« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

よりどころの崩壊、新たに築く試み~東浩紀&松井彰彦「論壇時評」(朝日新聞・9月)

(☆2012年2月25日追記: 最新記事をアップ

    現在の中に過去を見ること

      ~高橋源一郎&小阪淳&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・2月) )

             

      

         ☆          ☆          ☆

毎月、最終木曜日の朝日新聞・朝刊・オピニオンページに連載されている、

論壇時評」。かなり前から、評者や形式を変えつつ続いてるが、2010年

4月からは、メインの時評東浩紀左側の長めのコラム「あすを探る」

6人の論説委員の交代(今月経済、担当・松井彰彦)。そして一番下に

小さめの囲み記事として、「編集部が選ぶ注目の論考」がある(論説委員

会の討議を参考にしたもの)。

    

今まで、こうゆう説明を繰り返して来たが、実は中央には「現代社会をイメー

ジしたCG作品」が大きく掲載されている。口を結び、腕組みして読者を見据

える東の大きい写真と比べても、更に4倍の面積だ。

        

今月は小阪淳の「」。現代美術だから、意味不明なのは普通だが、ほぼ

全面に、様々な部分が「密」集した感じのものが描かれてる。馬の顔・前脚・

耳と、バッタと、「ミツ」バチを、緊「密」に合成したものだろうか。評価に困っ

てしまうが、不気味に密集した現代社会がどこかに向けて疾走してるイメー

ジはある。右下に別扱いで描かれたポップなデザインは、社会の動きを

世界のように眺める若者たちのイメージだろうか。右下の妙な形を見ると、

中国と日本列島の関係をも「密」かに匂わせてるのかも知れない。。

          

     

        ☆          ☆          ☆

さて、これまでも書いて来たように、この記事を読む人の大半は、東浩紀

目当てで検索してくる人達だろう。その点は、過去半年のアクセス解析か

ら集めた相当数のデータから、既にほぼ明らかになってる。私はそもそも、

その点にやや疑問を感じるし、東の写真だけが毎月特別大きく掲載される

ことにも違和感がある(文芸関連記事では全く異例)。だから、今回はいき

なりCGに注目したし、過去には「あすを探る」の方を重視したりして来た。

        

もちろん、今月の東の時評も、いつも通りそれなりに興味深いものではあ

る。しかし正直言うと、東が最初に取り上げて批判的にコメントした、松原

隆一郎の論文の方が面白かった。その事と多少関係してるのか、今現在

(30日夜)、Googleで「論壇時評」を検索すると、1位がウチの4月分の記

事(更新されないまま・・)で、すぐ上に「他のキーワード: 論壇時評 松原

隆一郎」と出る。ちなみに彼は「時評」の以前の評者でもあるわけだ。

              

その松原の論文について語る前に、まず東の時評の全体を概観してみよ

う。見出しは、「消えた老人問題 よりどころ、どこに求める」。大きく分け

て、福祉と経済、2つの分野を扱ってる。

         

まず、福祉を見ると、今まで「よりどころ」であった家族・企業・地域などが

機能しなくなっており、そうした状況の極端な形で示すものとして、消えた

老人問題がある。いまや家族は、福祉の担い手であるどころか、「家族の

」として福祉行政を妨げるものにもなっているわけだ(斎藤環「ひきこもり

と所在不明高齢者」、毎日新聞)。

      

一方、経済の分野でも、格差拡大と孤立化の中、「よりどころ」がないまま、

最低レベルの生存さえ困難な人達が増えつつある。そこで今、注目を浴

びているのが、以前にも取り上げたベーシック・インカム(BI=基礎的所得

: 国民全員への無条件一律現金給付)だ。

     

の写真の下にある紹介文(毎月変わる)を読むと、本人としては、「『オー

プンネスとセットになった』ベーシック・インカムとして、追跡可能な電子マ

ネーによる導入を提唱している」そうだ。以前にも、BIに対してやや好意的

な態度を示していたから(5月の時評)、自然な流れではある。

      

ただし、BIが財政的に可能かどうか、経済政策として有効かどうかについ

ては、まだまだ不明な部分が多い。東も、肯定的な立場の小沢修司・飯田

泰之、否定的な立場の橘木俊詔の議論に触れた後、「議論の成熟を待ち

たい」と慎重な態度を示す。

    

さらに、財政・経済とは一応別の観点から反対する立場として、萱野稔人

の「問題提起」にも注目する。労働は単なる生活費確保の手段ではなく、

他人からの承認の証しや機会でもあるから、弱者への現金給付は、承認

の機会を奪い、社会の「包摂」(心のつながり)の機能を著しく阻害するとい

うわけだ。

         

私も一理あるとは思うが、やや偏った意見のようにも感じるし、実証性の

乏しい観念論のようにも思われる。ただし、萱野の議論自体を『POSSE

 vol.8』で読んだわけではないから、態度は保留しておこう。

          

こうして、福祉と経済、2つの分野を見渡した後、東は結局、「思想的にも

実践的にもじつに厄介な課題を確認して終わる(あとがき的な注目論文

は別)。「家族や地域の安易な再興は望めない。しかし、ではそこで家族や

地域抜きの社会保障が可能だったとして、そのときひとはだれに承認され、

どこに居場所を求めるのか」。つまり、国家の現金給付とかで救われた人々

心のよりどころという難問に行きついた所で、話は終了する。

        

          

         ☆          ☆          ☆  

東の文章だけ読んでると、もっともな疑問を共有して終わることになるだろ

う。ところが、ここで松原の論文「問題とすべきは年金詐欺のみ」(『中央公

論 10月号』)を読むと、少し違う思いも生じて来るのだ。

       

東の要約によると、松原の主張はこうなる。──戦後の日本は、国家より

も家族・企業・地域などが福祉を担うべきだとする共同体主義的な思想を

涵養してきたし、松原本人もその伝統を評価する。たとえ、孤独死する老

人が出るとしても、国家による情報管理の強化には反対だ──。

    

これに対して、東は部分的にうなずきつつも、疑問を提示する。人々が国

から自由でありたいと願ったのは、別に「よりどころ」があったからだろう。

ところが今、国家を補完すべき家族や地域がまともに機能していない。前

提が崩れているのだから、かつてのような国からの自由は成立し得ない。。

      

けれどもは、松原論文の重要な点を素通り、または過小評価している。

それが意図的回避か、生産的誤読かといった問題は、差し当たりどうでも

いい。まず決定的なポイントは、松原がよりどころとして、別の共同体を提

しているということだ。

         

周知の通り、格闘技好きの松原は、自分でも武道をやっている訳で、そこ

では疑似コミュニティーとか疑似家族のようなものが出来上がりつつある。

誰かがしばらく顔を見せないと、声をかけたりするようだ。武道でなくても、

現代の日本では、趣味のコミュニティーが数多くある。国家の管理の強化

は、そうした新興コミュニティーの成熟を見定めてからでも遅くないわけで、

差し当たりは年金給付のシステムを改善すればいいだけの事だ。

     

これが松原論文の一つのポイントで、東の時評はその点を素通りしている。

これは枝葉の問題ではなく、まさに「よりどころ、どこに求める」という時評タ

イトルと直結する話だから、読者の私としては奇妙に感じるわけだ。

        

さらにもう一つ、東が松原論文で素通り、ないしは過小評価してるポイント

がある。それは、「野垂れ死に」する自由を認めること、あるいはより広く、

多少問題がある程度の状況を「そっとしておく」配慮だ(例えば相撲界)。

        

東は、国から自由でありたいと願うのは別のよりどころがあったからで、今

はその前提が壊れてると語る。しかし、確たるよりどころなど無しに、自由

を強く求める人達もいるわけだ。福祉の報道を読めばすぐ分かることで、

行政やコミュニティーによる束縛よりも、個人的自由を求める人は、確か

に無視できない数だけ存在する。。

           

          

         ☆          ☆          ☆

ただし、だからと言って私は、松原の議論を全面的に支持するわけではな

い。自分の意志で孤独死する自由はあるとしても、それを選ぶ人達はおそ

らくかなり小数派だろう。より多くの、不本意ながら孤独死「してしまう」不幸

を救う「よりどころ」は、やはり社会的に必要だ。

        

趣味のコミュニティーとか、ネットをきっかけとする(リアルな)集まりとか、

新たな共同体がよりどころとしてどの程度機能するのか、あるいはどのく

らい待てば機能するのか、そういった点については触れられておらず、単

に楽観視しているようにも感じられる。

           

とはいえ、この種の問題で一番重要なのは、理屈をこねるだけでなく、まず

出来る範囲で自分から実践することだろう。その意味では、多くの人を周

囲に集める人気者・東もそうだろうが、身近でリアルな新興コミュニティー

作りを実践する松原は注目に値する。

   

私も、スポーツ、ネットその他で、社会的存在としての新たなよりどころ作り

を模索してる所だ。つい最近、母校のメーリング・リストを通じて、音信不通

だった友人の無事を確認できた時にはホッと安心した。こうしたつながりは、

古き良き時代には無かった効果的システムとして、積極的に活用すべきだ

ろう。ただし、最後は結局、生身のリアルな交流が重要なのは間違いない。

          

            

       

          ☆          ☆          ☆

最後に、松井彰彦の「あすを探る」は、「障害者活かすゲーム理論」というタ

イトルだ。障害者に対する福祉政策は、経済学的には費用対効果が低い

ものとされてしまうので、福祉と経済学は水と油のように対立する関係だっ

た。ところがゲーム理論という新たな学問が発展。「互いに相手のことを考

えた結果、人々がどのような行動を取るかを分析する」ことで、費用対効果

を上げたり、「通勤できない障害者は定職に就けない」という「社会的事実」

を変えたりしつつある。そう、松井は主張する。

     

話の大きな流れとしては興味深いし、気分を明るくさせてくれるものでもあ

る。まさに、障がい者の「よりどころ」を作るための建設的な議論になって

るわけで、東の時評と相互補完的な関係にもある。

             

ただ残念なのは、肝心のゲーム理論を上手く使えてないことだ。障害者用

の施設を大勢で使えば費用対効果が上がるとか、成功例を作って大きく宣

伝すれば社会的事実を変えられるとか、当たり前のことであって、ゲーム

理論という言葉は論理的な「遊び駒」(あそびごま=将棋で役に立ってない

コマ)に過ぎない。

                   

文字数・スペースの制約とか、議論のレベルの制約(精密な議論は一般読

者に不適)とかあるのはもちろん理解できる。だが、ゲーム理論という、一

般には馴染みが薄く、一部では評価の高い「言葉そのもの」の力に頼るよ

うな議論では、表面的な見栄えはともかく、根本的な説得力に不満を感じ

てしまうわけだ。

         

これならむしろ、ウチで度々批判して来た勝間和代の経済理論的コラム

(朝日新聞・be)の方が誠実で丁寧だろう。浅くて粗い考察とはいえ、一

応は一般向けの分かりやすい具体例を提示してるのだから。東大教授の

学者である松井は、言葉を出すだけで納得してくれる、ある意味ラクな聴

衆を相手にし過ぎて来たのかも知れない。たとえお堅いオピニオン・ペー

ジといえども、大新聞は一般市民のためのものなのだ。

          

それでは、今月はこの辺で。。☆彡

     

    

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.東浩紀とネットが開く新たな言論空間~朝日新聞「論壇時評」 (4月)

  「新しい公共」と他者への理解~東浩紀「論壇時評」(朝日新聞・5月)

  理想を語り、現実を変えること~東浩紀「論壇時評」(朝日新聞・6月)

  政策の「事後的」評価としての選挙

              ~東浩紀&香山リカ「論壇時評」(朝日新聞・7月)

  建設的な哲学とネット共同体への「期待」

                    ~東浩紀「論壇時評」(朝日新聞・8月)

  世論調査、ファスト政治、ポピュリズム

            ~東浩紀&福岡伸一「論壇時評」(朝日新聞・10月)

  中国の異質性、東アジアの同一性

             ~東浩紀&李鐘元「論壇時評」(朝日新聞・11月)

  情報公開の境界、資格付与の区切り

           ~東浩紀&松井彰彦「論壇時評」(朝日新聞・12月)

  新しい道具、使ってみるための条件

            ~東浩紀&広井良典「論壇時評」(朝日新聞・1月)

  つながりと祝祭、これからの祝祭と善意

            ~東浩紀&香山リカ「論壇時評」(朝日新聞・2月)

  各個人が独自メディアとして議論すべき時

              ~東浩紀&苅部直「論壇時評」(朝日新聞・3月)

          

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  震災後、身の丈超えぬ「ことば」に希望

              ~高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞)

  どの常識をどう疑い、何に立ち向かうのか

      ~高橋源一郎&平川秀幸&小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・12月)

  対称的な関係の中にある前進

      ~高橋源一郎&小阪淳&森達也「論壇時評」(朝日新聞・1月)

  現在の中に過去を見ること

      ~高橋源一郎&小阪淳&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・2月)

     

                                 (計 5108文字)

| | コメント (0)

ブログ関連で1週間に何文字書いてるか♪

RUN 16km,1時間12分02秒,心拍154

フーッ、いい走りだったなぁ。。♪ こうゆう時は、ご褒美にコーラとアイス

でも飲み食いして、まったり余韻に浸りたいのに、ブログの締切時間なの

だ。毎日更新っていうのは、ホントにダルイね。。って言うか、まだ着替え

も済んでないんだけど。。

   

と、ここまで書いて、「☆現在執筆中☆」の告知と共に、一旦アップ♪ 23

時59分だから仕方ないのだ。で、着替えて給水して、はい、ここから続き

ね。今日は特にネタもないし、走りの内容も良かったから、単なるランニン

グ記事で終了してもいいんだけど、最近何かコネタを前置きに使うのが習

慣になってるから、色々探してみる。すると・・・何もない (^^ゞ いや、あの

政治問題とか、あの社会問題で書いてもいいんだけど、まあ無難に個人

的ネタで済ませとこう。

         

ウチは依然として、ドラマ・芸能関連の読者の方々が多いから、ドラマがお

休みの期間にはおそらく、「読むものがない・・・」とか、「お休み中ね・・・」と

か、思われたりしてるだろう♪ ところが、私としては書きまくりのフル回転

状態が続いてるのだ。息つく間もないくらい、パソコンのキーを打ちまくって

る気がするので、試しに文書作成ソフト・Word(ワード)で文字数カウント

してみた。

    

9月22日から28日深夜までの1週間に、ブログ関連だけで一体どれだけ

書いたか、記事とコメント欄(他サイト含む)とメールに分けてカウントした

結果が、下の通りだ。ちなみに文字数は、「スペース含まず」の値。

        

   22日  記事1507字,コメント1465字  計2972字

   23日  記事1980字,コメント1595字  計3575字

   24日  記事1584字,コメント1388字  計2972字

   25日  記事1816字,コメント321字,メール309字  計2446字

   26日  記事4036字             計4036字

   27日  記事2406字,コメント427字   計2833字

   28日  記事2039字,コメント4351字,メール632字 計7022字

   1週間合計 25856字 ; 1日平均3694字 

      

う~ん、我ながら凄いね☆ 毎日、原稿用紙9枚以上も書いてたのか。道

理でしんどいわけだわ。大学生の期末レポートの平均字数より多いだろう。

作家の小川洋子なんて、『原稿零枚日記』とか書くくらいだから、私の方が

無限大倍、書いてることになる・・・とか書くと、ファンが怒るのか♪ いや、

あの小説は題名だけでも笑えるネ。

     

話を戻すと、ツイッターは140字制限だけど、平均100文字程度とすれば、

私は毎日37ツイートしてる計算。しかも単なるつぶやきではなく、まとまっ

た内容だったり、高度な内容だったりする。ブログ用の図も5つ書いたし、

記事とは別の計算もかなりやったし、検索もしまくりだ。コメントの字数(特

にウチでのレス)が記事と同じくらいあるのも、特徴的だろう。

      

というわけで、一般市民のテンメイは、1円にもならない趣味のブログで必

死に頑張ってるわけよ。皆さん、温かく応援してね♪ 今後は、記事末尾

にひそかに文字数を書くことにしよう。今日は丁度、2000字だ。。

        

        ☆          ☆          ☆

一方、今夜の走りについて。9月は残り2日で、明日の夜は思い切り雨の

予報だから、今日は絶対に走るしかない。最近また、かなり寝不足が溜

まってるんだけど、ボーッとした頭を紅茶のカフェインで無理やり刺激して

スタート。昨日、部分的にスピードを出して、脚にダメージがあるから、往

路はゆっくりめで。

      

ところが、昨日と同様、1周目から刺激が加わる。まず、ママチャリ奥様

と競争になって、1km4分ペースでしばらく追走。ストーカーと間違われそ

うだから止めとくと、今度は気合の入ったランナーに抜かれて、直ちに追

走。1km4分15秒ペースくらいかな。昨日といい、今日といい、妙に元気

のいいランナーが出て来て、嬉しいね♪

       

ただ、高速を長く維持できないランナーが多くて、今夜は半周ちょっとでス

ローダウン。もうちょっと引っ張ってくれなきゃ♪ そこから単独走で、一

旦ちょっとペースダウンしたけど、すぐ切り返して、いい感じで帰宅。トータ

ルでは1km4分30秒ジャスト☆ 感覚的には、30秒切ったと思ったけど、

ま、いいか。この程度でも、6月のふくらはぎ肉離れ以降だと初めてだ。

         

問題は明日。結構まともに雨が降るようで、傘ランでもビショビショになり

そうだから、休もうかな。でも、天気図的には凄い雨にもならないと思うし、

ビミョーな所だ。揺れる乙女心・・・って、誰が乙女や! ではまた。。☆彡

         

  往路(2.45km)   12分40秒  平均心拍129          

  1周(2.14km)     9分28秒        151       

  2周              9分41秒        155  

  3周             9分33秒        158

  4周              9分22秒        161

  5周             9分23秒        162

  6周(0.4km)        1分46秒         162

  復路              10分10秒        158     

計 16km  1時間12分02秒  心拍154(84%) 最大168(ゴール時)

                                    (計2000字)

| | コメント (2)

映画『インシテミル』の超高給バイト、一次審査通過5000人

RUN 14km,1時間04分21秒,心拍153

昨日、帰宅してアクセス解析を見ると、思ったよりアクセス数が多かった。

綾瀬はるか&藤木直人の夏ドラマ『ホタルノヒカリ2』が終了してから既に

10日ほど経過、フツーこの時期はもっとアクセスが減るのになぁ、と思っ

て、ページ別アクセス数をチェック。すると、アクセス増加の一つの要因は、

例の映画『インシテルミル』PRバイトの記事だった。時給11万2000円

魅力、恐るべし♪

     

検索ワードやフレーズで「一次審査」という言葉が目立ったから、早速チェッ

ク。どうも、27日午後から合否通知メールが送信されたたらしい。応募者

10万人超でニュースになってたけど、最終的には14万7000人超まで到

達。たった1人の募集でこの数字は凄い☆ しかも、たった1日、実働3時

間のバイトだから、支払うバイト代せいぜい50万円程度。映画の宣伝

としては、とりあえず大成功だろう。

                 

aja.jpの公式ツイッターの情報によると、一次審査合格者は「約5000

」。既に30倍の選抜が行われたことになる。携帯による応募情報をも

とに、「志望動機を5つの判断軸で拝見して判定」したとのこと。簡単な

情報しか入力させてないはずだけど、どうやったのかね。ホントに動機だ

けなのかな。若い女性が有利とかいう噂も耳にしたけど、常識的に考え

ても、映画の内容を考えても、若者を選ぶ方がPRになるはずだ。

       

   (10月7日追記: 最終結果は、若い男性だった。次の記事を参照。

   『インシテミル』超高給バイトは大学生&久々のドイツ語に大苦戦・・ )

      

落選者の情報によると、携帯アドレスの登録を解除しようとしても出来な

とかいう話。一次的なサーバーダウンだろうけど、イベント全体のイメー

ジダウンになるから、早く何とかすべきだろう。あと、「ささやかではありま

すが、合否メールにプレゼントを記載させていただきました。ご利用いた

だけると幸いです」とあるから、何かと思って調べると、なかなか正確な

情報が見つからなかったけど、ま別の箇所に登録させて、何か選別を

行って、1万円プレゼントのチャンス(?)があるとかいう噂。う~ん、ちょっ

胡散臭いかも。

    

今後、30日までに写真付きの履歴書を送付。他に任意で、A4の自己P

が可能とのこと。書くのがダルイから、かなりの選別ポイントになりそう

だ。読むのもダルそう♪ 「容姿がすべてではなく、基準にもとづき総合

的に判断」するっていうことは、やっぱり容姿が重要ってことだよな。ま、

正直でいいと思う。芸能界では、実力と共に、容姿や若さが圧倒的に重

要だ・・・って言うか、一般社会でもしばしばそうだけど。。

      

それにしても、7日の夕方がバイトだから、僅か数日で5000人の応募

類から1人選ぶことになる。出来レースとか噂されるのも無理はないな。

あるいは、容姿とかで大まかに選別した後、ランダム(でたらめ)にくじ引

きのノリで一人選び出すとか♪ 

               

応募者はもちろん、外野席にとっても、合格者が誰なのか、何をしていくら

貰えるのか、今から最終結果が楽しみだ。それにしても、ネットを見渡し

て、参加者が意外に冷静なのが目に付いた気がする。所詮、お手軽な

ゲーム感覚なのかもね。大量の入力情報や履歴書がその後どうなるか

なんて、ほとんど誰も気にしてないんだろう。。

      

                     

         ☆          ☆          ☆

一方、今夜の走りは、また時間に追われたものになってしまった。昨日か

、コメント、レス、記事の加筆修正など、ブログ関連で莫大な時間を使っ

てるから、寝不足で走る気も湧かない。でも月末だし、昨夜は雨その他で

お休みだったので、渋々と遅い時間帯に公園へ出発。直前に焼きそば

ムシャムシャ食べたせいで、往路は軽い吐き気がした (^^ゞ 雨上がり

から、長袖だとちょっと蒸し暑く感じるのもマイナスだ。

          

ところが、公園1周目に1km4分10秒くらいの高速ランナーが登場したか

ら、お腹を気にしつつも追走。大きめのストライド(歩幅)に慣れて来たおか

げもあって、多少の余裕を持って1周と4分の1くらい走れた。その後はま

た単独走になって、一気にペースダウン♪ 結局トータルでは、1km4分

36秒ペースに留まった。う~ん、イマイチか、イマ1.5だな。ま、1周8分

で走ったのは半年ぶりくらいだろうから、良しとしとこうか。

                  

明日は天気が良さそうだから、また走るとして、また明後日の夜が雨の

予報。今月のノルマまでかなり距離が残ってるから、何とかしなきゃなぁ。

明日は最低16km稼いどきたい。

        

ちなみに一昨日、朝日夕刊の測量記事についてウチで記事を書いたら、

夕刊で話題になってた「花まる先生」本人から、今夜コメントを頂いた♪

こうゆうのはホント、嬉しいね。ネットがなければ、あり得ない交流だ。

ではまた。。☆彡

    

    

  往路(2.45km)   12分51秒  平均心拍128        

  1周(2.14km)    9分31秒        152        

  2周             8分58秒        163  

  3周            9分52秒        156

  4周            10分09秒        155

  5周(0.54km)      2分32秒         154

  復路             10分31秒        156

計14km  1時間04分21秒  心拍153(83%) 最大166(2周目)     

| | コメント (0)

Google君、12歳のお誕生日おめでとう☆今後もよろしく♪

RUN 12.7km,1時間00分08秒,心拍147

Googleのトップページには、その時々で色んな記念画像が飾られてるが、

昨日アクセスすると、バースデーケーキの絵になってた。ポインター(矢印)

を当てると、説明の文が登場。「Happy 12th Birthday Google」 by 

Wayne Thiebaud(VAGA NYによる掲載許可取得済)。ちなみに、ウェ

イン・シーボーは画家の名前。

                

へぇ~、そうなんだ。グーグル君、お誕生日おめでとう☆ ホントは9月7日

らしいけど♪ って言うか、12歳の子どもだったのか! じゃあWindows

95でパソコンが一気に普及した時には、まだ無かったわけね。そもそも、

当時はまだ検索って行為自体も、それほどメジャーじゃなかった気がする

な。今ほど情報量も多くなかったし、文化としても定着してなかっただろう。

「ググる」の前に、「ヤフる」なんて動詞は使われてなかったのだ♪

       

        ☆          ☆          ☆      

このグーグル、正直言って、3年くらい前まではあんましいい印象を持って

なかった訳分かんない新興企業が世界に君臨し始めてるなぁとか、あの

違法映像だらけのYoutubeを高額で買収するとか、無愛想なトップページ

だなぁとか。あと、ちょっとネットに慣れてる人間が「ググる」なんて動詞を

使うのも好きになれなかったし、少なくとも私がたまに検索すると、Yahoo!

よりハズレが多かった気もする。

      

5年ちょっと前にブログを始めて、最初にウチの記事を1位にランクしてくれ

たのはGoogle(乗鞍2005のレース記事)だけど、これは例外的。ウチの

サイト自体を優遇してくれるようになったのは、Yahoo!が先で、1年半近

く経った頃だった。ドラマ記事を中心に、各種の検索でトップページ(10位以

内)に度々掲載されるようになったんだけど、Googleなんて数百位とか (^^;

絶対クリックしてもらえない無意味な位置付けで、かなり屈辱だった。中身

をしっかり読み比べろよな!って感じだ。(もう少し激しい口調で♪)

          

Googleの検索ロボット君が態度を改めたのは、2年前の7月くらいから。

その直前、春クールのドラマ『ラストフレンズ』の記事が、バブル的大ヒット

になったのが、関係してるんだろうと勝手に推測してる。急にGoogleを通

じた検索アクセスが増え始めたし、アップした記事が各種検索でトップ3

にランクされることも増えた。単なる時刻の問題とは違う、明らかな優遇

で、ありがたや、ありがたや・・って感じだ♪ 「テンメイ」の検索でも、ずっ

と1位をキープ中。

       

今ではもう、Yahoo!の2倍くらいの検索アクセスが、Googleから入って

来る。日本国内の検索シェアはヤフーの方がかなり上なのに、そうなのだ。

おまけに今後、ヤフーはグーグルの検索エンジンを採用する予定だから、

計算上はウチへの検索アクセスは急激に増えることになる(時期は未定)。

ちょっと楽しみだね☆

   

まあ、実際にはどうなるか分からないし、そもそもウチは単なる無名の一

般市民のブログだ。別に、有力サイトにリンクが沢山付けられてるわけで

もないし、コメントが多い訳でもない、かなりマニアックなブログだから、い

つまで優遇してもらえるか分からない。

          

とりあえず、自分で出来ることと言えば、毎日更新し続けて、時々本格的

な良質の記事を書くことくらいだろう。ウチしかないような、独自の or 独創

的な内容の記事。あとは、文字数もそうだけど、記事内の語彙(ごい=言

葉の種類)数を増やすことを心がけてる。これは、自分のボキャブラリーを

豊かにすることにもつながるから、大切なことだ。一つの文をやや長めに、

きっちりした論理構造で書くことも意識してる。ロボットの好物だろうから♪

        

ちなみに、一部のサイトで使われてるらしい特殊なシステムやテクニックは、

ウチとは全く関係ない。多少は関係あるらしいけど、そんなものはGoogle

の側だって百も承知だろう。結果の精度は検索エンジンの根幹。小手先の

技に大きく左右されることはないと信じてる。

                    

とにかく、12歳の誕生日を迎えたGoogle君、今後もよろしくネ♪ ブログ

以外でも、検索エンジンは基本的にグーグルを使うようになってるし、今後

Googleブックスの発展にも大注目だ。著作権が消滅してる、大昔の英

語の本が大半とはいえ、ネットで無料で本が読めるなんて凄いこと。出来

れば他の言語にも拡大して欲しいと思ってる。特に、フランス語。日本語は

国立国会図書館の近代デジタルライブラリーとかにお任せしとこう。。

        

         ☆          ☆          ☆

という訳で、ちょっとコネタに使うだけのつもりだった話が長引いてしまった

から、走りについてはオマケ程度で (^^ゞ 要するに、雨が本降りになる直

前に、軽く近所の公園を走っただけだ。やっぱり、国交省のXバンドMPレー

ダーは役に立つね。ほぼリアルタイムで、雨の様子が細かく分かって、走

るタイミングを調整しやすくなった。まだ使ってない首都圏ランナー、それ以

上に、サイクリストの方にはお勧めしよう。ま、みんな体育会系だから、雨

とか細かい事は気にしない人が多いんだけどね♪

       

トータルでは1km4分44秒ペース。ま、意外なほど遅いけど、小雨ランだ

し、昨夜の走りから18時間しか経ってなかったから、良しとしよう。今夜が

また、雨かも知れないんだよな。月末だから、ちょっとくらいは距離を稼いど

きたいね。ではまた。。☆彡      

             

  往路(1.15km)   6分42秒  平均心拍118          

  1周(1.1km)   5分27秒         135         

  2周           5分19秒         139       

  3周           5分14秒         143      

  4周          5分08秒          147 

  5周          5分05秒         150 

  6周          5分03秒         152

  7周          5分02秒         153

   8周          4分58秒         155

  9周          4分49秒        158

  復路(1.65km)     7分21秒          156

計 12.7km  1時間00分08秒 心拍147(80%) 最大160(周回ラスト)

| | コメント (2)

豊臣秀吉の太閤検地、面積の測量方法~朝日新聞「花まる先生」

昨日(9月25日)は久々の土曜出勤。疲れた・・・って感じで帰宅して、ホッ

と一息。朝日新聞・夕刊を広げると、ズ~ンと疲れが増して来た。「謝罪と

賠償」・・・絶句。。大阪地検のFDデータ改ざんなんて、どっかに吹っ飛んだ

感があるね。やっぱ、防衛とか安全保障の問題は国家の根幹だな。1面を

読んでドンヨリ暗くなった後、2面を見ると、妙に面白い記事って言うか、ワ

クワクさせる図形が載ってる。理屈屋の気分転換にはピッタシだ☆

        

見出しは、「太閤検地に学ぶ知恵」。「花まる先生 公開授業」シリーズの記

事で、小学校の歴史(社会科)の授業に、風変わりな算数を取り入れてる

のだ。山形・酒田市立松原小学校の大井康嗣(こうじ)先生、素晴らしい!

