« ブログ関連で1週間に何文字書いてるか♪ | トップページ | さらばココフラッシュ!また逢う日まで・・♪ »

よりどころの崩壊、新たに築く試み~東浩紀&松井彰彦「論壇時評」(朝日新聞・9月)

(☆2012年2月25日追記: 最新記事をアップ

    現在の中に過去を見ること

      ~高橋源一郎&小阪淳&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・2月) )

             

      

         ☆          ☆          ☆

毎月、最終木曜日の朝日新聞・朝刊・オピニオンページに連載されている、

論壇時評」。かなり前から、評者や形式を変えつつ続いてるが、2010年

4月からは、メインの時評東浩紀左側の長めのコラム「あすを探る」

6人の論説委員の交代(今月経済、担当・松井彰彦)。そして一番下に

小さめの囲み記事として、「編集部が選ぶ注目の論考」がある(論説委員

会の討議を参考にしたもの)。

    

今まで、こうゆう説明を繰り返して来たが、実は中央には「現代社会をイメー

ジしたCG作品」が大きく掲載されている。口を結び、腕組みして読者を見据

える東の大きい写真と比べても、更に4倍の面積だ。

        

今月は小阪淳の「」。現代美術だから、意味不明なのは普通だが、ほぼ

全面に、様々な部分が「密」集した感じのものが描かれてる。馬の顔・前脚・

耳と、バッタと、「ミツ」バチを、緊「密」に合成したものだろうか。評価に困っ

てしまうが、不気味に密集した現代社会がどこかに向けて疾走してるイメー

ジはある。右下に別扱いで描かれたポップなデザインは、社会の動きを

世界のように眺める若者たちのイメージだろうか。右下の妙な形を見ると、

中国と日本列島の関係をも「密」かに匂わせてるのかも知れない。。

          

     

        ☆          ☆          ☆

さて、これまでも書いて来たように、この記事を読む人の大半は、東浩紀

目当てで検索してくる人達だろう。その点は、過去半年のアクセス解析か

ら集めた相当数のデータから、既にほぼ明らかになってる。私はそもそも、

その点にやや疑問を感じるし、東の写真だけが毎月特別大きく掲載される

ことにも違和感がある(文芸関連記事では全く異例)。だから、今回はいき

なりCGに注目したし、過去には「あすを探る」の方を重視したりして来た。

        

もちろん、今月の東の時評も、いつも通りそれなりに興味深いものではあ

る。しかし正直言うと、東が最初に取り上げて批判的にコメントした、松原

隆一郎の論文の方が面白かった。その事と多少関係してるのか、今現在

(30日夜)、Googleで「論壇時評」を検索すると、1位がウチの4月分の記

事(更新されないまま・・)で、すぐ上に「他のキーワード: 論壇時評 松原

隆一郎」と出る。ちなみに彼は「時評」の以前の評者でもあるわけだ。

              

その松原の論文について語る前に、まず東の時評の全体を概観してみよ

う。見出しは、「消えた老人問題 よりどころ、どこに求める」。大きく分け

て、福祉と経済、2つの分野を扱ってる。

         

まず、福祉を見ると、今まで「よりどころ」であった家族・企業・地域などが

機能しなくなっており、そうした状況の極端な形で示すものとして、消えた

老人問題がある。いまや家族は、福祉の担い手であるどころか、「家族の

」として福祉行政を妨げるものにもなっているわけだ(斎藤環「ひきこもり

と所在不明高齢者」、毎日新聞)。

      

一方、経済の分野でも、格差拡大と孤立化の中、「よりどころ」がないまま、

最低レベルの生存さえ困難な人達が増えつつある。そこで今、注目を浴

びているのが、以前にも取り上げたベーシック・インカム(BI=基礎的所得

: 国民全員への無条件一律現金給付)だ。

     

の写真の下にある紹介文(毎月変わる)を読むと、本人としては、「『オー

プンネスとセットになった』ベーシック・インカムとして、追跡可能な電子マ

ネーによる導入を提唱している」そうだ。以前にも、BIに対してやや好意的

な態度を示していたから(5月の時評)、自然な流れではある。

      

ただし、BIが財政的に可能かどうか、経済政策として有効かどうかについ

ては、まだまだ不明な部分が多い。東も、肯定的な立場の小沢修司・飯田

泰之、否定的な立場の橘木俊詔の議論に触れた後、「議論の成熟を待ち

たい」と慎重な態度を示す。

    

さらに、財政・経済とは一応別の観点から反対する立場として、萱野稔人

の「問題提起」にも注目する。労働は単なる生活費確保の手段ではなく、

他人からの承認の証しや機会でもあるから、弱者への現金給付は、承認

の機会を奪い、社会の「包摂」(心のつながり)の機能を著しく阻害するとい

うわけだ。

         

私も一理あるとは思うが、やや偏った意見のようにも感じるし、実証性の

乏しい観念論のようにも思われる。ただし、萱野の議論自体を『POSSE

 vol.8』で読んだわけではないから、態度は保留しておこう。

          

こうして、福祉と経済、2つの分野を見渡した後、東は結局、「思想的にも

実践的にもじつに厄介な課題を確認して終わる(あとがき的な注目論文

は別)。「家族や地域の安易な再興は望めない。しかし、ではそこで家族や

地域抜きの社会保障が可能だったとして、そのときひとはだれに承認され、

どこに居場所を求めるのか」。つまり、国家の現金給付とかで救われた人々

心のよりどころという難問に行きついた所で、話は終了する。

        

          

         ☆          ☆          ☆  

東の文章だけ読んでると、もっともな疑問を共有して終わることになるだろ

う。ところが、ここで松原の論文「問題とすべきは年金詐欺のみ」(『中央公

論 10月号』)を読むと、少し違う思いも生じて来るのだ。

       

東の要約によると、松原の主張はこうなる。──戦後の日本は、国家より

も家族・企業・地域などが福祉を担うべきだとする共同体主義的な思想を

涵養してきたし、松原本人もその伝統を評価する。たとえ、孤独死する老

人が出るとしても、国家による情報管理の強化には反対だ──。

    

これに対して、東は部分的にうなずきつつも、疑問を提示する。人々が国

から自由でありたいと願ったのは、別に「よりどころ」があったからだろう。

ところが今、国家を補完すべき家族や地域がまともに機能していない。前

提が崩れているのだから、かつてのような国からの自由は成立し得ない。。

      

けれどもは、松原論文の重要な点を素通り、または過小評価している。

それが意図的回避か、生産的誤読かといった問題は、差し当たりどうでも

いい。まず決定的なポイントは、松原がよりどころとして、別の共同体を提

しているということだ。

         

周知の通り、格闘技好きの松原は、自分でも武道をやっている訳で、そこ

では疑似コミュニティーとか疑似家族のようなものが出来上がりつつある。

誰かがしばらく顔を見せないと、声をかけたりするようだ。武道でなくても、

現代の日本では、趣味のコミュニティーが数多くある。国家の管理の強化

は、そうした新興コミュニティーの成熟を見定めてからでも遅くないわけで、

差し当たりは年金給付のシステムを改善すればいいだけの事だ。

     

これが松原論文の一つのポイントで、東の時評はその点を素通りしている。

これは枝葉の問題ではなく、まさに「よりどころ、どこに求める」という時評タ

イトルと直結する話だから、読者の私としては奇妙に感じるわけだ。

        

さらにもう一つ、東が松原論文で素通り、ないしは過小評価してるポイント

がある。それは、「野垂れ死に」する自由を認めること、あるいはより広く、

多少問題がある程度の状況を「そっとしておく」配慮だ(例えば相撲界)。

        

東は、国から自由でありたいと願うのは別のよりどころがあったからで、今

はその前提が壊れてると語る。しかし、確たるよりどころなど無しに、自由

を強く求める人達もいるわけだ。福祉の報道を読めばすぐ分かることで、

行政やコミュニティーによる束縛よりも、個人的自由を求める人は、確か

に無視できない数だけ存在する。。

           

          

         ☆          ☆          ☆

ただし、だからと言って私は、松原の議論を全面的に支持するわけではな

い。自分の意志で孤独死する自由はあるとしても、それを選ぶ人達はおそ

らくかなり小数派だろう。より多くの、不本意ながら孤独死「してしまう」不幸

を救う「よりどころ」は、やはり社会的に必要だ。

        

趣味のコミュニティーとか、ネットをきっかけとする(リアルな)集まりとか、

新たな共同体がよりどころとしてどの程度機能するのか、あるいはどのく

らい待てば機能するのか、そういった点については触れられておらず、単

に楽観視しているようにも感じられる。

           

とはいえ、この種の問題で一番重要なのは、理屈をこねるだけでなく、まず

出来る範囲で自分から実践することだろう。その意味では、多くの人を周

囲に集める人気者・東もそうだろうが、身近でリアルな新興コミュニティー

作りを実践する松原は注目に値する。

   

