« 快晴の湾岸ポタリング、一夜明けても日焼けでヒリヒリ・・ | トップページ | 北京五輪マラソン・金メダルのワンジル選手、安らかに・・ »

『鈴木先生』原作コミック立ち読み(Yahoo!)&第4話

(☆6月28日追記: 最終回の記事をアップ。

     ソクラテスの弁明~『鈴木先生』最終回レビュー(by哲学的対話法) )

   

     

           ☆          ☆          ☆

特番を1本半と、第3話の後半を見ただけで、2本の記事を書いてしまった、

テレビ東京のマイナー・ドラマ、『鈴木先生』。公表されてる視聴率(1、2話)

の低さだけから考えると、視聴者がほとんどいないような気もするが、ウチ

記事には続々とアクセスが入って来る。

     

   テレビ東京の学園ドラマ『鈴木先生」、マイナーだけどお勧め☆

   ドラマ『鈴木先生」、精神分析的レビュー(第1~3話)

      

その大部分は、単に視聴率を求める検索アクセスだが、3年前の『ラストフ

レンズ』のバブル的人気の3分の1くらいだろうか。昨夜22時~24時の僅

2時間で、PCだけでも423アクセス入ってるのだ。他の番組との比較はと

もかく、『鈴木先生』にも、意外なほど人気があるのは間違いない。

(視聴率は18日にようやく判明したので、この記事末尾に追記。)

       

私が本放送を最初から最後まで見たのは、日付け変わって昨夜の第4話

が初めてだが、予想を上回る出来の良さに感心した。正直、第4話の記事

は書かないつもりだったけど、Yahoo!コミックの立ち読みも合わせて、簡

単に感想記事をアップしとこう。マニアック・ブロガーとして、これほどのドラ

マを埋もれさせるわけにはいかない。『仁』の10分の1の視聴率というの

はあまりに不条理。いくら何でも不公平すぎて、見過ごせないのだ。。

      

         ☆          ☆          ☆

ではまず、Yahoo!コミックの「立ち読み」から。第1巻は、158ページ中

の78ページも無料で閲覧可能。2~5巻は10ページ、6~8巻は15ペー

ジだ。3巻でドラマに追いついたようなので、そこで立ち読みは止めた。私

は、狭い意味での「ネタバレ」、つまり、ドラマの前に原作・PR番組・TV雑

誌などで情報を得るような行為は、なるべく避けてるのだ。

      

1巻の目次は、「@げりみそ」(前篇)、「@げりみそ」(後編)、「@酢豚」(前

篇)、「@酢豚」(後編)、「@教育的指導」(前篇)、「教育的指導」(後編)と

なってる。つまり、最初の2つのエピソード(げりみそ&酢豚)を融合させた

のが、ラマの第2話のようだ。

         

教育的指導」の所は立ち読み出来なかったが、2巻冒頭に「岬事件も何

とか決着」と書いてるから、ドラマ第1話の低年齢セックスのエピソードだ

ろうと思う。あの当事者が、岬という男子生徒だった。滑稽でアブナイ「

川病」(動悸&妄想)も、言葉が2巻冒頭に登場する所を見ると、1巻終

盤の「教育的指導」か、中盤の「酢豚」(後編)で登場するらしい。

       

         ☆          ☆          ☆

さて、「げりみそ」と「酢豚」を原作で立ち読みして、すぐ目に留まったのは、

登場人物の外見。原作の鈴木先生とドラマの長谷川博己は良く似てるが、

原作の小川蘇美とドラマの土屋太鳳は似てない。明らかに、土屋の方が

魅力的だ♪ 長谷川も土屋も、キャスティング的には成功だろう。原作の

麻美とドラマの臼田あさ美は、適度に似た外見で、雰囲気的には臼田の

方が上手く翳りを出せてる。その意味で、このキャスティングも成功だ。

     

一方、内容について。原作では、立ち読み可能な1巻の中盤まで、「小川

病」は現れず、非常にマジメな物語になってる。イチイチ深く理屈を考える

点はドラマと同じだが、原作では各コマに単語が浮かび上がることはない

あのアイデアは、ドラマ独自のものだろうか。とにかく、ドラマが美少女萌

えや映像の単語で親しみやすさを醸し出してるのに対して、原作はひたす

らマジメで、古風な感じさえある。意図的なものか、原作者・武富健治の特

徴(年代、趣味など)によるものかは分からない。           

        