三ツ星の代わりに、花まる3つ差し上げよう。今後は3つ花・小学校と名乗っ

て、越境入学生を集めて頂きたい♪

          

 (追記: その後、疑問が膨らんだので、とりあえず花2つに減らしとこう。

      場合によっては、1つに減らすかも。記事末尾のP.S.参照。)

       

算数のレベルは別に高くはないけど、社会の教科書に載ってる測量の絵か

ら、面積計算の方法を読み取るって発想が独創的だ。欲を言うなら、その絵

をもっとハッキリ載せるか、せめて教科書の出版社を書いて欲しかったけど、

まあ黒板に貼った図の写真からある程度は読み取れるから、オマケしよう。

追記: 記事は朝日新聞のHPでも読める)

   

          ☆          ☆          ☆

西洋文明が一挙に入って来た明治維新の前にも、日本には優れた学問や

文化があった。その事を示す例として、安土桃山時代豊臣秀吉が行った

太閤検地における、田畑の面積の測量方法を、6年生に教えてるそうだ。

田畑の形は整ってないから、とりあえず辺や角度がバラバラの不等辺四

角形だと考えて、その面積の求め方を生徒に考えさせる。

    

普通は、対角線を1本引いて、2つの三角形に分けて考えるわけで、生徒

もそう答えたらしいが、先生は言う。「正しい方法ですが、どうやらそうじゃ

なかったらしい」。検地の絵を見て、自分で色々考えた末に、当時の測量

法を読み解いたそうだ。下の図を見てみよう。朝日の記事に載ってるもの

とほぼ同じで、先生が黒板に書いてるものよりは詳しい。

       

100926a

 まず、左の辺ABの

 中点と、右の辺DC

 の中点を、横に結ぶ

 線を引く(長さ c)。

 そこに、上の辺AD

 の中点と、下の辺

 BCの中点から、垂

 線を下ろす(長さ a,

b)。この時、四角形ABCDの面積は、c×(a+b)になるようだ。

     

100926b

 これだけなら、フ~

 ン・・と流してたと

 思うし、生徒もあん

 まし食い付かないだ

 ろう。ホホーッと思っ

 たのは、元の四角形

 を、あ、い、う、え、

の4つにバラしてつなぎ変えると、長方形になるって説明だ(上図)。上手い!

これは興味が湧くな♪ 不等辺四角形を、4つの小さな不等辺四角形にバラ

してつなぎ合わせると、キレイな長方形。エライぞ、400年前の日本人☆

      

という事は、朝日の記事には書いてないけど、実は a=b。つまり、2本の

垂線の長さは等しいってことだ。面積は当然、2ac とも書けるし、2bcとも

書ける。c×(a+b)と書いたのは、aとb両方を使った方が数式的に美しく

見えるからだろう。。

          

         ☆          ☆          ☆

実はこの記事を読んでしばらくは、ホントに a=b になるのかな?とか、ホ

ントに長方形になるのかな?とか、疑問に思ってしまった。また間違いを発

見して、朝日新聞社に電話して、無愛想な応対を受けるのも面白いかも♪

とか、屈折した興味も湧いたわけだ。ちなみに、昔一度だけ指摘した時、

応対は無愛想だけど、翌日の新聞にはちゃんと一面に訂正が掲載された。

この辺り、さすが日本を代表するマス・メディアなのだ(謝礼はなし)。

                

ところが、流石は花まる先生と天下の朝日新聞。やっぱり正しかった。ま

ず垂線の長さ a と b が等しいことについては、一瞬、高校数学のベクトル

の内積で計算しようとして、やっぱり座標軸を設定。頂点Bを原点(0,0)、

直線BCを x 軸とし、残りの3頂点の座標を、A(p,q)、C(r,0)、D(s,t)

とする。

      

この時、左右の中点を結んだ横線の式は、「一般形」で書くと

  2(q-t)x+2(r+s-p)y+pt-qr-qs=0

ちなみにこれは、先日話題にしたx,yの一次不定方程式でもある。また、

y=・・・の形(切片形,1次関数)で扱えば、中学校の数学でも一応処理で

きる。一方、上辺の中点の座標は ( (p+s)/2,(q+t)/2 )。下辺の

中点は、( r/2,0)。

      

これらから、「点と直線の距離」の公式を用いて、垂線の長さを計算すると、

a も b も次の分数で表されることが分かる。分子の縦棒|は絶対値記号、

分母の √ 以降はルートの中身だ。

   |pt-qs-rs| / 2√ {(q-t)²+(r+s-p)²}

     

         ☆          ☆          ☆

式計算などせず、次の図形的変形からすべて納得してもいい。ただし、きっ

ちり証明するなら、最低限、角度計算の式は必要になる(以下では省略)。

      

100926c2

 まず、元の四角形の

 上半分だけを変形

 る。左図のように、

 四角形「あ」を180

 度回転させて、四角

 形「え」の上に重ね

ると、長方形の左半分が出来る。

     

100926d2

 続いて、元の四角形

 の下半分だけを変形

 する。左図のように、

 四角形「う」を180

 度回転させて、四角

形「い」の下に重ねると、長方形の右半分が出来る。後は、先に作った左半

分と合体させれば、しばらく上で載せた長方形が完成する。。

     

          ☆          ☆          ☆

理屈では納得できない人は、紙に書いてハサミで切って、確かめると頷け

だろう。実際、特に小学校教育だと、そうゆう身体で感じる作業は重要

だと思う。算数とか数学は、思考の世界と現実の世界がなぜか上手く調和

してしまう、非常に不思議な学問。その不思議さを感じることは大切だし、

それを実体験で和らげることも大切だろう。それでも納得できないごく一部

の人は、数学基礎論や哲学の世界に進めばいい。それで納得できるかど

うか、解決するかどうかは、別問題として。。♪

    

正直、ブログで算数や数学ばかり特別扱いするのは抵抗があるんだけど、

今回は妙に面白くて、計算までしちゃったから、ついでに記事を書いてみ

た。考えてみると、小学校時代から、不等辺四角形というのは嫌いだった

気がする。見た目も変だし、面積計算もしにくいし、名前もひねくれてる。で

も、こんなやり方でキッチリした長方形になるのなら、少し見方を変えても

いいかも知れないね。

     

それにしても、どうして太閤検地ではそんなやり方で面積を測ったのか、そ

の理由はまだ分からない。三角形2個に分ける作業の方が単純で速い

思うんだけどな。私が小学生なら、そう質問すると思う。垂線の長さを測る

作業を1回だけで済ませたいってことかね(a=bだから)。大井先生、その

辺りは如何でしょうか?♪

       

あと、新聞記事の写真をよ~く見直すと、黒板の図が辺の中点を使ってな

いように見えるし、黒板に貼られた教科書の図(の拡大コピー)でも、少な

くとも左側は、中点になってない気がするんだけど。。いずれ、社会科の教

科書で確認してみよう。

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

    

     

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.記事アップの翌日、やっぱり気になったので、検地の図をGoogle

    で画像検索してみた。すぐ出て来る2つの絵のうち、1つは朝日の

    記事の黒板写真にあるものと非常に似ている。少なくとも、この2つ

    だけから見た時、不等辺四角形を小さな不等辺四角形4つに分けて

    るようには見えないし、交差させた縄の直角を確認する「十字木」の

    使い方も、単純に中央で1箇所使ってるだけだ。

         

    そもそも、絵は2つとも等辺四角形と言うよりむしろ、隣り合う2つ

    の角が直角になった台形だろう。朝日の記事を読み直しても、「辺

    や角度がバラバラの四角形だと考えて」と書かれてる。つまり、バラ

    バラの不等辺四角形、不等角四角形というのは、(差し当たりは)

    仮定にすぎないのだ。

                 

    既に著作権は無いと判断、公益性のある適度な引用でもあるので、

    ここに絵を1つ挿入しよう。おそらくこれは、朝日の記事のものとほ

    ぼ同じだろう。僅かな違いは、同じ絵からの写本を通じて生じたもの

    だと思われる。役人と竹の位置もよく見て頂きたい。特に、一番上

    一番右の役人&竹の位置。田畑の頂点から少しズレてる、奇妙な

    位置になってるのが分かるだろう。中央は、見にくいけど十字木だ。

            

100927kenti

                

    検索して出て来る解説記事の説明を読んでも、やはり大井先生の

    記事は、間違ってるとまで言えるかどうかはともかく、歴史的根拠が

    薄弱のような気がする。おそらくあの絵を誤解して、単なる算数の

    図形の授業をしてしまってるのだ。算数としては正しくて面白いけど、

    当は台形の田畑を下図のように測ってだけではないのか。こ

    れなら、三角形2つに分けるよりも簡単だから、遥かに納得できる。

            

100927

       

    面積は当然、2本の縄の長さの掛け算。つまり、長方形に変形した

    時の縦×横だ。縄は垂直方向と水平方向になる(証明は、中学3年

    の中点連結定理とか)。横向きの縄をクロスさせる点はどこでもい

    い。つまり、横縄の左端(と右端)は、田畑の中点で無くてもいい

    けで、元の絵とも整合的。計算も簡単で、実用的だ。私が抱いてた

    疑問もすべて消える。なお、数学的必要性はないが、絵を見る限り、

    横縄の左右は、田畑ではなく長方形の左右の中点にしてるようだ。

           

    できれば、ご本人か、朝日の山根由起子記者の見解をおたずねし

    たいと思ってる。ちなみに、授業のやり方としては確かに面白い。

    ただ、絵の歴史的・数学的解釈に誤解があるのでは?と疑問を抱

    いてるだけだ。単なる誤解なら、今後の授業では訂正して、朝日新

    聞も訂正を掲載する。それで全てOKだろう。。☆彡

      

P.S.2 大井康嗣先生ご本人から、上の指摘に同意するコメントを頂い

      たので、長文のレスで応答させて頂いた。絵の出典や、参考書

      にも触れてある。下のコメント欄を参照。。☆彡

| | コメント (9)

パソコンの電源トラブルに冷や汗・・

RUN 7.3km,36分03秒,心拍133

ビビッたぁ~~。。またパソコンを買い替えるハメになるのかと思ったわ。

ま、手頃なコネタが出来てラッキーって部分もあるけどね♪ 毎日更新して

るブロガーは、ネタ探しが大変なのだ。何でもいいんじゃなくて、ちゃんとそ

の日の執筆時間に合うネタじゃないとマズイ。もちろん、手抜きのネタばっ

かでも、マニアック・ブログとしては論外なのだ。

        

事の経緯を書いてみよう。今日は久々の土曜出勤で、グタッと疲れてた

珍しく、副都心線なんてものに乗ってみたら、異常に車内アナウンスの音

量が大きくて、寝不足なのに居眠りもできない。フツーの3倍くらいの音じゃ

ないかな。よっぽど運転士に文句つけようかと思ったけど、大人げないか

ら止めといた♪ 試しに今、検索してみたら、やっぱり同じ事を思ってる人

が結構いるみたいだね。今度またうるさかったら、公式HPか何かで堂々

とクレームつけてやろっと。これで私も、クレーマーの仲間入りか (^^ゞ

        

で、ともかく疲れきって帰宅して、軽く夕食を取りながらしばらくネット。ただ、

PCの動きがちょっと遅い。まあ、最近ブラウザ(Firefox)の調子がイマイチ

だから、それほど気にもせず、そろそろ走りに行こうと思って、終了の動作

をしかけた時、ふと右下のタスクバーに目が行った。電池マークが空っぽ

で、おまけに赤いバツ印が付いてる。これは珍しい。

     

そもそも私は、ノートPCでもほとんどAC電源で使ってるから、電池が切れ

ることは少ないし、切れる少し前には自動的にスリープ(休止)状態になる

から、電池が0%になったことなんて覚えが無い電源コードがおかしいの

かなと思って、抜き差ししてみたり、アダプターの接続箇所をいじったり、

テーブルタップの具合を確かめたりしたけど、元のまま。その内、パソコン

画面が消えて、電源ボタンを押しても起動しなくなった。電池の充電ラン

プも消灯したままだから、相変わらず電源が供給されてない(ように見える)。

    

もう諦めて、古いパソコンを引っ張り出して、今日の分のブログ記事として

適当に、「PCの電源トラブル発生!」とか書いとこうかな・・・。そう思った時、

ふと昔一度だけやった操作を思い出した。調子が悪くなった時、電池を一

旦外して、取り付け直したら直ったことがあったのだ。試しにやってみたら、

見事に充電ランプが点灯。電源ボタンを押すと、PCもスリープ状態から回

(ちょっと動きは遅かった)。タスクバーの電池マークも、AC電源で充電

を表してる。助かった。。☆

       

ただ、変なのは、いきなり電池の残りが54%になってたこと。しばらく見て

たけど、徐々に数字が増えるだけで、正しい表示らしい。ってことは、少し

前の空っぽの表示が間違いで、パソコンはその間違った表示(というより

認識)のせいで動かなくなったわけだ。おかしな話だね。別に落としたわけ

でも、衝撃が加わったわけでもない。原因が分からないってことは、また似

たようなトラブルが再発するかもしれないから、しばらく警戒しとこう。

     

         ☆          ☆          ☆

ともかく、走りに行く直前に15分くらい冷や汗を流したから、10kmランが

7.3kmランになっちゃったわけ (^^ゞ ナイトランはブログの締切時間との

闘いだから、何かあるとすぐに距離が減る。やっぱ、ブログの更新は早い

時間帯に済ませとくべきなんだけど、ちょっと忙しかったりするだけで、すぐ

更新時間が後ろにズレて、今みたいに23時59分になっちゃうのだ。

        

ま、昨夜は短距離バトルで1km3分台までヒートアップしたから、今夜は

を休ませる日。ちょうどいい回復時間をもらったと、ポジティブ・シンキング

しとこう。涼しい中、軽~く流して、トータルでは1km4分56秒。うん、ちょう

どいいかも♪ 明日がまた、夜になって雨みたいなんだよなぁ。おまけに、

月・火も傘マークだから、ランニングのスケジュールが難しいね。いざとなっ

たら、小雨ランか傘ランか、あるいは超久々にジムのランニングマシンで

走るとしよう。

    

ちなみに今も、電池は100%。フツーだけど、ありがたく感じちゃうね♪

電気なしだと、PCなんて単なるガラクタだもんな。ではまた。。☆彡 

    

        

 往路(2.45km)    13分22秒  平均心拍120         

  1周(2.14km)    10分30秒        136  

  復路(2.71km)     12分11秒         140     

計 7.3km    36分03秒  心拍133 (72%) 最大145(ゴール時)

| | コメント (0)

微熱小雨ランのバトル、1km3分台突入♪

RUN 10km,47分13秒,心拍147

寒い。。一昨日の猛暑から、一気に気温が10度以上も低下。ちょっと対応

出来てないなぁ、色々と。ほとんど裸で寝てたのに、昨夜は上下ちゃんと着

てタオルケットまでかけても寒くて、何度も目が覚めたほど。寝た気がしな

いから、今日はずっと眠いままで、効率がすごく悪かった。

      

電車内も、冷房(ドライ?)が入ってたリ入ってなかったりで、暖房みたいな

温かさを感じる車両もあったね。これじゃ、元々体温調節の苦手な私は全

くダメだ。熱っぽいし、珍しくちょっとだけノドも腫れてる気がする。昔はすぐ

ノドが腫れてたけど、最近は年に2、3回程度に収まってるのにな。。

      

急激な気温変化と体調不良の話はともかく、昨日の時給11万円のバイト

記事は笑っちゃうくらいウケたね♪ テレビやタレント関連じゃないから、

大量アクセスって言うほどでもないんだけど、予想より遥かに多かった。こ

の記事1本で、昨日の訪問者が286人、ページビュー(=クリック数)326。

ウチには2000本以上の記事があるから、昨日の訪問者数は60万人近

くに達したわけだ・・・と言いたい所だけど、それは流石にない♪

        

面白いのは、ドラマ系の読者までかなり読んでたこと。ウチは1年半前から

方向転換しつつあるけど、いまだにドラマ系の読者が多くて、スポーツ系や

学問系の記事は見向きもされないことが多い。ところが昨日の超高額バイ

ト記事は、そんな人達にさえクリックさせてるのだ。金の力は大きいね (^^ゞ

ま、私自身も、金額に魅かれて記事を書いたんだけど。。

     

バイトの締切時間の朝9時直前には、ウチの記事のURLがあちこち回され

たらしくて、ドドッとまとめてアクセスが入って来てた。みんな、ギリギリで応

募できたかな? 受かったら私のおかげだから、1割くらい送って欲しいな。

「首都圏 テンメイ」の宛先で、現金書留で大丈夫だから、よろしく♪

         

         ☆          ☆          ☆

一方、今夜の走り。仕事から帰る途中で雨が降り出して、今夜も走れない

かなぁと思ったんだけど、例のXバンドMPレーダーとか使って細かい最新

情報を集めると、どうも何とかなりそうな感じだ。寒いし眠いし疲れてるんだ

けどなぁ・・・とか内心ボヤキながら、上は2枚、下も長いのを履いて、近所

の公園にトボトボとスタート。小雨も降ってるから、ほとんどやる気はない

      

公園に着いた後も、2周はお遊びラン。ところが3周目。少し調子が出て、

1km5分ペースくらいになった所で、後ろから来たランナーにスパッと抜か

れた。近所の公園で抜かれるのはすごく珍しいことだ。走り慣れた学生に

見えたから、見送ろうかとも思ったけど、ものは試しってことで追走開始♪

結局、4周半(約5km)のバトルになった。

     

最初は1km4分20秒程度だったのに、ジワジワ上がって、最後は1km

3分55秒ペースまでアップ。公園バトルでここまでヒートアップしたのは、

半年ぶりか1年ぶりくらいかな。前に同じく近所の公園で、3分40秒台ま

で到達した覚えがあるね。それと比べれば遅いけど、まあ、まさかのペー

スアップだ。やっぱ、ストライド(歩幅)が普段より全然大きいんだよな。

     

序盤がノロノロだったから、トータルでは遅くて、1km4分43秒ペース。復

路もハーハーゼーゼーで、一時止まり掛けたほどだったから、そんなもん

でしょ♪ ま、走り終わった後は爽快で、引っ張ってくれたランナーに感謝、

感謝。明日は休日出勤だから、また10km程度のランかな。ではまた ☆彡

           

  往路(1.15km)   6分39秒  平均心拍117          

  1周(1.1km)   5分50秒         132         

  2周           5分48秒         136       

  3周           5分14秒         144      

  4周          4分46秒          152 

  5周          4分39秒         157 

  6周          4分36秒         161

  7周          4分17秒         170

  復路             5分22秒          150

計 10km  47分13秒  心拍147(80%) 最大170(周回ラスト)

| | コメント (0)

映画『インシテミル』PRのバイト、時給11万2000円☆

雨が止まない。。前線がドッシリ南下してる所を、北上する台風が刺激して

るんだから、当然か。昨日の猛暑から一転、肌寒い休日。こりゃ、体調崩し

そうだな。湿度の高さもあるんだろうけど、身体の感覚が変になってて、

いのに蒸し暑いような気もしてしまう。ま、それにしても、綾瀬はるか&藤木

直人『ホタルノヒカリ2』が終了したおかげで、久々にドラマ記事を書かなく

ていい木曜日。アァ~、楽でいいなぁ♪ って言うか、これが普通の生活な

んだけど。。

                

さて、今この文章を打ってるのは、23日の21時45分だ。この時点で、今

夜は雨が止みそうにないから、ランニング記事の代わりに何かブログ用の

コネタが欲しい。ネットで探すと、手頃なニュースが見つかった。オリコン、

毎日新聞その他で、時給11万2000円のアルバイトに、10万人超の応募

が殺到してると書いてある。やっぱ、魅力なんだよなぁ。。☆

          

このネタ、ニュースより前に一応知ってたし、気にはなってたけど、今現在

まで応募はしてない。美味しい話には、当然それなりの理由がある。引っ

掛かる点が色々あるのだ。。 

         

         ☆          ☆          ☆

今現在、ネット情報でハッキリしてることをまとめてみよう。藤原竜也、綾瀬

はるか、石原さとみ、平山あや、武田真治らによる、10月16日公開の

画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』のPRイベントの手伝いの仕事。

「インシテミル」の意味はボカされたままで、英訳は「THE INCITE MILL

(和製英語を敢えて直訳するなら、「刺激的な殺し合いの場」くらいか・・・)。

        

10月7日、都内実働3時間程度、残業なし。交通費支給なし、制服貸与、

年齢学歴不問。テレビや新聞などに出ることが可能な人。1次審査は、性

別・生年月日・都道府県・コメント・志望動機などの入力で選考。合格者は

2次審査で履歴書内容から採用。予定は1名。身体に危険はなし。会社名、

サイバード締切は明日(24日)の朝9時。iPhone他、スマートフォンには

対応せず。。

                          

う~ん。一見、あまりに手軽で面白そうな儲け話だから、QRコードでaja.

jpにアクセスして応募する程度のことはやってもいい気がする。落とされて

もブログや話のネタくらいにはなるし♪ ただ、公式ツイッターで情報を見

ると、登録の「翌日からDMが続々と送られる」と書いてあって、担当者が

RT(リツイート)で「ご気分害されたら申し訳ありません」と応答してる。認め

ちゃってるわけね。 

            

サイバードって会社は、モバイル・ネットの世界ではメジャーとしても、普通

の目線で見れば、控え目に言って「新興企業」。はじけ飛んで消えたわけ

じゃないにせよ、ITバブル関連の代表格だ。大量に集めた個人情報の取

り扱いに関するコンプライアンス(法令順守)がどの程度のレベルなのか、

どうしても気になってしまう。特に、1次はかなり大勢通過させて、履歴書を

大量に集めるらしいから、その後の取り扱いが心配だ。いまや、保険会社

でさえ情報管理がいい加減な時代。。

       

そもそも、平日の夕方からの予定だから、普通の社会人なら仕事をサボっ

行くわけで、テレビや新聞で報道されるとマズイだろう。貸与される制服

が、かぶりものや着ぐるみなら、まだ分かるけど♪ ま、やっぱり20歳前後

の少年・少女向けの募集だよな。「大人、危うきに近寄らず」。遠くから見物

だけさせて頂くことにしようか。

      

ちなみに、結局いくら貰えるのかもハッキリしてない。実働3時間って言葉

を見て、オリコンも含めてみんな、11万2000円×3=33万6000円とか

考えてるようだけど、実働時間と拘束時間は違うし、普通は実働時間+α

で給与計算するはずだ(拘束時間で計算するとまでは言わない)。バイト募

集と言いつつ、そんな大切な事さえ曖昧にしてるのも、引っ掛かるのだ。

ま、映画のPR3時間で33万ってだけでも、魅力的だけどね。。

        

  (☆追記: その後28日に、一次審査終了に関する記事をアップ。

       映画『インシテミル』の超高給バイト、一次審査通過5000人 )

    

  (☆追記2: 10月7日、最終結果に関する記事をアップ。

   『インシテミル』超高給バイトは大学生&久々のドイツ語に大苦戦・・ )

     

        

         ☆          ☆          ☆

う~ん、やっぱり雨は止まなかったか。世の中には、こうゆうブログ記事を

書くバイトもあって、1本100円~500円程度らしい (^^ゞ それでも、0円

で書くよりはマシかな。とりあえず今夜は、完全なボランティア活動で映画

の宣伝をしてしまったことになる。

         

ちょっと悔しいけど、原作(米澤穂信)はヒットしてるそうだし、映画もそこそ

こ面白そうだから、良しとしとこうか。バイトと同様、映画も、時給112000

円の闘いの物語とのこと。ただし、殺し合いの心理ゲームだ♪ 最近、好

きだねぇ、みんな。こうゆう外界から閉ざされた集団のことを、ミステリー用

語で「クローズド・サークル」(closed circle)と言うそうだ。ふ~ん・・って感じ。

ではまた。。☆彡

| | コメント (2)

年末恒例の川口マラソン、今年もエントリー

(☆12月5日追記: 今年のレース記事をアップ。

     川口マラソン2010、まさかの快走で自己ベスト大幅更新☆ )

           

          

RUN 9.3km,42分31秒,心拍149

また猛暑かよ! ウチの辺りの最高気温は34度になってるけど、体感的

には35度あったよなぁ。いい加減にして欲しいね。ま、体質ってものはあ

わけで、先日久々に会った女友達に、今年はマジで熱かったよなぁとか

ボヤいたら、そう?って感じで何ともなさそうな応答 (^^ゞ 私が蒸し暑さに

極端に弱いのは、母親からの遺伝も大きいようだ。

        

暑さへのボヤキを一発入れた後、遅まきながら川口マラソン・エントリー

報告。07年12月から3回連続出場で、今回が4回目去年はハーフ・マラ

ソンの出場者が急増してて、かなり走りにくくなってた。元々、直角カーブだ

らけの住宅街が目立つコースで、走りやすくはなかったのに、去年は序盤

しばらく追い抜きがしにくい状況。おまけに、競技場から出発する際には、

出口でしばらく止まるハメになったし、終盤にはバスの通過待ちでストップ

なんて凄いこともあったのだ。     

    

流石に運営サイドもマズイと思ったのか、今年は以前とは大幅に変わって

る。公式サイトが「かなり」マトモになったし、ハーフと10kmの定員を各

2000人に限定して明示。「定員になり次第締切」と太字で強調してある。

更に青梅マラソンみたいに、申込状況を刻々と掲示してて、9月22日の

状況ではハーフ1450名超、10km1200名超。15日のエントリー開始

から僅か8日間だから、かなりの人気だろう。10月15日までに定員が埋

まるのは間違いない。

      

一番気になってたのは、15日~17日の「市民優先受付」。この間に定員

に到達すると、市民が優先されるってシステムで、みんなの動きが読めな

かったから、ノンビリ屋の私も珍しく早めにエントリー。毎年一緒に出てる友

人Hにもすぐエントリーするように伝えたほど。

        

結果的には、まだそこまで人気沸騰になってるわけじゃなかったけど、青

梅や荒川で何度も締切に引っ掛かって来たから、正しい行動だったと思う。

人間にはちゃんと、失敗からの学習能力があるのだ・・・とか言いつつ、失

敗が続いたんだけど♪

                  

          ☆          ☆          ☆

ともかく、12月5日の第29回大会への参加は決定。気合を入れて、今夜

もしっかり走り込んで来た・・・と書きたかったのに、全然そうは行かなかっ

た (^^ゞ まず、余りの残暑の厳しさに疲れ果てて、なかなかナイトランに出

かける気にならず。予報だと、夜には急激に冷えて、雨まで降りそうだった

のに、実際は気温と湿度が高いままで、雨は降らず。私にとっては最悪だ。

     

ダルイなぁ・・・でもブログのネタに困るしなぁ・・・とかグズグズした後、渋々

走り出したら、もう10kmさえ走る時間がなかったわけ♪ 8kmくらいかな

と思ってたんだけど、最初からハーハー不調だったわりには脚が動いて

2周目には1km4分20秒ペースに到達。おかげで一応、9.3km走ること

が出来た。あとちょっとで丁度10kmだったのに、惜しかったな。

       

トータルでは1km4分34秒ペース。休み明けの短距離にしては遅いけど、

蒸し暑かったし、最低限の形にはなってるから、良しとしと・・・いていいの

かね♪ 明日から3日間、傘マークが続いてるから、ほとんど走れないか

も知れないんだよなぁ。ま、いざとなったら、小雨強行ランか傘ランでお茶

を濁すとしよう。あぁ、仕事が忙しくって来た。秋はキツイんだよなぁ・・・と

ボヤいた所で、それではまた。。☆彡

             

  往路(2.45km)   12分19秒  平均心拍132         

  1周(2.14km)    9分52秒        148        

  2周             9分14秒        157    

  復路(2.57km)    11分05秒         158 

計 9.3km    42分31秒  心拍149(81%) 最大167(ゴール前)

| | コメント (2)

一次不定方程式と整数解~足の本数だけの鶴亀算など

今日は想定外のことが連発したので、僅かな時間で数学記事を書くことに

なってしまった。言い訳してるヒマもないので、すぐに書き始めよう。テーマ

は、8月末に頂いた読者のリクエストにお応えして、「一次不定方程式」。

「1ヶ月以内には何か書けるかも」とぼかしてレスしておいたが、この辺りで

「何か」書いときたいと思ったわけだ。

         

「一次不定方程式」という言葉、数学好きや理系人間ならすぐピンと来るだ

ろうけど、一般にはあまり知られてないだろう。「一次方程式」は中学1年

数学の教科書から載ってる簡単な言葉だけど、「不定方程式」は手元の

校の教科書(レベルが高めの数研出版)でさえ見当たらない。私が知った

のは、参考書だった気がする。

      

           ☆          ☆          ☆

まず、(x についての)一次方程式とは、「2x=6」、「5x-7=0」などのこ

と。つまり、変形すると「○x+□=0」の形になる等式だ(○や□は定数)。

先程の例なら、それぞれ「2x+(-6)=0」、「5x+(-7)=0」に変形でき

るから、一次方程式だ。

        

未知数(=分からない数)を表す文字が x だと分かり切ってる場合を始め

として、しばしば「xについての」といった言葉は省く。ただ、厳密には「何に

ついての」方程式なのかハッキリさせないと、話の意味が広がり過ぎてし

まう。例えば、「b² x + 1 =0」という等式は、x についての一次方程式と

見るのが普通だけど、b についての二次方程式とも見れるし、b,x につ

いての3次方程式とも見れるのだ(b,x が計3回掛け合わされてるから)。

       

話を簡単なレベルに戻すと、「2 x = 6」の解、つまり答は x=3 だ。この

場合、解が「定」まるから、「不定」方程式ではない。一方、「x+2y = 5

という等式は、普通に見ると、x,yについての一次方程式だが、これをみ

たす x と y の組合わせ(x,y)はいくらでもあるから、解を「定」めるのは

「不」可能。よってこれを、不定方程式と呼ぶ(微妙な話は後述)。より精

密に言うなら、x,yについての一次不定方程式だ。

       

          ☆          ☆          ☆

理屈を長々と書くより、実際の問題を見ることにしよう。小学校以来有名

な、「鶴亀算」の問題を解いてみる。

    

鶴と亀の足を合わせると10本あります。それぞれの数はいくらですか?

      

アレ?と思った人もいらっしゃるだろう。足の他に、頭を合わせていくつと

いう条件が与えられるんじゃないのか?♪ もちろん、普通の鶴亀算だと、

「頭を合わせると3つです」とかいう条件が加わる。

        

中学だと、足2本の鶴が x 羽、足4本の亀が y 匹として、2x+4y=10、

x+y=3。この「連立一次方程式」は簡単に解けて、(x,y)=(1,2)だ。

結局、鶴1羽、亀2匹が答。小学校の算数だと、まず仮に、すべてツルと

みなす。これだと足が6本になってしまうから、足をあと4本増やすために、

本当は亀が2匹いると考える。亀1匹は、ツル1羽より足が2本多いからだ。

            

けれども、「足を合わせると10本」という条件だけで、中学校以上の数学

を用いると、2x+4y=10。つまり、x+2y=5。これは一次不定方程式「の

形」になってる。ただし変な話だが、実際には「不定」ではなく、解は一応「定

まる」のだ。

        

この問題だと、x と y は0以上整数だから、(x,y)=(1,2),(3,1),

(5,0)。これら3組が解。結局、鶴1羽で亀2匹か、鶴3羽で亀1匹か、鶴

5羽で亀0匹。これが答となる。もちろん、どちらも1匹以上いるという前提

なら、3組目の答は除外すればよい。

        

こうした流れが、「不定方程式の整数解」を求めるやり方の代表例だ。「整

数」という強い条件と、「0以上」などの不等式の条件を組合わせるのがよ

く使われる方法。実際には、y = 0 なら x = 5。y = 1 なら x = 3。y =

2 なら x = 1 。y ≧ 3 なら x は無し。そんな感じで解を1組ずつ求めてい

く。y で場合分けするのは、係数の絶対値(y は2、x は1)が大きい変数に

着目する方が素早く調べられるからだが、 x で場合分けして求めてもよい。

       

もう一つ、例題を挙げとこう。    

5円切手、10円切手、20円切手が合わせて50円分あります。どれも

1枚は買うとすると、それぞれ何枚ですか?」。

    

それぞれの枚数を x、y、zとすると、5x + 10y + 20z = 50。つまり、

x + 2y + 4z = 10。これは、x,y,zについての一次不定方程式だ。

係数の絶対値が一番大きい z に注目して場合分けすれば、(x,y,z)=

(2,2,1),(4,1,1)の2組が解だとすぐ分かる。よって、5円2枚かつ

10円2枚かつ20円1枚か、5円4枚かつ10円1枚かつ20円1枚。

        

     

         ☆          ☆          ☆

さて、この程度なら、どこにでも似た話が書いてあるだろう。そこで最後に、

自称マニアックサイトらしく、ほとんど見かけない主張を強調しとこう。それ

は、「不定方程式という言葉は、やや奇妙だし、かなり曖昧だ」というものだ。

      

やや奇妙というのは、上の例題2つからも分かるように、「不定」と言いつ

つ、実際には解が定まってるからだ。「1つには定まらないのが不定」とい

うのは、二重の意味で反論になってない。まず、「x+y=2」という不定方

程式は、x と y が1以上の整数なら解が1つに定まる。(x,y)=(1,1)

だけだ。一方、「x²-3x=0」という2次方程式は、解が1つには定まらな

い(0と3、2つの解)が、不定方程式とは言わない。

      

そこで、もう少し話を限定して、例えばこう定義してみよう。「変形して、○x

+△y+□=0 になる方程式を、x,yの不定方程式と呼ぶ(○、△、□は

定数)」。この場合、整数であるとか、他の条件抜きだと解が無限にあるか

ら、不定と呼ぶにふさわしいだろう。解を有限個に「定」めるのが「不」可能

という意味だ。

         

ところが、比較的信頼できそうなサイトや手元の参考書を調べた時、この

定義は実際にはなぜか見当たらないのだ。ウィキペディアの日本語版は、

「ディオファントス方程式」(=整係数・他変数・高次・不定方程式)という項

目名で小難しい話を僅かに紹介してるだけだし、英語版ウィキの「indeter-

minate equation」もほとんど走り書き程度の記事で、英語版としては珍しく

論外の説明。

        

名古屋大が公開してる講義用pdfファイルでは、整数のように「飛び飛び」

の量を扱う「離散」数学の授業だからか、係数と変数をあらかじめ整数に

限って定義してある。一方、毎度お馴染み、講談社『現代数学小事典』を

見ると、係数と変数は整数で、数式は有限個(2つとか3つとか)まで拡張

してあるし、科学新興社『モノグラフ 公式集』では定義なしで曖昧なまま。

       

ちなみに、ありがちな発想として、「変数の数が方程式の数より多い(連立)

方程式」というものがあって、これは先の私の定義の延長上にある(大幅

に拡張)。ただ、実際には、係数や変数を整数と限ってる場合が目立つし、

方程式は1本だけ、しかも1次のことが多い。したがって、むしろ、「変数が

2個以上の1本の一次方程式を、慣習的に(一次)不定方程式と呼ぶ。通

常、係数は整数」と、緩やかに定義するのが実情に合ってる気がする。。

    

         ☆          ☆          ☆ 

ともかく、繰り返しになるが、「不定方程式という言葉は、やや奇妙だし、か

なり曖昧だ」という指摘を、私としてはしておきたい。これまでの一連の記

事でも示唆されてるように、数学の世界でさえ、実はそれほど話が厳密に

確定されてるわけでもないし、見解が統一されてるわけでもない。さらに言

うなら、そういった事態の理解もあまり進んでないのが実情だろう。少なくと

も私は、数学の授業でそういった観点を教わったことは一度もないし、読ん

だこともないのだ。数学以外でなら、度々あるにも関わらず。。

             

結局、数学にせよ科学にせよ、理系の専門家が断定口調で語る話にさえ、

常に注意が必要だということだ。文系に関しては、言うまでもないだろう。

本当に必要で、優先されるべき教育とは、与えられた知識に対して十分注

意を払いつつ、誠実に深く自分で考察する知性の養成だと思ってる。ただ

し残念ながら、今の世の中、これは極端な少数意見のようだ。

       

なお、不定方程式については、平面図形・空間図形との関連でいずれ別

記事を書くかも知れないし、「不定の連立方程式」についてはいずれ線形

代数や行列との関連で扱うかも知れない。一次不定方程式の整数解を

平面図形で考えると、式が表す直線上の格子点(=両座標が整数の点)

になる(x>0,y>0という条件なら第一象限の点)。

ではまた。。☆彡

| | コメント (4)

下北沢でランチ♪&亀梨『Going』&居眠りジョグ

JOG 8km,43分28秒,心拍128

あ~、楽しかった♪ 喋りまくったから、寝不足の眠気も吹っ飛んだほど。

やっぱ、イイね。昔からの友達ってものは。男もそうだけど、だとホント、

貴重な存在だわ☆

     

井の頭線で超久し振りに、下北沢へ。昔から若者の街で、三連休最終日の

今日も、ちょっとゴチャゴチャした駅周辺の道を、大勢の若者が歩いてた。

我々を含めて♪ 渋谷とは店も人もちょっと違うし、一番人気の街・吉祥寺

とも違う。どことなく古びた昔懐かしい雰囲気だけど、刻々と変化してる街。

      

今日行ったカフェ・バー「FREE FACTORY」も、まずビルがちょっと古い

感じだし、カフェバーっていう業態も店の入口も、バブル末期の香りが漂っ

てる。倉庫のドアみたいな感じで、入る時にちょっとワクワク・ドキドキする

タイプ。ところが、店はまだ出来て4、5年らしくて、内装もそう言われてみ

れば、意図的に古びた温かさを演出してる感じだ。「自由人」高橋歩のプ

ロデュースってことで、店内には多数の旅行系の本や写真が飾られてる。

夜はイベントで盛り上がるらしい。

        

100920

 注文の際にキャッシュで前払い

 する形式で、注文した品は、い

 かにもって感じの親しみやすい

 男のコがすぐ運んで来た。後は

 飲み食いしながら、ペチャクチャ

 喋るだけ。彼女と直接会うのは

 4年前、表参道でのランチ以来

 だけど、毎日会ってた友達みた

 いな感じで自然に話がはずむ☆

 写メは珍しいガムシロップ容

♪ 「TANSAN」(炭酸)のボトルを借用してた。

       

驚いたのは、急に彼女が私に似た人生を歩み始めてたこと。仕事内容も

近づいて来たし、ランニングを始めてるって話には驚いた。全くそんな気配

はなかったのに、ジム通いとランニングを真面目にやり始めて、大会にも

出場する予定とのこと。ブームに流されたな♪とか、からかってみたけど、

本人は今後も続けるそうだ。

             

それは、私にとっても好都合だね。残念ながら住んでる所は遠いんだけど、

レースにせよ公園にせよ、どこででも一緒に走れるだろう。そうなると、こっ

ちも気合が入ることになる。「先輩」として、あるいは男としての威厳を保つ

ためにもね♪ いずれ一緒に走る機会があれば、また記事にするとしよう。

とにかく、非日常的な刺激があるのに安らげる、連休らしいひと時だった。。

        

         ☆          ☆          ☆

一方、今日って言うか、昨夜の走り。一応、日付け的には今日(20日)に

しとこう。とにかく最近、やたら眠いから、ホントは昨夜も早めに寝て、朝ラ

ンにしたかった。でも、周囲の亀梨和也ファンが、『Going! Sports&

News』(日テレ)を強烈にプッシュしてるから、試しに見てみようと思って、

23時55分からテレビ視聴開始。メジャーな略称は『ゴースポ』かな。

       

もちろん、私が見ても、亀梨の映像にときめくことはないし、それどころか

女子アナにも萌えない。でも、番組の内容はちょっと興味深かったな。野

球大好きジャニーズのKAT-TUN・亀梨が、プロ野球のマネージャーの

仕事を体験する様子を映してて、全く知らない裏方さんの世界を見れたの

だ。曲者揃い、70人(?)の世話を一人でするのは大変だろうね。特に、

バスは貸し切りだからまだいいとして、新幹線の座席表を作るのは大変そ

うだ。当然、相性とか年功序列とか、色々配慮しなきゃなんない。

           

亀梨に関しては、楽天のブラウン監督がいきなり「これから彼がジョークを

してくれます」って感じでフって来た時の対応が好感持てたそうゆうキャラ

じゃないんで・・・とか言って、笑顔で恐縮しながらも真っ直ぐに断ったのだ。

別にウケないギャグをやっても良かったけど、いずれにせよ自分なりの真

面目な応対をスパッと出来たのがいい・・・とか書いとくと、ウチの亀ファン

読者も満足してくれるだろう♪ エッ、ほとんど残ってない? あっ、そう。。

     

         ☆          ☆          ☆

ともかく、やや懐かしい感もあるチョンマゲ・スタイルの亀梨を見た後、

所の公園へスタート。と言っても、16kmかなり真面目に走ってから、まだ

17時間ほどしか経ってなかったし、やたら眠いので、完全にジョギング

モード。脚の筋肉がヘタった状態で、1km5分半ペースを切れたことだし、

心拍も余裕で極端に低いまま。一応、良しとしとこうか。

         

トータルでは1km5分26秒ペース。蒸し暑くなければ、もうちょっとマシな

ペースだったと思うけど、まあいいや。9月下旬の夜中なのに、気温25度、

湿度75%って条件はちょっと辛いね、私には。木曜からは急激に涼しくな

るって予報だから、期待しとこう。ではまた。。☆彡

             

  往路(1.15km)   6分46秒  平均心拍113          

  1周(1.1km)   6分05秒         123         

  2周           5分59秒         127       

  3周           5分57秒         129      

  4周          6分00秒          130 

  5周          5分57秒         132 

  復路(1.35km)     6分45秒          135

計   8km    43分28秒  心拍128(70%) 最大138(復路の坂)

| | コメント (4)

香港女性に再び、喜びの声を上げさせたお話♪

RUN 16km,1時間12分59秒,心拍154

ミニチャイナ服を着た少女が、香港を優しく案内してくれる姿が目に浮かぶ。

やがて、片言のコミュニケーションから絆が深まり、Ah!・・・カンフーで鍛え

た柔軟な身体が美しい曲線を描き、遂に・・・(以下、省略♪)

           

ってことで、今朝は4ヶ月ぶりのアジア進出を報告しよう。確認できた範囲

で、ウチの記事がアジアで紹介されたことは、これまで5回あった。まず、

07年12月、福山雅治『ガリレオ』の数学記事が香港女性を魅了♪ 次

に08年5月、キムタク=木村拓哉『CHANGE』のレビューが中国女性の

共感を呼び起こす。

           

続いて09年1月、亀梨和也『神の雫』のレビューにおけるフランス語解読

が、台湾女性韓国女性のハートを射止め、10年5月には、キムタク『月

の恋人』レビューがベトナム女性を感動させた☆ ベトナム語はほとんど

分からなかったけど、絵文字その他から内容を推測。英語は完璧、中国

語はほぼ解読、韓国語はそこそこ解読できた。韓国の文字(ハングル)が

一番苦労したなぁ。ベトナムだと、あっさり諦めがつくんだけど♪

       

で、今回発見したのは、香港少女による、中国語掲示板への書き込み

以前の香港女性は英語だったからすぐ読めたけど、久々の中国語は一

瞬緊張。ただ、内容が簡単だから、10分ほどで顔文字までほぼ解読で

きた。向こうの顔文字って、横向きが多いとかいう話だけど、なんでかね。

最初、文字化けだろうと思って、読み飛ばしてたほどだ。

    

では、その香港少女の書き込みを紹介しよう。著作権的にやや引っ掛か

るものはあるが、向こうが先に勝手にリンク付けたんだし、まさか国際問

題にはならないだろう。そろそろ、今回のデモの波も収まったようだしね。。

      

100919a

         

この月落霜啼さん、まだ若いのに、ネット上で積極的に活動してるようだ。

名前の読み方も意味も分からないけど、絵のイメージでいいんだろうね♪

独特の「簡体字」と顔文字(XD)が入った中国語を、私が少女言葉に翻訳

すると、次のようになる。改行は元の文に合わせておいたから、読み比べ

ると、何となく納得できるだろう。

        

  これ、ずっと探してたんだけど、昨日たまたま見つけて、超~感激 happy02 

  毎回、黒板に書かれてた事が全部まとめられてるの(私のツボ☆) happy02 happy01

  ただ・・・ぜ~んぶ日本語。。絶対ムリ。

  翻訳してぇ~~~

      

これに対して私は、リンクを付けてもらった記事の冒頭に、次のメッセージ

を追記しておいた。正直言うと、以前作った文のコピー&ペーストだ♪

    

   ☆2010.9.18追記

     你好,月落霜啼小姐。 (Hello.)

     初次見面。 (Nice to meet you.)

     我是 天命。 (I am tenmei.)

     謝謝你介紹我的博客。 

       (Thank you for your introduction of my blog♪wink )

       

残念ながら、彼女はまだこのメッセージに気付いてないようだけど、10人く

らいの中国系女性が読んでるようだから、ささやかな国際交流だろう。お互

い、最低限の理解と共感を持ってることが分かっただけでも、親しみが湧く。

      

それにしても、中国語はやっぱ勉強すべきだね。漢字だし、漢文読解も高

校で習ってるから、そのままでもある程度意味が分かる所が嬉しい。いまや

世界の中心はアメリカと中国。間に挟まれた日本は、パッシング(通過)か

ナッシング(無)の状況に追い込まれてるからこそ、できる範囲でコミュニケー

ションしたいもんだ。特に、折角あちらが日本の文化に関心を持ってくれて

る時に、チャンスを逃すのは勿体ないだろう。。

       

cf.『ガリレオ』レビュー、香港女性もウットリ♪

  『CHANGE』レビュー、台湾か中国でウケたみたい♪

  台湾の愛之絆さんへ~『神の雫』第2話について

  『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第4弾

  『月の恋人』第2話レビュー、英訳を通じてベトナム進出

       

           

         ☆          ☆          ☆

さて、小市民的な自慢話はこのくらいにして、昨夜って言うか、今朝の走り

について。ホントは昨夜の予定だったのに、眠過ぎて走る気がしなかった

から、数時間の仮眠。予想された通り、目覚まし時計は速攻で止めて、二

度寝、三度寝♪ で、起きたら完全に朝だったわけ (^^ゞ ダメだね。いや、

どうも朝型から夜型に戻せなくて、苦労してるわけ。季節の変わり目だし。。

           

四度寝への欲望を抑えつつ、ボーッとしたまま朝の公園に走り出すと、実

質的な3日連続ランのわりには足腰が動く。気温は23度だからビミョーで、

涼しく感じたのは最初の15分くらいだけ。ただ、2日前に痛めた左ふくらは

ぎがほぼ治ったようで、心肺的にはちょっとしんどかったけど、脚はほぼ問

題なしだった。ま、右脚付け根の違和感がちょっとあった程度かな。

    

トータルでは、1km4分34秒ペース。お~、意外なほどマトモだったね☆

ロクな体調じゃないのにこれだったら、ホントは4分ジャストだろう♪ とも

あれ、ようやく秋っぽい走りになって来たようだ。ちょっと疲れたから、今夜

は短いジョグでつなぐだけにしようかな。明日は楽しいお食事の予定だし ♡

心拍計はほぼ正確だった。ではまた。。☆彡

     

  往路(2.45km)   12分04秒  平均心拍129         

  1周(2.14km)    10分04秒        148       

  2周              9分49秒        154  

  3周             9分38秒        158

  4周              9分37秒        160

  5周             9分24秒        163

  6周(0.4km)        1分44秒         162

  復路              10分41秒        158     

計 16km  1時間12分59秒  心拍154(84%) 最大170(ゴール時)

| | コメント (0)

掛け算(乗法)の導入、足し算・引き算との関係~小学校の算数3

今日は3連休初日。1年で一番忙しい10、11月が来る前に、小学校にお

ける自然数(0,1,2,・・・)の計算を一通り終わらせときたい。ここまで、

小学1年生の足し算引き算をそれぞれじっくり考察したが、今回は掛け

算について考察する。

            

参照するのは今まで同じく、東京書籍の教科書、『新編 新しい算数 2下』。

ネットで見ると税込279円だが、私は278円で買った。という事は、本体価

格は265円で、消費税5%の端数を切り上げるか切り下げるかで1円違っ

てるんだろう。細かい話だけど、教科書という極度にオフィシャルな本でさえ、

こうした値段の違いが生じてるのは、やや意外だった。

        

この教科書の前、つまり『2上』では、足し算・引き算の筆算や、長さの単位

時計や表・グラフといったものが扱われてる。私自身の記憶だと、表とグラ

フにかなり違和感があった気がする。全体をまとめるのが面倒とかいうより、

算数の要素とお絵かき(図工)の要素とが組み合わさってるからだろう。。

          

      

          ☆          ☆          ☆

さて『2下』の最初が、第10章かけ算(1) 新しい計算を考えよう」だ。『2

上』から、「けいさん」は漢字で、「計算」と書かれてるようだ。最初に大きく、

遊園地の絵(写真+CGか)があって、色んな乗り物が描かれてる。

        

一種類の乗り物のそれぞれの台に、同じ人数だけ乗ってるのに、なぜか中

央のコーヒーカップだけは例外。4台中の2台が3人ずつ、残り2台は2人と

4人だ。これだと、掛け算を教えるのに不都合だし、実際、しばらく後の設問

では、なぜか3人ずつ乗ってる4台の絵に入れ替わってる。これは、間違い

探しな遊び心への配慮でもあるし、応用的な思考(後述)を促す仕掛けでも

あるだろう。

                             

観覧車のゴンドラ1台に3人ずつ4台分で12人。車1台に5人ずつ3台分で

15人。まだ、「合計」という言葉は登場してないが、同じ数を何組か集めて、

ぜんぶ」でいくつとか数えるわけだ。列車の乗客を数える例題2で、次のよ

うに数式が導入される(式の右側に、×という記号の書き方もある)。

           

   1台に6人ずつの3台ぶんで、18人です。このことをしきで、次の

   ように書きます。

       6×3=18

     「六かける三は十八」

     

小1の足し算・引き算の時のように、途中で抽象的な両面ブロックの話に

置き換えることなく、一気に数式が導入される。また、細かい話だけど、「こ

のようなこと」と書くのではなく、「このこと」と限定されている。この後、仮に

1皿6個の3皿分で18個という話が出た時、同じ式を書けない生徒が出て

も不思議ではないけど、やはり上手く出来たもんで、ほとんどの生徒は同

種の問題で類推して、同じ式をかけるようだ。

      

更に気になるのは、足し算・引き算の時と同じだけど、先に等式が導入さ

れて、後で等号抜きの式がスルスルッと導入されること。上の引用部のす

ぐ下には、こう書かれてる。

    

   6×3や2×6のような計算を、かけ算と言います。

    

等式の右側にあった「=18」は、なぜ、どこへ消えたのか、気になる生徒

はあまり出ないのだろうか。そもそも、なぜ先に等式を導入するのだろうか。

理論構成上の理由、あるいは教育上の理由が、差し当たり分からない。「6

人ずつ3台ぶん」を6×3と書くという話からスタートした方がいい気もする。

     

ちなみにペアノの自然数の公理(本人の論文)は、ほぼ同時とはいえ、先に

「+」という演算(普通の書き方だと+1)が「原子命題」として導入され、

後に等式が現れてるわけだ。

                    

この直後、練習問題2の中で、最初の遊園地の絵を見ながら掛け算の式

を書かせる時、男の子が「コーヒーカップも掛け算で表せないかな」といっ

た言葉を発してる。そのための数式変形を書くなら、次のようになるだろう。

     

   3+3+2+4 = 3+3+3+33×4 = 12

   

何なら、「2+4」から「3+3」への変化をもっと細かく書いてもいいけど、い

ずれにせよ、小2の教科書にこんな話までは載ってない。授業の中で、先

生の判断で、おはじきとか使って教えるんだろう。

     

  

         ☆          ☆          ☆     

その後、8×3は8+8+8で計算できること(等式ではつながれてない)、

「×」の左側が「かけられる数」右側が「かける数」と呼ばれること、など

が説明され、掛け算をまとめた九九(くく)の表も導入された後、第11章

「かけ算(2) 九九をつくろう」では、やや高度な話が扱われてる。

     

追記: かけられる数を「被乗数」、かける数を「乗数」と呼ぶようだ。)

     

九九の計算や表は、既に前の章で出来てるのに、あらためて「つくろう」と

言うのは、計算の工夫を教えようとしてるのだ。言い換えると、掛け算と足

し算の関係だ。例題1で、6×2=12を利用して、6×3=18を導く考えが

示されてる。「かける数」が2から3へと1増える時、答は、「かけられる数」

だけ増えるという話だ(追記: 「累加」と呼ぶようだ)。式でまとめ直すと、

次のようになる。

              

    6×3 = 6×(2+1) = 6×2+6 = 12+6 = 18

    

もちろん、こんな式もまだ登場してない。そもそもカッコが出て来るのは、

なぜか遅くて、正式には小学校4年のようだ。ただし、次の式ならあって、

これならカッコは必要ない(その理由の説明はまだにせよ・・)。

   4×8=4×7+4

    

それはともかく、上の計算は、「いわゆる」ペアノ的な掛け算公式2つ

内、1つを意識したもののように思われる。普通の書き方をするなら、

   n×(m+1) = n×m +n

ちなみにもう一つは、n×0=0だ。この2つと、あらかじめ定義してある足

し算によって、自然数の掛け算がすべて厳密に定義されることになる。

         

講談社の『現代数学小事典』にも、そんなまとめ方が紹介されてるが、実

ペアノ自身の論文『数の概念について』を読むと、そうは書かれてない

それについては後ほど、ペアノの記事の続編で確認するとしよう。あと、

小2の教科書では、なぜか0の掛け算が登場せず、小3に回されてる。

    

残る注目点は、「×2」を「2ばい」(倍はまだひらがな)と言うことの説明

とか、ものの個数ではなく単位付きの長さ「3cm」の2ばいが6cmになる

ことの説明。また、かけられる数とかける数を入れ替える「6×4=4×6」

積の交換法則)なども登場。

   

なお、発展コーナーには、6×3を、4×3と2×3の足し算で求める話も

ある。教科書には数式はないが、もし書くなら、

   6×3=(4+2)×3=4×3+2×3

つまり、和と積(つまり加法と乗法)に関する分配法則だ。。

       

   

          ☆          ☆          ☆

それでは最後に、小3の教科書、『新編 新しい算数 3上』に移ろう。まず

第1章「かけ算 九九を見なおそう」で、0の掛け算が説明される。おはじき

入れゲームで、2点が与えられる場所おはじきが0個だから、その場所

獲得点数は0点。つまり、2×0=0。一方、0点が与えられる場所にお

はじきが1個だから、その場所の獲得点数は0点。つまり、0×1=0

      

こうして、どんな数に0をかけても0、また、0にどんな数をかけても0である

ことが説明される。つまり、n×0 = 0×n = 0 ということで、0×0=0

ついても問題形式で一応小さく扱われてる。

    

さらに、小2で和と積に関して登場した分配法則が、差と積に関して再び

登場する。問題形式で、8×6 = 8×7-8 という式を学んだ後、「かけ

る数が1へると、答えはかけられる数だけ小さくなります」。つまり、一般

的な数式で書き直すなら、

    n×(m-1)=n×m-n

    

これはやがて、負(マイナス)の数の掛け算を考える時に役立つわけだ。

3×(-1)=3×(0-1)=3×0-3=-3、といった考え方の中で。。

     

         

         ☆          ☆          ☆

なお、ここまでの教科書の内容で、1つだけ私が「勘違い」してたことがあっ

た。それは、「×」という記号の書き順だ♪ 私は普段、まず左上から右下

に棒を引っ張ってるが、正しくは、右上から左下に先に引くらしい。それだ

と個人的に、カタカナの「メ」(め)のような気がしてしまうけどね。

     

次回は、加減乗除(+-×÷)の四則計算の内、もっとも問題の異端児、

割り算を扱う。ここで初めて、3は2で「割り切れない」とか、0で割ること

は考えない」といった、誰にとってもスッキリしない話が出て来るわけだ。

ではまた。。☆彡

        

    

     

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.朝日新聞・夕刊の企画「花まる先生 公開授業」に、かなり引っ掛か

    る話が掲載された(2011年1月15日)。千葉・八街市立実住小学

    校の吉川由美子先生による、小学3年の算数だ。

    

    「あめを3個買います。1個5円のあめを買うと全部でいくら(何円)?」

    という問題に、「3×5」と答えた子がクラスの半分以上いた。「これだ

    と、『3円のあめを5個買った』ことになってしまう」と考えた先生は、2

    年生で習ったかけ算の「意味」を再確認したらしい。わざわざ問題文

    と逆順に、5円のあめ3個ととらえ直して、「5×3」と答えないといけな

    いようだ。「タコが2匹、足8本、全部で足は」という問題で「2×8」と

    答えた生徒には、それだと「2本足のタコ8匹」という意味になってし

    まうから変だと教えるのだ。

             

    しかし、「3×5」という数式の意味が、どうして「3円のあめ5個」に限

    定されるのか。「3個ある、5円のあめ」と解釈しても何の問題もない

    実際、中学に入ると、「3 x」は「3つある x」を表すし、高校に入ると、

    「k x」は「k個ある x」を表すことが多い。

           

    この学校が、どの教科書を使ってるのか知らないが、「5円のあめ

    3個」をまず「5×3」と書くのは、単なるカリキュラム上の問題であっ

    て、算数や数学の本質的問題ではない。そもそも、5×3=3×5

    いう交換法則も、実質的にはすぐ習ってるし(九九の表の所)、小学

    校2年で教えた先生の授業との整合性も気になる。生徒は、表面的

    には面白がってるとしても、内心引っ掛かってるのではないか。と言

    うより、引っ掛からないのなら、その方がよほど問題だろう。

               

    「花まる先生」については、前にも太閤検地の測量方法に関して細か

    く指摘したが、どうも表面的な面白さだけにつられてしまって、話の本

    質を見極めてない気がする。この場合だと、有山佑美子記者が、2

    本足のタコとか、キャラクターの面白さに魅かれてしまったんだろう。

   

    かけ算の意味は確かに大切だが、それは一つに限られるわけでは

    ない数式というものは、無限の解釈を許す記号である。一つの意

    味を教え込むのではなく、間違った意味を訂正すればいいのだ。たと

    えば、「2×8」なら、2本足の人間と8本足のタコの足の合計とか♪

        

                    

P.S.2 2011年5月27日付けで、高橋誠『かけ算には順序があるのか』

      (岩波書店)が発売された。ポータルサイト「エキサイト」のレビュー

      (5月31日)その他を参照すると、順序があると教えられてるのは

      事実だが不適当だ、といった感じの内容らしい(6月9日現在、未

      確認)。とにかく、かけ算の順序問題は、花まる先生など、教師個

      人の問題ではなく、最近の算数教育全体と関わってるようだ。。

       

         

cf.「1+1=2」はなぜか?~ペアノの自然数論(足し算)

  「1×1=1」はなぜか?~ペアノの自然数論2(掛け算)

  引き算の証明、負の数~ペアノの整数論(減算=減法)

  集合論における自然数の表記と計算

  自然数に関するペアノの公理~論文『数の概念について』に即して

  0、1、「次の数」に関する哲学的考察~フレーゲ『算術の基礎』

  原始リカーシヴ関数と足し算(加法)、掛け算(乗法)

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『1+1=2』はなぜか~小学1年生の算数の教科書

  引き算、足し引き連続、0(ゼロ)~小学1年生の算数2

  同じ数ずつ分ける計算、割り算(除法)~小学校の算数4

| | コメント (4)

ツール・ド・北海道2010開幕

RUN 8km,41分15秒,心拍133

国内の代表的な自転車ロードレース、ツール・ド・北海道2010が16日か

ら始まった。初夏のツアー・オブ・ジャパンと並ぶ本格的な大会で、私はし

ばらく前のNHKの特集番組を見て以来、何となくいい印象を持ってる。ス

キーやスノボで、北海道には10回ほど行ってるけど、やっぱりあそこは別

世界の広がりと自然があって、雄大かつ開放的だ。自転車にとっては天国

だろう。ま、スピードの出し過ぎには注意が必要だけどね。

       

16日開幕なのに、どうして17日の夜に開幕記事を書いてるかって言うと、

市民レース部門は明日18日に開幕だからだ。16日から、トップチームの

5日間レース、18日から市民サイクリストの「3日間」レースとなってて、こ

の市民部門に今年、乗鞍の仲間が2人出場することになってる(初日以

外)。あんな遠くまで、この時期に遠征するだけでも凄いけど、当然レース

の成績も気になるわけだ♪

       

市民は、初日1.1kmの個人タイムトライアル。一人ずつ別々にスタート

して、タイムで順位を決めるレースだ。単調だからか、それとも他のレース

形式と差別化するためか、距離がかなり短いものが多い(ツール・ド・フラ

ンスでもそう)。2日目普通のロードレースで、90km(A)と50km(B)

分かれてる。アップダウンのあるコースで、私だったら下りが怖くて走る気

がしない。ツール・ド・フランスの映像でも、下りの事故は何度か見てて、

タイヤ(特に前輪)が滑るシーンが目に付いてるのだ。

    

3日目(最終日)は2.75kmの周回コースを13周(36km)か、8周(22

km)か、5周(13.7km)。クリテリウムと呼ばれて、かなり自転車にハマっ

てる人以外は無縁の世界。私も一度もやった事がないし、やる気もしない。

競輪ほどじゃないにせよ、カーブや接触が危ない気がする。これまた、テレ

ビでトップ選手がこけてケガするシーンを見てるから、痛そうでパスだ。

    

とか言いつつ、格闘技で痛い思いをするのなら、そんなに抵抗なかったり

する♪ 慣れの問題があるかも知れないね。格闘技なら、小さい頃からケ

ンカしまくってるし、アドレナリンが大量に分泌されて(?)大丈夫なのだ。

考えてみれば、競輪なんてほとんど格闘技だよなぁ。ちなみに観客にとっ

ては、別に痛くも危なくもないから、ラクに長く選手を見れて好都合ってこと

になってる。まあでも、テレビでロードレースを見る方が面白いような気もす

るけど、どうなんだろう。。

                       

なお、トップレベルの争いは、プロローグと第1ステージの総合で、韓国チー

ムのパク・スンベクが個人1位、日本の宮沢崇史(TEAM NIPPO)が3秒

差の2位。まだ70人以上が混戦の状況だ。明日の第2ステージはスキー

場で有名なニセコひらふ辺り。アップダウンがあるから差が広がるだろう。。

       

          ☆          ☆          ☆

とにかく、ツール・ド・北海道の方は、仲間のお手並み拝見ってことで、私

近所をジョギング・モードでゆっくり走っただけ♪ 昨日、謎の左ふくらは

ぎ痛をずっと我慢して16km走ってるから、後遺症が心配で、かなり慎重

にスタートした。スピードが遅いからか、痛みはほとんど無いけど、脚は重

い。それに、昨夜と比べるとかなり蒸し暑く感じる。たかが25度、75%く

らいとはいえ、もう秋モードになりつつある身体にはキツイのだ。

    

2ヶ月ぶりくらいの近所の公園だから、ちょっと新鮮味があって、10km以

上走りたい気分だったけど、24時のブログ更新締切時間があるから、

kmで断念。ナイトランはこれがあるんだよなぁ。朝ランから夜ランへ、猛

暑モードから秋モードへ、色んな変化に対応できてない。そのせいか、

いのに睡眠が浅くて、1日中ずっとボーッとした状態も続いてる。

    

ともかく、心配された後遺症もさほど感じず、トータルでは1km5分09秒

ペース。リハビリ・ランだから、このスピードでOK。ただ、昨夜から左脚を

ずっとかばってるからか、右脚の内側全体に変な痛みがピキッと走ったの

が気になる。復路の最後、短い登り坂に入った途端のことで、思わず止ま

りそうになったほどだった。

      

ま、色んな事があるけど、身体をごまかしながら粘って行こう。あぁ~、走

り終わった途端、涼しい風が吹いて来た気もするね。そりゃ、窓際に置い

た扇風機の風か♪ ちなみに、最近不調だった心拍計は、今夜はなぜか

正常だった。ではまた。。☆彡

   

  往路(1.15km)   6分50秒  平均心拍111         

  1周(1.1km)   5分58秒         127        

  2周           5分45秒         131      

  3周           5分32秒         137     

  4周          5分29秒         141

  5周          5分31秒         142

  復路(1.35km)     6分11秒          144

計   8km    41分15秒  心拍133(72%) 最大151(復路の坂)

| | コメント (0)

謎の左ふくらはぎ痛&『ホタルノヒカリ2』最終回

RUN 16km,1時間15分21秒,心拍152

痛たたた。。10日連続で走った後、あやうく丸3日サボりそうになって、雨

上がりの公園に渋々スタートした途端に妙な左ふくらはぎ痛。連続で走っ

てた間は何ともなかったし、サボってる間も別に何事もなかったのに、おか

しなもんだなぁ。強いて原因を挙げるなら、気温が一気に下がったことくら

いしか思い当たらない。でも、冬じゃあるまいし、真冬でも覚えがないけど。

     

いやぁ、それにしても、ホント涼しく・・・って言うか、今朝はちょっと寒かった

ね。掛け布団が欲しくなったほど(夏からずっと無し)。数日前まで27度だっ

最低気温が、一気に19度。これで窓を開けて、掛け布団無しだと、流石

に上半身裸は辛い・・・って、当たり前か♪ ともあれ、熱帯夜とはもうお別

れみたいな感じだな。最高気温はまだ30度越えがありそうだけど。

    

で、今夜の走り。たっぷり休んだ後の涼しい夜だから、16km快走しよう

と思ったら、いきなり足が痛み始めて、しかも身体が暖まっても治らない。

その後もずっと、顔をしかめて走るはめになった。とはいえ、昨夜から超

懐かしい同級生達とのメールのやり取りが続いて、何気に気分は明るい♪

ふくらはぎ以外は余裕だから、タイム的にはボチボチの走りに収まった。

          

トータルでは1km4分43秒ペース。う~ん、せめて30秒台にはしたかっ

たけど、一歩ごとに痛かったから仕方ない。走ったのは2ヶ月ぶりくら

いだけど、やっぱり朝より遥かに人が少ないんだね。ま、直前まで雨だっ

たこともあるのかな。これで、明日の脚の状態が心配だけど、痛みが残っ

たらジョギングかウォーキングで身体を動かすとしよう。ドラマ記事も一段

落ついたし、気分的にはやる気十分だ。ひとまず、この辺で。。☆彡  

         

  往路(2.45km)   12分28秒  平均心拍128        

  1周(2.14km)    10分21秒        147       

  2周             10分14秒        151  

  3周            10分14秒        153

  4周              9分48秒        156

  5周             9分42秒        158

  6周(0.4km)        1分47秒         158

  復路              10分48秒        156     

計 16km  1時間15分21秒  心拍152(84%) 最大165(ゴール時)

     

       

          ☆          ☆          ☆

一方、綾瀬はるか&藤木直人『ホタルノヒカリ2』最終回。今週は、『ロン

ハー』青木さやかダイエット関連で大量アクセスを頂いたから、もうお休み

にしよう・・・ってわけにはいかないのね♪

      

マジメな話、余りにも予想通りで、『ホタル1』最終回レビューに書いた内容

だけで十分な気もする。もちろん、蛍(綾瀬)が高野ぶちょお(藤木)を選び、

でも台湾には行かず、瀬乃(向井理)はNYへ行く、なんて表面的なあらす

じ=ストーリーだけの的中ではない。

                

話の核心はやはり、3年前のラストに書いた通り、「縁側と結ばれた少女」。

当時はまだ曖昧で、ウチ以外による指摘がほとんど見当たらなかったこ

シュールな本質が、『ホタル2』最終回で明らかになった。だから、余り

にも予想通りで、書き加えることがなかなか見当たらないのだ。いや、正直

言うと、急に涼しくなってやたら眠いって理由もあるんだけど♪ まあしかし、

もっと困ったことは今まで何度も経験してるから、適当に頭と指を動かして、

軽く批評してみよう。。

                    

          ☆          ☆          ☆

まず、ドラマ全体の出来には満足だ♪ 吉野洋の無難な演出はともかく、

水橋文美江の脚本は上手くまとめてあるし、中心となる筋をきっちり通し

てある。最後、婚姻届提出とか、「野獣」の活躍、あるいは披露宴なんて

ものがあったら大減点だなと思ってたけど、フェイントに留まったからホッ

とした。流石は優秀な水橋、去年夏の月9、山下智久&北川景子『ブ

ザー・ビート』の大森美香とは、まったく違う脚本家だ。

       

ドラマ序盤、井崎(高橋努)の「俺、ジョギングしてた訳でもないのにたまた

ま聞いて・・」とかいう妙な台詞に、思わずプッと吹き出したのも、全体の

印象にプラスに作用した。テレビドラマのご都合主義的な脚本とか、自分

の妙な役柄を自虐的に笑い飛ばす、上手いセリフだった。

        

不満なのは、二ツ木(安田顕)と山田(板谷由夏)の結婚披露パーティー

桜木美香(臼田あさ美)が履いてたスカートくらいのもの♪ そこかよ!

公式サイトのファッションチェックには、「フリルをたっぷり使ったブラウス

とタイトなボトムでシックフェミニンな」パーティースタイルと書いてるけど、

タイトと言ってもあれは、バルーン気味に膨らんでる。バルーンミニの存在

は一応渋々認めてるものの、大幅減点なのだ。

             

もちろん、視聴者の多くをしめる女性にとっては、蛍のサバサバしたコー

ディネートの方がウケがいいんだろう。ま、脇役と主役の違いと言っても

いいし、肉食男子目線と女性目線の違いと言ってもいい。バルーンだと、

「野獣」登場の勢いが弱まるのだ。もちろん、ジャージは論外だけど、スー

ツは良くて、着物はビミョーかも。着物のうつ伏せ姿は斬新で、ちょっと萌

えたかな。聞いてない? あっ、そう♪

            

肉食テンメイ目線はともかく、このドラマの本質。「場」としては縁側、「人

間」としては少女だ。この2つだけが結ばれたストーリーだから、縁側と結

ばれた少女となる。ここを、改めて細かく見てみよう。

           

まず、「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」辺りに書き込まれそうな、素朴

で微笑ましい質問からスタートしよう。「蛍とぶちょおは、最後に結ばれたん

ですか?」。

                

もちろん、「最後は愛し合ってる者同士、幸せに結ばれたんだと思います」

とかいう、無難で耳触りのいい答が、質問者その他を満足させやすいの

は分かる。でも、2人は結ばれてない。これが文字通りの正解、つまり

い解釈だ(事実とは言わない)。ラストシーンだけ見れば、可愛くないパン

ツのまま結ばれたと見れなくもないけど、可愛くないパンツを見ると野獣が

引っ込むのだ・・・って話じゃなくて、物語全体を見ればあり得ないのだ。

              

もともと、この2人はずっと変だ。仲良く同棲したまま、結婚話まで出てる

のに、これまでキスしかしてない。台湾への出張も終わり、ウエディングド

レスも着たから、そろそろだろうと思いたくても、婚姻届に「ニャンコがウ

ンコ」するのだ。つまり、お日柄のいい明日の正式な結婚がジャマされる。

       

オオッ!と思ったのは、蛍が時々見る夢の話。2人で縁側で座ってて、庭

にはちっちゃな子供が遊んでる。この子供、2人の子とも、孫とも分からな

い。最後は、ヨボヨボの2人が縁側でゴロゴロしてると、救急車が来て、

が病院に搬送。「多分・・・死んだんじゃないかな」。

             

精神分析だのフロイトだの持ち出さなくても、夢には願望充足、欲望の象

徴表現という「側面」がある(幅を持たせた表現)。この場合の自然な解

釈はこうだろう。蛍はおばあちゃんと「同一化」し、子供の姿になった蛍自

身をずっと見つめる。縁側にずっといた高野は、結局いなくなる。縁側に

残ったのは結局、昔と今、2人の蛍と、おばあちゃんのみ。更に、おばあ

ちゃんは縁側という干物空間の一部だと考えれば、人間は蛍だけになる。

          

つまり、蛍が「夢見る」のは、「少女」(しょうじょ)の自分。少女とは、昔の

自分でもあるし、「処女」(しょじょ)の自分でもある。既に『ホタル1』で、手

嶋マコト(加藤和樹)と関係したことが匂わされてるものの、高野に対して

は3年間、少女=処女のまま。実はこれこそ、蛍にとって、高野の最大の

長所なのだ。蛍が最後まで、高野の「野獣」に敵意をむき出しにしてたこ

とを思い出そう。彼女が寝そべって抱き合ったのは、縁側ただ「一人」だ♪

           

他にも、花嫁の山田が投げた花束=ブーケを蛍が受け取った映像は無い

し、テクニカルな表現としては、豆豆(まめまめ)クッションがある。高野は

それに少しずつ近づくのが密かな楽しみだったし、蛍もクッションと共に縁

側で幸せそうに寝そべってた。奇妙な成人男女の、豆へのこだわりが何

の比喩なのか。少なくともウチの読者に、分からない人などいないと思っ

てる。エッ、分からない? あっ、そう。ま、少女のフリをしたい読者もいらっ

しゃるわけね♪ ほんじゃ、私だけ大人になろう。

          

豆とは、身体の3つの小さな突起を指す言葉であって、それらは窪みと対

するものだ。もちろん、発達段階の理論的には、突起への執着が未成

熟段階、窪みが成熟段階を表すことになる。少女と「年配の少年」が、豆

に執着するのは自然なことで、それをクッションで表現したのはテクニカ

ルな技なのだ。豆にいきなり到達しただけで、あれほどガックシ来た年配

の少年が、その先の段階まで進むだろうか。

             

更に、『ホタル1』の時から、junaida のタイトルバックに出るのは少女時

の風景のみ。そこには、成人男女の結びつきなど、かけらも感じられ

ない。その点は、例えば松本潤&竹内結子『夏の恋は虹色に輝く』のタ

イトルバックと比較するとハッキリするだろう。ついでに、恋より愛という話

の流れも指摘しとくと、なら、ドキドキときめく先に肉体関係が見えてる。

でもなら、意味が広いから、いくらでも逃げ道や脇道があるのだ。

       

ひょっとすると、ラスト直前に映った2匹のホタルが飛ぶ映像を、結ばれ

た証しと考えたい人もいるかも知れない。でも、ホタルは人間じゃないし、

あれは仲良く並んで飛んでただけ。おまけに、飛ぶのは普通オスだから、

あれはオス同士で、結ばれるはずがないとも言える。日本でも例外的な

ものはあるけれど、二ツ木と高野くらい仲良しのオス同士でさえ、結ばれ

なかったシーンを思い出そう♪ あれは別に、窓ガラスの変顔でジャマさ

れたからではないのだ。

         

以上、総合的に考えて、蛍はぶちょおと結ばれていない。ドラマの蛍は、

縁側とだけ結ばれた少女であって、この点がひうらさとるの原作マンガと

の最大の違いでもあるだろう。原作は前半しか読んでないけど、高野が

わりと普通の男性だという点は3年前に指摘してある。ドラマの高野は、

藤木のやや中性的で草食的な雰囲気を活かしたものだと言えるかも知

れない。

             

         ☆          ☆          ☆

最後に、「干物女」という概念について。これもまた、原作よりドラマが強

調してるものだけど、要するに「縁側と結ばれた少女」の別の表現だと考

えられる。

         

干物とは、適度な日光と風に当てて乾かすことで、保存性を良くしたもの

だ。場所的には、陰翳に富む縁側がピッタシだし、保存性の良さは、少女

性の持続にふさわしい。干物女=縁側少女。「私はこれから先も、干物女

でいたいんです」とは、「縁側の少女のままでいたいんです」ということだ。

もちろん、厳密には不可能な事であって、冷凍保存や乾物と比べると、干

物は傷みやすい。だからこそ、「・・・でいます」という意志の表現ではなく、

「・・・でいたい」という欲望の表現になる。

           

これは、普通に見るとイタイ成熟拒否だけど、未成熟と成熟を複合した、

新たな存在様式への(不可能な)意志と見れなくもない。「キレイな水と流

る川とありのままの自然がなくても生きていける、新しい「ホタル=ささ

やかな光」への進化。いずれにせよ、出生率低下、セックスレス、パラサ

イトシングル&ひきこもり増加、草食系人気など、現代日本が直面する状

況を遠く反映したものになってる。

                         

別の角度から見ると、やっぱりこれは、お茶の間向けのファミリー・ドラマ

のだ。前回指摘した、子供っぽいカタカナの「繰り返し言葉」の類は、今回

も活躍している。マメマメ、トマトのトマちゃん、ドキドキ、コンコンチキ、ニャ

ンコのウンコ。。おまけに、表参道、国道246辺りの2ショットでの、小学生

的な下ネタ連発。。

          

その一方、舞台設定はもちろん、いなせな、トレンディードラマ、三歩先(or

後)など、中高年を意識したような言葉使いも目立ってる。蛍の変顔とか、

突然踊り出す所とか、ギャグも家族向け、一般向けで、コメディーよりコミカ

ルで軽い、バラエティー・ドラマと言ってもいいだろう。

                  

とにかく、最終回視聴率は17.0%に急上昇で、有終の美。平均視聴率

も15.4%で、TBSの水曜22時枠としても大成功だし、今期No.1の座

も確実になった。映画かドラマSPか、あるいは『ホタル3』か、続編もほぼ

決定だろう。私の個人的評価はともかく、世間的評価はしっかり獲得した。

その点は事実だから、素直に認めたい。

         

スタッフ&キャストの皆さん、どうもおめでとう☆ そして、お疲れさま♪ 

それでは今期はこの辺で。また、いつの日か、機会があれば。。☆彡

      

     

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.18km走まで回復&『ホタルノヒカリ2』第1話

  サッカーのみが「運動する知性」(蓮實重彦)&『ホタルノヒカリ2』第2話

  猛暑で公園ランナーも減少&『ホタルノヒカリ2』第3話

  寝坊&パズル後の小雨ラン&『ホタルノヒカリ2』第4話

  真夏の朝から熱いバトルラン♪&『ホタルノヒカリ2』第5話

  藤木直人主演・助演ドラマ、視聴率の推移&『ホタルノヒカリ2』第6話

  積極的休養ラン&『ホタルノヒカリ2』第7話

  『ホタルノヒカリ2』第8話、軽~い感想♪

  10年8月の全走行距離&『ホタルノヒカリ2』第9話

       

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  女というものは存在しない~『ホタルノヒカリ』第1話

  縁側と結ばれた少女~『ホタルノヒカリ』最終回

  『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較1

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  感謝すべき遭遇、時空を超えた銀河~『ギャルサー』最終回

  ブカブカの大きな愛に包まれて~『プロポーズ大作戦SP』

  再び駆け出したアリスたち~『Around40』最終回

  『シバトラ』第1話、軽~い感想♪

  『イケ麺そば屋探偵』第1話、軽~い感想♪

  『夜光の階段』第1話で寝不足の中、早朝ラン

  鼻呼吸ジョグ&『泣かないと決めた日』第1話

| | コメント (0) | トラックバック (5)

『ロンハー』青木さやかの産後ダイエット、「インスパイリング・エクササイズ」

あ~、今朝は気持ち良かった。。とか言ってちゃマズイか♪ いや、昨日1

日休んだから、今朝はまた早起きしてランニングのつもりだったんだけど、

思い切り目覚まし時計をシカトしてしまった (^^ゞ ま、極度の睡眠不足だっ

たし、一気に最低気温19度まで下がってくれたから、寝る方が正解でしょ。

今度は、最「高」気温が19度になって欲しいもんだね。

    

で、走らなかったから、代わりに昼休みに、適当な手抜き記事でお茶を濁そ

うと考えることになる。算数記事・第3弾、数学、短編小説、精神医学、どれ

も時間がかかるし、パズルはもうちょっと間隔を空けなきゃ、オタク扱いされ

てしまう♪ ってことで、とりあえずブログのアクセス解析をチェックしてみる

と、久々に爆発的なアクセスが入ってる。しかも、まったく意外な記事にだ。

 「ロンハー青木さやかのダイエット」。

       

丸5年前、バラエティ番組『ロンドンハーツ』を見た後に書いた記事で、その

時も大ヒットしたんだけど、ここ最近は流石にほとんどアクセスは無かった。

またテレビだな、と思って昨日の新聞のテレビ欄を見ると、『ロンハー』のサ

ブタイトルで納得。「産休 青木さやか㊙密着SP 激太り・・・奇跡の減量!