私も、スポーツ、ネットその他で、社会的存在としての新たなよりどころ作り

を模索してる所だ。つい最近、母校のメーリング・リストを通じて、音信不通

だった友人の無事を確認できた時にはホッと安心した。こうしたつながりは、

古き良き時代には無かった効果的システムとして、積極的に活用すべきだ

ろう。ただし、最後は結局、生身のリアルな交流が重要なのは間違いない。

          

            

       

          ☆          ☆          ☆

最後に、松井彰彦の「あすを探る」は、「障害者活かすゲーム理論」というタ

イトルだ。障害者に対する福祉政策は、経済学的には費用対効果が低い

ものとされてしまうので、福祉と経済学は水と油のように対立する関係だっ

た。ところがゲーム理論という新たな学問が発展。「互いに相手のことを考

えた結果、人々がどのような行動を取るかを分析する」ことで、費用対効果

を上げたり、「通勤できない障害者は定職に就けない」という「社会的事実」

を変えたりしつつある。そう、松井は主張する。

     

話の大きな流れとしては興味深いし、気分を明るくさせてくれるものでもあ

る。まさに、障がい者の「よりどころ」を作るための建設的な議論になって

るわけで、東の時評と相互補完的な関係にもある。

             

ただ残念なのは、肝心のゲーム理論を上手く使えてないことだ。障害者用

の施設を大勢で使えば費用対効果が上がるとか、成功例を作って大きく宣

伝すれば社会的事実を変えられるとか、当たり前のことであって、ゲーム

理論という言葉は論理的な「遊び駒」(あそびごま=将棋で役に立ってない

コマ)に過ぎない。

                   

文字数・スペースの制約とか、議論のレベルの制約(精密な議論は一般読

者に不適)とかあるのはもちろん理解できる。だが、ゲーム理論という、一

般には馴染みが薄く、一部では評価の高い「言葉そのもの」の力に頼るよ

うな議論では、表面的な見栄えはともかく、根本的な説得力に不満を感じ

てしまうわけだ。

         

これならむしろ、ウチで度々批判して来た勝間和代の経済理論的コラム

(朝日新聞・be)の方が誠実で丁寧だろう。浅くて粗い考察とはいえ、一

応は一般向けの分かりやすい具体例を提示してるのだから。東大教授の

学者である松井は、言葉を出すだけで納得してくれる、ある意味ラクな聴

衆を相手にし過ぎて来たのかも知れない。たとえお堅いオピニオン・ペー

ジといえども、大新聞は一般市民のためのものなのだ。

          

それでは、今月はこの辺で。。☆彡

     

    

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.東浩紀とネットが開く新たな言論空間~朝日新聞「論壇時評」 (4月)

  「新しい公共」と他者への理解~東浩紀「論壇時評」(朝日新聞・5月)

  理想を語り、現実を変えること~東浩紀「論壇時評」(朝日新聞・6月)

  政策の「事後的」評価としての選挙

              ~東浩紀&香山リカ「論壇時評」(朝日新聞・7月)

  建設的な哲学とネット共同体への「期待」

                    ~東浩紀「論壇時評」(朝日新聞・8月)

  世論調査、ファスト政治、ポピュリズム

            ~東浩紀&福岡伸一「論壇時評」(朝日新聞・10月)

  中国の異質性、東アジアの同一性

             ~東浩紀&李鐘元「論壇時評」(朝日新聞・11月)

  情報公開の境界、資格付与の区切り

           ~東浩紀&松井彰彦「論壇時評」(朝日新聞・12月)

  新しい道具、使ってみるための条件

            ~東浩紀&広井良典「論壇時評」(朝日新聞・1月)

  つながりと祝祭、これからの祝祭と善意

            ~東浩紀&香山リカ「論壇時評」(朝日新聞・2月)

  各個人が独自メディアとして議論すべき時

              ~東浩紀&苅部直「論壇時評」(朝日新聞・3月)

          

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  震災後、身の丈超えぬ「ことば」に希望

              ~高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞)

  どの常識をどう疑い、何に立ち向かうのか

      ~高橋源一郎&平川秀幸&小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・12月)

  対称的な関係の中にある前進

      ~高橋源一郎&小阪淳&森達也「論壇時評」(朝日新聞・1月)

  現在の中に過去を見ること

      ~高橋源一郎&小阪淳&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・2月)

     

                                 (計 5108文字)

|

« ブログ関連で1週間に何文字書いてるか♪ | トップページ | さらばココフラッシュ!また逢う日まで・・♪ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブログ関連で1週間に何文字書いてるか♪ | トップページ | さらばココフラッシュ!また逢う日まで・・♪ »