« 『鈴木先生』原作コミック立ち読み(Yahoo!)&第4話 | トップページ | 各地の放射線量、文科省データと「本当」のデータの比較 »

北京五輪マラソン・金メダルのワンジル選手、安らかに・・

RUN 14km,1時間01分23秒,心拍155(推定)

衝撃のニュースから1日半経ったが、何ともやり切れない残念な悲劇だ。

マラソンのトップ選手がこれほど悲運な死を遂げるのは、初めてだろう。

       

ケニア出身とはいえ、日本の仙台育英高、トヨタ自動車九州で成長した、

勝負強いランナーで、日本語も大丈夫だし、日本的「ガマン、ガマン(我慢)」

の精神も持ってる好青年。少なくとも数年前までは、礼儀正しく、愛想も良く

て、個人的にも好感を持ってたし、彼なら北京に続いてロンドンで五輪連覇

しても、心から祝福できただろう。まだ24歳、本当に残念だ。

             

遥か彼方のケニアの事故(or 事件)だし、まだ情報が錯綜してるようだが、

新聞各紙や通信社の報道をまとめると、次のようになる。15日夜、ワンジ

ルが自宅寝室のベッドで女性と一緒にいる所を、帰宅した夫人が発見して

口論に。夫人は寝室に外から鍵をかけて、自宅を離れた。その後、バルコ

ニーからワンジルが転落して、死亡。酒に酔ってたのは確かなようだけど、

自殺か単なる転落死かはまだ分からない。

    

当初は、自殺を匂わす報道が圧倒的だったけど、その後の報道をよく読む

と、むしろ酒に酔ったワンジルの転落死と考えた方が納得できる気がする。

ケニアはそもそも、伝統的に一夫多妻制。最近すたれて来たという話もあ

るけど、日本や欧米の浮気とは感覚が違うはずだし、日本でさえ浮気がバ

レた夫が飛び降り自殺したなんて話は滅多にない。

                  

妻と家政婦を銃で脅したとして告訴されてた件も、その後は取り下げられ

てたそうだし、自殺するほど追い詰められてたとは考えにくい。交通事故

も、4ヶ月前の話。金、名誉、実力、若さ、人脈に恵まれ、前途も明るい24

歳なのだ。

      

今朝のスポニチでは、ボカした書き方ながら、他殺説にも触れている。

人と同伴のボディガードによる暴行が疑われてるような感じで、一旦逮捕さ

れた後、保釈されたようだ。ワンジルが親友に「死にたい」とメールを送っ

てたという報道もあるけど、「死にたい」と「死ぬ」の違いはかなり大きい。

       

いずれにせよ、今となっては全て終わったこと。やはり、本当の意味での

「ガマン」は、人間にとって至難の技なんだろう。もはや、ガマンする必要も

ないので、安らかに眠って欲しいもんだ。世界記録も狙えた、稀有の才能

を惜しみつつ、合掌。。

    

     

         ☆          ☆          ☆

・・・とワンジルの話を書き終えた後、息抜きにポータルサイトのニュース

を見ると、アタック25の児玉清も胃がんで死去とのこと。70代後半とは思

えないほど若々しくて、感じいい人だったのに。。結局、去年冬の、山P=

山下智久『コード・ブルー2』で見たのが最後になった。『コード・ブルー3』

ではどうゆう扱いになるんだろう・・・まさか医者嫌いだったとは・・・とか、考

えてる場合ではないね。好感度の高いベテラン俳優の他界にも、合掌。。

      

で、時間が無くなったから、今夜の走りは簡単に。って言うか、実はさっき、

書いてる途中の記事が消えてしまったのだ。お節介な Vista が、勝手に

更新&再起動をやってくれたわけ (^^ゞ 右下に警告が出るんだけど、夢

中で打ってると忘れがちだし、たまにウインドウの下に警告が隠れてしま

うこともあるのだ。結局、再起動後にあわてて打ち直すハメになった。

      

今夜は、珍しいほど、全く走る気がしなかった。実は昼間、仕事で下らない

大失敗をしてしまって、激しく落ち込んでたのだ。全くの不注意で、とんで

もない事になってしまって、不運を嘆いたり、自分を責めたり。。ハァ~~。。

前夜に、ドラマ記事で寝不足だったせいもあるね。やっぱ、社会人ブロガー

にドラマは禁物ってことか♪ 時間的・体力的に無理があるんだよな。あん

まし手抜きはしたくないし。

    

で、やる気は無かったんだけど、昨日も走ってないから、仕方なくトボトボと

公園に出発。土日と自転車に乗った後だから、太腿が超回復してて、自然

にスピードが上がっていく。ただし、心肺機能半月の風邪で衰えたまま

だから、脚は余裕なのに、心臓がキツイ。それでも、時計を見ながら、結

構なタイムで14kmをクリアした。なぜか、意外にランナーが多かったね。

      

トータルでは、1km4分23秒ペース。まずまずだなと思ってしまったけど、

4月下旬には、4分21秒ペースでダメとか書いてた (^^ゞ 評価基準が甘

くなってるわけだな。反省、反省。これはもう、明日も走らなきゃダメって事

でしょ。あぁ~、それにしてもあの失敗、ナシにして欲しい。。ではまた ☆彡               

           

         

  往路(2.45km)  11分57秒  心拍計電池切れ 

  1周(2.14km)   9分23秒    

  2周            9分05秒      

  3周           9分09秒     

  4周            9分13秒              

  5周(0.54km)   2分26秒       

  復路           10分11秒 

  計 14km  1時間01分23秒  平均心拍155(推定)

             

                                 (計 1964文字)

|

« 『鈴木先生』原作コミック立ち読み(Yahoo!)&第4話 | トップページ | 各地の放射線量、文科省データと「本当」のデータの比較 »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『鈴木先生』原作コミック立ち読み(Yahoo!)&第4話 | トップページ | 各地の放射線量、文科省データと「本当」のデータの比較 »