« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

11年2月の全走行距離

28日の携帯投稿が失敗した場合に備えて、念のためにこの記事を予約投

稿しとこう(23:58に設定)。携帯投稿がちゃんと出来てれば、この記事は

追記して、3月1日付けに回す予定(追記: 結局、回さず)。北海道の山奥

だから、毎日更新ブロガーにとっては通信環境が不安なのだ。

     

さて、ここ3日間はスキー&スノーボード合宿というか、温泉旅行というか、

とにかく全く走ってない。ま、ホテルの廊下を小走りして、合計100mくらい

稼いでるかな♪ もしホントにそうなら、四捨五入して、ランニングの距離

が1km増えるんだけど、まあ大同小異だろう。要するに、2月は大敗なの

だ (^^ゞ やっちゃった~って感じだね。

     

とにかく、今さら繰り返さないけど、色々とあおられてたから、走りたくても

走る余裕が無かった。ノルマは280kmだったけど、実際の2011年2月

の全走行距離は、次の通り。

     

      RUN 217km ; BIKE 0km

    

あぁ~、ダメ人間だ。25km以上の長距離が1本も無いのも致命的! 自

転車も、ちょっとは乗ろうと思ってたのになぁ。これは、4月にフルマラソン

の自己ベストを出す計画がビミョーになって来たかも。3月に巻き返したい

所だけど、3月後半から4月前半にかけては、仕事が忙しくて満足に走れ

そうにない。う~ん、川口マラソンでハーフの記録を大幅に塗り変えた後

だから、フルも大幅に更新したかったのになぁ。ま、ブツブツ言ってるヒマ

があったら、走った方がいいね。

      

って言うか、今この部分を書いてるのは、実は26日の未明なのだ (^^ゞ

ホントに2日連続の完全徹夜になったな。これで苦手の飛行機に乗って、

雪上トレーニングするのか。キツイ。。ま、4分の1か5分の1は体育会

系人間なんだから、気合で頑張るとしよう。では、とりあえずこの辺で ☆彡

     

110228a

     

110228b

      

                                (計 749文字)

| | コメント (0)

念のため、携帯で今日の更新

念のため、携帯で今日の更新

   
今日の記事は予約投稿してあるけど、一応モバイル投稿もしとこう。

写メはルスツ名物のメリーゴーランド♪今は飛行機搭乗の直前。

行きはキレイなスッチーがいたから、帰りも期待☆

    

                                 (計 96文字)

| | コメント (0)

北海道No.1スキー場、ルスツリゾートに滞在中♪

110227

     

携帯での投稿が失敗した場合に備えて、あらかじめ27日分の記事を用意

しとこう。実は今、出発直前の26日未明。どうも2日続けて徹夜した直後

の出発になりそうな感じ (^^; 丸3日、パソコンが使えない場所に旅行する

となると、毎日更新ブロガーとしては、準備が大変なのだ。

     

上の地図はルスツのサイトから借用したもの。常連客が宣伝してるんだ

から、大目に見てね☆ 通算で18日間になるのかな。3つの山を使って、

中級者が思う存分楽しめる巨大なスキー場で、超お気に入りなのだ。ニ

セコも度々行って、全山滑ってるけど、ルスツの方が総合的に見て楽し

い♪ 27日現在、右端の山の裾野にあるホテルに宿泊中。後は、携帯

投稿にて・・・って言うか、携帯の電波がちょっと不安かも。。

    

この記事の「予約投稿」は、ちゃんと成功したかな。。☆彡

    

        

P.S.帰宅後、写真満載の詳細なレポートを掲載。

    北海道ルスツ・スキー場、ゲレンデ・ホテル・イルミネーション☆

     

                                (計 423文字)

| | コメント (0)

北海道ツアー中♪

北海道ツアー中♪

   

昨日から、北海道スキー&スノボツアーを楽しんでる所☆ レポート記事は

帰宅後の予定。さっきまでは部屋で「情熱大陸」を見てた。出演は早稲田

の数学者・柳谷晃氏。「日本を救う数式」(財政赤字を減らす微分)も含め

て、ある意味、凄い内容だったかも♪ ホテルに共用パソコンがあったか

ら、コメントのレスだけ今から付けようかな。ではまた☆

     

                                 (計 166文字)

| | コメント (0)

超久々に食べたマクドナルドのハンバーガーの話とか♪

まず一言、一部の気になってる常連さんのために書いとくと、一昨日のウチ

の更新が無かったんじゃないかと思ってるかも知れない。それは勘違いで、

実際、更新した記事はかなりのアクセスを集めてる(昨日の記事を参照)。

単に、トップページの全記事一覧で紹介するのを忘れてただけの事。あれ

は私の手作業だから、徹夜で仕事に追われてる間に忘れちゃったわけ。

今日までウチは、公開以来、2006日連続更新を継続中。

         

さて、今日は・・・って言うか、昨日付けの記事を書いてからまだ2時間も経っ

てないんだけど、とにかく時間が無いから、つぶやき記事しか書けない。つ

ぶやくネタはあり余ってて、ツイッターならいくらでもツイート出来るだろうけ

ど、ブロガーとしてはちょっと迷う所。

    

例えば、NZ(ニュージーランド)の地震なんて話は、誰でも似たような情報を

それなりに持ってるだろうし、感想も似たようなものになってしまう。そうゆう

事は、ウチは基本的に書かない。ドラマでも、普通の感想やあらすじ記事

は避けて、独自の内容を書いてるわけだ。

          

逆に、中東情勢なんて話は、複雑過ぎて下手な事は書けない。マニアック

サイトとしては、全体的な雰囲気に流されて、マスメディアやネットの論調

に合わせた事を不用意に書くわけにはいかないのだ。特に、自分でアラ

ビア語のサイトを読むことが出来ないのは致命的。せめて中国か北朝鮮

なら・・・とか書くと怒られそうだから止めとこう♪ マジメな話、身近な国で

何かあったら、対岸の火事ではまったく済まないだろう。

   

ちなみに、木曜(2月24日)の朝日新聞・論壇時評では、時評部分の担

当者・東浩紀の文章の中に、注目すべき論点があった。中国のジャスミ

ン革命の情報は、日本と中国とで、メディアの扱いが全く違うという話。

しかも中国が隠蔽してるだけじゃなく、日本も民主化への期待感で歪ん

でるのではないか、という話だ。今回、香山リカのタイガーマスク&サンデ

ルの話もコメントしたいんだけど、しばらく先に延期せざるを得ない。時間

が無いのだ。

        

      

         ☆          ☆          ☆    

110226a

  では、代わりに何をつ

  ぶやくかと言うと、マク

  ドナルドのハンバーガー

  だ♪ 超久々に食べた

  から、一言つぶやきた

  くなったわけ。

   

  マックと言うと、安い、

速い、マズイってイメージが強烈で、特に主力商品のハンバーガーとコー

ヒーはひどいという印象があった。ただ、安くて雰囲気は明るいから、昔は

たまに使って、マックシェークとかチーズバーガーを飲み食いしたりしてた。

    

110226b

  でも、最近はすっかり、

  スタバ、エクセルシオー

  ル、タリーズ、あるいは

  ドトールを使うようになっ

  て、もう何年もマックには

  入ってない。ところが、マ

  クドナルドの業績が好調

  だってニュースは耳に入っ

  てるし、コーヒーが美味しく

なってるという記事も、先日の朝日に大きく出てた。久々に使おうかなと思っ

てた所、たまたまハンバーガーの無料券が手に入ったわけ♪

     

前から度々書いてるように、私はコカコーラ中毒患者だから、1.5Lのボ

トルは自宅に常備してる♪ そのボトルのネック(首)に、タダ券がぶら下

がってたから、ラッキーって感じ。198円のコーラに100円(?)のハン

バーガーのタダ券が付いてるんなら、すごく得した気分になる。ま、タダ

券を使うだけで店を出るのは、多少の度胸がいるけどネ♪

       

その、超久々に食べたハンバーガーの味はどうだったか。う~ん、まあ、

120円以下ならいいかなって感じだね♪ まだ、150円出す気にはなれ

ないな。それなら、メロンパンとか、他に色々とマシなものがある。多少の

進歩はあるような気もするけど、わざわざ選んで食べようとも思わない。

2倍以上の値段でも、モスバーガーを選ぶかな。ネットを見渡しても、圧

倒的人気だね。値段の高さや、企業業績は別として。

        

          ☆          ☆          ☆

私の場合、昔ホテルで長くバイトしてた経験も関係してるだろう。私が働

いてたバーラウンジの隣のレストランで、ハンバーガーは1600円くらい

だったのだ♪ しかも、税・サービス料は別だったはず。当然、お肉はたっ

ぷりジュージューで、カリカリのポテトもついてる。パン(バンズ)も、もっと

全然フックラしてた。10倍の値段だから、当然だけどね。

     

という訳で、タダで食べさせてもらっといて言うのも何だけど、ハンバー

ガーはやっぱり「マックのまま」だった。今度は、美味しくなってるらしい

コーヒーにチャレンジしようかな。昔はかなり悲惨だったから、あんましお

金出して飲む気にもなれないけど、ものは試しってことで、気が向いた時

にでも。。それでは今日はこの辺で。。ちなみに、まだ寝れない (^^ゞ ☆彡

     

                                 (計 1890文字)

| | コメント (4)

東京マラソン2011、午後から雨でも暖かいからOK

RUN 10km,43分21秒,心拍154

雑用JOG 4km,23分程度

       

あぁ~、時間が無い。超~焦るんだけど。。今日から4日間は、手抜き記

事を連発するしかない。ほとんど時間が無い中で毎日更新を継続するに

は、それしかないのだ。ま、手抜きって言っても、一般社会人のブログと

してはフツーだと思うけど。。

     

さて、そういえば、「今日から」じゃなくて、昨日も手抜き記事だったね (^^ゞ

マラソンに興味のない人にとっては、タイトルをチラッと見て素通りするよ

うなものでしかないだろうけど、実は大当たりなのだ☆ 今日のアクセス

解析をお見せしよう(23時半の時点)。

          

110225a

  まず、ページ別

  クセス数。東京マ

  ラソン関連がベス

  ト3を占めてる。

  2位は昨日の記事

  だから、完全に狙

  い通り♪ 3位に

「雨対策」が来てる所が特徴だ。

    

110225b

  続いて、検索フレーズ

  のベスト10。これまた

  上位を東京マラソンが

  独占して、雨関連が目

  立ってる。「テンメイ」が

  9位って所が哀しいけど、

  まあそれは置いといて、

  明後日27日の天気が問題

だ。最新の予報だと、曇のち雨、降水確率50%。特に、たまたま当選し

ちゃった初心者の人は、気になって仕方ないだろう。

     

ただ、最高気温が14度もあって、しかもちょうど雨が降る頃に気温が最

になりそうだ。予想天気図を見ると、風も大したこと無さそう。それなら、

よほど冷え性じゃない限り大丈夫だろう。もちろん、雨天中止の可能性は

(残念ながら?)ほぼゼロと思っていい。去年の私は中止を期待してた♪

        

去年なんて、気温6度のスタート時から雨で、3時間ほど振り続けたけど、

ほとんどの人は完走。冷え性の私も、両腕の肘から先を硬直させながら、

それなりのタイムでゴールした。ただし、雨対策はそれなりにしてたから、

去年のウチの雨対策記事とかレース記事が参考になるかも知れない。   

            

          ☆          ☆         ☆

一方、今夜の走りについて。昨夜はやっぱり完全徹夜。今日は、仕事を

終えた後、美容室、郵便局、銀行とかを走りまわって、まず4kmジョギン

。その後、どうしようか迷いつつ、10kmだけササッと走って来た。

    

ホントに時間が無いから、何度も時計を見ながら、ハーハーゼーゼー飛

ばす。昨夜も3.4kmだけ、ハーハー頑張ったんだよな。ま、色々と疲れ

てるせいなのか、単なる体調不良なのか、頑張ったわりには遅くて、トー

タルでは1km4分20秒ペース。遅っ! 後半、ちょっとしたパトルになっ

たのになぁ。ま、風が強かったから10秒損して、寝不足だから更に10秒

損したってことで、自分を納得させよう♪

    

さて、これからの4時間半が、実は地獄なのだ。ま、ここが底力の見せ所

だね。なんでそんなに焦ってるのか、古くからの常連さんならもうお分かり

だろう。そう、アレなのだ。男の子の日なのだ。違うわ! ボケ突っ込みし

てるヒマも無いので、それではこの辺で。。☆彡

            

  往路(2.45km)   11分23秒  平均心拍137         

  1周(2.14km)    9分10秒        158        

  2周             8分58秒         163      

  3周(0.82km)     3分43秒         164

  復路            10分08秒         158

計 10km    43分21秒  心拍154(84%) 最大167(ゴール時)

          

                                 (計 1296文字)

| | コメント (0)

東京マラソン2011に出場予定の有名人(芸能人、優勝候補ほか)

(☆3月2日追記: 結果の記事をアップ。

      東京マラソン2011、芸能人・有名人の結果(タイム) )

     

     

         ☆          ☆          ☆

RUN 3.4km,15分00秒,心拍147

あぁ~、忙しい。。参ったなぁ。。ホント、ブログの毎日更新がジャマだな。

3000日連続更新ところか、2010日でさえ怪しくなって来た。今日はもう

ホントに手抜き記事でお茶を濁しとこう。この1週間、さんざん無理して書

きまくったから、もう2万字くらいに達してるはずだ。原稿用紙50枚! 今

夜はもう、2~3枚で十分のはず。

     

とは言っても、何かコネタを挟まないと淋しく感じるようになって来たので、

簡単なわりにウケの良さそうな話を書いとこう。いよいよ明後日(2月27

日)に迫った、東京マラソン2011に出場する有名人(芸能人、女子アナ

など)の一覧表だ。

     

今現在、「東京マラソン 有名人」でGoogle検索すると、ウチが4位。個

人サイトでは1位にランクされてるから、去年の記事にも関わらず、この

2ヶ月だけでも結構なアクセスが集まってる。おまけに意外なことに、マジ

メに読む人が多いのだ♪ 直感的には、そんな検索をする人は軽い情

報をチラッと読み流す人達が大部分のような気がするけど、実際はつい

でに、私の詳細なレース報告を熟読する人が多い。という事は、検索者

にはランナーが多いんだろう。もちろん、今年の参加者を始めとして。

          

         ☆          ☆          ☆    

とにかく、相変わらず東京マラソンへの注目度は非常に高いので、今年

の有名人の参加者リストを作っとこう。これで、レース後に結果記事も書

きやすくなるのだ♪ 個人サイトや掲示板は見ずに、確かなメディアだけ

を使ってザッと調べた所、以下の11人(グループ1つ含む)が判明した。

         

   石原良純   亀田興毅(長男)   亀田和毅(三男)   猫ひろし

   TOKIO・国分太一   AKB48・秋元才加   古田敦也

   エディソン・ペニャ(チリ落盤事故作業員)   

   サーターアンダギー(山田親太朗ほか)

   ニッポン放送の五戸美樹(ニッポン放送・女子アナウンサー)

   福島和可菜(美しすぎる元・女性自衛隊員)

     

なぜか、テレビ局の女子アナの情報が入って来ないのが残念だけど、誰

か出るはずだけどね。ちなみに、安田美沙子は出場しないので念のため。

彼女は先日、湘南マラソンでサブフォー(4時間切り)を軽く達成して、次

は夏のトライアスロンを目指してるのだ。

   

さて、出場者の中で実力的に圧倒的なNo.1は、猫ひろし。芸能人唯一

のサブスリー(3時間切り)ランナーだ。アクシデントが無ければ、自己ベ

ストの2時間45分くらいでゴールすると思う。注目度だと、石原良純がトッ

プみたいな感じだ。

         

これは、本人より、父・石原慎太郎都知事への注目によるものだろう。春

の選挙に出馬するかどうかが、息子のマラソンへのコメントによって分か

るかも知れないとかいうお話。一応、不出馬という話になってるけど、ま

だ正式発表はないから分からない。個人的には、猫ひろしのタイムと共

に、ボクシングの亀田兄弟のタイムが気になる所。4時間前後だと思うけ

ど、果たしてどうか。

          

今回は、以前からあるらしいスポンサー枠に加えて、10万円の寄付で

チャリティー枠も手に入ったんだから、もうちょっと色んな有名人が参加

しても良かった気がするけど、やっぱりフルマラソンとなると尻ごみする

のかな。練習時間のやり繰りだけでも大変だもんね。。

      

ちなみに男子の優勝候補は、藤原正和(ホンダ;前回優勝)、藤原新(レ

モシステム;同2位)、入船敏(カネボウ)、秋葉啓太(小森コーポ)、岡本

直己(中国電力)ら。注目の世界記録保持者・ゲブレシラシエはケガで欠

場。やっぱりって感じで、ちょっと後味が良くないな。女子は渋井陽子(三

井住友海上)が復活をアピールできるかどうかが見ものだ。。

     

        

          ☆          ☆          ☆

最後に、今夜の走りについて。昨日が休みで、一昨日は3kmジョグのみ。

今日こそ、25kmくらい走ろうと思ってたのに、余計な用事が入ったことも

あって、僅か3.4kmしか走れなかった。ヤバイよなぁ。これでも時間的に

ギリギリで、ウォーミングアップもほとんど無しで、最初からスタスタ、時計

を機にしながら走るハメに。

   

トータルでは1km4分25秒ペース。う~ん、こんな短い距離なら、もうちょっ

と速くても良かったかも。さて、これから実は、徹夜で仕事することになる。

明日の昼までに絶対に終わらせなきゃいけないから、仕方ないのだ。フー、

ひとまず夜食でエネルギー補給して、食後のコーヒーで気合入れ直すか

な。今日は暖かいから、深夜のコカコーラもアリだね♪ ではまた。。☆彡

    

 往路(1.15km)   5分35秒    心拍130  

 1周(1.1km)      4分35秒       156

 復路            4分50秒       156             

 計 3.4km  15分00秒 心拍147(80%) 最大165(復路の坂)

     

                                 (計 1956文字)   

| | コメント (0)

作られた記憶、目撃者の証言~心理学・法・歴史の結び目

(22日) 雑用JOG 3km,18分程度

ダメだ。どうしても時間が無いホントなら最低でも5時間くらいはかけるべ

き重要な内容だけど、今回は差し当たり、短時間でサラッと書いとこう。

ずれ別記事で、似たような内容をもっと本格的に書くことになると思う。

     

昨夜の藤木直人&松下奈緒『CONTROL』第7話では、感情の「反転極化

という心理学用語(?)が登場した。すぐに検索したけど、ほとんどネット上に

は見当たらない。英語でも、「reversal polarization」とか色々試してみたが、やっ

ぱりダメで、むしろ物理学の分野で、「極性」の変化に関して使われるようだ

(polarization reversal の方が用例が多そう)。

         

1日経った今だと、ウチの昨夜の記事も含めて、ドラマ記事が5つヒットす

るから、私の聞き間違いでもなさそう。まあ、常識とドラマの文脈を考え合

わせると、感情がしばしば反転して極端になるという、ありふれた意味だ

ろう。ドラマもそうだけど、特に対人関係で多いと思う。今回のドラマと同じ

く、好きな相手に冷たくされた場合とか。

       

という訳で、これで今日はおしまい・・・と書きたい所だけど、反転極化より

遥かに重要な話が含まれてたから、そちらについて軽く書いてみよう。

      

     

          ☆          ☆          ☆

昨夜のサブタイトルは、「作られた記憶と疑惑の目撃者」だ。ここには2つ

の要素が関係する。記憶という心理学的なものと、目撃証言という法的

なものだ。我々の記憶がしばしば不正確だったり間違ってたリする点につ

いては、誰でも経験があるだろう。でも、事件捜査や裁判という状況では、

目撃者の記憶にもとづく証言が重要な役割を果たす。

      

だからここには、根本的に矛盾があるわけで、不確かなものを重視せざ

るを得ない。そこで、どちらの側に傾斜するかを巡って、しばしば(感情的

な)激しい対立が生じることになる。ドラマでも、心理学の南雲教授(藤木)

に対して、捜査官が激しく反論していた。あれは、実社会でも珍しくない

ことなのだ(特に訴訟社会・アメリカ)。

      

実験室と現場には、確かに大きな違いがある。一般に人間に関わる

は、人工的に作った状況で、数十人~数百人で行うことが多い。医学

のように、膨大なお金と命が関わる世界だと、もっと大規模な実験(治験)

が行われるけど、心理学では数十人しか参加しないのが普通だろう。そ

こから、一般的知識を導くのだから、批判や反論が多いのも当然だ。

     

それに対して、捜査や司法の現場は、現実に起きた個別の出来事(事件・

争いなど)を相手にするものだし、必ずそれなりの結果を出すことが要求

される。当然、その出来事だけに関わる特別な目撃者たちが重要になる

し、「彼らの目撃証言は間違ってる」と指摘するための決定的な証拠も無

いのがフツーだ。

    

この点について、ドラマを思い出してみよう。『CONTROL』の場合、心理

学者が主役の一人だし、人気俳優でもあるから、心理学が正しいという

で物語が進む。つまり、目撃者の証言はあてにならないという知識が勝

つように、脚本が「作られてる」のだ。実際の事件の後、目撃者の同意も

得ないまま、知らない内に別の実験に参加させ、男と女の見分けを間違え

させる。そこで目撃者は、実は事件の際にもよく分からなかったと打ち明

けて、心理学の勝利となる。

    

けれども、このドラマの中でさえ、別に男女の見間違えは決定的な意味

を持ってない。事件の際には間違えてないけど、今回は間違えた。それ

で押し通すこともできるのだ。そもそも、1回間違えただけで証言の意味

が無くなるのなら、誰一人として証言者にはなれないことになる。あれは、

あくまで、主役を立てる流れにしてあるに過ぎないことを指摘しとこう。

        

          ☆          ☆          ☆

では、肝心の心理学で、実際の研究はどうなってるのか。実は私の手元

110223c

  に、以前から左の本

  がある。『現代のエス

  プリ 350』1996年

  9月号(至文堂)だ。

  心理関係では有名な

  雑誌で、「エスプリ」

  とはフランス語で、

  精神や機知を表す単

  語(esprit: 英語なら

  spirit)。

   

  この号のテーマは、

まさに「目撃者の証言」となってて、副題には「法律学と心理学の架け橋

とある。本と、ドラマと、私の興味とが一つに交わってるのが分かるだろう。

つまり、結び目を作ってるわけで、だから本当は、この記事は時間をかけ

て書きたかったのだ。

     

ボヤキはともかく、両方面の学者の興味深い研究論文が掲載されたこ

の書物を、全体的に見渡して言えることは、「難しい問題だ」ということに

尽きてる。話の内容は少しも難しくないどころか、むしろ単純だろう。どう

受け止めて、どう活かすのか、現実的な向き合い方が難しいのだ。

    

ドラマの南雲教授は、思い込みの確信によって記憶の断片を再構成して

しまう危険性や、「誤った判決の50%が間違った目撃証言」によるものだ

という統計データを持ち出してた。でも、そんな大がかりで複雑な統計デー

タをどうやって計算するのか、少し考えるだけで、非常に疑わしい説だと

いうことは分かる。たった一つ、足利事件を思い出すだけで、判決の間違

いの原因が何なのか、非常に複雑なことは理解できるだろう。

     

独断、偏見、先入観、思い込みなどで、記憶が書きかえられることを示

すのは、実験的にも日常的にも簡単なことだ。でも、代わりに何を信頼

するのか。あるいは、正しい記憶と間違った記憶をどう分けるのか

   

凶器とか、犯行現場のビデオとか、単純で決定的な物証だけで済むのな

ら、話は早い。けれども、実際の捜査や裁判は遥かに複合的なものだし、

トラウマ(外傷)とか幼児虐待とか、遥か昔の記憶が中心的要素になる

場合もある。

     

トラウマ関連(PTSDも含む)では、まだ一般にはほとんどの人が、「被害

者」の証言を信用して、「加害者」を憎む傾向が圧倒的だ。これはドラマを

見てもすぐ分かることで、例えば『ラストフレンズ』第7話では、タケル(瑛

太)が姉にイタズラされたことを想起してた。

         

この際、ウチでは直ちに、その記憶が間違ってる可能性を指摘したが、

そういったサイトは他に(ほとんど)見当たらなかったし、ドラマの筋書き

としても、それは正しい記憶として扱われてたわけだ。その点では、『イノ

セント・ラヴ』の佳音(堀北真希)でも同じこと。脚本家も視聴者も、その

記憶が間違ってる可能性を考えることはほとんどないのだ。もちろんウ

チでは、この時にもハッキリ指摘しておいた。

     

          ☆          ☆         ☆

捜査や裁判以外でも、目撃証言が非常に重要になる場面があるわけで、

その最たるものは、歴史認識だろう。国によって、民族によって、人によっ

て、しばしば激しく認識が衝突するのは周知の通り。ホロコースト(ナチス)

にせよ、いわゆる南京大虐殺でもそうだ。そういった極度にデリケート

場で、心理学者が不用意に「記憶はしばしば間違ってる」などと発言する

と、笑われるとか無視される程度では済まない。

           

