« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

雪の長距離ラン、2年ぶりに35km走

RUN 35km,2時間56分33秒,平均心拍161

     

雪! ブロガーとしては早速、何書こうかなぁと考えたり、昔書いた記事を

思い出したりする。童謡『雪』の歌詞は「雪やこんこ」であって、「コンコン」

は咳だって話♪(『雪やこんこん』って曲も別に存在)。あるいは、北海道

土産のココア入りホワイトチョコ・ビスケット、『雪やこんこ』(六花亭)はなか

なかお勧めだって話とか。

     

あらためてウィキペディアを読んでみると、童謡『雪』の「こんこ」の意味

ハッキリしないとの事。一応、「来む来む」(=来い来い)と、「来む此」(=

来い、此処へ)と、2つの説があると書いてるけど、出典がしっかり書かれ

てないから信頼性はイマイチ。まあでも、曲調とか考えても、基本的には

「雪よ、来い」とか「もっと降れ」とか、雪を歓迎する意味だろうね。案外、雪

国ではウケがビミョーなのかも♪

    

笑えるのが、歌詞の混同についての注意書き。1番の「降っては降っては

 ずんずん積もる」の次に、「犬は喜び庭駆けまわり 猫は炬燵(こたつ)で

丸くなる」と歌ってたけど、「犬は」から後は2番の歌詞らしい (^^ゞ 50へぇ~

くらいだな♪ 正しい1番の第3節は、「山も野原も 綿帽子かぶり」とのこと。

いやぁ、聞き覚えないけどね。小学校の音楽の教科書を発掘して、チェック

してみたいな。たぶん、教科書も間違ってたんだろう。コラコラ。

      

    

         ☆           ☆          ☆

さて、雪の日に、「犬は喜び庭駆けまわ」るなんて所を見た覚えはないけ

ど、「ランナーは喜び公園駆けまわる姿もあんまし見ないんだよな♪ 当

然、足元が悪いし寒いから、「炬燵で丸くなる」方がフツーなのだ。

   

しかし、ウチはこたつを出してないので、仕方なく公園を駆けまわることに

した。そうゆう理由かよ! 気温2度はまあいいとして、イヤだったのが序

盤の霧雨。ほんの僅かに降ってて、身体と服が濡れるのだ。どうせ汗で濡

れるんだけど、汗の場合は身体から出るものだから、服が濡れても全体

の重さは変わらない。ところが雨で濡れると、全体の重さが増えてしまう。

ま、言い訳に出来るからいいって所もあるんだけどね♪

     

とにかく、をスッキリさせるためにパブロンを1錠半(細かい・・)飲んで、

霧雨が舞う雪道を慎重にスタート。ところが、最初から明らかに調子が悪

。2日休養したけど、3日前の32.195km走疲れが残ってる感じだ。

これはスピードを出せないなと、すぐ判断。1km5分「強」くらいの完走を

目標にした。本来なら5分「弱」にすべきだけど、なにせ雪道は走りにくい

のだ。雪が融けて出来た水溜りも、冷たくてジャマだし、夜だから見にくい。

         

公園の2周目くらいまでは、最適な通路を探す感じ。本来のジョギングコー

スにはかなり雪や水溜りが出来てて、とても走れないから、その脇の自転

車や歩行者が通る場所で、一番マシな箇所を探して走るわけ。アミダくじ

を辿るみたいな変な動きになる♪ 前半はかなり走りにくかったけど、ほん

少しずつ雪が融けて、水も引いたから、後半はちょっとマシになった。

    

それにしても、異常に心拍が高い状態が続いてるね。やっぱり、本来の心

拍数より8くらい高い。例年なら、冬の初めの頃に起きる現象だけど、今年

は異常に寒いから、長引いてるのかね。たかが1km5分強のペースで、ラ

ストが心拍175(限界の95%)なんて、あり得ない数字だ。まあでも、測定

エラーではない。むしろ心臓のエラーだろう (^^ゞ

     

とにかく、人も少ないし、色々と走りにくい状況だったけど、何とかガマン

して完走。最後の周回では、左脚が疲れ果てたのか、2回続けてカクッ

力が抜けて、危うくコケる所だった (^^ゞ 珍しいね。トータルでは、1km

5分03ペース。遅いけど、予定通りの走り込みだし、良しとしとこう。

橋Cityマラソン当日、3月18日にピークを持って行けばいいのだ。もし、

今年もまた自己ベストを更新できなかったら、私も川内みたいに頭を丸め

ようかな♪ 人間、けじめが大切だ。

      

ちなみに、今日も口呼吸でノドを酷使したけど、パブロンのおかげなのか、

「咳やコンコン」とはならなかった。寒っ♪ かつて日本で生まれたメスの

パンダの名前は、トントンだ。もうエエわ! ではまた明日。。☆彡

     

   

  往路(2.45km)   12分41秒  平均心拍145          

  1周(2.14km)   11分00秒         154        

  2周           10分44秒        158        

  3周           10分29秒         162

  4周           10分36秒         161 

  5周           10分39秒        159

  6周           10分39秒        159 

  7周           10分39秒        160 

  8周            10分35秒        161 

  9周           10分39秒        163

 10周           10分47秒        164

 11周           10分53秒        165

 12周           11分06秒        164

 13周           11分20秒        164

 14周           11分06秒        167

 復路(2.59km)    12分42秒         167

計 35km  2時間56分20秒  心拍平均161(最大175,ゴール前)

               

                                 (計 1975文字)

| | コメント (0)

山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第8回、ナメック星の大自然♪

アハハ♪ ウケた。「ナメック星」みたいって、智くん、マニア入ってるわな。

120228f

 『ドラゴンボー

 ル』の大ファン

 とは知らなかっ

 た・・って言う

 かドラゴンボー

 ルってほとんど

 知らないんだけ

 ど (^^ゞ 早

 速、ウィキペディ

アで星の名前を調べた後、Googleで画像検索すると、出て来た画像に

笑えたのだ。

          

Googleの検索結果は、その時々で微妙に変わるんだけど、私の今日の

PC環境だと、2番目と3番目の画像ですぐ笑える♪ 残念ながら、著作権

保護ってことで、ここには掲載できない。各自、検索でお楽しみあれ。ちな

みに上の画像は、北側のユタ州から見た「ナメック星」の壮大な景観♪ 

道路はルート66ではなく、国道163号線なので念のため。ウィキメディア

で公開されてる、Averette 氏の作品。    

       

     

        ☆          ☆          ☆

さて、今回の「tomo」(トモ)は、ナレーターによると、学校をフケてゲー

センに行ったのだ♪ そりゃ、ナバホ(Navajo)族に叱られるだろ! 本

当はルート66から北へ寄り道して、雄大な眺めのモニュメント・バレー

(Monument Valley)を体験。モニュメント(記念碑)みたいな岩山がポツ

リポツリとそびえ立ってるバレー(渓谷:山に挟まれた平地)だから、この

名が付いたらしい。

      

位置を確認すると、下の図のピンク色がアリゾナ州(東がニューメキシ

コ州)で、北のユタ州との州境近くに広がってる。地図の青緑の丸が大

体の位置。例によって、ウィキメディアのFredddie氏の画像を拝借した。

加工は tenmei 氏だ♪

    

120228a

     

しかし、凄い道で大変そうだったね。山Pよりも、車の「あっくん」が(笑)。

く壊れなかったわな。番組の設定としては、壊れたら智くんが自分で修理

するって話になってるんだから、誰もいない広大な観光地で泣きが入って

たはず。携帯も使えないから、東に向かって(to the east)叫ぶしかな

い♪ 「Whooo・・ooh・・!」。あっ、ちなみにこれ、番組内で起きたエピ

ソードの引用ね。いや、まだ見てない人は分からないだろうから。

        

    

         ☆          ☆          ☆    

今回はもう、ただただ「ヤッベ~~」景色に驚くばかりなのだ。まずは山P

も乗っかったレンガ作りの塀から、大きく見渡してみよう。ウィキメディア、

Gerd A.T.Muller氏のパノラマ写真。

   

120228b

    

120228c

 続いて左は、ナ

 バホ族のガイド

 が連れて行って

 くれた、映画監

 督の名を持つ場

 所、「ジョン・

 フォード・ポイ

 ント」。同じく、

 Bernard

120228d

 Gagnon 氏

 の写真。そのポ

 イントから見た

 景色が、左の写

 真だ。同じく、

 Commons

 Helper2Bot

 氏。そして最後、

 朝日の写真が、

120228e

 同じく Luca

 Galuzzi 氏

 の作品。皆さん、

 Thank 

 you very

 much!

 中1英語かよ♪

    

    

         ☆         ☆          ☆

英語と言えば、ナバホ族の英語も、ネイティブじゃない(=自分たちの言語

ではない)から、やたら聞き取りやすかったね(笑)。マザー・ネイチャー

(mother nature:母なる自然)の一部であることを、アイ「デニ」ティ(identity

: 自分自身)として意識しながら、家族を一番大切にして人生を過ごす。そ

う語ると、頷いた観光客からチップをプラスしてもらえるのだ。コラコラ♪

     

いまや世界的に、原住民でさえ携帯で遊ぶような時代だもんね。ホントは

マネーも大切にしてるはず。1時間半60ドル(5000円弱)とかネットに

書いてあるから、意外とリーズナブルな(=納得できる)料金かも。って言う

か、超円高だからか。ま、それにしても、たっぷり浴びてる自然放射線とか、

たき火のダイオキシンとか、環境に対する細かい不安は持たずにゆったり

暮らしてるのは間違いない。

      

ちなみに、たき火の薪はあの辺りだと困るだろうから、ドンキホーテで買っ

てるはず♪ そりゃ、日本のディスカウント・ショップだろ!・・とボケ・ツッコ

ミした所で、念のために調べると、ハワイにもドンキは出店してるのか(オ

アフ島)。

         

10年後くらいには、ナバホ族も米国ドンキて色んな「オモチャ」を楽しむこ

とになるだろう。渋谷店なら上の方の階に並んでるのだ・・って、「細かす

ぎて伝わらない」だろ! ま、首都圏の女性読者の3割はニヤッとしたは

ずだけど♪ 昔は渋谷ロフトの5階くらいに少しあったよな(細かい・・)。

          

    

          ☆          ☆          ☆

英語に話を戻すと、アイ「デンティ」ティの発音。日本人にはアイ「デニ」ティ

としか聞こえなくても、外国人はちゃんと、i「denti」tyと発音してるつもりだっ

たりするようだ。そういった細かい事情まで、最近だとすぐネットで出て来る

から凄いね。

             

中学時代だったか、私もラジオでNHKの英語講座を聞いてたんだけど(4

月の前半だけ♪)、「絶対そうは聴こえねぇよ!」って時がよくあった。それ

で結局、居眠りばっかで続かなかったのだ。責任転嫁かよ!

             

とにかく、ナバホ族の木造りドーム型住居の中で、山Pは寝袋を2つ並

べて夜を過ごしたわけ。まだ夜の10時だったから、すぐには寝ないはず。

うっかり10時45分頃、あの雄叫びが出ちゃって、原住民たちが集まった

かも知れない。男だけの長旅も終盤、もうスタッフも限界なのだ♪ ま、

来週辺り、いよいよ「聖地」カリフォルニアだろうしネ。

           

なお、今回の智くんファッションは、黒の革ジャンに、引き裂いたクラッシュ・

ジーンズ。下は、黒のブーツにイン。アメリカの男って感じで、渋いオシャレ

だったね☆

   

    

          ☆          ☆          ☆

最後に、今週のリリー・フランキーのお喋りは笑えたな♪ あれ、女性視

聴者だとピンと来なかったかも。

       

話の流れは、山Pが問いかけた「不安」から始まったのだ。不安は未来

ことを考えるから生じるんだけど、未来のことなんて当たらないんだから、

考えたって仕方ない。画家の大竹伸朗のそうゆう説をウンチク的に紹介

した後、リリーの話は、当たることもある小市民的な未来へと移って行く。

     

予想通りになる未来なんてものは、夢というより目標であって、飲み屋

で「小ベンツ」に乗ってる小金持ちが自慢するようなものに過ぎない。で、

この先が話の核心☆ 実は、その程度の男の成功話を「素敵 ♡」って

感じで横で聞いてる女性が、結構カワイかったりするわけ(苦笑)。す

るとつい、世の中おかしい!とリリーは思ってしまう。それを聞いて、山

Pも私も思わずウケたのだ。確かに、何かがおかしい。

            

もちろん、そこで残念なのは、ちっぽけな成り金でも、寄り添う女性でも

ない。そうゆう女性でさえ、つい「いい女だな・・」と悔しく思ってしまう自分

自身こそ、一番残念な存在なのだ。すべては、男のY染色体に含まれる

「その種の女、大好き遺伝子」のせいなのだ♪ Y染色体がやがて無くなっ

男が消滅するなんていう、NHKスペシャルの大げさな話も、最近否定

されてたから、今後もずっと、男は悔しい思いをし続けるだろう。

   

結局、は、虹の上を歩こうとする男より、ベンツで美味しい物を食べに

連れて行ってくれる男を選ぶのだ。ま、私もいずれ東京マラソンの日本人

トップになって、賞品のBMWに女を乗っけて六本木辺りの飲み屋をはし

ごしよう。「夢は自分でかなえるものなんだよ」とか得意げに語りつつ・・・

って、そりゃ飲酒運転だろ! 

     

同乗者も罰せられるので、ご注意あれ♪ では、今日はこの辺で。。☆彡

       

   

   

cf. 仕事が長引いて見れなかった『ラッキーセブン』第7話、視聴率はズ

   ルズル落ちて、13.6%。やっぱ、瑛太と松嶋菜々子の回し蹴りを 

   出さなきゃダメでしょ♪      

      

   

cf. 山P=山下智久『ルート66』、男のアメリカ横断一人旅が熱い☆ 

                                    (第3回記事)

  瑛太の蹴りを見逃したから、スマスマでマー君の投げ♪(『ルート66』追記)

                                    (第4回記事)

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第5回、天然・智くん♪

   山P『ルート66』第6回、主役はブーツジャックか♪&『ラッキーセブン』

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第7回、道路距離と消灯の謎♪

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第10回、「Yes,I will」

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第11回、「誰かがきっと・・」

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』最終回、最も美しきもの☆

                    

                               (計 3323文字)

| | コメント (3)

東京マラソン2012のTV観戦後、32.195km走

RUN 32.2km,2時間34分59秒,平均心拍162

    

フーッ、板橋Cityマラソンへの第一関門クリア。とか書いても、インパクト

ないんだよな。やっぱ、東京マラソンじゃなきゃダメらしいのだ (^^ゞ 他にも

フルマラソンは沢山あるんだけどね。昨日の有名人の結果記事には、面

白いほどアクセスが続いてる♪ 昨日は字数制限がキツくて、無味乾燥で

極端に簡単な内容になってたけど、その後700字ほど書き足してるので、

宜しければご覧あれ。

       

それにしても、昨日のテレビ中継は面白かったし、懐かしかった♪ 一昨

年、私が出た時の放送は、録画エラーで見れなかったし、去年の東京マ

ラソンは北海道スキー(ルスツ)の最中。今年も、最初の30分だけ見よう

かなと思ってたんだけど、コースの映像が懐かしくて、11時半まで見てし

まった (^^ゞ 2年前の氷雨のレース、ちゃんと景色を覚えてるんだよな。

その時の思いとか色々と脳裏に浮かんで来て、郷愁に浸っちゃったわけ。

     

  

          ☆          ☆         ☆  

レース展開的には、まず、前半飛び出した藤原正和と2位になった藤原新

紛らわしかったな (^^ゞ この2人、苗字、身長、体重、年齢がすべて同

じなのだ。167cm、54kg、30歳。2010年の東京は正和1位で、新2位。

    

しかし、藤原新も面白い選手だね。フリーターかプロ・ランナーかプータロー

か知らないけど、実業団から飛び出して、女房・子どもとも別居。おまけに、

レースごとの当たり外れも大きいから、ドラマチックなバクチ屋の一匹狼み

たいだな。ある意味、公務員の川内よりも面白いキャラ。賞金と商品(日本

人トップにBM)を目指して走ったっていうコメントも微笑ましかった。ちな

みに2位だと400万円。奥さんに渡すって話がまた可愛い♪ 1位なら800

万、3位は200万、4位100万。上位の競り合いは大金が動くのだ。

        

一方、常識破りのチャレンジで見事に砕け散った、市民ランナーの星・

内優輝。まだロンドン五輪の可能性は残ってるし、24歳の若さもあるから、

どんどんアグレッシブに攻めて欲しいね。ちなみに、川「口」と入力して検索

してる人が目立つけど、川「内」が正しい。

          

マイ・ドリンクを最初に2回連続取り損ねたのが敗因みたいなことが、あち

こちに書かれてるけど、あんまし関係ないと思うな。以前、記事に書いたよ

うに、高岡寿成の日本記録は給水なしなのだ。ボトルの取り損ねはよくあ

るミスだし、普通のドリンクは飲んでたし、さほど速くもないペースの序盤か

ら、顔が妙に赤く引きつってて、解説の瀬古も心配してたほど。実は、まだ

喋ってない特殊な敗因があったのかも知れない。有名になり過ぎて、色々

と練習しづらい環境ではあったようだ。

    

ちょっと意外だったのが、藤原新川内足にマメが出来たって話。気象

条件は、適度に寒くて風も弱くて、かなり良かったはずなのに、あのレベ

ルでもそんな事が起きるんだね。も一時期、マメやタコが軽く出来てた

けど、ここ1年は全く無し。靴の形は足に合ってないんだけど。。(^^ゞ

      

気の毒なのは、女子で好タイムを出した大久保絵里。最後に次々と抜か

れて4位に落ちたけど、積極的だったし、2時間26分08秒のタイムもな

かなか立派。スタイルも良くて、顔も整ってるように見えた。そこかよ♪ 

女子の場合、ロンドン五輪選考の対象外のレースとはいえ、もうちょっと

大きく扱ってもいいと思うから、私がここで褒めとこう。美しい走りを(笑)。

    

なお、マラソンの完走率96.4%、10kmとの全体だと96.5%。前回

のマラソン完走率97.2%から下がったのは、関門の締切時間を1~5

分短縮したのが影響してるかも、という話だ(MSN産経)。

    

       

          ☆          ☆          ☆

一方、2流市民ランナーの走りについて。東京マラソンに刺激を受けて、

42.195km走って来た・・・と書きたい所だけど、それは無理なのだ (^^ゞ

基本的に30km以上は苦手だし、フルマラソンなんて年に1回レースで走

るだけ。と言っても、その年に1回がもう3週間後に迫ってるから、10km

オマケして32.195km走ってみた。オマケになってないだろ!

      

病み上がりの4日連続リハビリランで、一応80kmこなした後、2日休んで

回復した状態。また真冬並みの寒さになったこともあって、鼻とノドの荒れ

がぶり返して来たから、パブロンを2錠だけ飲んで、コーラでカフェイン・ドー

ピングも行って、慎重にスタート。第一目標は完走だけど、流石にそろそろ

スピードも意識しなきゃいけないなと思ってた。

    

とはいえ、まだレースシューズで飛ばすタイミングでもないし、寒いから上

下の厚着も不可欠♪ ただし、ずっと鼻呼吸で頑張ってたのを口呼吸に

戻してみた。私の場合、鼻の中が狭いからなのか、口呼吸にするだけで

一気にスピードが上がる。1km15秒前後の違いかな。往路からその効

果は出て、中盤くらいでもう完走は確信できたし、1km5分以内のペース

はキープ出来そうだなと感じた。

     

体重がなぜか減ってるせいなのか、脚の付け根の疲れもそれほど酷くは

なくて、左脚ふくらはぎが少し痛い程度。結局、かなりいい感じで、脚に余

裕を残して完走。トータルでは1km4分49秒ペース。まずまずでしょ♪

あとは、高過ぎる心拍数が元の低さに戻るのを待つだけ。厚着を止めて

レース用シューズにして、本気で飛ばせば、結構行けそうな気がする。も

ちろん、まだ長距離走の第一関門を突破しただけだから、この先も頑張ら

なきゃいけないけどね。

    

という訳で、そろそろお仕事に戻らなきゃ (^^ゞ 今日はこの辺で。。☆彡

      

           

  往路(2.45km)    12分23秒  平均心拍146          

  1周(2.14km)    10分30秒         155        

  2周             10分18秒         159        

  3周            10分08秒          163

  4周             10分10秒          163 

  5周             10分07秒         163

  6周             10分04秒         164 

  7周             10分07秒         165 

  8周             10分06秒         165 

     9周            10分13秒         165

 10周             10分19秒         165

 11周             10分24秒         164

 12周             10分37秒         164

 13周            10分41秒        165

 復路(1.93km)      8分54秒         164

計 32.2km  2時間34分59秒 心拍平均 162(最大172,ゴール前)

               

                                  (計 2510文字)

| | コメント (0)

東京マラソン2012、芸能人・有名人の結果(タイム)

(☆翌年の追記: 新たに記事をアップ。

  東京マラソン2013、芸能人・有名人の結果(タイム)&不調ジョグ25km )

   

      

         ☆          ☆          ☆

今週の文字数制限(2万字)が迫ってるので、最小限の文字数で。日付け

変更後に追記する予定。タイムの順。今週は計19999文字。

                                  (計 353文字)

     

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日付け変更後に700字追記した。記録はすべて、ネットタイム(本人が

スタート地点を通過してからの時間)。

        

           ☆   ☆   女性   ☆   ☆

   西谷綾子     3.15.50  25歳、女性タレントで現在走力No.1。

   久保田智子   3.55.21  35歳、TBSアナウンサー。

   山田玲奈     4.16.55  34歳、気象予報士その他。 

   荒木恵      4.39.38  31歳、元レースクイーン。

   浅利そのみ   4.58.13  31歳、東京FMアナウンサー。

   白石みき    4.58.18  29歳、モデルその他。

   五戸美樹    5.10.06   25歳、ニッポン放送アナ。「ごのへ」。

   水卜麻美    5.24.14  24歳、日テレ女子アナ。「みうら」。

   秋元才加    5.34.13  23歳、AKB48、名前は「さやか」。

   吉松育美    5.26.55  24歳、ミス日本代表2012。

   綾瀬ゆかり   5.30(本人のブログ) 26歳、元レースクイーン。

   青木愛     5.54.16  26歳、元シンクロ選手、173cm。

   ローラ・チャン  6.03.53 24歳、中国人タレント。

   足立梨花    DNF(ゴール出来ず) 19歳、ホリプロ・グランプリ。

                           35kmの関門で時間切れ。

   高岡由美子   DNF     36歳、モデル。早紀の妹。出産後2ヶ月。

                     20km過ぎの関門で時間切れ。

   大櫛エリカ   DNS(スタート出来ず) 31歳、去年は最速のスポ系

                           タレント。直前に体調悪化。

       

           

           ☆   ☆   男性   ☆   ☆  

   宇野けんたろう     2.38.19  29歳、「げんきーず」のツッコミ。

   森渉           3.02.25   29歳、俳優、トライアスリート。

   元気☆たつや      3.23.21  30歳、「げんきーず」のボケ。

   東国原英夫       4.07.14  54歳、前・宮崎県知事ほか。

   桜井勝延        4.09.53  56歳、福島県・南相馬市長。

   阿部祐二        4.23.41  53歳、タレント、リポーター。

   アーネスト・ホースト  5.16.46  46歳、K1全盛期に4度優勝。

   村上健志        5.23.42  31歳、「フルーツポンチ」のボケ。

   春日俊彰        5.44.50  33歳、「オードリー」のボケ。

   塚本泰史        6.30.30  26歳、元・J1、骨肉腫を克服。

   猪野直樹        6.40.29  65歳、東京都・副知事、作家。

   杉山裕之        DNF      34歳、「我が家」のツッコミ。

                          35kmの関門で時間切れ。

    

   

なお、トップレベルのレースの感想は、翌日付けの記事で書いた。

    東京マラソン2012のTV観戦後、32.195km走

   

                           (追記込み、計1111文字)

| | コメント (0)

現在の中に過去を見ること~高橋源一郎&小阪淳&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・2月)

(☆2013年2月3日追記: 遅まきながら最新記事をアップ。

  アートとツール(道具)

   ~小阪淳&高橋源一郎&平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・12年12月) )

    

    

         ☆          ☆          ☆

当サイトは過去6年半の毎日更新を通じて、様々な記事を書いて来たし、

ほぼ毎日アクセス解析もチェックしている。すると、あまりに素朴で永遠の

真実を、まざまざと思い知らされるのだ。「人は皆、有名人が好きである」。

それは、「論壇時評 高橋源一郎」といった検索フレーズの多さを見るだ

けでも自明なのだ。

      

もちろん、私も例外ではない。ただ、重要なのは、有名人との具体的な接

し方だろう。誰を、どのように扱うのか。善玉を味方に付ける、悪玉を叩く、

過去の偉人を称賛する、現在の人気者と同一化する、等々。あるいはまた、

無名人とのバランスをどう取るのか、それも大切であり、忘れられがちな事

でもある。圧倒的多数は無名だし、有名人も当初は無名なのだ。

       

今回、朝日新聞・2月23日の朝刊に掲載された複合記事「論壇時評」で

は、メインの時評担当者・高橋源一郎が有名人と過去を扱い、CG作家・

小阪淳が過去の有名人を通じて密かに現在の有名人を扱ってる。一方、

政治学者・菅原琢は、有名人の名前を一度も出さず、過去の光を現在へ

と照射している。

            

そこで以下、「現在の中に過去を見ること」と題して、全体を論評してみよ

う。なお、今回たまたま自主規制の字数制限(週2万字)が迫ってるので、

普段より少ない字数で書くことにする。

        

    

          ☆          ☆          ☆

まずは、小阪淳CG、「肖像」について。肖像という言葉は、最近だと肖

像権という形で時々使われるが、基本的に古い言葉だと思う。言葉自体

も古いし、言葉を用いる対象も古いことがほとんどだろう。

     

120225

  左の坂本龍馬肖像写真は、ウィキ

  メディアで公開されてる物で、作者は

  GooGooDoll2 氏。私も直接見たことが

  ある、高知県桂浜の龍馬像のモデル

  とされるもので、元々1866年か67

  年に井上俊三が撮影したそうだ。な

  ぜか坂本龍馬記念館HPでは、これ

  とほぼ同じ画像の使用について厳

  しい注意を掲載してるのだが、著作

  権的には問題ないようだし、肖像権

  も問題ないと判断した。 

             

今月の小阪のCGは、富士山の写真の上に、この龍馬の肖像写真が乗せ

られている。日本の象徴である富士山よりも、龍馬の肖像の方が巨大。風

雲急を告げる空への投影みたいで、しかも政治運動によく用いられる立て

看板のような形で掲げられてるのだ。肖像が斜めになってるのは、看板を

支える古くて弱々しい木製の枠組を見せるためでもあるし、本物との差異

=ズレを示す意図もありそうだ。本物の肖像画との差異、あるいは、本物

の龍馬とのズレ。

    