台詞や筋書きは、ドラマが原作を忠実に反映してるようで、原作を読んで

も既視感が強かった。ただ、「げりみそ」と「酢豚」からスタートする原作の

物語構成は、やはり非常に精神分析的だと思う。と言うのも、精神分析

「発達段階」論では、人間の最初は口唇期(口に関心が集まる段階)、

次が肛門期(or 肛門サディズム期)だからだ。その次は男根期あるいは

性器期になる。

           

ドラマでもそうだが、原作の一番最初は、食事のカットで、その後にげり

みそという攻撃が行われる。まさに、口唇期から肛門サディズム期への

移行と重なるわけだ。そして、原作の1巻終盤は、おそらくセックスの話

だから、キレイに口唇期→肛門サディズム期→性器期の流れが出来て

ることになる。

      

早くから「無意識」という言葉も使われてるし、喫煙室指導室の使い方

狭い空間で2人が深く面談)を見ても、原作が精神分析を背景に持って

るのは間違いないだろう。意識的か、無意識的かはともかく。

      

第2巻の目次は、「@人気投票」(前篇)、「@人気投票」(後編)、「@昼休

」、「@嵐の前夜」、「@恋の嵐」(その1)、「@恋の嵐」(その2)。10ペー

ジしか読めないが、ドラマ第3話で山崎先生(山口智充)が壊れる話に対

応するようだ。山崎先生は、原作マンガの方が嫌われそうな顔になってて、

納得した。山口智充だと、親しみやすい顔と体型だから、むしろ人気者に

見えてしまうのだ。

       

第3巻の目次は、「@恋の嵐」(その3~5)、「@恋の終わり」(その1~6)。

最初の10ページは、ドラマ第4話で中村がケガした直後を扱ってる。とい

うことは、この一連の恋のエピソードが、ドラマ第4話と第5話に対応して

るような気がする。実際、ドラマ第4話の終わり方は、明らかに恋の話が

続く感じになってた。ドラマの5話では、小川に対する女子生徒の嫉妬が、

何か問題を引き起こしそうな気配だ。小川が好きな相手が本当に鈴木な

のかどうかは分からないし、引き延ばしてくれた方が楽しめると思う。

   

以上、ドラマと原作の関係を、立ち読みできる範囲で簡単に見て来たが、

ドラマの最大の工夫は、あの独特のメガネかも知れない♪ 原作では、ご

普通のメガネで、いかにも型にハマった教師という感じなのだ。青年漫

画ならともかく、ドラマとしては、あのちょっと可愛いメガネと、長谷川の独

特の微笑みがポイントだろう。実際、初めて見たタイトルバックでは、全面

的にメガネの魅力を押し出してた。もちろん、じっくり人間や心を見つめ

うという意味だろう。やはり、メガネ屋で探すべきかも。。♪

     

     

       ☆          ☆          ☆

一方、ドラマ第4話の感想は、もう時間が無くなってしまったから、ごく簡単

に済ませよう。これまた、精神分析的な内容で、それが分かるためには、

歴史的背景を知る必要がある。

     

フロイトが20世紀初めに、精神分析を作り出し、それが20世紀以降の

精神医学・カウンセリングほか、様々な領域に影響を与えたわけだが、そ

直前の段階、19世紀末には、「浄化法」と呼ばれる方法が使われてい

た。英語だと、「catharsis」か「cathartic method」。これをカタカナで表現

すると「カタルシス・メソッド」で、『鈴木先生』の「鈴木式教育メソッド」を思

わせる名前だ。

      

その方法では、患者はまず、催眠術にかけられるか、寝椅子に横たわっ

て楽な状態になる。その上で、心の中に溜まったネガティブなものを、治

療者に向けて言葉などで吐き出す(=浄化する)と、症状が治まるとされ

ていた。ただしその後、吐き出すだけでは不十分と考えたフロイトは、より

洗練された治療方法&理論として、精神分析を考案することになる。

     

今回、鈴木式メソッドでは、竹地の心の中の思いをすべて吐き出させるこ

とになった。竹地は、まるで催眠術にでもかかったかのように、夢中で「テ

ンパって」、延々と語り続けたわけだ。その姿を、鈴木先生はじっと見つめ

ていた。まるで、治療者、医師、カウンセラーのように。

     

では、その結果、竹地がスッキリしたかと言うと、全く逆効果で、「最悪」に

なってしまったのだ。象徴的だったのは、竹地が最後に文字通り吐いて

まうカット。吐いた物は、やはり本人にとっても周囲にとっても汚いし、吐い

たからと言って本人がスッキリするとも限らない。少し吐いて、その見た目

や悪臭などで、余計に気分悪くなるのはよくあることだ。

        

ちなみに、竹地の「長ウ○コ」というのも、非常にカタルシス・メソッド的、

あるいはその失敗みたいなものになってた。内部の汚い物を外部に排

する行為だからだ。別の観点から見ると、口唇期・肛門サディズム期的

応であって、発達段階的な幼さを表してる。

     

         ☆          ☆          ☆

今回のラストシーンも非常に象徴的なものだった。現実としては、鈴木が

台所の流しで吐く様子が映されてた。あれを鈴木式カタルシス・メソッドと

呼ぶのは、あまりにシニカル=皮肉だが、あの時も、少しもスッキリした

感じはなかったわけだ。

     

では、鈴木はなぜ吐いたか。それは、二重の意味で、麻美というカウンセ

ラー&患者に「吐かされた」のだ。すぐ分かるのは、鈴木が麻美に強烈な

ダメージを与えられて、吐かせられたこと。でも、その前に、鈴木は秘めた

る思いを麻美に読み取られてしまってる。心の内を、「吐かされた」のだ。

      

個人的には、超能力とかオカルトのような話は趣味じゃないが、全否定す

るつもりもないし、今の時代、一般ウケしてるのも事実だろう。断トツ人気

の『仁』も、タイムスリップ時代劇なのだ。理論的・心理的で真面目な学園

物語から、あまり脱線しない範囲で、現代的味付けを施して欲しいと思う。

    

なお、あの女子生徒・中村も、原作よりドラマの未来穂香の方が可愛い

これはもう、来週も見るしかなさそうだ。ちなみに昨夜は一応、香取慎吾&

黒木メイサ&藤木直人『幸せになろうよ第5話も流し見したけど、黒木の

スタイルの良さが目に焼きついた程度。

          

夜の真っ暗な海でたたずむシーンとか、朝焼けの海岸とか、イメージ=映

像的にはキレイなんだけど、脚本=物語的には魅力を感じない。黒木には、

もっと短い台詞を喋らせた方がいいと思う。

ではまた。。☆彡

    

   

P.S. 5月18日の夜、ウィキペディアに第3話視聴率(2.5%)第4話

     視聴率(2.3%)が書き込まれた。今回は履歴を見ても出典が書

     かれてないので、やや不安が残るが、まあそんな数字だろう。ちな

     みに2話までの出典になってたスポニチHPでは、視聴率の更新

     が止まったままだ。

    

         

cf. 探し物に夢中で、ブログどころじゃない状況・・  

                         (第5話関連のつぶやき記事)

   疲れ切って帰宅、笑い転げた夜♪(鈴木先生・第6話ほか)

   自我(エゴ)、超自我、欲望~『鈴木先生』第7話 

   『鈴木先生』第8話、軽~い感想♪

   最高気温30度の季節が到来&『鈴木先生』第9話

   ソクラテスの弁明~『鈴木先生』最終回レビュー(by哲学的対話法)

    

                                  (計 4402文字)  

|

« 快晴の湾岸ポタリング、一夜明けても日焼けでヒリヒリ・・ | トップページ | 北京五輪マラソン・金メダルのワンジル選手、安らかに・・ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

数字はこんなものかもしれませんね。
全国版じゃないようですから
いずれ再放送を見ればいいというところが
たくさんありますしね。
でも私なんかは一週間のドラマの中では
月10を最も楽しみにしてます。

>「カタルシス・メソッド」

フロイトの精神分析法だったのね。
浄化するという点でも
ドラマから偶然同じ意味を感じ取ってるところが
びっくりですね。
逆に言えばそういうメッセージを制作側が発していたと
受け止められますね。

そうそう出演陣は皆いい感じでハマってます。
長谷川さんなんかも教壇に立つと
凛とした雰囲気が出ていて舞台俳優は違うと思わせる
何かがあります。
ますます、テンメイさんに似てきたでしょう?(^^)

