« BMI(肥満指数)と平均余命~私の体格はやせ型で早死か♪ | トップページ | 単なる、やっつけ記事しか書けなくなった夜・・ »

携帯連絡が返って来ない時の認知療法スキル(技)~朝日新聞「100万人のうつ」

JOG 3km,18分程度

         

朝日新聞・夕刊(1面)の長期連載、「ニッポン人脈記」は、様々な項目につ

いて、日本で活躍する人達のつながりをレポートする記事だ。12月8日か

らは、「100万人のうつ」と題するシリーズがスタート。文章の担当は佐藤

陽、写真担当は伊ヶ崎忍。おそらく2人とも朝日の記者だろう。

    

「100万人のうつ」というのは、厚生労働省の平成20年「患者調査」(21年

発表)で分かった現状だ。大規模調査を元にした推計で、うつ病を中心

するカテゴリー「気分障害」(躁うつ病含む)の患者数は104万1000人。

男性38万6000人、女性65万5000人だから、男の1.7倍となって

る。統合失調症(旧名は精神分裂病)では、患者約80万人中、女は男より

少し多い程度。うつ病女性の多さは、人数的にも、男女比的にも、際立っ

てるのだ。

             

うつ病患者ここ十数年急増した背景には、製薬会社の巧みな宣伝(「う

つは心の風邪」など)と、米国精神医学会の機械的な診断基準(DSM)

あると、よく言われてる。私もそう思うが、人間とか患者の側の精神的変化

もあるだろうし、社会的変化もあるだろう。

             

特に、うつ病患者の急増と時期的に重なってるのが、PCと携帯の普及。つ

まり、メールや携帯電話で、多数の人といつでも簡単にコミュニケーション

「可能」となったことが、逆に人間関係を難しくして、抑うつ状態を招いてる

側面は十分あると思う。可能性と現実は違うし、コミュニケーションの質も

以前と違う。環境の急変に対する人間の適応能力も、少なくとも上昇して

はいない。それどころか、下降してる気もしてしまうのだ。。

     

     

         ☆           ☆          ☆

さて、今日(12月14日)の夕刊に掲載された「100万人のうつ」の冒頭

は、何とも分かりやす過ぎて苦笑してしまう事例が紹介されている。その

まま引用させて頂こう。

   

    出来事   < A子はB子と遊ぼうと思い、携帯に数回電話したが、

             出ない。電話も返ってこない

 → A子の考え < B子に何か悪いことをしたのかな

 →     気分 < 落ち込んだ

 →     行動 < 宿題が手につかない

     

       

これは、星美学園短大(東京)で10月に行われた「こころのスキルアップ

授業」の事例。講師・佐野智子が約40人の学生に、「A子さんはほかの

考え方できないかな」と尋ね、学生は班ごとに話し合う。「B子はアルバイ

トをしていたのかも」、「親に携帯を没収されたとか」。様々な意見が出た

後、佐野が「そんな風に考えたら、気分はどうなる?」と聞くと、「電話に

出なくても仕方ないかな。気分も落ち着く」と答えたそうだ。

     

これは、授業を極端に短くまとめた報告であって、実際の授業はもっと内

容があったのだろうが、正直言って、あまりに当たり前の考えだろう。自分

を悪者としてネガティブに考えるのではなく、別の納得できる事情を推測・

想像する(真の事情はどうであれ)。そのくらい、授業も話し合いも不要、中

高校生でもすぐに出来そうだが、こういった授業に関心が集まるということ

は、そうした考えを自分で持てない人が増えてるのかも知れない。「携帯依

存症」の増加といった側面もあるだろう。。

       

    

         ☆          ☆          ☆     

実際、世界に広がりつつある「認知療法」というものは、基本的に、認知

の仕方(=考え方)を少し変えるだけの心理療法だ。治療者が患者に、よ

良い考え方を教え、身に付けさせ、それによって気分が改善する。ここ

に、行動の仕方の変化も加えれば、「認知行動療法」ということになる。

            

日本での第一人者は、雅子さまの主治医として有名な大野裕々は

神分析が専門だったが、今は国立精神・神経医療研究センターで認知行

動療法(CBT)センター長をしているそうだ。ちなみにCBTは、「Cognitive

 Behavioral Therapy」の略。センターHPを見ると、専門家相手の教育・

研修機関だからなのか、一般の人にとって役立つ情報はほとんど書かれて

ない。もう少し、社会貢献的側面があってもいいとは思う。

         

で、その大野が、カウンセラー・高橋チカ子(認知行動療法教育研究会・代

表)や臨床心理士・西村美智子らを誘って研究会を作り、カリキュラムを練っ

て完成させたのが、「こころのスキルアップ」授業とのこと。昨年から研修会

を始めて、小学校、大学など5校で実施したそうだ。なるほど、小学校の授

業としてなら納得できる。

         

ちなみに大野は、携帯サイトでの認知療法も開始。宮城県では、大震災の

被災者への対応に関して、7月から毎月研修会を開いてるそうだ。メディ

アその他で色々言われながら、しっかり大活躍してるのは流石として、雅

子さまは大丈夫なのか。ちょっと気になる所ではある。雅子さまは患者の

「一人」だが、日本の象徴的存在として「特別な一人」。トップとして、見事

な成果を挙げて頂きたいもんだ。

    

       

         ☆           ☆           ☆

話を授業に戻そう。携帯に限らず、固定電話・PCメール・手紙でも、連絡

が出来なかったり、返信が無いことは日常茶飯事だろう。私自身、しばら

く先延ばしにしてるメールが2つあるし(反省・・)、逆に返信が無くて不安

になったことも度々ある。

   

では、メールを2通、先延ばしにしてる理由は何かと言うと、急ぎの用

件ではないということもあるけど、主として時間配分の問題。違う言い方を

すると、たとえ時間がかかっても、中身のあるメールを出したいということだ。

簡単で事務的なメールなら、いつでもすぐに書ける。ブログのコメント欄の

レスも、一言の挨拶なら一瞬で書けるが、きっちりレスするから1~2日、時

には3日かかるのだ。

    

逆に、返信がない時には、色々と理由を想像するし、心が不安定になった

りもするけど、「うつ」状態にまでなった事などない。しばらく待てば、多くの

場合は解決するし、待ってもダメな時は、もう一度(or 2度)連絡して、それ

ダメなら(ひとまず)人間関係の停止、または終了だ。それはもう、仕方な

いこととして「諦める」。そういった心のコントロールには、以前は「授業」や

「療法」など必要なかったはず。だが、理由はともかく、最近は世界的に違っ

て来てるのだろう。

         

スキルアップ授業を受けて、「一つの出来事でも、人によって考えが違っ

ていいんだ」、「考え方次第で、気分が変わることがわかった」といった子

どもの感想が出てるとのこと。これまた正直、私にとっては当たり前の事

のように感じられるが、現代社会の認識が甘いということか♪ 

         

学校では互いの気持ちを言い合う機会あまりない」と書いてるけど、

からそんなものは少なかったと思うし、「人が思っていることを聞く授業」も

昔から少ないだろう(特に高校以上)。そういった授業が「生まれて初めて」

だと語った子どももいるそうで、もし本当なら不幸な事だが、実際は、国語

の授業とか、生徒・教師の話し合い(ホームルームなど)で一応あったと思

う。「この時の主人公の気持ちは?」と聞かれて、みんなが答えることなど、

珍しくないはずだ。

        

      

         ☆          ☆         ☆

ともあれ、認知療法の基本はものすごく単純で簡単。だからこそ、普及も

実践も容易なのだ。おまけに、薬と違って副作用もほとんど無いだろうか

ら、不安の解消とか、うつ病の予防になるのなら、いい事だと思うし、授

業も増えていい。

     

しかし、そんな小手先のスキル=技より、根本的な忍耐力=ガマンとか、

念=あきらめ、あるいは変化を受け入れる無常感のようなものを、痛みと

共にじっくり身に付けて行く方が、遥かに実践的だし、人間として本質的な

ことだと思う。「現代っ子に、そんな余裕も潜在能力も無い」と専門家・臨床

家に言われれば、返す言葉に困るが。。

      

   

P.S. 12月21日の「森田療法」の話は興味深かったが、残念ながら新

     たに記事を書く余裕が無い。神経症の日本的治療法だと思ってた

     ら、うつ病にも適用されて成果を上げてるとのことだ。

          

           

cf.うつ病の診断基準と抗うつ薬~NHK『ためしてガッテン』

  うつ病の診断基準2~気分変調性障害

  うつ病の血液診断と遺伝子変化

  うつ病の診断基準3~双極Ⅰ型障害(躁うつ病)

  うつ病の診断基準4~双極Ⅱ型障害(軽い躁うつ病)

   

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  新型うつ病の一つ、非定型うつ病について

  心理療法を無料で全国民に~朝日新聞「欧州の安心 イギリス」

  大胆かつ繊細な試論~香山リカ『雅子さまと「新型うつ」』

  ネット依存とうつ症状~朝日新聞「やさしい医学リポート」

  携帯(ケータイ)依存症の診断基準(by朝日新聞)

  うつ病には運動療法が有効(by毎日新聞)

  ネット安息日(=禁止デー)の記事を見て、ネットを飛び回った夜♪

   

             

     

         ☆          ☆          ☆

最後に、今日の走りは、昼間のジョギング 3kmのみ。思ったより天気が

崩れなかったから、気分的には夜のランニングに行きたかったけど、

眠わずか1時間半だったから、走る代わりに1時間ちょっと仮眠。無理や

起きて、ブログその他を済ませたわけ。ギリギリの生活を続けてるのだ。

   

この余裕の無さが、奇妙なほどの体重減少につながってるのか。あるい

は、栄養がガン細胞に回ってるのか。マジで気になり始めた今日この頃。

認知療法なら、「痩せてスマートになったんだからイイ」とか、「胃袋が縮ん

で、食費が減って経済的」とかポジティブに考えるところか♪ ではまた☆彡

             

                                (計 3772文字)

|

« BMI(肥満指数)と平均余命~私の体格はやせ型で早死か♪ | トップページ | 単なる、やっつけ記事しか書けなくなった夜・・ »

「ランニング」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BMI(肥満指数)と平均余命~私の体格はやせ型で早死か♪ | トップページ | 単なる、やっつけ記事しか書けなくなった夜・・ »