« 花粉症対策には、環境省花粉観測システム「はなこさん」☆ | トップページ | 仕事で徹夜明けだから、軽いつぶやきで・・ »

音声合成ソフトと女性CG・ロボットの妖しい魅力♪~NHK『サイエンスZERO』

RUN 16km,1時間15分07秒,心拍150

二千数百本もの記事を毎日書き続けて来ても、いまだにヒットするかしない

かは読みにくい。一連のドミノピザの超高額アルパイト記事は、全く予想外

の大ブレーク☆ 逆に一昨日の大作記事(1万字近く)は、8日遅れのお堅い

マニアック・レビューだから、イマイチかイマニなのは織り込み済みだった。

24時間で、ウチへのリンク付記事1つ、ミクシィの書き込み1つ、ツイート1

つ、生み出したから、アクセスの少なさはさておき、むしろ健闘かも知れない。

     

でも、昨日の花粉症記事は、これほどハズれるとは思わなかったな (^^ゞ 

去年夏の「暑さ指数」、WBGT(湿球黒球温度)の記事が意外にヒットした

から、天候&健康ネタで二匹目のドジョウを狙ったんだけどね。色々と大変

な中、マジメに書いてるのに大外れだとカチンと来るから、今日はもうやる

気なし。投げやりな超手抜きランニング日誌で終わりにしよう・・・ってことに

はならないのだ♪ 持久系アスリートは粘りが命☆

       

と言うより、相変わらず「躁」状態気味で、喋りたくてウズウズしてしまう。今日

もともと、数学ネタで軽く喋るつもりだった。一昨日(2月4日)の朝日新聞・

朝刊オピニオンページは、ほぼ1面全体を使って、シリーズ「耕論」を掲載。

今回のテーマは「数学に萌える」♪ 3人の識者(高橋一雄、佐藤雅彦、冲方

丁=うぶかたとう)のインタビューを、まとまった談話の形にまとめてある。一

方、5日の朝刊「私の視点」では、「『日用算』離れ」、「生活の数量感覚 取り

戻せ」と題する主張が掲載されてる(岡部進)。

      

今日は、この4人の文章に軽くコメントしようと思ってたけど、堅い理屈が続き

過ぎてるなと思って反省。代わりに、萌え系ネタの知的なテレビ番組を扱おう。

サイエンスZERO』。あんまし変わらないか♪ 題名だけだと日テレみたいな

気もするこの番組、実はNHK教育。ウチの地デジの電波状況だと、教育テレ

ビはずっと入らなかったんだけど、たまたま先日からギリギリ入るようになった

から、試しに見てみたわけ。最近キレイになって色気も出て来た、安めぐみ

アシスタントやってるし♪ こないだの『週刊朝日』の表紙も良かったな。。

    

         ☆          ☆          ☆

で、番組の今回のタイトルは、「ヒット連発!!あのボーカルソフトの秘密」。

話題としてはやや流行遅れとはいえ、歌声合成ソフト初音ミク」その他の

活躍が凄いのは確かで、誰でも噂くらいは耳にしてるだろう。ミクを踊らせ

る3Dアニメ作成ソフト、「MikuMikuDance: MMD」も大ヒット。個人的には、

やたら長い青緑色の髪に付いていけないし、ルックスにも歌声にもあんま

し萌えないけど、名前と超ミニスカとニーハイがいいから、トータルの印象

は悪くない。元々の技術は、YAMAHA(ヤマハ)の技術・VOCALOID(ボー

カロイド)だ。

                

番組内容は、教育テレビだから流石にきっちりしたもので、映像やデータ無

しにここで伝えるのはなかなか難しい。そこを頑張ってみると、例えば「あさ

とソフトに発音させる時は、「あ」と「さ」の間(つなぎ目)の滑らかさがポイント

になる。また、笑いを取りたいのか、『大漁船』なんて演歌を映像付きで反復

使用。プロの歌声を真似て、プログラムを進化させる過程を見せてくれた。

                           

