« 自転車は好調♪、今年の乗鞍はそこそこイケるかも・・ | トップページ | 猛暑の中、朝っぱらから今シーズン初のパンク・・ »

津波で死んだ妻の幻への情愛~柳田国男『遠野物語』第99話

昨日に続く猛暑の中、朝から夜まで一日中、仕事に追われる状況なので、

今日は手頃な話でサラッと終わりにしよう。大震災以降の当サイトでは、理

数系のマニアックな記事(特に放射線関連)が目立ってるが、今日は2ヶ月

前の寺田寅彦『津浪と人間』以来の、文学作品関連。日本民俗学の父とも

言われる、柳田国男の代表作『遠野物語』(1910年,明治43年,聚精堂

: しゅうせいどう)に関する簡単なコメントだ。

     

柳田国男(旧字体では國男、1875-1962)については3年前、哲学者・

鷲田清一に関する記事の中でほんの一言触れてるものの、他はまったく

無し。正直言って、名前、作品名、評判の高さしか知らなかった。おそらく、

似たような人は多いと思う。私の過去の経験上、一般に古典的名著と言わ

れるものは、実際に原著を自分で読んでる人は非常に少ないものなのだ。

特にネット時代になって、その傾向は強まってると思う。

       

今回、私に原著を読むキッカケを与えてくれたのは、例によって朝日新聞

柳田の命日である8月8日の朝刊で、名物コラム「天声人語」が『遠野物語』

の一節について触れてたのだ。「名高い『遠野物語』に、津波で死んだ妻の

霊に、夫が夜の三陸の渚(なぎさ)で出会う話がある。・・・・・・珠玉の短章だ

が、怪異な伝承に投影された、生身の人間の切なさを思えば胸がつまる」。

       

上の私の引用で、「・・・」と省略した100字ほどの部分と、コラムの一番最

後に、手短なまとめが書かれてる。要するに、震災をめぐる生と死のあり

方に焦点を絞ってるのだ。しかし、これまた過去の経験上、引用文やまと

というものは、実際に自分で読むとかなり違った印象を持つことが多い。

ちょっと気になったので、早速ネットでチェック。やはり、私の勘はハズレ

てなかった。確かに、震災と家族の話でもあるけど、それ以上にむしろ、

男女の哀しい恋愛物語だろう。。

       

       

        ☆           ☆          ☆

最初にアクセスしたのは、寺田寅彦の時と同様、合法的な電子図書館

代表の一つ、「青空文庫」。101年も前の名著だから、当然あるだろうと

思ったら、意外にも見つからなかったので、国立国会図書館近代デジ

タルライブラリーに飛ぶと、やはり公開されてた。ただし、特殊な画像ファ

イルになってるから、著作全体を見渡そうと思うとかなり重い。

     

目次を見ても分からないので、我慢して1ページずつ探して行くと、51番

目のファイル、元の自費出版本だと85ページから86ページにかけて掲

110810

  載されてる第99話(=九九節)

  でようやく発見できた。「著作権

  者許諾」で無料ネット公開され

  てるものだから、トリミング画像

  を縮小して個人ブログに掲載す

  るくらい、問題ないと判断。左が

  実物だ。「おおつなみ」とルビが

  ふられてる漢字は、「大海嘯」

  (だいかいしょう)。見慣れない

  言葉だが、今だと、人気ゲーム

  シリーズ『ファイナルファンタジー』

  で使われてるようだ♪

      

  遠野物語というのは、小説では

  ない。岩手県遠町(現在の遠

  野市)出身の作家・佐々木喜善

(きぜん)が語る民話を、柳田が筆記してまとめた作品だ。

        

結局、男性主人公である村人の兄から佐々木が聞いた話を、柳田がまと

めたことになる。昔話とか民間伝承というものは、非常に間接的で曖昧な

形で伝えられるのだ。その辺りの事情については、遠野市HPの「『遠野

物語』発刊100周年記念」のページが参考になるだろう。

          

         ☆          ☆          ☆

肝心な、物語の内容は、寺田の時にも話題にされてた、「三陸大津波

1896年:明治29年)の後の怪談めいた話で、「遠野物語」全篇を通

して、この種の話が多いらしい(ウィキペディアより)。

      

妻と子供を津波で失った男(福二)が、元の家があった場所に小屋を建

てて、生き残った二人の子供と暮らすようになって、1年経過。夏の夜

波打つを通って便所(トイレ)に行こうとすると、霧の中に男女二人

姿がある。女は、死んだ妻だったから、しばらく後を追って、名前を呼ぶ

と、振り返って微笑む。

         

相手の男も、同じ里で津波にさらわれた人で、朝日は「今は夫婦」としか

書いてないけど、実は原著だと、自分(生前の夫・福二)が聟(むこ)に

入る前に「互に深く心を通はせたりと聞きし男」なのだ。死後の世界の事

とはいえ、福二としては心穏やかではないだろう。妻を愛してた男なら当

然、激しく嫉妬してしまうはずだ。そこで、「・・・と聞きし男なり」の後、話

はこう続いて行くことになる(現在の表記に変更)。

    

   今は此の人と夫婦になりてありと云うに、子供は可愛くはない

   のかと云えば、女は少しく顔の色を変えて泣きたり。死したる

   人と物言うとは思われずして、悲しく情なくなりたれば足元を

   見て在りし間に、男女は再び足早にそこを立ち退きて、小浦

   へ行く道の山陰を廻(めぐ)り見えずなりたり。・・・・・・

    

で、追いかけた後、家に帰ったものの、「其後久しく煩いたりと云えリ」、で

話はおしまいとなる。死人の亡霊と分かっていながら、いや、それだからこ

そ、自分の心の中で思い悩んでしまうのだ。そういった幻を見て、しかも動

揺、嫉妬してしまう、自分自身の存在に対して。。

      

         

         ☆          ☆          ☆

つまり、この物語は、「津波にさらわれた家族」への切ない思いよりも、「

分のもとを去って昔の男と一緒になった妻」への悶々とした思いが強調さ

れてるわけだ。だからこそ、「子供は可愛くはないのか」と言う時、この世

に残していった子供は、という限定は付いてない。あの世もこの世も関係

なく、自分と共に作って育てた子供は可愛くないのか。つまり、自分との夫

婦生活、家族生活は忘れてしまったのか、と問い詰めることで、未練を示

してることになる。

    

もちろん、柳田の他の作品でも津波が扱われてるとか、事情は色々あ

るだろう。でも、この短い一節だけ普通に読むなら、古今東西に普遍的

な、浮気と未練をめぐる男女の哀しい物語なのだ。

   

ちなみにも、現実と混ざり合った幻ではなく、夜の夢の中で、似たよう

な経験がある。覚醒時の意識からは隠されていても、睡眠時の無意識

では、つい本音が現れてしまうのだ。これが、おかしくも悲しい、人間の

姿というものだろう。

      

予想通り、また時間を取られてしまったか♪ それでは、また明日。。☆彡

     

    

cf.震災後の青空文庫で人気、寺田寅彦『津浪と人間』

  津波の物理学~浅い海、水面波の波動方程式と速度           

                                (計 2587文字)

|

« 自転車は好調♪、今年の乗鞍はそこそこイケるかも・・ | トップページ | 猛暑の中、朝っぱらから今シーズン初のパンク・・ »

恋愛」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自転車は好調♪、今年の乗鞍はそこそこイケるかも・・ | トップページ | 猛暑の中、朝っぱらから今シーズン初のパンク・・ »