« 史上初、東京タワー人力ライトアップ成功☆(約30分間) | トップページ | 柔らかさ、面白さが無ければ伝わらないのか~高橋源一郎&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・8月) »

乗鞍前ラストの自転車、またパンク・・&紳助の引退後に注目

BIKE 90.5km,2時間37分,平均心拍128,最大心拍173

       

まさに、「塞翁が馬」。幸福と思ったものが災難になり、災難と思ったもの

が幸福に転ずる。人生、何がどう転ぶか、先は見えないネ。

    

実は今日、コンビニで買い物しようと思って千円札を1枚用意したんだけ

ど、なぜか家の中で落としてしまって、どうしても見つからない (^^ゞ そん

なハズはないと思って、しばらく探してたら、千円札の代わりに、3ヶ月前

に失くして探し回った大切なモノがたまたま見つかった♪ これはラッキー

だな☆ とか言いつつ、お札がまだ気になってたりするんだけど。。

    

        

         ☆           ☆           ☆

一方、まさかの災いに襲われたシンスケ=島田紳助。ウチでも先日、「嫌い

な芸人1位」とか、バイクレース・鈴鹿8耐の記事を書いたばかりだったか

ら、衝撃は大きかった。道理で、昨夜から妙に紳助関連の検索アクセスが

増えたわけだ。

          

私は今朝、自転車で走って帰宅した後、初めてニュースを知ったから、す

ぐにネットで一通りの情報をチェック。ま、表面的な構図は見えたけど、こ

れはまだ、色々と続報がありそうだな。

       

私はシンスケという男、嫌いだけど、好きなのだ。嫌いなのは、何様だっ

て感じを受けるからだけど、それ以上に、才能への嫉妬がある。枝野官

房長官も言ってたように、「天才的」なものを感じるのだ。勉強の出来とは

ちょっと違う、頭の良さ。それが無ければ、あの顔で長年トップレベルに

君臨するのは無理だろう♪ 頭の回転、判断、直感、どれも飛び抜けた

才能を感じるから、嫌いなのだ。という事は、ホントはむしろ、好きなのだ。

     

似て非なる位置付けの人間に、ホリエモン=堀江貴文がいる。彼も特殊

な能力の持ち主で、今後も活躍するだろうけど、温かさ熱さをあまり感

じない。特に、義理とか人情とか。そういった人間臭さが溢れてるのが、

シンスケなのだ。私は、シンスケとも仲良しの明石家さんまが大好きで、

不世出の天才だと言い続けてるけど、さんまは基本的に、自分大好き人

間。シンスケの方が、他人への温かみがある人間だと思う。もちろんそ

れは、冷たさと両立し得るものではあるけど。

    

          ☆          ☆          ☆

それはそうと、あまりに潔すぎる紳助の引退に、しっくり来ないものを感じ

る人は多いだろう。もっと重大な何かを隠すため、あるいは、かばうため

ではないか。その点は、今後しばらく注目したいと思ってる。芸能人とか有

名人の倫理・モラルと言うより、刑法に触れる話が出て来ても不思議じゃ

ない。裁判とか、書類送検(&不起訴)の可能性も一応あるだろう。

    

ただ、将来的な芸能界復帰はともかく、彼はまだまだ色んな事を出来る

テンシャルを秘めた男だと思うし、期待してる人間は多いだろう。実際、引

退を惜しむ声があちこちで聞かれる。

           

社会貢献を目指すとかいう話だけど、それと並行して、熱いチャレンジ

見せて欲しい。24時間マラソンの可能性は完全に消えたけど、また鈴鹿

8耐でもいいし、芸能界とちょっと違う世界での飛び抜けた活躍。それを、

数年、数十年レベルの長期で見つめていたい。案外、今回の躓きが、「

翁が馬」の、好転の例になるかも知れないのだ。

      

なお、この問題について、本音がウリの司会者・小倉智昭の「らしい」発

言が話題になってるけど、とりあえず静観しとこう。少なくとも、地上波テ

レビの人気番組で、有名人が語るような話ではなかったかも知れない。

現代の日本社会においては。。

     

   

cf.チーム紳助の鈴鹿8耐(バイクレース)挑戦&多摩川下流

       

     

         ☆           ☆          ☆

最後に、今朝の私の走りについて・・って言うか、パンク修理について(^^ゞ

110824

 乗鞍ヒルクライム

 に向けた自転車

 トレーニングは、

 これで完了って

 ことで、気持ち

 良く終わりにし

 たかったのに、

 かなり不快な走

 りになってしまっ

た。また面倒な後輪がパンクして、しかもなかなか直らなかったのだ(写

真は荒川河川敷のサイクリングロード)。

        

そもそも昨日の走りが変で、妙に重いのは、後輪タイヤの空気が抜けて

るせいじゃないかな、とは思ってた。ただ、昨日の時点では、まだ十分走

れる状況。ところが今朝、走り出そうとしたら、タイヤかなり柔らかくなっ

てる。朝っぱらから、ヤブ蚊と闘いつつ修理する気もしなかったから、試し

空気を入れると、一応何とかなったから、そのままスタート。この日は

岸と荒川をサラッと流して、所々にある登り坂だけ猛ダッシュする予定だっ

た。無駄なパワーを使わず、ヒルクライムの感覚だけ思い出すってこと。

         

110824b

 銀座を抜けて、

 湾岸に入って、

 しばらくはマト

 モに走ってたの

 に、ちょっとし

 た段差で、後輪

 のリム(金属)

 がガチンと衝突。

 これで一気に空

気が抜けてしまったから、しばらく無理やり走った後、適当な場所で修理

開始。ところが、ゴムチューブのがなかなか見つからない。もちろん、穴

を探すための水とか容器とかは、見当たらない状況だ(写真は荒川)。

    

仕方ないから、わざわざ後輪を外して、替えチューブと交換したんだけど、

予想通り(?)、こっちも穴が開いてて、おまけにどこか分からない (^^ゞ

だから、サドルバッグに入れたままだった訳ね。忘れてたわ。

           

この辺でもう、ウンザリしたけど、ならぬ堪忍、するが堪忍。再び元のチュー

を取り出して、口元ギリギリまで近づけて、空気もれを探してみる。する

と、これまた予想通り、先日パンク修理した場所から僅かに空気がもれ

てた。最初から気付けば良かったな。「修理の修理」は、空気がもれやす

のだ。最初の修理は、去年か一昨年だった。

       

チューブの穴が分かればこっちのもの。すぐにゴムパッチをはりつけて、

携帯ポンプでグリグリ圧着して、タイヤと共に後輪にはめ込んで、空気を

入れて終了。めでたし、めでたし。そもそも、タイヤが太めクロスバイク

パンクなんて、そんなにある事じゃないわけで、去年か一昨年のパンク

が今年まで尾を引いてしまった形。やっぱ、ダルイけど、新しいチューブ

を買うべきか。。

     

         ☆          ☆          ☆

その後は、葛西臨海公園から清砂大橋を渡って荒川へ。ノルマの90km

をこなして、最後の坂心拍173まで一気に上げてダッシュ。無事、乗鞍

の準備を完了した。ま、このパンクも「塞翁が馬」。これでチューブを交換

して、無事にレースを走り切れれば、災い転じて福となすってことだ。これ

ぞ、ポジティブ・シンキング♪

    

あぁ、また長くなっちゃったな。最近、妙に字数が増えてるね (^^ゞ そろそ

ろ、終わりにして寝るとしよう。もう、超~寝不足なのだ。実はまだ喋り足り

なかったりするんだけど、今夜はこの辺で。。☆彡

             

                                (計 2672文字)

|

« 史上初、東京タワー人力ライトアップ成功☆(約30分間) | トップページ | 柔らかさ、面白さが無ければ伝わらないのか~高橋源一郎&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・8月) »

「自転車」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 史上初、東京タワー人力ライトアップ成功☆(約30分間) | トップページ | 柔らかさ、面白さが無ければ伝わらないのか~高橋源一郎&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・8月) »