« 2日続けて記事がプチヒット☆、今日はもう手抜き♪ | トップページ | 月~金の5日間で2時間半もテレビを見た週末、ちょっと反省・・ »

『最高の人生の終り方』第2話、軽~い感想♪

あぁ、やるべき事さっぱり終ってないのに、1日が終ろうとしてる。1日な

らともかく、これが一生だったら、葬儀屋を出た後、あの世で魂が後悔す

るのかね。って言うか、妖怪人間ベラ(杏)はその後、人間になれたのか♪

あちこちでサックス吹きながら生活。昔のさすらいの名残りもあって、ピッ

タシかも。人間の心臓を貰って、生まれ変われたわけネ。

    

という訳で、今夜もまたテレビ関連の記事になってしまった (^^ゞ もうドラ

マは無視して走りに行こうかなとも思ったんだけど、実は前回のレビュー

アクセス解析をじっくり見ると、熱心な読者が大勢いらっしゃったのだ♪ 

10分以上かけて読んでる方は多いし、1時間以上の方も何人もいらっしゃ

る。お堅い数学記事とかならともかく、ドラマ記事だとかなり珍しい。ま、後

半の内容が難しめだったしね。

             

もちろん、途中でPCから離れてる可能性もあるけど、リロードとかアクセス

の中身を見ると、ホントにずっと読んだ後、他のレビューに移動してたりする。

そういった第1話レビューのアクセス状況をチェックした後、第2話の放送を

見ないってことも難しいので、一応見てしまったわけ。その他諸々、局走

に行けなくなったし、仕方ないからドラマの感想でもつぶやくかって感じだ。

前回みたいな本格的レビューではないし、甘口でもないので悪しからず。。

     

        

         ☆          ☆          ☆ 

さて、『最高の人生の終り方』第2話。物語の中心は、「無縁仏」になりそう

な青年・クラキ(倉木?=玉森裕太)の遺体。「お清め=お浄め」のビール

券のおかげで(賄賂♪)、警察から井原屋に回って来るらしいけど、儲け

にならないどころか損の可能性もある。警察とのつながりは、物語のポイ

ントの一つだから、脚本的にどうかなって気はするね。

            

どうも、これまでの2話を見た感じだと、葬儀屋と警察の結びつけ方がぎこ

ちない。企画とかアイデアを上手く生かせてないのだ。最後の犯人逮捕&

一本背負いも、オマケみたいな形での挿入になってる。『ラッキーセブン』

第1話、瑛太 vs 松潤の熱い格闘シーンとは大違いだ。

     

美しい富士山の麓まで、真人(山下智久)と優樹(榮倉奈々)を旅行させた

かったのは分かるとして、オチの付け方、榮倉の演技、ビミョーなものがあっ

た。折角の二人旅が、写真をめぐる謎解きゲームになってて、驚きも必然

性も足りないし、ラブラブ・ムードを漂わせてる訳でもない。ラブラブなのは

依然として、「あずあず」との写真だけなのだ♪(携帯の壁紙)。あとは、桃

子(大野いと)と担任教師(黄川田将也)のラブホテルとか。そりゃ、別の

話か。あの先生、まだ31歳の俳優なんだね。

           

とにかく、あの微妙な二人旅を見てると、何とかして一人旅との関連や対

比を作りたかったんだろうな、と考えざるを得ない。一人旅とはもちろん、

山Pのアメリカ横断旅行のことだ。そりゃ、日テレの深夜番組『ルート66』

か♪ そうじゃなくて、真人の腹違いの優しい兄・健人(反町隆史)の家出

もどきと、「行旅人」としての倉木の5年間だ。

        

晴香(前田敦子)が念仏みたいに唱えてた法律名は、録画してないから

ハッキリしないけど、おそらく「行旅病人及行旅死亡人取扱法」(こうりょ

びょうにんおよびこうりょしぼうにんとりあつかいほう)だろう。「無縁仏」

は、この世の縁(供養する人)が無くなった仏様だけど、「行旅死亡人」

身元不明の人だから、さらに淋しい雰囲気が漂ってる。

     

そこを救いあげて、最高の人生の終り方へとプランニング、温かく「逝っ

てらっしゃい」と声をかけるのが山Pらの役目なんだけど、クラキの描き

がまたビミョー。「結局、半ばストーカーだったんじゃないの?」って思

いが残ってしまったのは、私だけじゃないだろう。

        

もちろん、相手の怜奈(杏)は最愛の妹の心臓を移植した相手だし、最後

は「ストーカーではなかった」って結末になったけど、彼の行動は、「生存中

の最後の5年間には」ストーカーに近いものとして描かれてる。ドナーの家

族としての倫理的にもしっくり来ないわけで、名前抜きの1回だけのやり取

り(サンクスレター)なら、遥かにスッキリしてたと思う。

          

最後だけ、命懸けで怜奈を助けて、死んだ後に賞賛や感謝を示されても、

どうも腑に落ちないのだ。あれならむしろ、単なる一人旅の青年が、正義

感から命を落としたって筋書きの方が感情移入できただろう。あるいは、

うっかりミスから車を海に落としたとか。そりゃ、『ビーチボーイズ』の旅人、

反町=広海か♪

       

   

          ☆          ☆          ☆

ちなみに、全体のテーマの統一感に関しては、まずまずだと思う。つまり、

ちょっとお節介くらいが、ちょうどいい。人間関係っていうのは」ということ

だ(by 岩田=山崎努)。「ちょっと」のさじ加減の難しさはさておき。

     

怜奈をかなり近くで「見守り」続けたクラキも、その身元を調べ回った真人

優樹もお節介。そのキッカケを作った「ヒマ」な「タヌキじじい」、岩田もお

節介だし、キャバクラで稼いでる女(岡本玲)に実家から盗んだ金を貢ぐ

隼人(知念侑李)もお節介なのだった。ラブホで女生徒に手取り足取りの

個人授業を行ってる男性教師もおせっかい過ぎてヤバイだろう。あれは、

「おちょっかい」かも♪

    

単なる小市民ブロガーとしても、脚本家・渡辺千穂にはまだ色々とお節介

の口出しをしたい所だけど、女性ファンはP様を味わえれば十分なのかも

ね。今までのドラマには無かった、新鮮な山Pの描き方にはなってる☆ 

ミカルでトボけてて女好き。『プロポーズ大作戦』の純な少年ともまた違って

る、フツーの20代男性だろう。顔のキレイさは別格として。

       

最後に、日テレのスタッフにもお節介を焼いとくと、米国の「国道66号線

テキサスも通ってる道路だ。『ルート66』のBGMとして、山Pが歌うドラ

主題歌『愛、テキサス』をさりげなく流したりすると、ファンは喜ぶんじゃ

ないかね。偶然にしては出来過ぎの曲名だから、ジャニーズ事務所もそ

うゆう考えを密かに持ってる気がする。なお、第2話の視聴率14%台

と予想しとこう。。

   

     

         ☆          ☆          ☆ 

あぁ、こんな記事を書いてる場合じゃなかったよなぁ。私はまだこれから、

家でお仕事しなきゃ寝れないのだ。「もっと手抜きして、さっさと書き終え

仕事しなさい!」っていう、周囲のお節介が欲しかった所かも♪ そりゃ、

マザコン的発想か。

    

ちなみに、あちこちのお地蔵さまとかを回るとお菓子を貰える西日本の

行事は、おせったい(接待)だ♪ それでは、今夜はこの辺で。。☆彡

           

        

       

P.S. 第2話視聴率は大幅ダウンで11.0%。脚本その他に恵まれな

     い中、ここからが山Pの底力の見せ所だろう。。

   

     

cf. 愛と死を目指して生きる~『最高の人生の終り方』第1話

   いまいちハーフ走&頑張れ野口みずき!&『最高の人生』第3話

   リハビリ・ウォーキング&珍しくテレビの連続流し見♪ (最終回関連)

     

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   山P=山下智久『ルート66』、男のアメリカ横断一人旅が熱い☆

   山P=山下智久主演ドラマ、視聴率の推移(野ブタ~最高の人生)

            

                               (計 2846文字)

|

« 2日続けて記事がプチヒット☆、今日はもう手抜き♪ | トップページ | 月~金の5日間で2時間半もテレビを見た週末、ちょっと反省・・ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/53777055

この記事へのトラックバック一覧です: 『最高の人生の終り方』第2話、軽~い感想♪:

» 欲望と死亡のはざまで愛をみつけたけだもの(山下智久) [キッドのブログinココログ]
どうやら・・・今回の山Pはけだものらしい。 それはおそらく・・・脚本家が榮倉奈々・主演の「泣かないと決めた日」(2010年フジテレビ)の職場におけるいじめや、杏・主演の「名前をなくした女神」(2011年フジテレビ)のママ友たちの軋轢で「この世の生き地獄」を描きすぎて・・・まあ、元々の資質かもしれませ... [続きを読む]

受信: 2012年1月20日 (金) 03時59分

« 2日続けて記事がプチヒット☆、今日はもう手抜き♪ | トップページ | 月~金の5日間で2時間半もテレビを見た週末、ちょっと反省・・ »