« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

モニター画面が時々消える!・・PCの電源管理かバックライトか

☆5ヶ月後の追記: 偶然、直し方を発見できたようだ♪

         ノートPCのモニター故障が直った♪~その意外な方法 )

     

      

ヤバイ! こんな時にパソコンが故障するとは。。「一番忙しい時に限って、

重大なアクシデントが発生する」・・またしてもマーフィーの法則だ。最悪のタ

イミングで、特殊な出来事に遭遇する。とにかくもう危ないから、全速力で今

日(31日)の分の記事をアップしとこう。こんな事で、2000日連続更新の

大記録を逃すことはできない。

             

さて、事の発端は・・と言っても、いつが発端なのかさえ、よく分からない。と

言うのも、まだ何がおかしいのか、あるいは原因は何なのか、ハッキリしてな

いからだ。おそらく、電源の管理(Vistaの「電源オプション」)だろうと推測して

るけど、液晶画面のバックライト点灯回路がダメになってる可能性もある。

ただ、HDD(ハードディスクドライブ)とか、本体の問題ではなさそうだ。

    

          ☆          ☆          ☆

ともかく、最初にちょっと気になったのは、電源コードの接続部分。私の使い

方が悪いのか、初期不良もどきか、かなり早い段階で、ごくたまに「外れる」

ことがあった。「外れる」といっても、コードが抜け落ちるのではなくて、画面

下のタスクバーの電源アイコンが、AC電源からバッテリー駆動に変化、バッ

テリー容量の数字が減っていくのだ。その場合、接続部分を少しいじると、

AC電源に戻る。

             

その後、1年半、特に大きなトラブルは無くて、昨年末HDDの異音が気に

なった程度。この時もかなりあわてて、直ちにデータをバックアップ。前から

書いてるように、私はかなりマニアックだから、仕事・ブログ・趣味・プライベー

トその他、あらゆる情報を大量にPCに溜めこんでる。しかもそれらは、数百

のフォルダに分けられてるから、バックアップというのは大変な作業なのだ。

     

「上書き保存」すればいいなんて考えは、フツーの量の場合。私だと、上書き

なんてやりだしたら、2~3時間かかるだろう。データ量(何GBとか)以上に、

ファイル数が多いと思う。特にネットのページ保存が多くて、このバックアップ

作業のスピードは遅い(動画はデータ量が大きいわりに速い)。

      

話を戻すと、その昨年末のトラブルはその後おさまって、安心してたらいきな

昨夜、モニター画面が消えたのだ! スリープにはせず、画面を閉じただ

けで15分くらい経っただろうか。その後、また使い始めたら、数分でいきな

り真っ暗になって、よく見るとウッスラと画面の内容が見える。電源ボタン

緑色に点灯、キーボード操作も可能。これはバックライト関連の問題だろう。

ライト本体か、点灯回路か、制御プログラムか。

    

ライトと言うと、蛍光灯とかの交換みたいに簡単で安いイメージがしてしまう

が、実際は全く違う。2つ前のノートパソコンは、画面がついたり消えたりし

始めて、しばらく経つと完全にダメになってしまった。数日だったか1週間く

らいだったか。修理に出すと、バックライトの交換で、その料金が凄い! 何

と、見積もりで13万とか言われたのだ。11万5000円だったかも知れない

けど、何にせよ、新しいノートPCを買った方がいい。ホント、今の電気製品

というか、電子製品の修理費は奇妙なほど高い。

    

で、ほとんど消えたモニターを見て、あちこちキーやボタンを押したり、モニ

ターを動かして角度を変えたりする。ほんの数秒だけ2回ほど復活したけ

ど、またすぐダメに。仕方なく、うっすら見えてる画面で終了の操作をして、

20秒後くらいにあらためて電源ボタンを押すと、復活♪ ところがその後、

一度シャットダウンして、また使い始めたら、再びいきなり画面が消えた

だ。ただし今度も、一応うっすら見えている。

       

そこで、また電源を切った後、外付けHDDと接続してバックアップの準備。

途中で1回やったつもりだったのに、実は12月下旬以来で、しかも前回

あわててたから、最低限の手抜き作業しかやってない。既に夜中の3時過

ぎだったのに、そこから頑張ってデータ救出。その間はなぜか、画面は消

えなかったけど、朝までかかってしまった。最後の救出チャンスかも知れな

いと思って、必死だったわけ。

    

で、40分だけ寝て起きて、試しにPCを立ち上げてみたら、また10分ほど

で画面が消えた! これはヤバイってことで、今、必死にこの記事を書い

てるわけ。マズイんだよなぁ。まだこのPCで、仕事もプライベートも色々や

んなきゃいけないし、ブログも大変なのに。。

    

       

          ☆          ☆          ☆ 

一方、原因の追求とその対策も、当然行ってる。ネットで検索すると、最初

の方に出て来る情報のポイントは、どれもやっぱりバックライト系の指摘

それじゃあ、諦めるしかないし、個人的にちょっと違う気もしてた。というの

も、ライトの消え方が、「スリープ」させる時みたいな滑らかさで、しかもその

前に少しだけHDDが動いてる。これは、本体からモニターに、誤って省電

力の指令が伝わってるせいじゃないか。

         

そう思ってたら、その指摘をしてるサイトが見つかった。WindowXPなら

「画面のプロパティ」から設定を変更するんだけど、Vistaの場合は、「コン

トロールパネル→電源オプション→ディスプレイの電源を切る時間の指定」。

     

ここでまず、なぜかAC電源でも「10分」でディスプレイの電源切る設定に

なってるのを発見。もちろん、一度もいじったことはないから、得体の知れな

い「規定の設定を復元する」は避けて、自分で時間設定を「なし」に変えた。

細かい条件はともかく、基本的に、AC電源で使ってる間、ずっとディスプレ

イの電源を切らないのは当たり前だろう。  

         

さらに、有益で確かな情報も見つかった。どこだったか、あわててたから保

存もしてないけど、どうもモニターを閉じたり電源の切り替えがあったりした

に、一度切れたディスプレイの電源が戻らなくなる、といった不具合があ

るようだ。ソフト(ドライバ)のヴァージョンアップだったか、対策が何か書か

れてたけど、そうゆう事なら、モニターを閉じるのを止めて、電源の切り替え

もしないようにすれば大丈夫のはず。つまり、スリープは出来るだけ使わず、

個人的には、電源コードの接続部分に気を配ればいい。。

       

           ☆          ☆          ☆

フーッ、とりあえず今夜、この記事を高速で打ってる間は大丈夫だった。こ

の後、一回電源を落とすけど、その後がまたどうなるか分からない。まあ、

最悪の場合、携帯投稿で何かつぶやいて、無理やりブログ更新を継続させ

るつもりなので、悪しからずご了承を。昔の壊れかけたパソコンを引っ張り

出すのはかなりダルイし、よそのPCで個人的な作業をする気には、あまり

なれないもんで。。

    

とりあえず、今日の更新はこれで終了。それでは、自分とこのPCに向けて、

Good Luck!☆彡

     

                                 (計 2766文字)

| | コメント (10)

音信不通の旧友の実名ツイッターを発見♪、でも・・

RUN18km,1時間27分11秒,心拍149

手が冷え切って、キーボードが打てない。。寒いって言うか、冷たかったな

と思って、今ネットで気温を見ると、この辺りは0度だったのか! 納得☆

そう言えば昼間、ちょっとだけ粉雪も舞ってたもんな。空の半分は晴れてた

のに。。って言うか、空が雲に覆われてないからこそ、夜の冷え込みが厳し

いってことか。放射冷却。う~ん、理科だね。小中学校レベルだけど♪ あ

るいは、お天気お姉さんレベルと言うべきか。

        

さて、月末ってことで、今夜もそこそこマジメに走って来たから、単なるラン

ニング日誌でもいいんだけど、プライベートなつぶやき日記をオマケに付け

とこう。題材は、これまで一度も話題にしたことがない友人のツイッターだ。

ちょうど私がブログを始めた頃、つまり5年半ほど前から音信不通になって、

まだこのブログのことも話してないから、イニシャルさえ書かないことにする。

その辺り、私の個人情報保護は徹底してるのだ。

        

twitter という新メディアの話は、先週友人Kと3時間以上おしゃべりした時

にも登場。その際、実名が多いよなという話をした。試しに今調べてみると、

SNS(ソーシャルネットワークサービス)の mixi や Facebook よりは実名

が少ないそうだが、ブログよりは遥かに多い。実際、私の周囲で twitter を

やってる人間の多くは「ほぼ」実名だ。「ほぼ」というのは、漢字の代わりに

アルファベットなどを使ったりしてる場合もあるから。

         

一方、私は先週の木曜以降、Googleやツイッター関連の本格的な記事を

書こうとして、書けない状態が続いてる。そこで、ふと思い出した旧友の実

名ツイッターをGoogleで検索してみたら、すぐに見つかった。正直、こうゆ

個人調査みたいなことはあまりしたくないんだけど、電話どころかメールも

通じなくなったから仕方ないのだ。ちなみに相手は、年上の男性だから、当

然ストーカーごっこではない♪ 

     

もちろん、同姓同名の可能性もあったけど、そこでフォローしてるツイッター

を一通りチェックして、本人だと確信した。相変わらず、超マニアックな人だ♪

ただ、連絡を取ろうと思ったのに、その手がかりが全くない。何と、プロフィー

ルどころか、ツイート(つぶやき)さえ一つも無いのだ (^^ゞ あまりにも「らし

くて」、苦笑してしまった。変わってないね。普通の人とは全く「変わってた」

性格が、今現在も変わってないのだ。

        

これじゃあ、私がツイッターを始めて、その人のツイートにRT(リツイート)す

るっていう連絡方法さえ使えない。子どもの頃、小学校で郵便貯金の口座

を作った時には、確か100円くらい預けたと思うけど、ツイッターの開設って、

1つもツイートしなくても大丈夫なのかね。そりゃ、似てないか♪ 

        

まあ、文字通りの意味でのアウトロー(outlaw)。世間的な常識(law)の外

(out)にいる人だし、あえて無理やりコンタクトを取るのも止めとこうか。と

にかく、生きてることが分かっただけでも良しとしよう。この人は、良し悪しは

ともかく(♪)、私が非常に影響を受けた人だから、いずれまた話題に出す

かも知れない。ただしあくまで、ごく控えめに。。

    

それにしても、実名主義のフェイスブックと同様、ツイッターも人探しに使え

ことが実感できたから、そのためだけに、私も実名のツイッターを作ろうか

。ひょっとすると、昔の女の子が私を探してるかも知れないから(笑) 別

にツイッターなんて作らなくても、ネット上のあちこちに私の名前はあるんだ

けど、最近は同姓同名の別人が増えてるって事情もある。ツイッターを通じ

て再会、2人の思いは一気に燃え上がり、そして、Ah~~~!と発声練習

するのだ。放送部かよ!♪

      

   

         ☆          ☆          ☆  

おっと、書きながら色んな思い出に浸ってしまったわ。夢見る少女かよ。最

後に、今夜の走りについて。とにかく、書けてないブログ記事が多過ぎるか

ら、走るのを止めて執筆に専念しようかとも思ったんだけど、どうせ今さら書

いてもアクセスは少ないし、「迷った時はしんどい方を!」という原則もある。

    

比較はビミョーだけど、やっぱり暖かい家で、頭と指だけ動かしてパソコン

をいじる方がラクだから、気合を入れて却下。着替えて、外に飛び出した。

別に、やる気満々って訳ではなくて、時間が足りなくなってたのだ♪ 気温

0度でも、風が全くないし、上に4枚着てるから、上半身はそれほど寒くもな

い。ただ、指が冷え切って、手袋1枚では冷た過ぎた。下半身の寒さは、ス

ピード次第だ。     

     

昨夜そこそこスピードを出して16km走ってるし、明日も走る予定。だから、

今夜は1km5分程度でゆっくり18km走りたかったけど、それだと下半身

が冷えてトイレに行きたくなるから、微調整のスピードアップ。結局、ランニ

ング17kmのトータルでは、1km4分47秒ペース。あと、昼間の雑用JOG

が1kmあったから、それを加えて合計18km。今日のノルマを達成した。

    

更に明日はハーフを走りたいんだけど、問題は時間があるかどうか。月曜

だし、他にもやる事があるし、ちょっと苦しいな。ブログの締切時間24時も

あるしね。ま、ダメなら10kmくらいは走るようにしよう。

        

今さら流行遅れで書く気もしないけど、昨夜のサッカー・アジア杯決勝。レベ

ルはともかく、面白い試合だったね♪ 深夜、雑用をこなしながら、最後ま

で見てた。延長の末に、あれだけキレイなボレーシュートが決まるなんて、

出来過ぎの展開。ま、疲れきってたし、李忠成は途中交代選手だったから、

オーストラリアの守備陣のマークも外れてしまったわけね。個人的には、

客席のブロンド美女哀しげな表情ちょっと萌えてしまった♪ そこかよ!

ではまた。。☆彡

       

  雑用(1km)       6分程度

  往路(2.45km)   13分15秒  平均心拍130        

  1周(2.14km)    10分52秒        139       

  2周             10分25秒        144  

  3周             9分54秒        154

  4周             10分00秒        155

  5周             9分37秒        158

  6周(1.4km)        6分16秒         163

  復路              10分54秒        160     

計 18km  1時間27分11秒  心拍149(81%) 最大167(ゴール前)

         

                                   (計 2516文字)

| | コメント (0)

またしても不満が溜まる1日、そろそろサッカーだし♪

RUN 16km,1時間13分11秒,心拍158

あ~、サッカー・アジア杯決勝戦が始まってしまう。また今日も時間が足り

なかったか。う~ん、今からマトモな記事を書くのは、あまりに時間がかか

るし、途中でチラチラとサッカーを見ることになるから、能率も非常に悪い♪

仕方ないなぁ。ま、今日はそこそこマジメに走ったからいいかはこうゆう

日は、単にランニング日誌をつけて終了だったもんね。

     

まず、昨夜のつぶやきの続きを書きとめとこう。超久し振りに電話して来た

女友達の話。そこそこの長さの携帯メールを打って、適度に絵文字も入れ

て、送信ボタンを押すと、何と「送信できませんでした」とかメッセージが出て

来た (^^; オイオイ! これがブログの記事だと、保存に失敗したら文章が

消えてしまって、悲鳴をあげることになる♪ でも、携帯の場合は、単に

送信ボックスに入るだけ。エライぞ、携帯☆ と言うより、ブログがエラくない

のだ。保存失敗したら、元の文章くらい残してくれよな。

     

で、その後どうしたかって言うと、向こうから連絡して来たくらいだし、拒絶さ

れてるはずはない。そもそもクサレ縁の仲だ♪ 落ち着いて考えると、そう

言えば年賀状に携帯アドレスが書かれてた気がするので、探してみる。あっ

た、あった☆ なるほど、アドレスが変わったのか。メールで知らせろよな。

      

仕方ないから、新規メールでアドレスを1文字ずつ入力、未送信だったメー

ルの文章をコピー&ペーストして送信。おーっ、出来た出来た。って言うか、

元のメールのアドレスだけ変えた方が早かったかも♪ その後、返信が来

、どうやら超久々に会うことになりそうだ。

         

仲良しの男女が一夜を共にすると、起きることは一つ。そう、あの気持ちい

いこと。もちろん、カフェでお茶するのだ。いや、アルコールが入ると、あっち

が上手く出来ないもんでね。ほら、あの大切な行為。もちろん、帰宅後のブ

ログ更新だ。他に何か、心当たりでも?♪

       

   

           ☆          ☆          ☆ 

一方、今夜の走り。これが月末で無ければ、サボってブログ記事を書いてた

かも知れない。書こうとして書けてない記事が、5本以上溜まってて、マニアッ

クブロガーとしては非常に欲求不満が溜まる上京。だから、夜行列車で上野

に上京した。昭和演歌の世界なのだ・・・って、意味ないわ! 「上京」じゃな

くて、「状況」ね♪ 変換ミスはイラつくけど、たまには笑えたりもする。 

       

話を戻すと、月末の走行距離稼ぎのために、渋々と寒いお外へ走り出す。

気温4度! まあ、昨日や一昨日の寒さ(1度とか)に比べるとマシだね。風

もまったく無い。ただ、やる気が無かったせいか、厚着するのを忘れてしまっ

て、上には「僅か」3枚しか着てなかった。冷え性の私は、真冬の夜は4枚

着て走るのが基本。グローバルじゃないけど、ローカル・スタンダードだ。

       

寒さ対策としては、スピードを出すのが一番ってことで、やる気もないのに

往路からスタスタと足を動かして、身体を温める。一昨日の冴えない走りよ

りはマシで、鼻呼吸のまま2周半じわじわペースアップ。そこから口呼吸

変えて、やや強めにキックしてストライド(歩幅)を伸ばす。そうそう、やっぱ

キックしないと、1km4分半ペースは切れないね。

     

その後は1km4分16秒くらいまで上げて、周回終了。うん、全体として、

よいビルドアップ(加速走)になった。復路もそこそこマジメに走って、トータ

では1km4分34秒ペース。ま、元々やる気も無かったし、こんなもんでしょ。

明日も明後日も走る予定だから、余力たっぷりで丁度いい。

        

さて、これからオーストラリア戦を流し見しながら、雑用を片付けるとするか。

セルジオ越後の解説って、わりと好きなんだよな。あの妙な日本語と落ち着

いた分析が、いい味出してるね♪ ではまた。。☆彡

               

  往路(2.45km)   12分28秒  平均心拍137         

  1周(2.14km)    10分24秒        151       

  2周              9分57秒        155  

  3周             9分39秒        161

  4周              9分25秒        163

  5周             9分08秒        168

  6周(0.4km)        1分45秒         172

  復路              10分27秒        165     

計 16km  1時間13分11秒  心拍158(86%) 最大173(周回ラスト)

          

                                   (計 1707文字)

| | コメント (0)

時間が足りなくて、あれもこれも出来ない状況が継続中・・

雑用&気分転換JOG 5km,28分程度

忙しい・・・って書きにくくなっちゃったな。こないだ「おしゃべり3時間」とか

書いた後だと (^^ゞ まあ、友人Kとゆっくり話す機会は久々だったから、あ

れは仕方ない部分もある。

   

・・・と、ここまで書いた所で、イラつくからテレビでも流し見しようと思って、

デジソフトを起動したら、いきなりPCがシャットダウン! 何じゃ、こりゃ! 

こないだも変な動きをしたよな。ブラウザの IE(=Internet Explorer)と相性が

悪いような気もする。

    

で、ほぼ自動的に再起動された後、「WINDOWSは予期しないシャットダウン

から回復しました」、「解決策を確認しますか」と言って来たから、はいをクリッ

クすると、全然関係ないソフトが起動して、解決策を示すはずのMicrosoftの

HPは現れず。ま、どうせ、解決した試しなんてほとんど無いけどね。

      

それより問題なのは、改めて地デジ閲覧ソフトを起動しようとしたら、設定

ウイザードが立ち上がってしまったこと! ギョエッ・・初期設定が吹っ飛ん

。これ時間かかるんだよなぁ。BUFFALO「PCastTV for 地デジ」、ほ

んと重くて不便でエラーも時々あって、困ったもんだね。もう1ランク、グレー

ドの高いやつを買うべきだったのか。まあ、これでもY電機の売値で8000

円くらいしたんだけどさ。

    

とか書いてたら、今頃「解決策」のアイコンがタスクバーに登場。「問題イベン

ト名: APPCRASH  アプリケーション名: TVEnhance.exe ・・・」。私が見て

も、何の役にも立たない情報だな。あっ、一応、「知らないアプリのクラッシュ

だな」って情報だけは手に入ったわけか♪ IEとか、知ってるものじゃなくて。 

         

結局、設定に5分以上かかって、今まで映らなかったNHK教育が映るよう

なったけど、過去の経験上、どうせすぐ見れなくなるんだろう。設定の瞬

間の電波状況がたまたま良かっただけで、その後はダメになるのだ。ホン

ト、地デジって大嫌いだわ。今からでも、アナログに戻せっていうか、アナロ

グ選択の自由を与えろと言いたい! 足りない電波の効率的利用とかいう

話なんて、どうせ家電業界に押し切られた末の言い訳だろう。

     

          ☆          ☆          ☆

ちなみに、見ようとしたテレビは明石家さんまの『恋のから騒ぎ』。今年度は

ほとんど見てなかったけど、遂に番組終了って話だから、見納め気分なの

だ。PCトラブルで大幅に話が脱線したから、元に戻ることにしよう。

     

とにかく、時間が全然足りない。今夜は、コメントレスを2つ付けた後、わり

と夜遅くまで開いてる本屋までダッシュ。ブログ記事関連で、あるマニアック

な雑誌を見ようと思ったんだけど、既に新しい号に変わってしまったらしく

て、役に立たなかった。折角だから、駅前で色々買い物して帰宅。

    

その後は、アクセス解析を高速で流し見したり、昨日アップした記事を加

筆修正したり。かなり手間ヒマかかってる、しっかりした記事なのに、とりあ

えず初日の読者の入りは悪かったから、記事タイトルも変更。潜在的な需

要は必ずあると思うから、後はGoogleとYahoo!の扱いに任せるしかな

い。ま、すぐに一部検索ページのベスト5にはランクされてたんだけどね。。

        

ここで既に、23時20分くらい。やる事が多過ぎて迷った末に、やっぱりもう

ちょっと小走りして来ることに決定。近所の公園までの往復&1周で、3.6

kmほど追加。合計5kmまで伸ばした。ホントは14km走る予定だったか

ら、これでもかなり後味が悪い。帰り道に立ち寄ったコンビニにも、お目当

ての品物が無かったし。。

       

          ☆          ☆          ☆

その後、PCトラブルにイラつきながら、つぶやき記事を書いてるんだけど、

まだこれから、やるべき事が沢山残ってる。毎年恒例、スキー&スノーボー

ドツアーの予定を金曜までに決めるはずだったのに、既に日付けが変わっ

てしまった。あと、心理学の記事も準備だけで中断してるし、昨日の朝日新

聞・朝刊オピニオンページに関しても、本格的な記事を書かなきゃなんない。

どちらも相当な時間がかかる内容だ。

      

更に、31日締切の仕事に加えて、1日締切の仕事まで唐突に飛びこんで来

た。オイオイ!って感じで、思わず顔をしかめてしまう。おまけに、よりによっ

てこんな時、超久し振りの女友達から留守電なんて入ってるから、応答もし

なきゃいけないのだ。「今夜、あなたに会いたい ♡」って電話だったかも知れ

ないな。逃がした魚は・・・どうだろう? そりゃ、失礼か♪ このブログは多

分、読んでないはずだから、大丈夫だ。コラコラ。

          

もちろん、1月は残り3日しかないから、走行距離を稼ぐ必要もあるし、冷え

切ったバイクのバッテリーを温める必要もある。このクソ寒いのに、バッテ

リーのためだけにバイクに乗らなきゃなんないなんて、ほんとバカげてるよ

なぁ。ま、ボヤキまくってヒマがあったら、一つずつ片付けて行こう。

    

とにかく、今日は僅か5kmほどスタスタ小走りしただけに終わってしまった。

明日は最低でも、18kmは走らなきゃ! では、今日はこの辺で。。☆彡

      

                                 (計 2093文字)

| | コメント (0)

ランニング人口の意外な推移~『レジャー白書』(ジョギング・マラソン)

RUN 16km,1時間16分22秒,心拍150

 

あ~、時間が足りない。。やりたい事、やるべき事がどんどん溜まって、ど

うにもならなくなって来た (^^ゞ ブログだけでも、書こうとして書けてない記

事が5本以上ある。いや、そんな事より、仕事が次々に溜まって来たし、ラ

ンニングの今月の走行距離もヤバイのだ。

 

という訳で、一部を切り捨てたり、手抜きしたりする必要がある。今夜、仕方

なく切り捨てた一つが、織田裕二&柴咲コウ『外交官・黒田康作』第3話。あ

ちこちに、今週から見ると書いてたのに、時間が足りなかったと言うか、ラン

ニングの方を優先させたのだ。今週はもう、ドラマを2本見てるし、サッカー・

アジア杯の延長・後半以降も見てるから、私としてはテレビの見過ぎ。まあ、

来週はちゃんと『外交官』を見ようと思う。もう第4話になっちゃうけど。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

で、平日としては久々マジメに走って来た後、これから書くのは、ランニ

ング人口の推移だ。前に書いた、スキー&スノボ人口の推移の記事が、

意外にヒットしてるので、「柳の下の二匹目のドジョウ」ってやつで、類似

記事を計画♪ データは一通り集めてたんだけど、なかなかグラフを作る

(精神的)余裕が無かったのだ。

 

あと、最新のデータ(2010年白書掲載の09年分)がネットに見当たらな

いから、図書館で調べようと思ってたんだけど、これまたズルズル後回し。

昨日、やっと図書館に行けたのに、時間が無くて、白書を置いてる場所を

発見しただけで終了 (^^ゞ 友人を待たせてたから、焦ったわけ。来週に

でもまた調べて来ようと思ってる。とりあえず今日は、1993年~2008年

のデータで済ませとこう。これだけの集計データ&グラフでも、今現在ネット

には無いんじゃないかな。

 

・・・とここまで書いた所で、腹が減ったから執筆中断して、焼きそばをガツ

ガツ♪ あ~美味しかった。食後はやっぱ、コカコーラだね☆ 夜、マジメ

に走ると、夜食が欲しくなるのだ。16kmで1000kcalほど消費したから、

1100kcalは摂取していいだろう。差し引き、プラスかよ! 

 

軽口はともかく、一息ついてる間に、抜け落ちてた05年のデータを発見。

さらに、別の場所で09年のデータも発見したから、現時点までの白書デー

タを17年分確保。気持ち良く、エクセルのグラフを作れることになった♪

では、いよいよ結果発表☆   

 

 (☆追記: 2013年11月12日、最新グラフへと更新した。)

 (☆追記: 2014年11月15日、『レジャー白書 2014』に基づいて、更に

        グラフ更新。数値は少し下に追加。)

 (☆追記: 2015年11月27日、『レジャー白書 2015』に基づき更新。)

 

 

160720a

 

 

入力データ       93     94     95     96     97     98     99    2000

            2630  2490  2500  2580  2430  2270  2420   2690

 

              01     02     03     04     05     06     07     08     09 (年)

            2780  2780  2700  2620  2120  2390  2280  2550  2810 (万人)

                                          (注.人数は4ケタ目を四捨五入したもの)

 

 

 

         ☆          ☆          ☆

このグラフの「右上だけ」見ると、やっぱり急増してるなと思ってしまうことに

なる。でも、「全体」を見ると、記事タイトルを「意外な推移」とした理由が分

かるだろう。そう、実は『レジャー白書』によると、足かけ17年間、マラソン

人口はほとんど一定、2500万人前後になってるのだ。最後の09年に、一

定状態を抜け出して上に突き抜けたようにも見えるが、実はそうではない。

 

というのも、前のスキー&スノボ人口の時に書いたように、09年データ

掲載されてる『白書2010』から、インターネット調査になったため、「余暇

活動参加人口」が全体的に急増してるのだ。この統計手法変更による増

加分差を差し引くと、グラフの右端はかなり低くなるから、17年間の一定

ゾーンは突破されてない。結局、なぜか05年に急減した後、07年開始の

東京マラソン効果やエコブーム、健康志向などで、06年から急速に「リバ

ウンド」したに過ぎない。

 

 

 (☆追記: 2010年2570万人で、やはり一定ゾーンの範囲内。) 

 

 (☆追記2: 2011年2590万人で、ほんの少し増えたのみ。ただし、

        震災の影響なのか、他の多くのレジャー人口が減ったよう

        で、順位は圏外から17位へと躍進したようだ。) 

 

 (☆追記3: 2012年2450万人で、約5%の減少。NPO総合科学

         研究会が公開してる数値の一の位を四捨五入した。)

 

 (☆追記4: 2013年(白書2014)は20位・遊園地より下の2080万人

         で、前年から激減したことになる。他の多くのスポーツも減少。)

 

 (☆追記5: 2014年(白書2015)は2140万人。微増で踏みとどまった。)

 

 (☆追記6: 2015年(白書2016)は2190万人。再び微増で、「人気が

         復活」と強調されてたが、統計的な誤差の範囲でもある。)

 

 

ただし、以上はあくまで、『レジャー白書』のデータ。まだ確認してないけど、

白書での参加人口とは、1年に1回とか週に1回とか、実施頻度の低い人

も合わせた数値なのだ(☆追記:1年に1回だと確認)。だから、『白書』の

人口がほぼ一定でも、週に2回以上の人が増えたり、1回当たりの距離が

伸びたりすれば、実質的に人口が増えたのと同じような効果が生じる。実

際、大会の参加人口増加はあまりにも明らかなこと。やっぱり、全体的に

見て、マラソンが盛んになって来たのは確かだろう。

 

ただし、実証データが揃ってないから、今後さらに研究を深める必要があ

る。誰が研究者や! ちなみに、『白書』での種目名は「ジョギング、マラソ

」となってて、まさに「レジャー」として軽くジョギングしてる人を含んでるこ

とが感じ取れる。でも、最近はランニングの方がメジャーな言葉だから、ウ

チのこの記事のタイトルでも、「ランニング人口」としておいた。 

 

 

 

cf.バブル崩壊以降、スキー&スノーボード人口の推移~『レジャー白書』他

  ラケットのPrince(プリンス)破綻・・日米のテニス人口推移など

  サイクリング(自転車)人口の推移~『レジャー白書』(2001~10年)

 

 

P.S.09年のウチの記事でも扱った、笹川スポーツ財団の隔年調査「

    ポーツライフに関する調査2010」では、ここ数年のランニング人口

    の増加が強調されてるようだ。12月に発行されたばかりの『スポー

    ツライフ・データ2010』にまとめられてるようなので、いずれ書店か

    図書館で確認したい。

       cf.マラソンブームを引っ張るのは女性じゃなかったのか・・ 

 

 

P.S.2 笹川スポーツ財団が12年11月16日に発表した、1998年~

      2012年の推移によると、年1回以上のジョギング・ランニング実

      施率は全体で約4割上昇(6.7%→9.7%)。ただし、意外にも

      女性はほとんど変わらず(5.2%→5.3%)。男性が約6割増

      加しただけだった(8.7%→14.0%)。

 

 

 

         ☆          ☆          ☆

おっと、やっぱりこの種の記事は、マジメに書くと意外なほど時間を取られ

ちゃうね。もう止めにしよう。最後に今日の走りについて。スタート時は、わ

りと足が軽く感じられて、タイムトライアルでもやろうかなと思ったほどなの

に、往路のタイムが遅いし、1周目が恐ろしく遅くて、やる気を失ってしまっ

た (^^ゞ ま、元々、16kmラクに距離稼ぎするだけでいいと思ってたから、

別にかまわない。

 

土曜の高速バトル付き25km走(1時間51分)の疲れがまだ残ってたのか、

あるいは単に、極端な寝不足だったのか。気温2度で風もあったから、寒過

ぎたのかも知れないね。とにかくやたら遅い16km走で、トータルでは1km

4分46秒ペース。これはヒドイ。25km走は、1km4分28秒だったのに。。

 

かなり不満だけど、気持ちを切り替えて、明日も12km程度は走ることに

しよう。1月はもう、残り4日だもんな。ちなみに、下のデータで、ラップタイ

ムがやや乱れてるのは、ミニ・バトルによるもの。1km3分半くらいの超高

速ランナーを、ちょっとだけ追いかけちゃったのだ♪ 実は相手は、単なる

ラストスパートだったんだけどね。ではまた。。☆彡 

 

  

  往路(2.45km)   12分54秒  平均心拍129         

  1周(2.14km)    10分57秒        141       

  2周             10分04秒        154  

  3周            10分19秒        152

  4周             10分07秒        154

  5周             9分50秒        158

  6周(0.4km)        1分49秒         159

  復路              10分24秒        160     

計 16km  1時間16分22秒  心拍150(82%) 最大169(ゴール時)

 

                                 (計 3461文字)

| | コメント (0)

友人と3時間おしゃべり♪、予定はガタガタ・・

通勤JOG 4km,23分程度

失敗したぁ~~。。今日は仕事が早く終わったから、帰りにチョコッと図書

館で調べものをして、帰宅後は仮眠。超寝不足状態を少し解消した後、起

きてマジメなブログ記事を書く予定だった。

          

ところが、たまたま付き合いの長い友人Kと一緒になって、珍しく向こうも時

間に余裕があったから、延々とお喋り開始♪ 適当に、オープンカフェもど

きの談話スペースに座って、誰にも話したことのないプライベートな内緒話

とか、仕事関連、社会的話題、次々に色んな話を展開していく。

              

私としては、おそらくKが先に、そろそろ帰ろうかと言い出すだろうと思ってた

んだけど、全くその気配なし。一方、私自身は、前から何度も書いてる通り、

眠いと饒舌(じょうぜつ)になって、軽口も理屈も止まらない♪ 場所を本物

のカフェに移して、カフェオレを飲みつつ、仕切り直しでまた延々喋る。

        

その内、そのカフェが閉店の支度を始めたから、隣に移動して、まだ喋る。

平成人間だから、「男は黙ってサッポロビール」なんていう昭和のヒットCM

は、聞いたこともない♪ 試しにこのキャッチフレーズで検索すると、ウィ

ペディアに笑える都市伝説(?)が見つかった。興味のある方は、あちらで

ご覧あれ。

                   

ってことで結局、たっぷり時間があったはずの夜がつぶれてしまったのだ♪

超寝不足のまま、仕事して喋り続けて、今さらマジメな記事を書く余力はな

。記事のネタは既に仕入れてあるし、コメントのレスも書かなきゃいけない

しってことで、もうしばらくブログをイジリたいのは山々なんだけど、明日も仕

事だし、これからまだ他に雑用もある。いくら何でも限界だから、今夜はほ

ぼ完全なつぶやき系記事でお茶を濁しとこう。

       

         ☆          ☆          ☆

ところで、もう、今日のアクセス解析を流し見する余裕さえ残ってないんだ

けど、また一段とアクセス数が増えてるのは意外だった。まさか、昨夜のつ

ぶやき&ドラマ記事がヒットしたんじゃないよなと思って、ページ別アクセス

数のグラフを見ると、ドミノピザ時給250万円のアルバイトに関する一連

の記事に大量のアクセスが入ってる。

                  

採用決定は1ヶ月半前、バイトの内容が雑誌(TVブロス)に掲載されてか

らでも、既に3週間近く。何で今さら?と思って、Googleで「ドミノピザ」の

ニュース検索を実行すると、なるほどと納得した。ドミノがまた新しく、店員

を候補者とする「イケメンコンテスト」なんてものを始めてたようで、その

然の中止決定が、今日の午前中に発表されたらしい。

         

それが伝わったから、話のつながりで、少し前の刺激的なバイトに関心

広がったわけだろう。実際、発表直後の昼間にアクセスが急増してるのだ

110126

  (グラフ参照)。もちろんウチに、

  イケメン関連のコメントや感想な

  ど一つも無い。さっきまで、全く

  知らなかったんだから。

      

ちなみに、コンテスト中止の理由は、「投票システムの不備により断続的

な大量投稿を受け付けて」しまったからとのこと。まあ正直言って、知らん

ぷりしたくなる種類の話だから、何も書かないでおこう・・・って、書いとるわ!

          

さて、この程度つぶやけば十分でしょ。『CONTROL』第1話記事に掲載の

視聴率グラフも更新したし、藤木直人視聴率記事の各年グラフも更新。ちゃ

んとアフターケアを済ませたし、超眠いのにこれからまだ用事がある。あぁ、

1日36時間欲しいよなぁ。ま、時間が増えると、用事も増えるから、実はあ

んまし意味がないんだけどネ♪ 

            

そうそう。最後に今日の走りについて。帰宅後に走らなかったのは予定通

りで、通勤ジョギングを少しめに行っただけ。ホント、もう慣れちゃった

ね。スーツ、革靴、荷物ありで走っても、何とも思わなくなった。靴だけでも

通勤ラン用のものにしたいんだけど、買うのがダルくて。凝り性だから、選

ぶのに時間がかかるのだ。

       

明日は流石に、多少マジメに走る予定。内容を何にするかはともかく、ブ

ログもマジメに書くつもりだ。では、不本意ながら、今日はこの辺で ☆彡

                          

                                (計 1646文字)

| | コメント (2)

冴えない日、2日目のつぶやき♪

雑用&気分転換JOG 4.5km,25分程度

あぁ、完璧に、「平日は走らなくていいやモード」が身体に沁みついちゃった

な (^^ゞ 今夜は走る時間があったのに、またサボって、さっき申し訳程度

程度に軽くジョギングして来た。ジョギングって言うか、雑用&気分転換で

小走りしたって感じで、スピードはランニングに近かったと思う。心拍どころ

か、時間さえ正確には測ってない。ま、距離は大体合ってると思う。

        

先月から始めた、通勤ジョグとか雑用ジョグ。ウェアも着ないで、僅かな距

離を適当にスタスタ走ることを指してるんだけど、実感としては意外に効果

があると思う。走行距離はなかなか増えないけど、例えば今日は4.5km。

これを毎日続けるだけで月間135kmにはなる。1日当たり僅かな距離と

負荷なら、辛くも何ともないから、その気になれば毎日でも可能だろう。

          

ま、ハーフやフルマラソンの対策としては少な過ぎるけど、やらないよりは

マシだね・・・と自分を正当化しといて、明日も通勤ジョグだけで済ませるつ

もりなのだ♪ ダメじゃん! (「じゃん」って久々かも。。)

          

           ☆          ☆          ☆

さて、今日は何が冴えなかったか。凄いテーマだね。昨夜もやや睡眠不足

だったから、累積(トータル)の睡眠不足がかなりの量に達してて、朝からも

う眠くてボーッとしたままの状況。当然、頭が働かなくて、銀行のATMの操

作でムダな事をしたために(?)、機械がトラブって、係員駆けつけ騒動

発展しちゃったわけ (^^ゞ

        

と言っても、ムダな事をしただけで、別に間違った操作をしたわけじゃない

まず、入金する現金が少な過ぎて、機械処理後にすぐ追加の入金を行った

ら、機械がパニックを起こして「申し訳ありません」とか表示して来たのだ。

(個人情報保護の観点から、ちょっと話をボカしてある♪)

        

その時点で、私の入金は終了してるけど、通帳記入はされてないから、大

問題☆ 係員を呼ぶと、まるで私を犯罪者扱いするような態度で質問攻め

にする・・・ように感じた♪ ま、係員の方から見ると、「まるで自分を犯罪者

扱いするような目線でにらむ客が来た」ってことになるんだろうけど(笑)。

                   

その後、結局、窓口で処理を済ませたんだけど、トータルで10分以上

時間を取られた気がするし、非常に不愉快だった。おまけに、おそらく銀

行の監視カメラと従業員の脳裏には、「無愛想なクレーム客」の姿が焼き

付いてしまっただろう。本当は温厚で寛容、笑顔の素敵ないい人なのに♪

たまたま、あそこで何か事件が起きたら、容疑者の一人にされそうだよな。

         

これだけなら、まだ良かったんだけど、その10分~15分程度のロスタイ

ムは、今日の私にとって重大で、2つの用事が出来なくなってしまったの

だ。当然、その後のメンタルも冴えないままになってしまう。。

            

          ☆          ☆          ☆

で、不調を引きずっての。また、些細な不愉快さが襲来。自宅で、携帯

で話してたら、電池切れ発生。最近、電池が完全に寿命みたいで、やたら

よく切れる。バイクのバッテリーと同じで、冬の寒さも影響してるんだろう。

            

とにかく、すぐ充電器を用意して、電話をかけ直したんだけど、ここで無駄

な時間を2分くらい使ったから、21時からのドラマの冒頭を見逃してしまっ

た。昨日に続いての失敗で、完璧主義者としては非常に不愉快。って言う

か、何でそんなにテレビばっか見てるのかって所がそもそも問題だけど♪

      

そのドラマ。藤木直人&松下奈緒『CONTROL』第3話。私は初回で見切っ

たはずなんだけど、ブロガーとしては完全に無視するのも難しい。「テンメイ

 CONTROL」なんて検索アクセスがいまだに入って来るのを見ると、単な

心理学ネタのソース(源泉)としてならいいかって気もして来る。

     

で、一応メモを取りながら流し見したんだけど、終了後に心理学用語をネッ

トでチェックし始めたら、またハマってしまったのだ (^^ゞ 「ステレオタイプの

リバウンド効果」で、ベトナム戦争が例? 先週の「自己親密行動」と同様

に、いい情報がさっぱり見つからない(後で発見、末尾P.S.2参照)。完

全に学問的なサイトばかりがヒットする状況で、しかも説明に中身がない。

                    

という訳で、その気になればドラマの後でも16kmくらいは走れたはずなの

に、ズルズルと冴えない一日のまま終わってしまったのだ。肝心の心理学

ネタは、そもそも私の聞き間違いかも知れないし(録画なし)、いい情報も

見当たらないから、このままスルーしちゃうかも。ま、そもそもレビューする

気がないから、無理やり頑張るつもりもないのだ。

    

一応、可愛い小学生の女の子たちはしっかり見たってことで♪ 悪役のコ

がベストかな・・・って、そこかよ! ではまた。。☆彡

    

    

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.オーッ、宿敵・韓国とのサッカー・アジア杯準決勝。PK戦で日本が勝

    利☆ この大会ほんと、本田もさっき言ってたように、厳しい戦いを

    競り勝ってるね。決勝戦くらいは最初からマジメに見ようかな・・・って、

    またテレビかよ!♪

      

   

P.S.2 英語版ウィキペディアで、「リバウンド効果」のまずまずの説明

      発見。項目名には採用されてないから、やっぱし世間的にはマ

      イナーな話みたいだけど、明日の記事に使うかも。聞き間違い

      どころか、ドラマ内容とも関係してるのだ。

           

      要するに、子どもは純真だとかいう、型通り=ステレオタイプの

      先入観を抑止しようと思っても、リバウンドで戻って来るっていう

      理論。ただしドラマ的には、瀬川=松下の先入観が必ずしも間

      違ってなかったっていう、少し救いのあるオチ。)

               

                                  (計 2280文字)

| | コメント (0)

ボーッとテレビを流し見しつつ、冴えない24時間を回想・・

通勤JOG 4.5km,26分程度

ビショ濡れだわ、気象庁! じゃなかったか♪ 「Yahoo!天気」の出典は

「Japan Weather Association」だから、日本気象協会なわけね。しかし、気

象庁との関係が分かりにくいな。違う組織なのはすぐ分かるけど、サラッと

ネットを見ただけだと、つながりが分からない。全く独立ってこともないと思

うけどネ。

     

気象庁は国土交通省・外局だから、の機関。日本気象協会は内閣府所管

の一般財団法人だから、(一応)民間の機関になる。でも、歴史的つながり、

人間的交流、情報のやり取りとかはあるはずだ。ま、とりあえず今夜は流し

とこう。半ば理数系のマニアック・ブログとしては、いずれ調べる予定♪ この

先がプロの領域なのだ・・・って、誰がプロや!

     

          ☆          ☆          ☆

という訳で、今日は今現在でも、晴れの天気予報のままになってるのに、実

際はビショ濡れで帰って来たのだ。で、濡れた身体のまま、制服女子高生ド

ラマを見た・・・とか書いたら、またドラマと関係ない検索アクセスが入るの

か♪ ま、これはドラマ記事じゃなくて、つぶやき記事だから、まったりと超~

冴えない24時間を振り返ることにしよう。

     

まず、昨夜。わりとノンビリできる日曜の夜かと思ってたら、予定外の用事

が次々に乱入。寝不足解消どころか、一段と寝不足が溜まってしまった。

おまけに、ショックだったのが、ワープロ専用機の故障! 簡単な文書を作

るだけなら、PCよりワープロの方が速いんだけど、紙送り部分がギーギー

音を立てて、上手く作動しなくなってしまった。過去の経験上、修理は1万円

とかだから、もう諦めるしかない。

    

ただし、捨てればいいって話でもない。前から何度か書いてるように、ワー

プロでしか使えないフロッピーディスクのデータ救出作業がさっぱり進んで

ないのだ (^^ゞ まだフロッピーの読み取りや書き込みは出来るから、捨て

る前にデータ救出作業をやらなきゃなんない。そうなると、PC側でもフロッ

ピーを使わなきゃなんないから、古いパソコンを引っ張り出す必要もある。

ダルイよなぁ、全く。。

        

          ☆          ☆          ☆

で、その後、今日は眠い目をこすりつつ、しっかりお仕事して、また帰りは

通勤ジョギング開始。ところが、途中で大雨が降って来たのだ。そりゃ、ちょっ

と大げさか♪ でも、スーツ姿でここまで濡れた経験は初めてじゃないかな。

そりゃ、そうだわな。普通は傘さすか、頭を何かで覆うはず。今日はもう開き

直って、冷たい雨の中をしかめっ面で小走りし続けたのだ。

          

ビショ濡れで帰って来て、ギリギリで制服女子高生ドラマ『大切なことはすべ

て君が教えてくれた』第2話をPCで見ようと思ったら、かなり珍しいトラブ

が発生。地デジ視聴ソフトが起動しないし、PCの再起動もできないのだ。

重くて面倒な代わりに安定感のあるVistaで、ここまでハッキリしたトラブル

は、過去1年半で2、3回じゃないかな。ま、直前にちょっとだけ変な操作を

私がしたんだけどね(アンテナ線用のUSBコネクターの抜き差しとか)。     

    

結局、PCを一度完全に終了して、起動し直してる間に、7分くらいが経過。

その間、武井咲のニーハイソックスの上の「絶対領域」を見れなかったのだ。

そこかよ! 正直、先週初めて見た時には、顔はちょっと違うかなとも思っ

たんだけど、2回目だから見慣れたってことなのか、今夜はキレイに見えて

しまった。そうなると、スタイルもまずまずだから、後は三浦春馬先生との凄

いシーンを期待することになる。もちろん、着衣のままで ♡ 制服を脱ぐと、

4割~9割引くらいになってしまう。そりゃ、失礼か♪

        

とにかく、濡れた身体もロクに乾かさずに、眠い頭でボーッとドラマを流し見

しながら、一応ブロガーの務めとしてメモを取る。う~ん、しかし真面目な話、

ビミョーなドラマだな。ま、冴えない女の子が頑張ってたミニスカ姿や、戸田

恵梨香の純白ウエディングドレスはOKとして。。

         

退屈はしないし、若手脚本家・安達奈緒子の力量も感じ取れるけど、まるで

有閑マダム向けの昼ドラみたいだね。いや、見たことないから、単なるイメー

ジだけど♪ 適度にHで、ドロドロして、心理描写が直接的で、イケメンも登

場。松たか子の映画『告白』がウケたこととか考えても、このドラマ、女性ウ

ケは悪くなさそうだ。ただ、やっぱり西浦正記の演出(特に映像)趣味じゃ

ないし、こうゆう物語を見てると、貴重な時間のムダ遣いのような気がしてし

まう。他にやる事いくらでもあるだろって感じ。。

       

           ☆          ☆          ☆

それならパッとテレビを切って、他の事をすればいいのに、心身共に冴えな

い状態だから、その気力もなし (^^ゞ で、適当にネットとか飛び回りながら、

チラチラと『SMAP×SMAP』まで見てしまった♪ テレビ見ない人間とか

言いつつ、昨年末からちょっと視聴時間が増えてるかも。ヤバイよな。ま、

ブログのネタって部分もあるもんで。言い訳か!

              

そのスマスマ。たまに見ると、そこそこ面白いね。もちろん私はファンじゃな

いから、目線はビストロのゲスト・松嶋菜々子に向かうんだけど、37歳にし

ては全然イケるわ・・・って、何が?♪ ヘアスタイルが短過ぎるから、もう

ちょっと長めで女っぽくして欲しいとは思った。あと、宣伝として出演してる

んだから、映画名を忘れないように! 『犬とあなたの物語』か。確かに、

平凡過ぎて忘れそうなタイトルかも。

       

続いて、山P=山下智久も相変わらずキレイな顔と声だから、これまたイケ

るなって感じ。アブナイわ! 肩車されての腹筋、流石だね。格闘技好きと

しては、もちろん『あしたのジョー』は好きだし、映画見たくなったかも。ま、勘

違いされそうだし、流石に映画館には行かないけど♪ 体脂肪率4%かぁ。

測り方で全然違うって話はあるけど、かなり鍛えてるのは間違いない。あ~、

2流市民アスリートももっと頑張らなきゃ。。

    

SMAP5人のトークもまったりと面白くて、最後までテレビを消せなかった

ら、また一段と自分に落ち込むわけ (^^ゞ 週初めの月曜から、社会人が何

やってんだって感じ。おまけにその後は、またブログの更新に追われて、し

かも単なるつぶやき系記事を書いてるから、ダメ押し的に沈むのだ。

      

他にも、相変わらずブログのアクセスがやたら多い状態が続いてるんだけ

ど、アクセスの中身がう~んって感じで、つい溜息が出ちゃうわけ。これって、

雨(or 低気圧)が関係してるかも知れないね。やたら冴えないから、もう止

めよう。こうゆう時は、寝るに限る。

   

ま、今日の結論としては、小学生・中学生・高校生は携帯のプロフに気を付

けようってことか♪(by 『大切なことは』)。いまだにプロフって見たことない

んだけど・・・って言うか、普通のブログを携帯で扱うこととの違いがピンと来

ないんだけど。自分で作ってみようかな。高校生のフリして。詐欺か!

   

あっ、試しに検索すると、ブ「ログ」(記録)と「プロフ(ィール)」(自己紹介)の

違いかね。つまりプロフって、日々の記事の更新が無いのかな。今後の研

究課題としよう。また、それかよ♪ とにかく、そろそろ Good Night ☆彡

            

                                 (計 2905文字)   

| | コメント (2)

パズル「スクエアカット」(難易度4)と、「花まる先生 体積と重さ」(朝日新聞)

昨日(1月22日)から、朝日新聞・別刷beに時々掲載されてるパズル、「ス

クエアカット」(ニコリ作)の記事アクセスが続いてる。要するに、昨日難易

度4のものが掲載されて、苦戦してる人が多いってことだろうけど、去年11

月から、Yahoo!がGoogleの検索エンジンを導入したのも大きい。ウチは

元々Googleで評価されてたブログだから、年末からはYahoo!を使ってる

人の検索アクセスが一気に増えてるのだ。

        

とにかく、折角かなり目立つ量のアクセスが入ってることだし、久々にスクエ

アカットで記事を書くことにしよう。本当は、難易度5のものでもう1本書いて卒

業するつもりだったけど、なかなか掲載されないから、今回の難易度4でとり

あえず妥協。「数独」の難易度4よりは簡単だけど、「推理」の難易度4と比べ

ると同程度だと思う。なお、2本目ということで、あまりに基本的な話はもう省

する。ゼロからスタートしたい方は、以前の記事を先にご覧あれ♪ 問題

難易度3だったから、今回よりは分かりやすいはずだ。

        

ちなみに一応、著作権などへの配慮として、昨日の朝刊発売から1日半の

間は記事を控えておいた。今さら、この1問のために昨日の朝刊を買おう

とする人は皆無だろうから、逸失利益も既にほぼゼロになってるだろう。朝

日&ニコリさん、よろしくネ♪

              

        

          ☆          ☆          ☆

110123a   ではまず、今回の問題を

  掲載。図書カード・プレゼ

  ントへの応募に必要なの

  は、☆印2ヶ所を含む

  角(スクエア)に含まれた

  数字の合計だけど、要す

  るに10×10=100マス

  の全体を、四角で埋め尽

                              くせばいいのだ。今回は

数字が24コあるから、それらを1コずつ含む24コの四角へと、全体を切断

(カット)していくことになる。ただし各四角の面積(マス目の数)は、含んでる

数字と一致させる。百聞は一見にしかず。早速、切断の様子を見て行こう。

        

110123b

  すぐ書けるのは、左の

  い四角3つ。例えば左上

  だと、数字の5を含んで

  面積5マスの四角は、右

  横に伸びたものだけだ。

  数字6と、数字8について

  も同様。基本的に、数字

  が大きい方が分かりや

                             すいし、偶数より奇数

の方が考えやすい選択肢(=場合分け)が減るからだ。

        

110123c

  続いて分かるのは、左の

  青い四角。左端の5を含

  む四角は簡単だけど、右

  端の3を含む四角はちょっ

  と分かりにくい。手がかり

  は、◎のマス目。ここを含

  む四角として、縦長で面

  積3の四角しかあり得

                              ないわけだ。「このマ

スを埋めるのはこの四角しかあり得ないという考え=論理は、よく使う。

     

110123d

  更に、色が見づらいが、

  左の緑色の四角2つも分

  かる。これも、数字2を

  含む面積2の四角と、数

  字3を含む面積3の四角

  は、これしかあり得ない。

  ただ、この辺りはちょっ

  と迷う所でもあるだろう。    

        

110123e

  4番目に分かるのが、左

  図の黒い四角2つ。順番

  は適当で、どちらから考

  えても同じだ。面積8と

  面積2の四角は、こう書

  くしかない。

      

  最後は、左下図の赤い点

                             線の四角2つ。これでも

                             う、☆印を含む四角の面

110123f

  積の1つは3と分かる。

  ここから先はもう簡単

  し、いつものように省略

  するとしよう。後は、左

  図を見ながら、頭の中だ

  けで解くのも、脳トレ

  なっていいと思う♪

         

         

              

          ☆          ☆          ☆

これで今日の更新はもうおしまいにしていいんだけど、ついでに昨日の

の「花まる先生 公開授業」にも簡単にコメントしとこう。

    

今回は、埼玉・川口市立安行小学校・池田和夫先生による、小学4年生の

理科の授業。同じ形と大きさのアルミニウムとの棒を、それぞれ水の入っ

ビーカーに入れ、どちらが水位が高くなるかを考えさせる(山根由起子記

者)。まず予想と討論をさせた後、実験による実証。生徒にまとめさせて、

別の実験も加え、最後に先生が理論的にまとめる。正直、わりと普通の授

業だと思うが、「温度と体積変化」の単元の導入として行う点が珍しいのか、

あるいは全体の構成や運び方に熟練の技が見られるということか。   

               

まあ、授業自体は良しとして、問題は左側に加えられた先生のコメントはっ

てん はっけん」。談話を記者がまとめたものだから、責任は不明確だが、

私の手元の教科書(現行のもの)を見る限り、誤解があるような気がする。

ちょうど、新学習指導要領への移行期だから、学校によって、あるいは先

生によって、微妙な違いが生じてるのかも知れない。

      

気になるのは次の言葉だ。「体積の学習は、算数では2年で液量、5、6年

で立体、理科では3、4年で物の重さと体積など、科目間で系統だって教え

られてきていません」。

       

算数と理科に分かれてるのは、理科の授業が小学3年から始まることを考

えれば不思議ではない。要するに、小学1、2年の算数は、理科的内容が

少しだけ混ざってるのだ。2つの教科は学問的にも密接に関係してるのだ

から、それだけなら特におかしくはない。

     

そこでポイントは、学年の問題になる。東京書籍「新編 新しい算数」(平成

22年発行)によると、液量を習うのは2年ではなく3年、立体の体積を習う

のは5、6年ではなく4年だ(体積は補助教材)。理科でも4年で「かさ」(=体

積)が登場するので、この点だけなら正しい。でも、重さを最初に習うのは、

理科ではなく、3年の算数だ。算数の教科書だけ見れば、学年を通じて

統だてられたものになってる。ちなみに理科に関しては、大日本図書『新版

 たのしい理科』(平成21年発行)を参照している。

          

私は以前、太閤検地の測量方法に関して、同じ記者の記事への疑問をメー

ルで伝えたが、紙面も含めて反応は無し。花まる先生ご本人が、ウチへの

コメントで直接、誠実に誤解を認めてらっしゃるにも関わらずだ。したがって

今回はもう、直接の指摘は行わない。ただ、ウチは朝日ネタを多く書いてる

関係で、新聞社からのアクセスがよく入ってる。もし山根記者がこの記事を

目にすることがあれば、ぜひ教科書をチェックしてみることをお勧めしよう。

簡単かつ必要な取材なのだから。

           

ただし、繰り返すが、たまたま今はカリキュラムの移行期になってる。この小

学校の4年生にとっては、新聞記事の通りのカリキュラムになってるのかも

知れない。その可能性はちゃんと認めておこう。ちなみに算数と理科の問題

については、いずれ本質的に考え直した別記事をアップする予定。

それでは、また。。☆彡

       

      

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.算数まじりの四角いジグソーパズル、「スクエアカット」(朝日新聞・be)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  Windowsの地雷ゲーム、「マインスイーパ」の簡単な攻略法♪

  15パズルの攻略法~3パズル、8パズルへの還元

  ニコリの数字パズル、「数独」に初挑戦(難易度4、朝日新聞)

  最高難易度5もクリア☆人気パズル「数独」早くも卒業(朝日新聞・be)

  ニコリ作の論理クイズ、「推理」(難易度4、朝日新聞・be)

      

                                  (計 2817文字)

| | コメント (9)

1km3分台の高速女性ランナーとバトル&各種話題1行コメント集♪

RUN 25km,1時間51分46秒,心拍164

痛たた。。履き慣れないレース用シューズで、初めて長距離を飛ばしてみ

たら、左足裏のキックする部分にマメが出来てしまった。これさえ無ければ、

あと1分は縮まってたな・・・と書きたい所だけど、勝負に「たられば」は禁物

だから止めとこう。書いとるわ♪

     

さて、今日こそ単なるランニング記事で済ませてもいいんだけど、書きたい

ネタが山ほどあるから、喋りたくてウズウスしてしまう。お喋りかよ! 私は

ツイッターなんてものが流行る少し前から、色んなネタに1行コメントをつけ

て記事にしたいなと思ってたから、試しに今日、少しやってみよう。

     

順番は適当で、元のニュースの順でも、私が見た順でもないので、念のた

め。1行に入りきらない場合は、2、3行になってる。俳句や川柳を考えれ

ば分かるように、縮めるのもかなり難しいのだ。

     

   ☆電気自動車テスラ会長、イーロン・マスク (朝日新聞)

       いいマスクの男だね。寒っ! 金も女も名声も手に入れたか。

   ☆不滅の昭和ギャグ・ランキング (朝日)

       1位、谷啓のガチョ~ンって、古っ! やっぱ、朝日のアスパラ

       クラブのモニター会員って、かなり年齢層が高いな♪

   ☆今でも消えない、ネッシー実在説 (同)

       長谷川町子『サザエさん』の皮肉な批判、鋭い! 73年か。。

      

   ☆「逆風満帆 『ケンカ路線』の重い代償」、亀田興毅 (同)

       ちょっと引っかかるけど、やっぱ本物だね、彼は。

   ☆車谷長吉の人生相談、「悩みのるつぼ」 高齢者に離婚を勧める (同)

       48歳まで、夜は人形を抱いて寝てたって?! 漱石『三四郎』

       の美禰子って名前をつけてたとのこと。みねこと読むのか。 

   ☆国産車の低燃費表示に疑問、4月から適切な表示を目指す (同)

       そうそう。車の燃費データって、大ウソだと昔から思ってたわ。

   ☆「安全宣言」後の地震、学者の責任はどこまでか (同)

       う~ん、微妙な問題だな。そもそも地震予知関連の話なんて

       大雑把なものとしか思ってないけど、自己責任とか言っちゃうと、

       被災者は納得できないわけか。薬の方が大きい問題だけどね。

       

   ☆H2Bロケット2号機、打ち上げ成功 (毎日新聞)

       写真がカッコイイ! 少年の心がさわいでしまう♪

   ☆山口智子、音がテーマの番組「LISTEN 1001」を自ら製作 (報知)

       脚が細くて折れそう♪ 元・人気女優、そろそろヒットが欲しいね。  

   ☆エリカ様の手作りチョコで報道陣メロメロ、「作戦通り」 (報知)

       ほんと、面白いキャラだね。逆に報道陣がチョコをあげるべき。

   ☆性犯罪前歴者にGPS携帯義務 宮城県が条例検討 (朝日)

       米国と韓国が前例か。携帯していない場合は罰金ってことは、

       結構自由だから、実質的にはそれほど効力ないと思うけど。

         

           

もう止めた。これはキリないわ。『14歳の母』のキリちゃんって、三浦春馬だっ

たんだね・・・って、話が逸れまくり♪ ま、一口コメント集で手抜き記事を書くっ

て考えは、机上の空論だな。これ、予想外に時間がかかっちゃうのだ。まあ、

5本くらいで止めて、たまに書く程度ならOKかも。

       

           

          ☆          ☆          ☆

で、今日のランニングの話に戻ろう。寒い中本気で長く走ると、頭が痛く

るんだよな。走り終えてから、かなり時間が経つのに、まだ頭が痛い。脳腫

瘍とか脳梗塞とか、ちょっと心配かも。検査料金が高いんだよなぁ。。

      

頭痛はともかく、今週も平日はサボリまくりだったから、週末は頑張らなきゃ

なんない。ってことで、快走した川口マラソン以降、初めてレース用シューズ・

asicsターサーを履いて、公園にスタート。目標タイム、25km1時間50分

まあ、別にこのために調整して来たわけでもないし、53分程度までならOKっ

て感じだった。

       

気温9度、快晴、無風の好条件の中、いいペースで公園に到着。さらに少し

ずつペースアップしてると、後ろから小さい足音が接近。高速ランナーにして

は音が違うな、と思ってたら、何と女の子だった! エッ、このペースで抜か

れるのか!と思って、興味津々♪ バトル好きの私としては、もうペース配

分なんて頭から吹っ飛んで、後ろを追走する。どうせ続かないだろうと思っ

てたのだ。過去、私を抜いた男性ランナーの多くは、2周以内に消えてる。

    

ところが彼女、まったく平然と走り続けてるって言うか、どんどんスピードアッ

。もう、周囲のランナーのほとんどはぶっちぎりで、追い抜かれた男性ラン

ナーが「エッ?!」って感じで見るのが笑える♪ やたらしんどいなぁと思って

心拍計を見ると、177! おいおい、25km走の序盤でこれはないでしょ。

既に実測最大心拍184の96%まで到達してしまった。全力に近いって意味。

           

まだ止めないの?って感じで追走し続けたけど、丸2周の手前で遂にギブ

アップ (^^ゞ だって、私はまだ、この先長いもんね・・・なんて言い訳を内心

つぶやいたりする♪ 結局、2周目のペースは1km3分54秒! 凄いね。

女性でこれを、一人で平然とキープするとは、只者じゃない。

       

まあ、女子1万mの日本記録1km3分05秒ペース(渋井陽子)、マラソン

1km3分18秒ペース(野口みずき)だから、ハイレベルな女子選手にとっ

ては1km3分台なんて大した事ないんだろうな。ともかく、公園では初めて

見た。また是非お相手して頂きたいもんだ。負けるに決まってるけど♪

    

          ☆          ☆          ☆

その後は、一気にペースダウンして、疲労回復に努める。ヨロヨロになるか

と思ったら、意外にそうでもなくて、2周ほどゆっくり走ってる間にかなり回復

諦めてたタイムを再び意識して、どんどんスピードアップしてたら、今度は左

足にマメが出来たってわけ。ま、このシューズで長距離は初めてだし、1km

3分台のバトルを4km近く続けたわけだから、仕方ないね。シューズはよく

頑張ってくれたと思う。軽い、弾む、速い。明らかにいい靴だ♪

     

結局、トータルでは1km4分28秒ペース☆ おぉ、目標には到達しなかった

けど、これは合格でしょ♪ 2006年4月28日に出した1時間52分33秒を

更新して、1時間51分46秒。しかも、マメこそ出来たものの、古傷の右脚

付け根もほとんど痛まなかった。もう間違いないね。やっぱ、スピードを出し

た方が痛まないんだ。川口のハーフマラソン自己新でも、全く痛まなかった。

      

平均心拍も、タイムのわりには意外に低めで164。川口の時なんて174だ

から、まだ全然余裕がある。とはいえ、疲れはかなり残ってるから、明日は

14kmジョギングくらいにしとこう。マメが回復しなかった場合は、短めに切

り上げるってことで。

     

ちなみに今日は、朝日の朝刊に掲載されたパズル「スクエアカット」への検

索アクセスがやたら多いけど、著作権などに配慮して、記事を書くのはとり

あえず止めといた。明日の午後以降なら、書くかも知れない。ではまた ☆彡

     

  往路(2.45km)      11分32秒   平均心拍144

  1周(2.14km)     9分01秒        163

  2周              8分20秒        177

  3周             9分56秒        170

  4周             10分27秒        155              

  5周             10分10秒        159

  6周              9分55秒        161         

  7周             9分28秒        165          

  8周             9分27秒        167        

  9周             9分12秒        170        

 10周(840m)         3分59秒         169      

  復路              10分21秒        167         

  計 25km   1時間51分46秒  163(89%) 最大178(3周目)

| | コメント (0)

間寛平アースマラソン・地球一周41040キロ、おめでとう☆

通勤JOG 4km,24分程度

失敗した~。。今日はたまたま仕事が早く終わる日だったので、19時半く

らいから、『間寛平アースマラソン 地球一周41040キロ!』を見れそうだ

なと思ってた。ところが、あまりの睡眠不足に、電車で6駅も寝過ごしてしまっ

たのだ (^^ゞ いやぁ、こんな凄い記録、一生抜けないかも知れないね♪ 後

でギネスブックの世界記録を調べてみようか。ま、証人がいないから申請で

きないか。

    

とにかく、前の席に座った上品な子持ち人妻の話し声で目覚めて、ダッシュ

で反対側のホームへ。結局、帰宅が遅れて、テレビを見始めたのは20時

10分くらい。ちょうど、寛平の息子・間慎太郎が歌で激励してる所で、歌詞

も歌い方もストレートで好印象だった。そのシーンから40分ほど、大阪なん

ばグランド花月(NGK)への最終ゴールも含めて、雑用しながら見たけど、

感動のマラソン番組って言うより、吉本芸人総出演お笑い番組だったな♪ 

                    

西川きよしや笑福亭仁鶴、桂三枝なんて大御所まで集まってる中、やっぱ

仕切りまくり&喋りまくりなのは、明石家さんま。寛平の奥さん・光代さん

と最初に抱き合ったのも、さんまだ♪ まあ、寛平とはかなり仲良さそう

から、あれでOK。2009年クリスマスイブの『明石家サンタ』に寛平が電話

出演した時も、ずいぶんツーカーって言うか、寛平が年下のさんまに甘え

てる感じがしたほど。

                    

ちなみに、ネットで毎日新聞の報道を見ると、19時43分に最初のゴール・

大阪城野外音楽堂に到着(41035km)。その時は大阪市長も祝福に来

て、フツーに盛り上がったらしい。そこに高橋尚子もいたのかな? 私が見

てる間は、画面下側あたりの小窓でずっと微笑んだり涙ぐんだりしてた。一

あちこちに中継会場があったようだけど、やっぱりスタートもゴールも、

吉本の本拠地にしたわけか。ま、芸人仲間が集まりやすいしね。

     

グランド花月までの距離が41040km☆ 766日で履きつぶした靴、約60

。今後、ヤフオクに出て来るかも♪ 正直、私は2年前、寛平が地球一周

できるとは思ってなかった。超長距離マラソンの辛さより、慣れないヨット

普通の体調管理で躓くだろうと思ってたから、前立腺がんが公表された時

にも、予想通り体調が難敵だったか・・って感じ。

          

でも、それを短期間で何とか克服した寛平が、中央アジアの酷暑を走り続け

る姿には驚愕! 日常生活だけでも、かなり不自由な場所なのに。。公式ブ

ログの地図の上を、着実に日本に接近する様子は、時々ちゃんとチェックし

てたのだ。地図を広範囲に変えて、右端に日本列島を見ながら。

         

今後しばらくは、アースマラソン・フィーバー(死語?)が続くだろうけど、とり

あえず健康管理に専念して欲しいね。年齢も既に61歳。身体は悲鳴をあげ

てるはずだから。・美稲子さんとの感動のご対面で、「あんまし疲れてない

」とか言われた時の、寛平のガクッとした様子が、かなり笑えたかも♪ 

           

まあでも確かに、寛平は顔つきも身体つきもいい。無駄のない、鍛え抜か

れたアスリートの姿に見える。ウェアのスポンサー・ニューバランス(NB)の

宣伝にも十分なっただろう。周囲のサポートの方々も含めて、本当にお疲

れさま☆ は、流石にあれを真似することは不可能だから、せめて「ブロ

グ毎日更新マラソン」の記録を伸ばし続けることにしよう。もう少しで、連続

2000日達成。ま、何の記念イベントもないけどね♪

           

           ☆          ☆          ☆

ところで、寛平の感動のゴールをお笑い番組に変えてしまった天才さんま

よりによって今日、淋しいニュースが入って来たようだ。マラソンと同じ放送

局、日テレで17年間も続けて来た『恋のから騒ぎ』が、3月で終了とのこと。

   

元々、人気が下降気味だったようだけど、ハッキリ言って、土曜夜から金曜

夜に変えたのが致命的な失敗だろう。以前はたまに見てた私も、今年度は

僅か数分ずつ、2回しか見てないのだ。金曜夜に、テレビを見る習慣がない

もんで。。(今日は特別)

         

折角だから、今日はこの後、23時半から見てみようかな。どうせまだ、雑用

が色々あるから、寝れないもんね。『から騒ぎ』を見た後、少しだけ追記する

かもしれない。なお、今日も予想通り、僅か4kmの通勤ジョギングだけになっ

てしまったから、明日は真面目に走るとしよう。寛平の偉業を励みにして♪

では、とりあえずこの辺で。。☆彡

    

        

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

P.S.第17期の『恋から』を初めて拝見。ルックスは結構揃ってるし、メン

    バーのキャラを全く理解できてないわりには面白かった♪ そうそう、

    関西系は、くしゃみの後に何か一言、ちくしょう!とか文句つけるん

    だよな。私も瀬戸内海出身だから、時々聞いてたわ(自分ではつけ

    ない)。説教部屋の前のCMが無くなってるのが、ちょっと違和感あっ

    たね。スポンサーがつかなくて、代わりに番組後のスポットCMを入

    れたってことかな。

    

    とにかく、最終回は見逃さないようにしよう。ちなみにサッカー・アジ

    ア杯準々決勝、日本vsカタール戦は、3対2で日本が逆転勝利!

           

                                  (計 2100文字)

| | コメント (2)

何で深夜の郵便局に行列が出来てるんだよ!

雑用JOG 3km,19分程度

あ~、イラつく! 温厚で寛容な大人の私でさえ、思わず顔が歪んでしまっ

た♪ ブログの締切時間が迫ってるから先にしてくれて、とか言いそうになっ

たわ。ジコチュー(自己中)かよ!

    

という訳で、たった今、深夜の郵便局まで、簡易書留を受け取りに行って来

たのだ。大して重要なものでもないのに書留で送るなよ!とか、さっきまで

内心ブツブツ言ってたんだけど、中身を見てちょっと納得 (^^ゞ なるほど、

これは通常郵便じゃマズイかも。何かって? ヒミツのアラシちゃん♪

       

留守の間に書留を配達されても、後で色んな受け取り方が出来るわけだ

けど、再配達っていうのは嫌なのだ。時間指定して、その時間帯にじっと家

で待ってなきゃいけないっていうのが不自由なもんで。宅配便ならガマンす

るけど、書留だったら、自分の好きな時間帯に24時間窓口まで小走りした

方が気分的にラク。往復3kmの道のりは、2流市民アスリートにとって、朝

飯前って言うか、晩飯後なのだ♪

                           

で、ブログの締切時間24時の前に、書留を受け取って、コンビニに寄っ

て、ついでに近所の公園を1周くらい走ろうかなと思ってたら、例によって

時間が無くなって、公園は断念。コンビニの時間くらいあるだろうと思った

ら、郵便局の窓口にまさかの行列を発見。何じゃ、こりゃ! 

    

ディズニーランドやディズニーシーなら我慢するけど、私は基本的に、行列

をガマンしてまで何かしたいとは思わない人間だ。食べ物のために行列に

並ぶなんてのは、1人だと絶対にやらない。2人以上なら、小市民は周り

の顔色をうかがうことになるけどね♪ とにかく、行列は嫌いなんだけど、

郵便局なら仕方ない。わざわざ1.5kmほどジョギングして来たんだし、今

さら引き返すのもバカバカし過ぎる。大人しく行列に並んで、ガマン大会だ。

      

そもそも、どうして行列が出来てるのかって言うと、3人の担当者の内、1人

が同じ客にかかりっきりになってるからのようだ。心優しい私としても、つい

その客の背中と担当者にガンを飛ばすことになる♪ 結局、待たされたの

12分ほどだったと思うけど、焦ってる私にとっては30分くらいに感じた。

あぁ~、後でまたコンビニに行かなきゃなんない。今夜はマイナス2度まで

冷え込むとかいうお話なのに。。 

         

          ☆          ☆          ☆

さて、別に郵便の受け取りに時間がかかっても、早めに行けば何でもない

ことのはず。出かけるのが遅くなったのは、雑用を片付けたり、やたら量の

多いアクセス解析を一通り眺めたりしながら、織田裕二のドラマ『外交官・

黒田康作』第2話をチラ見したから♪ 基本的に音声だけで、時々画面を

見るだけ。まあ、一昨日の松下奈緒&藤木直人『CONTROL』第2話より

は少しマシな見方だったかも。

       

少なくとも今日は、レビューはもちろん、まとまった感想さえ書くつもりはな

いけど、『外交官・黒田』の印象は結構良かった☆ 『太陽と海の教室』

来、久々に見た織田裕二。いかにも実力派の外交官って感じで、イイね♪

     

元になった映画『アマルフィ 女神の報酬』どころか、第1話も見てないし、

情報も持ってないし、今夜もマジメに見てないから、物語は理解できてな

いけど、単なる事件ものとは違ってるし、かなり大人の国際的&実社会的

な内。そこへ絶妙の味付けをしてるのが、アラサーの萌え系メガネっ娘・

柴咲コウ♪ 

               

最初、音声だけ聞いて、あまりに甘い喋り方だからビックリして映像をチェッ

ク。おぉ、『ガリレオ』で福山雅治にかみついてたツンデレ刑事とは全然違っ

てる。メガネっ娘の趣味のない私が見ても、似合ってるし、ちょっとMっぽい

キャラも意外性があってイイ。おそらく今後は、黒田に手錠をかけられる

とになるはずだ♪ コラコラ! そう言えば、数年前には「監獄レストラン」

とか話題になってたけど、すぐ聞かなくなったね。投資は回収できたのかな。

「失恋レストラン」の清水健太郎は逮捕続きでもうダメか。。(古っ!)

       

話を戻すと、いかにもって感じの古い音楽は趣味じゃないけど、全体的に

はOKだから、来週は真面目に見るかも知れない。メキシコが舞台だから、

ちょっとだけスペイン語も味わえるし。ただ、レビューはあんまし書く気にな

らないな。女子高生が可愛くないし・・・って、そこかよ! 

        

この夏には、ドラマの続編の映画『アンダルシア』も公開ってことで、かなり

変則的な企画。ドラマから映画を作るありがちパターンよりは斬新で好感も

てるね。ちなみにアンダルシアはスペインの南側の自治州で、イタリアのア

マルフィと同じく、地中海の観光地だ。海外好きで織田ファンの女性には、

一連の企画はたまらない魅力だろう。。

    

ってことで、今日は終了。ホントは普通にランニングして、スポーツ系のコネ

タを入れるつもりだったのに、まったく予定と違ってしまった。ま、予定通り

の人生なんてつまらないってことで♪ 明日もまた、通勤ジョグしか出来そ

うにないから、週末で取り返すしかないね。

   

あっ、そうそう。今日は『CONTROL』の視聴率グラフも作ったんだった。

第1話記事に載せて、随時更新の予定。あと、制服ニーソ記事にも、『大切

なことはすべて君が教えてくれた』で三浦春馬が乗ってる自転車の車種を

追記しておいた。過去記事へのサポートも充実してるのだ♪ ではまた ☆彡

     

                                 (計 2161文字)        

| | コメント (0)

D・モリスの「自己親密行動」(self-intimacy)など

通勤JOG 3.5km,21分程度

今夜はまた一段と眠い昨夜、手抜きつぶやき記事のつもりで書き始めた

のに、結構ハマってしまったから、寝る時間がまた無くなってしまったのだ。

それでも今日は・・・って言うか、それだからこそ、妙なハイテンションで仕事

を終えて帰宅。疲れ切ったので、それでは皆さん、おやすみ・・・で終わりに

出来ない所がブログ地獄の恐ろしさだ♪

         

一番手抜きで書けるコネタを探して、朝日新聞・夕刊(1月19日)を見ると、

手頃なネタを写真付きで発見。どうせ、あんまし読まれないだろうけど、別に

構わない。私自身が興味あるし、ウチはここ2ヶ月、かなりのアクセスを集め

続けてるから、もう要らないのだ。そりゃ、言い過ぎか♪ いや、マジで、アク

セス解析を一通り流し見するだけで大変になって来た。恐るべし、Yahoo!

のGoogleエンジン採用の効果。。

                  

話を戻して、では何をネタに選んだか・・・を書く前にあまりに藤木ファンの

方々らしきアクセスが目立つから、一応ほんのちょっとつぶやいとこうかな。

いや、もう先週のそっけない第1話記事でおしまいって言ってるのに、皆さん、

なかなか粘り強いと言うか、鍛えられてるというか♪ 昔からそうだけど、藤

木関連記事だけ妙にアクセスが多い(苦笑)。ウチは単なる、理屈&スポー

ツ系・総合マニアックブログなんだけどな。

       

ま、案外、第1話で私と同意見ファンも多かったのかもね。「王様の耳は

ロバの耳~~~!」とこっそり叫びたい人、気楽にどうぞ♪

        

          ☆          ☆          ☆           

で、完全に無視するのも気が引けるから、昨夜の『CONTROL』第2話は、

雑用をこなしながら音声だけ聞いてたのだ。たま~にチラッと画面を見る

感じ。犯人にも全く萌えなかったし・・・って、そこかよ! もう、先週で大体

つかめてたから、改めて落胆する感じも無い。『ガリレオ』を変に意識し過

ぎてた先週よりは、フツーの事件ものになってた。

            

南雲準の通俗心理学も、心の準備が出来てるから、寛容な気持ちで聞き

流せる。今回、「ドラマの自分ツッコミ」的な部分があったのも悪くない。例え

ば、南雲の心理理論が科学的に実証されたものではなく、単なる傾向程度

のものに過ぎないって話が登場。自分を笑い飛ばすやり方としては、キムタ

ク=木村拓哉の『MR.BRAIN』みたいに、もうちょっとヒネリと笑いを入れ

たものにした方がいいとは思ったけど、真面目に通俗心理学を語ってしま

うよりはマシだ。

           

未経験の事を考える時には右上を見て、過去を思い出す時には左上を見

る。両手をポケットに入れてる時は、大事なことを隠してる。う~ん、お遊び

的なネタだから良しとしても、『ミスブレ』なら、綾瀬はるかが天然ボケをか

ましてくれたんだけどなぁ・・・とか思ってしまう。

   

とか書いてたら、たった今、「CONTROL ミスブレ 似てない」なんて検索ア

クセスが入って来た (^^ゞ ドラマの全体が似てなくても、日常的な人間行動

学or行動心理学もどきの挿入の仕方が似てるのは確かで、しかもミスブレ

の方が脚本的にも演出的にも上手いのだ。

       

一方、不安を和らげるとかいう「自己親密行動」については、先週のソーシャ

ル・インパクト・セオリーよりはマシだけど、なかなか学問的にしっかりした出

典が見つからない。英文サイトも含めて探し回ること30分近く、ようやく原典

らしき本をGoogleブックスで発見した。

        

Desmond Morris(デズモンド・モリス)『Intimate Behavior』(親密行

動,Kodansha International)。講談社のグローバル部門なのか。それ

なりに活躍してる動物学者のようだし、実力も感じ取れるけど、この著作の

邦訳はまだなのか、ネットで見当たらない。。

                 

          ☆          ☆          ☆   

そこで、ほんの少しだけ、本邦初(?)の原典翻訳を私が行おう。第8章、

「Self-Intimacy」(自己親密性 or 自己親密行動)の、中核的部分の冒

だ(p.216)。無料公開されてる文書のごく一部の引用だから、著作権

は気にしない。原書を明記しておけば十分だと判断した。

          

110119c

      

    訳: 4番目(訳注.前の3つは本質的に無関係だと書かれてる)

       様々な自己親密行動。手が頭に持ち上げられ、他者との親密

       行動をコピーまたは真似するかのように、何らかの行為を演じ

       る。驚くことに、手を頭に持って行く様々な行為の5分の4以上

       が、この自己親密行動の部類に入る。まるで、我々が頭に触る

       主たる理由は、誰か他の人に触れられるのを無意識に真似し

       て安らぎを得ることであるかのようだ。

            

       最も普通の形は、手の上で頭を寝かせるものだ。その腕の肘

       は、何か支えになるものの表面に接触しており、前腕は頭部

       の重さを受けとめる柱になってる。もちろん、それは単に首の

       疲れを示してるにすぎない、という反論は可能だろう。しかしな

       がら、そうした行為を少し詳しく観察するなら、大部分は身体

       的疲れでは説明できないことが明らかになる。

                                (引用&翻訳終了)

      

うん、やっぱり、ごく一部の引用でも、学者の文章はきっちりしてるね☆ 

察眼や表現力のキャパシティも伝わって来る。こうゆうレベルでないと、科学

ドラマを語る価値はないだろう・・・とか書くと、言い過ぎだから止めとこう♪ 

書いとるわ!

       

          ☆          ☆          ☆

という訳で、昨日ほどじゃないにせよ、また結構な時間を使ってしまったか

ら、このくらいで終わりにしよう。こんな事なら、秋クールに放送予定の、

ムタク主演『南極大陸』(仮題)のニュースでつぶやいた方が遥かにラクだっ

たな。副題が「神の領域に挑んだ男と犬の物語」(仮)。さすがTBS60周年

記念『華麗なる一族』並みに気合の入ってそうな番組だね。

       

83年に高倉健主演で映画化された『南極物語』のドラマ版とのこと。犬の

タロとジロ、寒いのによく頑張ったなってお話だ。メインスポンサーは既に、

SoftBankに内定している。で、キムタクが南極に戻ると、犬たちが日本語

を喋ってるわけだ。。♪

     

こうゆう軽口を叩き始めたら、眠さの限界の証拠。あぁ、結局、用意したコ

ネタは使わなかったから、明日に回そうかな。そんな事より、この記事、折

角だから後で追記して、もっとマトモなものに仕上げたいもんだ。ちなみに

ランニングは、水曜恒例通勤ジョギングのみ。すっかり慣れちゃったね。

       

ともかく、とりあえず今夜はこの辺で。。☆彡

       

      

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.藤木の視聴率記事には追加の余地がないので、『CONTROL』の

    の視聴率グラフ別扱いで、第1話記事に掲載することにした。

    下のリンクを参照。

     

cf.単なる日記&『CONTROL』第1話の感想(辛口♪)

  人間は期待通りに成長する~ピグマリオン効果(教育心理学) (第5話)

  完結してない行動の方が記憶に残る~ツァイガルニク効果 (第6話)

  作られた記憶、目撃者の証言~心理学・法・歴史の結び目 (第7話)

     

                                  (計 2827文字)

| | コメント (0)

センター試験の『ゴジラ』と、『ウルトラセブン』第12話欠番問題

どうも最近、平日のランニングをさぼる悪いクセがついたようで、今夜も全

く走る気はなし♪ そうなると、他にブログ毎日更新用のネタを探すことに

なるが、先日のセンター試験記事がヒットしたから、またセンター・ネタでい

いやと考えた。

    

前のは狙った記事で、お堅い哲学的内容にも関わらず、3日間で300人以

上の訪問者を集めた。特に、大学とか教育関連からのアクセスが目立つ。

でも、これから書く記事は正直言って、手抜き気味のつぶやき系記事だか

ら、常連さんと一部のマニアの方々がサラッと目を通してくれる程度で十分

だ。まあ、今年に入って手間ヒマかかる記事を連発して来たから、軽い日を

もっと増やす方が、毎日更新の社会人ブロガーとして正解だろう。。

     

          ☆          ☆          ☆

さて、元々は、2011年センター試験ゴジラプリプリ(=プリンセス・プリ

ンセス)が登場したというニュースを見て、その2つに軽くコメントするだけの

つもりだった。ところが、実際に「現代社会」の問題を読んでみると、プリプ

リのミリオンセラー・シングルCD『Diamond』(1989)ほんの前置きと後

書き程度に使われてるだけで、記事を書くほどのこともない。

      

それに比べると、「日本史A」のゴジラの方は、やや扱いが大きくて、多少の

中身もあった。近現代の戦争とメディアに関する第6問のBは、後半の段落

が次のようになってる。

             

   戦後になると、メディアは大衆娯楽の担い手となった。なかでも、

   1954年11月に全国で公開された特撮映画は、核兵器をめぐる

   事件に関する報道や社会の関心をきっかけとして制作され、多く

   の観客を動員した。このように、この時期の大衆娯楽は、悲惨な

   戦争の記憶を背景に、戦争と平和の問題を取り上げることが少な

   くなかった。

      

この文章の少し後、問8では、新たに『ゴジラ』の宣伝ポスターを提示して、

ポスターを参考にしながら、1950年代の核兵器をめぐる出来事に関し

て述べた」文を2つ選ばせる。ハッキリ言って、ポスターは問題作成者の

趣味だろう♪ 問題を解くのに必要ではない。とはいえ、無関係でもない。

     

ポスターの中から、わざわざ「水爆大怪獣映画」、「ゴジラか、科学兵器

か、驚異と戦慄の一大攻防戦! 放射能を吐く大怪獣の暴威は日本全

土を恐怖のドン底に叩き込んだ!」という文字が抜き出されている。要す

るに、「ゴジラ日本を攻撃する水爆や放射能原爆投下&水爆実験

という構図が暗示されてるのだ。結局、b「アメリカの水爆実験により、日

本の漁船が被爆した」と、d「被爆国の日本で、第1回原水爆禁止世界大

会が開かれた」が正解となる。。

      

          ☆          ☆          ☆

上の問題を読んで、久々にふと思いだしたのが、『ウルトラセブン』第12話

問題だった。『ウルトラQ』、『ウルトラマン』に続くウルトラシリーズで、ゴジラ

と同じく、特撮の神様・円谷英二(つぶらやえいじ)が関わった人気作。いま

だに、かなりの人気を保ってる所は素晴らしい。

     

ところが、その『セブン』全49話の内、1つだけ「欠番」として封印されてしまっ

てる。その点は、私も一応知ってたけど、詳しい事情を知ったのは、2001

8月3日の朝日新聞・朝刊の記事がキッカケだった。

     

短期シリーズ「幻紀行 2001夏」の第4回で、見出しは「封印の理由

セブンに込めた願いは」、「『差別』で論議 12話欠番に」。やや長いが、

マスメディアによる経緯の報告として、引用しとこう。

     

   ・・・・・・第12話「遊星より愛をこめて」67年12月17日に放映さ

   れた。<宇宙で爆弾がさく裂した。放射線に血液を侵されたスペル

   星人は、地球に潜入して新鮮な血を集めようとする……>

   日曜日の夜7時、視聴率は30%を超えた。中国が初の水爆実験

   し、原爆被爆者実態調査の結果が初めて発表された年の瀬だった。

   

   3年後、東京都内の女子中学生が、弟の持っていた雑誌の付録に、

   スペル星人のカードを見つける。目と口しかない顔、体中にケロイド

   状の傷。「ひばく星人」と書いてあった。 「この『ひばく』って、原爆の

   被爆以外に考えられないよね」。女生徒は、都原爆被害者団体協

   議会専門委員だったにたずねた。「被爆者を怪獣扱いするなん

   て」。父が出版社に送った抗議の手紙新聞で報道され、広島や

   長崎の被爆者団体も立ち上がった。

      

   「ひばく星人」という字幕やセリフは番組では使われていない。だが、

   雑誌や怪獣図鑑から次々と「被爆」の文字が見つかり、抗議と釈明、

   謝罪が繰り返された。そんな中、番組をつくった円谷プロダクション

   は70年10月、12話を封印した。 ・・・・・・

                                   (引用終了)

       

          ☆          ☆          ☆

最初のカードは、『小学二年生』の付録だから、正確には大部分ひらがな

で、「ひばくせい人」(“じん”とふりがな付き)と書かれてた(ネット情報)。そ

れはさておき、朝日の記事では、ネットで事情を知った男性が、ファンか

ビデオを入手。ウルトラマンティガが好きな長男と共に見たが、「何がいけ

ないのか、よく分からなかっ」と語る所から話が始まる。この男性は、母

子感染によるB型肝炎のウイルス保持者で、差別や偏見には敏感な人だ。

                       

三浦宏記者は、関係者にも事情を聞く。脚本佐々木守は、「若かったし、

稚拙だったかもしれないが、原爆反対を訴えた」。監督実相寺昭雄は、

「声高でなく叙情的に核兵器の怖さを描いた作品だと自負」。ウルトラ警備

隊のアンヌ隊員としてヒロインを演じたひし美ゆり子は、問題の経緯を説明

したうえでDVD化、収益は被爆者団体などに寄付することを提案。

       

さらに、元・広島平和記念資料館長の高橋明博にビデオを見せても、「被

爆者が怪獣になる話ではない。31年前に見ても差別されたとは思わなかっ

たはずだ。核兵器廃絶の強いメッセージは感じないが、ラストでは平和を願

う気持ちが伝わってきた」と語る。こうして、朝日の記事全体が、第12話の

欠番扱いに疑問を投げかけてるのだ。

         

当時、まだネットの個人取引というものが一般的ではなかったこともあって、

私は早速、自分でも検索、ビデオの入手にチャレンジしてみた。赤信号で

さえ滅多に渡らない人間としては、違法な取引が気になったのは確か。で

も、30年にわたって、実質的には黙認されて来たようだし、朝日の記者も

手に入れて使用。私は買う側だし、まず問題は生じないだろうと考えた。

     

ネットで調べると、10年近く前の当時でさえ確かに、マニアによる詳しい情

報がすぐ手に入った。悪質ではなさそうな個人サイトを選んで注文。4000

ほどの値段は、今考えるとかなり高いけど、当時は稀少品の取引だから

そんなもんだろうと感じてた。日本と違って、第12話が(まだ)放映されてる

アメリカの映像もプラスされてたのだ。

       

          ☆          ☆          ☆

で、実際に見てどうだったか。何事も、他人から聞くのと、自分の実体験と

では違うもんだけど、この場合もちょっと違ってた。朝日の記事も、ネットに

あふれるマニアの情報も、大まかにまとめて言うなら、第12話には問題な

しという見方だ(今現在に至るまで)。

       

ところが、ダビングを重ねて荒れた映像を見た私の感想は、「これは当時

だと、欠番も仕方なかったかも・・・」というものだった。話の筋立てには、

さほど問題を感じない。確かに、理屈ではなく叙情的に、核兵器反対を訴

える内容で、ラストシーンも心にしみるものだった。全体的な雰囲気も、子

ども向けの怪獣ものというより、大人向けの落ち着いたドラマに近い。

               

ただ、いわゆる「怪獣」扱いの、スペル星人の外見がつらいのだ。あらかじ

めネットの静止画像で見てたにも関わらず、ビデオの印象は強烈だった。

包帯を巻いた状態を意識してるのだろうか、全身が基本的に真っ白で、あ

ちこちにケロイド。頭部には小さい目と口のみ。何とも異様な外見は、監督

の指示によるもので、デザイン・成田亨造形・高山良策は気が進まなかっ

たとかいう話だけど、もう少し配慮することは出来たんじゃなかろうか。

      

だからと言って、欠番のままでいいとは思わない。もう40年も封印したのだ

から、謹慎期間としても十分だろう。あらためて、被爆者側の人達を中心

映像を広く見てもらい、意見や感想を集める所から始めてはどうか。セ

ブン全体が古典的名作として評価されてることだし、今さら問題視する声

も小さいだろうと思う。

                 

それを確認した後で、経緯の説明と共にDVD化する。ただし、しばらくは

テレビ放送には使わず(特に地上波)、ネットの動画も禁止。限られたファ

ンの間で見れるようにすればいいと思う。そして、5年か10年後くらいに、

放送や動画も解禁。慌てずに、少しずつ正常な状態に戻せばいい。

   

ゴジラやセブンに限らず、テレビや映画のフィクションには、時代背景が少

なからず反映されてる気がする。あまり、そっちの方向に行くのも気が引

けるけど、今後また機会があれば、昔のヒーロー物とか漫画を本格的に

レビューしてみたい現代社会や歴史の再考にもつながるし、社会思想史

の勉強にもなるだろう。案外、最近の新しい作品を見るよりも、新鮮な思い

を味わえるような気がするのだ。

                   

結局、今夜もかなり長くなってしまった♪ では、そろそろこの辺で。。☆彡

           

                                 (計 3727文字)     

| | コメント (6)

制服でニーソックスの女子高生は実在するのか♪

(16日) RUN 14km,1時間14分,心拍136 ; 

(17日) 通勤JOG(荷物2.5kg) 4km,26分程度 

やたら寒いなぁ・・とか思ってたら、服着てなかった (^^ゞ いや、実話なの

だ。単なる寝不足なら、そこまで行かなかったけど、今日はまた仕事帰り

通勤ジョギング実施。そうすると帰宅が遅くなるから、21時スタートの

ラマにギリギリになっちゃうわけ。で、着替えもそこそこに、パソコンにかじ

りついて、「メモ帳」にメモしながら一応見たのだ。戸田恵梨香&三浦春馬

&武井咲『大切なことはすべて君が教えてくれた』第1話。

    

ハッキリ言って、ほとんど期待してなかったドラマだし、晩飯もまだの状態。

最初しばらく見た後、メモを中断して晩飯タイムにしようと思ってたんだけど、

面白いと言うより展開が激しくて、結局10時05分くらいまでメモを続ける

ハメになったわけ。主要なセリフはもちろん、画面の切り替えとか音楽とか

までメモするし、間のCMもしっかり見るから、スーツとYシャツを脱いだ後、

部屋着を着ることさえ忘れてたのだ♪

     

で、そのドラマ。万が一、出来が良かったら、軽めにレビューしようかなと

も思ってたんだけど、ビミョーだから止めとこうかな。期待してなかったので、

予想よりは面白かったとは言える。前の『流れ星』もそうだったけど、今回

の月9も、手脚本家・安達奈緒子がなかなか頑張ってるし、西浦正記の

演出も、私の天敵にしてはさほど腹が立たなかった

                 

ただ、主役の戸田が光ってなかったな。むしろ、脇役一番手の武井咲の方

が遥かに目立ってた。ほとんど情報を仕入れてないし、ドラマでは初めて見

た武井。個人的に萌えないけど、存在感はあるね☆ 見てる途中は、武井

とは分からなくて、いい新人女優だなぁって感じだった。それに対して、野世

あんなは期待ハズレって言うか、全くサービス不足♪ もうちょっと魅惑的

な姿を見せてくれなきゃ。

    

一方、男だから興味ないとはいえ、三浦はわりと良かったね。婚約者と女子

高生その他に囲まれて、オドオドしてる新人教師を上手く演じてる。残念な

がら、録画してないから、自転車の車種判別できなかったな。ネットで見

ても、まだ有力情報が見当たらない。フレームに大きいロゴが入ってたから、

録画さえあればすぐ分かるのに。しかし、最近のドラマはホント、自転車が

よく出て来るね。同じく流行の日常的スポーツとはいえ、ランニングじゃ絵

にならないわけか。。

    

☆追記: 2日後、三浦春馬の自転車の車種がほぼ判明。米国の人気

       ブランド「SPECIALIZED:スペシャライズド」のクロスバイク、

       「Sirrus Sport:シラス・スポーツ」の2011年モデルだと思う。

       3×8=24段変速、アルミ軽量フレーム、700×28cの細身

       タイヤ。68000円。 )

           

          ☆          ☆          ☆ 

そんな話より制服の話を早くしろ!ってつぶやきが聞こえそうだね♪ この

記事のタイトルは、もっと地味なものにするはずだったのに、毎日更新の

締切時間24時が迫って来たから、焦って刺激的なものにしてしまったの

だ。って言うか、直前まで、その話で検索して飛び回ってたわけ。 

     

いや、別に私は、制服&ニーソックスの女子高生が趣味ってわけじゃない

むしろ、ありふれたハイソックスとか、僅かに生き残ってるルーズソックスの

方が好きだ♪ でも、まるで制服の指定みたいに、ドラマの女子高生が

んなニーハイを履いてる姿を見ると、あまりに珍しい光景だから、ちょっと

だけ萌えてしまったわけ (^^ゞ 

                        

私はほとんど接点がないけど、あんなのは萌え系のゲーム・アニメ・漫画・

DVDだけの存在かと思ってたから、気になって検索。すると、これまた私

が普段ほとんど見ない、掲示板やコスプレ系サイトばかりがヒットする♪

仕方なしに、あちこちの掲示板を眺めると、肝心の情報はごく僅かなんだ

けど、独特の短いコメントのやり取りが笑えるね。書き込みは全くする気

がしないものの、たまに読む程度なら、気分転換になるかも知れない。

   

で、僅かな情報をまとめると、結局どうなったか。私は見た覚えがないけど、

関東より東側の地方を中心に、制服「姿で」ニーソックスを履いた女子高生

というものは実在するらしい。スカートは短い方がカワイイ、でも脚は寒い・・

ってことで、太腿までカバーするってことか。ま、いわゆる「絶対領域」(ニー

ソの上側の太腿露出部分)の寒さだけはガマンするってことで。

            

それに対して、「制服でニーソックスを指定」されてる女子高生というのは、

どうも実在しないようだ。そもそも、ニーソなんてものは昔はほとんど無かっ

たはずだから、制服に採用されるとは思えない。あるとすれば、新設校か、

最近制服をモデルチェンジした学校だろうけど、制服のスカートは膝丈

それ以上の長さが標準のはずだから、ニーソを指定する意味があまりな

。建前上はスカートの下に隠れてしまうのだから、ハイソで十分だし、寒

さ対策ならむしろタイツのはず。

    

という訳で、記事タイトルの問いの答えをまとめると、こうなる。制服姿で

ニーソックスを履いてる女子高生は実在するが、制服でニーソックスを指

定されてる女子高生はおそらく実在しない。だから、話を戻すと、ドラマで

使ってる制服はかなり斬新な設定なのだ。まあ、セックスとかメイドとか、

性的な話を前面に押し出したドラマだからなんだろう。。

     

    

P.S.この記事、当然?ドラマ系の検索アクセスは僅かだけど、他の記事

     を読んだ人がついでに軽くクリックしてるようだ。やっぱり、ちょっと

     気になる人が多いわけネ♪)

          

    

         ☆          ☆          ☆

おっと、眠いから手抜き記事でパパッと済ませるはずだったのに、時間を

かけてしまった。最後に、走りについて、昨日と今日をまとめてカンタンに。

    

昨日は、かなりスピードを出した25km走の翌日だから、ゆっくり14km走っ

ただけ。トータルで1km5分17秒ペースだと、ジョギングに近く感じるけど、

一応ランニングと言っていいだろう。ペースより問題だったのは、寒さ。この

冬一番の冷え込みってことで、気温1度の公園をゆっくり走ってると、トイレ

を我慢するのが大変だった (^^ゞ 飛ばせば、身体が熱を発散するから何

とかなるんだけど、酷寒の中でゆっくり走ると、発熱が足りないのだ。

      

続いて今日は、冒頭に書いたように、通勤ジョギングだけ。手荷物2.5kg

というのは平均値で、前半は1kg、後半は買い物で4kgになったから、足し

て2で割って2.5kgなのだ・・・って、細かいわ! まあでも、ちょっと荷物

があるだけで、かなりの負荷を感じるね。ってことは、やっぱり持久系アス

リートは減量しなきゃダメってことか。その辺り、やっぱ一流の人間は頑張っ

てるね。アスリートにせよ、俳優にせよ。

    

私ももっとダイエットに努力しよう・・・とか書きつつ、ミックスナッツをバリボ

食べる2流市民アスリートであった。まあ、一昨日の朝日新聞の別刷で、

ナッツが評価されてたもんで・・・って、言い訳かよ♪ ではまた。。☆彡

     

          

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.土曜の夜、小学校の算数の記事に、朝日新聞・花まる先生に関す

    る批判を追記した。検索アクセスは流石に少ないが、先程コメントも

    頂いたし、関心を持った人は一応いらっしゃるようだ。

      掛け算の導入、足し算・引き算との関係~小学校の算数3 

      

  往路(2.45km)  13分26秒  平均心拍124  

  1周(2.14km)  11分13秒        135

  2周           11分12秒        137

  3周          11分20秒        137 

  4周           11分14秒        139           

  5周(0.54km)   3分00秒        140

  復路           12分36秒        140

  計 14km  1時間14分        136  最大147(ゴール時)

           

                                 (計 3129文字)

| | コメント (4)

鷲田清一の住宅&身体論「身ぶりの消失」~2011センター試験・国語

2011年の大学入試センター試験が昨日(1月15日)からスタート。朝日

新聞・朝刊(1月16日)には、国語・英語・世界史Bの問題が掲載されてい

る。早速、国語の第1問の評論を読んでみると、面白い内容だったので、

軽く記事を書きたくなった。

            

と言っても、「なるほど」と素朴な共感を示したり、「素晴らしい」と絶賛したり

するつもりはない。面白いから刺激を受けて、自ら批判的に考察、論評す

るということだ。予備校その他が速報してるものとは別の意味での「解説」

と言ってもいい。解釈し、説明するのだから。

          

出典は、鷲田清一「身ぶりの消失」。これは論文名であって、独立した著作

名ではない。X-Knowledge Home特別編集No.5『昭和住宅メモリー

そして家は生きつづける。』(エクスナレッジ社,2005年8月)に収められた

連載「住宅論」の文章だ(p.122-123)。ただし連載と言っても飛び飛び

で、No.1、2、3では掲載をネットで確認できるが、それ以外の号ではなぜ

か確認できない。大阪大学総長の立場が忙し過ぎるのか、他の理由なのか

は不明だ。人気のある哲学者で、ウチでも以前、朝日に掲載された自殺論

を扱ったことがある。名前の読みは「わしだきよかず」だ。

                 

鷲田の文章は独特で、ごく普通の言葉に特殊な意味の限定を与えながら、

身近な社会的話題と柔らかいロジック(論理)で、文系的な主張を組み立て

る。半ば理系の私にとっては、波長が合わない部分も少なからずあるけど、

逆に面白いと感じる部分もあるわけだ。

    

               

           ☆          ☆          ☆

この「身ぶりの消失」という文章では、木造の民家をそのまま利用した高齢

者用のグループホーム(地域での自立用共同住宅)がポジティブに評価さ

れ、バリアフリーを重視した現代的な住宅などネガティブに評価される。

時代の流れに逆行するかのような「身ぶりの提示」は、まさに哲学的とも言

えるし、『昭和住宅メモリー そして家は生きつづける』という雑誌の企画に

合ってるとも言えるだろう。出身が京都ということも、(無意識の内に)関係

してると思われる。

                      

鷲田の論旨を要約するなら、以下のようになるだろう。

   

   木造の民家には、玄関前に石段があるし、玄関間もあるから、高齢

   者の身体の記憶にしみついた振舞い(靴を脱いで、よいしょとか)が

   促される。また、デイ・サーヴィスを受けるために訪れた人が、和室

   の居間に入ると、すぐには老人たちの輪に入れないから、立ちつくす。

   しかし、居間ではその挙措(きょそ=問1の漢字)は不自然だから、

   何となく自分でしゃがむ。そこへ、周囲の人が座布団を差し出し、「お

   かまいなく」「遠慮せんと♪」といったやり取りの中で、人間関係が新

   たに築かれる。

              

   身体のふるまいが、空間の中で、あるいは他の人々との関係の中で、

   ある形に整えられるのであって、「からだが家のなかにある」と言える

   だろう(問2)。その空間に住み込んでいると言ってもいい。そして、こ

   うしたふるまいをまとめあげたものが「暮らし」であって、使いなれた

   茶碗や箸を持ってきて利用することも大切だ。石段、玄関間、和室、

   馴染んだ食器などは、周囲との関係を滑らかに築くための重要な「

   がかり」なのだ。

        

   それに対して、バリアフリーの家では、これまでの記憶や、身に付い

   たふるまい、暮らしが、新たな空間によって浸食され、脱落していく。

   まわりの空間への手がかりが奪われ、身体が宙に浮いてるからこ

   そ、転びやすい。初めから人体の運動に合わせて作られた家なので、

   家という物との関係に気を取られ、人間関係に関心を寄せる余裕も

   無くなる。結局、空間は「中身」を失う

      

   その意味では、現代の普通の住宅でも同様だ。子ども部屋、キッチン

   など、用途別に細かく切り分けられてるので、食器洗いと共に子どもと

   話すとか、複数の異なる行為を同時並行で行うことができない。より

   一般的に言うなら、空間の自由度や可塑性が消え、密度が下がって

   いる。人間の「身ぶりの消失」が生じてるのだ。。 

                                   (要約終了

       

      

          ☆          ☆          ☆

さて、この鷲田の文章。実は途中に、建築家・青木淳の『原っぱと遊園地

(王国社、2004)の引用があって、グループホームから一般の住宅へと、

新たな展開を行う「手がかり」とされている。

       

つまり、遊園地というのは、目的や行動がハッキリ決められた空間だが、原っ

ぱには適度な自由がある。雑草の生えたでこぼこの更地(さらち=問1の漢

字)は、その条件を受け入れつつ新たな空間を作り上げる営みへと誘ってく

れる。こうした「空間の編みなおし」こそ「文化」というもので、その手がかりの

充満する空間こそが目指すべき建築ということになる。

       

単なる「選択肢」として、新しい見方を面白く提示するのはいいことだろうが、

この文章をセンター試験に使うべきなのかどうかが、まず気になることだ。

限られた時間の中で、唯一の正解を選ぶような読み方が、この哲学的文章

にふさわしいだろうか。

      

例えば私なら、読みながら直ちに自分であれこれ考えるし、読み終えると直

ちにネットで検索する。出典となる雑誌がそもそも、昭和の住宅を肯定的に

とらえ直すものだという大前提が分かるし、そうした古民家活用のグループ

ホームがここ10年くらいで増えつつあるという社会的事実も分かる。

     

中日新聞(2010年1月19日)では、愛知県名古屋市で04年に開設され

た施設「なも」と、長野県上田市の施設「真田グループホーム」を紹介。非

常に肯定的な評価が並んでる。家庭のようなぬくもり、昔を思い出す懐か

しさ、そこから生まれる落ち着き和み、小さな空間による安心感、地域

住民との交流、費用が安い、など。認知症改善に有効な精神療法だとい

う指摘も含めて、ごく普通に受け入れられる話が並んでいる。

    

それに対して、鷲田の議論は明らかに「理論的」であって、自分の子ども

の名前に使ったほど評価してるフランスの現象学者・メルロ=ポンティ

よる、相互性重視(人と人、人と物)の発想がすぐに透けて見える。また、

おそらく米国の知覚心理学者・ギブソンによるアフォーダンス(affordance)

という概念も考慮されてるだろう。環境が動物に与える(afford)意味、行為

の可能性のことだ。

        

例えばグループホームの話なら、居間が与える=アフォードする意味(座

布団に座るという行為)を、高齢者(たち)が自ら模索するわけだ。人間同

士、あるいは人と居間とが、相互的に関わり合いながら。

        

           ☆          ☆          ☆

では、理論的裏付けも社会的流れもあるから説得的な議論になってるのか

というと、それは別問題だ。一般に、既に広く受け入れられてるものを批判

する際には、それらの短所を指摘するだけでは不十分で、長所をもしっか

見つめる必要がある。同時に、自らが肯定する新しいものが持つ短所も

見つめ、総合的に判断することで、初めて十分な説得力が生じて来るのだ。

    

鷲田は、バリアフリーの家だと「手がかり」がないかのように語ってるが、

そもそも最初は慣れないわけで、手すりが手がかりとなって使い方を模索

することもあるし、周囲の人とのやり取り(アドバイス、気遣い)も当然生じ

る。「あぁ、ラクだわ」「良かったね」といった和やかな会話も可能だろう。も

ちろん、いくら最新のバリアフリーの家だからと言って、全面的に運動を指

定されてるわけでもない。配慮されてない個所で、記憶に刻まれた振舞い

を思い起こす余地はいくらでもある。しかも、より安全でラクだから、生活

余裕が生じるだろう。

        

論点を絞ると、鷲田がバリアフリー自体を批判したいのなら、バリアフリー

の改修を行った古い民家(木造家屋)と、改修してない古い民家を比べる

べきなのだ。ところが実際の鷲田の議論は、バリアフリーの新しい家と、バ

リアフリーでない古い民家とを比較してるように感じられる。これでは、バリ

アフリーの有無の話と、家の新旧の話とが、混ざってしまうのだ。

         

私には、民家を利用したグループホームの長所は、バリアフリーでないこと、

つまり鷲田の言う意味での「手がかり」があることとは、それほど関係ない

思われる(部分否定)。もっと普通の長所、つまり中日新聞の記事が書いて

るような、ごく当たり前の長所が「ある程度」評価されてるんだろう。

        

ただし、それはもっと実証的なデータを加味して考察すべき話だ。例えば、

様々なホームの実態とか、利用者の満足度調査とか。当然、バリアフリー

でないホームでの事故率訴訟・トラブルについても、調べなければなら

ない。リスク増加という負の面の考察が、鷲田の議論にはほとんど抜け落

ちてる。もちろん、問題文の範囲でだが、元の論文が僅か2ページだから、

かなりの部分を既に読んでると考えていい。

              

あるいは、現在の住宅を批判したいのであれば、どうして子ども部屋とキッ

チンなどを分けるのか、実際に住む人、家を買う人の思いを見ていく必要

がある。住宅の変遷には、それなりの理由や事情があるわけだ。

     

ちなみに私自身は、古い家の中で自分の部屋を与えられた時、すごく嬉し

かったし、そうした両親の選択は正しかったと思ってる。子ども部屋というも

のを設定することによって、子どもの自由度は増し、その小さな空間内の

密度は高まり、自立性も育まれる。それは、親とのふれ合いが減ることな

どのマイナスを補って余りあるだろう。

       

      

一方、青木淳の議論も、面白い対比ではあるが、短い引用文や鷲田の説

明を読んだ限り、すぐ納得できるようなものではない。当然、本人の考えに

もあるはずだが、「原っぱと遊園地」という区分けは固定的なものではなく、

流動的なものだ。

    

原っぱという空間を活かすためには、使う側にそれなりの知恵が必要で、

昔の子どもがそれほど知恵を持ってたかと言うと、微妙な話になって来る。

つまり、単に野球や鬼ごっこなど、決まり切った遊びをしてただけと考えれ

ば、原っぱは「古い遊園地」に過ぎないのだ。

         

逆に、ディズニーランドを楽しむリピーターであれば、独自の楽しみ方を工

夫して、まるで「新しい原っぱ」と化してる可能性がある。「浅草花やしき」な

どは、「古くて新しい、原っぱ&遊園地」といった所ではないだろうか。人間

の側の知恵・認識・行為によって、原っぱと遊園地は相互変換可能だし、

融合も可能なのだ。。

      

    

          ☆          ☆          ☆

いずれにせよ、鷲田や青木の議論が面白くて刺激的なのはその通りだ。

これを「手がかり」として、受験生もそれ以外も、彼らの主張について自ら

じっくり考え直せばいいと思う。その時、センター試験の問題は、密度が

高くて可塑性の高い空間を演出してくれるだろう。また、読者と哲学・建築

論の間に文化が生まれ、読者の暮らしの編みなおしにつながるだろう。

    

ただし、それが個々人の生活を本当に向上させるのかどうか、それは何

とも言えないことだ。人文系や芸術系の人々は、「新しさ」とか創造といっ

たものに非常に大きな価値を置いてるが、そうした姿勢は決して一般的

なものではない。古い木造民家の人気が示してるのは、まさに逆の根強

い嗜好=志向=思考なのだ。

    

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

    

    

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.アップ後すぐ、そこそこの数の検索アクセスが入り始めたが、論文

    名を「身振りの消失」としたものが目立つ。単なる誤変換かも知れ

    ないが、「身ぶり」とか「ふるまい」とか、ひらがなを意図的に使うの

    が鷲田らしさでもあるのだ。ちなみに私が「振舞い」と入力した箇所

    があるのは、ブロガーとして、色々な検索を配慮したにすぎない。

        

P.S.2 6月11日朝日新聞に掲載された鷲田の寄稿「あれから3カ月

      への検索アクセスが、この記事に入って来てるが、今ちょっと論

      評する余裕がない。人々の「隔たり」の増幅を指摘。自分という

      存在に関する被災者の「語りなおし」を、傍らでゆっくり待とうとい

      う内容だが、「身ぶり」の方が「刺激的」論考だとは思う。

    

     

cf.哲学者・鷲田清一の自殺論(朝日新聞)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  センター試験の『ゴジラ』と、『ウルトラセブン』第12話欠番問題

  PISA2009~国際学習到達度調査で一番難しい問題

  全国学力調査、伝説の確率の問題が登場♪

               

                                (計 4963文字)

| | コメント (0)

クーパーテスト(12分間走)における最大酸素摂取量(VO2MAX)の計算式4種

RUN 25km,1時間52分58秒,心拍163

フーッ。。先週に引き続き、今週の土曜もちょっと頑張って来た♪ 4日間、

通勤や雑用の小走りしかしてなかったし、途中で体調も崩してたから、完走

の自信さえなかったけど、意外にいい走りだったね。ま、ちょっとスタート時

間が遅かったけど。。

        

さて、どうしてスタートが遅れたかっていうと、またネットにハマったから (^^ゞ

ただし、記事に使うネタの検索だし、かなり根気のいる知的作業でもあるか

ら、失敗したって感じはあまりない。今日は、ランニング・自転車・エアロビ

クスなど、有酸素運動にとって重要な指標、「VO₂MAX」にハマったのだ。

     

「VO₂MAX」とは最大酸素摂取量のこと。英語版ウィキペディアによると、

Volume per time Oxygen MAXimum」の略で、直訳するなら、「酸素の時

間当たりの量の最大」。ちなみに「2」という数字は、「0₂」で酸素(Oxygen)

を表すから。化学的には、酸素原子(0)が2つ結合した分子式だ。

       

普通は「1分(minute)当たり」、「体重1kg当たり」の量(ml:ミリリットル)を

考えるので、VO2MAXの単位は「ml/min/kg」とされてる。物理学的に

は、「ml/min・kg」と書くべきだと思うけど、たぶん慣習というものだろう。

            

私の記憶だと、確か高校1年くらいの保健体育の授業で、肺活量を測定

した気がする(中学かも)。陸上部に入る前だけど、自分で勝手に長距離

を走って、しかも速かったから、測定値にはイマイチ不満だった。周りと比

べて、飛び抜けてはなかったのだ。ただ、あの時は、「体重当たり」の量っ

ていう発想がなかったから、当時の私の軽い体重を考えると、十分な値

だったのかも知れない。

          

         ☆          ☆          ☆

肺活量というのは、単純な肺の容量のことだけど、最大酸素摂取量の場

合は、「摂取」(uptake, intake, consumption)という要素が加わる。つまり、

吸った空気の中から、どれだけ酸素を体内に取り込んだかということだ。

    

取り込むって概念はそれほど明確ではないけど、一応それを測定するに

は、吸った空気の酸素量から、吐いた空気の酸素量を引けばいいだろう。

1回だけだと、肺の中に残った酸素(未摂取)が気になるけど、ある程度の

時間、継続して測定すれば、取り込んだ酸素が分かると考えられる。

     

その発想で、口にマスクみたいなものを付けて最大酸素摂取量を測るの

が、「直接法」と言われるもの。たとえば、東京体育館に予約して1650円

払えば、トレッドミルかエアロバイクで測定してくれるようだ。でも、面倒だ

しお金もかかるから、もっと手軽に測定したくなる。

    

          ☆          ☆          ☆

そこで出て来るのが、間接法による推測。中でも圧倒的な知名度と人気を

誇るのが、クーパー博士が1968年に米軍用に開発したという、クーパー

テスト(Cooper test)だ。要するに、全力で12分間走った距離から、最大酸

素摂取量を推測するんだけど、クーパー氏本人によるものだけでも、3種類

の計算式があるようだ。

    

私は、それぞれの違いや出典について、正確なことを調べようと頑張ったん

だけど、日本のサイトはもちろん、英文サイトを調べても、詳しい情報が出て

こない。いつも書いてるけど、この辺りがネット情報の限界なのだ。正確な情

報、古い話、専門的内容になると、ネットは途端に曖昧になって来る。

          

とにかく、一番有名らしいのは次の計算式だ。クーパー1式と呼んでおこう。

     

    d×0.021-7.233  (dは12分間走の距離、単位はm

    

ところが、この式がクーパー氏のどの論文によるものなのか、どこにも出典

が見当たらない。大学の研究論文でさえ書いてないのには困ったもんだ。

研究者レベルでも、やはり「体育会系」のアバウトさなのか♪

        

クーパー氏による出典がハッキリしてるものには、次の2つの式がある。

それぞれ、クーパー2、3と呼んでおこう。 

    

    d×0.02351-11.288

   ( Cooper, K.H. (1968), "A means of assessing maximal oxygen uptake,"

     Journal of the American Medical Association, 203:201-204 )

      

    (d-504.9)/44.73

   ( A means of assessing maximal oxygen intake. Correlation between

    field and treadmill testing K. H. Cooper JAMA. 1968;203:201-204 ).

.     

クーパーテストというのは、クーパー氏以外も研究してるようで、例えばスポー

ツ用計測器具のメーカー・スント社のマニュアルには、次の式が掲載されて

る。2人の研究者の共著論文を元にしたものだ。

   

    男性  0.0175×d ; 女性 0.018×d

                     (Leger, Mercier 1984)

        

          ☆          ☆          ☆

ちなみに、私が高校陸上部時代の5000mのベストから推測すると、おそ

らく当時、12分で3600mくらい走れたはずだ。一方、今現在だと、おそら

3100m程度だろう。それぞれについて、上の4式で計算してみると、次

のようになる(小数第2位で四捨五入)。

    

            d=3600(高校) ; d=3100(現在)

   クーパー1     68.4         57.9                

   クーパー2     73.3         61.6    

   クーパー3     69.2         58.0 

   スント社の式    63.0         54.3     

   

どれで計算しても似たような値になる、というような記述もネットで見かけた

が、実際に計算して比較すると、結構バラついてるのが分かる。年齢にも

よるけど、基準値は40くらいとされてるから、全体的に高めの推測値になっ

てる気がする。クーパーの1番目の式と、スント社の式の中間くらいが実測

値に近いんじゃないかな。

         

いずれ、直接法で測ってみたいと思うけど、折角だから、その前にもっと鍛

えることにしよう。やっぱり、ブログにはいい値を書きたいもんね♪ もちろ

ん、本当の値で。出来れば60台にしたい。

         

ちなみに、5000m世界記録保持者のベケレのタイムは12分37秒35

単純計算すると、12分で4753m。英語版ウィキペディアは、これを4750

mくらいとしてるけど(日本語版は単なる翻訳)、5000mより短い距離なん

だから、実際は少し走るスピードが上がって、4760mくらいだろう。

    

これで、クーパー1式を使うと、92.7スント社採用の式だと、83.3

間値は、88.0。ということは、普通の人の2.2倍だ。「皇帝」とか超人とし

ては、意外に低い気もするね。ま、「神」の領域ではあるけど♪

          

       

         ☆          ☆          ☆

最後に、今日の私の走りに戻ろう。今週は走行距離が全く足りないから、

スピードは遅くても長距離をこなそうってことで、27kmにしようかとも思っ

た。でも、まだそこまで持久力が出来てないから、25kmで少し飛ばす

とに。この2kmの差は、長い距離が苦手な私にとって、結構大きいのだ。

     

家を出てすぐ、意外に脚が軽いのに気付いたから、上方修正ってことで、

往路からストライド(歩幅)を伸ばし気味にする。真冬の曇り空で、肌寒かっ

たにも関わらず、公園はかなり賑わってて、先週同様、ランナーだらけ。さ

すがに、凧上げは激減してたね。あれはやっぱし、正月のものなのか。

      

序盤からいきなり、相当な年齢の方に抜かれて驚く。そんなに速そうにも見

えないけど・・と思ってたら、案の定、インターバル・トレーニング(緩急走)で、

すぐ減速してた。それにしても、気合入ってるね。若い世代でも、公園で見か

けることは少ないし、私もここ2年くらいはやってない。嫌いでもないから、今

度やってみようかな。

      

他にも、女子陸上部が練習してたり、1km4分45秒ペースくらいの速い女

の子がいたりで、やっぱし週末の公園は刺激的♪ おかげで、私のスピー

ドも1km4分半前後にキープできて、トータルでも1km4分31秒ペース。

満足、満足☆ 心拍もまだ少し余裕があるし、このくらいスピードを出すと

やっぱし右脚付け根の古傷があまり痛まないのだ。遅い方が痛いって所が

面白い。

               

1時間52分台で25kmを走ったのも、2006年4月28日以来だから、何

と約5年ぶりのこと。別にタイムトライアルって訳でもないから、レース用

シューズを履いて本気で走れば、1時間50分は切れそうだ。先日の川口

マラソンの快走で示したように、過去6年くらいで今がベストだね☆

     

とはいえ、先週の25km走の直後も脚がジーンと疲れてたから、明日は

のんびり14km程度走るだけにしとこう。何事もメリハリが大切なのだ。

それにしても、長距離は腹が減るね。まだまだ食べまくってやろっと♪ 

ではまた。。☆彡

                

  往路(2.45km)      12分09秒   平均心拍136

  1周(2.14km)     9分57秒        152

  2周              9分38秒        164

  3周             9分20秒        165

  4周              9分37秒        165              

  5周              9分38秒        166

  6周              9分31秒        167         

  7周             9分29秒        167          

  8周             9分27秒        168        

  9周             9分31秒        169        

 10周(840m)         3分51秒         170      

  復路              10分50秒        167         

  計 25km   1時間52分58秒  163(89%) 最大175(ゴール時)

     

                                 (計 3732文字)

| | コメント (0)

久々にワープロ専用機を使ったら腰痛発生・・

通勤JOG 4km,23分程度

眠~い!。。もうダメ、おやすみ・・・って訳にいかないのか。マジでキツイな。

今日は寝不足と体調不良の中、しっかり働いて疲れたし、時間もないから、

走りに行くどころじゃないのだ。昨日みたいな、意外なほど手間のかかるス

ポーツ・ネタを用意する余裕もない。

    

という訳で、全く個人的なつぶやき日記でおしまいにしよう♪ 今現在、一番

気になってる事は、久々の腰痛だ。ただし、高校陸上部時代に悩まされた坐

骨神経痛みたいなものじゃなく、腰の周りの筋肉の疲労で、休めば簡単に治

る性質のもの。とはいえ、一晩寝て起きれば治るってもんでもないだろう。

      

どうして急に腰痛が発生したのか。考えてみると、理由は一つしか思い当た

らない。今朝、数ヶ月ぶりにワープロ専用機を使ったのだ。フロッピーに入っ

てる情報を使いたかったんだけど、PCだと使えないフロッピーだから、ワー

プロを使うしかないわけ。前にワープロ関連で記事を書いた後、データの移

行作業は全く進んでないのだ (^^ゞ

       

で、そのワープロだけど、なぜかモニターがあまり倒れなくて、垂直に近い

角度だから、普通の姿勢だとかなり見づらい。仕方なく、自分の目線を下

げるように、腰を曲げた姿勢になって1時間半ほど使ったのだ。おかげで

仕事はちゃんとこなせたんだけど、腰痛に悩まされるハメになってしまった。

やっぱ、フロッピーのデータをPCに移さなきゃダメだね。これが面倒なん

だよなぁ。ほとんどの人は、そのままにしてると思う。

    

そもそも、ワープロをいまだに使ってる人なんて、ごく僅かだろう。もちろん

私も、ほとんどパソコンしか使わなくなってるし、ワープロは大きくて重くて

邪魔だから、流石に処分したくなってるんだけど、機能的にはまだ問題ない

起動も終了も一瞬、印刷もすぐ。ちょっとした単純な文書を1枚作るだけな

ら、トータルの時間でパソコンに勝ってるか、少なくともいい勝負だ。

    

ま、機能の問題よりは、データの問題の方が遥かに大きい。フロッピーの

データを移行させない限り、ワープロとはお別れ出来ないのだ。。

       

           ☆          ☆          ☆

ワープロ使用&腰痛も含めて、今日は今年に入って一番真面目にお仕事し

たから、心身共に疲れてしまった。こうゆう時、帰宅前にフラフラッと近所の

スーパーに立ち寄ると、つい甘い物を手に取ってしまう。

      

110114

  ノドが乾いてたから、甘くて美味しくて、ちょっ

  と変わったものが欲しいなと思ってたら、運

  良くココアの安売りを発見。珍しいし、懐か

  しいね。「バンホーテン」かぁ。2、3年ぶり

  くらいかも。実家にいた頃は、缶入りの粉

  末をお湯や牛乳でといて飲んでたよな。

   

  ちなみに、これ、創始者の名前なんだね。

  C.J.Van Houten氏。何と、1828年

  の発明だから、何と200年近い歴史だ☆

  この競争社会の中で、素晴らしいロング

セラー。感心しながら一気飲みしてたら、1Lパックの大部分が無くなってた♪

そりゃ、飲み過ぎだろ・・・って言うか、カロリーが気になるな。あっ、100ml

で44kcalだから、800mlとして352kcalか。その程度なら、もう1本飲み干

してもいいね・・・って、コラコラ!

        

こんな感じで、適当に書き流してる間にも、実はマニアックな検索を色々か

けてたりする♪ ま、差し当たり使えそうにないから、今日は書かないことに

しよう。昨日のスポーツ医学記事なんてのもそうだけど、ある程度以上マニ

アックな領域に入ると、急激に作業が面倒になる。分かりやすく言うと、普通

より2割深く突っ込もうとしたら、2倍以上の手間ヒマがかかって、読者は2

分の1以下になるのだ (^^ゞ 私自身が熟読するから、いいけどね。。

     

あ~、もう寝よっと。今週末こそ、正月から延び延びになってるアレを記事

にしたいんだけど、時間的に苦しいなぁ。準備はかなり進んでるんだけどね。

それより先に、ランニングもやらなきゃマズイ! ホント、時間が足りないな。

命短し、恋せよ乙女♪ 誰が乙女や! 

    

とか思いつきで書いて、すぐ検索かけてみると、大正4年の曲の歌詞なん

だね。60へぇ~って感じだわ(古っ!)。芸術座がツルゲーネフ「その前夜」

を初演した時の、劇中歌「ゴンドラの唄」なのか。ま、今だと、萌え系で色々

出てるみたいだね。

    

ちなみに、ランニングの方は、通勤ジョギング4kmだけ。ただし、かなり飛

ばしたから、通勤ダッシュと言うべきかも知れない♪ 階段を一段飛ばしで

ダッシュしてたら、膝を痛めてしまった (^^; それでは、今日はこの辺で ☆彡

      

                                (系 1846文字)

| | コメント (0)

フルマラソンのダメージは最大3ヶ月も続く可能性があるのか・・

雑用JOG 2.7km,16分程度

引き続き、心身の調子が悪い。。今日も多少の時間はあったのに、るよ

りも仮眠してしまった。そのまま朝まで寝たかったけど、ブログの毎日更新

があるから渋々と起きたわけ。

        

心はともかく、身体はちょっとマズイね。秋に、風邪をひく直前でギリギリ踏

ん張り続けたから、その後は油断してたかも。そう言えば1月前半っていう

と、過去にもインフルエンザノロウイルスにやられた時期なんだよな。気

を引き締め直さなきゃ!

     

実は今夜、まだこの後家でやらなきゃいけない仕事があるのだ。手元に

は、合法ドーピング用のコカコーラ1.5Lを用意してある♪ ってことで、今

夜は早めにこの辺で。。。って訳にいかないのネ・・・これ、最近の口グセだ

な。とにかく、パパッと最低限の内容をブログに書いて、真面目に仕事に向

かうとしよう。。

        

           ☆          ☆          ☆

さて、先日フルマラソン100回連続走(その後101回に延長)の記事を書

いたら、単なる市民ランナーのニュースで丸1日遅れだったにも関わらず、

そこそこの検索アクセスが入って来た。やっぱり、フルマラソンって言うと

特別なものなんだろう。これが、10km走の1000回連続だったら、ニュー

スにさえなってないはずだ。

     

私がそのニュースを聞いたのとほぼ同じ頃、たまたまネットを飛び回ってる

内に、興味深い記事と遭遇した。日経新聞のサイト内にある「いきいき健康」

コーナーに掲載された、米国発ニュースだ。タイトルは、「マラソンは心臓を

損傷させるが3カ月以内に回復」。ポジティブな終わり方の文だけど、むしろ

「心臓を損傷」とか「3カ月」とか、ランナーとしてショッキングな言葉の方が

気になった。

       

その記事の元になったのは、「Healthday News」(健やかな日々ニュー

スとでも訳す所か)の2010年10月25日の記事(英語)。フルマラソンの

直後には、心臓の左心室の半分以上が損傷を受けてたそうだ。ただし、

の部位が補い、心臓全体としての機能(=循環能力)には変化がないとの

こと。しかしそれだけの領域の損傷だと、常識的に考えて、多少の悪影響

はありそうな気がするね。

            

実験では、平均45歳(かなり高め)のアマチュアランナー20人(やや少ない)

を集め、トレッドミルによるV02MAX(最大酸素摂取量)の検査でフィットネ

ス(適応度)を評価。つまり、有酸素性持久力と酸素消費量を見たことにな

る。他にも、競技の前後と3ヶ月後に、血液検査とMRIを用いた心臓スキャ

を実施。

       

すべての人は、3ヶ月後には回復してたそうだけど、途中で検査をしてない

から、いつ回復したのかは分からない。ただ、わざわざ3ヶ月も間を空けた

ことを考えると、その程度かかる可能性があると専門家が考えたのだろう

普通の発想なら、1週間後とか1ヶ月後に検査するはずだ。

       

結論は、トレーニングを積んだ人ほど大丈夫だったという当たり前のもの

で、別にマラソンの危険性を警告する研究ではないと一応されている(カナ

ダのEric Larose博士)。でも、元の英文記事のタイトルはこうなってる。

      

    Marathons Affect Heart,but Runners Bounce Back

     Those less fit at higher risk,researcher says 

      

  (マラソンは心臓に影響を及ぼすが、ランナーは回復する

    あまり適応してない人ほどリスクは高いと、研究者は語る

    

これは、かなりの危険性を強調する文章の形だ。では、英文記事のソース

(源泉)になった研究発表自体はどうなってたのか。これを調べようとして、

思い切りハマってしまった (^^; 毎度のことだけど、そのレベルになると、英

語圏で探しても、なかなか確かな情報が見つからない。みんな請け売りば

かりで、本当のソースを調べてないのだ。

            

そこでマニアック・ブロガーとしては、カナダ心血管会議(CCC:Canadian

Cardiovascular Congress)2010のHPにアクセスするわけだが、英語と

フランス語が混ざってることもあって、何とも分かりにくい。ようやく、プログ

ラムを見つけたと思ったら、49MBのダウンロードに20分以上もかかって

しまった。海外のサイトだとよく起きる現象で、元のサーバーのせいなのか、

途中の通信回線のせいなのかはよく分からない。

    

とにかく、やっとダウンロードし終えて、10月25日のプログラムを探して

みると、それらしきものがどこにも見当たらないのだ。だから、みんな元の

研究発表のタイトルを書けなかったのかも知れないね。一応、私は本当に

調べたってことを示すために、該当箇所のごく一部をコピペさせて頂こう。

各プログラムごとに、英語と仏語がいちいち上下二段で併記されている。

恐ろしく読みにくいけど、これはカナダという国の特徴でもあるのだ。

           

110113

        

後でもう少し調べてみるつもりだけど、まとまった個別の研究発表ではなく

て、シンポジウムの中での手短な発表だったのかも知れない。それなら、

プログラムに見当たらないのも当然だ。

     

          ☆          ☆          ☆

・・・と一旦書いた後、215ページものpdfファイル内を人名で検索して、

に発見した。やっぱり、元の発表でも、危険性の方が強調されてるのだ。

ここではなぜか、英語表示だけになってる。

     

110113b

       

    TRANSIENT MYOCARDIAL INJURY, MICROVASCULAR

         DYSFUNCTION AND DECREASED SEGMENTAL FUNCTION

        IN LESS FIT RECREATIONAL MARATHON RUNNERS

    

    (適応度の低い趣味のマラソンランナーにおける、一時的な心筋

     傷、微小血管の機能障害、およびセグメント(部位)の機能の減少

           

結局、それなりのトレーニングが必要だし、トレーニングしてれば大丈夫と

いう話にも見えるけど、やっぱり損傷という点が気になる。実際、過去の私

自身の経験だと、フルやハーフのマラソンレースで全力を振り絞った後は、

しばらく走りの調子が悪いのだ。強い負荷からの「超回復」で、走力アップ

しそうな気がするのに、半月前後は奇妙なほど調子が悪い。

           

という訳で、ダメージ問題は引き続き今後の研究課題としとこう。ちょっと

大げさかも♪ まあ、自分の記録と、色々な研究や報告と、広く見渡す程

度のことはしていきたい。

         

最後に、今日の走りって言うか、小走りは、雑用で2.7kmほどジョギング

しただけ (^^ゞ まあ、まったく走らないよりはマシだろう。ちょっと息が切れ

たから、ランニングと言ってもいいかも知れない。明日もまた、時間的にキ

ツイから、僅かなジョグだけになっちゃうかも。その場合は、週末になるべ

く取り戻すとしよう。ではまた。。☆彡

     

                                (計 2743文字)

| | コメント (0)

単なる日記&『CONTROL』第1話の感想(辛口♪)

通勤JOG 3.5km,22分程度

ダメ!全然、論外・・・っていうのは、今日の私の体調だ♪ って言うか、昨

夜から一気に調子が悪くなってしまった。理由の一つは、プライベート。

夜、かなり不愉快な事が唐突に起きて、温厚で寛容な大人の私としても、つ

い頭に血が上ってしまったのだ (^^ゞ ま、今振り返ると、怒り過ぎだったね。

反省&学習しよう。

     

不調のもう一つの理由は、寒さ。寒いから微熱が出たのか、微熱だから寒

かったのかビミョーだけど、とにかく昨夜は寒くて、途中で何度も目が覚め

状態。当然、眠りは浅くて、今日は「1日中」眠くてダルかった

            

ちなみに、「旧中山道(きゅうなかせんどう)」を「いちにちじゅうやまみち(1

日中山道)」と読み間違えた伝説の女子アナは、フジテレビの有賀さつき

(当時)ではなくて、「N局美人アナ(28)」(1990年当時)というのがテレビ

的事実。でも、それが誰なのかは断定できない(日テレの女子アナだけで

も数人の候補者)。それどころか、そのバラエティ番組(『上岡龍太郎には

ダマされないぞ!』)のフリップ(=説明ボード)に書かれた、N局アナの読

み間違い話が真実なのか、放送作家の作り話なのかも分からない。ただし、

がそのフリップを見て、「きゅうちゅうさんどう」と、別の読み間違いをし

たのは事実。。

                             

・・・って、思い切り脱線してるわな♪ いや、マニアはちょっとした事ですぐ

ハマるのだ。特にネット時代になってからは、気になると瞬間的に検索して

あちこち調べまくるので、時間がいくらあっても足りないことになる。

     

話をもとに戻すと、とにかく昨夜以来、私は調子が悪かったから、今日の走

通勤ジョギング3.5kmのみ。ちょっと重い荷物を持っての小走りだか

ら、実質的には4.5kmくらいに相当するだろう。セコイわ♪ 帰り際には、

例によってバイクの駐車場に寄って、バッテリーのためだけにエンジンをし

ばらくかけた。当然、スタートは押しがけで、それについて書いたマニアック

なつぶやき記事には思ったより検索アクセスが入ってるから、やっぱりみ

んな苦労してるんだね。

      

ま、2流市民アスリートとしては、押しがけ自体は嫌いじゃないけど、押しが

けしなきゃエンジンがかからないとか、たまにエンジンかけないとバッテリー

がダメになっちゃうとか、そうゆう悲惨な強制的状況が嫌なのだ。。

   

    

          ☆          ☆          ☆

という訳で、調子が悪いから今日はもう終了・・・って訳にもいかないのネ♪

では久々に、読者の方々のスクリーニング(ふるい分け)から始めよう。

   

   あなたは、藤木直人の「熱狂的な」ファンですか?

             はい         いいえ

    

   あなたは、いいものはいい、悪いものは悪いと、なるべく客観的に、

   かつ冷静に、判断できる人ですか?

             はい         いいえ

         

           

          ☆          ☆          ☆

さて、藤木が重要な脇役として登場する、フジテレビ21時からのドラマで、

サザンオールスターズ・桑田佳祐が主題歌となると、山P=山下智久主演

の月9『プロポーズ大作戦』を思い出す所だ。あれは全体的に出来のいい

恋愛ドラマで、最終回はやや問題があったけど、SP(2時間半スペシャル)

でキレイに解決。ウチでも絶賛しておいた。連ドラの平均視聴率17.4%、

SPで18.4%だから、2007年の作品としては数字的にも成功だ。

             

ところが、実際に昨夜、『CONTROL~犯罪心理捜査~』第1話を見終わっ

た時、と言うより、見始めてすぐ思い出したのは、ちょうど1年前の亀梨和也

『ヤマトナデシコ七変化』だった。

     

知らない人も少なくないだろうから、簡単に事情を説明しとこう。そもそもス

ポーツ系ブログとして始まったウチのブログが、ドラマに傾斜したキッカケ

になったのは、亀梨&山P『野ブタ。をプロデュース』。そのレビューには今

でもアクセスが入り続けてるし、それ以降、この2人は特別扱いを続けてる。

低視聴率が話題になった亀梨『神の雫』では、ほとんど日本中を相手に回

すような形で、ウチは強烈にプッシュ。日本はもちろん、台湾や韓国のブロ

グでも、ウチの記事が紹介されたほどだ。

       

けれども、1年前の『ヤマナデ』は無理だった。それなら書かなきゃいいん

だけど、野ブタ以降、亀梨のドラマは全て扱って来たし、亀梨ファンの常連

読者も少なからずいらっしゃる。そこで、挨拶程度に軽く辛口のつぶやき

書いてたら、完全な暴言コメントが入って来たのだ。2005年夏に公開開始

して以来、1年に僅か数回程度、一口コメントみたいな暴言が入ることはあ

るけど、完全な攻撃を受けたのはこれが初めて。それ以降も一度もない。

               

興味深いのは、この亀梨ファンの女性が、それなりにウチの記事を読んで

るし、多少の理屈も分かる人間だったこと。おそらく、あまりに亀梨が好き

過ぎて、一瞬だけ頭に血が上ってしまったんだろう。私はその後、この女性

の暴言について真正面から記事で応答したが、彼女はそれを読んでるに

も関わらず、何も書きこんで来なかった。その意味では、決して話の通じな

い人ではない。どこにでもいる熱狂的な女性ファンの一人にすぎないのだ。

            

          ☆          ☆          ☆

前置きがやたら長いのは、『ヤマナデ』の時みたいな残念な事態はもう見

たくないからだ。ウチが今まで特別扱いして来たタレントは4人。亀梨、山P、

キムタク=木村拓哉、そして『ギャルサー』以来の藤木だ。

     

この内、亀梨以外では、キムタクのファンが一人、暴言にやや近いコメント

を書き込んで来たから、これもレスと記事とで、真正面から応答。二度と現

れなかった。これまた、全く話の通じない女性でもなさそうだったから、自分

が何をやったのかという事くらい、自分で分かっただろう。

       

一方で、過去5年4ヶ月、山Pと藤木のファンは、一度もそういった問題を

起こしてない。特に藤木に関しては、先日の検索ワード・ランキング記事

も示したように、ウチではなぜか一番人気のタレントだからこそ、全体のイ

メージダウンにつながるような事をして欲しくないのだ。

          

さて、ここまで言えば、もう私の第1話の感想はお分かりだろう。「残念」の

一言だ。正直言って、ここ5年で見た藤木出演作品の中では際立ってる

これが18.4%も視聴率を取ったのに驚いて、普段まったく見ないようなサ

イトまでチェックしたけど、やっぱり私と同じように感じた人が大勢いた。も

う、ドラマの最初から苦しいのだ。一つに絞るなら、寺田敏雄の脚本がか

なり苦しい。一応、そこそこのキャリアを持ってる人にも関わらず。。

      

冒頭は、松下奈緒の「ウザイ」演技が気になったけど、あれは「ウザイ女刑

事」を演じてるんだから、まあ良しとしよう。最初に「残念」だったのは、藤木

が演じる心理学教授・南雲準の講義シーン。あれはもちろん、同じフジテレ

ビで似た設定の大ヒット作、『ガリレオ』第1話の引用だ。

     

「南雲準・教授」と、「南雲・准教授(昔の言い方だと助教授)」を掛け合わせ

た、やや分かりにくい言葉遊びがあったのも、『ガリレオ』の福山雅治が「

川・准教授」だったことを思い出すと納得がいく。恐らく名前も、「湯」→「温か

い」→「南」、「川」→「自然を表す簡単な一文字」→「雲」という流れで、「湯

川」から「南雲」へと変換して作ったんだろう。

追記: 『ミスブレ』のキムタクの名前、「九十九=つくも」も意識してそうだ。)

       

問題は、講義シーンの使い方だ。大教室で、女子学生が目立ってる点は

同じこと。ただ、『ガリレオ』の湯川の講義は、きっちりした大学の物理

授業であって、「板書」(黒板に書いた内容)の数式にも魅力があった。実

際、私は飛びついてマニアックに解説。つい先日まで続いてた再放送の際

にも、『ガリレオ』の数式とか物理的内容を問う検索アクセスが大量に入っ

て来てる。女性ファンの大半はピンと来ない話だろうが、確かな事実。多少、

理系的センスを持った人間(特に男)は、ああゆう話が好きなのだ。

        

ところが、『CONTROL』の南雲の講義は、板書も言葉の説明も、光るもの

が感じられない。光ってるのは、2つのスクリーン映像のみ。「ソーシャル・

インパクト・セオリー」とか言われても、検索して出て来るのはドラマの感想

だらけ。「social impact theory」で英語版のウィキペディアを調べると、項目

はあるけど説明は僅か。内容的にも、「グループ内の力や直接性が強まる

ほど、順応性が高まる」というインパクトのない簡単なセオリー(理論)で、

「責任分散」という訳語に相当する理論でもない。

                     

ほとんどの視聴者が意味も分からず魅きつけられた、湯川の電磁気学と

は程遠いし、去年のキムタクの『MR.BRAIN』のように、CGや機械でそれ

なりの形を作ったり、意外な面白話を持ち出すわけでもない。だからと言っ

て、逆にジャムパンとか居眠り(仮眠っぽい睡眠)とか、可愛いボケ役にな

り切る様子もなく、それなりに心理学教授として活躍させようとしてるのだ。

2人で、パトカーじゃなくタクシーに乗って捜査する所なんて、例外的にいい

味出してたのに。

      

講義以降の南雲の「心理学的」説明も、バラエティ番組や雑誌の心理テスト

レベルのコネタばかり。呼吸や鼻の穴から興奮を読み取ったり、犯人が背

中から刺したのは顔を見たくなかったからだと推測したり、瀬川の「刑事の

勘」(『ガリレオ』の引用)と似たようなもの。湯川と違って南雲は脇役だから、

なんていう言い訳が通じるレベルにも達してない。そもそもドラマの副題は、

犯罪「心理捜査」なのだ。

         

ちなみに、式サイトで、制作発表時の藤木の発言を読むと、こうした作り

脚本による意図的狙いだということが読み取れる。

          

    「心理学といっても『CONTROL』はいわゆるプロファイリング

     ではなく、人のちょっとした行動や仕草で相手の心理を読み

     取る行動心理学を中心にした作品です。たくさんの人が“こう

     ゆうことってあるな”と共感を持って見て頂けると思います」

     

たくさんの人が“あるある♪”と共感を持ったから18.4%なのか、あるい

松下奈緒の「ゲゲゲ」効果が大きかったのか、まだよく分からない。冬ド

ラマのスターを飾る1本だったこともあるだろう。ただ、あの内容でいくら

数字を取っても、評価する気はない。むしろ、藤木で言うなら、深夜枠の

『イケ麺』の方が良かった。

         

一方、松下で言うなら、『タイヨウのうた』の橘麻美として名曲『WISH』を

歌ってた時の方が良かった気がする。まあ、演技の問題というより、脚本

と演出(村上正典)なのだ。あの終盤の、雨に打たれながら家に入ろうと

するシーンとか、ラストの自殺引きとめシーンとか。演出が良ければ、まだ

何とかなったかも知れないけど、プロが作った現代のドラマとしては思えな

いものになってた。

      

そしてラスト。南雲が理屈で否定し続けるベタな行為を、瀬川が強引に実行

して、結果的に引きとめに成功(?)した直後。南雲が「ロジックを超えてる

と言う。ロジック(logic)とは論理。これも『ガリレオ』の湯川が内海(柴咲コウ)

に対して論理的でな」とか言ってた台詞の引用だけど、内海の非論理的

な力強さというのは、もっと重みがあって、納得もできる形可愛く発揮され

てた訳だ。それに対して瀬川は、単純な熱血刑事。分かりやすくていいね、

とはとても思えない。。

                   

          ☆          ☆          ☆

銀行重役の父親が、振り込め詐欺の息子を殺すという平凡な筋立てとい

い、ヒネリも深みもないベタな妻の振舞いといい、とにかく全体的に残念

ドラマだった。レビューや感想どころか、あと1、2回見るだけでも精一杯だ

ろう。ここからの巻き返しも期待できない。音楽もパッとしないし、私の好き

な桑田の曲も冴えなかった。タイトルバック映像も含めて、『プロポ』の時の

方がよっぽど良かったな。

     

そうゆう事なんで、おそらくもう記事は書かないと思う。実は、面白ければ

『ホタルノヒカリ2』程度の記事なら書き続けてもいいかな、と思ってただけ

に、尚更残念なのだ。ま、藤木ファンの皆さんは、今後もあのヒゲづらとジャ

ムこぼしと居眠りを楽しんで頂きたい♪ ウチとしては、今期はどうしようか

な。元々、長期ドラマお休みモードなんだし、1年ぶりに、連ドラお休みクー

ルにする可能性が高くなったかも。

         

ま、少なくとも春までは毎日更新し続けるつもりなんで、藤木関連記事以外

にも目を通す方は、またどうぞ♪ ウチは総合マニアック・サイト。価値があ

ると思えば、何でもネタにして追求するのだ。

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

    

         

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.藤木の視聴率記事のグラフには追加の余地がないので、別扱いで

    『CONTROL』の視聴率グラフをここに掲載しよう。随時更新。

    なお、各年の平均視聴率の推移は、以前の視聴率記事にて更新中。

        

110323a

      

            

cf.D・モリスの「自己親密行動」(self-intimacy)など (第2話関連)

  冴えない日、2日目のつぶやき♪ (第3話への簡単なコメント入り)

  人間は期待通りに成長する~ピグマリオン効果(教育心理学) (第5話)

  完結してない行動の方が記憶に残る~ツァイガルニク効果 (第6話)

  作られた記憶、目撃者の証言~心理学・法・歴史の結び目 (第7話) 

         

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  感謝すべき遭遇、時空を超えた銀河~『ギャルサー』最終回

  ブカブカの大きな愛に包まれて~『プロポーズ大作戦SP』

  縁側と結ばれた少女~『ホタルノヒカリ』最終回

  再び駆け出したアリスたち~『Around40』最終回

  『シバトラ』第1話、軽~い感想♪

  『イケ麺そば屋探偵』第1話、軽~い感想♪

  『夜光の階段』第1話で寝不足の中、早朝ラン

  鼻呼吸ジョグ&『泣かないと決めた日』第1話

  18km走まで回復&『ホタルノヒカリ2』第1話

      

                                  (計 5558文字)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

連続100日フルマラソン達成、おめでとう♪~101日目も完走☆

RUN 16km,1時間15分55秒,心拍150

フルマラソン連続100日達成☆ 昨日(1月10日)、このニュースをネット

で見かけた時にはかなり驚いた。しかも66歳! 相模原市の渡辺富夫さ

ん、素晴らしいね。早速、あちこちのサイトを飛び回ってみた。流石に、市

民ランナーとしては、扱いがかなり大きい。

        

以前、2009年3月22日の東京マラソンで、さいたま市の楠田昭徳さん

(当時65歳)が52日連続を達成、ギネス世界記録を塗り変えたことは、

ウチの記事にも簡単に書いたけど、100日というとその約2倍。しかも、

渡辺さんが所属するフル百回楽走会のHPを見ると、昨日さらに101日

連続も達成したようだ。色んな意味で凄いな。

     

というのも、勝手に走るだけだと記録が認められないし、なかなか続けら

れないだろう。楠田さんの時もそうだったように、渡辺さんにも会の仲間

その他のバックアップがかなりあったようだ。

         

わざわざ「白鷺百連走ドリームマラソン」という手作りの大会を連日開いて

るし(平塚市総合公園1.7km周回)、「相模原ドリームマラソン大会」とい

う類似企画も出来てる(相模原公園2.5km周回)。どちらも参加費200

円♪ 記録達成間近になると、参加者も1ケタから2ケタへ増えてるのが

分かる。ちなみに、日本陸上競技連盟の規定を参照すると、最低3人の

参加が基準のようだ

    

   (☆追記: ルールブック2010をHPで見ると、競技規則の第10部

         「世界記録と日本記録」、世界記録総則9に、「個人種目

         では3人以上・・・正式(真正)の競技者でなければならない」

         と書いてあった。 )

            

100回目平塚早春マラソン大会(楽走会主催、1月9日)で、4時間51

分57秒。そして101回目は、100回達成お礼マラソン大会(相模原公園)

で、5時間19分37秒。全体のタイムを見ると、4時間半~6時間半の間

で、5時間前後が多い1km7分ちょっとのペースだから、箱根駅伝とか

の1km3分ペースと比べるとゆっくりではあるけど、42.195km×101

=4261.695kmを走り続けたのは偉業だ。私なんて、1年に1回のフ

ルでさえダルイ♪

        

さて、実はこの後、フルマラソンのダメージについて補足する予定だった

んだけど、準備だけで時間が無くなってしまった (^^ゞ また今度、書くこと

にしよう。とにかく、渡辺さん&周囲の方々、どうもおめでとうございます。

   

  (☆追記: 2日後にダメージ記事をアップ。

     フルマラソンのダメージは最大3ヶ月も続く可能性があるのか・・ )

       

渡辺さんが楠田さんに刺激を受けたように、私も渡辺さんに刺激されて、

102連日走に挑戦しようかな。1日あたり10kmなら可能かも・・・って、そ

れなら大勢フツーに走ってるか♪ ちなみにブログなら、今日で公開以来

1960日連続更新達成だ。あと40日頑張れば、2000日連続達成!

        

  (☆追記2: 1月18日現在、ギネスブックの公式サイトではまだ楠田さ

          んが世界記録保持者として登録されていた。画像も動画

          もなく、簡単に本文2行で次のように紹介されている。

     

          The most marathons run on consecutive days is 52 and

          was achieved byAkinori Kusuda (Japan) on the Bessho-

          numa Park Jogging Course, Saitama, Japan, from 30

          January to 22 March 2009.   

             

          直訳: マラソン連続日数の最多は52で、楠田昭徳(日本)

          が達成。2009年1月30日から3月22日まで、日本・埼玉

          県・別所沼公園ジョギングコースにて。 )             

   

        

         ☆          ☆          ☆

一方、平凡な2流市民アスリートの方は、昨日も「僅か」16km。う~ん、

せめてハーフ21.0975kmくらい走った方が、記事としてカッコがついた

かも。ま、私は元・中距離走者もどきだから長距離は苦手なのだ、と言い

訳しとこう♪

    

3連休ラスト晴天ってことで、昼間の公園を走ったんだけど、寒いし風も

あったのに、賑やかだったな。凧揚げもかなりやってたし、ランナーも100

人くらいいた気がする。小さな大会でもやってるのかと思ったほど、ゾロゾ

ロ走ってた。逆にウォーキングが少なく感じたのは、寒いからかも。

    

2日前の25km走のダメージがまだ消えてないから、トロトロ走ってると、

公園到着後にいきなり女の子に抜かれたので、あわてて追走 (^^ゞ 1km

4分半くらいのペースだから、女の子としては珍しい速さで、公園だと久々

に見た。ただ、やっぱり続かないんだよな。すぐバトルごっこは終了で、そ

の後は適当にのんびり流しただけ。晴れてるし賑わってるから、イメージ的

には温かそうなのに、実際は手袋をしてるのに手が冷えてしまった。「最高」

気温6度だから、冷え性の私にはキツイ。

            

とはいえ、ちゃんとノルマの16kmは果たして、トータルでは1km4分45

ペース。5分でいいと思ってたから、上出来だ。これで、今日はお休み

して、明日は通勤ジョグだけかな。明後日はまた長距離を走りたいなと思っ

てる。狙いはフルマラソンの自己ベスト更新なのだ。って言うか、連休明け

の朝は超~ダルイね。ではまた。。☆彡

    

          

  往路(2.45km)   12分40秒  平均心拍130         

  1周(2.14km)    10分06秒        149       

  2周             10分06秒        152  

  3周            10分13秒        152

  4周             10分07秒        154

  5周             9分59秒        157

  6周(0.4km)        1分54秒         157

  復路              10分52秒        154     

計 16km  1時間15分55秒  心拍150(82%) 最大158(6周目)

     

                                 (計 2235文字)

| | コメント (0)

書籍電子複製の代行業&「写真の死」~デジタル時代の二側面

RUN 12km,1時間03分29秒,心拍135 ; 雑用JOG 1km

あ~、しんど」っていう関西系の方言、そう言えば、サッカー・Jリーグ初期

に活躍した「アルシンド」に似てるね♪(古っ!)。髪が薄くて、アデランスの

かつらCMにも出た、陽気なブラジル人選手だ。ふ~ん、今は母国で農業

を営んでるのか。分かりやすい成功物語だな。(by ウィキペディア)

     

サッカーはともかく、私は二重の意味でしんどい。つまり、疲れて苦しい。ま

ず、一昨日の25km走のダメージがまだかなり残ってるし、一昨日のスノー

スポーツ人口記事も、昨日の本格的な数学記事(7000字弱)も、思ったよ

り大変だった。という訳で、今日はもう昨日の積極的休養ランその他を軽く

つぶやいて終了・・・としとけばいいのに、つい他のコネタを加えてしまうの

が、マニアック・ブロガーの哀しい性(さが)なのだ♪

    

ツイッターみたいに、24時間「ダダもれ」的につぶやきたいとは思わないけ

ど、1日に1回くらい、多少まとまった事を喋りたくなっちゃうね。。

       

         ☆          ☆          ☆

という訳で、成人の日で休日の今日、何を喋りたくなったと言うと、2日続け

て新聞に登場したデジタル関連の話だ。まず、昨日(1月9日)の朝日新聞・

朝刊、2面の特集「時時刻々」には、「電子本化 代行業 問題ないの?」、

「『私的使用の範囲 vs.『海賊版流通の恐れ』」という見出しが付いてる。

個人が手持ちの本を電子書籍にする作業を手助けする、新しいビジネス・

モデルの話題だ。         

        

著作権法30条では、簡単に言うと、個人の私的使用に限り本人が複製で

きることになってる(実際の条文は遥かにややこしい表現)。ただ、1冊丸

ごとスキャンしてデータ化、電子書籍端末などに取り込むとなると、かなり

面倒だろう。そこで登場したのが、代行業。本の表紙を取ってバラバラに

裁断し、1枚ずつスキャナーで読み込む一連の作業の、一部または全部

を代行してくれるそうだ。

     

これだけなら、ギリギリ問題なかっただろうが、昨年末に秋葉原に登場し

た「自炊の森」は境界を少し踏み越えた。あらかじめ店内に、人気マンガ

が裁断された状態で用意され、客が選ぶと定価の4割でスキャンできるこ

とになってたから、非難の嵐が集中。1月中旬まで休止となったらしい。

        

なるほど確かに、HPにアクセスすると「1月中旬に正式オープン予定」と出

て来る。ということは、今までは「正式」ではなかったという事だから、「正しい

方式」でないと認めたわけか。

        

自炊」とは、本を自ら電子データにする行為(=炊事)を意味する言葉だそ

うで、日本書籍出版協会によると、代行業者は30~40社。大規模になれ

ば看過できないと語ってる。生活のかかったプロとしては、当然のことだろう。

アメリカでは、代行の代わりに、無断公開や無料ダウンロードが横行してる

そうだ。日本でも去年、人気漫画『ワンピース』などをYouTubeに投稿した

14歳の中学生が逮捕されて話題になったし、音楽やゲームの違法なやり

取りなら、以前から少なからず行われてるらしい。

        

実は、全く偶然だけど、私自身も昨日、手持ちの本の一部を個人的に電子

したのだ。ただし、市販されてない特殊な情報冊子で、たまたま手元にな

関係者の依頼を受けて、ごく一部デジカメで撮影。画像処理して、メー

ルに添付して送ったわけ。もちろん、金儲けとは無関係だし、あらゆる面で

合法的行為だと思ってる。

      

ただ、これを一般化して、「本の所有者が電子化して知り合いに無料で渡し

てもいい」という話になると、かなり怪しくなって来る。微妙だろうが曖昧だろ

うが、何事にも線引きは重要。国境や資格付与でも似た話があることにつ

いては、先月の朝日・論壇時評の論評で書いておいた。

         

          ☆          ☆          ☆

一方、今日(1月10日)の朝日新聞・朝刊の折り込み特集「GLOBE」は、

写真は死んでいくのか」というセンセーショナルな大見出しと共に、デジタ

ル化時代の写真の変化や現状、見通しについて、多数の芸術的写真と共

に、詳しく述べている。

          

見出しの問いの「答え」が、いきなり巻頭言として書かれてるのは、面白い

構成だ。「写真が死んだ? 生き残りをかけているのは写真ビジネスだけ。

写真の力は増していく」。国際的な写真家グループであるマグナム・フォト

会長、ジョナス・ベンディクセンの言葉だ。

     

そもそも、なぜ「写真の死」が語られるかというと、一般人がデジカメや写

メで気軽に取った「画像」や動画が溢れ返る時代になったから。情報技術

やプラットフォーム(土台)の進歩で、アマチュア=素人が撮ってもそれなり

のものにはなるし、あまりに「画像」の量が多過ぎて、プロや専門家の「写

真」が埋没してしまうからだ。

         

本質的な問題は2つだろう。一つは、質の問題。画像の時代に、写真の質

は保てるか。あるいは、質の価値は保てるか。もう一つは、金の問題。画

像の時代に、写真は金になるか。これに対して、巻頭のベンディクセンが

語ってることは、金は大変になるけど、質もその価値も向上し得るというこ

とだ。もちろん、そこでは、写真家や鑑賞者の意識や努力が問われる。

      

デジカメが登場して、まだ僅か20年あまりだが、画像処理ソフト「フォトショッ

プ」やpdfファイルでお馴染みの企業、アドビの日本法人では、写真のこと

も画像と呼ぶようになってるそうだ。「真実を写す」と書く「写真」から、中立

的な画像へ。今現在、写真と言われてる物も、実はPCやデジカメ内部で編

集・加工されてるものが少なくない事を考えると、必然的な名称変更だろう。

        

ただし、私自身は言葉を使い分けてる写真は、そのまま現実を写したデー

タ「に近い」もの。デジカメ写真の明るさ調整などはOKだ。それに対して、

人工的に作ったと考える方がいいものは、画像だ。例えば、誰かがPCで

作ったCGとか、モニターその他からキャプチャーした静止画とか。自分が

書いた「図」をデジカメで撮ってブログに貼る時には、「」と書いてる。

           

真実というものがいくら曖昧な存在になっても、本物と偽物、自然と人工と

いう対比は必ず残るし、重要な役割を果たす。当たり前のことを、広い視

野から十分とらえた上で、デジタル文化と付き合って行きたいもんだ。。

    

             

         ☆          ☆          ☆

という訳で、今日も喋り過ぎたから、後は簡単に♪ そうそう、一昨日の

キー&スノボ人口の記事は、思ったより好評だ。スキーだけじゃなく、スノ

ボでも、人気を気にしてる方は相当な数いらっしゃるらしい。

     

一方、昨日の走りだけど、一昨日の疲れというよりダメージがたっぷり残っ

てて脚が動かない状態。こうゆうのは久々だね。川口マラソンの快走の直

後でも、こんな感じにはなってない。やっぱり、長距離は苦手なんだな。ま、

この1年ほどでマジメに25km走ったのは、まだ2回目だから、仕方ない

んだけど。

      

とにかく、トータルで1km5分17秒ペースの積極的休養。もうちょっと遅く

ても良かったけど、他のランナーに抜かれるのがシャクに触ったわけ♪

普段、抜かれることは滅多にないし、たまに抜かれても追走することがほ

とんどなもんで。あと、そうそう。単なる雑用で、ジョギングも1km行った。

   

今日もまだ疲れてるけど、休日だし、出来れば予定通り16km走りたいな。

ま、脚というより、自分の気分と相談してみよう♪ 好天の3連休のラスト、

ちょっと気温が低くて、風が冷たく感じるね。ではまた。。☆彡

         

 往路(2.45km)    13分55秒  平均心拍123        

  1周(2.14km)   11分24秒         130

  2周            11分16秒        135    

  3周           11分03秒         140

  4周(0.68km)    3分43秒        142                 

 復路          12分08秒          141  

計 12km  1時間03分29秒 心拍147(80%) 最大147(4周目)

      

                                 (計 3150文字)

| | コメント (0)

同じ数ずつ分ける計算、割り算(除法)~小学校の算数4

数学者ペアノの自然数論の追求から始まって、小学校の足し算引き算

掛け算まで記事を書き終えたのが、去年(2010)の9月18日。それから、

4ヶ月近くも経ってしまったが、正月明けの連休の今日、ようやく小学校の

割り算(=除法)を扱うことにしよう。

           

現行の義務教育のカリキュラムで、「わり算」が正式に導入されるのは、小

学3年生の算数だ。代表的な教科書の一つ、『新編 新しい算数 3上』(東

110109

  京書籍)を見ると、第3章が「わり

  算 新しい計算を考えよう」。まず、

  前置き的に「『分けた』ことがある

  かな?」というページ(ほとんど絵)

  が置かれた後、きっちりした説明

  のスタートはp.23。クッキー15

  個を3人で「同じ数ずつ分ける」話

  になってる(短く言い換えるなら、

  等分)。

        

この表現から、割り算の本質2つあることに気付く。一方は、「同じ数ず

つ」集まった状態(or 集合)を考えること。他方は、「分ける」ことだ。

           

       

         ☆          ☆          ☆   

まず、「同じ数ずつ」集まった状態を考え始めたのはいつなのか。「一つず

つ」という基本的過ぎる場合を除くと、小学校1年の教科書(『新編 新しい

算数1』東京書籍)で最初に出て来るのは、53ページ中央の写真だ。そこ

では説明抜きで、ヨーグルト「2個ずつ」が10パック、リンゴ「5個ずつ」が

4皿(or盆)、写されてる。実際の授業では、教師が「5個ずつ4皿に分けら

れてますね」とか説明を加えるのだろう。

      

もっと意図的な教育として、「同じ数ずつ」集まった状態が登場するのは、

同じく1年の教科書の第12章「20より おおきい かず」だ。鉛筆に似た

棒が多数あり、それを数える話からスタートする。

             

既に20以下については、第6章「10より おおきい かず」で扱われてお

り、そこでは例えば、10個+7個で17個と数えるやり方が導入される。

十ずつ集まるごとにケタが進むように数える方法、いわゆる「十進法」だ。

         

それを用いて、第12章で20より大きい本数を扱う時、まず「10本ずつ」

で2束作って、残りが7本、よって合計27本、といった流れで教えられる。

つまり、大きい数を十進法で表すこと自体が、「同じ数ずつ」集める操作

を学ぶ上で重要な役割を果たしてるわけだ。

         

一方、同じ数ずつに限らず、何らかの形で「分ける」ことのスタートは、

き算だと考えられる。実際、引き算を教える際には、元の個数を2つに分

ける行為を示す絵が使われてるのだ(単に分かれてるのではなく)。「7-4

=3」という数式だと、分けるというイメージ(観念)を持ちにくいが、7個の

物から3個取り除く動作の絵は、端的に3個と4個に分ける作業を表してる。

               

算数とか数学を考える際、言語、数式、記号のレベルで考えることがほと

んどだが、基礎的な教育にせよ日常生活にせよ、実際にはより素朴なも

のとしてのイメージ(図像)が、重要な役割を果たしてるのは間違いない。

        

      

        ☆          ☆          ☆

こうして、小学1年から少しずつ、「同じ数ずつ」集めること、「分ける」こと

を、学んでるわけだが、3年で割り算を導入する前には、他にも興味深い

話が導入されている。それは、単位測量だ。

            

例えば、ある物の長さを測って5cmとすることは、まず1cmという単位の

長さを決めた後、物の長さを単位5つへと分けることだ。物の長さと単位

の長さ、これら2つが所与のもの(=先に与えられたもの)だから、これは

掛け算ではなく、実質的には割り算になる。ただ、この話はしばらく後で、

物理学の基礎を考え直す際に扱うつもりなので、ここではこの程度に留め

とこう(単位の問題については、かなり突っ込んだ記事を前に書いてある)。

        

様々な準備作業の後3年の第3章で割り算を導入する時、まずクッキー

15個を3人で分ける絵が示された後、第1節は「1人ぶんの数をもとめ

る計算」(=等分除)となってる。最初の問題は、なぜかクッキーの数が3個

減って、12個を3人で分けると1人分は何個か、というものだ。

         

もちろん、答えは4個だが、そこに至るプロセスを示す絵が興味深い。い

きなり12個を4個ずつ分けずに、まず1個ずつ3人に配って、残り9個の

状態にする。この「1個ずつ」配る操作を4回繰り返して、結果的に4個ず

つに分けるのだ。

      

これはまず、文字通り「実用」的な分け方である。確かに、沢山の物を複

数の人間に分ける時、1個ずつ配る操作を繰り返すのは、子供の頃によ

くやったことだ。全員が同じ数だということが分かりやすいし、元の個数も

割り算も必要ない。と言うより、まったく計算が要らないのだ。1個取るこ

と、順番に配ること、この2種類の最も単純な動作だけでいい。

           

おまけに、その絵や考え方は、割り切れない場合、つまり、「余り」のある

割り算への導入にもなってる。実際、元の12個から、3個ずつ3人に配ら

れた状態では、残りは3個。この絵から、しばらく後で、元が「11個」の場

合の絵に進むのは簡単だろう。当然、3個ずつ3人に配られた状態では、

残り2個であって、これはもはや、1個ずつ配ることはできない。この、人

数(=割る数)より少なくなった残りのことを、「余り」と呼ぶわけだ。

               

とにかく、絵を用いて、1個ずつ3人に配る操作を4回終えた後、「まとめ」

の枠組の中に、こうまとめられる。

  

    12このクッキーを、3人で同じ数ずつ分けると、

   1人ぶんは4こになります。

    このことを式で、次のように書きます。

     12÷3=4

    「十二 わる 三は 四」         (p.24)

          

      

          ☆          ☆          ☆    

上の問題と次の問題では、クッキーにせよ、おはじきというやや抽象的な

物にせよ、複数の物を実際に分配している。それに対して、実質的な3問

(教科書では、四角で囲まれた2番)で、掛け算との関連が示される。

     

いちご20個を5人で同じ数ずつ分けると何個かという問題。

    (1人ぶんの数)×(人数)=(全部の数)

という式にあてはめて、1人分が1個の時、2個の時、3個の時と考えて行

き、最後に4個の時へと到達する。

     「1人ぶんが・・・4このとき 4×5=20」。

     

その後、よくある形の説明が登場する。

    「20÷5の答えは、□×5=20の□にあてはまる数です。

     20÷5=4   答え 4こ」。

      

すぐ下の「まとめ」では、「20÷5の答えは、5のだんの九九で見つけられ

ます」とある。こうして、いわゆる「掛け算の逆の計算(逆演算)としての割

り算」が導入されるわけだが、この話がちょっとだけ後回しになってる点に

は注意しときたい。つまり、高級な数学の理論構成はともかく、算数教育

のプロセスとしては、割り算のスタートはあくまで「同じ数ずつ分ける」こと

であって、掛け算など使ってないのだ(教科書でお馴染み、新興出版社・

啓林館のHPでもそう指導されてる)。

           

むしろ、最も本質的な計算は引き算だろう。余りがゼロになるように分配

するわけだから、「初歩的な」割り算の答えを探す時に重要なのは、余り

の計算。つまり、引き算なのだ。ただ、「いくつ引くか」を手際よく計算する

ために、掛け算が使われることになる。

            

20個のいちごを、5人で分ける時、2個ずつ配ると余りは10個。ここで、

「20-(2×5)=10」と計算する時、初めて掛け算が役立つわけだ。そし

て、「20-(4×5)=0」、つまり余りがゼロになる時には、(式変形など使

わず最初から)「4×5=20」という式を書く。こうして、「20÷5」の答えが、

「5をかけて20になる数」だとされる。

       

話を教科書に戻すと、「まとめ」のすぐ下に、可愛いキャラクターの絵と共

に、「□×5=5×□だね」とある。これが実は、次節の何気ない準備になっ

てる。

           

        

         ☆          ☆          ☆

第1節は、「1人ぶんの数をもとめる計算」だったが、第2節は、「何人に分

けられるかをもとめる計算」(=包含除)。これは、数式にしてしまうと同じ

割り算とも考えられるが、元は確かに、少し違う話だ。

             

そろそろ時間が無くなって来たので、第1節と同様の巧みな図は省略して、

いきなり「まとめ」を見るとしよう。

   

      12このパイを、1人に3こずつ分けると、

      4人に分けられます。

      このことも、わり算の式で、次のように書きます。

      12÷3=4                 (p.27) 

    

そのすぐ下には、「12をわられる数といい、3をわる数といいます」と説明さ

れ、かけ算の場合の呼び名と対比されている。「3×4」で、左側の3を「か

けられる数」(=被乗数)、右側の4を「かける数」(=乗数)と呼んで区別す

るのは、割り算の時の呼び名(被除数除数)と合わせる意味もあるのか

も知れない。つまり、左側の数が受動形(~される)、右側の数が能動形

(~する)というわけだ。

         

次のページでは、いちご20個を5個ずつ分ける問題がある。第1節では

5人に分ける問題だったのを、第2節では5個ずつ分ける問題へと変えて

るのだ。もちろん答えは同じだが、説明がほんの少し違ってる。

    

     20÷5の答えは、5×□=20の□にあてはまる数です。

      20÷5=4   答え 4人

         

第2節では、「5×□」が出て来るからこそ、第1節で「□×5」と説明した直

後に、「□×5=5×□」などという意味ありげな式(乗法の交換法則)が書

かれてたというわけだ。

    

第3節は「何倍かをもとめる計算」だけど、これは第2節と似たような話だろ

う。スチール缶36個がアルミ缶9個の何倍か?、と言うと、かなり違う話に

見えるが、要するに「36個は9個の何倍か?」、つまり、「36個を9個ずつ

分けると何組になるか?」という話だからだ。問われてるのは割り算ではな

く、抽象能力。スチールとアルミの違いを捨てる(=捨象する)能力だ。

        

ちなみに、第1節の「1人分の数を求める割り算」を、教育理論的に「等分

除」と呼ぶのは分かりやすいが、「何人に分けられるかを求める割り算」を

「包含除」と呼ぶ理由は分かりにくい。おそらく、余りがある場合が普通だと

想定してるからではないか。7コを2コずつ配るのなら、3人に分けられて、

1コ余る。この時、配られる総数は6コで、元の数7コに含まれる(=包含

れる)。こうゆう意味で、包含除と呼ぶんだろうと思うが、差し当たりは仮説

にすぎない。。

         

        

           ☆          ☆          ☆

最後に、0の割り算について。第2節の最後に、「0や1のわり算」という項

目があって、0個のクッキーを同じ数ずつ4人で分けると0個になることが

丁寧に示されてる。つまり、元が8個なら、8÷4=2。元が4個なら、4÷4

=1。そして、元が0個なら、0÷4=0。元の数が4個ずつ減る度に、一人

分が1個ずつ減るから、分かりやすいと言うより、「多少、分かった気になり

やすい」説明だろう。0を0でない数で割る計算の答えは、一般に0なのだ。

   

一方、この教科書も含めて、多くの小学生向けの本では、「0で割る計算

には触れてない。私が書店で参考書を探してみると、「0でない数を0で割

る計算」(例えば1÷0)の説明には、「一応」2通りあった。一つは、答えが

ない、とするもの。もう一つは、そのような計算はない、とするものだ。確か、

前者が教学研究社で、後者が学研だったと思うが、調べたのが数ヶ月前

で、書名を忘れてしまったので、後でまた調べて補足したいと思ってる。

       

   (☆追記: 答えなしが、教学研究社『高学年 算数 小学事典』。

          そんな割り算はないとするのが、

          学研=学習研究社『基礎から発展 まるわかり小3算数』。)

         

出典はさておき、「答えがない」という説明は、計算を定義して初めて成立

するもので、要するに掛け算の逆として割り算を考えてるわけだ。「□×0

=1」の□に入る数はないから、答えがないということになる。

    

けれども、0での割り算に別の定義を与えるなら別の話であって、例えば割

り算の第2節に戻って、1個を0個ずつ分けると考えれば、無限に多くの人

に分けられるとも考えられるから、答えを無限大とか無数としても不思議で

はない。「余り」は、ゼロでも1でもいいだろう。

      

そういった概念や考え方が、小学生には難し過ぎるというのなら、カリキュ

ラム上、後回しにすればいいだけのこと。「1÷0については高校で習う」と

か説明すればいいだろう。もちろん(小学校の)教科書では省いてよい、と

言うより、省いた方がいい。枝葉の話で無用な混乱を招くだけで、焦点が

ボケてしまう。

              

一方、「計算がない」という説明は、一見、別の話のようだが、実際の説明

を読むと、「答えがないから計算を考えない」の短縮表現になってる。要す

るにこちらも、答えがないと言ってるのだ。

        

しかし、答えがないという説明は、「0を0で割る計算」の場合には困ること

になる。「□×0=0」の□に入る数は任意(何でもOK)だから、「答え 任

意の数(or すべての数)」でもいい気がしてしまう。

           

いずれにせよ、0で割る計算の問題は、予想以上に厄介で、無限も含め

た「極限」の話、あるいは理論体系の整合性などの話と絡んで来る。この

記事はあくまで、小学校の算数の記事だから、この程度で終わりとしよう。

もちろん、既に少しは考えてるので、しばらく後に記事にしたいとは思って

る。ただ、ちょっとキワモノ的な感じもあるから、記事のネタの優先順位と

しては低い。

            

なお、もっと普通の話に戻って、余りのある割り算については、もう上の説

明で終了としとこう。同じ数ずつ分けた時、余りがないことより、余りがある

ことの方が普通だから、ここまで使った教科書で言えば、第8章で登場す

る。余りは「あまり」とひらがなで書かれており、「・・・」という記号はまだ登

場していない。

     

ちなみに、割り算の余りというのは、自然数(あるいは整数)の範囲の話

あって、やがて小数や分数を習えばほとんど出なくなる。小学校卒業後の

数学」で、少しだけ「剰余」の話が出るだけだ。剰余系とか剰余定理とか。。

          

     

         ☆          ☆          ☆

以上で、小学校の算数だけで4部作が揃ったことになる。足し算、引き算、

掛け算、割り算。では、図形の方はどうなってるのか。今度はそちらも気に

なって来るが、私はむしろ、個人的に物理の話を書きたくなってるのだ。

          

これまで何度も書いて来たように、物理記事というのは、ドラマ関連を除く

と奇妙なほど不人気で、これは物理学という学問自体が不人気なことと関

係してるだろう。ただ、物理は自然科学の基本というより、自然科学そのも

のといってもいいし、数学や哲学との関係も深くて長い。また、テレビ番組

と関連して話題になることも珍しくないのだ。昨日まで再放送されてた、福

山雅治のドラマ『ガリレオ』にせよ、数学の難問で物理とも関連が深いポア

ンカレ予想を扱った、『NHKスペシャル』にせよ。

          

単なる趣味のブログだし、他の多くの記事で十分なアクセスが入ってるか

ら、物理記事にアクセスが少なくてもさほど困らないけど、やり方次第でそ

れなりの人気は集められると思ってる。これまで、あまりにも数学に偏って

たから、バランス調整の面でも、もう少し自然科学を扱うべきだろう。もち

ろん私は、人文・社会系にもスポーツにも、十分な関心を持ってるわけだ。

           

と言うわけで、次は物理系の記事を書く予定。この記事の流れを継いで、

「小学校の物理(or理科)」にするか。あるいは高校・大学レベルの話にす

るか。これから考えるとしよう。

      

なお割り算の筆算については、前に世界各国の違いを記事にして、意外な

ヒットになった。あちこちでリンクも頂いてる。ともあれ、今日はこの辺で ☆彡

          

    

            

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.割り算が掛け算の逆演算だという話を、簡単に形式的に証明しよう。

    まず、x (エックス)を2倍する掛け算は、 f(x)=2 x と定義できる。

    一方、2倍すると x になる数を求める計算、つまり、x ÷2の割り算

    は、g(x)=1/2 x と定義できる。

    

    この時、一般に、g(f(x))=1/2×(2x)=x

    つまり、合成関数 g(f(x))は、変数 x を全く変えない恒等関数。

    よって、g(x)はf(x)の逆関数。つまり、2で割る割り算は、2倍する

    掛け算の逆演算である。

    同様の論法で、0でない数で割る割り算は一般に、その数を掛ける

    掛け算の逆演算である。

       

               

cf.「1+1=2」はなぜか?~ペアノの自然数論(足し算)

  「1×1=1」はなぜか?~ペアノの自然数論2(掛け算

  引き算の証明、負の数~ペアノの整数論(減算=減法)

  集合論における自然数の表記と計算

  自然数に関するペアノの公理~論文『数の概念について』に即して

  0、1、「次の数」に関する哲学的考察~フレーゲ『算術の基礎』

  『1+1=2』はなぜか~小学1年生の算数の教科書

  引き算、足し引き連続、0(ゼロ)~小学1年生の算数2

  掛け算の導入、足し算・引き算との関係~小学校の算数3

  割り算の筆算、世界の書き方~朝日新聞「花まる先生」

                                

                                 (計 6750文字)

| | コメント (0)

バブル崩壊以降、スキー&スノーボード人口の推移~『レジャー白書』他

RUN 25km,1時間54分30秒,心拍161

 

いやぁ、長距離ランもキツかったけど、下調べ&準備も予想外に面倒だっ

たな (^^ゞ ま、色んな意味で鍛えられたから、トレーニングとして良しとしと

こう。やっぱ、自分が納得できるものは自分自身で作るのが一番だな。

 

さて、既に昨日の記事で、下調べに時間がかかってることは報告しておい

た。昨夜は、もともと寝不足の極致だったから、調べてる間にガマンできな

くなって、中断して寝てしまったのだ♪ ま、一応、つぶやき系の記事はアッ

プしてあるけどね。

 

事の発端は、朝日新聞1月7日朝刊の国際面の記事。「スキー王国『厳冬

期』 アルペンの発祥地・オーストリア」という見出しが目にとまったのだ(執

筆はウィーン・玉川透記者)。欧州のスキー王国の惨状を読んで、日本の

惨状も気になったってわけ。

 

日本経済のバブル期に数年遅れる形でやって来たのが、スキーバブル

87年の映画『私をスキーに連れてって』がキッカケだという話があちこち

に書かれてるが、データ的にあまり信用できない。

 

と言うのも、あちこちで参照されてる『レジャー白書』(日本生産性本部 or

社会経済生産性本部)のデータによると、1年に1回以上実施のスキー人

口が爆発的に増え始めたのは90-91年シーズンであって、映画から3年

ほど後だからだ。その後、93-94年シーズンに人口はピークを迎えて、

そこから15年ほど下りを転げ落ちることになる。

 

そのピーク人口は、なぜかネット上で1770万人と1860万人の2つの値

あって、実際に本(白書の実物)をみないと、どちらが正しいのか分からない。

ひょっとすると、毎年発行されるレジャー白書の値自体が、どこかで変わっ

てしまったのかも知れない(訂正、調整など)。

 

ただ、どちらの値にせよ、93年度シーズン(93~94)が絶頂。当時は、首

都圏に近い人気スキー場だと、リフト乗り場の混雑がひどかった。それに対

して、去年の私の経験だと、最もメジャーと言っていい苗場のメインゲレンデ

でさえ、ほとんど待ち時間はゼロ。しかも、土日なのだ(3月上旬)。スキー

人口の減少は、スノーボード人口では全く補いきれてない

 

 

        ☆          ☆          ☆

さて、それでは、昨夜からずいぶん時間がかかってしまったグラフをお見せ

しよう。似たグラフはあちこちにあるが、絶頂期から昨シーズン(09年度)

までカバーしたグラフはどこにも見当たらない。それどころか、数値さえな

かなか全体が揃わなかったし、他の統計とかも参照してたから、予想外の

大変な作業になったわけ。下図が、私の苦心の作だ。

 

 

 (☆追記: 2010年スキー570万人に急減、スノボ400万人

        2011年スキー630万人に回復、スノボ340万人

        人気離散。12年2月2日の朝日新聞・朝刊によると、スノボ

        用施設のハーフパイプジャンプ台激減とのこと。なお、

        下のグラフを更新した。   2013.2.6)

 

 (☆追記2: 2012年スキー560万人(1割減)、スノボ240万人

(3割減)。NPO総合科学研究会のpdfファイルの数値を利用、

         1ケタ目を四捨五入した。)

 

 (☆追記3: 『レジャー白書 2014』によると、2013年スキー480万

         人まで減った一方、スノボ290万人へと回復。なお、12年

         のスノボは230万人と書いてあったので、訂正した。)

 

 (☆追記4: 『レジャー白書 2015』によると、2014年スキー480万

         人で変わらず。スノボ280万人で微減。)

   

 (☆追記5: 『レジャー白書 2016』によると、2015年スキー480万

         人で変わらず。スノボ260万人で微減継続。

         現在、PC故障でグラフの更新ができないので、2枚目の

         グラフをアップした。)

       

     

151127

  

     

161116c

  

  

上の横軸の年は、「年度」を表す。例えば、「9」なら「2009-2010年シー

ズン」という意味だ。元のデータは、下の通り。スキーの93年度について

は一応、1860万人という数字を採用しておく(ウィキペディアもそう書いて

る)。スノーボードのデータは97年からしかなくて、それ以前はスキー人口

の中に含まれてしまってるようだ。

 

96年以前については、日本スノーボード協会(JSBA)の数字が一応ある

けど、レジャー白書とでは97年以降の値がかなり違ってて整合性に欠ける

(=つじつまが合わない)から、ここでは採用しなかった。なお、レジャー白

2010年版(シーズン的には09年度)からはインターネット調査に変

更されてるから、それ以前との比較にはちょっと注意が必要かも知れない。

 

 

      1993  94     95     96      97      98     99      2000年

スキー  1860 1720  1630  1670  1360  1400  1230  1160

スノボ                  320    400    430    460

 

      2001   02     03     04     05     06    07     08     2009年

スキー  1080  1090   760   760   710   610   560   690   720

スノボ      530    540   430   470   520   420   400   440   420

 

 

          ☆          ☆          ☆

上のデータから、2つの事実を確認できる。まず、スキー人口07年度で

底打ちしてること。次に、スノボ人口ここ10年、あまり変わってないし、

こ4年は2割ほど減ってること。どちらも、私自身の実感と合ってる。       

 

スノボの人気に翳りがあるのは、ゲレンデだけじゃなく、近くの公園2つの

様子からも推測可能。同じ「横乗り」スポーツで、やってる人間がかなりか

ぶってそうなスケートボードが、減ってるのだ。「禁止」の看板が増えたせい

もあるだろうけど、あの種の文化は、上から建前的に禁止されても抵抗する

のが特徴。街の様子を見ても、やっぱり昔ほどの人気はないと思う。

 

一方、上のデータやグラフで実感と合わない「気がする」のは、スキーの方

がスノボより人口が多い点だ。でも、これは統計上の錯覚だろう。分かりや

すい話をすると、スキー人口の方が多くても、スノボの方が熱心なら、ゲレ

ンデではスノボの方が目立つことになる。人口1人当たりの滑走日数とか

滑走時間と考えてもいい。ただ、ここ数年で言うと、意外にスキーが頑張っ

てる感じは確かにある。別に中高年が頑張ってるだけじゃなくて、若者も

こそこスキーをやってるのだ。

 

そう書いて、最後に思いだすのが朝日の記事。王国オーストリアでも、「古

い」「寒い」「退屈」とか言われて、スキー人気が大幅に下がってるらしい。

記事では、スキー合宿が自主参加になったとか、スキーに馴染みのない

低所得者層の移民が増えたとか、オーストリア独自の事情を書いてるけ

ど、おそらく世界的な傾向だろう。

 

中身のある面白い記事だったけど、残念なのは、スノボの話がほとんど書

かれてないことと、世界的 or 欧州全体的な観点がないことだ。私も今後、

もっと世界的な視野で情報を集めたいと思ってる。極東の島国の中だけ

見てたんじゃ、分からないことが多過ぎる時代に入ってるんだから。。

 

 

cf.ランニング人口の意外な推移~『レジャー白書』(ジョギング・マラソン)

  ラケットのPrince(プリンス)破綻・・日米のテニス人口推移など

  サイクリング(自転車)人口の推移~『レジャー白書』(2001~10年)

 

 

         ☆          ☆          ☆

一方、今日の走りについて。昨日、一昨日と、ほとんど走らなかったから、

週末の今日は、長距離を走ることに決めてた。ま、これが普通の社会人ア

スリートのパターンだろうね。

 

最低でハーフ21.1km、出来れば25kmってことで、穏やかな好天に恵ま

れた公園にスタート。往路からわりと調子が良かったし、中盤までは同レベ

ルのランナーが5、6人いたから、自然とスピードアップ。5周目から6周目

にかけては、1周だけ完全なバトルになった。

 

予想通り、相手はすぐリタイアしたので、疲れた身体でその後は単独走行。

最後はかなりヘロヘロ状態だったし、古傷の右脚付け根がまた痛んだけど、

そこそこ満足できるタイムで25km完走できた。トータルでは1km4分35

ペース。去年2月の東京マラソン以降、たった2回目の25kmにしては、

十分だろう。そもそも先月初めの川口マラソン以降は、完全に手抜きモー

ドだったもんね。

 

明日、明後日も天気は良さそうだから、それぞれ12km、16kmくらい走れ

ればいいな。ま、「予定は未定」ってことで、実際は他の事をしちゃうかも・・・

って言うか、他の用事を済ませるべきかも。

 

ちなみに今は、福山雅治&柴咲コウ&堤真一&松雪泰子『容疑者Xの献身』

をちら見してる所♪ ガリレオ・シリーズの映画で、見るのは1年ぶりだけど、

やっぱり細かい所まで良く出来てる名作だね。私が以前書いたレビューも、

自信作の部類に入るだろう♪

 

何度か登場してる、私の自転車友達 I さんは、松雪のファンだけど、私は

萌えないな。むしろ、論理的思考の授業(物理学)を受ける女子大生ギャル

の方がイイ。数秒しか映ってないから使えないけど・・・って、何に?♪

ではまた。。☆彡

    

    

  往路(2.45km)      12分00秒   平均心拍137

  1周(2.14km)     9分53秒        155

  2周              9分44秒        161

  3周             9分37秒        165

  4周              9分45秒        164              

  5周              9分25秒        166

  6周              9分31秒        168         

  7周             9分57秒        165          

  8周             9分56秒        164        

  9周             9分58秒        163        

 10周(840m)         4分07秒         165      

  復路              10分37秒        163          

  計 25km    1時間54分30秒   161(88%) 最大175(6周目)

 

                   (計 3722文字)

| | コメント (0)

あまりの眠さに、記事の下調べだけで精一杯・・

通勤JOG 4.5km,28分程度

「ダメだ、こりゃ!」は、高校の文化祭の余興で私がとっさに口走って、意外

なほどウケたものだ。その時、私は、人生で重要なのはタイミングだなとい

うことを身にしみて悟ったのだ・・・って、大げさだわ! って言うより、そもそ

も記憶が曖昧なんだけど♪ のど自慢の熱唱ならよく覚えてるのになぁ。。

            

一方、「もうダメ・・・♡」は、女性の口から聞きたい台詞の代表だ。あぁ、やっ

眠さの限界だね♪ 昔からの読者の方はご存知だろう。眠さが限界に近

付くと、私は軽口を叩くクセがある。とにかく、眠くて眠くて、もうブログどころ

じゃなくなったから、寝ることにしよう。おやすみ。。・・・って感じで、すぐ終わ

らせる訳にもいかないわけネ。では、どうしてこんなに限界まで追い詰めら

れたか、簡単に説明しとこう。

                 

          ☆          ☆          ☆

元々、寝不足だったのに、昨夜はまた大切な用事があったから、明け方ま

起きてた。この冬一番とかいう寒さの中、ほんの僅かな睡眠をとった後、

フラフラしながらあわてて仕事に出かけると、いきなり下らないミスを連発

大切な書類の代わりに他の物を持ち出してしまったし、とんでもない忘れ物

までして恥をかいたのだ。

          

その後、何とか仕事を終わらせた後、帰りの電車でウトウト。目覚めたら、

一駅乗り過ごしてたから、バックしようかとも思ったけど、通勤ジョギング

ちょうどいい距離だなと思って、そこから走って帰宅。1日の合計で、ほぼ

4.5kmに到達。そこで、まだ1時間半ほどあるなと思って油断したのが大

失敗! 1時間以上、あっと言う間に過ぎてしまった。

      

まず、今日もアクセスが多かったから、解析をサラッと眺めるだけで時間

がかかってしまったのだ。自慢かよ! マジメな話、Yahoo!がGoogle

の検索エンジンを採用し始めた去年11月以降、かなりアクセスが増えて

110107a2

  る。最初の1ヶ月につい

  ては、前にグラフを示し

  たけど、ここ2ヶ月につい

  て、あらためてグラフを

  お見せしよう。年末年始

に谷間は出来てるけど、全体的にかなりの右上がりになってる。

      

先日の記事別アクセス・ランキングからも想像がつくように、これは別に、

『流れ星』レビューがヒットしたわけじゃない。訪問者数を表す緑の線が上

伸びたわけで、これは検索アクセスが急増したことを示してる。この場合、

すぐに帰る人が多いから、黄色の線(訪問者の別記事アクセス)はそれほ

ど伸びてないわけだ。

    

今日の話に戻すと、一昨日から福山雅治『ガリレオ』の再放送があったか

110107b

  ら、午後から夕方にかけてのアク

  セスが急増。今日は最終回までの

  3話放映で、数式関連中心に幅広

  くヒット。左のグラフのように、

16時台に大きな山が出来てる。私は、よっぽどの事がない限り、一通り

目を通すので、1アクセス当たり1秒でチラ見するとしても、かなり時間がか

かるのだ。ま、返却されたテストの答案や成績表をじっくり見るようなもんネ。

     

          ☆          ☆          ☆

こうして、アクセス解析のチェックだけで時間がかかったのに、今日の記事

に使う予定だったネタの下調べにも時間がかかって、もう書けなくなって

まったわけ (^^ゞ このパターンは珍しいね。やっぱり、元をたどると、今年

正月がやたら慌ただしかったのが尾を引いてる。いまだに、完全には立

ち直れてないのだ。

                

という訳で、もう今日はおしまい。そのネタは、明日に回すことにしよう。い

や、あんましウケそうにないけど、個人的に興味があるし、時期的にも丁

度いい。と言えば、もうアレしかないでしょ♪ では、明日をお楽しみに。ラ

ンニングも真面目にやる予定。。☆彡

     

                                 (計 1478文字)

| | コメント (0)

ドミノピザ時給250万円のバイト内容、ギネスブック申請の長距離宅配

雑用JOG 2.5km,16分程度

ドミノピザの時給250万円アルバイトの結果を、12月29日の記事で紹介

してから1週間が経過。発表から2週間遅れの記事だったし、お正月を挟

んでたにも関わらず、既に500人以上の訪問者を集めてる。特に今日は、

朝から次々と検索アクセスが入ってた。

    

応募者数でも、メディアの扱いでも、華やかさでも、映画『インシテミル』の時

給11万2000円の方が上だったのに、ここに来てドミノが注目を集めてる

のは、単に時給が22倍以上になってるからじゃない。どうも、最終的に採

用された浜崎リツ子さんの、キャラの強さ好感度が大きいようだ。全くの

一般人なのに実名の検索が多いし、「さん付け」した丁寧な検索まである♪

          

今日(1月6日)発売の雑誌『TV Bros1月8日号でも、全面的に彼女の

キャラを押し出して、バイトの詳細をレポートしてた。2ページの記事のトップ

でまず、あの独特の変顔(アヒルのくちばし型の口)をクローズアップ。その

後、僅か1時間のバイトのプロセスを、時刻入り写真で丁寧に説明してある。

    

まず、昼12時ドミノピザ三鷹店をスタート。ラージサイズのピザ3枚が入っ

た箱を持ってタクシーに10分ほど乗り、調布飛行場に到着。小型飛行機

(JA4135)に乗り換えて伊豆大島まで30分の配達遊覧飛行。そこで、餅

つきしてるども達にピを届けて、13時にアルバイト終了。

     

その後はお遊びの自由行動もどきで原山に登り、こっそりキープしてた

ピザ1ピースを食べたとのこと♪ 日付けは書いてないけど、年末のはず。

餅つきは、正月気分の演出だろう。伊豆大島には、宅配ピザがないらしい。

         

結局、1時間の宅配ピザ102.752km。これをデリバリー最長距離とし

ギネスブックに申請するそうだ。なるほど、『インシテミル』のつまらないバ

イト(顔見せの僅かなお手伝い)と比べて、遥かに斬新で面白いね☆ ピザ

の宣伝にもなってるし、全体的に微笑ましい企画で、良く出来てると思う。

        

浜崎さんの長女が書いたとかいう、素人っぽいイラストも、宮崎県の田舎っ

ぽい素朴な味わいを醸し出してた。手作りのイラスト入り名刺の他に、家族

全員が1枚の絵に描かれて、いかにも仲良さそうに見えるのだ。ま、この後、

250万円をめぐって大モメするのかも知れないけど♪

      

って言うか、面接に加えて、このバイトの時にも宮崎からわざわざ出て来て

ホテルに宿泊してるから、1回の上京で交通費&宿泊費4万円として、2回

で8万円くらいは経費がかかってるだろう。実働(拘束)時間も、少なめに見

て、トータル50くらい使ってそうだから、(250-8)÷50で、時給4万

8400円のバイだね。No.1ホストと同じくらいかな。No.1キャバ嬢より

は上のはず♪

       

あと、気になるのは、100km程度で世界一になれるのか?ってこと。まあ

当然、あらかじめ調べてあるんだろうけど、海外なら飛行機は珍しくないし、

遊び心もあるから、もうちょっと長い距離の世界記録が出そうな気もするな。

     

実際、ウィキペディアでセスナ機の時速を見ると、最大200kmくらいは出る

ようで、今回もそんな計算になる。これで40分(=3分の2時間)飛べば、

200×2/3で133km。少なめに見積もって100kmとしても、残り20分

で5kmは移動できるから、合計105kmで今回の距離を上回ることになる。

     

まあでも、1時間の超高額バイト企画として、よく出来てるのは確か。ピザ

よりむしろ、TVブロスっていうユニークなテレビ雑誌の宣伝になったんじゃ

ないかな。ジャニーズ・アイドルのカラー写真は無くても、地味に面白い

事を集めてるから、210円くらい出しても良さそうな気がするね。今回の新

年号を見ても、42年ぶりの『妖怪人間ベム』完全復刻DVD(未発表の続

編2本含む)とか、深夜~未明のSKE48の2分番組紹介とか、ディープな

企画が並んでた。

       

とはいえ、個人的には早くも、既に次のバイトの方に興味が向いてる。今

度はどこが、どんな企画を出してくるのかね。乞うご期待。。☆

      

☆追記: 2月3日スポーツ報知・HPによると、浜崎さん地元・宮崎県

       に義援金を贈ることにしたらしい。元々は去年の口蹄疫に関する

       寄付の予定だったのに、受付終了のため。代わりの機会を探し

       てた所、鳥インフルエンザに加えて、霧島山・新燃岳の噴火まて

       発生したってわけ。金額は未定とのことだけど、一躍有名人だね。

       私も、宮崎と聞くと反射的に、彼女とドミノピザとTVブロスを思い

       出すようになってしまった♪)

     

     

          ☆          ☆          ☆

一方、今日の走りというか、つぶやき日記♪ 昨日はまだ正月気分だった

けど、今日はもうフツーにお仕事。久々だったから疲れるし、いきなり不愉

快な事が起きたから、今に至るまで、ずっと気分が悪いままだ。

     

それでもしっかり、遠くの駐車場までヘルメットを持って小走りして、バッテ

リーのためだけにバイクの運転。冬のバッテリー消耗に悩んでる人は結構

いるみたいで、年末の押しがけ20連発記事にもポツリポツリと検索アクセ

スが続いてる♪ 1週間に1回、30分ほど動かすだけだと、次回にセルで

エンジン始動することは出来ない。それどころか年末には、乗ってる途中

に雑用で40分ほど駐車して、戻って来たらもうダメだった。つまり、1回エン

ジンをかける度に、押しがけなのだ。ま、最近は2発くらいでかかるけどね。

          

この小走りと、コンビニへの往復小走りで、合わせて雑用ジョギング2.5

km。セコイ! 結局今日は、これだけしか走れなかった。ホントは10km

ほど追加しようと思ってたのに、あまりの眠さでさっき居眠りしちゃったわけ

(^^ゞ ま、最低限の睡眠大切な実生活であって、スポーツやブログより

は遥かに有意義だろう・・・と自分に言い訳しとこうか♪

       

この後まだ、家での仕事も含めて、やる事が山ほどあるから、しばらく眠れ

そうにない。その分、明日の夜にはたっぷり寝ることにしよう。あっ、その前

に走らなきゃなんないのか! キツイね。ブツブツ言いつつ、ではまた ☆彡

     

                                  (計 2494文字)

| | コメント (2)

正月明けは色々と充実・・と言っとこう♪

RUN 16km,1時間11分37秒,心拍160

眠い。。コーラとコーヒーでカフェインのドーピングをしてるんだけど、イマイ

チ効かないね。気持ちの問題とか言うより、生活リズムの変化が大きいな。

ま、そもそも単純に寝不足なんだけど。。

      

寝不足の原因は、今日から正月明けってこともあるけど、実はまたネットに

ハマってしまったからなのだ (^^ゞ しかも、全く無関係な2つの事をめぐって。

一つは、プライベートな問題とだけ書いとこう。いや、別にドロドロと暗い話

ではないんだけど、ここから先は書かないっていう「線引き」は必要なのだ。

   

もう一つは、時々使ってるサイトの問題。リニューアルしたから手続きして

くれって話で、年末から先延ばしを続けてたから、思い切ってチャレンジ。

案の定、上手く行かなくて、ムダな労力を使わされたのだ。しかも、まだしば

らく時間がかかりそう。地デジとか、ソフトのヴァージョンアップとか、メリット

(長所)よりデメリット(短所)が大きいリニューアルが多過ぎる。あえてサイト

名は書かないことにするけど、デジタル関連の外国企業だ。   

                   

         ☆          ☆          ☆

ま、2つとも、いずれやらなきゃいけない作業だったから、それなりの意味は

あったとも言える。とにかく、正月明けは眠気との戦いだったんだけど、ブロ

の方では、知らない間に眠気の覚めるような動きが起きてた♪ 

      

110105a2

  左図は、今日の24時間のアクセス推移

  だ。左端が0時で、右端が24時。数字が

  読めないように縮小してるけど、アクセス

がずっと入り続けてるのは分かるだろう。注目すべきは、右から3分の1く

らいの個所で、珍しく16時台のアクセスが急激に伸びてる。

         

ウチの場合、フツーは夜21時~24時くらいが一番多いのに、どうしてこう

なったかと言うと、首都圏を中心に福山雅治『ガリレオ』の再放送があった

からなのだ。特に、16時からはSMAP・香取慎吾が犯人役で出演した第4

話の放映で、番組の途中で次々にアクセスが入って来てる。テレビを見なが

らネットで調べる人が、結構いらっしゃるんだね。私は基本的に、テレビを

見終わった後で調べてるけどな。ま、いいか。

       

110105b

  で、皆さん、何を求めてアクセ

  スして来たのかは、検索ワード

  のランキングを見れば分かる。

  昨日、記事にしたのは去年の

  年間ランキング。それに対して

  左は、今日だけのデイリー・ラ

  ンキングだ。

     

  2位の「ガリレオ」、10位

数式」は分かるとして、1位の「円端具流」(エンタングル)。懐かしいね♪ 

もちろん、スタッフがお遊び感覚で黒板に書いた言葉で、私も含めて、多く

の人のマニアック魂をつかむことに成功したようだ。この変な物理学用語

(?)で検索すると、Googleでは3年前からウチが1位にランクされ続けて

る。現在だと、Googleのエンジンを使ってるYahoo!でも当然、1位。

         

という訳で、この言葉だけでも100人ほどの訪問者がいらっしゃったのだ。

それに続くのは、毎度お馴染みの「ガリレオ 数式」検索。これまた、ウチ

が1位をキープし続けてる♪ 『ガリレオ』のレビュー群40本は、質・量とも

にウチを代表する本格的記事なので、注目されるのは嬉しいのだ。ま、

4話レビューは特に本格的だから、何人の方が最後まできちんと読み通せ

たかは知らないけどね。

      

まだ読んでない方には、試しにスクロールだけしてみることをお勧めしよう。

コメント欄の最後までスクロールするだけで、当時の気合の入り方が分か

るはずだ。ま、他の事を犠牲にして夢中になってた訳だけど。。♪

         

フジテレビの「チャンネルα」によるガリレオ再放送は、まだ続くので、もう

しばらくはマニアックな検索が入り続けるだろう。こうゆう時、ブロガーとし

ては、アクセス解析を見て至福の自己満足に浸れるのだ。。♪

       

          ☆          ☆         ☆

で、最後は2流市民ランナーのランニング。ちなみに、先日の川口マラソン

以降、私は3流から2流に格上げとなった。いや、自分でやってる「勝手・格

付け」だけどネ(意味が違う♪)。 ま、S&P(スタンダード&プアーズ)で言

うと、BからBBにランクアップしたような感じだ。分かりにくいわ! 正月の

実業団がAA、箱根駅伝がAって感じかな。五輪と世界選手権がAAA。

           

話を戻すと、その2流ランナーはここ一ヶ月サボリがちだったから、実際は

3流レベルまで逆戻りしてしまってる。このままじゃイカン!ってことで、今

はちょっとだけ気合を入れたわけ。って言うか、年末年始の飲み食いで、

明らかに腹回りがタルんでしまってるから、スーツのウエストがヤバイのだ♪      

     

スタート直後からピッチ(歩数)を上げて、早めのウォーミング・アップ。公園

到着後は、いきなり1km3分半くらいのランナーが抜いてくれたから、引き

離されつつも、自然とスピードが上がって行く。これはストライド(歩幅)の伸

によるもの。ま、例によって、あちらはすぐに消えちゃったけど、今夜は珍

しく次々と速いランナーが現れたから、かなり走りやすい環境だった。多分、

みんな、私と同じことを考えたんじゃないかな。正月ボケ対策。

      

1周目の途中から、鼻呼吸を口呼吸に代えて、久々にハーハーゼーゼー

言う感じの走り。ただ、なまじゆっくり走るより、気持ちも身体も充実する。

最後まで、いい感じでスピードをキープして、トータルでは1km4分29秒

ペース。まだまだ遅いけど、川口マラソン以降だと一番マシな部類だろう。

    

明日、明後日と軽く走って、土曜日あたりに長距離を入れてみようかな。

来週に入っちゃうと、またドラマに時間を取られそうだから、日曜までに距

離を稼いどきたいね。あぁ、人生は時間との戦いだ。あと何年残ってるの

かなぁ・・・とか、ふと思いつつ、今日はこの辺で。。☆彡

      

  往路(2.45km)   12分31秒  平均心拍132         

  1周(2.14km)     9分40秒        150       

  2周              9分28秒        164  

  3周             9分28秒        167

  4周              9分18秒        170

  5周             9分14秒        172

  6周(0.4km)        1分46秒         171

  復路              10分13秒        163     

計 16km  1時間11分37秒  心拍160(87%) 最大173(6周目)

     

                                 (計 2471文字)

| | コメント (0)

2010年、検索ワード&フレーズ・ランキング

雑用JOG 4.5km,27分程度

あ~、またマトモに走れなかった。時間が無いわけじゃなかったのに、色々

と変わった事をしたこともあって、夜7時からちょっと居眠り。起きたら22時

で、ブログもあるし腹が減ったし、今さら・・・って感じになっちゃった訳 (^^ゞ

ま、正月休み最後ってことで、疲れを取るのも大切でしょ、と自分に言い訳し

てみたりする♪ 

     

マジメな話、ここ10年以上、正月は休みって感じがしないし、5年半前にブ

ログの毎日更新を開始してからは、年末年始は苦行に近い。年賀状、年賀

メール、年賀コメントは一通り終わったけど、この間の新聞はほとんど読ん

でないまま溜まってるし、これから調べて書く検索ランキングもお約束のプ

チ修行なのだ。「生涯一書生」。いい言葉だね。人生つねに修行なのだ・・・

って、ちょっと大げさかも♪ 

        

そうそう。今日は昼間、用事で渋谷に出かけたんだった。ひょっとすると夜、

走る時間が無くなるかも・・・と思ったこともあって、また小走り&ウォーク

往復。「雑用JOG 4.5km」と冒頭に書いてるのは、小走り(=断続的な

ジョグ&ラン)した距離だけをやや少なめに書いたもの。実際は、ウォーキ

ング=速歩きの部分もいい運動になってる。

     

好天に恵まれた渋谷の1月4日は、かなり賑やかだったね。微笑ましいの

が、地図を片手に歩く少女たち。スクランブル交差点、渋谷センター街、

ギャルの聖地「109」(イチマルキュー=東急ファッションビル)、道玄坂と

いった辺りを、オシャレして大勢ウロついてるから、思わず声をかけたくなっ

てしまった♪ 条例違反かよ! 坂を上らなきゃ大丈夫・・・って、コラコラ。

           

しかし、正月バーゲンとはいえ、ホント、マルキュー人気は健在だね。関係

者全体に拍手を送りたくなってしまった。あと、地方からお参りしてくる信者

の女の子達にも。更に、ニヤニヤ見てる自分にも・・・そりゃ、ダメか♪

          

         ☆          ☆          ☆

では、検索ワード・ランキングから紹介しよう。これは、あるワード(単語)を

使って検索した訪問者数の合計によるランキングだ。例えば、「テンメイ

ブログ」の2語で検索した人の場合、「テンメイ」と「ブログ」の両方でカウント

される。それに対して、「テンメイ ブログ」という検索語の組合せ全体が、

フレーズだ。どちらも、ほんの少し言葉が違うだけで別物扱いになる。伸ば

すか伸ばさないかとか、全角・半角とか。

     

以下、苦労して計算したベスト15の結果だけ、アッサリどうぞ♪ どの記

事にアクセスすることになるのかは、昨日の記事別ランクで分かると思う。

          

   1位  バッテリー

   2位  リフレッシュ

   3位  月の恋人

   4位  視聴率

   5位  青木さやか

   6位  ダイエット

   7位  最終回

   8位  テンメイ

   9位  自転車

  10位  打ち切り

  11位  ドラマ

  12位  方法

  13位  山下智久

  14位  車谷長吉

  15位  ノートパソコン

        

まあ、多くの言葉は、昨日の「記事別ランキング」から納得できるものだ。

「テンメイ」が8位というのは、低いと言うべきか、高いと言うべきか♪ まあ、

1位と2位が1万人以上だから、そこそこ満足な位置でしょ。9位の自転車と

いうのは、スポーツ関連もあるけど、大部分はドラマで使われた自転車の情

報を求めるアクセス。『流れ星』で竹野内豊が乗った自転車に関するものが

多かった。

    

12位の「方法」というのは、バッテリーリフレッシュの方法。14位の「車谷長

吉」は、渋くて代わり者の作家で、朝日の人生相談記事がヒットしてるのだ。

マジメに読んでる方の割合が非常に高いのが特徴♪ 

       

      

          ☆          ☆          ☆

一方、検索フレーズ・ランキングについては、下位はダンゴ状態とかドングリ

の背比べになってるし、時間も無くなったから、10位までにしよう。言葉の組

合せだから、単なるワードの時よりも、細分されてしまうのだ。

        

   1位  青木さやか ダイエット

   2位  テンメイ

   3位  月の恋人 打ち切り

   4位  バッテリー リフレッシュ

   5位  藤木直人

   6位  バッテリーリフレッシュ

   7位  車谷長吉

   8位  パソコンを軽くする方法

   9位  月の恋人 最終回

  10位  山下智久 あしたのジョー 週刊新潮

         

オォッ! 2位が素晴らしいね♪ 1位とも、あまり差は無い。ただ、4位と

6位はほとんど同じで、2つの言葉を続けるかどうかの違いに過ぎないか

ら、一つにまとめると、ほぼ1位に並ぶことになる。ま、それにしても「テンメ

イ」は健闘してるのだ☆ 2009年ランキングでも、同じく2位だった。

    

以下はもう、記事別やワードのランキングから納得できるものばかり。とは

いえ、やっぱり去年も藤木が強かったんだよなぁ。キムタク=木村拓哉や

山Pよりも上。ウチでは伝統的にそうなのだ。いや、まだ5年4ヶ月の伝統

しかないけどさ♪

        

          ☆          ☆          ☆

という訳で、これでお正月記事も終了。あ~、しんどかった。。明日からは

ほぼ平常通りになる予定。ホントは、正月に大ベストセラーを1冊読んでる

から、まだそれを記事にしなきゃなんないんだけど、しばらく後回しかも。

   

今年のランキングでは、もっと「テンメイ」や学問系が上に行くように頑張ろ

う・・・とか言うより先に、もっと仕事と実生活を頑張らなきゃダメか♪

ではまた。。☆彡

     

                                (計 2074文字)

続きを読む "2010年、検索ワード&フレーズ・ランキング"

| | コメント (0)

2010年、記事別アクセス・ランキング

危ない、危ない! 新年早々、毎日更新が途切れる所だった (^^ゞ 正月

ボケって言うより、正月疲れで、全体的に動きが遅いね。歩くのも遅かった

し、PCの操作も頭の回転も遅い♪ フーッ、今年の正月もほぼ終わったか。

ここ10年で一番大変だった気がするね。やっぱ、アレはしんどいよな。でも、

今年出来たんだから、来年もやろうかな~・・・って、何だよ!

           

さて、お正月の最後には、出してない人からの年賀状への返事があるし、

年のブログのデータ記事も書かなきゃなんない。正直言って、ウチのサイト

内だけのランキングなんて、書くのが面倒なわりに反応が悪いんだけど、ブ

ロガーとして、1年のけじめなのだ。

     

実を言うと、今日は大きめのネタが1つ入ったから、余裕があればいきなり

マニアックな記事でスタートしても良かったんだけど、残念ながら時間的に

無理。ま、3週間以内にはアップする予定。遅っ!♪ 

        

年末年始は食べ過ぎだから、チョコッと走って来て、ランニング&つぶやき

記事にしても良かったけど、前日の縮小再生産になっちゃうし、チョコッと走

るヒマさえ無くなったわけ。って言うか、また腹が減って来ちゃったんだけど。

110103

 手元のマスヤ「おにぎりせんべい

 でもバリバリ食べちゃおうかな。

 西日本では大人気なのに、東日

 本への進出が進んでない、お菓

 子の名作だ☆ 大好物の「元祖

 ボール」や「鶯ボール」も、西日本

 に偏ってて、大ファンとしてはかな

 不満かも♪

       

                

         ☆          ☆          ☆

って感じで、軽くつぶやき日記の前フリを付けた後、いよいよ去年の記事別

アクセスランキングを発表しよう。訪問者数とアクセス数(ページビュー)か

ら総合的に判断したものだけど、訪問者数だけのランキングや、アクセス数

だけのランキングと、あまり変わらない。当然、早い時期(1月とか)にアップ

した記事が有利だけど、統計的に調整するのも難しいし、巷の売上ランキン

グとかでも、そこまでやらないはず。単純に行こう。

           

では、時間の関係で総合15位まで。ココログのアクセス解析だと4ヶ月ごと

の集計しかないから、後は手作業の足し算で、下位の辺りは面倒なのだ。

いつものように、全てリンクを付けてある。

           

   1位  トップページ

   2位  ノートPCのバッテリーをリフレッシュで回復させる方法

   3位  軽~く5日連続ラン&『月の恋人』第5話(早くも最終章か)

   4位  『ロンハー』青木さやかの産後ダイエット、「インスパイリング・

       エクササイズ」

   5位  キムタク=木村拓哉主演ドラマ、視聴率の推移&『月の恋人』第4話

   6位  亀梨和也主演ドラマ、視聴率の推移(野ブタ~ヤマトナデシコ七変化) 

   7位  右クリックもボタンも使えない画像の保存方法

   8位  ロンハー青木さやかのダイエット

   9位  藤木直人主演・助演ドラマ、視聴率の推移&『ホタルノヒカリ2』第6話

  10位  山P=山下智久主演ドラマ、視聴率の推移(野ブタ~コード・ブルー2) 

  11位  東京マラソン2010、有名人の結果のまとめ(芸能人、女子アナなど)

  12位  山P=山下智久『あしたのジョー』、

                     映画の前に連続ドラマか(by週刊新潮)  

  13位  全力坂・目黒区編、アスリートはキムタクに代わって草なぎ剛♪

  14位  『コード・ブルー』のヘリコプターMD902について

  15位  「オールスポーツ」で自分のレース写真を全部チェック♪

          

            ☆          ☆          ☆

ウチの場合、1週間分の記事が直接まとめて読めるトップページが1位に

なるのは自然だし、嬉しいことでもある。トップにアクセスするのは、常連読

者の方々か、検索アクセスで読んだ個別記事で興味を持った方々のクリッ

クがほとんどだ。ちなみに去年のランキング記事では別格扱いにしといた。   

      

2位のPC記事は、アップした去年が6位で、今年さらに上昇。検索サイトで

最上位にランクされてる他、他サイトにリンクも付けて頂いてる。訪問者数

で、約2万件だ。3位は、月恋の唐突な「最終章」予告を受けて、「打ち切り

」が浮上したため。4位はロンドンブーツのバラエティーを受けた記事で、

昔書いた記事(8位)へのアクセスが急増したのを見て、急いでアップ。キレ

イに狙いが当たった形☆

       

5、6位は、ウチが特別扱いしてる俳優の視聴率記事。7位はまたPC関連。

9、10位がまた視聴率記事。年末にアップした竹野内豊のものも含めて、

視聴率記事は全てヒットしてる。検索サイトのランク付けのおかげとはいえ、

みんな、「数字」が好きだね。むしろ、「数学」好きが増えて欲しいんだけど♪  

      

11位と15位は、東京マラソン関連で書いたもので、ランクには入ってない

けど、私の参加レポートもかなり真面目に読まれてた。12位は山Pの映画

&ドラマ情報。13位は、前年にキムタクがハーハー言いつつ走って話題

なったテレビ番組「全力坂」の続編。14位は、2008年・夏のヒット記事の

リバイバルで、ドラマの続編が放映されたため。ほんと、ヘリ好きって意外

なほど多いんだね。私はむしろ、飛行機やロケットの方が好きだけど。。

     

          ☆          ☆          ☆

という訳で、2010年もテレビ芸能関連とPC関連が圧倒的人気だったけ

ど、15位はちょっと違うかな。PC&スポーツ関連記事って感じだ。ホント

は、学問系の本格的記事が上位に来てくれるのが嬉しいし、テレビ芸能

関連でも、マニアックなレビューがウケる方が嬉しい。まあでも、本気で書

いたものは全体的にそこそこ読まれてるから、許容範囲かな。ちなみに、

学問系の一番人気は、おそらく「1+1=2」の証明記事だろう。

    

最後に、時期的に不利な12月アップの記事だけで考えると、「さんま&

SMAP」『流れ星』第8話「明石家サンタ」の順だった。残念ながら今年

も、さんま&キムタクの『さんタク』は見れず

それでは、今夜はこの辺で。。☆彡

     

                                 (計 2321文字)

続きを読む "2010年、記事別アクセス・ランキング"

| | コメント (4)

初ランその他、年末年始のつぶやき♪

RUN 21.1km,1時間44分09秒,心拍156

キツかった。。いくら、おせち料理や雑煮を食べ過ぎた後だからって、調子

が悪過ぎるわな。あの公園、距離表示が間違ってるんじゃないかね♪ マ

ジメな話、すごく遅いわりに心拍も上がり過ぎてるし。。

      

さて、いよいよ2011年がスタートした。大晦日は国民の義務として、紅白

歌合戦を最後まで鑑賞。今回は珍しく、格闘技とのチャンネル切り替えもほ

とんどせず、お風呂さえ後回しにして、まったり見続けた。こうゆう時しか見

ないアーティストも多いから、社会勉強にもなる・・・って、恥ずかしいかも♪

      

しかし、やたらAKB48が出てたネ。ま、可愛いからいいんだけど、なぜか

ウチのブログには、AKBの検索アクセスはさっぱり入らない。SKEも同様。

やっぱ、ここはそうゆうサイトじゃないと、検索ロボットが判定してくれてるの

か♪ 実際、私はここ10年前後、アキバ=秋葉原に行ってないし、メイド

喫茶・フィギュア・美少女ゲームとか無関係の生活を送ってるのだ。そりゃ、

フツーか。でもホントは、結構好きなんだけどな。ガマンしてるのよ(笑) 

     

ともかく、KARAのヒップダンスも少女時代の美脚も出ない代わりに、AKB

とはるな愛が活躍した紅白。見終わった後、折角だから、正月用の「予約

投稿」記事に感想を追記して、新年になった後すぐに手作業でアップ。ウチ

の読者の方々にウケがいいのに加えて、想以上に紅白の検索アクセス

が入って来たのには苦笑した。ひと様に広くお見せするような内容でもない

のに(苦笑)。

     

ま、意外に桑田佳祐の下ネタをちゃんと書いたブロガーって少ないんだね。

一瞬の出来事だったから、みんな気付かなかったのかな。奥さんの原坊も

子どもも苦笑しただろう♪ 私は、後で可愛く謝る姿も合わせて、爆笑してた。

     

普段と違って、すごく不自由な状況でブログの更新を終えた後、大好物の

『ゆく年 くる年』も終わったから、ようやくお風呂へ。寝たのは結局3時過

ぎで、その前夜もロクに寝てなかったのに、2日は朝からマジメに起床。空

き時間を使って・・と言うか、作って、少し遠くの公園まで走りに行ったわけ。

      

それにしても、正月はいつも奇妙なほど走りの調子が悪い。食べすぎとか

気分的な問題だけじゃなくて、距離表示が間違ってる気がしてしまうのだ。

責任転嫁かよ♪ あと、アスファルトがやたら固く感じるんだよなぁ。時々、

公園内の芝生や土の上を走ってるから、余計に硬く感じるって部分はある

と思うけど、アスファルトって言うより鉄筋コンクリートの上を走ってるみたい。

      

ロクにスピードも出ないまま、正月早々、心拍が170まで上がってしまった

後は、完走してホッと一息。初コーラ♪ いやぁ、コカ・コーラは素晴らしい!

いくら人気タレントが必死にCMしても、やっぱりペプシよりコークだね。今年

も、毎日のようにガブ飲みし続けるとしよう。カロリーとカフェインに多少の問

題はあっても、半ば薬だからいいのだ・・・と思うことにしてる♪

     

ちなみに今日(2日)は、日程も詰まってるし、この記事とコメントレスだけで

精一杯。昨日の初ランの話から急に飛んだのは、主として時間が無くなった

せいなのだ。とにかく、この程度の記事を書いてアップするだけでも大変な

状況で、ホント、正月って、休みにならないね。明日がまた大変なんだよなぁ。

ブログはツイッターレベルの携帯投稿だけになっちゃうかも。

        

では箱根駅伝・往路1区の激走を見ながら、今日はこの辺で終わりとしよう。

それでは、また ☆

      

     

  往路(1.8km)  10分05秒 平均心拍136

  1周(1.57km)  8分11秒        146

  2周         7分58秒        148

  3周         7分48秒        150

  4周         7分46秒        152

  5周         7分35秒        155

  6周         7分34秒        158

  7周         7分30秒        159

  8周         7分23秒        161

  9周         7分28秒        164

 10周         7分10秒        166

 11周         6分56秒        170

 復路(2.03km) 10分45秒        162

  計 21.1km 1時間44分09秒  心拍156 最大171(周回ラスト)

     

                                   (計 1646文字)

| | コメント (3)

☆謹賀新年 2011☆&紅白歌合戦

100101     

     

     謹賀新年  

         今年もよろしく♪

    

キレイな初日の出だね。間違っても、「去年と同じ写真だろ!」とか突っ込ん

ではイケナイ♪ 年末年始の超~慌ただしい中で、しっかり新年の記事をアッ

プするのは大変なこと。去年の写真を使って、去年の大晦日の内に書いとく

ことくらい、許容範囲だろう・・・とか、自分に言い聞かせてみたりする。

       

ってことで、今は実を言うと、まだ去年なのだ (^^ゞ 我ながら、正直でイイね。

別に、元日に投稿できない訳でもないけど、PCや通信環境の問題もあって、

正月っぽい外見の記事をアップするのは難しい。だから、31日の間に準備

して、「予約投稿」の機能で1日に自動アップするように設定してるわけ。

段この機能を全く使ってないのは、記事の内容を読めば分かるだろう。

                 

まあ、実際には、ちゃんと投稿されたかどうか、当日に自分でチェックする

から、単なるシステム任せでもないのだ。ついでにチョコッといじる程度の余

裕ならあるだろうから、大晦日の『紅白歌合戦』や『格闘Dynamite』の感想

を付け加えるかも知れない。あるいは元日の朝の全日本実業団駅伝とか。。

(末尾に紅白の追記あり♪)

         

         

          ☆          ☆          ☆

100101b  さて、去年の元日記事を読み返し

  てみると、1年のブログの方針とし

  てこう書いてた。

  「基本はスポーツ&日記・世評

  週に1回くらいは学問系2~3

  間に1回くらいはドラマ・芸能関連」

  これはちゃんと守ったね♪ 実際に

  は、ドラマ・芸能関連の記事が平均

  して週1本くらいあったから、ブロ

  ガーとしては頑張ったと言っ

  ていい。

            

ただ、社会人としてはやっぱり、もうちょっと仕事に時間を回さなきゃマズイ!

去年から何度か予告してたように、今年は春から仕事が忙しくなる予定で、

ブログに回せる時間は去年より間違いなく減るはずだ。スピードアップでは

カバーし切れないだろうから、内容を減らすとか、本数や日数を減らす形で

対処するしかない。一番マシな妥協点は、字数を減らすことかな。メリハリ

付けて、マニアックな記事と手抜き記事を使い分けようと思ってる。

     

おっと、もう時間が無くなったから、アッサリここで打ち切ろう。仕事だけじゃ

なく、スポーツプライベートも含めて、実生活の方が遥かに重要だ。ブロ

グはあくまで、余裕がある範囲で楽しむってことで、悪しからずご了承を。。

     

それでは皆さん、改めまして、今年もどうぞ宜しく♪☆彡

     

                           2011年 元旦  テンメイ   

          

081231

    

   

   

   

   

   

    

     

P.S.紅白の感想って言うか、一口コメント集♪

     

    浜崎あゆみ  ウエディング・ドレス、長っ!

                       (元日の追記: あゆ、本当に結婚☆) 

    EXILE  耳に馴染んで来たね、レコード大賞受賞曲。

    AKB48  周りのダンサーのコスチュームの方が可愛い♪

    NYC  初耳。。 

    アンジェラ・アキ  曲と歌はいい・・・って、コラコラ。

    AAA  あれ、期待してたのにもう一つか、サービスが。

    flumpool  私の周囲の反応が・・♪

    平原綾香  もう1人の「絢香」とカブる。。

    遊助  初見。。 

    西野カナ  可愛い~☆

    ポルノグラフィティ  頑張ってるね、瀬戸内海ロック。

    FUNKY MONKEY BABYS  一部に好評。

     

    徳永英明  カバー曲ってことね。 

    森進一  襟裳岬は昭和歌謡の代表☆

    aiko  制服っぽくて好き・・って、そこか!

    郷ひろみ  55歳パワー、お見事!

    Perfume  無機質なロボット系ダンス、健在。

    TOKIO  地味にパワフル。 

    倖田來未  ちょっと弱いか。

    五木ひろし  顔があんまし変わらない♪

    和田アキ子  迫力がちょっと。。

    加山雄三  ハハーッ、参りました、若大将!

    福山雅治&香川照之  切った髪、ヤフオクで50万円♪

                   次は『ガリレオ2』で対決か。

    小林幸子  オーッ、美川憲一の分まで飛んだ☆

      

    コブクロ  「流れ星」竹野内豊の代わりに稲垣吾郎ね。

    植村花菜  『トイレの神様』、紅白にふさわしい名曲☆ 上野樹里も涙。。

           (追記:1/10付けオリコン週間シングルランキングで1位!

                集計期間は、紅白を含む12/27~1/2。)

      紅白の司会なのに3人しか分からない。。

    松下奈緒  これが『ゲゲゲの女房』か。向井理、スタイルいい!

    いきものがかり  これが勢いってやつか。。

    桑田佳祐  アハハ♪ 復活早々に下ネタ、しかもNHK紅白で!

               マイク握って、「カチカチ」(or カチンカチン)ですとか。

            「すみません」、「申し訳ありません」ってのも、らしくて

            笑えた。ただ、バニーガールはもっと映さなきゃ!

    石川さゆり  天城越え、バイクで経験あり。

    北島三郎  47回出場☆

    坂本冬美  トリの一歩手前。

    氷川きよし  不思議な人気。。

    ドリカム  文字通りの太腿は止めたのか。

       SMAP  周囲の一部が絶賛☆ 白で締めくくったわけネ。

           歌の出来は、専門家の皆さんにおまかせ♪

        

    で、またまた白組優勝! 格闘技、見れなかったな。

    ドーン! キャーッ! お約束のフィナーレ。3秒ほど足りないネ♪

    続いて、私の大好きな、『ゆく年 くる年』☆ ゴ~~~ン。。 

    京都・知恩院からスタート。東京スカイツリーは現在539m!

    おっと、何気に地デジの宣伝かよ。

    それでは、この辺で。。良いお年を。。☆

      

                                 (計 2018文字)

| | コメント (5)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »