« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

ノドに加えて鼻・・本格的な風邪は2年ぶりくらいか・・

(28日) 雑用JOG 4.5km

(29日) RUN 12km,57分37秒,心拍150(推定)

     

参った・・・どうも本格的な風邪をひいてしまったようだ。ノドがちょっと変に

なったのが月曜夜。別に腫れるって感じでもないし、荒れて咳がたまに出

る程度だから心配してなかったのに、昨夜から鼻もおかしくなって、微熱

発生、食欲減退。禁断の合法ドラッグ・パブロンに手を出してしまった♪ 

3錠×4回で、既に12錠。パブロン中毒を抜け出して以降、滅多にないこ

とだよな。残り3日分くらいしか無いから、また買わなきゃ。私の風邪は、

2週間くらい続くことが多い。

       

子どもの頃から、よく風邪を引いてたけど、ここ数年はスポーツのおかげ

もあって、抵抗力(or 免疫力)がついてた。風邪をひきかけても、その手

前で踏ん張って来たのだ。本格的な風邪は一体いつ以来かなと思って、

自分のブログ内で検索してみたけど、どうもよく分からない。ひどければ

記事に必ず書くはずだから、なかなか見つからないってことは、ここ2年

くらい引いてなかったんだろう。私にしては、よく頑張ってたね♪

     

それにしても、風邪にせよインフルエンザにせよ、大型連休にからむこと

が多い気がする。正月休みとゴールデンウイーク。気の緩みなのか、

温の変化なのか、人混みでウイルスをもらうからなのか。

           

今回は、確かに気の緩みがあった。年に1度のイベント、フルマラソンも無

事終えて、仕事の山も一つ越えて、震災騒動も一段落。ここ数年、先延ば

しにして来た自転車のチェーン交換も終えて、温かい春がやって来た。ホッ

として、つい、夜中に走り終えた後、裸のままパソコンをいじってたのが悪

かったか (^^ゞ 反省、反省。。

       

        

        ☆          ☆          ☆

とにかく、一度引いちゃった風邪の流れはもう止められないから、しばらく

自然治癒の成り行きに任せるしかない。連休初日の昨日は、どうしようか

なぁとか迷いつつ、また読者の少ないマジメな記事をアップ。あらかじめ、

書く内容は頭の中でイメージしてたけど、お堅い内容を5400字ほど打ち

込むと流石に疲れる。

    

体調も悪いし、早めに寝ようかなぁ・・・とか思いつつも、月末だし、この後

更に風邪がひどくなりそうだから、無理して鼻呼吸ランニングを決行して

来た。その時点では、まだ鼻はあんましやられてなかったから、ノドを守ろ

うとしたわけ。スタート前に、例の龍角散トローチFLを口に入れて。1個、

35円の高級ノド飴♪

               

当然、ゆっくり走るんだけど、既に微熱も出てたから、全身がダルイ。7km

くらいで止めようかなぁとか思いつつ、12kmまで我慢。まあ、脚も心肺も

まったくの余裕だから、風邪のダルさと不快感に耐えるだけなのだ。トー

タルでは、1km4分46秒ペース。あれ、鼻呼吸の風邪ランにしては速い

も♪・・・とか言ってちゃダメだよな。早く1km3分台が当たり前の状態に

「戻したい」もんだ。高校陸上部時代は、4分台なんて論外だったのにな。 

       

そうそう。その前の28日にも、雑用ジョグで4.5kmほど稼いだんだった。

例によって、深夜の郵便局往復とか。で、今日は4月の最終日。今夜これ

から、あとちょっとだけ走行距離を伸ばしとくか、家で大人しくしとくか、ビミョー

だね。ま、走らないと、ブログ用に他のネタを用意するのが余計ダルイから、

7kmくらい軽くジョギングして来ようかな。代わりに、何冊も溜まってる『週

ヤングマガジン』を読んで記事を書く方がラクかも♪ 

   

あっ、『世界フィギュア』を見て書くって手もあるか。今現在はアイスダンス

なんだね。ちょっと考えてみよう。間、自転車にチョコッと乗ってれば

番良かったんだよなぁ・・・とか、軽く後悔しつつ、ではまた。。☆彡

                    

     

  往路(2.45km)   12分47秒   心拍 測定出来ず         

  1周(2.14km)   10分33秒          

  2周            10分25秒

  3周           9分56秒               

  3周(0.68km)     3分15秒        

  復路            10分43秒        

計 12km    57分37秒  心拍150(推定,82%)

        

                                 (計 1631文字)

| | コメント (0)

震災後、身の丈超えぬ「ことば」に希望~高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞)

(☆2012年6月30日追記: 最新記事をアップ。

  未来を「一から」創り出すこと

    ~小阪淳&高橋源一郎&平川秀幸「論壇時評」(朝日・12年6月) )

    

        

        ☆          ☆          ☆

去年の4月、主たる執筆者が東浩紀に変わったのを機に、丸1年間にわ

たって記事を書き続けて来た、朝日新聞『論壇時評』。今年の4月から、主

たる執筆者が作家・高橋源一郎に代わるということで、どうしようかと思って

たが、予想より面白かったので、とりあえず今回は記事を書くことにしよう。

     

まず、あらためて『論壇時評』について簡単に説明しておく。毎月・最終木

曜日のオピニオン面で、1面のほぼ全てを用いて連載中の硬派な企画で、

ここまで大型化されたのは去年4月から、つまり東の登場に合わせてのこ

とだ。右上あたりに、全体の5割強のスペースで掲載されるのが、直前の

1ヶ月くらいの「論壇」に関する「時評」で、この部分の担当者が東から高橋

代わった。

         

一方、上段中央のCG(引き続き小阪淳、現代文明のイメージ)を挟んで、

左側に位置するのが、『あすを探る』と題するコラム。6人の「論壇委員」

毎月交代で執筆、メンバーは全員入れ替えとなった。今月は、思想・歴史

担当の小熊英二(慶応大教授)だ。最後に、下段に小さく控えめに掲載さ

れるのが、「編集部が選ぶ 注目の論考』。委員会の討議を参考にしてる

との事だ。

         

           

          ☆          ☆          ☆

では、高橋源一郎が担当する「時評」部分から見て行こう。今回のタイトル

は、「震災とことば 身の丈超えぬ発言に希望」。世代的にはかなり上だが、

高橋は東とやや近い位置と思われる論客で、今回もいきなり前任者の東

のツイッターを顔写真入りで扱っている。なるほど、担当者が代わったとい

うより、「東=高橋」の共作が2年間続くようなものか・・・と一瞬思ったが、

内容はかなり違ってた。

            

昨年度の東の時評は、最初から最後まで一貫して、ネットやソーシャルメ

ディア(ツイッター、フェイスブック)の素晴らしさ、重要性を強調するものだっ

た。もちろん私も、毎日更新し続けるブロガーとしてだけでも、ネットの有用

性や価値は十分実感している。ただ、バランス感覚の面で、東の議論には

違和感があったから、自分の記事で丁寧にバランスを取り直して来た。

            

の場合、「論壇において」ネットがまだまだ軽視されてるという認識と不

満が背景にある。だから逆に、ネットを重視する姿勢を前面に押し出し、旧

メディアの方を軽視する。

         

はむしろ、「社会において」ネットが急速に重視されるようになったことの

方に注目している。仕事や日常的コミュニケーションもそうだし、「論壇時評」

を掲載する朝日新聞という旧メディアも、ネットにかなり好意的だ。プラスの

面は相対的に大きく優先的に、マイナスの面は小さく付随的に報じている。

自らの経営基盤を大きく揺るがす黒船の可能性が高いにも関わらず。。

           

         ☆          ☆          ☆

話を高橋に戻そう。いきなり初回から、前任者・東のツイートを大きく扱って

はいるものの、全体の議論はかなり違っていた。簡単に言うと、視野が非

常に広くて、変わったものに注目してるのだ。より正確に言うなら、広い視

に立つ独自の議論を実際に提示してみせている、ということだろう。

            

いきなり冒頭が、現代の作家らしい、意外性ヒネリのあるエピソードだっ

た。3月11日の東日本大震災から数日後、東京からの(おそらく西に向か

う)新幹線の中は、赤ん坊を連れた母親ばかりだったと言うのだ。放射性

物質を恐れて「疎開」する母親たちは、初対面同士、車内で軽く情報交換

して、それぞれの目的地に降りて行った。「自分の『身の丈』に従って取捨

選択し、行動している様子を、好ましい、と感じた」。

           

これだけでも、「論壇」時評の初回としては興味深いが、実は上に書いた

話は、高橋自身の経験ではない。66年前の3月10日、東京大空襲の中

を逃げまどって生き残った人から、高橋が聞いた話なのだ。何とも小説

的な、技巧的構図が出来ている辺りは流石だと思う。

           

1945年3月10日の戦災から逃げた人が2011年3月11日の天災(&

人災)から逃げる人を見つめ、そうした全体を、語り手である高橋が4月下

旬に見つめ直して、震災後という新たな「戦後」について考える

       

しかも、高橋がどれだけ意識的かは微妙だが、ここで重要なのは、母親や

目撃者のさり気ない言葉だけでなく、「行動」とか「行為」にも注目するとい

うことだ。つまり、子どもを連れて逃げること。あるいは、それを見て好感

を持ったことを知人(つまり高橋)に話すこと。

            

もちろん、そうした母親たちの「疎開」行動が正しいかどうかは問題だし、科

学的な理解に基づくものかどうかも微妙な所だ。ということは、その「疎開」

を好ましく感じるのが正しいかどうかも問われるべきことだろう。けれども、

自分や家族の命に関わる非常時に、「身の丈超えぬ」程度の行動や発言

を、人々が実際に示すこと。ここに「希望」を見るのはもっともな事だと思う。

たとえそれが、儚い夢に近いほど、微かな希望であるとしても。

            

         ☆          ☆          ☆

ところで、なぜそれほど僅かな希望に目を向けることになるかと言えば、今

現在が、66年前の「敗戦」のような状況だからだ。東のツイートは、暗い「戦

中」か、希望を持てる「戦後」か、とまどいつつ問いかけたものだが、高橋が

最初に引用した論文、御厨貴『戦後』が終わり、『災後』が始まる」も、何と

微妙な内容だった。

           

『中央公論』2011年5月号に、巻頭論文として目立つ形で掲載された御

厨の論文は、決してシャープな議論にはなってない。一般ウケする批評家

ではなく、あくまでお堅い(硬派な)政治学者&東大教授なのだ。しかし、豊

富な知識と冷静な姿勢を通じて、敗戦その他との細かい比較分析を示し

て行く。

            

結局、御厨の論文も、高橋の時評も、「3・11」後の日本が、新しい時代

に入ったことを強調するものだ。「戦後」から「災後」へ、あるいは、震災以

前から震災以後へ。その際、高橋には、「新しい事態を説明するための

とばを、多くの論者は、持ち合わせていないように」思えた。

          

新しい時代に、新しい言葉が必要なのかどうか、それはすぐには分からな

い。古い言葉のまま新しいものを生み出すことなど、いくらでも可能だし、実

現して来たのだから。けれども、論壇以外の「ことば」に目を向ける高橋の

実践感覚は基本的に正しいと思う。それが、新幹線の母親の行動&言葉

であれ、それを目撃した空襲体験者の反応であれ、城南信用金庫の「

原発宣言」であれ(YouTubeその他)。

           

自身は、昔から原発にはどちらかと言うと反対だし、では夏にエアコン

を使うなと言われれば、別にそれでも構わない。暑さは人一倍苦手だが、

放射能や原発騒動の方が遥かに問題だ。

         

ただ、それは個人的・暫定的で大まかな感覚であって、別に社会全体が原

発を望むのなら、「最後まで付き合っても」いいかなとは思うし、原発のある

社会と無い社会の冷静で本格的な比較は、まだまだ行われてないと思う。

という事は、原発の無い社会の方がトータルで劣るかも知れないわけだ。

            

高橋源一郎は、私より微妙に反原発寄りのような気はするが、「全面的な

推進派」と「全面的な反対派」の間で、自分の立ち位置を模索し続けてる

点では同じこと。したがって、彼が城南信用金庫の宣言に注目したのは、

必ずしもそれが、脱原発の姿勢を示すものだったからではない。国との関

わりの強い一企業、わりと小さめの金融機関(信用金庫2位)が、身の丈

を超えずに、自分の姿勢を言葉と行動に移してみせたこと。そこに希望を

見出したからだろう。

          

         ☆          ☆          ☆

なお、城南信用金庫は28日、脱原発のための預金や融資を5月2日から

始めると発表(朝日・朝刊、29日)。太陽光発電などを導入すれば、定期

預金の利率を年0.08%から1.0%に引き上げ(節電プレミアム預金)、

導入のためのローンも最初の1年間は無利子にするそうだ。

           

正直、太陽光発電を導入すると共に定期預金も始めるような人の数は、

多くないだろうし、利用金額もさほど伸びないと想像する。それでも、自分

に出来る範囲の態度表明を、適度な決断力と抑制のもとに行うこと。それ

こそ、はじめの一歩なのだろう。

          

ともかく、高橋源一郎の時評の初回、予想より良かったし、満足できた。自

分で記事を書くかどうかはともかく、次回5月26日掲載の高橋の時評にも

期待することにしよう。。

      

            

              

          ☆          ☆          ☆

続いて、小熊英二の『あすを探る』についても、ごく簡単に見ておこう。今回

タイトルは、「東北と東京の分断くっきり」で、まさにこの通りの内容のコ

ラムになっていた。「『ニッポン」の一語で形容するにはあまりに分断されて

いる、近代日本の姿」を実証的に示す内容なのだ。

            

コメ、労働力、電力の供給地であった東北が、1990年代以降のグローバ

リゼーションの中で、アジアとの競争にさらされ、ますます過疎化、高齢化、

衰退が進んだ。そこへ巨大な震災が発生すれば、悲惨な事態になるのは

「必然的」であって、「想定外」ではない。今こそ、過去から震災後に至る

北の「現実を直視し、日本の構造と東北の位置を変える意志を東京側も含

めて共有」すべきであって、「復興の前提は、原発事故の大局的対策だ」。。

           

小熊のコラムは、東北との分断を実証的な事実描写と共に浮き彫りにす

るのがメインであって、その意味では、世界的・歴史的視座からコンパクト

にまとめてあると思う。まさに、歴史社会学者である「身の丈」を超えない

内容と言ってもいい。

            

ただ、気鋭の本格派の論客としては残念なことに、メディア批判、政府批

を行う一方で、自らの積極的な立案は示してないし、震災の混乱時や

それ以前の段階で、自らがどれだけの事を出来たのか、そちら側の省察

は見られない。高橋の場合と違って、優秀な学者として名高い小熊には

期待感を持って読み始めたので、その意味ではやや物足りない「既視感」

が残った。

            

          ☆          ☆          ☆

やはり、ここ最近の朝日新聞のコラムの中で最も優れてるのは、4月19日・

夕刊の藤原帰一の「時事小言」だろう。「災厄と評論 霧の中で選択肢探る

と題するコラムは、他人事のようにメディアや政府・当事者を批判する評論

とは全く異なる内容だった。その時、その場で、自分に何が出来たのか、あ

るいは出来るのか、それを落ち着いて自省する言葉が書かれていたのだ。

震災以降、他にこれだけ自省的な態度と抑制を見た覚えは無い。

           

身の丈を超えない、しかも自らの限界をわきまえた独自の議論としては、

月や4月斎藤美奈子の「文芸時評」も面白かった。文学とか文芸批評の

非力さを前提とした上で、それなりの価値を、控えめでやや屈折した語り口

で示してのだ。また、『編集部が選ぶ 注目の論考』の2人目、中島聡も、

「原発にあこがれ、問題性を『他人事のように静観してきた』過去を自省」し

ながら、前に進もうとしている。

         

私自身、既に書いたように、あまり原発には賛成ではなかったが、本格的

に考えたことは一度も無かったし、放射線関連の知識もほとんど無かった。

シーベルトとベクレルの関係も知らなかったし、様々な放射性物質の関係

ヨウ素131とセシウム137など)についても、全く考えもせずに今まで生

きて来たのだ。福島原発からの電力の恩恵を、知らないままに受けながら。

             

東日本大震災以降、「言葉」はともかく、行動や姿勢は変えざるを得ない

差し当たり、自分に出来ることは、まず複雑な事象を理解し、周囲に向け

語ることだろう。ここ1ヶ月半、それなりに努力して来たつもりだが、まだ

分からない事だらけなのが実情だし、それは私だけではないと思う。事実

として、いまだに当事者の組織からさえ、当サイトの解説記事にアクセス

が続いている。私も含めて、ほとんどみんな、他人事だったのだろう。本

当は、「自分事」であるはずなのに。

       

可能な範囲で理解する。できる範囲で行動する。自分の身の丈を超えな

い範囲で、身の丈を多少伸ばすように努力し、他人の身の丈の物足りな

さへの批判は控えめに行う。これこそ、広い意味で、「災後」の「ことば」

すなわち自己表現とか身ぶりなのだ。

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

     

     

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.非正規の思考、その可能性と危険性

          ~高橋源一郎&濱野智史「論壇時評」(朝日新聞・5月)

  みんなで上を向いた先に真実はあるか

           ~高橋源一郎&平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・6月

  スローな民主主義と『スローなブギにしてくれ』

            ~高橋源一郎&森達也「論壇時評」(朝日新聞・7月)

  柔らかさ、面白さが無ければ伝わらないのか

            ~高橋源一郎&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・8月)

  人を指さす政治的行為のマナー

          ~高橋源一郎&酒井啓子「論壇時評」(朝日新聞・9月)

  希望の共同体を楽しく探るために

          ~高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞・10月)  

  アート・ロック・ゲーム、多様な変革運動

      ~高橋源一郎&濱野智史&小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・11月)

  どの常識をどう疑い、何に立ち向かうのか

      ~高橋源一郎&平川秀幸&小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・12月)

  対称的な関係の中にある前進

       ~高橋源一郎&小阪淳&森達也「論壇時評」(朝日新聞・1月)          

  現在の中に過去を見ること

       ~高橋源一郎&小阪淳&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・2月)

  現在の中に過去を見ること

      ~高橋源一郎&小阪淳&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・2月)

  未来を「一から」創り出すこと

    ~小阪淳&高橋源一郎&平川秀幸「論壇時評」(朝日・12年6月)

   

    

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  東浩紀とネットが開く新たな言論空間~朝日新聞「論壇時評」 (4月)

  「新しい公共」と他者への理解~東浩紀「論壇時評」(朝日新聞・5月)

  理想を語り、現実を変えること~東浩紀「論壇時評」(朝日新聞・6月)

  政策の「事後的」評価としての選挙

              ~東浩紀&香山リカ「論壇時評」(朝日新聞・7月)

  建設的な哲学とネット共同体への「期待」

                    ~東浩紀「論壇時評」(朝日新聞・8月)

  よりどころの崩壊、新たに築く試み

             ~東浩紀&松井彰彦「論壇時評」(朝日新聞・9月)

  世論調査、ファスト政治、ポピュリズム

             ~東浩紀&福岡伸一「論壇時評」(朝日新聞・10月)

  中国の異質性、東アジアの同一性

             ~東浩紀&李鍾元「論壇時評」(朝日新聞・11月)

  情報公開の境界、資格付与の区切り

             ~東浩紀&松井彰彦「論壇時評」(朝日新聞・12月)

  新しい道具、使ってみるための条件

             ~東浩紀&松井彰彦「論壇時評」(朝日新聞・1月)

  つながりと祝祭、これからの革命と善意

             ~東浩紀&香山リカ「論壇時評」(朝日新聞・2月)

  各個人が独自メディアとして議論すべき時

             ~東浩紀&苅部直「論壇時評」(朝日新聞・3月)

           

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.放射線(放射能)の危険性と距離~2つの逆二乗法則(情報源明示)

  原発から各地までの距離と、放射線の年間総量(by文科省データ)

  シーベルト、グレイ、ベクレル~放射線・放射能の単位について

  雨の長距離ランニングで浴びた放射性物質の計算

                              (by 定時降下物データ)

  体内摂取した物質の放射線量の計算~物理学&生物学的半減期

  原発事故評価レベル7と、セシウムのヨウ素換算値の計算式(by INES)

  福島原発レベル7の基準を読む~INES(国際原子力・放射線事象評価尺度)

  なぜセシウムのヨウ素換算値は40倍か~放射性物質の計算理論(by INES)

  被災地の被害が深刻とされる、「風評」の意味とは・・

  「想定外」という言葉の考察&リハビリラン2日目

  実効線量、等価線量、線量当量~様々なシーベルトの関係

  原発事故はみんなが無責任、だけどね・・~東電社員の息子・ゆうだい君への応答

  被曝する全放射線量の計算方法 (自然・医療、外部・内部、屋外・屋内)

    

                                  (計 6340文字)

| | コメント (4)

ノドをやられたので秘蔵の龍角散トローチFL(フレッシュレモン)♪

(27日) RUN 10km,48分42秒,心拍150(推定)

ゴホゴホ・・・しまった。。この半年か1年か、風邪をひきかけて踏ん張った

事なら何度もあるけど、ノドを完全にやられて咳が出るのは久々かも。別

昨夜、放射能まじりの雨の中を無理して走ったからじゃなくて、月曜の夜

くらいから変だった。あっ、そうか。月曜日に仕事で喋り過ぎたってこともあ

るのかな。。

       

普段、のど飴なんて家のあちこちに転がってるんだけど、こんな時に限っ

て見当たらない。やっと見つけたと思ったら、大昔買った『龍角散ののど

110428c

 飴』の残り。駅の売店で

 手軽に買えるし、薬っぽ

 くて効いてる気がするん

だけど、致命的な欠点がある。一度開封すると、すぐにベトベト溶けてし

まって、包装紙(セロハン?)とくっついてしまうのだ。多分、冷蔵庫で冷

やすといいんだろうけど、すぐには舐められない。

      

そこで超~~久々に思い出したのが、昔のマイブーム(死語か♪)だった

110428a

 『龍角散トローチFL檸檬(レモン)』。FL

 とは、フレッシュレモンの略。美味しくて

 効き目もまずまずだから、当時すぐ風

 邪を引いてた私は、何箱もまとめ買い

 したのだ。試しに検索すると、今でも全

 く同じ外観で販売中☆ やっぱ評判

 いいんだね♪ 第二種医薬品だか

ら、効果も安全性も保証されてるんだろう。

      

110428b

 ただ、欠点もハッキリしてて、ま

 ず値段が高め小さい1粒で、

 35円くらいもする。セコイ♪ 

 これが、舐めるとすぐに溶けて

 無くなるのだ。それに引き換え、

 ここ数年人気の『キシリクリスタル

なら、1粒10円ほどで遥かに長持ち。厚みもあるから、量的に4倍くらい

あるだろう。3.5分の1の値段で4倍の量なら、14倍の安さってことだ♪

    

もう一つの欠点は、医薬品だから使用量が制限されてること。1回1錠、1

日3~6回、2時間以上あけて飲むように、とのこと。ノド飴としては厳し過

ぎる条件だね。多分、みんな守ってないと思うな。私も含めて♪ そうする

と、1日に半箱(14錠)くらいはすぐ無くなるから、500円くらいになる。1日

分の薬の値段としても、かなり高額だろう。昔、愛用してたパブロン錠剤な

んて、安売りなら1日分で70円ほど。後で久々に飲もうかな。でも、また中

毒状態に戻っちゃいそうでコワイかも。。

       

          ☆          ☆          ☆

おっと、こんな事を長々と書いてるヒマがあったら、寝た方がいいね。本格

的な風邪になったら、ゴールデンウイークに寝込むことになってしまう。と

にかく、ノドがおかしい中、昨夜は無理して放射能の飴・・・じゃなくて雨をたっ

ぷり浴びて来たのだ。走り始めは降ってなかったから、傘もカッパもキャップ

も無し。

         

まあ、ピンポイント予報と雨雲情報とXバンドMPレーダーとで、いつ降り出

してもおかしくないのは分かってたから、ガマン出来る所までってことで、ほ

とんど誰もいない近所の公園を周回。雨粒が口に入ると「内部被曝」だから、

なるべく口を開けないように気を付けたけど、10ベクレルほど飲み込んだ

かも。東電に風評被害の賠償を求めるか・・・って、風評じゃないし♪

          

断続的に強く降る雨の中、途中で何度も帰りそうになりながらも、何とか10

kmのノルマをこなして帰宅。トータルでは1km4分52秒ペース。遅っ! 

ま、前日にスピード出してるし、ノド荒れ&ビショ濡れランだから良しとしよう。

今日も本当は走りたかったんだけど、夜中の郵便局まで往復ジョギングする

だけにしとこうかな。連休前に片付けるべき用事があるのだ。ではまた ☆彡

          

  往路(1.15km)   6分15秒   心拍 測定出来ず      

  1周(1.1km)   5分34秒                 

  2周           5分26秒       

  3周           5分22秒     

  4周          5分18秒 

  5周          5分18秒

  6周          5分08秒      

  7周          5分09秒

  復路             5分13秒

計 10km    48分42秒  平均心拍150(推定)

           

                                (計 1553文字)

| | コメント (0)

被災地の被害が深刻とされる、「風評」の意味とは・・

(26日) RUN 14km,1時間00分54秒,心拍156(推定)

う~ん、ランニングの距離と時間を書いた後、平均心拍の実測値を書かな

いと、何か物足りないね。心臓の努力を無視してるみたいで♪ 早く胸のト

ランスミッター(送信機)を買い替えて、測定を再開しなきゃ。ま、推定156

でほぼ合ってるとは思う。

       

さて、昨日もまたって言うか、いつもにも増してマニアックな放射能関連記

を書いたから、走る時間が無くなったんだけど、最近サボリ過ぎだから、

14kmだけ走って来た・・・っていう話の前に、恒例のオマケ話を挿入☆

ま、こっちの方が読まれそうだけど♪

       

         ☆          ☆          ☆

東日本大震災以降、新たに気になり始めた事が沢山ある。地震、放射

線、電力もそうだけど、ここ最近どうも引っかかる言葉の一つが「風評」

(ふうひょう)だ。「風評被害」とか、「風評による被害」といった形で使われ

ることが増えてる。

     

「風評」という言葉の意味を、「根拠のない悪い噂」とだけ考えると、最近の

使い方とはしっくり来ない。と言うのも、風評被害とか言われてるものには、

根拠が無いとまで言い切れないものも混ざってそうだし、本当にウワサが

関わってることは少ないと思われるからだ。

         

複数の人間や社会で交わされる言葉=噂よりも、むしろ個人的なイメージ

の問題だろう。色んな意味で、何となくネガティブ(=否定的)なイメージが

働いて、被災地に行くのを避けてしまうし、被災地の商品も避けてしまう。

            

普段なら、そういった事による価格低下や売上減少に、国家や大手企業

による賠償を求めるのは大変な手続きのはずだが、今は非常時だ。結

果として大幅な損失が生じてるなら、因果関係の客観的証拠とか無くても、

「風評による被害」として賠償すべき時なんだろう。たとえ普段の場合との

バランスが微妙だとしても。。

        

          ☆          ☆          ☆

それは差し当たりいいとして、私としては、取りあえず言葉の意味を調べて

みたくなった。「風評」の辞書的な意味は何なのか。

   

まず、手近にあった『広辞苑』第五版(98年、岩波書店)を見ると、「世間の

評判。うわさ。とりざた。風説」とだけ書いてあって、用例もただ一つ、「とか

くの~がある」。つまり、「悪い」とか「良くない」といった意味が入ってない

だ。さらに言うなら、個人的なイメージといった意味もないわけで、これは予

想通りだから、別にいい。

        

もう一つ、手元の『国語辞典』第一版(93年、集英社)を見ても、やはり悪

い意味は載ってない。そこで書店の辞書売り場に行ってみると、『広辞苑』

第六版(08年)では、「風評被害」という言葉が添えられてたが、「風評」自

体には相変わらず悪い意味は無し。ところが、『例解 新国語辞典』第七

版(05年、三省堂)だと、普通よくない意味で使うという説明が添えられて

いて、思わず納得。ちなみにこの辞書、アマゾンで見ると、低年齢・初学者

向けの辞書として好評のようだ。

       

更に、ネットのYahoo!辞書で、『大辞泉』増補・新装版(98年、小学館)

を見ると、悪い意味はないけど、『大辞林』第三版(06年、三省堂)では、

「(よくない)うわさ」と書かれてた。最後に、風評の普通の英訳語である

rumor」を『プログレッシブ英和中辞典』第二版(87年、小学館)で引く

と、陰口とかゴシップという悪い意味も含まれてた。語源を遡っても、「

」という否定的な意味に到達するのだ。

      

         ☆          ☆          ☆

以上をまとめると、とりあえず3つの可能性が考えられる。まず、風評に

はもともと悪い意味は無かったけど、最近は悪い意味で使われることが

増えてる、という可能性。次に、元々悪い意味はあったけど、こだわりの

ある三省堂の辞書しか示して来なかった、という可能性。最後に、日本

語、英語に関わらず、もともと噂という言葉、あるいは現象・行為には、

ガティブなものが関わってることが少なくない、という可能性。

    

いずれにせよ、重要なのは、しっかりした根拠に基づいて正しい行為を行

うことだ。根拠のない否定的な行為はもちろん感心しないけど、根拠のあ

る否定的な行為まで悪い事のように語られるのも、全く感心しないし、こち

らの方が修正しにくい厄介な事態だと思う。またいずれ、具体的な問題を

めぐって記事を書くかも知れない。。

        

     

P.S. 朝日新聞・5月1日朝刊の「ニュースがわからん!」で、風評被害

     が取り上げられ、この記事と似た説明が手短に書かれてた。

   

     「風評とは、うわさのことで、あまりいい意味では使わないね。

      題がないものでも、事故や災害で悪いイメージが広がって売れ

      なくなようなケースを風評被害というんだ」。

      

     

cf.原発から各地までの距離と、放射線の年間総量(by文科省データ)

  放射線(放射能)の危険性と距離~2つの逆二乗法則(情報源明示)

  シーベルト、グレイ、ベクレル~放射線・放射能の単位について

  雨の長距離ランニングで浴びた放射性物質の計算(by定時降下物データ)

  体内摂取した物質の放射線量の計算~物理学的・生物学的半減期

  原発事故評価レベル7と、セシウムのヨウ素換算値の計算(by INES)

  福島原発レベル7の基準を読む~INES(国際原子力・放射線事象評価尺度)

  福島原発によるガン発生の厳しい試算~欧州放射線リスク委員会

  なぜセシウムのヨウ素換算値は40倍か~放射性物質の計算理論(by INES)

  「想定外」という言葉の考察&リハビリラン2日目

  実効線量、等価線量、線量当量~様々なシーベルトの関係

  原発事故はみんなが無責任、だけどね・・~東電社員の息子・ゆうだい君への応答

              

    

          ☆          ☆          ☆

という訳で、またオマケの話で時間を使ってしまったから、後は簡単に。昨

夜は、いつも以上にマニアックな記事を頑張って書き上げた後、あわてて

公園にダッシュ。先週の金曜以降、ロクに走ってないのだ。

    

流石に脚は軽いけど、9日の戸田・彩湖フルマラソン以降、細切れみたい

な走りがほとんどだったから、僅か14kmが長く感じられてしまう (^^ゞ お

まけに妙に気温が高くて、うっかり3枚も着てた私は最初からダラダラ。

それが無ければ、あと1分は縮められたね♪ 風もほとんど無かったのだ。

     

結局、トータルでは1km4分21秒ペース。う~ん・・・ハーハー頑張ったわ

りに遅いな。珍しく、終盤バテちゃったし。シューズが普段と違ってたからか

も・・・とか言い訳したくなる♪ ま、罰として、これから放射能まじりの小雨

の中、ちょっと走って来るとしよう。もう4月が終わるのか。ではまた。。☆彡

                       

  往路(2.45km)  11分34秒  平均心拍 測定できず 

  1周(2.14km)   9分23秒    

  2周            9分02秒      

  3周           9分07秒     

  4周            9分21秒              

  5周(0.54km)   2分24秒       

  復路           10分03秒 

  計 14km  1時間00分54秒  平均心拍156(推定)

           

                                (計 2693文字)

| | コメント (0)

なぜセシウムのヨウ素換算値は40倍か~放射性物質の計算理論(by INES)

福島第一原発の事故評価がレベル7に引き上げられた翌日(4月13日)、

当サイトでは、評価に使われた「ヨウ素換算」という計算に関して、簡単な

記事をアップした。要するに、セシウム137を始めとする様々な放射性物

110426a

 質の量を、ヨウ素131

 の量へと換算する方法

 の説明だ。その時点で

 は、マスメディアにも日本

 語サイトにもなかなか見

 当たらなかったから、私

 はINES(国際原子力・放

 射線事象評価尺度)の英

 語原文を直接読んで、福

 島の場合の具体的な計算

 と共にまとめたわけだ。

               

おかげ様で、その記事はいまだに多くのアクセスを集め続けてるし、少な

からずのリンク付けも頂いてる。ただ、例えばセシウムのヨウ素換算が「な

ぜ」40倍になるのかまでは理解してないと、その記事に書いておいた。そ

こへ、INES巻末に付けられた補足(アペンディックス=補遺)に説明があ

るという指摘を頂いたので、すぐに再読。一通り、表面的には理解できた。

      

まだ深い理解には到達してないし、そのまた元にあるIAEA(国際原子力

機関)の英語の研究論文2本(INESの出典14、15)も読んでないが、専

門家以外の熱心な方々には多少の参考になると思うので、以下でまとめ

とこう。つまり、この記事自体が、前の記事に付けた補足=アペンディク

スというわけだ。そもそも40倍という話が初耳の方には、先に以下の記

事をお勧めしとこう。

     

 原発事故評価レベル7と、セシウムのヨウ素換算値の計算式(by INES)

     

                   

         ☆          ☆          ☆

INESユーザーズ・マニュアル2008年版の補足Ⅰ(Appendix Ⅰ,p.

154)のタイトルは、「放射線学的な等価物の計算」(CALCULATION 

OF RADIOLOGICAL EQUIVALENCE)。「等価物」というより「当量」

と訳すべきかも知れないが、差し当たり確信が持てないので差し控える。

簡単に言うと、なぜセシウム137をヨウ素131へと換算する際に40倍す

るのか、元にある理論と計算を手短に解説する項目だ。

       

まず、最も基本的な考えは、大気中に放出された様々な放射性物質から

受ける放射線ダメージ(=エネルギーで示した影響)を、相互に比較する

ということだ。セシウムのダメージは、ヨウ素のダメージの約40.4倍だか

ら、ヨウ素換算の際の乗数(=掛け算の係数)は、単純化して40と決め

ることになる。

        

次に、ではそのダメージをどう計算するのか。大枠としては、地面から

のダメージと、吸入によるダメージをそれぞれ計算して、最後に両者を

足し算するのだ。以下、基本的な数値をまとめた表15(TABLE 15)に

即して説明しよう。

       

110426b

          

大気中への放出: 地表堆積物と吸入からの放射線量」(ATMOSPHERIC

RELEASE: DOSE FROM GROUND DEPOSITION AND INHALATION)とい

うタイトルの下に、各放射性物質(Nuclide: 核種)ごとに6つの値が横に

んでいる。

           

最初の2つ地面からの線量次の2つ吸入による線量に関する数値で、

5番目がそれらを足し合わせたトータル。最後、6番目(右端)は、各物質ご

との5番目の数値を、ヨウ素131(I-131)の5番目の数値で割り算して単

純な数にした数値だ。セシウム137(Cs-137)の場合は40となってるし、

ヨウ素131は当然1となる(自分の数値同士の割り算だから)。そしてこれ

が、ヨウ素換算の際に掛け算する係数だ。

      

         

         ☆          ☆          ☆

以下、核種の上から4番目・セシウム137(Cs-137)の場合を例に取り、

数値と計算方法を見てみよう。

   

 ① 地面からの線量(=ダメージ)

       

     1番目の数字は、「地表堆積物からの50年分の放射線量に関す

     る線量因子」(Dose factor for 50-year dose from ground deposi-

     tion)。「1.30E-07」とは、1.30×(10のマイナス7乗)のこと。

     単位は Sv/Bq・m⁻² だから、1平方メートルの地表に1ベクレル

     堆積した物質からのシーベルト(=ダメージ)を示す値だろう。

       

     これに、p.154の「堆積速度」(deposition velocity)1.5×10⁻³

     m・s⁻¹ をかけ合わせて求めたのが、2番目の数字。すなわち、「

     表堆積物による50年間の線量」(50-year ground deposition dose)

     になる。「1.95E-10」だから、1.95×10⁻¹⁰。単位は Sv / Bq・

     s・m⁻³ だから、大気1立方メートルあたり1ベクレルの物質がある時

     の、毎時シーベルト(=1時間のダメージ)という意味だろう。

     ここまでの計算を数式でまとめると、次のようになる。

          

     1.30×(10のマイナス7乗)×1.5×10⁻³ = 1.95×10⁻¹⁰

          

 ② 吸入による線量(=ダメージ)

        

     3番目の数字は、「吸入に関する線量因子」(Dose factor for inha-

      lation)。「3.90E-08」だから、3.90×(10のマイナス8乗)。

     単位は Sv/Bq だから、1ベクレルの吸入あたりのシーベルトだ。

    

     これに、p.154の「呼吸レート」(breathing rate)、3.3×10⁻⁴m³

     s⁻¹ を掛けて求めたのが、4番目の数字、吸入による線量」(Inha-

     lation dose)の1.29E-11だ(小数第3位を四捨五入)。単位は

     ①の結果と同じく、Sv / Bq・s・m⁻³ 。この計算を数式でまとめる

     と、次のようになる。

     

     3.90×(10のマイナス8乗)×3.3×10⁻⁴= 12.87×10⁻¹²

                                 ≒ 1.29×10⁻¹¹

      

 ③ トータルの線量(=ダメージ)

     

    5番目の数字が、「線量全体」(Total dose)。①と②の和だ。

     

    1.95×10⁻¹⁰+1.29×10⁻¹¹ = 1.95×10⁻¹⁰+0.129×10⁻¹⁰

                        = 2.079×10⁻¹⁰

                        ≒ 2.08×10⁻¹⁰ (Sv / Bq・s・m⁻³ )

     

        ☆          ☆          ☆

以上は大気中に放出されたセシウム137による線量=ダメージの合計だ

が、ヨウ素131についても同様に計算すると、5番目の数字「5.14E-12」

が求められる。つまり、5.14×10⁻¹² 。ただし、ヨウ素の場合だけ「堆積速

度」は10⁻² m・s⁻¹ としてある(p.154)。表に並んだ数字を一つの式にまと

めると、次の通り。

     

    2.70×10⁻¹⁰×10⁻² + 7.40×(10のマイナス9乗)×3.3×10⁻⁴

          = 2.70×10⁻¹² + 2.442×10⁻¹²

          = 5.142×10⁻¹²

          ≒ 5.14×10⁻¹² (Sv / Bq・s・m⁻³ )

    

最後にセシウム137によるダメージを、ヨウ素131によるダメージで割ると、

           

  (2.08×10⁻¹⁰)÷(5.14×10⁻¹²)=(208×10⁻¹²)÷(5.14×10⁻¹²)

                        = 208÷5.14

                        = 40.46・・・

                        ≒ 40 (倍)

   

この割り算の答が、セシウム137の6番目(右端)の数字(Ratio to 131

I: ヨウ素131に対する比)である40だ。こうして、大気中への放出に関し

ては、セシウムはヨウ素の約40倍のダメージを与えるのだから、セシウム

の等価物ヨウ素で表す時には、40倍の量へと換算するわけだ。

      

     

流石にもう、このヨウ素換算の話に関しては、このくらいで追求を止める

とにしよう。他にいくらでも、やりたい事、すべき事は溜まってる。

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

    

      

   

P.S. 2013年8月21日、原子力規制委員会は、福島第一の汚染水

     漏れ事故に関して、レベル3という暫定的見方を提示。この認定

     では、液体だから、ヨウ素ではなくMo(モリブデン)99換算という

     ものが使われてた。Sr(ストロンチウム)90なら140倍、Cs137

     は12倍、Cs134は14倍。かなり大きくなるので、「数千テラ(兆)

     ベクレル」という表面的な数字の報道が独り歩きすることになった

     (ロイター)。

      

     

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.放射線(放射能)の危険性と距離~2つの逆二乗法則(情報源明示)

  原発から各地までの距離と、放射線の年間総量(by文科省データ)

  シーベルト、グレイ、ベクレル~放射線・放射能の単位について

  雨の長距離ランニングで浴びた放射性物質の計算(by 定時降下物データ)

  体内摂取した物質の放射線量の計算~物理学&生物学的半減期

  原発事故評価レベル7と、セシウムのヨウ素換算値の計算式(by INES)

  福島原発レベル7の基準を読む~INES(国際原子力・放射線事象評価尺度)

  福島原発によるガン発生の厳しい試算~欧州放射線リスク委員会

  被災地の被害が深刻とされる、「風評」の意味とは・・

  「想定外」という言葉の考察&リハビリラン2日目

  実効線量、等価線量、線量当量~様々なシーベルトの関係

  原発事故はみんなが無責任、だけどね・・~東電社員の息子・ゆうだい君への応答

  被曝する全放射線量の計算方法 (自然・医療、外部・内部、屋外・屋内)

  放射性物質の半減期、壊変定数、質量(重さ)~微分方程式の初歩など

  外部被曝におけるベクレルとシーベルトの計算式(by IAEA)

  津波の物理学~浅い海、水面波の波動方程式と速度

  WHO(世界保健機関)による被曝線量の推定(全国、年代・経路別)

  確率的影響と確定的影響~放射線被曝の二分法の再考

  義務教育における放射線・放射能~中学校・理科の教科書&副読本

  日本人の自然放射線と医療被ばく線量(『新版 生活環境放射線』2011)

  福島第一原発の汚染水、現状の定量的なまとめ(13年・夏)     

         

                                   (計 3868文字)

| | コメント (4)

ブログに時間かけ過ぎだから、今夜は単なるつぶやき♪

通勤JOG 4.5km,26分程度

ふぅ~・・・一週間で一番キツイ月曜日が何とか終了。。と言っても、ブログ

を書き終えないとホントの終了じゃないんだよなぁ (^^ゞ 毎日更新ってい

うのは、マジでキツイな。ちょっとここ最近、手間ヒマかかる記事を連発し

てることだし、今夜は単なる手抜きのつぶやきってことで♪

         

もともと今日は、先週みたいに2つのドラマの軽~い感想を書こうかな

と思ってたんだけど、両方とも音声中心のチラ見程度で、特に今夜の『幸

せになろうよ』第2話は、ちょっとしか画面を見てない。黒木メイサのお見

合いその他の服装が地味だったから、見るものが無かったわけ。ホテル

にも行かなかったし♪ ひょっとすると、見逃した冒頭の5分とかに、派遣

コンパニオン映像があったのかも知れないけど。

      

マジメな話、物語の展開も井上由美子にしては平凡だったな・・・と思って

試しにウィキペディアで調べると、今週は井上じゃなかったわけね。若手の

古家和か。ウ~ン、彼は福山雅治の名作『ガリレオ』の脚本家でもある

から、印象はいいんだけど、『ガリレオ』で脚本が上手かったのは、大部分

が福田靖だったのかも知れない。古家脚本で印象の良かった第5話も、実

は演出(成田岳)と出演者(大後寿々花)と数式が良かったのかな♪

      

まあ、香取慎吾と藤木直人のファンならともかく、結末がほぼ分かってる

ドラマで今回みたいな展開だと、『婚カツ!』みたいなことになっちゃうかも。

来週は井上マジックと黒木のサービスシーンで、盛り返して欲しいもんだ。

と言っても、個人的にはまた帰宅直後で、ボーッと色々やりながら流し見

するだけだと思うけど。その点、竹野内豊&上戸彩『流れ星』は、疲れて

余裕が無い時でも、マジメに見る気になったもんな。いいドラマだったね☆

    

          ☆          ☆          ☆

一方、『JIN-仁-』第2話は、多少マトモな流し見で、別に退屈もしなかっ

たけど、こっちも第1話の方が良かった気がするな。脚本は森下佳子の

ままか。和宮が単なるお菓子好きのおバカ姫っぽく見えたからかね。コラ

コラ♪ まあ、「面(おもて)を上げぃ」と1回言われて、仁だけホントに面を

上げて怒られたシーンとか、クスッと笑えるシーンはあちこちにあった。

     

しかし、時代劇のお約束なのか、ベタベタの『水戸黄門』的展開だね。ちょっ

『医龍』を思い出してしまったほど。『黄門』も『仁』も『医龍』も、よく作られ

たドラマとは言えるけど、飛び抜けたスーパーマンが悪人どもをやっつけ

る勧善懲悪ものの筋書きは、少年時代でもう卒業してしまったのだ。あっ、

今も少年だったか♪

      

となると、筋書き以外の魅力が欲しいんだけど、綾瀬はるかの天然ボケ的

魅力は抑えられてるし、時代劇の衣装は全く萌えないし、大沢たかおの誠

実な演技だけだと苦しいかな。来週はもうスルーかも。綾瀬はるかの拷問

シーンとかがあればなぁ・・・とか書くとヒンシュクだから止めとこ♪

       

そう言えば、一昨年の前作は最終回しか見てない者にとっては、野風

中谷美紀の「ありんす」がかなり気になってたから、さっき検索♪ なるほ

ど、花魁(おいらん)言葉なのか。そもそも花魁として活躍してるシーンを見

てないから、単なる変わった口癖かと思ったわ♪ 再検索すると、昭和の

漫画には「でやんす」が多いってお話だ。そりゃ関係ないか。 

      

言葉はさておき、仁の大ピンチに知らんぷりして出て行くなんて、野風は何

と悪い女だ!・・・とか思った視聴者なんてゼロでしょ。まあ、お年寄りでも

気楽に楽しめるように作ってるんだろうけど、まだ少年の私としては、ヒネリ

が足りなくて淋しかったのは確かだ。

        

          ☆          ☆          ☆

おっと、つぶやき記事にしては喋り過ぎだね。結局、あんまし先週と変わ

らなくなっちゃったわ。でも、最後にもう一言だけ。『幸せ』を見た後、ボーッ

とした頭で、超久々に『報道ステーション』を見始めると、わりと好みの女

子アナが登場☆ 小川彩佳、青山学院卒、26歳。メモメモ。彩湖(さいこ)

の次は、彩佳(あやか)ね。個人的に面白かったりする♪

                

そのままテレビをつけてると、先日亡くなった元キャンディーズのスーちゃ

ん=田中好子さんの告別式の模様が流れた。10時15分くらいだから、

相当な特別扱いだね。驚いたのは、本人の最後=最期の言葉が流され

たこと。3月29日の時点で、もうラストメッセージを遺してたのか。。

     

ふりしぼるような声で、被災者を思いやりつつ、文末では死後の活躍と

か社会貢献にまで触れてて、涙もろい私はウルウル。。ま、義妹の夏目

雅子以上に、伝説のアイドル&女優として歴史に残るだろう。旦那さん

も本当にいい人そうで、憔悴しきった姿が痛々しかった。グループにも

家族にもすごく恵まれてたからこそ、19年も闘病できたわけか。

ともあれ、心よりご冥福をお祈り致します。。

       

という訳で、今夜はこれにて終了。あっ、そうそう。一応、今日も、通勤

ジョギング4.5kmほどやったんだった。荷物を持って、普通の服装

と硬くて重いビジネスシューズで走るんだから、ジョグとはいえ、フツー

の10km走には相当する。そりゃ、大げさか♪ 昨日、まったく走れな

かったのが大失敗だった。後悔、先に立たず。。ではまた。。☆彡

         

                               (計 2123文字)

| | コメント (2)

自転車(クロスバイク)のチェーン交換の方法~初心者向け♪

The long and winding road・・・♪」。。毎度お馴染み、ビートルズ

の名曲をつい口ずさんでしまうほど、「長くて曲がりくねった道」だった。実

際の作業時間は、1時間なんだけど、気分的には倍の2時間に感じた

ど。では、その大変な道のりを詳しく記録してみよう。

   

以下は、全体の流れの中盤以降だ。序盤、つまり、チェーン交換のキッカ

ケと準備(下調べ、チェーン&工具用意など)については、3日前の記事

に既に報告してるので、特にまったくの初心者の方はそちらから読んだ方

が分かりやすいと思う。それでは、今夜の交換作業の報告スタート。

     

cf.自転車(クロスバイク)のチェーン交換、まず準備だけ完了

   

         ☆          ☆          ☆ 

さて、私はブロガーなので、何かあるとすぐ記事にしようと待ち構えてい

る♪ だから今回、面倒でもデジカメを用意。油まみれの撮影になるの

は分かってたので、ウエットティッシュと普通のティッシュも用意した。他

はごくフツーの物で、新しいチェーンアンプルピン付き)、チェーンカッ

ター、モンキーレンチ(あごの幅を変えて挟む工具)だ、

      

110421

 最初は、袋に入ったままのチェーンのコマ数

 部屋で数えて、116コマ(=外・内2コマ×58

 組)だと確認。今までのチェーンより多い分だ

 け、後でカットするためだ(実は箱に表示あり)。

 本当にコマ数を合わせる必要があるのかどう

 かは分からない。説明書に書いてないし、変速

 機で調整できそうな気もするが、一応ネットの

 様々な声に合わせることにした。

         

 交換とは関係ない話だけど、チェーンのアウ

 ターリンク(連結で外側のコマ)の両端には、

 「SHIMANO」(シマノ)、「NARROW」(幅

 が少し狭いナローチェーン)と刻まれてい

 て、中央には「HG」(商品の種類)、「VCA」

110424b

 (意味不明)、「JC」(同)、「JAP

 AN」と4種類の単語があった。

  

 あと、部屋であらかじめ確認した

 のは、説明書と、連結用のアン

110424a

 プルピン(=アンプルタイプ・コネクティング

 ピン)。アンプルピンは箱に1本入ってるの

 で、自分で用意する必要はない。中央にく

 ぼみがあって、連結した後にそこで折る

110424r

 折った後、チェーン

 に残す部分は両側が

 少し太くなって、抜

 けないようになって

 る。という事は、つな

 ぐ時には太くなった

 部分を穴に無理やり

 入れるわけだから、

 合計4回、プチッと

110424s

 音が鳴るのだ。アウ

 ターとインナーのコマ

 で各2回ねじ込むか

 ら、4回になる。

    

 部屋で一通りの事を

 済ませて、いよいよ

 自転車置き場へ。正

 直、ちょっと緊張した。

 少年の時に1回交換

110424c

 しただけだから、5年ぶりくらいかな♪

 その時は苦労しなかったと思うけど、

 今回は大苦戦。手を拭いてデジカメ

 で撮影しながらの作業だったってこと

 もあるけど、チェーンカッターが曲がっ

 てしまうアクシデントの影響が大きかっ

 た。私が注意したのは、ピンを押しこ

 む金属棒が折れないようにすること

110424d

 だったけど、まさかチェーンをセットす

 る土台の側が曲がるとは思わなかっ

 たのだ。写真で、チェーンの穴には

め込む突起部分が左右2つ並んでるが、その片方が曲がって、チェーン

の穴に入らなくなってしまった。。

      

         ☆          ☆          ☆ 

110424e

 後のアクシデントは

 さておき、自転車と

 のご対面まで話を戻

 そう。一応、チェー

110424f

 ンの後ろをトップギアに、

 前かけて余裕を持たせ

 たけど、結果的には必要

 なかったと思う。カッター

 の精度が悪くてガタつい

110424g

 てるから、始めの内は右側のレーン

 つまりネジに近い方にチェーンを装

 着。途中から左側のレーンに移し、

 かなり力を入れて押しこむと、よう

 やくピンが左側に抜け落ちた。この

110424h

 時点ではまだカッターは曲がって

 ない。今までのチェーンを切って

 それを抜き取るんだけど、初め

 ての人は、チェーンがリアの変速

 機をどう通ってるのか、よく見て

110424n

 ら抜く方がいいと思う。後で同じように

 して、新しいチェーンを通すからだ。

   

 さて、大変だったのはこの後。古い

チェーンは108コマだったので、新しいチェーン8コマカットしたんだけど、

なかなか切れなくて、途中で何度も休憩。もう両手は油まみれで、顔には

110424o

 冷や汗もじんわり。カッターが古いからダメ

 なんだろう・・・とか諦めかけた時、ようやく

 カット出来たんだけど、この時にカッターの

 土台の突起部分が一ヶ所曲がってしまっ

 たのだ。こうなると、普通にはチェーンを装着      

110424i

 出来ないから、中途半端な装着

 で何とかゴマかすことになる。と

 にかく、余分なコマをカットして、

新旧のチェーンの長さを比べてみると、古い方は何と3コマ分も伸びてた

これじゃ、ちょっと力が加わるだけで歯飛びするのも当然だろう。しかし、

よくこれだけ延ばしたね♪ ダンシング(立ちこぎ)を多用して17000km

走っただけの事はある。

     

         ☆          ☆          ☆

110424q

 最後は、いよいよ新しいチェーン

 の連結。まず、元通りにチェーン

 を通す。この時、チェーンのどち

 ら側を手前(自転車から見て外

 側)にするかで、2種類の通し方

 がある。説明書をよく見て、図の

 Aのようになる通し方を選択。ど

 うしてこの方が強度が上がる

 か、物理的には理解できないけ

 ど、世界のシマノの説明だから

 素直に従っておいた。

     

 続いて、チェーンの端っこのコマ

 に元々チョコンと付いてたピンを

 抜く。カッターが曲がってるから、

110424p

 これだけでも面倒だ。この時点でもう、心

 身共にかなり疲れてる (^^ゞ 手を拭い

 てもヌルヌルして、ネジを回しにくくなった

 から、ティッシュを使って回すと多少ラクに

なった。上の写真が、抜いた2本のピン。古いチェーンを切る時に1本、新

しいチェーンの装着前に1本で、計2本抜くことになる。

       

いよいよラストは、アンプルピンの差し込み。これも途中で止めそうになっ

110424j

 たけど、休憩しながら少しずつねじ込んで、プ

 チップチッと音が4回鳴って、ようやく終了。昔

 は連結部をクキクキと動かして、滑らかに曲

 がるようにした覚えがあるけど、今回はそん

な作業は無意味だった。最初から連結部が滑らかにカーブを描いたのだ。

           

110424m

 この程度の押しこみで大丈夫かな・・・と何度

 もチェックして、ようやく飛び出した部分をモン

 キーレンチで折る。最初、手でやってみたけ

 ど、流石にダメ。レンチなら一瞬だった。そこだ

け折れやすい素材を使ってるようだ。

      

    

          ☆          ☆          ☆

110424k

 こうしてようやく交換終了。早

 速、乗ってみると、ギアチェン

 ジ(変速)もスムーズだし、

 地のダンシング(立ちこぎ)なら

一番重いギア(前がアウター42、後ろがトップ11)にしても大丈夫だった。

まあでも、まだあんまし信頼してないから、少しずつ試して行こう。本気で

踏みこんで突然チェーンが切れたら、悲惨だもんね♪

       

カッターさえキチンとしてれば、次はわりとラクに交換できそうな気がする

けど、しばらくやりたくはないな。って言うか、今度はスプロケット(後ろの

8段ギア)の交換かも。ま、そんな事に金と手間をかけるくらいなら、もう

新しい自転車に買い替えた方が良さそうな気もする。十分、元を取って

るし、思い出も沢山残せた。

         

さて、これから寝るか、ちょっとだけランニングするか、考えてる内に寝ちゃ

いそうだな♪ ア~、疲れた。正直、普段の街乗り程度しかしないフツーの

女性なら、お店に頼む方が遥かにいいと思う。ま、フツーじゃない女性は

ズブズブと深みにハマって頂くってことで。

   