その意味で、目撃証言や記憶の間違いの研究の第一人者とされる、エリ

ザベス・ロフタス(Elizabeth Loftus)という現役の女性心理学者は凄いパ

ワーを見せてる。幼児虐待や国際犯罪を扱う場に積極的に出て、発言

てるようなのだ。代表作『目撃者の証言』の原著は1979年。30年も前だ

が、日本なら今現在でも、そこまでパワフルに活動する心理学者はいな

いと思う(精神医学者による精神鑑定は別)。当然「被害者」側には評判

が悪いはずで、情緒的傾向が強い日本社会だと特にそうだろう。

           

という訳で、今日はもう時間だ。作られた記憶とか、目撃者の証言といっ

た領域が、非常に複雑でデリケートな分野だということは示せたと思う。と

てもドラマのように、心理学者が捜査官や目撃者をやりこめてしまうような

分野ではないし、実際はほとんどの人が、目撃証言の方を重視するのだ。

          

それは必ずしも、間違った態度ではない。心理学の知見そのものが、僅

かな人間を人工的に調べただけのものだし、そもそも、実験的に一般論

を導くプロセスそのものが、データを「作り変える作業」なのだから。当然

そこにも、独断・思い込み・先入観などが入り込む余地があるのだ。さらに

言うなら、データ自体にもそうした要素が紛れ込む可能性がある。記憶ど

ころか、現在の知覚にも、機械的記録にも、それなりの弱みはあるのだ。

            

残念ながら、時間が無くなった。ちなみに、昨夜の走りは、例によって少

し遠くの郵便局まで、夜中に往復ジョギングしただけ。エステ記事に予想

外の時間を取られてしまったのだ (^^ゞ 今日はもともと休む予定だった

から、走らなくてもいい・・・ってことはないな♪ 仕方ないのだ。とにかく、

今日の所はこの辺で。。☆彡

          

     

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.単なる日記&『CONTROL』第1話の感想(辛口♪)

   D・モリスの「自己親密行動」(self-intimacy)など (第2話)

  人間は期待通りに成長する~ピグマリオン効果(教育心理学) (第5話)

  完結してない行動の方が記憶に残る~ツァイガルニク効果 (第6話)

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  藤木直人主演・助演ドラマ、視聴率の推移&『ホタルノヒカリ2』第6話

                        

                                 (計 3752文字)

| | コメント (0)

第20回たかの友梨エステティックシンデレラの感想

(21日) RUN 16km,1時間16分22秒,心拍151

2日間で1万字以上も書いた直後だから、超手抜き記事でおしまいにしよ

うと思ったけど、軽くオマケを付けとこう。新聞を片付けてたら、チラシ広告

が目に留まって、つい書きたくなったのだ。お喋りかよ♪ 

       

その前に、昨日の記事。「2つの大きな変化」と書いといて、2つ目が何か

を示してなかったから、追記しといた。書き忘れに気付いた方がもしいたら、

なかなか鋭いね☆ 長くて、やや複雑な構成になった記事゛だから、書いた

本人でさえうっかり見逃してたほど。。

       

         ☆          ☆          ☆

さて、広告の中身は、第20回たかの友梨エステティックシンデレラ2011。

以前ウチで、はるな愛のエステについて書いた時も、たかの友梨。大変そ

うな業界の中で、勝ち組ってことか。エステの広告は見飽きてるんだけど、

今回はグランプリの女の子私のツボだった♪ 広告でもネットでも実名

がデカデカと出てるけど、素人さんだから一応、T・Mさんとしとこう。ピン

クのビキニもいいし、白い水着の大きい写真が美しい☆ おまけに、準グ

ランプリのお二人もわりと趣味だ。

         

そこで、早速ネットでチェック。最終選考会は1月23日開催で、2月13日

(16:00~17:15)に、テレビ東系列でその模様が放送されたらしい。

ゲストとして、はるな愛や沢尻エリカ様らが出演。この選考会番組、昔1度

だけ見た気がするね。確かに、見違えるようにキレイになってたけど、ワン

ピースの水着やアップにまとめたヘアスタイルが趣味じゃない。あと、放送

がその時も週末の午後で、私がほとんどテレビを見ない時間帯だから、そ

の後は一度も見てなかった。

       

で、今回、ネットで選考会の様子を見たものの、やっぱりチラシ広告のフ

ツーの水着姿の方が、遥かにキレイに見えた。髪型が大きいかな。ま、グ

ランプリのT・Mさんが選考会で着たドレスは、色が好きだけどね。ウチの

ブログのイメージカラーでもあり、私の自転車の色でもある、エメラルドグ

リーンとブルーの中間くらいのパステル系だから。

    

まあ、ネットの写真はボチボチとして、情報は一応書いとこう。過去20回

で、応募者45377人受賞者135人。1回当たりの平均だと、2300日

で7人受賞となる(受賞率は僅か0.3%)。ただ、今回の応募者は974

人しかいないから、年々減ってるのかも知れない。公式サイトにもウィキ

ペディアにも、過去のデータはなし。

    

「シンデレラ大会5つの選考基準」を見ると、大きな活字で強調されてる

のは、女らしい健康的、個性、前向き、規則正しい。ハッキリ言って、後

ろの4つは普通だから、ポイントは最初の「女らしい」にあるんだろう。直

前にある「スリム」という言葉は強調されてないんだから、モデルみたい

に痩せてなくてもいいってことだ。

       

これはたまたま(?)、男が好む基準でもある♪ よく言われる事だけど、

女性が憧れるプロポーションというのは、痩せ過ぎだろう。特に日本では、

その傾向が顕著かも。それについては、またいずれ考察してみたい。。

    

          ☆          ☆          ☆

ネットから、広告に戻るとしよう。2つ折の表紙の上にある、一番目立つ

活字は、「103kg減量したよ!」。その上に少し小さい活字で、「6人合わ

せて」とあり、左にも「たった3ヶ月で」とある。

    

この書き方から、「体重減少の値そのもの」が一番重視されてるのが分か

る。実際、6人の写真の下を見ても、体重の減少が一番大きな扱いだ。つ

まり、「体重減少の割合」ではないのだ。体重が何kg減ったかが問題であっ

て、何%減ったかという数値はどこにも無い。ちなみに、「体脂肪率マイナス

何%」と書かれてる数字は、本来の「割合」ではないし、統計的には「ポイン

ト」と呼ばれてあまり重視されないものなので、念のため(細かい数学的説

明は省略)。

     

割合じゃなく量の問題なら、宣伝としては、身長が高くて体重の重い女性

扱った方が、インパクトが出るのは当然。実際、グランプリのT・Mさんは

174.0cmの高身長だし、準グランプリの2人も175.7cmと165.1cm。

他の3人も、171.2cm、166.2cm、164.7cm。6人の平均身長は、

169.5cm、エステ前の平均体重73.8kgもあったのだ。

      

ちなみに、20~24歳の日本人女性の平均身長158.5cm、平均体重

50.6kgにすぎない(文科省・平成21年度体力・運動能力調査)。この

大会が、元々、非常に大柄な女性を対象にしてることが分かるだろう。。

         

         ☆          ☆          ☆   

というわけで、半ば理系の人間として、エステの興味のある大勢の女性の

方々には、数値そのものより割合で考える方がいい、とお勧めしとこう。大

まかに言うと、80kgの人が18kg減量してグランプリになった訳だが、こ

れは、60kgの人が13.5kg減量するのと同じ割合。つまり、22.5%だ。

             

まあでも、選ばれた6人が素晴らしく痩せたのは確か。僅か3ヶ月で急激

にダイエットした後は、当然リバウンドの恐れが高いので、頑張って美しい

姿を保って頂きたい。特に、広告写真が私のお気入りの、グランプリT・M

さん☆ 彼女、ステージから恋人に逆プロポーズしたそうだけど、保育士さ

んだから、幼児になれば可愛がってもらえるかも。そりゃ、アブナイ発想か♪

あぁ、そんなプレイより、2流市民アスリートも3kgくらい減量したいもんだ。。

        

cf.はるな愛のダイエット、3ヶ月で10kg減量成功

  ロンハー青木さやかのダイエット

  『ロンハー』青木さやかの産後ダイエット、「インスパイリング・エクササイズ」

          

                 

         ☆          ☆          ☆

あぁ、もう時間だから、昨日の走りについては簡単に。疲れて重い脚で、

3日連続の16kmをこなしただけだ。ホントは長距離を走りたかったけ

ど、気分的にもノリがイマイチだったからパス。ブログで一気に1万字以

上書くだけでも、足腰が疲れ果てるのだ。外付けモニターのせいで、

な姿勢でノートPCを長時間扱うことになるもんで。

    

まあ、前日の小雨ランよりはかなりマシで、トータルでは1km4分46秒

ペース。実は今夜も走る予定だったけど、この記事に手間取って走る時

間が無くなってしまった (^^ゞ 休養も練習の内ってことで、ポジティブ・シ

ンキングしとこう。

         

藤木直人『CONTROL』第7話は一応流し見したけど、今回は心理学用

語が出なかった気がしたな。最後の「反転極化」?なんて、感情が逆転し

て極端になるってだけの話だし。私が見逃した冒頭の30秒くらいで、何か

講義内容として出たのかね。ま、いいか。あっ、今夜は『ビューティー・コロ

シアムSP』もあったのか。1回だけ見たけど、凄かった♪ ではまた。。☆彡

               

  往路(2.45km)   12分46秒  平均心拍133         

  1周(2.14km)    10分40秒        146       

  2周             10分29秒        149 

  3周            10分17秒        152

  4周             10分11秒        154

  5周             9分40秒        160

  6周(0.4km)        1分52秒         165

  復路              10分28秒        156     

計 16km  1時間16分22秒  心拍151(82%) 最大166(ゴール前)

        

                                  (計 2871文字)

| | コメント (0)

ブログ公開以来、2000日連続更新☆

RUN 16km,1時間24分49秒,心拍140

フーッ。。長かった。。「The long and winding road・・・」(by Beatles)って

感じだ。「長くて曲がりくねった道」(by ビートルズ)ね。そりゃ、蛇足か♪

    

1ヶ月ちょっと非公開で練習した後、2005年8月31日一般公開開始。

08年5月26日1000日連続更新達成。その時はウッカリ、2日遅れに

なったけど、今回はキッチリ計算してた。最初の1000日間より、今回の

1000日間の方が遥かにキツかったもんなぁ。。数えてないけど、おそらく

字数は、2倍以上になってると思う。最初は文字通り、「RUN&BIKE」、

ランニングと自転車の短い日誌が多かったのだ。ちなみに細かく言うと、

2000日は昨日達成、今日は2001日目☆

       

          ☆          ☆          ☆

公開以来、5年間の変化は、1周年・2周年・3周年・4周年・5周年記事

に書いて来たから、重複を避けよう。ここでは、去年夏に5周年記事を書

いて以降を振り返ってみる。この半年弱に、2つの大きな変化が生じた。

      

まず、長くて深い付き合いのブロガーさん2人お休みに入ったのだ。1人

は「キッドのブログinココログ」のキッドさん。ドラマ中心のTV大好きブロガー

だが、政治その他、驚くべき博識なので、そちらへの脱線の方が面白かっ

たりもした♪ 

         

この人とのブログ記事やコメントの「バトル」は、自分のことながら非常に濃

密。一つのコメントだけで、記事1本に値するものも少なくないのに、お互い

相手のブログにコメントを付けて、レスするから、結局ドラマ1本あたり、記

事を3本書くようなパワーが必要だった。

     

当然、疲れるわけだが、ウチと張り合うように、キッドさんも毎日更新継続。

ドラマだらけだから、視聴するだけで大変だし、他ブログとのお付き合いも

忙しいだろうなと思ってた所、去年9月末に更新がストップ。心配した私が

お迎えコメントを入れたら、1ヶ月後に短い近況記事をアップしてくれたが、

そこで「不規則な更新」を宣言した後、更新が途絶えてる。

        

「キッドさん! 不規則すぎるでしょ♪」。1月末のコメントが承認されてるか

ら、一応ブログの管理はやってるはずだけどな。多分、中東と日本の政治

分析が面白過ぎて、ブログどころじゃないんだろう。「キッドさん! たまには

政治記事でも書いてみては如何?」。

       

         ☆          ☆          ☆

とにかく、宿命のライバル(笑)がお休みに入ったことでも淋しいなと思って

た所、今度は付き合いが非常に長い、「同期の桜」の女性人気ブロガー、

アンナちゃんまでロンバケ=長いお休みに入ってしまった。

        

この出来事については、先週からさんざん記事とコメントで書いて来て、お

まけにお休み中のご本人まで、2回も特別出演してくれてるから、ここで繰

り返すのは差し控えるとしよう。

 「アンナちゃん、ありがとう♪」 「クゥ~~・・・zzz」(笑)

            

本人の言葉はともかく、私はアンナちゃんも疲れて「眠ってる」だけだと思っ

てるから、「眠り姫」と勝手に呼んでいる。本人が否定しないから、たぶん

満足してるんだろう♪ 

 「アンナちゃん、半年くらいで王子様が起こしに行くからね ♡」

 「クゥ~~・・・zzz」。。

      

こうして、付き合いの深い2人の仲間を失ってしまうと、私もついフラフラッ

と休みそうになる。特に、最近のように何かと忙しい時期だと、うっかり(?)

更新を忘れて寝そうになるわけだ。

    

そんな時は、お付き合いの続いてる他のブロガーの方々が頑張ってる様

を拝見したり、言葉を交わしたりして、目を覚ます♪ 一般読者の方々

のコメントも、目が覚ましてくれる有難いプレゼントだ。もちろん、単に読ん

で頂けるだけでも嬉しいし、熱心に色々読んでる方のアクセスを見ると、ま

た頑張ろうって気にもなって来る。頑張ってる内に、お休み中の2人も目を

覚ましてくれるだろうと願いつつ。。

      

          ☆          ☆         ☆

ところで私は昨日、昨年最大のベストセラー『もしドラ』についてレビューを

書いたが、その萌え系の経営学小説では、「顧客」という存在が注目され

ている。ウチのブログで言えば当然、お付き合いのあるブロガーさん達や

読者の方々は顧客だ。

           

でも、『もしドラ』で、野球部の「一番の顧客」とされてたのは、野球部員自身

であったように、ウチにとって一番の顧客は、やっぱり私自身だと思う。す

べての記事とコメントを執筆し、すべてを熟読してるのは、私だけだから。

その意味で、今後も、何より私自身が納得できるブログにしていきたい。

それはやはり、マニアックなブログ。日本どころか、世界中を探してもなか

なか見当たらない内容で、しかも一部の人達を強く引き付けるサイトこそ

が目標だ。

    

その意味では、毎日更新するよりも、週1、2本に絞った方がいいと思った

りもする。ただ、それは連続更新が途絶えてからいくらでも出来る事であっ

て、今はモチベーションの持続のためにも、1日ずつ記録を伸ばして行くこ

とに挑戦して行きたい。どうせ、いつまでも続けられる訳はないから、どこか

で途絶えるのだ。それどころか、前からつぶやいてることだけど、近いうち

に息絶えるような予感さえある♪ 5年後に自分が生きてるという確信は全

くないまま、1日ごとに生き延びてるのだ。

         

アクセス解析のログ(生の記録データ)を毎日見てると、興味深いことに気

付く。どうも、記事をほとんど読んでなさそうな常連さん方もいらっしゃるよう

だ♪ 私はそうゆう事はないよなぁ・・・とか考えて、ふと思い出すものがあ

る。それは、月の存在だ。

      

太陽と同じく、毎日のように顔を出すは、普段だと誰も気にしないだろう。

ただ、夜にふと見上げれば、必ずそこに存在して、微妙に明るい光を投げか

けてくれる。太陽とでは比較にならないし、ライトにも遥かに劣るけど、必ず

規則的安定して現れてくれる月。無名の一般人ブロガーの毎日更新にも、

その程度の意義はあるかも知れないなと思って、もう少しの期間は頑張っ

てみたい。    

               

          ☆          ☆          ☆

最後に、ウチにとって、ある意味「二番目の顧客」は、Googleの検索ロボッ

ト君だ♪ 「彼」は、2年半前からウチをひいきにしてくれるようになって、去

年の11月くらいからは、Yahoo!のシステムにも関わるようになってる(ウ

チにとって、この半年で第二の変化)。初期の記事は無視してるようだけど、

ここ2年半に関しては、コメント欄までほとんど拾ってくれてるし、かなり高く

ランク付けしてくれてる♪

      

そこで最後に、過去5年弱の、アクセス数全体と検索数の推移をグラフにま

とめてみよう。残念ながら、公開直後の8ヶ月半はココログの記録自体が無

110221a

 から、2006

 年5月18日以

 降の推移になる。

 4ヶ月ごとに数

 字をまとめると、

 基本的にキレイ

 な右上がりなの

 が分かるだろう。

縦軸の一番下の数値は、どちらも0(ゼロ)だから、伸びを大きく誇張してる

わけではない。棒グラフの長さがそのまま、実数に対応している。

       

110221b

 検索数は綺麗な

 右上がりで、次

 の4ヶ月(11

 年1~4月)も

 増加の見込み。

  

 ただ、アクセス数

 は差し当たり伸

び悩みそうな気がする。08年5~8月に、ドラマ『ラストフレンズ』の記事

大ヒットした「ラスフレバブル」の山を更新できるかどうか、ビミョーな所だ。

         

まあ、たとえ今期がダメでも、毎日更新を続ければ、来期には更新できるだ

ろう。まだまだ遥か上を目指したい。まだ相当な距離があるけど、1日平均

で1万アクセスを、数年レベルの長期目標に据えてる☆ それで十分だろう。

あとは、常連さんのアクセスの比率を上げること。

        

         ☆          ☆          ☆

というわけで、2000日連続更新の記念記事はこのくらいで終了。そもそも

今、仕事中なのだ。コラコラ。。今度は、3000日だ・・・とか言うとあまりに

遠過ぎるから、とりあえず2050日連続くらいを目指すとしよう♪ いや、そ

れが結構、怪しいのよ。3月半ばから、仕事が忙しくなる予定なんで。

          

なお、昨夜のランニングは、小雨の中、疲れた脚で軽く16km流しただけ。

トータルで1km5分18秒ペース。遅っ! 今夜も、少しくらいは走りたい。

この世界でよく言われる言葉は、「走った距離は裏切らない」。

        

同様に、ブログの世界でも、「続けた日数は裏切らない」、「書いた字数は

裏切らない」と信じてる。

ではまた。。☆彡

          

       

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.尾崎好美、横浜国際女子マラソン優勝&世界選手権(韓国・8月)

    内定おめでとう☆ おかげで昨日は、「尾崎好美 股下」っていう検

    索が大量に到来。身長の半分が脚で、フォームもキレイだから、ま

    さに美脚ランナーだ。

         

  往路(2.45km)   13分56秒  平均心拍124         

  1周(2.14km)    11分39秒        135       

  2周             11分42秒        137 

  3周            11分31秒        139

  4周             11分19秒        143

  5周            11分09秒        147

  6周(0.4km)        2分08秒         151

  復路              11分25秒        152     

計 16km  1時間24分49秒  心拍140(76%) 最大163(ゴール時)

     

                                  (計 3632文字)

| | コメント (4)

もしブログの男子マネージャーがドラッカーの萌え版『もしドラ』を読んだら♪

私が初めて、青い表紙に萌え系の女の子がたたずむ奇妙な本と出会った

のは、本屋だったと思う。平積みになった本の表紙をペラッとめくると、今

度は3人の萌え系女子のイラスト。目次と本文を数秒見て、すぐ元の場所

に置いた。女の子が趣味じゃなかったから・・・じゃなくて、内容が論外だっ

たからだ♪

      

2009年12月3日に初版発行のこの本は、その後、あちこちで話題になり、

10年夏には100万部突破。12月には、電子版も含めて200万部(ダブル

ミリオン)まで達成して、著者岩崎夏海はNHK紅白歌合戦の審査員席に

登場。意外な外見に意表を突かれたのは、私だけじゃないだろう。萌え系と

は関係なさそうな、ごくフツーのおじさんだったのだ。

     

110220

  この本こそ、「もし高校

  野球の女子マネージャー

  がドラッカーの『マネジメ

  ント』を読んだら」、通

  称、『もしドラ』だ。

  たとえ自分の持ち物の縮

小写真であれ、ブログへの掲載は著作権的にビミョーだが、今さらこの写

真で生じる逸失利益はほぼゼロだろうし、ダイヤモンド社は既に数億円の

純利益をあげてるはずだ。「金持ちケンカせず」。見逃してくれるだろう♪

単なるお飾りで掲載したわけでもないのだ(後述)。

     

話を戻すと、年末に紅白で著者を見た後、たまたま身近な人間が、自分も

読んですごく面白かったと言ったのだ。職場の上司に勧められたという話

で、貸してくれると言うから、ほんじゃ読んでみようかって流れになった。以

前、私が数秒で見切ったこの本の何が200万人もの購読者を引きつけ

たのか、興味があったからだ。もちろん、流行遅れではあっても、一応ブロ

グのネタになるなという計算はあった。

         

で、正月休みのまったりした空気の中、マニアック・ブログの男子管理人

(マネージャー)が、全文272ページを2時間半ほどで読んだ感想と結果

はどうだったか。。

     

         

         ☆          ☆          ☆

まず最初にじっくり見たのが、表紙というか、カバーのイラストだ。イラス

ト・ゆきうさぎ(おそらく女の子の絵)、カバー背景・益城貴昌(Bamboo)、

デザイン・荻原弦一郎(デジタル)、3人のコラボのカバーイラストは、私が

自転車で何十回も走って来た、多摩川の風景に似てる。上流の川と、下

流の土手の合成って感じだろう。これでまず、私のイメージは少し上昇♪

    

さらに、表紙をめくった所にあるイラストは、改めて見直してみると、可愛く

ないこともない♪ いや、別に萌えるほどじゃないけど、腹も立たないなっ

て程度のことだ。イラストは他に、本文序盤と終盤に1枚ずつあるが、この

最初の1枚が一番マシだろう。これで更に、少しイメージが上がった。みな

みのウェアと、友人・夕紀らしき女の子の茶系ロングヘアは、一応見れる。

       

しかし、目次でガクッと来て、その後、本文を数ページ読んだ所で、投げ出

したくなった。あちこちで言われてるように、あまりにも文章が稚拙なのだ。

具体的に指摘すると、一番最初にある「プロローグ」の最初の6つの文が、

全て「・・・た」で終わってて、しかも簡単で短い。これは明らかに、小学校の

3、4年生レベルの文章だろう。試しに、このブログ記事の文末を見て頂き

たい。「・・・た」の連発なんて、一つもなくて、体言止め(=名詞での終了)な

ど、変化を付けてある。この段落だけでも、文末は、た、だ、い、う、い、る。

すべてが異なってる。

       

もちろんマニアック・ブロガーたるもの。ここで「下らない」と吐き捨てておし

まいにする訳ではなく、直ちに著者のプロフィールを確認。すると、ホホーッ

と納得することになる。東京芸大・美術学部・建築学科卒。秋元康に師事。

テレビの人気番組の放送作家、AKB48のプロデュース、ゲーム・ウェブの

開発などに携わって来たとのこと。つまり、通俗路線で一般ウケを狙うプロ

フェッショナルなのだ。

      

それなりの実力と実績のあるプロが狙いすまして書いて、「予想通り」(本人

談)の大ヒット。これは、たとえ個人的にくだらな過ぎると思ったとしても、一

読に値するだろう。今の世の中、何がウケるのか。ちなみに、元の経営学

の著作であるドラッカー『マネジメント』が大ヒットしたという話は聞かないし、

私に貸してくれた知人も見向きもしてない♪ あくまで『もしドラ』人気なのだ。

         

          

          ☆          ☆          ☆

では、いよいよ、本文の内容を見て行こう。当然、かなりネタバレになってる

ので、悪しからずご了承を☆ 最初、僅か2ページのプロローグで、主人公・

川島みなみの簡単なプロフィールが早くも登場する。高校2年生の夏休み

前、思いもよらない事情で野球部のマネージャーになった途端、「甲子園に

連れていく」という「使命」を持ったのだ。

                    

これだけでも、ゲーム的な構成を感じ取れるだろう。ここから先は、色んな

道具や技を使って、各ステージをクリア。楽しみながら、分かりやすいゴー

ル地点を目指して行くわけだ。主たる道具が、ドラッカーの『マネジメント

に含まれた様々な内容であることは、言うまでもない。

        

第1章みなみは『マネジメント』と出会った」では、これまたすぐ、東京西部、

多摩の丘陵地帯の公立高校が舞台だと示されて、偏差値は高いが、スポー

ツはさっぱり。まさに、主人公の女の子と同じなのだ。みなみはいきなり、

みんなに甲子園への使命を語るが、当然相手にされない。でも、手元には、

頼りになりそうな本がある。

       

本との出会いも、ほとんどマンガ的なものだ。「マネージャー」を辞書で引く

と、管理人、経営者など。そこで本屋に行って、「世界で一番読まれた本

として『マネジメント』を勧められ、中身も見ずに買う。

   

私に言わせれば、これが「世界で一番『読まれた』本でない」のはほぼ間

違いない。むしろ、一番「売れた本」、あるいは、一番「読んだと言われた」

本だろう♪ というのも、実際にみなみと同じエッセンシャル版(=要約本)

『マネジメント』を見ると、とても世界一「読まれ」そうな内容ではないし、『完

全本』はほとんど読まれてなさそうだからだ。図書館で調べると、分厚い本

にギッシリお堅いビジネス論が詰まってるし、大昔の本なのに、借りた人は

ほんの僅かしかいない♪

   