!」。最近は、ブログで扱うドラマとスポーツ以外、ほとんどテレビを見なく

なってるから、昨日も全く気付いてなかったわ。

     

今、この記事を書いてる間も、次々にYahoo!からアクセスが入ってる。

青木さやか ダイエット」の検索で120万件中の3位にランクされてると

はいえ、女性視聴者の関心が高いのは間違いない。ちなみに、ここ3年

は、Googleの方が全体的にウチを高くランクしてくれてるんだけど、青木

の記事は5年前だから、Yahoo!しか相手にしてくれてないようだ。。

     

         ☆          ☆          ☆

ところで、ウチへのアクセス。テレビの影響で大量に入る際、ありがちな

事とはいえ、マジメに読んでる人はごく僅かしかいないように感じる。毎日

アクセス解析を見てれば、ある程度分かって来るのだ。続報として書いた

スポーツ・ジムに関する記事、「青木さやかを変えたTotal Workout」へ

のアクセスもやたら少ないし、アクセスした人も数秒で見るのを止めてる。

中身のある独自の記事で、当時は読まれてたから、これはちょっと変だ。

        

そこで、『ロンハー』の公式サイトにアクセスすると、バックナンバーでわりと

詳しく、昨夜の番組内容をまとめてくれている。出産&育児休業中の青木

の体型は、ウエスト82cm、体重61.9kg。そこでロンブー・淳が提案した

ダイエットは、「インスパイリング・エクササイズ」。なるほど、それでトータル・

ワークアウトの記事はほとんどスルーされてるわけか。

           

スタジオに通い、家でも頑張って、3ヶ月後にウエスト62cm、体重53.3

kgまで落とすことに成功。最後はバラエティらしく、昔懐かしの貝殻水着

「半目」写真で青木をイジって笑いを取ったようだけど、見事な減量であ

るのは確かだ。

                

そこで今度は、「インスパイリング・エクササイズ」で検索すると、Micaco

(ミカコ)なる女性の公式サイトがすぐヒット。全く知らなかったけど、竹内結

子がこれで成功したから、「竹内結子ダイエット」なんて別名もあるらしい。

それでウチへのアクセスに、少しだけ「竹内」って名前が入ってたわけか。

         

で、この「インスパイリング」という言葉。登録商標にしてるようだけど、元

の英単語「inspiring」はごくフツーのものだ。カタカナの日本語「インスパイ

アー」にもなってる、動詞「inspire」の動名詞形。普通は他動詞として、「活

力を吹き込む」という意味で用いる。ただ、自動詞の用法も一応あって、

実際、語源的には、「中に 呼吸する」=吸いこむという意味らしい(小学

館『プログレッシブ英和中辞典』)。

       

要するに、内側を良くするということだろう。公式サイトの説明の最初にも

こう書かれてる。「身体の内側を刺激して鍛える事によって 体の中心で

しっかり骨格を支えつつ 表面は女性らしい柔らかさを残した ボディ作り

をしていきます」。

   

なるほど。内側・中心・骨格の強調は、10年ほど前からスポーツの世界

で流行ってることに過ぎないけど、「表面は女性らしい柔らかさ」ネ。ここ

が売りの1つか。あと、Micacoが2児の母親で、43歳にしては顔も身体

も美しい所が大きいんだろう。

           

2006年のDVDブックでブレイクしたけど、その前から、自身の所属する

事務所・スターダストプロモーション(竹内も所属)で、タレントのパーソナル

トレーナーをやってたらしい。所属の違う、はるな愛もお世話になってる。今

ではスタジオを全国展開、青山に新スタジオ・オープン。自身がプロデュー

スした下着「ファイブ・スリミングショーツ」も売れてるらしい。機能は知らな

いけど、デザインだけなら確かにオシャレに見えるね。単品で1万円前後っ

て価格はビミョーだけど、ちょうどいい設定なのかも。

    

スタジオの料金はごく普通で、青山でさえ、スタンダード会員の月会費が

11500円。しかも、何回でも受講可らしいから、近くに住んでる専業主

婦にはお得かも知れない。ま、続けばだけどネ。ちなみに、子連れ可コー

は月10500円だけど、4回までに制限されてる。

      

          ☆          ☆          ☆  

2007年の会社設立から僅か3年4ヶ月。ここまでの勢いはお見事として、

いつまで続くのかが気になる所。何しろ、ダイエットとかエステの世界は

浮き沈みが激しい。そもそも、ロンハーの青木のダイエットに限っても、5

年前はトータル・ワークアウトだった。それがいまや、ロンハーの視聴者

にさえ、ほとんど相手にされてないのが実情なのだ。ま、ビリーズ・ブート

キャンプもそうだけど、キツイもの、マッチョなものは続かないって部分は

あるだろう。その点、インスパイリングの方が続くかも知れない。

        

果たして今から5年後は、一体何が流行ってるのかね。「女心と秋の空」。

ま、語源的には、「男心と秋の空」って話だけど、男のスポーツ愛好家は

女のダイエット愛好家と比べて、浮気が少ないとは思う。Googleで検索

すると、「女心・・・」が約66000件、「男心・・・」は約20900件。差は歴

然としてるのだ♪ ちなみに、「女の浮気」だと約467万件、「男の浮気」

だと約28万4000件。女性読者の方々、ご参考までに。。

        

それでは、この辺で。。☆彡

    

    

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.ロンハー青木さやかのダイエット

  青木さやかを変えたTotal Workout

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  はるな愛のダイエット、3ヶ月で10kg減量成功☆

| | コメント (0)

半年ぶりに、10日連続ラン♪

RUN 12km,57分06秒,心拍150

昨夜、そんなに気温は高くないのに、妙に目が覚めるなと思ったら、5日ぶ

りに湿度が高い。屋外で95%、室内でも70%に到達。週末は昼間も暑かっ

たし、なかなか秋のムードに浸れないね。冬から春になる時には三寒四温

だから、今年の夏から秋にかけては「三暑四涼」って感じか。

        

ただ、確実に日の出は遅く、日の入りは早くなってる。地球温暖化とか無

関係に、天体同士の位置関係は非常に規則的だ。自然法則は偉大だか

らこそ、昔から人はそれを「神」とも呼んで来たんだろう。おっと、ついつい

教養が溢れ出ちゃったか・・♪  

            

天候の話はともかく、一昨日(12日)「ランニングブーム下火説」について

記事を書いたら、早速「自転車ブーム 下火」っていう、ヒネリの入った検

索アクセスが入って来た。これまたランと同様、少なくとも今現在、ネット

では多数派でも有力でもない見方だけど、来年くらいにはもっと話題に

なりそうな気がする。

    

あの記事のグラフの説明は、自転車ブームにもほぼそのまま使えそうだ

けど、自転車の場合はエコとの関連が強いし、ランニングより遥かに大き

な金が動く自転車業界の問題もある(だから雑誌が多い)。さらに、通勤

時間&交通費の節約といった側面や、交通事故・マナー・行政の問題も

考慮すべきだから、ランニングより複雑な話になる。いずれまた、別記事

で扱ってみたい。

(注. 上の2段落はほぼそのまま、一昨日の記事のP.S.に追記した)。

      

          ☆          ☆          ☆

さて、今朝って言うか、日付けが変わったから昨日の朝は、連続10日目

のランニングを決行。寝不足の極地・・・は北極と南極か♪ そうじゃなく

て極致だから、ランは休んでゆっくり寝ようかとも思ったんだけど、冒頭に

書いたように、寝苦しくて目が覚めてしまったのだ。とはいえ、走るのが嫌

になるほど暑いわけでもない。当初の予報だと、気温28度になってたの

に、結局は26度。この2度の差はかなり大きいのだ。何しろ、スーパー熱

帯夜とフツーの熱帯夜の違いなんだから。

     

という訳で、ボーッとした頭で公園へスタート。3月半ば以来、半年ぶりの

10日連続ランでもあるし、完走だけでOKだから、重い脚もそれほど気

にならない。なぜか久々に人が少なめの公園を気楽に周回して、帰宅後

はコーラをゴクゴク♪ こころなしか公園のラジオ体操の音量が低かった

           

ひょっとして、人数に合わせて音量を下げたのかね。大きい時は、500m

離れててもハッキリ聞こえるほどだ。ちょっと話題がマニアック過ぎるか♪

いや、前に書いたラジオ体操第3・第4の記事には意外なほど検索アクセ

スが入ってるから、そんなにマイナーな話題でもないと思うんだけどな。。

     

とにかく無事終了で、トータルでは1km4分46秒ペース。ま、10日連続、

合計124kmで、疲れのピークだから、こんなもんでしょ。今日辺りから、

気温がグッと下がる予報になってるから、1日か2日休んだ後で調子を上

げて行きたいと思ってる。スピードもそうだけど、距離を伸ばして行かな

きゃマズイ。夏の異常な暑さもあって、8月以降、最長でも14kmしか走っ

てないのだ (^^ゞ こんなんじゃ、ハーフのレースでさえ怪しい。

     

        ☆          ☆          ☆

アーッ、もう眠くて書けなくなった。最近、ロクに寝てないから当たり前だわ

な。今夜は久々に、松本潤&竹内結子『夏の恋は虹色に輝く』を見たから、

チョコッとつぶやきコメントくらい書こうと思ってたのに、頭がフラフラして来

たから無理だ♪

    

21時にテレビをつけたら、いきなり柔道・無差別級決勝。ついでだし、思わ

ず応援してしまった♪ 意外にも勝って、喜んでたら、沢村一樹と桐谷美玲

がコメンテーターとして登場。さすがフジテレビ、しっかりした番宣だなぁ。。

     

で、ここ3週間くらいの展開を全く知らないまま見たんだけど、あまりの甘

に途中で苦笑してしまった (^^ゞ これで視聴率2ケタをキープしてるのか、

嵐人気おそるべし・・・とか思ってたら、一番最後になって、取ってつけたよ

うに厳しいシーンが出現。ま、来週の最終回も見てねってことでしょ♪

追記: 第9話視聴率は11.5%。) 

     

その最終回。あの山P=山下智久&北川景子『ブザー・ビート』の脚本家・

大森美香だから、どうせ甘口のハッピーエンドだろう。ただ、予告を見ると、

初回みたいな映像美も感じられたね。青空、海、風、白い雲。。ひょっとす

ると、2人でスカイダイビングとか。そりゃ、技術的に苦しいか。

     

ま、試しに流し見くらいはしてみようと思ってる。可愛い小林星蘭目当て

で・・・って、アブナイわ!♪

それでは。。☆彡

      

     

 往路(2.45km)   12分31秒  平均心拍132        

 1周(2.14km)   10分26秒        146 

 2周            10分17秒        153    

 3周            9分54秒        157

 4周(0.68km)     3分15秒        158                

 復路           10分42秒        158  

計 12km  57分06秒 心拍148(80%) 最大170(ゴール時)

| | コメント (0)

引き算(減法)、足し引き連続、0(ゼロ)~小学1年生の算数2

前回、自然数論シリーズの一環として書いた、小学1年生の算数の記事、

『1+1=2』はなぜか~小学1年生の算数の教科書」は、予想通り、ここ

までボチボチのアクセス状況となってる♪ まあ、無視されてるわけでもな

いし、私自身が面白がってるから、算数記事第2弾をアップしよう。前回は

数と足し算の導入だったが、今回は引き算と「2回連続の足し引き」、更に

0(ゼロ、零)についての考察だ。

      

前回同様、参照するのは東京書籍『新編 あたらしい さんすう 1』。300

円前後としか覚えてなかったけど、今ネットで見ると税込293円らしい。消

費税5%の計算が合わない気もするけど、まあ非常に安くてお買い得なこ

とには違いない(もちろん小学生には無料配布)。絵本とか雑誌感覚で見

てもキレイ可愛いし、理論的に深く読みこんでも刺激的だ。ただし、読

者の側に、それなりのものが要求されるとは思う。

         

115ページ、全13章の中で、「たしざん」(足し算)がハッキリ登場したの

第4章「あわせて いくつ ふえると いくつ」。非常に早い段階から足し

算の数式まで登場するのにも驚くけど、2つの数を合わせる操作と、ある

数をいくらか増やす操作を一応分けて、両方とも足し算としてることにも

驚く。前者が2変数関数 or 2項演算的発想とすると、後者は1変数関数

or 1項演算「的」発想と「言える」(パラメーター1個付き)。ここまでは、前

回書いたことだ。ではいよいよ、次章のひきざん(引き算)を見てみよう。。

     

    

         ☆          ☆          ☆

第5章のタイトルは、「のこりは いくつ ちがいは いくつ」。足し算同様、

引き算でも、微妙に異なる2つの操作をまとめて教えている。

     

追記: 東京書籍や啓林舘のHPによると、残りを求める計算を「求残」、

     を求める計算を「求差」と呼び分けてる。)

     

興味深いのは、足し算の時と違って、引き算では「のこりは いくつ」から、

つまり1変数関数 or 1項演算「的」発想が先に来てることだ。足し算の場

合、2つの数を合わせる操作の方が理解しやすいけど、引き算の場合は

1つの数から幾らか差し引く操作の方が理解しやすいのだろう。ちなみに、

引き算足し算の逆の計算(逆演算)として定義する高等数学的発想は、

当然ここには無い

           

例題1の前に、まず数式無しの絵だけで、2つ問題が示されてる。最初は、

4個のボールから1個取る絵と、4個の「両面ブロック」から1個取る絵を、

上下に並べて、のこりは「」ことだけ書かせる問題。次は鉛筆4本から2

本取る類題で、のこりは「2」ほんとだけ書かせる。どちらも、抽象的な数

(1や2)だけを答として書かせる辺りが、何とも巧みな教育テクニックだ。

             

そしていよいよ、例題1「のこりは なんびきになりますか」で数式が導入

される。水槽に入った5匹の金魚から、女の子が2匹すくい上げる絵の下

に、ブロック5個から2個取る絵が置かれて、最初のページが終了。次の

ページでは、再びブロック5個から2個取る絵が置かれ、その下にはブロッ

ク3個の絵。そして、こう文章で説明される(絵ではなく記号表記)。

      

      5から2をとると、3になります (右にはマイナスの記号を提示)

      しき 5 - 2=3     こたえ 3びき

          5ひく2は3 

       

足し算の時と同様に、凄い技が使われてる。まず、日常的な存在としての

金魚からスタートして、やや抽象的な存在であるブロックの話に移行する。

そして更に、抽象的な数の引き算と式(および読み方)へと移行。最後は

いきなり、日常的な存在である金魚の数3匹に戻る。

       

私も含めて、ほとんどの子供が何の疑問も持たずに「習得」してしまうん

だろうけど、あらためて理論的に考えると、手品とかマジックのような技だ。

むしろ、訳が分からなくなってポカーンとしてしまう生徒の方が、知的に鋭

いかも知れない。ただ、こうした教え方がほとんど通じてしまうことから考

えても、人間はみんな生まれつき算数の潜在能力を持ってる、と考えたく

なるのは確かだ。「理性」と呼ぶにせよ、脳とかDNAで考えるにせよ。

      

その後、似た例題が2問続いた後、例題4では単なる数式の「ひきざん」

が登場。さら例題7では、白と黒、2種類のうさぎ8匹の内、白うさぎが3

匹なら、黒うさぎは何匹かと問う。白黒の色による下位分類とはいえ、こ

こで初めて、違う種類の存在が混ざってる場合を扱ってるのだ。少しずつ

新しい話を導入してるわけで、やっぱり非常に上手く編集されている。

   

追記: 東京書籍はこの計算を「求補」と呼んでるようだ。うさぎ全体が8

     匹、白が3匹、それを「補」うものが黒5匹、という意味だろう。)

         

その後、今度は第5章の後半(第2節)「ちがいは いくつ」で、青い花8つ

赤い花5つの絵が登場。例題1ではまず、青と赤の花だけを横1列に並

べて、「どちらがおおいでしょうか」とだけ問う。一見、当たり前過ぎて、何

が言いたいのか分かりにくいけど、よく見ると、上側に並んだ青い花と、下

側に並んだ赤い花とが、縦線で結ばれてるのだ。なるほど、種類の異な

るものの数を比較する際、まず1対1の対応付けを教えたいのだろう。答

だけなら、先に8と5という数にして、8-5と教えればいいはずだから。

       

実際、続いて例題2では、同じ設定のまま、「いくつ おおいでしょうか」と改

めて問う。この時、花の代わりに両面ブロックの絵が登場。上側には黄色

の面が8つ、下側には白の面が5つ並べられ、上下は1組ずつ縦線で結

ばれてる。すると、そして、上側の右端に残った黄色の面3個の下には、

おおい」の文字。さらに絵の下側に、「8-5=□」という数式があり、「

たえ □つ」と書かれてる(生徒に書き込ませる)。こうして引き算は、「残

り」だけでなく、「違い」を表すものとされる。

             

この場合、青い花だけで8個と5個を比べてもいいはずだけど、数の違い

なら別種のもの同士(青と赤)を比べてもいいわけで、すぐ前の箇所に白

うさぎと黒うさぎの2種類が登場したこととか考えても、素晴らしく巧みだ。

この後、「違い」としての引き算の話はすべて、異なる種類のものの数を

比較してある。雀とツバメとか、パンとバターとか。。

     

なお、残りを求める計算は、パラメーター1個付きの1変数関数として見

ることが「出来る」。例えば、3から2を引いた残りなら、f₃(x)=3-x に、

x=2を代入する計算。パラメーター(=媒介変数)が3だ。一方、違い

求める計算は、2変数関数 f(x,y) =  x-y として考えられる。ただし、

負の数は遥か先の話だから、しばらくは x ≧ y だ。もちろん、絶対値記

号を使う発想も先のことなので、念のため。

                 

         

         ☆          ☆          ☆    

その後、第6章「10より おおきい かず」で、20までの数が導入されると

共に、20まで目盛りがあるかずのせん」、つまり数直線が導入される。

いくつ大きい、いくつ小さいといった、数の大小関係を直観的に教えると

共に、「物差し」を用意したのだろう。続く第7章「どちらが ながい」で、2

つのものの長さを比べる際、紙テープや方眼紙が使われてるのだ。ちな

みに「長さ」は、ものの個数ではない数量の最初の例となってる。

    

そして第8章「ふえたり へったり」では、連続2回の足し引きが登場する。

車にネコが3匹乗ってて、次に2匹乗り、更に4匹乗ると、

    3+2+4=□    こたえ □ひき

といった形で計算されるのだ。これで小学1年生が分かるのか、ちょっと

気になるけど、説明が短いから、意外に分かりやすい話なんだろう。

         

多少の知識があれば、+という記号は2つの数の間に書くものだから、

(3+2)+4と書くべきじゃないか、と疑問に感じる所かもしれない。でも、

1年生ではまだカッコは登場しない。そもそも、カッコが必要ない連続計算

だけだから、問題ないのだ。例えば、ネコが5匹乗ってて、3匹降りて2匹

乗れば、5-3+2。ここで、先に「3+2」の計算をする生徒が出てきそう

だけど、左から順に計算するとでも教えるのだろう。その点は、教科書に

は書かれてない。 

         

                    

         ☆          ☆          ☆

第9章「たしざん」では、9+4=13など、1桁+1桁=2桁の足し算を練

習。式変形のようにして私がまとめ直すと、

   9+4 = 9+(1+3) = (9+1)+3 = 10+3 = 13

といった感じで、まず10を作る「けいさんのしかた」(計算の仕方)を教え

てる。もちろん「=」が何個もつながる式やカッコは、教科書には無い。

     

第10章「ひきざん」では逆に、13-9=4など、2桁-1桁=1桁の引き

算の練習。式変形のようにして私がまとめ直すと、

   13-9 = (10+3)-9 = (10-9)+3 = 1+3 = 4

といった感じで、まず10から引く計算法を教えてる。これは結構、高度な

式変形だと思うけど、あらかじめブロック13個の絵が、10個と3個に分け

られてるから、小1でも分かるんだろう。「数学」的に理屈で証明しようと思っ

たら、厄介な式変形だ。

       

第11章では、唐突に「かたちあそび」で、平面図形と立体図形のお話。別

にそれを後の章で使うわけじゃないから、気分転換的な挿入だろう。意外

だったのは、誰でも知ってそうな定番商品がほぼそのまま写真で掲載され

てること。森永ミルクキャラメルやナビスコ・チップスターが、会社名だけ隠

して載ってる♪ 昔なら考えられない、柔軟で適切な対応だと思う。      

                

第12章20より おおきい かず」で、100までの数(発展コラムは119

まで)を習った後、いよいよ最後の第13章。「たしざんと ひきざん」では、

さらに高度な足し算・引き算が、ややヒネった文章題を通じて教えられる。

        

例えば最初は、ひろしは前から6人目。後ろには4人。みんなで何人か、と

いう問題。ポイントは、「6人目」という「序数」(順序を表す数)と、4人という

「基数」(いくつかを表す普通の数)とをミックスしてることだ。一番最後の人

は、6人目から数えて4人目だから、10人目。よって答は10人、という風

に、「序数の足し算」で考えてもいいはずだが、流石にそこは「基数」でやっ

てる。図を援用して、6人+4人=10人と数えるわけだ。

       

他の例だと、ユミは12個。タカシはそれより4個少ない。タカシはいくつか

という問題。確かに、これを12-4=8と計算する話は、ここまで直接的

には登場してない。ふと気になって調べると、ここまで、「多い」という話は

あっても、「少ない」という話は出てない(数の「大小」なら既出)。さらに調

べると、「長い」という話はあっても、「短い」という話はないのだ。これは、

対(つい)になった概念の理解や習得の順序を考える際に、興味深いこ

とだろう。。

     

   

         ☆          ☆          ☆

では、今回の最後に、0(ゼロ)の話も書いておこう。これは、正直言うと

前回書き忘れたんだけど、それにはそれなりの理由もある。やはり特殊

な数だからだろう。扱いが非常に小さくて、オマケみたいなのだ。

      

と言っても、0は第1章から早くも登場する。ただし、最初に登場するのは、

10(じゅう)という「数」を表す「数字」の右側としてだ。差し当たりこの時点

では、0は単なる文字とか記号にすぎない。

         

その後、章末の1ページで、「0と いう かず」と題するコラムが登場。輪

投げの輪が無くなった絵や、かごのリンゴが無くなった写真と共に、0(れ

い)という「数」が教えられる。ゼロではなく、れい。

      

その後、序数を教える第2章には、「0番目」という妙な話は流石に無い

ど、第4章の足し算の最後で「0+3」、「1+0」、「0+0」が登場。それを

足しても変化しない数(いわゆる加法の単位元)がひそかに教えられる。第

5章の引き算でも、一番最後になってようやく、「5-5」、「6-0」、「0-0

が僅かに登場。もちろん、「0-3」とかは無い。

          

その先に、「数字」ではなく「数」としての0はほとんど(or 全く)登場しない

が、微妙でかつ興味深いのは、20より大きい数を教える第12章。ここで

「30」を教える時、「十のくらい」と「一のくらい」が図で分けられてる。「十

のくらい」には、ブロック10個の列が3本と、「3」という数字。「一のくらい

には、ブロックの絵が無くて、「0」という数字のみ。この場合の0は、「数

字」であると同時に、一の位の「数」でもある。実際、十の位の3は、ブロッ

クの列3本という数を表してるわけだ。。

     

      

          ☆          ☆          ☆

以上、足し算、引き算、0を中心に、小学1年生の教科書を分析・考察して

みた。読者の側がどう思うかはともかく、私自身はものすごく面白い♪ 

学、教育学、知性の発達心理学的にも面白いし、自分の知的ルーツを探

る旅の楽しさもあるのだ。

          

本当は、自分が実際に使った教科書があれば一番いいけど、それはどこ

の会社のものだったかさえ覚えてないし、どうせ学校や教育委員会に問い

合わせても記録がないだろう。実家の物置の隅に埋もれてたりしたら、思

い出話も交えて、また記事を1本書けるはずだ。

             

このシリーズ、次回は掛け算(小学2年)と割り算(3年)を扱うつもりでいる。

その先には、中学の教科書も用意してあるのでお楽しみに。もちろん、い

ずれ専門書や古典にも戻る予定。何でも屋は忙しいのだ♪

ではまた。。☆彡  

            

    

    

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.「1+1=2」はなぜか?~ペアノの自然数論(足し算)

  「1×1=1」はなぜか?~ペアノの自然数論2(掛け算)

  引き算の証明、負の数~ペアノの整数論(減算=減法)

  集合論における自然数の表記と計算

  自然数に関するペアノの公理~論文『数の概念について』に即して

  0、1、「次の数」に関する哲学的考察~フレーゲ『算術の基礎』

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『1+1=2』はなぜか~小学1年生の算数の教科書

  掛け算(乗法)の導入、足し算・引き算との関係~小学校の算数3

  同じ数ずつ分ける計算、割り算(除法)~小学校の算数4

| | コメント (10)

ランニングブーム下火説、青梅マラソンと高校数学で考察

RUN 12km,57分33秒,心拍148

甘く切ない、胸キュンの恋愛映画だなと思って楽しんでたら、自分の夢だっ

た♪ 寒いわ! いや、真面目な話、起きてランニングなんてするより、二

度寝して映画の続きを見ようかと思ったほど。気温27度の中、9日連続で

走るよりも、遥かにラクで心ときめくレジャーだろう。。

     

本当は、映画の中身を書きたいんだけど、実在する身近な人物が色々登

場してるし、他人の夢の話ほどつまらないものはないって意見を聞いた覚

えもある。だから、単なる前ふりとして夢を利用することにしよう。

     

夢に限らず、ランニングよりもっと手軽でラクに楽しめるものは色々ある。

私も好きなテレビドラマもそうだし、美味しい物の飲食、デート、ゲーム、携

帯メール、ツイッター、ファッション、ジャニーズなど人気タレントの追っかけ、

読書、映画、等々。

        

こうしたものと比べた時、いくらランニングが「ファッショナブル」(流行ってる、

服装が魅力的)とはいえ、フツーの人が続々とランナーになるとは思えない

手軽、エコ、健康的、音楽を聴ける、といった長所の裏側には、しんどい、

単調、故障が多め、といった短所があるわけだ。始めるのはいいとしても、

何年も続けるのはそれほど容易なことではない。実際、自転車仲間でも、

ランニングは足が痛いからパスという人が多いのだ。同じ持久系=有酸素

のスポーツでも、自転車の方が身体に優しいし、水泳ならもっと優しい。

      

          ☆          ☆          ☆

ランニングのネガティブな点を挙げてるのは、ここ最近、「ランニングブー

ム 下火」といった検索が時々入ってるからだ。ネットで検索しても、下火

説は決して有力でも多数派でもなさそうだし、今朝も大勢のランナーが公

園を走ってた。でも、そう言われてみれば確かに、去年や一昨年の方が

「勢い」はあった気もする。    

         

ここで問題なのは、「ブームの下火」とか「勢いの衰え」といった表現の意

と、現実の客観的状況だ。ウチでは1年半前、「青梅の人数から分かる

ランナー急増」という記事をアップしてることもあって、まずは再び、伝統の

青梅マラソンに注目してみよう。現実のデータはどうなってるのか。

       

メイン種目の30kmの定員は15000人。去年のエントリー開始は9月1

日で、24日に1万人突破、10月9日には締め切られた(追加募集は別)。

一方、今年のエントリー開始は8月30日で、僅か4日後の9月2日17時

には早くも1万人目前。この余りの早さに、公式HPでも注意を促してる。

7日には13000人突破。おそらく今日(12日)か明日には、締切られそ

うな気配だ。(追記: 13日で早くもエントリー終了。また出場できず。。)

      

去年、今年の青梅30kmのエントリー状況から考えると、ランニングブー

ムは下火どころか、留まる所を知らない勢いに見える。ただ、青梅はちょっ

と特殊な大会なのも確かだ。フルマラソンに近い距離で、高低差も大きい

コースなのに、制限時間が僅か4時間。しかも、後ろの方に並んだ選手は、

スタートまでに15分くらいかかるはずだから、それなりの走力がないと完

走さえできない。つまり、市民レースとしてはかなりレベルが高いのだ。

         

また、東京マラソンの1週間前で、時期的に重なってるから、東京の抽選

で落選になることを予想して、代わりのレースとして申し込む人も少なくな

いはずだ。もし東京で当選すれば、青梅の参加費5000円を捨ててもいい

し、タフな人は両方走ってもいい。あるいは、あえてここには書かないけど、

世間には別の処理もあるらしい。ま、私はやらないけどネ♪

      

         ☆          ☆          ☆

という訳で、青梅のエントリー状況は、特殊な参考データの一つにすぎない

わけだ。この後、荒川マラソンの状況もチェックしようと思ってるけど、メディ

アの扱いとか、公園の状況とか、総合的に考えた時、「勢いが衰えてる」と

見るのは「間違ってない」と思う(正しいとか適切とは言わない)。

        

では、勢いが衰えるとはどうゆう意味なのか。今度は、高校数学を参照し

てみよう。一応、理系のネタを使ってるけど、文系の人でも簡単に理解でき

る、大まかなグラフの形のお話だ。

      

そもそも、何の「勢い」なのか、色々考えられるけど、ここでは単純にランニ

ング人口(の増加)を指すとしよう。ランナーの定義は別に曖昧なままでい

い。要するに、ここ10年くらいの年月の間で、同じ定義を使えばいいのだ。

毎週1時間以上走るとか、週に2回以上とか、月間50km以上とか。

       

ここでまずウォーミングアップとして理解しときたいのが、曲線グラフの形

100912a

 「下に凸(とつ)」とは、

 下側に向けて膨らん

 だ曲がり方。逆に「

 に凸」とは、上側に向け

て膨らんだ曲がり方を言う。別にどちらも、右上がりとか右下がりという

味ではないので、念のため。最初の内、よく誤解される所だ。2階微分と

か2次導関数といった数学用語は、差し当たりここでは必要ない。

              

100912b_2

 続いて、横軸に時間、

 縦軸にランニング人

 口をとったグラフを

 書いてみよう。

 ブームの火付け役、

 東京マラソンの開始

 は2007年だけど、

その前年には既に盛り上がりが始まってたはずだ。ちょうど同じ頃、

ランナー向けのウエア劇的にファッショナブルになって来る。ランスカ(=

スカート)、ランドレ(=ドレス)、CW-X、シューズの色と柄、等々。

    

そして、一気にブレーク。これがグラフだと、「下に凸」のまま、急激に右上

がりになってる部分だろう up 左側辺り、☆印の上側、ということだ。わり

とフツーの表現を使うと、増加が「加速」してるとも言える。速度、つまり右

上がりの傾きが増して、より急激な傾きになってるからだ。

               

ところが一般に、現実を表す右上がりのグラフは、「下に凸」から「上に凸」

へと変化するのが普通だ。つまり、上がり方=増え方が緩やかになって、

穏やかな波型、あるいは山型になるわけだ。おそらく、今現在のランニン

グの状況は、この山のなだらかな頂上辺りだと思う。

    

頂上の左側(右上がり)か、上(ほぼ平坦)か、右側(右下がり)かはよく分

からないし、今後の長期的変化もよく分からない。ただ、少なくとも、「下に

凸」のまま急激に右上がりになる状況 up一旦過ぎ去った気がする。そ

こに、しばらく前から計画されてた新たな大会が続々登場すると、不人気

な大会が出て来て、ネガティブな報道も始まるかも知れない。

        

まあ、「山ガール」とか考えても、今後は(若い)女性をどれだけ抱え込める

かが、ブームの盛衰のポイントだろう。そのためには、ファッショナブルで

あること以外に、有名タレント・芸能人・女子アナらが活躍することも重要

だ。女性が集まれば、男性も自然に集まって来る。これは太古から、DNA

やY染色体に刻まれてることだから、間違いないのだ♪ 個人的には、今

くらいが一番心地良い気がするね。。

     

           

          ☆          ☆          ☆

ってことで、またコネタに時間を費やしたから、今朝の走りについてはちょっ

とだけ。要するに、恋愛映画みたいな夢の続きを見るチャンスを捨てて、

4日ぶりに蒸し暑い中をトロトロ走って来たわけ。これで9日連続で、今年

3月以来のことだ。その時は10日連続でストップ。今回はどうしようか

な。心身の問題というより、時間配分の問題だね。いくら何でも、他の事

を犠牲にし過ぎてる気はする。

      

トータルでは1km4分48秒ペース。ま、暑いし疲れてるから、こんなもん

でしょ。また右脚付け根に違和感があったのが気になるけど、もうしばらく

は大丈夫だと勝手に思ってる。ただ、ストライド(歩幅)を広げて飛ばすの

はちょっと怖いね。さて、今日も残暑が厳しそうだから、コーラとアイスで

も買って来るかな♪ ではまた。。☆彡   

        

 往路(2.45km)   12分38秒  平均心拍131        

 1周(2.14km)   10分33秒        146 

 2周            10分10秒        151    

 3周           10分11秒        155

 4周(0.68km)     3分12秒        155                

 復路           10分49秒        155  

計 12km  57分33秒 心拍148(80%) 最大160(ゴール時)

    

      

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.この記事アップの翌日、「自転車ブーム 下火」という検索アクセスが

    入って来た。これまた、少なくとも今現在、ネット上では多数派でも有

    力でもない見方だが、来年くらいにはもっと話題になりそうな気がする。

    

    この記事のグラフの説明はほぼそのまま使えそうだけど、自転車の

    場合はエコとの関連が強いし、ランニングより遥かに大きな金が動

    く自転車業界の問題もある。さらに、通勤時間&交通費の節約といっ

    た側面や、交通事故・マナー・行政の問題も考慮すべきだから、ラン

    ニングより複雑な話になる。いずれまた、別記事で扱ってみたい。。

| | コメント (0)

乗鞍のレース写真、JCAのフォトサービスを試してみると・・

RUN 12km,56分40秒,心拍146

乗鞍ヒルクライム完走証が昨日届いた。う~ん、あんまし見たくない (^^ゞ

100911

 まあ、ロクに自転車に乗ら

 なくなってる人間が、そこそ

 このタイムで完走し続けて

 るだけでも良しとしようって

 考えもある。でも、今年は

 初めて自転車のマシントラ

 ブルが発生したこともあっ

 て、不完全燃焼の思いが

 強いのだ。ま、借りは冬の

 マラソンで返すしかない。。

  

                          レース中の写真なんても

のも、あんまし見る気がしないんだけど、ブログのアクセス解析を見てると、

「乗鞍 2010 写真」って感じの検索が結構入ってる。ウチとかのスナッ

プ写真目当てかと思ってたんだけど、それにしては数が多いなと思って、

毎度おなじみ「ALL SPORTS」(オールスポーツ)にアクセスすると、今

年の乗鞍の写真が掲載されてない。それでみんな探してるわけか。。

        

何日か待ってもダメだから、変だなと思ってJCA(日本サイクリング協会)

のサイトをよく見ると、CPS(サイクル・フォト・サービス)なんてものが出来

てて、今年からはJCAの直販みたいな形になったらしい。当然、オールス

ポーツより安くていいシステムを期待して、まずはイベントIDと呼ばれる番

号をメールで入手。早速、乗鞍のページにアクセスしたんだけど、甘めに

見てもオールスポーツと引き分け、普通に見れば劣るシステムだった。

          

まず、重い。ここ5年ほどで、こんな重いサイトは珍しいと思う。タイミング

によっては軽いこともあるから、要するにサーバーの能力が低いってだ

けの問題かね。あるいは何か、設計に問題があるのか。昨夜と今朝、2

回色々見たけど、遅い時はページの表示に30秒くらいもかかるし、10

秒前後かかることは度々あった。写真のサムネイルが無くて、データ量

が僅かのページでも重いのだ。

       

肝心の写真は、自分のゼッケンを入力しても見当たらず、場所と時間で

色々調べても無し。表彰式の写真にも映ってない・・・そりゃ、そうか♪

仕方ないから、レースクイーンが映ってる写真だけ見せて「頂いた」・・・と

だけ書いとこう。レースクイーンだけのサービスショットもあっていいと思

うけどね。ウチへの検索アクセスから考えて、需要はあるはずだ。自分

以外のレース写真を見た感じでは、写り具合もオールスポーツの方が

多少いいと思う。

        

気になる料金もイマイチ。2Lが2000円だから、オールスポーツの料

金(掲載直後は安め)といい勝負。送料500円+振り込み料金合わせ

3000円弱って所も似たようなもんだけど、クレジットも代引き(=代

金引換での配送)も使えないようなのだ。今時わざわざ、みずほ銀行に

振り込むのもちょっとダルイ。それにしても、1枚の写真で3000円近く

かかるシステムはどうにかなんないのかね。自分達でデジカメ写真を撮っ

てPCメールで回せば、かなり高画質な写真でも無料なのに。。

       

ま、公式写真サービスは今年6月の美ヶ原からで、まだ始まったばかり

から、今後の改善に期待し・・・ていいのかね?♪ 特に、料金はもうこん

なものかも知れないな。これまで、オールスポーツで自転車もマラソンも

何度か買ってるし、「頂いた」画像もある。欲張らないことにしよう。。

        

       

P.S. この記事アップの2時間後、11日正午くらいから、「現在、サーバ

     の負荷改善のメンテンスおよびサーバ移管を行っております。今

     暫くお待ち下さい。」と表示され、システムは休止となった。

     「メンテンス」とは「メンテナンス」の省略かと思ったけど、ネットでも

     ほとんど見られない表記だから、あわてて入力ミスしたのかも知

     れない。そのせいか、晩になると、「メンテナンス中です。」とだけ

     表示されていた。

        (翌日の夜になって再開。一気に動きが軽くなった♪)             

     

     

         ☆          ☆          ☆

という訳で、今日もコネタで時間を使ったから、走りの方はちょっとだけ。

遂に8日連続達成! これは6月末以来のことだ。昨日、一昨日と比べ

ると、気温がちょっと高めで25度あったけど、まあ台風が来る前と比べ

ればラクだね☆ 走ってる途中どころか、帰宅直後でも、凄くノドが乾い

てるって感じは無くなった。とか言いつつ、冷たい水の後にはコーラ500

mLも飲んでるけど。アイスを我慢したのはエライ♪

       

流石に脚が疲れてるし、相変わらず睡眠不足の中、適当に流して、トー

タルでは1km4分43秒ペース。ま、心肺的にはわりとラクだったし、OK

でしょ。疲れが取れて、気温が下がれば、一気に4分半を切れる感覚は

十分ある。気になるのは、古傷の右太腿付け根の痛みくらいかな。ちょっ

ストライド(歩幅)を広げると、違和感があるんだよな。ごまかしながら、

無理せず何とか頑張ろう。ではまた。。☆彡

              

 往路(2.45km)   12分23秒  平均心拍130        

 1周(2.14km)   10分18秒        145 

 2周            10分15秒        151    

 3周            9分45秒        156

 4周(0.68km)     3分08秒       159                

 復路           10分51秒        155  

計 12km  56分40秒 心拍148(80%) 最大161(周回ラスト)

| | コメント (2)

冷蔵庫と心拍計、続けざまの故障にヒヤリ・・

RUN 12km,55分22秒,心拍152

メカのトラブルが2つ重なるなんて、珍しい。。小市民としては、特に冷蔵庫

にビビってしまった (^^; 中の物がダメになるし、修理を頼むのも面倒で、

むしろ買い替えた方が得のような気もする。でも、金も手間も時間もかか

るよなぁ・・・とか、色々と悩むわけだ。

      

で、まずはその冷蔵庫。キッカケは、走り終わった後の補給に、冷たい水

を取り出したこと。いきなりライトが消えたのだ。アレッと思って、普段全く

触らない運転スイッチを適当にいじってると、今度はウィーンって感じの

転音まで止まってしまった。その後、ライトは単なる接触の問題だと分かっ

て、元通り点灯したんだけど、運転が止まってしまったんじゃ意味がない。

スイッチをいじったり、コンセントのプラグを抜き差ししたりしてもダメ。

      

で、仕方なく取扱説明書を探したんだけど、これがまた惜しくも見つからな

い。他の物の説明書は色々発掘できたのに、冷蔵庫だけが無いのだ。「

し物をすると、余計な物ばかりが出て来る」・・・またマーフィーの法則発見。

かなり部屋を散らかして疲れた後、試しにネットで検索。すると、同じ製品

ではないけど、かなり似た製品のマニュアルがダウンロード出来て、貴重

な情報を得ることが出来た♪

        

まず、そもそも普段のスイッチの設定が間違ってた。以前からどうも、運転

音が大きめだし、妙によく冷えるなと思ってたら、ずっと連続運転にしてた

のだ。これは、一番最初とか、特別な時だけ使う設定らしい。で、私が水を

取り出す時、ボトルが当たって、連続運転が通常運転に切り替わったから、

冷蔵庫は一時的に運転を休止したってわけ。故障でも何でもない、単なる

普通の状態だったのだ。

      

ところが私は動揺して、スイッチとか電源を続けざまにいじくってしまった。

これは禁止事項で、それらを一旦切り替えたら、次の切り替えまで最低7

分は待てと書いてある。私は7秒も待ってないだろう♪ これで冷蔵庫に

余計な負荷がかかって、事態を複雑にした可能性はある。

    

ともかくその後、スイッチを連続運転に戻してみると、見事に運転再開☆

ちゃんと7分待って、通常運転に切り替えて、めでたしめでたし。あ~、助

かった。ま、トータルで1時間半近くムダにしたけどね。。

      

         ☆          ☆          ☆

ホッとしたのも束の間、今度はスポーツ用の心拍計がおかしくなった。キッ

カケは、手首のレシーバー(腕時計みたいな物)を、胸に巻くトランスミッター

(心拍データ送信機)にウッカリ近づけ過ぎたこと。これをやると、ハートタッ

チ機能が作動、レシーバーは特殊な心拍データをしばらく映して、元に戻る。

     

ところが、これが元に戻らなくなったのだ。困った時にはストップボタンを長

押しすれば基本ポジションに戻るはずなのに、これも効かない。初めての

トラブルで、しばらくあれこれ試した後、使用説明書を読んでみたけど、特

修正方法は見当たらず

        

ただ、リセットボタンがあると書かれてたので、試しに押してみると、10秒く

らい全ての液晶記号が黒く映し出された。ギョッとしたけど、間もなく時刻表

示(なぜか2001年12月5日!)になったから、時刻設定をやり直して、

とか修復完了。多分、めでたしめでたし・・・だと思うんだけどな。。

     

      

         ☆          ☆          ☆

という訳で、今日もコネタが長くなったから、走りについては簡単に。2ヶ月

ぶりの7日連続になった今朝、短時間睡眠で起床。玄関の外でやぶ蚊を

4匹続けて撃退した後、痒さに顔をしかめつつ公園に向かうと、妙に調子が

いい☆ 不思議だね。確かに涼しいけど、涼しさだけなら前日の方がちょっ

と上だし、疲れも一段と溜まってるはず。なのに、勝手にスイスイ脚が動く

のだ・・・って言うか、やっと普通の走りに戻りつつあるってだけのことか♪ 

       

途中、1km4分30秒ペースで1周だけ引っ張ってくれたランナーがいたお

かげもあって、トータルでは1km4分37秒ペース。オォー、やっと4分半が

見えて来た。1週間で1kmあたり20秒くらい縮めたから、あと2週間頑張

れば1km3分台突入だろう♪ ま、あんまし無理するとまた肉離れとか、故

障で逆戻りする恐れがあるから、気を付けなきゃ! 1ヶ月ほど前から、

の甲に変な痛みも続いてるのだ。

          

明日はビミョーだけど、JOGの感覚で軽~く走りたい気もするね。ま、それ

より溜まった雑用をこなすべきかも。ともかく、今朝はこの辺で。。☆彡

     

       

 往路(2.45km)   12分26秒  平均心拍132        

 1周(2.14km)   10分02秒        148 

 2周             9分38秒        155    

 3周            9分28秒        159

 4周(0.68km)     3分07秒       160                

 復路           10分41秒       157  

計 12km  55分22秒 心拍152(83%) 最大165(ゴール時)

| | コメント (0)

台風と共にようやく秋♪&『ホタルノヒカリ2』第10話

RUN 14km,1時間08分19秒,心拍147

エライぞ、台風9号!とか書くと、風水被害を受けた方のヒンシュクを買う

わけか。私は瀬戸内海沿岸の出身で、台風が来る度に高潮の被害を受け

てたから、悪影響は身にしみて味わって来たのだ。一番ひどい時で、居間

の畳スレスレくらいまで海水が来てたと思う。水が引いた後にはゴミが残

るし、ビショビショになった家財も手入れしなきゃなんない。

        

今振り返ってみると、私は後片付けをほとんど手伝わないダメ小僧だった

(^^ゞ 面倒な事は母親任せにして、しかもその事実をあまり意識してない

から、余計にダメなのだ。今これを読んでる全国の少年・少女の皆さん、ツ

イッターのフォローなんてするヒマあったら、ご両親の後片付けをフォロー

&サポートするように♪ 

              

ま、ウチは大人向けブログだから、10代の読者はごく僅かだろうけど。ち

なみに、過去最年少コメントは小6だから、記録更新を狙う小学生はコメン

トしてね。特に女の子は大歓迎・・・とか書くと、アブナイよな♪ 男の子も

OKだよ・・・とか書くと、余計ヤバイかも。。

       

話を戻すと、台風のおかげでようやく秋がやって来たのだ♪ 極端過ぎる

雨はともかく、気温が一気に下がったのは有難いし、風も適度で涼しいね。

これだけ条件が良くなると、折角だから6日連続で走っとこうとか思うこと

になる。ただ、疲れと寝不足もかなり溜まってるから、涼しさといい勝負。

結局、「迷った時はしんどい方を!」の原則にしたがい、二度寝することに

した・・・って、コラコラ! そうじゃなくて、しんどいランニングを選んだのだ。

        

今までずっと熱帯夜続きだから、習慣で昨夜も窓を開けっ放しにして、パ

ンツ(下着)のみの就寝。すると、流石にちょっと身体が冷えて、走りの中

盤までは鼻が詰まって息苦しい。おまけに、疲れと眠気で脚が動かなかっ

たけど、気温24度で微風もあるから、汗かきの私でさえ問題なし♪ の

んびり距離を伸ばすには好条件で、結局14kmまで持って行けた。

      

トータルでは1km4分53秒ペース。ま、自転車シーズン終了後いきなり

の6日連続ランだし、体調を考えるとギリギリ良しとしとこう。それにしても

台風の進路が変則的。これも異常気象の表れか。途中で最大風速が弱

まって、「熱帯低気圧」に格下げされた途端、ネットの「台風」情報から消

えたのには苦笑した。いくら何でも、ちょっと頭が堅過ぎるって言うか、プ

ログラミングが堅過ぎるよな。

        

ともあれ今日も暑さが和らいで、めでたしめでたし。気分的には明日も走

りたいけど、サボっちゃうかも。ひとまず、この辺で☆彡

         

 往路(2.45km)    12分44秒  平均心拍129    

  1周(2.14km)   10分37秒        142        

  2周            10分32秒        147  

  3周           10分30秒        150

  4周            10分21秒        153

  5周(0.54km)      2分36秒         154

  復路             11分01秒        152

計 14km  1時間08分19秒  心拍147(80%) 最大160(ゴール時)

     

      

        ☆          ☆          ☆

一方、綾瀬はるか&藤木直人『ホタルノヒカリ2』第十夜。テレビ・ラジオ欄

向けのサブタイトルは、「干物嫁修行!?部長の父帰る」で、ドラマ放送時

のタイトルバック後に映ったサブタイトルは、「私の知らないぶちょお」。なる

ほどな、と思わせる違いだ。

      

新聞にせよネットにせよ、テレビ・ラジオ欄と呼ばれるものは、広く大勢の

人にそのドラマをアピールするためのものだから、主役の干物=蛍が何を

するのか、主たるエピソードとして何が起きるのか、簡潔にまとめてある。

        

逆に、放送時のサブタイトルは、既にドラマを見てる人、特に固定視聴者

向けに、目立たない形で映されるものだから、内容の本質に近いものを表

現してある。嫁修行とか、高野の父・盆太郎(石坂浩二)の帰宅とかは、表

面的なことであって、要するに蛍が知らないぶちょおの姿が二つ現れたわ

けだ。一つは、父との関係も含めて、やや暗いビミョーな生い立ち。もう一

つは、転職への意志だ。

       

実は先週くらいから、「ホタルノヒカリ 最終回 ネタバレ」といった検索が

増えてるけど、私はいつも通り、特殊な情報は全く仕入れてないし、原作

マンガも『ホタル1』終了後は読んでない。ただ、第10話終了時点で自然

な流れを予想するなら、蛍だけとりあえず会社に残って、高野は3ヶ月台

湾に出張。瀬乃(向井理)は一人で、あるいは桜木(臼田あさ美)と、NY

(ニューヨーク)に旅立つという展開だと思う。

          

つまり、蛍と高野は一旦少しだけ距離をおく。その前置きとして、高野は

高野、蛍とは違うという当たり前のことを強調したと考えたいのだ。これな

ら、最終回後に十分予想されるスペシャルとか映画にも上手くつながるし、

ここまでベタベタに甘かったストーリー全体を最後に少し引き締められる

    

また、新たに強調された言葉、「受け止める」とも結びつく。受け止めると

は、第8話で問題となった「受け入れる」とか「取り入れる」といったことよ

りも大人の態度、成熟した姿勢だ。相手は相手、私は私、その違いを認

識した上で、相手の立場を尊重し、ポジティブな関係を保つ。具体的に言

うと、高野の転職の意志は理解して尊重するが、私はまだ仕事も中途半

端だし、もう少し今のSWビルドコーポレーションで考えてみたい。ただし、

ぶちょおは大好きだから、恋愛関係はこのまま。いずれ結婚はしたい。。

         

ただ、やっぱりこの『ホタル2』は極端に甘口で単純なドラマになってるし、

社会全体、特に女性の意識も保守的になってるのは事実。だから結末も、

大好きな部長に付いて行きます、なんてものになるかも知れない。個人的

には論外だけど、去年夏の月9『ブザー・ビート』の最終回で、いきなりヒロ

インの北川景子が主役の山P=山下智久のもとに駆け出してキスしたこと

とか思い出しても、ひょっとして・・・と思ってしまうのだ。もしそうなら、ある

意味で、脚本家・水橋文美江の「優秀さ」とか「優しさ」を表すものだろう。。

     

         ☆          ☆          ☆ 

『ホタル2』の甘口な作りや単純さについては、初回から指摘して来たけど、

終盤になって一段と目立つようになってる。それを表すポイントの一つが、

カタカナの繰返し言葉だ。ハフハフ、ドキドキ、シメシメ、チューチュー、ピカ

ピカ、そして、ゴロゴロ。。夜22時スタートのドラマで、これだけこの種の言

葉を使うドラマは珍しいはずで、希少価値なら認めてもいい。

          

ただ、まるで高校生が教室で書いたような恋愛関係の図(矢印付きチャート)

とか、蛍に対する瀬乃の態度、あるいは桜木とか、とても20代後半の社会

人とは思えない。あれはむしろ、10代後半の姿だろう。

         

桜木の場合は、臼田の演技力の問題もあるけど、瀬乃の場合は脚本の問

題だ。向井は、抑制された真っ直ぐな演技で、それなりに頑張ってる・・・と

書いとけば安心かね♪ ま、相変わらずウチに来るのは藤木ファンばっか

で、向井ファンのアクセスはごく僅かなんだけど。。

       

確かに、もうこのドラマの視聴率的な成功は間違いない。最終的な平均視

聴率が15%を超えるのは確定だし(現在15.2%)、夏ドラマのトップもほ

ぼ決定だ。でも、実は先週から既に、『ホタル1』の視聴率との上下関係が

逆転している。『ホタル2』の方が下になったのだ。気になる人は、藤木の

視聴率記事のグラフとデータ(毎週更新中)で確認して頂きたい。もちろん、

全10話と11話の違いは考慮する必要がある。

    

        ☆          ☆          ☆

前回のウチの記事では、『陰翳礼讃』と『翳りゆく部屋』という話を持ち出し

ておいた。陰翳に欠ける明るい『ホタル2』の視聴率は、ここ3回「翳りゆく」

流れになってる。たまたま9月8日から、国立新美術館で「陰礼賛」展

始まったことだし、陰翳というものについて再び書いとこう。

       

今回のドラマでも、陰影に当たるものは一応色々挙げられる。縁側も含め

て、日本家屋という建物や場所自体が陰影に富んでるのは大前提として、

高野の過去、瀬乃や桜木の片思い(井崎=高橋努も♪)にも一応「かげ」

はある。あるいは、亡くなった母のお墓参りシーンとか。南雲聖一の演出

には、お遊びとしんみりが常に組み合わさってるのも、以前から指摘して

る通りだ。でも問題は、そこで表れてる「かげ」の中身だ。

             

国立新美術館のHPを見ると、「陰」と「影」の区別について簡単に説明し

てある。「足元や地面に落ちる人や物の『影』と、光がさえぎられた場所

が薄暗く見える『陰』」。この説明は間違ってないが、区別がやや曖昧だ。

       

要するにどちらも、光が遮(さえぎ)られて出来たもの。ただ、「」という

のは、特定の対象から光を奪うことで、その対象を目立たせ、別の姿を

映し出すものだ。ここで重要なのは、光が当たってるその他全体とのコン

トラスト(対比)だから、影の暗さの程度はあまり問題にならない

      

一方、「陰」とか「翳」(かげ)、つまり「陰翳」(いんえい)は、何かが光を遮

ることで、場所全体、状況全体を薄暗くさせるもの。そこでは、薄暗さの微

妙な程度が決定的な役割を果たす。

    

ここで思い出すのが、私の小学校時代の絵画展だ。以前、他のサイトに

一度書きこんだことがあるけど、基本的に理屈屋の私でも、絵画の世界

(つまり非言語的な芸術の世界)で表彰された経験がある。小学5年か6

年の時の、防災ポスターが都道府県レベルの佳作に選ばれたのだ。

      

これ自体は自慢話とか過去の栄光だけど、重要なのはここから。私はその

前にも、田舎の街の市民会館みたいな場所で絵を展示されたことがある。

書いたのは、林の中の神社。まさに、薄暗い日本家屋だ。私は幼い頃から

凝り性だったから、神社をじっくり見て、子供なりに丁寧にスケッチ。ところ

が、屋根に色を付ける時は、単純に黒のベタ塗りにしてしまったのだ。

    

それを見た身内の人間が、横から筆を加えて、瓦1枚1枚を微妙に違う色

描き直した。多分、世間で珍しくないことだとは思うけど、いい気はしない。

おまけに、それを学校に持って行くと、先生が瓦の色使いを褒めたのだ。

何とも複雑な思いと共に、その瓦、あるいは屋根は私の記憶に刻まれた。

なるほど、暗い場所とか物といっても、単なる黒ではないのか。微妙な薄暗

さの中で、それぞれが独自の暗さを持っているのか。。

      

という訳で、何を言いたいのか、賢明な読者の方々にはもはやお分かりだ

ろう。昔2回、絵画で活躍したという小市民的自慢話だ。コラコラ! そうじゃ

なくて、『ホタル2』第10話のような「かげ」の付け方は、まるで幼い私が色

付けした時のベタ塗りの黒みたいなものだと言いたいのだ。それは「」の

ように、屋根の姿を目立たせる役割はあるかも知れない。でも、「陰」とか

「翳」のように、周囲まで含めて全体に微妙な味わいや落ち着きを与える

ものにはなってない。

       

もちろん、一般視聴者がテレビドラマにそこまで要求するとは思わない。

ただ、少なくとも私は、そうゆう視線でドラマを見てるし、その次元のものを

要求してるのだ。『ホタル2』よりむしろ、『ホタル1』、あるいは少女マンガ

である原作(ひうらさとる)の方が、陰翳に富んだ作品だろう。天国で文豪・

谷崎潤一郎も頷いてるに違いない。

    

なお、盆太郎というより、大ベテラン俳優の石坂浩二の頑張りには素直に

感心した。あれぞ、役者魂!と言うべきか。二ツ木(安田顕)も落ち着いて

ていいね。最後は山田(板谷由夏)じゃなく、愛する高野と縁側で結ばれる

訳か♪ ウップ・・・(by 盆太郎)。

それでは。。☆彡

         

       

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.これまた偶然、今日(9月9日)の朝日新聞HPに「陰影に満ちた異世

    界へ 花やしき」という見出しの記事が掲載された(小泉信一記者)。

    ストリップ劇場やポルノ映画館のそばにあり、近くで臓物を煮込むに

    おいが漂い、本物の幽霊のウワサが飛び交い、民家の軒先スレスレ

    を木製ジェットコースターが走る、日本最古の遊園地だ。誕生は江戸

    末期の1853年。浅草の名所と言うより、東京の名所、あるいは日本

    の名所だろう。以前は、「鶏を食べる蛇女」の見世物小屋もあった♪

           

    この花やしきが『ホタル1』とすると、ディズニーランドが『ホタル2』

    近いかも知れない。実際、朝日の記事ではこの2つを対比してた。

    ちなみに私は、ディズニーランドは好きで何度も行ってるけど、後に

    出来たディズニーシーの方がまったり楽しめる。ま、両方合わせて、

    大人も子供もリピートできるのがディズニーリゾートの強みだろう。。

        