実際、笑えることには、CGにおける龍馬の顔の部分はになってる。こ

れは観光地で見かけるもので、若くて無邪気な観光客がそこに顔を入れ

て記念写真を撮るためのものだ。ほぼ間違いなく、その観光客の頭には

真実の龍馬(or 有名人)の人物像など無く、過去の有名人としての漠然

としたイメージがあるだけだろう。そして、それで通用するのだ。自分た

ちも満足するし、滑稽な旅行写真を仲間に見せても笑いのネタになる。

     

もう一つ、気付きにくい点も指摘しとこう。新聞ではいつも白黒だが、朝日

新聞デジタルでは今までカラーのCGだった。ところが今回は、まるで浮

世絵とか水墨画みたいな画像で(特に下側)、古めかしい白黒なのだ。お

そらくこれは、白黒のモノトーンに見せてるカラー画像だと想像する。

           

        

         ☆          ☆          ☆

基本的には先月(1月)と同様、ここ1年ほどの父権主義的な日本政治

表現するもので、そこには巨大で有名、しかも何らかの意味で古めかしい

「父」たちが顔を並べてる。特に今、驚異的な一般的人気を誇るのが、橋

下徹・市長を中心とする大阪維新の会。そこが掲げる政策の呼び名は、

幕末期に龍馬が起草した国家の基本方針と同じ、「船中八策」であった。

現在の父が、過去の父を真似する構図になってる。敢えて、縮小再生産

とまでは言わない。

     

小阪のこうした作品を見ていつも思うのは、立ち位置=ポジション取りの

良さだ。政治に関するコラージュ的な画像には、もう少し「毒」や批判、風

刺が含まれがちなものだが、小阪の場合は適度な抑制が効いてる。それ

は、性格や芸風もあるだろうが、有名人とか過去との類似が、人間にとっ

本質的だからだろう。実際、小阪のCG自体が、龍馬の肖像写真の類

似物だし、私のこの記事も、朝日の記事の(あまり似てない)類似物と言

えなくもない。

      

肖像の「」とは、「似る」とか「似せる」という意味の漢字だ。問題は、どの

ように似せるかということ。裏返せば、どのように差異化するかということ

だろう。過去に対する単純な物真似や、その逆の否定的参照でもなく、

在にとっての価値を持たせるような似せ方、あるいはズラシ方。本質的な

ことは、その辺りの具体的営みにあると考えてる。

          

はたして、現在の政治状況ではどうなのか。小阪のCGでは、龍馬の足が

地に付いてないようにも見えるのだが。まるで江戸時代以降に通俗的人

気を獲得した、幽霊の絵みたいに。。

            

    

          ☆          ☆          ☆

続いて、高橋源一郎によるメインの時評。今回のタイトルは、「いま見るべ

きは」、「緊急の中にある永遠の課題」。もちろん、私のこの記事のタイト

ルは、この高橋のタイトルに似せつつ、ズラしたものだ。

         

これまで手を変え品を変え、延々と「反原発」時評を展開して来た高橋だ

が、今回は多少違った内容になってる。ただし、基本的には反原発

の思想であることは、内容的にも形式的にも明らかだ。たとえば時評

の一番最後は、中沢新一を始めとする有名人たちが中心となった、脱原

発&反TPP運動、「グリーン・アクティブ」をプッシュして終わりとなってる。

     

それはさておき、高橋のスタート地点は、やや古めかしい思想家・吉本隆

と、1000年ほど前、危機の時代の宗教家・親鸞。どちらも、現在でも人

気を保ってる有名人だ。吉本によれば、眼前の現実的問題を「緊急の課

題」と考えると共に、「永遠の課題」としても考えなければならない。これら

の課題を、二者択一ではなく、一つの視線の中で同時に見るべきだと、

親鸞は考えていたそうだ。

      

そこで高橋の視線は、「緊急の課題」から、「永遠の課題」の方に向けら

れる。まずは、ギリシャその他、欧州を中心とする金融問題について。

現代思想』2月号の特集「債務危機 破産する国家」の中から、2つの

論文が引用されている。

    

まず、M・ラッツァラートは、そもそも負債とは何かを考える。人はまるで

「原罪」みたいに、生まれながらにして先行世代の負債を負ってると言わ

れれば、最近の日本の「緊急の課題」にも当てはまる話であるのはすぐ

分かる。国債暴落などによる日本の破綻リスクと共に、若者たちは多くの

負債を負って生きなければならない。そう、しばしば語られてるのだ。

           

一方、デヴィッド・グレーバーは、ヘブライ語の「救済」の語源が「抵当を

買い戻すこと」だったと語る。より具体的には、「借金の人質にとられた

家族を取り戻すこと」だったそうで、7年を過ぎると負債は帳消しになる

方が作られていたらしい。これを高橋は、聖書の時代の人が持ってい

た「知恵」と呼んでいる。なぜ知恵なのか、理由は書いてない。

      

     

         ☆          ☆          ☆

金融問題について、高橋がこの2つを引用するのを見ると、やはりあくま

で「左」の立場を貫いてるのがよく分かる。つまり、私有財産制を重視せ

ず、借金する側の個人の自由を重視してるからだ。こうした人権派的な

考えで、消費者金融その他が一気に追い詰められたのは記憶に新しい。

    

国債もそうだが、そもそも借金というのは、他者(会社、共同体なども含む)

の私有財産を自分のものとして使わせてもらうものだ。返してもらえないの

なら、貸し手(と言うより慈善家)は激減する。すると、利子が高騰したり、

暴力による強奪が起きることになる。だから、私有財産制を認めて、他人

の私有物を平和的に利用したいのなら、基本的には返すべきなのだ。そ

れは、より一般的に言うなら、過去の責任を現在受けとめることだ。

     

もちろん、取り立て方の配慮や、返せない時の特例処置はあっていいし

(現在のギリシャなど)、家族その他、周囲の人の借金までどの程度背

負うべきなのか、細かい議論は必要だろう。

        

しかし、金を貸す側の問題だけを見て、借りる側の問題には触れない高

橋の姿勢は、冒頭で引用した吉本の姿勢と大きく異なってる。と言うのも、

吉本は、タバコが生理的に悪いとわかっていても嗜んでしまう当人の精神

状態をも問題視してるのだから。高橋自身が、それを「永遠の課題」の例

として引用してるのだ。

               

その辺りの不徹底さは、その次の家畜問題にも見られる。鈴木文樹の「途

方もなく広い」射程も、「いま見るべき」ものだということだろうが、高橋の引

用を見る限り、基本的には普通の話だろう。家畜に対する態度から、人間

中心主義の残酷さを見るようなことなら、今までも少なからず伝えられて来

たはずだ。ちなみに私の場合、深夜のドキュメンタリー番組で、鶏を殺して

食べる家族の映像を見たことがある。幼い時にも似た番組はあって、家族

の一人がしばらく肉を食べられなくなった。

   

結局、高橋が鈴木の文章を引用したのは、一つには原発事故避難エリア

の家畜の餓死という「緊急の課題」を扱っており、それが反原発運動とリ

ンクしやすいから。そしてもう一つ、自然との共生的思想が滲んでるから

だろう。

           

「人々が狩猟採集とは違った新しい形で『動物や食物と出会った新石器

時代に思いを馳せ』る」鈴木を見て、高橋は「永遠の課題」を見つけよう

とする作業だと語る。遠い過去へのロマンチックな思いは構わないが、

文明以前の不確かな「イメージ」(吉本的用語なら共同幻想)に憧れるこ

とと、「永遠の課題」を見ることの間には、相当なギャップもある。

   

永遠の課題というのは、例えば、「生物は、他の生物にとって不利益をも

たらし得る存在である」という普遍的事実だろう。私は、蚊を殺すが、蚊も

私の血を吸うし、痒い思いをさせる。人間は家畜を自由に扱うが、家畜も

草を食べるし、アリを踏み殺す。鈴木は近代畜産を「単なる動物虐待のシ

ステム・・・狂気」とまで呼んでるそうだが、これを聞いて他の畜産農家は

どう思うだろうか。また、3割は単なる軽口だが、競馬好きで知られる高橋

がなぜ、馬に金を賭ける人間の快楽システムに目を向けないのだろうか。

      

「いま見るべきは」、例えば、「緊急の中にある永遠の課題」だというのな

ら、総論としてはその通りで、賛成する。ただ、あらかじめ持ってる自分

自の答を、永遠とか過去の中に探し出そうとするのであれば、それはむし

ろ「永遠の中にある、現在の私への支え」だろう。別にそれ自体はいい。

しかし、永遠の課題への視線とは、別のものであるはずだ。。

        

     

         ☆          ☆          ☆

最後に、もう字数が無くなってしまったが、複合記事「論壇時評」の左に位

置するコラム、「あすを探る」について。今回は政治がテーマで、筆者は

原琢。タイトルは、「停滞は参院のせいなのか」。

     

最初に指摘したように、このコラムは形式的に興味深い。有名人どころか、

個人の名前がまったく出てないのだ。政治的停滞の原因の一つとして、参

院を廃止して一院制にするという考えは、橋下&維新の会が掲げる「船中

八策」のポイントでもあるのに。

     

ニュースでは、人気者の橋下徹の名と共に一院制が語られることが少なく

ないが、菅原の視線は大きく、政治システム歴史に向けられる。過去の

事実を見ると、重要なのは参院廃止とか制度改革ではないと言うのだ。

論点をまとめると、次のようになるだろう。

   

政権与党が参院の過半数を失うねじれ国会は過去にもあり、必要な法案

は他党との協力で通っている。逆に、ねじれ国会でなくても、多数の問題

が先送りにされて来た。問題は二院制ではなく対決ばかりで協調も決定

もしない政治家であり、彼らに選挙での敗北への恐怖を植え付ける政治

報道でもある。

   

最後の文章はなかなか美しい。「人は困難に直面したとき大きな力に魅せ

られるものである。だが、そうした欲求に抗い、一歩引いて状況を分析し、

違う道を歩むこともできるのもまた人である。冷静になるのに、遅すぎるこ

とはない」。

   

私は菅原の考えを読んで、こう思う。政治家の決定能力はさておき、確か

に、過去から現在まで冷静に全体状況を見渡して、違う道を探れる人もい

るだろう。しかし、そうでない人の方が圧倒的多数であり、その多数が政治

を左右する。この点をどうするかこそが真の問題なのだ。それでいいとい

うのも一つの考えだが、もう限界だと菅原は考えるだろうし、私もそう思う。

   

では、どんな対策があるか。例えば佐伯啓思は、『週刊新潮』3月1日号

(2月23日発売)で、「世論調査」をやめてくれ、と訴える。あるいはジェー

ムズ・S・フィシュキンは、熟議を組み込んだ「討論型世論調査」を提唱す

る(朝日朝刊、2月18日)。自身は、一見遠回りだが、複数で論して

決定するという民主主義の基本を、家庭生活や小学校教育から重視す

べきだと考えてる。それはやがて、政治家の集団的決定能力を上げるこ

とにもなるだろう。特に、議論の最後は譲るとか諦めるとか、社会の基本

が大切だ。

   

2月24日の朝日・朝刊で、小沢一郎も語ってた。「国民以上の政治家は

出ない」。国民のレベルアップには、ボトムアップとトップダウンがある。タ

レントも含めて、カリスマ的著名人によるトップダウン的作用が目に付く

今こそ、家庭や教育によるボトムアップに目を向けるべきだろう。現在の

我々は、過去の家族や教育によって形作られてるのだから。

   

それでは、今月はこの辺で ☆彡

           

                                (計 5501文字)

    

         

         ・・・・・・・・・・ 追記 ・・・・・・・・・・

cf.震災後、身の丈超えぬ「ことば」に希望

         ~高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞) (4月)

  非正規の思考、その可能性と危険性

         ~高橋源一郎&濱野智史「論壇時評」(朝日新聞・5月)

  みんなで上を向いた先に真実はあるか

         ~高橋源一郎&平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・6月)

  スローな民主主義と『スローなブギにしてくれ』

          ~高橋源一郎&森達也「論壇時評」(朝日新聞・7月)

  柔らかさ、面白さが無ければ伝わらないのか

          ~高橋源一郎&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・8月)

  人を指さす政治的行為のマナー

          ~高橋源一郎&酒井啓子「論壇時評」(朝日新聞・9月)

  希望の共同体を楽しく探るために

          ~高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞・10月)

  アート・ロック・ゲーム、多様な変革運動

    ~高橋源一郎&濱野智史&小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・11月)

  どの常識をどう疑い、何に立ち向かうのか

    ~高橋源一郎&小阪淳&平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・12月)

  対称的な関係の中にある前進

    ~高橋源一郎&小阪淳&森達也「論壇時評」(朝日新聞・1月)

  自ら切りひらく主体相互の共生

          ~小阪淳ほか「論壇時評」(朝日新聞・3月)  (未完)

  「常識がない」ということの意味

       ~小阪淳ほか「論壇時評」(朝日新聞・12年4月)  (未完)

  破壊と建設、悪意と善意

   ~小阪淳&高橋源一郎&濱野智史「論壇時評」(朝日新聞・12年5月)

  古きを温め、新しきを育む

   ~小阪淳&高橋源一郎&森達也「論壇時評」(朝日新聞・12年7月)

          

                           (追記込み、計6218文字)

| | コメント (4)

リハビリ・ラン4日目(27km走、計80km)&「マラソン即日満員」(朝日)

(23日) 鼻呼吸RUN 27km,2時間19分34秒,平均心拍158

     

フーッ、何とかノルマをこなせたね。4日目の今日は、25km走の予定だっ

たけど、思ってたほど悲惨な疲れでもなかったから、2kmだけ延長した。

ま、これが大きいんだけどね。25km過ぎからが、いつも難関なのだ。

       

ところで、たまたま昨日(2月23日)の朝日新聞・夕刊を見ると、1面トップ

の目立つ扱いで、「マラソン 即日満員」、「人気過熱 『走りたいのに』」っ

ていう大見出しがあった。執筆は坂本真子記者。

          

サラッと読んで、まず感じたのは、「何でこの日に?」っていう疑問。内容

的には、1ヶ月前に(ほとんど)書けたはずだから、要するに東京マラソン

2012の直前を狙ったわけだろう。実際、2つある小見出しの最初が「『

京』は9.6倍」となってる。もう一つは、「アクセス集中」。

       

ちなみに私の場合、東京マラソンは、抽選申込の締切にギリギリ間に合

わなかった (^^ゞ 満員とか過熱って話じゃなくて、単なる不注意のミス。

8月末は自転車とブログで忙しいもんで。。

        

     

          ☆          ☆          ☆

話を戻すと、朝日の記事の左上では、「首都圏で人気の最近の主なマラ

ソン大会」と題する図を掲載。即時満員の例が5つ挙げられてる。

           

   富里スイカロードレース(11.6.26)

                   2~3時間  10km、5km・9500人

   手賀沼エコマラソン(11.10.30開催) 

                   5時間余りで締切  ハーフ・6000人

   湘南国際マラソン(11.11.3)

            10時間半  フル、ハーフ、10km・計21200人

   つくばマラソン(11.11.27)

                   5時間半  フル・10500人

   新宿シティハーフマラソン(12.1.15)

                   2時間程度  ハーフ・4500人

     

首都圏ではないけど、本文では去年の長野マラソンの話も書かれてる。

8000人の定員が、電話は2時間20分、ネットは4時間24分で埋まった

そうだ。細かいデータだね♪

    

    

          ☆          ☆          ☆

確かに、東京マラソンがブームに火を付けるまでは無かった現象で、過

熱気味だなとは思うけど、「即日満員」にならない大会相当あるはずだ。

私が参加したことのある、首都圏のメジャーな大会を3つ挙げてみよう。

          

締切までの期間は、公式情報によるものだけど、板橋(旧・荒川市民)は

自分でエントリー状況を見ながら、「なかなか埋まらないな・・」と感じてた。

去年、中止で出場できなかった人が、「優先受付」で半分(7500人)もエ

ントリーしたにも関わらず、盛り上がりはイマイチだったのだ。

       

    板橋Cityマラソン  フル15000人 締切まで11日間前後

    青梅マラソン     30km 15000人 5日間程度       

    かすみがうらマラソン  フル 18000人 1ヶ月前後(?)

    

最後のかすみがうらは、公式情報だけ見ると定員に達しなかった可能性さ

えある。と言うのも、締切が、当初の予定期間の最終日時になってるからだ。

ネットで検索しても、締切になったという報告が見当たらない。去年の大会

の情報ならあるけど、締切までに半月ほどかかってた。

   

首都圏のメジャーなものだけで、すぐに3つ見つかったくらいだから、全国

的にはまだ「即日満員」と騒ぐほどの状況とは思えない。私が去年出た

田・彩湖フルマラソンなんて、しばらく後に気付いても楽勝でエントリーでき

たし、ちゃんとした運営だった。要するに、一部の大会に人気が集中して

るとか、6、7年以上前までと比べると大変になったなとか、そのくらいの

話だろう。

   

        

         ☆          ☆          ☆

雑誌なんて特にそうだけど、ニュースの見出しはやっぱり大げさになって

るものが多い。大げさな見出しに合う話を寄せ集めて記事を作るわけだ

が、見出しに合わない反例が少なからずあることも日常茶飯事なのだ。

そうゆう事を考えながら読むのが、情報リテラシー(読み取り能力)っても

んだろう。

    

ちなみに朝日の記事でなるほどと思ったのは、本文ではなく、増田明美

コメント。年配の方に配慮して、ネット以外に郵便やファックスでも受け付

けるとか、抽選で外れ続けた人を優先するとか、そうゆう配慮はあってい

いと思う。。

   

     

         ☆          ☆          ☆

最後に、昨夜の走りについて。病み上がり連続4日目で、25km走れ

ば合計78kmになるiから、ちょっと無理がある。ダメならハーフ21.1km

でもいいやと思って、さほど気合を入れずにスタート。風邪って言うより、ど

うも花粉症気味だから、久々にパブロンを2錠だけ飲んでみた。

         

コーラでカフェインを摂るのを忘れたからか、パブロンの副作用で眠かっ

けど、思ったよりはマトモな走りで、左脚の痛みちょっとだけ。この4日

間だと、一番マシだったかな。パブロンの助けは借りたけど、相変わらず

の厚着だし、ずっと鼻呼吸。大リーグボール養成ギブスを付けてるみたい

なもんだ♪ 古っ! 流石に20km過ぎからはどんどん心拍が上がって、

スピードは低下。呼吸も苦しかったけど、まさかの27km走到達で、そこ

そこ満足して帰宅♪ 気温が9度あったからか、急にノドの渇きを感じて、

水分を一気に1リットルくらい補給した。  

   

トータルでは1km5分10秒ペース。心拍はやたら高いのに、まだジョギン

グのペースに近いな。ちょっと休養して、その後は徐々にスピードも上げて

行かなきゃ、もうヤバイ! 目標は完走じゃなくて、7年ぶり自己ベスト

更新なんだから。風邪で調子を崩す前のコンディションまで戻せば、十分

可能性はあるのだ。7年前と今を比べると、実力的にはほぼ同じ。あるい

は、ちょっと上くらいなんだから。ま、自転車の能力は負けてるけどね (^^ゞ

        

もうちょっと書きたいんだけど、今週字数制限(2万字)が厳しいから、

この辺であっさり終りにしよう。では、また明日。。☆彡

       

   

P.S. 山P=山下智久『最高の人生の終り方』、第7話視聴率は9.6%

     で、再び1ケタ。視聴率記事を更新した。

      

   

  往路(2.45km)      13分09秒    平均心拍140

  1周(2.14km)     11分13秒        149

  2周              11分04秒        153

  3周             11分02秒        156

  4周              10分52秒        158              

  5周              10分52秒        159

  6周              10分48秒        160         

  7周            10分54秒        160          

  8周            11分00秒        162        

  9周            11分17秒        162        

 10周            11分22秒         164

 11周(0.7km)       4分01秒        166

  復路             12分02秒         166         

計 27km   2時間19分34秒  158(86%) 最大177(ゴール時)

            

                                (計 2577文字)

| | コメント (0)

リハビリ・ラン3日目(休養ジョグ)、タクシー利用可のマラソンなど♪

(22日) JOG 16km,1時間36分,平均心拍138

   

病み上がりに加えて、昨日・一昨日のリハビリランの疲れがあるとはいえ、

ひどいジョギングだったな (^^ゞ まだ風邪が完治してないかも。1km6分

の超スローペースなのに、平均心拍は138もある。本来なら130程度の

はず。最大心拍164なんて、とてもジョギングとは思えない高さ。。

    

って話の前に、コネタを2つ書いとこうか。PCでブラウザを立ち上げると、

IE(インターネット・エクスプローラー)の場合には自動的にBiglobeポー

タルサイトが出るから、どうしてもニュースが目に入る。同じニュースなら、

Yahoo!の方が早いことが多い気がするけど、Biglobeにはそれなりの

価値が一応あると思うから、サラッと目を通すのが習慣なのだ。

   

で、昨夜目に留まったのが、「上島竜平の名言に多くの人が感動」ってい

う見出し(タイトル)。通俗的で細かいネタを扱う「ロケットニュース24」の配

信で、ダチョウ倶楽部・上島の名言を、同じお笑いの有吉弘行がtwitterで

紹介してるらしい。印象的なのは、

    

   「俺が死んだら熱湯をかけてくれよ

   

流石、バラエティ番組の熱湯風呂で有名なリアクション芸人。なかなか心

にしみる名言だね☆ 多分、実際にこの言葉を語った時には、「あちっ!」

と叫んで生き返るからとか、続きがあったんじゃないかな。ただし、有吉の

ツイッターでは、

   

   「熱湯をかけてもリアクションをしない上島さんを見て、

                            みんな泣くんだよ

   

とつぶやいたとの事。う~ん、「いいね」ボタンを押したくなるマジレスだな♪

実際、ネットでの評判もいいらしい。

         

ただし、ちょっと気になるのは、ツイッターに限らず、短くて印象的、情緒

的な言葉だけが人気を集めがちな状況。昔からその傾向はあったけど、

最近とくに目立って来たと思う。そういった言葉とは別に、骨太の硬派な

文章、論理的な説明にも目を向ける人が、もっと増えて欲しいんだけど、

時代の流れってもんかな。

   

ちなみに私の場合

   

     「俺が死んだらブログのプリントアウトをかけてくれよ

  

って感じかな。ちょっと無理やり過ぎるか♪ 過去6年半のブログ記事、

2700本弱を全部印刷したら、お棺が埋まるから、ピンクパステルグ

リーン着色がお花の代わりになるだろう。これぞ、「最高の人生の終り

方」かも。こうゆう事を書いてると、また先日みたいな悪夢にうなされちゃ

うのか。。(^^ゞ

       

    

         ☆          ☆          ☆

一方、昨日の朝日新聞・朝刊では、「マラニック」の記事が印象的だった。

ピクニックみたいなマラソン」ってことで、タイムや順位を気にせず、のん

びり楽しむのが特徴。以前からあるけど、新聞記事で面白かったのが、

途中で「バスやタクシーに乗ってもいい」大会もあるって話♪ リタイアし

た時って意味ではなくて、マラニックの最中でもアリらしい。

    

早速、「武雄嬉野街道マラニック」で検索すると、おそろしくプライベート

手作りサイトが見つかった♪ 佐賀県武雄市で開催、荷物預かりや無人エ

イド(補給所)付きで、参加料2000円。大会とかイベントって言うより、ネッ

トで仲間を募って、実費で一緒に走ってるって感じに近い。サイト名は「駄マ

ラニック天国」。先頭の「駄」は、無駄を表すそうだ。う~ん、この「駄」を外

すだけで参加者が2割増えると思うけどな (^^ゞ ま、主催者が「無駄」っ

て言葉に愛着を持ってるわけね。

    

今までかなりの数のマラニックを開催して来たようで、共通の「汎用要項

(笑)を見ると、確かに「公共交通機関等を使ってのワープも、駄マラニック

公認移動手段です」と書いてあった。しかし、バスの本数がかなり少ないと

思うから、携帯でタクシーを呼べってことか♪ 「携帯電話を持って走って

ください」とも書いてあるしね。

   

まあ、私で言うと、たまにやってる都心のロング・ジョギングとか、自転車

のポタリング、サイクリングみたいなもんかな。のんびり走るのは私も大好

で、だからこそ夏の乗鞍ヒルクライムの後には、信州サイクリングを楽し

んで来たのだ。でも、本気で走る充実感も捨てがたい☆ 来月の板橋City

マラソンは、いつものように全力を振り絞って走ることにしよう。もちろん、

途中でバスやタクシーには乗らずに。自転車もね♪ 

         

   

          ☆          ☆          ☆

最後に、昨夜の走りについて。雨で傘ジョグになるかなと思ったら、傘なし

でも何とかなりそうだったから、雑用も兼ねてノンビリとジョギング。前の2

日で37km走ってるから、積極的休養(アクティブ・レスト)って感じだ。

    

まずはちょっと遠くの郵便局に行って、ついでにお買い物♪ 荷物を持っ

て一旦帰宅した後、今度は別方向のコンビニまで買い物ラン。再び、荷物

を家に置いた後、ようやく近所の公園へ行って周回開始。相変わらず病

み上がり状態で、疲れもあるし、恐ろしく調子が悪い。まあでも、流石に

ピードが遅過ぎて、脚の痛みは僅かだから、何とか合計16km走り切るこ

とに成功。翌日(=今日)の天気がまたビミョーだから、ちょっと長めの休

養ジョグにしたわけ。

         

トータルでは1km6分ジャスト。マラニックみたいだな(^^ゞ って言うか、雑

用ジョグの時間がやや曖昧だから、6分前後と書いた方が正確。ホントは

5分50秒くらいじゃないかな。それにしても、鼻のヒリヒリした痛みはやっぱ、

花粉症が混ざってる気がするね。外で鼻呼吸ランをする度に調子が悪化す

る。かと言って、ノドの炎症は論外だから、ガマンしてるわけ。いよいよ、花

粉症の薬を買う状況になったのかも。。

     

体調がさっぱり戻らないから、今夜も走る予定。鼻の対策として、久々に

パブロン飲んじゃうかも。あっ、そうそう。昨日の東京マラソン有名人記事

に、本格派の女性ランナー2人追加した。それでは、また明日。。☆彡

   

   

  雑用(4.8km)   31分53秒    心拍133

  往路(1.15km)   6分59秒   心拍131     

  1周(1.1km)     6分38秒      133             

  2周            6分28秒      137                

  3周            6分20秒       142        

  4周            6分19秒      146              

  5周            6分09秒      149              

  6周            6分02秒      152              

  7周            5分59秒      156             

  8周           5分50秒      160 

  復路(1.25km)    7分21秒      156 

計 16km 1時間36分 心拍平均138(75%) 最大164(ゴール時)

             

                                (計 2548文字)

| | コメント (0)

リハビリ・ラン2日目(ハーフ走)&東京マラソン2012芸能人・有名人

(☆2012年2月26日追記: 東京マラソンの結果をアップ。

     東京マラソン2012、芸能人・有名人の結果(タイム) )