更に言うなら、日本版ウィキペディアはもちろん、英語版ウィキでさえ、ドラッ

カーの思想内容の説明が少ししかない。本当に世界一「読まれた」のなら、

世界各地から英語版への書き込みがあるはずだから、実は単に、「売れた」

か、「読んだと言われた」だけのことだろう。一般に、評価の高い本格的な

学問的書物というものは、「実際の読者」は僅かしかいない。

         

話を戻すと、みなみが最初に「ドキッとした」のは、「マネージャーの資質」と

いう話だ。「・・・根本的な資質が必要である。真摯さである」(p.17)。みなみ

が、「真摯さって、何だろう?」とつぶやいた直後に涙を流したこの文章。

実は、元の完全本ではあっさり書かれてるだけの箇所だ。

          

ダイヤモンド社ではなく、自由国民社完全版『マネジメント』を見ると、二

部「管理者」の最初の辺り、本全体の中央付近に、何気なく次のような文末

を発見できる。「・・・基本的な資質が、管理者になければならない。それに

は高潔な人格が必要である」。

   

まあ、翻訳の個人差はあるし、原文も版によって異なってたリするわけだ

が、いずれにせよ、『もしドラ』が「真摯さ」という言葉を最初に持って来たの

は巧みだと思う。つまり、言葉や概念として、好感度が非常に高いものだし、

誰にでも理解できて、ビジネス以外でも重要なものだからだ。漢字が適度

に難しい所もポイントだろう。。

        

☆5月3日追記: NHKのアニメ『もしドラ』オマケでは、元検事として

            も有名な堀田力が、真摯さを「integrity」だと語ってた。

            使ってる本は違うが、意味を考えると、『マネジメント』

            でもおそらくこの英単語だろう。。)

       

      

           ☆          ☆          ☆  

続いて注目されるのは、次の文章だ。「『われわれの事業は何であるか、

何であるべきか』を定義することが不可欠である。・・・・・・ほとんどの場

合、答えることが難しい問題である」(p.24-25)。これは、図書館で完全本

を少し見ただけでは、キレイに対応する箇所を発見できなかった。定義に

関するいくつかの文章を、一つに要約してるのかも知れない。

       

とにかく、みなみが野球部の定義を発見できないまま、『もしドラ』は第2章

みなみは野球部のマネジメントに取り組んだ」へと進む。実は、第8章に

至るまで、すべての章のタイトルは「みなみは・・・だ」あるいは「みなみは

・・・た」という短くて簡単な文なのだ。私は最初、書店でチラッと見た時、そ

のタイトルが並んだ目次だけでウンザリしたし、もちろん元の本も、もっと

普通の目次になってる。ただ、その稚拙なタイトル群も、狙い通りに一般大

衆の心をつかんだのかも知れない。だれでも一目で分かった気になれると

いう意味で。

     

タイトルはさておき、第2章では、「顧客によって事業は定義される」(p.35)

という文が注目され、顧客とは誰かを考えて行く流れがスタート。私は瞬間

的に答えが分かったが、物語の中ではなかなか見つけられない大切なもの

のような扱いになってる。そして出て来た答え、「一番の顧客」は、予想通り

野球部員」だった。

    

ドラッカー・マニアの部員(あり得ない♪)からその話を、「聞いた瞬間だった。

みなみは、頭の中のもやもやが一気に晴れたような感覚を味わった・・・分か

りかけていた野球部の定義というものを、具体的に認識することができたの

である。『感動!』とみなみは叫んだ」(p.56)。

       

私は読んだ瞬間、部員というヒネリのない答えに溜息をついた。とはいえ、

これで第1章から持ち越しになってた野球部の定義も、「顧客に感動を与

えるための組織」と決定するし、高校野球の一般的イメージともピッタリ合

う。一番の顧客=部員に対するマーケティング調査として、一人一人の面

談が行われ、色んな思いが明らかにされて行く。第3章のタイトルは、「

なみはマーケティングに取り組んだ」。

      

こういった展開は、ウチでこれまで度々レビューして来たテレビドラマだと

あり得ないものだ。ドラマなら、もっと自然な形で登場人物たちの姿が描き

出されていく。もちろん、普通の小説でもそうだし、漫画でさえそうだろう。

     

ところが、『もしドラ』は萌え系のビジネス本だから、単純なプロセスの繰返

しでゴールに進んで行けばそれでいいのだ。ビジネスとは必然的に、単調

な反復を伴うものだから。同じような商品を、安く作って高く売る。似たような

店を日本中、世界中に作り、似たようなサービスを増幅する。服装も出勤ス

ケジュールも、非常に型にハマったものであって、「ドラマ」チックな変化、転

回は、時々あればいいのだ。

      

        

         ☆          ☆          ☆

この後、みなみは「専門家の通訳にな」り4章)、「人の強みを生か」し

)、「イノベーション(改革)に取り組」み6章)、「人事の問題に取り組」み

7章)、最後に再び「真摯さとは何かを考えた」(8章)。そして、私に本を貸

してくれた人間が「感動した」という結末を迎える。

        

私自身は、まったく感動しなかったどころか、奇妙だなという印象を抱いた。

最終・第8章の流れが不自然なのだ。これについては、ついさっき、ネット

著者の話を読んで納得できた。つまり、予定とは違う結末に変更してたの

だ。あえてボカして書くと、それは「結果」と「プロセス」に関わることだ。

       

これは本質的な対立点であって、ビジネスや一般ウケする物語=筋書き

では、「結果」的な成功が求められる。ところが、実際の高校野球で「結果」

を十分出せるのはごく一部の学校だし、人間の人生の「結果」はある意味

骨と墓でしかない。この、結果とプロセスの問題の処理が、『もしドラ』の結

末では曖昧なのだ、もちろん、一般読者はそんな事など流して、表面的な

物語の「結果」に満足するんだろう。そして、『もしドラ』という商品も、記録

的な結果を生み出したわけだ。。

     

        

         ☆          ☆         ☆

時間も無いし、最後に、ドラッカーの基本的な考え英語版ウィキで見てお

こう。もちろん、フツーの人は、『もしドラ』に書かれてる内容の方しか目が

行かないだろうが、それは必然的に大幅なネタバレになるし、誰でも出来そ

うな要約にすぎない。それに対して、英語版ウィキを読み取る作業は、過去

のウチの記事や反応から考えても、稀少価値のあるものだ。ほとんどの人

は、遥かに劣る日本語版ウィキや日本の個人サイトに留まるのだから。

        

日本版にはない、英語版の「Basic ideas」(基本的な考え)の項目を見ると、

ドラッカーの基本的思想がおぼろげに浮かび上がって来る。「脱中心化

(Decentralization)、すなわち、企業の中心が全体をコントロールすること

への批判。「単純化」(Simplification)、すなわち、生産品・従業員・セクター

(部署)を絞り込むこと。

     

さらに、国家レベルなど、大きな目で経済を見るマクロ経済学批判労働

者への敬意政府批判過去の成功を計画的に捨て去ることの重視。

えずに行動することこそ全ての失敗の原因だとする信念、共同体(コミュ

ティ)の必要性様々な要求や目標のバランスを取りながら管理すること

の必要性。顧客へのサービスこそ企業の責任の核心だという考え、偉大

な企業は人類の最も高貴な発明だという信念。

     

こうしてみると、『もしドラ』と一部重なってることは確認できる。たとえば、

みなみは考えずに行動するタイプだったが、マネジメントを読みながらじっ

くり考えることも多くなったわけだ。ただ、上記のようにまとめてしまうと、

様々な経営学の本にフツーに書いてありそうなことにも思われるだろう。

      

実際、『もしドラ』に含まれる経営学的な考えは、別にドラッカーの『マネジメ

ント』を出すまでもない。真摯さ、部員や周囲の感動、メンバー相互の理解、

等々。ただ、ビジネスマン、一般の人々に広くアピールするためには、(日本

で特に)有名な経営学者の名前と著書、極度に簡単な文体の成功物語、萌

え系の女の子などが必要だったし、業界で人気のダイヤモンド社から発売

される必要もあったわけだ。元の本とのタイアップも可能になる。      

       

     

          ☆          ☆          ☆

というわけで、現代日本を知るとか、経営学をかじるという意味では、『もし

ドラ』は意味があったし、もしマニアック・プログの男子マネージャーが『もし

ドラ』を読んだら、書店に平積みのエッセンシャル版ではなく、完全版の『マ

ネジメント』をチェックする。その後、最低限この程度、7000字近い記事

は執筆するわけだ。

           

本当は、この2倍くらいの本格的記事を書こうと思ってたのに、正月以降ど

うしてもまとまった時間を作れなかったから、この程度で終わりとしとこう。

記事のタイトルだけすぐに決めて、ずっと機会をうかがってた。

           

この記事自体は、検索サイトで上位に昇って行くこともないだろうし、あまり

読まれないだろう。でも、普段の記事では物足りないと思ってるマニアック

な常連さんの一部には読まれるだろうし、Googleのロボット君にもこの記

事の中身全体がインプットされるはず。それはやがて、ウチの別の記事、

特に経済系、理屈系への評価につながって行くだろう。

        

過去、実際にウチはそうやって成長して来たし、ドラッカーと違って、過去の

成功を忘れるべきだとも思わない。過去の成功に「執着せず」、一つの情

報として扱えばいいだけのこと。人はみな、過去に学ぶしかないのだ。学ぶ

とは、単純な反復でも棄却でもなく、真摯に向き合うことを指す。

      

これが、マニアック・ブログのマネジメントにおける、基本的な考えだ♪ 

ではまた。。☆彡

     

    

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.英語版ウィキには、ドラッカーの著作は日本で人気で、とりわけ『もし

    ドラ』の後にはそうだと書かれてる。ちなみに『もしドラ』のタイトルの

     英訳は、「What if the Female Manager of a High-School Baseball

     Team read Drucker's ‘Management’」。ほぼ直訳だろう。日本人に

    よる書き込みかも知れない。

         

    また、当然ながら批判もあった。たとえば、事実誤認とか、予言が外

    れてるといったものだ。 ただ、そういった批判は、僅かな例を挙げて

    断片的に言われても、ほとんど意味がない。致命的な失敗でもない

    限りは、ドラッカーの仕事のトータルで評価する必要がある。

         

P.S.2 朝日新聞の10年7月29日・朝刊には、『もしドラ』を本当に野球

      部で活かしてる女子マネージャーが登場してた(福島商業高校)。

       

P.S.3 AKB48の中心メンバー・前田敦子が初主演する、映画版の『も

      しドラ』が、2月17日に撮影を終了。公開は6月の予定。

          

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.数学的な経済理論の問題点

           ~リカード『比較優位の法則』&勝間和代(朝日新聞)

  限界効用逓減というミクロ経済学の仮説について

          

                                  (計 6886文字)

続きを読む "もしブログの男子マネージャーがドラッカーの萌え版『もしドラ』を読んだら♪"

| | コメント (0)

スポーツの栄養補給にもいいバナナ、冷蔵庫保存は厳禁か

RUN 16km,1時間16分23秒,心拍150

バナナの話を、「グルメ・クッキング」カテゴリーに入れるのも気が引けるけ

ど、他に適当なカテゴリーが無いんだよな♪ わりとよくクリックされてる「お

菓子」カテゴリーに入れるのもビミョーな所。「食品」カテゴリーなんてものを

わざわざ新しく作っても、この後あんまし使わないだろうしなぁ。。

     

さて、今日はまた、疲れた身体に鞭打つような不愉快な出来事が連発した

ので、そのボヤキとランニング日誌で終わりにしたいんだけど、ちょっとボ

ヤキを書きにくいんだよなぁ・・2つとも。ま、代わりに、ホンワカしたイメー

ジの軽い話でもオマケしとくかってことで、選んだのがバナナなのだ♪ 調

べてみると、ウチでバナナを話題にしたのは、キムタク=木村拓哉&綾瀬

はるか『MR.BRAIN』以来みたいだね。その前には無いかも知れない。

    

つまり、私にとって、バナナはあんまし関心が無かった。幼い頃から、実家

でもあんまし食べなかったし、こっちへ出て来た後も、たまにあちこちでチョ

コッと食べる程度。友人がバナナを一房買ってた時には、何だそりゃ♪っ

て感じで、変人扱いして笑い飛ばしてたほどだ。

      

それが変わって来たキッカケは、スポーツだった。テニスの試合中、松岡

修造とかがモグモグ食べてる姿を何度か見てたし、フルマラソンを始めて

からは、レースのコース脇にある補給所で見かけるようになった(食べた経

験はなし)。消化が良くて、栄養価もそれなりみたいだから、試しに買って、

長距離のランニング前に食べてみると、これがなかなかイイ☆ 

     

胃にもたれないし、水分も糖分も適度にある。おまけに、その気になれば、

かなり安い値段でも買える(高級品は別格☆)。バナナダイエットなんてブー

ムもあったほどで、今では手軽な補給食として、特に夏とか、愛用するよう

になった。さて、残る問題は、見た目なのだ。ここに、今回の冷蔵庫保

存問題が関わって来る。

      

          ☆           ☆          ☆

今日(2月19日)の朝日新聞・朝刊別刷beに、「冷蔵庫での保存は厳禁」、

バナナの食べ頃と保存法」という記事が掲載された。「元気のひけつ」シ

リーズの記事で、執筆は熊井洋美記者。

    

お役立ち知識としてまず、食べごろは「付け根まで黄色になり、茶色い斑点

がポツポツ全体に出たころ」という話がある。適度に熟れて、甘みがのる時

期って意味だけど、私はあの斑点の見た目苦手だ。全体がキレイな黄色

で、付け根に青みが残った状態でつい食べてしまって、「甘くない・・」とかつ

ぶやくわけ♪ そりゃ、そうだわな。まあでも、栄養的には変わらないんじゃ

ないかと思ってる。ひょっとして、熟した方が栄養価が上がるのかね。

      

置き方は、床や壁と接する面積が少ない山形、じゃなくて山型(アーチ型)

がいいって話もある。半ば理系人間としては、直ちに「接地面積が少ない

と逆に圧力は強まってしまう」と反論したくなるんだけど、まあプロの経験

上そうなんだろうから、譲っとこう。と言いつつ、不安定だから、やっぱり逆

向きに置くけど♪ 

          

あと、「昼に菓子パン1個食べるなら、パナナ4本の方が体にはいい。同

じカロリーで脂肪は少ない」って話もある。女子栄養大学短大部・春日敦

子准教授(食品化学)が、学生に言ってるようだけど、女子大生が昼間か

らバナナ4本食べてたら、「欲求不満なの?」とからかわれるだろう♪ 男

の私でも、一度に4本はキツくて、2本が限界。ま、食物繊維も豊富だし、

今後は頑張って、一度に2本食べる機会を増やしてもいいかも知れない。

     

で、いよいよ問題の、冷蔵庫保存。私が子どもの頃に母親から教わった

のは、「絶対に冷蔵庫に入れるな」ってこと。黒くなるからという理由だ。そ

レに対して、何年前だったか忘れたけど、「黒くなっても味は変わらないか

ら、冷蔵庫で冷やした方が美味しい」という話をどこかで聞いて、納得した。

暑い夏に、室温のバナナは食べる気がしない。   

    

ところが今回の朝日では、「一度低温にさらされると熟成が止まり、甘みが

のらなくなってしまう」と書いてある。前橋市「梅田のバナナ」の梅田厚子さ

んの説。科学的なしくみはともかく、70才のベテラン専門家が言うんだか

ら、経験的事実なんだろう。ただ、完熟させてしまえば、冷蔵庫どころか冷

凍庫でもいいようだ。

      

結論としては、「熟してないバナナ」を冷蔵庫で「保存」するのは良くない

ど、「熟したバナナ」を冷蔵庫で「一次保存&冷却」するのならOK。もちろ

ん、皮をむいてラップに包んで冷凍庫に入れれば、長期保存も可能で、夏

だとアイスの代わりになる♪ ただし、かなり硬くなってしまうから、冷凍庫

から出して、適度な硬さになるまで待つのがポイントだろう。ま、噛めない

バナナに噛みつくのも、それはそれで刺激的なお遊びだけどネ。。

     

        

           ☆          ☆          ☆

という訳で、コネタのバナナで時間を使ってしまったから、今夜の走りについ

ては簡単に。今週は月曜以降ずっと、仕事その他で猛烈にあおられてたか

ら、ロクに走ってない。週末の今日くらい、長い距離を稼ぎたかったのに、

冒頭に書いた2つの不愉快な出来事で時間を取られたから、僅か16km

しか走れなくなってしまった。

         

おまけに、奇妙なほど脚が疲れてて、最初から論外。今週チョコチョコやっ

てた小走りが意外に効いてた気がする。ウォーミングアップ無し、着替えも

せずにスタスタやってるからじゃないかね。とにかく、最初からダメだと分かっ

たから、適当にビルドアップ(加速走)気味に流しただけ。トータルでは1km

4分46秒ペース。遅っ! しかも、脚にジーンとした疲れが残ってるから、明

日も明後日もダメっぽい。

        

まあでも、「走った距離は裏切らない」とも言うし、明日もパッとしない走りで

16kmほど稼いどこうかな。ちょっとずつ暖かくなって来たから、服装にも注

意しよう。ちなみに、日付け変わって今現在、2月20日ウチのアニバーサ

リー(記念日)だ☆ 記念記事は、21日アップの予定。長いブログ歴、メリハ

リはちゃんと付けなきゃネ。ではまた。。☆彡

                 

  往路(2.45km)   13分07秒  平均心拍131         

  1周(2.14km)    10分34秒        142       

  2周             10分23秒        146 

  3周            10分09秒        152

  4周              9分56秒        157

  5周             9分45秒        161

  6周(0.4km)        1分51秒         161

  復路              10分40秒        157     

計 16km  1時間16分23秒  心拍150(82%) 最大168(ゴール時)

         

                                  (計 2616文字)

| | コメント (0)

仕事と雑用に追われる日々・・マニアックな記事を書きたい・・

お仕事JOG 4.3km,24分程度

暖かいのか肌寒いのか、分かんなくなって来たな。昼間は暖かくて、思わ

ず上着を脱いだほどだったのに、夜はフツーに寒かったりする。現在、外

の気温は3度だし、明け方にはマイナス1度まで冷え込むとの予報。三寒

四温っていうのは、日々の動きの話だけど、1日の中で春と冬が混ざって

ると、体調を整えるのが難しいね。室内暖房と屋外の寒さとの違いって話

とも、ちょっと違ってる。

         

さて、ウチはマニアック・サイトだと公言してるし、実際これまで、理系、文

系、体育会系、テレビ系、数々のマニアックな記事を書いて来た。専門書

にもネットにもなかなか見当たらないような内容が結構あるからこそ、色ん

な分野のマニアックな方々が、その都度の関心に応じていらっしゃる。今

日なんて、私の数学&哲学記事をそのまま長々とパクッてる人を発見した

ほどだ (^^ゞ (出典は明記、引用は短めに!☆)

      

おまけに私は最近、精神的には非常に好調で、「ナチュラル躁」って感じが

するほど元気がいい。となると、当然ブログでも、マニアックな記事を書き

たくなるんだけど、ただ単に時間的余裕がないのだ。1年以上も前から書

こうとしてるのに、いまだに書けてない記事もあるほどだから、正月明けに

書こうとした記事なんて後回し。いや、準備はある程度やってるから、書か

なきゃ損なんだけどなぁ。ま、プロと違って、書いてもまったく得にならないっ

て所が、市民ブロガーの哀しい所だけど♪

         

まあ、これは、多少の執筆能力を持った社会人ブロガーに共通する悩み

だろうね。書きたい、喋りたいって思いはあるんだけど、まとまった話を書

く余裕はない。だから、ポツリポツリ、僅かな時間で喋ることが可能な簡易

ブログが流行るわけだろう。twitterとか、amebaなうとか。

       

でも、アレはまだしばらく様子見だな。一見、自由なメディアに見えて、実

はかなり不自由なメディアのような気がする。実際に使ってみないと分か

らないこともあるだろうから、単なる実験として、しばらくコッソリ使ってみ

ようかなとは思ってるんだけど、ブログでさえ時間がないんだから、ツイー

ト実験なんてしてる余裕はないのだ。こうやってブツブツ書いてる間にも、

時計の針は容赦なく回って行く。コチ、コチ、コチ。。机の上の時計はアナ

ログだから、耳を澄ませると、確実に音を刻んでるんだね。。

         

    

          ☆          ☆          ☆

ちなみに今日も、僅かな睡眠ずっと仕事にあおられまくってた。前の日

が完全徹夜だけに、時々意識がフワーッと吹っ飛ぶ感じもあるけど、眠

過ぎて逆に眼が覚めてくる感じもあるんだよな。これは昔から、多くの人が

語ってることだと思う。

        

具体的に言うと、私の場合、睡眠5時間っていうのは眠いんだけど、睡眠

3時間まで減らすと逆に変なパワーが出て来るのだ。多分、覚せい剤みた

いな脳内物質が分泌されてるんだろう。合法的ドラッグだから、検索アク

セスでやって来たサイバー・パトロールの皆さん、お間違えなく♪ ランニ

ングもある意味、ナチュラル・ドラッグ製造プロセスってことだろう。

    

とにかく、仕事に追われる中、通勤JOGもどきで4.3kmほどジョギング

って言うか、あわててたからランニングに近いスピードだったかも知れな

い。春の嵐みたいな強風で、街ゆく女性のミニスカートがめくれる瞬間を

見れないかなと思ったりもしたけど、収穫ゼロだった♪ そうか、制服ミニ

の女子高生の通学と、時間帯が合わなかったからだな。次から気を付け

よっと! コラコラ。。

        

夜はひょっとして走る時間が出来るかな、とも思ったのに、走るどころか、

まだ夜通しで色々やんなきゃ眠れない状況だ。脳内覚せい剤だけじゃ足

りないかも知れないから、コカ・コーラコーヒーで、カフェイン・ドーピング

もしとこう。コーラと言えば、あくまでコカコーラ。ペプシではダメなのだ♪

      

           ☆          ☆          ☆

最後に、今日も昼間、休眠中の人気ブロガー・アンナちゃんが遊びに

てくれた♪ 同じくジャニーズ大好きな人気ブロガー・manaさんからのコ

メント・メッセージに、自分で応答してくれたのだ。コメントが入ると、私の

携帯に通知メールが来るから、なるべく早めに記事タイトルを修正。「・・・

(再び眠り姫のコメ付♪)」なんて言葉を追加することになる。もちろん、仕

事を中断してやってるのだ。コラコラ。

             

ところが、わざわざ超分かりやすい告知をしてるのに、気付いてないアン

ナちゃんファンの方々が少なからずいらっしゃる気がする。多分、「私が

記事に、アンナちゃんへのコメントを書いてる」、と誤解してるんじゃない

かね。それなら素通りして当然・・・じゃないわ! ちゃんとテンメイさんの

記事も読んでネ♪

       

という訳で、今日のつぶやきもこの辺で終了。明日には仕事がひとまず

一段落する予定だから、せめてランニングはちゃんとしたいもんだ。4月

のフルマラソンは刻々と接近中。余裕があれば、わりとマニアックな記事

も執筆したいもの。ではまた。。☆彡

      

                                (計 2043文字)

| | コメント (2)

完全徹夜で仕事に追われた後のつぶやき(再び眠り姫のコメ付♪)

仕事&雑用JOG 5km,28分程度

危ない、危ない。。もうちょっとで連続更新が途絶える所だったわ。アニバー

サリーまであと4日を残すのみ☆ こんな事で挫けてる場合じゃない。8時

間もあれば楽勝で片付けられると思ってた仕事が、延々長引いて、16時

になったって感じだ。その間、食事とトイレ以外はほぼずっとお仕事に没

頭。ま、ブログも含めて、時々ちょこっとネットで遊んだけど♪

          

すごくマジメに働いた後は、意識もうろうとした状態で、通勤ジョグもどき。脚

はそんなに疲れてないはずなのに激重で、ヨロヨロ、フラフラ。なまじ、ゆっく

り走ると危ないから、ちょっと速めに力を込めて走ることになった。一応、冒

頭には5kmで28分と書いてるけど、27分くらいかも知れない。セコイわ♪

いや、1km5分36秒ペースと5分24秒ペースの違いは大きいのだ。

             

とにかく、丸1日近くあおられまくった後、帰宅前には遠くの駐車場へ立ち

寄って、バッテリーのためだけにオートバイZZR400のエンジンを始動

乗るヒマはないし、ヘルメットも持って来てないから、駐車場の中で40m

ほど走って、後はアイドリング状態でしばらく本を読む。

              

ちなみに駐車場内には道路交通法が適用されないから、ヘルメットは要

らない・・・はずだけど、もし後ろの助手席に乗せた人を大けがさせたり

したら、民事訴訟の対象くらいにはなるかも知れない。ま、一人だし、駐

車場内での事故なんてあり得ないはず。とはいえ、空いてる歩道で自転

車を大破させた自損事故なんてものが、昔あったよなぁ。油断大敵かも。

        

              

          ☆          ☆         ☆

帰宅後、いつものようにアクセス解析を見ると、夕方に強烈な山を発見。

110217

  ひょっとして、例の出来事の関連で

  ファンが押し寄せて来たのかと思

  いきや、またドミノピザ関連だった

  (^^ゞ いやぁ、ホント、何かある

度にドドッとアクセスが入って来るな。今日は何事かなと思ってネットを

サラッとチェックしてみたんだけど、何も見つからない。

               

