« 眠過ぎるし翌朝も早いから、単なるつぶやきで・・ | トップページ | バッテリー、心拍計、新しい物は高性能♪ »

自我(エゴ)、超自我、欲望~『鈴木先生』第7話

(☆6月28日追記: 最終回の記事をアップ。

     ソクラテスの弁明~『鈴木先生』最終回レビュー(by哲学的対話法) )

   

   

          ☆            ☆           ☆      

通勤JOG 4km,23分程度

   

私は現在まで、5年9ヶ月の間、このブログを毎日更新し続けて来た。去年

の秋からは、1本の記事当たりの字数もすべてカウント。平均するとおそら

2500字以上だろう。内容的にも、理数系から人文系まで、マニアックな内

がかなり入ってる。スポーツ好きの社会人が、こんな1円にもならないPC

操作を続けるには、某大な精神的エネルギーとか、(ちから)が必要だ。

                 

何の話をしてるのかって? これが『鈴木先生』第7話の核心とつながって

るのは明らかだろう♪ もちろん今回は、自分を内側から厳しく律する

自我=スーパー・エゴ」(super-ego)の問題、とりわけ負の側面が、真正面

から扱われていたのだ。第4話で扱われた「浄化法」よりは、心理学的にメ

ジャーだし、遥かに重要なもの(心的装置の一部分)でもある。

             

私は、中学生の教室掃除の何倍もの作業を、数倍の期間継続して、今の

所は(建前上の)「突然死」もしてないし、「悟りの境地」の美しい光りも放っ

てない。急にパタリと日記=ブログを止めて、ネット上から消えてしまうこと

も、もうしばらくはないだろう。これは、私の自我=エゴに対する、内なる命

令係・超自我上手く機能してるわけだ。もし、精神分析学の創始者・フロ

イトが晩年に導入した、理論(第二局所論)と概念を用いて説明するのなら。

       

それに対して、鈴木先生(長谷川博己)の教育法に決定的な影響を与え

丸山康子(滝澤史)の場合は、しっかりした両親に育てられた強過ぎる

超自我(≒良心=内なる両親)が、マイナスに働いてしまい、遂には自我

=エゴも欲望も消してしまったのだ。残ったのは、神の領域のみとなる。

         

そんな事が現実の中学生に起きることかどうかは分からないし、事の良し

悪しもビミョーだが、ドラマの中では悪い事のように扱われていた。そして、

そのプロセスを止めるどころか、結果的に推し進めてしまった鈴木先生は、

深く後悔、反省することになる。

    

         ☆          ☆          ☆

ここで、もっとも素朴な疑問に答えてみよう。「要するに、丸山に根性が無

かっただけじゃないの?」という問いかけ。これは、特に「大人」の本音とし

ては自然なものだろう。口に出すかどうかは、ともかくとして。

       

たかが、中学の教室掃除を少しの期間、続けるだけ。5人分を1人でやっ

たとしても、1時間程度だろう。その程度の運動は、運動クラブに入ってる

中学生なら週5日前後、平気でこなしてるはずだ。周囲にサボる生徒がい

て、自分もつられそうになる点についても同様。

       

また、今年公開された山P=山下智久の映画でもおなじみ、スポ根(=ス

ポーツ根性)マンガの金字塔、『あしたのジョー』だと、ジョーがラストで妙な

光り=白さを帯びるまでの努力は凄まじいものがあった。同じフィクション

の登場人物でも、『鈴木先生』の丸山は余りにもひ弱な優等生にすぎない。。

    

こういった考えは、今でも「ある意味」、「正論」だと思う。つまり、人間は本

来、その程度のストレスには耐えれるはずだし、また、耐えるべきなのだ。

実際、大人の社会人なら、何十倍ものストレスの中で、何十年も耐え続け

ることになる。

            

けれども、現実の日本社会は、ここしばらくの間、必ずしもそうはなってな

い。ある意味で些細なことにも、心が「摩耗」してしまい、もはや維持も修

復もできず、やがて「キレて」しまったりする。割合はともかく、そうゆう子が

増えてるという情報は溢れてるし、私もそんな気がしている。

    

だから、教育者精神医学者の世界でも、そういった子供に着目し、優しく

繊細な配慮を目指す傾向が強まって来た。それでは、現状のひ弱さを追認

することにもなりかねない訳だが、今は大きく見て、「優しさの時代」。かつ

ての「厳しい時代」とは逆に、優しく接することがいいことだという価値観が

長く支配し続けてる状況だ。心理学的には、自分を厳しく律する超自我の

強化よりも、あるがままの私、自我=エゴの防衛を重視してることになる。

        

こうした現在の教育事情を反映してるのが、『鈴木先生』という作品であっ

て、切り口は斬新で面白いが、本質的には「正統派」、優等生的な教育思

想とも言えるだろう。

           

この場合、今度は、優等生教師・鈴木先生の側が不安になって来るわけだ

が、主役だからなのか、今の所、上手くやってるように見える。崩れそうに

なると、理解力があって魅力的な彼女&カウンセラー・麻美(臼田あさ美)が、

巧みに手助けしてくれるのだ。代わりに、つぶされ役の教師になったのが、

もっとガチガチの正統派・足子先生(冨田靖子)と、色んな意味で通俗的な

山崎先生(山口智充)であった。。

     

         ☆          ☆          ☆

ここまでの文章を読んで、エゴという言葉の使い方がドラマと違うこと、遥

かに広く一般的な意味だということに気付いたかも知れない。他人との区別

を付けて、自分を意識し、愛する心。ドラマの序盤、鈴木先生が連発した「エ

ゴ」という言葉は、エゴイズム=利己主義という意味であって、自我=エゴを

まず大切にしようとする傾向を指してた。エゴイズムは、エゴの主要な一般

的特徴の一つであって、わがまま人間特有のものではない。

                 

もちろんそれは、行き過ぎると社会的、対人関係的に問題となってしまう。

例えば、処女性にこだわる自分を一番に考えてしまう山際の行動、エゴイズ

ムは、河辺(小野花梨)を傷つけ、間接的に自分をも傷つけてしまう。おまけ

に、おそらく処女ではないはずの女性・足子先生にも、ヒステリックに怒られ

るわけだ♪

                    

でも、自我=エゴをまず大切にしようとするのは、「個体保存本能」などと

いう概念を持ち出さなくても当たり前であって、鈴木先生が山際のエゴイズ

ム(処女執着)差し当たり認めた(「許されている」)のはもっともな事。た

だ、これは処女への執着だからであって、もし「幼女への性的欲望」とか、

「殺人への(性的)衝動」であれば、教師として、「許されている」と言うこと

さえ難しい。私が前回指摘して、鈴木先生も今回認めてたように、何かあっ

た場合には、「訴えられる」リスクさえあるからだ。

        

そこまで極端な例を考えなくても、自我=エゴのあるがままの姿、あるいは

欲望は、かなりの程度制御する必要がある。自我(エゴ)は社会的現実の

中で、他のエゴ(=他我)と共に生きるのであり、自我と他我、自我と現実は、

しばしば衝突する。したがって、ルール==掟とか、「妥協形成」が必要

なのだ。

                        

ここで、フロイトが発見した「不条理」(absurdity)、受け入れがたいバカげた

(absurd)事実が浮上する。良い家庭で良い両親に育てられ、超自我が発

達した「いい子」が、良過ぎて逆に壊れてしまいがちだという臨床的事実だ。

        

人間の心の奥、無意識には、様々な根源的・本能的衝動のうごめく場所

=「エス」(英語: id)があり、そこから生じる表面的な欲望は、意識的自我

の中だけでも大量&強固に存在する。それも大切な私の一部なのに、強

発達し過ぎた超自我は、全面的に「抑圧」(広い意味)してしまう。という事

は、私=自分が壊れてしまうリスクが高まるのだ。  

          

だからと言って、本当に壊れる人間は、現代日本でもそれほど多くは無い

し、一部が壊れたとしても、そのまま維持する可能性、修復する可能性も

ある。今回の大震災でも改めて思い知らさせたように、自然の予測は難し

い。それと同様、あるいはそれ以上に、人間の心の行方を予測することは

困難だ。

   

したがって、鈴木先生が、丸山康子の苦悩に気付かなかったことには、

とんど「指導ミス」ではないし、「誰一人摩耗しない」ような教育を目指す必要

も無。それは、不可能な幻想だし、理想像と言えるかどうかも相当怪しい

だろう。むしろ、深刻な摩耗は防ぎ軽い摩耗に耐えれる子供、摩耗しても

復できる子供を育てる方が現実的で、有効だと思う。

       

特に、私が気になるのは、今現在の教育論や精神医学の建前で忘れられ

がちな部分だ。「手のかからない生徒の心の摩耗」よりも、実際に大きな影

響が出てるのは、「生徒に配慮する先生の心の摩耗」だ。手のかかる生徒

だけでも大変なのに、手のかからない生徒の摩耗まで引き受けようとした

時、教師の摩耗した心は休職や退職、あるいは通院や薬物摂取に追い込

まれている。けれども社会は、生徒の方に関心を向けて、教師の側はしば

しば非難するのだ。。

     

         ☆          ☆          ☆

ドラマの主人公は、魅力的な彼女や神秘的な女子生徒らのおかげで、上手

く行くようになってる。しかし、現実の教師や学校の場合、そうは行かない。

そこで、教師の献身的な努力と共に重要となるのが、生徒の側の「戦略」だ。

     

丸山康子の場合、自分の超自我も、(結果的に)鈴木先生も、サボることを

許してくれなかったから、バケツの水に映った自分の姿=「鏡の中の自我」

に許してもらおうとする。これでは、自我の基本的なまとまりが失われてい

るし(「自我の分裂」)、他者と自分との区別も消失することになる。つまり、

一時的にせよ、自我成立以前に「逆戻り」するわけで、ラカン派精神分析

であれば、「鏡像」段階への「退行」と呼ぶ所だろう。

     

それは、自己防衛のための一時的な非常手段として、必ずしも悪いことで

はない。ただ、ドラマの中では、鈴木先生の登場によって、鏡の中の自我、

自我を許してくれる分身は、消えてしまった。その結果、心の全体は、自我

を丸ごと消して超自我の独裁状態を形成し、表面的な苦悩を抑圧・削除す

る形で作動したのだ。

    

しかし、もっと普通の解決方法が2つある。それは、「届かない心の叫び!」

(サブタイトル)を届かせる練習を少しずつ行うこと。ネットで匿名で叫ぶだけ

でも、すぐに反応があるだろう(特に女の子の場合)。理解あるお母さんに

少し話すだけでも、交換日記やメールでもいい。

         

そして、もっと重要なのは、超自我と欲望の妥協点を、自我が(半ば意識的

に)作り出すことだ。例えば、鈴木先生を適度に好きになる。この場合、好き

な人に褒めてもらいたいから、掃除をサボリたい欲望よりも、掃除したい欲

望の方が前面に出て、超自我との衝突も消えるのだ。これは、幼稚園・小

学校時代の私が実際にやってたことに近い♪

        

あるいは、掃除をサボること以外に、欲望の「他のはけ口」を探す。恋愛そ

の他、性的なもの、友達との遊び、ファッション、料理、テレビ、ネット、携帯、

ゲーム。現代日本には、欲望を発散する場が溢れ返っている。そうした形

で、超自我と欲望の妥協を形成すれば良かったのだ。実際、大人なら誰で

もやってる事だろう。ところが、丸山のそうした姿は、日記を書くことくらいし

か映されなかった。これでは、「他のはけ口」としては不十分なのだ。。

     

          ☆          ☆          ☆

ちなみにの場合、厳しい超自我の監視のもとで、1円にもならないブログ

を毎日更新し続けることは、エゴイズムの承認や尊重にもなっている。かな

り自由に、自分独自の内容を書いてるし、毎日着実に、自分自身の一部で

あるブログが拡大してるわけだ。ブログもエゴであり、エゴイズムでもある。

その意味で、私の中ではもうしばらく、自我(エゴ)、超自我、欲望が、それ

なりに仲良く共存し続けるだろう。

     

こうして今日もまた、私の自我は5000字以上、ネットの中で拡大したわけ

だ♪ 電脳空間での、匿名の言語的拡大に過ぎないにせよ、私の欲望もお

そらく妥協してくれると信じてる。

    

なお、今日のランニングも、通勤ジョギング4kmのみ。昨日より涼しくて、

適度な風もあったの、勿体ないことをした。ここ数日、マトモにランニングし

てないけど、あれこれと身体は動かしてるし、心はフルパワー状態だから、

スポーツ担当の超自我渋々許してくれるはずだ。そもそも、超自我も自

の一部。そんなに厳しい姿勢を貫けるはずはない

      

それでは、今日の所はこの辺で。。☆彡

         

       

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S. 9日(木)の夕方、ウィキペディアに書き込まれた情報によると、

     第7話視聴率2.1%。現在までの平均視聴率2.2%となった。

   

P.S.2 関連する心の話を、ドラマも含めて、より一般的な形で記事にした。

        「強い心」~色々な意味、様々な形

      

     

cf. テレビ東京の学園ドラマ『鈴木先生』、マイナーだけどお勧め☆

   ドラマ『鈴木先生』、精神分析的レビュー(第1~3話)

   『鈴木先生』原作コミック立ち読み(Yahoo!)&第4話

   探し物に夢中で、ブログどころじゃない状況・・ (第5話関連つぶやき)

   疲れ切って帰宅、笑い転げた夜♪(鈴木先生・第6話ほか)

   『鈴木先生』第8話、軽~い感想♪

   最高気温30度の季節が到来&『鈴木先生』第9話

   ソクラテスの弁明~『鈴木先生』最終回レビュー(by哲学的対話法)

   『鈴木先生』映画公開記念、原作漫画ネット無料立ち読みの感想

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   眠過ぎるし翌朝も早いから、単なるつぶやきで・・

               (小川と中村が仲良く出没したらしい場所の写真♪)

           

                                  (計 5284文字)

|

« 眠過ぎるし翌朝も早いから、単なるつぶやきで・・ | トップページ | バッテリー、心拍計、新しい物は高性能♪ »

「ランニング」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/51885674

この記事へのトラックバック一覧です: 自我(エゴ)、超自我、欲望~『鈴木先生』第7話:

« 眠過ぎるし翌朝も早いから、単なるつぶやきで・・ | トップページ | バッテリー、心拍計、新しい物は高性能♪ »