« センター試験の『ゴジラ』と、『ウルトラセブン』第12話欠番問題 | トップページ | 何で深夜の郵便局に行列が出来てるんだよ! »

D・モリスの「自己親密行動」(self-intimacy)など

通勤JOG 3.5km,21分程度

今夜はまた一段と眠い昨夜、手抜きつぶやき記事のつもりで書き始めた

のに、結構ハマってしまったから、寝る時間がまた無くなってしまったのだ。

それでも今日は・・・って言うか、それだからこそ、妙なハイテンションで仕事

を終えて帰宅。疲れ切ったので、それでは皆さん、おやすみ・・・で終わりに

出来ない所がブログ地獄の恐ろしさだ♪

         

一番手抜きで書けるコネタを探して、朝日新聞・夕刊(1月19日)を見ると、

手頃なネタを写真付きで発見。どうせ、あんまし読まれないだろうけど、別に

構わない。私自身が興味あるし、ウチはここ2ヶ月、かなりのアクセスを集め

続けてるから、もう要らないのだ。そりゃ、言い過ぎか♪ いや、マジで、アク

セス解析を一通り流し見するだけで大変になって来た。恐るべし、Yahoo!

のGoogleエンジン採用の効果。。

                  

話を戻して、では何をネタに選んだか・・・を書く前にあまりに藤木ファンの

方々らしきアクセスが目立つから、一応ほんのちょっとつぶやいとこうかな。

いや、もう先週のそっけない第1話記事でおしまいって言ってるのに、皆さん、

なかなか粘り強いと言うか、鍛えられてるというか♪ 昔からそうだけど、藤

木関連記事だけ妙にアクセスが多い(苦笑)。ウチは単なる、理屈&スポー

ツ系・総合マニアックブログなんだけどな。

       

ま、案外、第1話で私と同意見ファンも多かったのかもね。「王様の耳は

ロバの耳~~~!」とこっそり叫びたい人、気楽にどうぞ♪

        

          ☆          ☆          ☆           

で、完全に無視するのも気が引けるから、昨夜の『CONTROL』第2話は、

雑用をこなしながら音声だけ聞いてたのだ。たま~にチラッと画面を見る

感じ。犯人にも全く萌えなかったし・・・って、そこかよ! もう、先週で大体

つかめてたから、改めて落胆する感じも無い。『ガリレオ』を変に意識し過

ぎてた先週よりは、フツーの事件ものになってた。

            

南雲準の通俗心理学も、心の準備が出来てるから、寛容な気持ちで聞き

流せる。今回、「ドラマの自分ツッコミ」的な部分があったのも悪くない。例え

ば、南雲の心理理論が科学的に実証されたものではなく、単なる傾向程度

のものに過ぎないって話が登場。自分を笑い飛ばすやり方としては、キムタ

ク=木村拓哉の『MR.BRAIN』みたいに、もうちょっとヒネリと笑いを入れ

たものにした方がいいとは思ったけど、真面目に通俗心理学を語ってしま

うよりはマシだ。

           

未経験の事を考える時には右上を見て、過去を思い出す時には左上を見

る。両手をポケットに入れてる時は、大事なことを隠してる。う~ん、お遊び

的なネタだから良しとしても、『ミスブレ』なら、綾瀬はるかが天然ボケをか

ましてくれたんだけどなぁ・・・とか思ってしまう。

   

とか書いてたら、たった今、「CONTROL ミスブレ 似てない」なんて検索ア

クセスが入って来た (^^ゞ ドラマの全体が似てなくても、日常的な人間行動

学or行動心理学もどきの挿入の仕方が似てるのは確かで、しかもミスブレ

の方が脚本的にも演出的にも上手いのだ。

       

一方、不安を和らげるとかいう「自己親密行動」については、先週のソーシャ

ル・インパクト・セオリーよりはマシだけど、なかなか学問的にしっかりした出

典が見つからない。英文サイトも含めて探し回ること30分近く、ようやく原典

らしき本をGoogleブックスで発見した。

        

