« 東京マラソン2012のTV観戦後、32.195km走 | トップページ | 雪の長距離ラン、2年ぶりに35km走 »

山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第8回、ナメック星の大自然♪

アハハ♪ ウケた。「ナメック星」みたいって、智くん、マニア入ってるわな。

120228f

 『ドラゴンボー

 ル』の大ファン

 とは知らなかっ

 た・・って言う

 かドラゴンボー

 ルってほとんど

 知らないんだけ

 ど (^^ゞ 早

 速、ウィキペディ

アで星の名前を調べた後、Googleで画像検索すると、出て来た画像に

笑えたのだ。

          

Googleの検索結果は、その時々で微妙に変わるんだけど、私の今日の

PC環境だと、2番目と3番目の画像ですぐ笑える♪ 残念ながら、著作権

保護ってことで、ここには掲載できない。各自、検索でお楽しみあれ。ちな

みに上の画像は、北側のユタ州から見た「ナメック星」の壮大な景観♪ 

道路はルート66ではなく、国道163号線なので念のため。ウィキメディア

で公開されてる、Averette 氏の作品。    

       

     

        ☆          ☆          ☆

さて、今回の「tomo」(トモ)は、ナレーターによると、学校をフケてゲー

センに行ったのだ♪ そりゃ、ナバホ(Navajo)族に叱られるだろ! 本

当はルート66から北へ寄り道して、雄大な眺めのモニュメント・バレー

(Monument Valley)を体験。モニュメント(記念碑)みたいな岩山がポツ

リポツリとそびえ立ってるバレー(渓谷:山に挟まれた平地)だから、この

名が付いたらしい。

      

位置を確認すると、下の図のピンク色がアリゾナ州(東がニューメキシ

コ州)で、北のユタ州との州境近くに広がってる。地図の青緑の丸が大

体の位置。例によって、ウィキメディアのFredddie氏の画像を拝借した。

加工は tenmei 氏だ♪

    

120228a

     

しかし、凄い道で大変そうだったね。山Pよりも、車の「あっくん」が(笑)。

く壊れなかったわな。番組の設定としては、壊れたら智くんが自分で修理

するって話になってるんだから、誰もいない広大な観光地で泣きが入って

たはず。携帯も使えないから、東に向かって(to the east)叫ぶしかな

い♪ 「Whooo・・ooh・・!」。あっ、ちなみにこれ、番組内で起きたエピ

ソードの引用ね。いや、まだ見てない人は分からないだろうから。

        

    

         ☆          ☆          ☆    

今回はもう、ただただ「ヤッベ~~」景色に驚くばかりなのだ。まずは山P

も乗っかったレンガ作りの塀から、大きく見渡してみよう。ウィキメディア、

Gerd A.T.Muller氏のパノラマ写真。

   

120228b

    

120228c

 続いて左は、ナ

 バホ族のガイド

 が連れて行って

 くれた、映画監

 督の名を持つ場

 所、「ジョン・

 フォード・ポイ

 ント」。同じく、

 Bernard

120228d

 Gagnon 氏

 の写真。そのポ

 イントから見た

 景色が、左の写

 真だ。同じく、

 Commons

 Helper2Bot

 氏。そして最後、

 朝日の写真が、

120228e

 同じく Luca

 Galuzzi 氏

 の作品。皆さん、

 Thank 

 you very

 much!

 中1英語かよ♪

    

    

         ☆         ☆          ☆

英語と言えば、ナバホ族の英語も、ネイティブじゃない(=自分たちの言語

ではない)から、やたら聞き取りやすかったね(笑)。マザー・ネイチャー

(mother nature:母なる自然)の一部であることを、アイ「デニ」ティ(identity

: 自分自身)として意識しながら、家族を一番大切にして人生を過ごす。そ

う語ると、頷いた観光客からチップをプラスしてもらえるのだ。コラコラ♪

     

いまや世界的に、原住民でさえ携帯で遊ぶような時代だもんね。ホントは

マネーも大切にしてるはず。1時間半60ドル(5000円弱)とかネットに

書いてあるから、意外とリーズナブルな(=納得できる)料金かも。って言う

か、超円高だからか。ま、それにしても、たっぷり浴びてる自然放射線とか、

たき火のダイオキシンとか、環境に対する細かい不安は持たずにゆったり

暮らしてるのは間違いない。

      

ちなみに、たき火の薪はあの辺りだと困るだろうから、ドンキホーテで買っ

てるはず♪ そりゃ、日本のディスカウント・ショップだろ!・・とボケ・ツッコ

ミした所で、念のために調べると、ハワイにもドンキは出店してるのか(オ

アフ島)。

         

10年後くらいには、ナバホ族も米国ドンキて色んな「オモチャ」を楽しむこ

とになるだろう。渋谷店なら上の方の階に並んでるのだ・・って、「細かす

ぎて伝わらない」だろ! ま、首都圏の女性読者の3割はニヤッとしたは

ずだけど♪ 昔は渋谷ロフトの5階くらいに少しあったよな(細かい・・)。

          

    

          ☆          ☆          ☆

英語に話を戻すと、アイ「デンティ」ティの発音。日本人にはアイ「デニ」ティ

としか聞こえなくても、外国人はちゃんと、i「denti」tyと発音してるつもりだっ

たりするようだ。そういった細かい事情まで、最近だとすぐネットで出て来る

から凄いね。

             

中学時代だったか、私もラジオでNHKの英語講座を聞いてたんだけど(4

月の前半だけ♪)、「絶対そうは聴こえねぇよ!」って時がよくあった。それ

で結局、居眠りばっかで続かなかったのだ。責任転嫁かよ!

             

とにかく、ナバホ族の木造りドーム型住居の中で、山Pは寝袋を2つ並

べて夜を過ごしたわけ。まだ夜の10時だったから、すぐには寝ないはず。

うっかり10時45分頃、あの雄叫びが出ちゃって、原住民たちが集まった

かも知れない。男だけの長旅も終盤、もうスタッフも限界なのだ♪ ま、

来週辺り、いよいよ「聖地」カリフォルニアだろうしネ。

           

なお、今回の智くんファッションは、黒の革ジャンに、引き裂いたクラッシュ・

ジーンズ。下は、黒のブーツにイン。アメリカの男って感じで、渋いオシャレ

だったね☆

   

    

          ☆          ☆          ☆

最後に、今週のリリー・フランキーのお喋りは笑えたな♪ あれ、女性視

聴者だとピンと来なかったかも。

       

話の流れは、山Pが問いかけた「不安」から始まったのだ。不安は未来

ことを考えるから生じるんだけど、未来のことなんて当たらないんだから、

考えたって仕方ない。画家の大竹伸朗のそうゆう説をウンチク的に紹介

した後、リリーの話は、当たることもある小市民的な未来へと移って行く。

     

予想通りになる未来なんてものは、夢というより目標であって、飲み屋

で「小ベンツ」に乗ってる小金持ちが自慢するようなものに過ぎない。で、

この先が話の核心☆ 実は、その程度の男の成功話を「素敵 ♡」って

感じで横で聞いてる女性が、結構カワイかったりするわけ(苦笑)。す

るとつい、世の中おかしい!とリリーは思ってしまう。それを聞いて、山

Pも私も思わずウケたのだ。確かに、何かがおかしい。

            

もちろん、そこで残念なのは、ちっぽけな成り金でも、寄り添う女性でも

ない。そうゆう女性でさえ、つい「いい女だな・・」と悔しく思ってしまう自分

自身こそ、一番残念な存在なのだ。すべては、男のY染色体に含まれる

「その種の女、大好き遺伝子」のせいなのだ♪ Y染色体がやがて無くなっ

男が消滅するなんていう、NHKスペシャルの大げさな話も、最近否定

されてたから、今後もずっと、男は悔しい思いをし続けるだろう。

   

結局、は、虹の上を歩こうとする男より、ベンツで美味しい物を食べに

連れて行ってくれる男を選ぶのだ。ま、私もいずれ東京マラソンの日本人

トップになって、賞品のBMWに女を乗っけて六本木辺りの飲み屋をはし

ごしよう。「夢は自分でかなえるものなんだよ」とか得意げに語りつつ・・・

って、そりゃ飲酒運転だろ! 

     

同乗者も罰せられるので、ご注意あれ♪ では、今日はこの辺で。。☆彡

       

   

   

cf. 仕事が長引いて見れなかった『ラッキーセブン』第7話、視聴率はズ

   ルズル落ちて、13.6%。やっぱ、瑛太と松嶋菜々子の回し蹴りを 

   出さなきゃダメでしょ♪      

      

   

cf. 山P=山下智久『ルート66』、男のアメリカ横断一人旅が熱い☆ 

                                    (第3回記事)

  瑛太の蹴りを見逃したから、スマスマでマー君の投げ♪(『ルート66』追記)

                                    (第4回記事)

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第5回、天然・智くん♪

   山P『ルート66』第6回、主役はブーツジャックか♪&『ラッキーセブン』

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第7回、道路距離と消灯の謎♪

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第10回、「Yes,I will」

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第11回、「誰かがきっと・・」

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』最終回、最も美しきもの☆

                    

                               (計 3323文字)

|

« 東京マラソン2012のTV観戦後、32.195km走 | トップページ | 雪の長距離ラン、2年ぶりに35km走 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

はじめて、コメントさせて頂きます。

ルート66を見て、こちらにお邪魔するのが習慣になりました。いつも楽しい解説ありがとうございます。

山下ファンなので、コードブルーの頃から
テンメイさんのブログ読ませて頂いています。

これからも山下を宜しくお願いします(笑)

投稿: たか | 2012年2月28日 (火) 12時44分

先週忙しくて、まとめて観ました。今頃Santa Feの話に引っかかってますが、りえちゃん写真集の件って、ありました?
うちに大きな初版タイプがあったから、なつかし、と思って、もう一度放送を観ましたが。それで前回は、おんな話に花が咲いた訳ですか。
茶色い岩肌の大地とターコイズブルーのコントラストが見事ですね…。ターコイズは日本で身につけてもイマイチ冴えない感じ。
私も、コードブルー…、はずいぶん最近。山Pは、カバチタレ、ランチの女王辺りからチェックしているので、自覚症状無しに、何気に好きなんだとわかりました(^^)。

瑛太がいないと、面白くないですね。

投稿: SALT | 2012年2月29日 (水) 00時00分

> たか さん
   
はじめまして。コメントありがとうございます。
   
内容的に、女性の方でしょうね。   
「たかさん」と言うと、とんねるずの
石橋を思い出しちゃうもんで♪
   
まさか『ルート66』を毎週レビューするとは
思ってませんでしたが、色んな意味でツボだし、
ドラマの代わりみたいになってます。
  
「楽しい解説」ってのは、「楽しい」脱線と
マニアックな「解説」の合体でしょうね♪
僕的には、脱線はお遊びの気晴らしで、
解説は半ば、英語のお勉強。
英語のサイトを流し読みすることになるし、
聞き取りの練習にもなりますからね。
アメリカ文化の勉強にもGood☆
     
そうは言ってもホントは、ブログ用の旅行番組って
意味合いの方が大きいんですが (^^ゞ
2年ぶりに山Pファンとのご対面ってことで♪
「テンメイ 山下」とか「テンメイ ルート66」
なんて検索が入るのも嬉しいもんです。
   
『コードブルー』と言うと『1』の方ですかね。
ヘリコプターに乗った、翳りのある有能な医師。
今から思い出すと、かなり新鮮かも♪
もうすっかり、天然・智くんの緩~いイメージが
焼き付いちゃいましたよ(笑)
次のドラマは、『プロポ』みたいな役がいいかも。
    
僕は男だし、山Pファンでもありませんが、
これからも彼は温かく見守っていくつもりです。
読者の方々は女性ですしね♪
   
こちらこそ、宜しくお願いします shine
   
   
 
    
> SALT さん
   
こんにちは。度々コメントどうもです♪
    
サンタ・フェ(笑) 言葉だけでウケるな。
写真集の話なんて、番組にはもちろん無いですよ。
僕が勝手に脱線して、軽口で遊んでるだけです。
  
この番組でブログを書く人の大半は女性でしょうから、
アダルト系のコネタで差別化してるって意味もあります。
他に誰も書かないでしょ。りえとか、サラミとか(爆)
  
写真集が家にあるんですか! それは意外。
しかも、すぐ取り出せる場所にあったんですね♪
僕なんて、古いものはほとんど取り出せない状態(^^ゞ
    
「おんな話」って、どこを見るかっていうトークかな。
あれは単に、リリーが女好きだからでしょ(笑)。
まあ、男同士でよく喋る軽いネタの一つです。
旅行中、スタッフとも話してるかも♪
   
茶色とターコイズ・ブルーのコントラスト。なるほど。
そう言えば、色の組合せがいいのかも。
僕的には、生まれ故郷の瀬戸内海の色に近いんですよ。    
エメラルド・グリーンと藍色の間って感じかな。
  
『カバチタレ』は1回見ただけ。『ランチ』は見てません。
山下智久ってタレントを意識したのは『野ブタ』から。
今から思うと、あの「彰」は結構ハマリ役だったかも♪
   
今週の『ラッキーセブン』は見れなかったんですが、
まったく瑛太抜きだったんですかね。
最終回は当然、初回みたいな熱いバトルを期待してます。
2人で無意味に仲間割れしてる間に、
松嶋菜々子が悪者を回し蹴りでKOするとか(笑)shine

投稿: テンメイ | 2012年2月29日 (水) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京マラソン2012のTV観戦後、32.195km走 | トップページ | 雪の長距離ラン、2年ぶりに35km走 »