       

cf.18km走まで回復&『ホタルノヒカリ2』第1話

  サッカーのみが「運動する知性」(蓮實重彦)&『ホタルノヒカリ2』第2話

  猛暑で公園ランナーも減少&『ホタルノヒカリ2』第3話

  寝坊&パズル後の小雨ラン&『ホタルノヒカリ2』第4話

  真夏の朝から熱いバトルラン&『ホタルノヒカリ2』第5話

  藤木直人主演・助演ドラマ、視聴率の推移&『ホタルノヒカリ2』第6話

  積極的休養ラン&『ホタルノヒカリ2』第7話

  『ホタルノヒカリ2』第8話、軽~い感想♪

  10年8月の全走行距離&『ホタルノヒカリ2』第9話 

  謎の左ふくらはぎ痛&『ホタルノヒカリ2』最終回 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ネット依存とうつ症状~朝日新聞「やさしい医学リポート」

RUN 12km,56分55秒,心拍151

                    

昨日アップした「EDライダー」の記事。自転車系の記事としては狙い通りの

ヒットになったから、その後自分で少し調べて、2~3割ほど加筆した。例え

ば、雑誌の中で挙げられてた海外の学会2つのHPを調べたりして、根拠と

なる研究が確かにあるのを探り当てたのだ。短過ぎるから、学問系記事と

は言えないけど、一応の格好はついたと思う。

      

こうしたネットで調べる作業は、直接的には数年前、マニアックなドラマレ

ビューを書く作業を通じて養ったものだ(福山雅治『ガリレオ』とか)。慣れ

てしまえば、半ばお遊びの宝探し感覚で行うこともできる。

    

今日扱う朝日新聞の記事は、二重の意味で、ネットで調べる作業と関連

している。まず、その記事に対しても、私は実際にネットで調べることになっ

た。そしてもう1つ、その記事が扱ってるのが、まさにネットを飛び回る作

業の危険性なのだ。おそらく、その記事の筆者自身もネットを飛び回った

はずだから、かなりヒネリの効いた記事だと言える。実際、その筆者は、

自他共に認める「オタク」らしいのだ。。♪

      

           

         ☆          ☆          ☆

前置きが長くなったが、その記事は朝日新聞9月6日の夕刊に掲載され

た「ネット依存とうつ」と題する短いコラム。東北大・坪野吉孝教授による

やさしい医学リポート」シリーズの一つで、世界の最新論文をやさしく噛

み砕いて紹介してくれてる。

         

オンライン情報有料化の流れの中で、このシリーズは朝日HPでも無料。

おまけに加筆されてるし、動画まで付けられてるから、かなり人気がある

んだろう。内容だけでなく、顔写真も「やさしい」のがポイント。動画だと表

情が硬いのも、普通の学者っぽくてイイ。がんなどの疫学(統計調査を利

用した医学)が専門のようだ。

     

で、今回紹介された論文は、米国小児科専門誌電子版に8月掲載された

もので、研究対象は中国広東省13~18歳の生徒1008人。まず、ネッ

ト依存の程度を調べ、9ヶ月の追跡調査で生じたうつ症状と不安症状につ

いて統計を分析すると、ネット依存が中程度以上の場合、うつ症状のリス

クは正常者の2.5倍だった。一方、不安症状に関しては差が出なかった

       

論文執筆者らによると、ネット依存と心の健康を「同時点で」調べる研究

は既にあったが、それではどちらが原因なのか、両者の関係は曖昧だ。

今回みたいに、ネット依存が原因で、後からうつ症状が生じるのを示す

跡調査は初めてらしい。今後は、大人が対象のものも含めて、更なる調査

が必要だろう。

                                       

私自身は、半ば自虐的に、「ネット中毒」だと言って笑うことがよくある。ブロ

グだけでも5年間毎日更新だし、かなり検索しまくったマニアックな記事も多

数ある。もちろんブログ以外でも、色んな場面でネットを使ってる。特にブ

ロードバンドの普及以降は、生活スタイルが激変した。

              

ただ、昔からスポーツ系の人間でもあるし、うつ症状とは程遠い。むしろ

近は逆に、「躁」に近い気もする♪ とはいえ、ネット中毒とかネット依存とか

呼ばれる状況がいいとも思ってないので、朝日新聞HPについてたリンクを

クリックして、元の論文を調べてみた。この作業自体がネット依存的な所が、

話をややこしく、また滑稽にしてるのだ。

     

         

          ☆          ☆          ☆

元の論文は、『Pediatrics & Adolescent Medicine』(小児科&青年医学

の電子版で8月に紹介された、「Effect of Pathological Use of the Inter-

net on Adolescent Mental Health」(インターネットの病理学的使用が青

年の心の健康に及ぼす影響)。執筆は、Lawrence T.Lam と、Zi-Wen

Peng。無料ですぐアクセスできる Abstract(要約)しか読んでない

         

一読してすぐ気付くのは、ネット依存やうつの評価法が明示されてること。

前者は「the Pathological Use of the Internet Test」(病理学的ネット使用

のテスト)、後者は「Zung Depression and Anxiety Scales」(ツングの抑うつ

&不安尺度)を用いたと書いてる。要するに、どちらも非常に簡単な質問

票で機械的に判定してるのだ。おまけに、前者は決して有名ではないよう

で、検索してもなかなか出てこない。

           

本来、うつ病の正式な診断というのは、ウチの一連の記事でも示して来た

通り、かなり厄介だし、不安症状とハッキリ分けられた精神疾患でもない

(基準の項目が一部重なってる)。また、ネット依存に関しては、まだ論争

中の段階で、国際標準となってる米国精神医学会のDSM-Ⅳでも採用

されてないし、そんな依存症など存在しないという反論も根強いようだ。

       

私自身は、既に書いたように、自分自身をネット中毒だと呼んでるくらいだ

し、ネット依存という病名にも全く抵抗はない。少なくとも、家にひきこもって、

オンラインゲームや動画などを一日中楽しんでる大人を、ネット依存と呼

ぶのは自然だろうし、別に差別とか偏見と言うほどのものでもない。そもそ

も、人はみな、ある意味で病気なのだ。

        

ただ、ネット依存がうつ症状を引き起こすというような話は、当然ネットの

使用制限を促すことになる。そうした強制的な動きの妥当性について考え

る際には当然、そもそもネット依存やうつとは何なのか、どうやって調べた

のか、といった点まで考えるべきだろう。

       

もちろん、そんな事は、朝日の記事を書いた坪野教授も分かってるはず

だが、記事でもHPでも、そういった留保が全く書かれてないのが気になっ

た。疫学に限らず、一般的に統計で問題なのは、集めたデータの処理方

法以上に、データを集める時点での基準なのだ。この人は本当にうつ病

なのか、この人はどうゆう意味で○○党を支持してると言えるのか、等々。

最近、統計はメディアの至る所に登場してるけど、そういった問題を指摘

する声はあまりに少ないから、ここでハッキリと指摘しときたい。

          

なお、ウチでは既に8本のうつ病関連記事をアップ、かなりのアクセスを

頂いてる。もちろん、単なる人の話やマスメディアの請け売りではなく、自

分で専門書を読んだ上で書いたものだ。下にリンク付きで紹介しておこう。

       

           

cf.うつ病の診断基準と抗うつ薬~NHK『ためしてガッテン』

  うつ病の診断基準2~気分変調性障害

  うつ病の血液診断と遺伝子変化

  うつ病の診断基準3~双極Ⅰ型障害(躁うつ病)

  うつ病の診断基準4~双極Ⅱ型障害(軽い躁うつ病)

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  新型うつ病の一つ、非定型うつ病について

  心理療法を無料で全国民に~朝日新聞「欧州の安心 イギリス」

  大胆かつ繊細な試論~香山リカ『雅子さまと「新型うつ」』

  携帯連絡が返って来ない時の認知療法スキル(技)

                      ~朝日新聞「100万人のうつ」

  ネット安息日(=禁止デー)の記事を見て、ネットを飛びまわった夜♪

       

     

     

          ☆          ☆          ☆

おっと、平日の朝からネットに気合が入り過ぎて、仕事を忘れる所だった♪

これぞ、ネット中毒だ。今朝は、連続5日目のランニング。遠くの台風の影

響で、少しだけ涼しかったし、身体からランに慣れて来たので、この5日間

では一番マトモな走り。ほんのちょっとだけ降ってた雨も、心地良かった。

ま、公園の人はやや少なめで、傘を持ってる人もいたけどね。

    

トータルでは1km4分45秒。うん、まだ遅いけど、ギリギリで合格点かな。

明日は天気も怪しいし、流石に休むかも知れない。ドラマ記事も書かなきゃ

いけないのだ。たかが趣味のブログに、義務とか責任を感じて、無理やり

頑張ってしまう所も、中毒の名に値するだろう。それでも止められないのだ

から、依存症と言えなくはない。

       

ただし、ネーミングは枝葉の問題であって、ネット依存だから何なのか。そ

こが問題なのだ。スポーツ依存や読書依存、あるいは恋愛依存や仕事依

存と比べてどうなのか、脱出すべき事なのか、メリットとデメリットを総合す

るとどうなのか、等々。根本的に考え直してみるべきだろう。ではまた ☆彡

            

                        

  往路(2.45km)   12分38秒  平均心拍131         

  1周(2.14km)   10分21秒        146        

  2周            10分14秒        155      

  3周            9分52秒        160 

  4周(0.68km)    3分07秒         164 

  復路            10分43秒          158 

計 12km    56分55秒  心拍155(84%) 最大166(周回ラスト)

| | コメント (4)

EDライダー~自転車による勃起障害が増加中(週刊現代)

RUN 12km,58分00秒,心拍150

イージー・ライダー』(Easy Rider,1969)という映画は、見たことがないけ

ど、ハーレー・ダビッドソンのバイク(オートバイ)に乗って、イージー(気楽)

に旅するイメージがある。でも、自転車の「EDライダー」となると、男として

気楽どころの話じゃない。春ドラマ『素直になれなくて』でリンダ(玉山鉄二)

がEDに苦しんでたのも思い出される所だ(あれは心理的ストレスが原因)。

          

週刊現代 9月18日号』(6日発売)には、「自転車でEDになる人が増え

ている  1日30分以上乗る男性は要注意」という見出しの記事があった

ので、早速チェック。学会誌など、ソース(情報源)のチェックまではしてな

いけど、一通り読んで、週刊誌としてはマトモな記事だと思った。多少、偏っ

た感はあるし(異論・反論がない)、「EDライダー」という言葉は明らかにお

遊び感覚だけど、3ページ弱の内容全体としては、ちゃんと中身のある硬

派な記事と言える。

      

   (追記: 国際性機能学会 ISSM に、関連する報告が複数あるのを

        確認。例えば、機関誌『The Journal of Sexual Medicine』の

        2008年8月号に、Goldstein,I による「Awareness,Bicycle

        Seats,and Choices」がある。また米国泌尿器科学会 AUA

        でも関連する報告があるという話を自転車サイトで

        発見した。いずれも英語。) 

             

内容を箇条書きで要約すると、次の通りだ。

      

    ① 自転車に長時間乗ると、サドルが股の神経や血管を傷つけ、

       ED(勃起不全 or 勃起障害:Erectile Dysfunction)になる恐

       れがある。

           

    ② 特に、ここ数年流行ってるロードバイク(=ロードレーサータイプ)

       に付いてる、先の尖った細身のサドルには注意。

         

    ③ 実際、最近自転車の利用者から、股間の痛みやしびれを訴え

      る声が増加している。

    

    ④ アメリカのある警察署で、自転車を使う警官にEDが増えたから、

       サドルの形を変えてみたら、急減した。

 

    ⑤ 欧米では以前から研究が進んでて、競技者の4分の1がED、

      男性サイクリストの4%が中程度以上のED(ランナーは1%)、

      片道30分(往復1時間)乗る人は注意、等の研究報告がある。

   

    ⑥ 女性の性機能(快感)にも障害をもたらす恐れがある。

   

    ⑦ 対策としては、幅の広いサドル、くぼみで圧迫を和らげるサドル、

      ジェル入りのサドルカバー、パッド入りのパンツ、前傾姿勢への

      注意、などがある。

           

ちなみにリスクを警告する日本の専門家として登場したのは、東邦大学・

医療センター・永尾光一教授と、渋谷三丁目クリニック・古市昌之副院長。

登場した学会は、国際性機能学会と米国泌尿器科学会(いずれも自分で

確認して上に追記済み)。見出しの「30分以上」という時間を直接支持す

る根拠は書かれてないが、総合的に判断して、安全のため(or 記事のイ

ンパクトのため)、短めの数字にしたんだろう。

                         

私自身は、9年前に今の自転車を買った時から、5つの対策のすべてを自

主的に取ってる。だからなのか、元気過ぎるから、対策を1つくらい止めた

方がいいかも知れない♪ まあ、周りでも聞いたことはないけど、言わない

だけかも。今度、聞いてみようか。流石に、女性には聴きにくいな。

    

とにかく、思い当たる人、気になる人で、まだ対策を十分講じてない方は、

ご注意あれ。特に、毎日のように乗ってる自転車ツーキニストやレース・マ

ニアとかは、一応頭に入れとく価値はあるだろう。ま、逆に「言い訳」として

利用するのも、一つのイージーな生き方としてアリかも。「オレ、自転車やっ

てるからさぁ・・・」って感じで。。

     

   (追記2: 検索すると、国内でも数年前からあちこちで話題になって

         たようだ。例えば09年5月20日には、「All About」で、

         新宿ウエストクリニックの室田英明院長が、「『自転車ED』

         にご用心!」という記事を書いてる。自転車によるEDは

         器質性EDと呼ばれ、心因性EDと区別されてるようだ。。)

          

             

         ☆          ☆          ☆ 

さて、今朝は連続4日目。自転車シーズンからランニングシーズンに移行

すると、例年ならわりと早めにいい走りが出来るんだけど、今年は異常な

暑さのせいもあって、身体が対応できてない6月一杯、右足ふくらはぎの

肉離れでロクに走れなかった影響も残ってると思う。

      

それでも、今朝は昨日よりほんのちょっと涼しかったから、わりと元気にス

タート。風速1mが、すぐに0mになったのは不運だけど、疲れでヨロヨロの

状態から徐々に加速。周回最後は、1km4分35秒ペースくらいまで上げ

ることが出来た。変な筋肉痛も消えて来たし、少しずつ前進してるのは確か。

     

トータルでは1km4分50秒ペース。ま、前半が遅くて後半がまあまあだっ

たから、メリハリがついてて良かったと思う・・・とか言ってちゃダメだね (^^ゞ

遅いわ! 明日の朝の天気予報は、「最低」気温が29度(!)もあること

になってるけど、最悪ジョギングくらいはしたいと思ってる。早起き出来る

かどうかの問題だね。ではまた。。☆彡

           

 往路(2.45km)   12分45秒  平均心拍130        

 1周(2.14km)   10分47秒        147 

 2周            10分21秒       152    

 3周            9分56秒       158

 4周(0.68km)     3分09秒       158                

 復路           11分02秒        160  

計 12km 58分00秒 心拍150(82%) 最大165(ゴール時)

| | コメント (0)

塩なめ&ニンニク補給で酷暑ラン継続・・

RUN 12km,58分18秒,心拍150

台風発生で、雨雲が首都圏まで伸びてくるかと思ったら、高気圧に跳ね返

される形になってるんだな。夕立ちさえサッパリ無いし、昨日もまた最高気

温35度の猛暑、今朝の最低気温も28度でスーパー熱帯夜。おまけにほ

とんど無風。この状況で、平日の朝ランはキツイ。今日なんて、髪の毛まで

風呂上がりみたいにビショ濡れだった・・・って、ちょっと大げさかも♪

                 

で、走り終わるとまず、冷たい水を飲んで、塩をなめて、今度は甘いドリ

ンクをゴクゴク飲み干す。この塩って所がミソだな。暑い時に塩をなめる

なんて話を初めて聞いたのは、中3か高1くらいだったか、吉川英治の名

作『宮本武蔵』を読んでる時だったと思う。その時は、江戸時代には変な

風習があったんだなぁとか思ったけど、いまや高校球児の塩分補給が話

になる時代だ。

     

私は3年くらい前から、たまに塩をなめてるから、流行の最先端だろう♪

キッカケは何だったか思い出せないけど、その前から、たまに食べる

ラーメンが妙に美味しいなって感覚はあった。麺や具は似たようなもんだ

から、要するに塩が美味しいんだろう。あと、各地の名産品みたいな塩

たまに口にすると、ホントに美味しいね。

    

         ☆          ☆          ☆

・・・って感じで、塩だけでどんどん書けてしまうな♪ 時間が無いから、も

う止めとこう。今は、月曜の朝なのだ。8月は、乗鞍ヒルクライムに備えて

自転車に長時間乗らなきゃなんないから、ほぼ完全に朝型の生活だった

けど、元々は典型的な夜型人間。9月に入ると、どんどん就寝時間が後

ろへズレ込んで来た。いや、暑くて寝る気もしないって部分もあるのだ。

    

で、スーパー熱帯夜に4時間半の浅い睡眠をしただけで、顔をしかめなが

ら渋々と起床。ギョーザで軽く補給した後、公園にトボトボ向かった。やっ

ぱり暑さには、塩とニンニクなのだ♪ マジメな話、特にニラ餃子を食べた

後って、体調がいい気がするんだよな。これも、単なる気分的なプラセボ

(偽薬)効果かも知れないけど、結果的にプラスの効果が生じるのは本当

のような気がする。ま、差し当たりは、「気がする」だけネ。

     

で、走りの方は、今日で3日連続だから、疲れが溜まって来るはずなのに、

むしろ昨日よりいい感じだった。8月は自転車シーズンで、ロクにランニン

グしてなかったから、身体がランの感覚を思い出して来たんだろう。特に、

足腰の裏側の使い方を思い出して来た気がする。自転車ではほとんど無

い使い方だ。

        

時間も無いし、久々に水分補給&水浴びしたい気持ちをガマンして、スタ

スタと帰宅。トータルでは1km4分52秒ペース。まだまだ遅いけど、感触

としては良かったから、結構満足だった・・・とか書いてちゃダメだよな♪

遅いものは遅いのだ。もっと頑張ろっと。いや、異常な暑ささえ収まってく

れれば、1km15秒くらいすぐ縮まると思うけどな。ま、勝負に「たら」「れば」

は禁物ってやつか。とにかく、今週も酷暑と闘おう! ではまた。。☆彡

           

 往路(2.45km)   12分49秒  平均心拍131        

 1周(2.14km)   10分42秒        147 

 2周            10分33秒       152    

 3周           10分17秒       157

 4周(0.68km)     3分08秒       164                

 復路           10分49秒        160  

計 12km 58分18秒 心拍150(82%) 最大169(ゴール時)

| | コメント (0)

「僕が死んだら」ブログはどうなるか~デジタル遺産の継承と削除

RUN 12km,59分15秒,心拍151

「僕が死んだら・・・」というのは無料ソフトの名前だ。誤解されそうだから、

最初に書いとこう。自分が突然、事故や急病で死んだり、植物状態の人間

になったりしたら、「アレ」はどうなるのか。アレが何かはともかく、心配になっ

た経験がある人は少なくないと思う。

    

9月3日の朝日新聞・夕刊1面には、「デジタル遺産どうなる」「急死したら、

メールは、ブログは」「米、相続サービス拡大」という見出しの記事が掲載

された。執筆者は科学系でおなじみワシントンの勝田敏彦と、松尾一郎。

           

イラスト付きで最初に紹介されてる資産管理会社「Legacy Locker」(=遺

産ロッカー)では、何らかの形で死亡の情報をつかむと、あらかじめ登録

されてる「証明者」に問い合わせて死亡を確認し、「相続者」に重要なデジ

タル情報(ID、パスワード、コンテンツなど)を伝えてくれるそうだ。私は早

速、いつものように検索してみた。

            

この種の情報が出るといつも、ネットにコピー&ペーストした文章が広が

り、簡単な感想が書かれるけど、情報そのものを自分で調べた記事とい

うのはかなり少ない。実際に自分で調べると、新聞に書かれてないことが

色々分かるし、短所も含めて多角的に理解できるのだ。

         

まず、その会社の料金システムは、お試しプラン無料年間契約なら

29.99ドル(約2500円)、無期限なら299.99ドル(約25000円)。

なかなかリーズナブル(お手頃)な値段だ。また、朝日が注目した「if i die

(=もし私が死んだら)というサービスは、生存確認のメールに1ヶ月返信

がないと自動的に死亡扱いにするものらしいけど、公式HPで探してもほ

とんど強調されてない。記者が名前のインパクトに釣られただけかも。。

     

あと、英語の記事を検索しても、この会社の情報はあまりヒットしないから、

ちょっと信頼性が気になって来る。大切な情報を預けるんだから、それなり

の企業でないと、逆に危険が増すだけだ。さらに、お国柄とか職業柄もある

だろうけど、HPの作りや説明が分かりにくい。要点を、図・大文字・色文字・

飾り文字で強調するとか、番号付けして箇条書きにするとか、工夫すれば

いいのに、フツーに文章を書き連ねてるのだ。この辺りでも、会社の総合

的な能力に疑問が湧いてくる。当然、各種やり取りの際に関係するだろう。

    

         ☆          ☆          ☆

という訳で、いくら安くてもここはパス。次に朝日に書いてあるのは、自分の

PC内の情報を削除してくれるソフト僕が死んだら・・・」。シーリスという会

社が無料公開してるもので、4万件以上のダウンロードがあったらしい。

        

私が死んだ後、遺族がPCを起動すると、大切なメッセージがあるとかいう

表示が出る。朝日はアイコンと書いてるけど、少なくとも旧ヴァージョンでは

ウインドウのような気がする(ソフトの有名サイト「窓の杜」の紹介)。その表

示で、遺族がメッセージを読もうとしてクリックすると、あらかじめ登録して

あったデータの削除作業が開始することになる。イタズラ感覚とはいえ、な

るほどと思わせるアイデアだ。

                     

ここは信頼できそうだし、無料って所もいいんだけど、単なる誤作動で削除

されてしまうのが心配だ。1年3ヶ月前、Vistaマシンにしてからは、大きな

トラブルは無いし、その前のXPや98も少なかったけど、Windows95とMe

は多かった。他にも、このソフトを誤作動させるウイルスなんてものを開発

してバラまく人間が出て来そうな気もする。

     

色々考えると、死後に伝えたい情報は個人的に遺書の類に書いて、見ら

れたくない情報は徹底的に隠しとく。この辺りが無難かな、と思う。ちなみ

に、契約者の死後の情報をどう扱うかは、企業によって分かれてるらしい。

Yahoo!は米国も日本も、ログイン情報は教えないのが原則(ただし裁判

で一度敗訴)。ミクシィやツイッターは教えるとのこと。ま、常識的に考えて、

教える方が普通じゃないのかね。銀行の暗証番号はどうなるんだろう。。

        

このブログに関しては、今の所、私が死んだ後も半永久的に残したい気が

してる。コメント欄とトラックバックだけ閉じて、閲覧のみ。すると、多くの閲

覧者にとっては、私が死んだことさえ分からないだろうから、ネット上で永

遠の命を手に入れた形にもなる。「自然葬」ならぬ、「デジタル生存」。ま、そ

うは言っても、更新が途絶えると検索サイトのランク付けが下がるし、固定

読者も来なくなるから、アクセスが激減するだろうけどね。それは淋しいか

ら、むしろブログ全体を削除した方が潔いかなぁとか、思ったりもするのだ。

        

ま、別に今すぐ死にたくもないから、事故と急病に気を付けようってことだ

ろう。あと、見られたくないファイルは厳重に管理して。。♪

                   

       

         ☆          ☆          ☆

おっと、またコネタで時間を取られてしまった。今日もまた、厳し過ぎる残

だけど、12kmだけ軽く走って来た。昨日のひどい走りで、ふくらはぎを

痛めたから、ストライド(歩幅)を意識的に縮めて、負担の軽い走りを意識。

遅いけど、走らないよりはマシだろう。ま、公園に大勢いたランナーやウォー

カーも、あまりの蒸し暑さに元気が無かったけどネ。これがまだしばらく続くっ

ていうんだから、完全に異常気象だな。昨日も気温36度まで上がってた。。 

         

トータルでは1km4分56秒ペース。うん、5分10秒くらいでもいいと思って

たから、上出来だ・・・っていうのは甘過ぎるか♪ ま、身体のダメージがあ

んまし無かったのは確か。そういえば、石原慎太郎・都知事が、東京マラソ

ンの定員の増加を検討するとかいうニュースがあったね。ま、1.2倍になっ

た所で、抽選倍率は7倍以上だから、焼け石に水ではあるんだけど、ちょっ

と期待がもてる話のような気もする。とにかく、走らなきゃ! ではまた ☆彡     

      

 往路(2.45km)   12分52秒  平均心拍131        

 1周(2.14km)   10分52秒        146 

 2周            10分42秒       153    

 3周           10分27秒       158

 4周(0.68km)     3分22秒       162                

 復路           10分59秒        162  

計 12km 59分15秒 心拍151(82%) 最大170(ゴール時)

| | コメント (0)

多剤耐性細菌は怖い・・秋バテの身体は重い・・

RUN 14km,1時間07分16秒,心拍159

多剤耐性細菌、アシネトバクター。。う~ん、去年の新型インフルより怖そう

なイメージだけど、土壌や河川でありふれた細菌で、健康な人は感染しても

発病しないのか。そうは言っても、誰だって体調崩すことくらいあるし、遺伝

子変異で健康な人も発病させるようになるかも知れないよな。

         

ちなみに「多剤耐性」とは、」くの抗生「」に「耐性を持つって意味だと

考えればいい。薬に負けないしぶとい奴ってこと。英語では「multiple drug

resistance」。直訳すると、多数の薬剤への抵抗。細菌は「Acinetobacter」。

英語版ウィキペディアによると、自分では動かない(acineto)棒(bacter)

いうのが語源らしい。棒状の棹菌(かんきん)って、見た目が不気味だ。

        

90年代から欧米やアジアで問題になってた多剤耐性菌、3日明らかになっ

た話だと、46人院内感染で、27人死亡。その内、感染との因果関係を否

定できない死者が9人。感染者全員が重い病気の人とはいえ、結構インパ

クトのある数字だね。って言うか、報告が大幅に遅れたって点が大問題。

    

08年秋~09年1月には、福岡大病院で26人感染して4人死亡してるの

か。私の身内や知り合いにも、もちろん病人がいるし、今後の報道に注目

しとこう。それにしても、帝京大学医学部付属病院か。色々言われてる所

だけど、とにかく院長には、カメラの前で頭を下げるより、原因究明と対策

に全力を尽くして欲しいもんだ。同じく多剤耐性の緑膿菌でも、3人感染、

1人死亡してるらしい。。

      

         ☆          ☆          ☆

以上、朝ランの疲れでボーッとしながら、今朝の朝日新聞・朝刊トップ記

事について簡単に触れてみた。病気が怖いってこともあるけど、個人的

医学や医療には特別な関心があるのだ。例のホメオパシーについて

は、いずれ記事をまとめたいと思ってる。

      

で、その朝ラン。いやぁ~、我ながら悲惨な走りだね (^^ゞ 6月の肉離れ

は別扱いとすると、ここ半年で最低のレベルだろう。実質、丸3日前(日付

けは4日前)の12km走から72時間近くも経ってるのに、太腿もふくらは

ぎも最初から筋肉痛。心肺的にも論外で、たかが1km4分37秒ペースま

で上げただけで、心拍は173まで上昇。先日の乗鞍ヒルクライムより高い。

測定エラーとは思えないから、身体がおかしいのだ。

              

確かにランニングからはちょっと遠ざかってたけど、自転車にはガンガン

乗ってたし、こんなに衰えるはずないけどな。夏バテか秋バテか、あるい

はレース後の燃え尽き症候群もどきか♪ やる気はあるんだけどね。あっ、

ブログ疲れか。今週は手間ヒマかかる記事を4本もアップしたもんなぁ。。

        

トータルでは、1km4分48秒ペース。あんなにキツくて、この程度のスピー

ドしか出てないのか。おまけに、ふくらはぎ痛が悪化して、明日は走れそう

にない。ジョギングでつなぐか、自転車で衝撃を避けるか。やっぱ、ランニ

ングは身体への衝撃が強いスポーツだね。ともかく、ちょっとずつランニン

グ・シーズンに移行して行かなきゃ。

     

それにしても、とても9月とは思えない暑さが続いてる。昨日の昼間は35

度、今朝の最低気温も28度! もう秋の涼しさには期待できないから、

冬の寒さに期待するしかない・・・って、そりゃまだ先か。ではまた。。☆彡

        

 往路(2.45km)    12分39秒  平均心拍141    

  1周(2.14km)   10分30秒        153        

  2周            10分31秒        157  

  3周           10分10秒        164

  4周             9分52秒        167

  5周(0.54km)      2分29秒         165

  復路             11分06秒        167

計 14km  1時間07分16秒  心拍159(86%) 最大173(周回ラスト)

| | コメント (0)

「15パズル」の攻略法~8パズル、3パズルへの還元

ある程度の予想はついてたけど、どうも世の中にはパズル好きが大勢

らっしゃるようだ。理屈や脳トレの好きな人が、お遊び気分で楽しめるゲー

ってことで、私も好きな方だろう。ただ、ゲームをやり出すと、時間とエネ

ルギーを浪費する感じがあるから、大人になってからはなるべくやらないよ

うにしてた。どうせなら、もっと学問的に高度なことで遊ぶ方が、やりがいも

あるし頭も鍛えられる。自分にとっての世界も広がっていくわけだ。

     

とはいえ、毎日更新するブロガーとして考えると、気楽に書ける理屈系のネ

タとして、なかなか捨てがたい魅力があるのは確か♪ 実際、数独関連の

記事(計4本)へのアクセスはわりと多いし、地雷ゲーム・マインスイーパの

記事にも地味なアクセスが続いてる。

                   

今日これから扱うのは、数独でも地雷でもなく、15パズル(fifteen puzzle)

と呼ばれるものと、その仲間の8パズルだ。1年ちょっと前にPCが故障し

て、Vistaマシンを購入すると、ガジェット(おまけソフト)として「ピクチャパ

ズル」と呼ばれるものが入ってた。15枚の正方形に分割された絵を並べ

替えるのだから、1~15の数字を並べ変えるパズルと本質的に同じこと。

実際、ピクチャパズルの設定を変えると、外観が15パズルに変化する。

4×4=16のマス目のうち、一つだけ空白で、そこを利用して1~15の数

字をスライドさせていくものだ。やったことがある人が少なくないだろう。

          

で、そのピクチャパズルとか15パズルについて記事を書いた所、しばらく

前、「8パズル」への検索アクセスが時々入ってたのだ。最近は入ってない

けど、15パズルを理論的に考えると、かなりの部分、より簡単な8パズル

の話になるのは分かる。3×3=9のマス目で、1~8の数字をスライドさ

せる8パズルへと、15パズルを「還元」することがかなり可能なのだ。しか

も、単なる学問的研究ではなくて、15パズルの具体的解き方とも関係ある。

      

そこで今日は、15パズルと8パズルについて考えてみよう。もちろん、半

ば理数系の私としては当然、「3パズル」まで考慮する。2×2=4のマス

目で、1~3の数字をスライドするもので、英語版のウィキペディアでさえ

扱ってないし、検索してもハズレばかりだけど、一般的に考えればそこま

で行き着くのは当たり前だろう。同種のものの中で最小なんだから。。

       

なお、パズルは厚紙で作ってもいいし、ネットで検索してもすぐ出て来る。

無難なサイトでは、神奈川県酒匂小学校のHPに、8パズル15パズル

あるし、マンガの絵を使った15パズルもすぐヒットする(完成図の予想に

やや苦労)。手書きで問題を「解く」のはいいけど、問題を「作る」場合は、

「解けない問題」が多数あるのでご注意あれ(下で例示)。Vistaの方は、

Windowsサイドバーを表示してガジェットで遊ぶのが便利で楽しいと思う。

      

          

        ☆          ☆          ☆

では、まず最も簡単な「3パズル」からスタートしよう。簡単過ぎて、ネット

では相手にされてないようだけど、8パズルや15パズルを射程に入れて

考えるなら、十分意味はある。

     

100903a

 左図が、2×2=4のマス

 目を使った、3パズルだ。

 流石に出来ない人はいな

 いだろうが、この記事に

おける説明の書き方を示すためにも、一応解答を掲載しよう。

     

100903b

 赤い矢印に沿って

 数字をスライドし、

 ①から⑥の順に進

 めて行けば、簡単

 に完成する。結局、

 3つの数字を右に

 回転させた形になっ

てるので、後の議論でも「回転」という言葉を使う。以前のピクチャパズル

の記事と同様だ。

     

この3パズルの段階で、既に「解けない問題」が色々と存在する。例えば

100903c

 左のように、完成形の1と2を入れ替え

 た問題は解けないし、これを回転させ

 たりスライドさせた問題も当然解けない。

 似た話は8パズルや15パズルにもあっ

て、要するに、完成形で左右に隣り合った2つの数字を入れ替えただけの

問題は解けないのだ(不可能な配置)。

        

この入れ替えは、大学レベルの「線形代数」(行列に関わる理論)で「互換

と呼ばれてる。解けないことの数学的証明には、この線形代数の理解が必

で、今回はとりあえずパスしとこう。。

  

  

P.S. 3年半後、証明記事をアップした。

   置換・互換と14-15パスルの不可能性~3パズル、8パズルからの証明

      

             

         ☆          ☆          ☆

続いて、8パズルについて。これは、上側と左側の列(合わせて5マス)を先

に揃えてしまえば、残りは3パズルになる。具体例を見てみよう。

     

100903d

 完成形では、上側に

 1,2,3、左側に

 1,4,7と並んでる

 から、先にこれら5

 つ(1は重複)を定

位置に移動させればいい。解答例は次の通りだ(やり方は多数存在)。

の都度、動かしたい数字を含む適当な長方形(or正方形)のグループに

注目して、左右に回転させればいい。

      

100903e

    

上側に1,2,3と並んだ状態を目指すと、たまたま左側も1,4,7と並ん

でくれる。もちろん、こんなラッキーがなくても大丈夫だ。最後は、残った

右下の3パズル(2×2=4マス、数字は5,6,8)を揃えて、完成となる。

      

一方、3パズルの時と同様に、次のような8パズルは解けない問題だ。赤

100903f

 線部分の入れ替え(互換)はど

 うしようもない。私ももちろん、

 最初はそんな問題があること

 に気付かなかったから、電車

 内で適当にノートに問題を書い

  て、「解けない・・あとちょっとな

のに・・」とか考え込んだわけだ♪ ま、わりと早めに気付いたけど。。

       

             

         ☆          ☆          ☆

いよいよ最後は、一番標準的な15パズル(4×4=16マス)について。

これは、上側と左側の列(合わせて7マス)を先に揃えてしまえば、残りは

8パズルになる。そして更に、3パズルまで持って行けるのだ。具体例を

見てみよう。

         

100903g

    

この問題は、実際にVistaのガジェットで最初に出たもので、都合のいい

ものを選択した訳じゃない。ネットの問題も含めて、他に5問ほど実験。全

て簡単に成功している。より良い解法にこだわるのでなければ、「数独」と

違って、ほとんど悩むことのない機械的作業だ。

           

100903h_2

 ちなみに、この15パズルでも、

 のような問題は解けない(赤線部

 に注目)。これが解けないことの理

 由や証明については、いずれ後続

 記事で扱いたいと思ってる。

 (☆追記: 上述の通り、既に証明。)

          

一応、ウィキペディアの外部リンクで、数学的説明のページに飛べるように

なってるけど、かなり省略されたものだし、パズルと線形代数の両方をよく

理解してないと、何となく頷くだけに終わってしまうだろう。これは、学問の世

界(特に数学・論理学)では危険なことだ。ウチではもっと細かく具体的に説

明してみたい。

             

以上、15パズルを8パズルへ、さらに3パズルへと還元して解く方法につ

いて簡単に説明した。この3種を関連付けて、具体的に解いた点がこの

記事のポイントだ。

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

  

      

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.15パズルの解けない問題で、11と12の代わりに、14と15を

    入れ替えたものは、「14-15パズル」と呼ばれて、100年ほど

    前にサム・ロイド(Sam Loyd)が1000ドルの賞金をかけたらし

    い。当時としてはかなり高額なんだろう。ま、絶対に解けないこと

    は既に分かってたらしいけど。。♪ (英語版ウィキを参照)

        

           

cf.Vistaのお遊びソフト、「15パズル」を攻略

  Windowsの地雷ゲーム、「マインスイーパ」の簡単な攻略法

  ニコリの数字パズル、「数独」に初挑戦(難易度4、朝日新聞)

  天才オイラーも苦戦したラテン方陣~ニコリ「数独」の源流

  スイス職人の遊び心~オイラー生誕300年腕時計の「数独」文字盤

  最高難易度5もクリア☆人気パズル「数独」早くも卒業(朝日新聞・be)

  算数まじりの四角いジグソーパズル、「スクエアカット」(朝日新聞・be)

| | コメント (4)

10年8月の全走行距離&『ホタルノヒカリ2』第9話

9月に入ってもこの暑さが続くとは。。流石は気象庁も認める「30年に1度」

の異常気象だね。蒸し暑さが超苦手な私としては、あっと言う間に(表面上)

片付いた「100年に1度」の経済危機なんかより、よっぽどインパクトがあ

る。って言うか、来年の夏の記録更新が怖いんだけど。今度は「31年に1

度」の異常気象とか。。♪

       

追記: 日本全体の6~8月の平均気温は、統計開始の1898以降で

     最高との報道。113年に1度の猛暑。都心など、全国の多くの

     地点別でも最高らしい。気象庁、1日発表。)

         

とにかく暑いし疲れてるから、昨日はお休みで、今日も多分お休み。ま、8月

はきちんとノルマをこなして頑張ったから、良しとしよう。総決算の乗鞍ヒル

クライムだって、自転車のトラブルさえなければマトモなタイムになってたと

思ってる。夏の猛暑の間に足腰が鍛えられたことは、見た目でも明らか。ま、

その点は、これから再開するランニング・シーズンで徐々に実証しなきゃな

んないね。とりあえず、火曜の12日ぶりのランはヨロヨロで論外だった (^^ゞ

     

で、今日はその8月の頑張りをまとめるだけ。全走行距離

     RUN 93km ; BIKE 1005km

         

100902a

      

100902b

        

05年8月、去年8月に続いて、自転車の月間走行距離が1000kmに到

達☆ いや、自転車だけマジメに乗ってる人間にとってはフツーの距離だろ

うけど、私はランニングもあるし、ここ2年は自転車ゼロの月の方が多い

(上のグラフに青系の棒が少ない)。その状況で猛暑の1000kmを達成し

た点に意義があるのだ・・・と言っとこう。半ば自己満足の、ポジティブ・シン

キングで♪

                

って言うか、ブログの毎日更新とかマニアックな記事さえなきゃ、2000km

だって可能だと思うけどね。もし更新が途絶えたら、ホントにチャレンジして

みようかな。ちなみに私の最高は、真夏の単独サイクリング4日間840

km。200+200+200+240って感じだった。

         

テント無し、寝袋だけの野宿オンリーで、ツーリングというより、サイクリング

のノリ。つまり、自転車旅行。暑さや疲れはもちろん、寝る場所を探すのに

苦労した事とか、腹が減った事とか、いまだによく覚えてる。当時の写真を

見ると、今より遥かに太腿が盛り上がってて、美味しそうだ♪ アブナイわ!

いや、無性に肉が食べたいもんで。

            

話を戻すと、先月の心残りは、ランニングが惜しくも100kmに届かなかっ

こと。あと7kmで、当初の目標(RUN 100km,BIKE 1000km)を達

成できたのになぁ。ま、30年に1度の猛暑だから、オマケしとこう♪ 今月

の目標は、RUN 250km、BIKE 100kmくらいかな。残暑が厳し過ぎる

から、自信はない。とりあえず、2年連続で秋冬(9月~2月)の自転車が

ゼロだから、早めに悪癖を解消したい所。

     

そろそろ、大型台風が太平洋高気圧を吹き飛ばしてくれると嬉しいんだけ

どな。夕立ちさえ、全く無いもんね。。ひとまず、この辺で。。

          

       

         ☆          ☆          ☆

一方の、綾瀬はるか&藤木直人『ホタルノヒカリ2』第九夜。放送時のサブ

タイトルは「チューは突然やってくる!」だけど、「ぶちょおは遂に縁側にな

る!」って感じの方が強かった。「俺は一生、君の縁側になる」。遅すぎる

キスよりもインパクトのある、最終回みたいな決定的台詞を出して、さらに

あと2話(&映画)まで引っ張るわけね。

        

ホタルノヒカリの「縁側」については、『ホタル1』の時からウチは非常にこ

だわって来た。例えばさっき、高野(藤木)に対する瀬乃(向井理)の言葉

の中で、「建築より空間」とかいうものがあったよなぁと思って、「ホタルノヒ

カリ 建築 空間」のGoogle検索を行うと、3位にウチの『ホタル1』第6話

記事、「閉じられた空間での静寂なる接近」がヒット。読んでみると、我なが

ら凄い分析を書いてるね・・・って、自画自賛かよ! マジメな話、3年前は

レビューに気合が入ってる。今はお休みモードだけど。。

          

で、そのレビューでは、縁側というものを、建築というより空間としてとらえ

て、「干物空間」と呼んでる。つまり縁側とは、物ではなく場所。より正確に

いうと、単独の「物」ではなく、様々な「もの」が配置された場所なのだ。

       

では、そこに配置された「もの」とは何なのか。障子、緑、ししおどし、オタカ

さんサンダル、蛍。。これらは全て、「物」であって、蛍も生き「物」だ。けれ

ども、日本の美を繊細に論じた文学的批評、谷崎潤一郎『陰翳礼讃』を読

むと、もう少し視野が広がって来る。ま、正直に言うと、書評を先延ばしに

したまま、目の前に文庫本を置きっぱなしにしてたって話だけど♪

       

「陰翳礼讃」(いんえいらいさん)とは、陰(かげ)の翳り(かげり)に対する礼

賛のこと。別に難しい話じゃない。「薄暗さ、万歳!」ってことだ。中学の頃

だったか、私が生まれて初めて、美しさに感心した文章なんだけど、その

最初の辺りでは、意外にもいきなり厠(かわや=和風トイレ)が論じられる。

薄暗い日本のトイレは素晴らしい、と賞賛するわけで、この説明が、縁側

にも通じると私は言いたいのだ。    

        

やや長いけど、文豪・谷崎の代表作の一つを下に引用してみよう。1933

年、今から77年前の作品なのに、まったく古さを感じない。

     

   ・・・日本の厠は実に精神が安まるように出来ている。・・・その

   うすぐらい光線の中にうずくまって、ほんのり明るい障子の反射

   を受けながら瞑想に耽り、または窓外の庭のけしきを眺める気

   持ちは、何とも云えない。・・・閑寂な壁と、清楚な木目に囲まれ

   て、眼に青空や青葉の色を見ることの出来る日本の厠・・・。あ

   る程度の薄暗さと、徹底的に清潔であることと、蚊の呻り(うなり)

   さえ耳につくような静かさとが、必須の条件なのである。私はそ

   う云う厠にあって、しとしとと降る雨の音を聴くのを楽しむ・・・まこ

   とに厠は虫の音によく、鳥の声によく、月夜にもまたふさわしく、

   四季おりおりの物のあわれを味わうのに最も適した場所・・・。 

                        (中公文庫,p.10-11)

       

これで半ページほどの引用で、全体は46ページだから、こうゆう文章が

100倍の長さで展開されることになる。少なくともこの引用では、難しい理

屈や斬新な見方が示されてる訳ではない。ただ、日本家屋のトイレについ

て、こんな文章が書けるのは、やっぱり稀有の存在だろう。読めるけど、

書けない。ちなみに、そうした文学の最たるものが芥川の短編だし、音楽

なら、谷崎との関連は知らないけど、ユーミン=荒井由実『翳りゆく部屋』

の歌詞も美しい。「別れ」や「死」という翳りを詩(うた)にした古典的名曲だ。

        

話を戻すと、厠に対する谷崎の考察を参考にすれば、空間としての縁側

を織りなす様々な「もの」が見えて来る。薄暗さ、静けさ、閑寂な壁、清楚

な木目、雨の音、虫の音、青葉の色、月夜の光、蛍の光、等々。そして

何より、これら全てがもたらす、安らぎ。。

          

        ☆          ☆          ☆

それでは、こうした縁側の条件と、高野=藤木を比べてみよう。すると確

かに、高野には薄暗さ、静けさ、清楚さが備わってるし、声の質、立ち振

る舞い、社会的立場、落ち着いた思考からも、安らぎがもたらされるよう

な気がする。そうしたものが織りなす空間は、「蛍の光」に適してると言え

るかも知れない。

                 

ただ、3年前から書いてるように、高野はもちろん「人間」であって、単なる

縁側ではない。人間は例えば、107万円で買った指輪を失くされると惜し

くなって、探せ!とか命令してくるわけだ♪ あるいは、別の縁側候補(瀬

乃)を見ると、心がざわめいてしまうし、台湾の子会社(?)への異動を命

じられたりもする。小夏(木村多江)の着付けを手伝ってると、内なる野獣

が目覚めることもある。本物の縁側と比べると、当然落ち着きが足りない

       

さらに、私が以前、干物「時空間」という言葉も使ったように、蛍(綾瀬)に

とっての縁側とは、「ずっと昔、遠い夏の記憶」にある過去の存在という側

面が強い。その意味で、現在を生きるぶちょおとは時間的隔たりもあるし、

未来のぶちょおのあり方もまた別問題だ。

        

したがって、「俺は一生、キミの縁側になる」というような決め台詞で感激

するのは、現在のひと時のこと。人間が縁側になるのは大変だし、ずっと

そのままでいるのは至難の業なのだ。まあ、だからこそ、映画とかSPとか、

更なる続編でのドタバタを期待できるとも言えるだろう。。

            

         ☆          ☆          ☆

更に、違う視点から縁側というものを見直してみよう。「文化」と「自然」とい

う根本的な対概念(or 二項対立)を考えた時、縁側というのは、その間に

位置する微妙な存在だ。つまり、人間が作った文化であると共に、人間を

離れた自然とも触れ合ってるから、「文化=自然」と書いてもいい。

          

それに対して今回、瀬乃と蛍が共有した場所は、渓流と車。つまり、単独

の「自然」と、単独の「文化」であって、本質的に縁側とは異なってる。「ト

リャー」とかいう戦闘ごっこ(or 怪獣ごっこ)も、悪しき意味での「文化」で

あって、蛍が本当に落ち着ける縁側、両義的な「文化=自然」とは程遠い。

     

最後に、『ホタルノヒカリ2』というドラマ全体を見た時、どうも「陰翳」が足り

ない気がする。谷崎が不満を述べた、やたら明るい洋風建築みたいで、自

然な薄暗さを持つ日本建築の味わい、あるいは『ホタル1』からは距離が

ある。まあ、『ホタル2』の方が視聴率が高いというのは、和から洋に向か

う日本の100年以上の歴史を考えると、不思議はないのかも知れない。

その動き、世の中の変化自体が、シニカルな意味で「自然な薄暗さ」とも言

えるだろう。

                      

ま、個人的にはそんな事より、公式HPのファッション・チェックに今週だけ

臼田あさ美の写真が無いことが不満だったりするわけだ♪ そこかよ!

それでは。。☆彡

      

        

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.18km走まで回復&『ホタルノヒカリ2』第1話

  サッカーのみが「運動する知性」(蓮實重彦)&『ホタルノヒカリ2』第2話

  猛暑で公園ランナーも減少&『ホタルノヒカリ2』第3話

  寝坊&パズル後の小雨ラン&『ホタルノヒカリ2』第4話

  真夏の朝から熱いバトルラン&『ホタルノヒカリ2』第5話

  藤木直人主演・助演ドラマ、視聴率の推移&『ホタルノヒカリ2』第6話

  積極的休養ラン&『ホタルノヒカリ2』第7話

  『ホタルノヒカリ2』第8話、軽~い感想♪

  台風と共にようやく秋&『ホタルノヒカリ2』第10話

  謎の左ふくらはぎ痛&『ホタルノヒカリ2』最終回  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

☆ブログ公開5周年☆

100901a2_2

           

RUN 12km,58分55秒,心拍153

さて、今日は疲れ切った身体でヨロヨロ行ったランニングよりも、遥かに重

要なことを優先させよう(末尾にデータだけ記載)。遂に昨日で、ウチは

ログ公開5周年を迎えた。これは素直に嬉しい♪ ちなみに、公開という

言葉を付け加えてるのは、あらかじめ非公開で1ヶ月ちょっと練習したから

だ。今から考えると、ちょっとカワイイ気もするね。

           

2005年8月31日の一般公開以降、1日も休まず毎日更新記事総数

も約2000本に達してるけど、それより文字数が凄いだろう。まだカウント

してないけど、140字制限のTwitterが流行る中、ウチでは5000字前後

の記事はザラにあるし、コメント欄のレスを含めると1万5000字前後の記

事もある(この記事は2600字程度)。

        

スポーツ記事だけ読んでる方には意外かも知れないけど、ドラマ記事や学

問系記事にずっと目を通してる方なら、字数の多さはよくご存知のはずだ。

特に昔のドラマ記事だと、コメント欄のレスだけで長大なものも多かった。

木村拓哉『月の恋人』の軽いレビューを、英語サイトで「sugoi and quite

long」(スゴイし超~長い)と褒めて頂いたのも記憶に新しい所だ♪

      

身内の人間でさえ、スクロールが大変とか読むのがしんどいとか言う中、

私はずっと書き続けて来た。書くのは、読むより50~100倍大変な作業

だ。図や写真もかなり挿入してある。我ながら、よく続けて来たもんだと思

う。日本人の好む謙遜なら、「大した事ないですよ」と言う所だろうけど、私

はむしろ、真実の方を好むし、真実を語る人間を好む。どう考えても、大し

た事ないなんてことはない。5年間、途方も無く大変な道のりだったという

のが、本当の事だ。。

                   

          ☆          ☆          ☆ 

あらためて、5年間の歩みを簡単に振り返ると、まずはランニング&自転

車(RUN&BIKE)のブログとしてスタートして、まもなくドラマ系の記事と読

者が増加。総合的内容では、福山雅治『ガリレオ』の30数本のマニアック・

レビュー、アクセス数(短期的)では、上野樹里&長澤まさみ&錦戸亮『ラス

ト・フレンズ』のバブル的人気で頂点に達した。

         

けれどもこの間、ドラマに時間を取られて走力は衰えたし、もっと違う本格

的記事を書きたい思いも強まって来る。そして去年3月、不人気のドラマ・

亀梨和也『神の雫』のレビューでアジアに広がる成功を収めた後、ドラマ長

期お休みモード宣言。それ以降は、ドラマはトーンダウンして、走力を回復

すると共に、学問系記事を増やした。とはいえ、ドラマと縁を切ることも出

来ず、平均して週1.5本ほどは軽めのレビュー(or 感想)を書き続けてる。

     

アクセス数的には、5年間を長期的に見て、緩やかな右上がりが続いてる。

優遇してくれてるGoogleを中心に、検索アクセスはかなり増えてるし、ブッ

クマークとかお気に入り、あるいはrssリーダー等に登録してる方の数も増

えてる。ただし1日当たりの固定読者数はここ2年ほど増えてない。要する

に、頻度が低くなってるのだ。1週間に1日とか、お気に入りのドラマやタレ

ントが扱われてる期間だけ、あるいは、たまたま思い出した時だけとか。。

                   

         ☆          ☆          ☆

私にとって、やや誤算だったのは、予想より遥かに、読者の興味の範囲が

限られてることだ。個々のドラマやタレント、あるいはランニング、自転車、

数学、物理、精神医学、文学、経済など。どれか1つ(あるいは2つ程度)

だけを読む人が大半だから、当然、毎日来る人は少ない。ウチは毎日更

新だけど、個々の読者の側から見ると、週1回~月1回程度の更新頻度

に見えるわけだろう。

          

ブログを始めた頃、「何か1つに絞った方がいい」というアドバイスを読ん

だ覚えがあって、これは確かに一理あると思う。固定読者を得る観点から

は、その通りだ。でも私は、1つに絞る気が全く無い♪ 昔から、テンメイ

とは色々やる人間であって、ここはテンメイのブログなのだ。ドラマやタレン

トのブログでも、スポーツのブログでも、学問のブログでもない。ちなみに

     

 実物のテンメイは、左の人物だ♪(4年前の写真)

       

 もちろん、単に妙な意地を張ってる訳ではなくて、

 多少の裏付けもある。ウチのページ別アクセス数

 の1位は常にトップページ、つまり、『テンメイのRUN

&BIKE』の直近1週間の記事だし、検索フレーズの1位も年間レベルで

は「テンメイ」だ。「テンメイ ドラマ」とか、タレントやドラマの名前より、単

なる「テンメイ」の方が多い。

        

そのテンメイが、今一番書きたいと思ってるのは、スポーツでもドラマでも

なく、学問系の記事だ。私は子供の頃から、難しい理屈が大好き☆ 理系・

文系を問わず、それなりのレベルで一通り対応できる自信があるし、既に

かなりの事を書いて、全体的には予想以上のアクセスや評価、リンク付き

紹介も頂いてる。

                   

この1年だと、おそらく一番ウケたのは「1+1=2」の説明だろう。どの程

度理解されたかはともかく、広範囲で興味をもたれたのは間違いない。教

育系の大学からのアクセスも一時期大量に入ってた。もちろん、単なる何

かの請け売りではなく、独自の考察が入ってるし、具体的な問題の解答も

自分で作ってる。専門家さえあまり目を通してない原典まで正確にチェック

した上で書いてる記事で、しかもそのシリーズはいまだに継続中。19世紀

の数学書から一転して、現在の小学校の教科書まで分析し始めてる所だ。

         

今、テンメイが目指してるのは、このレベルの記事を着実に積み上げる

とだ。時代とか目先の流行を超えて、半永久的に価値を持ち続ける記事を

き残したい。やがて消えゆく、有限の存在である人間として、根本的な欲

望であると同時に、「よく生きる」ための営みでもある。

         

おっと、つい難しめの文章になっちゃってるけど、いまや、去年と同じ沖縄・

オクマの写真を冒頭に載せてる理由は明らかだろう。やっぱり携帯の写メ

でスキャンするより(去年)、デジカメWX-1でスキャンする方がキレイだね。

初心者の私がたった1人、心身の全体を使って、光り輝く広大な海へと、

難な挑戦を続ける姿。これが、ブログの今の姿と重なるわけだ。。

               

          ☆          ☆          ☆

という訳で、私は私なりに独自の道をこれからも進むのだ。去る者追わず、

来る者拒まず。沈んでしまうまでは大海原のどこかを漂い続けてるので、

たどこかでお会いできれば幸いだ(2行、去年のコピー&ペースト♪)。リス

クを取り、努力して夢を追う、冒険とか航海というものは、男の本質だろう。

            

正直、1年後に続けてる自信は全くない。ただ、来年の春までは何とかこ

のまま、毎日更新を続けたいと思ってる。あとは、更新頻度や内容レベル

を下げるか、いきなり長期休止 or 削除になるか。過去5年と比べても、か

なり大変そうな見通しだ。もちろん、10周年を狙いたい気持ちもあるけど、

あと5年先なんて、自分が生きてる自信もない♪ まあ別に、続けたくない

訳でも、生きたくない訳でもないから、人事を尽くし、天命を待つのみだ。

     

それでは「航海」1年を経た今年も、去年と同じ言葉で締めくくろう。

     

   お互いに、Gook Luck !☆彡

      

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.☆ブログ公開1周年☆  (2006年8月31日)

  ☆ブログ公開2周年☆  (2007年8月31日)

  ☆ブログ公開3周年☆  (2008年9月2日)

  ☆ブログ公開4周年☆  (2009年8月31日)

  ☆ブログ公開6周年☆  (2011年9月1日)

    

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  公開以来、1000日連続更新♪  (2008年5月28日)

  ブログ公開以来、2000日連続更新☆  (2011年2月21日) 

      

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 往路(2.45km)   13分08秒  平均心拍133        

 1周(2.14km)   10分50秒        149 

 2周            10分32秒       157    

 3周           10分26秒       162

 4周(0.68km)     3分19秒       165                

 復路           10分41秒        164  

計 12km 58分55秒 心拍154(84%) 最大174(ゴール前)

             

                                  (計 3273文字)

| | コメント (6)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »