« 明日がキツイから、今夜も単なるつぶやきで♪ | トップページ | またアクビ30連発、眠過ぎて今夜もダメ・・ »

いまいちハーフ走&頑張れ野口みずき!&『最高の人生』第3話

RUN 21.1km,1時間38分12秒,平均心拍156

   

眠い・・・って書き出しは飽きて来たけど、寒いって書き出しはまだ飽きない

な。厳しい寒波の襲来ってことで、気温、低い低い。。今日は「最高」気温

僅か6度。北国かよ!・・とか突っ込むと、北国の人に笑われそうだな (^^ゞ

    

試しに、札幌の今日の「最高」気温を見ると、-4度! これでも前日より

1度高いそうだ。1回しか行ってないけど、札幌国際スキー場雪質

晴らしかった☆ たまたま恵まれたって部分もあるだろうけど、今まであち

こちで滑って来て、あれほどフワフワのパウダー・スノーは一度も経験ない。

あれと比べると、○○○の雪なんて△△△みたいだわな♪ いや、最初は

普通に書きかけたんだけど、自粛したわけ。小市民ブロガーの配慮なのだ。

      

   

         ☆          ☆          ☆

・・・(中略)・・・これは熱い紅茶を淹れて来たわけ♪ 自分で淹れるのかっ

て? 独立独歩の精神なのだ。そうゆう問題かよ! 寒さと言えば、野口

みずきなのだ。04年アテネ五輪で、灼熱のレースを制して金メダルを獲得

した彼女も、その後は故障その他に悩まされ続けてる。もう7年半も経つ

のか。その野口、ロンドン五輪選考会を兼ねた29日の大阪国際女子マラ

ソンを欠場するそうだ。その遠因(=遠い原因)の一つが、寒さというお話。

          

米コロラド州ボルダーと言えば、高地トレーニングの拠点として有名だけ

ど、冬は当然、寒いだろう。ネットで調べると、12月の平均最高気温8.4

度、平均最低気温は-5度。そこで1月半ばまで猛練習、帰国寸前に左

太腿の炎症が発生したらしい。相変わらず、かなり追い込んだトレーニン

グだったようで、本番のペース40km走4本! 1月に行った4本目は、

フルマラソンだと2時間21分台に相当するとのこと(以上、朝日新聞・26

日朝刊より)。それは速いね☆ 最近の日本じゃ、聞かなくなったタイムだ。

        

ただ、野口も既に33歳。寒い中で、復活目指して頑張り過ぎたんだろう。

3年半前の北京五輪欠場の時から、左足ばかり故障が続いてるらしい。

7月以降の私と似てるね。そりゃ、トップ選手に失礼か (^^ゞ とにかく、本

人がコメントを発表。「最後の選考会である名古屋に向けて頑張ります。

私は諦めません!」とのこと。

    

ちなみに、3月11日の名古屋ウィメンズマラソン(旧・名古屋国際女子)

には、11月の横浜国際女子マラソンで2位に終わった尾崎好美も「出場

する意向を固めた」そうだ。かなり曖昧な報道だけど、故障が無ければ

出るでしょ。やっぱ、五輪は特別だもんね。私は基本的に、尾崎が好みな

んだけど、今回は野口の劇的復活を見たい気がする。尾崎はまだ30歳

だから、あわよくば次もギリギリ狙えるもんね。。

      

    

          ☆          ☆          ☆

それでは・・・って、終りかよ! これじゃあ、「最高の終り方」にはなってな

いから、自分の走りの話もちゃんと書いとこう。今夜はかなり迷ったのだ。

3日間ロクに走ってないから、ランニングも長距離やらなきゃなんないし、

月末恒例の硬派の本格的記事も書かなきゃいけない。おまけに21時から、

ドラマも見なきゃいけないらしい♪

        

「迷った時はしんどい方を」の原則に従うと、走った後に硬派の記事を書く

のが正解だけど、ドラマは何とも無視しにくい状況なのだ (^^ゞ ま、とりあ

えず見るだけ見るかって感じで、その前にハーフ21.1km走ることに。時

間的に苦しいから、飛ばしたいんだけど、日曜の27km走でぶり返した

ふくらはぎの痛みが残ってるから、中途半端な走りになる。

   

公園の周回2周目までは慎重に様子見して、何とかなりそうだから、徐々

にペースアップ。1km4分24秒ペースまで上げた所で、早くも頭打ち (^^ゞ

ま、足が恐いってのもあるけど、27km走の疲れが足腰全体に残ってた。

その後はハーハー言いつつ粘って、ビミョーなタイムで帰宅。既に21時を

過ぎてたから、ドラマはもういいやって感じになった♪

    

トータルでは1km4分39秒ペース。う~ん・・・まあ、5分以下ならいいやっ

て感覚だったとはいえ、中途半端だね。左足がそれほど痛まなかっただけ

でも良しとしとこうか。ただ、寒さのせいか、左足をかばってるからなのか、

右膝の関節に珍しく違和感があった。今月はまだ走行距離が少ないから、

しばらく休養ってわけにもいかない。様子を見ながら、何とかあと40kmは

走りたいな。。

    

     

  往路(2.45km)  13分02秒    心拍137 

  1周(2.14km)  10分39秒       148         

  2周          10分16秒       153     

  3周           9分48秒       157

  4周           9分40秒       159

  5周           9分25秒       161

  6周           9分26秒       162

  7周           9分32秒       163

  8周(1.22km)   5分40秒       163

  復路           10分44秒       160     

計 21.1km  1時間38分12秒  心拍平均156 最大170(ゴール時)

           

     

            

          ☆          ☆          ☆

では、今日はこの辺で・・・と書きたい所を粘るのが、ブロガー魂ってもんだ

ろう♪ 21km走った後、ドラマを見始めたのは21時15分くらいから。お

まけに、その後10分以上は、ノンビリ着替えながらのチラ見。まあでも、音

声は聞いてたし、メインの話はほぼ理解できたと思う。

        

分からないのが、前田敦子のデートの話。相手はメル友で初対面だったの

かな。デート・マニュアルが可愛いね♪ 私も買ったことがあって、堂々と

相手の女の子に見せたら、向こうも同じのを持ってた(笑)。妹の桃子(大

野いと)はバカにしてたけど、首都圏のデート・スポットの移り変わりは激し

いし、結構良く出来た内容なのだ。ま、今なら普通はネットで済ませる所だ

ろうけど、一応まだ売ってるんだね。久々にチェックしてみようかな。立ち読

みで♪ セコっ! 

            

そうそう。昼はともかく、「夜」のデートは、初めての男性なら予習が必須だ

ろう。予習って、色んな科目があるけどネ♪ ま、言われなくても、みんな

全てコッソリやるわな。多分。。(笑) 今週の『週刊現代』によると、最高の

シミュレーション装置」は60万円とか。そりゃ、南極観測隊くらいしか買え

ないだろう。コラコラ。

    

桃子の相手の担任教師(黄川田将也)も、おそらく女子高生対策の特別ト

レーニングを行ったはずだ。超ハイリスクなミッション・インポッシブル(=

不可能な任務)だから,細心の配慮が必要になる。いや、私は単なる想

像だけど・・・と書いとこうか♪ オイオイ!

       

     

         ☆           ☆          ☆

で、今回の主役は、美しいピンクのバラだった。あっ、山P=山下智久も美

しいピンクだけど、別格ってことで♪ 何と繊細な気配りのブロガーなんだ!

そう言えば昨日、雑誌『anan』の表紙にデカデカと写真が載ってたから、ほ

んのちょっとだけ目を通すと、今年は「P」じゃなくて、「智くん」と呼ばれたい

そうだ。個人的に、「トモクン」って発音は、タイ料理の「トムヤムクン」に聞

こえてしまうけど、文字で書くとあんまし似てないかも。

       

その智くん、今回も岩田(山崎努)の誘導に乗っかるようにして、優樹(榮

倉奈々)と一緒に「お節介」を焼いてた。花屋の磯野貴理子不仲だった

(草笛光子)が、軽井沢ホストと一緒に一酸化炭素中毒で死亡。ます

ます姑への憎しみを募らせる貴理子が、しっかり悲しんでお見送りできる

ように、葬儀屋がエンディング・プランを練るって話だけど、どうなのかね、

この脚本。。(^^ゞ 

         

天下の美男子、超人気の智くんじゃなきゃ、1ケタもあり得るような物語だ

と思うな。同じTBSの2年前のドラマ、東野圭吾原作『新参者』がスベった

ような脚本に感じる。大体、経営の苦しい葬儀屋の若旦那が、何で2人分

のホストクラブ料金を払えるのか。あれは一種の飲み代だから、山Pの

なのかね。そりゃ、『ルート66』第4回のビールか♪

       

     

         ☆          ☆          ☆

前回同様、今回もオチが弱い。そもそも、白髪の高齢女性がホストと一緒

に軽井沢で心中したとしても、それほど関心を呼ばない事件だと思うけど、

ホストの星矢が同行した理由がかなり淋しい。たまたま彼の田舎が軽井沢

で、友達が花の栽培をしてただけ(多分♪)。よく企画会議を通ったよなぁ。

まだ第2話の視聴率が出る前だったからOKになったのか。

         

まあでも、私は花だけでもそこそこ満足できた♪ 映像でも思いっきし強

調してたけど、あのピンクとかローズの薔薇(rose)は綺麗だね。飛び抜

けてるから、「1本いくらかな?」とか思ったほど (^^ゞ 実際、花屋の嫁を

誕生日に感動させようとしたんだから、よっぽどのバラでないと、わざわざ

軽井沢まで連れ出す価値はない。その意味では、よく選び抜いてたと思う。

担当するスタッフは、美術さんかな。グッ・ジョブ(good job)☆

          

バラの花言葉の隠された愛と共に受け取ったバラで、お棺の中

を一杯にして、自分のお母さんとの思い出が込められた古いバラの押し

花(?)も添える嫁の貴理子。存分に悲しんだ所で、智くんが「逝ってらっ

しゃい」。う~ん、ここだけ見ると、それなりに感動的なシーンのはずなの

、ほとんどジーンと来なかったのは、「テレビ的説明過剰」のせいも大

きかったと思う。

    

心中ミステリーの種明かしをする時、オチが弱いだけじゃなくて、智くんと

優樹の説明が極端に長過ぎたのだ。映画なら、あの3分の1くらいだろう。

一瞬で理解できる事情を、言葉で延々と語るから、「バラの映像だけで十

分」と言いたくなってしまった。そんな事より、ロッジで何があったのか、あ

るいは、ホストとの今までの関係とか、そっちを解説して欲しいもんだね。

再現映像は要らないけど。コラコラ♪ 

     

     

         ☆          ☆          ☆ 

私自身の話をすると、そう言えばお花を贈ったことって少ないかな。花キュー

ピッドの類はたまに利用するし、花関連の小物をプレゼントしたことも数回

あるけど、自分でお花屋さんで買った花束を相手に手渡した覚えがないな。

   

このドラマの元ネタになってる映画『最高の人生の見つけ方』の原題は、初

回レビューに書いた通り、『The Bucket List』。死ぬ前にすべき事をまとめた

リストだ。私も死ぬ前に一度くらい、待ち合わせした女性の所にオープン・

カーで駆けつけて、キメた服装でバラの花束を渡してみたいもんだ♪ そりゃ、

大昔の石田純一くらいにしか出来ないか。あっ、彼なら今でもやりそうだな。

            

智くん恥ずかしがり屋さんだから、プライベートだと出来ないでしょ♪ 智

くんのプライベートと言うと、また事件を思い出しちゃうな(笑) 皆さん、記憶

から消すようにネ。ま、私だけはコッソリ覚えとくけど。コラコラ。。

       

軽井沢には、私も熱い思い出があるんだけど、それはまた「テンメイ回想録

にでも書くとしよう。その前に、資料を発掘するのが大変かも (^^ゞ 2割くら

いは、大震災の影響なのだ。もうすぐ1年、そろそろ片付けろよな♪

        

って感じで、この程度書けば十分でしょ。視聴率12%前後と予想。それ

より、紀行番組の傑作『ルート66』の視聴率の方が気になるかも。それで

は、今日はこの辺で。。☆彡

      

        

            

P.S. 第3話視聴率12.9%。第4話で13%以上に戻せば、それな

     りの形にはなるが、はたして。。

     

       

cf. 愛と死を目指して生きる~『最高の人生の終り方』第1話

   『最高の人生の終り方』第2話、軽~い感想♪

   リハビリ・ウォーキング&珍しくテレビの連続流し見♪ (最終回関連)

         

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   山P=山下智久『ルート66』、男のアメリカ横断一人旅が熱い☆

   山P=山下智久主演ドラマ、視聴率の推移(野ブタ~最高の人生)

             

                                 (計 4635文字)

|

« 明日がキツイから、今夜も単なるつぶやきで♪ | トップページ | またアクビ30連発、眠過ぎて今夜もダメ・・ »

「ランニング」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

テンメイ様、こんにちは。

五輪イヤーでございますねえ。
ひとつ結ぶひとつ開く
五輪という名前の夏の花です。

Qちゃん、野口と連打で咲いた
あの夏から・・・そんなに~・・・ですな。

一番お気に入りの渋井なんか
参加することもできないんだもの。

求めすぎてダメになるのはよくあることなんですが。
釈迦に説法とは思いますが
冬場は特に入念なストレッチングをお願いしますぞ。
そこでストレスを感じるようなら
加減をすることが肝要ですな。
キッドは結構、無理が効く方でしたが
父祖の代から準備運動が大切と
竹刀でしばかれて育ちましたからな。
戦場で足がつったら命はないぞ・・・でございます。
ま・・・ついぞ戦場がありませんでしたが。

=====(切り取り線)======
P.S.の視聴率ですが話数をお間違えではーーーっ。
=====(切り取り線)======

「最高の人生の終わり方」は
人それぞれの心残りを
山下智久がすくい取って奉るというのが
コアになりそうですな。
心を残すというのは
メモリーの一種ですが
極私的なもの・・・
世間はどう思うかわからないが
特定の個人には伝えたいメッセージがある・・・
そういうテーマなら
意外と面白いのかもな・・・と
思いましたな。

結果としてものすごく不倫理的な内容に
見えるのですが
悪魔としてはそこはまったくツボでございます。

キッドは一年365日、365束の薔薇の花束を
花屋で買っていた青春時代がありましたな。
思えば・・・無駄使いな青春だった・・・。
もちろん・・・悪魔ですからーっ。
それなりに萌える夜をすごしましたけれど・・・。

朝から富士五湖地下は不気味に振動しておりますな。
無事に五輪の夏がくればよろしいのですけれどねえtyphoon

投稿: キッド | 2012年1月28日 (土) 15時56分

> キッドさん
   
こんばんは。久々に、月齢5.8 moon3

トップレベルは五輪イヤーですが、
市民ランナーはマラソン・シーズン。
今夜も長距離走でウェアに「塩を吹いて」来ました♪
  
・・・とか書くと、また余計な(?)ひと言を
付け加えたくなりますが、グッと我慢ってことで(笑)
  
     
高橋尚子は最近も、Y電機の広告で毎週見てます。
それに引き換え、野口は地味なんですよね。
通(つう)なら、彼女の凄さは分かるはずだけど、
金メダル以外での一般ウケはなかなか。。
ってことで、敢えてプッシュしときました。
これで、ホントに劇的復活を遂げてくれればなぁ。。
    
渋井陽子、以前からお気に入りですね virgo
そう言えば、木南晴夏と同系統の顔かも(笑)
10000mで北京五輪に出てるけど、
マラソンでは五輪に参加できてないってことですね。
   
ロンドン五輪のマラソン、渋井も名古屋で狙ってる
そうだから、3月11日は注目でしょう run
野口、尾崎、渋井。さらに赤羽も出るかもってお話。
   
   
ストレッチの話は以前にしたような気もしますが、
僕は苦手なんですよ。試してますけどね。
まあ、やり方が下手っていうのもあるんだろうけど、
身体が固いから、逆に痛めることが多くて。
テニスだと特殊な瞬発系の動きだから、多少やります。
    
ランニングの場合は、ウォーミングアップを兼ねて、
最初の3~5kmくらいはゆっくり走るんで、
走りながらの動的ストレッチって感じですね。

その意味では、最初はもっとスピードを落として
走るべきだけど、時間に追われてることが多くて。
最近は、ゆっくり走ると寒いし (^^ゞ
走り終わった後も、しばらく歩いてるので、
動的ストレッチとか整理運動にはなってるでしょう。
    
幸い、レース中に本格的に足がつったことは無くて、
氷雨の東京マラソンで腕が硬直した程度♪
危なかったことは何度もあるし、走り終わった後に
つったことなら何度かあります。
ともあれ、ご心配ありがとうございます。
   
「戦場がありませんでした」と聞くと、宮本武蔵とか
思い出すし、自分の少年時代も思い出しますね。
僕も、男が外に出たら敵だらけと思ってましたが、
実際は太平の世の中で拍子抜けでした。
とはいえ、格闘技をかじったのは正解かな。多分。。
      
    
で、視聴率の話数が違うと (^^ゞ ご指摘どうもです。
昼休みに速攻で追記したから、ウッカリしましたね。
深読みするなら、僕の頭の中では、
1話の次が「2話+3話」になってたのかも。
切り取り線に挟まれてますが、切り取らずに残します♪
    
   
一方、「最高の人生」。最高って言葉が淋しそう。。
    
キッドさんも「終わり方」と打ってますが、
僕も1話レビューを書いてた時、夜中の1時過ぎまで
「終わり方」としてた気がします (^^ゞ
「終わり方」は、テレビ東京のSPドラマなんですね。
「終り方」がTBS。先にやったテレ東には不評のはず。
   
これ、大枠の企画は悪くないと思うんですよ。
ただ、具体化とか肉付けが素人っぽくて、安っぽくて。
脚本は低レベル、演出は平凡。女優もビミョー。
山Pでなければ、1話でおしまいですね。
   
例えば3話なら、高齢の姑が軽井沢で死ぬってだけなら
付いて行けますが、ホストと一緒で、しかもオチが
あれだと、「何じゃ、こりゃ~!」って感じ。
おまけに、つまらないオチを延々と言葉で説明させてる。
『ガリレオ』の科学的理屈なら分かるんだけど。
   
12.9%って言うと、『南極大陸』の5、7話と
ほぼ同じ。恐るべし!山P人気・・ってことでしょう☆
    
ま、山Pドラマについてはお馴染みの役割分担かも♪
なぜか、悪魔のはずのキッドさんがすくい取って、
天使か仏様のはずの僕が悪役に回る (^^ゞ
でも、これと比べると『コード・ブルー』は素晴らしいな☆
昔のレビューを書き直したくなるほど(笑)
    
      
それはさておき、薔薇の花束を1年間買い続けたんですか!
青春時代に、よくそんなお金がありましたね♪(セコイ・・)
毎日だと相手も大変でしょ・・っていうのは男の発想かな。
   
「無駄遣い」と言えば、僕もかなりやったかも。
ま、その時はいいと思ってたんだし、無駄なことを
本気でやれるのが青春なんでしょうけどね。
あっ、年寄りみたいなことを書いちゃってる(^^ゞ
     
最後に、地震。。年末からずっと話題になってますね。
今また来たら、キツイなぁ。5年くらい待って欲しい♪
その間に、天国に逃げるから。オイオイ!
大震災からもうすぐ1年。気を引き締めよっていう
天のお告げなんでしょう。
    
天命も気を付けたいと思います。ではまた。。shine

投稿: テンメイ | 2012年1月30日 (月) 03時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/53833545

この記事へのトラックバック一覧です: いまいちハーフ走&頑張れ野口みずき!&『最高の人生』第3話:

» 逝ってらっしゃいませ・・・そして誰もいなくなったらどうしよう?(山下智久) [キッドのブログinココログ]
えーと・・・・「夫よりも息子よりも嫁を愛した女」澄子(草笛光子)でもよかったのだが・・・結局、実は澄子が一番愛していたのは「ロワイヤル」のホスト聖星矢こと「高井良彦」(前川泰之・・・「ブザビ」の三島コーチ)だったんだよね。そういうことなんだよね。 澄子の夫(山谷初男)・・・無残。澄子の息子(小浜正寛... [続きを読む]

受信: 2012年1月27日 (金) 03時55分

« 明日がキツイから、今夜も単なるつぶやきで♪ | トップページ | またアクビ30連発、眠過ぎて今夜もダメ・・ »