おかしいな。前のバイトの話が、テレビ番組で紹介されたのかも。テレビ

は、(個人)視聴率1%あたり130万人の人を集める巨大メディアだから、

まだまだ影響力は圧倒的なのだ。ネットの動画なんて、まったく比較になっ

てない。ま、勢い=モメンタムだけなら、ネットだけどね。

         

この夕方のアクセス集中、ドミノピザ記事2本だけでも、一気に1000アク

セス以上稼いでる。そうすると、1件1秒の超高速でそれらのログ(=アク

セス記録)を流し見するだけで、17分もの時間を取られるのだ。ドミノ、ド

ミノ、バイト、結果、浜崎リツ子(当選者)・・・って感じで、延々と続いていく。。

       

もちろん、間に他のアクセスも一杯挟まってるから、ドミノだけ読み飛ばす

ことは出来ない。ま、ログを見なきゃいいだけの事だけど、最近は必ず一

通り目を通すようにしてるのだ。自分自身を客観的に見つめる作業・・・と

か言うと、ちょっと大げさかも♪ アクセス数が今後さらに2倍になったら

もうログを超高速で流し見する時間さえなくなるから、今の内ってことで。。

        

           

           ☆          ☆          ☆

最後に、今日の昼間嬉しい出来事について。先日から「ロング・バケー

ション」、長いお休みに入った、同期の桜の人気ブロガー・アンナちゃんが

遊びに来てくれたのだ♪ 「アンナdiary」の管理人。いやぁ、呼びかけて

みるもんだね。

         

ま、お休み中だから、あんまし起こすのも何だけど、たまにウチの記事で

声をかけてみることにしようか。アンナちゃん、時々、顔を出してね☆ エッ、

寝てる? あっ、そう♪ 眠り姫はクゥ~~と寝息を立てるのが得意なの

だ。今も私の横で、スヤスヤ気持ち良さそうに目を閉じてる(ウソ)。

         

   (☆追記: アンナちゃん、この記事についてる mana さんからの

          コメントも、ちゃんと読んでね。寝るのはその後で♪)

       

あぁっ! システムトラブル発生。打ち込んだ2段落が消えてしまって、管

理ページから追い出されてしまった。ココログ~っ! 今、たまたま再びロ

グイン出来たけど、この追加入力がまた失敗しそうな気がするな。試しに

「保存」。。あっ、成功した。でも、ブラウザがFirefoxだといいけど、IEだと

管理ページに入ることさえ出来なくなってしまった。Firefoxだと、レイアウト

が崩れることがあるし、IEが保存してる情報も使えない。ホントはIEで入り

たいのに。。で、また「保存」ボタンを押してみると。。

       

ホッ。。再び成功した。でも、怪しいからもう止めにしよう。眠いのに、疲れ

るわ、全く。。とにかく、バタバタと余裕が無かったから、織田裕二&柴咲

コウ『外交官 黒田康作』見れなかったのだ。先週の第5話は久々に見

たけど、予習をしてなかったせいもあって、話に付いていけなかったな。やっ

ぱ、1話完結じゃないと、不真面目なドラマ視聴者にとっては辛いね。ま、

個人的には、柴咲コウのメガネっ娘姿を見るだけで萌えるけど♪ あの

甘えっ子みたいな喋り方にもムラムラ ♡

             

さて、この程度つぶやけば十分でしょ。もう寝よっと。ではまた。。☆彡

(☆追記: 以上、形を整えたのは翌朝)

            

                               (計 2087文字)

| | コメント (3)

仕事とメールであおられ中・・(眠り姫アンナちゃんのコメントあり♪)

RUN&JOG 17km,1時間24分59秒,心拍測定エラー

しんどいぞ。。このブログの記事だけ見てると、ここ1週間パワーダウンして

るように見えるかも知れないけど、実際はフルパワー全開中なのだ。とにか

く、想定外のハプニングが連発してるし、ここ3日のメールだけでも書きまく

り状態。一体、どれほど書いてるか、データで検証してみた♪ これがマニ

アックサイトなのだ。って言うか、『週刊文春』長期連載の「ホリイのずんずん

調査」(by堀井憲一郎)みたいだな・・・とか言っても、通じないか。あれはマ

ニア魂をくすぐる企画だネ。

      

では、ここ3日間のPCメールの文字数だけ、ずんずん調査してみると、

   14日 2689文字 

   15日 1566+796+726+775文字

   16日 669文字

   計   7221文字

    

何と、原稿用紙18枚分も打ってる☆ 他に携帯メールもあるから、もう限

界だ。今日の文字数が少ないのは、わざとストップしてるから♪ いくら何

でもキツ過ぎるし、実は今、仕事にも追われてるのだ。ハッキシ言って、ブ

ログなんて書いてる場合じゃない・・・とか言いつつ書いてるわけ。早めに

切り上げなきゃ!

    

         ☆           ☆          ☆

ところで、2日前くらいに起きた例の出来事。今日になって、小さいけれど

もポジティブな変化が生じてるから、まだ気付いてない方はご確認どうぞ。

半年以内に元通りになる可能性も出て来た気がするけど、ご本人、どうか

な。エッ、もう寝てる? あっ、そう♪ ま、このキャラで圧倒的な人気を集

めたのだ。大したもんだね。ちなみに半年って時間は、ホラ、あれが始まる

から、どうせ騒ぎたくなるはずってことよ。大当たりでしょ? 寝てるか。

         

さて、早くも最後に、今日の走りについて。ハプニング続きのせいで、超

久々に朝ランを決行。2日連続でサボろうかとも思ったけど、今夜がまた

走れないと思ったから、朝の内に頑張って来たわけ。

   

まず、セブンイレブンとか、近所の雑用JOGで3km。家に戻って、今度

は公園へスタート。眠いし、やる気もないけど、やっぱり朝は気持ちいい

ね☆ 夜よりも、街全体に新鮮な活気が満ち溢れてる気がする。とか言

いつつ、シーンとした夜の方が好きなんだけど♪ 

        

とにかく、朝の公園をのんびり走ってると、1km5分弱の手頃なランナーを

発見したから、しばらく追走。終盤は、遅さに我慢しきれなくなったから、ス

パッと抜いてギアチェンジ。と言っても、たかが1km4分半ペースまで。日曜

のハーフで頑張ったから、まだお休みモードでいいのだ。東京マラソン前な

のに、思ったより人が少なかったね。ランナーもお散歩も、ラジオ体操も。

    

時間さえあれば、もう1周か2周走ってもいい感じだったけど、朝は余裕が

ないから、余裕を持って14kmで切り上げて帰宅。雑用ジョグ3kmも含め

トータルでは、1km5分ちょうどのペース。ま、お休みだから良しとしよう。

心拍計ほぼ完全に誤作動になったのは、雑用中断中に一度、胸が乾い

てしまったからじゃないかね。適度に濡れてないとダメだし、一度完全に狂

うと、心拍測定してる間は直らないのだ。

       

今夜はもう、走る余裕がないし、明日もサボっちゃうかも知れないな。明後

日からは正常に戻したい。あぁ、2月の走行距離がだんだん苦しくなって来

たね。早くも諦めモードかも。おぉ、字数が少ないぞ♪ ではまた。。☆彡

                  

  JOG 3km      18分程度  平均心拍 エラー(以下同様)

  往路(2.45km)  13分15秒 

  1周(2.14km)  10分23秒       

  2周           10分34秒       

  3周          10分02秒         

  4周            9分37秒                   

  5周(0.54km)   2分35秒       

  復路           10分35秒        

  計 17km  1時間24分59秒  心拍測定エラー

    

                                (計 1508文字)

| | コメント (3)

完結してない行動の方が記憶に残る~ツァイガルニク効果

あぁ~、今日もまったく予想外の事が起きたから、走る時間が無くなって

まった。続くなぁ。。単なるボタン操作のミスで、外国からミサイルが飛んで

来たような出来事が発生したわけ (^^ゞ ホント、人生いろいろあるね・・・

って言うか、スゴイ時代だわ。

     

今夜は藤木直人&松下奈緒『CONTROL』第6話を見た後、サラッとラン

ニングして、合体記事でお茶を濁す予定だったのだ。ちなみに、昨日触れ

例の問題は、とりあえず様子見ってことで。一部の方々、悪しからずご了

承を。存続運動が盛り上がれば、ひょっとして何とかなるかも。。

      

       

          ☆          ☆          ☆

で、今回も別に、ドラマレビューはするつもりがないので、単なる心理学の

コネタ記事を書いとこう。最初の「自己親密行動」を除くと、検索アクセスが

少ないけどね (^^ゞ ま、ウチはマニアック・サイトだから、これでいいのだ。

今回の南雲教授のワンポイント学問は、「完結してない行動は、完結してい

る行動よりも強く記憶に残る」。これは、「ツァイガルニク効果」(Zeigarnik

effect)と呼ばれてるとのこと。

        

この効果、毎度のことながら、決してメジャーではないようで、ネットで見て

も詳しい情報は見当たらない。日本版ウィキペディアで実質4行程度、英

語版ウィキでも実質7行程度の説明があるだけだ。

         

まず簡単な事実だけ書くなら、効果を示したのは、旧・ソ連=ソビエト連邦

の女性心理学者・ブルーマ・ツァイガルニク(Bluma Zeigarnik)。彼女の教授

は、ゲシュタルト心理学(Gestalt psychology)の大物、クルト・レヴィン(Kurt

Lewin)だ。元々レヴィンが気付いた事実は、まだ支払いが済んでないオー

ダーの方がウエイターの記憶に残ってるということ。正直、普通の人なら当

たり前だと思う話を、一般化&抽象化していったようだ。

                     

ゲシュタルト心理学におけるツァイガルニク効果とは、次のことを示すの

に使われる──ある知覚風景の中に、潜在的に何かが含まれてる時、知

覚してないその何かでさえ、全体的まとまりを持った形や図(ゲシュタルト;

顔とか)として認識される──。おそらくその何かが、上のウエイターにとっ

ての未払いオーダーに対応するんだろうけど、いま一つつながりが弱く感

じられる。残念ながら、それ以上の情報は英語版ウィキでさえ無い。 

     

ただ、ツァイガルニク本人が1927年に示したらしい事実は興味深い。

むことなく真面目に勉強しつづけた学生より、途中で勉強を宙づりにして

(サスペンド:suspend)ゲームとか他の事をやった学生の方が、よく内容を

覚えてるとのこと。

          

これは、多数派を占める不真面目な学生にウケが良さそうだね♪ 1年半

前、脳は睡眠中に復習するという話の記事がヒットしたのを思い出した。こ

れも、勉強を続けられずに寝てしまう人に好都合な話だからだ。それはとも

かく、先の事実について、追試(=その後の検証実験)がどの程度成功し

るのかは怪しいもんだけど、話としては面白いし、ありそうな気もする。

                   

英語版ウィキが面白いのは、このツァイガルニク効果を、いわゆる「サス

ペンス」(suspense)の魅力とつなげてること。なるほど、真相はどうなって

るのかとか、この後どうなるのかとか、中途半端な宙づり状態にされた視

聴者や読者は、そこに強く引き付けられるだろう。実際、最近の日本の

ラマ界でも事件ものがやたら多いし、小説でもミステリーが人気なわけだ。。

     

    

          ☆          ☆          ☆

本気で書く記事なら、ここから更に深く追求していく所だけど、極度に時間

が無い中での間に合わせ記事だから、とりあえずこの程度に留めとく。自

分でも色々とモヤモヤが残ってるから、後で調べたり考えたりして、追記す

るかも知れない。

   

今回のドラマ的にはもちろん、家族を殺された人が、犯人への復讐を完

結してないことで、余計そこに引き付けられるという構図になってたわけだ。

ただし、引き付けられ方にも色々あって、復習のために自分も人殺しをし

てしまう者もいれば、刑事になって犯人逮捕に全力を注ぐ者もいる。もちろ

ん、松下奈緒は後者で、それを南雲=藤木が最後に授業で褒めてた。ま

あ、その噂話もどきのせいで、松下が張り込み中にクシャミして、犯人に逃

げられてたけどね♪

              

とにかく私は、今夜これからまだ、色んな事をやらなきゃなんないのだ。寝

るヒマがないぞ。。それでは、この辺で。。

    

    

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.第6話視聴率13.5%。う~ん、粘り腰だね。。

     

cf.単なる日記&『CONTROL』第1話の感想(辛口♪)

   D・モリスの「自己親密行動」(self-intimacy)など (第2話)

  人間は期待通りに成長する~ピグマリオン効果(教育心理学) (第5話)

  作られた記憶、目撃者の証言~心理学・法・歴史の結び目 (第7話)

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  藤木直人主演・助演ドラマ、視聴率の推移&『ホタルノヒカリ2』第6話

           

                                  (計 2048文字)

| | コメント (0)

制服ニーハイ女子高生・武井咲の真相、とか書いてる場合じゃないけど・・

雑用JOG 2km(雪の中),13分程度

いやぁ、人生いろんな事があるもんだけど、この1週間は不思議なほど

してるな。まったく意外な人からメールが来たり、職場で想定外の事が

発生したり、つい数分前には、またプッと吹き出すようなハプニングを近所

で見かけたり。そうそう、昼間にはおめでたいニュースも飛びこんで来た。

               

で、そんな中、最新の情報によると、かなり気がかりな出来事が起きてるよ

うで、私もちょっと動揺してしまった。この状況で、おふざけ気味の記事とか

書いてる場合じゃないんだけど、ブログの毎日更新用のネタとして既に用

してたものなので、他意はない。一部の方、悪しからずご了承を。そちら

の件については、また後ほど何か書くかも知れない。いや、もちろん、何事

もなく収まる方がいいんだけど。。

  

☆追記: あぁっ・・・気がかりが早くも現実になってしまった! 直ちに

       コメントを入れたけど、私の思いが伝わるかどうか。。

       皆さん、力を合わせよう☆)

        

        

          ☆          ☆          ☆

さて、気分を落ち着けるのはいいとして、おふざけ記事を書きにくくなって

しまったな。ま、あっさり、まとめて形を作っとくか。前の2回、戸田恵梨香

&三浦春馬の月9『大切なことはすべて君が教えてくれた』は、ほとんど見

てない状態だったけど、今日の第5話は、雑用しながらわりとマトモに流し

見した。延々と秘密が明かされる展開だったから、ブロガーとして、ドラマ

ファンとして、多少は気になったわけ。ウチの読者に月9ファンが多いしね。

        

多少なりともドラマを見慣れたファンなら、三浦春馬先生と女子高生・武井

咲の間に、ホントに何かあったとは思ってなかっただろう。つまり、ドラマの

最初で、それを匂わす映像を入れて、その後は延々と話を引き伸ばす

この展開は、実はそうではなかった、というパターンの典型で、実際にもや

はり、何もやってなかった。

       

簡単に書くと、事の真相は(現時点で)次の通り。元々、武井=佐伯ひか

りは、薬を飲まないと、女性らしい身体になれない体質。言葉は使われて

ないけど、性分化疾患の一種と言っていいかも知れない。まあ、あの美少

女の外見でそんな事を言われても、困っちゃうけどね。一方、お姉さんは

女性らしい人だったらしいけど、事故で死んでしまった。それ以降、ひかり

お姉さんのようになりたいと願うことになる。同一化と呼ばれる過程だ。

    

ある夜、たまたまお姉さんのように見える化粧をして、大人の女性っぽい

服装で街を歩いてると、柏木修二先生(三浦)に似た男性に声をかけられ

る。優しくて、心地良くて、ついそのままホテルに。一輪の赤い花びらがベッ

ドに残された。その後、たまたま柏木先生本人が酔いつぶれてる所に遭

して、本人のアパートまで連れて帰る。柏木は、酔ってるし、化粧と服装

のせいで、生徒だとは気付いてない。ひかりは運命だと感じたのか、その

まま朝まで先生と一緒に寝てしまったわけ。何事もなしに。。

       

    

         ☆          ☆          ☆

まるでドラマのように都合のいい話で、『週刊女性』の今井舞「新ドラマ斬

り」なら、「絶対にあり得ない」とかバッサリ斬り捨てる所だろう。ただ、似た

ような話なら、現実にいくらでもある事で、私の身近でさえ、いくつもある。

所詮、男と女なんて、そんなもんだ。ちなみに「身近」とは、身体の近くの

ことで、意味はかなり広い♪ どうでもいい? ハイハイ。

    

とにかく、先生と生徒の間には、過去には何も無かった。ただ、真相を自

分から明らかにした美少女に対して、イケメン先生が本物の愛を抱き

める。それがすぐ分かった婚約者・夏実(戸田)は、直ちに結婚式をキャ

ンセルする手続きを取り始める。お腹には、柏木の子どもが確認できた

ばかりなのに。。

     

ちなみに予告では当然、ひかりが身を引くような台詞を語ってたけど、ま

残りの回数がたっぷりあるから、むしろ本当に先生と生徒が結ばれる方

が自然だと思うな。もちろん武井は、制服&ニーハイソックスのまま。柏木

もカッチリした教師の服装だ。これはおそらく、一部の女性も萌えまくるだろ

う♪ ま、お堅い方々から批判を浴びるだろうし、時間帯が早いから、あん

まし凄い映像は期待は出来ないけどね。

   

それにしても、武井咲。春からは、テレ朝のドラマ『アスコーマーチ!』で、

主演女優に抜擢されてるらしい。演技も悪くないし、久々の大物になるか

も。まあ、後は、男と事務所の問題か。私も、最初はあんまし趣味じゃない

と思ってたけど、どんどん魅かれて来た。既に頭の中では、あんな事とか

こんな事とか、やって・・・ないわ! それは条例違反なのだ。どうせなら、

もっと凄い事を想像して楽しむことにしよう。コラコラ。。

            

        

          ☆          ☆          ☆

ま、この程度のおふざけなら、ギリギリOKだと判断。で、最後に今日の走

。いや、10kmは走ろうと思ってたのに、意外な事だらけだし、も降っ

たから、今夜は雪の舞い落ちる中、雑用ジョギングを少ししただけでおしま

い。今年最高の雪だろうな。10cmくらい積もった状態で走ったから、2倍

の距離には相当する負荷だろう♪ セコイわ。

     

さっき、その雪道雑用ジョグに出かける時、いきなりご近所の女性雪だ

るまを作って遊んでたから、プッと吹き出したわけ♪ 夜中に、一人でニコ

ニコ作ってるのだ。目と鼻と口もしっかり付けて。私はこうゆうキャラは大好

きだし、ルックスも性格も可愛いコだから、手伝いますよ、と声をかけて、そ

の後は部屋で2人で暖まることになった・・・なんて話は、残念ながらない。

その気になれば十分可能だったけど、ブログの更新の締切時間も近づい

てたし、余裕が無かったのだ。逃がした魚はでかいかも。。

    

という訳で、今夜はこれにて終了。気がかりな件については、またいずれっ

てことで。それでは、この辺で。。☆彡

     

                                 (計 2359文字)

| | コメント (0)

ツイッターのリンクは「bit.ly」の短縮URLを使ってるのか

RUN 21.1km,1時間33分46秒,心拍160

ダメだ。寒くて指が動かない。。2月中旬なのに、まだ真冬の寒さだな。冷

え性のブロガーには、更新がキツイね。いや、暖かい部屋にいるだけなら

いいんだけど、外で長距離を走ると、手袋してても指が冷え切るのだ。カイ

ロをすりすり触るとキーが打てないし。そうか。キーボードに暖房がついて

りゃいいんだよな。後で探してみよう♪

   

☆追記: ホントにあった♪ Warmkeyboardというブランドから出てる

       Heated USB Keyboard。アマゾンで52ドル。外国製か・・) 

      

さて、今夜は寒い中、真面目にハーフ21.1kmを走って来たから、単な

るランニング日誌でもいいんだけど、個人的に前からちょっと気になって

た事がほぼ解決したから、記事に書いとこう。

   

          ☆          ☆          ☆

ウチを評価してくれてるGoogleの検索エンジンを、Yahoo!が採用した

ことに加えて、twitter が一般的になったこともあって、最近はウチの記事

へのリンクツイッターに貼られることも増えて来た。アクセス解析ですぐ

分かるものについては、一応こちらもチェックしてるんだけど、ウチの記事

URLが変なのだ。

        

たとえば、「http://bit.ly/fdKVEx」。これを見ただけだと、どこのサイトの何

の記事なのか、さっぱり分からないだろう。実は、元のURLは

http://tenmei.cocolog-nifty.com/matcha/2011/01/post-71ff.html」。こ

れなら、ココログ(ニフティのブログ)の11年1月の記事だなとすぐ分かる。

ただし長いから、140字制限のツイッターには向かないわけだ。

    

調べてみると、「http://bit.ly/fdKVEx」の中央にある「bit.ly」というのが、今

現在ツイッターが採用してる短縮URLサービスとのこと。前は「TinyURL」

というサービスを採用してたのに、変更したらしい(09年5月6日)。こうした

話を知るキッカケになったのは、2月12日の朝日新聞・朝刊別刷beのセ

キュリティ関連記事。つまり、短縮URLだと、リンク先がどんなサイトなのか

分からないから気を付けようという話だった。

    

そう言われてみれば、確かに今まで、アダルト系とか怪しいサイトへのリン

クは、URLで判断することが少なくなかった。それが、短縮URLだと通じな

いわけで、ツイッターに付けられたリンクをクリックする時は気を付けなきゃ

いけないね。ちなみに、「ウチの記事」には当然、そんなリンクを貼り付け

ることはあり得ないので、ご安心を。ただし、「ウチのコメント欄」には、ごく

たまに変なサイトへのリンクが勝手に付けられることがある。まあ、遅くと

8時間程度で削除してるけど、一応常連さんにはお知らせしとこう。

    

なお、英語版ウィキペディアで「bit.ly」を調べると、短縮URLの最後に半角

の「+」を加えて、アドレスバーに入力すると、そのサイトに飛ぶ前に、元の

URLが分かるそうだ。確かに、さきほどのウチへのリンクの最後に「+」を

付けて「http://bit.ly/fdKVEx+」と打ち込んでみると、ウチの記事名とURL

が出て来た。この時点で、ウチのサイトにはまだアクセスしてない。最後

に付けるプラス記号をうっかり全角で入力してしまうと、そのサイトにジャン

してしまうので、念のため。いや、私が実際にやったミスなのだ (^^ゞ

       

☆追記: そういえば、2010年3月30日のココログ・バージョンアップで、

       管理画面に「Bit.ly 解析」というものが付いた。これは、自分

       のココログとツイッターを関連付けて、ツイッターにブログ記事

       へのリンクを短縮URLで貼った時、そのクリック数を調べるも

       のだ。私はまだツイッターは様子見中なので、使用してない。)

            

       

          ☆          ☆          ☆

では最後に、今夜の走りについて。相変わらず寒いし、どうも気分的にノリ

が悪いので、サボろうかなと思ったほどだけど、まあのんびりハーフくらい

走らなきゃなと思って、公園にスタート。ところが、最初から足腰に力がある。

ピッチ(歩数)は上がらないけど、ストライド(歩幅)が伸びて、勝手にスピー

ドが上がる感じで、公園に到着した時点では、1km4分半くらいをキープ

しようかなと思い始めた。

      

それなら、レース用シューズを履いてくれば良かったなぁ・・とか悔みつつ、

かなりヘタった普通のランニングシューズ(アシックス・GT-2150)で、

合を入れてキック。上級者のアドバイスだと、力を込めてキックするより自

然に滑らかに走れとか、言われたりするけど、2流市民アスリートの私程

度だと、キックしないとスピードは上がらない。というか、1km4分半を切る

くらいのスピードからは、やっぱり力が必要だ。3分台だと、かなりバネを

効かさないと、今の私には無理。高校陸上部時代なら楽勝だったのにね。。

       

で、3周目には1km4分20秒くらいまで持って行けたのに、そこからキー

プ出来ず。ただ、崩れることもなく、1km4分25秒前後で周回。心肺や脚

より、腰の周りの筋肉が痛くなってしまった。あの状態だと、25kmは持た

なかったな。まあ、ハーフなら何とかごまかせて、トータルでは1km4分27

ペース。うん。ヘタったシューズで、やる気もなしにスタートしたわりには、

まずまずの走りでしょ。川口マラソンの快走とは、かけ離れてるけど。やっ

ぱ、もっとレース出なきゃダメかなぁ。。

       

明日は休み明けで、ちょっと気が重い仕事が待ってるんだよなぁ。ま、その

程度は誰でもあるわな。あまり心地良くなくても、社会の中で生きるのが、

社会人の務めなのだ。ほどほどに頑張るとしよう。ではまた。。☆彡

                 

  往路(2.45km)   12分02秒  平均心拍136    

  1周(2.14km)   9分39秒        154 

  2周            9分23秒        158 

  3周           9分27秒        160  

  4周            9分17秒        163        

  5周           9分22秒        164  

  6周            9分26秒        164  

  7周           9分32秒        164   

  8周(1.22km)    5分33秒        163 

  復路            10分06秒        161

 計 21.1km  1時間33分46秒      160(最大172 ゴール時)

            

                                  (計 2520文字)

| | コメント (5)

安田美沙子、マラソン・サブフォー(4時間切り)の次はトライアスロン☆

(☆9月4日追記: トライアスロンの結果記事をアップ。

    安田美沙子ほか、佐渡国際トライアスロン2011の結果&タイム )

   

     

         ☆          ☆          ☆

雑用JOG(荷物2.5kg) 2.7km,16分程度,心拍123程度

         

あぁ~、3連休の中日を無駄に過ごしてしまった。。いや、必ずしもムダで

はないんだけど、全く想定外の出来事があって、スッキリしない気分のまま

長時間過ごすハメになってしまったのだ。オーッ、なかなか巧みで正確な婉

曲表現だな♪ 実は今日のブログは、その件について突っ込んだ話を書

こうかなとも思ったんだけど、とりあえずガマンすることにしよう。芸能人は

歯が命、持久系アスリートは我慢が命だ。少し後でなら、書くかも知れない。

   

さて、安田美沙子という元(?)アイドルタレントは、ここ数年ですっかり

名ランナーになってるわけだが、先月から地味に検索アクセスが増えてる

のには気付いてたし、1月23日の湘南国際マラソンに出場するって話も

知ってた。と言うか、もこの大会に出ようと思ったのに、既に締切になっ

てたのだ (^^ゞ ここ2、3年、こればっかだな。最近のブームとか参加者

急増の流れに、まだ対応できてない。何度も書いてるけど、そもそも5年

前までは、マラソン大会の締切なんてほとんど気にしなくて良かったのだ。

    

話を戻すと、その安田美沙子。先日、朝日新聞の横浜国際女子マラソン

特集に出てたから、何気なく記事を読むと、何と湘南を3時間49分10秒

で完走したとの事☆ サブフォー(sub-four)、つまり4時間切りの目標

は達成するだろうと思ってたけど、3時間50分を切るとは思わなかった。

       

このタイム、長谷川理恵の全盛期と比べるとまだかなり差があるけど、女

性ランナーとしてはかなり速いし、男性ランナーでも負ける人が大勢いる

ほど。しかも、まだ走り始めて2年半前後のはず。28才という若さを考えて

も、まだまだ伸びるだろう。早速、5kmごとのラップ(区間)タイムを調べよ

うと思って、ネットを探すと、なぜか名前が見当たらない。

    

別の本名で参加したのかなと思って、さらに調べてると、公式ブログに、

安田美沙子と書かれたゼッケンの写真まである。大会公式サイトをもう

一度よく見てみると、あった、あった。ゲストランナーとして別扱いなのだ。

凄いね。お金もらって、手続きもなしで参加できるのか。プロみたいだな。

それなら、心構えも全く違って来て当然だ。。

      

         ☆          ☆          ☆

軽く嫉妬をおぼえながら、周りのデータを見ると、男性芸能人ランナーの

トップ、猫ひろしの名前を発見。エッ?! ハーフマラソンのゲストで1時間

16分41秒☆ 強烈に速い☆ 箱根駅伝の参加選手の中で、一番遅い部

類がこのくらいじゃないかな。もちろんこれは、褒め言葉だ。今年の東京

マラソンで、2時間45分が目標らしいけど、達成できそうだね。普通の人

だと100m付いて行くのも大変なスピードで42.195km走ることになる。

147cmとか145cmとか、女性より低いような身長なのに、素晴らしいね。。

      

ところで、偶然か必然か、安田も猫も、どちらも今度はトライアスロンに

チャレンジしてるようだ。ひろしは既に、カンボジアの国際大会で好成

を残して、話題になったらしい。一方、安田は、日テレの人気番組『行

列のできる法律相談所』の企画で、今年8月の佐渡国際トライアスロン大

に参戦するとのこと。募集は4月1日からだし、どのカテゴリー(タイプ)

かは分からないけど、いずれにしても凄いことだ。

    

混乱を避けるためか、2人ともブログに練習の詳細は書いてないけど、今

後は時々チェックしてみようかな。も一応、いつかトライアスロンに出たい

なとは思ってるもんね。自転車は大丈夫だけど、水泳が問題なのだ。距離

も練習環境や時間のやり繰りも大変だし、海の遠泳なんて経験ゼロ。潮水

を飲むのは辛いし、クラゲに刺されるのは嫌だし。。♪

        

      

          ☆          ☆          ☆          

とにかく、刺激を受けたので、今夜は私も頑張って来た・・・と書きたい所な

のに、冒頭に書いたある出来事のせいで、雑用JOGしか出来なかったわけ

(^^; あぁ、ストレス溜まるな。昨日の雪&みぞれ&小雨も誤算だったし。。

      

とはいえ、ほんの僅かでも足腰と心臓に負荷をかけるのは、いい事だと信じ

てる。こうゆう事を始めたのはここ数ヶ月だから、結果がどうかは分からない

けど、4月初めにはある程度見えて来るかも知れない。とにかく、結果を出し

たいね。12月の川口ハーフマラソンに続いて、今度はフルマラソンでも。

       

明日は3日ぶりの好天だし、今日の分まで含めて長めに走る予定。そろそ

ろ、30km走とかやっとかないとマズイな。シューズも新しく買わなきゃいけ

ない頃かも。イマイチ、気に入るのがないんだよなぁ。。

ともかく、今夜はこの辺で。。☆彡

          

                                 (計 1970文字)

| | コメント (0)

バレンタインデー、片思いの本気チョコは昔話なのか・・

RUN12.8km,1時間05分18秒,心拍142

「みぞれは夜更け過ぎに 雪へと戻るだろう サイレント・ナイト ホーリー・

ナイト・・・♫」。。字余りかよ! って言うか、クリスマスから1ヶ月半も経って

るんだけど、街全体が白い静寂に包まれてたね。ちょっと詩人入ってるか♪

ちなみに、「雪や こんこ、 咳や コンコン ♫」。こんこと、コンコンを間違え

てはいけない。J-POPの常識なのだ。いや、こないだ知ったばっかだけど。

        

さて、あと3日でSt.Valentine’s Dayだが、今年はまだ明治チョコレート

のCMは見たことがなくて、ロッテ・ガーナチョコのCMばっかだ。毎度お馴

染み、長澤まさみと、現在フジ月9でも活躍中の美少女・武井咲の2人が、

仲良く手作りチョコに挑戦している。このCM、何か妙だなと思ってたけど、

HPで動画を確認してようやく分かった。「男」の要素が全く無いのだ。ひょっ

とすると、数年前からのことかも知れない。

追記: 今年の明治チョコにはバレンタイン用CMは特にないようだ。)

    

そう言えば、企業がターゲットにしてるのは、女の子同士の「友チョコ」とか

女子会」だって話は耳にしてたから、統計データをネットでチェック。依頼

主のバンダイ・ナムコHPにもあるけど、調査主体であるNetMileリサーチ

のHPの方が分かりやすい。その名もずばり、「バレンタインについての調

査レポート」、2/1発表だ。

       

このネットマイル社の調査、特定の会員に絞ったネットアンケートで、小1~

中3まで394人の女の子しか回答してないから、統計的信頼性は決して

高くない。ただ、ある程度の傾向を探る参考にはなるだろう。

     

データの読み取り方は色々だと思うが、私がザクッと見た感じだと、小学生

はお父さんにあげる子が多くて、6割くらいにも達する。一方、中学生(と小

学校・高学年)女友達にあげる子が8割前後にも到達(複数回答)。

       

それに対して、男友達にあげる子は全体で24%だし、片思いの人は僅か

13.2%付き合っている人なんて6.1%しかない。まあ、高校生以上を

調査すると、かなり数字は変わるはずだけど、ロッテのCMに「男」の香り

がまったく感じられないのも当然だなと思ったわけだ。

        

ちなみに、本命チョはもちろん、友チョコでも手作りが優勢。企業努力に

影響されたものか、あるいはむしろ、企業が流行の後追いをしてるのか、

その辺は分からない。ここ10年くらいの現象じゃないかな。色んな意味で、

内向き=ウチ向きってことでもある。

          

他に、目新しい話としては、タイガーマスク現象の影響なのか、「寄付チョ

」(あるいは単なる寄付)なんてものも登場。あるいは、国際的な社会貢

献の観点からフェアトレード・チョコも出てるらしい。発展途上国である生

産国の人に、十分な収入が入るような、やや高めだけど公正(フェア)な

商品だ。値段だけでなく、貿易(トレード)システムも重要。

         

      

私自身にとっては、学校で知らない女の子から貰った、初めての本気チョ

いい思い出になってる。友達と一緒に近づいて来て、私にササッと渡

した後、思い余ったのか、泣き出したのだ。もちろん、私は動揺しながら、

「アッ・・どうも。。ありがとう・・」とか言って受け取っただけなんだけど、周り

にいた悪友どもが、「泣かした~♪」とか騒ぎ立てるのには参った (^^ゞ 

あぁ、こうやって書き記すだけでも懐かしいね。それ以来、私は、女を泣か

す男になったのだ(ウソ)。 

             

まあ、それ以上は書かないけど、あの子は今頃どうしてるのかね。実は今、

私の横で眠ってるのだ・・・っていうオチはない♪ その気になれば多分、

1分で最低限の消息が分かるんだけど、あえて調べないことにしよう。思い

出はそのまま、美しく残しておけばいい。。            

    

 

P.S.Googleで検索すると、「本気チョコ」284万件、「本命チョコ」1680

    万件。言葉の流行としては、圧倒的に本命チョコのようだ。でも、こ

    の2つはかなり意味が違ってる。そもそも「本命」というのは、それ以

    外も念頭に置いてる言葉で、大勢に渡す今の時代に合ってるとは言

    える。一方、「本気」自分の非常に強い気持ちを表す言葉。もちろ

    ん、2人以上に対して本気の場合も考えられるけど、多くの場合は

    1人のはずだ。

          

    この記事のタイトルは、あくまで「本気チョコ」でないといけない。一人

    の男性しか目に入らなくて、渡した途端、涙が溢れるくらいの本気で

    ないと。。

           

          

cf. バレンタインデー2013、「本命チョコ」は意外と健闘らしいけど・・    

                  

    

         ☆          ☆         ☆

さて、この種の話を書きだしたら、自分自身が面白くて止まらなくなるんだ

けど、今日の所はサラッと切り上げよう。どうせこの記事、あんまし読まれ

ないだろうしね。せめてあと1週間早く、もっと詳しく書けば、多少のアクセス

は入ったかもしれないな。来年は注意しよう・・・って、1年後にこのブログ、

まだ生き残ってるのかね。ま、いいか。

               

最後に、今夜の走りについて。昼間から雪・みぞれ・小雨、妙に寒い一日

で、おまけに3連休の初日。完全にやる気を失ってたんだけど、天気が良

ければ25km走の予定だったし、前日はサボッたばっか。ちょっとくらい

走るかってことで、また傘を片手に公園へ。

        

結果的には、傘はジャマだったけど、スタート時の寒さとダルさをカバーす

るって意味はあったかも知れない。朝日新聞の先月の特集で、マスクをす

ると落ち着く子どもたちの事が書かれてたけど、傘を差すのも似たような

効果があると思う。単なる雨よけじゃなくて、移動式のプライベートルーム

を作る道具なのだ。

      

とにかく、傘を差してたのは公園までの往路だけで、そこからは雪か小雨

か分からないようなものに濡れながら、トボトボと走る。傘は単なるジャマな

手荷物。寒いし、厚着してるし、路面が濡れてるし、やる気もないってことで、

やたらスピードが遅い。ま、こうゆう時でも、地道に走るだけで違うのだ。そ

う自分に言い聞かせながら、ほとんど誰もいない公園をスタスタ走る。

      

12km走の予定だったのに、ちょうどUターンする場所の手前に通行人が

3人いたから、Uターンせずにそのまま走り抜けて、変則的な帰り道になっ

た。夜中に、自分たちを追い越したランナーが急にUターンして来たら、誰

だってジロッと見るでしょ。アレが嫌だったのよ。繊細な少年なのだ♪

      

とにかく、少し帰り道が長くなって、トータル12.8km。1km5分06秒ペー

ス。遅っ! 明日もまた天気悪いんだよなぁ。参った。でも、フルマラソンま

でもう2ヶ月切ってるから、走らなきゃね。さて、ブログも書き上げたことだし、

お風呂であったまるとするか♪ ではまた。。☆彡

      

 往路(2.45km)    13分51秒  平均心拍122        

  1周(2.14km)   11分14秒         139

  2周            10分54秒        145    

  3周           10分21秒         150

 復路(3.93km)   18分59秒          153  

計 12.8km  1時間05分18秒 心拍142(77%) 最大164(ゴール時)

          

                                  (計 2847文字)

| | コメント (2)

昨日のヒット記事2本&医師の白衣着替えは週1回♪

RUN 13.3km,1時間06分21秒,心拍142

PCトラブル発生以降、ブログは軽めに済ませようとしてるにも関わらず、逆

に真面目に書いてしまってるね。今日はもう、完全に手抜きデー。気軽にあ

れこれつぶやいて、おしまいにしよう♪

   

110210

  まず、昨日のウチ

  のアクセス解析

  見て頂きたい。記

  事別のランキング

  の2位、3位は上

  位の常連だし、

  位一応ドラマ関

の最新記事だから、上位なのは当たり前(気付いてないドラマファンが少

なくなさそう♪)。ところが、1位と4位が何とも意外な顔ぶれなのだ。

    

まず4位は、去年の6月に書いた大学1年レベルの数学記事。内容にはそ

こそこ自信あるし、実際、地味にアクセスは続いてて、しっかり読んでる人

も多い。でも、他の学科との関係も薄い、お堅い話だから、次々にアクセス

が飛びこむような記事でもないのだ。ところが、どなたかが最初にツイッター

でつぶやいて、それが少し「拡散」したようで、意外なヒットにつながった。

    

まあ、それは嬉しいんだけど、この種の集中アクセスでいつも言えるのは、

他の記事を読む人がほとんどいないこと。密接に関連する記事だけでも3

本あって、ちゃんとリンクを張ってるんだけど、クリックで飛んだ人はごく僅

か。この辺りに、ツイッターを始めとするネット媒体の可能性と限界を感じる

わけだ。フツーに自分の関心で検索して来る人だと、関連記事もついでに

読む人がかなりいる。

       

一方、1位に輝いた「ジャネの法則」の記事には、500人以上の訪問者が

集まった。法則の内容は、記事タイトルの通りで、誰でも身に覚えのあるこ

とだろう。元々、去年5月のアップ以降、地味な人気記事ではあったけど、

昨日の時点では大ヒットの理由は不明。今日になってようやく、2つの要因

を発見した。Infoseekの「みんなのニュース」と、ダイヤモンド社のHPで、

この法則が少しだけ触れられてて、後者では自分で調べるように促してる。

            

Googleでウチは、ウィキペディアに次ぐ第2位だし、内容はウチの記事の

方が遥かに上だ。ホントかなと思った人は、ググッて両方お読み頂きたい。

あえて細かくは指摘しないけど、流し読みするだけで、違いは明白だろう。。

      

            

         ☆          ☆          ☆

あぁ、時間がもう無くなったけど、とにかく昨日は、妙なヒット記事が2本あっ

たのだ。一方、もう一つの話題は、昨日(2月9日)の朝日新聞・夕刊に載っ

てた面白話。「医師白衣 『着替えは週1』過半数」。見た瞬間に、声を出し

て笑ったしまった♪ 執筆が女性記者(南宏美)って所も分かりやすいお話。

        

医師向けのコミュニティサイト「Medpeer」(メドピア: 医師仲間)が年末年

始に行った、会員向けネット調査で、34000人中の2704人が回答。

週1回 57% 週2、3回 21% 2~3週に1回 13% 毎日 5%

    

血液の付着とか、すぐ着替える必要がある場合を除いた回数だけど、それ

にしても「白衣」実質的意味があまり無いことは明らかだろう。単なるファッ

ションとか権威付け。まさに白い巨塔=虚塔だ・・とか言うと、言い過ぎか♪

でも、病院のクリーニング回数が少ないとか、持ってる枚数が少ないなんて、

ほとんど言い訳になってないはずだ。直接気になるのは院内感染との関連

だけど、そんな事より、基本的な衛生管理体制に不信感を抱いてしまう。

     

ちなみにネットで見ると、このニュースは既にあちこちで話題になってたよう

で、元の発表1月26日になってた。次は是非、ナースの白衣についての

調査を見てみたいもの。ピンクとかイエローのパステル系は、嫌いじゃない

し、あれを2週間着替えてないとか言われると、逆に萌えポイントかも知れな

い♪ コラコラ。。

     

         ☆          ☆          ☆

あぁ、もうダメ。強制的に終了。最後に昨夜の走りについて。まず、雑用

1.3kmほどジョギングした後、しばらく経ってから、公園で軽いランニング。

積極的休養と言うほど遅くもないけど、頑張る気もなし。ちょっと足腰が疲れ

てるから、休もうかなと思ったけど、ブログのネタに困るから走っただけだ♪

まあ、上に書いたつぶやきだけでも良かったけどね。         

      

三寒四温、急激に寒さが復活した中、公園の12kmだけだと、トータル

1km4分53秒ペース。う~ん、中途半端だから、もうちょっと遅くて良かっ

たな。今日は色々と優先事項があるから、サボるかも知れない。ではまた。

     

   

雑用JOG 1.3km    7分40秒程度 平均心拍115程度

 往路(2.45km)    13分08秒          123        

  1周(2.14km)    10分49秒           139

  2周            10分32秒          148    

  3周           10分12秒           153

  4周(0.68km)    3分21秒          153                 

 復路          10分39秒            155  

計 13.3km  1時間06分21秒 心拍143(78%) 最大164(ゴール時)

          

                                  (計 1945文字)

| | コメント (0)

人間は期待通りに成長する~ピグマリオン効果(教育心理学)

傘ラン 13.3km,1時間05分53秒,心拍142

やっと「花粉症もどき」が和らいでくれた。本物の花粉症ではなくて、あくま

で「もどき」に過ぎない。まだ自分が花粉症になったとは認めてないのだ。

とか言いつつ、ドラッグストアの新聞広告で、花粉症対策の薬を調べてた

りする♪ 色々あるんだね。うん、これなら、もしなっても大丈夫だ。そう、

自分に言い聞かせておこう。この自己暗示効果により、実際に症状が軽

減することがあるのだ・・・とか、南雲教授なら語る所だろう。

        

さて、昨日わりとマジメに書いたから、今日は手抜きデーだ♪ 折角久々に

ちゃんと『CONTROL』を見たけど、素通りすることにしよう。不満? あっ、

そう。まあ、ドラマ関連がご無沙汰になっちゃってるから、ちょっとだけコネ

タに使っとこうか。。

             

         ☆          ☆          ☆

今回の第5話でも、南雲(藤木直人)が通俗的心理学を語る中、唐突に耳

慣れない学術用語が挿入されていた。人間における「ピグマリオン効果」

すぐにググって、ウィキペディアを読んだ人が100人くらいいるかも知れな

いけど、まだ500人には達してないはずだ。何しろ今現在、書いてるサイト

が一つも見当たらない。私の聞き間違いじゃないと思うけど、もし聞き間違い

だったとしても、別に気にしない。そもそもドラマレビューじゃないんだから。

(追記: 他に1人発見したので、聞き間違いでもなさそうだ。)

            

話を戻すと、ウチは過去、その種の学問的コネタで度々Googleの1位にラ

ンクされてるので、過去のアクセス解析データから、大体の検索数が読め

るのだ。視聴率20%以上の福山雅治『ガリレオ』の「円端具流」にせよ、10

%台後半の『ラストフレンズ』の「性別違和症候群」(現在は4位)にせよ、直

ちに検索で集まる人の数に限れば、数百人レベルだった。1000人を超え

るのは、突然の「最終」予告とかの時だけだ(フジお得意の最終章とか)。

               

さて、そのネットで話題になってない、ピグマリオン効果Pygmalion effect)。

まず日本語版ウィキの説明を読むと、簡単に言うなら「教師の期待によって

学習者の成績が向上すること」で、「教師期待効果」とも呼ばれる。もう少し

拡大解釈するなら、観察者の期待に沿う形で対象者がレベルアップすること

                   

64年に米国の教育心理学者ローゼンタール(Rosenthal)が実験的に示した

もので、その真偽についてはいまだに論争が続いてるようだ。英語版ウィキ

を読むと、元々の実験は、実験者が小学校の先生に対して、「この生徒は

IQ(知能指数)が高い」という偽の情報を与えて行ったらしい。すると、先生は

その生徒に期待して、確かに生徒が能力アップしたという。実験者と先生が

別人って所は、この種の話に慣れてない人にとってモヤモヤするだろう。

             

そういった理屈よりは、「ピグマリオン効果」という名前の由来の方が一般

ウケしそうだ♪ ギリシア神話で、ピグマリオン王理想の女性を彫刻。そ

の像に恋して、人間扱いしたり、人間になることを願ったりしてる内に、本

当の人間になったから、妻として迎えた。ただし、単なる愛の力ではなく、

ちゃんと「仕掛け」がある。彼の姿を見かねた女神・アフロディーテが、彫

像に命を吹き込んだのだ。つまり、実は手助けがあった。

                  

元の神話におけるこの「仕掛け」の話は、ピグマリオン効果をどう見るか

も関連する。一方では、教師その他おける教訓として、「生徒を愛すれば、

必ず応えてくれる」といった風に、肯定的に扱われる。金八先生とか、教師

もののドラマで使われそうな考えだ。他方、「生徒を愛すれば、その生徒へ

の特別扱いが生じるから、当然その生徒だけレベルアップする」といった

風に、批判的または懐疑的にも扱われる。つまり、神話における神の力の

代わりをするのが、教師の特別扱いということだ。

   

ちなみに、後の努力によって的中させる「自己成就予言」(self-fulfilling pro-

phecy=自己充足的予言)にすぎないという批判は、やや的外れだ。元々

「予言」の話ではなく「効果」の話であって、それを引き起こす先生や生徒の

努力は認められてるのだから。。

           

          ☆          ☆          ☆ 

ここで時間があれば、医学の世界の「プラセボ(偽薬)効果」とか、関連す

る学問的話題にも触れたい所だけど、今日はドラマとの関連を指摘するに

留めよう。ピグマリオンの神話は、映画『マイ・フェア・レディ」の下敷きになっ

たようだから、亀梨和也&山下智久『野ブタ。をプロデュース』とも関係する。

彼らがピグマリオン、野ブタ=堀北真希が彫像だ。あるいは、亀梨『ヤマト

ナデシコ七変化』もその種の話だろう。

        

興味深いのは、これらが全て、男が女を変える話だという点。ちなみに野

ブタの原作小説は、男が男を変える話だった。要するに、ドラマ視聴者の

多数を占める女性が、素晴らしい男性の手で見事に変身させてもらいたいっ

てことか。その場合、女性にとって決定的に重要なのは、相手の男性の外

見♪ 実は英語版ウィキを読むと、生徒が先生を評価する際に重要なのも、

先生がどんな外見なのかだと書いてあるのだ。先生がどんな期待や考えを

持ってるか、とは別に。あるいは、それ以上に、と言うべきか。。

          

おっと、また力が入り出したので、この辺でスパッと止めにしよう♪ で、藤

木やドラマと、そのピグマリオン効果と、何の関係があるのかって? それ

がサッパリ分からないのよ (^^ゞ まあ、私はPCトラブルのせいで、前編(第

4話)を全く見てないしね。何の関係もないか、あるいは脚本家がこの効果

拡大解釈した可能性もある。つまり、犯人は南雲たちの期待通りの行動

(殺人)を取ろうとしたってこと。ただし、ネガティブな行動だし、実現には至

らなかったけど。

                  

そんな事より、今回のドラマの教訓は、「女は怖い」ってことだろう♪ 突

然、女刑事が仕事中に感情を爆発させるし、女性被害者が殺人犯に変身

したりする。元をたどると、女の気持ち(=真実の愛)を男が読めてなかっ

から。まあしかし、現実世界だと逆に、「本当に愛してくれてると思ったら、

金・地位・外見が目当てにすぎなかった」ってことの方が多いと思うけどな

・・・とか書くと、女性読者の反感を買うから止めとこう。書いとるわ! なお、

第1話記事と視聴率記事のグラフは、いつものように更新しておいた。

      

            

cf.単なる日記&『CONTROL』第1話の感想(辛口♪)

   D・モリスの「自己親密行動」(self-intimacy)など (第2話)

   完結してない行動の方が記憶に残る~ツァイガルニク効果 (第6話)

   作られた記憶、目撃者の証言~心理学・法・歴史の結び目 (第7話)

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   藤木直人主演・助演ドラマ、視聴率の推移&『ホタルノヒカリ2』第6話

      

          

         ☆          ☆          ☆

最後に、昨夜の走りについて。前夜、そこそこのスピードで16km走って

たから、今度はのんびり16kmにしようと思ったら、急に雨が降って来た

から、予定変更。近所の小さな公園で、久々に傘ランなんて恥ずかしいこ

とをやって来た♪ 流石に、本拠地の大きな公園ではやりにくい。

             

傘を差して走ると、空気抵抗があるし、気分的にもお遊びになっちゃうから、

普通は1km5分半前後のスピードで走ることになる。ところが昨夜は、1周

目からいきなり女性ランナーに抜かれて、1km4分半のバトルごっこになっ

てしまった。ただし、深夜ってこともあって、相手との距離は5mほど空けて

追走。すぐそばに交番があるから、ストーカー扱いされても困っちゃうのだ♪

            

結局、バトルは3周ちょっとで終了。3.6km程度かな。あちらは止まってす

ぐ時計を見てたから、多分5kmくらいのタイムトライアルもどきだったんだろ

う。雨の中、一人でよく頑張るわな。お疲れさん、と内心つぶやきながら、

は一人で適当に流しただけ。13.3kmのトータルでは、1km4分57秒ペー

ス。ずっと雨が降り続ける中での傘ランとしては、かなり好タイムかも♪

          

冬の雨と言えば、どうしても去年の東京マラソンを思い出すね。実は最近、

東京マラソン 雨対策」って感じの検索アクセスが地味に増えてる。ウチ

がGoogleで1、2位を占めてるのだ・・・って、あんまし自慢にならないか♪

いや、完全に狙い通りの1位獲得っていうのは、小市民ブロガーのささや

かな喜びなのよ。労、多くして、実りの少ない、哀しい営みなのだ、とか、キリ

シア神話の悲劇の主人公ナルシスになった所で、今日はこの辺で。あぁ、

また3500文字も書いちゃったから、明日は手抜きしよっと。。♪☆彡

             

 往路(1.15km)  6分58秒   平均心拍113 

  1周(1.1km)   5分15秒         140

  2周         5分02秒         149

  3周         4分59秒         150

  4周         4分55秒         151

  5周         5分36秒         143

  6周         5分41秒         141

  7周         5分33秒         142

  8周         5分29秒         144

  9周         5分26秒         145

 10周         5分28秒         144

 復路          5分32秒         144

 計 13.3km 1時間05分53秒  142(77%) 最大158(復路の坂)

   

                                 (計 3677文字)

| | コメント (0)

裸足の原始的ランニングと現代人~『BORN TO RUN』(朝日GLOBE)

RUN 16km,1時間12分51秒,心拍154

ダメだ。やっぱ鼻が痛いし、目も少しかゆくてショボショボする。と言っても、

屋外に出ると症状がひどくなるって訳でもないし、昼間から夜にかけて花粉

の飛散量が多かった訳でもない。要するに、昨夜から今朝にかけての、強

烈な鼻炎の後遺症が続いてるってことだろう。

     

昼間、ガマン出来なくて、塗り薬みたいなものを買いに行こうかと思ったけ

ど、花粉症を認めるようで悔しいから止めといた♪ まだ花粉症の一歩手

だと、勝手に思ってるのだ。当分行ってないから、たまには病院で保険

証を使いたいんだけどな。保険料だけ掛け捨てで払い続けてるから、大損

してるような気がするわけよ。

         

ま、損じゃなくて幸運だろって突っ込みなら、自分で一応やってる訳だけど、

考えてみれば、健康保険以外にも、生保・損保・医療保険の類で支払いを

受けた覚えが一度もない。やっと支払いを受ける時には、もうおしまいって

ことか♪ コラコラ。。

           

         ☆          ☆          ☆

さて、昨日はハッキリと手抜き記事だったから、今日は多少のコネタを挟

みたいってことで、最初に頭に浮かんだのは朝日新聞・朝刊(2月7日)の

別刷特集GLOBE(グローブ)。月2回、月曜日発行で、ちょうど1年前、

平面図形の「一刀切り」を扱ってた時にウチで書いた記事は、今に至るま

でロングセラーになっている。 

          

今回のメインテーマは、「MANGA、宴のあとで」。日本を代表するPOP

文化として海外でもてはやされた漫画が、ここ数年勢いを失ってるようで、

日本びいきのフランスと、落ち込みの激しいアメリカを中心に、詳しい内

容が書かれてた。売れるのは、日本で大ヒットした少年マンガの一部に

過ぎないらしくて、大人向けは苦戦とのこと。

           

本来なら、その「MANGA」の話をここで扱いたい所なんだけど、私がそ

れをやり出すと、また仏語や英語のサイトを飛び回ることになるから、時

間がかかって仕方ない。今は、PCを修理に出す前の期間だし、とてもそ

んな状況ではないのだ。

           

という訳で、代わりにラクなネタとして選んだのが、最後の面に大きく載っ

てたM1覇者「笑い飯」・・・ではなくて、その前のページの、クリストファー・

マクドゥーガル(Christopher McDougall)へのインタビュー(by石合力)。た

ぶん、知らないわな♪ 「BORN TO RUN」(走るために生まれた)とい

う全米ベストセラーの著者で、超長距離のウルトラマラソン・ランナーでもあ

るジャーナリスト。193cmの巨体で、足も「頭も裸足」の写真が印象的♪ 

原著は2009年。邦訳は去年、日本放送出版協会から出たようだ。

         

大きめの活字で半面使って朝日に掲載されたその記事は、2流市民ア

スリートにとって、かなり面白かった。要するに、人間という動物はもとも

と、楽しく自由に生き生きと走るように生まれた存在で、それを現在でも

体現してるのが、メキシコのタラウマラ族だと言いたいようだ。最近のエコ

ブームとか自然志向ともつながってる主張。

             

この「人類最強」の「走る民族」は、現代社会とほとんど隔絶した暮らしを続

けて、素足やサンダルで峡谷を走り抜けるウルトラランナー。その著者も、

シューズを履いてた時は足が痛くて楽しめなかったけど、脱いだ途端に痛

みが消えたらしい。さらに、アメリカ先住民も、一枚革の薄い靴・モカシンで

走るとのこと。だから、靴底の厚いランニングシューズには批判的なのだ。

不自然で逆効果だというお話。。

          

          ☆          ☆          ☆

自身、最初にジョギングシューズを履いた時、フワフワするし、グラつく気

もするし、ちょっと違和感があった。でも、慣れれば何ともなくて、足裏・足

首・膝・腰に優しいし、レース用シューズを履くと明らかにタイムが上がる

先日の川口マラソンでの会心の走りも、軽くて反発力の強いシューズ抜き

にしては語れない。

            

身体への優しさについてはともかく、速さについては、著者も一歩譲るかも

知れない。と言うのも、文脈が少し違うけど、タラウマラ族がマラソンの記録

を破る可能性があるかと聞かれて、次のように答えてるからだ。

       

   「それはないだろう。彼らの伝統的な走り方は、個人ではなく、集団

    で楽しみながら走る。人類は、集団で狩りをする動物として進化し

    たのに、現代人は、走ることを個人の努力に置き換えて、自分の

    順位や時間ばかり気にする。だから走ることが苦痛になったんじゃ

    ないかな」。

        

つまり、記録は破れないだろうけど、その方が人間本来の走り方だという主

張だ。私も、それはその通りだろうと思う。ただ、そうした現代的な変質は、

全ての競技スポーツについて生じてるものだし、我々は現代人であって、

狩猟民族ではない農業や工業のおかげで生まれた余裕を使って、何か

他の事に打ち込むように出来てるわけだ。スポーツ、文芸、学問、テレビ、

ネット、ファッション、タレント、etc。

        

その意味では、足腰にいいかどうかはともかく、現代人は「シューズを履い

て速く走るために生まれた」(BORN TO RUN FAST BY SHOES)と言っても

いい。そして、足が痛くて楽しめないということもないランナーは、私も含め

て少なからず存在する。順位はさておき、記録や距離が伸びることの喜び

も、みんな共有してるわけだ。

                

とはいえ、靴が合わない人も多少いるんだろうし、柔らかくて開放的な草原

の上を、裸足で走りまわったら気持ちいいだろうな、という思いはある。そ

れに一番近いのが、砂浜かも知れない。ビーチバレー、ライフセービングと

いったベアフット(barefoot=裸足)スポーツの人気は、裸足はもちろん、ほ

とんど裸で走り回れるからじゃないかな。まるで原始民族みたいに。

       

なお、試しに検索してみたら、「ベアフット・ランニング」というものが流行り

始めてるようで、例の『BORN TO RUN』という本の影響も少なくないよ

うだ。ただし、本当の裸足だと足裏が痛いからか、あるいはファッションな

のか、VFF(Vibram Five-Fingers)というオシャレな地下足袋(?)を履くの

が今風らしい。Vibram(ビブラム)というのはイタリアの会社で、そこの

本指サンダルがVFF(ファイブ・フィンガーズ)。値段はランニングシューズ

より少し高い程度かな。

           

ただ、それを履いて一人で公園を走るのは、なかなか勇気がいるだろう♪

特に女性ランナーにとっては、かなり敷居が高い気はする。まあ、伝説の

裸足のマラソンランナー・アベベみたいなヒーローが現れたら、一時的に流

行るかも知れないけど、それでも長続きはしないだろう。見た目の違和感が

消えるとは思えない。

                 

ふと、ブラジャーを付けるのを止めようとかいう、女性の運動を思い出した。

あれも、決してメジャーにはなれないだろう。ブラを外したりズラしたりする

瞬間が、男の喜びでもあるしね♪

        

       

         ☆          ☆          ☆

おっと、軽く書くつもりが、わりと真面目に書いてしまったね。反省、反省。

で、最後に昨夜の走り。花粉症もどきで鼻が痛いし、PCトラブルの余波で

腰が痛いから、サボリそうになったけど、前日わずか3kmだったから、16

kmくらいを目標に走り出してみた。すると、風もちょっとあるのに、意外と

鼻は何ともない。ま、心臓と肺の負担の方が大きいからって所もあるかな。

         

とにかく、思ったよりラクに走れるなと思ってたら、2周目で1km3分台ラン

ナーが抜いてくれたおかげで、一気にスピードアップ。昨夜は追いかける気

もしなかったけど、刺激とキッカケを与えてもらった形で、そこからずっと、

1km4分半を切るペースをキープ。5周目で1km4分14秒ペース。しかも

まだ十分余裕はあったから、後味が良かった。

            

トータルでは1km4分33秒ペース。微妙だけど、ショート・ビルドアップ(短

い加速走)ってことで良しとしとこう。明日はまた手抜き記事にしようかな♪

そうそう。走る前、超不真面目に『大切なことはすべて君が教えてくれた』の

第4話チラ見したんだけど、やっぱこのドラマは苦しいね。私の好きな、

『コードブルー』の葉山裕記(去年、浩樹から改名)が演出しても、苦しいも

のは苦しい。

       

それなりに色々頑張ってるのは感じ取れるんだけど、三浦春馬と戸田恵梨

香のファン以外は、武井咲の制服ニーハイ姿を見るしかないだろう。そりや、

言い過ぎか♪ 最終回のラストシーンは、キレイな桜かな。ではまた。。☆彡

        

  往路(2.45km)   12分53秒  平均心拍126         

  1周(2.14km)    10分18秒        142       

  2周              9分33秒        156 

  3周             9分34秒        158

  4周              9分26秒        162

  5周             9分03秒        166

  6周(0.4km)        1分46秒         169

  復路              10分21秒        163     

計 16km  1時間12分51秒  心拍154(84%) 最大170(6周目)

        

                                 (計 3568文字)

| | コメント (0)

仕事で徹夜明けだから、軽いつぶやきで・・

雑用JOG 3km,17分程度

また、鼻が痛い!・・とか思ってたら、やっぱり先日の花粉症記事に検索ア

クセスが入って来たね♪ 昨夜からちょっと痛いなと思ってたけど、今朝、

外に出て、先日以上の花粉を感じた。そこで早速、例の観測システム「はな

こさん」をチェックすると、昨夜から激増してるんだね。

          

残念ながら、まだ試験運用だからなのか、システム自体のグラフは縦軸の

長さがまったく足りなくて、事態の凄さを表せてない。こうなったら、私が個

人的にきっちりとグラフを作って、花粉症情報サイトを目指そうか。「テンメ

イの花粉」。う~ん、ちょっとマヌケなサイト名だね♪ 「テンメイのあふ~ん」

とすると、そっち系の人が集まっちゃうのか。

    

おっと、軽口を叩いてる場合じゃないわ。もう、お仕事の時間なのだ・・・っ

て言うか、昨夜からずっと仕事で、完全な徹夜作業になってしまった。予

定だと、2時間程度でササッと片付けて、その後は走りに行こうと思ってた

のに、読みが超甘かった。しばらく集中してお仕事して、ふと時計を見ると、

もう明け方。エーッて感じで更にスピードアップ。ようやく7時頃終わらせた

わけ。参ったね。もっと手抜きすりゃ良かったわ。コラコラ! ちなみに

も当然、お仕事中。ブログ記事打ってる場合じゃないよな (^^ゞ

        

それにしても、ノートPCのモニターが壊れたせいで、記事の字数が大幅に

増えてしまったのは誤算だった。手抜きして字数を減らすつもりだったの

に、全く逆。どうして字数が増えたかっていうと、外付けモニターを少し離

れた場所に置いてるから、文字(フォント)を2倍以上に拡大してるわけ。

そのせいで字数の感覚が狂って、実際の文字数より少なく見えてしまうの

だ。そりゃ、そうだね。モニターの大きさは同じで文字だけ大きいんだから。

       

金曜の1万字に続いて、日曜の記事も加筆を連発して、結局4000字

突破。この2つでもう、1週間分にはなってるから、後はしばらくお休みしよ

う・・・って訳にもいかないんだよな。ま、とりあえず今朝は、ここ最近で一

番の手抜きってことで。

           

それにしても、ツイッターによる紹介がほんの少しずつ増えてるのは、嬉

しいというか、時代を感じるというか。各記事末尾に付いてる「tweet」ボタ

ンを使った場合、その回数が記録されるんだけど、ボタンを使わない人の

方が多い気はする。いずれにせよ、管理人用のページだと、tweetボタン

の回数は分からないから、いちいち自分の記事に普通にアクセスしてチェッ

クするしかないのだ。ニフティさん、聞いてる? 今度、改良よろしくね♪

      

最後に、昨夜のランニングについて。昨夜って言うか、今朝だけど、仕事

関連でまた郵便局まで小走りして、3kmほど稼いで来た。この時に、鼻

呼吸で走ったのがいけなかったらしくて、いまだに鼻が痛くて仕方ない。

まだ薬は使いたくないしなぁ。あっ、一昨年インフルエンザが流行った時

の高性能マスクがどっかにあるはずだね。探してみよっと。ま、なかなか

見つかりそうにないけど。結局、買いおきしただけで、全く使ってないわ。

失敗というか、ラッキーというか。。

     

ま、この程度書けば十分でしょ。物足りない人は、金土日の記事でもじっ

くり読み返して頂くってことで♪ 時間があれば、大相撲中止とか八百長問

題についても喋りたい所なんだけどなぁ。。残念ながら、今日はこの辺で。

おぉ、これは字数が少ないぞ。。(^^ゞ ☆彡

           

                                 (計 1416文字)

| | コメント (0)

音声合成ソフトと女性CG・ロボットの妖しい魅力♪~NHK『サイエンスZERO』

RUN 16km,1時間15分07秒,心拍150

二千数百本もの記事を毎日書き続けて来ても、いまだにヒットするかしない

かは読みにくい。一連のドミノピザの超高額アルパイト記事は、全く予想外

の大ブレーク☆ 逆に一昨日の大作記事(1万字近く)は、8日遅れのお堅い

マニアック・レビューだから、イマイチかイマニなのは織り込み済みだった。

24時間で、ウチへのリンク付記事1つ、ミクシィの書き込み1つ、ツイート1

つ、生み出したから、アクセスの少なさはさておき、むしろ健闘かも知れない。

     

でも、昨日の花粉症記事は、これほどハズれるとは思わなかったな (^^ゞ 

去年夏の「暑さ指数」、WBGT(湿球黒球温度)の記事が意外にヒットした

から、天候&健康ネタで二匹目のドジョウを狙ったんだけどね。色々と大変

な中、マジメに書いてるのに大外れだとカチンと来るから、今日はもうやる

気なし。投げやりな超手抜きランニング日誌で終わりにしよう・・・ってことに

はならないのだ♪ 持久系アスリートは粘りが命☆

       

と言うより、相変わらず「躁」状態気味で、喋りたくてウズウズしてしまう。今日

もともと、数学ネタで軽く喋るつもりだった。一昨日(2月4日)の朝日新聞・

朝刊オピニオンページは、ほぼ1面全体を使って、シリーズ「耕論」を掲載。

今回のテーマは「数学に萌える」♪ 3人の識者(高橋一雄、佐藤雅彦、冲方

丁=うぶかたとう)のインタビューを、まとまった談話の形にまとめてある。一

方、5日の朝刊「私の視点」では、「『日用算』離れ」、「生活の数量感覚 取り

戻せ」と題する主張が掲載されてる(岡部進)。

      

今日は、この4人の文章に軽くコメントしようと思ってたけど、堅い理屈が続き

過ぎてるなと思って反省。代わりに、萌え系ネタの知的なテレビ番組を扱おう。

サイエンスZERO』。あんまし変わらないか♪ 題名だけだと日テレみたいな

気もするこの番組、実はNHK教育。ウチの地デジの電波状況だと、教育テレ

ビはずっと入らなかったんだけど、たまたま先日からギリギリ入るようになった

から、試しに見てみたわけ。最近キレイになって色気も出て来た、安めぐみ

アシスタントやってるし♪ こないだの『週刊朝日』の表紙も良かったな。。

    

         ☆          ☆          ☆

で、番組の今回のタイトルは、「ヒット連発!!あのボーカルソフトの秘密」。

話題としてはやや流行遅れとはいえ、歌声合成ソフト初音ミク」その他の

活躍が凄いのは確かで、誰でも噂くらいは耳にしてるだろう。ミクを踊らせ

る3Dアニメ作成ソフト、「MikuMikuDance: MMD」も大ヒット。個人的には、

やたら長い青緑色の髪に付いていけないし、ルックスにも歌声にもあんま

し萌えないけど、名前と超ミニスカとニーハイがいいから、トータルの印象

は悪くない。元々の技術は、YAMAHA(ヤマハ)の技術・VOCALOID(ボー

カロイド)だ。

                

番組内容は、教育テレビだから流石にきっちりしたもので、映像やデータ無

しにここで伝えるのはなかなか難しい。そこを頑張ってみると、例えば「あさ

とソフトに発音させる時は、「あ」と「さ」の間(つなぎ目)の滑らかさがポイント

になる。また、笑いを取りたいのか、『大漁船』なんて演歌を映像付きで反復

使用。プロの歌声を真似て、プログラムを進化させる過程を見せてくれた。

                           

演歌独特のビブラートの他、音が上がる時には一旦下げて(プレパレーショ

=準備)、その後少し余分に挙げる(オーバーシュート=行き過ぎ)のがポ

イントらしい。まあ、すべての曲と箇所でそうなってるか、ちょっと怪しい気は

する。ただ、番組が注目した箇所での、人間と修正前ソフトとの違いがそうだっ

たという話で、要するに、科学的に違いを分析して、機械を人間に近づける

プロセスを見せてくれたってことだ。

         

他には、ゲストの産業技術総合研究所・後藤真孝が開発した、女性型ヒュー

マノイドロボット・HRP-4C未夢(ミーム)の紹介。名前、長いわ! 頑張っ

てるのは分かるんだけど、スタジオでも正直な声が出てたように、可愛いと言

うよりは「不気味」だった。あれじゃあ、使えない。何に?♪

         

HONDA(ホンダ)の2足歩行ロボット・ASIMO(アシモ)なら、人は笑顔で受

け入れるのに、人間との距離が微妙な所まで縮まると、人間はそれを一気

に不気味と感じるようになる。この急激な否定的変化を「不気味の谷」と呼ぶっ

て話は、前に聞いたことがあった(提唱は70年、ロボット工学者・森正弘)。

       

まあ、その谷を超えて更に人間に接近すれば、単なる可愛い女の子になるん

だろう。すでに、人間の肌に近い素材は開発されてるようだし、後は時間と値

段の問題。いよいよ、夢のような時代がやって来るのだ・・・って、どんな夢? 

あんな事とかそんな事が、自由に出来てしまうんでしょ♪ そもそも、この種

の話に出て来るのが、可愛い女の子ばっかって事が、目的を如実に表してる。

ま、研究者の大半が男だし、ちょっとオタッキーとかアキバ系入ってるしね。

       

          ☆          ☆          ☆     

番組の終盤は、安めぐみが名古屋工業大学の国際音声技術研究所を訪問。

安が数曲歌った後は、その声のデータを使って、歌声合成システム・Sinsy

が他の曲を歌ってみせた。こうゆう時、アシスタントの女性の立場は困るね♪

当然、褒めなきゃいけないけど、単なるお世辞のウソだとテレビ的に苦しい。

その辺り、安めぐみビミョーな反応が面白かった♪ ま、確かに似てるけど、

横に本人がいなくてシステムの音声だけなら、安めぐみとは思わないだろう。

            

システムの実質的開発者は、研究所代表・徳田恵一教授ではなく、大浦圭

一郎・助教とのこと。部屋で黙ってパソコン操作してた人かな。若手の有望

な研究者として頑張って頂きたいもんだけど、素人としては、大学HPのpdf

ファイルの書き方をどうにかして欲しい。専門用語だらけで、一般人には非

常に分かりにくい文書になってる。実際、唯一の参考文献が、情報処理学会

の研究報告。専門家レベルの文章なのだ。

             

なお、このSinsyというシステムの企画も、後藤氏の示唆によるものらしい。

大物なのかね。多分、家で一人で、もっと高性能のロボットをこっそり「使っ

てる」はずだ。私にも貸して欲しいな。コラコラ♪ そうそう。名古屋工大

Dモデル「めいちゃん」は、ピンクの制服(ベスト)が似合って可愛かった。出

来れば、ショートじゃなくロングヘアにして欲しい。まあ、CGだから、ロボット

のかつら変更と比べると、遥かに大変なんだろうね。

             

ちょっと心配になるのが、人間に近いロボット開発が必然的に持つ、負の側

プロの歌声を真似してCDを作った時の権利問題とか、オレオレ犯罪的

悪用とか。後藤真孝も、その辺りの議論がほとんど進んでないことを素直

に認めてた。今後はコンセンサス、つまり全体の意見の落とし所を模索する

ことが必要となる。一般人は当面、被害はなさそうだけど、10年後はちょっと

危険かも知れない。

          

とにかく、この番組、中身の充実した見ごたえある35分だった。NHK教育

テレビ、地味ながら頑張ってるね。ま、萌え系キャラはともかく、本物の人

間の安めぐみが可愛かったから、かなり甘めの評価になってるのかも。。♪

    

   

☆追記 記事をアップした夜、たまたま朝日新聞・朝刊1月8日の関連記事

      を発見。「ガラパゴスの先へ 文化変調 第6部 3 機械と異界」。

      昨年秋の「デジタルコンテンツEXPO」で披露された、HRP-4C・

      未夢のステージ動画や反応などが、やや好意的に紹介されてた。

            

      早速YouTubeで150万回以上再生されてる動画をチェック。な

      るほど、教育テレビよりは魅力的に見えたけど、やっぱり後ろの

      本物の女性ダンサー4人の方に目が行ってしまった。あのロボット

      みたいな脚をどうにかするだけでも、印象がアップすると思う。な

      お、一つ前のHRP-4は受注生産で2600万円とのこと。ただし

      女の子ではなく、単なるロボットなのでご注意あれ♪ あと、未夢

      は09年には、初音ミクのコスプレをしてたようだ。)

      

                 

         ☆          ☆          ☆

おっと、やっぱりこの手の話を書くと、時間がかかってしまう。最後に昨夜

の走りについて。前の夜、花粉の大量飛散のせいもあって、調子が悪かっ

たから、昨夜も変な疲れが残ってた。ただ、花粉はかなり減ったようで、鼻

呼吸でも結構大丈夫。試しにまた、環境省花粉観測システム「はなこさん」

で調べると、前の夜の3分の1程度だったらしい。それで大丈夫ってことは、

私はまだ花粉症の一歩か二歩手前だな♪

         

ノートPCが故障したせいで、外付けモニターをつないで変な姿勢で長時間

操作してるから、ここ数日は腰がかなり痛む状況。昔、1日だけギックリ腰

もどきになったことがあるから、用心して公園を周回。ところが後半、ちょ

うど目の前に私と同レベルのランナーが登場したから、またバトルモードに

なってしまった (^^ゞ 

            

夜だし、気を使って距離を空けてたけど、向こうも後ろの私をチラチラとチェッ

ク。抜いたら、絶対ヒートアップするなと思ったから、そのまま後ろで我慢した。

スピードも、最後で1km4分20秒程度。2週間前の、女の子相手の1km3

分台バトルと比べれば、お遊び程度にすぎないね。

          

トータルでは1km4分42秒ペース。かなり中途半端だけど、良しとしとこう。

今日も走る予定だけど、締切前の仕事があるから、ひょっとするとサボっ

ちゃうかも♪ 社会人は仕事が命。スポーツやブログに夢中になってるよう

な人間はダメなのだ。そりゃ、自分か♪ ではまた。。☆彡 

     

  往路(2.45km)   13分13秒  平均心拍124         

  1周(2.14km)    10分35秒        138       

  2周             10分09秒        147  

  3周             9分50秒        153

  4周              9分46秒        157

  5周             9分21秒        166

  6周(0.4km)        1分46秒         170

  復路              10分29秒        161     

計 16km  1時間15分07秒  心拍150(82%) 最大173(ゴール時)

        

                                 (計 4035文字)

| | コメント (2)

花粉症対策には、環境省花粉観測システム「はなこさん」☆

(3日) 雑用JOG 1km

(4日 )RUN&JOG 18km,1時間30分38秒,心拍147

シュンシュン。。別に花粉症患者って訳でもないのに、鼻が痛いんだけど。。

てっきり大量の花粉の飛散だなと思って、日本気象協会の「スギ花粉前線

予測」っていうグラフを見ると、関東2/10とか2/15。エーッ?風邪の

症状とは違うから、時期的に花粉しかないと思うけどな。

      

こうゆう時に役立つのが、ブログ検索♪ Yahoo!で試すと、やっぱりみんな

言ってるな。花粉だよ、絶対。という事は、スギ以外の花粉ってことか。フツー

はこの辺で止める所を、更にデータ探しに飛び回るのがマニアック・ブロガー♪

すぐ発見したお役立ちサイトが、環境省花粉観測システム、愛称はなこさん

どんだけベタな名前なんや! 