乗鞍ヒルクライムのエントリーもしなきゃね。では、今日はこの辺で。。☆彡

    

      

     

P.S. 記事アップから2年近く。おかげ様で大勢の方に見てもらってるが、

     前から気になってたのが、「チェーン はずし方」って感じの検索ア

     クセス。切ればすぐ外れるから、切らずに外すという意味だろう。

     簡単なのは、フロントのギア左下辺りを手前(自転車の外側)に

     引っ張って、ペダルを手で逆回転させる方法。力も要らず、1秒で

     外れる。 (13年2月3日)

   

          

cf. 自転車(クロスバイク)のディレイラー調整、初体験

           

                                (計 3171文字)

続きを読む "自転車(クロスバイク)のチェーン交換の方法~初心者向け♪"

| | コメント (0)

PTSD(外傷後ストレス障害)の診断基準~DSM-Ⅳ-TR

3月11日に発生した東日本大震災から、1ヶ月半近くが経過。被災者や

避難民の方々の精神的苦痛は、そろそろ限界だろう。当然、心の病の問

題が生じてくるはずだが、ここまで、少なくとも精神医学的レベルの話は、

マスメディアで少ししか見ていない。聞こえてくるのはもっぱら、その少し手

前の、心のケアとか支援の話が大部分だ。

     

非常時には、精神科などの治療より、身体的治療や差し当たりの衣食住

の問題の対応の方が遥かに重要だからというのが、おそらく一番大きい

理由だろうと想像する。また、当初の1ヶ月くらいは、心が張り詰めてるの

で、何とかなるという側面もあるだろう。

      

ただ、実は精神医学における国際的な診断基準を見ると、そもそも現在

の時点では、診断が難しいことが分かる。いずれ近い将来、精神医学の

問題がクローズアップされると思われるし、この辺りで代表的な診断基準

を見ておこう。うつ病も十分考えられるが、やはりPTSDが中心だろう。。

        

        ☆          ☆          ☆

PTSD(心的外傷後ストレス障害)について、当サイトで今まで一番詳し

く書いたのは、2年半前のドラマ『イノセント・ラヴ』第4話レビューだ。そ

こでは、ヒロイン・佳音(堀北真希)と弟・耀司(福士誠治)の2人のこと

を、PTSDカップルと呼んでおいた。

    

その際に用いたのが、国際標準とされる『DSM-Ⅳ-TR 精神疾患

の診断・統計マニュアル新訂版』,医学書院,2004)だ。米国精神医学

による原書は2000年発行で、今現在は第5版『DSM-Ⅴ』の作成

。3年前後で原書が出版されて、5、6年で日本語版が登場すると予

想している。以下では、現行のDSM(Diagnostic and Statistical 

Manual of mental disorder)の改訂第4版・TR(Text Revision

=基準はそのままで説明のみを改訂した版)を参照してみよう。

       

第7章・不安障害」は、大まかに言うなら昔の神経症(の一部)を扱う箇

所で、パニック障害、恐怖症、強迫神経症に続いて扱われるのが、診断

名としては歴史的にわりと新しい、PTSDだ。今ではこのアルファベット4

文字のまま、日本語として流通しているが、元の英語は「Posttraumatic

Stress Disorder」。ただ、何を省略したのかハッキリ示すには、最初の

部分を2つの単語に分け、「Post Traumatic」と書く方が分かりやすい。

つまり、PTSDの「T」とは、「Trauma」(トラウマ=心的外傷)の略なのだ。

       

DSMの基準は一般に、かなり長い説明(20~40行程度)になっていて、

PTSDの基準も、40行にわたる細かいものだ。以下では、多少省略して

引用する(邦訳 p.450~451)。

         

ちなみに基準の省略は、専門医でもしばしば行ってることだ。長過ぎる説

明は、一般にはかえって不親切で、逆効果になってしまう。とはいえ、ウチ

はマニアック・サイトでもあるし、かなり原文に近い内容を掲載しておく。簡

単な説明なら、既に他の場所にいくらでも書かれてるだろう。正直、あまり

感心しない訳文でも、そのまま掲載しておく。要するに邦訳は、原文直訳

に近いのだ。おそらく意識的なものだろう。。       

            

   

         ☆          ☆          ☆

診断基準 309.81 外傷後ストレス障害 

      

 A. その人は、以下の2つがともに認められる外傷的な出来事に暴露

    されたことがある。

    (1) 実際にまたは危うく死ぬまたは重傷を負うような出来事を、

       1度または数度、あるいは自分または他人の身体の保全に

       迫る危険を、その人が体験し、目撃し、または直面した。

    (2) その人の反応は強い恐怖、無力感または戦慄に関するも

       のである。

    

 B. 外傷的な出来事が、以下の1つ以上の形で再体験され続けている。

    (1) 出来事の反復的、侵入的、かつ苦痛な想起で、それは心像、

       思考、または知覚を含む。

    (2) 出来事についての反復的で苦痛な夢

    (3) 外傷的な出来事が再び起こっているかのように行動したり、

       感じたりする。

    (4) 略

    (5) 略

    

 C. 以下の3つ以上によって示される、外傷と関連した刺激の持続的回

    避と、全般的反応性の麻痺:

    (1) 外傷と関連した思考、感情、会話を回避しようとする努力

    (2) 外傷を想起させる活動、場所、人物を避けようとする努力

    (3) 外傷の重要な側面の想起不能

    (4) 重要な活動への関心または参加の著しい減退

    (5) 他の人から孤立している、疎遠になっているという感覚

    (6) 感情の範囲の縮小 (例: 愛の感情を持てない)

    (7) 未来が短縮した感覚 (例: 正常な寿命を期待しない)

      

 D. 持続的な覚醒亢進症状で、以下の2つ以上によって示される。

    (1) 入眠、または睡眠維持の困難

    (2) いらだたしさや怒りの爆発

    (3) 集中困難

    (4) 過度の警戒心

    (5) 過剰な驚愕反応

   

 E. 障害(基準B,C,Dの症状)の持続期間が1カ月以上

  

 F. 障害は、臨床上著しい苦痛、または、社会的・職業的など重要な

    領域における機能の障害を引き起こしている。

   

   

        ☆          ☆          ☆

以上、A~Fの6つの基準すべてが満たされる時、初めてPTSDの診断

が下される、というのが建前だ。実際には、医師の裁量で臨機応変に

用いられてると思うが、かなり細かく規定されてるのは確かなこと。単に、

昔つらい事があって心が傷ついているといった話ではないのだ。

    

特に、基準Eを見ると、診断には1カ月以上の経過が必要だと分かる。

1カ月未満の同様の症状には、「急性ストレス障害」という診断名がある

が、こちらは一般に話題になってない。大きなショックの直後、しばらく

心身が不調になるのは当たり前だし、その程度では精神科を訪れない

からだろう。精神科、心療内科の類は、以前ほどではないにせよ、まだ

敷居の高い場所であって、かなり症状が続いた後にようやく訪れる場所

だと思われる。

       

なお、DSMでは一般に、基準自体の前に色々と補足的説明が付けら

れている。PTSDの場合、「関連する特徴」の冒頭て、いわゆる「サバイ

バーズ・ギルト(survivor's guilt)が見られることがあると説明されている。

つまり、なぜ自分だけ助かったのかという罪の意識にさいなまれることが

あるわけだ(ただし、常にではない)。一方、うつ病その他との関係はま

だよく分かってないとのことだ。

    

症状は普通、外傷的な出来事(今回なら地震、津波、原発周辺からの

避難など)の3ヶ月以内に始まるが、数年遅れて現れることもある。症例

約半分は3ヶ月以内に完全に回復すると書かれているが、これは当

然、適切な治療を受けた場合の統計で、そうでない場合には長引く恐れ

もあるだろう。もちろん、治療がなかなか上手く行かない場合もある。

国の成人では、生涯有病率は約8%だから、少なからずの人が自分や

周囲で経験することになるようだ。

   

治療の基本は、他の多くの場合と同様に、薬物療法。あるいは、認知行

動療法ということになる。薬品の具体名だと、例えば有名な「パキシル

(SSRI)、あるいは「デパケン」(気分安定薬)を挙げられる(cf.日本トラ

ウマティック・ストレス学会HP、05年掲載の手引き)。もちろん、そうした

医療行為の他に、あるいはそれ以上に、周囲の温かく繊細な心配りが重

要だろう。医師に診てもらわない患者が大勢いることを考えても、周囲の

対応は重要だ。

        

PTSDとかトラウマという話は、精神医学の核心の一つでもあるので、ま

た違う角度から記事を書くと思う。とりあえず、今夜はこの辺で。。☆彡

     

       

  

cf. パニック障害&発作、広場恐怖の診断基準~DSM-Ⅳ-TR

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   うつ病の診断基準と抗うつ薬~NHK『ためしてガッテン』

   うつ病の診断基準2~気分変調性障害

   うつ病の血液診断と遺伝子変化

   うつ病の診断基準3~双極Ⅰ型障害(躁うつ病)

   うつ病の診断基準4~双極Ⅱ型障害(軽い躁うつ病)

   新型うつ病の一つ、非定型うつ病について

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   心理療法を無料で全国民に~朝日新聞「欧州の安心 イギリス」

   大胆かつ繊細な試論~香山リカ『雅子さまと「新型うつ」』

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   統合失調症の診断基準、統計、および歴史的経緯

                 

                                (計 3339文字)

| | コメント (0)

福島原発によるガン発生の厳しい試算~欧州放射線リスク委員会

通勤JOG 3km,18分程度

          

ここしばらく、基本的に体調はいいんだけど、その中だと今日はかなり下

の部類のようだ。軽い頭痛&吐き気、熱っぽい身体。。単なる寝不足、食

べ過ぎ、疲れかも知れないけど、今夜はサラッと書いておしまいにしよう。

          

予定としては、超久々に精神医学系の記事を書こうと思ってたのに、帰宅

前に立ち寄ったコンビニで、『FRIDAY』(2011年5月6日号)を見て、気

が変わった。関東以北の人間の多くが気にしてると思われる、放射線の

身体への影響について、厳しい試算の一つをまとめとく。

     

今現在、日本も含めて世界の放射線対策の基本になってるのは、国際放

射線防護委員会・ICRP(International Commission on Radio-

logical Protection)の見解だ。マスメディアも放射線の専門家も、これ

を根拠に語ることが多いし、特に専門家は、「ICRPに従うと・・・安全だ」と

いった流れで安心を訴えることが目立ってる。

      

これに対し、ICRPの基準は信頼できないし甘過ぎる、といった批判も以

前からあちこちで見かけている。ただ、ICRPの問題点を指摘するだけ

ではあまり意味はないわけで、より信頼できる代案を自ら提示するだけ

の能力が必要だ。

      

その意味で、ICRPとは別の見解を本格的に示す研究者の存在は、注

目に値する。その1人が、今週の『フライデー』にわりと目立つ形で3ペー

ジ掲載された、クリス・バスビー(Chris Busby)博士だ。欧州放射線リ

スク委員会・ECRR(Europian Committee on Radiation Risk)

の科学委員長で、福島原発の問題に焦点を絞った議論を本格的に示し

てる1人。委員会本部はブリュッセル、約70名の科学者が所属とのこと。

          

正直言って、最初はかなり疑惑のまなざしで記事を読み始めたんだけ

ど、記事全体は決して危険を強調し過ぎるものではなく、それなりにバ

ランスが取れてる。その点、同じ講談社の『週刊現代』とは違うのだ。実

際、中吊り広告でも、「C・バスビー博士の警告『がん患者は40万人増

える」という見出しの上に、小さめの活字ながら、「本当なのか!」と書き

添えてある。あくまで、一つの厳しい試算例として掲載してるのだ。

     

私も別に、ICRPよりECRRの方が正しいという確信を持ってるわけでは

ないので、この記事のタイトルは「厳しい試算」としておいた。ただ、単なる

反原発的な誇張ではないことは、ECRRの2010年版の勧告をザッと見

るだけでも感じ取れる。フリーでダウンロード可能な英語の専門的論文で、

何と248ページものpdfファイルなのだ。普通言われてる「厳しくない試算」

と比較するためにも、一通り目を通すのは有益だと思う。

       

では以下、その計算を示すが、根本的な注意点を改めて強調しておきた

い。計算というのは、最初に様々な前提や仮定を置いてるわけで、それら

計算以外の考察から導かれたものだ(医師による診断、アンケート調査

回答など)。したがって、数学的な計算の過程が正しくても、元の前提や仮

定が変わると、出てくる答えや結果は全く違うものになる。そうした限界を

十分わきまえた上で、計算の仕方を参考までに見てみよう。。

           

            

         ☆          ☆          ☆

『フライデー』掲載の試算では、福島第一原発から100km圏内(山形市・

仙台市が入る)と、100~200km圏内(茨城・栃木・山形・宮城のほぼ全

域に到達)とに分けて、計算が行われている。大まかな結論を先に書いて

おくと、前者で約19万人、後者で約22~23万人、計41万人以上のがん

患者が、放射線によって生じるとされるのだ。

        

ただし、今から1年間ずっと住み続けた人の内、今後50年間でがんにな

る人を数えたものだから、それほど過激な数字ではないとも言える。増加

率とか発生率で考えると、特に後者は5%程度だろうし、がんの中には軽

いものも多く含まれてると思われるからだ。

     

では、まず100km圏内について。元の記事と、少し書き方を変えてるが、

実質的には同じだ。これまでの放射線調査から、この域内での平均的な

放射線量を、毎時2マイクロシーベルトと仮定。すると、

           

  (1年の外部被曝) = 2×24時間×365日

             = 17520マイクロシーベルト

             ≒ 17ミリシーベルト (端数切り捨ての控えめな値)

   

この3分の1が内部被曝だと考えて、

  (1年の内部被曝) ≒ 5.7ミリシーベルト

   

これに、(1/3)×300÷10000、つまり100分の1倍という計算を行って

 (1人当たりのがん発生率) ≒ 0.057%

    

域内の人口は約330万人だから、

 (がん患者の発生数) ≒ 3300000×0.057

               ≒ 188100人

               ≒ 19万人

    

この計算方法は、主に核実験に関する疫学調査(=医学統計)から導か

れたものらしい。詳しくはpdfファイルに書かれてるのだろうが、流石に今

の所、英語の専門論文を248ページ読む余裕はない。つい先日、INES

の英語原文を30ページ以上読んだばかりでもあるのだ。いずれ日本語

版が作成される可能性があるので、その際には目を通したいと思ってる。

     

   

一方、100km~200km圏内では、平均的な放射線量を毎時1マイクロ

シーベルトと仮定。人口780万人として、同様の計算をまとめて行うと、

    

  (がん患者の発生数)

     ≒ (1×24×365÷1000)÷3÷100×7800000

     ≒ 227760人

     ≒ 23万人

       

実際のフライデーの文章では、22万1000人と書かれてるから、途中の

端数の処理で誤差が生じてるか、些細な計算ミス or 記載ミスだろう。ほ

ぼ同じ値だし、どうせ大まかな計算だから、気にする必要はない。

        

なお、計算は書いてないが、ICRPに従って計算すると合計僅か6158人

という話だ。ここからすぐ、ICRPを過小評価だと批判することはできない

が、専門家集団の間で、極端な違いが存在することは注目しておこう。。

        

      

         ☆          ☆          ☆

こうして、欧州放射線リスク委員会としては、今後50年間で40万人のがん

患者が放射線によって発生すると主張することになる。よく考えると見た目

ほど凄くもない予測かも知れないが、もちろん相当な被害だから、バスビー

は厳しく忠告する。100km圏内は直ちに避難せよ。そして、東京電力の幹

部を裁判でジャッジせよ。。

    

不思議なことに、ネットで3月19日(邦訳25日)に公開された「ECRRリス

クモデルと福島からの放射線」という文章(執筆は同じくクリス・バスビー科

学委員長)を読むと、違う計算方法が書かれている。ただ、これは1ヶ月前

の計算だし、計算例も違ってるから、今日発売のフライデーの方を信用す

ることにしよう。いずれにせよ、普通の試算より厳しい値を示してるのだ。

☆追記: 下のP.S.参照)

    

この主張を大きく載せた後、フライデーでは、別の機関所属の2人の専

門家に妥当性をたずねている。1人は岐阜環境医学研究所松井英介

医師で、外部被曝中心に考えてるICRPよりも、内部被曝を重視するEC

RRの方を評価している。ただ、ここは研究所と言っても、実際は個人的

な診療所のようだ。

             

一方、コロンビア大学・放射線研究所(or 研究センター)のデビッド・ブレ

ナー(David Brenner)所長は、放射線関連の試算は非常に難しいし、

研究所ごとに違うと指摘。つまり、ECRRの計算は、一つの仮説に過ぎ

ないということだ。私も差し当たり、そう受け取っているが、いずれ正しい

とか妥当だと判断するかも知れないし、逆に否定的な判断を下すかも知

れない。まずは知ることが大切だ。

       

とにかく、福島第一原発の事故に匹敵するのは、チェルノブイリ原発の事

故と、広島・長崎の原爆くらいしかない。それに核実験の結果を加えても、

トータルではかなり限られたデータしかないわけで、安全性に十分余裕を

持った議論・判断・行動が必要だ。。

      

       

最後に、今日は通勤ジョギング3kmほど軽く走っただけ。明日は1日

中、雨の予報だから、自転車のチェーン交換をするかも知れない。

それでは、今夜はこの辺で。。☆彡

     

     

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S. バスビー博士による3月19日のリスク・モデルでは、次のような計

     算になる。100km圏内だと、外部被曝17ミリシーベルトを600倍

     して10200ミリ = 10.2シーベルト。この「ECRR線量」を0.1倍

     して、1.02%と単位を変える。これが50年のガン発生率だから、

     住民330万人なら、ガン発生は約3万3000人。

         

     フライデーの計算値19万人の6分の1近くになってしまうし、違い

     の理由も分からない。それでも十分多いのは確かだ。。

       

     

cf.放射線(放射能)の危険性と距離~2つの逆二乗法則(情報源明示)

  原発から各地までの距離と、放射線の年間総量(by文科省データ)

  シーベルト、グレイ、ベクレル~放射線・放射能の単位について

  雨の長距離ランニングで浴びた放射性物質の計算(by 定時降下物データ)

  体内摂取した物質の放射線量の計算~物理学&生物学的半減期

  原発事故評価レベル7と、セシウムのヨウ素換算値の計算式(by INES)

  福島原発レベル7の基準を読む~INES(国際原子力・放射線事象評価尺度)

  なぜセシウムのヨウ素換算値は40倍か~放射性物質の計算理論(by INES)

  被災地の被害が深刻とされる、「風評」の意味とは・・

  「想定外」という言葉の考察&リハビリラン2日目

  実効線量、等価線量、線量当量~様々なシーベルトの関係

  原発事故はみんなが無責任、だけどね・・~東電社員の息子・ゆうだい君への応答

  ランニングの呼吸で内部被曝した放射線量の計算

  被曝する全放射線量の計算方法 (自然・医療、外部・内部、屋外・屋内)

  ラジウム温泉の放射線について~低線量被曝の影響

  義務教育における放射線・放射能~中学校・理科の教科書&副読本

             

                                  (計 4020文字)

| | コメント (4)

自転車(クロスバイク)のチェーン交換、まず準備だけ完了

(☆3日後の追記: 交換の実際は、次の記事を参照。

      自転車(クロスバイク)のチェーン交換の方法~初心者向け♪ )

     

         ☆          ☆          ☆

RUN 12km,53分41秒,心拍推定153 ; BIKE 5.4km

超~重い腰を上げて、ようやく愛車ビアンキ(bianchi)・バックストリート

110421

 チェーンを交換する準備を完了した。実際の

 交換は週末の予定だから、とりあえず準備の

 様子だけまとめとこう。色々と面倒だったのだ。

       

 まず事の発端は去年の夏乗鞍ヒルクライム

 目指して走り込む前に、チェーン潤滑油を注し

 過ぎたことだ。いきなり、踏み込む度にガタン

 ガタンと音を立てて、「歯飛び」するようになっ

 てしまった。ギア(前後の歯車)の歯(ギザギザ)

 とチェーンとが少しズレて、力を入れた時とか、

 段差がある時に、チェーン1コマ~3コマくらい

 滑ってしまうのだ。滑った後、また急激に引っ掛

 かるから、ガタンとなる。交通量の多い幹線道

 路だと、不安定だからちょっと危険だ。

     

もちろん、普通なら注油のやり過ぎくらいで歯飛びはしない。元々、チェー

ンが摩耗その他で伸びてしまって、ギアと合わなくなってるから、油で摩擦

力が落ちると滑ってしまう。ギアの側も摩耗するから、両方まとめて交換

する場合もあるけど、普通はチェーンだけ交換すれば直せるトラブルだ。

        

大部分の人は3000~10000kmくらいで交換してると思うけど、

面倒くさがり屋だから、17000kmもゴマかして乗ってた。去年は猛暑で

ダルかったこともあるんだけど、流石にヒルクライム・レースでは論外で、

乗鞍の中盤以降、斜度がキツくなって脚が疲れて来ると、もう歯飛びしま

くりで話にならない。何ともパッとしない結果に終わったけど、レース後に

そうゆう言い訳をしても、仲間には聞き流されてしまう (^^ゞ 芸能人は歯

が命、アスリートは結果が命なのだ。。

                    

         ☆          ☆          ☆

その後、春まで7ヶ月ほど自転車はお休みして、先日ちょっとだけ乗った

ら、油が飛んだ分、歯飛びはしにくくなってたけど、やっぱり本気で踏み込

むとダメ。大好きなダンシング(立ちこぎ)も論外だから、一念発起、ようや

く昨夜、準備を開始した。

    

最初にやったのが、工具探しチェーンカッターという物で、チェーンを切っ

たりつないだりする必要がある。カッターと言っても、本当にカットする(=

切る)わけじゃなくて、チェーンのコマとコマをつないでるピンを外したりハ

メたりする小さな器械だ。20歳くらいの頃、一度だけ交換したことがあって、

その時に買ったものを工具箱から発見。5年分(以上♪)のホコリを落とし

て、昔切ったチェーンで試してみたら、ちゃんとカット出来た、ま、1回しか

使ってないもんね。ただ、最近のチェーンに使えるかどうかは不明。

     

続いて、ネットでチェーン探し、と言うか、チェーン調べ。どんな種類があっ

て、自分のものがどれなのか、さっぱり分からない。夜だから、駐輪場に

調べに行くのもダルイし、買ってから既に9年ほど経ってるから、今の規格

や情報となかなか合わないだろう。という訳で、クロスバイク一般に使える

チェーンの情報を検索したんだけど、なかなかいい情報がない

       

ほとんど、ロードバイク(レーサータイプ)か、MTB(マウンテンバイク)で、

その中間のクロスバイクに関する情報は少ないのだ。乗ってる人は多い

はずだけど、街乗り用の自転車だから、本気でこいでチェーン交換まで

する人は少ないんだろうね。実際、ヒルクライムレースのカテゴリーも、

ロードバイクとMTBに分かれてて、ロードバイクが圧倒的。クロスバイク

は完全な異端児扱いで、仕方なくロードバイクと一緒に走るのだ。

        

         ☆          ☆          ☆ 

結局、私の自転車は、MTB用の部品(コンポーネント)が使われてるし、

ア(後輪側)が8段変速だから、SHIMANO(シマノ)HG50というチェーン

を買えばいいんだろうと判断。わりと近くに、夜までやってるお店があったか

ら、今夜買いに行って来たわけ。

                   

全然、割引になってなさそうだけど、税込1300円は安いね♪ 3000円

くらいで、キレイなシルバーの商品があれば買いたかったのに、クロスバ

イクだと、グレードが下の物しかないようだ。やっぱり、高価な「大人のオモ

チャ」のロードバイクが中心なんだよな、最近の自転車界は。私は基本的

に、業界主導の奇妙なブームだと思ってるから、最初からクロスバイクに

決めてた。もし買い変えることがあっても、またクロスバイクだろう。    

            

帰宅後は、サッと着替えて、公園を12kmだけランニング。ゆっくり走ろう

と思ってたのに、昨夜の余韻が残ってたのか、脚が勝手にスタスタ動いて、

トータルでは1km4分28秒ペースになった。湿度が93%くらいあったか

らか、最初から汗が流れたし、走り終えた後はたっぷり水分補給。気温は

13度くらいしかなかったのに、相変わらず湿度に弱いな。そうそう、やっぱ

り心拍計はイッてしまったようで、まったく測定不能。交換しかないか。。

       

明日はお休みして、明後日いよいよチェーン交換のつもりだけど、ズルズ

ル日曜日まで引き延ばしちゃうかも♪ 大した作業ではないはずなのに、

慣れないことだから、やっぱりダルイのだ。ブログ用に、写真も撮らなきゃ

なんないし。。という訳で、今夜はこの辺で。。☆彡

     

cf. 自転車(クロスバイク)のディレイラー調整、初体験

     

      

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S. ブログを書き終えた後、新聞社のサイト巡りをするのが日課なん

     だけど、今夜は読売のサイトのトップにいきなり訃報が載ってた。

        「キャンディーズ」田中好子さん、乳がんで死去

     まだ55歳、92年から20年近くも乳がん治療を続けてたとのこと。

           

     78年の解散後、80年に女優で復帰。私の好きなドラマ、反町隆

     史&竹野内豊『ビーチボーイズ』(97年)や、亀梨和也&綾瀬はる

     か『たったひとつの恋』(06)でも、お母さん役でしっとりした演技を

     見せてくれてた。その間もずっと闘病生活だったのか。。  

     謹んでご冥福をお祈り致します。。

       

 往路(2.45km)    12分14秒  心拍測定エラー       

  1周(2.14km)    9分39秒      

  2周            9分19秒         

  3周            9分01秒 

  4周(0.68km)   3分07秒                        

 復路          10分23秒   

計 12km  53分41秒 心拍推定153(83%) 最大168程度(ゴール時)

     

                                  (計 2583文字)

| | コメント (0)

大切なものを遂にイカせた夜・・♪

RUN 9.2km,39分31秒,心拍推定155

フーッ・・・遂にイカせたか。結構、時間がかかったけど、頑張った甲斐

あったね。肉体派&肉食系の男子として満足だ。。☆

   

という訳で、何をイカせたのか。もちろん、持久系アスリートが努力を重ね

てイカせるものと言えば、心拍計だ。他に何か、心当たりでも?♪ 心拍計

110420a

 というのは、持久系

 の運動の強度を測定

 する際の基本で、水

 泳オンリーの人はあ

 んまし使ってないよ

 うな気がするけど、

ランニング、自転車、トライアスロンではかなり普及してると思う(特に自転車

競技かな)。キツ過ぎる負荷を避けるという予防的意味もあるけど、単純に

面白いし、自己満足も得られるのだ。

         

学校の体力測定の時、指で手首の脈を測ったことがある人は多いだろう。

要するに、心臓の心拍数を測ってたわけで、それをリアルタイムで機械計

してくれるのが心拍計。最初は違和感があるけど、すぐ慣れるし、無いと

淋しく感じるようにもなるのだ。ま、「大切なもの」に共通なことでしょ♪

         

上の写真のようなトランスミッター(送信機)を、ゴムベルトで胸に装着して、

腕時計型の受信機で測定する。当然、どちらも電池を使ってて、受信機の

方は普通に1000円ほどで電池交換できる(2年半に1回程度)。ところが、

なぜか送信機の方は電池交換出来ない。おかしなもんだね。自分で分解

して交換してる人もいるんじゃないかな。ま、心臓の近くに当てるものだか

ら、ハイリスクではあるけど。

                             