>脚本=物語的には魅力を感じない

「幸せに」はもう取り上げなくてもいいような気がしますが
藤木さんが出演なので気になるのかしら?
私もストーリーがつまらなくてがっくりです。
でも小林薫さんが覚醒してまたデザイナーか経営か
するかな?と。
それなら楽しみがありますわ。

ともあれ「鈴木先生」は数字の低迷で打ち切りにならないことを祈るばかりです・・

投稿: エリ | 2011年5月20日 (金) 14時08分

> エリさん
     
おはようございます。暑い日が続きますね sun
   
第3話、第4話の視聴率には、みんな驚かないでしょう。
第2話の1.9%はインパクトあったけど。。(^^ゞ
   
冷静に考えてみると、2010年度・テレビ東京の
プライムタイム(19時-23時)の視聴率は
僅か5.8%。しかも、前年比で-0.9%の不振。
ゴールデンタイム(19時-22時)は6.1%だから、
22時台の番組は4.9%という計算。
その時間帯で、マニアックな内容が裏目に出ると、
2%台になるということでしょう。
     
2年前、藤木直人主演の深夜ドラマ『イケ麺そば屋探偵』が、
半年間3.1%をキープしました。
深夜とはいえ、日テレだし、有名人もかなり出てたドラマ。
  
それと比較しても、『鈴木先生』の視聴率は
一応納得できなくもない数字でしょうね。
ま、内容を考えると、5%取ってもいいと思うけど。
   
   
話変わって、「カタルシス・メソッド」(英語は
カタルティック)は、精神分析法そのものかと言うと、
ちょっとビミョーなんですよ。
密接に関わってはいるし、フロイトの技法でもあるけど、
精神分析の誕生直前の方法ですね。前史って位置付け。
       
「カタルシス」という言葉は、芸術などによる精神の浄化を
指すのが普通ですが、英語だと排便も意味します。
しかも、下剤を用いた強制的なものを指したりする。
そう考えると、ますます第4話がよく分かるでしょう。
武地は、吐くことを強制されてたし、排便も繰返してたから。
        
鈴木先生は、確かに僕に似てます note
細かい事まで本気で理屈をこねて考える。
女好きで、筋道立てて場をコントロールする。
  
ただ、僕は女性に相談したり救いを求めたりすることが
少ないので、その点は違いますね。
逆に言うと、麻美や小川には、女性と言うより、
カウンセラー役や母親役が求められてることになる。
    
あと、僕は滅多に吐きません♪ 文字通りの意味で。
この10年で1回あるか無いかって感じ。
酒とか人前では、完全にゼロ。
ノロウイルスか何かにやられた時、吐いたかなぁ。。
  
ただし、小学校時代は、バス旅行が超苦手。
いまでも、長距離バスはなるべく避けてます。
電車や新幹線なら、昔から好きなのに。
   
  
で、「幸せに」はもう要らない?
アハハ happy02 そりゃ、ウチでは禁句ですよ♪
   
ウチの一番人気は、『ギャルサー』以来ずっと藤木。
正直、『ギャルサー』、『ホタルノヒカリ1』、
『プロポーズ大作戦』以外は素っ気ないんですが、
それでもずっと藤木目当てのアクセスを続けてくれてる
読者を見てると、なかなか切りにくいんですよ。
藤木の顔と理知的大人キャラは、結構好きだし。
    
黒木メイサvirgo も、プロポーションと衣装だけなら見る価値あり。
テレビであそこまでサービスするトップモデルは珍しいでしょ。
年代がかなり違うけど、藤原紀香くらいじゃないかな。  
落ちぶれたデザイナー・小林薫も好みです。
この先、メイン・ストーリーにどう絡めていくのかも興味深い所。
ま、月9だから復活しそうだけど♪
   
      
ともあれ、『鈴木先生』の打ち切りはちょっと心配ですね。
でも、最初から10回と公言されてるようだし、
『喜多善男』も11回キッチリやり通しました。
スタッフと上層部の気合に期待しましょう shine

投稿: テンメイ | 2011年5月22日 (日) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/51692143

この記事へのトラックバック一覧です: 『鈴木先生』原作コミック立ち読み(Yahoo!)&第4話:

« 快晴の湾岸ポタリング、一夜明けても日焼けでヒリヒリ・・ | トップページ | 北京五輪マラソン・金メダルのワンジル選手、安らかに・・ »