« 丸1日半経っても全身が痛い・・ | トップページ | リハビリ公園周回で自転車シーズン・イン »

山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第11回、「誰かがきっと・・」

「春分かよ!」っていう、お笑い・さまぁ~ず三村ツッコミから始まった、今

回の『ルート66』レビュー。智君の「崖かよ!」っていう無意味なツッコミが

笑えたね♪ ますます『コード・ブルー3』の可能性は低くなっただろう。「手

術かよ!」とか突っ込むようじゃ、クールな藍沢耕作としてマズイのだ(笑)。

       

ちなみに私は、『コード・ブルー2』最終回の感想記事で、「『3』が作られるの

は『テンメイのRUN&BIKE』に書いてあるから間違いない」って感じの軽口

を書いてる。いまだにそれを検索アクセスで読んだ後、「テンメイのRUN&

BIKE」で検索し直して来る方がいらっしゃって、苦笑してるのだ♪ 「ここだ

よ!」とか、「オレだろ!」とか突っ込みたくなるネ。

        

いやぁ、フルマラソンから丸2日半経っても気分がハイで、ノリが軽い。シリ

は軽くないんたけどな・・・って、男だろ! で、今回の番組の冒頭は、「男ら

しさ」についてのトークだったのだ。リリーが露骨に、スタッフの出すカンペを

見て話を振ると、山Pは例のはにかんだ笑顔で、優しさとか、余裕があるの

に前へ進むとか、無難な話を出した後、意外な言葉を口にした。「どっちみ

ち死んじゃう・・」とか。

    

主演する葬儀屋ドラマの撮影の影響もあったのかも知れないけど、核心

を突く言葉だね。そうそう。どっちみち「終り」は来る。どうせ、ある意味、

ダメなのだ。それでも、その条件、限界の中で必死に生きるプロセス。こ

こにこそ人生の本質はある。

            

が一昨日のレースで、自己ベストを更新できないと分かった35km過

ぎからも全力を振り絞ったのは、まさにそうゆう事なのだ。エッ、聞いてな

い? あっ、そう♪ ま、そうゆう女性ファンの方々も、追っかけてるタレン

トがマラソン始めたら、コロッと態度を変えるはずだけどネ。それを見て、

あのリリーならどうつぶやくことか(笑)。

      

ちなみにそのクセ者、リリー・フランキー。「真面目さだけを売りにしてる

人は不真面目だ」とかいう、いかにも作家っぽいパラドクシカル(逆説的)

な表現を使ってた。つまり、一見矛盾してるように感じる奇妙な表現だ。

でも、次のように言い換えれば、少しも矛盾はしてない。

      

   「自分に対してのみ真面目な人は、他人に対して不真面目だ」

                                   (テンメイ)

      

おぉ~、また智君が喜びそうな「深イイ」言葉が出たね♪ 「風邪の中の

す~ばる~♫」って、また『プロジェクトX』かよ! って言うか、「風」だろ♪

   

ま、要するにリリーが言いたかったのは、周囲(特に女性)に配慮できる男

であるべきだって話なのだ。トークはそこで突然終わり、映像は山P車の

「あっくん」にエンジンオイルを補給する場面に移る。つまり、編集サイドの

表の意図としては、愛車にちゃんと配慮できてる山Pは男らしいってことを

表現してるわけだ。ちなみに私も今日、自転車のタイヤに空気を入れたか

ら、男の中の男だろう・・・って、空気かよ!

         

では、裏の意図は何だったか。それは、自分が愛して乗り回すものに、優

しくパワーを注入するということなのだ。こうした象徴表現が見えてくると、

表面的にやたら男くさい旅行番組が、まったく違うものへと変貌する。あの

シーンだけリピートして萌えることも不可能ではない♪ 見るとは、こうした

能動的クリエイティヴな営みを指す言葉なのだ。。

        

     

         ☆           ☆          ☆

120320a

 今回の旅は、

 リゾナ州の西端・

 Oatman

 (オートマン

 から、カリフォ

 ルニア州の東端・

 Needles

 (ニードルズ

まで。上の黄色い楕円あたりになる。元の図はいつものように、Fredddie

氏の作品、ウィキメディアより。

     

120320c

 まずはいかにも

 アメリカ西部

 ぽい道を走って、

 小さな観光地・

 オートマンへ向

 かうんだけど、

 険しい男性的な

 道を走りつつ、

 山Pは車にやさ

しい言葉をかける。オーラを感じるようになったとか、貫禄が出て来たと

か。写真はウィキメディア、Jcorreas氏。

      

120320b

 その一方で、ディ

 ズニーランドの

 「ビッグ・サン

 ダーマウンテン

 に似てるとか指

 摘しつつ、「崖

 かよ!」とか

 「ディズニーか

 よ!」とか、三

村ツッコミをやってたのだ♪ 写真は同上、USGS(United States 

Geological Survey: アメリカ地質調査所)。よくこんな道トップ・アイ

ドルに運転させたもんだね。山道のコーナーで対向車がはみ出して来た

ら、「人生の終り」なんだけど。ま、第8話のナメック星よりはフツーかも。     

       

    

          ☆          ☆          ☆

120320d

 オートマンに到

 着した途端、ス

 タッフの演出

 おかげで、「

 い寸劇」が始まっ

 た。英語版ウィ

 キペディアによ

 ると、別にテレ

 ビじゃなくても、

週末には西部劇っぽい銃撃戦(Wild West shootout)を見れるようだ。

写真は同上、Pretzelpaws氏。車が多い中、ロバが平気で歩いてる♪

     

あのショーをやってた記念写真屋さんも只者じゃなかったけど、街の歴史

もタダモノじゃない。「オートマン」っていう名前は、西部開拓時代悲劇の

ヒロインから付けられてるのだ。先住民族(いわゆるインディアン)の襲撃

120320e

 を受けたオート

 マン一家から、

 姉妹2人が捕ら

 われの身になっ

 て、5年後に姉

 だけが自由を取

 り戻したけど、

 妹は途中で死亡。

 この絵は、妹の

死を嘆き悲しむ姉・オリーブの姿らしい。ウィキメディアより。おそらくBaker 

Deb氏の作品(詳細不明)。

     

ま、先住民族の側に言わせると、まったく違うストーリーになるのかも知れ

ないけどね。古典的な西部劇では、インディアンに悪者っぽいイメージが

ついてるけど、もちろん先住民の視点では逆かも知れないのだ。おそらく

彼らの方が、むしろ被害者が多いだろう。ある意味、全員被害者でもある。

    

120320f

 ほら、重い話を

 読み飛ばしてる

 そこの貴女(あ

 なた)♪ 智君

 なら、こうゆう

 重い話もじっく

 り聞くと思うけ

 どね。写真は同

 上、USGS作。

      

番組に戻ると、山P保安官として寸劇に参加した時のファッション。いか

にもって感じの赤い(?)ネッカチーフ(=バンダナ)を首に巻いてたと思う

120320i_2

 けど、この画像がなかなか

 発見できなくて困ったのだ

  (^^ゞ あれは保安官とか

 ガン・マン(銃の名手)と言

 うより、カウボーイのファッ

 ションらしい。

  

 より一般的には、南西部で

 馬に乗るためのものだろう。

 砂埃や寒さ・暑さを防げるし、

 汗ふきにもなるのだ。写真は

 同上、Twice25氏。

     

120320h

 イメージ的には映画の影響かなと

 も思って調べてみたけど、これもな

 かなか上手く行かず。ようやく発見

 したのが名作『駅馬車』(Stage-

 coach)のポスター。縮小サイズ、

 低解像度でレビューの一部に使用

 してるから、著作権は問題ないら

 しい(注釈も含めてウィキメディア

 より)。監督ジョン・フォード主演

 ジョン・ウェイン、1939年。聞き

覚えくらいはある名前だろう。

      

120320j_2

 首のバンダナは、赤以外の色の方が普通かも知

 れないけど、やっぱり赤が見栄えするね。このポス

 ター、女性の描き方も興味深い。上では豊満な

 左下では細長いスカートの中が強調されている。

     

オートマンから出発する時には、母ロバの乳を吸う子ロバが道をふさいで

120320g

 山Pはクラクショ

 ンを鳴らさず、

 ハンドルを切っ

 てた。あのロバ

 には注意しろと、

 英語版ウィキに

 も書いてある。

 私には、馬との

 違いがイマイチ

よく分からなかったりした (^^ゞ ちょっと牛に近いのかな。写真はウィキメ

ディア、Pretzelpaws氏。

     

    

         ☆          ☆          ☆ 

最後に山Pが辿り着いて、スタッフに拍手したり、泡だらけのビールを飲ん

120320k

 だりしてた場所

 が、カリフォル

 ニア州・ニード

 ルズ。例のオー

 トマン姉妹も、

 ここに連れて来

 られたらしい。

 ま、東西の隣町

 って感じなのか

な。市のシンボルの写真は、同上、Ken Lund氏。山Pがポーズ決めて写

真撮ってたのはここだったかも。いよいよ来週でフィナーレ後は、ディレク

ターズカットDVDブルーレイを買ってくれってことだろう。

       

今回のレビューのラストは、この番組の主題歌とも言うべき、Nickelback

(ニッケルバック)の『Gotta Be Somebody』(ガッタ・ビー・サムバディ)

の歌詞に注目してみよう。著作権に配慮して転載はしないけど、「lyric」(歌

詞)で検索するとすぐに出て来る。

   

歌詞に限らず一般に、詩の解釈は、意味とは別にリズムも絡むし、

背景もあるから難しいんだけど、この曲の歌詞は比較的分かりやす

方かも知れない。要するに、「誰か(Somebody)がきっといるはず」っ

ていう曲で、普通に読むなら、ただ一人の愛し合う人を見つけて永遠に

緒にいたいっていう願いを表してるわけだ。

      

でも、もう少し見方を広げるなら、例のオートマン姉妹みたいに、誰かの

助けを求めてる人への勇気づけとも受け取れるし、欧米でよくある究極

の存在(=神)を求める歌とも読める。実際、単に男女の相手を探し求

めてるにしてはかなり大げさな表現なのだ。一文だけ引用させてみよう。

   

  So I’ll be holding my own breath 

  Right up to the end

  Until that moment when I find the one 

  that I’ll spend forever with

         

最後までじっと息を止めて、永遠を共にするただ一人と出会う瞬間を待つ

ここだけなら、唯一の絶対的存在の訪れを願う姿の描写とも考えられる。

       

ただ、特に日本人の場合、そこまで考えなくても、本物の出会いを求めて

さまよう様子だと考えれば十分だろう。それは、先週の「ルート66の父」と

の出会い、あるいはルート66という道との出会い、さらには自分自身の再

発見でもいい。もちろん、ただ一人の女性と結ばれる話でもいいんだけど、

その具体的内容はコッソリ頭の中で考えるだけにしとこう(笑)。

   

いずれにせよ、特別な存在である「誰かがきっと」、「何かがきっと」、我々

を待っててくれる。日本では、森永の企業CMの曲『エンゼルはいつでも』

が、分かりやすく伝えてくれてるのだ。「誰もいないと思っていても どこか

でどこかでエンゼル(天使)が・・・♫」。この歌詞、例の「お内裏さま」と「おひ

なさま」で間違えたサトウハチローの作品とのこと♪ どこで話がつながっ

てるか、分からないね。

        

     

         ☆          ☆          ☆

ちなみに、ティカ・α(=やくしまるえつこ)作詞による『愛、テキサス』の

はやたら分かりにくく書かれてるけど、『Gotta Be Somebody』の裏

返しみたいな内容だと思う。

          

ただ一人の存在を失った後、その代わりに、ただ一人ではないものをあ

れこれ追いかけて、むなしく彷徨い歩く姿。この場合、ただ一人ではない

もの達には、ただ一人の存在のイメージが常に重なってしまう。というこ

とは、それらは求める存在に似たものとも言えるし、撃つべき「テキ(敵)

とか「ディアブロ」(悪魔)でもあるのだ。

       

ドン」というの繰返し(鈍痛、どんな、Don’t、どん底・・)は、繰返し撃つ

ことを連想されるもの。そして、「愛、テキサス』とは、「 I (私)、敵刺す」で

もあるのだ。もちろん、刺したとしても、血を流すのはむしろ自分の方かも

知れない。 

        

   「銃口(マズル)彷徨い・・・撃ちまくれ・・・  

    狂っちまった世界に優しくキッス・・・  

    渇いた唇に滲む血は俺の罰か・・・

    愛(かな)しいあの人の蜃気楼抱いて・・・」

   

この歌詞の後に『Gotta Be』をつなげるか。逆に、『Gotta Be』の後に

『愛、テキサス』をつなげるか。貴女(あなた)はどちらを選ぶだろうか。

『ルート66』では、荒れて渇いた西部の先に、明るい西海岸が待っている。

     

それでは、今週はこの辺で。。☆彡

     

    

     

cf. 山P=山下智久『ルート66』、男のアメリカ横断一人旅が熱い☆ 

                                    (第3回記事)

  瑛太の蹴りを見逃したから、スマスマでマー君の投げ♪(『ルート66』追記)

                                    (第4回記事)

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第5回、天然・智くん♪

   山P『ルート66』第6回、主役はブーツジャックか♪&『ラッキーセブン』

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第7回、道路距離と消灯の謎♪

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第8回、ナメック星の大自然♪

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』第10回、「Yes,I will」

   山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』最終回、最も美しきもの☆

                

                                 (計 4980文字)

|

« 丸1日半経っても全身が痛い・・ | トップページ | リハビリ公園周回で自転車シーズン・イン »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

テンメイさんの「愛、テキサス」の歌詞の解釈説明?がなんだかおもしろかったです♪

そんな風に受け取る事が出来るのかと…

へぇ〜×10(笑)

投稿: あっちゃん | 2012年3月21日 (水) 09時11分

> あっちゃん さん
   
こんにちは♪
    
この記事の中で、『愛、テキサス』の説明の部分は
オマケなんだけど、おもしろければ良かったです。
実は、長いから省こうかなと思ったんですよ。
書いて正解だったかな。
  
あっちゃんさんだけで「10へぇ~」くれたから、
読者全体だと「100へぇ~」を超えたでしょう。
ツイート数はまだ1になってるけど (^^ゞ
   
いよいよ来週で終わりですね。
「最高の旅行の終り方」になるはず♪
最後まで一緒に楽しみましょう shine

投稿: テンメイ | 2012年3月22日 (木) 02時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丸1日半経っても全身が痛い・・ | トップページ | リハビリ公園周回で自転車シーズン・イン »