    

     

     

        ☆          ☆          ☆

(21日) 鼻呼吸RUN 21.1km,1時間47分44秒,平均心拍156

    

フーッ・・・しんどかった。。多少の無理を承知の、病み上がり連続ラン、2

日目。雨で短縮かなと思ってたけど、運良くほとんど降らなかったから、予

定通りにハーフ21.1kmをこなして来た。

    

・・・って話の前に、恒~例~の、東京マラソン有名人チェック☆(古っ!)。

今年で第6回、そろそろ物珍しさも薄れてるはずだし、ランニング・ブーム

も全体的には一段落って感じもある。ところが、皇居ラン東京マラソン

人気は、遥か上空で高止まり☆ もうちょっと広く言うと、首都圏では相変

わらずファッション的な人気が続いてるね。肉体、持久力、エコ、ダイエット、

健康など、ポジティブな要素が色々含まれてるし、一番基本的で簡単なス

ポーツだからこそ、流行がキープされてるんだろう。

    

特に東京マラソンの場合は、断トツの一番人気で、お祭り騒ぎのテレビ・

イベントと化してるから、どうしても芸能人や有名人の活躍に注目が集ま

る。ウチでは2010年2011年と、有名人関連記事をアップして来たけ

ど、意外なほどのアクセスが集まってるのだ。他にも、去年秋の佐渡トラ

イアスロンの時は、バラエティ番組の影響で大量アクセスが集まってる。

      

私自身は、ランニングも自転車も流行る前からやってたけど、お祭り人間

でもあるし、有名人にもそれなりに関心は持ってる。特に、魅力的な女性ラ

ンナーはどうしても気になるわけで、今年も主な出場者をピックアップして

みた。基本的にネットのニュース記事がソース(情報源)だけど、本人ブロ

グ、ウィキペデイア、新聞も使ってるから、たぶん正しいだろう。

      

ただし、あくまで出場「予定」者であって、本当に走るかどうかは当日まで分

からないので念のため。ではレディー・ファーストで、女性から紹介して行こ

う。基本的に世間的な注目度の高い順に並べたつもりだが、さほど意味

も根拠も無い。抜け落ちてる人については、分かり次第、追記するつもり。

          

            

                ☆   ☆   女性ランナー   ☆   ☆

秋元才加(さやか)  23歳、AKB48。東京マラソン2011にも出場して、

             6時間50分06秒(ネットタイム=本人がスタート地点

             を通過してからの正味時間)。

      

久保田智子  35歳、TBSアナウンサー。東京マラソン2010で、3時間

         57分56秒のサブフォー(4時間切り)。多分、ネットタイム。

         歴代の女子アナでトップクラス。ひょっとすると最速かも。

               

水卜(みうら)麻美  24歳、日テレの若き女子アナ。苗字の2番目の文字

             は占いを示す漢字で、カタカナの「ト」では無い♪ モ

             ニターで見比べても、僅かに字体が違う。私は「卜占」

             (ぼくせん)で入力。バレーボール、水泳が得意。

      

足立梨花  19歳。2007年ホリプロスカウトキャラバンのグランプリ。ホリ

        プロ・マラソン部と一緒に練習してるけど、部員ではないらしい。

          

高岡由美子  36歳、モデル。高岡早紀の妹で、元・Jリーガーの本田泰

         人(鹿島の有名選手)と離婚後、昨年12月に再婚。出産

         後2ヶ月で参加。東京マラソン2009は5時間54分04秒。

          

大櫛エリカ  31歳、マラソン・タレントみたいなポジション。トライアスロン

         も始めたらしい。東京マラソン2011は3時間24分13秒で、

         女性芸能人の中では最速。

    

西谷綾子  25歳、若きマラソン・タレントみたいなポジション。高校時代は

        バスケで全国レベル、身長166cm。11月の神戸マラソンを

        3時間15分57秒で走ってるので、今年の女性タレントの中

        では断トツの最速だろう。長谷川理恵の全盛期と同レベル。

     

    

           ☆   ☆   男性ランナー   ☆   ☆

東国原英夫  54歳、ベテラン・ランナーとしても有名。宮崎県知事だった

         2010年、延岡西日本マラソンで3時間23分45秒。

   

桜井勝延  56歳。福島県・南相馬市長。米国タイム誌が、「2011年・世

        界で最も影響力のある100人」に選出。ベストタイムは2時

        間48分台という、高速ランナー。今回は流石に調整不足と

        思われるが、メディアの扱いは大きいだろう。市の南側は警

        戒区域、西側は計画的避難区域。

          

アーネスト・ホースト  46歳。立ち技格闘技K-1の全盛期に、4度優勝。

              シュルトと並ぶ最多記録。5月に元・横綱の朝青龍

              と闘うかも、という不確定情報も浮上。

               

春日俊彰  33歳、お笑いのオードリーのボケ役。身長176cmで88kg

        の体重は厳しいが、ウケ狙いに徹するつもりかも♪

    

村上健志  31歳、お笑いのフルーツポンチのボケ役。

      

塚本泰史(たいし)  26歳、元サッカーJ1・大宮のDF(ディフェンダー)。

             2010年1月に見つかった骨肉腫を克服。10万円

             以上の寄付で参加できるチャリティー枠で出場、人

             工関節での完走を目指す。なお、同枠には約1750

             人が応募、寄付金総額は約1億7500万円で、半額

             は東日本大震災の支援へ。 

       

杉山裕之  34歳、お笑いの「我が家」。ツッコミが走るのは珍しいかも。

         

    

上には挙げてないけど、ある意味で一番の有名人は、ロンドン五輪を目

指す公務員ランナー、川内優輝だろう。24歳、埼玉県庁。果たして、独

自路線を突っ走る彼が、目標の2時間7分台で優勝して五輪キップをつ

かめるかどうか。乞う、ご期待! 

    

  

cf.  東京マラソン2011、芸能人・有名人の結果(タイム)

    東京マラソン2010、有名人の結果のまとめ(芸能人、女子アナなど)

      

    

        ☆            ☆           ☆

最後に、無名の市民ランナーの病み上がりランについて♪ 風邪と仕事

丸7日も走れず昨日ようやくヨロヨロと16km走。心肺機能が衰えてるし、

まだ鼻が風邪気味だし、左脚のふくらはぎと付け根が痛む状況。            

         

しかし、もう板橋Cityマラソンまで1ヶ月を切ってしまったので、走らない訳

には行かない。パブロンはここ4日ほど飲んでないけど、ティッシュはポケッ

トに入れて、慎重にスタート。目標はハーフ完走だけど、18kmくらいでも

OKだと思ってた。

    

走り始めてすぐ気付いたのが、蒸し暑さ。湿度60%はともかく、気温8度

はここ1ヶ月半のランニングで一番高いだろう。厚着し過ぎたなぁと思って、

すぐ手袋を外して、ジャケットの前ファスナーも半分下ろした。後は、高い

心拍数、鼻、左脚の痛みとの長くて地味な闘い。特に、丸7日も休んだ後

なのに、左脚の調子がすごく悪いのには参った。

    

仕方ないから、左脚は単なる支えとして、右脚1本で進むような走りで、ガ

マン大会。バランスが崩れてるから、左の腰まで痛くなったけど、何とか

完走できてホッとした。トータルでは1km5分06秒ペース。遅過ぎて話に

ならないから、今夜も走らなきゃダメだね。雨が降ったら短めのジョギン

グってことで。

   

週末までグズついた天気の予報だけど、東京マラソン当日の日曜日は

晴れるらしい。ちなみに、私が運良く出場できた2010年は、運悪く氷雨

(^^ゞ 当選で、運を使い果たしたらしい♪ では、今朝はこの辺で。。☆彡

         

      

  往路(2.45km)  12分56秒    心拍144 

  1周(2.14km)  11分16秒       152         

  2周          11分09秒       155     

  3周          10分55秒       157

  4周          10分50秒       158

  5周          10分43秒       160

  6周          10分49秒       160

  7周          10分53秒       159

  8周(1.22km)   6分22秒       159

  復路           11分51秒       161     

計 21.1km 1時間47分44秒 心拍平均156(85%) 最大172(ゴール時)

               

                                 (計 3040文字)

| | コメント (0)

山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第7回、道路距離と消灯の謎♪

ビビった。。記事を書く準備をしてたら、突然PC画面が青くなって、深刻な

エラーを示す英文が一瞬映った後、いきなり再起動。「こんなの、初めて♪」

とか悦んでる場合じゃないのだ。まだ買って2年半だけど、HDDは一杯だ

し使い方は激しいし、そろそろヤバイのかも。前のPCは、おかしいなと思っ

てたらいきなりHDDがクラッシュして大変だったのだ。。

   

って感じの市民ブロガーの個人的ネタはどうでもいい? ハイハイ。ハイは

1回でよろしい♪ いつの間にか2月下旬、もう第7回なんだね。智くんの

アメリカ横断一人旅『ルート66』。今回はテキサスカウボーイ達とバイバ

120221a

 した後、ニュー

 メキシコ州サン

 タフェに行くま

 での様子が映し

 出された。画像

 の青色がテキサ

 ス州、その左の

ピンク色がニューメキシコ州。もちろん赤線は、W主役の道路。旅はいつ

しか、終盤なのだ。

       

元の画像はウィキメディア、Fredddie 氏より。着色その他の処理は日本

の総合マニアック・ブロガー、tenmei 氏(笑)。サンタフェとはスペイン語

の「Santa Fe」で、英語なら「Saint Faith」(聖なる信仰)の意。

      

で、今回の最後は、智くんが秘宝・宮沢りえ写真集『Santa Fe』(サンタ

フェ)を手に入れて、満足げな終了となった。コラコラ、古っ! 平成ブロ

ガーの私は付いていけないからウィキペディアを見ると、91年発売、150

万部の大ベストセラー。いまだに芸能人写真集の最高記録らしい。ネット

情報によると税込4725円との事。実に総売上70億円・・☆

        

で、明石家さんまと共にオッパイ星人を自認する智くんは、17歳か18歳

の宮沢りえの胸に食いついたのだ。一方、年配のリリー・フランキーとも

なると、視線が遥か下側に行って、りえのを見るらしい(笑)。そりゃ、

90歳だろ!・・・って言うか下過ぎ! 100歳なら足の裏だ。見えんわ!

           

話が道路から外れまくるけど、女性ファンがあんまし書かない事だから、

男の私が使命感を持って書くことにしよう。女の身体のどこを見るか? 

      

いやぁ、定番中の定番のクエスチョン(問い)だね。確かに20代半ばくら

いまでは、と答える男が多い気がする。大体、少年誌や青年誌を見て

も、漫画や写真で胸が強調されてることが多いもんな。その意味で、山P

はノーマルなのだ。ま、テレビ向け優等生発言かも知れないけど。今度

こっそりバーで聞いてみよう・・・とか書くと事件になるかも♪

   

って言うか、みんなホントは顔が一番でしょ。顔の次にどこかって話で、

リーはお尻にこだわってたネ。は小学校高学年から、全身と答えてた気

がする。パーツじゃなくて、全体的なスタイル、プロポーション。ま、最近は

個々のパーツの魅力も分かって来て、髪、胸、お尻、脚もいいなと思う。あ

と、脇とかおへそとか。そりゃ、ディープ過ぎるか♪ 踵の魅力はまだ分か

らないけど、足首はいいね。きめ細かなお肌もイイ☆ 特に接近した時、

目立つのだ。

     

     

         ☆          ☆          ☆

では、今週はこの辺で・・・って感じで、早くも私としては記事の達成感が

あるんだけど、女性読者のためにもうちょっと書くことにしようか♪

     

さて、前回はブーツジャックなんて妙な物が地味なポイントになってたけど、

今回道路の距離が隠れたポイントだ。山Pがまた仮面ライダーになりきっ

て「トゥ!」と跳んだ、エイドリアン(Adrian)のミッドポイント(中間点)

120221c

 (左のテキサス州の地

 図、上側の点)。あの距

 離を見て「アレッ?」と思っ

 た女性視聴者は少ないだ

 ろうね。ちなみにエイドリ

 アンの綴りは、映画『ロッ

 キー』の恋人役女性の名

 前と同じだった。図はウィキメディ

 アより(SieBot氏)。    

            

話を戻すと、録画してないから断言はできないけど、標識は確か、シカゴ

まで1139マイル、ロサンジェルスまでも1139マイルになってたはず(ネッ

トで確認済)。足して、2278マイル。1マイルは1.609kmだから、合計

3665kmになってしまう。ところが番組では、一貫して3755kmとされ

てるのだ。

      

もちろん、あれは道路標識だから、道路の全長ではなくて、シカゴやロス

の「街に入るまで」の距離を示してるとも考えられる。実際、日本の道路

標識でもよくあることで、しかも距離は結構アバウト(適当)だ。しばらく進

むと、距離が増えることもある♪

        

でも、日本語のウィキペディアを見ると、3755km(2347マイル)と書い

てるけど、遥かに詳しい本家の英語版ウィキを見ると、3945km(2451

マイル)と書いてある。過去の道の変更も色々書いてるけど、3755kmと

か2347マイルという話は見当たらない。それどころか、道路完成時

1926年には、2448マイル(3940km)だったらしい。アレアレッ・・・?

ますます訳が分からない。。

         

番組で、山Pとリリーも男と女の違いの話をしてて、こうゆう熱い旅とか新

しい事の発見とか、男は好きだって言ってたけど、数字へのこだわり

の特徴だろう。だからこそ山Pも、中間点にこだわってた。ところがあの時、

ナレーター距離の説明を避けたはず♪ 話が(表面的に)合ってないか

らだろうね。ま、今後の研究課題として取っとこう。誰が研究者や!

      

     

        ☆          ☆          ☆

ま、女性ファンとしては、そんな事より山Pと仲良しの女性の方が気になる

だろうね。ホラ、前にコメント欄で・・・オイオイ! その話は忘れたフリをし

て(笑)、少年・智くんを優しく導いた、ジャニーズ事務所のおばちゃんね。

おかげて智くん立派な大人の男性になれたらしい♪ たぶん詳細は、

4月11日に発売のDVD&BDで明かされてるだろう。わざわざ山Pの自

宅から電話させたのはもちろん、おばちゃんのカモフラージュ(偽装)。同

性で敏感な親を安心させるための、用意周到な大人の知恵なのだ(笑)

   

とにかく、ニューメキシコ州サンタローザ妖しげなモーテルに宿泊。陽

気なおじちゃんとのやり取りが良かったね。初対面の男性の腕時計を褒

める辺り、流石にP様はオシャレ☆ 英会話にも自信があるんだろう。

      

あの部屋で、夕食の代わりに特大サラミをかじる智くんの映像。あれはも

ちろん、そうゆう事。古今東西、共通の象徴表現というものだ♪ なぜか

部屋しか取ってないし、男性スタッフしかいないしね。部屋の電気を消した

、撮影カメラに向かって蛍光ライトで「ダメ、ダメ」とやってたのも、ここか

らは撮影禁止ってシグナルだと思えば納得できる。妙に女っぽいPちゃん

だったしネ。「なるほど!」と感心した読者の方は、「いいね」ボタンをクリッ

クよろしく・・・って、ボタン無いわ!

          

              

         ☆          ☆          ☆

最後はサンタフェで、青緑色ターコイズ(turqouise: トルコ石)が付い

120221b

 た髪どめを購入。ロ

 ンゲをちょんまげ

 タイルにした智くん

 が泊まったお洒落な

 ホテルが、「el 

 Rancho」(エ

 ル・ランチョ)。ス

ペイン語の名前で、英語に直すと、以前にも出て来た「ranch」(大牧場

になるらしい。大スター達が泊まって来たことで有名とのこと。

   

120221d

 上の写真はサン

 タフェで、ウィ

 キメディアに公

 開されてるもの

 (Urban氏)。

 左の写真はエル・

 ランチョで、同

 じくウィキメディ

 ア(Richie 

Diesterheft氏)。Thank you so much♪

   

ちなみに今回、山Pの服装は前に買った赤系の綿シャツ(?)とウエスタン・

ブーツが基本だったと思う。両胸のパッチがこれまた女性っぽくて可愛かっ

たけど、検索アクセスを見ると「デニム」(ジーンズ?)への関心が高い感じ

だ。次回、モニュメント・バレーへの寄り道では、今回買ったブランケット

(ファッション用の毛布、346ドル=3万円弱)がアクセントになるんだろう。

また覚え立ての英語でコッソリ、「経費でおとせるか?」とたずねたはず♪

    

一方、病み上がりの私は今、フツーの毛布を羽織って頑張ってる所(笑)。

大きいから、気分的に温かいんだよな。これもまた、「a lifestyle」。一つの

ライフ・スタイルなのだ。

      

奇妙に胸を張って開き直った所で、そろそろ終了。最後はトルコ石の画像

120221e

 のオマケ♪ ウィキメディア、

 Mauro Cateb氏の作品だ。

 もうちょっとパステルグリーン

 に近づければ、私の自転車

 ビアンキの色、チェレステ

 (空色)になる。って言うか、

 「ターコイズ」って「トルコ石

 がなまった発音みたいだな(笑)。

 真面目な話、世界各地でなぜ

か似た発音の言葉が使われてるってことはあるみたいだ。言語学の大統

一理論みたいなものが可能かも知れないね。物理学者の夢みたいに。

     

それでは、今朝はこの辺で。OK,Let’s Go!&Rock’n Roll♪☆彡

     

    

   

cf. 山P=山下智久『ルート66』、男のアメリカ横断一人旅が熱い☆ 

                                    (第3回記事)

  瑛太の蹴りを見逃したから、スマスマでマー君の投げ♪(『ルート66』追記)

                                    (第4回記事)

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第5回、天然・智くん♪

   山P『ルート66』第6回、主役はブーツジャックか♪&『ラッキーセブン』

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第8回、ナメック星の大自然♪

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第10回、「Yes,I will」

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第11回、「誰かがきっと・・」

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』最終回、最も美しきもの☆

           

                                  (計 3817文字)

| | コメント (0)

ようやくリハビリ・ラン開始&久々の怖い夢&『ラッキーセブン』

リハビリ鼻呼吸RUN 16km,1時間20分36秒,平均心拍156

     

恐かったと言うか、不気味だったと言うか。。最近、恐い夢を見ることはほ

とんど無くなってたけど、唐突に出現したのは、たまたまお腹の上に掛け

布団の端が来てたからか。つまり、お腹に軽い負荷が加わってたわけで、

よくあるのは手がお腹に乗っかってるパターンだ。試しに、「お腹 手 怖

い 夢」でGoogle検索してみると、ゾロゾロっと記事がヒット。やっぱ、

だけじゃないんだな。特に、両手が胃袋あたりに乗ってることが多い。

   

で、何が怖かったかって言うと、なぜか小さなネット・カフェに入って、空い

てるブースを探してる。各ブースの作りはバラバラで、小部屋みたいな感

じ。全て埋まってたから、店員に文句を言うと、「ここが2つ空いてます」と

指で示す。その方向に目をやると、一つは黒塗り・金メッキの仏壇みたい

な部屋で、入ったら最後、仏様になりそうだ。隣にあるもう一つのブースは、

木造りのお棺そのもので、入ると外から釘を打たれそうな外観。ゾーッと

した時に、ハッと目が覚めた

    

実はその後、また夢が続くし、解釈もできるんだけど、この程度の描写

で止めとこう。いや、単に時間が無いわけよ。ホラ、月曜の夜だから♪ 

まあ、簡単に言うと、昨日たまたま見たネットのニュース画像が、夢の素

材の一つになってたようだ。ただ、それは表面的な話だから、深層レベ

ルのではまた別の問題になる。死への恐怖か、逆に死の欲望か。。

      

       

         ☆          ☆          ☆

一方、8分遅れ流し見した『ラッキーセブン』第6話。ひょっとして冒頭に、

松潤拳闘ジム・シーンがあったのかと思って、公式サイトとツイッター検

索でチェック。話だけで、映らなかったみたいだね。個人的には良かった、

良かった♪ また見逃したんだったら、シャクに触るから。

     

今回は要するに、18年(?)の重みを扱う内容。一方では、探偵事務

の歴史。もう一方に、探偵ドラマの歴史。これら2つは、歴史的重みの良

さとか価値を示すものだけど、あの悪役にとっては負の歴史になってた。

で、探偵事務所の歴史の流れは、蹴りの歴史でもあったわけ♪ やっ

ぱり初回から、回し蹴りのドラマなのだ。

       

もちろん私としては、ミニスカ美脚の若き松嶋菜々子回し蹴りが見たかっ

たんだけど、とりあえず今回はおあずけ。案外、最終回辺りで「お・待・た♪

と言いつつ見せてくれるのかも。古過ぎて伝わらない引用か(笑)。若き松

嶋の伝説のエロCMなのだ(日産アベニール・サリュー、95年)。もちろん、

お股」との掛け言葉になってるわけ。太腿までむき出しの白くて長い左

脚から入る映像とか、今だとまず無理だろう。

      

それにしても、相変わらず脚本も演出もしっかりしてるから、安心して楽し

めるネ。特に最後の事件解決シーンは上手く出来てた。松潤の上段後ろ

回し蹴りに続いて、火のついたライターを大泉洋スライディング・キック

ライターの火で「熱っ・・!」と叫ぶのは完全なお約束で、最後は主役の松

潤が平然とライターをキャッチして、フッと吹き消す。松潤が事務所に来

たキッカケとなる携帯電話の連絡も、大泉が来たキッカケとなるメガネっ

娘・入来茉里の小話も、上手く機能してた。まだ今後にもつながるだろう。

    

ちなみに、あの松潤の蹴り。キレイに決まってたけど(合成かな)、あくまで

素人っぽい蹴りになってる。「美しい」蹴りなのだ。それに対して太の後

ろ回しは、プロ級の「強い」蹴り。通(つう)なら当然、また瑛太の強い回し

蹴りを見たいだろう。

           

もちろん、松嶋菜々子のミニスカ・キックもサービスして欲しいけどね。

び回し蹴りとか、「踵落とし」とか♪ 脚を一度高く振り上げて、踵を相手

の頭や肩に振り落とす技で、今は亡きアンディ・フグ(極真空手からK-1)

の得意技だった。。

      

  

P.S. 第6話視聴率14.6%。ジリジリ下がって来たから、最終回に

     向けて、まずは意表を突くメガネっ娘の蹴りが必要かも。もちろ

     ん、メイド服のコスプレとかで♪

    

   

         ☆          ☆          ☆

最後に、久々のランニングの話。いやぁ、まさかの丸1週間お休み。参っ

た、参った。。どの程度、走れるか分からなかったけど、最低10kmのジョ

ギングくらいこなそうと思って、ドラマ終了後にスタート。意外と衰えて

なかったし、鼻とノドも思ったより回復してたけど、心肺能力が一気に衰え

てる。心拍数で言うと、7くらい上がった感じで、大違いだ。

        

おまけに、走り方をちょっと忘れたせいで、すぐ左脚の付け根を痛めてし

まったから、ずっとその部分をかばう走りのまま。とはいえ、右脚は大丈

夫だったから、予定をかなり上方修正して、16kmの「ランニング」。ジョ

ギングのペースよりはハッキリ速い。結局、トータルでは1km5分02秒

でカバー出来た。ま、風邪と仕事で丸7日間も沈滞してた直後だから、遅

いのは仕方ないわな。

     

こうなったら、明日も明後日も走るしかないね。あんまし無理し過ぎない

ように注意する必要はあるけど、多少のリスク・テイクは必要だろう。そ

れにしても、東京マラソン6日前の夜にしては、公園のランナーが少な

かったね。昨日の日曜日にたっぷり走ったからなのか、あるいはそろそ

ろイベントの緊張感が薄れて来たのか。では、今夜はこの辺で。。☆彡

         

                 

  往路(2.45km)  13分13秒    心拍143 

  1周(2.14km)  11分03秒       153         

  2周          11分11秒       154     

  3周          10分42秒       159

  4周          10分38秒       160

  5周          10分19秒       164

  6周(0.4km)    1分58秒       166

  復路          11分33秒       165     

計 16km  1時間20分36秒  心拍平均156 最大171(ゴール前)

               

                                (計 2304文字)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

やっと仕事が一段落☆シェーバー本体より高い替刃の話とか♪

リハビリWalk 6km,1時間強

    

フーッ・・・やっと仕事が一息ついた。。嬉しい~♪とか書きたい所だけど、

まだ全部終わった訳じゃないから、喜んでる場合じゃないんだよな。ずーっ

と必死にやってたから、家の中がグチャグチャで、どこに何があるのか分

からなくなってるし (^^ゞ まず一旦、片付けなきゃダメだね。

      

何かをする時、「その前にまず片付けなきゃ」と考える人は少なくないと思

う。これ、3割正論、7割逃避って感じかな♪ 私も、徹夜で仕事してる時、

ふと大震災で崩れた荷物の整理が気になったりした。何がどこへ行ったか

分からないままだし、動かすのがだるい大型テレビの裏側にDVDが数十

枚落ちてたリするわけ (^^ゞ 

           

テレビを動かすには、横の棚を動かさなきゃいけないし、棚を動かすには

棚の横に積み上げた本を移動させなきゃいけない♪ イカン、イカン・・・っ

てことで、仕事という現実に戻るのだ。エライぞ、社会人☆ フツーだろ。

    

      

         ☆          ☆          ☆

とにかく、ホントの徹夜で仕事に区切りをつけて、時計を見るともう朝10

過ぎ! すぐ寝たいのをガマンして、1ヶ月半ぶりにバイクのちょい乗り

をすることに決定。途中で3回、乗らずにエンジンだけかけてるけど、もう

バッテリーが瀕死の状態かも知れないのだ。冬のバイクはホントに面倒。

    

どうせ遥か遠くの駐車場まで行くのなら、途中にある電気店に寄ろうと思っ

て、手持ちのシェーバーの裏側をチェック。しばらく前から、3枚刃のうち

2枚に小さい穴が開いちゃってるから、替え刃の品番を確かめたわけ。本

体はSANYO(三洋)のSV-UA2。充電しながらでも交流で使えて、水洗

いはもちろん、濡れた状態でも剃れる。その割に安かったから買ったんだ

けど、まず真ん中の刃に小さい穴が開いて、まもなく後ろ側の刃にも穴。

残るは前側だけになってしまったのだ。まだ買ってから1年半弱。耐久性

に問題があるのか、あるいは、私が肌に押しつけ過ぎなのか。

       

替え刃の品番はKA-VK-SB2。売値で1800円くらいかなと思ってた

のに、お店の売り場で見ると2800円! 外刃だけなのに、暴利をむさぼっ

てる気がするな。すぐ脇には、2000円以下のシェーバー本体ズラッ

並んでるのだ (^^ゞ もちろん刃も付いてる(当たり前)♪ ま、電池式で1

枚刃の携帯シェーバーだけど、同じ三洋の商品(店のイチオシ)なんて、

1000円外刃の3分の1の値段かよ。妙な話だね。PCの値段より修理

代の方が高いって話と似てるわな。変な世の中になったもんだ。

        

ちょっと迷ったけど、わざわざ注文する必要も無かったわけだし、渋々

替刃を購入。今後は丁寧に使おっと。それから駐車場に行って、チョーク

を少し引いてバイクのエンジンをかけると、セルモーターが回ってすぐ始

動したのはいいんだけど、回転数がさっぱり安定しない。5分くらい待って

もダメだから、仕方なく発進すると、やっぱり絶不調。信号で止まる度にエ

ンストするし(危ない・・)、吹け上がりも恐ろしく悪いし、エンジンの動きが

ぎこちなくて音がうるさい。

     

30分ほど乗ってると、少しマシになったけど、最後まで不調のままだった

から、家に帰ってネットで検索。徹夜明けで眠いんだけど (^^ゞ あれこれ

見ても、イマイチかイマニの情報ばっかで、結局は暖かい時に再度チャレ

ンジしてみることにした。まさか、また修理費が数万円かかるんじゃないだ

ろうな。ほんと、乗らないわりに金食い虫なのだ。じゃあ乗れよとか、売れ

と自分でも思うけど、どちらも出来ない平凡な小市民なわけ (^^ゞ

       

    

         ☆          ☆          ☆

最後に、今日のランニング・・・と書きたい所なのに、まだ風邪が治らなく

て走れないのだ。試しにちょっと小走りしてみたら、咳が出たからすぐ中

止。気温も低いままだしね。これ以上こじらせると、板橋Cityマラソンに間

に合わなくなるから、ここは我慢のしどころ。心肺に負荷をかけず足腰

だけ動かしとこうってことで、合計6kmほど早歩きしてみた。って言うか、

単にあちこち雑用に出かけたってこと♪ 天気がいいから気持ち良かった。

    

で、問題の風邪は、パブロン無しで丸一日大丈夫の状態が2日続いたか

ら、流石にそろそろ収束宣言だろう。冷温停止なのだ・・・とか書くと冗談に

なってないのか。ま、原発は冷温停止「状態」だけどね。もっとマシな言葉

にすれば、あれほど叩かれずに済んだのに。どうしても形だけ冷温停止と

言いたかったわけか。

   

とにかく、明日から少しずつ走り出したいとは思ってる。とりあえず今夜は

まだ疲れてるし、そろそろ寝ることにしよう。あっ、思い出した。今日はた

またま、ある有名人を見かけたのだ。ご本人よりも、周囲にいる男性・女

外見がキレイなのに感心した♪ 服装も含めて、違いは明らか。そう

言えば、『人は見た目が9割』なんて新書もあったネ。

   

今週は仕事と風邪のせいで、16111文字留まりとなってしまった。来週

はもうちょっと書きたいけど、仕事の関係でビミョーかも。ではまた。。☆彡

             

                                (計 2052文字)

| | コメント (0)

風邪が治らない中、必死にお仕事中・・

いつも土曜日はアクセスが少ないんだけど、今日は奇妙なほど少ないな・・

と思って見直すと、アクセス解析が止まってた (^^ゞ ここ3年くらい、ココロ

グ(=ニフティのブログ)は他社のブログと比べると安定してるみたいだけ

ど、数ヶ月に1回、数時間ほどアクセス解析が止まってしまう。実害は無く

ても、ブロガーとしてはちょっと気になるのだ。

    

以前はそうゆう時、すぐサポート窓口にネットで連絡してたけど、最近はほ

とんどやらなくなった。連絡に対する最初の応答は、いつもマニュアル

コピー&ペーストで、こっちの問題(PC、操作など)を指摘して来ることが

ほとんど。「リロードしてください」といった感じの初心者向けの指摘が多

い。ずっとニフティ使ってて、ココログも6年以上毎日更新してるし、度々

そういった個人情報を連絡してるんだけどな。データベースを作ってない

のか、それとも見ないのか。

       

とにかく、最初の応答でもう、やり取りする気を無くすわけだが、たまに、

「そんな指摘は関係ないし、こちらの連絡に答えてない」とか言い返すと、

他の担当者に代わって、一応謝って来る。けれども結局、「サーバーに

題は見つかりませんでした」とか答える場合がほとんど。「ここがおかしかっ

たので、こう直しました」と答えて来たことは、おそらく1、2回しかない。そ

れも遥か昔のことだ。

        

まあ今まで、長くても半日で直って来たから、特に困ってもないけどね。

他のブログは遥かにトラブルが多くて、しかも実害があるみたいだし。。

      

     

          ☆         ☆          ☆

おっと・・・小市民ブロガーのボヤキを書き始めたら、長くなって来たから、

この辺で止めよう♪ とにかく、アクセス解析が止まってたんだけど、先ほ

ど復活。ま、記事の更新が遅れてた土曜としては、こんなもんかなって感

じ。最近火曜日が一番アクセスが多くて、そこから徐々に減って行くパ

ターンなのだ。やっぱりどうしても、テレビ芸能関連にアクセスが集中する。

他の話もたっぷり書き続けてるのにな。。

       

そんな事より、私は昨日からずっと、必死でお仕事中なのだ。記事執筆

はこの辺で止めて、すぐ仕事に戻るとしよう。それにしても、風邪が治ら

なくて困ってる所。明日で丸2週間。フツーなら完治するはずだけど、今

回は症状の変化かゆっくりだったし、身体の発熱もほとんど無かったか

ら、長引いてるんだろう。ま、途中で無理してかなり走ってたし。。 (^^ゞ 

   

ちなみに熱はやっと昨日出てくれた♪ と言っても、僅か37.0度だか

ら、ぬるま湯みたいなもんで、ウイルスにはあんまし効き目がないかも。

いい湯加減だなって感じで、喜んでたリして。38度以上の熱で一気に

風邪を退治してくれた方が助かるんだけどな。自律神経の体温調節は、

思い通りには動いてくれないのだ。流石は自律神経、自立してるね。

     

それでは、もう仕事に戻るんで、今夜は手短にこの辺で。。☆彡

           

                                (計 1187文字)

| | コメント (0)

剛腕ベルナルドと共に去りぬ・・・立ち技格闘技K-1の復活に期待

引き続き、風邪で沈滞中。。まあ、風邪でなくても、今は色々と煽られてて

走る余裕がないんだけど、ブログの方は毎日更新を継続するしかない。

さて、何を書くか。。最近のノリとしては、また地震で書きたい所だけど、

徴的な訃報が入ったので格闘技ネタで行こう。それにしても、突然の訃報

が目立つな。。

     

私は昔から格闘技が好きで、特に空手とかキック・ボクシングなど、蹴りを

多用する立ち技系が好みだったから、「K-1」という格闘イベントもわりと

好きだった。ちなみに「K」は、空手、キック、拳法、格闘技、ケンカ、色ん

なものに共通する頭文字で、「K-1」とはその頂点を表してる。

   

K-1のテレビ番組の中でも、年末の「K-1GP(グランプリ)」と、大晦日

の複合的格闘イベント「Dynamite!(ダイナマイト)」は、紅白歌合戦みた

いな定番感覚で見ることが多かった。ところが去年(2011年)の年末は、

大震災も含めた諸々の事情でどちらも無し。終わったな・・と感じてた所

へ入ったのが、2月15日の意外な訃報だ。かつてのK-1・無差別級ス

ター選手、マイク・ベルナルド急死。当日の2月14日で、まだ42歳。。

    

キックじゃなく、剛腕パンチを主体にした選手だったから、スタイル的には

私の趣味じゃなかったけど、外見からは意外なほど愛嬌のあるキャラで、

格闘タレントとしては好感を持ってた。藤原紀香との親しさも有名。最近は

見かけなくなってたけど、母国・南アフリカで深刻なうつ病と闘ってたらしい。

死因はハッキリしないけど、自宅での服薬自殺とみられてる。実際、これま

で自殺未遂を繰り返してたとの事。剛腕も病魔には通じなかったのか。。

      

     

         ☆          ☆          ☆

それにしても、あれほど人気のあったK-1はどうなったのか。ウィキペディ

アと各種公式サイトを基本にネットで調べてみると、かつて魔裟斗(まさと)

が活躍した中量級の「K-1 WORLD MAX」も去年は開催されなかっ

たようで、ますます終わった感が漂ってる(11年9月の日本大会がラスト)。

      

元をたどると、最初のプロデューサー・石井和義が脱税その他で表舞台か

ら消えた2003年前後が分かれ目だった気がする。ベルナルドの引退表

明は06年だけど、03年には輝きを失ってたようだ。ちなみに極真空手出

身の人気選手、アンディ・フグの突然の病死は2000年だった(35歳)。

      

ただ、ファイトマネー未払い問題とかで揺れる今までのK-1とは別の流

れとして、石井和義が11年11月に国際K-1連盟(FIKA)設立を発表。

新K-1として、12年から世界大会を開催することになってる。でも、公

式サイトを見ても、4月までに開催されるはずの国別代表トーナメントの

情報が無いし、それどころか実質的内容が全く見当たらない。まだ、再出

発の挨拶だけなのだ。本部は香港。中国資本が6割で、石井は4割。

      

とはいえ、石井が宗師を務める空手の流派・正道会館は、相変わらず

規模で続いてるようだし、石井の知名度と実績は抜群。新K-1も単な

る夢物語ではなさそうだ。

      

では、活躍して来た選手たちはどうなったのかと言うと、アントニオ猪木

が旗揚げしたイノキ・ゲノム・フェデレーション(IGF)に移ってるらしい。

猪木の遺伝子を受け継ぐ連合体」という意味か。基本的にはプロレス

らしいけど、立ち技系の試合や真剣勝負もあるようで、実は今日・17日

の大会でも、K-1の懐かしいスター達が顔を並べてる。ジェロム・レ・

バンナ、ビーター・アーツ、ボブ・サップ。指定席は完売とのこと。公式サ

イトのGENOMEファイターを見ると、レイ・セフォーも顔を並べてた。

    

選手が健在なら、K-1復活の実現性は十分ある。大山倍達亡き後に

分裂した極真空手も、各派それぞれ健在らしい。ドラマ『ラッキーセブン』

の瑛太の蹴りもいいけど、やっぱり本物の蹴りの闘いを見たいもんだね。

         

      

         ☆          ☆          ☆

いい機会だから書いとくと、K-1とほぼ同時期に姿を消してしまった格

闘技関連として、週刊ヤングマガジン連載のマンガ喧嘩商売』がある。

    

いよいよ、あらゆる格闘技のヴァーリトゥード・トーナメント(何でもありの

総合格闘術大会)が始まる一番いい所で長期休載に入って、去年の2月

に再開する予定だったのに、何の音沙汰もない。あれはマンガとはいえ、

凄く面白い内容だったから、作者・木多康昭には頑張って欲しいね☆

最近は単行本の印税で充電中なのか、作品が見当たらないけど、未確

認情報では『喧嘩商売』の続きを一応描いてるという噂もある。

       

最後にベルナルドに話を戻すと、元祖K-1の公式サイトが4ヶ月ぶりに

更新。トップで大きな写真と共に、弔意を示してた。剛腕と笑顔に合掌。。

ではまた。。☆彡

    

     

     

P.S. 私は仕事の都合で見なかったが、山P=山下智久『最高の人生

     の終り方』第6回の視聴率10.4%。落ち着いて来たようだ。。

     

P.S.2 2012年春以降、かつてのK-1は分裂状態に陥った。下のリ

      ンク記事「破産した格闘技K-1・・・」でまとめてある。

         

    

cf. 紅白歌合戦の空気が漂う、K-1GP2010決勝戦

   シュルトを倒すのはシュルトだけか~『K-1GP・2007決勝戦』

   大巨人シュルトを倒せ~『K-1GP2006決勝』

   破産した格闘技K-1、グローバルとグローリーとFIKAなどに分裂か・・

           

                               (計 2184文字)

| | コメント (0)

トマトジュースで痩せる!、京都大の研究発表のまとめと注意点

昨日も風邪で走れなかったから、代わりに何か記事のネタを探す必要が

ある。新聞やネットでたまたま目に付いたのが、トマトが売り切れとかいう

ニュース♪ ウチの近所のスーパーでは平気で売ってて、むしろバナナの

方が品不足なんだけどな。ちなみに3年半前には、バナナ・ダイエットが

流行って、バナナが売り切れになったのだ。

    

さて、今回の話を聞いてすぐ思い出したのが、以前書いたチンパンジー論

文の記事。あの時も、「PLoS ONE」(プロス・ワン)という電子版の科学

英語論文が掲載されて、朝日新聞が紹介。サルが「手助け」するとい

う面白い話だから、わりと真面目に読んで記事を執筆。論文のページに

TB(トラックバック)まで付けたから、どんな反応があるのかと思ってワク

ワクした。ところがほぼ完全な空振りで、検索アクセスもTBからのアクセ

スも僅かだし、ウチの常連さんもあまり読んでなさそうな感じ。ガッカリし

たもんだ。

     

その後も、色んな科学系の記事をアップして、何となく分かって来たことが

ある。次々と新しい研究が発表される分野ニュースで記事を書いても、

ほとんど相手にされないのだ。それに対して、「1+1=2」とか、波動方

程式とか、数十年~数千年のレベルで不動の基本的な話を記事にする

と、ウケがいい。もっと言うなら、簡単で役に立つ話がいいのだ。代表格

が、宝くじの買い方。あるいは、放射線被曝の計算もそんな感じだろう。

     

     

         ☆          ☆          ☆

前置きはこのくらいにして、トマト・ダイエットのブームを(短期的に)作り

出すことに成功した、京都大学の研究チーム(河田照雄、金英一ほか)。

日本語なら、新聞やネットのニュースより、京都大学HPの「研究」の「お

知らせ」が手頃な科学的解説だと思う。

   

トマトジュースでお馴染み、デルモンテが研究をバックアップしてるという

点が少し気になるが、「産学共同」(産業と大学の結びつき)への批判と

いうものは全共闘と共に終わったんだろうから、さほど問題ではない。研

究の内容こそが問題だ。

  

私は知らなかったけど、「トマトが赤くなると医者が青くなる」という諺が

あるそうで、昔からトマトの栄養は評価されて来た。研究チームは、ト

マト(特にジュース)から13-oxo-ODAという有効成分を発見。毎日

新聞によると、リノール酸の仲間らしい。

   

これを、肥満・糖尿病のマウス(KK-Ayと呼ばれてる)で動物実験。

その成分をより多く含む食事を与えた方が、効果があったのだ。細か

く言うと、血中および肝臓中の中性脂肪量の上昇を抑制、脂肪の燃

焼の亢進も「示唆され」た。成分が0.02%の時より、0.05%の時

の方が効果が高いので、トマトジュースを沢山飲めば、人のメタボリッ

ク・シンドロームなどにも良い「のではないか」、という話に一応なる。

   

    

         ☆          ☆          ☆

確かに興味深い研究だが、色々と注意も必要だ。まず、根本的にまだ

物実験であって、他のチームによる追試も(ほとんど)行われてないはず

だ。ということは、1週間ほど前からのトマトの流行が、「人間での実験」

という意味合いを持つことになる。もちろん、ほとんど副作用はないだろ

うし、自主的に行うのだから、別に問題はない。

     

ただ、使ったマウスは肥満・糖尿病の特殊なマウスだから、その種の病気

を持つ人ならともかく、健康な人と比べる場合、相当な違いがある。あと、

与えた食事はもともと高脂肪食(60%kcal脂肪)であって、人間の普通の

食生活からは相当離れたものだ。おまけに、人間に換算すると、1日3回、

200mlのトマトジュースを飲むことに相当するとのこと(有効成分だけに

関する換算)。よほど好きな人でない限り、続けるのは大変だろう。ちなみ

マウスは4週間続けたようだ。

             

結局、既にメタボな人を除くと、普通の食事を摂ってる健康な人がトマト

ジュースを飲んで痩せるかどうかは、かなり曖昧だろう。そもそも論文

読んでも、体格が痩せたとか体重が減ったとかいう、誰にでも分かりや

すい効果の証拠は見当たらない。逆に、どうして4週間で止めたのか

思議な気がする。そのまま数ヶ月続けて、体格や体重を測定する方が、

遥かにインパクトがあったはずだ。

          

もちろん、ダイエットなんてものは幾らでも方法があるし、信じて努力すれ

ば、大抵のものにはそれなりの効果があるとは思う。したがって、別に最

近のブームを批判するほどの根拠もない。ただ、おそらく多くの人は続か

ないだろうし、また別の流行が生まれることになるだろう。ランニングや自

転車など、有酸素系スポーツのブームの方が、遥かに長続きすると思う。

        

ちなみに私自身は、前から書いてる通り、最近やせ過ぎて困ってるので、

わざわざトマトを食べるつもりはない。やせ過ぎでがんリスクがかなり上が

るのは、国立がん研究センターが公表してることだから、むしろトマトを避

けて高脂肪食を食べるべきなのかも♪

   

なお、英語論文も一応見たけど、専門用語が多過ぎるし、日本語の説明

と比較して特に面白い点も無かったから、省略しよう。ちなみに論文名は

次の通り、非常に長くて分かりにくい。トマトジュースという単語は、デルモ

ンテへの配慮もあるのかも。最後の「Mice」は「mouse」(マウス)の複数形。

       

  Potent PPARα Activator Derived from Tomato Juice, 13-oxo-9,

    11-Octadecadienoic Acid, Decreases Plasma and Hepatic Triglyceride

    in Obese Diabetic Mice

     

要するに、「トマトジュースの成分が、肥満・糖尿病のマウスにおいて、

や肝臓の中性脂肪を減らす」という意味で、実験内容そのままの題名だ。

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

    

    

  

P.S. 2月20日の日経新聞コラム「春秋」では、「フードファディズム

     (food faddism)という言葉と共に、食品への過大評価やのめ

     り込みを冷めた目で見つめている。ただし、今回の場合が過大

     評価かどうかは明言を避け、次のように言葉を濁していた。

     「こんどはちゃんとした研究に違いないが、かくも熱くなるとは世

     間にメタボおやじがあふれているせいだろうか」。 

       

     ここで「おやじ」と書いたのは、女性への気遣いなのか、あるい

     は読者に中高年男性が多いからなのか。。

    

         

P.S.2 『週刊新潮』3月1日号(2月23日発売)に、「街から『トマトジュー

      スが蒸発! 『トマト・ダイエット』は効くか! 効かないか?」と題

      する記事が掲載されたようだ。後ほど内容をチェックしたい。

    

           

P.S.3 上記、『新潮』の記事をチェック。2ページだけで、中身の薄い記

      事に過ぎなかった。めぼしい内容は、トマト自体ではなくトマトジュー

      スが売れてること、医薬品としての実用化までに20年くらいかか

      るという話と、トマトはあくまで補助的なものだという話(食事制限

      と運動、食事全体の内容が重要)。

   

      塩分に注意とも書いてあったが、近所のスーパーに行ってみる

      と、カゴメの食塩無添加のものだけが売り切れ。ネットで見ても

      無塩トマトジュースはあちこちで売り切れになってた。  

            

                                (計 2917文字)

| | コメント (5)

遂に風邪でダウン!、Googleのバレンタイン・ロゴの話とか・・

参った。。「鼻呼吸RUN 21.1km,1時間43分・・・」とか書き始めるはず

だったのに、遂に完全な風邪になってしまった。もう、ブログやランニング

どころか、生きてるのがしんどいほど。オイオイ。。

   

一つ前の日曜、2月5日くらいからの風邪だけど、これまでは何とかゴマ

かして、パブロンもたまにしか飲まなかったし、ランニングも適度にこなし

て来た。ところが、なぜか昨夜、どんどん鼻の粘膜が痛くなってきて、ノド

一気に悪化。早めに寝たかったけど、たまにはテレビ芸能記事も書か

なきゃってことで、深夜番組を見て、さらに無理してレビュー執筆。

    

今日はもう地獄・・・とまで言うと大げさだけど、休んでずっと寝ようかなと

思ったほど。「そこを我慢するのが社会人ってもの」っていう考えが、最近

は薄れて来てるって話も聞くね。まあ、私はそうゆう流れに同調するつも

りはない。と言っても、キツイな。「体調が最悪の時、仕事が最も忙しい」。

またしても、マーフィーの法則か。。

      

    

         ☆          ☆          ☆

ってことで、今朝はもうおしまい、と書きたいけど、この後もっと体調が

悪化する可能性もあるから、今の内にもうちょっと書いとこう。

    

昨日は2月14日で、日本国民同士の愛の表現なのか、東日本大震災

復興支援グリーンジャンボ宝くじが売り出された。1等・3億円、前後賞・

各1億円☆ 何と、合わせて5億円を狙えるわけで、ハッキリ言って、復

興とかグリーンってイメージより、賞金のインパクトの方が大きいだろう。

    

その証拠に、ウチの宝くじ記事へのアクセスも過去最高レベル (^^ゞ 連

番よりバラって話だから、震災や復興とは関係ない♪ ま、660億円販

売して88億円(13%)復興支援に使うのは本当らしいから、宝くじが売

れるのはいい事だろうけどね。結果的には。私も単なる話のネタで一応

買おうかな、とか思ってる所。とか言いつつ、賞金の使い道が決まってた

リする(笑)。

    

       

        ☆          ☆          ☆

一方、2月14日と言えばもちろん、世界的にバレンタイン・デー。日本で

は、ひと昔前まで、女性が男性にチョコを渡して愛を告白するっていう基

本形があったんだけど、いまやすっかり影が薄くなってる。

        

去年も記事を書いたように、バレンタインはもはや、女の子同士の友チョ

か、自分チョコが主流。義理チョコや家族チョコもあるけど、基本形はも

はや20世紀の伝説。いずれ、『ALWAYS 三丁目の夕日』のコネタになっ

て、昭和世代が懐かしむことになるだろう。。そう、平成ブロガーは予想し

てるのだ♪

     

そんな時、目の前に登場したのが、Googleのいわゆるホリデー・ロゴ

特別な日に、トップページの「Google」のロゴが色々と変化するんだけど、

昨日は「チョコレート」色の再生ボタンを持った「男の子」が登場。男じゃ、

クリックする気にもならなかったんだけど、バレンタインに対する米国 I T

企業の考えを知るのもいいかなと思って、試しにクリック。当然、マニアッ

ク・ブロガーはずぶずぶとハマったのだ (^^ゞ

    

ちなみに、英語版ウィキペディアを見ると、「video doodle」という表現

が使われてる。ヴィデオはアニメの事だからいいとして、ドゥードゥルとい

うのは、何気なく適当に書いた落書きの絵のこと。グーグルのホリデー・

ロゴにはいま一つしっくり来ない言葉だけど、どちらも遊び心の表れだし、

発音と綴りが非常に似てるからだろう。ちなみにグーグルって名前は、

「グーゴル」(googol)が語原らしい。1の後に0が100個並ぶ、101桁の

整数(の単位)だ。

       

   

         ☆          ☆         ☆

で、そのビデオ・ドゥードゥル、あるいはホリデー・ロゴ。再生ボタンをクリッ

クすると、トニー・ベネットが歌う『Cold,Cold Heart』がBGMとして流

れる。先日、最高齢85歳でグラミー賞を受賞した大物らしい。曲も私は

知らなかったけど、かなり有名なスタンダードみたいで、メロディーは心に

しみる甘い響きだし、歌詞も切ない。特に、男にとっては。

    

歌詞の前に、肝心のアニメの内容。男の子がパソコンでGoogle検索

て、お花とかハート型チョコとか、色々とプレゼントするんだけど、女の

子は知らんぷりして、縄とびを続ける。何を持って行ってもダメで、ハー

ト型の風船や紙飛行機が淋しそうに飛び去る。

   

その直後、男の子が縄を持って来て、女の子と並んで縄とびを始める。

途端に女の子が笑顔になって、自分から男の子にすり寄って、一つの縄

で仲良く縄とび。最後は、宇宙人と宇宙飛行士、王女とカエル、犬と猫、

白人と黒人、ゲイカップル、牛乳とチョコクッキー(笑)、6組のカップルが

仲良さそうに寄り添った画面が出て、明治チョコみたいなGoogleロゴに

変わって終了。パチパチパチ♪ 英語のサイトでも同じだったから、世界

共通だったのかも。まあ、内容的にも、日本人専用とは思えない。

       

   

          ☆          ☆         ☆

台詞はまったく無いから、色んな解釈が可能だけど、msnニュースでは、

Googleのロゴなのに、Google検索を止めて成功した所が「クール」だと

書いてた。ただ、Googleとか検索を止めたことを示す映像は無いし、縄

とびを始めるって発想もネットで手に入れた可能性がある。

        

それより、女の子の好きな物事に、男の子が合わせたってことが本質だ

ろう。それを女の子も素直に受けとめて、自分から男の子のもとに向かっ

て、男の子の縄で一緒に跳ぶ。お互いが相手を思いやる姿が簡潔に表

れてるのだ。もちろん、自然志向、肉体志向もある。物ではなく、自然の

中で身体を(一緒に)動かすことこそ基本なのだ。

    

繰返し見て考えた後、『Cold,Cold Heart』の英語の歌詞をじっくり読

んでみたら、アニメと必ずしも合ってないことが分かった。冷たいと言うよ

り、「冷めて、冷めきった心」を何とかして融かそうと男が頑張るんだけど、

最後まで上手くいかずに、途方にくれたまま。それもそのはず、どうも昔、

男がひどく女を傷つけて、そのメモリー=記憶が邪魔してるらしい。

       

ま、Googleのアニメはそこまで物哀しい作りにはなってないけどね。実は

曲の方も、メロディーの甘さを考えると、「犬も食わない夫婦ゲンカ」とか

ロケ話のように思えなくもない。ただ、新しい関係を作るより、壊れた関係

を元に戻す方が遥かに難しいのは確か。今ある人間関係が壊れないよう、

大切に守らなきゃいけないねってことなのだ。

         

こんな平凡なマトメでいいかな♪ 「真実とはしばしば、平凡なものである

by tenmei 。たまには恋愛カテゴリーに入れてみよう。いや、記事がちょっ

としか無いのに、クリックする人は結構いらっしゃるもんでネ。

それでは、今朝はこの辺で。。☆彡

                 

                                 (計 2726文字)

| | コメント (0)

山P『ルート66』第6回、主役はブーツジャックか♪&『ラッキーセブン』

なるほど。「How many horses・・・?」ね。前回の再現映像で、山P=

智くんがちゃんと英語で「は何頭?」と聞いてたね。と言っても、録画が

ないからちょっと不安なんだけど (^^ゞ ま、番組の内容的に合ってるでしょ。

今回の主役ブーツジャック・・・じゃなくてだった♪

          

と、その前に、恒例の~『ラッキーセブン』チェック! 古っ♪ 2週連続、

瑛太の蹴りを見れなかったから、今度こそ悪者相手に必殺の後ろ回し蹴

りが出るのかと思ったのに、第5話もまた格闘シーンが無かった。ま、

では松潤の後ろ回し(?)が出てたし、松嶋菜々子を通じた瑛太のお

勧めで、松潤が拳闘ジム(?)に行く感じだから、いずれ瑛太との再戦

あるでしょ。このドラマは、各回の間でつながりをきっちり付けてるもんね。

            

過去4回、担当してる脚本家・野木亜紀子、なかなかいいんじゃないの♪

日本映画大学出身、2010年の第22回フジテレビ・ヤングシナリオ大賞

受賞(『さよならロビンソンクルーソー』)。ちょっと硬い感じもあるけど、物

語の構成といい、気の利いた会話といい、よく出来てる。ま、アドリブも結

構入ってるって話だけど(朝日新聞・TV欄コラム)。

          

今回の、シュレッダーにかけて資源ごみに出してた書類の復元シーン

んて、面白い作りになってたね。アイデア的には、去年の米国の復元コン

テストを使っただけだと思うけど、いきなり子ども用の水浴びプールを事

務所に持ち込んだり、以前の懐中電灯型マグカップのコネタを使ったり、

かなり工夫が織り込まれてた。メガネっ娘・入来茉里、大活躍。どうせな

ら、あそこで無意味に仲里依紗が水着姿になってて、大泉洋に突っ込ん

で欲しかったけどな♪ あと、メガネっ娘も無意味にメイドのコスプレとか。

      

     

P.S. 第5話視聴率15.2%。合格ラインの15%台を死守できるか。。

    

cf. 『ラッキーセブン』、瑛太の格闘家姿がサマになってる件とか

   

    

        ☆          ☆          ☆

それでは、今日はこの辺で・・・って、コラコラ! ハイハイ、智くん=山下

智久の一人旅、『ルート66』の第6回ね。こっちは楽しみなのだ、とか書く

と、「こっち『も』です!」とか突っ込みが入るのか♪ 

        

でも、ウチの場合は『ルート66』の方が遥かにアクセスが多いのだ。ま、

思い切り好意的な内容だし、記事を書いてる人が少ないって事情もある

んだろうけどね。大体、褒めれば(ファンのおかげで)アクセスは増えるも

のだけど、ブロガーたるもの、孤高の光りを放ちつつ、我が道を歩む

要もあるのだ。

     

 「Being a blogger,it’s a lifestyle,a way of life

 (ブロガーであること、それは一つのライフスタイルであり、生きる道なのだ)

       

これ、番組終盤の「cowboy」を「blogger」に代えただけネ。録画がないか

ら、英語がちょっと違ってるかも♪

       

話を戻すと、牛じゃなくて、馬乗りになった智くんが大活躍した今回。馬乗りっ

て言葉も、前回の記事&コメント欄に書いた「牛を乗り回す」って言葉と似た

ニュアンスが入ってるけど、まあ書かないことにしとこう。書いとるわ!