110420b

 仕方ないから、

 丸ごと買い替え

 ることになるの

 だ。今ネット

 見ると、一番安

 い所で、税・送

 料込、5754

 円だった。う~

 ん、トランスミッ

 ターだけでそん

 な値段だったら、

受信機も含めて全部買い替えたくなっちゃうわな。それこそ、独占的な企業

POLAR(ポラール)の思うつぼだろうけど、もう6年近いから、受信機の方

も寿命が接近してるかも知れない。どうすべきか、ビミョーな所だね。

     

しかし、使用平均2500時間とマニュアルに書かれてるけど、まだ2000時

間以下だと思うけどな。私の場合、大部分はランニングだし、そんなに長

時間使い続けることも少ない。まあ、使用時間って言うより、試用期間が6

年近いから、こんなもんか。実は、心拍計とこのブログのスタートがほぼ同

だから、ちょっと感慨深いのだ。心拍計を買った時の記事は、まだ非公

開でブログの練習をしてた時期♪ 懐かしいと言うか、可愛いと言うか。。

        

         ☆          ☆          ☆

とにかく、どうもトランスミッターの寿命らしくて、今夜のランニングでは最初

から全く機能せず。心拍数が00のままで、4分ほどでハイフンの表示になっ

てしまった。予兆はあって、昨夜もそうだけど、ここ最近は満足に測定でき

ないことが多かった。まあ、今まで何度もピンチを切り抜けて来たんだけど、

今回は違う感じだな。あんまし動揺しなかったし、遂にイッたかって感じだ。

     

走りの方は、時間が45分ほどしか無かったから、最初からスタスタ走って、

僅か9.2kmだけ稼いで来た。トータルでは1km4分18秒ペース。う~ん、

ハーハー言ったわりに遅いね。まだ、フルマラソン用の身体なんだよな。こ

れから1ヶ月で、10000m=10km用の身体に変えて、タイムトライアル

したいと思ってる。5000mもやりたいんだよな。

         

それにしても、トランスミッターも買わなきゃいけないし、自転車のチェーン

も買わなきゃいけないし、色々と面倒くさいね。と言うより、私が面倒くさが

り屋ってだけの話かも♪ 特に自転車系は、マメな人がやたら多いもんなぁ。

その辺りでも、ちょっと付いていけないものを感じてしまうのだ。あ~腹減っ

たから、何か夜食を作って、体脂肪率を上げるとしよう♪ ではまた。。☆彡

       

       

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S. 記事を書きながら、心拍計を再び試してみると、ちゃんと62前後の

     心拍数を刻々と表示し続けてる。あれっ、まだ最後までイカせてな

     かったのかね。もっと激しく、トドメをささなきゃダメなのか。。♪

       

 往路(2.45km)  11分30秒  心拍測定エラー 

 1周(2.14km)    9分11秒          

 2周           8分42秒          

 復路(2.47km)   10分07秒           

計 9.2km   39分31秒  心拍推定155 (最大170程度)

            

                                 (計 1738文字)

| | コメント (0)

ボストンマラソン2011、世界記録(非公式)のラップとコース高低差

(☆13年4月18日追記: 爆弾テロに関する記事をアップ。

     まさか・・ボストンマラソン爆弾テロの衝撃・・ )

   

      

         ☆          ☆          ☆

RUN 8km,36分48秒,心拍152(推定)

         

出た! 驚異の世界最高記録☆ 追い風&下り坂参考記録だけど♪ 4

月18日に行われた第115回ボストンマラソンで、ジョーフリー・ムタイ(ケ

ニア)が何と2時間03分02秒で優勝。皇帝ゲブレシラシエ(エチオピア)の

世界記録2時間03分59秒を、一気に57秒も縮めた。2位のモーゼズ・

モソップ(ケニア)も2時間03分06秒だから、凄い高速レースだ。

     

先日のロンドン・マラソン2011も高速レースで、優勝したエマヌエル・ムタ

イ(ケニア)のタイムは世界歴代5位の2時間04分40秒だったけど、ボス

トンの記録でかすんだ気がしてしまう。それにしてもホント、アフリカ勢だら

けって言うか、ケニアだらけって言うか、どうにかならないもんかね。短距

離も長距離も、トップクラスは黒人(or アフリカ系)だらけだな。。

      

日本人としての嫉妬と溜息はともかく、まずはラップタイム(5kmごとの区

間タイム)を見てみよう。公式サイト(英語)からスプリットタイム(通過タイ

ム)のデータを入手して、そこから計算したものだ。

    

  5km     10km     15km     20km     25km     30km    35km    40km   

 14:32    14:36   14:40     14:57     14:31     15:08     14:11    14:13

    

ほとんどが5km14分台で、30km以降は14分ジャストに接近する超高

速ラップ。ちなみに、ハーフ(前半)は1時間01分58秒だから、後半のハー

フは何と、1時間01分04秒ってことだ。トータルだと、1km2分55秒ペー

ス! 私が滅多に行かない場所だと、「速過ぎてワロタ」(≒笑った)とか書

いてそうだね。。

      

          ☆          ☆         ☆

さて、問題は、これが非公式タイムだってことだ。ボストンは五輪に次ぐ長

い伝統を誇る大会だけど、コースは公認されてない世界陸連の公認条

件だと、スタートとゴールの直線距離は全体の半分以下でなければならな

い。要するに、折返しとか周回を取り入れろってことで、追い風だけ受ける

のを禁止してるわけだ。ひょっとすると、一つの地点の観客に2回以上顔

見せするように、という意味も含まれてるのかも。

        

フルマラソン42.195kmだと、直線距離はその半分・21.0975km以

下でなければならない。ボストンは、直線距離が全体の91%(約38.4km)

もあるから論外だ。実際、今回のレースは追い風だったらしい。この辺り、

私は時事通信産経新聞のHPを主に参考にして書いてる。

     

一方、コースの高低差に関する公認条件もあって、スタート地点からゴー

ル地点までの高低差が、1kmあたり1m以下とされている。つまり、フル

マラソンだと42.195m以下。ところが、ボストンの高低差は140mくらい

もあるらしい。

      

「くらい」というのは、信頼できそうな表示が発見出来てないからで、あまり

信頼性の高くない日本版ウィキペディアも、出典なしで141mと書いてるだ

け。比較的信頼できる英語版ウィキにも、公式サイトにも見当たらないし、

下でお見せするコース・プロフィール(高低差を示す断面図)でも、138m

程度だということは確認できたけど、141mという数字は確認できてない。

     

2流市民ランナー&サイクリストである私としては、トータルの高低差だけ

でなく、途中のアップダウンも知りたかったので、あちこち検索で飛び回っ

て、ようやく見つけたサイトが、「RunningAHEAD」(前向きに走ること)。

無断借用&縮小だけど、世界レベルのめでたいニュースでもあるし、許容

範囲だろうと勝手に思ってる♪ 「Elevation Profile」(アップダウンの断面

)と書かれて、普通の地図の下に添えられていた。

         

110419

   

このグラフを見ると、全体的に下りなのも分かるし、中間地点過ぎの上り

がちょっとキツイのも分かる。終盤の山になった箇所が、「心臓破りの丘

(Heartbreak Hill)。ただ、今回のムタイのラップタイムを見ると、上りで

も全く落ちてないどころか、逆にペースアップしてるから、追い風がかなり

強かったのかも知れない。たかが1kmあたり平均3m程度の下りよりも、

追い風の方がプラスだろう。  

     

それにしても、過去のボストンの記録はさほど良くもないし、ムタイとモソッ

プが素晴らしい走りを見せたのは間違いない。こうなると、夢の2時間切り

への「期待」も高まって来る。まあ、それは「不安」でもあるけどね。おそらく、

日本人には全く付いていけないペースだろうから。。

                 

     

          ☆          ☆          ☆

最後に、天上界から地底に降りて、私の今夜の僅かな走りについて♪ 非

公式・世界記録に刺激を受けて、ガンガン走って来た・・・とか書きたい所だっ

たのに、時間が無くて僅か8kmだけ。余りの眠さでボーッとしてる間に、ム

ダな時間を過ごしたって側面もある (^^ゞ 寝不足に加えて、春眠暁を覚え

ずってやつかね。

      

近所の公園に出かけたんだけど、たまたま1km4分30秒近いペースで

走ってるランナーがいたから、7mほど距離を空けて追走。予想通り、途

中で止めてしまったので、3周目の終盤以降は1人で走ることになった。

ま、大して速くもないし、距離も短いから、スピード練習には全然なってな

いけど、最近は戸田・彩湖フルマラソン出場に合わせて、ゆっくり長く走る

ことが多かったから、刺激にはなったかも知れない

       

明日も10kmくらいは走りたいけど、時間がビミョーかも。ではまた。。☆彡

    

          

 往路(1.15km)   6分12秒  心拍測定エラー

  1周(1.1km)   5分06秒          

  2周          5分01秒        

  3周          4分51秒        

  4周          5分02秒        

  5周          4分43秒        

 復路(1.35km)  5分53秒         

計 8km    36分48秒 心拍推定154(84%) 最大160(復路の坂)

| | コメント (0)

たまにはドラマ・レビューも書きたいんだけど・・

通勤JOG 4km,約23分

眠い。。危うく、パソコンの前で寝そうになったわ (^^ゞ 前から書いてるよう

に、私にとっては基本的に、日曜夜から月曜夜までが一番忙しい時間帯な

のだ。だから、日曜の昼間もあんましノンビリ出来ないし、土曜出勤だと休

み無しみたいな感覚になってしまう。

     

特に昨日の日曜は、午前中、都心のロング・ジョギングをやってたので、も

うそれだけで余裕はほとんどない。という訳で、『JIN-仁-』完結編第1

も見なかったのだ・・・とか書いてると、かなり人数が減ってるドラマファン

がますます減りそうだから、一応流し見だけしたのだ♪ ただし、録画もメ

モも無いし、前作も最終回しか見てないし、予習・復習の類も全くしてなかっ

たから、話が7割程度しか把握できてないと思う。時間も無いし、とても

ビューなんて無理

     

まあ、そんな私でさえ一応テレビは付けてしまったほどの話題作だから、

視聴率は何と23.7%☆ 凄いね。南方仁役で主演の大沢たかお、一

躍トップスターだな。綾瀬はるか(咲)や内野聖陽(坂本龍馬)の人気もあ

るだろうけど、大沢素朴で真面目な演技&外見がハマッてる。

   

国際的な評価っていうのも、分かる気がする。サムライはいまだに外国人

ウケするし、人間愛、神、運命とか、人類に普遍的なテーマがストレートに

満載。男性ロマン勇気・決断、女性苦悩前進など、多彩な組み込

み方も上手い。私の感想も、一言でまとめると、「いいドラマだね♪」って印

象だった。

        

演技・演出・音楽、何ともフツーの優等生って感じだけど、脚本はヒネリ

入ってて、色んなタイプの視聴者を集められるように出来てる。ただ、「

史を変えていいのか」っていう問いは、タイムスリップに関する一番基本的

なものなのに、迷いを見せるだけで、さっぱり話に奥行きも広がりも進展

も無いのが引っ掛かる。目の前の患者をすべて助けようと努力するってこ

となら、タイムスリップなんて関係ない、ごく当たり前の考えに過ぎない。

          

そもそも私は、理論的にも、過去へのタイムスリップ未来に「奇妙な悪

影響」など起きないと考えてるので、仁の迷いがしっくり来ないのだ。いわ

ゆる「多世界解釈」を取れば、タイムスリップ前の世界とそっくりの別世界

が、150年ほど前から新たにスタートするに過ぎない。その辺りについて

は、以前、山下智久&長澤まさみ『プロポーズ大作戦』の第2話レビュー

と、その補足記事(質疑応答)とで、かなり突っ込んで説明しといた。

     

元々、時代劇が苦手ってこともあるから、来週以降、見続けるかどうか怪

しいけど、もし見続けたら、1回くらいは真面目にレビューするかも知れな

い。ま、前作をほとんど知らないまま、話に付いて行ければね。ちなみに、

道名津(ドーナツ)が出て来た頃、私も個人的にドーナッツを食べてた♪

こうゆう偶然は、『あしたの、喜多喜男』第6話のぬれ煎餅以来だな。。☆

      

    

          ☆          ☆          ☆

一方、今夜21時10分頃に帰宅して、そこから全く内容を知らないまま

し見したのが、月9『幸せになろうよ』。香取慎吾の主演作を見るのは、『薔

薇のない花屋』以来だな。あれはすぐ挫折したけど、今回はどうだろう。初

回、まったく期待してなかったからなのか、わりと面白く感じた☆ 一仕事

終えてホッとした気分に、香取のまったりした演技が合ってたのかも知れ

ない。『薔薇』に近いキャラだったけど、実は福山雅治『ガリレオ』第4話

悪役みたいな演技も出来るんだよな。

    

黒木メイサは、そんなに興味はないし、演技もまだまだ「若手美人モデル」

の域を出ないけど、ミニスカート&ハイヒールとか、コンパニオン姿とか、流

石に様になってるね。あそこだけでも録画すべきだったかも♪ 髪型は、そ

の後の『SMAP×SMAP』みたいにストレートに近い方が好きだな。って言

うか、あの「6個入り唐揚げの幸せ」へのこだわりが笑えたね。ムキになっ

て、早口になる辺りがちょっと可愛かった。ま、コンビニの店員が5個と6個

をウッカリ間違えた時に3回も遭遇するなんて、考えにくいけど。。

                  

一方、またまた出演の藤木直人。ホント、ドラマ出演多いね! 女たらし&

結婚詐欺の悪役なのかと思って、さっき公式サイトのインタビューを読んで

みると、「謎めいた男」だから、悪役ってわけでもないのか。って言うか、

式サイト、まだ全然、未完成なんだけど(苦笑)。わざとじゃないと思うな。大

震災の影響ってことかね。藤木って、二卵性双生児なんだ。パーツしか似

てないって言っても、やっぱ知的なイケメンを想像してしまう。それより、可

愛い妹はいないのか。。

               

仲里依紗は、亀梨和也&田辺誠一『神の雫』以来だけど、似たようなキャ

♪ 顔立ちとキャラのせいか、妙に太って見えるけど、よく見るとそうでも

ないって言うか、一応モデルさんのプロポーションなのか。むしろ、『雫』時

代より痩せてるのかも。「ゼブラクイーン」は、話題になったわりに写真集が

イマイチだったな・・・とか言いつつ、しっかり中身は立ち読みしてたりする

のだ♪ ちょっと恥ずかしいかも。。

             

このドラマ、個人的には、黒木メイサの淋しい父親が気になった。そうそう、

小林薫ね。う~ん、落ちぶれたダメ男に魅かれるのは、自分自身へのナル

シシズム(自己愛)ってことか。ウッ、今、自分で書いてグサッと来たかも。

私は早くから完全に自立してるし、平日の公園でネコにエサをやったことも

無いけど、気持ちはよく分かる気がする。ま、私も昔は売れっ子デザイナー

だったしね・・・って、そりゃ、経歴詐称で黒木メイサと同罪か♪  

       

ま、月曜の夜21時っていう時間帯は、ちょうど疲れて帰宅した直後だか

ら、来週もまったり流し見くらいはするかも知れない。で、黒木のサービス

ショットが無ければ、第3話以降はもう見ないってことで。コラコラ。。

      

          ☆          ☆          ☆

最後に、単なる日記的なつぶやきも書いとくと、今日ようやく原発関連って

言うか、核分裂反応の本1冊買って来た。ホント、どこに行ってもなかな

か見つからないから、私の興味に近い所で妥協したって感じかな。でも、

読み始めると面白くて、帰りの電車で居眠りもせずに読みふけってしまっ

たほど。またいずれ、何か記事に使いたいと思ってる。

        

こんだけ書けば十分でしょ。そうそう。今日も一応、通勤ランで4kmほど

稼いだんだった。昨日、27kmのロング・ジョグをやった直後だから、かな

り疲れてるかなと思ったのに、そうでも無かったね。やっぱ、地力がついて

るな。戸田・彩湖フルマラソンからもう10日たったし、そろそろ気合を入れ

た走りも再開しなきゃいけない。10kmとか5kmとか、短い距離のタイム

トライアル挑戦したいんだよなぁ。3kmのクーパーテストもOK。

      

それではこの辺で、Good Night。。と言いつつ、まだ寝ない♪☆彡

    

    

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.『幸せになろうよ』第一話視聴率16.4%で、好スタート。ちょうど

    1年前、『同窓会』の脚本で成功した、井上由美子マジック健在か♪

           

                                 (計 2874文字)

| | コメント (0)

快晴のロング・ジョギング~青山から表参道を通って代々木公園へ♪

JOG 約27km,約3時間,心拍127程度

気持ち良かった~♪ 脳の2割くらい居眠りしたまま走った感じだね。春の

110417a

 ポカポカ陽気と

 いうか、暑くも

 寒くもなく、ほ

 とんど無風で、

 雲一つない快晴

 の青空。これだ

 け好条件の日曜っ

 ていうのも、珍

 しいんじゃない

かね。ま、実は眼に見えない放射線や放射性物質が多少増えてはいる

んだけど、都心は公園も繁華街もそれなりに人がいて、そこそこ賑やか

だった。本来の7~8割くらいの回復かな。

     

110417b

 という訳で、今

 日は久々に、女

 友達と都心をの

 んびり走って

 たのだ。途中、

 雨で延期になっ

 たことが一度あ

 るけど、なかな

 か予定を合わせ

るのが難しい。単なる時間の問題じゃなくて、長時間走ることになるから、

体調も合わせる必要があるのだ。例えばフルマラソンの前後だと苦しい

し、仕事でバタバタ追われてる時にもなかなか余裕が持てない。

        

110417c

 今日はもう、

 田・彩湖フルマ

 ラソンから8日

 経ってるし、し

 ばらく前から色々

 調整して、時間

 を作ってた。夜

 型人間の休日と

 しては珍しく、

早寝早起きして、ちょっとだけ時間に余裕が出来たから、「眠り姫」にメー

ルしてみたら、やっぱり睡眠中(爆) ま、元気そうで何よりってことで♪ 

      

110417d

 その後、前回と同じくランス

 テ青山で待ち合わせ。玄関

 前のイスに座って、青山っぽ

 い女性たちが目の前を通り

 過ぎるのをチラ見しながら、

 ランニングや自転車の雑誌

 を流し読み。誰も持ち去った

 りしない所が青山の品格だ。

            

 すぐ目を引いたのは、3月6

 日開催の、第1回・渋谷表参道

 Women’s Run(ウィメンズ

 ラン)の記事。代々木公園や表

参道を、約4000人の女性参加者が駆け抜けたそうで、写真の華やか

が圧倒的だった☆ 

        

110417e

 やっぱ、男とは

 全く違う存在だ

 ね♪ 服装が全

 体的に明るくて、

 赤やピンクが目

 立ってる。女は

 誰でも絵になる

 けど、男は一部

 しか絵にならな

い。こうして、ジャニーズ人気は永遠なのだ。

         

その絵になる(らしい・笑)男たちが先日、支援活動「Marching J」を行っ

たのが代々木公園で、ウィメンズランのスタート&ゴールもほぼ同じ場所。

高橋尚子もゲストランナーとして出場したとのこと。ちなみにこの記事の

も、最後以外はすべて代々木公園辺りのものだ。

          

          ☆          ☆          ☆

110417f

 一方、我々はま

 ず赤坂御用地

 1周近く走った

 後、外苑東通り

 を北に向かって、

 慶応大学医学部

 &病院の手前で

 左折。外苑西通

 りでまた左折し

て、246(青山通り)を少し走った後、オシャレで爽やかな表参道を通って、

原宿から代々木公園へ。う~ん、東京っぽくてイイね♪ 東京マラソンなん

かより、都心のロング・ジョギングの方が、「らしい」と思うな。

         

代々木公園はかなりの人出で賑わってたけど、ちょっと寂しかったのが、

噴水が止まったままだってこと。震災から1ヶ月経過。水は循環させてる

わけだし、休日の昼間の電力は余ってる。実際、今日12時台の東京電

力の使用率は69%にすぎない。節電で大震災に向き合う姿勢を見せる

のも意味あることだけど、好天の日曜の噴水くらい、心のうるおいとして

いいと思うけどね、こうゆうのは、菅首相より、石原都知事が言えば一発

なんだろうけど、これまでの言動から考えて、言いそうにないな (^^ゞ 

   

110417g

 噴水はさておき、心地良い

 雰囲気の代々木公園を何周

 か走った後、渋谷門の前で

 お別れ。私は渋谷駅の方に

 向かった。ブログの飾り用に、

 109(イチマルキュー)と道玄

 坂の写メを撮ったんだけど、

 かなり恥ずかしかったかも♪

 「オレはお上りさんじゃなくて、

 渋谷系の人間なんだ~!」

 と内心つぶやきつつ、スクランブ

 ル交差点でピロピロと音を鳴らし

て来たわけ。やっぱ、携帯の電池交換すると全然大丈夫だね。前は、たっ

た1枚撮っただけで電源が切れたりしてたのに。。

        

         ☆          ☆          ☆       

こうして、春の休日の気持ちいいロングジョグは終了。前回と違って、まだ

脚に余裕があった。やっぱり、フルマラソン用に長距離を走り込んでたか

、脚の付け根の持久力が鍛えられてるんだな。長距離とか長時間走れ

るようになると、ランニングも自転車も、一気に楽しみが広がるね。皆さん

も是非、お試しあれ♪ 

     

電力不足でもあるし、あと数年はラン&バイクの流行が続くと思ってる。

「RUN&BIKE」が続くかどうかは、地震ない・・・じゃなくて、自信ない♪

そう言えばさっき、「長距離」と打とうとしたら「兆距離」と変換された。「兆

ベクレル」とか、原発&放射線記事で入力してたせいだね。

    

そうそう。帰りに、代々木公園から公園通りに降りて行く時、ケヤキ並木

通りを中心に、犬のイベントをやってた。調べてみると、「わんわんカーニ

バル2011」とのこと。そう言えば、公園でも犬が一杯走り回ってたよな。

ペット人気、恐るべし。ではまた。。☆彡

    

    

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.この記事を書きながら、たまたまラジオで『福山雅治のSUZUKIトー

    キングF.M.』を聴いてたら、噂の震災支援ソングが流れた。「チー

    ム・アミューズ!!」による、『Let’s try again』。凄い曲だね♪ 

    それぞれのヒット曲のメドレーと言うか、ハイスピード・ランダム・シャッ

    フルと言うか。またサザン・桑田が遊んだなって気がする構成。

           

    20日から楽曲&PVを配信限定発売して、収益は日本赤十字社に

    寄付とのこと。さて、それぞれのファンがどの程度ダウンロードして

    くれるのか、結果に注目しとこう。

          

                               (計 2220文字)

| | コメント (4)

福島原発レベル7の基準を読む~INES(国際原子力・放射線事象評価尺度)

先日、ヨウ素131換算値の記事で書いておいた通り、INESの英語原文

ネットでダウンロードしたので、今日一通り読んでみた。簡単な結論だけを

先に書くなら、やはり何とも微妙な基準であって、レベル7が妥当かどうか

は判断に迷う所だ。時間も無いし、内容解説と感想を簡単にまとめとこう。

      

 (☆6月4日追記: 日本時間で3日から、レベル8への格上げ情報が、ツ

             イッターで「拡散」してるようだ。INESのレベルは7ま

             でしか無いので、分の間はあり得ない。よって、「格

             上げ!」とか断定形の情報はデマ。ただし、将来の話

             として「格上げされるかも」と言うのなら、あり得ないと

             も言い切れない。

             ちなみに元ネタは、英文の「ENENEWS」の現地時間

             16時過ぎのニュースらしいが、一番最初がこれかどう

             か、確信は持てない。核技術者達がIAEAに働きかけ

             ている(urging)」という内容だ。)

       

まず、単純な事実確認について。経産省の原子力安全・保安院4月12

、「東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故・トラ

ブルに対するINES(国際原子力・放射線事象評価尺度)の適用について」

と題するpdfファイルを公開。冒頭、枠で囲んだ要約には、「・・・レベル7と

暫定評価・・・ただし、放射性物質の放出量は、同じレベルのチェルノブイリ

事故の1割程度」と書かれている。

   

3月18日の暫定評価・レベル5から一気に2段階上げられて、最悪のレ

ベルだと評価されたわけだが、まだ確定ではない。pdf の末尾には、こう

記されている。

    

   最終的なINES評価については、原因究明が行われ再発防止

   対策が確定した後、総合資源エネルギー調査会原子力安全・

   保安部会に設置されたINES評価小委員会(委員長:関村直人

   東京大学大学院工学系研究科教授)が専門的、技術的な立

   場から検討し、正式評価を行います。

     

ここで、疑問を感じるのは自然なことだろう。このpdfファイルでも、

ディアの報道でも、もっぱら放射性物質の放出量が問題とされていて、

その推測値は、レベル7の基準「とされてる」数万テラベクレル(=数万

兆ベクレル)の10倍にも達している。しかも、まだ放出は止まってない

のだから、最悪のレベル7は既に確定ではないのか 

    

単なる事務手続き上の問題で、最終評価を延期しただけなら、専門家

によるINES委員会が更に検討する必要はないはずだ。また、毎日新

聞HP(13日)やロイターHP(13日)は、レベル7という評価に疑問を示

す専門家の声を紹介している。

   

ということは、やはりINESというのは、単なる数値基準ではないはずだ。

そこで、英語の原文pdfファイル(ユーザーズマニュアル2008年版)を

自分で読んでみると、確かに微妙で繊細な内容だったのだ。以下、ポイ

ントだけ簡単に見て行こう。

     

          

         ☆          ☆          ☆

あらためて書いておくと、INESとは「 International Nuclear and 

110413

 radiological

 Event Scale」

 の略で、国際原子

 力(放射線)事象

 評価尺度、国際

 (事故)評価尺度

 などと訳されてい

 る。現在使われて

 るのは、「User’s

 Manual 2008

 Edition」(ユー

 ザーズ・マニュアル

 2008年版)だ。

          、

 1986年のチェ

 ルノブイリ事故を

受けて、90年に開発されたもので、関連「事象」(event)の安全上の意味

を、放射線の発生源と結びつけて、伝達・公表するために使われる。

       

IAEA(国際原子力機関)OECD(経済協力開発機構)が中心となってい

る尺度だから、原発を監視するというより、むしろ原発の利用のためのも

のだと考えた方がいいかも知れない。もとろん、利用するためには、安全

性が最重要なわけだ。

    

マニュアルは全体で206ページにものぼるものだが、福島原発のレベル

7という評価を考える際には、第2章まで、つまり29ページまで読めば十

だ。しかも、実質的に関係ない部分を飛ばせば、25ページ程度読め

ばいい。英語を母国語としない国への配慮からか、かなり分かりやすい

英文だから、単語はともかく、文法的には高校生でも一応読めるだろう。

全体の構成も非常にわかりやすく出来てる。

     

まず前置き目次があって、第1章全体の要約第2章「人と環境」

に関する基準の説明だ。これが第1の基準であって、要するに周囲への

影響から考えるもの。次に、第2の基準は、「施設における放射線バリア

と管理」(第3章)。要するに、原発の内部で実際に起きた問題に関する

ものだ。最後に第3の基準が、「深層防護」(第4~6章)。これは、実際

の問題が起きる以前の、安全設備に関するものだと考えればいい。ちな

みに最終・第7章は単なるフローチャート。評価手続きの図式的まとめだ。

        

110416

 レベル7から1

 まで、3つの基

 準ごとに非常に

 簡潔にまとめて

 1枚の表にした

 ものが左の「

 1」。左上の

ベル7とレベル6については、基準1「人と環境」しか説明がない。つまり、

福島原発のレベル7を考える際には、基準1だけで十分なのだ。そこで、

基準1の該当箇所だけ、コピー&ペーストしてみよう(参考までにレベル5

も入れておく)。

         

110416b_2

     

110416c

 上の箇所の文科省訳

 (ただし具体例を

 付記)が左で、INES

 のこの表だけは、以

 前から翻訳されてい

 る。元々、表はp.3

 で、その説明はp.2

 だから、最も基本的

 な説明だと考えられ

 るが、意外なことに、

 ここには放射性物質

 の放出量の数値(テ

ラベクレル単位)が書かれてないのだ。この文章の説明だけだと、福島が

レベル6か7かは何とも微妙だろう。

    

それに対して、例えば朝日新聞・12日夕刊1面の表では、テラベクレルの

数値基準が書き添えられていた。それは、少し後の第2章中に出てくる

話なのだ。そこで、第2章、つまり基準1の説明を見る必要があるが、その

前に一言、重要な指摘をしておこう。

    

p.1、つまり一番最初のページの第2段落に、INES開発の鍵となった考

が書いてある。それは、深刻な大事故となったチェルノブイリと、その他

の相対的に小さなトラブルとを分けるという発想なのだ。つまり、「そのトラ

ブルはチェルノブイリよりレベルが多少低い」と認定するための尺度。だか

らこそ、レベル7のチェルノブイリの上には、レベル8が無い。

        

と言うより、レベル6以下を定めるための尺度だったわけで、こうした尺度

設定の背景が、福島のレベル7宣言への(一部の)当惑を生んだ一因だろ

う。もし福島の評価がこのままなら、いずれ尺度が変更されて、チェルノブ

イリはレベル8になるのではないか。実際、ロイターは、そういった感覚に近

い海外専門家の言葉を伝えていた。その場合、福島は「最悪レベル」では

なくなるわけだ。。

       

        

        ☆          ☆          ☆

では最後に、放射性物質の放出量に関する第2章について。ここでようや

く、ヨウ素131換算値数万テラベクレル以上という、レベル7の基準値

「らしきもの」が示される。p.17だから、ちょっと遅い提示だが、斜体字で

強調されている。

   

ただし、この節には、一番最初から微妙な「脚注」が付けられている。「これ

らの基準は、放出量の早期の評価がおおよそのものでしかあり得ないよう

な事故に関するものである。このため、レベルの確定において正確な数値

を用いることは、不適切である」。

        

とはいえ、一貫した国際的解釈のために、一応目安として500テラ、5000

テラ、50000テラベクレルという数字を挙げてるのだが、では早期のおお

よそのものではない、正式な評価ではどうするのか、直接的には書かれて

ないのだ。

      

その辺りを最終的に補うべき記述が、実例を基本として作られた、仮想的な

の提示(p.28)だ。ところが、レベル7の例は当然、チェルノブイリを意識

した内容になっていて、放出量は540万テラベクレル以上となっている。数

万でも5万でもなく、その100倍の数値が唯一の例示なのだ。おまけに、数

値の前の事故説明には、核分裂反応を止めることが出来ずに、原子炉の

出力が通常の10倍に達しているとか、燃料が極端に高温となって火災

発生とか書かれている。福島原発は、そこまでには到達していない。

        

その一方、レベル6の例は、放出量が20500テラベクレルとなっている。

5000という目安からはかなり外れて、数万レベルに接近しているし、事故

内容の描写簡素で比較的穏やかだから、福島に当てはまらないと言う

ほどでもない

          

とりあえず、レベル7を説明する唯一の例は500万テラ以上、レベル6を

説明する唯一の例は2万テラほどだということは、ハッキリここで書いて

おこう。37万~63万と推測されている福島は、6と7の例の間だし、事故

内容の説明を見ても、やはりそんな感じなのだ。

      

   

        ☆          ☆          ☆

以上が、INESの実際の内容であって、これまで報道されている内容とは

かなり違っていることが分かると思う。もちろん、だからフクシマはレベル7

ではないとも言えないし、レベルの認定はそもそも、「社会的」「政治的」な

ものに過ぎないと考えることも可能だ。

          

ここで行った解説は、より限定された内容を示しているに過ぎない。つま

り、マニュアル自体に即して考えると、レベル7という暫定評価は必ずし

明らかではないということだ。おそらく、今後も議論は続くだろうし、私

も考え続けたいと思ってる。

     

とりあえず、今日の所はこの辺で。。☆彡

    

      

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.放射線(放射能)の危険性と距離~2つの逆二乗法則(情報源明示)

  原発から各地までの距離と、放射線の年間総量(by文科省データ)

  シーベルト、グレイ、ベクレル~放射線・放射能の単位について

  雨の長距離ランニングで浴びた放射性物質の計算(by 定時降下物データ)

  体内摂取した物質の放射線量の計算~物理学&生物学的半減期

  原発事故評価レベル7と、セシウムのヨウ素換算値の計算式(by INES)

  福島原発によるガン発生の厳しい試算~欧州放射線リスク委員会

  なぜセシウムのヨウ素換算値は40倍か~放射性物質の計算理論(by INES)

  被災地の被害が深刻とされる、「風評」の意味とは・・

  「想定外」という言葉の考察&リハビリラン2日目

  実効線量、等価線量、線量当量~様々なシーベルトの関係

  原発事故はみんなが無責任、だけどね・・~東電社員の息子・ゆうだい君への応答

  被曝する全放射線量の計算方法 (自然・医療、外部・内部、屋外・屋内)

  義務教育における放射線・放射能~中学校・理科の教科書&副読本

                 

                                  (計 4277文字)                              

| | コメント (0)

1時間半も立ち読みしたのは何年ぶりだろう・・・

RUN&JOG 計10km,54分30秒程度,RUN心拍140

今日も暑かったなぁ。。私は体温調節が苦手な人間だけど、昼間はともか

く、夜の横浜駅地下街おかしいだろ! 本屋だけなのかな。私の横で立

ち読みしてた人も、暑くて倒れそうな感じだった。よっぽど店員にクレーム

つけようかと思ったほどだ。単なる立ち読みのくせに (^^ゞ

        

という訳で、今夜、横浜駅のあの本屋に行かれた方。妙に気合の入った

表情で、延々と立ち読みする男性客を覚えてたら、私かも知れない♪ エ

アコンがもうちょっとマシな設定になってたら、あと30分くらい頑張ったか

も。あっ、ひょっとして、節電でエアコンを止めてたのかな。それで昼間の

熱気がこもって、空気の循環も悪かったとか。

     

暑さや空気はともかく、何の立ち読みをしてたかと言うと、もちろん震災関

なのだ。最初、地震関連の本を買おうとしてたんだけど、気に入るのが

全く無かったから、原発・放射線関連に変更。あそこは多少、専門的な本

も置いてるから、期待したのに、もう一つだったね。一応、いい線行ってる

本はあって、だから1時間半も粘ることになったんだけど、買う所までは行

かなかった。

     

私が今、一番知りたいのは、原子炉内部核分裂反応の詳細だけど、原

子力の専門書シリーズみたいなものを数冊流し読みしても、あとちょっとの

所で分からない。執筆者に質問すれば一発で解決するんだろうけどな♪ 

しかし、棚1つ分しかない物理学のコーナーの一角を、原子力関連がドガー

と占めてるってことは、出版社も書店も期待してるってことかね。ま、実

際、私は買う一歩手前くらいまで行ったから、狙いは悪くない。

      

諦めて帰ろうとした時、実は震災関連本の小さなコーナーが作られてるこ

とに気付いた。置かれてる本の大部分は、既に普通の書棚で立ち読みし

たものだったけど、一部は違ってるものもあったから、またペラペラめくっ

てみる。ウ~ン、やっぱりダメだな。ネットも探しまくって疲れたし、大きな

図書館に行く方が手っ取り早いか。

    

          ☆          ☆          ☆

元々は、本を買いに立ち寄っただけなのに、結局やたら暑い中で立ち読

みを続けて、ドッと疲れが増してしまった。当然、帰宅時間も遅くなっちゃっ

たから、走る時間も僅かしかない。サラッと着替えて、近所の公園で6.7

kmだけランニング。まあ、スピードが上がる前に終わっちゃったし、半ば

ジョギングに近いかも。

      

トータルでは1km5分08秒ペース。遅っ! もうフルマラソンのダメージ

はほぼ消えてるんだから、もっと飛ばすべきだったね。ちなみに今日は、

他にも通勤ジョグ3.3km以上は稼いでるから、合計で10kmとしてお

いた。ホントは10.5kmくらいかな。あんまし変わらんわ!♪

       

これで、明日は休んで、明後日は都心で長めのジョギングの予定。天気

も曇時々晴だから、問題無し。そう言えば、今夜は雨が降ることになって

るのに、まだ降ってない。だけど、明らかに湿度は高いね。今、外は94%

なのか。だから、湿度に弱い私がやたら暑く感じてるのかも知れないな。

    

とにかく、昨夜もあんまし寝てないから、早めに寝るとしよう。今日も余震

がなくてラッキーだった。そう言えば、ディズニーランドも再開したってお話

だね。節電で18時閉園とはいえ、これで多少は旅行&ホテル業界も活気

づくかな。私も3、4年くらい行ってないから、久々に行ってみたい気もする。

ランドは何度も行ってるし、ディズニーシーの方がいいな♪ 

      

残念ながら、シーは液状化が酷いからなのか、まだ再開できないというこ

とだ。ではまた。。☆彡

                 

               

 通勤ジョグ(3.3km) 20分07秒  

 往路(1.15km)     6分37秒  平均心拍119 

 1周(1.1km)       6分08秒        136

 2周             5分45秒        140

 3周             5分29秒        147

 4周             5分11秒        150

 復路              5分14秒           147

 計 10km   54分30秒 RUN心拍140(76%) 最大155(ゴール時)

            

                                   (計 1607文字)

| | コメント (0)

フルマラソンから5日経過、そろそろダメージが消えて来た感じ♪

RUN 10km,50分44秒,心拍142

暑い!・・・とまで書くと大げさか♪ でも、今日の最高気温24度で、今

現在まったく暖房は使ってないのに、深夜の室温22度もある。まあ、エ

ネルギーの使用量が減るし、厚着しなくていいし、このくらいが一番いいか

も。明日も最高23度なのか。街はまだ薄暗いけど、季節は完全に

ね☆ 今日は余震も無かったから、変に緊張することもなく、くつろげた。

         

さて、昨夜走る予定だったのに、11日ぶりに震災関連の科学記事

書き始めたら、終わらなくなってしまった。1時間半程度で終わると思っ

たのに、サイト内のリンク付けとか含めて、トータル3時間くらいかかった

かも (^^ゞ どうしても、マニアックな内容を書こうとすると、色々と時間が

かかっちゃうね。かなり調べまくってるし、文章にも気を使ってるつもりだ。

相変わらずアクセス高水準のままで、自治体(特に福島)・電力会社

(特に東電)・研究機関・大学からも、続々と検索が入ってる。下手な事は

書けないのだ。

        

実は今夜も、ちょっと放射能関連の話を調べ始めたらズブズブとハマって、

さらに友達に長めのメールを書き終えたら、もう22時40分。ヤバイなと

思って、あわてて着替えて外へダッシュ。本当なら、昨夜が8kmで今夜が

12kmの予定だったのに、サボリまくりになってしまった。

     

時間が無いから、最初からスタスタ走ったつもりなのに、さっぱりスピード

が出ないのは、無意識の気分的なものが大きいかな♪ 戸田・彩湖フル

マラソンから、既に丸5日経過。足腰のダメージは8割くらい消えた気が

するけど、公園までの往路は14分近くもかかってる。自分では13分くら

いの感覚。まあでも、心肺も全くの余裕で、しんどくも何ともない。時

間さえあれば、ハーフ21.1kmくらい流してもいい気がするほどだった。

    

結局、トータルでは1km5分04秒ペース。ま、フルマラソンのリハビリ終盤

としてはこんなもんかね。これからまた走りに行きたいくらいだけど、やる

事が溜まってるからムリだな。放射能にハマり過ぎたのが余計だったわ♪

        

とりあえず、新聞を読んで処分しないと部屋の中がヤバイ! 1月末のPC

トラブル以来、あれこれ追いまくられて、中途半端に読んではそのまま溜め

こむってことを繰り返して来たから、今モニターの横に3月8日の朝刊があっ

たりする (^^ゞ 8日かぁ。あの頃はまだ、東日本は平和だったよなぁ。。

      

とにかく、今夜もこれから雑用を片付けて、明日も仕事の後で走ることにし

よう・・・と思ったら、夜は雨なのか! 天気に振り回されるのは、もうウンザ

リって感じだな。レース直前も、レース中も、かなり振り回されちゃったもん

ね。土曜も雨なら、明日は傘ランかカッパ(合羽)ランでもするしかないな。

    

ちなみに、日曜は超久々に、都心をのんびり流す予定になってる。スピー

ドは出さないとはいえ、レース後、初めての長距離だから、ちょっと緊張す

るかも♪ ま、お散歩感覚で、疲れたら歩くとしよう。もう気温も高いから、

身体が冷える心配もあんまし無くなったしね。あぁ~、腹減ったから、何か

作って食べよっと。今日は久々に1500字以下だな・・・と書いたら、追記

でオーバーした。ではまた。。☆彡

       

     

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S. 読売新聞HP(14日)によると、津波を伴うM8級の地震が、早け

     れば1ヶ月以内に来ると、専門家が語ってるそうだ。京都大防災

     研究遠田晋次准教授が、全地球測位システム(GPS)のデー

     タから突き止めた情報では、日本海溝の東側で海のプレートが引っ

     張られる力が強くなってるらしい。他の研究機関でも分析が進めら

     れてるとのこと。

     わが家ではまだ、大地震の後片付けも済んでないけど。。   

      

         

  往路(2.45km)   13分54秒  平均心拍123         

  1周(2.14km)   10分55秒        140        

  2周            10分31秒        146      

  3周(0.82km)     4分00秒         151

  復路            11分24秒         151

計 10km    50分44秒  心拍142(77%) 最大160(ゴール時)

         

                                 (計 1683文字)

| | コメント (0)

原発事故評価レベル7と、セシウムのヨウ素換算値の計算式(by INES)

昨日(4月12日)の午前、福島第一原発の事故評価が、レベル7へと引き

上げられた。経産省・原子力安全・保安院と内閣府・原子力安全委員会

合同発表で、微妙に異なる2つの公的機関の見解が、それなりに一致した

ということになってる。

    

評価に使われたのは、国際原子力事象評価尺度(INES : International

Nuclear and radiological Event Scale)。まず簡単な指摘をしとく

110413

 と、上の日本語訳

 では省かれてるが、

 元の英語には

 「radiological

 (放射線学的)と

 いう形容詞が入っ

 てる。別にこの単

 語が無くても、放

 射線の学問が関わ

 るのは当然だが、

 わざわざ単語を追

 加してるというこ

 とは、放射線の問

 題が強調されてる

 わけだ。それを考

 慮した訳語が、

国際原子力・放射線事象評価尺度」となるが、長過ぎるからか、文科省

でもあまり使ってない。

       

上の画像は、現在使われてるユーザーズ・マニュアル2008年版(09年

策定)の英語版・原書pdfの表紙。この中身は、今現在、文科省、日本語

ウィキペディア、英語版ウィキだと、ほんの少ししか説明されてない。当然、

中身が気になる所だが、英語の専門的な話が206ページも詰まってるの

で、拾い読みでさえ大変な作業になる。とりあえず今日は、私が原書を手

に入れて注目してるということだけ、書いておこう。

    

☆追記: 3日後にマニュアルの内容解説記事をアップ。

  福島原発レベル7の基準を読む~INES(国際原子力・放射線事象評価尺度)

        

     

          ☆          ☆          ☆

さて、レベル7の認定というのは、日本の報道だともっぱら、放射性物質

の外部放出量が話題になってるが、元のマニュアルでは、単純な数値判

定ではなく、総合的な判断が要求されているようだ。ただし、国際的な尺度

として明確な統一性を保つために、放射性物質の数量が強調されてるの

は間違いない。

      

ここでは、朝日新聞の報道に沿う形で、実際の数値判定を見てみよう。朝

日・夕刊(12日)の1面に掲載された尺度の表では、レベル7の基準が

数万テラベクレル以上」とされている(テラは1兆倍を示す言葉)。このベ

クレルの値は、放射性物質を「放射性ヨウ素換算」した値であって、その

下に簡単な計算結果のみを示す表が添えられている。

         

ヨウ素131が15万セシウム137ヨウ素換算値)が48万計63万テラ

ベクレル。これだけ見れば、文句なしのレベル7であって、チェルノブイリ原

発の1割に過ぎないとかいう話は、尺度によるレベル認定とは関係ない。

評価レベルの上昇を受けた朝日の論調は、夕刊でも朝刊でも、遅いとか、

これまでが過小評価だったとかいうものだが、専門家による異論もある。

    

それらについては、やはり INES という尺度の理解が不可欠だから、ここ

では保留しとこう。少なくとも、以前から「明らか」にレベル7だったという見

は、INESとデータに基づくそれなりの根拠を示さないと、説得力はない

「明らか」とまでは思わない専門家が、今までも今現在でも、国内にも海外

にもいると伝えられてるし(毎日HP・12日,ロイターHP・13日)、マニュア

ルも単純明快な判定基準にはなってないのだから。。

               

          ☆          ☆          ☆

とりあえず今日の内に解決しときたいのは、簡単な数学的計算だ。ヨウ素

換算とはどうゆう計算なのか。元になるデータとしては、保安院と安全委の

2種類あって、前者が原発自体の検証によるもの、後者は外部の測定に

よるものだ。両者は大まかに見て、似た値になってるし、朝日は安全委の

データを使っているから、ここでも安全委のデータを用いることにしよう。

    

4月12日に発表された、「福島第一原子力発電所から大気中への放射

性核種(ヨウ素131、セシウム137)の放出総量の推定的計算値につい

て」というpdfファイルでは、「結果」として次のように書かれている。

    

   3月11日から4月5日までの大気中への一部の核種の放出放射能

   総量として、ヨウ素131が1.5×10(17乗)セシウム137が1.2

   ×10(16乗)という推定的試算値が出されました。

      

このセシウムの値に40を掛けたのが、ヨウ素換算値になる。40倍という

数値は、安全委でも保安院でも直接的には書いてないようだが、朝日や

保安院の発表にある換算値から逆算すると、40倍してることが分かる。

そして実際、INESでもその掛け算の係数を発見出来た。下の画像は、表

2(TABLE 2)の上側部分のコピー&ペーストだ。

      

110413b

       

「RADIOLOGICAL EQUIVALENCE TO 131 I FOR RELEASES

TO THE ATMOSPHERE」 (大気中への放出に関する、ヨウ素131

への放射線学的換算値)と題するこの表には、各放射性同位体(Isotope)

ごとに、係数(Multiplication factor:掛け算する値)が示されている。4

番目のCs-137(セシウム137)40となってるのが分かるだろう。6番

目の I-131(ヨウ素131)は、自分自身への換算だから当然、係数は1だ。

ストロンチウム90なら係数20プルトニウム239だと係数10000

      

          ☆          ☆          ☆

したがって、元の福島原発のデータに戻ると、セシウム137のヨウ素131

換算値は次の式で表される。

    

     40×1.2×10の16乗

   = 40×(12000000000000000)

   = 480000兆ベクレル

   =48万テラベクレル

   (=48京ベクレル ; 京は1万兆を示す単位)

    

これとヨウ素15万テラベクレルを合わせて、計63万テラベクレル(=63京

ベクレル)だから、数字的には十分、レベル7というわけだ。ちなみに保安

院のデータでは、セシウムの量が半分だから、ヨウ素換算で24万テラ。

ヨウ素自体も2万テラ少ない13万テラだから、合計では37万テラベクレル

(=37京ベクレル)となる。

    

なお、40倍という係数どうやって算出されたのかについては、今の所

理解してないので、今後の課題としておこう。それを言うなら、例のベクレ

ルからマイクロシーベルトへの「実効線量係数」もまだ納得してないし、グ

レイからシーベルトへの「放射線荷重係数」(ベータ線やガンマ線では1)

も理解してない。

            

というか、その部分の解説を見かけたことはないから、私も含めてほとん

どの人は、数値を知ってるだけだろう。半減期や核崩壊時の放出エネル

ギーを考慮してるのだろう、という程度の想像なら簡単だが。。

          

 ☆4月26日追記: 40倍になる理由を解説した記事を追加。

  なぜセシウムのヨウ素換算値は40倍か~放射性物質の計算理論(by INES)

     

           

         ☆          ☆          ☆

もちろん、こんな簡単な計算よりも、他にもっと重要な話は色々とあるわけ

だが、正確に理解できる部分だけでもまず、しっかりした情報源に基づい

て示すべきだと私は考えてる。現代は、個人が独自にネットを利用してそ

うした解説が出来る時代なのだから。

では、今日はこの辺で。。☆彡

     

    

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.放射線(放射能)の危険性と距離~2つの逆二乗法則(情報源明示)

  原発から各地までの距離と、放射線の年間総量(by文科省データ)

  シーベルト、グレイ、ベクレル~放射線・放射能の単位について

  雨の長距離ランニングで浴びた放射性物質の計算(by 定時降下物データ)

  体内摂取した物質の放射線量の計算~物理学&生物学的半減期

  福島原発レベル7の基準を読む~INES(国際原子力・放射線事象評価尺度)

  福島原発によるガン発生の厳しい試算~欧州放射線リスク委員会

  なぜセシウムのヨウ素換算値は40倍か~放射性物質の計算理論(by INES)

  被災地の被害が深刻とされる、「風評」の意味とは・・

  「想定外」という言葉の考察&リハビリラン2日目

  実効線量、等価線量、線量当量~様々なシーベルトの関係

  原発事故はみんなが無責任、だけどね・・~東電社員の息子・ゆうだい君への応答

  被曝する全放射線量の計算方法 (自然・医療、外部・内部、屋外・屋内)

  放射性物質の半減期、壊変定数、質量(重さ)~微分方程式の初歩など

  WHO(世界保健機関)による被曝線量の推計(全国、年代・経路別)

  確率的影響と確定的影響~放射線被曝の二分法の再考

  義務教育における放射線・放射能~中学校・理科の教科書&副読本

  日本人の自然放射線と医療被ばく線量(『新版 生活環境放射線』2011)

                  

                                  (計 3421文字)

| | コメント (3)

僅かなリハビリジョグ、その他つぶやき(レース関連)

JOG 5km,30分程度

危ない、危ない。。居眠りしながら、気持ち良くリハビリ・ジョギングしてたら、

日付けが変わる所だったわ (^^ゞ 心拍計も付けてなかったから、時間が

適当だったわけ。平均心拍115程度じゃないかな。超スローペース。

   

たまにゆっくり短く走ると、ホントに気持ちいいね☆ 走ったって言うより、

ウトウトお昼寝して、いい夢見てたって感じだな。ま、夢じゃないのは、シャ

ツが汗でシットリしてるから分かるんだけど。時間が無いから、部屋着の

まま走って、今もそのままなのだ♪ 着替えろよ!

                

土曜日の戸田・彩湖フルマラソン2011から、もう3日半が経過。日常生

活には不自由しなくなったけど、まだフツーに走れる状態にはなってない

って言うか、スピード出して走ろうと思えば走れるけど、止めた方がいいなっ

て感じなのだ。やっぱり、両足の膝下に変なダメージが残ってる。経験した

ことがないものだから、靴紐が緩んだまま走ったせいとしか考えられない。

そもそも、走ってる途中にスネがピクピク痙攣したのは初めてだもんね。

       

今夜の短いジョグも、時間さえあれば10km走れたよなぁ・・とか思いなが

ら帰宅する途中、左足首が軽く痛んだり、右足の脛に急に違和感を覚えた

り。5kmしか走る時間が無くなって、ちょうど良かったかも知れない。これ

なら、明日は8kmのジョグくらいにしとくべきかも。。

                

         ☆          ☆          ☆

自分の走りや足はさておき、先日の第6回・戸田彩湖マラソンについて

書き残したことを補足しとこう。かなり長い記事を書いたけど、眠いのを

我慢してたから、省いたこともあるのだ。

    

まず、ランナーのコスプレとか、お遊び♪ 数はもちろん少ないけど、普

段と違って周回コースのレースだから、同じ人を何度も見る可能性が高

いのだ。2回見れば、もうハッキリ覚えてしまう。

          

男性は、ヒーロー物や動物系を数人見かけたし、大昔のアニメソングを

大音量で流すランナーも目立ってたけど、私がいいなと思ったのは、

の花が咲いた枝を背中に飾った3人娘☆ 横一列で、仲良さそうにお喋

りしながら走ってた。女性が3人まとまって、コスプレでフルマラソンをす

るのは珍しいと思う。そもそも、参加者は圧倒的に男性なんだから。

      

一方、スタッフだと、2つのエイドステーションの両方に、似たタイプのチャ

キチャキした女性がいて、大声で呼びこみを続けてた。どの周回でも必

ず大声を聞いたから、ずっと叫び続けてたってことだろう。よく声が枯れ

ないね。って言うか、他のフルマラソンでああゆう威勢のいい女性を見た

覚えはないな。場所は埼玉県だけど、江戸っ子か♪

     

一般の観客の応援だと、スタート&ゴール付近にテントを張ってた子供達

がすごく感じ良かった。左側には、女の子2人がいて、「ガンバレ、ガンバ

レ♪」と声を合わせて、可愛くリズミカルに応援してくれたし、右側では男

の子2人だったか、ずっと元気よく応援してくれてた。どちらも、大人抜き

で、子ども達だけがテントで応援してるのが珍しかったのだ。ひょっとする

と、親がスタッフってことかな。ともかく、みんな、どうもありがとう♪

    

          ☆          ☆          ☆

おっと、もう時間か。実は、全然違う内容の記事を書くつもりだったのに、

レース関連の記事になっちゃったから、最後までそれで行こうか。記事タ

イトルにも、「レース関連」と追記しとこう。

      

今朝再び、かなり強い余震があったけど、それとは別に「誘発地震」とし

て、長野北部でも震度5弱の地震があったようだ。長野と言えば、大地震

の直後にも相当な地震があった場所だし、まもなくエントリー開始となる

ヒルクライムが行われる場所でもある。ちょっと気になったから、震源

の位置を調べてみた。

     

すると、北部って言うより、北東部なんだね。新潟・群馬との県境付近だ。

乗鞍は西部で、岐阜との県境だから、ちょっと離れてるし、実際震度も低

かったらしい。まあ、レースは8月末だから、まだ何が起こるか分からな

いけどね。山岳レースにエントリーする以上、一応地震の震源くらいチェッ

クし続けようと思ってる。山だと、津波がない代わりに土砂崩れがあるし、

なかなか助けも来てくれないだろうし。

    

そう言えば、一昨年の夏のレース前に通行止めになった、乗鞍スーパー

林道のA区間。そろそろ開通してる頃だよなと思って、今調べてみたら、

情報がやたら少ないけど、どうもまだ通行止めのままらしい(C区間も閉

鎖)。「法面」崩落のため、10月再開予定ってことで、法面とは人工的に

作った斜面を指す言葉とのこと。聞いたこともない単語だな。とにかく、今

年乗鞍に行くとしても、また帰りの信州サイクリングは出来ないようだ。

   

という訳で、やっぱり山は注意しなきゃいけないってこと。ま、それを言う

なら、海岸も怖いけどね。地震が来たら、すぐに高台へ。これはもう、頭

に叩きこんどかないとダメだろう。あの衝撃的な津波映像と共に。。

ではまた。。☆彡

        

                               (計 2014文字)

| | コメント (0)

乗鞍ヒルクライム&第1回・神戸マラソン、まもなくエントリー開始♪

通勤JOG 4km,25分程度

揺れた~~☆ 夜は小さかったけど、夕方建物の上の方にいたことも

あって、ちょっと身構えちゃったね。ま、実を言うと、私は初期微動(P波)で

は気付かなくて、何だか周りの女の子達がザワザワしてるなと思ったら、主

要動(S波)が来たわけ。

          

我ながら、感度が鈍かった。マズイな。やっぱ、感度は女の子のもんか・・・

とか職場で言うとセクハラになっちゃうから、ここでコッソリつぶやくのだ♪ 

茨城・福島で震度6弱とのこと。余震、まだまだ恐るべし。。

      

         ☆          ☆          ☆

さて、戸田・彩湖フルマラソンを走り終えて2日後の今日。底の堅いビジ

ネスシューズで歩き回るのはキツイかな・・・と思ってたんだけど、意外に

平気だった♪ やっぱりダメージの大部分は、シューズの紐の緩みによ

る特殊なもののようで、左脚のスネと足裏だけ、変な感じが残ってる。

          

まあでも、終わってみると、土曜のフルマラソンっていうのは悪くないな。

当日の朝は慌ただしいけど、レースのダメージは日曜日にかなり薄れて

月曜はかなりフツーに仕事出来る。ま、泊りがけの参加者が少なくない、

東京マラソンとかだと、土曜はキツイだろうけどね。あと、日曜の方が交

通規制しやすいって側面もあるんだろう。

    

とにかく、意外に元気だったから、今日は久々に通勤JOGをやってみた。

小雨がパラついてたけど、一昨日の強風のフルマラソンとか、去年の冷

雨の東京マラソンとか考えれば、あんまし気にならない♪ ただ、足腰の

ダメージは残ってるし、荷物もあるし、靴も堅いから、かなり控えめなスピー

ドで合計4kmほど走った。1.7km+2.3kmのジョギングって感じかな。

            

ホントは帰宅後に、着替えてもうちょっとプラスしようかと思ってたけど、眠

いからパス。一昨日頑張ったし、しばらくレースもないから、適当でいいの

だ。何事もメリハリが大切ってことで。明日は10kmくらいジョギングして

みようかな。天気も回復するみたいだし、気温も適度、風も弱いし。。

     

          ☆          ☆          ☆

話変わって、記事タイトルの2つのレースについて、簡単に。昨日の夜、JC

A=日本サイクリング協会からメールが届いてて、翌日(つまり今日)から

乗鞍ヒルクライムの「エントリー開始のお知らせ」を掲示するとのこと。また、

随分ご丁寧なお知らせだね。つまり、そのメール自体は、「エントリー開始

のお知らせのお知らせ」ってことだ♪

                

早速さっき、公式サイトにアクセスしてみると、確かに「第26回全日本マ

ウンテンサイクリング in 乗鞍」のエントリー開始のお知らせがある。実際

エントリー期間4月20日~5月9日。震災による延期で、昔のエント

リー期間に戻ったみたいな感じだね。

           

6年前までは、5月上旬に受付開始で、先着順だったから、初日の午前

中に届くように計算して、現金書留を送ってたのだ。私はいつも成功して

たけど、定員オーバーで間に合わなかった人には、書留がそのまま返

送されるシステムじゃなかったかな。とにかく、今年もエントリーはするつ

もり。まあ、どうせ抽選だから、流石にそろそろ落選しそうだけど。。

     

         ☆          ☆          ☆

最後に、第1回・神戸マラソンエントリー開始について。友達から情報

が入って来たから、早速ネットでチェック。今年開催って話は知ってたけ

ど、3月18日公式サイトがオープンしてたんだね。しかし、その時期

によくオープンしたわな。震災の1週間後で、各種イベントが続々中止に

なってた時期なのに。

     

そのサイト。トップの画像の色使いが、ちょっとウチのブログに似て爽やか

だ・・・とか書くと突っ込みが入るのか♪ 男性ランナーのイラストが、髪の

短い時のが飛ばしてる姿によく似てる・・・って、「細かすぎて伝わらない」

比喩か♪ 『とんねるずのみなさんのおかげでした』で2、3回、モノマネの

コーナーを見たけど、何の真似だか「伝わらな」くても十分笑えた。

          

話を戻すと、トップの画像の女性ランナーは、ちょっとマッチョ過ぎると思う

けどな (^^ゞ 神戸女子らしいプロポーションと髪型にして、下は短パンじゃ

なくてタイツとランスカにすればいいのに。デザイナーさん、聞いてない? 

あっ、そう♪ ま、キラキラと小さなお星さまが光ってるのはいいんだけど

ね。私は意外に、「光り物」好きなのだ。最近はあんまし買ってないけど。

       

肝心の募集内容だけど、11月20日開催で、4月15日にエントリー開始

マラソン18000人、クォーターマラソン2000人。ハーフでも10kmでも

なく、「クォーター」って所がオシャレのポイントなのかな。42.195kmの

「4分の1」だから、10.54875kmのはずだけど、要項には10.6km

とだけ書いてある。多分、計測が面倒だからだろう♪ 10kmと548m、

さらに75cm追加ってことだ。「細かすぎて伝わらない」ね。

      

こうゆう時期だけに、目に留まったのは、と思ったのは、参加費用の1%

チャリティ募金になってること。募金じゃなくて、募金への寄付だろって

突っ込みはともかく、マラソンが1万円中、100円。クォーターが5000円

中の50円。

           

細か過ぎるなと思ったら、他に500円のチャリティゼッケンが用意されて

た。値段も手ごろだし、背中で観客やテレビ中継にもアピールできる。

いアイデアだろう☆ ただ、何人付けるのかな。1000人でも、50万円か。

う~ん、やっぱ、ソフトバンクの孫正義社長(100億円寄付)か、ユニクロ

(ファーストリテイリング)の柳井正社長(10億円)を参加させた方が早い

かも♪ ま、金額だけじゃなく、人数を集める事に意味があるんだろうけど。

     

         ☆          ☆          ☆

という訳で、今夜はこれで終了。実を言うとここ最近、ウチの読者の方に

は、震災記事しか読まない方もいらっしゃるんだけど、もともとウチはこう

ゆうサイトなのだ。ブログのタイトル「RUN&BIKE」とは、ランニングと自

転車のこと。

      

とか言いつつ、次の震災関連記事のテーマは既に決めてるけどね。理数

系しか読まない方もいらっしゃるし、総合マニアック・ブロガーというのも、

なかなか大変なのだ♪ ではまた。。☆彡

     

                               (計 2495文字)

| | コメント (0)

投票&自転車掃除の休日、公園では花見客が7割復活

BIKE 19km,1時間程度,心拍95

アハハ♪ 今、心拍計をチェックして驚いた。超久々お遊びで自転車

乗ったのはいいけど、心拍が何と2ケタ! これは測定ミスじゃないだろう。

自転車で時速20km弱だと、私の心臓は知らんぷりなのだ。同じ速度でも、

ランニングだと大慌てだけどね。

     

さて、年に一度のビッグイベント、フルマラソン42.195kmも無事終了

筋肉痛寝不足の蓄積で、今日は昼まで無理やり寝てたけど、途中で何

度も目が覚めたから、実質的には9時間睡眠くらいかな。これまでの寝不

足が大き過ぎて、まだ全然足りてない。夜型人間のくせに、今日はもう19

時半には眠くて、さっきもフラフラと眠りそうになってしまった。ここでガマン

するのが、世界を驚かせた日本人の忍耐強さ。ガンバレ、ニッポンなの

だ。一応、つぶやき記事くらいはアップしとこう。

     

         ☆          ☆          ☆  

今日はまず、昨日のレース記事に色付け&マイナー修正を施して完成

せた後、頂いたコメントにレスを付けて、お友達のサイトに遊びに行って、

渋々と選挙に出かけることにした。

   

どうせ、投票だけですぐ帰宅するんだからと思って、思い切り手抜きの部

屋着で出発した途端、近所の可愛い女性に遭遇☆ しばらくお喋りを楽し

めたのはラッキーとして、う~ん、服装がユーミン『destiny』(運命)の

ンダル履きか・・・なんて昭和の話は、平成ブロガーの私はほとんど知らな

い♪ 単なる読者サービスのオマケなのだ。ちなみに、笑顔で話しかけて

来たのは彼女の方だから、念のため。エッ、聞いてない? あっ、そう♪

      

とにかく、昨日のレースと違って天気ものどかだし、気分良く投票所に入っ

たんだけど、入口はいいとして、出口の係員無愛想だったな。年配の仏

頂面3つにジロジロ見られても困っちゃうわ。あれはボランティアなのかね。

110410

 仕事だとしたら、サービ

 ス精神のかけらもないな。

 ま、単なる社会人の義務

 だから、いいけど。その

 前に、楽しいひと時も味

 わえたし♪ 左は投票所

 の桜。関東地方の南西部

 とだけ書いとこう。分か

 るかな。。 

               

          ☆          ☆          ☆

コンビニに立ち寄って帰宅した後は、7ヶ月ぶり自転車の掃除。ダメー

ジだらけの身体でも出来る、スポーツ系の作業ってことだ。今回もまた、

8月末の乗鞍ヒルクライム以来、まったく自転車に乗らないまま春を迎え

ることになった。人間、なかなか成長しないネ・・・って、一般論かよ (^^ゞ

     

最近はドラッグストアにもコンビニにも、ティッシュやトイレットペーパーが

売ってるようになったから、掃除にはティッシュを10組(20枚)使用。ちょっ

と贅沢かも。空拭き水拭きをサラッと済ませて、軽くCRC556注油して、

タイヤに空気を注入。日暮れにはちょっと時間があるなと思ったから、パッ

と着替えて公園に向かった。単なる足慣らしって言うか、お花見ポタリング

のつもりだ。ポタリングとは、自転車散歩を指す言葉。

       

公園に到着すると、予想外に人が大勢いて驚いた。ちょうど桜が見ごろ

になってたのに加えて、自粛のし過ぎ気にかける意見が増えたからか

ね。過度の自粛を自粛しようっていう、「自粛の自粛」論。まあ、ウチも先

週、そんな感じのことを書いてたわけだ。

   

とにかく、まだ例年の7割程度だとは思うけど、花見客があちこちで走路

を妨害してくれるから、時速20kmでさえキープしにくい。大人の男性が

サイクリングロードに寝そべってダダこねたり、スケボー少年達がど真ん

中で練習を始めたり。そもそも、スケボー禁止の公園なんだけど。

    

まあでも、自粛ムードでひっそり静まり返ってるよりは、春の休日らしくてい

とは思う。どうせ、花の命は短いのだ・・・と書かれてるのを読んで、ズ

キッとしたそこの貴女☆ 単なる植物の話なので、ご安心あれ。人の命

は、いつまでも気高く尊いのだ。女の命は・・・人それぞれってことで♪

       

         ☆          ☆          ☆

肝心の自転車は、20km走ろうと思ってたのに、花見客の妨害と日没

で、19kmに短縮。状況に応じて、スパッと切り替えるのが重要なのだ。

臨機応変、変幻自在。注意1秒、ケガ一生☆ そもそも、ヘッドライトを準

備してなかったしね。テールランプは、付けたままなんだけど。

      

それにしても、やっぱりチェーンを交換しないと話にならないな。そろそ

ろ、付け過ぎた油が飛んで、しっくり来てるかと思ったのに、相変わらず

ちょっと力を入れただけでガクッと「歯飛び」してしまった。チェーンが時々、

歯車の歯を滑るってこと。よくこんな酷いチェーンで、ヒルクライムレース

なんて出たわな。あっ、これ、3割は言い訳ね♪ 当然、去年のタイムも

順位も良くなかったのだ。

        

まあ、もともとお掃除だけのつもりだったんだから、僅か19kmのお散歩

でも全然OKだろう。まずは、チェーンネットで手に入れて、工具家の

どこかから「発掘」すべきだね♪ チェーン交換用の工具なんて、昔買っ

たのはいいけど、たった一度しか使ったことがない。マニュアルも発掘し

なきゃダメだな。

           

と言う訳で、今夜も何だかんだと、色々書いてしまったのだ。もっと手抜

きすべきだよな。反省、反省。あぁ、まだ筋肉痛が残ってるのに、明日

はもう仕事か。どっかに宝クジの一等当選券が、前後賞セットで落ちて

ないかなぁ。。現実逃避の魅力に襲われつつ、ではまた明日。。☆彡

    

     

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.乗鞍ヒルクライム、正式名称「全日本マウンテンサイクリング in

    乗鞍」2011エントリーが、遂に4月20日から開始とのこと。

    流石にそろそろ、抽選で落選しそうだな。震災で、応募者の人数

    はどうなるんだろう。。

           

                                (計 2302文字)

| | コメント (0)

強風の戸田・彩湖フルマラソン、僅かに自己ベストに届かず・・

RUN 42.195km,平均心拍165(90%)

      

惜しかった~~ってほどでもないか♪ 自己ベストに1分差だと思ってたら、

110409a_3

 今調べると2分差だった。

 ハーフマラソンでは昨年末、

 5年ぶりに自己ベストを出し

 てたから、フルマラソンでも

 行けると思ったのになぁ。。

   

 6年前のタイムが未だに抜

 けないのは、簡単に言うと、

 その後の5年半の間、ブロ

 グの毎日更新に膨大な時間

 をかけて来たからだ。まあ

 でも、今さらブログを止め

 てまで記録を上げる気はな

 いので、妥協しながら何と

かやって行くしかない。

                  

110409j_2

 ちなみに、左の記念Tシャ

 ツビミョーだね♪ これ

 は湖の形を表してるキャラ

 クターかな。う~ん、この

 シャツの分、震災募金した

 方が良かったと思うけど、

 まあ契約か納品が済んでた

 のかも知れないね。上の可

 愛い完走証みたいな使い方

 なら、まだいいと思うけど。

    

では例によって、レース後の疲れた身体で長いレポート記事を書くことにし

よう。初参加&単独参加となった、戸田・彩湖フルマラソン2011の感想。。

          

        

         ☆            ☆            ☆

まず、毎年なかなか成長しないのが、就寝時刻と睡眠時間。1時半に寝

て5時半起き、その前の日もあんまし寝てないから、今に至るまでずっと

眠い。まあ、2時間前後しか寝れなかったことも2、3回あるから、多少は

マシだったかな。珍しく土曜のレースで、いつも以上に慌ただしかったわ

りには健闘だろう。

   

ただ、予定の電車に乗り遅れて、次は節電の影響で10分後。今日の最

初の躓きだった。ま、乗り遅れはよくやることだけど♪ 予定より少し遅

110409d

 れて武蔵浦和駅

 に着くと、改札

 の前に何の案内

 もない。初めて

 の駅だし、流れ

 というほどのも

 のも出来てなかっ

 たから、1人で

 キョロキョロし

て、バス乗り場とかいう表示を発見。向かってみると、その辺りに案内の

人がいて、シャトルバス待ちの行列も出来てた。写真のロータリーの左

側あたりが乗り場で、行きは現金200円の前払い帰りは無料だ。荒川

マラソンみたいに駅から歩いて行くのは、ちょっとダルイだろう。12分くら

い乗ってた気がする。

      

110409e

 バスを降りた後、

 少し歩くと土手

 があって、その

 向こう側に彩湖・

 道満グリーンパー

 クが広がる。か

 なり大きな公園

 で、桜がキレイ

 だし、お花畑

 手入れされてた。

 いや、今回実は、

110409f

 肝心のレース会

 場の写真を取っ

 てないから、代

 わりに公園の写

 真を載せてるわ

 け♪ 身体のダ

 メージが大きかっ

 たし、風も強かっ

110409i

 から、早めに

 帰宅したのだ。

   

 会場到着8時

 20分くらい。す

 ぐゼッケン(計

 測チップ付)

 の他をもらって、

 更衣室(テント)

の脇と中で着替え&ゼッケン取り付け。強風で安全ピンが飛びそうな気が

してしまう。フルのスタート9時だから、直前までテントの中で風をよけ

うと思ったのが失敗だった。荷物預けトイレに時間を取られて、久々に

スタートで遅刻してしまったのだ (^^ゞ 

         

いやぁ、トイレの誘導が悪いよなって言うか、聞いた相手があんまし知らな

かったんだろうね。元々、公園にある小さなトイレを教えてくれたから、そ

こへ行くと、ズラッと選手が並んでる。実は、コース脇に仮設トイレが一杯

あったのだ。また走る機会があれば、今度は気を付けよう。

      

     

          ☆          ☆          ☆

スタート場所ちょっと遠くの場所にあるから、あわてて小走りして、みん

ながスタートする様子を見ながら、その脇を逆走する♪ しばらく走って、

係員にスタート地点を聞いて、いよいよスタート問題は、天気と服装だ。

     

私は直前のピンポイント予報で、5~7mの強風だと知ってたし、9時か

ら12時くらいまで小雨だと思ってた。実際は、スタート時には雨が降っ

てなかったけど、天気図も見てたし、低気圧から伸びる温暖前線と寒冷

前線の通過で雨が降ると予想。だから、上はTシャツ2枚&長袖シャツ

1枚で、おまけに腰にレインウェア(合羽の上)を巻き付けてた。その下

に、ワコールCW-Xのロングタイツ。

      

結果的には、これは失敗だった。強い南風はあんまし寒くなかったし、雨

もほんの少ししか降らなかったのだ。まあでも、結果論であって、冷え性

の私の選択としては正しかったと思う。雨で濡れた身体に強風が吹きつ

けると、山なら遭難するパターン。レースなら棄権の恐れもあるだろう。

     

は十分広くて、最初から追い抜きには困らなかった。何しろ、最後尾か

ら追い上げるんだから、どんどん抜くことになる。荒川でやった時には、

人数が多過ぎて抜くのに苦労したけど、今回はラクだった。住宅街から離

れた公園だし、天気も悪かったからか、観客の数は少ない。ただ、妙に

気持ちのこもった応援が多くて、前評判通り、アットホームな手作りレース

て感じだ。

      

ちなみに人数の定員は、フルマラソン1200名ウルトラマラソン(70km

300名フルの制限時間は7時間ウルトラ9時間(8時スタート)。ウ

ルトラは、やっぱり敷居がちょっと高めだね。まあ、1km7分42秒ペース

だから、かなり歩いても大丈夫のはずだけど、目に付いたウルトラ選手

結構速く感じた。同じ周回コースだけど、ゼッケンが違うからすぐ分かる。

       

     

        ☆          ☆          ☆

ところで、コース。要するに、荒川の脇にある彩湖(あやこ・・・じゃなくて、

さいこ)を周回するわけで、下の案内図でイメージがつかめるだろう。1周

4652mで、9周ちょっと走ると42.195kmになる。ウルトラはちょうど

15周くらい。図の左側は(短い管理橋)を渡るから、湖の完全な周回では

ない。手前側会場やスタート&ゴールがある。図の左橋にある立派な吊

り橋は、幸魂大橋というそうだ。

        

110409c

    

湖沿いの長い道は、ほぼ南北に延びてて、今日は南風だから、手前

い風、向こう岸向かい風だった。かなり極端な違いで、なかなかペース配

分が難しい。体質って言うか脚質なのか、あるいは性格なのか、坂で

も風でも、スピード差が極端なのだ。

    

坂と言えば、周回中に3箇所アップダウンがあって、事前に仕入れてた

情報通りだった。まず、土手の登り降り(図の右上)、標高差20m弱くら

いの上りかな。少し下って、その後1kmほど先に小さなアップダウン。10m

弱くらいの上りか。要するに、図の右上の短い部分へ、上がって降りるの

だ。最後に、図の左側で、管理橋の昇り降り10m強くらいかな。どれも

大したことはないんだけど、終盤はやっぱり脚が動かなくなる。歩いて昇る

人もかなり見かけた。

      

     

        ☆          ☆          ☆

で、肝心の私の走りだけど、そもそも木曜くらいから体調がイマイチだっ

た。急に春の陽気になったからか、久々に微熱が出たようで、食欲も落

ちてた。おまけに強風だと、ガンガン飛ばす気にもなれない。5kmごとの

表示(小さいブロック状で分かりにくい)でラップ(区間タイム)を確認しなが

ら、控えめなペースをキープしてた。それにしては心拍が高めだったから、

やはり熱がある。

      

強風に加えて、文字通り足を引っ張ってくれたのは、レース用シューズ

紐の緩みだ。前から、左足だけ、どうも緩みがちというか、合わないなと

思ってたけど、我慢できる範囲だから、適当にゴマかして走ってた。ところ

が、この日はそもそもスタートに遅刻したから、紐をギュッと締め直してな

かったのだ。最初から、かなり緩いなぁと思いつつ、20kmくらいまでゴマ

かして、左足に変な負荷が長時間加わってしまった。

    

流石にガマン出来なくなって、20kmくらいで給水と共にちゃんと締め直

ロスタイムは45秒程度だけど、もっと早く締め直すべきだったね。反

省。。その後もずっと、左足の変な疲れは残って、終盤はピクピク痙攣す

るようになったのだ。

      

あと、厚着のせいもあって、後半は周回に2箇所あるエイドステーション

必ず給水するハメに。まあ、これは荒川マラソンの終盤と似たようなものか

も。ドリンクは、特に会場側だと種類が豊富だった。食べ物は私はいつも取

らないけど、各種情報から推測すると充実してたらしい。ゴール後もゴクゴ

ク飲んだし、全体だと、5リットル飲んでトイレ無しって感じだと思う。大量の

をかいたってことで、ゼッケンを安全ピンでシャツに留めた箇所はサビ

てた。ま、それはいつもか♪

            

あと、そうそう。大震災後に水不足ってことで、ドリンクを持参するように指

示が出てたんだけど、結局大丈夫だったようだ。でも、会場側のステーショ

には、各自が持って来たドリンクが雑然と並んでた。あれ、探すのが面倒

というか、見た目がグチャグチャだから、美味しそうに見えなかったけどね♪

旗を立ててるボトルは目に付かなかったな。私自身は、持参したカルピス

1.5L使わなかった。全く必要なかったから、正解だと思う。

     

                

          ☆          ☆          ☆

とにかく、終盤左足どころか、それをかばってた右足までピクピクするよ

うになって、自己ベスト更新は断念。30km過ぎまではまだ可能性があっ

たけど、飛ばすと完全に痙攣してしまいそうだったから、自重した。今、こ

の瞬間でもピクピクしてるくらいだから、正解だったと思う。

     

ただ、心肺能力も脚力も、地力としては過去最高レベルだから、その気に

なれば一気にスピードアップできる。ラスト1.7kmくらいから徐々にペース

アップして、最後の橋を渡った後の1kmちょっとは、完全にロングスパート

過去の経験上、スパートで痙攣したことはない。私の場合、痙攣は、すると

したらゴール後なのだ。でも、理由は分からないけど、むしろトロトロ走って

る時の方が、足がピクピクすると思う。

       

結局、最後だけはキレイに飛ばせて、ゴールテープではガッツポーズ。こ

の時、ナレーターと言うかDJと言うか、マイクを持った女性が、「ゼッケン

○○番、テンメイ選手、今ゴール!」って感じで盛り上げてくれたのは、嬉

し恥ずかしって感じだった♪ 直前では、小さい太鼓をもった男性2人も盛

り上げてくれたし、ゴール後にステーションで豊富な飲食物をもらう時の、

スタッフの対応も感じ良かった。大きな大会と違って、マニュアルっぽくな

。近所の親切なおじちゃん、お姉さん(笑)って感じだろう。

    

110409g

 かなりキツかったし、自己ベストにも2分届か

 なかったけど、この大会のトータルの印象

 かなりいい☆ まだ第6回だけど、読者の方

 にも安心してお勧め出来る大会だった(その

 後の対応で少し減点・・)。

        

 気になる点は、Tシャツと、表彰台の寂しさくら

 いかな♪ 表彰式の際に、周りにほとんど誰

 もいないのは淋しいと思う。スタッフの方、もし

 これを読んでらっしゃったら、場所を変えてみ

 ては如何? まあ、本部の前ってことなんだ

 ろうけどね。。

                  

110409h

 という訳で、

 2010-11

 のランニング・

 シーズンも何と

 か終了左足

 はマメもどき

 出来てるから、

 しばらく休養

 るつもりだけど、

その後はまたランニング&自転車(RUN&BIKE)かな。自転車の乗鞍ヒ

ルクライムは、エントリー開始が延期されたままだけど、まあ大会に関わら

ず、自転車に乗るようにして行こう。完全にホコリかぶっちゃってるもんね。

    

最後に、今、福山雅治24時間ラジオ(ニッポン放送)を聞きながら書い

てたんだけど、試しにPC用HP「ラジコ」(radiko.jp)で同じ放送を流して

みたら、やっぱり本物のラジオの方が、2秒くらい早いんだね。テレビとの

差も同じくらいだから、やっぱりラジオは意外と優秀なメディアだと思う。

           

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

     

    

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.大会の様子について、下の記事で少し補足した。

        僅かなリハビリジョグ、その他つぶやき(レース関連)

    

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf. 東京マラソン2010、冷たい雨との死闘に判定勝ち♪

   川口マラソン2010、まさかの快走で自己ベスト大幅更新☆

   板橋Cityマラソン2012、また自己ベストに届かず・・ 

       

                                (計 4772文字) 

| | コメント (3)

明日のフルマラソン、小雨で強風5~7mの予報・・

あぁ~~、時間が無い! レースで走ること自体はわりと好きだけど、準

備がイヤなんだよなぁ。雨対策したり、色々調べたり。何より、夜型人間に

とっては早寝早起きが辛い。昨日もあんまし寝てないし、そろそろ寝なきゃ

いけないのに、夕飯でさえまだなのだ (^^ゞ

       

さて、いよいよ明日が、1年に1度のフルマラソン42.195km。この距離

は、普段走ることもないから、ホントに1年に1度だけの距離だ。特殊な山

岳マラソンも含めると、もう10回くらい出て、全て完走だけど、走る前はい

つも不安になる。たぶん今年は、過去最高の実力だと思うけど、それでも

42kmは長過ぎて、どうも自信を持てないのだ。過去のレースでも、終盤

は何度も地獄を見て来た。最後まで崩れずに走り切れたのは、6年前に

自己ベストを出した時だけのような気がする。

     

距離の不安は毎度のこととして、今回は土曜のレースって所がやりにくい。

考えてみると、今までのレースは全て日曜だから、土曜はのんびりレース

の準備をすることが出来た。ところが土曜だと、金曜の夜に仕事から帰っ

て来て、ブログも含めて色々済ませて、翌朝は早起き。ま、あらかじめ準

備万端にしとけばいいってことだけど、平日になかなかそんな余裕はない。

何で土曜なんだよ!とか、今さら日程に文句つけたりする。子どもかよ♪      

      

        ☆          ☆          ☆

で、今回の最大の不安は天気だったんだけど、昨日から予報がコロコロ

変わってて、対策を取りにくい。昨日の夜までは、曇時々雨の予報でビ

ミョー。今日の昼間の予報では、朝からずっと雨で、腹をくくってた。とこ

ろが今、半日前の予報だと、最初は曇りで昼から雨になってる。風は何と、

5m~7m! 気温は高いし、南風だけど、服装をどうするか難しいね。

    

私は過去、厚着し過ぎて何度も失敗して来た。理由は2つある。まず、冷

え性だから、スタート前から薄着になりたくないこと。冷えると身体の動き

も悪くなるし、トイレに行きたくなる恐れもある。もう1つの理由は、普段走

る時間帯が夜ってこと。朝からどんどん気温が上がって、日差しもあるよ

うな中では、ほとんど練習してないのだ。しろよ!って話だけど、午前中に

長距離を走る習慣は昔からない。高校陸上部時代でさえ、春休みや夏休

みだけだった。

    

おっと! こんな事を書いてる間に、もう23時が来てしまった。どうしよう。

まだ、やる事一杯あるのに、明日は5時半起きの予定。また睡眠を削る

しかないのか。ホント、ワンパターンだな。せめて、雨だけは小降りになっ

てほしいね。

    

110408

  左図は、一番著作権の問題

  が生じそうにない気象庁の天

  気図(明日9時)。相変わらず、

  無愛想な白黒だ。

  右側の温暖前線と左側の寒

  冷前線に挟まれる地点が会

  場だから、ちょうど雨が降ら

  なくていいと思ったら甘いわけ♪

低気圧と前線は刻々と右=東に移動するし、雨雲の広がりもあるから、下

手するとずっと小雨なのだ。風はもう、覚悟するしかない。ハァーッ。。

    

という訳で、レース前夜の簡単なボヤキ記事を書いた所で、ブログとはお

別れしよう。もし明日の更新が無かったら、心臓マヒだと思って頂きたい。

これ、冗談になってないんだよな・・・とか言いつつ、音符マークを付けたり

する♪ ではまた。。☆彡

| | コメント (2)

「頑張って」「頑張ろう」~支援・激励・共感の言葉を求めて

久々に強烈な余震。。ちょうどこの記事を打ってた所だったから、思わず

パソコンを身体で覆ってしまった。むしろ、身体を守るべきだったかも。幸

い、それほど大きな被害は無かったようだけど、まだまだ安心できない状

況が続いてるね。とりあえず、気を取り直して、それでは。。

        

         ☆          ☆          ☆

何らかの意味で非常に辛い状況にいる人に、「頑張って」という言葉を

にしたくなるのは、ごく自然な感情だし、言葉の習慣でもあるだろう。その

言葉を実際に口にするのを、私がためらうようになったキッカケは、阪神・

淡路大震災の頃の、精神医学的な報道だったと思う。「頑張ってください」

などと激励してはいけないことは、専門家なら常識だし、一般市民もその

専門知識に従うべきだというわけだ。

         

そうした考えの背景には、その少し前に日本に伝わって来た、米国精神

医学系PTSD(心的外傷後ストレス障害)の理論があると思う。ただ、今

日は学術的な話を扱うつもりはないので、単なる指摘に留めとこう。

       

阪神大震災との前後関係が曖昧だけど、多分その少し前にも、スポーツ

の世界での「頑張って」に引っ掛かってたような気もする。記憶が曖昧だし、

あえて名前は書かないが、ある世界トップクラスのスポーツ選手が、「頑

張って」と言われることに不快感を示してたのだ。この選手はかなり個性

が強いので、「らしいな」という印象が強かったが、そうゆう人もいるのかと

いう学習にはなった。

            

その後、「そうゆう人もいる」どころか、世の中に心の病とか、うつ病とされ

る状態が急速に広がると共に、「頑張って」という言葉がタブーとされるこ

とが、珍しくなくなって来た。つまり、一部アスリートや心の病関連だけでな

く、多少の「知識」を持ってる人達やメディアが、その言葉を事実上、禁止

するように語り始めたのだ。

        

こうした動きに、私はかなり違和感を持ち続けて来たけれど、一種の社会

現象であれば、個人的にひたすら抵抗する気にもなれない。結局、誰に対

してというわけでもなく、う~ん・・とつぶやくしか無くなったのだ。実際の場

面でも、瞬間的に言葉を選ぶ習慣が身について来た。

      

        ☆          ☆          ☆

ここで、最近の実例を挙げてみよう。まず、3月23日の朝日新聞・朝刊で、

人気作家・高村薫が、被災者に「がんばってください」とは言えないと書い

ていた。腹の足しにならない言葉だと言うのだ。

       

29日の朝日・夕刊コラム「ロケットトーク」では、元スピードスケートの金メ

ダリスト、清水宏保が、次のように書いていた。長野五輪での実体験にも

とづくもののようだ。「被災地の人たちのご苦労は想像の範囲を超えてい

ます。逆説めいていますが、いま被災された方に『頑張って』と声をかけ

ないでほしいんです」。

             

さらに、翌30日の毎日新聞・朝刊の社説、「被災した子ども 泣いたって

いいんだよ」では、「がんばって」「弱音を吐くな」「負けるな」といった叱咤

激励は禁物だと書いている。今、必要なのは励ましよりも、小さな変化に

周囲が気づき適切なケアをすることだ」。

         

ちなみに、高村が「頑張って」の代わりにかけるのは、生きてくださいといっ

た言葉。清水の場合は、「今言うのは酷ですが、つらい環境は必ず自分を

育ててくれます」。もちろん2人とも、実際の行動で示してるらしき支援の方

が遥かに重要だろうが、かける言葉としては、こんな感じなのだ。はたして、

素朴な「頑張ってください」と比べて、どう評価すべきだろうか。。

     

       ☆          ☆          ☆

さて、自分としては違和感があっても、なるべく周囲の考えに合わせるの

が、大人とか社会人というものだろう。10年ほど前からは、少年少女た

ちの間でも、周りの「空気を読む」のがサバイバルの技術になってる。

          

ただ、「頑張って」と言ってはいけないという考えは、社会の多数派とか

「空気」というほどのものにはなってない。だから、ますます対応が難しい

のだ。「頑張って」や「頑張れ」は、身近でも聞いてるし、海外からの声

援にも入ってる。今日(4月7日)の朝日・朝刊国際面にもあった。

    

また、今日の朝日・夕刊では、宮城出身の柔道選手・阿部香菜に対して、

被災者である父が「頑張っておいで」と電話で励ましたことが書かれてる。

そのすぐ下の記事では、見事な実績で有名な福島大・陸上部の川本和久

監督が、全国でチャリティー陸上教室を開いてることが書かれている。教

室の副題は、「負けんな、福島! 立ち上がろう、福島」だ。

           

私自身母親や教師からは、そうした体育会系のノリの教育を受けて来

て、別におかしいと思ってないし、マラソンのレースで限界まで頑張ってる

終盤に、観客の方々から「頑張って!」と声援してもらって、腹が立ったこ

となど一度もない。「はい、頑張ってます♪」とか思いながら、ありがたく

激励を頂戴するだけのこと。そもそも、本当に限界状況なら、周囲の細

かい言葉使いなど、気にしてる余裕はないのだ。

           

        ☆          ☆          ☆

こうした中で、結局どのような姿勢を選ぶべきなのか。もちろん、ケース・

バイ・ケースというのが無難な一般論だろう。

         

自分も被災者なら、周囲の被災者に対して「頑張って」「頑張ろう」というの

いいと思うし、それをとがめる人達の声も沈黙するはずだ。また、片言の

日本語しか知らない外国人が「頑張れ!ニッポン」と励ましても、みんなほ

ほ笑むだけだろう。

           

一方、まったく直接的被害を受けてない日本人(例えば西日本)だと、被

災者への声の掛け方は難しい。不自由のない人達が「頑張ろう」と言って

も、言葉に重みがなく、相手に「わかってたまるか」と思われるおそれがあ

る。「元気を出してください」とか「前を見て進みましょう」などでも、他人事

のような言葉に感じられるかも知れない。

             

その中間が、私も含めた関東の人間なのだ。関東だと、地震とその直後

はみんな混乱したし、その後もしばらく生活は不自由。余震も続いてた。

今でも街は、文字通り「暗い」し、原発と放射能の問題は重く影を落とした

ままだ。

          

こうした関東の人間なら、お互い同士が「頑張りましょう」と言葉を掛け合う

のは何の問題もないし、被災地の人にも多少は声をかけやすい気はする。

私自身の実際の例だと、被災者である友人の様子を知った上で、「頑張っ

てますね! 素直に感心しましたよ」とメールで伝えてみた。すると、まもな

く返信が来て、丁重で心のこもったお礼の言葉が書かれてて、ホッと笑顔

になれた。返信の最後は、今後も頑張るしかないというものだった。

        

        ☆          ☆          ☆

結局、言葉の問題というのは、人間同士のコミュニケーションの問題であっ

て、つながりとか絆、共感の問題だろう。お互いの間にそうしたものがあれ

ば、言葉自体にこだわる必要はないし、言葉など不要でもある。

    

親しいもの同士なら、肩をポンと叩いて微笑むだけでも十分、あるいはそ

れこそが最善の行為の一つなのだ。以前扱った全国規模での「節電」とい

う現象・要請も、そうした非言語的なコミュニケーションの代表例と言える。

         

それでもあえて言葉を選ぶのなら、避難・疎開してる方々には「早く故郷に

帰れることを祈ってます」、病気の人には「元気になるといいですね。お大

事に」とか。親しい間柄なら、もっとくだけた表現でいい。あと、もちろん「

に出来ることがあれば、ご遠慮なく伝えてくださいね」といった実質的援助

の言葉も定番だろう。できる範囲で、気持ちを込めて行えばいいのだ。

     

最後に、お互いの共感を広く作り上げつつ、全体を支援し激励する言葉と

しては、やっぱり「頑張ろう」が代表のような気がする。スポーツ系ならもち

ろん、そうでなくても、その言葉の後に「ニッポン!」という大きな言葉を続

けてもいい。スタジアムなら、さらに「チャチャチャ」と手拍子を加えればい

いわけだ♪

          

頑張ろう」とは、要するに、共に困難に立ち向かおうとする言葉。その意

味では、桑田佳佑・福山雅治ら、芸能事務所アミューズの所属タレントが

歌う支援ソングのタイトル「Let’s try again」も同じことだ。「もう一度、み

んなで一緒にチャレンジしましょう」という意味なのだから。あるいは、ジャ

ニーズ事務所の支援プロジェクト「Marching J」も同様。「皆さんと共に、

前に歩いて行きます ジャニーズ一同」と言ってるわけだから。

         

言うまでもなく、このブログ記事も、一緒に前進しましょう、という思いを伝

えるためのもの。ただ、マニアックサイトとしては、普通のつぶやきに、少

しこだわった味付けをほどこしたわけだ。

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

     

      

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.中部・関西などの節電は「無意味」ではない

                     ~電力の総合的考察(情報源明示)

| | コメント (2)

各個人が独自メディアとして議論すべき時~東浩紀&苅部直「論壇時評」(朝日新聞・3月)

(☆2012年2月25日追記: 最新記事をアップ。

   現在の中に過去を見ること

      ~高橋源一郎&小阪淳&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・2月) )

          

       

        ☆          ☆          ☆

去年の春、メインの担当者が東浩紀に代わったのを機に書き始めた、朝

日新聞『論壇時評』のレビュー。単なるメタ・レビュー(批評の批評)ではな

く、元の文章まで自分で目を通して、朝日の記事全体(時評+コラム+編

集部担当箇所)を上回る平均字数で1年間書き続けて来た。内容的には、

メタ・レビュー8割、レビュー2割くらいだろう。

                  

今回も含めて、終盤は色々な都合で遅れ気味になってしまったが、単なる

市民ブロガーとしては、地味に頑張って来たつもりだ。実際、1本目を書い

て以来、丸11ヶ月にわたってGoogleは、ウチの記事を各種検索のトップ

にランクし続けてくれた。出来れば、最初の2、3本ばかりではなく、各時点

での最新記事をトップに上げて欲しかったけれど、それは欲張りというもの

だろう。

          

もちろん、今この記事を読んでる方の80%ほどが東、10%ほどが苅部直

に興味を抱いてアクセスしたのだろうけど、ウチ自体にも既に多少の固定

読者の方はいらっしゃる。「最終回」は、当サイトの活動を前面に押し出して

みたい。

              

実際、それこそ今回の論壇時評にふさわしいスタイルなのだ。というのも、

東の時評のタイトルは、「大震災と言論人 自らメディア『になる』役割」。有

名・無名に関わらず、人々が自ら不特定多数に情報発信することについ

て書いてるわけだし、苅部の政治論・社会論も、本質的にはその路線なの

だ。単なる政治家の数合わせゲームではなく、それぞれ独自の大胆な言

葉を、真正面から向き合わせることの大切さについて語っているのだから。

       

         

          ☆          ☆          ☆

では、まず東の時評の流れに即して語るとしよう。冒頭、東はこう語る。

「この1年、じつに多くのできごとがあった。鳩山退陣、参院選、尖閣映像

流出、ウィキリークス、そして中東革命。まさに激動の1年だったと言え

る。しかしその最後の最後に、このような巨大な災厄が訪れるとだれが

予想したことだろう」。

            

そして、この大震災を機に、「言論のありかたもまた変えざるをえない」と

語る。それは、情報の受け手のネット・リテラシー(読み取り能力)につい

ても言えることだけど、ここでは「言論の『発信側』の変化に焦点を絞ろう」、

という流れに持って行こうとする。

    

まずこの時点で、少し(だけ)異なる意見を述べておこう。阪神・淡路大震

災も含めた過去の震災と比べると、今回の東日本大震災で、ネットが活

躍したのは間違いない。ただ、震災後の約1ヶ月をトータルで見た時、果

たしてネットがどの程度の割合で重要性を持っていたのだろうか。そこは

冷静に見極める必要がある。ツイッターはそれなりの独自情報を「拡散」し

てただろうが、テレビの生映像もいくらでもあったし、録画映像は圧倒的な

迫力を持っていた。

             

そもそも直後の数時間は、関東・東北では通話やメールも含めて携帯がつ

ながらなかったし、パソコンを見る余裕もなかなか無かったはずだ。実際、

当サイトのアクセス解析を見ると、直後の48時間は一気に減っている。5

年半以上、ブログを毎日更新し続けてる私自身も、直後の3時間はネット

どころではなかったし、一段落した後はテレビの衝撃敵映像に釘付けになっ

た。テレビを消した後は、「その後」に備えた予行演習もかねて、ラジオでN

HKを聞いてたし、翌朝は食い入るように新聞記事を読んでた。

           

一日平均でネットを数時間使い、検索も瞬間的に行ってる私でさえ、そうな

のだから、普通の人達の間でそれほどネットが活躍してるとは到底思えな

い。圧倒的にテレビ。後は新聞、ラジオ、口コミだっただろう。試しに、ビデ

オリサーチで直後の視聴率を調べてみると、やはりNHKニュースが圧倒的

に上位を占めて、20~30%の高い数字を稼いでるるわけだ。

             

私自身は、テレビはNHKと日テレ中心。ラジオはNHKがほとんどだったが、

あらためて思ったのは、旧メディアの代表であるラジオの底力だ。単三電

池2本で長時間使えるし、他の用事の邪魔にもならない。おまけに、NHK

総合テレビの番組を、テレビとラジオの双方で同時に聞くと、(私の環境で

は)ラジオの方が2秒前後も速いのだ。緊急時には2秒差は大きいと思う。

もちろん、語られる内容も語り口も落ち着いたもので、普段なら退屈に思わ

れるかも知れないが、震災発生直後の慌ただしい気持ちを柔らかく静めて

くれた。

                     

1年間通して、東が意図的にネットの価値を強調し続けたのは分かるし、そ

背景(ネットの軽視)も理解できるが、元々ネットを使ってる者としては、む

しろ震災を機に、従来のメディアの底力を感じ取るべきだと思う。また、例え

ば地方の高齢者なら、いまさら馴染みのないパソコンの使い方やネットの利

用法を学ぶよりは、ラジオと電池を用意する方が遥かに実用的だろう。どう

しても必要な時は、一部のネット使用者に頼めば、すぐに直接教えてくれる

はず。人間こそ、もっとも古くて価値あるメディアなのだ。

           

         ☆          ☆          ☆

以上は、情報の受け手=受信者の側の話だが、送り手=送信者に関して

は、私も東と似たような思いを持ってるし、実際の行動に反映させて来た。

つまり、「自らメディア『になる』役割」を果たして来たのだ。ネットを用いて、

素早く正確に、落ち着いた語り口で。

           

東が挙げている例は、基本的にメジャーな立場のものだ。ツイッターが、ホ

リエモン=堀江貴文、早野龍五、東大病院放射線治療チーム、森川嘉一

郎。それ以外の個人サイトが、岩上安身、佐々木俊尚。YouTubeが大前

研一。普通の論文が上田誠也(中央公論4月号)。

          

この内、私のブログと内容的に重なる東大病院放射線治療チームのツイー

トのまとめらしきブログ記事をチェックしてみたが、ウチにはウチの独自の

価値があることを改めて確認できた。だからこそ、震災記事だけで合計1万

人以上の読者が集まってるのだ。もちろん、有名人たちに比べると僅かな

数だが、あちこちにリンクも貼られているし、公的機関はもちろん、東京電

力を含めた電力会社や国会、研究機関からもアクセスが入ってる。

           

東大グループとウチが完全に重なる話題、たとえばベクレルからシーベルト

への変換といった話でも、東大が「正しい知識」を簡潔に伝えるのに対して、

ウチではそもそも姿勢が異なってる。「正しい知識」とされるものが実は幾

つかあって、微妙にズレていること。それぞれの根拠まで遡ると、同じ出典

の受け取り方が違うらしいこと。朝日新聞の報道の中でも、バラつきがある

こと。そういった事まで具体的に、情報源を明示しながら論じてるわけだ。

        

もちろん、だから結局よく分からないなどと、曖昧に結論づけてるわけでも

ない。いずれにせよ、公表されたデータを信頼するなら、福島県を除く地域

では「差し当たり動揺する必要はない」と示してるのだから。

           

その点は例えば、危険性を強調する今週の『週刊現代』を読んでみても、

少しも変わらない。語り手の肩書きに惑わされることなく、内容をよく読め

ば、さほど危険性が立証されてるわけではないのは明らかなことだ。もち

ろん、聞く耳はしっかり持った上でのことだが。実際、表紙と見出しからほ

ぼ内容やレベルが予想できる今回も、しっかりチェックしたわけだ。旧メ

ディアの雑誌に対しても、しっかり目線を向けている。

         

他に、当サイトの記事の独自性は、情報源の明示と共に、具体的な計算

の紹介にある。これは、理数系の心得がある人間にとっては簡単なこと

なのに、一般メディアでは見たことがないし、ネットでもなかなか見当たら

ないことだ。

         

通常、「長期間の蓄積」などと語られる放射線量に関して、ウチでは地域

別・原発からの距離別に年間総量をいち早く計算してみせたし、放射性

物質の蓄積を示す積分計算の過程も、半減期が複数種類ある場合の

計算も、答えだけでなく途中の式まで示してある。すべて、私が独自に計

算したものだ。

                

最後に、節電論争に関する記事でも、私の身近を含めて、あちこちで納得

して頂けたようだ。つまり、節電を呼び掛けるチェーンメールに対して、他

地域での節電は無意味だという論陣が張られた。この状況で私がきっち

り主張したことは、チェーンメールは感心しないし、関西や中部での節電

に「電力供給の」意味はないが、社会的な意味ならあるということだった。。

        

         ☆          ☆          ☆  

ともあれ、東の時評の主要部ラストにもあるように、「リアルタイムで変化

する現実に介入しリスクを取る役割」をはたす重要性は体感してるし、「

つに混沌としている広義の「論壇」状況も理解しているつもりだ。当サイ

トはもともとスポーツ系サイトだし、今でも決して言論系サイトというわけで

はない。けれども、国家の非常時にネットで発言する以上、それなりの

任感を持って役割を果たして行きたいと思ってる。ささやかながらも、独自

の内容を織り込んで、あくまで冷静な語り口で。

          

なお、時評来月から高橋源一郎が担当になるとのことだが、ウチで今

後も毎月書き続けるかどうかは分からない。とりあえず4月の時評は、「き

ちんと読む」つもりだ。書くかどうかは、時評の内容と個人的都合で決めた

いと思ってる。思ったより短かったが、1年間ネットのために語り続けた東

浩紀には、遠くから、お疲れさまと微笑んでおこう。偶然か必然か、東の

大きい写真も、最後にようやく微笑らしきものをたたえていた。。

     

      

cf.参考のため、当サイトの震災関連記事の内、主要な6本を挙げておく。

  最も読まれているのが4本目で、半月で3500人弱の読者を集めてる。

    

  中部・関西などの節電は「無意味」ではない~電力の総合的考察(情報源明示)

  放射線(放射能)の危険性と距離~2つの逆二乗法則(情報源明示)

  原発から各地までの距離と、放射線の年間総量(by文科省データ)

  シーベルト、グレイ、ベクレル~放射線・放射能の単位について

  雨の長距離ランニングで浴びた放射性物質の計算

                              (by 定時降下物データ)

  体内摂取した物質の放射線量の計算~物理学&生物学的半減期

        

           

          ☆          ☆          ☆

一方、今のメンバーの「論壇委員会」としては最後になるコラム、「あすを探

」について。苅部直が担当の政治部門で、タイトルは「大胆な構想力 政

治に必要」。         

     

苅部は、政治が専門の若き東大教授としては、顔つきが可愛らしいし、文

章もひとクセあって面白い。今回も、地震発生から少し時間が経って、週

刊誌の表紙には、東大・京大の合格者ランキングという文字が大きく掲げ

られるようになったと書いてる。苅部でなくても、「苦笑したい気分になって

くる」、何とも平和、牧歌的なお話で、社会状況の改善を示すエピソードと

して、ポジティブに考えるべき事なんだろう。

          

苅部の議論は、大きく分けると2つになる。まず前半は、批評家の大御所・

柄谷行人や、著名な政治学者・山口二郎の議論を援用しながら、震災を

機に、新しい市民社会を作り上げようという話だ。もちろん、東大教授らし

く、問題や語り口の単純化は巧妙に避けてるが、要するに、「グローバル

資本主義」「小さな政府」疑問を投げかけてるのだ。

            

後半は、国会のあり方の話になる。衆参の「ねじれ国会」による迷走を避け

るためにも、国会の内部(特に衆議院)で堂々と議論しあう重要性を論じて

るのだ。外部でひそかに交渉するのでもなく、短い国会期間で数合わせに

気を取られながらお茶を濁すのでもなく。。

             

          ☆          ☆          ☆

苅部の2つの主張は、どちらもあまりに大きな政治的問題で、とても小さ

なコラムで論じられるような内容ではないし、いくらでも反論があるだろう。

ただ、このコラムのポイントは、東日本大震災という戦後最大の非常事態

を契機に、政治のあり方、社会のあり方を根本的に考え直し、真正面から

語り合うべきだということなのだ。タイトルの「構想力」とは、個人のみなら

ず、集団で保持する機能のことを言う。

       

したがって、東の時評と同じく、結局は情報発信者の側が、すぐれた個別

のメディアへと成長して行くべきだと語っていることになる。ネットだろうが、

面と向かった国会の議論であろうが、主体性を持った個別メディアとしての

発信者が、じっくりと独自の主張を提示し合うべき時がやって来たのだろう。

                  

それは、あまりに唐突で悲劇的な到来だったが、現実となってしまった以

上、我々はそれを前提として、少しずつ前に進み続けるしかないわけだ。

たとえ、どれほど困難な道であろうとも、闇来たりなば、光遠からじ。

        

それでは、今回はこの辺で。。☆彡

     

          

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.東浩紀とネットが開く新たな言論空間~朝日新聞「論壇時評」 (4月)

  「新しい公共」と他者への理解~東浩紀「論壇時評」(朝日新聞・5月)

  理想を語り、現実を変えること~東浩紀「論壇時評」(朝日新聞・6月)

  政策の「事後的」評価としての選挙

              ~東浩紀&香山リカ「論壇時評」(朝日新聞・7月)

  建設的な哲学とネット共同体への「期待」

                    ~東浩紀「論壇時評」(朝日新聞・8月)

  よりどころの崩壊、新たに築く試み

             ~東浩紀&松井彰彦「論壇時評」(朝日新聞・9月)

  世論調査、ファスト政治、ポピュリズム

             ~東浩紀&福岡伸一「論壇時評」(朝日新聞・10月)

  中国の異質性、東アジアの同一性

             ~東浩紀&李鍾元「論壇時評」(朝日新聞・11月)

  情報公開の境界、資格付与の区切り

             ~東浩紀&松井彰彦「論壇時評」(朝日新聞・12月)

  新しい道具、使ってみるための条件

             ~東浩紀&松井彰彦「論壇時評」(朝日新聞・1月)

  つながりと祝祭、これからの革命と善意

             ~東浩紀&香山リカ「論壇時評」(朝日新聞・2月)

     

       

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  震災後、身の丈超えぬ「ことば」に希望

      ~高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞) (2011年4月)

  非正規の思考、その可能性と危険性

             ~高橋源一郎&濱野智史「論壇時評」(朝日新聞・5月)

  みんなで上を向いた先に真実はあるか

           ~高橋源一郎&平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・6月

  スローな民主主義と『スローなブギにしてくれ』

          ~高橋源一郎&森達也「論壇時評」(朝日新聞・7月)

  柔らかさ、面白さが無ければ伝わらないのか

          ~高橋源一郎&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・8月)

  人を指さす政治的行為のマナー

          ~高橋源一郎&酒井啓子「論壇時評」(朝日新聞・9月)

  希望の共同体を楽しく探るために

          ~高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞・10月)

  アート・ロック・ゲーム、多様な変革運動

      ~高橋源一郎&濱野智史&小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・11月)

  どの常識をどう疑い、何に立ち向かうのか

      ~高橋源一郎&平川秀幸&小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・12月)

  対称的な関係の中にある前進

      ~高橋源一郎&小阪淳&森達也「論壇時評」(朝日新聞・1月)  

  現在の中に過去を見ること

      ~高橋源一郎&小阪淳&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・2月)

      

                                (計 6084文字)

| | コメント (0)

最終調整完了♪、レースの降水確率60%に上昇・・

RUN18km,1時間26分29秒,心拍149

今シーズンのランニングは、無事にトレーニング終了♪ これで後は、週末

のフルマラソンのレースを残すのみとなった。仕事の第1波は昨日クリアし

たし、ホッと一息。さあ寝るか・・・ってわけに行かないのが辛い所。。ブログ

の毎日更新継続は、千日回峰行に匹敵する難行なのだ♪ 既に2千日は

クリア、次は3千日目指して歩み続ける必要がある。しかも、千日回峰行と

違って、ほとんど評価されないわけだ (^^ゞ う~ん、こっちの方が苦行かも。

       

さて、今の私の最大の関心事は、レースの天気。二番目が放射能で、三番

目が仕事かな。とにかく、1日に何度も週間天気予報を見てるんだけど、傘

マークが消えるどころか、降水確率が50%から60%にアップしてしまった。

        

最初に傘マークを見たのは日曜の朝だったかな。このままだと、1週間後の

雨の予報が当たることになる。春は予報が難しいと思うのに、最近はスー

パー・コンピューターのおかげなのか、精度が上がってるね。ま、今回の予

報が的中しても、全然うれしくないんだけど。。仕方ないから、覚悟して準

備するしかないか。曇時々雨だからビミョーだよな。風の問題もあるから、2

日前に細かい情報が発表されてから準備しようか。春だから去年の東京マ

ラソンの冷雨よりはマシだけど、冷え性の私にとっては大幅なマイナスだ。。

      

          ☆          ☆          ☆

さて、今夜の走りというか、今シーズンの最終調整について。まず、スター

トが30分ほど遅れてしまった。細かい話だけど、ブログの更新締切時間

(23時59分)があるから、この30分遅れは大きな問題なのだ。

       

まず、しばらく田舎に電話してないのを思い出したので、サラッとかけてみ

た。地震直後でもまったく心配してなかったくらいだから、今夜なんて一言

もこっちの心配なんてしてない (^^ゞ お花の公園みたいな所に日帰りで

行った話と、お墓参りの話と、テレビの話。一言だけ、震災関連の話を出

してみたけど、数秒でスルーされる始末。西日本の田舎の一般市民、おそ

るべし・・・って、そりゃ一般化しすぎか♪

      

電話よりも時間がかかったのが、過去記事の追記。ウチは、以前書いた

内容でも、重要な追加情報、変更点、間違いなどがあったら、こまめに加

筆修正している。記事数は二千数百本あるし、3000字以上の長いもの

も多いから、この作業は大変なのだ。今夜やったのは、例の放射線計算

方法に関する追記。ウチでは前から疑問点を指摘してたけど、やっぱり

今までの計算方法はちょっと問題があったらしい。詳しくは、以前の放射

線記事のP.S.(特に3~5)をご参照あれ。今日も大量アクセスだった♪

    

          ☆          ☆          ☆

ともかく、電話とブログで時間を取られたから、あわて気味夜の公園へ

スタート。まだ脚の付け根を中心に疲れが残ってるし、レース前でもある

から、軽めかつ無難に、適度な負荷をかける必要がある。往路はかなり

控え目な走りだったけど、思ったほど遅くもない。やっぱし、地力がアップ

してるし、長距離走り込みからの超回復も始まってるようだ。

      

公園には、相変わらず花見客がほとんどいなくて、今夜は20代半ばくら

いのグループが1つだけ。走路までハミ出して騒いでたけど、この程度な

ら何ともない。例年はもっと露骨な進路妨害があるし、酔った勢いで私を

追いかけて来た人間も何人かいる。まあ、私自身も子どもの頃、自転車

とか車とか、速いものを見るとすぐ追いかけて走ってたから、気持ちは分

かるけどネ。アルコールが入ると、人間は子どもになるし、逆に「大人」に

なるわけだ♪

     

周回前半は1km5分をオーバーするスローペースで、ちょっと遅過ぎるか

なと思い始めた時に、ちょうどいいスピードのランナーが追い越してくれた

から、距離を空けて控えめに追走。1km4分20秒くらいのペースだけど、

明らかに余裕がないから、抜き返しそうになってしまった。そこを何とか自

重して、予想通り早めに相手が消えた後も、スピードはキープ。十分な余

裕をもって、6周目は1km4分14秒ペースでクリア。復路も楽勝で、無事

終了♪

     

もともと16kmの予定だったのに、18kmに延長して、トータルでは1km

4分48秒ペース。うん、最終調整としては丁度いいんじゃないかな。欲を

言えば、早起きしてハーフ21.1km走りたかったんだけど、昨日が疲れの

第1ピークだったから全然ムリだった。ま、こんなもんでしょ。もう、レース

までは走らない。のんびり足腰と心肺能力の超回復を待つのみ☆

     

         ☆          ☆          ☆

あぁ、それにしても、雨さえ無ければかなり行けそうなのになぁ。私のゴー

ル後に降り出してくれないかね。そりゃ、ジコチューか♪ レースシューズ

が汚れるのも嫌なんだよなぁ。かと言って、今さらヘタったジョギングシュー

ズに変更する気もないし。ま、せめて小雨&微風程度におさまってくれる事

を祈るのみだ。

    

ちなみに、会場に持参するドリンクは既に用意したけど、他のランナーの物

と区別できるのかね。ま、あんましノドが乾くような天気でもなさそうだし、気

にしないことにしよう。ではまた。。☆彡

          

  往路(2.45km)   13分04秒  平均心拍126         

  1周(2.14km)    11分12秒        139       

  2周             11分04秒        145 

  3周            10分52秒        148

  4周             10分01秒        153

  5周             9分23秒        158

  6周            9分05秒       161

  7周(0.26km)       1分11秒        161

  復路              10分37秒        156    

計 18km  1時間26分29秒  心拍149(81%) 最大162(周回ラスト)

     

                                 (計 2249文字)

| | コメント (3)

「赤い靴はいてた女の子」を連れて行ったのは、ひいじいさんではなくて・・♪

フーッ・・・忙しさの第1波を何とかクリア♪ 地震初期微動の「P波」って、

「Primary wave」(最初の波)の略なんだよな・・・っていうトリビア的ウン

チクはともかく、自宅でホッと一息ついてる所だ。今日も2時間睡眠でずっ

とお仕事してたから、神経がピリピリして、眠いのに眠くない矛盾状態。

   

ボーッとした頭でブログのアクセス解析を見てると、震災関連記事に福島

県庁からアクセスか入ってるのは珍しくないんだけど、アメリカ海軍から

入ってるのには驚いた♪ ネット上のデマを探すのは日本側のお仕事の

はずだから、フツーの検索なんだろう。流石にちょっと緊張するね。

   

ウチの更新が突然途絶えたら、「異人さんにつれられて 行っちゃった ♫」

と思って頂きたい。とか書き出すと、軽口が止まらなくなる♪ 前から時々

書いてるように、私は極端に眠いと妙なノリになるのだ。覚醒作用のある

脳内物質が大量に分泌されてるのだろう。私のせいじゃなく脳内物質の

せいだと、責任転嫁しておこう。。

     

          ☆          ☆          ☆

ところでこの、『赤い靴』っていう童謡。子どもの頃から、歌詞もメロディー

もあまりに物哀しいからなのか、逆に替え歌で笑い飛ばしてた覚えがあ

る。「ひい爺さんに~ 連~れられ~て~ 行っちゃった ♫ 」。試しに検索

すると、やっぱり一杯出てくるネ。入試ネット投稿事件でも話題になった

Yahoo!知恵袋」が、珍しく爆笑させてくれた。2005年の質問と、意表

を突くベストアンサー☆

         

     「赤い靴を履いてた女の子は、ひいじいさん(曾祖父)に

      連れられて行っちゃったのですか?

     

     「いえ、イイじいさんに連れられて行っちゃったのです

     

上手い! 明らかにお遊びの質問に対して、斬新でシャープな返しだね。

今後、入試問題の投稿があった時には、こうゆう答を返すようにしたらど

うだろう。カンニング狙いの質問者がプッと吹き出して、すぐに発覚するか

ら、妙な大騒ぎにもならない。質問者自身も、自分の愚かさに笑うしかな

いだろう。

      

ちなみに、ウィキペディアを読んでみると、なかなか面白くてマニアックな

話が書かれてた。まず「定説」は、岩崎きみアメリカ人宣教師・ヒュエット

夫妻に連れられて行った実話がモデルだと語ってる。根拠は、異父妹の

証言と、ノンフィクション小説『赤い靴はいてた女の子』(菊地寛,現代評

論社,1979)。小説の作者は北海道テレビ記者で、芥川賞・直木賞設立

者として名高い菊「池」寛とは別人だ。女の子が直前まで住んでたのが北

海道とのこと。

      

一方、「定説」に異議を唱えたのが作家・阿井渉介。『捏造 はいてなかっ

た赤い靴』(徳間書店,2007)で、女の子と宣教師には接点がないと指

摘。代案として、この歌は「社会主義的ユートピア運動の挫折」の隠喩だと

解釈したらしい。「赤い靴」とは左翼のメタファー(比喩)だから、「はいてな

かった」というわけだろう。足に履く靴ではないのだから。他にも、永六輔

が「ソ連」のことだと、NHK教育テレビ『人間講座』「人はなぜ歌うのか」で

語ったらしい。

      

まあ確かに、昔から「赤」という言葉や色は、「左」と結びつけられることが

多かったわけで(ロシア革命以来とかいうお話)、少なくとも、赤色の靴を履

いて外国人に連れて行かれた女の子より、左寄りの活動の挫折の方が遥

かに多いはずだし、リアリティがある。とはいえ、ウィキ作詞家・野口雨情

の項目を見ても、左寄りの話は特に見当たらないし、少なくとも2冊の本を

読むまでは何とも言えないだろう。作曲家・本居長世についても、一応調べ

てみる必要がありそうだ。。

                 

          ☆          ☆          ☆

一般論で言うと、歌詞のモデルが何かという話は論争が多い気がするし、

キレイな決着がつくような話でもない。作詞家やモデルとされる本人が証言

したとしても、それが真実かどうか、信頼性を考えたり、無意識的な影響

で考えたりすると、「実は・・・」という新たな解釈=改釈の余地は常に残る。

    

としては、結核アメリカに行けなかった女の子孤児院で9歳で亡くなっ

という「定説」を2割、「赤」の比喩だという異論を1割受け入れて、残り7割

は幻想の世界にひたりたい。その幻想の中では、ひいじいさんや、イイじい

さんも活躍するわけだ♪ さらに、イイじいさんが、赤い靴の女の子に踏み

付けられて、「イイ・・・」と歓声をあげてたリもする。コラコラ。。

         

という訳で、とんでもない脱線記事になってしまった (^^ゞ 実は今夜、わり

マジメな話を書こうとしてたのに、アメリカ海軍からのアクセスの話から

お遊び記事になってしまったのだ。という事は、「異人さんに 連れられて

行っちゃった」のは、私が用意してたマジメな話だったのだろう♪

     

このオチを「上手い!」と思った読者の方は、「拍手」か「ランキング」のボ

タンをクリックして頂ければ幸いだ・・・って、ボタン付いてないわ! じゃあ

代わりに、F5キーか何かでリロードして頂けると、私がアクセス解析を見

てニヤッと笑うだろう♪ ではまた。。☆彡

      

                                 (計 2050文字)

| | コメント (2)

花見客のいない公園、ジャニーズ満開の代々木公園

(2日) RUN 27km,2時間12分35秒,心拍145

ウ~ン・・・よりによって、レース当日の天気予報だけに傘マークが付いて

る。。去年の東京マラソンは、スタート前からレース終盤まで、ずっと冷た

い雨に悩まされたけど、今年も雨のレースなのか。運が悪いなぁ。。

      

春の低気圧だから、風も心配だ。濡れた身体に強風が当たると、身体の

表面温度が急激に下がるし、体感的にもすごく寒く感じるはず。冷え性の

にとっては、厄介な敵の再登場になるかも知れない。何とか予報が変わ

ることを祈ろう。ま、自己ベストを更新できなかった時の言い訳にはなる

ど♪ 去年だって、冷雨さえ無ければ、記録更新の可能性はあったのだ。。

      

         ☆          ☆          ☆

さて、レース1週間前の昨夜は、最後の長距離走。私は個人的に、25km

以上を「長距離」と呼ぶことが多い。この基準だと、12日間で5本の長距

離をこなしたことになる。3月22日・25km、25日・27km、27日・30km

30日・33.2km、4月2日・27km。満足、満足♪

      

レース前は、もっと軽くする人が多いようだけど、私の場合、普段は長距

離をほとんど走ってないから、フルマラソン前に身体を慣らした方がいい。

実際、6年前に荒川市民マラソンで自己ベストを出した時も、直前は相当

走り込んでた。スピードは今年より少し遅いけど、量的には6年前の方が

。という訳で、記録更新のためには、昨夜も長距離を走るしかなかった。

     

レースはもちろん朝のスタートだから、ホントは昨日、昼間走ろうと思って

たんだけど、超寝不足だったから昼まで寝て、その後は久々にマニアッ

クなブログ記事を書いてしまった。3時間もあれば書けるだろうと思ったの

に、実際はトータルで5時間近くもタダ働きするハメになってる (^^ゞ 他の

記事とのリンク作成や、誤字・脱字の修正、さらに加筆も含めた時間。

      

まあ、大量の専門的情報を、正確に処理して独自の内容を書くのは大変

なことだ。計算はゴマカシが効かないし、たまにWordで複雑な数式を入

力すると、なかなか上手く行かない。そもそも、「オブジェクト」か何かの「挿

入」ってシステム自体が煩わしいね。フツーに数式だけ入力できればいい

のに。私がやり方を知らないだけかな♪

          

          ☆          ☆          ☆

とにかく、昼間から夜にかけて、マニアックな記事執筆だけでつぶれたの

で、仕方なしに夜の公園へ出発。脚の付け根がかなり疲れてて、最初から

ダルイけど、動かないわけでもない。春先の土曜の公園なら、花見客や陣

取りが目立つはずなのに、昨夜はほとんど無し。陣地取りの青いシートは

全く無かったから、会社関連の花見はすべて自粛なんだろう。

        

年配の団体客も全くいなくて、学生らしきグループが2つ、控えめにやっ

てる程度。一応、あちこちにゴミがまとめられてたから、昼間はそれなりに

花見客がいたようだけど、例年との違いは明らかだった。ランナーとして

は、走路を妨害されないのはいいんだけど、ここまで極端に自粛ムード

漂うのは、周囲を気にして控えめな行動をとる日本人ならではのことかな。

      

節電といっても、公園には一応ライトが付いてる。花見をしようがしまいが、

電力消費には関係ないし、そもそも夜の電力は不足してない。さすがに最

近は、飲食物に困るような状況でもないのだ。まあ、見方を変えると、やっ

ぱり花見という行事は、大勢の恒例行事としてやるのがフツーなんだろう。

それだと、どうしても無難な結論にまとまることになる。もちろん、自粛にも

それなりの意味があるのは当たり前で、その点は以前の詳細な節電記事

でもハッキリ書いておいた。気になるのは、自粛の「程度の問題」なのだ。

例えば、「お花見募金」なんて形はアリだと思う。費用の2割は募金とか。

       

フツーの花見が自粛される一方で、東京・代々木公園には大量の「花」

集まって、「花見」に酔いしれたらしい♪ ジャニーズ事務所の全タレント

が参加する、東日本大震災支援プロジェクト「Marching J」の募金活動。

29日に発表されたばかりなのに、初日の4月1日(金)が10万1000人

2日目の土曜は12万7000人も集まったそうだ(by オリコン)。

   

まあ、公式ファンクラブ、ファミリークラブの会員だけでも約200万人いるっ

て話だけど(by 日刊スポーツ)、あらためてジャニーズの力を思い知らさ

れるね。ウチが特別扱いしてるKAT-TUN・亀梨和也や山P=山下智久、

SMAPも既に参加したらしい。山Pなんて、大阪城ホールの公園前に参

加したって話だから、気合入ってるね。スケジュール的にキツイのに。

   

まあ、この種の活動は色々言われがちだけど、何もしないより遥かにマシ

なのは明らかなこと。タレント側も、ファンの側も。支援プロジェクト「マーチ

ング・ジェイ」の活動は、1ヶ月に1回、最短でも1ってことだから、頑張り

続けて欲しいもんだ。単なる一般市民の男性マニアック・ブロガーとしては、

ネット上のどこにも無いような震災関連記事を書き続けることにしよう。。

            

         ☆           ☆          ☆

で、最後に話をランニングに戻すと、意外に春風が寒く感じられる中、脚

の付け根のダルさに顔をしかめつつ、しっかり最後の長距離を走り切った

のだ。トータルでは1km4分55秒ペース。流石にかなり遅いけど、走り込

みラストの無難な27kmとしては、これで十分♪ あとはレースまでに足

腰を超回復させるだけだ。自己ベスト更新の確率70%くらいかな。ただ

し、雨と風が無ければ。。

      

さて、今日の分の記事もマジメに書き終えて、後は自宅で夜中までお仕

事だ。明日で仕事の最初の山をクリアできるから、あともう一頑張り。昨

日、今日、また余震がぶり返す中、「頑張ろう、ニッポン!」。ではまた ☆彡

  

     

   往路(2.45km)      12分50秒   平均心拍124

  1周(2.14km)    10分51秒        134

  2周             10分53秒        138

  3周            10分43秒        141

  4周             10分43秒        143              

  5周             10分40秒        145

  6周             10分24秒        148         

  7周            10分23秒        149          

  8周            10分12秒        151        

  9周            10分19秒        152        

 10周            10分19秒         153     

 11周(0.7km)      3分30秒        153

  復路             10分49秒        152           

  計 27km    2時間12分35秒   145(最大心拍159 ゴール時)

      

                                  (計 2540文字)

| | コメント (0)

体内摂取した物質の放射線量の計算~物理学&生物学的半減期

(☆7月14日追記: セシウム汚染牛肉をめぐる関連記事をアップ。

 セシウム牛肉、食後1年間での被曝線量の計算方法(定積分&実効半減期) )

    

   

         ☆          ☆          ☆

忙しくて時間がとれない中、久々に放射線関連の記事をアップしてみよう。

簡潔にまとめたものだけど、今現在ネット上に(ほとんど)見当たらないマ

ニアックな内容にはなってると思う。

          

東京電力・福島原発の事故が、いずれ何とか収まるとしても、放射線の問

題はその後も長く残るだろう。ヨウ素はすぐ消えるとしても、セシウムやプ

ルトニウムは延々と放射線を出し続ける。放射性物質や放射線への関心

も、当然続くだろう。

             

放射性物質や、それが含まれる野菜・水が、どれだけの放射線を出すの

か。その放射する能力(=狭義の放射能)を示す単位がベクレル。また、

我々が体重1kg当たりで吸収する放射線量を表す単位がグレイ。さらに、

その線量がどのくらい人体に実害を与えるかを考慮した「実効線量」の単

位がシーベルトだ。これら3つは、以前の記事でわりと詳しく書いてる。

     

人々の関心は当然、何をどれだけ摂取したら危ないのかという問題に向

かうことになるわけだが、理数系の話が好きな人間にとっては、何ベクレ

ル摂取すると何シーベルトになるか、という話が気になる。

         

この換算は、一般には「実効線量係数」(effective dose coefficient)という

ものを掛ければいいと言われてる。例えば、ヨウ素131の経口摂取なら

ベクレル×0.022=マイクロシーベルト。これも、既に前の記事に書いて

ることだ。係数の一覧表は、例えば「緊急被ばく医療研修のホームページ」

にある。

        

☆追記: 4月5日の朝日・朝刊は係数0.016を採用。詳しくは、下の記

       事のP.S.3、4、5を参照。

       シーベルト、グレイ、ベクレル~放射線・放射能の単位について )

            

ただ、この係数が、放射性物質の種類や摂取方法によって違うのはいい

としても、それほど厳密なものではないという点は語られることが少ない。

ICRP(国際放射線防護委員会: International Commission on Radiological

Protection)が1996年に示した報告書(Publ.72)の数値が出回ってる

が、あれは一つの参考に過ぎないのだ。そもそも医学・生理学が絡む複

雑な問題だし、実験も観察も非常にしにくいことなのだから。

            

早い話、長期間の人体実験を大勢の被験者で行うことなど不可能だ。考

えれば明らかなことだし、実際、帝京大学の「複合災害救援の基本的考

え方と放射線被曝防護」と題するpdfファイルでも、人体への影響を計算

する困難さが強調されている。もちろんウチでも、最初からハッキリ書いて

たことだ。

           

とはいえ、ベクレルからシーベルトを求める際の長い理論的プロセスには、

数学的に明快な部分も一応ある。それは、半減期と放射線量に関わる部

分だ。以下では、その点について、数式計算でハッキリさせておこう。 

         

            

        ☆          ☆          ☆

まず、高校1年・物理の教科書レベルからスタートする。

    

  放射性物質(ヨウ素131,セシウム137など)のベクレルの値

           = 1秒間に崩壊する原子核の数

           ≒ 1秒間に出る放射線(β線、γ線など)の量

   

「≒」は近似を表す記号で、本当は比例だから「∝」と書くべきだけど、等号

「=」に似た「≒」で書く方が分かりやすいだろう。上の式から、もしベクレル

の値が変わらないならば、「(ベクレル)×(秒数)≒(放射線量)」だ。

           

しかし実際には、ベクレルの値(≒放射能の強さ≒放射性物質の量)は、

半減期」の時間が経つごとに、1/2になって行く。つまり、ベクレルは時

間tの関数だから、B(t)と書くことにしよう。すると最初(つまりt=0)のベク

レル数は、B(0)と書ける。さらに半減期をTと書けば、t=1Tの時に1/2、

t=2Tの時に(1/2)の2乗になるから、以下同様に考えれば、以下の式

が成立する。と言うより、これが半減期Tの定義式だ。

110402e

    
時間tにしたがって刻々と変わるB(t)に、非常に短い時間を掛け合わせたも

のを、長い時間にわたって合計すれば、全体の放射線量(とみなせるもの)

が求められる。x 年後までの全放射線量をR(x)と書けば、50年後(=157

6800000秒後)までの全放射線量R(50)は、次の「定積分」で表される。

   

110402g

     

難しく見えるが、実は計算のレベルも答えも高校3年の教科書レベルだ。

計算結果は下の通り。莫大な秒数は関係ない。中央の「=」は、本当は

「≒」だが、誤差はほとんど無視できるから等号「=」にしてある。

    

110402h

       

つまり、B(0)T / log2 が答。したがって、半減期Tに比例する。ちなみ

に分母のlog2は、約0.693。分子の半減期 T は秒で表した数字だか

ら、かなり大きい数。半減期の短いヨウ素131でさえ約8日間だから、約

70万秒。セシウムなら約30年だから、遥かに大きい数字だ。ただし、人

体への影響を考えてシーベルトの値を求める時に、数字は一気に小さく

なる。そこの計算部分は、まだブラックボックスだけど、もはや数式計算

のように明快な話が出来なくなるレベル、人間的な話なのだ。。

     

           

         ☆          ☆          ☆

私自身の興味は、実はこの先の僅かな部分にあった。ここからは、物理

の高1教科書レベルを少しはみ出す話だが、数学的には高1の教科書レ

ベル。ただし、考えたことが一度もなかったから面白かったのだ。半減期

2種類ある場合を考えてみよう。

             

現在の日本社会も含めて、普通に話題とされるのは物理学的な半減期だ。

つまり、原子核の崩壊による半減期。ヨウ素が8日、セシウムが30年といっ

た数字はすっかりお馴染みだろう。一方、生物の体内に取り込んだ放射性

物質がどうなるかという点も少しだけ話題になってるが、計算式を見ること

はない。それどころか、朝日・読売・毎日新聞のサイトで検索する限り、生

物学的(な)半減期といった言葉は見当たらない。

           

体内に摂取された放射性物質は、少しずつ体外に排出されて減って行く。そ

のプロセスで半減する期間が生物学的半減期だ。いま、物理学的半減期

T₁生物学的半減期T₂とすると、   

110402a

     

ここで、右辺を指数法則にしたがって変形すると、
 

110402b

    

一方、トータルの半減期というものを想定して単にと書くなら、一番最初

の式と同じだが、少しだけ書き方を変えて、

110402c

         

上の2式の右辺、1/2の右肩部分を見比べれば、2種類の半減期の組合

せに関する公式が導ける。同じ意味の式が、日本語版ウィキペディアの「被

曝」や、英語版ウィキ「Half-life」にも、結果だけ掲載されている。要するに

私は、それらの式を見て、導き方を考えたのだ。 

110402d

         

ちなみに、原子力資料情報室によると、ヨウ素131の生物学的半減期

ヨウ素129と同じのようで、甲状腺で120日、その他の組織で12日。一

方、セシウム137の生物学的半減期は曖昧な書き方だったので、英語版

ウィキペディアで調べると、数ヶ月らしい。大まかな値だけど、一応の参考

にはなるだろう。プルトニウムも数ヶ月となってるが、別の場所には200年

なんて凄い数字が出てたから、とりあえず保留しとこう。論争中なのかも。。

      

         

         ☆          ☆          ☆

上のような理数系の考察は、目先の生活の指針にはならないが、理解や

安心感の手助けにはなる。訳の分からないまま、メディアが出して来る多

様な情報に惑わされるよりは、少しでも理解できた方がマシだろう。少なく

とも、私自身はモヤモヤが少し晴れた気がする。

      

原発や放射線に関しては、引き続き注目し続けるので、またしばらく後で

記事を追加するかも知れない。とりあえず、今日はこの辺で。。☆彡

    

    

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.放射線(放射能)の危険性と距離~2つの逆二乗法則(情報源明示)

  原発から各地までの距離と、放射線の年間総量(by文科省データ)

  シーベルト、グレイ、ベクレル~放射線・放射能の単位について

  雨の長距離ランニングで浴びた放射性物質の計算

                              (by 定時降下物データ)

  原発事故評価レベル7と、セシウムのヨウ素換算値の計算式(by INES)

  福島原発レベル7の基準を読む~INES(国際原子力・放射線事象評価尺度)

  福島原発によるガン発生の厳しい試算~欧州放射線リスク委員会

  原発事故はみんなが無責任、だけどね・・~東電社員の息子・ゆうだい君への応答

  ランニングの呼吸で内部被曝した放射線量の計算

  被曝する全放射線量の計算方法 (自然・医療、外部・内部、屋外・屋内)

  セシウム牛肉、食後1年間での被曝線量の計算方法(定積分&実効半減期)

  放射性物質の半減期、壊変定数、質量(重さ)~微分方程式の初歩など

  ラジウム温泉の放射線について~低線量被曝の影響

  確率的影響と確定的影響~放射線被曝の二分法の再考

  義務教育における放射線・放射能~中学校・理科の教科書&副読本

           

                                  (計 3550文字)

| | コメント (2)

11年3月の全走行距離

フーッ、この1週間は休みなしで、ずーっと働いてる感じだ。他はもう、食事

とランニングと最低限のブログ更新で精一杯。って言うか、今日なんて

食と昼食の間も仕事してたから、バブル期の「ジャパニーズ・ビジネスマン」

か、昭和の高度成長期の「モーレツ社員」みたいだな。古いわ!♪

      

明日、明後日は一応出勤はしないものの、自宅でずっと仕事しなきゃなん

ない。全然したくないけど、とりあえず月曜の夜まで「頑張ろう、ニッポン!」

が続くのだ♪ そうは言っても、流石に今夜は、帰宅してちょっとまったり。

パソコンを立ち上げて、Google・トップページに飾られた「私の好きな日本

の絵を集めたりした。更新ボタンを何十回も押して、全30枚ゲットしたんだ

けど、普通にクリックしてページ保存すれば一発だったな (^^ゞ ともかく、全

国の子どもたちにお礼を言おう。いつもお世話になってるグーグルにもね☆

      

その後は友人に長めのメールを1本打って、ようやく今日の日付けのブロ

グ記事にとりかかったったわけ。震災以降、ずっとその日の早い時間帯に

アップしてたのに、とうとう24時近くの定位置まで押し戻されてしまった。明

日また盛り返したいな。って言うか、時間をちょっと作って、久々にマニアッ

クな記事を書きたいんだけど、果たしてどうなる事やら。寝不足も悲惨な状

況になってるし、ランニングもしなきゃいけないし。。

    

          ☆          ☆          ☆

で、ランニングやスポーツの話になるんだけど、今日も昨日も走ってない

から、いきなり先月の全走行距離を発表しよう♪

        

       RUN 334km ; BIKE 0km

     

おぉ、なかなか重みのある数字だね♪ 自転車がまた0kmなのはともか

く、ランニングの334kmは過去最高かなと思って、パソコン内で記録を

探ってみた。すると、データがハッキリ残ってる05年4月以降では最高。

05年3月の記録が終盤だけ抜け落ちてるんだけど、おそらく先月の方が

上だと思う。すると、更に遡って、04年1月以降の7年ちょっとで最高だ☆

     

大震災でバタバタしたわりには、不思議なほど距離が伸びてて、何度も計

算をやり直したほど。私は子どもの頃から、計算には自信を持ってるから、

逆に表計算ソフト・エクセルが出した合計値はちょっと疑ってる♪ まあ、

実際に間違いを発見したことはないけどね。

        

そう言えば、話が逸れるけど、先日たまたまネットで面白そうな話を見か

けた。電卓が間違えてしまう計算が存在するとかいうお話で、これはシス

テム的にあり得ると思う。例えば、処理するケタ数に制限があるからだ。

まあ、仕事とかが一段落ついたら、ゆっくりマニアックに調べてみよう。他

にもやるべき事が天文学的に溜まってるしね。。

        

最後に、先月のランニングが最長距離だからといって、「全走行距離」が

どうかまでは、まだ調べてない。というのも、自転車の距離を考慮に入れ

なきゃいけないからだ。ここ3年はもう、夏の乗鞍ヒルクライム前しか乗ら

なくなってるけど、それ以前は冬でも時々乗ってたし、ジムの筋トレとかも

やってた。それらを考慮すると、やっぱり05年3月はなかなか手強いライ

バルだ。実際、この月の下旬の荒川マラソンで、私のフルマラソン自己ベ

ストは生まれてる。そして、それ以降、今に至るまで更新できてない。

    

だから、来週のマラソンには、6年ぶりの自己ベスト更新がかかってるの

だ。既にハーフマラソンの記録は、12月の川口の快走で塗り変えてるか

ら、実力的にもチャンス到来。そうなるとやっぱ、明日もそこそこ走らなきゃ

ダメだね。まだ一昨日の33.2kmの疲れがたっぷり残ってるのに。。

       

そうそう。乗鞍と言えば、エントリーが「延期」になってたな。「中止」なら分

かるんだけど、延期ってことは状況の様子見なのかね。長野だから、地

震の心配もあるもんな。山岳ヒルクライムで土砂崩れとか起きると大変だ。

   

ま、開催するとは思うけど、一応時々JCA(日本サイクリング協会)のHP

をチェックしよう。ちなみに、開催になっても、抽選をクリアできるかどうか

は全く別問題。さすがにそろそろ落選しそうな気もする。って言うか、ロク

に自転車に乗ってもないのに毎年当選じゃ、申し訳ない気さえするのだ。

じゃあ、マジメに乗れよってことかも♪ ではまた。。☆彡

           

110401a

      

110401b

      

                                (計 1724文字)

      

| | コメント (2)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »