけ? しかし、深夜枠の

『只野』と違って21時のドラマだから、編集でカットされるんだろう。ま、心

眼と脳のパワーで補うってことで♪ 中学3年生カップル(大平うみ&竹内

寿)のファーストラブ(?)にも期待しよう。大平は中3に見えないけど、調

べてみると実年齢も15歳だった(学年は高1)。

       

          ☆          ☆          ☆

というわけで、中目黒・不倫コメディーは笑えるから、来週も見ることに

しよう。この程度の手抜き感想なら、また書くかも知れない。一方、北川

悦吏子脚本『素直になれなくて』はもう脱落寸前。ただ、ハル=上野樹里

が授業で使ってた、小倉百人一首・77番、「瀬をはやみ 岩にせかるる

 滝川の われても末に あはむとぞ思う」(崇徳院・作)は、高校時代に

好きだった・・・と言うより、得意だったと言うべきか☆

     

前にもどこかで書いた気がするけど、実は高校時代、2学年全員参加

校内・百人一首大会で優勝したことがある。決勝戦は、茶道部の畳

敷きの部屋で観客が見守る中、私が熱戦を制した。自慢かよ! 相手

の女の子がちょっと可愛かったかな。これをキッカケに、その後付き合

うようになった・・・って話はない、と書いとこう♪ どっちだよ! 

       

で、私の得意な札の一つがこれだったのだ。この歌は「瀬(せ)」の一文

字が「決まり字」で、瞬間的に札を取ることになるから、極度の緊張感と

スリルを味わえるのだ。

                    

歌詞の内容もいいね。川の急流が岩にせきとめられて二手に分かれて

も、すぐにまた一つになる。今回の話で言うと、桐子(井川遥)が「岩」

役割で、ハル(上野)とナカジ(瑛太)は遠く離れちゃったけど、すぐにまた

来週、一つになるわけだ。ところが、またその後、何かあるわけね。予告

でハルが、ソフトドリンク(?)を思い切りナカジにぶっかけてたな。あれ、

演技とはいえ、お互い大変でしょ。CGでも使ってるのかな。そりゃ、『同

窓会』のエスカレーターの「中目黒」って文字か♪

        

あの景色のいい歩道橋(?)のロケーションはいいんだけど、来週の第

4話はもう見ないかも。ツイッターの映像も、新鮮味がなくなったし、萌え

要素が渡辺えりだけだと、元気が良過ぎる私までフツーになっちゃいそ

うだ。そりゃ、ちょうどいいか♪

       

それにしても、あの薬のスパムメール、多過ぎ! それでは。。☆彡

         

     

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

P.S.『同窓会』第2話の視聴率は、さらに上がって15.4%☆ こりゃ、

    凄いね。アイドル的な人気タレント抜きで、テレ朝の中年不倫ドラ

    マが15%取るとは・・・。対照的に、『素直になれなくて』第3話

    視聴率は10.8%。これは納得。先週の13.2%は高過ぎた。。

       

           

cf. 手首捻挫ラン&『素直になれなくて』第1話 

   3日連続小雨ラン&『同窓会』&『素直になれなくて』

   夏バテ自転車疲れラン&『同窓会』第3話

   ウルトラマラソンの時速&『同窓会』第4話

   乗鞍ヒルクライム、4年連続当選&『同窓会』第5話

   涼しい夜、快適な居眠りラン&『同窓会』第6話(ホームにて♪)

   積極的休養ラン&『同窓会』第7話

   右脚の痛み、歩くのさえ大変・・&『同窓会』第8話

   肉離れ10日目、軽くジョグ♪&『同窓会』最終回(ほぼ完璧☆)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

東浩紀とネットが開く新たな言論空間~朝日新聞「論壇時評」

(☆2012年2月25日追記: 最新記事をアップ。

    現在の中に過去を見ること

      ~高橋源一郎&小阪淳&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・2月) )

       

             

       ☆          ☆          ☆

論壇とか言論界とか、それほど関係ないこのブログに、しばらく前から

時々、「東浩紀 論壇時評」といった感じの検索アクセスが入るようになっ

た。この朝日新聞の連載(月1回)は、今日・2010年4月29日が初回

から、検索の時点ではもちろん発表されてないし、それは検索者にも分

かってるだろう。それにも関わらず、無名のブログにまで検索が入るほ

ど、東浩紀(あずまひろき)の人気は凄いわけだ。

        

思想界の一人勝ちとか言われる批評家の注目度は、お堅い分野にして

は非常に高い。ただ、その人気の高さは言論の分野においてのことであっ

て、例えばジャニーズの山P=山下智久やキムタク=木村拓哉などと比

べると、3ケタ近く人気が違ってると思う。そうした事は、自分で長くブログ

を運営してると、アクセス解析だけからでも簡単に感じ取れるし、そこで

感じ取ったことをすぐにブログに書きこむことも出来るのだ。

                 

私も含め、誰もがネットのおかげで、かなり安いコストで大量の情報を受

信&発信できる時代。それだけでも驚くべきことだが、ツイッターとかリア

ルタイムの動画配信といったシステムは、また一段と情報の流れを変革

しつつある。だから、今「論壇時評」なんてものをやるのであれば、当然

ネットその他の新しい状況を踏まえたものにすべきだろう。

     

その意味でも、人気者の東を起用した朝日新聞の方針は納得できるわ

けだ。東に近い代表的論客の宮台真司は、4月15日の twitter で、自

分が「ブログとツイッターのウォッチャーである東氏を書き手とするべき

だ」と提案したと書いている。それはもちろん、一つの要因にはなっただ

ろうけど、そもそも朝日は1年前に、「論壇はどうなる?どうする?」とい

う特集を1ページ掲載して、一番目立つ右上に大きく扱われてたのが

であり、タイトルも「ネットが新しい論客を生む」となってた。

     

したがって、朝日の筆者選択はごく自然な流れによるものなのだ。ただ

し、「新しい論客を生む」と語ってた論者が、10年以上前から活躍する

人気者として、旧メディアの代表である新聞に大々的に登場するという

構図について、本人がどう思ってるのか、少し気になる部分ではある。。

          

       

        ☆          ☆          ☆

さて、注目の初回の内容は、まさにネットと論壇が中心テーマだった。見

出しは、「論壇の『復活』 ネットが開く新しい空間」。ほぼ1ページ全体が

「論壇時評」とされ、その3分の2ほどを東が占め、「基調講演」している。

       

あとは、左側に3分の1ほど、福岡伸一のコラム、「触れてわかる『媒体』

の実体」(この記事末尾のP.S.2参照)。他には東の文章の下に小さく、

編集部が選ぶ 注目の論考」がプラスされていた。この新聞のレイアウト

だけでも、やや興味深いものがある。と言うのも、1年前の特集における

東の分量を、更に増加させ、一段と目立たせてるからだ。

                      

話を東の論壇時評に戻すと、まず冒頭で、滅びつつあった論壇がネットを

通じて復活し始めたと語る。愚痴と中傷ばかりで、言論の場としてはあま

り機能してないと思われて来たネットにとって、大きな突破口となったの

ツイッター。これ自体は1回140字のミニブログなので、議論には向か

ないけれど、「すでに存在するサイトやブログへの高効率の『ポインタ』と

して機能する」というのだ。

         

追記: 『中央公論』5月号の茂木健一郎との対談で「ポインター」という

     アイデアをもらったようだ。茂木自身の話は前頭葉のことだった。)

        

私自身の経験でいうと、可能性とか潜在能力としてならともかく、今現在

は、「高効率のポインタとして機能」してるようには感じられない。まず、

ブロガーとしていうと、無名のウチださえ、GoogleとYahoo!の検索ア

クセスはかなり入って来るし、熟読してくださる方もそれなりにいらっしゃ

る。けれども、twitter からのアクセスはごく僅かだし、やって来た読者も

すぐ帰る人がほとんどで、関連記事もトップページも読んでない。正直、

検索サイトの方がケタ外れに機能してると思う。

      

もちろん、twitterからのアクセスを、ウチのブログのアクセス解析がとら

え切れてない部分もあるだろうから、今度は逆に、私がツイッターを使っ

てみた感じを報告してみよう。まず、一般に流行り始めた去年、あちこち

を軽く見たけれど、情報源として役だった覚えはない。自分でやろうとい

う気もなえてしまった。

       

ここ最近見たのは、ツイッタードラマ『素直になれなくて』の脚本家・北川

悦吏子のもの以外だと、東と宮台だけ。本人の話はそれなりに面白かっ

たけけれど、他のサイトへの「ポイント」としては役立ってないのだ。逆に、

私が毎日数十回くらい検索するGoogleは、しばしば有益な情報源まで

導いてくれる。したがって、ツイッターが他のサイトの言論へと導く突破

口だという東の主張は、ツイッターを使ってない私にとって、現時点では

ピンと来ないものだった。

追記: 斎藤環のツイッター批判については、末尾のP.S.3参照)

         

       

          ☆          ☆          ☆ 

一方、東が注目するもう一つのネットの動き、動画サービスの方は、私

自身はあまり使わないけど、世の中を少なからず動かすシステムとして

機能し始めてると思う。東が名前を挙げた「ダダ漏れ女子・そらの」のよ

うに、一個人があちこちからネットでリアルタイムの動画中継を行うとい

うのは、一個人がツイッターでつぶやくことよりも遥かに影響力が強い。

    

というのも、一般社会のレベルでは文字よりも映像の方が遥かにインパ

クトがあるし、発信される内容も、全体的に見ると映像の方が高そうに

思われるからだ。それはやはり、動画の方が敷居が高いからだろう。敷

居が低いツイッターは、単なる個人の日常的つぶやきが圧倒的だけれ

ど、それを動画でやって通じるのは、ごく一部の人に限られる。他の人が

動画配信するのなら、それなりの内容でないと、見てもらえなくて淋しい

思いをするだろう。コスト・パフォーマンスが非常に低くなってしまうのだ。

       

          ☆          ☆          ☆

東の文章の最後(第三節)は、今までの「論壇時評」と同様に、論壇誌

扱ってる。これが、東自身の選択なのか、編集部の意向を反映してるの

かは分からないけど、一応の理由づけは書かれている。

      

   ツイッター化と動画化は、ネット言論の『フロー化』を推し進めて

   いる。おそらく今後は、緊急性や共感度が高い言説はリアルタ

   イムネットで即座に拡散し、硬質な論考は論壇誌あるいはブログ

   に「ストック」されるという一種の棲み分けが進行するだろう。そし

   て、ストックメディアとしては、論壇誌には重要な役割が残されて

   いる。

     

こうして、ようやく最後に紹介されるのが、『文芸春秋 5月号』の藤原

帰一「鳩山民主はここで道を誤った」、『中央公論 5月号』の窪田順生

「ヤミ金を愛する縞 沖縄の恐るべき実情」、そして『表現者 30号』の

特集「断末魔の民主主義」だ。これらについては、私は読んでないし、

今回の時評のメインでもないので、軽くスルーさせて頂くとしよう。

☆追記: 翌日、軽く読んでみた。この記事末尾のP.S.参照

     

ほんの二言だけ書いとくと、まず東は沖縄のヤミ金について、「違法金

融が一種のセーフティーネットとして機能しているのではないか、との視

点が考えさせる」と書いている。でも、そういったポジティブな機能につ

いては、論壇誌どころか新聞の経済記事や世の中を見渡すだけでも、

自分で読み取れることだろう。ヤミ金に限らず、闇の取引全般にもそれ

なりの積極的な意味があるわけで、当たり前のことだと思う。

          

また、最後の特集について、「日本で民主主義が機能しないという論は

珍しくないが、本特集はさらに一歩を踏み出し民主主義そのものに欠

陥があると主張する」と持ち上げている。この着眼点や選択はいいと思

うが、民主主義自体の欠陥の話は、朝日新聞の文化欄でも特集があっ

たはずだ。何年前か思い出せないけど、おそらく数回の連載で面白かっ

た。当然、他の場にまで目を向けると、幾らでもそんな話はあっただろう。

チャーチルの名と共に有名な、「民主主義は最悪の政治形態だ」という

言葉も思いだされる所だ(ただし、他よりマシだというオチはある)。

               

その意味で、東が今そういった議論をあらためて取り上げるのなら、どの

点がこれまでの議論よりも新しいのか、明示して欲しかった所だ。なお、

東が記事中盤までに取り上げた言論は、佐々木敏尚『マスコミは、もう政

治を語れない』(講談社)、上杉隆『記者クラブ崩壊 新聞・テレビとの200

日戦争」(小学館101新書)、そらの「日経トレンディネット」( http://trendy.

nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100406/1031435/?P=3)だった。。

           

          

        ☆          ☆          ☆

最後に、あらためて「論壇」という言葉の意味についてまとめとこう。これ

については、去年の記事(論壇はどうなる~香山リカ・東浩紀・中島岳志

in 朝日「耕論」)の冒頭でも書いたけど、少し書き直したくなったのだ。

      

まず、代表的な中辞典を3つ見てみよう。『広辞苑』(第四版,岩波書店,

1991)では、①議論を戦わす人々の社会。評論家・批評家の社会。言

論界 ②意見を論述する場所。

          

次に、『大辞林』(第二版,三省堂,1995)では、「1 議論をたたかわせ

るために設けられた壇。論争の場所。演壇。2 評論家・批評家が自己の

意見を発表し、他人と論争する世界。言論界」。最後に『大辞泉』(増補・

新装版,小学館,1998)を見ると、「1 意見を述べるための壇。議論を

たたかわせる場所。 2 批評家や評論家などの社会。言論界。」と書か

れている。

                 

去年の私の記事では、大辞林と大辞泉の2つだけ引用して、「いずれに

せよ『論争の場』とされてる」と書いてしまった。これは少し先入観があっ

たかも知れない。改めてよく読むと、一番新しい大辞泉では、まず第一

に、意見の場とされている。また、一番古い広辞苑の第二の意味でも

そうなってる。

    

もちろん、大辞林がこだわるように、「表立った論争の場」とかいう意味

合いは今でも色濃く残ってるだろう。けれど今では、そういった場の果た

す役割が大幅に縮小してるので、むしろ単に「意見の場」と考えた方が

適切だ。その意味で、東が初回の冒頭から、ツイッターや動画を始めと

するネットに注目したのは正しい方針だ。ただ、東の「論壇の『復活』」と

いう表現はかなり期待を込めたものであって、ニュートラルに言うならむ

しろ、「論壇の拡散」だろう。「拡大」という言葉はまだ使う気にならない。

                    

あと、欲を言うなら、今回ほとんど無視されてるテレビ・ラジオ・週刊誌

いった旧メディアにも多少は目を向けてもらいたいし、斉藤美奈子の「文

芸時評」が扱わない作品(アニメ、ゲーム、映画など)のもつ言論性にも

着目して欲しいもんだ。

      

論壇時評の対象として、おそらく一番斬新なのは、普通の人々の日常

会話だと思う。日常的つぶやきなら、確かにツイッターやブログに溢れ

てるものの、そこには表情や間、語り口や空気といったリアルなもの

表現されてない。そういったものの直接的な体験取材にまで東が視野

を広げるなら、「外に出る」大切さのアピールにもなるし、鳴り物入りで

プッシュする朝日新聞社としても大きく頷ける論壇時評になるだろう。

         

検察審査会の議論も、選挙の投票も、意見の場としての「論壇」なのだ。

それでは、この辺で。。☆彡

           

          

      

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S. この記事をアップした翌日の30日、東が論壇誌から選んだ3本

     の内、『文春』の藤原論文と、『公論』の窪田論文をサラッと読ん

     でみた。『表現者』は特集全体が長過ぎるのでスルーした。

      

     まず藤原の議論は、いかにも本格派の学者らしい内容だけど、

     タイトルに弱点が表れている。「ここで誤った」というのは、過去の

     解釈や批判なのだ。周知のように、過去の解釈や批判はかなり

     自由に出来るし、現在の分析もさほど難しくない。特に政治だと、

     当然「未来」の話が問題なのだ。

              

     自民党と官僚とアメリカに任すのを止めて、日本はこれからどう

     すべきか。その話は最後に1ページちょっと書かれてるだけだし、

     なるほどと頷けるものとは程遠かった。あれを、藤原が差し当た

     り支持する民主党政権が読んでも、あまり役に立たないだろう。

     バラまき過ぎを止めるようにという意見にはわりと共感するけれ

     ど、誰でも言うことだし、細かい具体的代案は提示されてない。

              

     一方、窪田の論文。取材内容(インタビュー)と着眼点は確かに

     ちょっと興味深い。ただ、東が注目したのはヤミ金のセーフティー

     ネット的役割だけど、それを窪田が語る時、貧者への融資として

     有名なマイクロファイナンスを急に持ち出していて、しかも批判的

     視点が見当たらない

                 

     私はつい先日、どこかのテレビで、マイクロファイナンスがもたら

     した負の側面(夜逃げ、借金苦、ずさんな融資)を見たばかりだっ

     たので、違和感を感じた。ただし、消費者金融などを徹底的に叩

     く現在の政策に大きな不安を抱いてる点には、かなり共感する。    

           

P.S.2 「論壇時評」のページの左側に置かれたコラムは、「あすを探る」

      と題されたシリーズ。6人の論壇委員が毎月交代で執筆する。

      福岡伸一(科学担当)以外は、香山リカ(社会担当)、苅部直(政

      治)、広井良典(公共政策)、松井彰彦(経済)、李鐘元(外交)。

          

      また、「編集部が選ぶ 注目の論考」も、論壇委員会の討議を

      参考にしてるそうだ。この討議に東が参加してるかどうかは書

      いてないが、おそらく本人がネットで告知するだろう。。 

    

P.S.3  『週刊ポスト』2010年5月7・14日号(4月26日発売)には、

      ツイッター批判・第3弾の特集が組まれていて、精神科医の論

      客である斎藤環も登場している。全体的に頷ける内容で、ツイッ

      ターに満足してるのは現実生活でも満足してる人であり、その

      割合は僅かだという指摘はその通りのような気がする。

     

      ただし、実証データが全くないコメントだから、何か裏付けは必

      要だろう。そうでないと、実際に使ってる人達から「分かってな

      い」と反論されるのは目に見えてる。あと、ツイッターという新

      しいメディアの特性(リツイート、フォロー、ブロックなど)につい

      ては、もう少し細かくて客観的な考察が必要だろう。。

      

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.「新しい公共」と他者への理解~東浩紀「論壇時評」(朝日新聞・5月)

  理想を語り、現実を変えること~東浩紀「論壇時評」(朝日新聞・6月)

  政策の「事後的」評価としての選挙

             ~東浩紀&香山リカ「論壇時評」(朝日新聞・7月)

  建設的な哲学とネット共同体への「期待」

                    ~東浩紀「論壇時評」(朝日新聞・8月)

  よりどころの崩壊、新たに築く試み

             ~東浩紀&松井彰彦「論壇時評」(朝日新聞・9月)

  世論調査、ファスト政治、ポピュリズム

            ~東浩紀&福岡伸一「論壇時評」(朝日新聞・10月)

  中国の異質性、東アジアの同一性

             ~東浩紀&李鐘元「論壇時評」(朝日新聞・11月)

  情報公開の境界、資格付与の区切り

           ~東浩紀&松井彰彦「論壇時評」(朝日新聞・12月)

  新しい道具、使ってみるための条件

            ~東浩紀&広井良典「論壇時評」(朝日新聞・1月)

  つながりと祝祭、これからの革命と善意

             ~東浩紀&香山リカ「論壇時評」(朝日新聞・2月)

  各個人が独自メディアとして議論すべき時

              ~東浩紀&苅部直「論壇時評」(朝日新聞・3月)

     

             

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  震災後、身の丈超えぬ「ことば」に希望

    ~高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞) (2011年4月)

  非正規の思考、その可能性と危険性

          ~高橋源一郎&濱野智史「論壇時評」(朝日新聞・5月)

  みんなで上を向いた先に真実はあるか

           ~高橋源一郎&平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・6月

  スローな民主主義と『スローなブギにしてくれ』

            ~高橋源一郎&森達也「論壇時評」(朝日新聞・7月)

  柔らかさ、面白さが無ければ伝わらないのか

            ~高橋源一郎&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・8月)

  人を指さす政治的行為のマナー

          ~高橋源一郎&酒井啓子「論壇時評」(朝日新聞・9月)

  希望の共同体を楽しく探るために

          ~高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞・10月)

  アート・ロック・ゲーム、多様な変革運動

      ~高橋源一郎&濱野智史&小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・11月)

  どの常識をどう疑い、何に立ち向かうのか

      ~高橋源一郎&平川秀幸&小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・12月)

  対称的な関係の中にある前進

       ~高橋源一郎&小阪淳&森達也「論壇時評」(朝日新聞・1月)

  現在の中に過去を見ること

      ~高橋源一郎&小阪淳&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・2月)

| | コメント (0)

やはりマラソンに給水は「不要」だったか!

RUN 10km,45分21秒,心拍154

何と、赤坂プリンスが閉館なのか! また一つ、思い出の場所が消えて

しまうなぁ。。今日、4月28日の朝日新聞・夕刊1面に、わりと目立つ写

真入りの記事が載ってた。見出しは、「赤坂プリンス 閉館へ」「来年3月 

跡地利用は未定」。淋しい~。。

       

私も含めて、「赤プリ」という愛称で呼ぶ人が多かった、西武グループの

ホテルで、2007年に「グランドプリンスホテル赤坂」と改名したばかり。

バブル的なシティホテルの代表格で、個人的にも思い出深い場所なの

だ。あんな事があったり、こんな事もしたり。。♪

      

        ☆          ☆          ☆  

おっと、今夜はそうゆう思い出話を書くつもりじゃなかったのだ。昨日の

朝日新聞・朝刊スポーツ面に、「スポーツ SCIENCE」の特集として、

興味深い記事があった。題して、「マラソン給水 有利?不利?」。中見

出しは、「補給せず日本記録 / 夏場は摂取が鉄則」、小見出しは、

『脱水状態』 レース前に原因」。

                  

水分補給なしの日本記録とはもちろん、記事左上に顔写真が載ってる、

高岡寿成のもの。2002年10月のシカゴマラソンでマークした、2時間

6分16秒。レース終盤だけテレビで見たので、よく覚えてる。その時は、

通過点のタイムに過ぎないと思ってたのに、7年半も破られてない。

     

実はこのレース、高岡は全く給水なしだったそうで、今年のランニング学

で初めて明らかにしたそうだ。理由は2つで、まず胃腸が弱いから。も

う1つは、マイボトルを取れなかった時に心理的悪影響があるから。今ま

で秘密にしてたのは、自分の弱点の公表になるからとのことだ。さすが、

トップ選手の考えることは実戦的だね。

     

練習の40キロなどで、給水なしの走りを試すと、疲労は大きかったけど、

戦略としての自信をつかめたらしい。ま、要するにプラス・マイナスの総

合って話だろう。シカゴの時は気温6度で、発汗も少なかったから、プラ

スの方が大きかったという事か。

     

高岡自身の話以外にも、中国電力の坂口泰監督は「強い選手は水を欲

しがらないし、冬場のレース中はほとんど水を飲んでいない」と語ってる。

また最新の論文や報告だと、体重の数%程度の水分を失って軽い脱水

状態になった方がタイムを縮められるという説もあるそうだ。体重60kg

の2%なら、1.2kgの発汗で、ファミリーサイズのドリンク1本くらいか。

命に別条はないだろうし、確かに体重の減少のメリットは大きいだろう。

       

自身は、人一倍どころか人2.5倍くらい汗かきだから、蒸し暑い夏の

練習で給水なしにハーフを走って、脱水症状になったことが何度もある。

また、秋の山岳フルマラソンで、かなり給水したのにレース後の体重が2

kg減ってたこともある。ただ、冬なら30kmの走り込みでも大丈夫。ハー

フマラソンのレースだと給水はしないことが多いし、フルマラソンでも気温

が低ければそれほど給水はしない(今年の東京マラソンとか)。

         

だから、そんなに汗をかかない人で、私より遥か上のレベルなら、給水

は必要ないんじゃないかと思ってた。新聞記事の末尾には、「レースで

脱水症状になるのはレース前の体調管理が問題だ」という話もあった。

    

もちろん、この記事のタイトルでも、「不要」という所にカッコを使ってるよう

に、不要とは無意味という事ではない。文字通り、必要ない、つまり「必ず

しも要らない」ということだ。個人差や気象条件、距離が絡むだろうし、夏

のフルマラソンなら飲むべきだろう。あと自転車ロードレースやヒルクライ

ムレースなら、飲みやすいし胃の揺れも少ないから、給水はアリだと思う。

                    

ちなみに、「各機関が示す運動中の水分摂取の目安や見解」は次の通り

だ。国際陸連が、1時間400~800ml。日本体育協会が、1時間500~

1000ml。また、日本体育協会や全米スポーツ医学会によると、「体重

の2%以上を体内から失うのは危険」。朝日のデータの出典は、『臨床ス

ポーツ医学 2008年臨時増刊号』。2%で危険っていうのは、大げさ過

ぎると思うけどね。

    

なお、水を飲み過ぎると、逆に「低ナトリウム血症」(水中毒)の危険性が

あって、死亡事故の例まであるとのこと。ま、私の経験だと、水の飲み過

ぎは一度もないけどなぁ。腹がタプタプになるし、単なる水は美味しくない。。

       

          ☆          ☆          ☆

一方、今夜の私の走りは、3日ぶりにも関わらず、オマケ程度のものに

なってしまった。やっと雨が上がったのに、時間が無くて、10km走るの

が限界。それなら本気で飛ばしたい所だけど、先日の走りで両足のアキ

レス腱辺りを痛めたから、怖くてキックできないのだ。

   

実際、右足のくるぶしの下が時々痛んで、かばいながら走ることになった

から、左脚がやたら疲れた。元をたどれば、左アキレス腱が痛んだから、

かばってたら、右足がおかしくなった訳で、故障の悪循環とか連鎖になっ

てしまってる。

        

すり足気味のピッチ走法で何とかごまかして、トータルでは1km4分32秒

ペース。う~ん、丸2日休んで、この短い距離で、わりと高めの心拍で、こ

の程度のタイムしか出ないのか。こりゃ、ダメだね。ま、雨上がりで高温多

湿だったから、私には不快な条件ではあった。

       

湿度が高いと、心拍計の値は正確なんだよな。今夜はほとんど補正なし

で、ほぼ合ってると思う。明日は16kmくらい走りたいけど、足の痛みが

大きければ、短めに切り上げるちゃうかも。ではまた。。☆彡

                

  往路(2.45km)   12分25秒  平均心拍132 143         

  1周(2.14km)    9分45秒        153 158        

  2周             9分30秒        160 166      

  3周(0.82km)      3分46秒         164 168

  復路               9分54秒        166 171

計 10km    45分21秒  心拍154(84%) 最大171(ゴール時)

| | コメント (0)

カントールの対角線論法と集合~無限、濃度、可付番(可算)

雨で走れないから、手頃な数学ネタでも見つけて記事を書くことに決定。

ハイレベルだけど、差し当たりの記事なら簡単に書けるものとして思い

ついたのが、有名な天才数学者・カントール(Georg Cantor)の「対角線

論法」(diagonal argument)だ。

          

名前だけは先にどこかで聞いてたけど、内容を知ったのは、高校数学

の定番参考書「モノグラフ」シリーズ(科学振興社)の24巻『公式集』だっ

た。お馴染みの矢野健太郎が監修を務めたこの本の終盤(p.307-309)

に、集合の「濃度」の話が簡単に書いてあって、話の最後に対角線論法

も出てたのだ。

             

まず、集合の濃度と「可付番集合」(or 可算集合)について、簡単にまと

めとこう。2つの集合の要素の間に、1対1の対応(or 全単射)が存在す

る時、それらの集合は「対等」であり、濃度が等しいという。さらに、自然

数全体の集合N={1,2,3,・・・}と対等な集合を、可付番集合とか

集合という(countable set)。つまり、1番、2番、3番と、自然数の番号

を付けられるということだ。

                         

100427a

 たとえば偶数全体の集合

 は、自然数全体の集合よ

 り小さいはずだけど、左図

 のように1対1の対応づけ

 が出来る。したがって、2

 つの集合は対等で濃度は

 等しく、偶数全体の集合は

 可付番ということにもある。

    

 他に簡単なものだと、整数

全体の集合Z={・・・,-2,-1,0,1,2,・・・}も可付番集合と言える。

要素を、0,1,-1,2,-2,・・・と並べ変えて、先頭から順に1番、2番

としていけばよい。

          

         ☆          ☆          ☆

こうした話に続いて、可付番でない集合(=非可算集合)の代表例として

出て来るのが、実数全体の集合Rだ。その証明には、まずRの一部分

(=部分集合)である、0~1の実数全体の集合でさえ、可付番でない

とを示す。ましてや、実数全体は可付番でないという流れだ。0~1とは、

両端の0と1を含まない集合だから、区間(0,1)に含まれる実数全体

の集合とも言える(両端は丸カッコ)。

       

さて、0~1の実数の集合が可付番でないことを証明するには、可付番

だと仮定して、矛盾を導けばよい(背理法 or 帰謬法)。今、仮にその集

合が可付番だとすると、要素を上から1番、2番と並べることが出来るは

ずだ。その際、0~1の要素はすべて、「0.・・・」という形の無限小数

表しておく。例えば1/4、つまり0.25なら、0.24999・・・とする。

     

100427b

 ここで、「0.・・・」と

 いう形の無限小数

 で表される、とい

 う数を考えてみる。

 ただし a は、小数

 第一位が1番目の

 小数の数字(図の

 2)と異なり、小数

 第二位が2番目の

小数の数字(図の9)と異なり、小数第三位が3番目の小数の数字(図の

1)と異なり・・・・、という条件をみたすものとする。一般に a は、小数第

n 位の数字が、n番目の小数と異なる

      

この時は、1番、2番の順に並べておいた各小数と比べると、左上か

ら右下へと対角線上に続く数字の箇所だけ異なってることになる。これ

が「対角線論法」という名前の由来だ。

                 

この時、a は0~1の間の実数であるにも関わらず、何番目の小数とも

一致しないことになる。つまり、a には自然数(の番号)が対応してない。

これは矛盾である。したがって、0~1の実数全体が可付番であるという

仮定は誤りであり、実は可付番ではない。   Q.E.D.証明終了。。

         

     

2点補足しておこう。まず、なぜ0.25=0.24999・・・なのかについて。

0.24999・・・=x とおくと、2.49999・・・= 10 x 。

よって、10 x - x = 2.25。つまり 9 x = 2.25だから、x = 0.25。

       

また、a に自然数が対応してないという点は、新たな背理法を導入して

示すことも出来る。つまり、 a に自然数 n を対応づけることが出来たと

仮定すると、a は上から n 番目の小数と等しいことになる。しかし、a と

n 番目の小数とは、小数第 n 位が異なってるはず。これは矛盾だから、

仮定は誤り。したがって、a に自然数 n を対応づけることは出来ない。

      

       ☆          ☆          ☆

こうして、自然数全体の集合Nの濃度(ℵ ₀: アレフゼロ)と、0~1の実数

全体の濃度とは、異なることになる。当然、実数全体の集合Rも可付番

ではなく、Nよりも濃度が大きい(=無限の度合いが高い)。より正確に

は、Rの一部分(真部分集合)である有理数全体の集合が可付番である

ことを示して、そこにさらに無理数全体が加わったのがRだから、Rの方

がNよりも濃度が大きい(or 高い)という話になるが、省略しておく。更に

厳密な証明のやり方もあるはずだけど、まだ分からない。

       

なお、「0~1の実数全体」と実数全体とは、等しい濃度をもつ。なぜなら、

関数 y = e^x / (1+e^x) によって、1対1の対応づけが可能だから

である(e^x とは e の x 乗を表す書き方)。その実数全体の集合の濃

度は ℵ (アレフ)と呼ばれる。。

        

        

さて、ここまでなら、あちこちに似たような話が書いてあることだろう。で

も、私は面白いことを思いついた。どうも対角線論法というのは、騙され

たような気がするから、その違和感を具体的な形にする、奇妙な証明

考えたのだ。そこで対角線論法を用いて示されるのは、「自然数全体の

集合N自体は、可付番ではない」という、明らかにおかしい命題だ♪

     

100427c

 今、Nが可付番だと

 仮定して、上から1

 番、2番、・・・と並べ

 てみる。ただし、

 自然数の左には無

 限に0を並べておく。

 そして、n 番目の自

 然数とは n ケタ目

                                 が異なってる自然

数 b を考えてみるのだ。すると、0~1の実数全体の時と同様に、bを

自然数と対応づけることは出来ない(何番目とも言えない)。これは矛

盾である。したがって、自然数全体は可付番ではない。。

       

ちなみに、並べ方は、上から小さい順に、・・・001、・・・002、・・・003

となっていても構わない。左上から右下という本来の向きとは反対に、

右上から左下に向かう数字の列に注目した対角線論法によって、自然

数と自然数が1対1対応でないという妙な結論が証明できてしまうのだ。

        

           

私は念のため、数学が専門の友人に電話で話してみた。すると、左側

に0を並べるというのが気になるけど、なぜいけないのかは差し当たり

分からない、という応答だった。もちろん、私も同じなのだ。何かマズイ

事が起きそうな気がするし、自然数の定義や表記の問題もある。ただ、

差し当たり、ここがこうゆう理由でおかしい、と指摘することが出来ない。

     

やはり、無限の問題は厄介で奇妙ということか♪ 対角線論法は、他の

色んな話とも関わるテクニックだから、いずれまた扱うと思う。

とりあえず、今日の所はこの辺で。。☆彡  

    

 

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.上で提示した奇妙な話は、少なくとも現代数学の一つの体系にお

    いては鮮やかに解決できることが分かった。

    下のリンクの後続記事(特にP.S.2)を参照。

          

cf.デデキントの「切断」による実数の構成~対角線論法2

| | コメント (6)

アキレス腱痛&ロンドン・マラソン&一口つぶやき♪

RUN 14km,1時間04分53秒,心拍151

殻が黄色い卵ってものがあるんだ! 聞いたこともないなと思って、ネット

で検索しても、なかなか出て来ない。白、赤(or 茶)、ピンク、青くらい。お

かしいなぁ。店の光の加減じゃなかったと思うけど。薄いパステルイエロー

て感じで、新鮮だしキレイに見えた。栃木産だったかな。

(追記: その後チェックすると、パックの色だった (^^ゞ )

        

って話はまあいいとして、この記事は昨夜アップしようと思ったのに、眠

過ぎてデータを書き込んだだけで終わったのだ♪ 昨夜の時点だと、新し

いニュースだったロンドン・マラソンも、丸一日経つとピンボケだね (^^ゞ

私は、世界選手権・銀メダルの尾崎好美の美しい走りに期待してたのに

まさかの13位、2時間32分26秒か。直前には「21分」とか威勢のいい

話をしてたくせに、負けた後に「やっぱり」とか納得されても困っちゃうね♪

身長の半分以上に見える長い脚で、また快走して欲しいもんだ。

      

ママさんランナー・赤羽有紀子の6位(2時間24分55秒)は立派だし、小

崎まりの9位も2時間25分43秒だから悪くないタイム。それに引き換え、

男子は入船敏が19位(2時間19分25秒)、松宮隆行が23位(2時間21

分34秒)。う~ん、日本の男子マラソンは光が見えないね。ま、私から見

ると、遥か天上界ではあるんだけど♪ 

         

ちなみにトップ3はケベデ(エチオピア)、ムタイ(ケニア)、ガリブ(モロッコ)

で、2時間5分台と6分台。アフリカ勢の活躍は見飽きたよなぁ。せめて、

半ば日本人のワンジルなら親しみを持てるのに、初めての途中棄権。火

山噴火による混乱の影響ってお話だ。今回、なぜかゴールデンタイムに

地上波のテレビ放送があったのは、トップ選手が集まって注目度が高かっ

たからかね。深夜だと思い込んでたから、見逃しちゃったわ。。

          

        ☆          ☆          ☆

マラソンを見るのは忘れたけど、ふと思い出してチョコッと見たのがTBS

『新参者』。ウチを代表する本格的レビュー群(30本以上)につながった

フジ『ガリレオ』と同じ、東野圭吾の原作だし、初回は21.0%の高視聴

率を記録。『週刊文春』4月29日号(22日発売)の今井舞でさえ、かなり

甘口の評価だったから、試しに第2話をチェックした。

      

面白い☆ 最初の15分だけで、「原作 and/or 脚本」が抜群にいい

思ったな。斬新で緻密なストーリー、謎めいてるのに人情味も豊か。チョ

コチョコと笑わせる部分もあるし、軽いウンチクも適度に入ってる。特に

今回の冒頭は、フジ『結婚できない男』のパロディーみたいな雰囲気で、

阿部寛と夏川結衣が軽妙なやり取りをかわしてて、思わず頬が緩んだ♪

           

演出的にも、ちゃんと間(ま)がある大人のドラマになってるし、音楽もベ

テラン・菅野祐悟が落ち着いた雰囲気にまとめてる。特に関心のなかっ

た黒木メイサもキレイに見えたし、山P=山下智久『コード・ブルー』でヘ

リコプターのパイロットやってた寺島進も、ご主人役でいい味出してたね。

      

と言っても、私が流し見したのは15分ほどで、後は雑用をこなしながら、

音声中心に超不マジメなチェックのみ。大まかな感触で、これは第2話

も20%近く視聴率を取ったかなと思ったら、何と15.1%まで急落して

た。同じく阿部が出演してる裏番組、テレ朝の映画『トリック』に数字を取

られたってことかね。15%を切るようなドラマじゃないと思うけどな。来週

の第3話は、余裕があればちゃんと見るかも。ま、記事は別として。。

      

          ☆          ☆          ☆

最後に、昨夜の走りについて。ここ最近、まったく脚の痛みがなかったの

に、往路でいきなり左アキレス腱に激痛! 一瞬飛び上がったほどで、す

ぐ止まろうかと思ったけど、10歩ほどで痛みが治まったから続行。ところ

が今度は、右足のアキレス腱辺りに軽い痛みが出て、これは結局最後ま

で残ってしまった。

    

当然、すり足みたいにして慎重に走ることになるから、スピードは出せな

い。ピッチだけで最低限のペースを保って、何とも冴えない走りになった。

気温も適度な温かさで問題なかったから、原因として考えられるのは、そ

前日の18km走しかない。東京マラソン以降の最長距離をまあまあの

スピードで走ったから、アキレス腱にダメージがあったってことかね。でも

そもそも、アキレス腱なんて滅多に痛まない箇所なんだけどな。。

       

トータルでは1km4分38秒。あの状態で、よくこんなペースを出せたね。

自分で自分を褒めたいな・・・って、バルセロナ五輪の有森かよ♪ 古っ!

でも、故障がクセになったら大変だから、今後しばらくは気を付けよっと。

心拍は全体的に高めに補正した。やっぱ、トランスミッター(送信機)がお

かしいのかなぁ。。ま、変化は大体つかめるけど。ではまた。。☆彡

          

  往路(2.45km)   12分15秒  平均心拍132         

  1周(2.14km)   10分16秒        147        

  2周            10分02秒        151      

  3周            9分58秒        154

  4周             9分38秒        159

  5周(0.54km)      2分30秒         159

  復路             10分14秒        157

計 14km   1時間04分53秒  心拍151(82%) 最大161(4周目)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ワープロ用フロッピーディスクのデータをパソコンに移す方法♪

朝日新聞・4月24日朝刊・経済面で大きく扱われてるのは、北京モー

ターショー。いまや東京モーターショーなんて相手にしてない勢いだけど、

イベントとしてのノリは東京を真似てるのか、着飾ったコンパニオンが目

立ってる♪ 

      

コスチュームは昔の東モの方が良かったよなぁ・・・とか思いつつ、ふと左

を見ると、「さよなら フロッピー」なんて記事が目に飛び込んで来た。「

大手ソニー、来春販売終了」。えっ、ソニーが最大手なの?と思って本文

100426a

 を読むと、日本で標準的な3.5

 インチ型を初めて商品化したの

 がソニーで、1981年のことらし

 い。部屋を探すと、ソニーの可

 愛いフロッピーを発見♪ Post

  Pet のピンクのクマは、私の趣

 味じゃなくて、たまたまコンビニ

 にこれしか売ってなかったわけ。

           

100426b

 話を戻すと、日本での発売

 は83年で、ピークの2000

 年度の国内出荷が4700万

 枚。もっと昔がピークだと思っ

 たら、僅か10年前なのか。

 パソコンが一般家庭に普及し

 た頃ってことね。 I T バブル

 とも重なってる。

        

驚いたのは、09年度の出荷。朝日は800万程度と書いてるけど、毎日

は1200万(24日のネット)、産経は850万(23日夜のネット)と書いて

る。バラついてる所をみると、ソニーの23日の発表にはなかったデータ

なんだろう。ソニーのHPなんて、そもそも発表自体が掲載されてない。

それはともかく、要するにここ1年で1000万枚ほどの出荷って話だか

ら、意外な多さだな。1000枚でも驚かないけどね。そりゃ言い過ぎか♪

      

前置きが長くなったけど、最大手のソニーが来年3月撤退で、残るイメー

ションも怪しいそうだから、そろそろフロッピーディスクとお別れする時期

が来たようだ。もちろん私も、普段はMicro SDカードやDVDがほとんど

で、ブルーレイ・ディスクも使ってるけど、実はフロッピーもまだたま~に

使ってた。。

        

         ☆          ☆          ☆

フロッピーを使う理由はただ一つ。ワープロ専用機がフロッピーしか使え

ないからだ。ワープロ時代の色んなデータをフロッピーに残したまま、パ

ソコンに比重を移して行って、結局そのままフロッピーは処理してない。

100426c

 だからいまだに、ワープロで昔のフ

 ロッピーの文書を呼び出して、それ

 を参考にして新しい文書を作ったり

 してた。ちなみに左の写真の2DD

 フロッピーには、「イリュージョン」と

 名前の付いた謎の文書が入ってる♪

           

ハッキリ言って、簡単な文書1枚をサラッと書いてプリントするだけなら、

今でもワープロは十分役立つ☆ 何しろ、電源を入れれば瞬間的に起動

するし、重くて余計な機能だらけの Word を別に立ち上げる必要もなし。

おまけに、ほとんどエラーが無くて、過去数回、書き込みの失敗があった

だけ。パソコンの Windows も、XP以降はエラーが大幅に減ったけど、

Me までは不安定だったから、やっぱりワープロにはメリットがあった。少

なくとも、捨てたり手放したりするほどの邪魔物じゃない。

     

とか思ってたのに、今回のニュースを見て、そろそろデータの移行作業く

らいはするべきだなと思ったのだ。これが予想以上に面倒で、まず2世代

の壊れかけノートパソコンを引っ張り出す必要がある。それしか、フロッ

ピーディスクドライブ(FDD)が付いてないのだ。そう言えばソニーのVAIO

なんだよな。ま、買ったのは8年前だから、他のメーカーもまだFDDを付

けてる物が多かった気がするけどね。

    

で、VAIOのFDDに色んなフロッピーを入れてみると、やっぱりワープロ

で使ってたフロッピーだけ読み取れない。1.44MBの2HDと、720KB

の2DDと、両方使える仕様にはなってるんだけど、フォーマットの問題

と、データの形式の問題があるようだ。調べようと思ったのに、VAIOの

マニュアルをめくっても見当たらないし、ワープロのマニュアルはどこに

置いてるのかさえ分からない♪ 捨てるはずはないんだけどな。。

      

仕方ないから、昔1度だけやった時の記憶をたどりながら、あれこれ試

行錯誤してると、何とか方法を発見できたようだ。フローチャート的に書

き並べると以下の通り。ちなみにワープロの機種は、SHARPの書院・

WD-M500。96年発売なのに、今でも楽天で25980円(税別)で売っ

てた。高っ・・!♪

       

     パソコン用に初期化された2HDのフロッピーを用意しとく。

       (同じ2HDでも、ワープロ用に初期化された物はダメ)

   

     ワープロのデータが入った2HDや2DDのフロッピーを、ワー

       プロにセットして、文書をMS-DOSファイルにテキスト変換

   

    ③ フロッピーを取り出して、代わりに用意した2HDのフロッピー

       をセット。MS-DOSファイルにしたデータを書き込む。

   

     そのフロッピーをPCにセットして、データをパソコンに移す。

      

      

ちなみに、ワープロ独特のデータ(罫線とか)は上手く移行できないけど、

普通の文章は上手くいったから、十分だろう。とはいえ、実はまだたった

1つの文書を移行しただけ♪ 一括変換が出来ないし、やり方を見出す

までにパワーを使ったから、また今度ヒマを見つけてじっくり頑張ることに

しよう。途中でトラブルが無くても、半日がかりの大仕事になりそうだ。

    

いずれ、DVDが生産中止になったら、データの移行は半年がかりの大

仕事になっちゃうかも♪ 頼むから、あと数十年はDVDを残して欲しい

もんだ。ま、DVDに書きこんだデータの寿命がそんなに長くないって話

もあるけどね。

        

技術の進歩に付いて行くのも、なかなか厄介なもんだ。地デジもそうだ

けど、付いて行かないって選択肢もちゃんと残して欲しいね。ハッキリ言っ

て、地デジは私にとって、マイナスの方が大きい。PCによる録画データの

取り扱いがすごく不自由だから、画質の向上なんて吹っ飛ぶのだ。ま、今

後の改良をかすかに期待するしかないか。

ではまた。。☆彡

        

        

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.ウィキペディアによると、ドクター中松がフロッピーを発明したとい

    う話は、かなり誇張されたものだとされてる。一方、英語版ウィキだ

    と、フロッピーの歴史の項目ではちょっとだけ批判があるけど、中

    松の項目ではわりとニュートラルな書き方になってる。ま、そもそ

    も英語圏ではマイナーな人物だから、わざわざ注意を促す必要も

    薄いってことか。。

| | コメント (3)

春のゲリラ豪雨・・とまで言うと大げさか♪

RUN 18km,1時間21分39秒,心拍155

危なかった~。。もうちょっとで、ズブ濡れランか、早期撤退ランになる所

だったわ。傘を持たずに外出して、困った人が結構いるだろう。

 

最近ほんと天候不順で、火水木と3日連続小雨ランになったばかり。

夜はピンポイント予報の降水確率も10%、雨雲情報にもほとんど雨雲

なし。何の心配もなしに走りに行こうかと思った瞬間、ポツリポツリと雨音

がし始めた。アレッと思って、もう一度ネットでチェック。やっぱり、雨なん

てあり得ない気象データだけど、最近レーダーに映らない雨雲が悪さを

することがよくあるから、しばらく様子見することに。

 

これが大正解で、どんどん雨が強まって、一時は本格的な雨になった。

実は、珍しくランニング用の帽子(キャップ)なんてものを雨よけにして、

小雨ランを決行しようかとも思ってたんだけど、帽子なんてまったく意味

のない雨だし、気温も低めだから、自宅待機は大成功。おまけに、読み

通り40分ほどで雨は止んで、ほとんど雲のないキレイな月夜になった。

 

う~ん、関東平野の住宅地でさえこれだから、山の天気なんて読めない

わな。ましてや、女心なんて読めるわけがない。そりゃ、関係ないか♪

富士山で遭難した片山右京は、今頃どうしてるんだろう。。

 

とにかく、雨が上がってから公園に行くと、みんな同じことを考えたのか、

最初はほとんど人がいなかったのに、すぐにゾロゾロと人が増えてきた。

ただ、ちょっと水溜りが出来てたから冷たかったね。暗くて広がりがイマ

イチ見えないから、よけきれないのだ。ま、あの冷たい雨の東京マラソン

42.195kmを思い出せば、大抵の事は何ともない・・・と言っとこう。い

や、冷たくなくても距離が短くても、濡れるのは嫌なんだけどさ♪

 

ところで、18kmって距離。フルマラソンと比べると全然短いけど、実は

私にとって、東京マラソン以降の最長距離となった。そりゃ、ダメだわな♪

別に逃げてたつもりもないんだけど、まとまった時間がなかなか取れなかっ

たというか、取らなかったというか。ま、何となく短い距離を好んでた感じ

はあるか。東京の直前は、30km前後の長距離連発で無理したもんで。。

 

トータルでは1km4分32秒。う~ん、当初の予定よりは速いけど、中途

半端な気もするな。どうせなら4分半を切りたかったね。前半、慎重に走

り過ぎたかも。心拍は、ずっとほぼ正確な値だったのに、なぜか復路で大

幅に低下。理由が分からないけど、適当に修正しといた。まあ、全体的に

キツくはなかったから、スピードのわりに心拍は低めだったと思う。

 

明日は絶好の自転車日和なのに、残念ながら時間が取れそうにないか

ら、また夜のランニングかな。もう4月が終わっちゃう。。ではまた。。☆彡

 

  往路(2.45km)   12分20秒  平均心拍132         

  1周(2.14km)   10分10秒        148        

  2周            10分01秒        152        

  3周            9分42秒        156

  4周             9分19秒        161 

  5周             9分22秒        162

  6周            9分19秒        163

  7周(0.26km)     1分20秒         163

  復路             10分09秒         160

計 18km  1時間21分39秒  心拍155(84%) 最大170(ゴール時)

| | コメント (0)

3日連続小雨ラン&『同窓会』&『素直になれなくて』

RUN 12km,56分39秒,心拍149

寒いと腹が減るのは気のせいか、あるいは私だけか♪ ま、体温維持

でカロリーを消費するからと考えれば、熱い夏に食欲が落ちるのも説明

がつくんだけど、そりゃ単純過ぎるわな。

        

ここ1年、ドラマ記事を減らして運動量を増やしてるのに、全く痩せない

のには困ったもんだ。別に太ってもないけど、もっと持久系アスリートっ

ぽい細身の体型になりたいのになぁ。やっぱ、自転車に長時間乗らなきゃ

ダメなのか。脚はちょっと引き締まったけど、まだまだだし、お腹が凹ま

ないね・・・とか書きつつ、こんな時間にキャラメルコーンをボリボリ食べ

てるヤツ♪ ローソンの「おやつごろ」シリーズ、1袋396kcalで少なめ

だから、2袋食べてもいいかも。コラコラ! 

         

さて、身内のアクシデント連発が一息ついた昨夜、天気の方は相変わら

ずダメで、Yahoo!の雨雲情報とニラメッコ。雨で走れないかと思って

たら、何とかなりそうなのはラッキーだったけど、走り出すタイミングが

難しい。溜まった新聞を流し読みしつつ、ドラマも流し見して、雨が完全

にあがった時間帯にスタートできた、と思ったら、やっぱりダメだった。

     

最初、単に空気が冷たいだけかと思ったら、すごく細かい霧雨が僅か

に降ってたようで、走ってる間に少しずつ強まって来た。これまた、雨雲

レーダーには映らないわけね。最後の辺りは完全に顔も服も濡れる状

態で、走り終わった後に歩いてクールダウンしてると、急激に身体が冷

えて来る。風邪に気を付けなきゃヤバイよな。

                

トータルでは1km4分43秒。うん、単なる腹ごなしの居眠りランだから、

ちょうどいいでしょ♪ もうちょっと遅くても良かったかな。もう1周して

14kmにしようかとも思ったけど、その分のエネルギーは雑用に回すこ

とにした。余裕があると、寝付くまでもスムーズな気がする。

        

心拍は、復路だけ完全に低い値になってたから、大幅に修正。やっぱ、

送信機の電池切れか。今夜はお休みする予定。1ヶ月ぶりに、『恋のか

ら騒ぎ』でも見ようかな♪ 時間帯が金曜深夜に変わったのをつい忘れ

ちゃって、まだ今シーズンの新メンバーをチェックしてないもんね。去年

は久々にルックスもキャラも良かったから、今年も期待しよう。今やすっ

かり有名人の姉妹キャスター、小林麻耶&麻央も、最前列出身なのだ。

では、ひとまずこの辺で。。☆彡

                                 

 往路(2.45km)   12分19秒  平均心拍134         

 1周(2.14km)   10分17秒        147

 2周            10分10秒        152    

 3周           10分07秒        155

 4周(0.68km)   3分20秒        154                

 復路         10分27秒          155  

計 12km  56分39秒 心拍149(81%) 最大164(ゴール時)

     

          

         ☆          ☆          ☆

一方、雨上がりを待つ間の、ドラマ流し見の感想。新聞を読んだりブログ

をいじったりしながら、チラチラ見てただけだから、真面目な記事を書く

気はない。単なるツイート=つぶやきだ♪ 『素直になれなくて』を担当す

る人気脚本家・北川悦吏子が、本物のツイッター以外に、ブログの中で

もやたら「ツイート」してたから、私もちょっと真似してみたくなったわけ。

ま、お遊びのお喋りね。

         

まず21時10分くらいから、テレ朝系『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』の

第1話を流し見してみた。40代半ばの恋愛ミステリーだから、萌え要素

は期待できないけど、私は高橋克典が好きなのだ♪ B級ドラマのヒット

作、『特命係長・只野仁』以来、すごく印象が良くなった。

         

で、10分近く遅れて見始めると、家庭がイマイチ上手く行ってないらし

い黒木瞳が、いきなりデパートで洋服を万引きして同窓会へ。これって、

黒木がデパートで活躍してた、フジ『リアル・クローズ』をからかってるの

かネ。後でお詫び状とお金を送ってたような気もするけど、それで済む

話でもない。いきなり常識を超えちゃったわけか。ま、これからもっと壊

れて、「ダメになっちゃう」らしいけど ♡

       

刑事役の高橋は、期待通りに渋くてカッコイイ☆ 三上博史の喋り方は、

山P=山下智久『プロポーズ大作戦』妖精のまんまだな♪ いつも、あ

んなだっけ? ちょっとイヤミなモテ男の役だから、特徴ある喋り方にし

てるのか。お互いに嫌いだった斉藤由貴と、同窓会帰りのタクシーで

するシーンは、生々しかったね。タクシーの運転手もバックミラーでわ

き見運転したはずだ。そう言えば・・・いや、止めとこ♪ 寸止めかよ!

        

この三上がもて遊んでるらしい若い女が、結構タイプだったから、すぐ

にネットでチェック。真野裕子か。知らなかった。脇役であちこち出てる

んだね。亀梨和也の『サプリ』最終回にも出演してたのか。実年齢33歳

だけど、28歳のニュース・キャスター役は十分OKだった。

       

一方、黒木の娘の女子中学生役・大平うみは、美人だけどタイプじゃな

いし、制服も趣味じゃない。あれなら、黒木のパート仲間・佐藤詩子

エプロン姿の方がいいかも・・・って、そりゃマニアック過ぎるフェチか♪

斉藤由貴の旦那の浮気相手(?)の女も、ちょっと色気があったな。ま、

服装がイマイチ地味だったのは、シングルマザー(?)だからかね。ちっ

ちゃい子も可愛かった・・・って、アブナイわ!

         

このドラマ、テレ朝だし、視聴率は9%くらいでいいんだろうから、ずま

ずのスタートじゃないかね。単なる「ラブ・アゲイン」じゃなくて、社会派ミ

ステリーの要素を加味してるようだから、逃避行カップル(尾美としのり

&宮地雅子)が事件とどう絡むのか、ちょっと興味はある。オリジナル

脚本の井上由美子の技に期待しよう。

     

中目黒で居酒屋・亀ちゃんをやってる六角精児もいい味出してたんだけ

ど、中目黒駅の映像が違ってた気がするな。あのエスカレーターは、余

所で映してCGで名前だけ変えてた気がする。今度、現地でチェックして

みようか♪ 少なくとも数年前までは無かった。とか突っ込みつつ、あの

辺りは私にとって思い出深い場所の一つだから、「中目黒」って名前だ

けでも十分ポイントアップなのだ。

             

あなたは 私の 青春 そのもの ♫」。。ユーミンの『卒業写真』は、永

遠の名曲だな☆ 「あの頃の生き方」を忘れてないと、胸を張って言える

だろうか・・・とか、唐突にしんみり考え込んだりする。。

        

追記: 『同窓会』第1話の視聴率は14.8%! 高いね。。)

        

        ☆          ☆          ☆

最後に、脚本家・北川が『スナナレ』と呼ぶ、『素直になれなくて』第2話

の感想。う~ん、初回でさえ11.9%しか取れなかったから、苦しいんじゃ

ないかね。『同窓会』以上に不真面目に見たせいもあるだろうけど、前

回の方がまだ良かった気がする。妙なストーリーだし、演出演技

音楽映像も、引き付けるものをあまり感じない。リストカットや妊娠

が軽く描かれてるのも、ちょっと引っ掛かる。

    

追記: 『素直になれなくて』第2話の視聴率は13.2%。前回が低過ぎ

      たとはいえ意外な健闘。私と同じく、『同窓会』からのはしごか。。)

           

北川の言葉をそのまま信じることにすれば、どうもやっぱり、プロデュー

サーが大幅に脚本設定に関わってるみたいで、ドロドロと錯綜した状況

が無理やりっぽく感じる。『週刊文春』4月29日号(22日発売)で今井舞

も特別に叩いてたし、ココログニュースにも「Twitterドラマは不人気?」

なんて記事を書かれる始末。今、第7話辺りを書いてるらしいけど、後半

盛り上がっていくのかね。

     

正直、ドラマ自体より、北川のブログとツイッターを読む方が面白い♪

ツイッター(広い意味)は2つやってるようで、「Ameba なう」の方は普通

だけど、「元祖ツイッター」の方は炎上するほどの盛り上がり。一般人の

ツイートをほぼ削除&ブロックした後、北川が1人でツイートしまくる姿

は、笑えるというか、切ないというか。。

         

適度なクセと可愛さも持ち合わせてるし、むしろ自分の姿をドラマにした

方がウケるんじゃないかね♪ 「ツイッタードラマを書く脚本家が主人公

のドラマ」。劇中劇の二重構造で、ヒネリも臨場感もあると思うけど。本

人いわく、ツイッタードラマのつもりはなくて、「ツイッターで知り合った若

者のドラマ」。ただし、携帯ドラマとか言われるのは嬉しくないそうだ。

      

ちなみに、上野樹里(ハル)と共にW主演の、瑛太(ナカジ役)が乗って

た自転車の車種を問う検索アクセスがそこそこ入ってる。ちょっと注目

したけど、残念ながら分からなかった。タイヤが細くて、前傾がきつくて、

両脇が下にクネッと曲がったドロップハンドル。レーサー・タイプの、い

わゆる「ロードバイク」に見えるけど、実はもっと特殊な競技用自転車、

「ピスト」かも知れない。

           

競輪みたいなトラック競技に使うレーサーで、変速機がない固定ギア

のが特徴だ。瑛太が重そうにペダルを回してたのは、ピストだからかも

知れない。『ブザー・ビート』の山Pの時みたいに、もうちょっとハッキリ

自転車を映してくれれば、またヒット記事を書けたのにな。。

         

という訳で、ツイートとか言いつつ、つぶやき過ぎてしまった。ま、これで

も北川の50分の1くらいでしょ♪

それでは。。☆彡

    

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.手首捻挫ラン&『素直になれなくて』第1話

  月末のプチ距離稼ぎ&『同窓会』第2話&『素直』 

  夏バテ自転車疲れラン&『同窓会』第3話

  ウルトラマラソンの時速&『同窓会』第4話

  乗鞍ヒルクライム、4年連続当選&『同窓会』第5話

  涼しい夜、快適な居眠りラン&『同窓会』第6話(ホームにて♪)

  積極的休養ラン&『同窓会』第7話

  右脚の痛み、歩くのさえ大変・・&『同窓会』第8話

  肉離れ10日目、軽くジョグ♪&『同窓会』最終回(ほぼ完璧☆)

| | コメント (11) | トラックバック (1)

身内はアクシデント続き、空は異常気象続き・・

RUN 16km,1時間11分48秒,心拍154

NOVAの経営破綻から1年半、ジオスも破産申請か。う~ん、テレビCM

や広告に英会話が溢れてた時代が懐かしい気もするな。「え~いか~い

わ~のジオ~ス ♫」とか。まあ、NOVAも経営母体を変えて、月謝制でし

ぶとく生き残ってるみたいだから、ジオスもしばらくは残るでしょ。国内約

300校、海外47校のうち、99校閉鎖の予定ってことは、3分の2以上が

大丈夫ってことだ。

             

朝日新聞の4月21日夕刊には、NOVAに続いてジオスもジー・コミュニ

ケーションが受け継ぐと書いてるけど、今ウィキペディアを見ると、分社

で出来たジー・エデュケーションが引き受けると書いてる。ま、どっちに

せよ、資金力も熱意も凄いね。非上場の名古屋の会社なのか。。

    

おっと、たまたまパソコンの脇にあった夕刊の1面トップがジオスだった

から、つい書いてしまった。私はしばらくフランス語の学校に通ってたん

だけど、諸々の事情でその話は先延ばしとしよう。。

         

         ☆          ☆          ☆

それより、アクシデント連発! 去年の暮れから、「身内」で続発してるん

だけと、今週に入ってまた連発だ。1人は自転車好きで、ロードバイクで

坂を下ってる時に曲がり切れなくて大転倒。膝の手術程度で済んだの

は、不幸中の幸いのような気もする。10年のキャリアがあるのに曲がれ

なかったってことは、かなりスピードを出してたんだろうから、前か後ろか

ら車が来てたら一発アウトだった。

                   

ホント、自転車は事故が多いね。だから私も、ランニングは積極的に勧

めても、自転車はそれほど勧めたりしない。特に、極端な前傾姿勢と細

いタイヤでスピードも出るロードバイク(旧・レーサー)は、ハイリスクとま

では言わないとしても、ミドルリスクくらいは十分ある。身の回りでも、転

倒とかケガとか度々聞いてるのだ。

              

お金になるから業界全体でプッシュして、エコブームにも健康志向にも

上手く乗ってるけど、もっと危険性に注目する動きが出てもおかしくない

と思うね。朝日新聞は一時期、歩道の自転車トラブルをよく扱ってたし、

多摩川の規制強化のニュースも地方版で一応載せてた。でも、全体的

にはまだまだ、安全性に関する記事が少ないと思う。

           

で、もう1人の「身内」のアクシデントは、遥かに大変だった。突然倒れて、

救急車で病院へ。奇跡的にとりあえずは助かったけど、まだ入院中だ

し、原因が特定できてないから再発の恐れもある。1人きりで倒れて、発

見されなければおしまいなのだ。しばらくは、携帯で頻繁にチェックを入

れることにしよう。

                

それにしても、ここ半年はこんな話ばっかで、こっちまで病気になりそう

だな。その前までずっと平穏だったのに、一旦躓くとなかなか流れは変

わらないね。ま、何事もそんなもんか。考えてみれば、NOVAに続いて

ジオスが破産したのも、負の連鎖としては似たようなもんだな。英会話

ブームだけじゃなく、海外留学への熱も冷めてるってお話だ。。

         

        ☆          ☆          ☆

一方、天気も相変わらず落ち着かないまま。火曜に続いて、水曜の夜

また小雨の中を走るハメになった。例によって、ピンポイント予報と雨

雲情報を頻繁にチェック。雨が止んでる間に走ろうとしたんだけど、レー

ダーに映らない程度の雨雲があるってことかな。途中でポツリポツリと

降って来たから、早めに切り上げようかなと思ったほど。

           

幸い、大した事なかったからそのまま突っ走って、10kmの予定を16

kmまで延長。ホントは早めに切り上げるつもりだったけど、今夜は完

全に雨だと分かってたから、前もって距離を稼いだわけ。ま、16kmだ

から知れてるけどネ。走りの感触はまずまずだったかな♪ 足の筋肉が

しっかりして来たから、力強さと安定感がある。

       

トータルでは1km4分29秒ペース。うん、4分半を切ると気持ちいい☆

居眠りランのつもりだったから、嬉しい誤算だな。でも、走り終わった後

またガツガツと食べちゃったから、体重も体脂肪も増えたかも。。心

拍は少し高めに補正したけど、スピードのわりには低かったと思う。今

夜は雨でお休みで、次は明日走ろうかな。ではまた。。☆彡

      

  往路(2.45km)   12分27秒  平均心拍130         

  1周(2.14km)   10分03秒        148        

  2周             9分38秒        154        

  3周            9分28秒        157

  4周             9分16秒        159 

  5周             9分07秒        163

  6周(0.4km)      1分49秒         164

  復路              9分59秒         159

計16km  1時間11分48秒  心拍154(84%) 最大165(ゴール時)

| | コメント (0)

第4回・全国学力調査、ランニング&自転車の問題(中学・数学B)

RUN 10km,46分46秒,心拍149

今年で第4回目となった全国学力調査。全員参加を止めて3割抽出に変

更したのに、「希望参加」が相次いで、結局は小中学校の74%が参加。

例年通り、ほぼ全員参加の非常に大規模な調査となった(学問系の記事

だから堅めの文体で♪)。

                        

去年(第3回)は、私の好きな数学で、伝説の「モンティホール問題」が登

場。面白がって記事を書いたら、地味なヒットとなった。そこで今回も狙っ

てたんだけど、残念ながら有名問題は見当たらず。仕方ないから、ラン

ニング記事のオマケとして、軽くコメントするに留めよう。「RUN&BIKE

と称するブログの運営者としては、中学3年生向けに応用力を問う、「

学B」の第1問が気になった。ランニング&自転車など、持久性の運動が

話題になってたからだ。

             

健康な体や体力を維持するには、適度な運動が必要と言われていま

」という、慎重でごもっともな文で始まる問題は、「真由さん」が「目標は

週23エクササイズ!」と題するパンフレットを見つける設定だ。エクササ

イズとは身体活動の単位で、次の式で求められる。

     

      身体活動量(エクササイズ) = 強度 × 時間

        

強度は、安静時が1、ゆっくり歩くが2、自転車が4軽いジョギングが

ランニングと水泳が8となってる。この内、自転車だけが「生活活動」、

他はすべて「運動(レクリエーション程度)」だ。私の感覚だと、生活として

の自転車が強度4なら、軽いジョギングが7。レクリエーション程度のラン

ニングが9くらいだけど、まあ答えを計算する際の都合もあるんだろう。

         

設問(1)は自転車30分の身体活動量で、4×0.5=2エクササイズ。

(2)は、バドミントン(強度4)と軽いジョギングで合計2時間運動して、

9エクササイズにする方法だから、それぞれ x 時間、 y 時間として、

連立方程式は  x + y =2,  4 x + 6 y =9 。

よって、x = 1.5, y = 0.5 となる。いずれも、わりとキレイな値で、

この程度なら、手軽な脳トレとして暗算してもいい。

       

(3)は卓球(強度4)と同じ身体活動量で、時間を半分にする選択肢付

き問題。答は、「ウ 水泳」だ。与えられた式を元に、同じ活動量なら時

間と強度が「比例」するという理由づけを添えればいいらしい。時間

が1/2だから、強度は2倍、つまり8。よって、水泳ということになる。

        

水泳と言えば、自転車仲間の一人が、最近水泳に燃えてるって話を先

日聞いた。私も水泳を練習してトライアスロンに出たいんだけど、自転

車もなかなか乗れない状況だから、時間的に無理だろう。足腰の負担

が軽いわりに強度が高い、理想的な有酸素運動なんだけどな。。

以上、朝日新聞・4月21日朝刊の特集を参照した。

     

        ☆          ☆          ☆

一方、昨夜の私のランニングは、急用が入ったために僅か10kmだけ。

46分46秒は約0.78時間だから、8×0.78=6.24エクササイズ

てことか。う~ん、週23エクササイズって目標は、結構な運動量だね。

ま、平均心拍149、最大心拍166のランニングは「レクリエーション程

度」をかなり超えてるはずだから、強度11として、11×0.78=8.58

エクササイズと計算しとこう。明日には計算方法を忘れてそうだけど♪

            

昨夜は、雨が止んだ直後にスタートしたつもりだったのに、僅かな小雨

がずっと降ってて、湿度に弱い私にとってはちょっと走りにくかった。近

所の公園だから、舗装が悪くて足が滑ったのもマイナス。トータルでは

1km4分41秒ペース。遅っ。。

       

心拍は高めに補正。どうもそろそろ、胸のトランスミッター(送信機)の電

池が寿命みたいな気がするな。通販でも税・送料込で7000円くらいか。

もうしばらく粘ることにしよっと♪ ではまた。。☆彡

      

      

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.全国学力テストで他に目立ってたのは、新聞記事の形で太宰治生

    誕100年を扱った、中学・国語Bの1番かな。1年近く前の話だか

    ら、意表を突く狙いなのかも知れないね。「隠れ百人一首ファン」

    の私としては、中学・国語Aの1番にも目が行った。小学校・算数

    に、復活した台形がこれ見よがしに出てたのには苦笑♪ ま、全

    体的によく考えた出題だと思う。大人の脳トレにも使えそうだ ☆

          

往路(1.15km)  6分27秒  平均心拍122

 1周(1.1km)  5分32秒        135      

 2周         5分20秒        142

 3周         5分13秒        146 

 4周         4分58秒        154 

 5周         4分53秒        157

 6周         4分47秒        160     

 7周         4分29秒        164

復路          5分07秒        158

計 10km  46分46秒  平均心拍149(81%) 最大166(周回ラスト)

| | コメント (0)

金融危機問題、再び~オバマ vs 帝王ゴールドマン・サックス

2007年から問題となり、08年秋のリーマン・ブラザーズ破綻を大きな

キッカケとして一気に深刻化した、世界金融危機。100年に1度とか大

騒ぎされてたわりには、たかが半年ちょっとで底打ち。いまや、米国の株

価(NYダウ)はリーマン前の高値までほぼ戻してる状況だ。その一方、

失業率は高止まりだし、経済格差も拡大しつつある。

     

それだけでも奇妙なアンバランスだけれど、一番奇妙なのは、世界中の

金融機関が巨額の損失を発表する一方、巨額の利益を上げたと発表

する金融機関がなかなか見当たらないことだ。火事でお金が燃えたわ

けではないのだから、失った巨額の金は、誰かの手に渡ったはず。とこ

ろが、個人投資家の一部の自己アピールを除けば、ボロ儲けの実態や

仕組みは、ほとんど明らかにされてない。

                            

「世間の反感を買うのを恐れて、儲けを発表しない」というような発想は、

日本的なものにすぎないだろうから、発表しない理由が何かあるのだろ

う。すぐ思いつくのは、不正取引であげた利益だから公表できないとい

う理由だ。まだまだ、金融危機の実態も責任も不明確なままだと思わ

れる。おそらく、深くて広大な闇の世界、暗部が存在するのだ。。

           

        ☆          ☆          ☆

今回、アメリカ連邦政府のSEC(証券取引委員会)が提訴に踏み切った

のは、ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)。世界最強とかウォー

ル街(=米国金融街)の帝王とまで呼ばれる、名門金融機関だ。

          

企業の資金調達や合併・買収に関わる、アメリカの「投資銀行」だから、

日本の一般の人にとっては馴染みの薄い会社だけど、経済に少しでも

興味がある人なら、知らない人はいないだろう。140年の伝統があり、

収益力も発言力も非常に高く、金融危機においても他の金融機関と比

べて上手く乗り切ったと言われてる。

          

そのゴールドマンに関する「詐欺」疑惑を、今日(4月20日)の朝日

聞・朝刊経済面の「キーワード ゴールドマン提訴」ではこう説明する。

      

   ・・・・・・詐欺の疑いで民事提訴した。ゴールドマンが2007年に

   発行した債務担保証券(CDO)を顧客に売った際、CDOの価格

   を下落させることで利益をあげようというヘッジファンドがあること

   を顧客に十分知らせていなかったという。SECはゴールドマンが

   不当に得た利益の返還と民事制裁金を科すよう求めている

      

簡潔な説明で、慣れた人ならこれだけでも、ある程度は想像できるだろ

う。ただ、数値計算の話が全くないし、使われてる言葉も一般には馴染

みのないものになってる。そこで以下、なるべく普通の話に置き換えて、

具体的な数字と共に解説してみよう。主に朝日とロイターの報道を参照

したが、数値やモデルは私の仮想によるものだ。。

                     

        ☆          ☆          ☆

まずウォーミング・アップとして、「債券を売買する」というイメージを確

認しよう。債券とは、要するに借用証書だ。例えば私がAさんに1000

万円貸すとしよう。代わりに、私はAさんから、「2年後に1100万円返

す」という借用証書を受け取る。けれど私は、半年後に何らかの事情

で、お金を回収したくなる。まだ返金まで1年半あるから、例えばBさん

に1030万円の割引価格で借用証書を売る

    

すると、私は半年で30万円(元金の3%)を儲けられるし、上手くいけば、

Bさんもその1年半後に1100万円を受け取って、70万円儲けられる。

Aさんは利息の100万円を負担することになるけど、先に1000万円を

手にしたことで、それなりに助かったはずだ。

                   

これを複雑にして多少の怪しい要素を加えたのが、今回の疑惑なのだ。

報道された範囲の情報を、簡単な話に置き換えたモデルを紹介しよう。

   

100420a

 は上と同じく、

 「イマイチさん」

 に1000万円貸

 し、2年後に

 1100万円返却

するという借用証書を受け取る。イマイチさんとは、信用度がイマイチと

いう意味で、だから2年で利息が10%もついてるのだ。

           

一方、私の友人は、「アブナイさん」に1000万円貸し、2年後に1200

万円返却するという借用証書を受け取る。アブナイさんは、イマイチさ

んよりもっと信用度が低くて「危ない」人で、だから利息は20%なのだ。

ここまで、上図参照。

       

100420b_2

 ところが、私も友人も2年後まで待

 ちきれなくなったから、「仲介役」を

 通して、ゴールドマンに依頼、借用

 証書を売ってもらう。この時ゴール

 ドマンは、2枚の借用証書を1つ

 にまとめて10枚に分割。

すると、2年後に230万円返却という借用証書になる。取引しやすい

形に証券化したわけだ。  

             

100420c_2

 これを1枚210万円の割引価格

 で売りさばくと、10枚で2100万。

 ゴールドマンが手数料40万を差

 し引き、残りの2060万から私に

 1020万友人に1040万渡す。

     

100420d

 結局、私が20万、友人が40万、

 ゴールドマンが40万儲けたことに

 なる。ここまでなら、普通の正常な

 取引にすぎない。

                     

しかし問題なのは、仲介役と、借用証書を買った10人だ。実はこの後、

借金した1人であるアブナイさんが自己破産してしまい、借用証書の価

値は60万円まで暴落する。まだイマイチさんの方は大丈夫なんだから、

値段が下がり過ぎだけど、その借用証書は信頼を失ったから、みんな

相手にしなくなるのだ。買った10人も嫌気がさして、60万で投げ売り。

1人150万の大損となった。

        

ところが仲介役は最初から、アブナイさんが自己破産寸前だという情報

を直接こっそり手に入れてた。そこで、仲間内で「賭け」をする。借用証

書の値段が下がるか上がるかを予想して、下がる方に賭けるのだ。結

果的に、用証書は暴落、仲介役は賭けでボロ儲けとなった。。

     

       ☆          ☆          ☆

これが、「疑惑」の大まかなモデルだ。私とAさんの1000万円ずつの貸

出が、いわゆる「サブプライム・ローン」(信用度の低い人向けのローン)。

2枚をまとめて10枚に分けた借用証書が、「債務担保証券」(CDO

Collateralized Debt Obligation = 担保で保証された借金の証書)。「賭

け」とは、金融工学で作り上げられた「デリバティブ」(金融派生商品)取

引。そして、一番の悪役のように見える仲介役が、「ヘッジファンド」だ

ポールソン・アンド・カンパニー)。

           

今後、このヘッジファンドにも当然厳しい視線が向けられるはずだけど、

差し当たり訴えられたのはゴールドマンだった。それはまず、証券を販

売する際、このヘッジファンドに関する情報を買い手に知らせてなかっ

た疑いがあるからで、事実なら単純な義務違反となる。

          

でも、それ以上に問題なのは、一連の取引でゴールドマンが不正に儲け

た疑惑があることだ。それが、裏金のようなものか、あるいはゴールドマ

ンも値下がりに賭けてたのか、その辺りはまだよく分からない。そもそも

ゴールドマン自身は、なぜか「我々も9000万ドルの大損だった」と主張

してるのだから、今後の捜査の進展を待つしかないだろう。

             

もちろん、人気の下降を背景として、中間選挙の前に一般ウケしそうな

金融叩きをするオバマ政権にも、引っ掛かるものは少し感じる。でも、経

済が落ち着いて来た今は、タイミング的に丁度いいし、正しい調査や裁

判であれば、政治的意図に関わらず、十分な意味があるわけだ。ゴール

ドマン以外にも目を向けてるらしいので、この際、業界全体を徹底的に

調べて欲しい。

                        

それにしても、2008年に日本で問題となったBNPパリバ証券・東京支

店の問題といい、過去の歴史といい、まだまだ金融の世界というのは

ダークなイメージを漂わせている。金融は経済の根幹なのだから、これ

を機に、多少なりとも透明な世界に変えて欲しいと思う。

ではまた。。☆彡

      

         

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.ロイターの報道によると、公的資金で救済された米保険大手・AIG

    が、ゴールドマンのCDO(商品名・アバカス)で損失を被らなかった

    かどうか、調査が始まる予定らしい(ワシントン、20日)。

    一方、共和党議員は逆に、今回の提訴が民主党政権の政治的意

    図によるものでないかどうか、調査を始めたようだ(同上)。

| | コメント (0)

午後の紅茶・ヘルシーミルクティー、低カロリーで美味しい♪

(18日) RUN 12km,54分48秒,心拍152

眠い・・・睡眠2時間半でたっぷり仕事して、さらにブログまで書くのはダ

ル過ぎる。。ってことで、今夜はかなり手抜きの記事で済ませよう♪ ど

れほど疲れてるかっていうと、玄関のドアを開けようと思ってキーを取り

出したら、下に落としてしまって、変な場所に入ったから、拾い出すのに

時間がかかったほど (^^ゞ 頭どころか、手が動かないレベルってこと。。

     

さて、そんな私でも、月曜の仕事帰りは週刊ヤングマガジンを買って読

むのが小市民的楽しみだ♪ 電車の中でニヤニヤ読みながら、周囲の

冷たい視線を感じるのも、屈折した快感になってる。それにしても、最近

ホント、電車でマンガ読んでる人間が減ったね。携帯とかゲームのせい

もあるだろうし、お小遣いの節約もあるんだろう。雑誌離れが加速してるっ

てお話だ。

         

こうゆう時代だから、私もマンガに毎週320円払うのが引っ掛かってるけ

ど、10数本の連載マンガを急に見捨てる気にもなれない♪ かと言って、

立ち読みだと落ち着いて楽しめないからイヤなわけ。ま、やっぱ家でノン

ビリ読むのが一番かな。マンガ喫茶はあんまし趣味じゃないしね。

       

100419

 で、ヤンマガと一緒に買ったペットボ

 トルが、新発売の「午後の紅茶 ヘル

 シーミルクティー」♪ ここ数年ずっとそ

 うだけど、特にここ1ヶ月は、ボチボチ

 走ってるのに逆に太ってる状況 (^^ゞ 

 こうなると、甘いミルクティーが大好きな

 私としても、「砂糖ゼロ、脂肪ゼロ、なの

 にミルク感たっぷり!」って文字に魅か

 れてしまうのだ。

      

 100ml当たりのエネルギーは14

 kcal。500mlでも僅か70kcal

のに、確かにミルク感がかなりある。甘味料のアセスルファムK、スクラ

ロースも、甘さ的にも体質的にも問題ないようだ。これ、ヒットだね☆ と

か書いとくと、キリンビバレッジから1ケースくらい送って来るだろう。。♪

                 

         ☆          ☆          ☆

あぁ、もう眠くてダメだな。最後に昨夜の走りについて。14kmか16km

のつもりだったのに、数学的な経済理論の記事をきっちり書くのに手間

取って、僅か12kmしか走れなくなった。ま、勉強にはなるし、早速そこ

そこ検索アクセスも入ってるから、良しとしよう♪

     

前夜に、レース用シューズで16km飛ばした直後だったから、ちょっと

が疲れてたけど、心配だったプチ故障の影響は無くてホッとした。ストラ

イド走法気味に大きな歩幅で走って、トータルでは1km4分34秒。う~

ん、ビミョーだな。ま、眠くて疲れてたし、気合も入ってなかったから、こん

なもんか。心拍は途中で大幅に狂ってたから、調整した。全体的にちょっ

と高かった気がするね。ではまた。。☆彡

           

 往路(2.45km)   12分39秒  平均心拍131         

 1周(2.14km)   10分04秒        149

 2周            9分32秒        154    

 3周           9分13秒        162

 4周(0.68km)   3分03秒        164                

 復路         10分19秒          160  

計 12km  54分48秒 心拍152(83%) 最大170(ゴール時)

| | コメント (0)

数学的な経済理論の問題点~リカード「比較優位の法則」&勝間和代(朝日新聞)

勝間和代の人気というのは、まだまだ勢いがあるんだろう。前に書いた、

香山リカ『しがみつかない生き方』を読む(下)~勝間和代批判ほか」に

はいまだに検索アクセスがよく入るし、勝間が持ち出した妙な言葉を扱っ

た「セレンディピティー(serendipity)という言葉の意味と由来」も、地味な

ロングセラーになっている。

       

一方、私は半ば理系人間で、数学系の本格的な記事もかなりアップして

来た。そこで、日曜日の今日、勝間が持ち出した数学的な経済学理論

について簡単に考察してみよう。昨日(4月17日)の朝日新聞・朝刊別

刷・be に掲載されてた話で、多少の知識と計算力がないと分かりにくい

し、スルスルッといつの間にか納得させられてしまうかも知れない。

      

連載コラム、「勝間和代の人生を変える『法則』」の今回は、「人はおの

ずと得意なものへ特化する──比較優位の法則」というテーマだ。ま

ず、些細な間違いを訂正しとこう。

        

勝間は冒頭、「今回は、自由貿易に関して英国の経済学者、デヴィッド・

リカードが18世紀に提唱した『比較優位の法則』です」と書き始めてる

が、人気の経済評論家としては凡ミスだ。「18世紀」ではなく「19世紀」

が正しい。1800年代という言葉と混同したんだろうか。当然、朝日新聞

の側でもチェックしてるはずだけど、ウッカリ見逃したようだ。

     

勝間が唯一の参考文献として挙げてるリカードの主著『経済学および

課税の原理』は、19世紀初頭の1817年出版。ちなみにウィキペディ

アによると、18世紀末近くの1772年に生まれた彼が経済に興味を

持ったのは、1799年のアダム・スミス『国富論』の影響とのこと。これ

が本当なら、彼の経済学研究全体はほぼ19世紀のものとなる。

          

あと、英語版ウィキを見ると、実は「比較優位の法則」(the law of

comparative advantage)を最初に唱えたのはリカードではなく、ロバート・

トレンズ(1815年)だと書いてある。まあ、これについては異論もありそ

うだし、ほぼ同時期のこと。有名なのはリカードだから、別にここでこだ

わるほどの事でもないだろう。それより、この法則の内容と使い方の方

が遥かに重要だ。。

          

             

         ☆          ☆          ☆

勝間の記事の下には、リカードの主著について「岩波文庫、品切れ中」

と書いてあるけど、無料の電子図書館「青空文庫」に全文が収録されて

いた。かなり文体が古いものの、十分役に立つものだ。気になる箇所は、

Library Economics Liberty」で第3版(1821)の原文が無料公開されて

いる。さすがに、著作権は消滅してるだろう。

                     

著作の該当箇所(第7章・外国貿易について:On Foreign Trade)には、

「比較優位」(comparative advantage)という言葉自体は存在しない。形

容詞句や副詞句の形でも見当たらないけど、「比較」とか「優位」という

言葉ならあるし、内容的には確かに比較優位の法則が語られている。

     

リカード自身は、毛織布(cloth)と葡萄酒=ワインを例にして、資本と労

働力の有効な利用について語ってる。ただ、ここでは勝間の例に即して

説明してみよう。単なる引用ではなく、図や式を入れてかなり加筆した。

            

100418a

 今、Aさんの1年間の生

 産能力を、リンゴだけな

 ら90個、みかんだけな

                           ら30個とする。またBさ

んの生産能力を、リンゴだけなら20個、みかんだけなら10個とする。リ

ンゴでもみかんでも、生産個数で考えるなら、Aさんの能力の方が上だ

(「絶対優位」)。

               

しかし、Aさんの場合、みかん1個作るためには、リンゴ3個作るのを諦

める必要がある。このリンゴ3個を、勝間は簡単に「リンゴの機会費用

と呼んでるけど、正確に説明するなら「リンゴの生産機会をどれだけ失っ

たかで計算した、みかんの生産費用」ということ。法律用語なら、機会費

用(opportunity cost)とは、「逸失利益」。つまり、ある選択によって、逃

してしまった利益のことだ。

      

一方、Bさんの場合、みかん1個作るためには、リンゴ2個作るのを諦

めるだけでよい。つまり、勝間の言い方なら「リンゴの機会費用」は2個。

要するに、みかんの生産コストを比較すると、Bさんの方が低い。だか

ら、みかんについてBさんが「比較優位」となる。全く同じ考えで、逆に

リンゴの生産コストはAさんの方が低い。だから、リンゴについてAさ

んが比較優位となる。

     

よって、2人は分業して、それぞれ得意なものを多めに作った方が有

なのだ。そのことを示すには、まず生産量の配分を変えて、次に2人

が交換(原語は貿易=トレード)することを考えればよい。

      

    

         ☆          ☆          ☆

ではまず、生産量の配分を変えてみよう。

100418b    

     

Aさんが、リンゴ45個とみかん15個、Bさんが、リンゴ10個とみかん

5個作ると、合計でリンゴ55個とみかん20個となる(上図の左側)。

それに対して、Aさんがリンゴ60個とみかん10個、Bさんがリンゴ0

個とみかん10個作れば、合計でリンゴ60個とみかん20個となる(図

の右側)。ここからまず、2人がそれぞれ得意なものを多めに作る方

が全体にとっていい、ということが大まかに示される。

      

厳密な話は、数式を導入した上で、条件を変化させることになるけど、

かなり面倒だし、この記事の狙いからは脱線気味なので、ここでは省略

しよう。勝間もリカードも日米ウィキも、そこまではやってない。おそらく、

大学の経済学の教科書・参考書でもほとんどやってないだろう。私は少

しやりかけて、条件変化(合わせてみかん20個とか)が多過ぎるし、話

をまとめにくいから、途中で計算を中断した。

            

       

         ☆          ☆          ☆

続いて、交換=貿易のプロセス。Aさんにとって、みかん1個はリンゴ3

個。Bさんにとって、みかん1個はリンゴ2個の価値がある。だから、間

をとって、みかん1個をリンゴ2.5個と交換するレートで取引しよう。

        

100418c

     

先程の、Aさんがリンゴ60個&みかん10個、Bさんがリンゴ0個&みか

ん10個の状態からスタートする。この時点で、2人にとっての価値(=

効用)を例の「リンゴの機会費用」で計算すると、Aさんはリンゴ90個分、

Bさんはリンゴ20個分となる(上図参照)。

        

次に、Aさんのリンゴ12.5個と、Bさんのみかん5個とを交換しよう。す

ると、Aさんはリンゴ47.5個とみかん15個、Bさんはリンゴ12.5個と

みかん5個。2人にとっての価値を「リンゴの機会費用」で計算すると、

それぞれ92.5個と22.5個だから、お互いに得したことになる(下図)。

          

100418d    

     

             

        ☆          ☆          ☆  

こうして、「それぞれの生産主体(個人や国)が得意なものに特化し、自

由に交換した方がいいし、実際にある程度そうなってる」というような経

済理論が「数学的に証明」されたことになり、影響力を持つことになる。

勝間本人なら、もの書きが得意だから、それで得た原稿料で、他の人

が作った料理やパソコンを買うという話になるわけだ。

     

しかしもちろん、現実の経済や人間の選択は、これほど単純ではない

(リカードも複雑さは一応理解している)。コメ問題を例に取るなら、日本

のコメとタイの米は、日本国民にとっての価値が大幅に違うから、単純

な生産量や機会費用の話は通用しない。また、日本のコメが割高だか

らといって生産を止めると、水田や農家の生活に多大な影響が出る。

                

さらに、交換=貿易が持続的に上手くいくかどうかも疑問で、輸入・輸出

制限とかコスト、交換レートの変化、あるいは通貨 or 為替の問題も絡ん

で来るわけだ。ある一時期に有利な選択が、それ以降も有利とは限らな

い。実際、ほんの数年前までは中国産の安いギョーザが人気だったの

に、今では例の事件の影響で、大幅に人気が落ちてるわけだ。他国と自

国では、品質管理が違うし、心理的な信頼感も大幅に異なってる。ギョー

ザならともかく、コメだと臨機応変に生産体制を変えることは出来ない。

       

最後に、競争の問題も指摘しとこう。例えば今、経済の文章が得意なC

さんが、そこにエネルギーを注ぎ込む。ところが、世の中にはCさんより

遥かに経済の文章が得意な人がいるし、人気者もいる。すると、Cさん

の文章は売れない。競争相手に阻止されて、交換が出来ないのだ。

         

先程の勝間の例だと、Bさんはリンゴを0個、みかん20個にしたけど、

それはみかんが売れる(=交換できる)という前提に基づいている。第

三者が、Bさんよりも有利な条件(レート、品質など)をAさんに提示すれ

ば、Bさんのみかんは売れず、持て余すことになるし、リンゴも全く手に

入らないのだ。

         

経済学が語る数学的モデルというのは、非常に強い仮定に基づいてる

ことが多い。物質という単純なものを扱う物理学なら、そういった仮定は

さほど問題ないのが普通だ。けれど、極めて人間的で複雑な経済にお

いては、仮定がまったく非現実的で、数式や数値がまるでトリックのよう

な価値しか持たないことが多い。

               

高速道路とかダムとか、大規模なプロジェクトが仮定する収入とか安全

性向上、あるいは一昨年から世界を揺るがした、金融派生商品(デリバ

ティブ)の損益など。優秀な官僚が策定しようが、天才的な数学者が考

案しようが、所詮は限界があるのだ。

                     

そういった問題点まで分かった上で、あるいは示した上で、数学的に経

済を扱うのなら、もちろんある程度は有効だろう。ただ、その場合でも有

効性は見た目ほど大きくはないし、しばしば問題点を無視した形で、バ

ラ色の「ポジティヴ」な理論が語られることには、細心の注意が必要だ。

       

数学も論理学も、非-人間的なまでに厳密で深淵なものだからこそ、

間が本当の意味で使いこなすのは困難だし、相当なリスクも存在する。

ではまた。。☆彡

     

      

     

P.S. 記事アップから1年半後、2011年11月になって、地味ながら

     検索アクセスが増えてる。調べてみると、TPP(Trans-Pacific

     Partnership=環太平洋パートナーシップ協定; または、Trans

     -Pacific strategic economic Partnership agreement

     =環太平洋戦略的経済連携協定)の交渉参加をめぐって、ネッ

     トを中心に、「比較優位」が話題になってるようだ。何よりもまず、

     リカードの著作自体を読んで、自分で考えるべきだろう。。

   

       

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.年を取ると時間が短くなる~ジャネの法則(仏語原書に即して)

  「限界効用逓減の法則」というミクロ経済学の仮説について

  言葉の意味、口調、表情~「メラビアンの法則」をめぐって

| | コメント (6)

アシックスのシューズ「ターサーブリッツCA」、軽い、弾む、速い☆

RUN 16km,1時間09分17秒,心拍159

いやぁ、4月後半に雪が降るとは驚いた! 昼間からやたら寒かった昨

夜、首都圏には雪やみぞれが降って、今日(17日)の朝日新聞・夕刊1

面は野菜の高騰の話だ。この話題、最近多いね♪ ココログ・ニュース

まで取り上げてるし。キャベツやホウレン草は連休明けに落ち着くけど、

ネギやトマト、ナスは当面苦しいってお話だ。主婦の皆さんは、イオンそ

の他の安売りに殺到中。 

      

野菜の話はともかく、スピード走用に2足目のランニングシューズを購入

した。アシックス(asics)のニュー・モデル、「TARTHERBLITZ CA」。

相変わらず意味が分からないね♪ 「ターサー」は英和辞典だと出て来

ないけど、「ブリッツ」は電撃とか猛攻撃って意味らしい。戦争やアメフト

で使う言葉のようだ。「CA」はもちろん、私の大好きなキャビン・アテン

ダント・・・じゃないわな♪ ブルボンのお菓子の時みたいに、アシックス

に電話して聞こうかな。

    

・・・とか言う前に、まずはググれってことで、Googleで検索すると、アッ

と言う間に答らしきものが見つかった。「ターサー」とは、「タイガーレー

サーの略で、虎が走るためのレーシング・シューズ♪ だから、靴の甲

のベロ(=シュー・タン)に「虎走」なんて漢字が入ってるわけね。何だろ

うと思ってたから、納得した。

               

この情報は、会社に問い合わせなくても合ってるだろう。ただ、「CA」の

意味が不明なんだよなぁ。限定品って意味を表すどこかの言葉かね。

昔から使われてるようだけど。。ちなみに、タイガーとか虎っていう言葉

は、アシックスという会社の原点のブランド「オニツカタイガー」から来て

る。鬼塚株式会社の、虎みたいに強く敏捷に走れる靴ってことだ。

      

        ☆          ☆          ☆

ま、そんなウンチクより性能が問題。実はこれ、買ったのは先月末で、

今まで数回、スピード走の時だけ履いてた。ウチの記事の数字まで見

てる方は、ペースにかなり差があることにお気づきだったと思う。1km

4分15~25秒くらいで走ってる時は、この靴だったのだ。

       

私が普段履いてるのは、同じアシックスの持久走モデル、GT-2150

だけど、それと比べると、ターサーは恐ろしく軽い。素材が全体的に

感じで、高いのにすぐ破れそうな気がするから、スピード走の時しか

履かないわけ♪ いや実際、高校陸上部時代、最初に買ったアシック

スのレース用シューズはすぐに破れて悲しかったのだ。ま、足の形の悪

さもあるだろうし、予想外にいいタイムは残せたんだけどね。

       

軽さ、薄さは持っただけですぐ分かるけど、走って初めて分かるのが、

ソール(足底)の性能。反発力が強くて、弾む感じがあるし、路面をつか

むグリップ力も強い。素材が全然違うようで、キックの度に音が鳴るし、

たまに靴底と路面が擦れると「キュッ」って感じの金属音に近い音がする。

これはもう、ジョギングシューズとは全く違ってるね。明らかにレーシング

シューズだ。

     

この靴にするだけで、1km10秒前後は速くなる気がするけど、問題は

耐久性能と脚への衝撃。今日は16kmのスピード走で、終盤ちょっとだ

けバトルになったから、一気に1km4分切るペースまで上がったんだけ

ど、左足首にピキッと衝撃が走ったから、早めにスローダウン。復路は

少し抑えめの走りになってしまった。大丈夫だとは思うけど、やっぱり足

腰の負担は大きそう。故障は嫌だから、週に1、2回使うだけにしとこう。

        

トータルでは1km4分20秒ペース。アレッ、4分15秒くらいの感覚だっ

たのに、やっぱ無理だったか♪ ま、足のトラブルがなければ、復路であ

と30秒は縮めれたから、1km4分18秒だった・・・とか言ってちゃダメだ

ね (^^ゞ 勝負にたら・ればは禁物なのだ。

            

心拍は、寒かったからか、かなりブレてたから、高めの値に揃えておい

た。ただ、心拍も脚の筋力(太腿とふくらはぎ)も、まだ余裕があったと思

う。呼吸がハーハーゼーゼーと苦しかったから、ほどほどにしておいた。

やっぱり、スピードを出す方が走ってて楽しいね♪ ではまた。。☆彡

           

     

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.ターサーを履いて走ったレースの初戦(12月5日)、ハーフマラソン

    で、予想外の素晴らしいタイムを出せた♪ 次の記事を参照。

      川口マラソン2010、まさかの快走で自己ベスト大幅更新☆ 

     

P.S.2 ターサー使用の第2戦、フルマラソンは、ウッカリ靴紐を締め忘

      れたために、悔いの残るレースとなった。ただ、42.195km

      という長距離でも、十分な戦闘能力の靴だと思う。  

       強風の戸田・彩湖フルマラソン、僅かに自己ベストに届かず・・

         

           

  往路(2.45km)   11分20秒  平均心拍136         

  1周(2.14km)    9分10秒        157        

  2周             9分14秒        161        

  3周            9分15秒        163

  4周             9分12秒        165 

  5周             8分52秒        169

  6周(0.4km)      1分51秒         165

  復路             10分24秒         160

計 16km  1時間09分17秒  心拍159(86%) 最大172(6周目)

| | コメント (2)

手首捻挫ラン&『素直になれなくて』第1話

RUN 7km,31分59秒,心拍152

痛たたたっ・・・とまで書くと大げさか♪ でもキーボードを打ちにくいのは

事実だし、ワコールCW-Xのきついロングタイツを履くのにも苦労した。

ドジったなぁ。。

    

左手首を捻ったのは、昨夜のランニングの前。時間が無くて、あわてて

着替えてる時、長袖シャツに無理やり左手をねじこもうとしたらピリッと

痛みが走った。妙に痛いなぁとは思ったけど、まさかその程度のミスが

翌日まで尾を引くとは思わなかったな。昨日より今日の方が痛いかも。

何の負荷もなしに左手首をゆっくり回すだけでも痛むし、心拍計のボタ

ンをゆっくり押すだけでもちょっと痛い。これじゃ、今週末も自転車には

乗れそうにないね。しめしめ・・・って、コラコラ。

    

ともかく今夜は、左手首の軽い捻挫に顔をしかめながら、近所の公園で

僅か7kmだけ走って来た。14kmのつもりだったのに、ふと新聞のテレ

ビ欄の広告につられて、新ドラマを見たくなっちゃったわけ♪ ウチは

年以上、ドラマお休みモードのままなんだけど、読者の多くはいまだに

ドラマファンだから、たまには記事を書かなきゃって気になるのだ。

     

僅か35分しかない中、スタスタ走って、結構気持ちよく帰宅。走るのに

はちょうどいい寒さなのに、勿体なかったな。慌ててテレビを見ようとし

たら、大好物のコーラを思いっきし部屋にぶちまけてしまって、後始末

が大変。仕方なく、ドラマの最初15分は録画に切り替えて、着替えな

がらコーラを拭き取った。やっぱ、無理があるよなぁ。仕事、ランニング、

ドラマ、ブログってパターンは。。

               

トータルでは1km4分34秒ペース。近所の公園の短距離ランにしては

わりと速いね。ま、ホントはゆっくり長く走りたいんだけど。心拍は、僅か

に高めに補正。明日は雨の予報か。。では、ひとまずこの辺で。。☆彡   

        

往路(1.15km)   5分58秒  平均心拍132

 1周(1.1km)   5分10秒        146      

 2周          4分59秒        153

 3周          4分54秒        157 

 4周          4分38秒        162 

復路(1.45km)  6分20秒        160

計 7km  31分59秒  平均心拍152 最大167(ゴール時)

    

      

       ☆          ☆          ☆

一方、今夜からスタートしたフジテレビ『素直になれなくて hard to

say I love you』。木曜22時で、上野樹里と瑛太を含む5人組と言

えば当然、2年前の春ドラマ『ラスト・フレンズ』を思い出す(他に、長澤

まさみ、水川あさみ,錦戸亮)。

            

あの時は、性同一性障害&同性愛&DV&近親セクハラで、ドラマの

人気も盛り上がったし(特に後半)、ウチのレビューもバブル的人気♪

いまだにアクセス数的には、あの時が最高のままだ。試しに今、「テン

メイ」でYahoo!検索すると、「ラストフレンズ テンメイ」っていう検索

フレーズが、第一候補として上側に出たほどだ。

           

とはいえ、ウチはここ1年以上、ドラマ長期お休みモードに入ったままだ

から、また本格的レビューを書いてヒットを狙う気は全くない。そもそも、

今夜も直前まで全く見る気がなかったし、中身もほとんど知らなかった。

       

気が変わったのは、新聞のテレビ欄の右上に大きく掲載されてた、ドラ

マの宣伝広告がキレイで爽やかだったから♪ 空や服装は青、タイトル

その他の文字は、水色の地で白抜き。ツイッターっていうのは知ってた

けど、脚本が『ロンバケ』&『ひと恋』の北川悦吏子だとは知らなかった

から、オヤッと思って予定変更。ランニングを短く切り上げて、あわてて

見ようとしたら、コーラを部屋にぶちまけてしまって大変だったわけ (^^ゞ

         

        ☆          ☆          ☆

で、肝心の内容はどうだったか。まずスタートは、同じ北川の06年秋

のドラマ、『たったひとつの恋』にちょっと似てたね。海から都会へと、

航空映像をつないでいって、男の映像が出る。『ひと恋』では、横浜の

亀梨和也、今回は渋谷の瑛太=ナカジだ。

      

勢いがあって明るい感じの音楽と共に、瑛太が渋谷スクランブル交差

点からセンター街・スペイン坂を通ってダッシュ。すると、古びたアパー

トの部屋から血(?)のような赤いものが流れ出して来る。ちなみに亀

梨の場合も、工場の赤い火花と結びついてたから、イメージ=映像の

流れとしてはやっぱり似たものがある。病んだ人間の血と、経営難の

工場の火花。どちらも、赤くて熱くて重いものだ。

    

その後、ラスフレで多用、ひと恋でも印象的に使われてたモノローグ

で、瑛太が語る。「あの頃、僕たちは本当の愛を知らなかった。そして、

本当の愛ってやつは、時にこんなにも深く人を傷つけることも」。その

後、ツイッターというものを超簡単に説明する辺りで、奇妙なかい縦

割り(&横割り etc)の画面切り替えが使われる。

                           

この特殊な映像、見づらくて最初は顔をしかめたけど、すぐ意味が分

かって納得した。なるほど、ツイッターの画面をイメーしてるわけね。

    

ツイッター(twitter)では、自分のツイート(tweet = つぶやき)と他人の

ツイートが短時間に交錯して、リアルタイムのコミュニケーションを行え

る。画面上だと、横割り(or 横縞)の形で各人の「今の言葉」が並ぶわ

けで、それを縦割りその他にして「今の映像」に変えたのが、ドラマの

切替えになってるのだ。公式サイトのトップでも縦縞の映像が流れてた。

              

その後、ストーリー的には、ナカジ=中島圭介に対する、ハル=水野月

子(上野)のやや片思い的な好意を軸に進んで行く。テンポも良く、話や

台詞の適度なヒネリもあって、全く退屈はしない。上野はまだ23歳なの

に、演技派の女優としてすっかりポジションを固めてるね。CMには『の

だめカンタービレ』と「アサヒ・チューハイ 果実の瞬間」が流れてるし、

来年1月からはNHK大河ドラマだし。今回は、女教師らしくもない大胆

な太腿の映像まで、たっぷりサービスしてくれてたけど、残念ながら私

は萌えなかった。そりゃ、失礼か♪ ボサボサの髪型は役作りかな。

            

一方、ツイート仲間のリンダ=市原薫(玉山鉄二)は、光(関めぐみ)と

ホテルに行ってもすぐ寝ちゃったくせに、編集長(渡辺えり=旧・えり子)

とは激しいキス。泣いて口を拭ってたけど、見てるこっちの方が辛かっ

たかも♪ 「アクセサリー」として付き添うのはいいとして、あそこまでや

るには、それなりの理由があるんだろうね。営業から編集への移動って

話だけだと、弱過ぎると思う。

      

ま、逆セクハラより気になったのは、ツイッターのオフ会を、半ば仕事と

してやってたこと。いずれ仲間に告白するって流れかな。ともあれ、玉山

のルックスは男目線でも渋くてカッコイイね。瑛太は、やたら大きい耳だ

けが目立っちゃう♪ 光の妊娠検査にリンダ(玉山)が付き添ったのは、

ちょっと無理を感じるけど、初回だし大目に見るとしよう。

        

意外に(?)悪くなかったのが、話題沸騰の東方神起・ジェジュン=ドク

ター。日本語も十分だし、韓国人らしさをナチュラルに出した演技も好

感もてた。とか言いつつ、もちろん私の眼は、妹(木南晴夏)の制服姿

に向かってしまう♪ ああゆう感じのデザイナー系の制服、好きなんだ

よなぁ。茶系の色と、リボンも可愛い。あの女子高生たちのためだけで

も、もう1回見ようかなって気になっちゃうかも。

           

それにしても、ハルの弟(中村優一)はクスリ、光はリストカット、ナカジ

の恋人・桐子(井川遥)は年下男と不倫&お揃いのタトゥー。おまけに、

ハルの母(風吹ジュン)は更年期障害で、ナカジの父(吉川晃司)は息

子に金を無心。。北川っていうより、ラスフレの浅野妙子の脚本みたい

だな。プロデューサーともめて降板しないことを祈るとしよう。もうちょっ

と普通のドラマの方が、北川らしい可愛らしさや乙女チックさが出せて

いいし、『素直になれなくて』っていうタイトルとも合うのに。

      

ちなみに、この「素直になれなくて」って話は、英語だと「hard to say I

love you」だから、「愛していると言えなくて」。明らかに、北川のヒット作

『愛していると言ってくれ』をもじったものに見える。あれだけ態度に出し

ると、これ以上言葉に出す必要があるのか、心配になっちゃうほど。

まあ、今回ラストでナカジの不倫現場を目撃したから、来週からは素直

じゃなくなるのかな。学校でも、先輩教師や反抗的な女生徒(逢沢りな)

にイジメられそうだしね。。

                

         ☆          ☆          ☆

最後にツイッターについて。正直、今回のドラマだけだと、ツイッターの

特徴がいま一つ活かせてない気がする。まあ、『電車男』みたいなデジ

タル文化紹介路線に持って行くのも変だろうけど、知り合った後に連絡

を取るシーンなら、携帯メールで十分間に合うだろう。それを避けたの

なら、携帯アドレスを教えないっていう説明が欲しい所。今後、ツイッター

ならではの繋がりを上手く描けるかが、注目ポイントの一つだ。「近くの

ツイートを探す」みたいな機能は、もうちょっとアピールしてもいい。

         

ツイッターと言えば、政治の世界でもお馴染みだし、朝日新聞の夕刊で

も現状報告の記事を連載中。先日の『週刊ポスト』2010年4月23日号

(12日発売)には、「ツイッターを疑え」という記事が掲載されて、中川淳

一郎と宮脇睦と岸博幸が批判的にコメント。もう一人の河野武は、批判

する側(=アンチ)へと勝手にコメントを変えられたそうで、ブログでやた

ら細かく説明しながら怒ってた♪

                

私自身も、去年の秋くらいにはツイッターを始めようかと思ったし、今で

はココログで簡単にツイート出来るんだけど、もうしばらく様子見するこ

とにしてる。正直、ブログだけで大変だし、十分間に合ってる。24時間

入り続けるアクセスを見てるだけでも、世界とつながってる感じはたっぷ

り味わえるのだ。

                  

直接的で双方向的なコミュニケーションは、特に多くもないけど、それ

でもこの5年弱にあちこちで交わしたコメントやメールの総数は数千

達するし、文字数は百万前後に達するはず。ツイッターで、不特定多数

とこれ以上ネットでつながる必要は、さしあたり感じてない。

     

ま、そう言いつつ興味はあるから、いずれやるかも知れないけどネ。ち

なみに、ウチとしては軽く書いてるだけのこの記事、文字数は4000字

前後ある。ツイッターは140字制限のショート・メッセージだから、私に

は向いてないか♪

                            

ともあれ、『素直になれなくて』第1話、一言で感想をまとめれば、まず

まずって所でしょ。視聴率は、脚本とか演出(光野道夫)というより、キャ

ストの人気で15%に到達してるかな。ま、山P=山下智久『コード・ブ

ルー』の場合だと、ヘリコプターファンが意外なほど大勢集まったんだけ

ど、『素直』でカメラファンとか「ライカ」ファンが集まるとも思えないから、

来週以降ちょっと苦しいかも。少数の男性視聴者向けに、ナイスボディ

の水着モデルの撮影風景を増やすと、多数派の女性視聴者には逆効

果だしね♪

                    

それにしても、緑色の東京タワーを使うっていうのは変わってるね。単

なるエコブームなのか、あるいは、後の話の伏線になってるのか。。

では、この辺で。。☆彡

        

        

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.『素直になれなくて』第1話の視聴率は何と11.9%に留まった。

    あの顔ぶれは、この程度の数字しか持ってないのか。これは苦

    しくなったね。。

    

cf. 3日連続小雨ラン&『同窓会』&『素直になれなくて』

   月末のプチ距離稼ぎ&『同窓会』第2話&『素直』

| | コメント (5) | トラックバック (6)

手偏(てへん)の縦棒の下ははねなくても良い~常用漢字表「字体についての解説」

なるほど・・・! 朝から感心してしまった☆ 分かりやすい話だし、サラッ

と速攻で記事にしとこう。今日、4月15日の朝日新聞・朝刊1面の右端

にある内容紹介で、注目すべき記事の「ことば」として、次のように書い

てあった。

      

   「重箱の隅をつつくように(略)『てへんのはねが見えないから」と答

    案に×をつけることで、いったいどんな効用があるのだろう

                  (「私の視点」で高校教諭の丸山力さん)

           

私はこれだけを一読して、「また下らない感情論の投稿だな」と思って

しまったんだけど、一応15面の本文をチェック。一瞬でイメージは変わっ

た。朝日の紹介の仕方が偏ってるだけで、元の投稿は素晴らしい!

          

論理的、実証的で、独自性や意外性も十分。新潟県立塩沢商工高校

の国語教諭、恐るべしって感じだ。失礼ながら、名前をGoogleで検索

してもなかなか見当たらないものの、もし『朝まで生テレビ』で漢字教育

がテーマになれば、新進気鋭の論客として呼ばれてもおかしくない♪

           

漢字教育 差異にこだわらない指導を」という投稿(タイトルは編集部

のものかも)を一言でまとめると、必ずしも細かい書き方の違いでバツ印

をつけるのがいけないという話ではなく、常用漢字に関する文化庁の解

説や理念に即して漢字教育を行おうという話だ。

             

文化庁は、字体や字の形の様々なヴァリエーションを許容してるのに、

現場の「教員に十分に伝わっているとは言い難い」から、もっと徹底させ

よう。そのために、「『活字でははねてあるが、とめてもよいもの』の最適

な具体例として、『手偏(てへん)』を加えるのだ」、という鋭くて簡単な積

極的提案だ。

     

  (☆8月8日追記: 丸山力氏ご本人から貴重なご意見を直接頂いた。

              この記事末尾のコメント欄を参照。)

      

「とめ・はね」とか言うと、NHKの冬ドラマ『とめはねっ!鈴里高校書道

部』を思い出す所だけど、書道はともかく、小学校の国語で漢字を習っ

てた時には、漢字のとめ・はねを細かく教えられた。当時は、それをそ

のまま正確に覚えて、○印をもらったり先生に褒められるのが嬉しかっ

ただけ。その教え方が正しいかどうかなんて発想は、全くなかった。

            

早速、文化庁の常用漢字表のページにアクセスして、「(付) 字体につ

いての解説 第2 明朝体活字と筆写の楷書との関係について」の前書

きを見ると、次のように書かれている(改行を追加、余計な句点だけ削

除した)。

             

   常用漢字表では,個々の漢字の字体(文字の骨組み)を,

   明朝体活字のうちの一種を例に用いて示した。このこと

   は,これによって筆写の楷(かい)書における書き方の習

   慣を改めようとするものではない。

           

   字体としては同じであっても,明朝体活字(写真植字を含む)

   の形と筆写の楷書の形との間には,いろいろな点で違いが

   ある。それらは,印刷上と手書き上のそれぞれの習慣の相

   違に基づく表現の差と見るべきものである。

   以下,分類して例を示す。

         

その後、明朝体の活字の特徴と、筆写の楷書のヴァリエーションについ

て、色々な具体例が画像で示されている。ここでは、とめ・はねに関わ

る画像だけトリミング&縮小して引用させて頂こう。文化庁はページの

下で、「ALL RIGHTS RESERVED」と著作権を主張してるけど、こ

の程度の引用は、著作権法・第32条で許される範囲のはずだ。私が

手書きで写し取るより、よほど説得的だし正確だと思う。

           

100415

           

環境の「環」という字の右下は、とめるのが正解で、はねるのは間違い

だと教わった気がする。先生の指導か、テキストの指導かはともかく、

はねてしまいそうな所を一生懸命とめる練習をしたはずだ。なるほど、

たかが活字体と筆記体(の一種)の違いだったのか。

            

確かに、「牛偏(うしへん)」の縦棒の下をはねてもとめてもいいのなら、

「手偏(てへん)」の縦棒の下をとめても大丈夫だろう。象形文字として

の「手」の原型(つまり人間の手)を考えても、はねる方がむしろ変だ。

牛偏より手偏の方がよく使われるから、文化庁が具体例として示すに

は、手偏の方が適してる。投稿の提案はごもっともだろう。。

            

          ☆          ☆          ☆

これ以外にも、目から鱗が落ちるような具体例(はらうとか点の書き方

など)が示されているので、興味のある方には是非、文化庁のページを

じっくり読んで頂きたい。お役所としては珍しいほど、丁寧で具体的に解

説してある。

            

もちろん、文化庁の指示だけで漢字教育の正当性や妥当性を論じるの

は不十分だろうから、朝日の投稿で批判されてる漢字検定のなど

ら、反論があると更に面白くなるだろう。まさに、『朝まで生テレビ』だ。

            

三鷹の「鷹」と、障碍の「碍」が、新しい常用漢字表への採用を見送ら

れたニュースよりも、今回の漢字の書き方に関する意見の方が遥か

に一般性があって、多くの人(特に生徒)の実生活に影響するものだ

と思う。とりあえず、反論の投稿を楽しみにしたい。

         

小学校・中学校の国語の先生が、全国で動揺してる様子が目に浮か

ぶようだし、入試の漢字の採点で×印をつけた担当者も戦々恐々と

してるかも知れない♪ 

ではまた。。☆彡  

| | コメント (6)

毎年恒例の乗鞍ヒルクライム、今年もエントリー☆

☆追記: 2010年のレース記事をアップ。

        マウンテンサイクリングin乗鞍2010 )

        

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RUN 10.6km,46分43秒,心拍156

また時間が無くなってしまった。。自転車に乗るどころか、ランニングさえ

満足に出来なくなっちゃったな。昨日はパソコンの中身の整理にハマっ

たからだけど、今日はホントに余裕が無かったから仕方ない。

        

さて、毎年夏の恒例行事、全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍。信州・

乗鞍高原から出発する、全長20.5km、標高差1260mのヒルクライム

(坂登り)レースで、一般サイクリストの大会としては国内最大レベルの規

模のメジャーな大会だ。

            

今年(2010年)もエントリーの時期が来てるのは分かってたけど、4月

20日が締切だから、まだ先延ばしにしてた。そこへ昨日、仲間内の中心

人物 I さんからメールが回って来て、宿泊の予定を伝えてくれるようにと

のこと。それでようやく、JCA・日本サイクリング協会のサイトにアクセス。

いつの間にか、去年のレースの動画まで見れるようになってることに感

心しつつ、ネットでエントリー手続きを開始。

        

ところが、いきなり引っ掛かる。ページを移動しようとすると、「クッキー

を使うからブラウザの設定を変えろとか言って来た。そんな事は分かっ

てるから、ちゃんと普通の設定にしてあるのに、はじかれてしまう。IE 7

の Vista で、何が問題なのかね。仕方ないから、もう1つのブラウザ、

Firefox を使うと、上手く行った。でも、Firefox もプラグインを入れろと

か言って来るから、ちょっとダルイんだよな。ま、圧倒的に軽いけど☆

       

 (追記: IE のプライバシー設定を、中から低に下げると出来るようだ。)

         

他にも、エントリーの際、内容的に引っ掛かった部分がある。誓約書

項目の最後12番に、「本大会ホームページ、印刷物等(リザルトを含む)

の記載内容を無断で使用、転記、複製することを禁じること」とあるけど、

複製の禁止ならともかく、「使用」まで禁止したら、ブログに結果のデー

タを書くことさえ出来ないでしょ♪ 

       

ま、元の記載内容を丸ごとコピー&ペーストして、個人サイトで配布する

ような事を禁止したいんだろうけど、先日ネットの著作権に関する記事

を書いたばかりだから、著作権法が認めてる引用の自由を不当に制限

してるような気がして引っ掛かったのだ。おまけにあの誓約書、大切な

書類としては、日本語の文法があまり正確じゃない。各項目の主語は、

省略してある場合は誓約者(=申込者)のはずなのに、途中でいつの

間にか運営者になってしまってる(上の引用文もそう)。

    

・・・とか突っ込んでると、抽選で落とされちゃうか♪ 今年もちゃんと当選

させてね、JCAさん。参院選は谷垣会長の自民党を応援するから・・・っ

て、コラコラ!♪ 冗談はさておき、今年の抽選倍率はまた(?)上がっ

てるのかな。確率論的に、そろそろ落とされてもおかしくないかも。その

場合は、個人的に勝手に同じコースを走るか、あるいは別のレースに

チャレンジするか。やっぱ夏は、本気で自転車に乗らなきゃね☆

      

         ☆          ☆          ☆  

一方、今夜の走り。昨日、11.6kmしか走れなかったから、今日は14

kmがノルマだったのに、僅か50分しか無かったから、仕方なく10km

ちょっとに変更。「ちょっと」って部分は、走りながら時計と相談。

      

実際に公園に向かうと、最初から脚はスタスタ動く。疲れが無いし、

温も湿度も昨日よりかなり低いから、すごく走りやすい。タイムトライア

ルにしても良かったけど、故障リスクがちょっとあるし、明日も走りたい

から自重。600mだけ追加して、10.6kmのスピード走で妥協した。

        

トータルでは1km4分24秒。アリャ! 感覚的には4分20秒くらいだっ

たのになぁ。往路と復路が手抜き気味だったからか。周回は4分15秒

ペースをキープしてるのに、ちょっと失敗だね。ま、気持ちよく走って、

ダメージもないから良しとしよう♪ 心拍は少し高めに補正したけど、ほ

ぼ正しい数値だったと思う。心肺も脚もまだかなり余裕があった。明日

こそ14kmくらい走っときたいな。ではまた。。☆彡

       

 往路(2.45km)   12分01秒  平均心拍136         

  1周(2.14km)    9分09秒        159        

  2周             9分09秒        167      

  3周(1.22km)    5分25秒        166

 復路 (2.65km)    11分00秒       160

計 10.6km   46分43秒  心拍156 (最大168,2周目)

| | コメント (0)

ココフラッシュ(新着記事紹介)ともお別れか・・

RUN 11.6km,53分33秒,心拍154

寒暖の変化も激しいけど、ブログ界やネット界の変化も激しいね。今日の

「お知らせココログ」で、「ココフラッシュが生まれ変わりました」っていうタ

イトルを見た時は、リニューアルで改良したのかと思ったけど、何と閉鎖

なのか! 色々と問題のあるシステムではあったけど、ブログを始めて

5年弱の間、ほとんど毎日見て来た者としては、ちょっと淋しい気がする。

       

ココフラッシュは、ココログ(=ニフティのブログ)の新着記事とアクセス・

ランキングを紹介するシステム。2004年9月のスタートらしいから、私

がブログを始める10ヶ月前か。ほぼ「同期」だったとは知らなかった♪

私は、05年7月下旬から非公開でブログを始めて、8月末から「公開」

ココフラッシュや検索サイトに更新情報を送信し始めた。

            

初めてココフラッシュに自分の記事が紹介された時は、オオッ!て感じ

だったと思う。今でこそ、Google も Yahoo!もウチの記事をかなり優

遇してくれてるし、記事数も2000ほどあるから、検索アクセスだけでも

毎日かなり入って来る。だけど始めた当初は、検索サイトもあんまし相

手にしてくれないし、固定読者も当然いないから、身内とココフラッシュ

だけが頼りって感じだった。僅かなアクセスの一つ一つが、どれほど嬉

しかったことか。。

                                     

ランニング・カテゴリーと自転車カテゴリーに記事が出てるブログは、全

く知らなくても仲間のような感覚があったし、たまにココフラッシュに無視

されると淋しかったもんだ♪ 最近は減ってるけど、以前は23時~24

時の間にココログが激重になることがよくあって、その時間帯に苦労し

て記事をアップしても、ココフラッシュが認識しないことが何度もあった。

     

悔しいから、その記事を一旦削除して、空いてる時間帯に新しくアップし

直すと、なぜか前の同じ内容の記事がひょっこりココフラッシュに紹介さ

れてて、あわてたこともあった。普通は1時間以内に紹介されるのに、

たまに1日後になったりするのだ。

        

あと、禁止ワードの基準も以前はかなり奇妙だった気がする。一番ハッ

キリしてるのが、「マラソン」っていう言葉。3、4年くらい前、かなりの期

間にわたって、この単語を記事タイトルに入れるとココフラッシュに必ず

無視されてたし(よそのブログでも同様)、記事本文に入れても無視さ

れることがあったと思う。今となっては、懐かしい思い出だ・・・とか言い

つつ、実は最近も似たようなことがあったけどネ♪

            

で、その後は徐々にアクセスも増えたから、関心はランキングに移って

行った。ランニング、自転車、テレビ、芸能といった、ウチと関連が深い

カテゴリーで1位を取ると嬉しかったし、たった1回、全記事ランキング

(デイリー)で1位を取った時には感動した♪ 全記事カテゴリーのランキ

ングは、人気サイトの記事で占められてるから、100位に入るだけでも

難しいのだ。ま、記事の中身が素晴らしくて評判になったんじゃなくて、

Yahoo!がたまたまトップページで紹介してくれたってことなんだけどね。

                   

おっと、意外に長くなるな♪ 続きはまた、廃止の当日にでも書くとしよう

か。いつなのか未定のようだけど、今月末か来月末くらいかね。まだ、代

わりに誕生した「ココログ広場」はほとんど機能してないから、しばらくは

ココフラッシュも残すだろう。ココログ広場は仲間作りの場所で、ココフラッ

シュは記事紹介の場所なんだから、両方あっても構わないと思うけどな。

昨今の経済状況だと難しいわけか。富士通さんも色々大変そうだしね。。

        

          ☆          ☆          ☆

一方、今夜の走りについて。昨日は仕事が忙しかったし、完全な雨だった

からお休み。今日は多少余裕があったのに、パソコンの中身の整理をや

り始めたら止まらなくなって、走る時間が無くなってしまった♪

        

16km走る予定だったのに、僅か1時間しか無かったから、11km程度

に変更。走り終わった後、しばらく歩いてクールダウンするし、着替えて

パソコンを立ち上げてブログを書き始めるのにも時間がかかるから、な

かなか時間がかかるのだ。ブログの毎日更新さえなければ、締切時間

(24時)にも縛られないし、どんなにラクなことか・・・と度々思うけど、ま、

今の所は仕方ないね。こんな事、いつまで続くか分かんないけど。

       

で、あわて気味にスタートすると、脚はそこそこ軽いんだけど、やたら暑

感じる。昨日、寒いなぁと思ったばっかだから、身体が順応してない

だね。僅かな周期で気温がコロコロ変化すれば、身体もとまどうだろう。

こうゆう時は、なるべく長い時間、屋外に出る方がいいんだよな。        

         

Tシャツと長袖、2枚着てるだけなのに、大量の汗が出る中、ボチボチの

走りで帰宅。公園で、女の子が2人、自転車の練習をしてるのが珍しかっ

た。私も乗らなきゃマズイよなぁ。。トータルでは1km4分37秒ペース。

中途半端だね。心拍は、非常に珍しく、途中で50まで落ちてたから、大

幅に修正した。汗をたっぷりかいた時に起きやすいエラーだ。明日は14

kmくらい走りたいな。ではまた。。☆彡

        

  往路(2.45km)   12分21秒  平均心拍136         

  1周(2.14km)   10分10秒        149        

  2周             9分51秒        155      

  3周            9分26秒        165

  復路 (2.73km)    11分46秒        164

計 11.6km   53分33秒  心拍154(最大169,周回ラスト)

| | コメント (0)

フルマラソンの距離、42.195kmより42m長かったのか!

RUN 10km,48分42秒,心拍144

へぇ~、自転車3台で測った平均値なんだ。。昨日、4月11日の朝日新

聞・朝刊2面「ひと」欄に、マラソンコースの距離計測の国内第一人者と

して、平塚和則氏が紹介されてた。2004年から今年初めまで、国内唯

一の国際陸連・A級計測員だったそうで、17年前に日本陸連のC級計

測員になって以来、130超のレースに携わったとのこと。

 

警察官として働く傍ら、休日返上で頑張って来たってことは、よっぽど好

きなんだね♪ ボランティアでもないだろうけど、常識的に考えて報酬は

少なそうな裏方さん。まあでも、ちょっとやってみたい気もするな。スピー

ドメーター(=サイクルコンピューター)は特別精密な物を使うんだろうか。

 

色々気になった私は早速、日米のウィキペディアをチェック。大抵の場合、

英語版の方が詳しいんだけど、珍しく日本版だけが面白い情報を載せて

た。何と、「1001mをもって 1000m=1kmとする」とのこと☆ そうす

ると、42.195×1.001=42.237195kmが本当のコース距離って

ことになる。数学好きとしては、この最後の3ケタにまた「195」が出て来

る辺りに萌えるかも・・・って、アブナイわ♪ 長すぎるから42.237km

で考えると、ルールの42.195kmより42m長いことになる。

 

この理由は、計測値42.195km(実は42.237km)に最大限の測定

誤差(0.1%=42.195m)があったとしても、真のコース距離が、ルー

ルの42.195kmを下回らないようにするためだ。誤差論をかじってない

とややこしいだろうけど、正確に書いてる文章なので、丁寧に読んで頂き

たい。ちなみに、日本陸上競技連盟・競技規則・第240条・注意ⅱには、

こう書かれてた。

 

      後日再計測した際に、コースの距離が短かったということの

      ないようにするため「コース短小防止ファクター」をとり入れて

      測定することが望ましい。自転車による測定の場合、このファ

      クターは0.1%とし、各1kmの計測を1001mとして測定する。     

 

最後の表現がちょっと分かりにくいのは見逃すとして、なるほどなと納得。

42.237195km-42.195m=42.195km! 素晴らしい☆ こう

なるように、数学的にマラソンの距離を決めたってわけでもないようで(英

語版ウィキに詳しい)、なおさら数式の美しさに感動するね。

 

いや、もちろん、0.1%多めの距離のコースに決めておいて、もし測定

誤差で0.1%短ければ、差し引きピッタシの距離になるのは当たり前な

んだけど♪ ただし、「何に対する0.1%」なのか、きっちり決めておか

ないと、数学的に僅かなズレが生じることになるわけだ。

        

よくある商売の計算で、原価100円の3割増の定価(130円)から、3割

引した売値で販売すると(91円)、原価割れで9円損することになる。

   {(100×1.3)×0.7}-100=-9 。。

 

          ☆          ☆          ☆

という訳で、やたら眠い状況で数字遊びをした後は、昨日の走りについ

てちょっとだけ。久々に届いた知人のメールに、丁寧に返信してたら、

時間半もかかっちゃって、走る時間が無くなったわけ (^^ゞ ダメだね。。

 

昨夜も眠くて、ほとんどサボりそうになったけど、天気予報で今週は雨

が多そうだったから、10kmだけ我慢して居眠りラン。脚の感覚的には、

47分くらいで走ったつもりだったのに、49分近くもかかってしまった。ま

あ、その前の夜にスピード走14kmやってたから、脚が疲れてたのか

も知れない。流石に心拍は低かった。

 

トータルでは1km4分52秒ペース。苦笑。。ま、走っただけでも良しとし

とこう。今夜は仕事で疲れたし、冷たい雨が降ってるから、お休み♪ で

も東京マラソンは、これより寒かったんだよなぁ。。心拍の値はかなり低

く出てたので、全体的に高めに補正。それでも144、実測最大心拍184

の78%にすぎない。明日は12kmくらい走れるかな。それにしても、話

題のタイガー・ウッズ。復帰戦のマスターズ4位は流石だ。ではまた ☆彡       

 

往路(1.15km)  6分40秒  平均心拍124

 1周(1.1km)  5分37秒        133      

 2周         5分33秒        138

 3周         5分24秒        142 

 4周         5分19秒        146 

 5周         5分10秒        148

 6周         5分05秒        151     

 7周         4分57秒        154

復路          4分58秒        154

計 10km  48分42秒  平均心拍144(78%) 最大162(ゴール時)

| | コメント (0)

罪の改釈、教義への柔らかい挑戦~朝日新聞「自殺と宗教・下 キリスト教」

朝日新聞の4月10日朝刊・文化欄に、「自殺と宗教 下 キリスト教」と

題する記事が掲載された。6日の「上 仏教」に続くもので、筆者も同じ

磯村健太郎記者。大見出しは、「『罪』の解釈 問い直す」、中見出しは

人の弱さ包む優しさ伝える」だ。

     

記事全体の論調は、前回と同じかそれ以上に、自殺に対して温かいま

なざしになっている。扱われている内容も、今までキリスト教は自殺に冷

たかったけれど、最近は温かくなって来た、という話。ただし、仏教の時

よりも、過去あるいは現在に至るまでの冷たさが明確に示されている。

     

キリスト教では「命は神に与えられたもの」というのが大前提だから、

殺は「罪」。カトリックの以前の教会法では、自殺者に対するミサや埋葬

などの禁止が定められてたとのこと。83年制定の新教会法でほとんど

の規定が削られたものの、罪とみなす基本的立場はそのままらしい。

          

こうした歴史に対して、新たな動きが2つ挙げられている。一つは、関西

学院大学・神学部教授で、NCC(日本キリスト教協議会)宗教研究所・

研究員の土井健司の主張。昨秋の日本生命倫理学会で、代表的な神

学者アウグスティヌスの『神の国』とトマス・アクィナス『神学大全』を取り

上げ、彼らの自殺禁止を再検討。

       

どちらもむしろ自殺防止に努めていることがわかる。そもそも聖書に自

殺の是非をめぐる議論はない。聖書解釈の歴史のなかで、自殺の『罪』

にアクセントが置かれすぎた」との立場を取ってるそうだ。

       

問題となってる2冊は、どちらも我が家にあると思うけど、残念ながらす

ぐには見つからない。『神学大全』なら、Googleブックスで英語版の全

文表示があるようだけど、非常に長い書物だし、今回はチェックを諦め

ることにした。

         

その代わり、にはならないものの、英語版ウィキペディアで「Christian

 views on suicide」(自殺に関するキリスト教の見解)を閲覧。ま

ず、アウグスティヌスの自殺禁止の根拠は、聖書の「汝、殺すなかれ

とプラトンの著作『Phaedra』(パイドロスのことか?)とのこと。トマスに

ついては、自殺は神に背く行為であり、もはや悔い改めることのできな

い罪(sin)だと中傷した(vilified = けなした)ことが挙げられていた。

      

ともあれ、自殺禁止と自殺防止の違いは何とも曖昧で、恣意的な(=

思うがままの)解釈も十分可能だろうから、ここでは一つの参考意見と

して受け止めとこう。それより興味深かったのは、もう1つの話だった。

    

       ☆          ☆          ☆

自殺に対する心優しい態度の2番目は、日本カトリック司教団2001

年公式メッセージ、「いのちへのまなざし」。記事に添えられた写真も、

その記者会見だ。調べてみると、ネットでは公開されておらず、小冊子

で販売したようだ(税込315円)。他の発表は色々とHPに掲載されてい

るのに、どうしてこれは販売物としたのか、不思議な気はする。

       

とにかく、とりまとめ役の一人、森一弘司教にとって、従来のバチカンへ

の「挑戦」だったとのこと。聖人トマスの教義をくつがえすのは、司教団

にとっては難しい。そこで、メッセージという形式で、これまでの冷たい

態度を反省すると共に、人間の弱さや矛盾を包み込む神のあわれみ

や優しさを伝えようとした。

                   

ここで、朝日の記事の本文は終了。右脇には、「現実的な姿勢 心強い

というコメントが付け加えられている。自殺対策NPO「ライフリンク」代表

で内閣府参与でもある清水康之の談話で、従来の宗教の冷たさを非難

した後、最近の変化を心強いと語っている。ここでも、逆の立場のコメン

トは書かれてないから、これが朝日新聞社の絶対的方針ということか、

あるいは筆者の個人的信念なのか。。

       

        ☆          ☆          ☆

結局こうしてみると、2回の記事には、一切の異論がないことが分かる。

これまでの宗教は間違い、最近の流れが正しい、という報道だ。多くの

場合、最低限の両論併記を心がける朝日としては、異例の態度だろう。

       

私は、宗教とは現世の普通の感覚に合わせるべき存在ではないと思っ

てるので、ここまで一方的な議論が展開される状況に少し違和感がある。

もちろん、こうした新しい動きこそが、現代日本で一般ウケするものだか

ら、異論はあらかじめ厳しく封じ込められているわけだ。差し当たりここ

では、ネットで公開されていた興味深い pdf ファイルを指摘しとこう。

                   

自殺について ──カトリックの立場から」と題する、坂本堯(たかし)・

聖マリアンナ大学名誉教授の文章で、『平和と宗教 24号』に掲載され

たものだ(庭野平和財団,2005)。ここでは、例の「メッセージ」が朝日

よりも詳しく取り上げられていて、それだけでも参考になる。でも、私が

なるほどと思ったのは、そのメッセージが日本的なものだという指摘だ

(その論文の中では好意的な文脈)。

              

   「日本カトリック司教団は・・・日本の伝統に従い、日本の自殺の

    問題を人情に従って思いやりの立場から取り上げている。これ

    は諸民族の伝統を重視する第二バチカン公会議の影響が日本

    のカトリック教会に現れてきた結果であると筆者は考えている

       

日本の風土に即したヴァージョンのキリスト教が、長い間の抑圧から解

き放たれて、ようやく自立の道を歩み始めた。こう解釈するのなら、一連

の動きも、最近の風潮に合わせたものというより、土着の自然なあり方

のように見えてくる。ただ、それと同時に、西洋思想と日本の伝統の間

の矛盾も、鮮明に見えてくるわけだ。その矛盾にたいする、ある意味「日

本的」な妥協こそが、例のメッセージということだろう。

          

自殺禁止にせよ、自殺防止にせよ、温かい受容にせよ、自殺しないで

済む世の中を求める点では変わりない。したがって、その方向に社会

を変えて行くことにも問題はないだろう。ただ、それでも自殺が急に無く

なることはない。

                

自殺しようとする人、自殺した人、あるいは遺族も含めてその周辺の人

達に対して、宗教はどのように接するべきなのか、もっと本格的な議論

が行われていいと思う。たとえ今の日本が、そのような議論、あるいは

論争を許容するだけの底力を持っていないとしても、真の宗教なら、そ

のような社会に対する自律性を持ち合わせてるはずだ。

          

なお、「自殺しないで済む世の中」とは、「自殺のない世の中」とは限ら

ない。実際、私はこんな一般ウケしない重苦しい記事を「書かないで済

む」のだけれど、本当に「書かない」わけではないからだ。人間は、必

要に従ってのみ生きる生物なのではない。

         

ここで初めて、「欲望」という問題が浮上する。その観点からとらえ直す

と、今回の記事や仏教・キリスト教の流れも、全く違って見えるだろう。

とりあえず、今日の所はこの辺で。。☆彡

     

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.釈尊は自殺について価値判断せず

                  ~朝日新聞「自殺と宗教 上 仏教」

| | コメント (0)

地デジの電波、一部のチャンネルで不安定・・

RUN14km,1時間00分33秒,心拍160

地デジは当然、アナログ放送より安定してるのかと思ったら、そうでもな

いのかね。昨夜、国内最高レベルの制作費を投じた『大魔神カノン』

第2話「彼音」を見始めたら、いきなりパソコンがフリーズ(or ロック)!

全体じゃなくて、チューナーソフトだけが操作不能になったんだけど、ト

ラブルがほとんど無かった Vista にしては、珍しいことだ。

                

おかげで、肝心のブジンサマ(旧・大魔神)の特撮部分を半分くらい(?)

見逃してしまった  (-_-; まあ、500万円とか言うお城を壊すシーンは一

応見れたんだけど、一瞬で終了だったな。見逃した部分にもっとあった

のかね。いくら何でも、もうちょっとコストパフォーマンスを考えて、じっくり

映せばいいのに。。

    

前回見逃した、冒頭のタイトルバックの前半はちゃんと見たけど、やっぱ

少女カノン(里久鳴祐果)が中心で、ブジンサマ=大魔神が主役じゃな

いんだな。ってことは、タイトルの「大魔神カノン」っていうのは、「大魔神・

佐々木」と一緒で、カノン自身が大魔神って意味なのか♪ それならそれ

で、「覚醒」が楽しみかも。当然、エナメルの女王様コスチュームになって

くれるはずだ。

          

元彼のバンドのヒット曲「To The Top」が、カノンの「祈り歌」って設定

はいいとして、悪役がピンと来ないんだよなぁ。いきなり悪霊を出されて

も、困っちゃうね。ま、あの番組の中心的な視聴者層にとっては、わりと

自然なのかな。オンバケは「恩を受けた化け物」として、悪霊イパダダ

どうゆう意味の名前なのか分からない。

           

ともあれ、第3話は「寡温」(かのん)。温もりが僅かしかないって意味ね。

ま、熱いタイヘイ君(眞島秀和)にもらってくださいな。「かのん」の漢字

の変化でどこまで頑張れるか、ドラマの内容よりそっちが楽しみになっ

て来た♪ あっ、イケチヨ(長澤奈央)のサービス映像もね。

          

         ☆          ☆          ☆

ところで、問題の地デジの電波。マシンのスペック(能力)が不足してるの

かと思って、画面を小さくしたり、録画を止めたり、ブラウザのウインドウ

を閉じたりもしてみたけど、その後も『大魔神』を見てる間はずっと不安

だった。コマ落ちというより、時々2、3秒止まっちゃって落ち着かない。

          

しかし、先週も変だったけど、今までこんなに不安定だった覚えはない。

どうしてかなと思って考えたら、そう言えば去年の梅雨に、地デジ・チュー

ナーをPCに外付けして以降、テレビ東京系列の番組はほとんど見てな

かったことに気付いた。ネットで検索すると、どうもチャンネルによって違

うことがあるらしいから、早速テレビ画面の「設定」で、各局の電波の強

さをチェック

                    

すると、テレ東系が61%、日テレ・74%、TBS・78%、フジ・80%、テ

レ朝・70%、NHK・62%、NHK教育・61%。なるほど、テレ東系とNH

Kが弱いわけね。ヘルプの説明を読むと、60%くらいが境界線みたい

で、電波の状態は刻々と変わるから、時々不安定になってたようだ。で

も、NHKで五輪を見てる時に不安定になったことはないよなぁ。すると、

テレ東系の電波だけが、弱い上に不安定なのか。

    

チューナー・DT-H30/U2のメーカー(BUFFALO=バッファロー)

のHPとか、色々調べてみると、要するにアンテナ線にブースターを取り

つけて電波を強めるのが一番ラクな解決法みたいだ。ま、しばらく様子

を見て、それでも不安定なら買いに行くか。3000円くらいなら仕方ない。。

      

         ☆          ☆          ☆

さて、丸2日サボった後の今夜の走り。って言うか、今日こそ自転車に乗

ろうと思ったのに、寝不足が溜まってて朝起きれなかった。昼からだと、

道が混んでてノリが悪いのだ。ま、そんな贅沢言ってる場合じゃないか♪

    

で、代わりに夕方から18kmくらい走ろうかと思ったのに、余計な用事を

思いついて、それにハマってしまった (^^ゞ ま、外付けHDDのデータ整

理とだけ言っとこうかな♪ なかなか普段やる気がしないけど、やり出し

たら止まらないわけ。マニアの哀しい性(さが)なのだ。

     

結局、僅か1時間ほどしか走る時間が無くなって、12kmか14kmか

迷ったものの、14kmのスピード走に決定。2日休んで、何となく脚が

超回復してる感じがあったのだ。走り出してみると、その通りで、勝手

に脚が動いていく。公園の花見客もスケボー少年達も、わりと大人しく

て妨害されなかったから、いい感じで周回。呼吸は荒れたものの、脚は

まだ余裕たっぷりだったな。誰かと競り合ったら、もう1ランク上のスピー

ドは出せたのに・・・とか言ってちゃダメなのか♪ 勝負に「たら・れば」

はないのだ。

      

トータルでは1km4分19秒ペース。あれ、意外に大した事ないね。感

覚的には4分15秒くらいに感じたけどな。ま、余裕があったからいいや。

ひょっとすると、14km走の練習ベストタイムかも♪ 明日の夜はまた

傘マークなんだよなぁ。先に走るから傘ランか、いずれにせよ、ちょっと

だけ走る予定。

                  

心拍は・・・って言うか、実はさっき、心拍計の操作を誤って、データを消

してしまった (^_^; ブログの締切時間24時が迫ってて、焦ったわけ。た

だ、トータルの記録とか途中のラップタイムはある程度覚えてたから、

それを元に適当に修復しておいた。大体あってると思う。今夜は蒸し暑

くて、僅か1時間で汗ビッショリ。人力サウナって感じだね。ではまた ☆彡

           

  往路(2.45km)   11分24秒  平均心拍142         

  1周(2.14km)    9分25秒        158        

  2周             9分11秒        162      

  3周            9分08秒        165

  4周             9分00秒        167

  5周(0.44km)      2分05秒         163

  復路 (2.55km)    10分20秒        163

計 14km   1時間00分33秒  心拍160(最大不明)

| | コメント (0)

ネット時代の著作権~古き著作権法と最近の社会状況

4月7日の朝日新聞・夕刊文化欄に、ちょっと興味深い記事があった(朝

日のHPにも掲載)。非常にお堅いイメージの強い美術館が、写真撮影

とネット掲載を認めたというのだ。東京・六本木の森美術館「六本木クロッ

シング2010展」。他にも、東京国立近代美術館の「建築はどこにある

の?」展でも写真撮影OKで、そもそも同館では、所蔵作品展に限ると

6年ほど前から撮影許可してるそうだ。

     

ウチのブログは、著作権や肖像権についてかなり真面目に守ってるつも

で、ドラマ関連の画像も一切入れてないし、YouTubeへのリンクもゼロ。

その一方、乗鞍や美ヶ原のヒルクライムレースで撮ったレースクイーンの

写真なら結構載せている♪ 

     

そもそも撮影タイムがあるくらいだし、彼女たちの場合はむしろ、個人サ

イトを売り出しの手段に使ってる側面もあるわけだ。また東京モーター

ショーでコンパニオンにカメラを向けても、笑顔でポーズを取ってくれた

し、インターネット上には無料の鮮明な写真が溢れ返ってる(ウチのは

かなりの圧縮後)。ただし、下からの撮影はもちろんのこと、後ろからの

撮影もスタッフに注意される場合があるようだ。これはマナーとか、モデ

ルへの配慮という問題か。

                       

要するに、著作権や肖像権に関するトラブルは、個別のケースにおける

一定の条件を守っていれば、まず生じることはないのが実情だろう。で

も、その条件とか境界線が曖昧だから、真面目に考え始めると厄介だ

し、ネット上の様々な説明にもかなりブレが生じてる。

         

私が今回、著作権に興味を持ったのは、Vista 付属のゲームソフトの記

を書く際に、モニター画面のキャプチャー(=プリントスクリーン)を

載していいかどうか、迷ったからだ。地雷ゲーム「マインスイーパ」みたい

に、昔から有名なおまけソフトで怒られるとは思えないけど、Vista 以降

の幼児教育ゲーム「パーブルプレイス(Purble Place)」でも大丈夫か。

       

事実としては、ネットのあちこちにゲーム画面は掲載されている(意外に

少ないか・・)。でも、Microsoft も制作会社も米国企業だから、いきな

り英文ギッシリの訴状を届けられるのがちょっと心配だ♪ という訳で、

色々と調べた結果を、私なりにまとめてみよう。。

                   

        ☆          ☆          ☆

肖像権に関しては、特に法律はないようだし、私も差し当たり困ってな

いので、著作権に限定して話をしよう。文章、映像、音楽など、すべて

の議論の根本には、古き著作権法が存在して、特に「引用」に関する

第32条第1項が大きな争点になる。

           

   公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合

   において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、

   報道、批評、研究、その他の引用の目的上正当な範囲内で行な

   われるものでなければならない。

         

40年前(昭和45年)の法律には度々改正が行われてるけれど、現在

具体的にどう「解釈」するかを考える時、一つの参照枠になってるのが、

文化庁長官官房著作権課による「著作権テキスト~初めて学ぶ人の

ために~」だ(平成20年度)。この pdf ファイルの末尾に資料として

記載されている著作権法から、私の上の引用は行っている。「著作権

テキスト」の中で、著作権法第32条第1項の引用の条件は、比較的

わかりやすく説明されていた。

                 

       他人の主張や資料等を「引用」する場合の例外です。

       [条件]

       ア  既に公表されている著作物であること

       イ  「公正な慣行」に合致すること

       ウ  報道,批評,研究などの引用の目的上、

          「正当な範囲内」であること

       エ  引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が

          明確であること

       オ  カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること

       カ  引用を行う「必然性」があること

       キ  「出所の明示」が必要(コピー以外はその慣行があるとき)

    

ここから、常識的な基準が確認できる。まず、引用は自分の作品の一部

分に留めること。5分の1以下くらいなら「主従関係」は明らかだろう。ま

た、例えばこの私の記事の冒頭で言うと、「出所」である朝日新聞の朝夕

刊の区別と日付けを明示してるし、カギ括弧はなくても「引用部分」は「明

確」なはずだ。「必然性」という言葉は強過ぎるから、自分の議論にとっ

ての「必要性」とか「有用性」くらいに考えれば十分だろう。もちろん、冒

頭の引用は、著作権の扱いが現在かなり変わりつつあることを示してる

わけで、十分有用だ。

         

ちなみに、私は今まで朝日新聞に関する記事をかなり書いて来たし、そ

れに対する朝日新聞社内からのアクセスもかなり頂いてる(特に折り紙

記事は多かった)。それでも、全くクレームは無いので、こんな感じの扱

いでいいんだろうと受け取ってる。

     

          ☆          ☆          ☆                      

他に、代表的な著作権関係の団体として、著作権情報センター(CRIC

:Copyright Research & Information Center)があるけど、引

用に限って言うと、そのサイトに上の話以上のことは見当たらない。PC

ゲームと関係ありそうな、コンピュータソフトウェア著作権協会のHPを

見ても、似たような話が繰り返されている。ただ、そこにある「著作権侵

害事件」の年別リストは参考になるだろう。

      

そこで、私が気になってたゲーム画像関連の事件が2つ掲載されてい

る。どちらも2004年で、人気ソフトの画像を大量に掲載してたらしく、

片方は罰金50万円で、もう片方はなぜか結果が書かれてない。この

2つ以外のゲーム関連事件は、基本的にソフト(=プログラム)自体の

コピー、つまり海賊版に関するものだ。それなら、常識的にダメなのは

すぐ分かるだろう。

       

ゲーム画像に関しては、最近だとゲーム会社も、一部に関して条件付

きで「スクリーンショット」(ゲームの機能)のHP掲載などを認めてるよう

だ。その場合の条件としては、非営利、枚数制限、縮小など、これまた

常識的に分かりやすいものが並んでて、あまり悩むことはない。

      

なお、個人サイトの中で特に注目すべきものとしては、「ゲームサイトと

著作権」と呼ばれるページがある(検索ですぐアクセス可能)。これは、

管理人のHIKA氏が、著作権情報センター内の「著作権テレホンガイド」

で行った質疑応答を掲載したもので、興味深くて貴重なものだ。

      

残念ながら、10年前のやり取りだし、あくまでその時の担当者の解釈

にすぎないように感じる部分もある。例えば、(画像を圧縮したところで)

「著作権上の扱いが変わることはないでしょう」と答えたそうだが、圧縮

画像だけを許可してるゲーム会社は現在確かにある(例えばNEXTON

-NET)。そもそも、丸ごとの引用と控え目な引用とで扱いが変わるの

は自然なことだろう。著作権者の感情としても大違いのはずだ。

    

とはいえ、少なくとも当時、「引用の妥当性という件だけで一年中裁判

が行われている状態です」という言葉は、耳に留めておく必要がある。

電話相談員としては、「結局のところ、御自身の判断に任せるとしか言

えません。」というのが誠実な応答なんだろう。最終的には、個々のケー

スで当事者や裁判官らが判断するしかないわけだ。。

         

       ☆          ☆          ☆

で、結局、Vista と Windows7のおまけソフト「Purble Place」の記

事はどうするべきか。世界に広まってる無料ゲームだし、注意書きを読

んでも、画像コピーに関する厳しい話は全く載ってないので、まず大丈

夫だとは思う。でも、記事を書く「必要性」も特にないので、君子危うき

に寄らずと言うか、しばらく保留にしておこう。私は、石橋を叩き過ぎて、

渡る前に割ってしまうタイプの人間なのだ♪

                         

ま、著作権もリスク管理も、非常に重要な時代に入ってるのだろう。

きな社会的流れとしては、違法映像だらけの YouTube がそのままに

なってるどころか、Googleに巨額の資金で買い取られたことからも分

かる通り、情報をある程度まで一般公開する方向に動いてるようだ。そ

れは、人気・知名度の向上や、正規のオンライン情報からの収益にも

つながって行くのだろう。成果の程度や事の是非はともかくとして。

                  

ではまた。。☆彡

| | コメント (0)

スポーツ・スタッキング~紙コップ山積み競争の進化形♪

RUN 14km,1時間06分05秒,心拍151

読者の方から、カップ・スタッキング(Cup Stacking)に関する数学系

記事の要望を頂いたので、色々と調べてみた。残念ながら、数学系の

記事は書けないけど、代わりに図解記事を書いとこう。今現在、下に示

すような図解は(ほとんど)見当たらないから、一応の意味はあるだろう。

ま、興味を持つ人がどの程度いるのかはビミョーなんだけど。。

       

さて、スタックという英語は積み重ねるという意味で、カップスタッキング

とは大きさの揃ったカップ(例えば紙コップ)をピラミッド型に山積みする

ことだ。おそらく自然発生的な遊びで、手品とかマジックにも似たような

ものはある。1985年にアメリカで、時間を競うスポーツとして体系づけ

られて、90年以降に広まったようだ(英語版ウィキ)。

                   

つまり、スポーツ・スタッキングというのは新しい競技で、世界スポーツ

スタッキング協会・WSSA(World Sport Stacking Association)

と、公式用品を一手に引き受けるスピードスタックス社が中心になって

普及に努めてるらしい。1セット5900円(カップ、タイマー、マット、DVD)

だから、手頃な価格だろう(税込ネット価格、送料別)。日本のバラエティ

番組にも時々登場してるとの事だ(日本版ウィキ)。

              

100408a

 で、肝心のやり方だけど、積み

 方の基本は4通り。まず、唯一

 9コだけ使う「3-3-3」。続い

 て、12コ全部使う「3-6-3」。

 さらに「6-6」と「1-10-1」。

 「3-3-3」と「3-6-3」は、

100408b

 それぞれ単独の競技としても

 行われる。それぞれ、世界記

 録は1.80秒と2.15秒。日本

 記録は2.11秒と2.75秒だ。

 計測は百分の一秒単位。

   

100408c

 他に、「サイクル」と呼ばれる複

 合競技があって、「3-6-3」、

 「6-6」、「1-10-1」、「3-6

 -3」の順に行う。世界記録は

 5.93秒、日本記録は7.13秒。

 以上は個人戦だけど、ダブルス

100408d

 や4人1組の団体戦もある。協

 調性を養えるので、学校教育

 にも取り入れられてるそうだ。

   

 私がなかなか理解できなかっ 

 たのが、積み上げ方のルール

 言葉ではあちこち書かれてるけ

100408e

 れど、どうゆ

 う意味なのか、

 図や写真や動

 画がないとハッ

 キリしない。

 違法映像だら

 けのYou

100408f_3

 Tubeの中

 から、合法っ

 ぽいものをわ

 ざわざ選んで、

 何度もスロー

 再生すること

 で、やっと正

確に理解できた。観客の側から見て、図の①②③④⑤の順に行うのが、

6コの山の「アップスタック」(積み上げ)だ。左右は図と全く逆でもいい

         

100408g

 一方、山を

 「崩す」と呼

 ばれる「ダウ

 ンスタック

 は、ちょっと

 不思議な操作

だ。特製のプラスチック・カップは、滑りやすく作られてるようで、スルス

ルッと一瞬で滑らすようにして、斜め下へと片手で重ねて行く。おそらく

紙コップだと、摩擦で引っ掛かって、それほど鮮やかには出来ないと思

う。ガラスは危ないから、全くお勧めしない。

      

さて、この競技を数学的にとらえようと思って、一番カップの総移動距離

が少ない積み方を一応考えてみた。でも、全体が不安定になるし、積む

時と崩す時の両方を3次元で考えるから、非常に面倒な物理・数学的問

題になる。そもそも、プレイヤーはそんな事を全く考えてなさそうに見える

ので、普通にキレイに、左右・前後対称に積むだけのことだろう。あとは

トレーニングと反射神経と集中力の問題だ。さらに根本的なのは、モチ

ベーションの維持のような気もする。

       

数学でほんの少し似たような話なら、パスカルの三角形と「ハノイの塔」

が頭に浮かぶ。それらは既に、ウィキも含めてあちこちに解説があるの

で、ここでは省略しよう。もう時間なので、この辺で終了。

                 

スタッキングが面白そうだと思った人、新人歓迎会とかの宴会芸に使え

そうだと思った人は、早速お試しあれ♪ タカラトミーの販売撤退とか、

諸々の情報を合わせると、日本では今の所かなりマイナーのようだか

ら、逆に目立てるかも知れない。ただし、男の場合は相当な技術が要

求される。女のコなら、遅くても失敗しても、笑って許されるわけだ♪

          

        ☆          ☆          ☆

一方、昨夜のランニングは、上のスタッキングをあれこれ調べた後になっ

たから、寒かった。ホント、春は寒暖の差が大きいね。前の夜は15度も

あったのに、昨夜は僅か6度。手袋をしなかったから、手が冷え切った。

     

都合良く雨が上がった公園に出かけると、時間帯も遅かったからか、花

見客はゼロ。邪魔されるのも困るけど、誰もいないのもちょっと淋しい♪

川の表面に散って浮かんだ花のことを「花いかだ」と呼ぶのを、昨日の

朝日新聞・夕刊で知ったけど、ジョギングコースだったら「花ロード」かな。

私の造語かと思って検索したら、一杯ヒットしてしまった (^^ゞ

     

ともかく、妙に肌寒い中、ビルドアップ(加速走)みたいに14km流して

終了。帰宅後はすぐ、温かい紅茶をたっぷり飲もうと思ったのに、間違

えてコーヒーを入れてしまった♪ ま、頭も疲れてたってことで。トータル

では1km4分43秒ペース。ちょうどいいかな。心拍の数値は高めに補

正したけど、実際わりと低かったと思う。今夜は走るかどうかビミョーな

所。ではまた。。☆彡

          

  往路(2.45km)    13分11秒  平均心拍132   

  1周(2.14km)     10分36秒         144        

  2周             10分11秒          148        

  3周             9分48秒          156

  4周              9分18秒          162 

  5周(0.54km)       2分27秒          162

  復路              10分35秒          158

計 14km   1時間06分05秒  151(最大心拍164,4周目ラスト)

| | コメント (2)

お花見シーズン、桜はキレイでも走りにくい・・

RUN 16km,1時間13分52秒,心拍156

汗ビッショリ。。夜中に14度っていうのが、最近だとかなり高い気温だし、

湿度も80%近くあったから、私にはかなり走りにくいコンディションだっ

た。蒸し暑さには極端に弱いもんで・・・って言うか、アップを着る必要が

なかったのかも。

    

さて、今日は何のネタで書こうかなと思って、あれこれ探してみたんだけ

ど、いまいちピンと来ないものばっかだから諦めた♪ 大井競馬で、日

本最高2488万円の馬券が飛び出したっていうのが羨ましいけど、競

馬は知らないから、それ以上書けない。これがツイッターなら、「すげぇ

~~~」とか、つぶやくだけでいいんだけどネ。

     

不況や高速割引のせいで、JR東日本と西日本の旅客収入が大幅に減

したとか、エンゼルス・松井の開幕ホームランとか、ちょっと気になる

ニュースは多くても、こだわって書くほどの気もしない。それより今夜は、

個人的に花見客にイラついたって話の方が大きいね♪

     

毎年繰り返されてるから心構えが出来てるとはいえ、夜の公園を走る

ランナーにとって、花見客は天敵だ。特に、学生グループはホントに幼

くて困るね。ま、逆に幼いから許せるって所もあるんだけど。今夜は今

シーズン最悪で、ずっと広い道をふさぐようにして騒いでる連中に加え

て、わざわざコースをふさぐ形でキャッチボールする連中まで出現。他

にいくらでも場所はあるのに。

    

私は最近はすっかり温厚で寛容な社会人になっちゃってるけど、元々

は武闘派に近かった♪ 自分から攻撃することはないけど、やられた

ら2倍、3倍やり返したくなる部類の人間だし、ダメな連中にはダメだと

分からせたくなる。妨害をよけるようにして走りながら、顔が何度もひき

つって、その度に衝動を理性で抑え込むハメになった。眉間にシワが

よったら、無理やり顔をリラックス。 

                  

大げさだと思うかも知れないけど、私は実際にスケボーをぶつけられて

足を捻挫させられたことがあるし、サッカーボールが顔に当たりそうになっ

たことも何度かある。もちろん、ジョギングコース上でのことだ。どちらも

論外の行為で、特にスケボーはあちこちに禁止の看板が立ってるほど

だから、かなりの人が迷惑してるのは間違いない。せめて人のいない所

でやればいいのに、わざわざ人が通る周回路で、集団でやるんだよなぁ。。

         

・・・って感じで、ブログでボヤくと、ちょっとだけストレス解消になるね♪

これが大人の対処法ってもんだろう。ならぬ堪忍、するが堪忍。「ガマン、

ガマン」のワンジルなのだ(北京五輪マラソン・金メダル)。ま、一部の連

中を除けば、悪気のない子供たちに過ぎないから、マジメに腹を立てる

のも大人げないっていうか、下手するとこっちが悪者扱いされてしまう。

     

とにかく、蒸し暑くてカリカリする中、ボチボチの走りでノルマの16kmを

終了。トータルでは1km4分37秒ペース。遅っ! 一日休んだのに、

昨日の奇妙な疲れがまだ残ってた気もするな。ま、気にせず明日も軽く

走るとしよう。それにしても、最近眠いなぁ。コーラのカフェイン・ドーピン

グが足りないのかも♪ 心拍はかなり高めに補正した。大量の汗でセン

サーが狂ったのかね。ではまた。。☆彡

                

  往路(2.45km)   12分41秒  平均心拍133         

  1周(2.14km)   10分25秒        148        

  2周            10分05秒        154        

  3周            9分49秒        158

  4周             9分38秒        160 

  5周             9分18秒        164

  6周(0.4km)      1分48秒         166

  復路             10分09秒         164

計 16km   1時間13分52秒   心拍156(最大171,ゴール時)

| | コメント (2)

釈尊は自殺について価値判断せず~朝日新聞「自殺と宗教・上 仏教」

子供の頃は、泣いたり泣かせたり、些細なことで涙と関わり合うことが多

かった。でも、自分の頭で考えるだけで泣いたのは、親の死について考

えた時だった気がする。その数年後、初めて「人間」とか「自分」という存

在について深く考えたのも、死をめぐってだった気がする。

             

人にとって、一般に死は、悲しい出来事の典型だろうけど、とりわけ自殺

という行為には、何とも重たく切ない感じを持たざるを得ない。その一方

で、死が持つ独特の吸引力とか甘美さのようなものも無い訳ではないの

だけど、そちらについては、また別に機会に論じるとしよう。

       

自殺について、中3くらいのホームルームか何かで話題になった時、私

は子供っぽいユーモアを込めて、「根性無しだと思います」と答えた。こ

れはもちろん、「根性」ではどうにもならないような場面があることに気

付いてないのではないし、根性の過大評価でもない。現在の世の中で

受け入れられやすい表現に直すなら、「生きてて欲しいと伝えたいです」

とでも言うべき思いだったわけだ。

           

その意味では、本質的に今もそれほど考えは変わってない。「私はあな

たに生きていて欲しい」とか、「あなたが死ぬと、ご家族は悲しみます」と

いう、周囲の個人的思いや願いが、生活感覚のレベルで差し当たり大切

なことだ。そして、そこに付随してくるのが、「死ぬ必要はないんですよ」と

か、「あなたも本当は生きたいんですよね」といった言葉、あるいは知識

だろう。何ならそこで、心の病とか自己破産という言葉を付け加えてもいい。

           

正直、ガンの末期とか、病気で耐えがたい苦しみがある人が、少し早め

に安らかになることまで止めるつもりもしない。それでもやはり、他人で

あれ自分であれ、なるべく自殺は止めたい。その時の、最終的な根拠の

ようなものは、一体何だろうか。そんなものはないのだろうか。

            

古今東西、わかりやすいものの代表が、「人間を殺してはいけない」とい

う考えだろう。自殺は、「自死」、つまり自分で死ぬことというよりも、やは

り自分を殺すことであって、だからいけないと考えるわけだ。 

           

不殺生は仏教の教義だから自殺はいけない、という考えも、それと似た

ような形式の話だろう。ただし、そこで2つの大きな問題が浮上する。ま

ず、本当に仏教は自殺を禁じてるのかどうか。そしてもう1つは、仏教の

自殺に対する考えは正しいのか、という問題だ。

            

          ☆          ☆          ☆

今日(4月6日)の朝日新聞・朝刊では、「自殺と宗教 上 仏教」と題し

て、仏教の取り組みを伝えている(磯村健太郎記者、下はキリスト教の

予定)。大見出しは、「仏典再読、苦しみと向き合う」。それによると、自

殺問題に対する仏教界の対応の遅れが指摘される中、浄土真宗・本

願寺派教学伝道研究センター(京都)は、2年前に自派の寺院でアン

ケートを実施。自殺は仏教の教えに反していると思うか、という問いに、

「思う」「やや思う」と答えた僧侶が計74%いたそうだ。

            

けれども、その考えでは相談者や遺族の思いを受け止めるのが難しい

し、そもそもその考えが仏典に即してるのかどうかも曖昧だ。そこで、

始仏典大乗仏典を読み直したセンターが出した結論は、「釈尊は自殺

について価値判断をしていない」。つまり、お釈迦様は自殺をいいとも悪

いとも言ってないということで、昨年から「宗報」などで発表しているらしい。

    

ネットを探すと、「教学研究所ブックレット No.16 自死、遺された残さ

れた人たち~死別の悲嘆によりそって~」という冊子が一応見つかる。

宗報だと、2009年3月号以降の目次だけが並んでいて、10年3月号の

「こころ通信47 自殺対策」という記事名くらいしか見当たらなかった。

          

この結論、あるいは仏典解釈が、本当に正しいのかという所までは、も

ちろん私には分からない。ただ、自殺に関する数百カ所の分析と書かれ

てるし、「雑阿含経」(ぞうあごんきょう)の弟子ヴァッカリに対する釈尊

態度(後述)とか、僧団(=出家者集団)の運営規則に関する「律」の話と

か、具体例も示してある。とりあえず拝聴に値する研究ではあるだろう。

           

東京大学の下田正弘教授(インド哲学)も、「仏教は本来、死の差別化

はしない。孤独のなかに立ち続けることの尊さは説くが、結果の是非は

論じない」と語っているとのこと。そもそも死は単なる終わりではなく、再

生の契機=きっかけ。良し悪しを問うより、(遺族の)再生の可能性に目

を向けよう、ということのようだ。

          

相談や法要を行う超宗派の「自殺対策に取り組む僧侶の会」(事務局・

東京、代表・藤澤克己)も、センターの研究を評価している。問題は自殺

という結果ではなく、その要因。また、「いけない」と否定するよりも、「死

んでほしくない」と寄り添うべきだ。そういった、相談現場での方向性を、

教学的に裏づけてくれたことになるわけだ。

           

          ☆          ☆          ☆

という訳で、非常に朝日新聞らしくと言うべきか、読者の共感を得やすい

形で今回の記事は終わっている。実際、私自身も読後感はいい。ただ、

それでも最後に、少し付け加えておきたい。

           

まず、既に指摘したように、仏典の解釈には当然、様々な余地があるは

ずで、研究者同士の本格的な議論が必要だということ。おそらく既に、反

論・異論は出てると思う。あるいはまだ、胸に秘めたる段階とか、準備中

なのかも知れないけれど、記事で全くそういったものに触れられてないの

が少し気になった。

         

そしてもう一つ、もっと本質的なこと。仏教は、仏典と遺族だけを考えて

いいのだろうか。正直、記事全体を冷めた目で読むと、遺族との関係を

上手く築けるように仏典を解釈したように感じられなくもない。初めに結

論ありきとまでは言わないとしても、最も肝心な、自殺の当事者との向

き合い方がやや軽い感じを受ける。

          

釈尊は重病で死を考えるヴァッカリに対して、「どう仏法を学んでいたか」

を問うのみだったそうだ。その問いの意味は何なのか。また、そう問うだ

けでいいのか。仏教者として自殺と真摯に向き合うとは、そういった問題

についても考え続けることだろう。

              

私は別に仏教を信じる者ではないけど、宗教として親しみは持っている。

宗教たるもの、現世の人間関係や社会状況を超えた次元まで、深く取り

組んで頂きたいものだ。

             

仮に、今回の記事のように、自殺を悪とするのは誤りとしても、自殺を悪

としないのは当事者に対して正しい向き合い方なのか。命の尊さに対す

る配慮は十分なのか。私自身も、仏教とは別の立場から、自分なりに考

えていきたいと思ってる。

           

ではまた。。☆彡

      

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.罪の改釈、教義への柔らかい挑戦

                   ~朝日新聞「自殺と宗教 下 キリスト教

| | コメント (0)

ラン&自転車通勤用ステーション、料金の比較~東京・横浜・京都

RUN 16km,1時間14分41秒,心拍155

エコが促す自転車通勤」「都心にシャワー付き施設」──朝日新聞・土

曜朝刊の別刷「be on Saturday」に、トレンドのレポートとしてジテ通

(=ジテンシャ通勤)の記事が載ってた(4月3日,冨森ひな子記者)。

     

スポーツ自転車や電動アシスト自転車の好調な販売動向、自治体や企

業の支援策などよりも先に書かれてたのが、自転車通勤者用の拠点

(ステーション)の話だ。もちろん通勤でなくても使えるし、「ラン通」(ラン

ニング通勤)の拠点と兼用のことが多いようにも感じる。少なくとも、

事で扱われてた3つのステーションは、ランニング&自転車の両方に

使えるものだ。「RUN&BIKE」と題するブログの管理人として、このネ

タに飛びつかないはずがない♪ 

         

記事の一番最初は、3月1日東京・青山にできた「ファンライド ス

テーション」。HPを見ると、通称「ファンステ」で、「ランステ」としても使

えることをアピールしてある。自転車好きなら名前から分かるように、

月刊誌『ファンライド』(funride)の出版社アールビーズの運営だ。こ

の会社、去年の11月に社名変更するまでは「ランナーズ」という名前

で、その名の通り、月刊『ランナーズ』の出版社でもあるし、メジャーな

ポータルサイト「RUNNET」も運営している。

     

では、肝心のステーションの料金はどうなのか。朝日の記事に名前が

載ってた、横浜「ザ・スペース」(The Space,昨年12月)と、名前

抜きで一言だけ触れられてた京都の施設「エコ通ステーション」(昨年

11月)と合わせて、一覧表の形にしてみた。それぞれ、少しずつ料金

体系が違うけど、細かい部分は各HPを見て頂くとして、要するに下の

4つの分類がポイントだろう。自転車も含めて荷物を置いて、シャワー

と更衣室を使ったらいくらか、という話だ。

        

          ファンステ(東京) ザ・スペース(横浜) エコ通ステ(京都)

自転車会員(月)  23000円     13000円      10000円

  ビジター(日)  1500円       1300円       1200円

ラン会員      2000円(4回)  3000円(5回)  5000円(無制限)

  ビジター      700円        600円       700円

      

        

ラン会員の料金の所の「・・・回」というのは、使用回数制限のこと。それ

を超えると、ファンステとザ・スペースは1回500円。たまに神宮外苑・

赤坂御用地・皇居を走るだけならともかく、平日にずっとラン通勤すると

1万円を超えることになる。熱心なランナーなら、京都に住むのがお得っ

てことか♪

                   

一覧表を見渡した時、ファンステの自転車会員料金が断トツで高く見え

けど、場所が一等地・青山だとこんなものかね。近くに、有名ショップ・

なるしまフレンドの神宮店も出来るし(4/9)。1ヶ月に23回使って、1日

1000円。あの辺りに勤めてる自転車好きなら、高く感じないのかも。

普通の駅前駐輪場とコインロッカーとコインシャワーでも、1日600円

以上かかりそうだから、場所と便利さとキレイさを加味すれば、結構リー

ズナブルにも見えて来た。

                 

そうはいっても、今現在、ファンステHPに、満員で募集打切とかいう掲

示は見当たらない。会員・ビジター合わせて60台分だから、すぐ埋まっ

ても不思議じゃないのに、まだオープン1ヶ月だから情報が伝わってな

いのかね。ともあれ、こうゆう施設が増えるのはすごくいい事だ。後は、

利便性と料金と、みんなの声を聞きながら模索していけばいい。

    

個人的には、もっとビジターに優しい施設が増えると嬉しいね。全国各

地に広がってる「道の駅」みたいに、「RUN&BIKEステーション」が整

備されれば、楽しさが何倍にも膨らみそうだ♪ 国土交通省の皆さん、

よろしくネ! あと、日本サイクリング協会会長の、谷垣自民党総裁に

も頑張って欲しいもんだ。。      

     

追記: 2月19日オープンの皇居ランナー向け「adidas RUNBASE

     は、ビジター700円で、横並び的な設定。無料の「アディダス

     ランニング共和国民」登録をすると600円だけど、携帯で自分

     のサイトを提示する必要があるらしい。。)

         

       ☆          ☆          ☆

一方、今夜のランニング。ホントは昼間、自転車に乗りたかったけど、

余裕がなかったから、仕方なしに16kmランで妥協。お花見気分で軽~

く走るつもりだったのに、意外とスタスタ脚が動いて、勝手にペースが

上がって行く。そのくせ、珍しいほど脚が疲れて、おまけに途中から

たい雨! 手と腕が冷え切ってしまって、東京マラソンを思い出した。

レースで42km走れたんだから、公園の16kmが走れない訳はない。

             

前夜に続いて、花見客にちょっと妨害されながら、何とかノルマをクリア。

復路では雨もほとんど止んでくれたから、助かった。トータルでは1km

4分40秒ペース。う~ん、ビミョーなスピードはともかく、いまだに脚がし

びれてるのは納得いかないな。心拍もそれほど高くないし、距離も知れ

てるし、そんなに疲れるはずもないんだけど、何かビタミンでも足りない

のかね。もっと色々、飲み食いしろってことか。コラコラ♪ 

        

心拍はいつもの通り、往路が低め、あとは高めの補正。明日(5日)は

忙しいので休む予定。ではまた ☆彡

                                    

  往路(2.45km)   12分30秒  平均心拍135          

  1周(2.14km)   10分21秒        146        

  2周            10分01秒        155        

  3周            9分46秒        158

  4周             9分48秒        161 

  5周             9分38秒        164

  6周(0.4km)      1分56秒         164

  復路             10分42秒         162

計 16km   1時間14分41秒   155(最大心拍167,5周目ラスト)

| | コメント (2)

制作費10億円!半世紀を経て復活~『大魔神カノン』第1話

RUN 14km,1時間07分26秒,心拍151

昭和の半ば、1966年の『大魔神』三部作以来、44年ぶりのリニューア

ルとなった、『大魔神カノン』。昨日(2日深夜)はその第一話「歌音」という

ことで、結構マジメに見てみた。私が関心を持ったキッカケは、プロ野球

の懐かしい守護神・大魔神(佐々木)でも、特撮&ヒロインでもなくて、

大な制作費(or製作費)だ。

 

先日、山P=山下智久『コード・ブルー』の第7話レビューに書いたように、

最近のドラマで制作費をハッキリ公開してるものは、おそらく2つしかない。

まず、NHKの大河ドラマ『功名が辻』1本が6110万円。これは、多少の

嫉妬や皮肉まじりに、「高い」とか「さすが国営放送」といった評判になっ

てたと思うし、私もそう感じる。

 

ところが、キー・テレビ局の中では一番小さいテレビ東京の新作はさらに

上。30分・26本で10億円もかけたという話だから、1時間あたりの制作

費に計算し直すと、何と7700万円だ☆ キャストのギャラの総額は大河

より遥かに少ないはずだから、特撮に破格の金額をかけたのだろう。

 

諸々の情報から推定した現在の平均的なドラマ制作費(国内)は、ここ

数年で少し下がって、3000万~3500万円程度だから、弱小の部類

のテレ東が2倍の金を投じるというニュースはインパクトがあった。日

本のテレビ広告費は年々下がる一方だし、視聴率を取れない深夜番

なのに、凄い気合だ。

 

おそらく、テレ東の上層部に往年の名作のファンがいるんだろうと、前の

記事では軽口を飛ばしといたけど、第1話のCMと公式HP、さらにウィキ

ペディアを見て、理由が分かって来た気がする。

 

まず、かなり大掛かりなプロジェクトだということ。2010大魔神カノン

作委員会には、角川書店・角川映画・バンダイ・NTTドコモといった大企

業の名前が並んでる。角川はマンガや特撮の雑誌、バンダイはキャラ

クター商品などを思い描いてるとして、ドコモは何か関連ソフトを配信す

るつもりかと思ったら、ドラマを動画配信するんだね。コスプレ関連でお

馴染み(?)の「コスパ」も名前を連ねてるのが面白かった。

 

で、莫大な制作費のもう1つの理由が、歴史的事情だ。ウィキに書いて

ある情報を仮にそのまま信じるなら、これまで何度もリメイクの話が出

て、その度に立ち消えになってたらしい。元々『大魔神』は、『ガメラ』と

並ぶ旧・大映の特撮映画の代表で、その大映は、現在の角川映画だ。

非常に長期にわたって蓄積された復活の願いが、メイン・スポンサー

の角川の投資金額にも反映されてるんだろう。

 

ただ、投資が回収できるのかどうか、私にはさっぱり見当がつかない。

というのも、テレビCMを見る限り、このドラマのターゲットは広い意味で

アキバ系・オタク系の男性達だろうから、まったく動きが読めないからだ。

 

雑誌の『ヤングエース』『コンプエース』『ガンダムエース』とか、コミックと

か、まったく見たこともない商品のCMが繰り返されてたし、一応名前だ

け知ってるライトノベルの「涼宮ハルヒ」も、内容はチラッと立ち読みした

程度。『新世紀エヴァンゲリオン』は、たまたま例外的に見たアニメで、

評価してるけど、基本的に実写で昭和の香りも漂う『大魔神カノン』とで

は、ちょっと距離があるだろう。

 

まあ、ビジネスとして成功か失敗か、大きな鍵を握るのは当然、作品の

出来だ。では、第1話はどうだったか、次に内容を見てみよう。

 

         ☆          ☆          ☆

まず冒頭のタイトルバック。実は最初の40秒くらい見逃してしまった (^^ゞ

パソコンの地デジ用ソフトの反応がなぜか遅かったのだ・・って言い訳は

ともかく、私が見た後半か終盤部分では、映像的なインパクトが足りない

と思った。もちろん、莫大な制作費のわりには、という意味だ。

 

見慣れないものだらけのCMにポカーンとした後、いよいよ第1話「歌遠」。

このサブタイトルは上手い☆ ヒロイン・巫崎(みさき)カノンの名前を漢字

でもじったもので、ストーリーの様々な要素にぴったり合ってた。遠くから

聞える清らかな「いのりうた」(山本琴乃)、遠い日の幼いカノンが初めて

覚えた歌でもあるし、カノンがやがて、遠い山奥の岩と化したブジンサマ

(大魔神)へと呼びかける歌でもある。

 

さらに、耳から離れない、遠くに行ってしまった元彼(コウタロウ?)の歌

とも重なるわけで、連続ドラマのサブタイトルの中ではかなり出来がいい

部類だと思った。ちなみに、08年秋クールのフジ月9『イノセント・ラヴ』

の堀北真希は「佳音」だったけど、テレ東がこれを避けるか、敢えて使う

か、ちょっと興味はある。とりあえず第2話は「彼音」。今度は、元彼とか

大魔神という彼とか、「彼」が強調されるわけね。期待しよう。

 

で、彼といえば、ヒーロー役のタイヘイ。世の中の「太平」を目指すって

意味かね。役者の眞島秀和、どこかで見た顔だなと思ったら、2年前

『あしたの、喜多喜男』の丸山か♪ あのときのキャラも、役者本人

も結構好きだ。味もクセも十分あって、演技もしっかりしてるね。

 

今回は、超ベタな昭和っぽい風呂敷を背負って、郵便局の赤い原付バ

イクを飛ばしてる姿が様になってた。高速道路の原付2人乗りは完全

な違法だけど、エンジンだけ改造して中型バイクにしてるってことか。

乗用車を軽々と追い越してたしね♪ 今後は敵と闘う立ち回りにも期

待しよう。今回は、仲間が闘う様子だけ映ってたけど、格闘技ゲーム

みたいで、私の趣味ではなかった。って言うか、仮面ライダー系の番

組みたいに感じたかも。

 

一方、いきなり冒頭で、布団からはみ出した素足を見せたり、服を脱ぐ

萌えシーンを見せてくれた、ヒロイン・里久鳴祐果(りくな・ゆか)。できれ

ば、長い髪のままでいて欲しかったのに、物語的に、失恋して髪を切っ

ちゃったわけか。ま、昭和っぽい行動で、悪くない流れかも♪ ルックス

がいま一つ趣味じゃないとはいえ、1000人のオーディションで選ばれ

ただけのものは何か持ってる気がした。

 

ヒロインにはほとんど萌えない私でも、やがて仲間となるイケチヨ(長澤

奈央)ハシタカ(小川瀬里奈)忍者風コスプレは嫌いじゃない♪ イ

ケチヨの脚と尻に見とれたトラック運転手や、豊満な胸にとびこんだ「

ンコ」がちょっと羨ましかったかも。

 

このブチンコ。ブジンサマ=大魔神の(変身前の)頭だけ可愛くしたハニ

ワ風のキャラだから、大魔神と特別な関係があるんだろうね。女子高生

なら「カワイイ☆」とか言ってくれそうなのに、残念ながら女子高生はこ

のドラマを見ないだろう♪ 後番組の『流派R』目当ての女の子がたまた

ま見るくらいかな。

 

ジュウゾウ(長門裕之)や、オタキ(柴田理恵)の中華そば屋「ダイチャン」

もいい味出してたし、ドラマ全体の出来としては、予想より良かったと思

う。ま、それほど期待してなかったせいでもあるけどね。サブタイトルを別

にして一番気に入ったのは、Liaの歌うエンディング・テーマ『あした天気

になぁれ』かな♪ 歌詞、メロディー、声、どれもいい感じで、番組の最後

まで見ようって気になる。大石真司と澄川 藍の脚本も、初回としては上

手くまとめてて、流れもスムーズ。好印象だった。

 

とはいえ、今回は肝心の大魔神が登場してないから、莫大な制作費をか

けたはずのCG(またはVFX=Visual Effects=視覚効果)も少ししか

出てなかった(本編ではカノンの予知夢の中だけ)。おまけに、ちょっと

気になるのは、「怒り」より「祈り」を強調するっていう、プロデューサー・

高寺重徳の姿勢(制作発表の動画&公式HP)。

 

正義が悪を退治するっていう、原作の水戸黄門的な筋書きが、もはや

今だと通じないっていう考えはよく理解できるし、賛同もする。今はもっ

と混沌とした時代だ。でも、単なる少女の純粋な祈りなら、「大魔神」を

持ち出す必要はないし、莫大な制作費も必要ない。次回以降は、ブジ

ンサマの圧倒的な映像を見せて欲しいもんだ。記事はともかく、来週も

期待して見ることにしよう。とか言いつつ、ウッカリ忘れそうだけど♪

 

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.第2話のささやかな感想をアップ(4月10日)。

 

P.S.2 OCNアニメ特撮公式ブログの一連の記事を閲覧。面白かっ

      たし、驚いた。今回の大魔神、言葉を話すどころか歌うのか。。

      完成披露試写会のゲストが大魔神・佐々木主浩投手って所が

      ベタ過ぎて悪くない。

 

P.S.3 第3話は「寡温」(僅かな温かみ)。第4話は「過飲」(飲み過ぎ)。

      ちょっとウケた♪ 第5話は「苛恩」(受けた恩に苛まれる?)。

 

        ☆          ☆          ☆

おっと、ランニング記事のおまけにチョコッと書くつもりだったドラマの話

が、やたら長くなっちゃったな。ま、第1話だし、珍しいドラマだから、仕

方ないかも知れない。実は、最初にわりとキッチリ書いとくと、ドラマ終

了まで検索アクセスが入り続けるっていう、せこい話もあるのだ♪

 

で、今夜のランニングは予定通りのお気楽ラン。積極的休養っていうほ

どノンビリもしてないけど、脚の力を抜いて、呼吸も静かなレベルに抑え

ての走りだった。そのわりにしんどく感じたのは、やっぱり昨夜のスピー

ド走の疲れがあったのか、あるいは眠かったからか。まだまだ、ゆっく

り走るのが下手ってこともあるんだろうね。予想通り、花見客に邪魔さ

れたけど、あの程度なら許容範囲だろう。あと10日間くらいの辛抱だ。

 

トータルでは1km4分49秒ペース。ちょうどいいかな。明日ものんびり

16km走る予定。心拍はまた、往路が低め、他は高めの補正。全体的

にやや低めだったと思う。乗鞍ヒルクライムのエントリーも始まったこと

だし、ホントは自転車に乗りたいんだけど、昼間の都合が悪いもんで、

来週に回すとしよう。ではまた。。☆彡

 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.K-1ワールドGP開幕戦は、ピーター・アーツが京太郎にKO負

    けしたのを見ただけ。ちょっとカウンター気味の凄いパンチが入っ

    てたな。やっぱ、減量しても年には勝てないってことか。10カウン

    トで引退した武蔵に代わって、京太郎の時代になるのかね。。

 

  往路(2.45km)    12分52秒  平均心拍135   

  1周(2.14km)     10分29秒         146        

  2周             10分20秒          152        

  3周            10分14秒          154

  4周             10分01秒          158 

  5周(0.44km)       2分12秒          159

  復路(2.55km)      11分19秒          158

計 14km    1時間07分26秒  151(最大心拍160,4周目ラスト)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

月面写真に冷水器♪~米航空宇宙局(NASA)のエープリルフール

RUN 10km,42分24秒,心拍158

エープリルフールに嘘のジョークを飛ばす習慣は、いまだに日本だと流

行ってないけど、海外からは毎年のように色んなネタが飛び込んで来る。

今日(4月2日)の朝日新聞・夕刊は、「エープリルフール いたずら競演

と題して、カラー写真入りの記事を載せてた。ニューヨークの田中光記

者のネタをもとに、日本で東山正宣記者が書いたようだ。

     

掲載されたイタズラは4つで、グーグルの社名変更、スタバ(=スター

バックス)の3.8リットルのコーヒーカップ、コダックのにおい付き写真

100403

 そして最後が、カラー

 写真入りで掲載された、

 NASAのジョークだ。

    

 左の写真は、朝日では

 なくNASAのHPか

 ら直接頂いて縮小した

 もので、偽のジョーク

 写真に著作権を主張す

 ることはないだろう。

「APOD: Astronomy Picture of the Day」(今日の天文写真

というページに、大きな写真入りで記事が載ってた。

          

左端に、色と柄を月面に合わせた冷水器がシレッと置かれてる♪ 朝

日は「ウオータークーラー」と訳してたけど、原文は「drinking fountain」。

直訳すると、「水飲み用の噴水」だ。私の趣味だと、水道管や電気コード

が伸びてる方が笑えるかな。NASAはあくまで本物に見せたいようだ♪

           

この記事で笑ったのはもちろん、「アポロの月着陸はウソだ」という説が

日米で人気だから。そうした疑惑の存在を自虐的に認めつつ、逆手に

取ってウソで遊ぶNASAのユーモアは、大らかで評価に値する。

             

去年くらいから話題の、月に水があるという科学情報も絡めてるわけ

で、だからこそ元の英文記事のタイトルは「Evidence Mounts for

Water on the Moon」。直訳すると、「月の水の証拠が積み重ねら

れている」。

          

朝日の記事は「決定的証拠」と書いてるけど、原文に「決定的」という英

単語は無く、「further evidence」(=さらなる根拠)と書いてるだけ。「さら

なる」というのは、去年発表された科学的証拠を受けての表現だ。なぜ

今まで発表されてなかったかというと、宇宙服の手袋が大き過ぎて冷水

器を操作できなかったから、宇宙飛行士が完璧に無視したためらしい♪

         

ちなみにNASAの英文記事、検索しなれてる私でもなかなか発見できな

かったから、朝日新聞のエイプリルフール記事かと思ったほど♪ ひょっ

とすると、完全なウソだから、GoogleやYahoo!が検索しにくくしてるの

かも知れないけど、米国内のウケがイマイチだという事情も関係してる可

能性がある。日本の大手メディアでも、朝日が伝えただけだし、ネットでも

ほとんど話題になってないようだ。

   

それにしても、最近は冷水器って見ないね。あれは過去の遺物なのかな。

衛生面の問題と、ペットボトルの普及が影響したのかね。高校陸上部時

代、練習後にゴクゴク飲み干してた感触が懐かしい。。

         

        ☆          ☆          ☆

一方、今夜のランニングは、時間もやる気もあんまし無かったから、

抜きで10kmだけ。ところが、気温と湿度がちょうど良かったからか、あ

るいは1日休んで早くも超回復したのか、スタートから妙に調子が良くて

好タイムを狙うことにした。

  

心配だった花見客の妨害も、全く無いどころか、客がほとんどいない。明

日の昼間にやるってことかな。一応、場所取りシートはあちこち敷かれて

たけど、やっぱり今年は少ない気がするなぁ。ともかく、意外なほど人が

少ない公園を気持ちよく飛ばして、アッと言う間に帰宅した。脚の痛みも

全く無いし、心肺も脚力もまだ余裕♪ こうゆう走りはホント楽しいね☆

       

トータルでは1km4分14秒ペース。おぉ、距離は短いけど、4分15秒を

切ったのは満足だ。まだ10kmの練習自己ベストには届かないけど、急

速にスピードが回復して来た気がする。1年後には40分切りたいなぁ。

1km4分を切るペースなら、もともと中距離型だった私にピッタシだ。

      

心拍はほんの少し高めに調整したけど、全体的に低かったと思う。明日

はのんびり走る予定。走った後、莫大な製作費が話題になった深夜ドラ

『大魔神カノン』の第1話「歌遠」(=かのん)を見たから、明日の記事

で軽い感想を書く予定。それにしても、一気に春らしい陽気になったね♪

ではまた。。☆彡

                  

往路(2.45km)  11分22秒  平均心拍141

 1周(2.14km)  9分14秒         158      

 2周           8分47秒         165

 3周(0.82km)  3分29秒        169 

復路            9分33秒        166

  計 10km   42分24秒   心拍158 最大175(ゴール時)

| | コメント (0)

フレーゲ『算術の基本法則』における「概念記法」~記号論理の原点

数学の基本である自然数(0,1,2,3・・・)にこだわって記事を書く流れ

で、論理哲学者の大物・フレーゲの記事も書いてみたけど、予想通り、

読者は少ない。その一方で、数学者・ペアノの記事には予想以上の検

索アクセスが入り続けてる(ただし足し算記事が大半)。数学好きの私の

知人達に聞いても、フレーゲは名前しか知らない感じだ。

         

この極端な違いには、まず哲学と数学の人気や普及度の差が影響して

るだろう。算数や数学は誰でも相当な労力を費やして来たし、「1+1は

なぜ2なのか?」という問題も、分かりやすくて有名だ。それに対して、哲

学に興味を持つ人はごく一部だし、その人達でさえ、厳密な話や難しい

理屈は苦手とすることが多い。

     

また、歴史的な事情もかなり影響してるだろう。フレーゲは、数学を論

理学へと完全に還元しようとした「論理主義」の代表だけど、その理想

は「ラッセルのパラドクス」によって阻止され、「ゲーデルの不完全性定

理」でとどめを刺された。こんな感じの大まかでネガティヴな歴史的評

が、フレーゲには付きまとうのだ。これに対して、彼の理論を過去の

遺物にしないポジティヴな動きが、80年代から徐々に増えてるようで

はあるけど、まだ研究者の中での話であって、大勢に影響を与えるほ

どにはなってない。

                             

哲学と数学の人気の差や、歴史的事情以外にも、フレーゲがマイナー

なままである理由は考えられる。彼は、記号論理学の先駆者・開拓者

だったので、現在ではほとんど使われないような独自の書き方を考案

して、主著(Ⅰ巻1893,Ⅱ巻1903)の前半から大量に使用してるの

だ。折角、2000年になって優れた翻訳が出たとはいえ、これでは、

多少の知識がある読者でさえ、一目でパスしたくなってしまうだろう。

             

そこで今回は、その主著『算術の基本法則』(フレーゲ著作集3,野本

和幸編,勁草書房)で使われてる独特の記号体系「概念記法」につい

て、非常に基本的な部分だけ取り上げて解説してみる。彼独特の深く

細かい考察は省略してあるし、説明の仕方を少し変えてる部分もある

ものの、普通の人にとって分かりやすくはなってるはずだ。。

           

        ☆          ☆          ☆

普通の算数や数学では、数式や記号を書くだけで終わりにすることが

多い。例えば、「2+3=5」という式に対して、文末に「である」といった

言葉を付けることは滅多にないはずだ。ところがフレーゲの場合、2種

類の言葉が付け加えられることになる。次の図を見てみよう。画像がや

や見づらいのは悪しからずご了承を。データ量を減らして、強調のため

の色(赤や青)をハッキリ出すことを優先した結果だ。

             

100402c

 まず2本目の

 式では、左側

 に横線が入っ

 てる。これは

 「~は真だ

ということ、つまり、その式(あるいは文)が本当だという新たな文を作る

記号だ。

            

逆に、「~は偽だ」、つまり、その式は本当でないという文を作るのなら、

横線の下に短い縦線を入れる。横線は「水平線」、縦線は「否定線」だ。

現在の記号論理では、真偽(=真理値)を示す水平線は無いし、否定線

は ¬ という否定記号で書いたりする(文の上に横線を引くこともある)。

             

100402d

 続いて、さら

 に左端に長い

 縦線を入れる

 と、その文を

 語り手が承認

することを表す。肯定的承認を主張するこの縦線記号が、「判断線

と呼ばれるものだ。  

        

けれども、いちいち「~は真だと私は承認する」などと読むのは面倒だし、

普通そんな事は気にしない。フレーゲ自身でさえ、そこまでは徹底してな

100402e_2

 いから、以下

 では左のよう

 に、簡単に読

 むことにする。

また、判断線と水平線を合体させて、カタカナの「ト」に似た形を作る時に

は、水平線は短く書く(フレーゲ本人の書き方)。 

(☆追記: この記事末尾のP.S.2も参照。)

         

次は、いわゆる「述語論理」の特徴である、「すべての・・・は~」(全称命

題)、「ある・・・は~」(存在命題)といった文の書き方だ。横線の途中で

100402f

 くぼみをつけて、

 アルファベット

 入れる(フレーゲ

 ではドイツ文字)。

現在なら、全称記号 ∀ を使って、「∀a,2a+3a=5a」などと書く所だ。

    

否定する場合には、否定の仕方によって、否定線(縦の短い棒)を入れ

る場所が変わる。現在の記号論理を知ってる人なら、同じと感じるだろ

100402g

 う。要するに、

 否定したいも

 のの直前に否

 定線を入れる

100402h

 わけだ。くぼみの

 前に否定線を入れ

 ると、部分否定

 くぼみの後(つま

り式の直前)に否定線を入れると、全否定になる。

        

100402i

 さらに、くぼ

 みの前後両方

 に否定線を入

 れると、左の

 ような流れを

 経て、結局は

「ある a について~」という命題を作れる。これを正確に言い直すと、

ある a が存在して~」だから、存在命題というわけだ。数学だと、解の

存在を主張する時などによく使う。現在なら、存在記号 ∃ を使って、

「∃a,2a=8」などと書く所だ。

      

さらに、条件線と呼ばれる別の縦線も導入される。元の水平線の途中

から下に縦線を引っ張り、その先からまた水平線を右に短く伸ばして、

100402j_2

 別の文を付け

 加えるのだ。

 フレーゲ自身

 の説明の流れ

は、上のようになっている。最初の定義は、「かつ」と「でない」を組み合

わせた少し複雑なものだけど、結果的に「・・・ならば」という条件を表す

線になるから、条件線と呼ばれるわけだ。

    

これを現在の記号論理で説明すると、条件線を ¬(P∧¬Q) で定義

して、ド・モルガンの法則や条件(=ならば)の定義を用いて、次のよう

に変形したことになる(∧ は「かつ」、⊃ は「ならば」)。

   ¬(P∧¬Q) = ¬P∨¬¬Q = ¬P∨Q = P⊃Q

         

条件線と否定線を組み合わせることで、「かつ」(= and)や「または」

100402k2

 (= or)も表現

 できる。説明は省

 略するので、左図

 を見て考えて頂き

 たい。どちらも、

                                  現在のド・モルガ

ンの法則と二重否定の法則、「または」は、二重否定法則を使うとイメー

ジしやすいだろう。「かつ」が、「¬¬(P∧¬¬Q)=P∧Q」、「または」は、

「¬(¬P∧¬Q)=P∨Q」という感じの変形だ(∨ は「または」)。

       

これでも分かりにくい場合は、各部分の意味をノートに少しずつ書いてい

くと分かりやすくなると思う。記号論理の理解の大きなポイントは、実際

手を動かして色々と書くことだ。頭だけだと、意味も分かりづらいし、実

際に問題を解くことも難しい。この辺り、数学の習得と同じだし、スポーツ

とか身体技術の訓練とも似た話だろう。まさに頭のトレーニングなのだ。。

           

        ☆          ☆          ☆

最後に「推論」についても見ておこう。推論とは、議「論」を「推」し進める

こと。つまり、いくつかの命題(文や式)から他の命題を導くプロセスだ。

最初にあった命題を「前提」、そこから導かれた命題を「結論」という。もっ

と普通に言うなら、論理的証明のことだ。

     

フレーゲが使う推論の方法は、基本的にはただ1つ(第一推論様式)。

普通の言い方にすると、

   「PならばQであり、かつPだから、(結論として)Qである」。

     

これは古代から非常に重要視されて来た推論の型式で、日本語だと

前件(「PならばQ」のP)を肯定するから「前件肯定式」と言う。専門家

はラテン語で「modus ponens」(モドゥス・ポネーンス)と言うことが

多い。「肯定する様式」という意味だ。

     

フレーゲがこれを使う場合、長い横線とコロンを使って、次のように書く。

ただし、二重線、破線、二重コロンなど、他にもヴァリエーションがある。

         

100402l_2

 前提の片方の命題

 だけギリシャ文字

 にするのは、今の

 目線で見ると不自

 然だけど、理由の

 説明は見当たらな

 い。まあ、フレー

ゲが実際に問題としたのは難しい証明だから、置き換えを使わないと書

きづらかったのかも知れない。ちなみに、私がこの記事で「a=3」とか書

いてる部分も、フレーゲは一文字に置き換えてることが多いのだ。

    

       ☆          ☆          ☆

以上、フレーゲの主著『算術の基本法則』における、記号表現の基本的

部分(Ⅰ巻前半)を簡単に見た。差し当たり、読者は非常に少ないだろう

けど、いずれはゲーデルとか、有名な話につないで行くつもりだから、多

少の読者は出て来るだろう。

    

何より、書いてる私自身が面白かったし、勉強になったからいいのだ♪

ではまた。。☆彡

     

       

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.推論様式を示すラテン語「modus ponens」は、日本語で発音

    しづらいからか、長母音と短母音を変えて「モードゥス・ポーネンス

    などと言われることが多い。日本版ウィキペディアは「モーダス・ポ

    ネンス」だ。まあ、ラテン語といっても歴史的変遷が色々あるし、本

    来の発音にもブレは多少あるだろう。

            

    このラテン語の名前、より正確には「modus ponendo ponens

    で、英訳すると「the way that affirms by affirming」(英語版

    ウィキより)。更に邦訳すると、「肯定することによって肯定する方法

    となる。前件を肯定することによって、後件(「PならばQ」のQ)を肯

    定するやり方という意味だろう。略語の「MP」も使われるし、「MPP」

    という略語もたまに使われてるようだ。

    

    

P.S.2 フレーゲ自身による「水平線」(縦棒の判断線の右横)の書き方に

      ついてご質問を頂いたので、コメント欄で簡単に応答しておいた。

      ドイツ語原著がGoogle booksで無料公開されてたので、該当箇

      所をコピペさせて頂こう。水平線は、判断線と結びついたシンプル

      な形においては短く、単独の場合は長く書かれてる。邦訳も同様。

    

140416c

         

              

cf.0、1、「次の数」に関する哲学的考察~フレーゲ『算術の基礎』

| | コメント (5)

10年3月の全走行距離

RUN 16km,1時間16分43秒,心拍151

桜が咲いた♪ 寒さが和らいだ途端、一気に開花するなんて、桜もベタ

な反応するね。日曜日くらいまでが見ごろかな。まだ場所取りシートがほ

とんど無いのは、ずっと寒かったからか。

    

よく見ると、ドラッグストアの店頭にズラッと並んでた使い捨てカイロが一

斉に消えてる。私は子供の頃から冷え性で、特に指が動かなくなるから、

冬はポケットによく入れてたのだ。また寒くなるといけないから、あちこち

探し回って、売れ残りを1袋(10コ)買っといた。

          

198円っていうと安く感じるけど、平均温度50度だから、あんまし温かく

ないものなんだよなぁ。物によっては、平均温度57度。7度の違いは大

した事ないように感じるかも知れないけど、お風呂の温度で考えると分

かりやすいだろう。38度のぬるま湯と45度のお湯じゃ、大違いだ。それ

と似たような話で、実はカイロの平均温度も大違いなのだ。やっぱ、カイ

ロは1袋258円くらいの高級品を買うべきだろう。安いわ!♪

     

        ☆          ☆          ☆

さて、桜が咲いた昨日は3月最終日。月間走行距離の関係で、15km以

上走らなきゃなんないから、昼間から体力温存モード♪ セコイ。。東京

マラソン終了後、一番長く走ったのは前日の14.3kmだから、15kmっ

ていうとプレッシャーがあるわけよ。ま、2月は30km以上を繰り返し走っ

てたんだけど。

       

寒さが和らいだとはいえ、ビミョーな気温だから、ランニングの服装は迷

う所だ。上3枚、下はCW-Xのロングタイツにして、ちょうど良かった感じ。

最初から省エネモードの走りで、かなり余裕があるつもりなのに、どうも

やっぱり調子が悪い。疲れに加えて、どうも体調が下降線みたいだ。ま、

色々と心労も重なってるしね。

    

ま、いくら走りが重くても、冷たい雨の中で42.195km走った東京マラ

ソンを思い出すと、16kmくらいは大丈夫。途中、1km4分ペースのラン

ナーをちょっとだけ追いかけた後は、終盤崩れることもなく、ボチボチの

ペースで無事完走。3月のノルマはギリギリで達成した♪

    

トータルでは1km4分48秒ペース。遅っ! ま、左膝が痛まなくなってる

だけでも良しとしよう。心拍は毎度お馴染み、往路低め、その後は高め

の補正。今日、明日はサボって、他の事をする予定。

                  

  往路(2.45km)  12分39秒   平均心拍134          

  1周(2.14km)   10分34秒        147        

  2周           10分31秒        149        

  3周          10分13秒        153

  4周          10分15秒        155 

  5周          10分00秒        157

  6周(0.4km)      1分56秒         159

  復路           10分36秒         156

計 16km  1時間16分43秒  心拍151(82%) 最大163(ゴール時)

         

       

       ☆          ☆          ☆

一方、3月の全走行距離は、

        RUN 224km ; BIKE 62km

         

この中途半端な距離の、どこがノルマ達成かっていうと、私の場合は、

BIKE(自転車)の距離の3.5分の1くらいが、RUN(ランニング)の距

離に相当すると思ってる。だから、BIKE 62kmはRUN 18km弱。こ

れを足すと、RUNだけの合計なら242km弱になる。つまり、240km

がノルマだったわけ。ホントは250kmにしたかったんだけど、3月はス

キー&スノボツアーもあったから、240kmでも一応満足なのだ。

       

もうちょっと温かければ、自転車を100km以上に出来たはずだけど、

ま、この62kmは台風並みの強風の中だったから、100kmには相当

するだろう。そりゃ、大げさか♪ ともあれ、ようやく春が来たし、ドラマ

記事も一段落。4月はRUN 200km&BIKE 200kmを目指して頑

張ろう。できればこれに、テニス2時間も加えたい♪ 

    

それにしても、自転車1回だけのせいで、走行距離のグラフの見栄えが

悪いよな (^^ゞ これじゃ、ちょっとしか走ってないように見えちゃうわ。ま、

1回ごとのランニング距離が短過ぎたのは確かだけどね。ではまた ☆彡

   

100401a     

    

     

100401b

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »