« 原発から各地までの距離と、放射線の年間総量(by文科省データ) | トップページ | シーベルト、グレイ、ベクレル~放射線・放射能の単位について »

板橋City(旧・荒川市民)マラソンの2年連続中止と、塞翁が馬

(19日) RUN14km,1時間04分15秒,心拍152

「そろそろ板橋Cityマラソン(旧・荒川市民マラソン)の時期だけど、開催

するのかな?」とか思って検索してみたら、やっぱり中止だった。本当なら

今日(20日)がレースだったのに、14日に中止発表。参加者にとっては、

去年の悪天候中止に続く、2年連続の災難。

      

う~ん、ま、参加者だけで2万人規模の大会だから、早めに決断したんだ

ろうし、14日の時点なら、中止が妥当だろうね。個人的にはやってもいい

と思うけど、世間の雰囲気的には論外だろう。その時点でまだ、民放テレ

ビ局はCM抜きで地震番組を続けてたし、被災者の数も原発の状況もど

んどん悪化してたはず。大規模のフルマラソンは、ここ数年で急激にお祭

りイベントと化して来たから、未曾有の大惨事の中でやるような事でもない

       

今回から板橋Cityマラソンへと名称変更した、荒川マラソンは、私にとっ

て、平地では初のフルマラソンになった大会だし、何度も出場。自己ベス

トも出してる特別な大会だ。ここ数年のブームで、締切が急激に早くなった

こともあって、去年も今年もエントリーが間に合わなかったけど、2年連続

中止になったことを考えると、間に合わなくてラッキーだったとも言える。こ

うゆう時に思い出す言葉が、「塞翁が丙午」(さいおうがひのえうま)だ♪

     

         ☆          ☆          ☆

個の言葉、ついさっきまで、私の個人的で言葉遊び的な造語だと思ってた

んだけど、試しに検索すると、青島幸男の小説に『人間万事塞翁が丙午』っ

てタイトルがあるんだね。それが私に影響したかどうかはともかく、要する

に中国の教え、「人間万事、塞翁が馬」が頭に焼きついてるのは確かだ。

     

おそらく高校の漢文の授業で習ったんだと思うけど、原文も詳しい内容も

忘れてた。ただ、何が幸運で何が不運かは分からないっていう大まかな意

味と、老人が馬から落ちる可哀想なイメージが浮かぶだけだ。今、調べて

みたら、落馬するのは老人の息子だった。

       

この話、前にコメント欄のレスで触れた中国の思想書淮南子』(えなん

じ)の「人間訓」9に出てくるもので、早速『中国哲学書電子化計画』で原

文を確認した(無料公開の電子図書館)。

   

110320

      

簡単に言うと、塞翁(とりでに住む老人)の馬がいなくなってしまったけど、

やがて駿馬(速くて優れた馬)と共に帰って来た。ところが、息子がその

駿馬から落ちて骨折。けれども、そのおかげで息子は、兵役を免れて

命が助かった・・・というお話。

         

上図で引用した箇所は、駿馬と共に馬が帰って来た所までだ。そう言わ

れてみれば、何となくそんな気がするだろう。書き下し文など関係無しに、

漢字だけでも多少の意味は分かる。ちなみに、サイト「楽訳中国語変換」

で、繁体字を日本語漢字変換した結果は次の通り。さらに分かりやす

くなったと思う。

      

    夫禍富之転而相生,其変難見也。近塞上之人有善術者,

    馬無故亡而入胡。人皆弔之。其父曰:“此何遽不為福乎?”

    居数月,其馬将胡駿馬而帰。

        

後続部分も含めた全体としては、「災い→福→災い→福」という展開になっ

てて、いわゆる「災い転じて福となる」だけじゃなく、「福転じて災いとなる

も含んでる。私が荒川マラソンに2年連続で申込み損ねた災いは、連続

中止の回避という福につながったんだけど、次は災いの番。大震災の後

でも開催が伝えられた戸田・彩湖マラソン2011で、足を折らないように

気を付けよう♪

                  

できれば、今回の大震災も、予想外の福へと転じて欲しいもんだけど、

これは全く先が読めない。ちなみに例の塞翁は、一般人と違って占いが

得意だったから、すべて先を読むことに成功してた。彼なら、「これがどう

して福とならないだろうか(いや、福になるはずだ)」と、反語で予言して

くれるかも知れない。もちろん、その先はまた逆転してしまうけれど。。

       

         ☆          ☆          ☆

最後に、日付け変わって昨夜(19日)の走りについて。今度こそハーフ

21kmくらい走らなきゃと思ってたけど、極端な寝不足だし、雑用も色々

あったから、14kmで妥協。その代わり、久々に少しだけスピードを出し

てみることにした。

   

と言っても、疲れがピークに達しつつあるから、本気では走らない。足を

折るかも知れないし♪ 程よいペースで、シーンと静まり返った公園を周

回。ショート・ピルドアップ(短い加速走)って感じで、最後は1km4分20

ペースまで持って行った。まだ全然遅いけど、プチ故障中の腰も足首

も痛まなかったから、良しとしとこう。

    

トータルでは1km4分35秒ペース。ま、許容範囲かな。今日(20日)は

休んで、お仕事と雑用を頑張る予定。で、月曜は長距離の予定なんだけ

ど、雨の予報なんだよな。放射能まじりとも言われる雨か。春の天気だ

から、仕方ない。こんなもんでしょ。それにしても昨日は暖かかった。最

高気温19度☆ いよいよ季節は春なのだ♪ 

       

福島の原発にも、放水&外部電源復旧で春が見えて来た気がするけど、

はたしてどうかな。災いから福への反転を祈りつつ、ではまた。。☆彡

          

  往路(2.45km)  12分34秒  平均心拍131  

  1周(2.14km)  10分22秒        144

  2周            9分56秒        152

  3周           9分28秒        158 

  4周            9分13秒        162           

  5周(0.54km)   2分27秒        163

  復路           10分15秒        160

  計 14km  1時間04分15秒      152  最大165(ゴール時)

    

                                  (計 2196文字)

|

« 原発から各地までの距離と、放射線の年間総量(by文科省データ) | トップページ | シーベルト、グレイ、ベクレル~放射線・放射能の単位について »

「ランニング」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発から各地までの距離と、放射線の年間総量(by文科省データ) | トップページ | シーベルト、グレイ、ベクレル~放射線・放射能の単位について »