       

花粉(訓読みではなこ)、花子「鼻こ」まる(=鼻困る)を圧縮した名前だな。

あっ、はなこさんの「さん」は、「飛」(ひさん)って意味もありそうだね。ウ~

ン、我ながら完璧な分析&解釈だ♪ 大当たりだと思った担当者のあなた!

賞品を送ってね。宛名は、「関東の南西側 テンメイ」で届くはずだ。そりゃ、

個人情報保護のし過ぎか。あっ、関係ないけど、バレンタインデーも宜しく ♡

・・・って、届かんわ!

           

110205a_2

 で、はなこさんに

 よると、やっぱり

 花粉が飛んでるよ

 うで、どうも今夜

 になって爆発した

 らしい。

 まず、左のグラフ

 は大まかなもの。

 これだと小さい赤

丸があるだけだから、少ししか飛んでないようにも見える。1m³(立方メートル)

当たり、僅か1~19個。大きい赤丸が紛らわしいけど、単なる測定局(千葉)

の印だ(訂正: 実際に特別多かったらしい)。妙に鼻が痛い私としては、この

程度のデータだとまだ納得できない。

                                   

110205b

 次に見たのが、今

 シーズンを含む

 シーズンの時系列

 グラフ。これを見

 ると、今年(赤線)

 は去年と比べ物に

 ならないくらい多

 くて、しかもここ

 3日くらいで爆発

 したのが分かる。

       

     

110205c

 最後に、ダメ押し

 的に、ここ半日間

 の数値データを調

 べて、ようやく腑

 に落ちた。なるほ

 ど、私が公園を走っ

 た金曜の夜遅くに、

たまたま爆発的に花粉が飛んだらしい。時間ごとの推移を表の形にまとめ

てみた。「欠測」ってのが笑えるかも。担当者がテレビ見てたわけじゃない

よな。花粉自動測定器の節電か♪

               

   2/4  18時  19  20-23   24        1       2       3       4

             8個     0  欠測  6654  6129   3558    778    237

            

オイオイ! 1立方メートルの中に、1時間平均6654個も飛んでたのか。

1秒当たり2個近く!・・・って、1秒当たりにするとパッとしないね (^^ゞ とに

かく、たまたま一時的に凄まじく花粉が増えた中で走ったってことが分かった

から、納得できた。花粉の量って、時間帯で激しく違うんだね。60へぇ~くら

いか。古っ! 急激に減ってる所を見ると、わりと簡単に地面に落ちるのか。

私の鼻にも1万個くらい入った気がするな。数えてないけど♪

        

どうも、年々確実に花粉症に近づいてる気がするから、この観測システム「は

なこさん」もブックマーク=お気に入りに登録するとしよう♪ エライぞ、環境

省☆ 今後は、雨量や台風の情報みたいに、予測を導入して欲しいもんだ。

そうすれば、花粉の少ない時間帯にランニングできることになる。

    

           

         ☆          ☆          ☆

おっと、予想と全然違う記事になって来たね。昨日、1万字近い大作記事

久々に書いたから、今日は完全に手抜きのつもりだったのに、マトモな記

事を書いてしまった。代わりに明日、手抜きしようかな♪

    

とにかく今夜の走りは、不調だった。まず、例によって夜中の郵便局へジョ

ギングで書留を取りに行く。この書類は単なる速達で十分なんだけどな。ま、

温厚で寛容な小市民に出来ることは、こうやってブログでボヤくことだけな

のだ (^^ゞ  で、その後、ブログに数学の質問が入ってるから、念のため

メールで友人(プロ)とやり取り。マニアック・ブロガーたるもの、万が一

にも間違った応答は許されないのだ。そりゃ、大げさか♪

          

それから着替えて、あんましやる気のないまま深夜の公園に向かう。よっ

ぽどサボろうかと思ったけど、PCトラブルもあって、丸3日間ほとんど走って

ないから、頑張るしかない。鼻呼吸でゆっくり走ってたら、どうも息苦しくて

いから、後半口呼吸に変更。大量の花粉で、鼻が軽く炎症を起こしてたっ

てことか。公園だから、もっと多かったのかも知れない。

    

遅いわりにしんどいなぁと思いつつ、妙に人が少ない公園を、14kmだけ走っ

て帰宅。トータルでは、1km4分50秒ペース。遅っ! 4分43秒くらいで走っ

た気がするんだけどなぁ。この7秒差は大きいのだ。距離に換算すると25m

くらいの差になる。

        

あぁ、今日は愛読者サービスとして、ドラマの話をチラッと書こうかと思って

たのに、もう時間切れ。って言うか、早く記事を書きためて、PC修理に出

さないと、外付けモニターなんて鬱陶しくてやってられない。まだ鼻が痛い

よなぁ・・とか思いつつ、ではまた。。☆彡  

        

  雑用JOG 4km    23分程度   平均心拍125程度

  往路(2.45km)  13分24秒        130  

  1周(2.14km)  10分48秒        143

  2周           10分24秒        149

  3周          10分17秒        155 

  4周            9分38秒        161           

  5周(0.54km)   2分23秒        163

  復路           10分44秒        161

  計 18km  1時間30分38秒        147  最大167(ゴール時)

       

                                   (計 2199文字)

| | コメント (0)

新しい道具、使ってみるための条件~東浩紀&広井良典「論壇時評」(朝日新聞・1月)

(☆2012年2月25日追記: 最新記事をアップ

   現在の中に過去を見ること

      ~高橋源一郎&小阪淳&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・2月) )

            

        

        ☆          ☆          ☆

PCトラブルその他の理由が重なって、丸1週間遅れとなってしまったが、今

回も朝日新聞の論壇時評をレビューしておこう。以下、このシリーズの中で

は過去最長の、1万字近いレビューになってるので、念のため。

           

2011年1月27日の朝刊オピニオン面の特集は、いつものように東浩紀の

時評がメイン。左側には広井良典のコラム、そして下側には小さく、「編集

部が選ぶ注目の論考」を配置してある。

          

久し振りに、上段中央にも目を向けてみよう。東と広井の文章に割って入る

形で、現代社会をイメージした小阪淳CG作品「道」があるが、いつものよ

うに意味不明。ハングル文字やアラビア文字をモチーフに変形したような記

号が上側にあり、下からはエイリアンとウナギの融合体の口みたいなものが

伸び上がってる。ウロコのような模様も不気味で、読み手の解釈どころか、

まなざしさえ拒絶するかのようだ。試しに、「道」を韓国語に翻訳してみたが、

出て来たハングル文字と作品上部の記号は、まったく違ってた。

           

現代美術というものは、意味不明でも鑑賞者が少なくても許される特殊な分

野だが、800万部の全国紙にこれほど大きなスペースを毎回与えるのはど

うだろう。実際、過去ウチで軽く話題に出した時も、このCGへの検索アクセ

スは皆無。むしろ、CGのスペースを半分にして、作者本人か専門家のコメ

ントを付けた方がいい気もする。

          

言語情報が多過ぎるというのなら、半分は他の作者の写真にするとか、あ

るいは一ヶ月交代という手もあるだろう。正直、堅い話が続くページなのだ

から、たとえ「芸術的」でなくても、もう少し素朴な心地良さを与えて欲しい。

一般人としてはつい、平凡でささやかな願いを抱いてしまうのだ。。

       

     

         ☆          ☆          ☆

ではここから、いつものように、まず東浩紀の時評を見て行こう。今回の

タイトルは、「新しい情報環境 道具あるなら使えばいい」。私なら、「・・・

使ってみてもいい」と書く所で、おそらく東が手厳しく批判している西垣通

も、わりと似たような慎重さの持ち主だろう。

    

つまり、「使えばいい」とまで直ちに言えるかどうか、疑問なわけで、西垣

ならもっと踏み込んで、「使えばいいとは言えない」と部分否定するかも知

れない。この辺りの微妙なニュアンスが、実は1月の東の時評の核心に

関わる論点なのだ。

              

去年4月に、東が執筆者になって以来、 もっとも不満をあらわにした時

評は、冒頭から「私的なエピソード」が語られる。そこだけで、本題に関わ

る範囲の3分の1以上に達するエピソードは、正月のテレビ朝日の討論

番組「朝まで生テレビ!」に関するものだ。ツイッターとの連動を売りにし

た企画にも関わらず、スタッフが取捨選択して読み上げるだけで、電話や

ファクスと変わらない状態だったらしい。送信者にとってどうかはさておき、

出演者の東にとっては。

         

ところが、席上では識者がメディアの閉鎖性を語る。そこでが、ツイッ

ターのつぶやきを未編集でスタジオに流せばいいと提案したのに、「苦笑

が向けられた」だけだったようだ。それゆえ、月末恒例の朝日の時評で

情報技術の可能性に対する無理解と無根拠な反発」が非難され、さら

には、論壇におけるその反復」も斬り捨てられることになる。

          

この長寿番組、私も昔は見てたが、ここ数年は全く見なくなってるから、実

際の様子は分からない。ただ、東の文章には無い簡単な指摘を2つ行うこ

となら出来る。まず、あらかじめ彼に、番組でのツイッターの使い方が知ら

されていれば、不満はもう少し小さかっただろうということ。些細な伝達不足

が、問題を大きく感じさせてしまったのではないか。

    

もう一つは、テレビの制約の強さだ。未編集のつぶやきを流すと、どんなリ

スクがあるか。スタッフでなくても容易に想像できるだろう。ツイッターやニコ

ニコ動画と、全国ネットのテレビ番組とでは、制約が違うのは自然なこと。そ

れが分かってるからこそ、他の出演者から「苦笑」がもれたのかも知れない。

つまり、その苦笑は東に向けられたのではなく、自分たちも出演しているテ

レビというマスメディアに向けられた可能性があるということだ。

             

「苦笑」とか世間的反発の話に続いて、東はこう語る。「そのような反発こそ

が現実離れした極論を前提としているのだ。そもそも、ネットを導入すれば

すべての問題が解決だとはだれも主張していない」。まるで、あの討論番組

でバトルがヒートアップした時のような言葉だが、人間味が溢れてるという意

味では悪くないのかも知れない。実際、私が見てた頃のあの番組も、熱い

やり取りや生の感情的表現が、売りの一つだった。

            

とはいえ、それよりも次の文章が決定的に重要だ。「そこに新しい道具があ

るのならとりあえず使ってみる、それこそが知的な誠実さではないのか」。こ

の言葉、この日の朝刊1面の右端にも引用されてたから、朝日の編集部に

は好評だったのだろう。朝日は以前から、東には非常に好意的だし、ツイッ

ターにも基本的に好意的だ。

           

けれども、私は東の言葉にかなり距離を置くし、西垣なら反論するだろう。

もちろん、「無理解と無根拠な反発」などではなく、事態を全体的に理解した

上での冷静な態度表明だ。以下、具体的に論じてみよう。

           

             

          ☆          ☆          ☆

今回の時評の本題に関する範囲で、東は珍しく、3つの文章しか参照して

いない。その内、最初の2つに対しては好意的で、それらは例によって、

ネット、アニメの可能性を肯定的に扱う若手の主張。一方、3つ目に対して

は、おそらく時評の連載全体を通じてもっとも批判的な言葉を投げかける。

それこそ、ネットの危険性を訴える、情報分野の大御所的な識者、西垣通

の主張だ。

             

まず、東が好意的に扱った最初の例、西田亮介のコラムを見てみたい。1

月20日の朝日・夕刊に掲載された文章で、大見出しは「助け合いへの共

感 増幅」。小見出しは「タイガーマスク現象 全国へ」、「『新しい公共』 

考える契機に」、となってる。「新しい公共」は、東の5月の時評テーマにも

なっていた、鳩山内閣以来の概念で、国家が大がかりにもたらす「古い公

共」の対立概念だ。

    

昨年末、40年前の人気漫画『タイガーマスク』の主人公「伊達直人」を名

乗る人物から、児童相談所にランドセル10個が届けられ、その後、似た

ような匿名の寄付が続いてるのは、周知の通り。これを西田は、「日本的

な善意が、オンラインのネットワークのもたらした新しいつながりや欲求に

よって増幅された事件」だとみなす。東も引用したのも、この箇所だ。

       

この匿名の現象が、どの程度ネットと関わっているのかについては、今の

所なんとも言えない。西田の見方の根拠も、ネットで人気のキャラ名の使

用とか、微小な差異の連鎖がネット的だとか、間接的で弱いものしかない。

もちろん、反論の強い根拠もないので、その点は今、流しておこう。匿名性

はネットに限らないが、素早い拡散がネット「的」だという点ならその通りだ。

           

日本的な善意とは、「匿名で、つまり、自らの営利行為とは無関係に支援

を行う『粋』なあり方」のこと。「実名で、寄付者の営利にもつながる欧米型

の寄付とは別物とされ、細部や深読みはともかく、大筋ではもっともな見方

だろう。

         

問題はこの後だ。まず、「欧米型の寄付の導入と既存制度の修正も重要だ

が、人々は新しい寄付の手段を求めている」。新しいという点て言えば、日

本人にとって、実名の寄付もまだ十分新しいはずだ。

   

実際、07年のスタート以降、圧倒的な人気を誇る東京マラソンが、寄付10

万円以上のチャリティー参加を始めたのは、今年の第5回が初めてのこと。

1000人のランナー枠はすぐに埋まって、これだけでも1億円の欧米型寄付

が集まったわけだ。ちなみに、ランナーにとっての「営利」は、特別なシャツ

を着て走ること、あるいは、抽選にもれたにも関わらず参加できる点だろう。

    

一方、昨年末、ドミノピザで時給250万円のアルバイトに選ばれた浜崎リツ

子さんも、実名で地元・宮崎県に義援金を贈ると発表。欧米型とも日本型

とも言えない、フツーの実名の寄付で、かなりの注目を浴びている。ちなみ

に、発表があった昨日だけで、当サイトの関連記事4本へのアクセスは、合

計1000を突破。しかも、真面目に読んでる人の割合が高い。

         

このように、ネット利用の寄付だけが新しいのでもないし、それだけが人気

を持ってるわけでもない。もちろん、それ以外の選択肢として、ネット利用

日本型寄付もあった方がベターだろう。ただし、それは「ひとつの」カギ

あるし、具体的な方法については、既存の例を2つ挙げた後、「考えたい

と書いて、西田のコラムは終わってるのだ。

          

ここで、東が時評に書いた、テレビ討論へのツイッター利用の話に戻ってみ

よう。メディアの閉鎖性を破る「ひとつの」カギがツイッターにありそうだとい

う点は、番組スタッフも感じてるわけだ。しかし、具体的にどのようにテレビ

へと導入するのか、「考えたい」といった態度で差し当たり保留するのは、

「無理解」でも「無根拠な反発」でもない。むしろ、ポジティブに評価すべき

慎重さだろう。

           

少なくとも、テレビ生放送の現場で、出演者の要請に応じて直ちに、不特

定多数のツイートを流すとしたら、楽天的すぎる態度だ。例えば世帯視聴

率が2%なら、深夜という時間帯や内容を考えて、個人視聴率は1.6%

にはなると思われる。日本の人口を掛け合わせると、視聴者200万人に

も達することを、「理解」しなければならない。。

         

              

         ☆          ☆          ☆

東がもう一つ好意的に取り上げたのは、人気アニメ『けいおん!』のファン

たちの行動で、いしたにまさきと福嶋麻衣子が紹介したものだ(『日本の

若者は不幸じゃない』ソフトバンク新書)。ネットを通じた草の根運動が、

歴史的建造物の保存につながったと言うのなら、それはおそらく成功例

だろうという気はするし、そこに可能性を見ることも自然なことだ。

   

追記: この辺り、慎重な態度を示しておいたが、実際今日、2月4日

     に、窃盗事件で少年2人が逮捕された)

                    

ただ、その運動の詳細はさておき、それが「ひとつの」成功例らしきもの

だということは、忘れることは出来ない。その話と、例のテレビとでは、まっ

たく別物だ。ネットを通じた草の根運動ということであれば、テレビ番組を

見た視聴者ネットを通じて議論を深め、価値ある行動につなげるだけ

でも十分だろう。それは、テレビスタッフや出演者ではなく、視聴者側が問

われていることだが、東の批判はそちらには向かない。

             

そもそも、東が好意的に論じた2つの例示だけでは、そこに未編集のツ

イートが必要だという点までは読み取れない。出演番組への不満と、新

聞の時評での議論は、つながってはいるものの、その連結は弱いのだ。

      

               

        ☆          ☆          ☆

最後に、東が真っ向から全面的に批判する、西垣通の主張について。

その批判の仕方は、東が自分で「批判型から提案型へ」と書いてること

を考えても、かなり奇妙なものに思えた。批判だけで、より適切な修正案

も無ければ、独自の解釈らしきものも無い。

             

そこで私は、実際に『現代思想 2011年1月号』を読んでみた。「特集 

Googleの思想」の冒頭に、西垣の「オープン情報社会の裏表」と題する文

章がある。これは、談話を全文12ページにまとめたもので、東が「単純」と

切り捨てる気持ちは一応分かるが、内容はかなり多岐にわたっている。

            

読み始めてすぐ、次の文を見て納得した。「機械的な検索アルゴリズムで

ある Pagerank アルゴリズムは、ネット評論家が力説するように非常に民

主的なのでしょうか」。なるほど、真相はともかく、この言葉に東が反応した

と考えれば、今回の時評の特異性が腑に落ちる。  

     

ちなみに、ここでいうアルゴリズムとは、Googleで検索した際に、多数の

ページをランク付けするためのシステムのこと。この記事も含めて、当ブ

ログの記事には多数の検索アクセスが入ってるが、過半数はGoogleを

通じたもの。特に昨年末、Yahoo!がGoogleのエンジンを採用してから

は、実質的に大半の検索アクセスがGoogle経由となっている。私も、5年

5カ月にわたって毎日更新して来たブロガーとして、常にグーグルを意識

して来たし、読者としても毎日、数十前後の検索をかけてるわけだ。

            

現在のネットで、一つの民間企業にすぎないGoogleが非常に大きな力

持ってるのは間違いない事実。また、その力は有名人や多数派に有利

働くので、その限りでは、ネット全体が一つの方向に進みやすくなってるか

も知れない。さらには、ネットがリアルタイムの情報伝達によって、判断や

決定を高速化してるというのも確かだろうし、一度流出した情報はもはや

収不能というのも事実だ。

             

こうした事を「理解」するなら、ネットには可能性と共に、「危険性も」あるこ

とはすぐ分かるはずで、問題は、そのリスクの評価と、それに対する向き

合い方となる。西垣は、リスクの大きさを強調し、人々がリスクを過小評価

していることを危惧する。東は逆に、可能性の大きさを強調し、日本の論

壇やメディアが可能性を過小評価していることを批判する。

             

もっと根本的で一般的なレベルで言うなら、新しさや変化というものをどう

見るかということだ。東は、それらをポジティブにとらえる傾向が強い。おそ

らくそれは、若者受けの良さにつながってるだろう。それに対して西垣は、

新しさと、事の良し悪しとは、別の話だと考える。そして、Googleとか「ネッ

ト専制主義」といった新しいものについては、警戒を強めるわけだ。ちなみ

に今朝の朝日・朝刊には、エジプトでも変革より安定を求める声が出て来

たことが紹介されている。

             

もちろん、西垣も単にネットを全否定してるわけではなく、今のネットを批判

してるにすぎない。ただ、代案としての、より新しいネットの姿を上手く描き

出せてない点は、かなりの弱みになっている。グローバル=遠隔的なつな

がりよりも人間的で、ローカル=身近なつながりを重視する、「ネオ・サイバ

ネティクス」について語るわけだが、今回の談話だけを見るなら、漠然とし

た夢の域を出てないように思われた。民主主義が本質的にローカルだとい

う主張も、体感的には賛同するとして、理論的には熟考を要するだろう。

          

            

          ☆          ☆          ☆

ネットが日本で一般に普及して、まだ15年前後。ブログが7年、ツイッター

が2年といった所だろう。どれもまだ歴史が浅くて、一体それが何者なの

か、誰もその本質や功罪について、つかみ切れてはいないはずだ。結局、

新しい道具があるのならとりあえず使ってみる」というよりは、「・・・長所・

短所をある程度考えた後、一定範囲で使ってみるのも、ひとつの考えだ」く

らいに留めることこそが、「知的な誠実さ」だろう。

             

個人的には今、ブログに力を注いでるが、ツイッターはまだ様子見。他人

のはたまに読むが、自分でつぶやきたいとはまだ思わない。平均で2500

字程度は書いてるブログと、100字以下が多いツイートでは、あまりにも

違ってる。斎藤環や香山リカのツイッター批判にも、耳を傾ける人が多い。

ネットやGoogle検索は、あまりに使い過ぎてるから少し反省し始めてはい

るが、せいぜい半減させる程度だと思う。使わないことは考えられないし、

西垣も現在、もちろん使ってるのだ。

           

なお、枝葉の問題ではあるが、西垣に対する東の批判の内、機械と人間

に関する部分は、単純なものか意図的なものかはともかく、明らかに的外

れだ。西垣が、ネットには「機械情報」しかないと注意を促すのに対して、

東は「書くのも検索するのも生きた人間」だと反論する。

          

しかし、これは当たり前であって、実質的には反論になってない。西垣が言

う機械情報は、書いた後でネット公開された文章や、検索した後でGoogle

に出て来る結果のこと。我々が直接ネットで目にするのは、こうした機械情

報にすぎないし、そこには生きた人間の「生命情報」以外の要素が忍び込

んでいる。その危険性を訴えたいのだろう。

          

車が通ってる道路に、フラフラ出て行きそうな人を見かけたら、誰でも「

ない!」と叫ぶか、腕をつかんで引きとめる。緊急事態に、「そのまま道へ

出て行くと、車にぶつかる可能性がある一方、素早く渡れる可能性もあり

ます」などと、両論併記的な理屈を慎重にこねる人間はいないのだ。たと

えそれが、本当に緊急事態かどうかは分からないにせよ。

            

最後に、本題とは別に東が挙げた注目論文2つの内、後者には私も注目

していた。『文言春秋 1月号』と『週刊文春 1月20日号』に掲載された、

抗がん剤論争。たまたま身近に、抗がん剤を使い終えたばかりの知人が

いるし、自分もいつその立場に置かれるか分からない。昔から一貫して、

がん治療に厳しい批判を加え続ける近藤誠の議論は、今でもリアルタイム

で注目するに値するだろう。いざという時、あわてたり迷ったりするリスクを

減らすためにも。。
      
       

   

         

          ☆          ☆          ☆

一方、東の時評の左側に位置するコラム、「あすを探る」 。今回は、広井

良典の公共政策論で、タイトルは「成長期終え創造の時代へ」だ。

           

この文章の特徴は、本人が冒頭で書いた文によく表れてる。「少々“壮大

な”話をすることをお許しいただきたい」。「少々」という副詞が不要なほど

壮大な話で、読みながらつい微笑みが浮かんだほど。別にそれは、苦笑

とか嘲笑ではなく、面白すぎる話だから楽しかっただけだ。

         

朝日の論壇時評というと、東の時評ばかりが注目されがちだが、毎月全

体を熟読してる立場で言うなら、「あすを探る」の方が読み応えがあること

が多い。もちろん、そうした印象の差は、広く論壇を見渡した時評と、一つ

のテーマで自説を展開するコラムとの、形式設定上の違いでもあるだろう。

     

時評はまるで、一つの大まかなテーマのもとに、20個前後の長めのツイー

トを行ったようなものにも見える。140×20=約3000字。それに対して

「あすを探る」は、約2000字のまとまった小論文だ。

      

                 

         ☆          ☆          ☆

広井が言いたいのは要するに、人間の成長が止まったように見える現代

こそ文化的創造の時期だ、ということだ。それだけ呼びかけたのでは説得

力に欠けるし面白みもないから、巨大な歴史物語と共に語ることになる。

     

まず、約20万年前に現生人類が現れ、狩猟・採集時代が始まり、人口も増

加する。その後、5万年前には、「心のビッグバン」とか「文化のビッグバン」

と呼ばれる現象が生じた。人類学や考古学によると、その頃、装飾品・絵画・

彫刻などの芸術作品が一気に現れるらしい。同じ頃、人口増加も止まる

    

続いて約1万年前に農耕が成立。再び人口は増加する。やがて紀元前5世

紀前後には、普遍的な原理を志向する思想が地球上の各地で”同時多発的”

に生成。インドの仏教、ギリシャ哲学、中国での儒教や老荘思想、中東での

旧約思想。その頃再び、人口増加が止まる。

     

さらに、約200年前以降は、産業化(工業化)時代。人口が増加する。この

ように、各時代の投書の拡大・成長が成熟・定常期に移行する際、大がか

りな文化的創造が生じたのではないか、というのが広井の仮説である。何と

も壮大な仮説で、そのまますぐに受け入れるのは難しいし、広井自身、心の

ビッグバンなどという革命的変化を否定する意見さえあることを認めている。

      

           

         ☆          ☆          ☆

ただ、その仮説が正しかろうが、間違っていようが、広井の主張は同じなの

だ。人類史における”第三の定常期”への移行期であろうがなかろうが、

を「変化の止まった退屈で窮屈な社会」などとネガティブにイメージせず

文化的創造の時期だとポジティブにとらえよう、という明るい提言、あるいは

激励である。

             

過去200年ほどの、市場化・産業化・金融化といったベクトル(=矢印)か

ら解放されつつあると考え、時間より空間(=地域性)を重視。ポスト資本

主義として、創造的な福祉社会を目指そう。そう言われれば、つい笑顔で

頷きたくもなるが、そもそも今、地球規模で本当に定常期に入りつつある

のかさえ定かではない。まだ拡大期のようにも思われるし、日本だけ見て

ると、逆に縮小・衰退期に入りつつあるような気もしてしまう。

      

まあ、現状を細かく見渡すと、暗い部分ばかりが気になるからこそ、壮大

な歴史物語のもとで明るく進もうという話だろう。公共政策の代表的な

究者の一人が、朝日新聞で一般人向けにこのような構想を描くのは、

笑ましくて、いい事だと思う。研究者レベルでは、トンデモ系に近く聞こえ

てしまう事くらい、本人もよく分かってるし、読者にも感じ取れるはずだ。

理由づけが正しいかどうかは、大した問題ではない。

     

スポーツの世界でも、イメージトレーニングの大切さがしばしば語られる。

自分が素晴らしい成果をあげられるかどうか、それを冷静に考えることと

は別に、とにかくポジティブなイメージをもつこと。案外、必死にトレーニン

グしたり、研究したりするよりも、素朴で有効な方法かも知れない。ただし、

イメージの現実化のレベルでは当然、具体的で緻密な考察や議論、大胆

な決断、粘り強い実行力が要求されるわけだ。

        

もちろん、良いイメージとは人それぞれであって、広井の語るモデルを好

む者もいるだろうし、まだ拡大・成長期だとみなす方を好む者もいるだろ

う。人文系なら、逆に縮小・衰退期とみなすのを好む人も少なくなさそうだ。

いずれにせよ、広井の壮大なおとぎ話が、一部の人に笑顔と希望を与え

るのは間違いないような気がする。とりあえず私は、笑顔をもらうことが出

来ただけで満足だった。ビッグバン的創造は、他の人に委ねるにせよ。

     

           

          ☆          ☆          ☆

未編集のツイッターをテレビの生放送で流すことには、それなりのリスクが

ある。また、一企業がネットに巨大な力を行使する現状には、遥かに巨大

なリスクが想像される。それに対して、広井の新しい仮説を受け入れること、

生産的営みの道具として援用することには、さほどリスクがないだろう。お

まけに、受け入れない自由さえ十分あるのだ。

    

「新しい道具があるのならとりあえず使ってみる」と言えるのは、あくまでリ

スクが一定限度内に収まってる場合。あるいは、リスクを凌駕するメリット

が期待できる時だ。しかも、そういった時でさえ、実は無意識的に使わされ

てるのではないかという可能性を、一度考えてみるべきだろう。

     

使わされる、強制されることは、必ずしも悪い事ではないし、メリットも期待

できる。義務教育などは、その最たる例だろう。けれども、知らない内に支

配されることのリスク、短所から目を逸らすのは、知的誠実さとは遠く離れ

た姿勢であるはずだ。

                  

それでは、今回はこの辺で。。☆彡

    

    

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.東浩紀とネットが開く新たな言論空間~朝日新聞「論壇時評」 (4月)

  「新しい公共」と他者への理解~東浩紀「論壇時評」(朝日新聞・5月)

  理想を語り、現実を変えること~東浩紀「論壇時評」(朝日新聞・6月)

  政策の「事後的」評価としての選挙

              ~東浩紀&香山リカ「論壇時評」(朝日新聞・7月)

  建設的な哲学とネット共同体への「期待」

                    ~東浩紀「論壇時評」(朝日新聞・8月)

  よりどころの崩壊、新たに築く試み

             ~東浩紀&松井彰彦「論壇時評」(朝日新聞・9月)

  世論調査、ファスト政治、ポピュリズム

             ~東浩紀&福岡伸一「論壇時評」(朝日新聞・10月)

  中国の異質性、東アジアの同一性

             ~東浩紀&李鍾元「論壇時評」(朝日新聞・11月)

  情報公開の境界、資格付与の区切り

             ~東浩紀&松井彰彦「論壇時評」(朝日新聞・12月)

  つながりと祝祭、これからの革命と善意

              ~東浩紀&香山リカ「論壇時評」(朝日新聞・2月)

  各個人が独自メディアとして議論すべき時

              ~東浩紀&苅部直「論壇時評」(朝日新聞・3月) 

      

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  震災後、身の丈超えぬ「ことば」に希望

              ~高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞)

  どの常識をどう疑い、何に立ち向かうのか

      ~高橋源一郎&平川秀幸&小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・12月)

  対称的な関係の中にある前進

      ~高橋源一郎&小阪淳&森達也「論壇時評」(朝日新聞・1月)

  現在の中に過去を見ること

      ~高橋源一郎&小阪淳&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・2月)     

     

                                  (計 9890文字)

| | コメント (0)

しばらく外付けモニターで我慢、その後でPC修理の予定

通勤JOG 3.5km,22分程度

フーッ、一息つけたって言うか、諦めの境地と言うか。31日からおかしくなっ

たパソコンのモニターは、1日の夜、一気に悪化。もう、ほとんどライトが消え

たままの状態だ。明るくなるのは、最初に電源ボタンを押してから数秒と、ス

リープから復帰させた時の一瞬。

     

他には、今夜になって気付いたけど、ノートPCのモニターを1回閉じた後、非

常にゆっくり開くと、途中で一瞬明るくなることがある。短くて0.1秒、長くて2

秒。やっぱり、モニターと本体の連結部の接触トラブルかなと思って、何度も

開閉したり、あちこち軽く力を加えたりしたけど、残念ながらどうしても直らな

。時間と精神的エネルギーを浪費するだけだから、そろそろ諦めるとしよう。

            

110203e

  で、早速、長期保証

  の窓口に電話したい

  んけど、夜は受付終

  了。そこで渋々1年

  7ヶ月ぶりに取り出

  したのが、外付けの

  液晶モニターだ。

  17型・SXGA

  (1280×1024)、

  SHARPのディス

  プレイ、Crisia

(クリシア)・・・とか書いても、誰も知らないわな♪ 私もさっきまで、サイズ

さえ完璧に忘れてたほど (^^ゞ

    

110203c

  当然(?)、使い方

  も忘れてるし、マニュ

  アルも見つからない。

  仕方ないから、画面

  が暗くてほとんど見

  えないノートPCを

  使って検索。シャー

  プのサイトからマニュ

  アルとカタログを

ウンロードして、ノートPCと連結。オーッ、映った☆ そりゃ、フツーか♪

         

いや、でも、使わないしジャマだから、捨てようかなとか思ってたモニターなの

だ。こうゆう時だけ活躍するんよな。元々、2つ前のノートPCのモニターが壊

れた時、一時的に使うために買ったもので、半年くらい(?)で次のPCを買っ

たから、使わなくなった。その後は、そのPCが一昨年5月にクラッシュした際、

1ヶ月ほど使っただけ。後の期間はずっと、大きくて重い邪魔物に過ぎなかっ

た・・って、そりゃ失礼だろ! 困った時の大切なサポート要員なのに♪

      

実際に使ってみると、何の問題もなくて、今のPCのモニターより大きいし画面

キレイだから、むしろ良くなった感もある。ただ、ノートPCとコードでつないで

るから、やっぱり不自由で不便。まあ、1週間くらいこれで我慢して、その間に

色んな事を片付けて、それからPCを修理に出すとしよう。下手すると2週間く

らいかかるかも知れないから、ブログの記事も下書き状態で書き溜めといた

方がいいかも。。

      

     

         ☆          ☆          ☆

ちなみに今夜は 藤木直人『CONTROL』の視聴率グラフも、年ごとの平均

視聴率グラフも、ちゃんと更新した。下がる一方だから見たくない? あっ、そ

う。まあまあ、そう言わず♪ こんな状況でも、きっちりアフターケアをしてるの

だ。エライぞ、自分! ただ、流石に前夜(1日)の第4話は見れなかった。一

応トライしたけど、まだ外付けモニターは使ってないから、ほとんど見えないモ

ニターのまま。ドラマの画面だと暗過ぎてほとんど判別不能だったわけ。全体

的に白っぽいものなら、何とか見えるって程度だ。ブログの管理画面とか。

      

110203d

  ウチのサイトも比較的見やすい

  から、頂いた2つのコメントにも

  しっかりレス。とはいえ、不便で

  イラつくから、久々にお魚スナッ

  ク『カリッこ』をバリボリ食べた♪

    

  前回、ごく  一部にウケた(?)

  のは、『カリッ  こいわし』で、味

  はかなりキツかったけど、今回の

  『カリッこえび』そこそこ美

味しい♪ 歯ごたえはフツーのスナックより遥かにあるから、堅焼き煎餅を食

べるような気分も味わえる。キャノーラ油使用で、カルシウパワーの詰まっ

栄養機能食品。B級グルメ食品として、是非試して頂きたいスナック菓子

だ。魚介売り場で138円だったかな。

      

という訳で、トラブルにも負けず、今日も無事更新終了♪ 芸能人は歯が命、

持久系アスリートは粘りが命なのだ。終わりにする前に、そうそう。今日の走

りは、例によって通勤ジョギングのみ。距離は3.5km強だけど、荷物が大

きくて重かったから、4.5kmには値するだろう。セコイわ! あぁ、また今日

も寝不足かぁ。ではまた。。☆彡 

     

                                  (計 1673文字)       

| | コメント (0)

11年1月の全走行距離&PCトラブル続報(深刻・・)

(31日) RUN 21.1km,1時間39分32秒,心拍154

ダメだ。パソコンが非常に怪しい。。さっきも、起動後5分もしない内に、真っ

暗な画面に。ノートPCだから、モニターを寝かせて上から蛍光灯の光を当て

ると、かすかに画面は見えるんだけど、ほとんど使い物にならない状態だ。

やっぱり、「電源オプション」の設定を変更しただけじゃ、ダメだったか。その

後、一度終了して、再度立ち上げると、今度はデスクトップが映った直後に

消えてしまった。過去最速って言うか、最悪。。

       

それから、もう一度終了して、30秒後に立ち上げたのがの状態。既に

20分以上、画面は明るいまま。やっぱりどうも、バックライトの物理的故障

ではなくて、起動時に何かソフト的なトラブルが生じてるようだ。起動後、デ

スクトップ画面が映った後、2、3分ほど画面が軽くチラついて、その間HDD

が少し動いてる。何となく、ソフト的トラブルと、電源コードの接続部の些細

なトラブルが融合してる気がするけど、まだよく分からない。まあ、マトモに

映ってる内に、できる事をサッサと終わらせよう。事態がどんどん悪化して

来た気がするのは確かだ。。

         

(☆追記: とうとう最初のBIOSの画面まで真っ暗になってしまった。もう

       ダメっぽいね。今も真っ暗な画面で操作中。修理費の見積も

       りをメーカーHPで調べると、81900円・・・フーッ。。)

         

           ☆          ☆          ☆   

とにかく、そうでなくても色んな用事であおられてる状況なのに、PCトラブル

まで発生したから、1月最終日はもう走るのを止めようかなとも思ったけど、

去年の1月東京マラソン前でかなり走り込んでたから、あんまし負けるの

も自分で不愉快だ。PCのことで頭が一杯なんだけど、渋々着替えて、気温

1度の屋外へスタート。まあ、週間予報を見ると、寒さはこの日がピーク

たいだね。

    

前々日に16km、前日も18km走った後だから、序盤は慎重に走り出した

けど、脚はそれほど重いわけでもない。ちょっとダルくて、バネが弱ってる

度かな。別に、痛い箇所もないから、キレイな星空を見上げながら、地道に

周回を重ねていく。冬のダイヤモンド(大六角形)って、覚えると便利な名前

だね☆ 自然と、夜空に親しみが湧く。顔なじみがまた来てるなって感じだ♪

ちょっとずつ、位置をズラシながら。        

            

それにしても、寒さのピークだからか、東京マラソン前にしては走ってる人

が少ないね。去年の今頃はもっとランナーがいたと思うな。一応、時々ラン

ナーを見かけるんだけど、引っ張ってもらえるような手頃な人はいない。速

いランナーは、私を抜いた後、1km程度で止めてしまうか、消えてしまう。

そういえば、陸上部の学生らしき超高速ランナーも含めて、いまだに周回

遅れにされたことはないな。あんまし自慢になんないか (^^ゞ

             

寒くて淋しい公園を、鼻呼吸でゆっくり4周走った後、残り3周半口呼吸で

やや速め。と言っても、1km4分半程度。まあ、無難にハーフ21.1kmの

ノルマを果たして、トータルでは1km4分43秒ペース。ボチボチだね♪ 余

裕もあるし、どこも痛めなかったから、OKでしょ。

     

これで1月は、走行距離の目標をギリギリ達成したから、2日ほどサボろうか

な♪ いや、仕事とブログとPCトラブルだけでも大変なのに、他にも色々重

なってしまったのだ。時間的にも精神的にも、かなりキツイ日の連続。ま、あ

と半月ほどで一通り片付くと思うから、何とか頑張ろう。PCにももっと頑張っ

て欲しいよな。まだ買ってから、僅か1年7ヶ月なんだから。。    

   

  往路(2.45km)   13分05秒  平均心拍128   

  1周(2.14km)  10分45秒        147 

  2周           10分12秒        152 

  3周          10分24秒        153  

  4周           10分02秒        154        

  5周           9分44秒        158  

  6周            9分40秒        160  

  7周           9分35秒        162   

  8周(1.22km)    5分35秒        162 

  復路            10分30秒        161

 計 21.1km  1時間39分32秒      154(最大169 ゴール時)

           

          

           ☆          ☆          ☆

一方、1月の全走行距離は、

          RUN 280km ; BIKE 0km

   

うん、OKでしょ♪ ランニングの目標280kmを最後にギリギリ達成したの

は大きい。ラスト3日で55km走ったもんね。ま、フルマラソン連続101日

とかと比べると、お遊び程度だけど (^^ゞ

     

自転車は、途中何度か乗ろうとしたんだけど、その分の時間をランニング

に回したって感じだ。別に乗る気がないわけじゃない。ただ、今は寒い

ら、面倒なチェーン交換をやる気は全くしないね。2月に入って、少し乗る

としても、たるんだチェーンでのんびり回す程度かな。交換は4月か5月で

いいと思ってる。どうせ乗鞍ヒルクライムは8月末だし、本気で走り始める

のは7月からだし。その発想が、激しく間違ってるのかも♪ 

       

2月は日数が短いし、既に他の予定が色々入ってるから、目標としては

ンニング270km自転車は1回乗ればOK♪ その後、3月はかなり頑

張って、4月のフルマラソンで5年ぶりに自己ベスト更新の予定。ではまた☆彡

    

110201

      

110201b

| | コメント (0)

全記事一覧(11年1~3月)

110417

         

もっと天気が良ければなぁ。。sweat01 ま、春のお約束ってことで、先日の戸田・彩湖

フルマラソンで撮った桜の写メを飾っとこう cherryblossom 今日走った代々木公園では、も

う桜はほとんど散った後 clover 「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世

にふる ながめせしまに」(小野小町) virgo いい歌だね cute 百人一首の高校チャ

ンピオンとして絶賛しとこう・・・って自慢かよ note 自分の母校の中だけでね happy02

          

全記事一覧(10年10~12月)10年7~9月10年4~6月10年1~3月

09年10~12月09年7~9月09年4~6月09年1~3月08年10~12月

08年7~9月08年4~6月08年1~3月07年10~12月07年7~9月

07年4~6月 も宜しくね note 公開から5年7ヶ月 yacht 2000日連続更新突破 run

     

         ☆          ☆          ☆

長距離走3本目、最難関33.2kmをクリア♪  ランニング 3/31

仕事であおられてるので、単なる日記の連発・・  テレビ,日記 3/30 

原発・放射能関連の記事を新たに書こうとして失敗した夜・・  日記 3/29

長距離走2本目&レースは何とドリンク持参・・!  ランニング 3/28

休日出勤の後、夜の渋谷に立ち寄って思った事、色々・・  日記 3/27

レース直前の長距離走1本目&携帯電池交換  ランニング,日記 3/26

下半身用のモノを久々に見た若奥様が歓声をあげた話とか♪ 日記,ラン 3/25

ソフトバンク携帯の電池のポイント交換でイラついたお話♪ 携帯,ラン 3/24

雨の長距離ランニングで浴びた放射性物質の計算(by定時降下物データ)

                               科学,ラン,健康 3/23

SMAP×SMAP『いま僕たちに何ができるだろう』、軽~い感想♪ 

                                  テレビ,芸能 3/22

シーベルト、グレイ、ベクレル~放射線・放射能の単位について

                               科学,健康,ラン 3/21

板橋City(旧・荒川市民)マラソンの2年連続中止と、塞翁が馬 ラン,文芸 3/20

原発から各地までの距離と、放射線の年間総量(by文科省データ)

                              健康,社会,ラン 3/19

平成トイレットペーパー騒動、伝説の昭和より早めに収束か・・ 社会,ラン 3/18

地震から丸5日間、スーパーで食パンを見てない話とか  日記,ラン 3/17

放射線(放射能)の危険性と距離~2つの逆二乗法則(情報源明示)

                              科学,健康,社会 3/16

闇来たりなば、光遠からじ  日記,ラン 3/15

周囲の無事はほぼ確認できたものの・・  日記,ラン 3/14

中部・関西などの節電は「無意味」ではない~電力の総合的考察(情報源明示)

                                  ニュース,社会 3/13

原子力発電所で爆発、放射能が放出・・実感できない現実 ニュース,ラン 3/12

過去最大の強烈な地震!一瞬、覚悟したほど・・  ニュース,日記 3/11

急性腰痛のダメージから少しずつ回復・・  ランニング,日記 3/10

合理的選択理論に則して、早めに就寝♪  テレビ,心理学,ラン,日記 3/9

三角関数の極限「sinθ/θ→1 (θ→0)」の証明とアルキメデス  数学 3/8

ハーバード大講義「科学と料理」の数式~朝日新聞・GlOBE

                         クッキング,科学,数学,ラン 3/7

つながりと祝祭、これからの革命と善意

   ~東浩紀&香山リカ「論壇時評」(朝日新聞・2月) ネット,政治,社会 3/6

北海道土産のお菓子の話と写真とか♪  お菓子,旅行,日記 3/5

今頃ようやく都庁の展望室に昇ったけど、何か♪  日記,ランニング 3/4

罪、罰、教育~京大入試ネット投稿事件の感想  教育,ネット,社会,ラン 3/3

東京マラソン2011、芸能人・有名人の結果(タイム)  ランニング,芸能 3/2

北海道ルスツ・スキー場、ゲレンデ・ホテル・イルミネーション☆ スキー,旅行 3/1

     

            ☆   ☆   2月   ☆   ☆

11年2月の全走行距離  ランニング,自転車 2/28

念のため、携帯で今日の更新  モブログ(携帯投稿) 2/28

北海道No.1スキー場、ルスツリゾートに滞在中♪  スキー 2/27

北海道ツアー中♪  モブログ(携帯投稿) 2/27

超久々に食べたマクドナルドのハンバーガーの話とか♪  日記 2/26

東京マラソン2011、午後から雨でも暖かいからOK  ランニング 2/25

東京マラソン2011に出場予定の有名人(芸能人、優勝候補ほか) 

                               ランニング,芸能 2/24

作られた記憶、目撃者の証言~心理学・法・歴史の結び目 

                            心理学,テレビ,ラン 2/23         

第20回たかの友梨エステティックシンデレラの感想  ダイエット,ラン 2/22

ブログ公開以来、2000日連続更新☆  ブログ,ラン 2/21

もしブログの男子マネージャーがドラッカーの萌え版『もしドラ』を読んだら♪

                                   書籍,経済 2/20

スポーツの栄養補給にもいいバナナ、冷蔵庫保存は厳禁か グルメ,ラン 2/19

仕事と雑用に追われる日々・・マニアックな記事を書きたい・・ 日記,ラン 2/18

完全徹夜で仕事に追われた後のつぶやき(再び眠り姫のコメ付♪) 

                                  日記,ラン 2/17

仕事とメールであおられ中・・(眠り姫アンナちゃんのコメントあり♪)  

                                日記,ランニング 2/16

完結してない行動の方が記憶に残る~ツァイガルニク効果 心理学,テレビ 2/15

制服ニーハイ女子高生・武井咲の真相、とか書いてる場合じゃないけど・・

                               テレビ,日記,ラン 2/14

ツイッターのリンクは「bit.ly」の短縮URLを使ってるのか ネット,ラン 2/13

安田美沙子、マラソン・サブフォー(4時間切り)の次はトライアスロン☆

                               ラン,芸能,日記 2/12

バレンタインデー、片思いの本気チョコは昔話なのか・・ 日記,お菓子,ラン 2/11

昨日のヒット記事2本&医師の白衣着替えは週1回♪ ブログ,医療,ラン 2/10

人間は期待通りに成長する~ピグマリオン効果(教育心理学)

                         心理学,教育,テレビ,ラン 2/9

裸足の原始的ランニングと現代人~『BORN TO RUN』(朝日GLOBE)

                               ランニング,書籍 2/8

仕事で徹夜明けだから、軽いつぶやきで・・  日記,ラン 2/7

音声合成ソフトと女性CG・ロボットの妖しい魅力♪~NHK『サイエンスZERO』

                                  PC,テレビ,ラン 2/6

花粉症対策には、環境省花粉観測システム「はなこさん」☆ 健康,ラン 2/5

新しい道具、使ってみるための条件

   ~東浩紀&広井良典「論壇時評」(朝日新聞・1月) ネット,社会,文芸 2/4 

しばらく外付けモニターで我慢、その後でPC修理の予定 PC,日記,お菓子 2/3

11年1月の全走行距離&PCトラブル続報(深刻・・) PC,ラン,自転車 2/2

全記事一覧(11年1月~)   全記事一覧 2/1

      

            ☆   ☆   1月   ☆   ☆

モニター画面が時々消える!・・PCの電源管理かバックライトか PC,お知らせ 1/31

音信不通の旧友の実名ツイッターを発見♪、でも・・  日記,PC,ラン 1/30  

またしても不満が溜まる1日、もうすぐサッカーだし♪ 日記,ランニング 1/29

時間が足りなくて、あれもこれも出来ない状況が継続中・・  日記,ラン 1/28

ランニング人口の意外な推移~『レジャー白書』(ジョギング・マラソン)

                               ランニング,日記 1/27  

友人と3時間おしゃべり♪、予定はガタガタ・・  日記,ラン 1/26

冴えない日、2日目のつぶやき♪  日記,ラン,テレビ 1/25

ボーッとテレビを流し見しつつ、冴えない24時間を回想・・ 日記,テレビ,ラン 1/24

パズル「スクエアカット」(難易度4)と、「花まる先生 体積と重さ」(朝日新聞)

                             ゲーム,数学,教育 1/23

1km3分台の高速女性ランナーとバトル&各種話題1行コメント集 

                            ランニング,ニュース 1/22

間寛平アースマラソン・地球一周41040km、おめでとう☆ ラン,テレビ 1/21

何で深夜の郵便局に行列が出来てるんだよ! 日記,テレビ,ラン 1/20

D・モリスの「自己親密行動」(self-intimacy)など 心理学,テレビ,ラン 1/19

センター試験の『ゴジラ』と、『ウルトラセブン』第12話欠番問題 

                              教育,テレビ,社会 1/18

制服でニーソックスの女子高生は実在するのか♪ テレビ,ファッション,ラン 1/17

鷲田清一の住宅&身体論「身ぶりの消失」~2011センター試験・国語

                                 文芸,教育 1/16

クーパーテスト(12分間走)における最大酸素摂取量(VO2MAX)の計算式4種

                                ランニング,科学 1/15

久々にワープロ専用機を使ったら腰痛発生・・  日記,ラン 1/14

フルマラソンのダメージは最大3ヶ月も続く可能性があるのか・・ ラン,日記 1/13

単なる日記&『CONTROL』第1話の感想(辛口♪) テレビ,日記,ラン 1/12

連続100日フルマラソン達成、おめでとう♪~101日目も完走☆ ラン 1/11

書籍電子複製の代行業&「写真の死」~デジタル時代の二側面

                       PC、デジカメ、文芸,ラン 1/10

同じ数ずつ分ける計算、割り算~小学校の算数4  数学,教育 1/9

バブル崩壊以降、スキー&スノーボード人口の推移~『レジャー白書』他

                             スキー,ランニング 1/8

あまりの眠さに、記事の下調べだけで精一杯・・ ブログ,日記,ラン 1/7

ドミノピザ時給250万円のバイト内容、ギネスブック申請の長距離宅配

                               社会,日記,ラン 1/6

正月明けは色々と充実・・と言っとこう♪  ブログ,ランニング,日記 1/5

2010年、検索ワード&フレーズ・ランキング  ブログ,日記,ラン 1/4

2010年、記事別アクセス・ランキング  ブログ,日記 1/3

初ランその他、年末年始のつぶやき♪  日記,ランニング 1/2

☆謹賀新年 2011☆&紅白歌合戦  日記,テレビ,芸能 1/1

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »