« 多剤耐性細菌は怖い・・秋バテの身体は重い・・ | トップページ | 塩なめ&ニンニク補給で酷暑ラン継続・・ »

「僕が死んだら」ブログはどうなるか~デジタル遺産の継承と削除

RUN 12km,59分15秒,心拍151

「僕が死んだら・・・」というのは無料ソフトの名前だ。誤解されそうだから、

最初に書いとこう。自分が突然、事故や急病で死んだり、植物状態の人間

になったりしたら、「アレ」はどうなるのか。アレが何かはともかく、心配になっ

た経験がある人は少なくないと思う。

    

9月3日の朝日新聞・夕刊1面には、「デジタル遺産どうなる」「急死したら、

メールは、ブログは」「米、相続サービス拡大」という見出しの記事が掲載

された。執筆者は科学系でおなじみワシントンの勝田敏彦と、松尾一郎。

           

イラスト付きで最初に紹介されてる資産管理会社「Legacy Locker」(=遺

産ロッカー)では、何らかの形で死亡の情報をつかむと、あらかじめ登録

されてる「証明者」に問い合わせて死亡を確認し、「相続者」に重要なデジ

タル情報(ID、パスワード、コンテンツなど)を伝えてくれるそうだ。私は早

速、いつものように検索してみた。

            

この種の情報が出るといつも、ネットにコピー&ペーストした文章が広が

り、簡単な感想が書かれるけど、情報そのものを自分で調べた記事とい

うのはかなり少ない。実際に自分で調べると、新聞に書かれてないことが

色々分かるし、短所も含めて多角的に理解できるのだ。

         

まず、その会社の料金システムは、お試しプラン無料年間契約なら

29.99ドル(約2500円)、無期限なら299.99ドル(約25000円)。

なかなかリーズナブル(お手頃)な値段だ。また、朝日が注目した「if i die

(=もし私が死んだら)というサービスは、生存確認のメールに1ヶ月返信

がないと自動的に死亡扱いにするものらしいけど、公式HPで探してもほ

とんど強調されてない。記者が名前のインパクトに釣られただけかも。。

     

あと、英語の記事を検索しても、この会社の情報はあまりヒットしないから、

ちょっと信頼性が気になって来る。大切な情報を預けるんだから、それなり

の企業でないと、逆に危険が増すだけだ。さらに、お国柄とか職業柄もある

だろうけど、HPの作りや説明が分かりにくい。要点を、図・大文字・色文字・

飾り文字で強調するとか、番号付けして箇条書きにするとか、工夫すれば

いいのに、フツーに文章を書き連ねてるのだ。この辺りでも、会社の総合

的な能力に疑問が湧いてくる。当然、各種やり取りの際に関係するだろう。

    

         ☆          ☆          ☆

という訳で、いくら安くてもここはパス。次に朝日に書いてあるのは、自分の

PC内の情報を削除してくれるソフト僕が死んだら・・・」。シーリスという会

社が無料公開してるもので、4万件以上のダウンロードがあったらしい。

        

私が死んだ後、遺族がPCを起動すると、大切なメッセージがあるとかいう

表示が出る。朝日はアイコンと書いてるけど、少なくとも旧ヴァージョンでは

ウインドウのような気がする(ソフトの有名サイト「窓の杜」の紹介)。その表

示で、遺族がメッセージを読もうとしてクリックすると、あらかじめ登録して

あったデータの削除作業が開始することになる。イタズラ感覚とはいえ、な

るほどと思わせるアイデアだ。

                     

ここは信頼できそうだし、無料って所もいいんだけど、単なる誤作動で削除

されてしまうのが心配だ。1年3ヶ月前、Vistaマシンにしてからは、大きな

トラブルは無いし、その前のXPや98も少なかったけど、Windows95とMe

は多かった。他にも、このソフトを誤作動させるウイルスなんてものを開発

してバラまく人間が出て来そうな気もする。

     

色々考えると、死後に伝えたい情報は個人的に遺書の類に書いて、見ら

れたくない情報は徹底的に隠しとく。この辺りが無難かな、と思う。ちなみ

に、契約者の死後の情報をどう扱うかは、企業によって分かれてるらしい。

Yahoo!は米国も日本も、ログイン情報は教えないのが原則(ただし裁判

で一度敗訴)。ミクシィやツイッターは教えるとのこと。ま、常識的に考えて、

教える方が普通じゃないのかね。銀行の暗証番号はどうなるんだろう。。

        

このブログに関しては、今の所、私が死んだ後も半永久的に残したい気が

してる。コメント欄とトラックバックだけ閉じて、閲覧のみ。すると、多くの閲

覧者にとっては、私が死んだことさえ分からないだろうから、ネット上で永

遠の命を手に入れた形にもなる。「自然葬」ならぬ、「デジタル生存」。ま、そ

うは言っても、更新が途絶えると検索サイトのランク付けが下がるし、固定

読者も来なくなるから、アクセスが激減するだろうけどね。それは淋しいか

ら、むしろブログ全体を削除した方が潔いかなぁとか、思ったりもするのだ。

        

ま、別に今すぐ死にたくもないから、事故と急病に気を付けようってことだ

ろう。あと、見られたくないファイルは厳重に管理して。。♪

                   

       

         ☆          ☆          ☆

おっと、またコネタで時間を取られてしまった。今日もまた、厳し過ぎる残

だけど、12kmだけ軽く走って来た。昨日のひどい走りで、ふくらはぎを

痛めたから、ストライド(歩幅)を意識的に縮めて、負担の軽い走りを意識。

遅いけど、走らないよりはマシだろう。ま、公園に大勢いたランナーやウォー

カーも、あまりの蒸し暑さに元気が無かったけどネ。これがまだしばらく続くっ

ていうんだから、完全に異常気象だな。昨日も気温36度まで上がってた。。 

         

トータルでは1km4分56秒ペース。うん、5分10秒くらいでもいいと思って

たから、上出来だ・・・っていうのは甘過ぎるか♪ ま、身体のダメージがあ

んまし無かったのは確か。そういえば、石原慎太郎・都知事が、東京マラソ

ンの定員の増加を検討するとかいうニュースがあったね。ま、1.2倍になっ

た所で、抽選倍率は7倍以上だから、焼け石に水ではあるんだけど、ちょっ

と期待がもてる話のような気もする。とにかく、走らなきゃ! ではまた ☆彡     

      

 往路(2.45km)   12分52秒  平均心拍131        

 1周(2.14km)   10分52秒        146 

 2周            10分42秒       153    

 3周           10分27秒       158

 4周(0.68km)     3分22秒       162                

 復路           10分59秒        162  

計 12km 59分15秒 心拍151(82%) 最大170(ゴール時)

|

« 多剤耐性細菌は怖い・・秋バテの身体は重い・・ | トップページ | 塩なめ&ニンニク補給で酷暑ラン継続・・ »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多剤耐性細菌は怖い・・秋バテの身体は重い・・ | トップページ | 塩なめ&ニンニク補給で酷暑ラン継続・・ »