Desmond Morris(デズモンド・モリス)『Intimate Behavior』(親密行

動,Kodansha International)。講談社のグローバル部門なのか。それ

なりに活躍してる動物学者のようだし、実力も感じ取れるけど、この著作の

邦訳はまだなのか、ネットで見当たらない。。

                 

          ☆          ☆          ☆   

そこで、ほんの少しだけ、本邦初(?)の原典翻訳を私が行おう。第8章、

「Self-Intimacy」(自己親密性 or 自己親密行動)の、中核的部分の冒

だ(p.216)。無料公開されてる文書のごく一部の引用だから、著作権

は気にしない。原書を明記しておけば十分だと判断した。

          

110119c

      

    訳: 4番目(訳注.前の3つは本質的に無関係だと書かれてる)

       様々な自己親密行動。手が頭に持ち上げられ、他者との親密

       行動をコピーまたは真似するかのように、何らかの行為を演じ

       る。驚くことに、手を頭に持って行く様々な行為の5分の4以上

       が、この自己親密行動の部類に入る。まるで、我々が頭に触る

       主たる理由は、誰か他の人に触れられるのを無意識に真似し

       て安らぎを得ることであるかのようだ。

            

       最も普通の形は、手の上で頭を寝かせるものだ。その腕の肘

       は、何か支えになるものの表面に接触しており、前腕は頭部

       の重さを受けとめる柱になってる。もちろん、それは単に首の

       疲れを示してるにすぎない、という反論は可能だろう。しかしな

       がら、そうした行為を少し詳しく観察するなら、大部分は身体

       的疲れでは説明できないことが明らかになる。

                                (引用&翻訳終了)

      

うん、やっぱり、ごく一部の引用でも、学者の文章はきっちりしてるね☆ 

察眼や表現力のキャパシティも伝わって来る。こうゆうレベルでないと、科学

ドラマを語る価値はないだろう・・・とか書くと、言い過ぎだから止めとこう♪ 

書いとるわ!

       

          ☆          ☆          ☆

という訳で、昨日ほどじゃないにせよ、また結構な時間を使ってしまったか

ら、このくらいで終わりにしよう。こんな事なら、秋クールに放送予定の、

ムタク主演『南極大陸』(仮題)のニュースでつぶやいた方が遥かにラクだっ

たな。副題が「神の領域に挑んだ男と犬の物語」(仮)。さすがTBS60周年

記念『華麗なる一族』並みに気合の入ってそうな番組だね。

       

83年に高倉健主演で映画化された『南極物語』のドラマ版とのこと。犬の

タロとジロ、寒いのによく頑張ったなってお話だ。メインスポンサーは既に、

SoftBankに内定している。で、キムタクが南極に戻ると、犬たちが日本語

を喋ってるわけだ。。♪

     

こうゆう軽口を叩き始めたら、眠さの限界の証拠。あぁ、結局、用意したコ

ネタは使わなかったから、明日に回そうかな。そんな事より、この記事、折

角だから後で追記して、もっとマトモなものに仕上げたいもんだ。ちなみに

ランニングは、水曜恒例通勤ジョギングのみ。すっかり慣れちゃったね。

       

ともかく、とりあえず今夜はこの辺で。。☆彡

       

      

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.藤木の視聴率記事には追加の余地がないので、『CONTROL』の

    の視聴率グラフ別扱いで、第1話記事に掲載することにした。

    下のリンクを参照。

     

cf.単なる日記&『CONTROL』第1話の感想(辛口♪)

  人間は期待通りに成長する~ピグマリオン効果(教育心理学) (第5話)

  完結してない行動の方が記憶に残る~ツァイガルニク効果 (第6話)

  作られた記憶、目撃者の証言~心理学・法・歴史の結び目 (第7話)

     

                                  (計 2827文字)

|

« センター試験の『ゴジラ』と、『ウルトラセブン』第12話欠番問題 | トップページ | 何で深夜の郵便局に行列が出来てるんだよ! »

「ランニング」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« センター試験の『ゴジラ』と、『ウルトラセブン』第12話欠番問題 | トップページ | 何で深夜の郵便局に行列が出来てるんだよ! »