« 情報公開の境界、資格付与の区切り~東浩紀&松井彰彦「論壇時評」(朝日新聞・12月) | トップページ | 論理クイズ「推理」、難易度5を解いて卒業~朝日新聞・beパズル »

明石家サンタ2010、さんま&八木の超軽いノリに爆笑♪

(☆2016年12月25日の追記: 最新記事をアップ。

 『明石家サンタ2016』~ノンスタ石田、「車が当たらなくて良かった」 )

   

    

           ☆          ☆          ☆

いやぁ~、素晴らしかった☆ 後番組のK-POPガールが♪・・・って話じゃ

なくて、毎年恒例の『明石家サンタ』のノリが超~軽くて、クリスマス・イブの

深夜にピッタシだったのだ。天才・さんま、「アップ!アップ!」でまだまだ全

然OKだね☆ ナイナイ・岡村がボソボソ控えめに指摘してたように、あそこ

まで行くと、「ハイ」とか言うより「」だな。サンタガールの衣装がかなりキツ

八木亜希子も元気いいし、アシスタント素人さん達も妙に明るかった。

 

さて、もう丸20年、あしかけ21年目に入った『明石家サンタの史上最大の

クリスマスプレゼントショー 2010』。今年は個人的に、昨日(12月24日)

から気合が入ってた。と言うのも、検索サイトのランク付けのおかげもあって、

まだ放送前日なのに、次々と去年の記事にアクセスが入ってたのだ。みん

な、好きだね♪

 

先日の『さんま&SMAP!』の記事も大量アクセスだったし、伝統的なクリ

スマスに回帰する動きがあるのかな。実際、各種アンケート調査によると、

クリスマスのNo.1ソングは山下達郎『クリスマス・イブ』。1983年発表の

古典的な名曲だけど、20代女性にまで圧倒的に支持されてるらしい。そ

のせいか、この曲をBGMにしてバブル期に大ヒットしたJR東海CM記事

にも、意外なほどアクセスが増えてる。ひょっとして今年、CMが復活する

のかと思ったけど、別にそうでもないらしい。

 

とにかく、ブロガーとして気合を入れて臨んだ今年。ここ数年面白かった

から、そろそろハズれるかもな、と密かに覚悟してたら、杞憂に終わった。

やっぱりこの番組、さんまのノリが一番大きいね。放送前の自分の不幸、

車のパンクもものともせず、20年間コンビを組んでる八木と共に、最初か

らハイテンション♪ ひょっとすると、スタッフの準備も上手いのかも。

   

         ☆          ☆          ☆

では今年も、個人的感想を織り交ぜつつ、細かく内容を振り返ろう。毎年

長いレビューになってるので、悪しからずご了承を。(結果的に7000字

超えてしまった)

 

スタートは完全なお約束♪ フジテレビ前、お台場のレインボーブリッジ

東京タワーのライトアップを映す画面に、番組タイトルのロゴが入る。BGM

も毎度おなじみ、『ジングルベル』の明石家サンタ・オリジナルバージョン。

森と雪に囲まれた小屋をイメージしたセットの中へとカメラが向かって、

ンタの衣装のさんまと八木をとらえる。

 

さんまが喋り、八木とスタッフが笑う。しばらく和気あいあいとトークを繰り

広げた後は、私が大好きなプレゼント紹介のコーナーだ・・・って言うか、

可愛いサンタガール4人が、『もろびとこぞりて』陽気バージョンに乗って、

思い切りはしゃぐコーナーだ☆ ところが今年、「年老いた」サンタレディー

が一人プラスされてて、さんまが突っ込みを繰り返す♪ 

 

淋しいイブを過ごしたくない磯野貴理が、ノーギャラで飛び入り参加したと

のこと。案外、昔くどかれたとかいう松尾伴内が目当てだったりして。肩出

すのはイヤだとかゴネて、上着付きの八木みたいなコスチュームをわざわ

ざ用意してもらったらしい。言われてみれば、肩出しは一つのポイントだな。

 

本当にノーギャラかどうかはともかく、エンドロールでは流石に、アシスタン

トのトップとして磯野の名前が紹介されてた。他の4人の女のコは、北村舞、

高橋摩衣、井上貴美、高山えみり。北村と高橋は3年連続かな。この番組

だけで、名前と顔を覚えちゃったね。北村は日本的なお嬢様系なのに愛嬌

があって、かなり好みだ♪ モーターショーのコスチュームもよく似合ってた。 

 

井上は、地味めの美人って感じがしたけど、ネットで見ると肉体派のレース

クイーンなんだね。高山えみりはまだ新人らしくて、キャピキャピと可愛い。

AKB48の前田敦子をちょっとだけキレイにした感じだ・・・とか書くと、ファン

に怒られそうだから止めとこ♪ ちなみに私は、AKBもK-POPも好きだ

けど、途中のゲームCMに出てたSKE48の方が好みかも。あの大人っぽ

い松井珠理奈がまだ13歳って、信じられないな。そりゃ、話が逸れてるか。

 

とにかく今年も、日産マーチを筆頭にして、豪華な賞品が並んでる。その

一方、木田のトナカイの前には、スリッパがハズレ商品として置かれてる

し、屋外では村上ショージが(別枠の?)サンタギャルと共にカラ元気を振

りまく。単独ライブのチケット100人分を1名にプレゼントって、当たった

ら悲惨だろ! まだ「ハズレ」の方がマシかも♪

 

ちなみに、途中でさんまが商品に色々コメントするんだけど、今年は3Dの

テレビ(アクオス)に対して、「家で3Dなんて見る気がしない」と突っ込み。

スポンサーに気を使うスタッフから、すぐ注意されたみたいで、苦笑いしな

がらモゴモゴごまかしてた。さんまのこういった暴走部分を細かくチェック

するのも、この番組の正しい楽しみ方なのだ♪

 

         ☆          ☆          ☆

やたら陽気なプレゼント紹介が終わると、いよいよ本題。視聴者が電話

で不幸話をして、さんまが気に入れば「合格」のしるしに、雪だるまの形の

をチリンチリン。サンタガール2人が待ち構えるパネル25枚の中から

1枚選んで、裏に書かれた商品をゲット。たまに、さんまが個人的に嫌が

るような面白いネタだと、八木が単独で無理やり鐘を鳴らすこともある。

 

先に結果を書いとくと、今年は異常に合格者が多くて、CMの間に八木が

さんまにボソボソ注意したらしい。それをCMあけにさんまがバラして、八

木をイジるわけだ。昔はそんなヤツじゃなかったとか♪ でも、5、6前くら

いなら不合格者だらけで、見てて気の毒になることもあったんだよな。今年

は、さんまの「躁」状態が深刻化してた感じ。うつ状態との交替が無い、単

独の躁は珍しいって話もあるから、稀有の症例・・・じゃなくて事例かも。

 

最初の視聴者は、東京・町田の31歳男性。ボソボソとノリが悪いし、長年

同棲してた彼女に偽名を使われてたって話もインパクトが弱い。一時期の

さんまなら、すぐ不合格にしてたはずなのに、彼女がうつ病と聞いてチリン

チリン。色んな意味で、イブの深夜のさんまだから許される展開だ。

 

合格になったこの男性が、プレゼント用パネル(1~25)の番号を選ぶ時、

31なんで31番」と答えて、さんまが「ないわ!」と突っ込み♪ ここから、

この夜の流れが1つ定まった。ただ、そのわりを食った形で、「八木さん、

ファンです ♡」、「どこが?」、「別に♪」っていう、お馴染みの八木イジリ会

話が聞けなくなったのは残念だね。プレゼントは、漫画・アニメの『ワンピー

ス』関連。BANDAIの商品セット(フィギュア&おもちゃ)だったかな。

 

CMあけに、木村カエラの『A Winter Fairy Is Melting A Snowman』が流れ

た後、2人目は25歳主婦。関西に住んでるだけと強調しつつ、思い切り

関西弁だから、さんまが繰返し突っ込んで遊ぶ♪ スーパー銭湯ですっぽ

んぽんになった後、颯爽とのれんを押し分けて浴室に入ったつもりが、ロ

ビーだったから、おじいちゃん達に見られたってお話。これも、話の内容と

いうより、その前の関西弁いじりの流れでアッサリ合格。パネル選びで、

ラッキーナンバーが30なんで30番」。最後まで思い切り、関西のノリだ♪

11番に変更して、プレゼントはスピリチュアル・ツアー3泊4日。

  

           ☆          ☆          ☆

3人目は35歳の男性。仕事は「言えません」のはずだったのに、話の中で

「教育関係」とか「学校で授業」とか口を滑らせたので、その後もさんまが集

中攻撃。「お前、先生やろ!」、「違います」♪ 完全に漫才のノリが続く。明

らかに、この男性もウケを狙ってるわけだが、さんまが上手く拾ってあげて

る形だ。不幸話そのものは、元カノの妹が生徒になって、結局クビになった

とかいう曖昧な話にすぎなかったけど、ノリで合格。お約束で35番を選ん

だ後、10番に変更して、プレゼントはジュエリー。

 

宇多田ヒカルのCMや、村上ショージの姿が映った後、4人目は32歳の

女性で、医療関係の専門学生。占いで、モテ期を92歳と言われたとか、

磯野と同じ手相で不幸だとかいう話だけど、この日初めての不合格。八

木が「楽しみは先へ先へ」という謎の慰め言葉をかけて終了。

  

5人目は、「99(ナインティナイン)の岡村ですけれども」で瞬間合格♪ そ

の後は、さんまも真逆の病気だろうとか違うとかいう話になった。確かに、

岡村が「ダウン」とすれば、さんまは「アップ」の典型だ。って言うか、この2

人、かなり仲良さそうだね。しばらく、『から騒ぎ』や『ほんまでっか!?TV』

など、他番組のネタで盛り上がった後、プレゼントは日産マーチ☆ ほんま

に乗り換えますとのこと。

 

CMを挟んで6人目は、50歳会社員。「私の知らない間に会社の忘年会

が終わってました」で一発合格♪ 喋り方も何とも冴えなくて、私も爆笑し

た。50歳なんで50番と言った後、19番に変更して4人1組の温泉宿泊

券。1人で忘年会をしろって話で終了。

  

         ☆          ☆         ☆

この辺りでほぼ1時間経過半分終了。ものすごく早く感じた。7人目

39歳女性、新聞配達のナオミさん。出会い系サイトで、さんまだと名乗る

人と出会って、プレゼントと10万円を渡してしまったとのこと。さんまの過

去に、たまたまナオミという名前の女性がいるらしくて、最初はマジで焦っ

てた♪ 色々話してる間に、八木が無理やりチリンチリンと鐘を鳴らして

合格。10万円っていう金額の低さもポイントで、ギャラの高い超大物のさ

んまとしては相当不満そうだった。お約束で39番を選んだ後、言い直して、

グルメセット当選。

 

CM後の8人目は、経済評論家の門倉(貴史かな)。寒いカナダに行くっ

てことで、ホカロンを大量にトランクに入れてニューヨークから出国しようと

したら、X線検査で引っ掛かって、説明に苦労。ジェスチャーで切り抜けた

後、カナダに着いたらそれほど寒くなかったってオチで、チリンチリン

ビミョーなネタだったけど、さんまもオーストラリアで2時間拘束されたこと

があるそうで(多数のお年玉袋を持ってたため)、プレゼントは釣り具だっ

たけど、門倉は釣りはしないとのこと。さんまは結構好きらしい。ひょっと

して、仲良しのキムタク=木村拓哉の影響かも。

 

9人目は東国原知事の側近・早川伸吾。次は出馬しないということで、宮

崎から東京に引っ越す際、ラジオ番組を持ってたから、一人だけ宮崎の

事務所に残されることに。ところが、そのラジオも終了したって話で、さん

まが冷たく不合格。この辺り、この夜としては珍しくテンションが低めに。

 

10人目は21歳女性で、百貨店の美容部員。父親が、自分と同じ年くら

いのフツーの女の子と歩いてる所に出くわして以降、父が帰って来ないと

のこと。さんまと同い年くらいの父親ってことで、さんまは「そのくらいアルア

ル」と言うのに対し、彼女は「ないですよ」。おまけに、少し前に母と一緒に

アクセサリーを買いに行かされてたらしい。

 

お母さんまで電話に出て来て、下手な泣き真似をしたことで、ギリギリ合格

電話の向こうで、お母さんがゲラゲラ笑う声が聞こえる♪ パネル選びの

時、「お母さんが53なので21番」とか余計なことを喋ったら、「ハズレ」。

島みゆきの大昔の曲『うらみます』が悲しげに流れて終了。

   

          ☆          ☆          ☆

CM後、11人目オリエンタルラジオ藤森慎吾。この秋、報道された

愛の噂は、藤森の思い過ごしだったようで、向こうの事務所から否定コメ

ントが出たってお話。今検索したら、元JJモデルの加藤夏希のことらしい。

合格だったと思うけど、プレゼントはメモし忘れてしまった (^^ゞ この辺り、

疲れと眠気で、こちらもボーッとしてくる。このまったりした感覚がまた、明

石家サンタっぽくてイイのだ♪

   

福山雅治のベスト盤CDのCMが入った後、12人目は30歳の広島の女

性。母親が変な宗教にハマったけど、実家は仏壇店だって話で、なぜか

アッサリ合格。おそらく、直前にさんまの声が低くてカッコイイと褒めたから

だろう♪ 最初、寝てましたとか言ってたくせに、パネルの番号を聞かれて

「30なんで30番」。すかさず、さんまが「寝てないやんか!」とツッコミ♪

プレゼントはペアのカリフォルニア旅行。

  

ここで入ったCMの間に、八木が「合格が多過ぎる」とか冷たい事を言った

らしくて、CMあけにさんまがイジってた。で、13人目は34歳女性で、最近

不倫問題で話題になってる麻木久二子の元マネージャー。ビミョーな時期

なのに、うっかり自分のウェディングドレス姿の年賀状を送ってしまったとい

う話で合格。岡村や藤森もそうだけど、きわどい話題だね♪ 34番を選ん

だ後、言い直して、今年流行ったラー油のセット。半分、麻木の事務所に

送るとかいうお話。

   

もう1枚読めとか、ディレクターに指示されたことをさんまがブツブツぼや

いた後、14人目は30歳男性。民家を借りて、隠れ家的な居酒屋を作っ

たら、隠れ家すぎてお客さんが来てくれなかったという話♪ これは私も

プッと吹き出した。すぐ合格で、プレゼントは高級腕時計。次に出す店の

屋号を聞かれると、さんまはもう一度「隠れ家」で行けとアドバイス。全く隠

れてないフツーの店を「隠れ家」と名付けて、「なんでやねん!」と突っ込

ませるとかいう話で、店を想像するとジワジワ笑えて来る。

 

黒木メイサ&役所広司の年賀状CM(エプソン・カラリオ)、菅野美穂の口

紅CMの後、15人目が深夜番組の終盤らしい笑いになった。48歳女性

で、5歳年下の素敵な彼氏との結婚を意識。夏に生理が遅れて、妊娠か

と思って彼に言うと、意外なほど喜んでくれた。で、一緒に病院の診察室

に行ったら、「閉経です」♪ 当然合格で、私も爆笑したし、八木はCMに

なってもテーブルを叩いて笑い続けてたらしい。

 

八木さん、笑ってるけどもうすぐです」なんてキツイ言葉とか、ドサクサ紛

れのさんまの「閉経物語」(=平家物語)なんて無意味なダジャレとか、こ

の日一番盛り上がったかも。プレゼントがベッドって所もいい味出してた。

  

16人目は、男子学生で、彼女と結婚しようと思って挨拶に行ったら、向こ

うの父親が、自分の実の父だったっていう話。彼女にとっては義理の父

だから、結婚は出来るとのこと。離婚や再婚がありふれてる時代だし、ド

ラマとかでもありがちだから、私はフーンって感じだったけど合格になった。

 

彼の話より、さんまが「ロミオとジュリエット」と言った後、「今のたとえ、合う

てるか?♪」と自分ツッコミ気味に喋ったのが笑えたな。実は私も、合って

るかな?と一瞬考えちゃってたのだ。プレゼントは「ハズレ」。2つもハズレっ

て、珍しいね。ま、それだけ合格者が多いってことかも。

 

         ☆          ☆          ☆

SKE48のゲームCM(XBOXの脳トレ)や、KAT-TUNのライブDVDの

CMが入った後、福岡・大宰府の笑えない不幸話がニュース速報で流れ

る。17人目は、42歳の女性。双子の妹は化粧も上手くてDカップなのに、

自分は妹と一緒にされたくないからスッピンで、胸もAカップ。

 

ヤンキーだった妹と間違えられてヤキを入れられたとか、酔っぱらった妹

の旦那に胸を揉まれて違うと言われたとか、色々と不幸ネタを披露した

後に、切り札登場。妹はまだ生理があるのに、私は32で「あがる」ことに

なったとか。これでチリンチリン♪ う~ん、まあ、ラストは一般に判定が

甘くなりがちなんだけど、これは2つ前の女性のおかげもあったね。来年

の最初の女性がこのネタを単なるギャグとして使ったらウケるけど、時間

帯的にもちょっと苦しいかな。最後の商品はシャネルのバッグで、テレビ

を欲しがってた彼女は残念がってた。

  

私は時計を見てなかったんだけど、ここでさんまが「これでもう終わりなの

?終わり?」とディレクターに聞いて、エンドロールが素早く流れると共に

唐突に終了。例年なら、一旦終わった後、しばらくCMを挟んで、さんまが

ノンビリたばこを吸ってるシーンとかが僅かに映るんだけど、今年は映ら

なかった。よっぽど時間が無かったのかね。何か、今年はCMが多かった

気がするな。やっぱり、去年よりは景気が持ち直してるのか。テレビ業界

や広告業界がかなり持ち直して来たって話は、私の耳にも入ってる。

  

という訳で、丸々2時間の流れをまとめるのは大変だね。たまたま週末だ

から、まったり徹夜で書けたけど、平日だと大変なのだ。こうゆうのはやっ

ぱり、すぐアップしたいもの・・・とか言ってるから、年賀状が後回しになっ

てるわけだ (^^ゞ あぁ、年末は大変なのに、今週は超長い記事を3本も

アップするハメになった。明日は手抜きしよっと♪

  

とにかく、『明石家サンタ』、今年も大満足だった☆ さんまが健康なら、あ

と5年は大丈夫だろう。岡村と違って、心は多分このままアップアップで行

けそうだけど、身体はどうなのかね。ウィキペディアに「超ヘビースモーカー」

と書かれてるから、ちょっと心配ではある。ま、あの性格だと止めそうにない

けど、仕事にホントに影響して来たらアッサリ禁煙しそうな気もするな。自他

共に認める、自分大好き人間なんだから、身体にも優しくして欲しいもんだ。

   

とりあえず来年は間違いなくまた見れるだろう♪ 「八木さん、ファンです ♡」

「どこが?」「別に♪」の復活とか、今から楽しみにしつつ、それではファンの

皆さん、今年はこの辺で。。☆彡

  

  

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf. 『明石家サンタ 2015』~天国のお父さんも爆笑・・・ワロてるか!♪

   『明石家サンタ 2014』~30回記念、剛力彩芽で「イッちゃった」♪

   『明石家サンタ 2013』爆笑、軽~い感想♪

   『明石家サンタ 2012』、さんま&八木をスタートから応援♪

   明石家サンタ 2011、さんま&八木コンビ健在♪ 

   明石家サンタ 2009 さんま&八木の絶妙トークに爆笑♪

   明石家サンタのXマス、今年もまったりと♪ (2008年)

   まさに史上最大のXmasプレゼント♪~『明石家サンタ・2007』

   『明石家サンタのクリスマスショー』、面白かった♪ (2006年)

   

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『さんま&SMAP!美女と野獣クリスマス2010』、笑えた♪

  

                  (計 7454文字)

|

« 情報公開の境界、資格付与の区切り~東浩紀&松井彰彦「論壇時評」(朝日新聞・12月) | トップページ | 論理クイズ「推理」、難易度5を解いて卒業~朝日新聞・beパズル »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 情報公開の境界、資格付与の区切り~東浩紀&松井彰彦「論壇時評」(朝日新聞・12月) | トップページ | 論理クイズ「推理」、難易度5を解いて卒業~朝日新聞・beパズル »