« サッカーのみが「運動する知性」(蓮實重彦)&『ホタルノヒカリ2』第2話 | トップページ | 自転車シーズン開始☆まずは紫外線と日焼け止めの情報♪ »

斎藤環&香山リカのツイッター批判(in朝日新聞・夕刊)

RUN 14km,1時間05分26秒,心拍153

         

ツール・ド・フランス2010はどうもノリが良くない。帝王ランス・アームスト

ロングがズルズルと後退していく、引退間近の姿を見たくないっていうのも

あるけど、W杯サッカーの疲れもある気がするな。あの1ヶ月で、スポーツ

関連のエネルギーはかなり消耗してしまったようだ。ま、おかげ様で、サッ

カー記事は思ったより多くのアクセスを頂いて、いまだに途切れないから、

あのエネルギーは無駄ではなかった・・・と一応言っとこうか♪

       

ともかく、去年は画期的なニュースだった日本人のツール出場(新城&

別府)も、今年はもう驚きを感じないし、第11ステージのゴール前スプリ

ントで新城幸也が6位とか言われても、去年は5位だったよなぁとか思っ

てしまうのだ(バチ当たり・・♪)。実際、去年なら「新城」と記事に書くだ

けでも検索アクセスがすぐ入ったけど、今年はほとんど入らないわけだ。。

    

        ☆          ☆         ☆

という訳で、今日はスポーツと直接関係のない、twitter(ツイッター)につ

いて軽く触れてみよう。この春には、使用者数が約1000万人まで到達

したそうだし、メディアにもツイッター関連の話が溢れ返ってる。ウチのブ

ログにも、ツイッターに付けられたリンク経由のものがほんの少しずつ増

えて来た。私自身はまだまだ様子見だけど、気になってるのは確かだ。

    

もちろん、飛び付かずに様子見するってことは、今のところ私にとって、

あまり魅力的でないという事でもある。5000字以上の記事が珍しくない

ウチにとって、僅か140字のつぶやきの連発というのは余りにもむなし

。まあでも、ブログを知ってから自分で始めるまでにも、ちょっと時間が

かかった気がするから、ツイッターもこの先ハマるかも知れない。ブーム

が終わった頃、ようやく。。♪ 石橋は叩いて「割る」タイプの人間なのだ。

      

で、なぜツイッターに触れたかと言うと、昨日(7月15日)の朝日新聞・夕

文化欄のコラム「深層新層」に、「ツイッターに異論 続々」という見出し

の記事が載ってたからだ。続く見出しは、「閲覧数へのこだわり なぜ?」、

カラー写真は斎藤環香山リカ、人気者でわりと仲良しの精神科医2人だ。

記事執筆は藤夫京子記者。

          

そこで出て来た異論は、『週刊ポスト5月7、14日号』の「いま沸き上がる

『ツイッター亡国論』」、『SPA! 6月22日号』の「ツイッターに疲れた・・・

なう」、そして、『 7月号』の香山のコラムだ。前の2つは私も読んでた。

       

『週刊ポスト』の斎藤の批判は以前のウチの記事で触れたもので、「情報

量ゼロ」、「日本人の未熟化」と手厳しい。正確に言うと、著名人以外には

あまり意味のないメディアだという批判だった。今回、あらためて斎藤にイ

ンタビューしても、似た話が繰り返されてる。他には、少ない字数の瞬間

的応答ではまともな議論にならないという、もっともな指摘。ちなみに「ブロ

グは市井の人の潜在的な才能を知らせる効果があった」そうだ。ブロガー

としては、ちょっと気分いいかも♪

            

一方、斎藤もそうだけど、特に香山が批判してるのが、数の多さへのこだ

わり。ツイッターの世界で、フォロワー(読者)の数が多い人ほど勝ってる

と思いこむのは市場原理、新自由主義的な論理であって、うんざりとの事。

政治参加の促進は刹那的なものにすぎないだろうし、クリエーティブとも

思えない。。

   

数の多さへのこだわりというのは、ブログその他のHPでもあることだし、

私もアクセス数・訪問者数とか、ランキングを気にしてる人間の一人だ。

ただ、ツイッターだと、みんな非常に目立つ場所にフォロワーの数を示し

てるし、フォロワーが多いと自分のつぶやきが拡散していくわけだ。これ

はブログと比べて目立ってる点で、だからこそフォロワーを増やす努力が

大変だし、マニュアル本も色々と用意されてるわけだろう。

       

は、数も気にするけど、それよりも質を気にしてる。記事の質、読者の

質、閲覧の質。数だけなら、どうやれば増やせるか、かなり分かってるけ

ど、それよりも書きたいこと、レベルの高い内容をアップしたいと思ってる。

記事のレベルが上がれば、読者は急速に減るけど、検索サイトでの位置

さえ高くキープしてれば、大抵は良質なアクセスが入って来るのだ。ほぼ

完全に無視されてガッカリした記事は、過去5年でそれほど多くはない。

        

というわけで、少なくともあと数ヶ月は、ツイッターには手を出さず、ブログ

で頑張ろうと思ってる。毎日更新の中に、本格的な記事を時々入れるの

は大変だけど、疲れ切ったら休めばいい♪ 単なる趣味の世界だから、

いつでもサボってやるつもりだ。その時には、退屈しのぎにツイッターで

つぶやくのもいいかも知れないね。

    

ちなみに、斎藤&香山の批判の最大の弱みは、2人とも有名人だという

ことだ。有名人には、一般人がツイッターで有名人に近づきたい気持ち

の強さが理解しにくいだろう。ま、一般人の私も、ツイッターで有名人を

フォローしたいとはあんまし思わないけどな。検索アクセスを見てもすぐ

分かるけど、みんなホント、有名人が好きだね。。

    

          

(☆2011年2月4日追記: 東浩紀のツイッター礼賛については次を参照。

      新しい道具、使ってみるための条件

           ~東浩紀&広井良典「論壇時評」(朝日新聞・1月) )

     

    

(☆12年10月16日追記: 今頃ようやく、斎藤環がツイッターをやってる

                 ことに気付いた。3・11大震災後期間限定

                 だが、既に1年半継続。道理で、ウチに検索ア

                 クセスが入り続けてたわけだ。マイペースの頻

                 度、字数、内容で、好感もてる使い方だと思う。

                 一方の香山リカは、この記事執筆の少し前、

                 10年5月くらいから始めてたようだ。。)

        

      

         ☆          ☆          ☆

おっと、お昼が終わってしまった。仕事に戻るとしよう。時間が無くなった

から、昨日の走りについては記録のみ。トータルで1km4分40秒ペース。

ま、疲れてたから良しとしとこう。肉離れから1ヶ月、着実に回復してるしね。

心拍計は久々にかなり乱れてたから、適当に補正した。

いよいよ梅雨明け、自転車シーズン突入かな。ではまた。。☆彡

               

 往路(2.45km)    12分21秒  平均心拍134        

  1周(2.14km)   10分25秒        147        

  2周            10分06秒        153  

  3周            9分56秒        156

  4周             9分42秒        159

  5周(0.54km)      2分35秒         159

  復路             10分22秒        159

計 14km  1時間05分26秒  心拍153(83%) 最大165(ゴール時)

|

« サッカーのみが「運動する知性」(蓮實重彦)&『ホタルノヒカリ2』第2話 | トップページ | 自転車シーズン開始☆まずは紫外線と日焼け止めの情報♪ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「ランニング」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サッカーのみが「運動する知性」(蓮實重彦)&『ホタルノヒカリ2』第2話 | トップページ | 自転車シーズン開始☆まずは紫外線と日焼け止めの情報♪ »