« さらに風邪に接近、ついにパブロンを飲むハメに・・ | トップページ | うつ病には運動療法が有効(by毎日新聞) »

携帯(ケータイ)依存症の診断基準(by朝日新聞)

(21日) RUN 12km,58分41秒,心拍143

             

今日は手持ちのネタが豊富だから、別に「困った時の朝日新聞」って訳じゃ

ないんだけど、話題のローテーション的に、精神医学&デジタル関連のコ

ネタを入れとこう。昨日(10月21日)、1/4ページくらいの大きめのスペー

スで掲載された記事、「脱ケータイ 依存実感」だ。執筆は高橋健次郎記者。

      

小さい見出しを拾うだけでも、内容の流れをつかむことは出来る。「中3女

子、4日間絶ってみた」、「でもやめられない」、「のめり込む子と向き合うに

」、「不安のサインを受け止めて」。要するに、兵庫県の依存症らしき女子

中学生1人で実験したわけだ(2日間は土日)。被験者が1人だけって所は、

ちょっと注意が必要だろう。まあ今回は、その実験レポート自体に触れるつ

もりはないし、依存症との向き合い方も差し当たりおいておく。

         

記事の左上には携帯の写真があって、「ずっと使っているので消耗が激し

く、1年ごとに買い替える」という説明が付いてて、その右側にあるのが、

ここで取り上げたかった表、「ケータイ依存症の診断基準」だ。貴重な資料

として、そのまま引用させて頂くことにする。

     

   □ 予定より多くの時間、ケータイに触ってしまう

   □ ケータイの使用時間を減らしたり、やめたりできない

   □ 体や心によくないと思っても時間に見境なく触ってしまう

   □ 使用時間を増やさないと、楽しいと感じなくなる

   □ 使い終えて余韻がさめるまで、とても多くの時間がかかる

   □ 勉強や部活、家庭での手伝いよりもケータイが優先する

   □ ケータイに触らないでいると不安が高まり、再び触ってしまう

   

   ☆ 3項目以上該当すれば「ケータイ依存症」と見立てる

           

     

          ☆          ☆          ☆

米精神医学会作成の『アルコール依存症』の診断基準をもとに、駿河台日

本大学病院の渡辺登教授が作成したとのこと。私はこれを読んで、6つ目

の基準が明らかに少年・少女専用になってしまってるのが気になったこと

もあって、早速毎度お馴染みの診断マニュアル・DSM-Ⅳ-TRを調べて

みた(新訂版,医学書院)。現代精神医学の世界標準とされてるものだ。

       

すると、アルコール依存症というより、「物質依存一般の診断基準を書き

直したものだという事がすぐ分かった。それがそのまま、アルコール依存

症にも適用されてるわけだ。

          

上の6つ目の基準では、「勉強や部活、家庭での手伝いよりもケータイが

優先」と書かれてるが、元の物質依存の基準(6)にはこう書かれてる。

物質の使用のために重要な社会的、職業的または娯楽的活動を放棄、

または減少させていること」。だから、大人向けのケータイ依存症基準

は、6番目は「仕事や家庭、他の趣味よりもケータイが優先する」としとけ

ばいいだろう。

      

他に元の基準を読んで分かることは、3つ以上の基準を満たすのが「同時」

でなくてもいいこと。「同じ12カ月の期間内のどこかで」3つ以上起これば、

依存症と診断される。

     

ちなみに私が該当するのは、最初の2つくらいかな。1つ目は、携帯のメー

ルを打つのがPCよりかなり遅いから、長い文章だと時間がかかるってだけ

の事♪ 2つ目も、元々そんなに使ってないからこれ以上減らせないってだ

けの事。いずれにせよ、2つ該当としても、依存症とは程遠い健常者だ。

      

ただし、同じ基準で「ケータイ」の代わりに「ネット」とすると、4つか5つくらい

該当するから、やっぱしネット依存症かも (^^ゞ その半分は、ブログ依存

と言うべきだろう。ま、違法でもないし、金もかからないし、特に身体が蝕

まれる訳でもない。渡辺教授も『よい依存、悪い依存』(朝日新聞社)という

著書を出してることだし、よい依存だと勝手に思い込んどくことにしよう♪

ホントかよ! って言うか、その本、読んでないし。。

           

    

cf. 携帯連絡が返って来ない時の認知療法スキル(技)

                       ~朝日新聞「100万人のうつ」

   ネット安息日(=禁止デー)の記事を見て、ネットを飛び回った夜♪

       

    

      

          ☆          ☆          ☆  

最後に、昨夜の走りについて。相変わらず体調が悪いし、まだ左足の踵か

ら土踏まずにかけての部分が怪しいから、のんびり12km走っただけ。そ

の前の夜は全く痛まなかったのに、昨夜は後半、軽く左足が痛んでしまっ

た。2km距離が増えたからと言うより、1km約5分半と5分のスピード差

によるものだろう。ま、この程度ならガマンの範囲かな。

       

トータルでは1km4分54秒ペース。う~ん、遅すぎてストレスが溜まるけ

ど、このくらいだと別に腹は減らなかったな♪ 1km5分半とかだと、中盤

から妙に腹が減って、飲み食いのことばっか考えながら走るハメになる。

で、帰ってすぐ、ゴクゴク、バクバクやるから、全然痩せないのだ。ま、そこ

そこスマートな体型だから良しとしとこう。自慢かよ! ではまた。。☆彡

                

   

 往路(2.45km)   13分01秒  平均心拍127        

 1周(2.14km)   10分52秒        140

 2周            10分24秒        145    

 3周           10分18秒        148

 4周(0.68km)     3分26秒        148                

 復路           10分41秒         150  

計 12km  58分41秒 心拍143(78%) 最大163(ゴール前)

                   

                                (計 2082文字)

|

« さらに風邪に接近、ついにパブロンを飲むハメに・・ | トップページ | うつ病には運動療法が有効(by毎日新聞) »

「ランニング」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さらに風邪に接近、ついにパブロンを飲むハメに・・ | トップページ | うつ病には運動療法が有効(by毎日新聞) »