« スポーツ・スタッキング~紙コップ山積み競争の進化形♪ | トップページ | 地デジの電波、一部のチャンネルで不安定・・ »

ネット時代の著作権~古き著作権法と最近の社会状況

4月7日の朝日新聞・夕刊文化欄に、ちょっと興味深い記事があった(朝

日のHPにも掲載)。非常にお堅いイメージの強い美術館が、写真撮影

とネット掲載を認めたというのだ。東京・六本木の森美術館「六本木クロッ

シング2010展」。他にも、東京国立近代美術館の「建築はどこにある

の?」展でも写真撮影OKで、そもそも同館では、所蔵作品展に限ると

6年ほど前から撮影許可してるそうだ。

     

ウチのブログは、著作権や肖像権についてかなり真面目に守ってるつも

で、ドラマ関連の画像も一切入れてないし、YouTubeへのリンクもゼロ。

その一方、乗鞍や美ヶ原のヒルクライムレースで撮ったレースクイーンの

写真なら結構載せている♪ 

     

そもそも撮影タイムがあるくらいだし、彼女たちの場合はむしろ、個人サ

イトを売り出しの手段に使ってる側面もあるわけだ。また東京モーター

ショーでコンパニオンにカメラを向けても、笑顔でポーズを取ってくれた

し、インターネット上には無料の鮮明な写真が溢れ返ってる(ウチのは

かなりの圧縮後)。ただし、下からの撮影はもちろんのこと、後ろからの

撮影もスタッフに注意される場合があるようだ。これはマナーとか、モデ

ルへの配慮という問題か。

                       

要するに、著作権や肖像権に関するトラブルは、個別のケースにおける

一定の条件を守っていれば、まず生じることはないのが実情だろう。で

も、その条件とか境界線が曖昧だから、真面目に考え始めると厄介だ

し、ネット上の様々な説明にもかなりブレが生じてる。

         

私が今回、著作権に興味を持ったのは、Vista 付属のゲームソフトの記

を書く際に、モニター画面のキャプチャー(=プリントスクリーン)を

載していいかどうか、迷ったからだ。地雷ゲーム「マインスイーパ」みたい

に、昔から有名なおまけソフトで怒られるとは思えないけど、Vista 以降

の幼児教育ゲーム「パーブルプレイス(Purble Place)」でも大丈夫か。

       

事実としては、ネットのあちこちにゲーム画面は掲載されている(意外に

少ないか・・)。でも、Microsoft も制作会社も米国企業だから、いきな

り英文ギッシリの訴状を届けられるのがちょっと心配だ♪ という訳で、

色々と調べた結果を、私なりにまとめてみよう。。

                   

        ☆          ☆          ☆

肖像権に関しては、特に法律はないようだし、私も差し当たり困ってな

いので、著作権に限定して話をしよう。文章、映像、音楽など、すべて

の議論の根本には、古き著作権法が存在して、特に「引用」に関する

第32条第1項が大きな争点になる。

           

   公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合

   において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、

   報道、批評、研究、その他の引用の目的上正当な範囲内で行な

   われるものでなければならない。

         

40年前(昭和45年)の法律には度々改正が行われてるけれど、現在

具体的にどう「解釈」するかを考える時、一つの参照枠になってるのが、

文化庁長官官房著作権課による「著作権テキスト~初めて学ぶ人の

ために~」だ(平成20年度)。この pdf ファイルの末尾に資料として

記載されている著作権法から、私の上の引用は行っている。「著作権

テキスト」の中で、著作権法第32条第1項の引用の条件は、比較的

わかりやすく説明されていた。

                 

       他人の主張や資料等を「引用」する場合の例外です。

       [条件]

       ア  既に公表されている著作物であること

       イ  「公正な慣行」に合致すること

       ウ  報道,批評,研究などの引用の目的上、

          「正当な範囲内」であること

       エ  引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が

          明確であること

       オ  カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること

       カ  引用を行う「必然性」があること

       キ  「出所の明示」が必要(コピー以外はその慣行があるとき)

    

ここから、常識的な基準が確認できる。まず、引用は自分の作品の一部

分に留めること。5分の1以下くらいなら「主従関係」は明らかだろう。ま

た、例えばこの私の記事の冒頭で言うと、「出所」である朝日新聞の朝夕

刊の区別と日付けを明示してるし、カギ括弧はなくても「引用部分」は「明

確」なはずだ。「必然性」という言葉は強過ぎるから、自分の議論にとっ

ての「必要性」とか「有用性」くらいに考えれば十分だろう。もちろん、冒

頭の引用は、著作権の扱いが現在かなり変わりつつあることを示してる

わけで、十分有用だ。

         

ちなみに、私は今まで朝日新聞に関する記事をかなり書いて来たし、そ

れに対する朝日新聞社内からのアクセスもかなり頂いてる(特に折り紙

記事は多かった)。それでも、全くクレームは無いので、こんな感じの扱

いでいいんだろうと受け取ってる。

     

          ☆          ☆          ☆                      

他に、代表的な著作権関係の団体として、著作権情報センター(CRIC

:Copyright Research & Information Center)があるけど、引

用に限って言うと、そのサイトに上の話以上のことは見当たらない。PC

ゲームと関係ありそうな、コンピュータソフトウェア著作権協会のHPを

見ても、似たような話が繰り返されている。ただ、そこにある「著作権侵

害事件」の年別リストは参考になるだろう。

      

そこで、私が気になってたゲーム画像関連の事件が2つ掲載されてい

る。どちらも2004年で、人気ソフトの画像を大量に掲載してたらしく、

片方は罰金50万円で、もう片方はなぜか結果が書かれてない。この

2つ以外のゲーム関連事件は、基本的にソフト(=プログラム)自体の

コピー、つまり海賊版に関するものだ。それなら、常識的にダメなのは

すぐ分かるだろう。

       

ゲーム画像に関しては、最近だとゲーム会社も、一部に関して条件付

きで「スクリーンショット」(ゲームの機能)のHP掲載などを認めてるよう

だ。その場合の条件としては、非営利、枚数制限、縮小など、これまた

常識的に分かりやすいものが並んでて、あまり悩むことはない。

      

なお、個人サイトの中で特に注目すべきものとしては、「ゲームサイトと

著作権」と呼ばれるページがある(検索ですぐアクセス可能)。これは、

管理人のHIKA氏が、著作権情報センター内の「著作権テレホンガイド」

で行った質疑応答を掲載したもので、興味深くて貴重なものだ。

      

残念ながら、10年前のやり取りだし、あくまでその時の担当者の解釈

にすぎないように感じる部分もある。例えば、(画像を圧縮したところで)

「著作権上の扱いが変わることはないでしょう」と答えたそうだが、圧縮

画像だけを許可してるゲーム会社は現在確かにある(例えばNEXTON

-NET)。そもそも、丸ごとの引用と控え目な引用とで扱いが変わるの

は自然なことだろう。著作権者の感情としても大違いのはずだ。

    

とはいえ、少なくとも当時、「引用の妥当性という件だけで一年中裁判

が行われている状態です」という言葉は、耳に留めておく必要がある。

電話相談員としては、「結局のところ、御自身の判断に任せるとしか言

えません。」というのが誠実な応答なんだろう。最終的には、個々のケー

スで当事者や裁判官らが判断するしかないわけだ。。

         

       ☆          ☆          ☆

で、結局、Vista と Windows7のおまけソフト「Purble Place」の記

事はどうするべきか。世界に広まってる無料ゲームだし、注意書きを読

んでも、画像コピーに関する厳しい話は全く載ってないので、まず大丈

夫だとは思う。でも、記事を書く「必要性」も特にないので、君子危うき

に寄らずと言うか、しばらく保留にしておこう。私は、石橋を叩き過ぎて、

渡る前に割ってしまうタイプの人間なのだ♪

                         

ま、著作権もリスク管理も、非常に重要な時代に入ってるのだろう。

きな社会的流れとしては、違法映像だらけの YouTube がそのままに

なってるどころか、Googleに巨額の資金で買い取られたことからも分

かる通り、情報をある程度まで一般公開する方向に動いてるようだ。そ

れは、人気・知名度の向上や、正規のオンライン情報からの収益にも

つながって行くのだろう。成果の程度や事の是非はともかくとして。

                  

ではまた。。☆彡

|

« スポーツ・スタッキング~紙コップ山積み競争の進化形♪ | トップページ | 地デジの電波、一部のチャンネルで不安定・・ »

ゲーム」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スポーツ・スタッキング~紙コップ山積み競争の進化形♪ | トップページ | 地デジの電波、一部のチャンネルで不安定・・ »