            

馬に乗る前に服を買いに行くんだけど、これって巨大なブーツ・ショップとの

タイアップってことかね。「Cavenders Boot City」だったと思うけど。英

語版ウィキペディアにちゃんとあったから、例によって、ウィキメディアで公

120214d

 開されてる画像

 を引用させて頂

 こう(作者Billy 

 Hathorn氏)。

 番組からのキャ

 プチャー画像で

 はない。

           

   

後の牧場の会話で、「街(city)」って言葉が出たと思うけど、普通の街の代

わりにブーツの街があるってことね。ブーツ好きの智くんも大満足。笑えた

のが、「ブーツ・ジャック」なんて妙なものを発見した時の喜び方♪ う~ん、

マニアックな男の子だから、マニアック・ブロガーと話が合うはずだ。

         

「智くん、ブーツのお土産ありがとう」とか書くと、また事件になるのか(笑)。

そりゃ、トーク相手のリリー・フランキーへの土産だろ。まさか、日付け変

わってバレンタインデーになった途端に、ブーツを履くリリーの足裏映像を

プレゼントされるとは思わなかった (^^ゞ 

                       

ちなみに、ブーツ・ジャックも英語版ウィキに載ってたから、ウィキメディア

120214b

 から画像を拝借。

 作者Gerhard

 Elsner氏、

 どうもどうも。

 しかし、ハッキ

 シ言って横着な

器具だわな♪ 片方の足で器具の後ろを踏みつけて、もう片方の足の靴を

脱ぐ。ウエスタンブーツって、わりと緩めの作りだと思うけど。そう言えば、

ちょっと似た操作をスキー場でたまに見る。片方のスキー板でもう片方の

板のビンディング(留め具)を踏みつけて外すのだ。

            

とにかく、智くんがわざわざ(自腹で?)買ったブーツジャック。細めでピチ

ピチの美脚ブーツを履いてる貴女(あなた)も、すぐゲットしよう。あぁ、でも

120214c

 アレ、ブーツの踵に傷がつきそう

 だね。キレイな表皮とかだと無理

 だな。スニーカーやランニング

 シューズなら便利かも。左の画

 像は、同じくウィキメディアより。

 Montanabw氏。

ネズミ捕りのようにも見えたりする(笑)。そりゃ、昭和の遺物か。。

         

   

         ☆          ☆          ☆    

で、薄茶色の渋いウエスタンブーツジャックカウボーイハット(手直し済

み)、デニム・ジャケットを買ってご機嫌の山P。内側のシャツもかな。スタッ

フが演出で話をつけてあるカウボーイの牧場、「Riverside Breaks Ranch」

(リバーサイド・ブレイクス・ランチ)へ向かう。これ、グーグルの検索オプショ

ンで、英語でこの並びのまま検索すると、なぜか1件もヒットしなかったけど

ね (^^ゞ 日本語でも、今回の『ルート66』関連が僅かにヒットするのみ。ま

さか、牧場ごと撮影セットとか♪ 

           

120214a_2

 左画像の右側が

 山P・・ってわけ

 ではない。ウィ

 キメディアのテ

 キサス・カウボー

 イの画像だ。

 あくまでイメー

ジ。Pschemp氏の作品。テレビではもう一人、馬に乗った撮影担当の米国

人(?)がたまに映ってた。

                  

しかし、ナレーターも2回か3回強調してたけど、山P、乗馬の飲みこみが

「異常に早い」気がするな♪ 英会話も、映像の編集とかスタッフの手助け、

相手の気遣い(分かりやすい英語表現)を差し引いても、十分だと思う。今

回なんて、全篇が簡単な英会話だったから、録画しとけば英語の勉強にい

いね。いや、実は私自身、初めて録画しようかなと思ったんだけど、ハード

ディスクが一杯で出来なかったのだ (^^ゞ

                

昔、私が1回だけ馬に乗った時は、係の人が手綱を引いて1周するだけだっ

たから、私はカメラに笑顔を見せて手を振ってれば良かった。ご希望の方に

は写真を進呈しよう。要らない? あっ、そう♪

          

ところが、一般ピープルと違う智くんは、何と1人で馬(白馬のジョニー・リン

ゴーかな?)を操って、逃げた牛を群れに戻すことまで成功☆ 初心者が恐

がる下り坂もクリアしてたし、さすがジャニーズの人気者。「天然」で失敗し

てても面白かったのに、運動神経には恵まれてるのか。まあでも、脇腹か

ら腰にかけての筋肉痛は辛かったと思う♪ よく2日もやるわな。相手のカ

ウボーイの希望だったりして(笑)。

      

愛するP様と同じ痛みや苦しみを味わいたいっていうコアなあなた。早速、

パナソニックロデオマシン「ジョーバ(乗馬)」を買おう。昔、深夜の通販

番組であれに乗ったモデル女性を見て、妙に萌えた男性は数多いはずだ

(笑)。都心の特別な場所にもあるというお話。コラコラ。あぁ、アジアの読

者の方には分かりにくいだろうな♪ 一部の日本人女性(笑)向けの軽い

ジョークだから、読み流してね。

       

ってことで、今回の『ルート66』、本来の趣旨とかなりズレてる乗馬体験だっ

たけど、次回から男の米国一人旅が再開されるはずだ。OK,Let’s go!

って言うか、もう眠いわ! それでは、今日はこの辺で。☆彡

   

           

   

cf. 山P=山下智久『ルート66』、男のアメリカ横断一人旅が熱い☆ 

                                    (第3回記事)

  瑛太の蹴りを見逃したから、スマスマでマー君の投げ♪(『ルート66』追記)

                                    (第4回記事)

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第5回、天然・智くん♪

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第7回、道路距離と消灯の謎♪

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第8回、ナメック星の大自然♪

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第10回、「Yes,I will」

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第11回、「誰かがきっと・・」

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』最終回、最も美しきもの☆

              

                                  (計 3496文字)

| | コメント (6)

ポアソン分布(過程)による地震の確率計算(by政府・委員会)

2日前(2月11日)、首都直下型地震の確率をめぐる動きをまとめて記事

にしたが、その際、政府(地震調査研究推進本部・地震調査委員会)が計

算に用いた数学理論、「ポアソン過程」については後回しにしておいた。

今夜、試しに調べてみた所、意外なほど簡単に解決したので、先日の記

事の補足としてアップしとこう。

 

まずは、委員会が2004年(平成16年)8月23日に発表した「相模トラフ

沿いの地震活動の長期評価」というpdfファイルから、重要な部分だけを

コピー&ペーストさせて頂く。横長なので、中央で切って2枚の画像にした。

 

120213a

 

120213b

 

最初の図で、「今後30年以内の発生確率」が「70%程度」とされており、

これが今でもよく使われてる政府の公式見解なのだ。先日の東大・京大

の確率計算騒動では、刻々と確率が変化したわけだが、この政府の計

算ではそういった事は起きない。2004年の時点でも現時点(2012年)

でも理論的に数字は変わらない(注2の説明文に書かれてる)。

 

正確に言うと、この8年間でデータとなる大地震が起きてないから、確率

は変わらないのだ(東日本大震災の地震は、震源の位置的にデータの

範囲外)。「評価の信頼度」がとは、過去のデータが多くない、中程度

の信頼性という意味(注3の説明文より)。

 

120213d_2

 ちなみに、発表のタイトル

 にある「相模トラフ」とは、

 左図の赤線部。ウィキメ

 ディアのPeka氏の図を

 引用させて頂いた。相模

 湾から伸びる細長い海底

 盆地のことで、「海溝」ほ

 ど深くはない。

 

ここは、南西側に広がるフィリピン海プレートと、北東側に広がる北アメリカ

プレート(またはオホーツクプレート)が接する辺りに相当する。巨大な岩盤

同士のズレの力で、地震が多発する場所なのだ。下図もウィキメディアから

の引用で、右下の薄い黄色は太平洋プレート。作者はUSGS,Washiucho

氏。左下の日本列島を見ると、西側のユーラシアプレートも含めて、関東・

東北あたりで4つのプレートが接し合ってるのが分かる。実際は立体構造

で、他のプレートの下への潜り込みがあるから、遥かに複雑な関係だ。

 

120213c_2

 

 

         ☆          ☆          ☆

さて、問題の確率の計算。やや複雑に見える公式にいきなり数値を代入

しても答は正しく出せる。しかし、それではピンと来ないだろうし、中学・高

校レベルの確率計算ともつながらない。

 

そこでまず、高校レベルの簡単な確率論で計算してみよう。用いるデータ

はただ一つ。「マグニチュード7級の地震23.8年に1回来る」というこ

とだ。これは、信頼できるデータのある1885年~2004年の119年間

に5回起きたという過去の事実を根拠にした、非常に粗い仮定だが、大

地震の予測とはそうゆうものなのだ。

 

1年あたりにM7級地震が発生する確率1/23.8と考えられるから、

 

 (30年以内の発生確率)=1-(30年以内に発生しない確率)

                =1-(30年間のどの年にも発生しない確率)

                =1-{ (1-1/23.8)}の30乗 }

                ≒0.724

 

つまり72.4%だから、「70%程度」という政府の見解とほぼ一致する。

10年、20年、40年、50年で計算してもほぼ一致した。つまり、結果だ

けなら、実は高校の教科書レベルの計算で一応出せるのだ。

 

 

         ☆          ☆          ☆

では、なぜ「ポアソン過程」(Poisson process)という難しげな数学モデル

が必要かというと、とりあえずここでは、理論的に洗練させたものだと言っ

ておこう。「23.8年に1回」という部分をより厳密に考えて、23年ならど

うか、24年ならどうかといった話を滑らかにまとめ上げてるのだ。

 

ポアソン過程とは、日本版ウィキペディアだと曖昧な表現になってるが、

英語版ウィキだと遥かに明確に定義されている。ただ、ここではポイント

だけ書いておこう。要するに、数学者ポアソンが1838年に発表した「

アソン分布」(Poisson distribution)に従うプロセスということだ。

 

手元の『現代数学小事典』(講談社)を見ると、終盤の第Ⅵ章・応用数学

の第11節が、「待ち行列理論」となってる。文字通り、待ってる人の行列

についての理論で、その際には、単位時間(1分、1時間など)に平均して

どれだけの人がやって来るかが、一つの大きなポイントとなる。信号待ち

なら、1秒に何台の車が到着するかがポイント。

 

単位時間の到着数λ(ラムダ)の時、次の到着までにかかる時間間隔

に関する確率分布(=計算用の関数)は、

         f(t)=λ×(eの-λt乗) (t ≧ 0)

と考えることにすれば、理論的に上手くいく。 は自然対数の底(てい)で、

2.7

 

この時、時間間隔h内に到着する数がkである確率

  P=(eの-λh乗)×(λhのk乗) / k!

          (ただし、k!=kの階乗=k・(k-1)(k-2)・・・2・1)

 

ここでλに、地震の平均活動頻度、1年あたり1/23.8回を代入し、

=30、k=0とすれば、「30年間に地震が0回やって来る確率」が求めら

れる。したがって、

 

  (30年で1回以上の地震が発生する確率)

      =1-(0回の確率)

      =1-(eの-30/23.8乗)×{ (30/23.8)の0乗 }/ 0!

      =1-(eの-30/23.8乗)     (∵ 0乗=0!=1)

      ≒0.716

 

つまり、71.6%だから、70%程度ということになるのだ。10年、20年、

40年、50年で計算しても、政府発表の数字とほぼ一致した。ということは、

高校教科書レベルの計算ともほぼ一致する。

 

以上、政府の調査委員会による、首都直下型地震の確率計算を解説して

みた。正確に言うと、「大正型関東地震でも元禄型関東地震でもない、その

他南関東のM7程度の地震の確率」を計算したわけだ。大正型や元禄型

の確率がゼロとされてる点は、一昨日の記事で既に述べておいた通り。

 

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

 

cf. 首都直下型地震、数年以内に数十%の確率(東大、京大、政府)

   確率論の原点と教育~中学校・数学の教科書など

   各地点の大地震の予測(震度&確率)~J-SHIS Map

   「日本消滅」、超巨大噴火の確率計算~対数正規分布とBPT分布

 

                                 (計 2482文字)

| | コメント (0)

風邪の折返し点、鼻呼吸30km走

鼻呼吸RUN 30km,2時間25分54秒,平均心拍155

    

寒かった。。日中は最高気温9度まで上がって、わりと暖かく感じたのに、

夜は2度。明け方には-1度まで下がるって予報で、真冬の寒さなのだ。

まだ風邪と闘ってる病人ランナーにとってはキツかったな。もちょっとだ

け吹いてたし。。

      

さて、先日の風邪の記事に書いたように、フツーの人の風邪1週間以

らしいけど、は昔から全治2週間コースが基本。前の日曜日から急

に体調が悪くなったから、今日が8日目折返し点なのだ。まだ終盤に

なってない証拠に、鼻水がサラサラしてるし、粘っこい痰も出ない。って

言うか、熱が(あんまし)出てないのが納得いかないね。鼻とノドをやられ

てるから、間違いなくフツーの風邪(=急性上気道炎)だけど、身体の免

疫システムがいまいち作動してないのか、あるいは敵が弱いのかな♪

      

まあ、木曜の夜くらいから症状が悪化したから、土日は寝込むことにな

るかなと覚悟してたんだけど、ギリギリで踏み止まったかな♪ 金土

ンニングをお休みしたことだし、今日は目標30kmってことで、慎重に

走り出してみた。調子が悪ければ、25km程度で止めればいいやって

感じ。走る前にはパブロンを2錠だけ。昨日からずっと飲んで無かった

から、このくらい許容範囲でしょ。

    

       

         ☆          ☆          ☆

・・・と、ここまで書いてふと、Yahoo!のニュースを見ると、「エンタメ」の

トップに「ホイットニーさん悼む声続々」っていう見出し。エェッ? ホイット

ニー・ヒューストンがもう死んじゃったのか。アルコール中毒とドラッグのせ

いってことかね。死因不明、まだ48歳。「オールウェイズ・ラブ・ユー」って、

たまに鼻歌でサビの箇所だけ歌ってるんだけど。

   

  「And I ・・・ will always love you ・・・ ♫」

   

アルバム、シングル、ビデオの合計が約1億7000万枚。世界的人気

を誇った歌姫の早すぎる永眠に合掌。。

      

    

        ☆          ☆         ☆

で、話を戻して、体調不良での30km走チャレンジ。本当なら1週間前

にこの距離を走る予定で、今日は32km走のはずだったわけ。トレー

ニングの日程が後ろにズレ込んでるから、出来れば完走したい。幸い、

丸2日休んで脚の疲れはかなり取れてるし、肺の炎症はほとんど消え

てる。あとは、ノドの不調と、鼻! この鼻が強敵だった。

    

パブロンで少し抑えてるとはいえ、寒い中を鼻呼吸でずっと走ってるんだ

から、鼻の粘膜も激怒してるんだろう。申し訳ないネ (^^ゞ ティッシュ・ペー

パーで鼻を押さえながら、ひたすら地道に前進。よくマラソンの間は色ん

な事を考えるとか言うけど、余裕がない時は、時間と距離とガマンだけで

頭が一杯だ。おまけに30kmともなると、終盤は腹が減って来る。帰宅後

はまた暴飲暴食してやるぞ!と思いながら、妙に人が少ない公園をグル

グル周回。厚着してたおかげで、幸いトイレに駆け込むことは無かった。

    

終盤はかなり脚が動かなくなったものの、一応無事に完走。トータルでは、

1km4分52秒ペース。心拍も高いけど、ま、このコンディションじゃ、健

闘かもね。ロングタイツ2枚履きとか、厚着をやめて、口呼吸にして、レー

ス用シューズを履けば、それだけで一気にタイムは上がると思う。風邪が

治って、暖かくなるまでの辛抱なのだ。

      

あぁ、この後、数学記事か放射線記事の準備をしようと思ってたのに、も

う時間がないね。火曜から土曜まで仕事が結構忙しいし、明日はアレだ

し(笑)、1週間後まで先延ばしになっちゃうのか。ま、仕方ない。ちなみ

今週は合計18427字となった。少なっ! 主観的にはもっと頑張っ

た気がするのは、体調が悪かったからかも。

    

さて、雪国は大雪って話だけど、今シーズンのスキー&スノボツアーは

どうなることやら。まだ調整中なのだ。あ~、腹減ったから、深夜にカ

レーでも食べようかな♪ では、今夜はこの辺で。。☆彡

    

       

  往路(2.45km)      12分25秒    平均心拍142

  1周(2.14km)     10分32秒        150

  2周              10分20秒        153

  3周             10分13秒        156

  4周              10分13秒        157              

  5周              10分15秒        155

  6周              10分06秒        157         

  7周            10分04秒        158          

  8周            10分08秒        159        

  9周            10分20秒        159        

 10周            10分26秒         159

 11周             10分44秒        159

 12周            10分55秒        157

  復路(1.87km)      9分16秒          155         

計 30km  2時間25分54秒  心拍155(  %) 最大163(ゴール時)

            

                                (計 1808文字)

| | コメント (0)

首都直下型地震、数年以内に数十%の確率・・(東大、京大、政府)

東日本はもちろん、首都圏で発生しそうな大地震についても、以前から時々

話題になってたが、ここ半月ほど大きく騒がれたことは無かっただろう。首

都圏に住む人々にとって、3・11東日本大震災の直後と同じくらいのイン

パクトがあったと思う。まず、信頼できる大手新聞社のニュースと東大地震

研究所のHPを元に、主要な情報をまとめてみる。

   

  2011年9月16日 東大地震研究所・談話会

     平田直(なおし)・教授、酒井慎一・准教授ほかの発表

      「首都圏地域における地震活動度の変化」

    

  2012年1月23日 読売新聞・朝刊

     見出し 「M7級首都直下地震、4年内70%・・・東大地震研

   

     平田教授らのチームによる研究を報道。「首都直下を含む南関東

     の地震の発生確率を『30年以内に70%程度』としている政府の

     地震調査研究本部の評価に比べて、切迫性の高い予測」と書く。

     各メディアが追随して、次々に報道。

           

  1月23日夜 東大地震研HPが直ちに特設ページを作成、解説&釈明

    「2011年東北地方太平洋沖地震による

                首都圏の地震活動の変化について」

     

     要点を分かりやすくまとめると、以下の通り。

     報道されてる内容は、11年9月の談話会の発表にすぎず、専門

     家のレビューも受けてない

     地震研究所としての見解ではなく、所属する個々の研究者の個人

     的研究にすぎない。

     「示された数字は非常に大きな誤差を含んでいる」(原文のまま)。

     計算には、11年3月11日~9月10日のM3以上の地震343回

     を使用。

     その後、11年12月までのデータを含めると、30年確率83%

     へと下がった。  

     誤差が非常に大きいので、「30年で98%とか4年で70%といった

     数字そのものにはあまり意味がない」(原文)。

       

  1月30日 毎日新聞・朝刊 平田教授インタビュー

    「マグニチュード7のエネルギー東日本大震災(M9)の1000分

    の1ですよ。首都直下と予測したわけでもない。誤解を招きやす

    い報道でしたけれども、関東地方の油断に警鐘を鳴らす意義は

    あった」。

    

  2月1日 朝日新聞・朝刊

   京都大・防災研究所の遠田晋次・准教授が、12年1月21日まで

   のデータで計算し直すと、M7以上の地震確率は5年で28%、30

   年で64%になった、と報道。

   

  2月6日 日経新聞・朝刊

   東大・地震研チームが12月までのデータで再計算すると、首都直

   下型地震は4年以内に50%以下になった、と報道。

   

    (☆追記: 13日発売の『週刊ポスト 2月24日号』によると、日経

     の取材を受けた酒井准教授は、50%以下とは答えてないそうで、

     「まあ、(100%の)半分くらいですか」と答えただけとのことだ。)

        

  2月9日 政府・地震調査委員会 (10日の朝日・毎日新聞・朝刊)

   東大や京大の確率計算方法精度が低いので、使わないことを決

   定。30年で70%という数字も変更せず。仮に4年以内で計算すると

   約20%とのこと。

      

     

         ☆           ☆          ☆

上の情報以外に、スキャンダル的な報道としては、日刊ゲンダイ(1月27

日)で平田教授が「5~7年以内に70%の確率でM7」と述べた事につい

て、週刊文春インタビューすると、「ヤマ勘」と答えたというものがある

(2月16日号、8日発売)。ただ、これはいかにも週刊誌的な書き方だし、

見出しも「東大地震研 平田教授の『正体』」。あまり冷静な報道とは思え

ないので、聞き流しておこう。

    

さて、大手メディアの報道には、肝心の確率計算の方法がほんの僅か

か説明されてないので、ここではもう少し突っ込んでみる。東大地震研

のページから、リンクをクリックして見れるのだ。

     

まず、政府の委員会が一貫して用いてるのは、信頼できるデータのある

1885年以降2004年までのM7程度(6.7~7.2)の地震の頻度で、

119年間で5回だから、平均発生頻度は23.8年で1回。一方、参考

して、東大・京大も用いた「グーテンベルク・リヒター(Gutenberg-Richter)

の関係式」を使って試算してみると、約26年に1回となったから、ほぼ同

じ。よって、頻度23.8年を採用。確率統計学の「ポアソン過程」を適用し

て、30年で70%と計算したようだ。今後10年だと30%程度で、信頼度

はB(中程度)とも書かれてる。

       

ここで、ポアソン過程というのは、一定頻度の滑らかな発生の流れを表

す数学モデルであって、いずれ別の機会に数学記事を書いてみたい。

要するに、時間と発生の関係を数式で扱うわけだ。

  

 (☆追記: 2日後に解説記事をアップ。

     ポアソン分布(過程)による地震の確率計算(by政府・委員会) )

     

それに対して、グーテンベルク・リヒターの関係式は、余震の規模と頻度

に関する経験則を単純化したもの。たとえば東日本大震災の後、小さな

余震は多数あったが、大きな余震はごく少数だった。つまり、規模が大き

い余震ほど回数は急激に減る。これを、底(てい)が10の指数関数で表

すと、規模がM程度の余震の数をn(M)として、

   

     n(M)=10の(a-bM)乗

         =(10のa乗) / (10のbM乗)

   

       (正確には、規模がM~M+dMの余震数をn(M)dMとする。

        右側で掛け合わせたdMは、積分用の微小変化量。)

   

余震の活発さ小さい余震の多さと深く関わる定数で、各本震ごと

にこの2つの定数を求めることになる。

                      

最初のn(M)の式を、底が10の対数関数で表すと、

    log n(M)=a-bM

                

さらに、規模M以上の余震すべての数(積算回数)N(M)を積分で求めるなら

    

    N(M)=∫(M~無限大) 10の(a-bx) dx

        =(-1/b ln 10)×[10のa-bx乗](M~無限大)

        =(-1/b ln 10)×{ 0-(10のa-bM乗) }

        =(10のa-bM乗)/b ln 10

        ≒(10のa-bM乗) / 2.3b

                 (ln 10はeを底とする自然対数で、約2.3)

    

    仮にa=7、b=1とすると、M3以上が約4000回、M7以上が

    約0.4回という計算になる。この場合、M7以上が1回起きても

    不思議ではないのだ。。

       

   

         ☆         ☆          ☆

一方、東大・京大の場合は、グーテンベルク・リヒターの関係式の他に、

改良大森公式」を用いて計算している。大まかに言うなら、本震からの

時間にほぼ反比例して余震の数は減るという公式だ(大森房吉の公式

を宇津徳治が改良)。

    

時刻 t における、単位時間あたりの余震の数を v(t) 、比例定数Kとして

   v(t)=K / ( t + c )の p 乗

      

pは1か、それより少し大きな値、cは通常0.1日以下だから、要するに

K / t 、つまり時間に反比例する式に近いわけで、それを少しだけ小さく

修正して実状に合わせたものと言える。ちなみにpが無いのが「余震の大

森公式」。おそらく、「震源距離の大森公式」の方が有名だと思う(距離=

初期微動継続時間×約7、単位はkmと秒)。

          

結局、グーテンベルク・リヒターの関係式はM7以上という規模に関わり、

改良大森公式は4年とか30年という時間=期間に関わるとイメージしと

けば、それほど外れていないだろう。。

    

   

         ☆           ☆           ☆

なお、マスメディアが触れてない微妙で重要な点は、地域設定の問題だ。

毎日新聞で平田教授は「首都直下と予測したわけでもない」と語ってる。

元の9月の発表では、「首都圏地域」となってたのを、読売が「首都直下

と書き直した、と言いたいのだろう。

          