演歌独特のビブラートの他、音が上がる時には一旦下げて(プレパレーショ

=準備)、その後少し余分に挙げる(オーバーシュート=行き過ぎ)のがポ

イントらしい。まあ、すべての曲と箇所でそうなってるか、ちょっと怪しい気は

する。ただ、番組が注目した箇所での、人間と修正前ソフトとの違いがそうだっ

たという話で、要するに、科学的に違いを分析して、機械を人間に近づける

プロセスを見せてくれたってことだ。

         

他には、ゲストの産業技術総合研究所・後藤真孝が開発した、女性型ヒュー

マノイドロボット・HRP-4C未夢(ミーム)の紹介。名前、長いわ! 頑張っ

てるのは分かるんだけど、スタジオでも正直な声が出てたように、可愛いと言

うよりは「不気味」だった。あれじゃあ、使えない。何に?♪

         

HONDA(ホンダ)の2足歩行ロボット・ASIMO(アシモ)なら、人は笑顔で受

け入れるのに、人間との距離が微妙な所まで縮まると、人間はそれを一気

に不気味と感じるようになる。この急激な否定的変化を「不気味の谷」と呼ぶっ

て話は、前に聞いたことがあった(提唱は70年、ロボット工学者・森正弘)。

       

まあ、その谷を超えて更に人間に接近すれば、単なる可愛い女の子になるん

だろう。すでに、人間の肌に近い素材は開発されてるようだし、後は時間と値

段の問題。いよいよ、夢のような時代がやって来るのだ・・・って、どんな夢? 

あんな事とかそんな事が、自由に出来てしまうんでしょ♪ そもそも、この種

の話に出て来るのが、可愛い女の子ばっかって事が、目的を如実に表してる。

ま、研究者の大半が男だし、ちょっとオタッキーとかアキバ系入ってるしね。

       

          ☆          ☆          ☆     

番組の終盤は、安めぐみが名古屋工業大学の国際音声技術研究所を訪問。

安が数曲歌った後は、その声のデータを使って、歌声合成システム・Sinsy

が他の曲を歌ってみせた。こうゆう時、アシスタントの女性の立場は困るね♪

当然、褒めなきゃいけないけど、単なるお世辞のウソだとテレビ的に苦しい。

その辺り、安めぐみビミョーな反応が面白かった♪ ま、確かに似てるけど、

横に本人がいなくてシステムの音声だけなら、安めぐみとは思わないだろう。

            

システムの実質的開発者は、研究所代表・徳田恵一教授ではなく、大浦圭

一郎・助教とのこと。部屋で黙ってパソコン操作してた人かな。若手の有望

な研究者として頑張って頂きたいもんだけど、素人としては、大学HPのpdf

ファイルの書き方をどうにかして欲しい。専門用語だらけで、一般人には非

常に分かりにくい文書になってる。実際、唯一の参考文献が、情報処理学会

の研究報告。専門家レベルの文章なのだ。

             

なお、このSinsyというシステムの企画も、後藤氏の示唆によるものらしい。

大物なのかね。多分、家で一人で、もっと高性能のロボットをこっそり「使っ

てる」はずだ。私にも貸して欲しいな。コラコラ♪ そうそう。名古屋工大

Dモデル「めいちゃん」は、ピンクの制服(ベスト)が似合って可愛かった。出

来れば、ショートじゃなくロングヘアにして欲しい。まあ、CGだから、ロボット

のかつら変更と比べると、遥かに大変なんだろうね。

             

ちょっと心配になるのが、人間に近いロボット開発が必然的に持つ、負の側

プロの歌声を真似してCDを作った時の権利問題とか、オレオレ犯罪的

悪用とか。後藤真孝も、その辺りの議論がほとんど進んでないことを素直

に認めてた。今後はコンセンサス、つまり全体の意見の落とし所を模索する

ことが必要となる。一般人は当面、被害はなさそうだけど、10年後はちょっと

危険かも知れない。

          

とにかく、この番組、中身の充実した見ごたえある35分だった。NHK教育

テレビ、地味ながら頑張ってるね。ま、萌え系キャラはともかく、本物の人

間の安めぐみが可愛かったから、かなり甘めの評価になってるのかも。。♪

    

   

☆追記 記事をアップした夜、たまたま朝日新聞・朝刊1月8日の関連記事

      を発見。「ガラパゴスの先へ 文化変調 第6部 3 機械と異界」。

      昨年秋の「デジタルコンテンツEXPO」で披露された、HRP-4C・

      未夢のステージ動画や反応などが、やや好意的に紹介されてた。

            

      早速YouTubeで150万回以上再生されてる動画をチェック。な

      るほど、教育テレビよりは魅力的に見えたけど、やっぱり後ろの

      本物の女性ダンサー4人の方に目が行ってしまった。あのロボット

      みたいな脚をどうにかするだけでも、印象がアップすると思う。な

      お、一つ前のHRP-4は受注生産で2600万円とのこと。ただし

      女の子ではなく、単なるロボットなのでご注意あれ♪ あと、未夢

      は09年には、初音ミクのコスプレをしてたようだ。)

      

                 

         ☆          ☆          ☆

おっと、やっぱりこの手の話を書くと、時間がかかってしまう。最後に昨夜

の走りについて。前の夜、花粉の大量飛散のせいもあって、調子が悪かっ

たから、昨夜も変な疲れが残ってた。ただ、花粉はかなり減ったようで、鼻

呼吸でも結構大丈夫。試しにまた、環境省花粉観測システム「はなこさん」

で調べると、前の夜の3分の1程度だったらしい。それで大丈夫ってことは、

私はまだ花粉症の一歩か二歩手前だな♪

         

ノートPCが故障したせいで、外付けモニターをつないで変な姿勢で長時間

操作してるから、ここ数日は腰がかなり痛む状況。昔、1日だけギックリ腰

もどきになったことがあるから、用心して公園を周回。ところが後半、ちょ

うど目の前に私と同レベルのランナーが登場したから、またバトルモードに

なってしまった (^^ゞ 

            

夜だし、気を使って距離を空けてたけど、向こうも後ろの私をチラチラとチェッ

ク。抜いたら、絶対ヒートアップするなと思ったから、そのまま後ろで我慢した。

スピードも、最後で1km4分20秒程度。2週間前の、女の子相手の1km3

分台バトルと比べれば、お遊び程度にすぎないね。

          

トータルでは1km4分42秒ペース。かなり中途半端だけど、良しとしとこう。

今日も走る予定だけど、締切前の仕事があるから、ひょっとするとサボっ

ちゃうかも♪ 社会人は仕事が命。スポーツやブログに夢中になってるよう

な人間はダメなのだ。そりゃ、自分か♪ ではまた。。☆彡 

     

  往路(2.45km)   13分13秒  平均心拍124         

  1周(2.14km)    10分35秒        138       

  2周             10分09秒        147  

  3周             9分50秒        153

  4周              9分46秒        157

  5周             9分21秒        166

  6周(0.4km)        1分46秒         170

  復路              10分29秒        161     

計 16km  1時間15分07秒  心拍150(82%) 最大173(ゴール時)

        

                                 (計 4035文字)

|

« 花粉症対策には、環境省花粉観測システム「はなこさん」☆ | トップページ | 仕事で徹夜明けだから、軽いつぶやきで・・ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「ランニング」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

#science_zeroを付けてツイートしました。

投稿: A_witter | 2011年2月 6日 (日) 18時33分

> A_witter さん
    
こんばんは。ツイート&コメントありがとうございます。
「ハッシュタグ」というものを付けて下さったんですね。

『science_zero』(サイエンスゼロ)に関する他のツイートと
まとめられて、グループ化されるわけですか。
それは光栄です。お気遣い、どうもでした shine

投稿: テンメイ | 2011年2月 6日 (日) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花粉症対策には、環境省花粉観測システム「はなこさん」☆ | トップページ | 仕事で徹夜明けだから、軽いつぶやきで・・ »