元の談話会の発表が見当たらないから何とも言えないが、「首都」は東

京のみ。「首都圏」は、東京・神奈川・千葉・埼玉・山梨・群馬・栃木・茨城

の全体(または少し絞り込んだ地域)を指す言葉だ。

           

政府の調査委員会では「南関東」で、pdfファイルから縮小コピーさせて頂

くと、下の赤い点線内のことだ。首都圏の南東部を大きくまとめた領域で、

5つの赤丸が過去119年のマグニチュード7級の地震(右下の赤丸は単

なる説明)。左中央が、唯一の「首都直下」、明治東京地震(1894年)。

5つとも、南関東の東寄りになってるのが分かる。

         

120211b

       

      

なお、上図の左側で、赤い点線内に紫色の「関東地震」(1923、関東大震

災)が書き込まれてるが、これは別のタイプ(大正型関東地震)であり、今後

30年の確率もほぼ0%(信頼度B)なので、計算データとして使われてない。      

        

     

         ☆           ☆          ☆

最後に結局、一連の報道・発表をどう受け止めるべきなのか。2月11日

の朝日新聞・朝刊、シリーズ「耕論」では、「『4年で70%』の衝撃」と題し

て、地震研究者・阿部勝征、メディア論・隈本邦彦、荒川区長・西川太一

郎の3人の談話をまとめてある。

   

普通、このシリーズでは、3人の立場がかなり違っていて、強い論調、柔

らかい論調、独自の論調となってることが多いと思うが、今回はみんなほ

ぼ同じ主張。要するに、地震に備えるキッカケとして、一連の報道には意

があるということだ。細かい数字の違いなど枝葉の問題ということらしい。

   

この中で一番気になったのが、隈本・江戸川大教授の「いずれも高い確

率であることは変わりません」という言葉。聞き手の太田啓之記者のまと

めだから、実際の表現と同じとは限らないが、「4年で70%」と「5年で28

%」では大違いだ。天気予報で降水確率28%と言われると、傘を持って行

く人は少ないはずだが、70%ならかなり増えるはず。これほどの違いを

同じものとして扱うようでは、地震の予測への信頼が失われてしまって、

効果も大きいだろう。専門家がオオカミ少年になってしまってはダメなのだ。

     

それはそれとして、もちろん、備えが必要なのは確かだろう。自分自身が

諦めるとしても、自分の家の崩壊が他人に与える影響は考えるべきだと

思う。その意味で、「4年で70%」という報道は結果的に多少の効果をも

たらしたと言えるが、こんな事を続けてるようではいけないのだ。

       

ちなみに読売新聞HP内を探してみたが、4年で50%以下とか、5年で28

%といったニュースが見当たらない。代わりに、「今の時点で再試算する

と、発生確率はもう少し低くなります」とだけ書いてある(2月3日)。自社

のやや不適切な報道を正当化する形になってるのだ。

       

では、読売はどうすべきだったか。記事を掲載する直前に、平田教授らに

確認すれば良かっただけだ。そうすれば、「4年で50%」という記事になっ

て、適度なインパクトと正確さを併せ持つ警告記事になっただろう。

では、今日はこの辺で。。☆彡

    

    

   

P.S. その後、読売新聞は2月16日・朝刊の解説欄で続報を掲載。

     再計算で数字が下がったことを伝えたが、大見出しは「地震確

     率 備える契機に」となっており、自社の当初の報道を正当化

     している。こうした読売の報道に対して、池上彰は、朝日新聞の

     2月24日・朝刊で厳しく批判した(「新聞ななめ読み」)。 

          

P.S.2  『週刊新潮』2月9日号では、地震予知に批判的な東大大学院

       教授、ロバート・ゲラーが、平田教授らの計算を否定した。

      

    

cf. 過去最大の強烈な地震!一瞬、覚悟したほど・・ 

               (2011.3.11 東日本大震災当日の感想)

               

                                (計 4426文字)

| | コメント (0)

風邪&かぜ症候群とは~各種情報のまとめと疑問点

日曜日からずっと風邪気味だったけど、昨日(木曜)から悪化。特に深夜

から、鼻水がひどくなって来たし、ノドもガラガラ。仕方なく、寝る前にとうと

パブロンを3錠飲んでしまった。今まで、長距離走の直前に2錠飲むだけ

で我慢して来たけど、グッスリ眠るためには仕方ない。

    

今日は、ノドがさらに悪化したけど、鼻水は寝る前ほどひどくもない。ただ、

頭がボーッとして、寒気もする。試しに、今年初めて体温を測定してみると、

何と36.4度! 平熱以下で、あり得ない。と言っても、今まではずっと水

銀体温計で測ってたから、測定器具による違いが大きい可能性はある。

大震災の時に水銀体温計が割れたから、オムロン電子体温計MC-170

(実測式)を買ったんだけど、今まで3回くらいしか測ったことが無いのだ。

    

「予測式」電子体温計と比べると低く出ることがあるらしいけど、私が以前

使ってたのは水銀だし、とにかく低過ぎるから、脇でのはさみ方を少し修

正して再度チェック。今回も、ピピッと鳴った後しばらく待って表示を見る

と、36度5分。思い切り平熱と言うか、水銀時代は36度6分か7分が多

かったから、ちょっと低めくらいだ。不思議なもんだね。まあ確かに、食欲

はそれほど落ちてもないんだけど。。 

       

    

        ☆          ☆          ☆

さて、今夜はもともと別の記事を書く予定だったけど、予定を変更した。

転車仲間の I さんへのメールで、風邪のことを伝えると、「ラジオで聞いた

賢そうな医者の話によると、風邪が1週間以上続くことはない」とか書い

た返信が届いたわけ。確かにフツーはそうだろうけど、私は昔から2週間

続くことが多いし、6日以内に治った経験は少ない。

   

そこで今夜は、ネットで風邪の情報をチェック。流石に情報が溢れ返って

て、勉強にはなったけど、肝心な風邪の期間の情報は曖昧なまま。一応

まず、私なりのまとめを書き記しとこう。

          

情報源(ソース)は、武田薬品、大正製薬、第一三共、allabout、gooヘル

スケア、セルフドクター、テルモ、ウィキペディア。国立感染症研究所やMy

Med(医療電子教科書)には、風邪とか感冒といった項目は無かった。

      

    

         ☆          ☆          ☆

手始めに、手元の『広辞苑』(第四版、岩波書店、1991)で「風邪」を引

くと、「感冒」とされてて、「感冒」を引くと、「身体を寒気にさらしたり濡れた

まま放置したりしたときに起る呼吸器系の炎症性疾患の総称。かぜ。風

邪とある。用例は、「流行性感冒」と書いてあって、これは「インフルエン

ザ」と同じこと。ということは、インフルエンザも感冒=風邪の一種という

ことになってしまうが、普通は別物として分ける所だろう。

    

よくある事だが、「かぜ」という言葉にも、広い意味(広義)と狭い意味(狭

義)を分けることが出来る。次のようにまとめれば、論理的にスッキリす

るだろう。

   

  「かぜ=感冒(広義): かぜ症候群

       =  「かぜ=感冒(狭義): 普通感冒

         +「インフルエンザ: 流行性感冒

         +その他(気管支炎、肺炎など)

     

西洋医学的には、広い意味の「かぜ」を「かぜ症候群」と呼んでることが

多くて、なぜかこの時には「かぜ」とひらがなを使ってることが目立つ。普

通は、鼻からノドにかけて(上気道)の急性炎症を示す病気の総称であっ

て、その意味では、次のようにまとめ治してもいいだろう。

     

  「かぜ=かぜ症候群(広義)

      =  「かぜ症候群」(狭義: 普通感冒+流行性感冒)

         その他

     

分かりにくいのは、風邪(かぜ)にせよ、かぜ症候群にせよ、広い意味と

狭い意味があって、医師の間でさえ使い方が統一されてないことだ。ま

あ、現在の私の場合は、狭い意味の「かぜ」、つまり普通感冒(common

 cold)という事になるだろう。現在また流行中のインフルエンザでない

のは、症状の変化が緩やかで発熱も軽いことから明らかだ。インフルは

急に来て、3、4日であっさり治るから、ある意味、対処しやすいと思う。

      

    

        ☆          ☆          ☆

したがって、当面の問題は「普通感冒」、いわゆるフツーの風邪であって、

その原因の80~90%がウイルス(virus)とのこと(ライノウイルス、コロ

ナウイルス、アデノウイルス、他200種以上)。残りは細菌(bacteria)な

ど。ちなみにウイルスは細菌よりかなり小さいし、細菌と違って細胞が無い。

    

ここでまた、紛らわしい問題が生じる。「普通感冒」の「ほとんど」がウイル

ス性で、抗生物質(antibiotics)の「ほとんど」がウイルスではなく細菌に

対するものだから、「かぜに抗生物質は効かない」というような話が出て来

てしまうのだ。ところが実際には、風邪で病院に行ったお年寄りに抗生物

質を使うことはあるらしい。

   

したがって、正確には「ほとんどのかぜに抗生物質は効かない」とか、「

、かぜに抗生物質は使わない」と言うべきだが、一般に世の中では、こ

ういった「ほとんど」「通常」の類の言葉は省略されてしまう。それでも多く

の場合は何とか間に合うけど、時々混乱が生じるわけだ。  

       

    

          ☆          ☆          ☆

一方、「風邪薬は対症療法にすぎない」とか、「風邪は薬では治らない」

といった言葉はどうだろう。あちこちに書いてあるが、そもそも「かぜ症候

」と言うくらいだから、問題は症状のはず。「症候群」は「symdrome」

(シンドローム)だが、その元にある「症候」は「symptom」(シンプトム)

であって、これは「症状」を示す英単語でもある。

   

要するに、風邪とは基本的に症状=症候で診断するのであって、原因と

なるウイルスや細菌を調べることはほとんどないし、人が普通、気にする

のも症状だ。それなら、「風邪薬は十分有効な対症療法だ」とでも言うべ

きではないか。事実、だからこそ売れてるのだろう。

   

ここで、ありがちな反論の一つは、薬の対症療法で熱を下げるとかえって

風邪が長引く、というものだ。しかし、医学的エビデンス(実験的データに

よる根拠)に基づいた話を見たことはない。私の場合、ひどい症状の時に

薬を飲むと、食欲が少し回復するし、心身共に元気も出る。そういった、プ

ラスの効果と、無理やり熱を下げたりするマイナスの効果と、全体的にと

らえて結局どうなのか。そこがどうもハッキリしないのだ。。

       

    

         ☆          ☆          ☆

最後に、もともと私が気になった、風邪の期間について。これも統一され

てないけど、大体1週間以内と考えられてるようで、第一三共HPだと「熱

が出ても3日以上続くことはほとんどありません」と書いてある。という事

は、2日しか続かないということだけど、私は逆に、2日しか続かなかった

熱なんて覚えがない。そもそも、仮に2日だと、熱が出た翌日に病院に行

く意味は薄れる。既に2日経過してるので、そのまた翌日には熱が下がる

ことになるからだ。

      

あと、風邪の病因ウイルスが200種以上もあるのなら、1つの種類にやら

れて身体の抵抗力(免疫力&回復力)が落ちてる間に、別の種類にもや

られることが考えられる。実際、ウイルス性の風邪から細菌感染といった

流れはあちこちに書いてあった。この場合は当然、期間が長引くはずだ

が、それは例外的なのだろうか。似た病原体が相手なら、期間はほとんど

長引かないだろうけど、種類が数多いのだから、似てない病原体に攻撃

される恐れはかなりあるはずだ。

    

結局、曖昧さの半分は、医師や医学研究者が風邪を軽く考えてることから

生じてるような気がするし、もう半分は、いまの西洋医学が風邪を直接治

せない(原因ウイルスなどに対処できない)ことから生じてるような気もす

る。そしてもちろん、我々も、「たかが風邪=普通感冒」と思ってるから、

インフルエンザ(=流行性感冒)と比べて適当に流してるのだろう。

    

結局、こだわるのはマニアック・ブロガーくらいになってしまうのだ♪ あぁ、

でも、理屈っぽい記事を書いてる内に、頭がスッキリした気がする。パブロ

ンも飲んでないから、これこそ論理療法と言うべきかも。

   

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

       

    

   

P.S. 「風邪」とは「ふうじゃ」を示す漢字で、風(ふう)の邪気による病

     を表してる・・・といった感じの説明があちこちにあるが、いわゆる

     かぜ(普通感冒)風邪(ふうじゃ)同じではなく、微妙にズレた

     概念だ。『ベム』最終回レビュー年賀状「一陽来復」記事で扱っ

     た陰陽説とも関係ある話だから、いずれまた記事を書くかも。。  

      

                                 (計 3376文字)

| | コメント (0)

風邪やや悪化、ボーッとした頭で22km走

鼻呼吸RUN 22km,1時間46分28秒,平均心拍151

         

フーッ・・、しんどかった。。って言うか、過去形でも現在完了形でもないよ

な。「しんどい」。現在形形容詞なのだ。

     

ここでふとマニアック・ブロガーの頭に浮かんだ疑問は、形容詞と形容動

詞の違いって何だったっけ?というもの♪ 早速、手抜きしてウィキペディ

アを見ると、何と! 「活用語尾が違うだけで、形容詞と分けない立場も

力」といった感じの話が冒頭で書かれてる。そうだよな。フツーに考えれば

同じ仲間でしょ。外国人に対する日本語教育だと、いわゆる形容詞を「

形容詞」(ex.美し)、形容動詞を「形容詞」(ex.きれい)と呼ぶそう

だ。50へぇ~~くらいかも。古っ!♪

      

話を戻すと、しんどいのは風邪お仕事。また厳しい寒さが戻って来たせ

いなのか、今日は朝から風邪がやや悪化。パブロンを飲みたいのをグッ

と我慢して過ごして、夜のランニングの前2錠だけ飲んだ。昨日に続い

て走るのを休んで、ドラマでも見ようかなとも思ったけど、今こそ踏ん張り

。2流市民アスリートの意地を見せる時なのだ。

       

ってことで、走りの話に移る前に、今夜の「急な仕事」について一言。実は

この記事は、アップしてしばらくの間、冒頭に「急な仕事が出来て、執筆

断中。。」と書いてあった。その間にアクセスした方も少なくないので、最

低限の説明をしとくと、仕事関連で急ぎの連絡が必要になったわけ。ブロ

グ記事を書いた後だと遅いし、遥かに重要だから、そちらを優先してたの

だ。まだ完全には終ってないけど、一通り済ませたから、今ブログの執筆

を再開した所。

      

ま、正直言うと、再開の前に芸能ニュースを1本チラっと見ちゃったけど

ね♪ 赤西仁&黒木メイサの電撃結婚☆ 交際情報は先月からあったよ

うだけど、結婚に関してはスポニチのスクープでいいのかな。ま、あの2人

なら、あんまし隠す気もないだろうけどね。独自路線を突っ走ってるから、

妊娠情報も近々認めるんじゃないかな。ホントみんな、やる事やってるよ

なぁ・・・と感心したマジメな小市民であった。清く、正しく、美しく。宝塚か!

結婚式のBGMは、フランク・シナトラの『マイ・ウェイ』(私の道)ってことで♪

        

    

        ☆           ☆          ☆

さて、その小市民アスリートの今夜は、一昨日同様、ノド飴・コーラ・パブ

の3点セットで、厚着して鼻呼吸ラン。ただ、一昨日より具合が悪いし、

気温も低いし、コーラがちょっとしか残ってなかった (^^ゞ 

   

走り始めてすぐは、寒さだけが気になったけど、身体が温まるにつれて

眠気が襲来。たまにパブロン飲むと、眠気の副作用が強いんだよな。身

体を薬に慣らすために、もっとガンガン飲んだ方がいいね。コラコラ!

もうパブロン中毒からは卒業、二度と戻るつもりはない。とか言いつつ、

調子が悪くなるとつい、手が出ちゃうわけ♪ 

    

とにかく、脚は意外とマトモに動いたのに、頭がボーッとして気合が入らな

い。帰って寝ようかな・・・とか甘えたことを考えながら、慎重に周回継続。

鼻が痛くてシュンシュンしたけど、まあ何とか無難に22km走り終えること

が出来た。時間さえあれば、23km走ってたな。細かい!

       

トータルでは1km4分51秒ペース。かなり体調が悪くて、鼻呼吸キーブだっ

たわりには、ボチボチのスピードだね。ま、もちろん論外だけど。さて、これ

からまだ一仕事しないと寝れないから、この辺でアッサリ終わりにしよう。

では、また明日。。☆彡

        

   

P.S. 山P=山下智久『最高の人生の終り方』、第5話視聴率は、ウィキ

     ペディアその他だと9.8%となってるのに、スポニチは9.1%となっ

     てる。9.1%は第4話の数字と同じだから、おそらくスポニチの勘

     違いだと思う。とりあえず9.8%で視聴率記事を更新しとこう。い

     ずれにせよ、2週連続1ケタとなった。。

     

             

  往路(2.45km)  12分54秒    心拍132 

  1周(2.14km)  10分43秒       146         

  2周          10分16秒       155     

  3周          10分24秒       154

  4周          10分19秒       154

  5周          10分10秒       155

  6周          10分10秒       157

  7周          10分06秒       156

  8周          10分14秒       154

  復路(2.43km)   11分14秒       150     

計 22km  1時間46分28秒  心拍平均151 最大163(ゴール時)

                

                                  (計 1739文字)

| | コメント (0)

ネット安息日(=禁止デー)の記事を見て、ネットを飛び回った夜♪

今夜はまず久々に、「同期の桜」ブロガーアンナちゃんについての話題♪

今日の「別宅」ブログ・「ココニイルヨ」の記事で、ウチの話を書いてくれてる

のはいいんだけど、気になる箇所が2つあった。1つ目は、話の入り方。

    

   「タイムマシンで昔にも行ってみたいし。

    いろんなところに行きたい。

    

    昨日久しぶりにテンメイさんのブログを見た(ゴメンの絵文字)

    ゴメン。。。

     

コラコラ。ウチはタイムマシンで行く所かよ!と突っ込みを入れとこう♪ 過

去の世界どころか、6年半もの間、毎日更新中の現在進行形ブログなの

だ。どうせなら、「テンメイさんのブログを見るのが日課。いつ見ても、タイ

ムマシンで未来に行くみたいに新鮮♪」、とか書いて欲しいもんだネ。

      

もう一つは、「テンメイさんのブログは、何故か会社のPCからだと固まる」。

似たような指摘は何度か受けてるんだけど、私自身は、あちこちからウチ

にアクセスして、一度も固まったことが無い。せいぜい、最初の表示に5

秒ほどかかる程度のこと。たまに止まるけど、リロード=更新すればOK。

10年以上前のPCでも大丈夫だったから、必ずしもPCの古さの問題じゃ

ないと思う。アンナちゃん、ブラウザをFirefoxとかGoogle Chromeに

変更してみたらどうかな。眠いからイヤ? あっ、そう♪

    

あと、「2月14日の夜はいつもの場所でね」とか書くと、また事件になるの

か(爆) 人呼んで「嵐を呼ぶ男」なのだ。57年の石原裕次郎か! 古っ♪

       

      

        ☆          ☆          ☆

おっと、前置きが長くなって来たから、本題に移ろう。と言っても、この本

題自体が、もともと手抜きのコネタのつもりだったんだけど♪

     

事の発端は、たまたまHPで見かけた日経新聞のコラム「春秋」。朝日で

言うと「天声人語」にあたるもので、お堅い経済新聞のわりには結構面

白いネタをよく書いてる。2月7日のコラムでは、金曜の夜から月曜の朝

まで、パソコンをネット接続から切り離す個人的実験の話が書いてある。

最近邦訳が出たウィリアム・パワーズ『つながらない生活』(プレジデント

社)が元ネタらしい。

    

ちなみに原著は、William Powers “Hamlet's Blackberry: A Practical

Philosophy for Building a Good Life in the Digital Age” (HarperCollins)。

直訳すると、『ハムレットのブラックベリー: デジタル時代の良き生活を作

り上げるための実践哲学』。前半の意味がなかなか分からなかったが、ブ

ラックベリーとは欧米のビジネスマン中心に人気のスマートフォンで(日本

ではNTTドコモ)、それを前にして「使うべきか、使わざるべきか?」と悩む

姿を、ハムレットの「生きるべきか、死ぬべきか」に喩えたものと推測する。

普通にタイトル前半を訳せば、「スマホの賢い使い方」とかだろう。

     

話を日経のコラムに戻すと、要するに、ネットは便利だけど「距離」の取

り方が問題だという話で、米国では「『ネット安息日』を儲ける人が増え

たと先月の本誌記事にある」、と書いてあった。

    

これを見て、なるほどと思ってネット接続を切るようなら、こんな話は不要

なのだ♪ 逆に、そこからネット上を調べまくってしまうのが、ネット中毒

あるいはネット依存症(IAD: Internet Addiction Disorder)ってもの。開き

直って言うようなことでもないか。

    

「先月の本誌記事」が、日経1月24日の海外記事「安息日設け 脱ネット

依存」(滝口範子)を指すということはすぐ分かったけど、そこに書いてあっ

ハリスバーグ科学技術大学禁止実験については、日本語だと情報

が見当たらないし、英語の検索もなかなか上手く行かなかった。

    

しばらく頑張ると、米国メディア(または英語メディア)の記事が沢山出て

来て、元の「Harrisburg University of Science and Technology」自体の

記事も発見。なるほど、2010年9月13日~17日の間、フェイスブック

やツイッターなど、有名ソーシャル・メディアへのアクセスブロックしたら

しい。ただし、携帯や自宅からのアクセス出来たようで、実際にどの程

度の「安息日」(or 禁止デー)になったのか、ちょっと怪しい部分はある。

    

   

         ☆          ☆          ☆ 

ただ、ネットやソーシャルメディアの功罪、メリット&デメリットをあらため

自覚する機会には、ある程度なったようだ。例えば、学生の44%、教

職員の76%が「何か(something)}を学んだと答えてる。また、33%の

学生が、ストレスが減ったと答えたそうだ。まあ、ストレスが増えた学生

も多かったとは思うけど♪

      

要するに、この種の話の大まかな結論は、最初から分かってる。「各自

のその時の状況に合わせて、ほどほどに」という事だ。問題は、各自の

状況の違いと、「ほどほど=適度」の捉え方。

    

の場合、明らかに使い過ぎだとは思うが、こんな事をいつまでも続け

るつもりもないし、続けることが可能とも思ってない。今の内に、試しに挑

してるってことなのだ。ネットの可能性、ブログのポテンシャル(潜在力)

がどの程度のものか。ネットを禁止するのが実験なら、使うのも実験だ。

   

驚いたことに、学生の回答者40%1日あたり11~20時間(!)も

ソーシャルメディアを使ってたそうだが、のネット使用時間はその3分

の1か、4分の1程度だし、中毒症状も禁断症状大した事はない。携帯

でのネット使用は、メールの送受信がほとんど。走ってる間は、ほとんど

携帯は持ってないし、寝る時は電源を切ってる。自転車に乗りながら携

帯を使うことも無い。最低限の距離は保ってるのだ。

        

あと、今回もそうだけど、ネットでマニアックな検索&サーフィン(死語か

も♪)を続けてると、思わぬ発見もあるし、必然的に英語その他、外国

語を読むことになる。特に英語だと、資料が大量にあるから、高速の流

し読み、斜め読みが必要。これが結構、勉強になるのだ。

    

という訳で、ネット安息日の記事を見てネットを飛び回った、今夜の行

動は、一見奇妙だけど、それほどおかしい訳でもない。そう、自分に言

い聞かせて、記事を終えるとしよう♪ これで安らかに眠ることが出来

るから、文字通りの安息日となったのだ。

   

オチをつけた所で、それではまた明日。。☆彡

    

    

    

P.S. 2月8日朝日新聞・朝刊のシリーズ記事「異議あり」では、IT企

     業社長・山本孝昭が「IT断食」や「トップレス会議」を提唱してた。

     断食は、一時的な不使用だから、安息日や禁止ウィークと同じ事。

     トップレスとは、ラップトップPC無し、という意味で、要するにデジ

     タル機器なしのこと。米国では3年以上前から、トップレス・ミーティ

     ングが話題になってるそうだ。。

      

    

cf. ネット依存とうつ症状~朝日新聞「やさしい医学リポート」

   携帯(ケータイ)依存症の診断基準(by朝日新聞)

        

                                (計 2818文字)

| | コメント (0)

ノド飴・コーラ・パブロンで風邪をごまかして、鼻呼吸25km走

鼻呼吸RUN 25km,2時間06分41秒,平均心拍152

   

 「幸せだなァ・・・・・・ 僕は君といる時が一番幸せなんだ」

    

ってことで、今夜の冒頭は加山雄三の名曲、『君といつまでも』なのだ♪

古っ! 1965年、昭和40年なのか。いや、別に昭和歌謡のコネタを書

120207

 きたいんじゃなくて、小市民アスリートの

 ささやかな幸せを描きたいわけ。それは、

 暴飲暴食なのだ♪ 

    

 頑張ってカロリー消費した後だから、ご褒

 美ってことで、今夜も果汁100%のグレー

 プ・ジュースをごくごくやった後、コーラを飲み

ながら、定番ポテトチップを食べてる所。たまに食べると美味しいね☆ 10

%増量だし、エライぞ、カルビー! これがそばにあるだけで、幸せな気分

になれるのだ。安っ! ハンガリーじゃないからポテチ税も取られないし♪

          

普段は流石に、油っぽいポテチなんて避けてるんだけど、今はやせ過ぎ

の状態だから、千載一遇のチャンスなのだ。大げさだろ! まあ、こうやっ

て好き放題食べても、栄養はがん細胞に吸い取られるんだろうな。あぁ、

検査しなきゃ・・・と言いつつ、現実逃避する日々 (^^ゞ マジメな話、何で

こんなに痩せたんだろ? ここ2年、ダイエットなんてしてないんだけどね。。

      

    

         ☆          ☆          ☆

ま、がん検診は延々と後回しってことで(コラコラ・・)、それより今夜の走り

なのだ。刻々とフルマラソンが迫ってるのに、今日は風邪の3日目。珍しく

悪化はしてないけど、良くなった感じもない。ただ、症状は変化してて、

初は肺をやられてたのが、段々と上に昇って来た感じだ。の不調に加

えて、今日は頭がボーッとしてる。休んで丸一日寝ようかな、と思ったほど。

        

そこを踏ん張るのが社会人男性ってもんで、病気で休んだ経験はほとん

ど無い。体温39度を我慢して、必死の形相で職場に歩いてたら、前から

来た人に恐がられたほど (^^ゞ 「何、あの人、恐い顔して・・・」。思いっ切

り聞こえとるわ! 大体、女性のヒソヒソ話は相手に聞こえてると思った方

がいい。って言うか、隠す気があんまし無いんだろうけどネ。

     

話を今夜の走りに戻すと、昨日休んで、今日も休んでもいいなと思ったけ

ど、どうせフルマラソンの前には走り込まなきゃいけないから、休むと後が

辛くなるだけなのだ。そこで、パブロンを2錠だけ飲んで、副作用の眠気は

コカコーラのカフェインで抑える。さらにノドは、定番の「キシリクリスタル ミ

ルクミントのど飴」で守るって感じで、無理やり症状を抑え込んで出発した。

ま、みんなやってる事でしょ。アスリートは、アマチュアでも大変なのだ。

        

    

          ☆          ☆          ☆

ちょうど雨が上がった後だから、ぞろぞろとランナーが公園に集結。賑やか

でいいんだけど、気温が意外と高め8度だし、湿度も70%。おそらく公園

内は80%以上あったと思う。実際、他のランナー集団が「蒸し暑いね」とか

喋ってた。昨夜の情報だと、夜から急激に冷え込むって話だったのに、気

温が昼間から全く下がってない。

   

私は風邪もあって、かなり厚着してたから、公園に向かう途中で早くも「暑

いな・・・」と思い始めて、アウターのファスナーをすぐ下ろした。それでも暑

かったけど、幸い(?)途中から小雨が降って来て、暑さは一気に解消。

がシュンシュンして、心拍が高めだった程度で、鼻呼吸だけで無難に

25km走り終えた♪ スピードは当然遅いけど、こんなに走れるとは思わ

なかったから、ちょっと嬉しいね。

    

トータルでは1km5分04秒。どうせなら5分以内にしたかったけど、まあ

贅沢ってもんだろう。これはもうジョギングとは呼べないから、記事冒頭に

は「鼻呼吸RUN」と書いといた。ジョグとランの境目は、5分10秒くらいに

置いてるのだ。これで、明日は休んで、明後日はハーフのつもりだけど、

風邪がどうなるか読めない。まあ、ポジティブ・シンキングするなら、レー

ス直前じゃなくて良かったかも♪ とりあえず、ゆっくり寝るとしよう。その

前に暖かい紅茶でも飲んで、カフェインで眠りを浅くするかな。コラコラ♪

   

なお、2010年ツール・ド・フランスで総合優勝したコンタドールは、結局

ドーピングが認定されて、成績抹消&資格停止処分(今年8月5日まで)。

ほんと、「サドルの上の懲りない面々」って感じだね。ま、私もコーラで合法

的にドーピングしてるけど♪ 一方、帝王ランス・アームストロングへの

査は打ち切りになったとのこと。でも、テニスのアガシの例があるからなぁ

・・・、後に自伝で告白したりして。ではまた。。☆彡

       

   

  往路(2.45km)      13分02秒    平均心拍136

  1周(2.14km)     11分00秒        147

  2周              10分54秒        152

  3周             11分00秒        152

  4周              10分56秒        152              

  5周              10分53秒        152

  6周              10分38秒        156         

  7周            10分47秒        156          

  8周            10分47秒        157        

  9周            10分48秒        158        

 10周(840m)        4分24秒         159      

  復路              11分33秒        160         

計 25km   2時間06分41秒  152(83%) 最大171(ゴール時)

             

                                  (計 2036文字)

| | コメント (2)

引き続き体調不良、軽いつぶやきで・・

私の場合、寝て起きたら更に悪化してるっていうのが、風邪の初期のあり

がちパターンなんだけど、今日は昨日よりちょっとマシな状態。伝家の宝

刀、パブロンもまだ飲んでない

    

ただ、寒気がするし食欲が落ちてるから、微熱はあると思う。こうゆう時に

は、熱は測らないことが多い。高いとガクッと来るし、低いとおかしいと思

うし、36度9分くらいなら単なる予想通り。わざわざ測る価値がないのだ。

ま、単に測るのが面倒くさいって部分もあるけどね♪

    

で、今夜はもう、すぐに寝たかったけど、ブログも急ぎの用事もあるから、

そうは行かないのだ。今夜のブログネタ第一候補は、『ラッキーセブン

瑛太の蹴り。相変わらず、「瑛太 格闘技」って感じの検索アクセスが多

いんだけど、「格闘技」と言うより「蹴り」が見たいわけ♪ 特に、初回の後

ろ回し蹴りは素晴らしい切れ味で、どうして松潤がKOされないのか不思

議だったほど。そりゃ、ドラマだからだろ!って突っ込み、どうもどうも♪

    

とにかく、瑛太の蹴りだけを見て、それだけでブログ記事を書こうかなと考

えてたから、音声中心の流し見をしながら用事を片付けてたのだ。ところ

が、序盤で瑛太が「松潤に格闘技を習わせたい」とか言っただけで、後は

スカシの連続 (^^ゞ 盗撮の時とか、警察相手、あるいはラストの松潤との

ご対面シーン、格闘技好きの視聴者に期待をもたせといて、全部スルー

だった。ま、懐中電灯型のマグカップのコネタは笑えたし、瑛太の「逃げ」

なかなか良かったけど♪

     

ひょっとして、私がマイクロ・スリープ(微少な居眠り)して、格闘を見逃し

たのかな?と思って、ツイッター検索してみると、やっぱり格闘シーンは

無かったらしい。「瑛太 蹴り」で検索すると、最初に出たツイートが「

太の回し蹴りをくらって死にたい」♪ これは、アレかも。私の自慢のロー

キック(下段蹴り)で良ければ、何発でも差し上げるけどな。ただし、そっ

ち系の魅力と素質が溢れる女性限定ってことで。。(笑)

     

ちなみに、さっき「微少」と入力する時、最初は「微笑」と変換されたから、

試しに「雑誌 微笑」でGoogle検索(笑)。1996年に休刊したんだね。

1年に2、3回くらい、コンビニで立ち読みしてた気がする♪ もちろん、あ

あゆう記事だけね・・・と書いてるのを見てニヤッと笑った、そこの貴女(あ

なた)! ズブズブと深みにハマって頂きたい。人生は1回キリ、楽しんだ

者勝ちなのだ♪ 

       

☆追記: 『ラッキーセブン』第4話の視聴率は15.4%。瑛太の蹴りが

       ないと、15%キープは苦しいかも♪)      

     

    

         ☆          ☆          ☆

続いて、どう見てもウチの常連さんの7~8割女性だろうから、完全に

女性向け(?)のネタも入れてみよう。実際、過去のその手の記事は、そ

れなりにアクセスを集めてるのだ。

    

今日、気になったのは、いつの間にかブレイクしてるモデル&女優、桐谷

美玲のニュース。最近やたら、あちこちで見かけるけど、一昨年の夏の月

9、『夏の恋は虹色に輝く』に出演してた頃は、誰?って感じがあったと思う

けどね。実際、記事への検索アクセスもほとんど無かったのだ。

   

で、今回ネットで見かけたニュースは、すっぴんの桐谷メイクする様子

動画公開してるってお話。女性タレントがすっぴんを見せるのは珍しく

なくなってるけど、わざわさニュースになってるくらいだから、「使用前」と

「使用後」が大違いなのかと思って、早速アクセス。コーセーのブランド、

Fasio(ファシオ)」の特設ページだ。ちなみにファシオとは、ラテン語で

「顔の」を意味する接頭語だというネット情報があるが、確認できてない。

ファッション(fashion)やフェイス(face)をもとにした造語かも。

     

とにかく、特設サイトに行くと、まず桐谷の動画がなかなか見つからなく

てイラついた (^^ゞ やっと見つけて見始めると、まず画面不鮮明さが

気になる。ワザとソフトな感覚を出してるんだろうけど、メイクの効果を示

すんだから、クッキリ映さなきゃ無意味だけどね。ファンデーションなら肌

をアップにすればいいのに、離れた位置固定カメラのみ。

   

可愛いBGMと可愛いつぶやきを交えた動画を3分ほど見たけど、正直

言って、大した違いとは思わなかった (^^ゞ いや、まあ同じではないけ

ど、桐谷はもともとハッキリした顔で、特に目はパッチリしてるし、肌も若

から(22歳)、「一段と可愛くなったなぁ」とは思えない。すっぴんの時か

ら、フツーに(or 普通に)可愛いだけ。静止画でも、あんまし公平な比較

にはなってなくて、メイク後だけキレイな画像に仕上げてある。まあ、すっ

ぴんと言っても基礎化粧品はつけてたから、その効果もあったのかも。

        

ちなみに、女性の化粧そのものは、わりと好きで、別に電車内で見かけて

も顔をしかめることはない。まあ、電車で化粧する女性は、キャラ的にちょっ

とパスではあるけどね。おそらく、携帯禁止のシルバーシートに座って、高

齢者が乗って来てもメールし続けるタイプのような気がする。私はそうゆう

のは、じっくり観察してるのだ。。

     

     

          ☆          ☆          ☆

話を動画に戻すと、化粧の出来栄えより、なるほど!と思ったのは、「アイ

ブロウ」って言葉。私はこれを、「eye blow」だと思ってて、小さいブラシで

まぶたを軽く撫でる(=ブローする)ことだと誤解してた。「ヘアブロー(hair

blow)」みたいな言葉だと思ったわけ。ところが、それは「アイカラー」と呼ば

れてたから、アイブロウは何の事なのかと思ってチェック。「eye brow」=

眉毛ってことか (^^ゞ エルじゃなくてアールの「ロー」ね。知らなかった・・・

って言うか、やたら細分化されてるよな。

   

ま、鏡で自分の顔を見ながら、お化粧をじっくり楽しめるって所は、女と男

の本質的違いの一つだろう。外見へのこだわりと自己愛が強いのだ。私な

んて最近、ドライヤーもシェーバーも鏡なしで使うことが多いほど♪ ま、ずっ

と使ってた鏡が割れちゃったって事情もあるんだけど。

    

という訳で、この程度つぶやけば十分でしょ。ちなみに、ボクシングでお腹

を殴るのは「ボディーブロー」(body blow)。英語ではあんまし使わないみ

たいだから、和製英語なのかも。鉄製の桶を直火で温めるのは「五右衛門

ブロ」だ。寒っ・・! それでは、また明日。。☆彡

           

                                 (計 2571文字)

| | コメント (2)

いきなり風邪!30km走の予定が鼻呼吸ジョグに・・

RUN 21.1km,1時間48分25秒,平均心拍149

      

参った。。数日前から鼻痛かったから、花粉症もどきかと思ってたら、

邪の前兆だったのかね。そう言えば時々、も出てたけど、食欲も元気も

あったし、風邪なんて全く思わなかったけどな。

    

私の風邪のパターンは、まずノドの上側が腫れて、に来て、最後に

出ることが多い。一番不快で困るのが鼻、次が喉。熱は、もともと体温が

高めだし、インフルエンザ以外だとせいぜい38度5分程度だから、鼻や

ノドほど困ることは少ない。

     

今回は、昨日の夜くらいから急激に肺が変になって、が増え始めた。ノ

ドの上側は何ともないのに、下側から肺にかけて炎症があるみたいで、

鼻も少し変になったから、寝る前にパブロンを2錠。寒気もちょっとだけ

あったけど、まだ3錠飲むほどの重症でもないから、2錠にしといたわけ。

勝手に用量を変えると、大正製薬に怒られちゃうかも (^^ゞ

         

で、今日起きてみると、炎症が拡がった感じはあるけど、全体的にまだ

症状は軽い。今の内にってことで、買い物その他、簡単な用事をいくつ

か済ませて、さてランニングをどうするか、微妙な判断を迫られた。休ん

で早めに治すっていうのが普通の考えだと思うけど、私の場合、風邪の

初期に休んで早めに治った覚えはほとんど無い。休んでも休まなくても、

同じような経過なのだ。確率4割で全治2週間になるか、確率6割で何と

か踏み止まるか。。

       

            

         ☆          ☆          ☆

それなら、フルマラソン1ヶ月半前のこの時期、走った方が得だろうと判

断。そもそも今日は、金土2日休んだ後。かなり本気で30km走る予定

だったんだから、家で大人しく静養する気にはなれない。ただし、肺とノド

の負担を軽くして体力温存するために、鼻呼吸だけのジョギング。苦しく

なったら、スピードを落とすか止めるか。あくまで風邪への配慮を最優先

にして、走り出してみた。

           

30分前に飲んだパブロン2錠が効いてるのか、調子はそんなに悪くない

けど、真冬の鼻呼吸だからシュンシュンして息苦しい。ま、これでも寒

さがちょっとだけ緩んだ日だったから、助かった方だろうね。気温は5度だっ

た。あと、最近かなり距離を伸ばしてるから、左太腿の付け根痛みが出

てる。古傷は右の付け根なんだけどな。

    

とにかく、身体をごまかしながら、鼻呼吸レベルのジョギングに徹して、

とかハーフ21.1kmを完走。う~ん、最低点の合格って感じかな (^^ゞ

ま、14kmでも自信が無かったくらいだから、ホッとした感じはある。トー

タルでは、1km5分09秒ペース。これは仕方ないね。むしろ健闘かも。

      

     

         ☆           ☆          ☆

それにしても、別府大分毎日マラソンは衝撃だな。カンボジアで五輪代表

を狙う、お笑い芸人・猫ひろし。何と、2時間30分26秒! 驚異の速さ

もう、マラソンが仕事になってるから、プロみたいなもんだけど、こんなに

急激に伸びるランナーって滅多にいないと思うな。しかも、7割は「おもしろ

い走り」を目指したから、ホントはもっと速かったとかいうお話 (^^ゞ 身長

147cm34歳が、あっと言う間に日本のトップクラスになってしまった。

今回、男子の全完走者1583人中、50位だ。。

   

これを見ると、初マラソン2時間11分18秒4位になった松村康平

の影も薄くなっちゃうな。松村は山梨学院大で箱根駅伝も走ってるラン

ナーだから、さほど驚きはない。猫ひろしを上回るのは、もう公務員ラン

ナー・川内優輝しかいないかも♪ 人間、いつ何でブレークするか分か

らないってことで、小市民も地味に頑張り続けるとしよう。ちなみに川内

は今日、丸亀ハーフで自己ベスト1時間2分18秒を出してる(27位)。

26日の東京マラソンは、2時間7分台を狙ってるそうだ。

    

なお、今週は合計19895文字となった。アーッ、ブログに気を取られて、

お気に入りの鍋が空焚きになってた!(^^; では、また明日。。☆彡

    

       

  往路(2.45km)  13分43秒    心拍134 

  1周(2.14km)  11分24秒       145         

  2周          11分26秒       145     

  3周          11分09秒       148

  4周          10分56秒       150

  5周          10分42秒       153

  6周          10分46秒       152

  7周          10分41秒       153

  8周(1.22km)   6分13秒       156

  復路           11分26秒       157     

計 21.1km  1時間48分25秒  心拍平均149 最大162(ゴール時)

             

                                 (計 1790文字)

| | コメント (0)

引き算の証明、負の数~ペアノの整数論(減算=減法)

最初におことわりしておくが、この記事は、数学者ペアノ(Peano)の自然

数論(特に足し算)をある程度理解してる方を対象とした内容になってる。

整数自然数にマイナスを付けて作った数だし、引き算(Subtraction)は

足し算(Addition)を前提としてるのだ。予備知識のない方は、先に次の記

事(特に後半の計算)に目を通しておくと分かりやすいと思う。

   

    「1+1=2はなぜか?~ペアノの自然数論(足し算)

    

2年2ヶ月前にアップした上の記事は、おかげ様で今に至るまでロングセ

ラー。特に、7月と12月、1月にアクセスが増えるのは、大学生の学期末

だからだろう。数学系と言うより、教育系と情報系の授業でたまに扱われ

てるようだ。

     

その後、関連記事も次々にアップ。それらも結構なアクセスを頂いてるの

に、ずっと書けないままだったのが、ペアノの引き算(減法=減算)の記事。

何度もチャレンジしたけど、足し算より遥かにまとめにくくて、挫折し続けて

た。厄介だと思う人は多いようで、手元の『現代数学小辞典』(講談社)で

引き算は省かれてるし、各国のウィキペディアを見ても、ペアノの引き算

説明は「ほとんど」ない。少なくとも、足し算や掛け算みたいな明解な説

明や具体的計算が見当たらないのだ。

     

例えば、日本語のウィキペディアの「減法」を見ると、最初の簡単な説明の

箇所で、「減法は・・・加法の逆演算として・・・加法に統合」と書いた直後に、

「たとえば自然数の間の減法は、整数への数の拡張により、数を引くこと

負の数を加えることが同一視されて、減法は加法の一部となる」と書か

れている。減法は加法の逆演算という考えと、加法の一部という考えの間

には、多少の隔たりがあるが、なぜか「たとえば」という接続詞で簡単に結

ばれてるのだ。少なくとも、ミスリーディングな(誤解を招く)接続だろう。

     

ウィキで、その下の「定義」の項目を読むと、具体的説明として次のよう

に書かれている。

  

   「例えば、2+3=5であるので  

     5-3=2, 5-2=3

   のような計算が成立する」

   

つまり、5-3=(3と足して5になる数)=2、ということで、ひき算を足し

算の逆演算とみなしている。そのこと自体は1つの「正しい」考えだが、

引き算を「負の数の足し算」とみなしてるわけではない。つまり、

   「5-3=5+(-3)=・・・」

と考えるわけではないのだ。

          

それに対して、この記事では後ほど、「負の数の足し算」として引き算を考

えることになる。その方が、逆演算を使うより単純明快だからなのだ。

     

       

         ☆          ☆          ☆

さて、実は数学者ペアノの引き算も、代表的論文の1つ、「数の概念につ

いて」を読む限り、足し算の逆演算として考えられている(cf.『ペアノ 数

の概念について』所収、共立出版)。しかし、逆演算だと、足し算の場合の

ようにスッキリした計算が出来ない

   

例えば、引き算の証明として、

   「3-2=1  (∵ 1+2=3)

とだけ書くと、答の「1」、つまり「2と足して3になる数」をどうやって見つけ

たのかが気になる。それをもし明らかと言うのなら、そもそもペアノ的な証

明など不要だし、足し算の明解な計算とバランスが取れてない。

    

実際、1+2=3の証明なら、隙の無い機械的計算で済むのだ。ポイント

だけ書くなら、次のようなものだった。これは前掲『小辞典』その他にある

書き方で、ペアノ自身の記号の使い方とは少し異なるが、本質的には同

じものだ。

    

   1+2=0´+0´´=(0´+0´)´=((0´+0)´)´=0´´´=3

     

スタートの自然数「0」と、次の数を表す記号「´(ダッシュ or プライム)」を

用いて、1を0´、2を0´´とし、簡単な2つの公式を用いるだけで、機械的

に3という答を導出できる。偶然見つけたり気付いたりすることなく、密かに

普通の日常的計算を援用することもなく、必然的アルゴリズムで計算でき

るのだ。

       

こうした計算を、引き算でも出来ないか。そう思って、今まで色々と試して

来たが、予想外に面倒だ。まず、自然数にマイナス記号をつけて負の整数

を作り、負の整数同士の関係や、負の整数と自然数との関係を決める。

その後、引き算「関連」の公式をなるべく少数、簡潔に導入して、すべての

引き算を証明したいわけだが、公式の最適な設定に悩むのだ。ペアノ自

の前掲論文では、逆演算の話も含めて少し一般論を語るだけで、具体

的な説明は「省くことにする」とだけ書かれてる。訳者の解説を見ても無い。

      

そこで、自分で試行錯誤した結果、とりあえず次のように考えるのが最善

だろうという、暫定的結論に到達した。なるべく、ペアノ自身の考えに即し

つつ、多少の変更を施してある。例えば「3-2」は、ペアノの定義だと

「3+(-2)」だが、ペアノの場合、これは「+」(加算)の逆演算を意味し

ており、負の数の足し算を意味してるわけではない。

     

以下では、「3-2」は「3+(-2)」と定義し、更にこれを「負の整数の足し

」として考える。そうすれば、現在の数学の考えにも近づくし、足し算の

感覚も応用できる。新たに引き算特有の公式を導入する必要もなく、逆

関数とか逆演算という、やや高級な概念を持ち出す必要もなく、「負の整

数」の扱いだけ決めておけばいいのだ。。

     

    

        ☆          ☆          ☆

まず、自然数全体にマイナスをつけて、全体として整数を作る。ペアノ自

は、0を別扱いしてるが、ここでは足し算記事との整合性も考慮し、

然数の中に0を含めておく。

   

すると、「・・・-3,-2,-1,-0,0,1,2,3・・・」という整数の集合が

形式的に出来上がる。ペアノ算術的には、整数は「・・・-0´´´,-0´´,

-0´,-0,0,0´,0´´,0´´´・・・」と定義される(本人の書き方ではな

い)。ただし、追加する最初の公式が必要となる。

   ③ : -0=0 

    

ちなみに、①と②aは、足し算の定義式をそのまま使うことにする。以前は

自然数だけを対象としていたが、以下では整数全体が対象となる。

   ① : m+0=m

  ②a : m+n´=(m+n)´

    

引き算の場合、②a式の両辺の「前の数」を考え、さらに左右を逆転する

ことで、次の式も導入する。

  ②b : m+n=(m+n´)-1

    

ここで、右辺の「-1」は、結果的に引き算とも考えられるが、基本的には

前の数へと対応づけ演算記号と定義しておく。「次の数」へと対応づ

ける記号が「´」だから、「前の数」の記号は「 ⁻´ 」(マイナス・ダッシュ)とし

たい所だが、あまりに特殊なので、代わりに色付けして「-1」としておこう。

形式的には、「m´-1=m」と定義すればいい。ちなみにペアノの論文で

は、「-1」に相当する記号は、単なる「-」(マイナス)である。いずれにせ

よ、「次の数」とか「前の数」への対応づけは右作用演算であって、二項演

算ではない

       

次に、形だけはペアノとほぼ同じ公式として、

   ④a : (-m´)´=-m 

   

を導入する。ペアノの論文だと、「-(a+1+1=-a」と書かれてるが、

ここでの「+1」は例の「´(ダッシュ)」、つまり次の数を示す記号なので、

④aのように書いたのだ。これは要するに、「-m´」の次の数が「-m」で

あることを示してる。例えば「-(2+1)」の次の数が「-2」ということで、

1ずつ等間隔に離散した整数の列、つまり数直線が完成する。ちなみに、

はここでは整数全体とする(ペアノでは1以上の自然数)。

      

④a式で、両辺の「前の数」を考え、左右を逆転させると、

   ④b : -m-1=-m´

      

左辺は基本的には、引き算と言うより「-mの前の数」を表している。例

えば、「(-2の前の数)=-(2の次の数)」ということだ(両辺とも-3)。

以下の証明で、分かりにくいのは④aと④bの使用だと思うので、この時

点であらかじめ納得しておいた方が楽だと思う。ではいよいよ、引き算を

証明する計算を具体的に示して行こう。

    

       

         ☆          ☆          ☆

[例題1: 3-2=1の証明] (プラス-プラス=プラスの型)

   

   3-2 = 3+(-2)       (引き算の定義)

       = 0´´´+(-0´´)   (自然数の定義)

       =(0´´´+(-0´´)´)-1      (∵ ②b) 

       =(0´´´+(-0´))-1       (∵ ④a)

       =((0´´´+(-0´)´)-1-1  (∵ ②b)

       =((0´´´+(-0))-1-1    (∵ ④a)

       =((0´´´+0)-1-1       (∵ ③)

       =(0´´´-1-1           (∵ ①)

       =0´´-1               (-1の定義)

       =0´                  (-1の定義)        

       =1                   (自然数の定義)

                         

   

[例題2: 1-2=-1の証明] (プラス-プラス=マイナスの型)

     

   1-2=1+(-2)      (引き算の定義)

      =0´+(-0´´)    (自然数の定義)

      =(0´+(-0´´)´)-1        (∵ ②b)

      =(0´+(-0´))-1         (∵ ④a)

      =((0´+(-0´)´)-1-1     (∵ ②b)

      =((0´+(-0))-1-1      (∵ ④a)

      =((0´+0)-1-1         (∵ ③)

      =(0´-1-1             (∵ ②)

      =0-1                  (-1の定義)

      =-0-1                (∵ ③)

      =-0´                  (∵ ④b)

      =-1                   (自然数の定義)             

     

     

[例題3: 1-(-2)=3の証明] (プラス-マイナス=プラスの型)

    

    1-(-2)=1+(-(-2))     (引き算の定義)

          =0´+(-(-0´´))   (自然数の定義)

          =0´+(-(-0´´)´)´    (∵ ④a)

          =0´+(-(-0´))´     (∵ ④a)

          =0´+((-(-0´)´)´)´  (∵ ④a)

          =0´+((-(-0) )´)´  (∵ ④a)

          =0´+((-0)´)´      (∵ ③)

          =0´+0´´          (∵ ③)

          =(0´+0´)´         (∵ ②a)

          =((0´+0)´)´        (∵ ②a)

          =0´´´             (∵ ①)

          =3               (自然数の定義)          

     

     

[例題4: -2-(-1)=-1の証明] (マイナス-マイナス=マイナスの型)

    

    -2-(-1)=-2+(-(-1))      (引き算の定義)

            =-0´´+(-(-0´))   (自然数の定義)

            =-0´´+(-(-0´)´)´  (∵ ④a)

            =-0´´+(-(-0))´   (∵ ④a)

            =-0´´+(-0)´      (∵ ③)

            =-0´´+0´         (∵ ③)

            =(-0´´+0)´       (∵ ②a)

            =(-0´´)´          (∵ ①)

            =-0´             (∵ ④a)

            =-1             (自然数の定義)

    

      

        ☆          ☆          ☆

以上を参考にすれば、他の型の引き算も証明できそうなことは想像でき

ると思うので、後は読者の方々にお任せしよう。非常に単純な操作だが、

カッコ、ダッシュ、マイナスが続くと計算ミスしやすい。ダッシュの代わりに

「+1」という右演算記号を使うのも一つの手だ。

         

最後は、引き算ではない、負の整数の足し算をやってみよう。「マイナス+

プラス」の計算は、交換法則を先に証明していれば、「プラス+マイナス」

に変形できるので、今までの引き算の話と同様になる。しかし、交換法則

の証明は、自然数の足し算だけでも面倒だったし、整数の足し算に関し

てはまだ行ってない。そこで、交換せず、そのまま足すことにする。

      

[例題5: -1+2=1の証明] (マイナス+プラス=プラスの型)

      

   -1+2=-0´+0´´       (自然数の定義)

        =(-0´+0´)´     (∵ ②a)

        =((-0´+0)´)´    (∵ ②a)

        =((-0´)´)´      (∵ ①)

        =(-0)´         (∵ ④a)

        =0´            (∵ ③)

        =1             (自然数の定義)

       

    

         ☆          ☆         ☆

ここまで来ると、ペアノの割り算ということになる。しかし、今度は有理

数(整数/整数)を相手にすることになるし、掛け算の逆演算だから、相

当面倒な話だろう。いつになるか分からないが、いずれは記事にまとめた

いと思ってる。その前に、中学校数学における引き算や負の数の扱いを

記事にするかも知れない。

   

とりあえず、2年以上迷い続けたペアノの引き算を再構成できたので、肩の

荷が下りた感じで満足だ♪ それでは、今夜はこの辺で。。☆彡

        

    

    

cf.1+1=2はなぜか?~ペアノの自然数論(足し算)

  「1×1=1」はなぜか?~ペアノの自然数論2(掛け算)

  集合論における自然数の表記と計算

  自然数に関するペアノの公理~論文『数の概念について』に即して

  0、1、「次の数」に関する哲学的考察~フレーゲ『算術の基礎』

  「1+1=2」はなぜか~小学1年生の算数の教科書

  引き算、足し引き連続、0(ゼロ)~小学1年生の算数2

  掛け算の導入、足し算・引き算との関係~小学校の算数3

  同じ数ずつ分ける計算、割り算(除法)~小学校の算数4

  原始リカーシヴ関数と足し算(加法)、掛け算(乗法)

            

                                 (計 4968文字)

続きを読む "引き算の証明、負の数~ペアノの整数論(減算=減法)"

| | コメント (6)

全記事一覧(12年1~3月)

120430e

        

「今ごろ桜かよ!」って突っ込み、どうもどうも note 21日の日曜日、多摩川を

自転車で走ってて見つけたのだ bicycle あいにくの曇り空の写真だけど、やっぱ

春は桜の写真を飾らなきゃネ chick 淡くて切ない胸キュンの思い出もあるし heart01 

ちなみに東北・北海道はこれからお花見シーズン cherryblossom 日本も結構広いのだ clover

(4月30日、写真のみ変更)

     

全記事一覧(11年10~12月)11年7~9月11年4~6月11年1~3月

10年10~12月10年7~9月10年4~6月10年1~3月09年10~12月

09年7~9月09年4~6月09年1~3月08年10~12月08年7~9月

08年4~6月08年1~3月07年10~12月07年7~9月07年4~6月

07年1~3月も宜しく 。それ以前もネnote 公開から6年8ヶ月、毎日更新中 yacht 

    

         ☆   ☆   3月   ☆   ☆

美少女の可愛さを初めて体験した夜♪  テレビ,ラン 3/31

自ら切りひらく主体相互の共生~小阪淳ほか「論壇時評」(朝日新聞・3月)

                                  社会,政治 3/31

記事を送信しにくい状況・・・  日記 3/30

ダメージ・サボリ・眠気・気温上昇、ボロボロの走り・・  ラン,日記 3/29

春の眠気&ダルさをめぐって、つぶやき日記  日記 3/28

山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』最終回、最も美しきもの☆

                              テレビ,芸能,旅行 3/27

年度末、慌ただしい1週間のスタート  日記,ラン 3/26

多摩川下流ポタリング&ガールズケイリン(女子競輪)1期生卒業 自転車 3/25

ABBA『ダンシング・クイーン』&リハビリジョグ18km、右膝痛  音楽,ラン 3/24

レース後、初のリハビリジョグ&『最後から二番目の恋』最終回 ラン,テレビ 3/23

女性義足ランナー、ロンドン・パラリンピックへの挑戦  ランニング,社会 3/22

リハビリ公園周回で自転車シーズン・イン 自転車 3/21

山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第11回、「誰かがきっと・・」

                              テレビ,芸能,旅行 3/20

丸1日半経っても全身が痛い・・  日記 3/19

板橋Cityマラソン2012、また自己ベストに届かず・・  マラソン,ラン 3/18

フルマラソン前日、雨の土曜日のつぶやき  ランニング,日記 3/17

3年連続で雨のフルマラソンかも・・&高橋尚子・柏原  ランニング 3/16

リハビリ・ウォーキング&珍しくテレビの連続流し見♪  テレビ,ラン 3/15

スノボの筋肉痛の中、レース4日前の28km走、まずまず♪ ランニング 3/14

山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第10回、「Yes,I will」

                            テレビ,芸能,旅行 3/13

快晴の新潟・神立高原、スキー&スノボツアー♪  スキー,日記 3/12

福島出身の「山の神」2人、今井と柏原が「坂を登る」姿を見て・・ 

                                 テレビ,ラン 3/11

走り込み終盤、雨の早朝28km走&顔文字の使い方  日記,ラン 3/10

朝日の甲状腺被曝87ミリシーベルト報道の意味~実効線量と等価線量

                                   医学,社会 3/9

バイクは復活したけど、ガソリンが1L150円なのか・・  バイク,日記 3/8

「酒気帯び」ランが精一杯・・(「酒酔い」ではない♪)  日記,ラン 3/7

リハビリ・ジョギングが精一杯&「可視化」の功罪  社会,日記,ラン 3/6

急な仕事に追われて大変・・・  日記 3/5

今シーズン最難関37.195km走&びわ湖毎日マラソン  ランニング 3/4

「お内裏さま」が男で「おひなさま」が女、ではなかったのか♪ 文芸,日記 3/3

ブラウザー IE (インターネット・エクスプローラー)が自動更新されて・・ 

                                  パソコン,日記 3/2

12年2月の全走行距離&板橋Cityマラソン案内到着  ラン,自転車 3/1

            

          ☆   ☆   2月   ☆   ☆

雪の長距離ラン、2年ぶりに35km走  ランニング,音楽 2/29

山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第8回、ナメック星の大自然♪

                            テレビ,芸能,旅行 2/28

東京マラソン2012のTV観戦後、32.195km走  ランニング 2/27

東京マラソン2012、芸能人・有名人の結果(タイム)  ランニング,芸能 2/26

現在の中に過去を見ること

  ~高橋源一郎&小阪淳&菅原琢「論壇時評」(朝日・2月) 社会,文芸 2/25

リハビリ・ラン4日目(27km走、計80km)&「マラソン即日満員」(朝日)

                                   ランニング 2/24

リハビリ・ラン3日目(休養ジョグ)&タクシー利用可のマラソン♪ ラン,日記 2/23

リハビリ・ラン2日目(ハーフ走)&東京マラソン2012芸能人・有名人

                                ランニング,芸能 2/22

山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第7回、道路距離と消灯の謎♪

                                  テレビ,芸能 2/21

ようやくリハビリ・ラン開始&久々の怖い夢&『ラッキーセブン』

                              日記,テレビ,ラン 2/20

やっと仕事が一段落☆シェーバー本体より高い替刃の話とか♪  日記 2/19

風邪が治らない中、必死にお仕事中・・  日記 2/18

剛腕ベルナルドと共に去りぬ・・立ち技格闘技K-1の復活に期待 格闘技 2/17

トマトジュースで痩せる!京都大の研究発表のまとめと注意点 健康,科学 2/16

遂に風邪でダウン!、Googleのバレンタイン・ロゴの話とか・・ 恋愛,日記 2/15

山P『ルート66』第6回、主役はブーツジャックか♪&『ラッキーセブン』

                                  テレビ,芸能 2/14

ポアソン分布(過程)による地震の確率計算(by政府・委員会) 数学,科学 2/13

風邪の折返し点、鼻呼吸30km走  ランニング 2/12

首都直下型地震、数年以内に数十%の確率・・(東大、京大、政府)

                                    科学,社会 2/11

風邪&かぜ症候群とは~各種情報のまとめと疑問点  医学,日記 2/10

風邪やや悪化、ボーッとした頭で22km走  日記,ランニング 2/9

ネット安息日(=禁止デー)の記事を見て、ネットを飛び回った夜♪ 

                                   ネット,日記 2/8

ノド飴・コーラ・パブロンで風邪をごまかして、鼻呼吸25km走 ランニング 2/7

引き続き体調不良、軽いつぶやきで・・  日記,テレビ,美容 2/6

いきなり風邪!30km走の予定が鼻呼吸ジョグに・・  日記,ラン 2/5

引き算の証明、負の数~ペアノの整数論(減算=減法)  数学 2/4

全記事一覧(12年1月~)   全記事一覧 2/3     

ポラール心拍計の電池交換、普通の時計店でゴネた話とか♪ ラン,日記 2/2

12年1月の全走行距離&『木村政彦vs力道山』本の立ち読み♪

                           格闘技,ランニング,自転車 2/1

      

           ☆   ☆   1月   ☆   ☆

山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第5回、天然・智くん♪ テレ芸能 1/31

大阪国際女子マラソン&気温1度の28.5km走  ランニング 1/30

500字しか書けないから、女優とキスした夢とか♪  日記 1/29

対称的な関係の中にある前進

 ~高橋源一郎&小阪淳&森達也「論壇時評」(朝日・1月) 社会,政治 1/28

またアクビ30連発、眠過ぎて今夜もダメ・・  日記,ラン 1/27

いまいちハーフ走&頑張れ野口みずき!&『最高の人生』第3話 

                                ランニング,テレビ 1/26

明日がキツイから、今夜も単なるつぶやきで♪  日記,ラン 1/25

数学記事を書こうとして失敗した夜、まだ熟考中・・  日記 1/24

瑛太の蹴りを見逃したから、スマスマでマー君の投げ♪(『ルート66』追記)

                                   テレビ,ラン 1/23

4日間サボった後の27km走、汗が冷えて寒い・・  ランニング 1/22

冷たい雨の休日、温かいお風呂で読書♪  日記 1/21

月~金の5日間で2時間半もテレビを見た週末、ちょっと反省・・ 日記,ラン 1/20

『最高の人生の終り方』第2話、軽~い感想♪  テレビ,芸能 1/19

2日続けて記事がプチヒット☆、今日はもう手抜き♪  日記,ラン 1/18

山P=山下智久『ルート66』、男のアメリカ横断一人旅が熱い☆ 

                                テレビ,芸能,ラン 1/17

『ラッキーセブン』、瑛太の格闘家姿がサマになってる件とか♪ テレビ,ラン 1/16

珍しく将棋にハマったから、センター試験記事は断念・・  日記,ラン 1/15

米長がコンピューターに敗北した将棋、観戦中♪&25km走 将棋,ラン 1/14

超~久々に食べた牛丼の話とか♪  日記,ラン 1/13

愛と死を目指して生きる~『最高の人生の終り方』第1話 テレビ,芸能 1/12

風邪ひきそうだから今夜も軽いつぶやきで・・(『紅白』今井舞など)

                              テレビ,日記,ラン 1/11

書き過ぎなので、今夜は手抜き記事♪  日記,ラン 1/10

22km走れる状態まで回復♪&ライフログ(人生のデジタル記録) 日記,ラン 1/9

フラクタル図形と数列、自己相似性~高校レベルの初歩的解説  数学 1/8

故障の回復、毎日着実に♪&年賀状のデジタル保存  日記,ラン 1/7

何を優先すべきか迷いつつ、リハビリランに励む日々・・  日記,ラン 1/6

リハビリJOG2、少し回復♪&仕事始め&紳助  日記,ラン,芸能 1/5

痛む脚で初ジョグ&2011検索ワード・ランキング  ブログ,ラン,日記 1/4

2011年・記事別アクセスランキング&つぶやき  ブログ,日記 1/3

大晦日から左脚が激痛、歩くだけで困難な正月・・  日記,テレビ 1/2

☆一陽来復 2012☆&紅白歌合戦  日記,テレビ,芸能 1/1

                 

                                 (計 3647文字)

| | コメント (0)

ポラール心拍計の電池交換、普通の時計店でゴネた話とか♪

RUN 22km,1時間46分29秒,平均心拍149

    

この冬一番の寒さだなぁと思ってピンポイント予報を見ると、ランニング時

の気温は-1度! 過去最低レベルじゃないかな。細かいけど、気温2度

よりは低いなと思ったのだ。身体が全体的に温まるまで、普段なら15分く

らいなのに、今夜は20分以上かかったもんね。ま、その後のランニングは

別に寒く感じなかったけど。。 

(☆追記: 執筆後に気温を見直すと、なぜか0度に変更されてた (^^ゞ )

    

さて、昨日は珍しく格闘技のマニアックな話を書いたけど、今日も一部アス

リートしかピンと来ない話を書こう♪ 持久系スポーツの最中に使う、ポラー

ル心拍計電池交換の話で、2年3ヶ月前に似た題名の記事を書いてる。

  

    ポラール心拍計の電池交換、手抜きして時計屋で♪

    

あの時もそうだったけど、心拍計の電池はいきなり止まるから、壊れたの

かと思ってギクッとするのだ (^^ゞ ついさっきまで普通に使ってたのに、

然モニターが消えて、操作も出来なくなる。そこへ行くと、パソコンってもの

はよく出来てるね。しばらく前から警告表示が出るし、まったく動かなくなる

前にちゃんとスリープ状態になってくれるから。

      

    

          ☆          ☆          ☆ 

とにかく、気を落ち着けて、電池切れだなと判断。マニュアルを見ると、

池の寿命は約2年ってことになってるから、つじつまが合ってるのだ。6年

半前、ブログ開始とほぼ同時期に購入して、これで3回目の電池切れ。最

初は真面目に、代理店のキャノン・トレーディングに郵送して、税込2940

で送り返してもらった。ちょっと面倒で、時間もかかったけど、良心的な

対応ではあった。

    

ところが、対応窓口が変わって、もっと面倒になったから、2回目は手抜き

して普通の時計店を利用。チェックとか保証なしに、単なる電池交換(+簡

単な掃除)で、税込1050円で済んだ♪ 時間もすぐだし、その後の問題

も全くなし。これはいいと思って、3回目の今回もそこへ持って行ったわけ。、

     

すると、「預かりで3500円」とか言われたから、ハァッ?って感じ。「前回

もこちらでやってもらって、1000円くらいでしたよ」と言うと、「心拍計だか

ら、向こうに送らなければいけない」という応答。「いや、電池交換だけで

いいんですよ」、「保証できませんよ」、「いいです。保証いらないから電池

だけ交換してください」って感じのやり取りを続けて、ようやく何とか交渉

成立。普通、ここまでゴネないだろうな♪ でも、5割増で税込1575円

料金はガマンしたから、私も譲歩してるのだ。40分ほど待たされたしね。

   

しかし、こんな事なら、次は自分で電池交換やろうかな。家を探せば、精

密ドライバーくらいあると思う。電池CR2430だから、1個300円前後

で売ってるはず。ネットで見ると、ポラールじゃなくてスント(SUUNTO)な

ら、ちゃんとバッテリー交換キットなんてものまで売ってた。電池の他に、

簡単に開閉できる防水のフタが付いて、1000円弱。やや高めとはいえ、

ポラールよりは良心的なシステムだね。

         

       

         ☆          ☆          ☆

とにかく、電池交換後の心拍計は何の問題もなし。ただ、時計店で時刻

を正しく合わせてくれてるので、ちょっと感覚が狂ってしまった。今までは

3分ほど進んでたから、「遅れる~~っ!」って時でも結構間に合ったり

してたわけ。そりゃ、自分で3分進ませればいいだけか♪

       

で、今夜はその心拍計を使って、ゆっくり22kmの走り込みを実行して来

たのだ。時間帯が21時からのドラマとぶつかるけど、フルマラソンが迫っ

てるし、走りの方を優先。最近やたら山Pを扱ってるから、たまにはスルー

してもいいだろう。って言うか、このまま最後まで見なくてもいいけどネ♪ 

男のアメリカ横断一人旅、『ルート66』だけで十分。「おれは男だ!」。そ

りゃ、昭和の青春ドラマか♪       

      

話を戻して、走り始め寒過ぎて身体が動かなかったんだけど、20分以

上経ってからようやくマトモな状態に。ただ、日曜に28.5km、火曜に

21.1km走ってるから、流石に脚が重い左ふくらはぎ右膝も変だか

ら、かなり慎重にペースをコントロール。目標は、1km4分53秒ペース。

    

結局、トータルでは1km4分50秒ペースだったから、ほぼ目標通り。脚の

痛みほとんど無かったし、心拍も低めだから、上出来の走り込みだろう。

これでは、いよいよ30kmの大台チャレンジ。毎年の事とはいえ、フル

マラソンの準備はキツイね。ま、レースは遥かにキツイんだけど。。

     

この後、まだコネタを書くつもりだったけど、もう時間が無くなったからパス

しよう。これからまだ一仕事終わらせないと寝れないのだ。「強い子のミロ

でも飲んで、気合入れよう! オッ・・と。検索すると、今はこのキャッチフレー

、そのままの形では使われてないみたいだね (^^ゞ でも、世界30ヶ国

以上で販売されてる人気商品とのこと。ハッキリ言って、栄養分の多くは、

混ぜ合わせる牛乳のおかげだと思うけどな。コラコラ♪ ではまた。。☆彡 

        

        

P.S. 『最高の人生の終り方』第4話の視聴率は、速報によると9.1%

     (ウィキペディア他、3つのサイト)。昨日の内容は知らないけど、

     私は前回、「超人気の智くんじゃなきゃ、1ケタもあり得る」と書い

     たくらいだから、さほど驚きはない。まあ、『ルート66』も含めて、

     他の作品には恵まれて来たから、たまにはこんな事もあるだろう。

     視聴率記事は既に更新した。 

       

      

  往路(2.45km)  12分52秒    心拍134 

  1周(2.14km)  10分41秒       146         

  2周          10分15秒       151     

  3周          10分15秒       153

  4周          10分09秒       153

  5周          10分02秒       153

  6周          10分14秒       152

  7周          10分19秒       151

  8周          10分17秒       153

  復路(2.43km)    11分27秒       152     

計 22km  1時間46分29秒  心拍平均149 最大158(7周目)

            

                                (計 2399文字)

| | コメント (0)

12年1月の全走行距離&『木村政彦vs力道山』本の立ち読み♪

(31日) RUN 21.1km,1時間43分21秒,平均心拍147

(1日) JOG 4km,23分程度

       

鼻が痛い。。ひょっとして・・と思って、帰宅後に早速、環境省花粉観測シス

テム(はなこさん)にアクセス。ビンゴ!って奴だね。まさに今日、2月1日

から花粉が飛び始めてるのだ。おまけに、ちょっとだけがあったし、気温

も相変わらず低いから、鼻が痛くて何度もつまむ状態。文字通り、「鼻つま

み者」になってしまった・・・って、意味が違うだろ♪

     

こんな時でも、すぐに関連記事のアクセス状況をチェックするのがブロガー

魂ってもんだ。あるいは、ブロガーの哀しい性(さが)と言うべきか (^^ゞ 年

末にアップした花粉の放射能記事は、地味ながら評価されてたんだけど

tweet 8人♪)、別に今日になって特別アクセス増えたってこともない

ね。まあでも、内容的にはセンター返しのクリーンヒットって感じだと思って

る。この比喩、相当古いかも。。

          

    

         ☆          ☆          ☆

さて、今日は睡眠わずか1時間半でお仕事して来た後だし、前日の記事

にかなり手間ヒマかけたから、あっさり1500字程度で終わりにしようかと

思ってた。年度変わりってこともあって、下のグラフ作成にも時間がかかっ

てるのだ。

        

ところが、眠くて疲れた時ほど、本屋に立ち寄りたくなってしまう (^^ゞ ま、

ちょっとした刺激を求めてるんだけど、今夜は素晴らしい本を発見して、し

ばらく立ち読みしてしまった。いや、買う価値は十分あるんだけど、買うと

分厚い本を一気に読んでしまいそうだから、また他の事が出来なくなって

しまう。ブログの数学記事も延々と先延ばしにしてる状態だから、軽く立ち

読みするだけでガマンしたわけ。

     

それにしても、ホントに素晴らしい☆ 珍しく「素晴らしい」って賛辞を2回続

けることになった、その本とは、増田俊也木村政彦はなぜ力道山を殺さ

なかったのか』(新潮社)。この刺激的タイトルは、柔道王とプロレス王の

伝説の試合(1954年・蔵前国技館)だけじゃなく、試合後の展開も含め

て付けたもの。それは、著者の公式ブログの記事からも分かることだ。

          

      

        ☆          ☆          ☆

たまにブログにも書いてるけど、私は昔はかなり格闘技好きだったし、

山倍達極真空手などの(マンガ以外)は10冊以上買って読んでる。ど

こで読んだか覚えてないし、内容もウロ覚えだけど、「木村と力道山の対戦

は、八百長試合のはずだったのに、途中から急に力道山がエキサイトして、

木村を倒してしまった」という話になってたと思う。

             

でも細かい話は知らなかったし、「木村の前に木村なく、木村の後に木村な

」とまで言われる柔道の鬼がなぜ一方的にKOされたのか、気にはなっ

てた(3本勝負だが1本で終了、公式記録はドクターストップ)。不思議なこ

とに準備不足だったらしいが、何しろ全日本選手権13年連続保持(大会

開催は計5回)。総合格闘家として有名なヒクソンやホイスの父である、エ

リオ・グレイシーにも敵地で勝ってるのだ。

           

だから、この701ページの分厚い評伝を手に取ってすぐ、最後辺りにある

試合の説明を読み始めた。詳しい人がどう感じるのかはともかく、私は初

めてだったから、グイグイ引き込まれてしまって、顔がニヤけたほど♪ 

白過ぎる! 

           

27歳から45歳まで18年間も費やしたと言うだけあって、ビデオ内容の分

析、新聞報道、関係者の取材など、多角的説明が試合を鮮やかに蘇らせ

てくれる。力道山サイドによる編集で(?)、ビデオからカットされた部分ま

で、新聞報道に基づいて補足してくれてるのだ。それでいて、無味乾燥な

文章ではなく、ワクワクと興奮させてくれる語り口になってるのだ。

   

結論としては、大まかに言うなら「やはり、思ってた通りか・・」という感じだっ

たけど、ものすごく曖昧だったイメージが鮮明になったから、買って帰りたく

てウズウズしたほど (^^ゞ その時だけ、完全に格闘技大好き少年へと戻っ

てしまった。末尾を確認すると、9月末の出版後、僅か4ヶ月で15刷! やっ

ぱり、みんな引き込まれるんだね。『ゴング格闘技』誌上での3年半の連載

でも、人気を集めてたんだろう。

    

    

          ☆          ☆          ☆

ただ、写真や図が少なめなことはともかく、少し気になったのは信頼性の問

題だ。私が以前、『大山倍達正伝』(小島一志・塚本佳子,新潮社)を買っ

た時は、既に色んな情報を持ってたし、巻末の参考文献も詳細だったから、

かなり信頼できそうだなと感じた。ところが、『木村政彦はなぜ力道山を』の

場合、参考文献が簡素だし、私の予備知識もほんの僅かしかない。

       

事情通が読むとどう思うのかな?と思って、珍しくアマゾンのレビューなん

てものをチェックすると、やはり相当詳しそうな方が、「客観性」「信憑性」に

疑問を投げかけていた。ウィキペディアでこの本の項目を見ても、「信頼性

に幾分疑問がある出典に基づいて書かれている」という指摘が付いてる。

どちらも、それほど強い否定ではないけど、なまじ面白いノンフィクション

(or 読み物)だけに、多少の距離を保った上で楽しむべきかも知れない。

      

ともあれ、仮にいくらか問題点があったとしても、十分「参考」になる誠実な

労作だし、初めから「木村側に立つ格闘技マニアの研究発表」だと思えば、

さほど不満も生じないだろう。そもそも、タイトルも本文も、公平な見方など

目指してないのだから。できれば、かなり売れてる本でもあるし、数年後く

らいの加筆修正や続編も読んでみたいと思ってる。とりあえず、著者の執

念と愛情の深さに拍手を送りたい。税別2600円の価格も良心的だろう。

        

なお『大山倍達正伝』でも、木村vs力道山の試合については、「八百長崩

れ」(=ブック破り)という「通説」が支持されていた(後半、小島の執筆箇

所)。木村側に立つ大山が激怒して、力道山に勝負を挑んだ後、結局は

手打ち」の形で、数百万円の見舞金と共に収まったようだ(ヤクザ絡みの

和解)。その直後、木村は短刀を持って力道山を付け回したらしいが、結

局は断念。「なぜ殺さなかったのか」という理由をまとめるなら、常識的倫

理、妻への愛、周囲や世間のしがらみということだろう。

         

あと、ウィキペディアは出典も明記せずに、朝日新聞書評の否定的部分

だけを引用してるが、あれは11年10月30日・朝刊における後藤正治

批評。ノンフィクション作家だが、あの書評の文体を見る限り、増田の熱

い文体が「引っ掛かる」のは当然のこと。そりが合わないという話だろう。

逆に、同じ朝日でも鳥取県版をネットで見ると、「今年一番の本」だと絶賛

している(今井書店・加藤幸典)。

      

日経HPでも、ノンフィクション作家・佐野眞一が、好意的レビューを書いて

た。「叙述にゆるみはなく、主題に向かって真っすぐに進む。史料批判の

甘さや、自信過剰な文体は抵抗を感じたが、力で無理やりねじ伏せられ

たような読後感は悪くない」(11年11月13日)。       

    

     

(☆12年11月追記: 大宅壮一ノンフィクション賞と新潮ドキュメント賞を

              Wで受賞♪)

        

cf. 『大山倍達正伝』購入♪

   『実録!!極真大乱』購入♪

   

          

         ☆          ☆          ☆

長くなったので、昨日の走りについては簡単に。日曜28.5km走から

1日おいて、月末距離稼ぎを行っただけだ。ハーフ走れるかどうか、自

信なかったけど、1km4分55秒でいいやと思ってゆっくり走ったら、楽に

完走できた。心拍も低いし、ダメージも無いし、最近だと一番気持ちいい

走りだったかも。トータルでは、1km4分54秒ペース。ぴったし狙い通り♪

   

一方、今日は昼間の通勤ジョギング4kmのみ。ちょっと疲れてたし、ジョグ

にしてはやや速めだったから、呼吸が乱れてしまった。明日まで疲れが残

りそうな予感。ま、スピードより距離重視、走り込みの時期だから、別にい

いけどね。。

           

           

  往路(2.45km)  12分48秒    心拍130 

  1周(2.14km)  10分30秒       146         

  2周          10分34秒       148     

  3周          10分36秒       148

  4周          10分21秒       152

  5周          10分18秒       152

  6周          10分27秒       150

  7周          10分13秒       153

  8周(1.22km)   6分02秒       153

  復路           11分33秒       149     

計 21.1km  1時間43分21秒  心拍平均147 最大158(7周目)

    

     

       

        ☆          ☆          ☆

一方、12年1月全走行距離

         RUN 264km  ;  BIKE 0km

 

あれっ・・・と書くとシラジラしいけど、納得いかないなぁ。280kmくらいの

感覚だけどね。序盤で左ふくらはぎ痛に襲われたのが響いた形だ。1月に

限ると、ここ3年、走行距離が減って来たのが下側のグラフによく表れてる

(^^ゞ まあでも、ハーフ以上の距離を6本走ってるから、少し長距離に慣

れて来た。自転車は、乗りたかったけど時間が無かったのだ。来月は少し

乗る予定。月の後半、暖かくなってからにしようかな♪

     

板橋Cityマラソンの前の月だから、35km走までは持って行かなきゃダメ

だけど、足腰がもつかどうか、ちょっと心配。左ふくらはぎに加えて、右膝

がちょっと悲鳴を上げてるんだよなぁ。。って事で、今夜はこの辺で。。☆彡

      

                                (計 3654文字)           

         

120201a_2

      

     

120201b

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »